2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.21 (Sun)

◆2014 Vol.37◆

こんばんは。

東京駅100周年Suica 大変なことになっちゃいましたね。最終的に9000人近くまで集まってしまって警察の指導→販売中止となってしまったということで、買えなかった人の一部が物を壊すなど暴力的になり、更に罵声大会となったということで・・・
そもそも、徹夜での購入待ちは禁止と告知→だけど実際に集まってしまった→その集まりを容認してしまった というところから問題がおきてしまったかなと。
徹夜禁止なのに徹夜して並んだ購入者もルールを守って無いので問題ですし、結果としてそれを認めてしまった販売者も対応に問題があったかと思います。
その後、発売が始まったときも、まぁこれは列の都合上しょうがないとは思いますが、そのルールを無視した徹夜組の一部まで購入できたところで発売中止となってしまい、結果、しっかりルールを守った人たちが購入できず・・・ 一部が暴力行為、罵声大会となってしまったようです。

うーん、ルールを守っていた人たちが買えず、その人たちが怒るのも無理も無いかなと思います。が、暴力や罵声は行きすぎかと思います。
今回のは、発売場所を分けるとか、ルールを無視した客を容認してしまったこと、予測が甘かったJR東日本にも、一方で、マナー・ルール違反&混乱になった購入者側のどちらにも、それぞれ問題な点があったのではと思いました。
結果的に、これでは100周年記念日が台無しですし、カードを企画・製作した側の気持ちを悲しませる結果になってしまったと思いますし、再発防止が必要じゃないかなと。

東京駅は以前、プロジェクションマッピングでも人が集まりすぎて、開催中止になっていますし、東京駅の1箇所でのイベント開催は、無理があるのかもしれません・・・

余談ですが、テレビでは「鉄道ファンが~」と何度も鉄道ファンが起こした行為と報じていましたが、今回のカードに関しては恐らく一般の方も多かったはずですし、鉄道ファンだけ集まるようなグッズ販売会でここまで荒れることはあまりないですし、「鉄道ファンが~」だけで片付けて良い問題ではないかなと。あと転売目的も多かったと思われますね。

さて、東京駅は置いといて、
来年3月のJR系のダイヤ改正について19日発表がありました。が、今回はいろいろ大規模改正になるようなので、個人的に特に気になったものだけをかいつまんで見て行きます

まずは、上野東京ライン関連。

・上野東京ライン区間「日中は毎時8本」
→日中は高崎線~東海道線が3本、宇都宮線~東海道線が3本、常磐線~品川が2本となるようで、東海道線~高崎・宇都宮線は日中に関してはほとんどが直通になります。で8本ですが、東海道~高崎・宇都宮系統があわせて約10分間隔、そこに常磐線が加わるので、突然「2分間隔」や「5分間隔」が出来ていますw 実際はこれに特急が入るので結構過密ですね・・・w 

・東海道線「日中の東京行きが消滅」
→日中の東京行きが消滅の模様。ただ、公表された上野東京ラインの時刻表と、現在の時刻表を照らし合わせると、夜間~終電の時間が上野東京ラインのほうには記載がないため、それらが東京どまりになるのかなと思います。あと朝夕などに「上野」発着の東海道線が設定されているので、上野行きが見られるようになります。
あと高崎線・宇都宮線からの東京始発(東京行きは無い模様)が登場します。

・常磐線「日中は土浦~品川の運用が毎時2本」+「特別快速北千住停車」
→土浦どまりが毎時2本品川行きになるようです。片方は特別快速。で、あれ、北千住停車に変更しちゃうんですか。。。あえて通過していたと思うのですが、それよりも乗車機会向上狙いに切り替えたのかなと思います。でも特別快速といいますが、こうなってくると昔の「普通」とほぼ変わらなくなりますね。

・常磐線「朝夕の緑の車両の直通は品川~成田も比較的多く存在」
→コレは意外でした。成田から東京・品川へは総武線経由と常磐線経由がどちらも1本でできるようになりますね。

(長距離運用シリーズ)一例ですが・・・
・常磐線「高萩~品川のダイヤが登場」
→日中以外では高萩~品川が出来るようです。運転時間はいろいろですが、例えば平日 品川16:26→高萩19:50 など

・上野東京ライン「黒磯~熱海」
→例えば、熱海18:51→黒磯23:39。4時間48分ひたすら動くダイヤ。これが距離的には最大の運用だと思います

・上野東京ライン「前橋~沼津」
→例えば、前橋17:41→沼津22:20。まさかJR東海の駅で「前橋」が見られるようになるとは。

・上野東京ライン「高崎~伊東」
→例えば高崎19:07→伊東23:28。

こんな感じで、1本で静岡から群馬・栃木に行けるようになるということで、これは湘南新宿ライン以上の長距離になりますね。

上野東京ライン関連はこのぐらいにして、次は他の路線。

・埼京線「日中の赤羽~大宮の各停が増発され、最大21分だった運転間隔が15分に」
→これは利便性向上になりそうです。そもそも突然20分空くダイヤも、私鉄のほぼ等間隔ダイヤとか、数分間隔でくる中央線に乗っている自分からするとちょっとアレだなと思っていたので。。。

・京浜東北線「快速の神田停車。土休日は御徒町も停車」
→神田停車とは意外でした。あと御徒町もですが、これはアメ横需要なのかな。段々快速の停車駅増えていますが、このまま行くと各停化になりそうな気がしなくもないです・・・w まぁでも快速的な停車駅の上野東京ラインが出来るので、その分、それが停車しない駅に停めていくのはありかなと思います。

・京葉線「平日日中に快速増発」
→平日は毎時2本だった快速を1本増やすということです。変わりに東京~蘇我の全区間各停が1本減、海浜幕張発着を1本増発で、海浜幕張~蘇我の本数は変わらないようです。

・川越線(高麗川~川越)「毎時3本→2本へ削減」
→運転本数が見直され、まぁほぼ30分間隔にのかな。同時に八高線八王子~川越の直通を増やすとされているので、日中などは直通が中心になりそうです。

・南武線「快速運転区間を立川~川崎の全線に」
→実は改正関連でこれが一番驚きましたw 南武線の快速ですが、ついに全線化されるようです。立川・分倍河原・府中本町・稲城長沼となるようで、残念ながら(?)南多摩は通過になることになりました。これにより日中の「稲城長沼」発着の各停は立川まで延長され、日中は全列車立川~川崎になるようです。土日に関しては快速が1本増発され3本体制に、代わりに5本+稲城長沼発着2本だった各停は6本に削減されるようです。
いや~まさかこうなるとは・・・w これは快速が好評ということですかね。ちなみに立川~川崎で今よりも5分短縮になるようで、うーんやっぱりなかなか速いですね。
で、改正直前に稲城長沼が2面4線化が完成するようで、これはここで接続が行われると思われ、南武線快速は各停を2本追い越すことになりそうです。

・相模線「八王子行き・八王子行き削減」
→残念ながら削減されるようです。これは段々と減らされて消滅の方向に向かっている気がしなくもないので注目しておく必要があるかもしれませんね。

JR東日本はこれ以外にも北陸絡みの改正があるので、かなり大規模なものになりそうですね。

このほかのJR各社でもいろいろありますが、

・JR東海「のぞみ の一部285km/h運転開始」
→速度が向上します。長年270km/hが最高だったので、遂に という感じがします。そのうち全列車が285km/hになるかもしれませんね

・JR東海「しらさぎ6両化」
→これはJR東海というより西ですが、6両になるようです。

・JR東海「太多線全便と高山線の8割がキハ75とキハ25に」
→だそうです。

まぁ特に自分が気になったJR各社のダイヤ改正の情報は以上ですが、北陸新幹線開業で北越急行では「はくたか」が廃止されますが、これにあわせて「超快速『スノーラビット』が登場」するようです。停車駅は越後湯沢・十日町・直江津で、表定速度は99km/hだそうです。所要時間58分ということで速いですねw 

ということでこんな感じです。


さて
年内最後の撮影画像掲載の記事は「高崎・前橋」です。個人的な興味で、最近首都圏の各県のバス撮影を続けていますが、「水戸(茨城)」「甲府(山梨)」ときて3県目が群馬となりました。。。実は高崎・前橋は確か小学生時代に1度見に行ったことがあります。
まぁ今回、撮影は出来ましたが、目標としたバスはあまり来ませんでした…とはいえ、今まで画像を持っていなかったバスをいろいろ撮影することはできました。
一応、バス撮影だけが目的ではなく、ある調査(的なもの)も兼ねて行っていますので、趣味的なことだけではありませんので(←誰にアピールしてるのか・・・)。。。

ということで画像を載せていきます。

まずは高崎駅前でバス撮影。

DSCF3142_2014122118480652d.jpg
高崎市のコミュニティバス ぐるりんバスのポンチョ。いきなりコミュニティバスですが…黄緑とピンクと黄色とカラフルですねw

DSCF3143_20141221184808957.jpg
群馬バスU-RJ。群馬バスのレインボー。このスタイルは角型ライトはしずてつにもいますが丸目はいないので、少し新鮮。ベテラン感ありますね。東急バスっぽい塗装ですが、10年ぐらい前まで東急グループだったためのようです。現在では青色も入った車両が多いようですがベテランでは残っているようで。。。

DSCF3145_20141221184811399.jpg
群馬バスSKG(?)-LR。結構新しいエルガミオ。現在はこのように青色も入っている塗装。群馬バスには一応転属車などで大型車がいますが、新車は中型が基本のようです。

DSCF3147.jpg
群馬バスPDG(?)-LR。なんか前面の中央部が凹んでいる気がするんですが…w バスって意外とバンパー等が凹んでいることがありますね。。。

DSCF3148.jpg
ぐるりんバスのKK-MJ。エアロミディの7Mですが、東大和市のちょこバスや武蔵村山のMMシャトルとは横幅が違うタイプですね。レインボーやエルガミオのサイズっぽくチョロQらしいスタイルですね。

DSCF3150.jpg
群馬バスPDG-KR。レインボーⅡも導入されています。ちなみにこのあたりでどこかからの中古と思われるキュービックが乗り場に到着。しかし、ロータリーを回らず発車してしまい撮影できず。。。あとこの日はブルーリボンも見かけたのに撮影できず…このへんで段々と飽きてきてしまいました…w

DSCF3152_201412211849016cf.jpg
関越交通SKG(?)-LR。あれ?関越交通もこの塗装だっけ?と思ったのですが、最近になって転属車や新車は東武グループ内の朝日自動車グループ内統一カラーになっているようで…これだと、趣味的には東松山や越谷で同じ色を見れるのでちょっと物足りなさが…っていうよりこの塗装になっているというのを初めて知ったのでびっくりでした。

DSCF3155.jpg
ぐるりんバスKK-HR。これもぐるりんバスのようです。HRのチョロQはしずてつや銀河鉄道でよく見たので馴染みあるスタイルです。

DSCF3160.jpg
群馬バスPDG-KV。中型中心の中で大型車ということで比較的レアなのかな。。。高崎ではじめての大型バス撮影で少しテンション上がりました。うーん、水戸や宇都宮に比べて高崎はバスが少し寂しい感じになっているようですね。。。

DSCF3164_20141221184910614.jpg
無理矢理ですが、上信電鉄のポンチョ。上信電鉄もバスは小規模のようです。なんか塗装が485系などの特急に似ていますねw これを撮影して、早めですが撤収することに。まぁもともとこちらより前橋に重点を置いたためということもありますが、ちょっと中型の多さと本数の少なさに申し訳ないですが飽きてしまったので…気を取り直して、駅構内に入って電車撮影に。

DSCF3172.jpg
211系。そうか、宇都宮・高崎線系統で上野へは行かなくなり転属したりしているけど、この辺では動いているのか。 というより可能性としてはこの辺の115系や107系を置き換える可能性もありそうですね。スカートが原型なせいか懐かしく&見慣れた感じがしてしっくり来ますね。ところでこの編成は5両ですが2M3Tということで加速悪そうなイメージありますw うーん、やっぱり211系はこの色が一番かな。

DSCF3173_20141221184952b20.jpg
続いてホームを移動し107系…ってあれ、移動中にE231系が入ってきてしまいました…が、これはこれで良い感じかなと思いますw 107系は初撮影です。既に日光線系統のものは置き換わっていて、こっちもそのうち…の可能性がありますね。。。

DSCF3178.jpg
発車。これ足回りは165系からの流用、車体は自社工場で製造という、西武10000系、4000系、9000系みたいな形式のようですね。クハ側の冷房装置も流用ですが、なんだかJRっぽくない感じがします(165系現役時代をほぼ知らないので)。デザインも独特でなかなか好みのスタイルですw とりあえず撮影できて良かったです。

DSCF3185_20141221184957f53.jpg
続いて吾妻線方面の115系の湘南色。これは懐かしいの一言ですねw 東海道線静岡地区を思い出します(冷房装置等ちがいますが)w 編成も3両ですし。。。この115系も置き換えの可能性が否定できないので撮れてよかったです。115系も113系より長生きした車両が多いもののそろそろ激減の波がきそうです…

DSCF3189.jpg
この側面…音も含めて懐かしいなぁ…113系は今でこそ好きですが、小さい頃は嫌いな形式でしたが、115系は何故か「あたり」と思っていましたw あのドアの取っ手が気に入っていたようです…w
これで211系・107系・115系と撮影できたので駅から撤収し前橋駅に移動

今度は前橋駅前で関越交通を中心に撮影します。

DSCF3192_20141221185042650.jpg
関越交通KC-LV。関越交通は車番が無いようなので記載しません。10年ぶりぐらいに見ましたが、いいですね。前述の通り、関越交通は東武グループ内の朝日自動車系列の事業者です。が、最近までこの自社オリジナル塗装を使用していました。ところで前橋駅ターミナルは微妙にというかシンプルな形状に変更されていました。バス路線が減ったという要因があったりするのかも…

DSCF3202_20141221185045a74.jpg
日本中央バスSKG(?)-LR。日本中央バスは路線車よりも貸切バスのイメージ(こちらは東京でも結構見るので)がありますが、路線も少なめながら存在。日本国旗がついているのが特徴的です。塗装も金帯で、やはり路線というより貸切っぽさがある気がしますねw

DSCF3210_20141221185047132.jpg
関越交通KC-LV。待機スペースに停車中。前後扉のこれは・・・標準尺ですかね。しずてつで前後扉は見慣れていますが標準尺は少ないということもあって若干長く見えます。あと、関越交通のLVといえば中央にでかくかいてある文字が特徴といえば特徴ですかね。

DSCF3216.jpg
日本中央バスSDG-LR。日本中央バスといえば大型のMPノンステやキュービックノンステ、8Eの画像を結構何度も見たことがあるので、特にキュービックノンステが見たい と思ったのですが、結果から言うと来ませんでした…朝とか限定なのかな・・・? ところで日本中央バスでは自転車積載可能な路線があり、これも可能路線で走っているようで前面に記載がありますね

DSCF3221.jpg
関越交通KC-HT。続いてブルーリボンが来ました。塗装的にはなんとなくLV以上に似合っている感じがしますね。ところでLVもHTもここは運転席側の窓が8枚・・・この仕様って独特に思っていたのですが、案外いろいろなところで採用されているようですね。

DSCF3226_2014122118512629a.jpg
群馬バスU-UA。一応ここにも群馬バスが来ているようです。前後扉の7Eツーステということで、UDですがしずてつっぽい感じがしますねw まぁラッピングがなければよりよかったですが、まぁとりあえず群馬バスの大型ツーステが撮れたのでよかったです

DSCF3228_2014122118512993d.jpg
関越交通KC-HT。待機スペースがほぼ空いているのに、何故か待機スペースから外れた隅で待機しています・・・w 恐らくこの位置だと、このバスの行き先の渋川行きのバス停に1週回らず入れるのでそのためかと思います。。。

DSCF3233.jpg
日本中央バスPB-HR。やはり中型が多いですね。ここに限らず群馬はバスのダウンサイジングが進んでいる(元から中型が多いようですが)ようで、栃木県宇都宮、茨城県水戸に比べてバスも小さく、利用率も低く感じました。やはり、自家用車におされて経営的にも難しい点があるのかもしれませんね。。。

DSCF3237.jpg
永井バスKC-RH。酷い画像ですが、このレインボーの観光マスクでチョロQサイズというのを初めて生で見たので…この顔はよく見ていますが、長さがかなり短く見えますねw

DSCF3239_201412211851356d8.jpg
関越交通KC-RU。ブルーリボンですが、ハイブリッドバスとあるので日野ブルーリボンHIMRってやつですね。ところでKC代なので東京周辺から見るとかなりベテランに当たりますが、塗装が綺麗で古く見えませんね。塗装が綺麗というのはしずてつにも当てはまりますが、塗装の状態だけでも印象が大きく変わるもんですね。。。

DSCF3240.jpg
日本中央バスPDG-RM。西工車が来ました。ところで関越交通もそうですが、「路線バス」表記がありますが何か意味があるんですかね。群馬では決まっているとかあったりするのかな

DSCF3243_20141221185220b03.jpg
群馬中央バスPA-MK。群馬中央バスのエアロミディ。群馬中央バスといえば、以前はブルドッグを後期まで比較的まとまった台数保有し、DPFをつけて2007年ごろまで運行した ところですが、現在ではさすがにブルドッグはいませんが、呉羽のエアロスターKならまだ普通に動いているようです。見かけましたが、ロータリーには入ってきませんでした・・・

DSCF3248.jpg
永井バスKC-MK。絶対どこかからの移籍だろうなと撮影時から想像していましたが、どうやら、元・高槻市交通部のようです。前後扉です。

DSCF3255.jpg
関越交通KC-RU。これも待機スペース外で待機。。。この渋川行きは結構頻繁に走っている模様。

DSCF3258.jpg
関越交通のKK-HRとKC-RUの並び。そういえばさっきのHTとこのRUは「路線バス」表示が無いですね。

DSCF3261.jpg
前橋駅~中央前橋駅のシャトルバスKC-RJ(?)。駅間連絡のシャトルバスですが、このような車体のバスで運行。一応レインボーのツーステが元のようです。日本中央バスが運行しているようです。このバスはシャトルバスなので結構すぐここに戻ってきますが、利用客は数人もしくは0人が多かったです。。。

DSCF3267.jpg
関越交通KK-HR。レインボーのチョロQサイズ。HRはチョロQサイズだと幅が広く見えますね・・・w

DSCF3272.jpg
関越交通KC-LV。前橋駅は渋川行きが頻繁に走っているので、こうした大型サイズのバスを一応一定数見ることができます。ブルーリボンとキュービックという趣味的には面白い路線ではありますね。

DSCF3273_201412211853348b2.jpg
日本中央バスSKG(?)-LR。2回目の登場の10-95。東京では後乗りでも基本的に方向幕が前中扉間に設定されますが、ここでは静岡などと同じ扉以降の配置で、前中間の窓が2枚(戸袋窓も入れて)なんですね。これは更に短く見えますね・・・w

DSCF3276_20141221185411068.jpg
永井バスKC-LR。ジャーニーKですね。これ運転席側の窓が非常口までで5枚ですし、全体的に小さく見えるので尺の短いほうの車両ですね。7Mと9Mの間の車両ということになりますね。コレはエルガミオでも以前は設定がありましたが、今は消えています。後は西武などは特別仕様でRMの短尺仕様がありますね。

DSCF3277.jpg
永井バスPB-HR。

DSCF3282_20141221185415154.jpg
関越交通KC-LVとKC-RUの並び。キュービックとブルーリボンということで良い並びですねw もう東京周辺では見られないですし、キュービックが少ない静岡でも見れないということ、今回一番良い画像かもしれません。

DSCF3288.jpg
関越交通KC-LR。来ました朝日自動車カラーの車両。これは、新たに塗り替えたというより朝日自動車系から移籍してきたためにこの色の模様。この色、嫌いではありませんが、東上線や伊勢崎線周辺でも普通に見ることが出来る色なので、独自感が薄いのがちょっと…そのうち、この色が主力になるんですかね。。。

DSCF3291.jpg
群馬中央バスポンチョ。ポンチョに通常塗装っていう組み合わせは様々な会社で見ることができますが、なんだかミニカーみたいな雰囲気でなんか好きなんですよね・・・w

DSCF3295.jpg
関越交通KC-LV。うーんキュービックがいっぱい来るのは嬉しいですね。ところでバンパーが黒で窓周りも黒で方向幕周りも黒で、黒が強いですねw

DSCF3296.jpg
マイバスのポンチョ。関越交通が運行しているようです。ところで先日、前橋ナンバーが開始されましたが、そのときのニュースでこのカラーのバスが写っていました。まぁ群馬ナンバーでの撮影はある意味貴重ですかね

DSCF3299_201412211855184e9.jpg
関越交通KC-LV。LVばっかりで飽きてくるという贅沢な状況w 関越交通キュービックは今までずっと撮りたい(というかリベンジで)と思っていたので今回これだけ撮れて満足です

DSCF3301_20141221185520eef.jpg
上信電鉄のKK-HR。完全に前面ぶれて失敗していますが、今回、上信はほとんど撮影していないので強行掲載・・・w

DSCF3302_20141221185523aee.jpg
永井バスKC-LR。さっきの短いジャーニーKの扉側を撮影できました。前中間のサッシ窓が1枚+扉以降が3枚ということでやっぱり短いですねw なかなかかっこいいなぁと。これを撮影して撤収。
ということで、高崎&前橋でした。

高崎はあまり撮れず残念でしたが、前橋で関越交通のLVとHTがしっかり撮影できてよかったです。ただ、うーんなんだろう、このちょっと寂しい感じ・・・バスも中型が中心で乗客も少ないことが多いですね。水戸などのほうがバス的にはもっと盛り上がっている感じがしました。詳しいことは分かりませんが、経営的に結構厳しそうな感じがしました。。。
実は今回は、かしてつというか北関東圏のバスの利用者数の感じについての調査(といえるほど大きいものではなく感覚的なものですが)も兼ねているので、ちょっとその辺が気になりましたね。

ということで今回は以上です。

年末29日~31日ごろにまとめ記事として1年をすこーしだけまとめた記事を書く予定です。まぁ興味ある方は見てもらえると嬉しいです。

ということで、このへんで。
スポンサーサイト
18:58  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.11 (Thu)

◆2014 Vol.36◆

こんばんは。

もう12月ということで年末ですね…まぁ年末といっても特に良いこともないですが…正直、大学だと年明けに試験があるので、休めるのは2~3月で、そっちが1年の終わりのような気分なので、年末はあまり関係ないですかね。
1年早かったですね。一応今月終わりのほうはブログのまとめみたいなのを書くと思いますが、まぁ今年はブログの方式を数年ぶりに変更したので、その辺書こうと思います。

さて中央本線の115系豊田車…つまりいわゆる山スカの3両編成が12月5日と6日に一気に営業運行から離脱し、3両または6両(3×2)にわけて続々と豊田か武蔵小金井に疎開になったようで…5日と6日だけでここまで一気に置き換わるとはびっくりしました。代わりに豊田と武蔵小金井に居た211系が入れ替わりで下ったようですが、それ以上の数の115系が武蔵小金井の車庫にいるようです。 武蔵小金井は211系が溜まる一方でどうなってるのかなと思っていましたが、まぁ山スカ自体の運用数が少ないので、徐々にではなく、211系を必要分準備してから一気に…ということかなと思いますが、さすがにJR東日本でもここまで一気に置き換えとは珍しいなと思いました。
ということで、山スカは長野で塗り替えられた6両1本を除けば定期運行撤退です。。。
で、運行が終了した115系のうち3両×6ぐらいは武蔵小金井に疎開→留置されています。211系のときと同様に一番奥に停められていて、外から見ることが出来ます。

DSCF3651_20141209232111f36.jpg
DSCF3658.jpg
DSCF3659.jpg
DSCF3666_20141209232207677.jpg
フェンス&木&草&架線柱&その他諸々があって、このようにしっかり撮影することは出来ないですが、一応記録しておきました。特に3枚目の画像ですが、この編成だけ何故か幕が「急行」…ファンサービスかもしれませんね。このときは気づきませんでした(というより違っていた?)が、「快速」表示もいる模様。。。
ここに115系がいるのはなんだか違和感あります。うーん、こうみるとどの編成も塗装が綺麗で「引退した」感はありませんね…w まだ普通に走ってそうな雰囲気。。。 いつまでここに疎開されて生き残るかは分かりませんが、1日でも長く見ておきたいですw

115系ですが、長野の3両も置き換えが進んでいるほか、高尾に来る6両もまもなく置き換えが完了する模様。その他、新潟でも新型導入により置き換えが始まり、高崎方面でもいつ置き換えられてもおかしくない状況になっているようで、数年でJR東日本から一気に引退しそうです。更に、JR西日本でも恐らく広島の113系・115系が置き換えられると思われます。。。 113系・115系は103系などより長く残っていましたがそろそろそれも終わりに近づいているようですね…

さて、本題。
今回は、大学の空き時間(というよりこの日は1限のみでした(1ヶ月に1回程度ある))に小田急のBトレを買うついでに乗り鉄してきたときの画像です。まぁこういうときは西武に乗ることが多いのですが、今回も結局西武になりました。ということで載せていきます。

DSCF3096.jpg
武蔵小金井の西武バス待機所でA5-58 PK-JPワンステを撮影。JP自体が少数ですがその中でもこの代は小平には1台しかいないので珍しい+西武のJPで唯一乗ったことがある+いつもこの路線周辺で平日は生活しているということで、なんか親近感がw

DSCF3098.jpg
QKG-MP。この顔では比較的最後のほうの導入ですかね。まぁ小平・滝山には結構な数入っていますが…それより後ろのA3-885、KL-UA272ですが、これ11月18日ごろに引退となったようです。残りは小平と立川の1台ずつの計2台。これもそろそろ消える可能性が高い模様。最後の7E系の車体になるので保存してもらいたいところではありますが…

このあとは京王バス武91、試験場→調布駅北口行きで調布へ。京王バスカラーのJP、B40565(だったと思います)でした。途中、免許試験場までは免許更新と思われる人が大量乗車していましたが、そこで大量下車。どうやら多客を見込み免許試験場での停車時間を数分設定しているようです。その後、東八道路を通った後右折し、調布飛行場等の近くを通りますが、ここは小田急バスと重なる区間…ですが、この区間では乗ってくる人はわずかで、同じ調布方面ですが乗らない人が多数。。。小田急じゃないので抵抗があるのか、後ろ乗りなので運賃が高いと思われているのか、調布以降に用事があるのか、定期券の関係があるのかもしれませんが、調布駅で降りる場合は小田急より10円安いようでした。ってことで、試験場以降は終始空いていて音を楽しめました。で、調布はこの武91(と武93)のみ中央の管轄で唯一中乗り方式…なんか縦に移動しただけなのに突然違うところへ行ったようなアウェイ感がなんとも言えずよかったですw

調布からは京王…時間があるので各停にしましたが運よく8000系でした。変調がたくさん聞けるので各停8000系は結構気に入ってます。逆に特急は7000系が何故か一番迫力があります。

新宿について小田急のTRAINSで小田急1000形の箱根登山カラーのBトレを購入~これ、前回品をギリギリの所で逃してしまっていたので欲しかったものです。これで2色とも揃ったのでよかったです。
で、この後何にも用事がない…じゃ西武でも乗るか ってことで西武新宿へ移動。

DSCF3103_2014120923160370f.jpg
で、各停本川越行きで新2000系が停車していたので即決し乗車。。。なんかここで各停に乗るのは久々で、半年ちょっと前まで普通だったのに懐かしく感じました。

DSCF3104_20141209231605a27.jpg
中期の編成でした。新2000系は後期を除いてドアの開閉が結構豪快で、2000系や3000系よりも迫力があって気に入っていますw というか、小さい頃多摩湖線でよく乗ったので、西武というとこのドア開閉…w

DSCF3105.jpg
ドア下の黄色。で、この各停で所沢まで移動。まぁエアコンも入っておらず、音鉄的には本川越まで行っても良かったのですが…

DSCF3106.jpg
所沢で一旦改札を出てから2・3番ホームへ移動し撮影を。東急4000系(ブログ内ではこの表記)の快急を無理矢理後追いで…ズームをかなりしているので画質が粗いですが、まぁカーブ&登っているのが所沢っぽいですかね。

DSCF3107.jpg
新2000系超更新(2069編成)8連+2連の急行池袋行き。新2000系が急行に入ると高速走行が楽しめるのが嬉しいところ。まぁ超更新は(というより後期車は)若干音が小さめですが…

DSCF3108.jpg
新2000系。所沢始発の各停ですが回送表示で入線。フルカラーLEDになってますね。このところ西武はフルカラーLED化を進めているようです。大量発注でもしたんですかねw

DSCF3109.jpg
6000系6104編成の準急池袋行き。運番無いと表示機が大きく見えますね。5直後もこうやって線内優等で走るので、全然減ったようには見えませんね。むしろ運広範囲が広がって、影の西武の顔になっているイメージ。30000系よりも認知度高いかもしれませんね(子どもは除く)

DSCF3110.jpg
西武新2000系の急行西武新宿行き。ここはポイント通過でものすごい音と振動が伝わってきます。新宿線撮影は出来ますが、ちょっと電柱が邪魔ですね。でも踏切の表示灯?が西武っぽさがありますかね。

DSCF3111_2014120923174305a.jpg
NRA

DSCF3112_2014120923174519d.jpg
6000系6110編成の各停新木場行き。

DSCF3113.jpg
新宿線の新2000系と2000系が並…ばなかった~…数秒ずれれば完璧だったんですが…ということで派手に編集してごまかしてみました。これはこれでアリ と個人的には思いますがどうでしょう。

DSCF3114_20141209231749c55.jpg
6000系6158編成の快速急行元町・中華街行き。この横長表示機でもさすがにこの表示はカツカツですねw

DSCF3116.jpg
なにやら新宿線になんか違和感ある2000系が入ってきたなと思い移動してみると…フルカラーLED化された2000系2連をゲットw いや~なんとかフルカラー化された編成が撮影できました。っていうかこういう構図で撮影できたんですね。偶然2番ホームの前のほうに客がいなかったようで…うーん、2000系にフルカラーLEDはさすがに違和感。 なんかうそ電みたいな雰囲気も感じますねw

DSCF3118_20141209231826b81.jpg
9000系9105編成の急行。9000系といえば最近出た9000系の前面ステッカー無しも早く撮影したい。。。まぁ今後増えるとしたら急がなくてもいいですが、ステッカー無しは懐かしいので早く見たいですw

DSCF3119.jpg
新2000系の急行西武新宿行き。2000系が来る可能性の高いこちら側にいるのに、何故かここにいると新2000系との遭遇率のほうが圧倒的に高いですねw まぁどちらも好きな車種なので大丈夫ですが、一応今は2000系を撮っておきたいところなんですよね。

DSCF3120_201412092318302dd.jpg
20000系21051編成 の各停。ウーマノミクスプロジェクトというラッピング編成。側面も窓周りが編成全体にピンク地のラッピングがついています。東武にもいるようで。。。8連トップナンバーなので連結器カバーがついてます。

DSCF3121.jpg
30000系38109編成(+2連)の急行。そういえば今年度の30000系は10連は2本池袋線配属となった模様。まぁ3000系8連が2本とも池袋線だったので、そのままそっくり置き換えたということになりますね。30000系も8連が16本、10連が4本となり20000系を上回る多さになりました。。。

DSCF3122.jpg
メトロ10000系10007編成の新木場行き。メトロは最近08系と05系のフルカラーLED化が実施されているようです。なら10000系もお願いしたいところです。5直で種別がいろいろある中で3色は少し厳しい感じもしますし…

DSCF3123.jpg
東急4000系の快急。東急車は行き先が漢字とローマ字が交互表記なので、撮影のタイミングによってはローマ字になっちゃうんですが、こうやって漢字でくっきり写るとなんか嬉しい…w 

DSCF3124_20141209231921807.jpg
新2000系2091編成の準急。超更新車。3色LEDの更新車も撮っておいたほうがいいのかな(既にフルカラーLEDに最近変えられた編成もいるので)。

DSCF3125.jpg
飯能行きに来たのは9000系9103編成…赤い電車でした。うーん何とか記録程度ですが一応撮影できました。まぁ要再挑戦ですがとりあえず…前面はアレですが、側面は雰囲気的に京急2000形に意外と近いなぁという印象。そろそろ戻らないといけない時間になったのと、まぁ記録程度ですが撮れたので撤収することに

DSCF3126.jpg
ホーム中ほどに移動する前に西武新宿行きが来たので先頭に乗車。30000系でしたが、運転席の後ろってこういう窓配置になっているんですね。ちなみに右側には扉がありそこにも小さな子どももまぁまぁ見える大きさの窓がついています。最近は高運転台とかで見れない車両が結構増えてる中で西武頑張りましたねw 20000系や101系(旧)ほどではないですが楽しめそうです。ここも子どもを意識して窓を大きくしたそうですね。

DSCF3128.jpg
東村山乗換えで国分寺へ。西武園行きの4連が新2000系だったので撮影。今は白い新101系のほうが多かったと思うので…新2000系4連単独運用も減りましたね。

DSCF3131_201412092320075f5.jpg
ちょうど乗車電が西武園始発だったらしく、国分寺からの東村山行きは折り返さず回送となる模様。「お乗りになれません」って西武では放送でも言いますね。

DSCF3132_20141209232008ecd.jpg
漢字表記も。

DSCF3135_20141209232011438.jpg
で、その国分寺からの電車は2000系フルカラーLED編成でした。短時間に2編成目撃できました。塗装も綺麗で「更新したて」みたいな雰囲気まで出ていますねw 3色からフルカラーになるだけで結構雰囲気変わります。一瞬の差で「回送」表示になってしまったのが残念…

DSCF3138_2014120923201280d.jpg
乗車電の国分寺行きは新2000系でした。国分寺駅でこれを撮影。もうブログ掲載時点では1ヶ月以上前ですが、国分寺から4000系の臨時列車が運行されました。国分寺線に臨時というのもかなり珍しいですが、4000系が入ったとは…w 最近4000系使用の臨時列車増えてますね。
当日は通常ダイヤの合間を縫っての運行で鷹の台で通常の国分寺行きと行き違いをしたようです。それ以外でも国分寺線は10分に1本で結構余裕無いダイヤの中で運行というのはすごいですねw

DSCF3139.jpg
あとこれ。完全にLCDのイメージですねw コレ作った人絶対鉄道好きの社員さんだと思いますw

ということで以上です。

最後にBトレネタ。

DSCF3020_20141209231509b1b.jpg
キハ52…新潟色&飯山色です。これ、買う予定は無かったのですが、バスコレの横浜市営のMPをポポンデッタで購入した際に「新発売のBトレです!」といわれて、つられて買ってしまったもの…w まぁちょっと興味あったんでやられちゃったわけです。。。2両セットで最近流行の小型パッケージ。キハ52のセット販売は初めてかと思います。どちらの色も一応映像で見たことはあります。

DSCF3082_20141209231511ed2.jpg
一部使ってしまっていますがステッカー。盛岡色セットと同じもののようです。

DSCF3083.jpg
前面。なんか実車よりもかわいらしい感じがw 新潟色のほうがどちらかといえば好みです。

DSCF3084.jpg
飯山色側面。飯山色はドアの下に凹凸があるレトロな雰囲気なドアです。この3色帯いいですねw

DSCF3085_20141209231517abe.jpg
新潟色側面。こちらはドアが通常タイプ。

5段評価は実車をあまり知らないのでパス。このキハ52はJR西日本の大糸線で3両が最後まで残って注目されたようですね。あと、うち1両がいすみ鉄道にいて現役(臨時等で)です。

DSCF3647_2014120923210608b.jpg
続いて、三陸鉄道36形青塗装+赤塗装です。これは3月に、「北三陸鉄道36形 標準色+お座敷車両」「36形 キット、ずっと号」そしてこれが発売されていたものです。興味はありましたが、Bトレの価格上昇で「本当に欲しいものだけ買う」方式にしていて諦めていたのですが、買ってきてしまいました。このセットを買った理由はこの色を知っているのとおまけで標準色の側面・前面パーツと非冷房屋根がついているためです。ちなみに、キット、ずっと号だけは更新後の屋根と台車がついていて、この3セットを組み合わせると様々な仕様が出来るという楽しい売り方でした。

DSCF3648_20141209232108332.jpg
ステッカー。行き先が豊富ですし、ヘッドマーク類もいっぱいあって面白いですね。

DSCF3668_20141209232209e54.jpg
で、青塗装と標準色にしました。青塗装ですが、2両あったうちの1両は海外、1両は標準色へ。赤塗装は2両とも海外に行き三陸では見れないそうです。ところで、スカートパーツが2種類あって、こちらはディスプレイ用だそうで、スカートにドローバーなどの連結部分がついていて、ブロックはHG仕様を使うようになっていました。間違ってSGのブロックパーツつけてからやったのでやり直しになってしまいました(汗

DSCF3672.jpg
標準色。非冷房にしました。この車体の色は、まぁもともと知っている人も多かったと思いますが、震災をきっかけに知ったという人も少なくないと思います。なかなか良い感じでデフォルメされていてかわいらしいスタイルですね。

DSCF3673_201412092322139e8.jpg
青塗装。こちらは冷房屋根。

ということで36形でした。

Bトレは以上です

それでは今回はこのへんで
19:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.27 (Fri)

☆2013 第64号☆  2013年最終記事

こんばんは。

寒さがどんどん増していますね。まぁあの雪予報だった2日間を乗り切ったのでだいぶ慣れてきましたが…家の中が朝起きると9℃とかになっていて、さすがに冬だなと思いますw
さて、今回は2013年最後の更新となります。2013年はブログに号数をつけてみましたが、今回のを含めると64回となりました。まぁ中学時代などから比べるとかなり少ないですが、まぁまぁ更新できたかなと。ただ、今年は今までよりも身近なところのネタが増え、定点観測的な雰囲気になり、毎回似た記事になっていて、ちょっと面白さに欠けてたかなと思います…今年は去年のような「今年の撮影内容」はまとめませんが、多く撮影した「石神井公園」「武蔵小金井」「立川」の登場回数をまとめてみます。とその前に今年も当HP、ブログをご覧くださりありがとうございました。来年2014
年もよろしくお願いします。

さて、今年の「石神井公園駅」「武蔵小金井駅」「立川駅」での撮影回数をまとめるとこうなります。

1月9日…武蔵小金井で数枚撮影
2月1日…石神井公園
3月5日…石神井公園。ダイヤ改正前最後の撮影
3月16日…石神井公園。ダイヤ改正・直通開始日
3月22日…立川で撮影
3月26日…スマホで武蔵小金井
4月1日…石神井公園
4月10日…武蔵小金井で数枚
4月18日…武蔵小金井
4月28日…石神井公園で数枚
4月30日…武蔵小金井
5月9日…武蔵小金井で数枚
5月15日…立川
5月22日…武蔵小金井
5月28日…武蔵小金井
6月6日…石神井公園
6月18日…武蔵小金井
6月20日…武蔵小金井で数枚
6月25日…武蔵小金井
7月4日…武蔵小金井
7月16日…武蔵小金井
7月24日…立川で数枚
7月28日…立川
8月11日…立川。ただし南武線撮影(バスはなし)
8月26日…石神井公園
10月9日…立川
10月27日…武蔵小金井
11月28日…石神井公園
12月11日…立川

回数的にまとめると…武蔵小金井は14回、石神井公園は8回、立川は7回となります。武蔵小金井は春~夏に集中していますね。まぁ来年もこの3つは何度も登場するかと思いますw まぁあまり行ったことの無いところでの撮影もしたいとは思っています。
寒くなって、武蔵小金井は控えめですが、また過ごしやすい季節になったら再開しようと思っています(+今バスターミナル改良中で北口がごちゃごちゃしているのでそれが収まってから)。

さて、2013年最後の記事ですが…25日・26日は学校関連(26日は恒例のあれでしたので、後半で画像があります)で大学に行っていましたが、24日だけは偶然何もなく、しかもちょうど恒例の宮ノ前の日とかぶったので都電のほうに行ってきたので、その画像から。

朝は寒くてカメラを出すのも面倒くさくなったので(マテ)、行きは全く撮影しなかったので文章のみで。

東村山から西武線で高田馬場に向かいましたが、ちょうど特急接続の電車。しかも「準急」というある意味最悪なところにあたってしまったものの、とりあえず準急に乗車。この日も「満席」になった特急券券売機に特急券を買おうとする人が何人かいましたが、駅員さんがそこにすかさず、携帯予約サービスの宣伝をしていました…w で準急は久しぶりに見た気がする普通な連結の2000系2+新2000系2055(超更新・最終車)8連。これにとりあえず乗車。すでに小平付近から車内が混みはじめ「これはまずいな」と思いつつ田無へ。田無手前で「田無始発の各駅停車~」の案内があったので各停を見てみるとなんと3000系。もちろん3000系の各停に乗り換えw 朝ですが、途中までは空席もあり、しかも井荻・沼袋・中井とことごとくぬかされるので乗客が集中せず、良い環境で移動できました。3000系は見つけたら乗っておかないとならない電車になりましたね。上石神井までは後追いでノロノロでした。ちなみにちょうどこのとき、新狭山付近で人身事故があり、新所沢~本川越運転見合わせとなってしまっていました。まぁ自分には影響はありませんでした。

高田馬場から大塚まで山手線。高田馬場駅にもホームドアが取り付けられ稼働していました。山手線のホームドアは確認もスムーズで待ち時間も少ないので良いですね。

大塚からは都電ですが、8800形のオレンジでした。前に車庫前行がいたので、飛鳥山などでは追いついていましたw 
戻りは…戻りも同じ8800形オレンジということで7000には乗れませんでした…で、ちょうど巣鴨のとげぬき地蔵縁日と重なった影響で、ただでさえ混んでいる都電がさらに混み、激しい混雑となっていました。

DSCF8508.jpg
大塚駅。大塚駅はバスターミナルの変更が行われている最中で、都電の周りも大規模工事中でした。今まで、都バスは都電を渡ってバス停にはいり、また渡っていましたが、解消されたようで、ちょっとさびしくなりました。こんな感じで工事の真っ最中だったのでここでの撮影は断念。

DSCF8517.jpg
いつもの場所に戻って撮影開始。が、なぜかいつもは意外と撮れるのにこの日は、なぜか発車するタイミングに合わせるかのように通行する人の波が起き、撮影失敗が相次いでからの8800形ピンク。まぁこればっかりはしょうがないですからね。。。そこも都電らしいといえばそうかもしれません。

DSCF8520.jpg
で、7000形も連続で来るのに撮影失敗。ようやく4本目ぐらいで撮影できました。そろそろ置き換えも始められるようなので、なるべく多く撮影しておきたいところ。まぁ吊り掛けの音が聞こえなくなるのも残念ですが、それよりも今でも大混雑な都電で、つめこみがきく7000形がいなくなるというのが心配です。。。

DSCF8529.jpg
今の7015は大塚駅前どまりだったのでポイントまで回送され、三ノ輪橋方面ホームへ移動してきました。大塚駅前発は空いていていいですねw 

DSCF8531.jpg
続いても7000形。実はひそかに最近リバイバル塗装化された編成(赤帯)を狙っていたのですが、車庫でお休み中だったようです(都電接近情報から)。やはり都電と言ったら7000ですw

DSCF8532.jpg
さっきの7015が発車していきました。ちょうどカーブで斜めになっているところを撮影。この斜めに曲がっているところ、なかなか気に入っていますw7000形で撮影するとよりかっこよく見えますw

DSCF8538.jpg
しばらく来なそうだったので撤収。この大塚駅前という表示が見えるところで撮影。この構図、今まで撮影したことがあ
りませんでしたが、なかなか良いですね。

この後は池袋に移動。ちなみに東武のポポンデッタには119系もおかれていました。前回からそうでしたが、ポポンデッタらしく名鉄Bトレがおかれるようになり、だんだんポポンデッタ化してきている感じが面白いですw

DSCF8540.jpg
池袋からの戻りはもちろん西武線。券売機のところにこんなポスターが。元日の初日の出のための臨時直通列車が出るようですが、ヒカリエさんが走ってくるようです。これは撮影者多そうですねw このポスターは東急発行のもののようですね。西武線の駅に「東急」が貼られるのも珍しくなくなってきました。

DSCF8542.jpg
ホームに上がるとどうやら20分後ぐらいの各停所沢が「8両3ドア」だったので待ちます。停車中の新2000系超更新車。よく見ると中間の一部の車内照明が明るくなっていましたが、LED照明試験編成でした。やはり蛍光灯よりも青っぽくて明るい色になっていますね。ちなみに今年度の30000系から正式採用されたようです。

DSCF8546.jpg
8両3ドアをいろいろ撮っておかないと、あとで後悔すると思ったので表示を撮影。前後しますがローマ字表記。もうちょっとしたら、「3ドアだから待とう」ということすらできなくなってしまうのは残念です。今まで「3ドア」がないかなと探してきたわけなので。。。

DSCF8548.jpg
日本語。ちなみに3本目の石神井公園行きは日中はこの駅からはないので新鮮な感じです。3ドアとあると、特にアナウンスがなくても自然と3ドア乗車位置に人が集まるのも、もう見られなくなるのも、また西武の特徴が消える感じがします。。。まぁ池袋などの主要駅では座りたい人が多いのでこうなりますが、すでに途中駅では3ドアと気づかれてないことが多いです。。。

DSCF8551.jpg
この、ちょっと懐かしい感じがする車内も消えることになります。新101系のときは、まぁ若干色が薄いとはいえこの3000系は全編成いたのでなくなる感じがしませんでしたが、今回3000系の置き換えでついになくなることになります。。。

DSCF8556.jpg
途中ひばりが丘で特急退避をしていると反対の待避線に変な9000系が。戸袋窓を埋めたという編成でした!やっと実物を見ることができました…が、え~、これはちょっと残念な感じですね…新鮮というか、これはダメな気が…w で車内側は壁と同じ色で塗られたものを埋め込み、その上に広告掲示用の場所が。これで車内の広告を増やすんだと思いますが、う~ん…戸袋窓があることで解放感もあってよかったのですが、あの完全に埋め込んだ美しい側面の超更新をしっているのでこれは残念だな。。。

DSCF8562.jpg
所沢に着いて撮影。今回も銀河鉄道999編成でした。あのダイヤ大幅乱れを思い出しますねw 撮影者も多かったです。
ちなみに、この数日後3001編成がまさかの運用離脱→廃車となってしまったようですorz。ついに池袋線の3ドアはこいつだけになってしまいました。3001編成の引退は結構ショックです。さらに新宿線の3013編成も運用を離脱した模様で、そうなるとすでに3000系は9本中5本ということになります。この調子で置き換えると3000系だけじゃなくて2000系にも影響しそうですし、来年3000系が消滅する可能性も高く心配です。

DSCF8567.jpg
この特徴ある窓も見ることが少しずつ難しくなってきましたね…長い座席も見納めですし、やはり引退までになるべく多く乗っておきたいです。正直1年でここまで減るとは予想外でした。

DSCF8568.jpg
この後は1駅新宿線。新2000系の8連ということで、この日乗車した西武線の車両はすべて界磁チョッパでした。3000系にも2回乗れましたし、なかなかラッキーでしたw それと、この日、一度も駅を通過せずすべて各停でしたね…w

DSCF8569.jpg
2000系もなるべく撮影しておかないと。。。まぁこの編成は新2000系と同世代なので最後まで残りそうですね。それにしても再塗装したばっかなのか色が鮮やかでいいですね。

以上です。

続いて今年最後の「ついでに」シリーズですが、今回は八王子周辺…これは横浜線205系を撮影する良い機会っていうことで横浜線に乗ってきました。ということで画像を…

DSCF8572.jpg
八王子といいつつも八王子みなみ野駅から横浜線に乗ることに。八王子みなみ野は以前に反対側に降りたことがあるのですが、西口は初めてでした。西口はショッピング施設がいくつかまとまってあってベッドタウンの郊外駅のような雰囲気でした。京王の日野レインボーがいたので撮影。既に、京王でもレインボーの置き換えが始まっている(こちらは10年程度活躍しているので立川のエルガJとは違う置き換えですが)ので、まぁ撮影しておかないと。京王は更新はしないようで多少ベテラン感がありますね。

DSCF8574.jpg
八王子みなみ野駅は見通しがよく撮影に向いていそうだったのでとりあえず1本撮影。快速桜木町行きですが、お、これはなかなか良い感じで撮影できますね。まだ全て205系が活躍しているうちに来て良かったです。

DSCF8575.jpg
曇っていたのと、画像が明るすぎたので調整したら、過去の画像みたいになりましたが八王子行き。横浜線の205系は側面は方向幕ですが、前面はLEDになっているようです。

DSCF8576.jpg
続いて普通東神奈川行き。これに乗って長津田に移動します。ところで、6ドア車はよくみるとドアの高さが違うようですね。まぁ横浜線の6ドアはドアなどは209系と同等なので、年代の違いからくる差異かと思います。

DSCF8577.jpg
ドア窓は大きい方でした。まぁドアエンジンはそれまでと同じもので、車端のドアの片方は他より早く閉まる仕様。乗ったところのはその割にはゆっくりしまっていました。横浜線なので駅間距離も長く、比較的高速走行するのが特徴ですが、快速よりおとなしめ。帰りは快速に乗ろうかと。

DSCF8581.jpg
長津田駅で降りて撮影。ここは以前撮影できたので長津田まで移動してきました。ここで太陽がすこし出ているのにポツポツと雨が…撮影したらすぐ屋根の下に入ることに…w 橋本行き。

DSCF8582.jpg
205系と東急を絡めて。当然8500系のほうがベテランですが、205系は2014年度にはここからは消滅するということで、こういうのを見ているとJRは世代交代が早いなぁと。

DSCF8583.jpg
続いて快速桜木町行き。まぁ「横浜線」表示のところを撮影したのでわかりませんが…この2駅先の中山で普通と接続なので結構すぐにやってきます。

DSCF8584.jpg
この黄緑と緑の205系もそのうち見られなくなるということで、数年のうちに205系は八高線と武蔵野線だけになってしまうということでやはり残念です。逆に言えばそれだけE233系は完成度が高い車両ということになりますね。

DSCF8587.jpg
東武50050系が来たので側面を撮影。なんかこうやって改めてここで東武車を撮るのは新鮮な感じがします。「東武」田園都市線なのでよく見られるわけですが、八王子から横浜線で来てコレを見るとちょっと変な感じがしますねw

DSCF8590.jpg
八王子行きが来たので側面方向幕を撮影。横浜線ならではの緑幕です。E233系でも緑で表示されたら面白いですが、どうなりますかね。フルカラーなので若干そういうことも期待できます(せめて緑字とかにして欲しいw)w

DSCF8592.jpg
橋本始発の横浜線。さっきからポツポツと雨が来ていますが収まってきました。こうやってみても205系はあまりベテラン感が無いというか、古さを感じないので、置き換え対象って感じがやはり無いですね。

DSCF8593.jpg
最近個人的に気に入っている何かと絡めて撮影。むりやり東急5000系とあわせてみました。

DSCF8598.jpg
快速八王子行きが来たので方向幕を。この快速の文字良いですね。

DSCF8602.jpg
メトロ8000系が来たので側面を。チョッパ車でしたが、最近更新が広がっていますし、7000系はすべてVVVFなのでまだこの音が聞けるのは良いですね。ドア窓も大窓になってきていますが、やはりこの小窓ですねw

DSCF8606.jpg
東神奈川行き。こうやって205系しか来ない横浜線もいよいよ見られなくなるということで、集中的に何本か撮影しておきます。ここは遠くから電車が見えるので撮影準備が出来て良いですね。

DSCF8607.jpg
おっと、ここで東急8590系が車庫から出てきました。8590系や2000系、8500系の一部にある東武線直通未対応編成は、朝などのラッシュ時しか運用されないと思っていたのでびっくりしました。どうやら最近の改正で日中にも運用ができたようです。まさかこれが撮影できるとは。

DSCF8612.jpg
側面を撮影。既に大井町線からも引退しているので、東急に残る8590系は10両の数本のみ。この側面もほとんど見られなくなってしまいましたね。この2本の赤帯が独特で気に入っていました。

DSCF8615.jpg
橋本行きの側面方向幕。

DSCF8616.jpg
快速桜木町行き。そろそろ満足してきたのであと1本撮影して切符を買いなおして戻ることにします。

DSCF8617.jpg
8590系が中央林間方面へ出発していきました。この運用、覚えておけば貴重な編成にも乗ることが出来そうですね。

DSCF8618.jpg
最後の1本は手前に引きすぎてちょっと失敗。まぁこれまで成功していたのでよしとしますw

DSCF8621.jpg
切符を買いなおすために一回出ましたが、東急の駅窓口でカレンダーを売っていたので購入。西武のカレンダーと並べうかとw 戻ってみるとちょうど快速が来るようだったので早速乗車することに。ちょうどメトロ8000系の更新車がいたので側面を。やはり大窓は違和感ありますw

この後は快速で八王子みなみ野に戻りますが、全線でかなり高速で走行していて爆音になっていて面白かったです。ついでに、停車もかなり激しい減速で停車時のショックがすごかったですが…w 快速はもう1回乗っておきたいですねw

DSCF8624.jpg
八王子みなみ野で最後に上下線1本ずつ撮影。これで横浜線の205系撮影は満足です。あとは南武線もこうやって撮影しておきたいところです。

DSCF8625.jpg
この八王子行きを撮影して撤収しました。

DSCF8629.jpg
上にあがると京王バスのブルーリボンⅡがいたので撮影。ところで小金井にまさかのブルーリボンⅡが導入されたっぽいですね。早く撮影したいところです。

DSCF8630.jpg
こちら側も撮影。これを撮影して撤収しました。ということで、以上です。コレで2013年最後となります。
自分は年末年始は静岡に行ってきますが、まぁブログ更新はしないと思いますが、適当につぶやくかもしれません。

では良いお年を! 1年間ありがとうございました。2014年もよろしくお願いします

では
17:38  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.21 (Sat)

★2013 第63号★

こんばんは。

この前の水・木は東京は雪の予報で、多摩地区は積る?なんていわれていたのですが、なんとか回避できたようで…特に学校あるときに雪は勘弁してくれと思うんですが、予想より気温も下がらず雨で終わってよかったです。そのかわり金曜まで降りましたが。。。おそらく、学校ある間にあと数回は降るとは思うのですが、積もらないでもらいたいです。っていうより、雪降ってる間はいいんですけど、2日目以降は凍るのでこれが困りますね。

さて、今回は、先週お知らせしたとおり毎度おなじみ立川での撮影画像を掲載します。構図もバリエーションも変わらないですが、バスがどんどん来るので、知っている車両でも結構面白いです。今回も一応ネタになる車両も撮影できました。

DSCF8233a.jpg
立川バスのMPノンステ。立川バスではよくみるピンクのラッピング。これも立川バスのみでみられるラッピングと思われます。

DSCF8234a.jpg
今回も曙営業所のバスが走っていました。MP長尺ワンステ。なんか微妙に天気が悪いですが、逆にLEDはしっかり写りますね。

DSCF8235a.jpg
MPノンステ。初期車の引退が進んでいて数は減っていますが、立川バスはこの形の最後のほうまで継続導入しているので、まだ余裕でみることができます。ただ、グライドスライドを装備した特徴的仕様はだいぶ減りました。。。

DSCF8237a.jpg
MPノンステが続きます。いつもはエルガ連続のほうが多いのですが、若干いつもより時間が遅いのでダイヤも違っていて逆にMP連続みたいになっているようで。。。

DSCF8238a.jpg
最初のラッピングと同じMPノンステ。ところで前掛けの高速バスは、京王バスと伊那バスが3社で運行しているようです。

DSCF8244a.jpg
さらにMPノンステ。ここまでMPしか来ていません…w 個人的にMPはカーブしてるときにななめっているところが一番かっこいいと思います。

DSCF8245a.jpg
箱根ヶ崎駅行のAA。徐々に撮影枚数が増えてきました。

DSCF8247a.jpg
京急リムジンの三菱車。最初は違和感を感じたデザインも何度も見ると結構よく見えてきます。

DSCF8248a.jpg
ここで初めてエルガが登場。

DSCF8249a.jpg
MPノンステですが、立川バスお得意の半分ラッピング。これのほうがフルラッピングより費用がかからないのか、地元の店のラッピングで比較的多く見ることができますが、他社ではあまり見られないですね。

DSCF8251a.jpg
北町行のエルガミオ。

DSCF8254.jpg
三井不動産ラッピングのAA。西武立川といえば、周囲に駐輪場しかない印象ですが、今後は住宅がだいぶ増えそうですね。今後は新宿線よりも拝島線沿線の住宅が増えそうで、乗客も増加しそうですね。

DSCF8255a.jpg
久米川行きの西武バスAP。もう西武でこの形を見ない日はなくなりましたが、今後どれだけ増えるか。結構早い段階で西工を超えるAP・MP王国になりそうです。数年前までは考えられなかった組み合わせなんですが。。。

DSCF8256a.jpg
箱根ヶ崎行のAA。先ほどの箱根ヶ崎駅行とは系統番号がことなり、ルートが違うようです。この三ッ藤のあたりは路線が入り組んでてどれがどれだかわかりませんw

DSCF8258a.jpg
MP長尺。

DSCF8259a.jpg
お、エルガJが来ました。どうやらエルガJですが、なぜかもう引退が始まっているようです。車齢はまだ新しいですが、立川バスでは唯一の中型ロング、しかも数台で、路線用では唯一の日野製(まぁいすゞエルガJですが)ということで、扱いづらいのかもしれません…まぁ若いですし、譲渡は引っ張りだこになりそうですが、また珍しい車種が減ってしまいます…

DSCF8260a.jpg
小平営業所行の西武バスMPノンステ。小平営業所までは10個以上停留所があるので系統番号を表示してもいい感じもしますが、東大和市駅まではいかないので利用も多くなさそうでいらないという判断かもしれません。ちなみに小平駅からも小平営業所行がありますが、あちらは1時間に4本程度になったかと思えば、1時間以上開いたりと変なダイヤですが、結構利用されています。そちらは間合いなのでJPやRMも入っています。こっちは平日は1日2本のようです。

DSCF8261a.jpg
営業所に戻っていくと思われる西武バスRM。

DSCF8262a.jpg
こちらも戻っていく西武バスUAワンステ。バスコレと同じナンバーですね。そういえば西武バスといえば、周辺のバス会社で唯一限定バスコレを出したことがないですね。今まで出してこなかった神奈中でも出ていますし、そろそろ出してみませんかねw

DSCF8264a.jpg
村山団地行のエルガ。以前、高校時代の先生が「村山団地は本数が少ない」とおっしゃっていましたが、1時間に2本程度しかこない路線沿線の自分にとっては15分に1本が少ないとは思えず…w とはいえモノレール開業で減ったのは事実なようですね。

DSCF8265a.jpg
ライトがついていい感じの立川バスエルガ。このラッピング、結構気に入ってますw

DSCF8266a.jpg
三井OP入間ラッピングの西武バスRAノンステ。運転席部をよく見ると…こいつグリーン車だそうです(噓) 

DSCF8268a.jpg
おおっこれは。西武バスの新7Eノンステ・336の捕獲に成功。しかも東村山駅行です。こちらは12年ぎりぎりまで路線で使うようですね。とはいえ、あとどれだけ持つかわかりませんが。。。やっぱりいいですね新7Eノンステ。

DSCF8271a.jpg
リラックマバス新1号車。初めて運用についている1号車を撮影できました。つい先日見たばかりですが、営業についているとよりかっこよく感じるのは気のせいですかねw 通常塗装の中にこいつはやはり非常に目立ちますねw

DSCF8276.jpg
もう1枚撮影。

DSCF8277a.jpg
立川バスのエルガ。LEDがにぎやかですね。

DSCF8278.jpg
イオンモール行のMPノンステ。

DSCF8279a.jpg
おっ、今回も登場してくれました。7Eツーステ。残りは10台以下のようですが、こうやって動いているのは良いですね。今回も扉側をいただきました。

DSCF8288.jpg
そろそろ撤収しようかなぁと思っていたところこんなのが来ました。京王バスのレインボーⅡ。この系統も本数多くないのに車種のバリエーションが多いですね。電鉄カラーのレインボーⅡはなかなか撮影機会が多くないのでよかったです。

DSCF8294.jpg
西武バスUAワンステが目の前で信号待ちしていたので後部を撮影。このバスらしい配置とスタイルが良いですね。

DSCF8303.jpg
後部を撮影。そういえばここで普通のJPを撮影したことがないですね。来るところを見たことはあるんですが、なかなか。

DSCF8309.jpg
立川バスのエルガJが来たので後部を撮影。それにしてももう引退とはびっくりしましたね。小田急バスにもいない車種でしたし、この日野車体に立川バス塗装という違和感の塊みたいな車両でしたし、まだ置き換えは先かと思っていました。

DSCF8315.jpg
中扉がグライドスライドのMPノンステ。こちら側からだとわからないですが(汗

DSCF8318.jpg
新車のMPノンステ。おそらくこいつがエルガJたちを置き換えている新車たちの1台だと思われます。こいつ短尺ですが、このスタイルのMPで短尺は初採用です。中型ロングを大型短尺で置き換える…ここでも他社と同じ置き換えパターンになりました。後ろにエルガJが見えていますがこいつが左折待ちしてる間に勢いよく走り去ってしまいました。。。

DSCF8320.jpg
最後に曙のエルガ標準尺ノンステを撮って撤収。

今回は後半でいろいろネタを回収できました。寒さは苦手なのでここの撮影もだいぶ冷えましたが…w 待っていてよかったです。

続いて…東武9000系Bトレを組み立てたので画像を。

DSCF8507.jpg
まずはステッカー。車番は9108や9150系のもありますが、トップナンバーの9101は、側面が違うのでステッカーも付属していません。10000系などのステッカーとの違いは、側面用シールが入っていることで、パッケージ裏面のイメージ図にもしっかり、側面表示が出ています。

DSCF8497.jpg
で、今回は適当に9107を選択。表示機は組み合わせて普通森林公園と、表示が特徴的な東横線の通勤特急元町・中華街行。ちょっとライトが高めなのと車幅が若干幅広には見えますが、まぁOKだと思います。でも10030系と10000系のほうがよりリアルかな。

DSCF8498.jpg
クハ9107。側面パーツは10000系と共用ですが、実際はドア下に出っ張りがあるのが10000系、ないのが9000系らしく、説明書にもそこを切り取るという絵があったので切り取ってみました。ニッパーでいけました。

DSCF8499.jpg
モハ9207。車いすスペースと弱冷房車です。

DSCF8500.jpg
モハ9607。これは10000系セットのものに9000系の屋根を付けたものですが、製品的には同じものなのでまったく違和感はありません。

DSCF8501.jpg
モハ9807。この側面を見ているとあの独特な音を思い出します。

DSCF8502.jpg
クハ9007。

では5段評価です。

造形のよさ:3.5
→全体的には9000系っぽさが出ているので良いと思いますが、前面がビミョーに違う感じがするので少し減点。とはいえ、かなり良い出来だとは思います。

説明書の分かりやすさ:○

入手安易度:3
→最初のゲリラ発売後は、森林公園イベントで販売され、その後は駅と通販。駅の入荷予定数が少なくて通販も大丈夫かなと思っていましたが、初日に200個程度まで減ったものの、再度いれたようで、今でも通販であれば普通に買えます。ところで東武商事の通販は、「買い物かご」に入れた時点で商品が確保されるうえ、在庫も表示されるので、楽でした。確か京急もそうですが、このやり方は利用者のことを考えてくれてるなと。

シール充実度:5
→ここまで充実していれば文句ないですね。

部品豊富度:4
→未更新の前面と妻面もついています。部品の豊富さは十分かと。ただ更新後で中間のパンタ無側につける妻面が必要最低限しかなく、もう少しあってもいいかなと思いました(特に組み合わせで何種類もできるわけですし)

組み立てやすさ:3
→全体的に良好です。

DSCF8503.jpg
10000系との並び。小さいころですが、まだ東武の形式はわからない頃に、単純に9000系のほうが新しく、10000系のほうが古いと思っていました。実際はほぼ同時期ですが、貫通路がある10000系のほうが古く見えてたようです。

DSCF8505.jpg
50070系との並び。50000系Bトレも5両にしておいて正解でした。これで5直の役者はすべてそろった(細部の違いに目をつぶれば)ことになります。まさか2013年中に集まるとは思っていませんでした。特に9000系と西武6000系は今まで全く出ていなかったので。この調子で、まだ製品化されてない形式をどんどん発売していってほしいですね(ただし、あまり一気に出されると資金がないのですがw)

さて、119系の東海色とするがシャトルを1箱ずつ入手しました。通販ですが、家に荷物が届いた後で受注確認メールが来たので、購入できたのかできてないのかわからずちょっと心配でしたが…w おそらく飯田色(国鉄色)と東海色はポポンデッタなどに並ぶと思います。するがシャトルはイベント・通販限定だそうで…ぜひするがシャトル色をもって静岡で何かのイベント時に発売してほしいですね。 さて、そろそろ373系がほしくなってきますねw

では今回はこのへんで
22:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.20 (Fri)

08/20のツイートまとめ

HIROKI_shizuchu

ブログ更新しました。http://t.co/qBUnv2OZru
08-20 23:22

これも結局乗らずに全車引退かなぁ…まぁある程度撮影出来たから良かったけど、また特徴ある車両が引退…なんか重そうで気に入っている車種だし、もう1回ぐらい撮影したい>RT
08-20 23:14

RT @seta_416: 8/20 A3-938(KL-UA272KAM改)@関前三丁目交差点 残りあと数台の西武UA272改、いつまで走ってくれるかな…( http://t.co/jEOZn30ZSO
08-20 23:12

今日の分は以上です。ツーステ画像投下も次回で終了です。明後日からは何を投下していこうかな。初期のノンステにしようかな。。。
08-20 23:09

「※引退済み 国際興業(飯能) 9068 KC-LV」2010年12月18日 画像がアレだけどご了承を。9000代のキュービック。キュービックと国際興業カラーは似合いすぎますね。山梨交通・岩手県交通のキュービック、撮影したい… http://t.co/sLc9W1Vb6k
08-20 23:07

「茨城交通(鯉渕) U-HT 水戸200 ・792」2014年6月5日 元・茨城オート車で元・東武バスのブルーリボン。いや~ブルーリボンも良いですね。個人的に角ばっているバスが好きなんで…水戸はブルーリボンもいっぱいいましたね http://t.co/Dw76lY5vXp
08-20 23:06

「西武総合企画 S-377 KC-UA 所沢200 13-53」2012年7月8日 かつては上石神井(営)にいた7Eの3扉。実は西武も結構まとまった数3ドアがいて、関東バスより遅くまで導入してました。先に消えちゃいましたが… http://t.co/3e4ftuJewF
08-20 23:05

では今から恒例のツーステ画像を投下します
08-20 23:04

RT @9takigashira: 話ぜんぜん変わるけど上大岡で休憩中のエルガワンステロングってあんまり見ないよねコンプしたいwww http://t.co/kTMTbmVQfa
08-20 22:42

RT @1821tc: この並びを早く見たい。エアコンの種類(京王はゼクセル・東急はデンソー)、フォグランプとコーナリングランプの有無、中扉の明かり窓、後輪後方のパネル等、細部の差異が判り面白い。茨交1356と関鉄G067。 http://t.co/66xdHmxncI
08-20 22:28

22:15  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.14 (Sat)

☆2013 第62号☆

こんばんは。

朝晩の冷え込みがだいぶ激しくなってきましたね。日中はまだなんとか落ち着いていますが。。。今は一番日が短い時期なので、16:30ごろにはだいぶ暗くなってしまいますね。
ところで、来年の4月に全国バスコレでしずてつバスが出るようです。車種はMPワンステだそうで、おそらく静岡市内で活躍している方のMPになるようです。初の低床バスカラーで、以前の呉羽のMPとも並べられますね。で、同じ時期に鉄コレの静鉄1000系第2弾が出るようで、今度は分散型冷房車だそうです。どちらも今から楽しみです。

さて、今回も恒例の「ついでに」ネタですが、川崎に行ったついでに川崎駅西口でバスを撮ってきました。本当は東口で川崎市営の長尺も見たかったのですが、時間の都合上そちらはあきらめました。
で、実はこれより前に立川で撮影した画像もあるのですが、前回記事がリラックマバスネタだったので、そちらを次回に回します。
では掲載していきます。

DSCF8326.jpg
臨港バスのエルガですが…ん?さっそく不思議な車両です。普通のエルガなのにやたら車体が短いようです。。。これが、大型9Mってやつみたいです。存在を知ってから初めてみましたが、なんかトミカみたいです。

DSCF8328.jpg
横浜駅からやってくる横浜市営バスのエルガ。どうやらナンバーを車番と合わせているようです。同じ神奈川県内でも、川崎で横浜市営がみられるのもなんかちょっと違和感がありますね。この色、結構好きなのですが、横浜は遠いのでなかなか撮影できません。。。

DSCF8329.jpg
臨港バスの並び。お、左のエルガワンステも9Mのようです。こうやって並ぶとワンステの窓の大きさが際立って見えますね。右のエルガも結構綺麗でいいですね。

DSCF8330a.jpg
大型9Mが目の前で降車させていたので、側面を撮影。前中間は若干短尺より短く、中扉以降も若干短くなっているようです。これ、中型より収容力があるのかな。中型ロング(幅は細く、長さは長く)の逆の発想ということですかね。

DSCF8332.jpg
さっきのエルガノンステ。臨港バスを撮影したのはこれで2回目だと思いますが、どうも色がスカイライナー(AE100形)に見えますw バンパーが青塗装なのが独特でいいですね。

DSCF8341.jpg
こちらは普通のエルガミオですね。こちらのほうが大型9Mよりも違和感はないですね。

DSCF8343a.jpg
なんか、後ろが流れた(というよりブレたが正しいか…w)みたいですね。エルガですが、ホイールはISO基準の10穴なので最近の車両のようです。川崎ナンバーが今どれだけ進んでいるのかわからず、年代が判断しづらいです。。。

DSCF8348a.jpg
なんとなく後部を撮影。ちなみに後ろの広告のパチンコ屋は確か東名川崎の出口付近で看板があるので、なんかなじみのある名前ですw

DSCF8349a.jpg
川崎市営のエルガ。川崎市営は塗装が好きなバスです。川崎市営といえばこちら側ではなく、京急川崎側のバスターミナルに特徴的な長尺が来ますが、こちらは普通のしか来ないですね。あと、武蔵小杉のほうが川崎市営は撮影しやすいかも。

DSCF8354.jpg
大型9Mが停車したので運転席側を撮影。運転席側はいすゞの大型9Mは逆T字窓が3枚なので余計に気づきにくいですが、後部のライト部が大型の証拠で、エルガミオはブレーキランプが隣にもう1つ分入るスペースがあり点検蓋?とライトが離れていますが、エルガなのでこの配置。なんか違和感しかないですねw

DSCF8358.jpg
こうやってみると、普通の短尺のように見えますね。こういう特徴ある車両が現れると気分が良くなりますねw この、9M車。運用路線が限定されているのかどうか気になりますね。あと混雑的にどうなのか…これを確認する前に関東では大型9M自体が消えそうです…

DSCF8365.jpg
川崎市営バスのシティハイブリッド。なんか最近久しぶりに見た感じがします。日野ブルーリボンの面影を残しているのはこのハイブリッドが最後なので、なるべく今後も長く製造してくれるといいですね。

DSCF8374.jpg
ここで、まさかのしずてつバスを発見w 偶然、ツアーなのか川崎駅に来たようです。ジョイステップのセレガRですね。この塗装はやはり目立ちますね。どうやらもう1台来ていたようです。

DSCF8383a.jpg
川崎駅北口のラゾーナ川崎側に移動し、東急バスなどを撮影します。まぁ南口にも行きたかったのですが、時間の都合上今回はパスしました。まぁ次の機会もあるかもしれないですし。。。RAワンステ。東急のワンステといえば最近は下部の赤線が消えてツーステップが採用していたタイプで導入しているようです。絶対似合っていると思うので実物を見たいですw

DSCF8391.jpg
RAノンステですが、なぜか前面の「ノンステップバス」がとられています。東急のRAノンステは、そのプレートを付けるためにナンバーが下になっていますが、ノンステ表記がないのは違和感ありますね。五反田からきたバスですね。

DSCF8395.jpg
川崎市営エルガの側面。ここは側面を撮影できるのが特徴な場所でしたね。エルガもノンステは窓が低いので結構長く見えます。ちなみに、非常口となりの窓が拡大された現在の仕様で、やはりこちらのほうが整って見えますね。

DSCF8396.jpg
そのエルガよりさらに長く見える東急バスのRAノンステ。これ長尺だとかなり長そうですね。カクカクしてる車体はやっぱりバスらしくてかっこいいです…w

DSCF8399.jpg
川崎市営のブルーリボンⅡ。前回来たときにはまだ、7Eツーステもいて面白かったですが、すでに全車引退し、代わりにエルガやこれが大量に入ったようです。

DSCF8406.jpg
お、東急のMPワンステが来ました。銀サッシなので、運転席直後の小窓がはっきり見えますね。ところでこれは短尺。MPというと標準尺をよく見ているのでこれは短く見えますね。

DSCF8411a.jpg
先ほどの川崎市営のブルーリボンⅡ。この塗装、やっぱりいいですね。ところで川崎市営は前面ステッカーはPASMOを継続使用しているようです。正直貼り換えないほうが正しかったのかも。 

DSCF8414.jpg
東急バスのエルガが入ってきました。ナンバー的に新しい方ですが、すでにラッピングされています。しずてつでは最近普通にやっていますが、東京では比較的珍しいことのように感じます。

DSCF8418.jpg
MPの側面。東急バスは塗装自体が銀なので、銀サッシでも目立たないですね。とはいえ東急バスはツーステのころはしばらくの間黒サッシでした。

DSCF8426.jpg
続いて東急バスエルガ。神奈川で品川ナンバーを見るとなんか遠いところからきている雰囲気がありますが、よく考えるとすぐ隣の多摩川を渡ればすぐ東京都なので、案外距離的には近いとも言えますね。

DSCF8433a.jpg
川崎市営バスのRA。ここはエルガ系かRAが多く、MPはなかなか来ないようですね。

DSCF8437.jpg
お、東急バスのQKG-MPですね。新車のようでピカピカですし、前面のICステッカーも新品ですね。ベテラン車が好きですが、それでも新車はなんか魅力があるというか撮影しておきたくなりますね。

DSCF8442.jpg
続けてこちらも新しめのQKG-MP。ところで、東急バスといえばリバイバル塗装が何種類かありますが、実車を見たことが一度もありません。撮影したいのですが、そもそも東急バス撮影自体あまり多くないので難しそうです。

DSCF8445.jpg
東急バスのエルガ。先ほどから何回も見ていますね。

DSCF8447.jpg
川崎市営バスのブルーリボンⅡ。

DSCF8450.jpg
東急バスRAワンステ。これも短尺です。っていうよりこの・811って何度も撮影している気がしますね。まぁ、溝の口・二子玉川・川崎を中心に走っているんでしょうね。

DSCF8456.jpg
東急バスの普通のエルガ。

DSCF8459.jpg
RAワンステの後部。窓配置のせいか背が高く見えますね。

DSCF8460.jpg
前にノンステプレートがないRAノンステがまた来ました。やはりなんか変な感じがしますね。

DSCF8467.jpg
川崎市営のRA。この川崎市営の塗装はどの車種にも似合っている感じがしてやはりいいですね。ちなみに市のゴミ収集車もこの色みたいですね。

DSCF8478a.jpg
シティハイブリッド。公営事業者ではシティハイブリッドは、環境にやさしいということもあってかよく採用されていますね。ところで川崎市営はエルガ系は前面の車椅子マークが左右で同じものをつけているのが特徴ですが、これもそうなっていますね

DSCF8480.jpg
川崎市営同士。こういう軽く並んでいるシーンは結構気に入っていますw

DSCF8481.jpg
東急バスの並び。

DSCF8482.jpg
臨港バスのエルガミオ。こっちのターミナルには臨港バスはほとんど乗り入れてこなく、平日は1時間に1本程度のこの路線だけしか来ないようです。

DSCF8484.jpg
東急バスRAの側面

DSCF8486.jpg
川崎市営のシティハイブリッドの側面。窓とタイヤ中央の黒が目立ちますね。

DSCF8493.jpg
最後に結構新しい東急バスエルガを撮影。まだまだこの世代のエルガは少なめですが、じわりじわりと増えているようです。個人的に、ここでもしかりと前中間に短尺ですが、逆T字を入れたのは東急のこだわりが貫かれていて良いなぁと思いました。

画像は以上です。

ところで、西武9000系の中に戸袋窓部に黄色い鉄板みたいなのを入れて、戸袋窓がふさがれている編成(といっても超更新みたいに完全ではなく、戸袋窓の形は残っていて、そこに鉄板をさしこんでいる形)があるようです。謎ですが、実物を見てみたいですね。でも、見た目が微妙な感じがしますね。 今後の動きが気になります。

では今回はこの辺で
21:41  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.08 (Sun)

★2013 第61号★

こんばんは。

やっと忙しさが一段落~。といっても年明けにテストがあるのでなんともいえない感じです。しかも、12月23日はまた例の祝日授業が…何もそこを授業日にしなくても と思うわけですが…w 

ところで、既に西武3000系L-trainは引退してしまったようで…12月といっても後半だろうと思っていたのですが、30000系が到着しているので、早速引退になったようです。ところで今年度は30000系は3本なのでもう1本引退する可能性もありますね。もう1回ぐらい撮影しておきたかったなぁと若干悔いが残ります。まさか、L-trainが引退とは思わなかったので…
3000系、やはり最後はツートン化してもらいたいですね。3000系がいなくなると、ほぼオリジナルなツートン化ができる電車がいなくなる(新101系は更新車だし)わけで、ぎりぎりツートン時代を知っているので、ここは最後にやってもらいたいです。

もう1件。10月に発売されたものの、塗装エラーで交換待ちになっていたBトレ名鉄2200系特別車。購入した通販サイト(Mモール)から交換品が送られてきました。ちょっと前からバンダイのBトレのページで交換品に関する情報が出ていましたが、Mモールのサイトに「順次交換品を送る」とあったので待っていたら来ました。

DSCF8122_20131208232605006.jpg
せっかくなので修正箇所を比べてみます。まずパッケージ。微妙な違いですが、上が修正版、下がエラー版です。下のエンブレムの形状が、形式は2200となっているものの、これは2000(ミュースカイ)のエンブレムだそうです。

DSCF8123.jpg
パッケージの裏面。左がエラー版、右が修正版です。ドア窓とドア窓の間が本来なら黒く塗られているところがエラーで塗られていませんでした。ただ、こういうのはBトレで時々ある「省略」と受け取ることもできなくは無いですが、まぁエラーはエラーですかね。

DSCF8126.jpg
そして側面パーツ。上が修正版で下がエラー版です。今回、修正品として折りたたんだパッケージと先頭と中間の側面パーツが送られてきました。
ところで、名鉄はここ数年のBトレで毎回のようにエラーと交換品(あるいはステッカー)製作を繰り返しているように思えます。なぜここまで頻発するのか謎ですが、今後はエラーなしでお願いしたいですね。そのほうが余計なコストもかかりませんし。。。

さて、本題。今回は12月7日にイオンモールむさし村山で開催された、立川バスのリラックマバスフェスタです。イオンモールとリラックマバスの組み合わせはもう恒例で、夏ごろにも5号車お披露目が行われましたが、今回初めて5台並べて展示となりました。ついでに、リラックマバスのバスコレも発売になるなど、まぁバス感謝祭と同じ程度の規模になりました。まぁリラックマバスは何度も見ていますが、バスコレとダイカスケールバスの全国のバス発売(最近、立川バスでは力を入れていますね)が気になり行ってみました。

DSCF8128.jpg
まぁイオンモールなので車で行きますが、今回諸事情で行きだけ萩山まで移動しそこからイオンモールへ。まぁ武蔵大和から多摩湖線で萩山へ。何故かこいつを数人の人が撮影していたので一応。ちなみに、多摩湖線へは多摩川線用の春と秋の2本が来ていましたが、秋は見ましたが、春は最近見かけないので検査中かもしれません。ただ、春は確かラッピングが12月までとなっていたので、もしかするとラッピングがはがされて出場になるかもしれないので、動向が気になります。

イオンモールはこの時期バーゲンもあり+いつもリラックマバスイベントは人が多い これに加えて、今回は5台ということで、西武バス感謝祭などのバスファン向けイベントよりも人が多く、落ち着いて撮影できるという状況ではありませんでした。まぁそういうこともあり、一通り軽く撮影して、グッズを見る感じにしました。まぁLED点灯時などは、車内を締め切って撮影専用にしてくれていたようです。

DSCF8131_20131208232648be4.jpg
4号車のエルガミオ。国分寺界隈で生活していると、一番よく見るリラックマバス。バスをしっかり撮影したいファンと、リラックマバスの細部を撮りたいリラックマファンと、記念写真や乗車をしたい子ども、など、様々な人が入り混じっていて、とりあえず大盛況でしたw

DSCF8139.jpg
偶然バスの近くに人がいなくなったところを狙って3号車のMPを撮影。バスファンはこの瞬間をじっと待っていたようで、こうなった瞬間、シャッター音がいろいろなところから…w ピンクと言うこともあってか一番人がいましたね。ところで、3号車は瑞穂所属になってからあまり見なくなりました。

DSCF8145.jpg
2号車のエルガ。1号車が新しく変わったので実質、こいつがリラックマバスの中で一番ベテランになっています。今回、バスコレで製品化されることになりました。

DSCF8150.jpg
新1号車のAA。こいつは子どもが制服を着て撮影できるコーナーになっていたようで、特に家族連れが多く撮影していました。以前、5号車のお披露目になったときに、5号車よりもこっちが目的で撮影していたので、まぁ記録程度に。

DSCF8152_2013120823305855d.jpg
一時的にほんの少し人が減った(といってもかなり盛況でしたがw)隙に、2号車の扉側。まぁこういうところで撮影するのも良いですが、やっぱり実際に営業に就いているときのほうが、個人的には撮影しがいがありますね…w

DSCF8164.jpg
3号車。MP良いですねw 瑞穂のバスはあまり撮らないので八王子ナンバーがちょっと新鮮です。

DSCF8172.jpg
4号車。やはり一番親近感が湧く車両です。ただ、普段立川周辺ではなく、普通の立川バスのエリアからすこし離れた国分寺にいるので、イオンモールのお客さんはおそらく一番見たことが無い車両かもしれませんね。

DSCF8175.jpg
4号車後部。小さいので全体の撮影はしやすいですねw 後部は人も少なく落ち着いていました。

DSCF8179.jpg
3号車後部。リラックマネタではないですが、この頃のMPは運転席側の一番後ろの窓が高くなっていました。若干フルフラットチックですかね。そういえば三菱は当初からフルフラットではない仕様でした(他社のワンステベースのとフルフラットの中間の仕様らしいです)ね。

DSCF8182.jpg
2号車と1号車はバリケードがぎりぎりにあったので、撮りづらい感じでした。

DSCF8186.jpg
一通り撮影して、2階のフードコート内のテラス部で全体を撮影。ここから撮影すると全体が見られるので同じことをする人が結構いました(まぁ自分も前回それを見たのでこうしているわけですが)。あ、そういえば5号車無視してましたね。。。どうも観光タイプだと、通常塗装もあまり興味ないので、完全に忘れましたw これだけずらっと並んでいれば、知らずに来た人も思わず行ってみたくなるでしょうねw

DSCF8199.jpg
はい、ということでイベントの様子でした。で、バスコレもどうしようか悩みましたが、臨時に資金補助(w)が出たので、せっかくなので購入。旧1号車と2号車の2台セットです。まぁ個人的に1号車は今のAAだったらもっと良かったのにな…とw ちなみに立川バスのバスコレセットはこれが2回目のようです。

DSCF8200.jpg
ステッカー。ダクト部の再現シールはなかなかマニアックですねw

DSCF8203a.jpg
2号車。扉側。表示機にはしっかりリラックマが描かれた表示が。バスコレの車体的には金型リニューアル後のエルガとなっています。

DSCF8206a.jpg
後部。運転席側の一番後ろの窓が若干小さくなっている金型をしっかり使用しています。確か金型リニューアル1本目はこの窓になっていましたが、それは本来は小さくなってない仕様なのに、それを使用して黒く塗りつ
ぶしていたので、今回が一応初めて「再現」としてこの仕様が使われたことになります。

DSCF8208.jpg
側面もしっかり印刷されているので掲載。

DSCF8207.jpg
運転席側。すみません、家の犬の毛がバスコレに引っかかってますがスルーで…w

DSCF8210a.jpg
そして、旧1号車。現在、旧1号車は通常塗装で活躍している模様です。

DSCF8211a.jpg
後部。2号車の方もそうですが、「乗降中」の縁に立川バスの通常色が見える所もしっかり再現されています。 ドライブレコーダー搭載車という表記など、細部までしっかり再現されていますね。

DSCF8214.jpg
側面。

DSCF8213.jpg
運転席側側面。 以上です。

DSCF8215.jpg
ダイカスケールも販売されていたので、2種購入。本当は京王バスが旧塗装なので欲しかったのですが、既に「完売」と出ていました。。。他に、西武や神奈中の赤色が波になっている旧塗装(ちなみに神奈中は現在の塗装の製品版と、改めて神奈中で手を入れたリニューアル版も出ていました。)なども売り切れとなっていましたが、何故か東海地方で唯一遠鉄も売り切れていましたw で、東武の黒い塗装がこのダイカスケールでも再現されていて特徴的だったので購入。

DSCF8216.jpg
それと関東バス。まぁ並べられるので。このダイカスケールも好評でした。おそらく子どもにはバスコレよりダイカスケールのほうが好評だったかもしれませんね。

最後にBトレネタ。

東武10030系を組み立てたので、10000系と合わせて掲載します。

DSCF8218.jpg
まずは、10030系付属のステッカー。10両から2両まで一応ステッカーは網羅しています。50番台もしっかり用意されています。また、10030系は全面が未更新しかつきませんが、代わりに更新車用のステッカーと、東上線更新車の中間部分のライト埋めステッカーがついています。あと9050系として組み立てる人向けに、側面の乗務員室扉部の帯を消すためのステッカーがついています(ただし2枚とも同じ向きなのでミスといえばミス)。方向幕とLEDもたくさん入っています。

DSCF8220.jpg
で、2箱買ったので手頃な4両。実は10030系Bトレは9000系や10000系よりも人気だったのですぐに店頭から消えたようで、ならもう2箱ぐらい買っとくべきだったかなw まぁ人気なので再販もありそうですね。一応東上線用として組み立てました。右側は坂戸幕ですが、これは10000系のステッカーからくりぬいてきました。4両というと越生線で何度か乗ったことがあるので、それを思い出して坂戸です…w 当時は8000系も2+2で入ったり面白い時代でした。 あ、思いで話になりましたが、造形はかなり良いです。

DSCF8221.jpg
クハ11439。側面方向幕は10030系ではステッカーがないので、9000系のを使用。行先が日本語だけなので、実際とは違いますが雰囲気重視でw せっかくなら10030系にもつければよかった気もしますが、車番で入らないかな。

DSCF8222.jpg
モハ12439。側面も実車そっくりでかっこいいです。

DSCF8223.jpg
モハ13439。10000系列は千の位で何両目かあらわしているので、編成内で車番が整っていますね。しかも百の位で何連なのかもわかりますし。

DSCF8225.jpg
クハ14439。

では5段評価です。

造形のよさ:5
→これは満点あげちゃいますw 実車同様かっこよく、Bトレの造形もかなり良いかと思います。こうなると更新車もほしくなりますが…まぁ再販を期待します。

説明書の分かりやすさ:○
→編成例がしっかり掲載されていますし、おまけパーツや組み合わせ例(どうすれば10050系や9050系になるのか等)も出ています。ところで改良版SHGになってから説明書の折り方がまた変更になりました。一時期採用されていた折り方ですかね。

入手安易度:1
→一般販売でしたが、発売すぐから売り切れ続出だったようです。まぁ実車は2、4、6、8、10両ある上に10050系、さらには9050系を作成するために必要なセットなので、10000系より人気になっている(あとは10030系そのものの人気もプラス)ようです。関西方面でも人気があった模様です。一般販売ですが、限定の9000系よりも売り上げ好調っぽいです。

シール充実度:5
→ここまで充実していれば文句ないですね。

部品豊富度:4
→10050系用パーツの一部(大半は9000系セットのを使用しますが、一部付属)が入ったり、屋根がかなり多くあまります。ここまで部品が多いとなると価格が若干高くても納得できますね。まぁ10030系しか興味ない人にはいらないおまけですがw 欲を言えば更新車の顔を金型で、プラスしてスカートを入れてほしかった(10000系のを使用となっていますが、せっかくなら1つつけたほうが)ですが、まぁ再販してくれるときにはぜひw

組み立てやすさ:3
→全体的に良好です。

続いて、10000系。

DSCF7978_201312082342084d8.jpg
ステッカーは以前軽く紹介したときの画像。まぁ1回掲載しているので特にいうことはないかな。ちなみに10000系のほうが比較的店に残っています。どちらかというと10000系は好みが別れるかもしれませんね。

DSCF8226.jpg
10000系もかなりリアルに作ってあります。意外と10030系より再現が難しそうな雰囲気があります。2連のみ作成。10000系は東上線系統はすべて未更新で、少し暗い感じの車内がいい感じに残っています。

DSCF8227.jpg
クハ12201。2連は4本あるようですが、うち2本が東上線に転属してきて8両と併結されています。東上線では10両が基本というか10両しかないので固定編成として走っていますね。

DSCF8228.jpg
クモハ11201。普段は中間に入っているので、ダブルパンタを先頭に走ってくるシーンは東上線では見られません。1回見てみたいですね。コルゲートの車体はやっぱりいいですね。

では5段評価
造形のよさ:4
→こちらもよく再現されています。8両や10両も再現してみたくなっちゃいますねw

説明書の分かりやすさ:○
→10030系と同様で、良い感じです。

入手安易度:4
→こちらは他形式用パーツはないことや、実車自体も10030系より少なめなこともあるのか、比較的まだ残っているようです。どちらかというと地味な形式なのかもしれません。その地味な感じがなかなか良いのですがw

シール充実度:5
→ここまで充実していれば文句なし。

部品豊富度:3
→こちらにはライトHID仕様の更新車パーツ、スカートが入っています。東上線のほうがよく知っていることもあり、更新車はあまり見たことがない上に、あまり好みではないので、まぁ今回は未更新にしました。

組み立てやすさ:3
→全体的に良好です。

DSCF8229.jpg
おまけ。伊勢崎線系統でみられる併結。まぁ西武でいう2000系+新2000系的な感じですね。ところで伊勢崎線系統は先日乗りましたが、日中の都市部の優等から撤退したので、寂しくなりました。。。ということで以上です。9000系はまだ組み立ててないので、今後組み立てたら画像掲載します。 


今回はこのへんで
23:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.01 (Sun)

☆2013 第60号☆

こん○○は。

DSCF7991.jpg
ついに12月ですね。。。まぁ寒くなるし、テストは近くなるし、特に例の赤い服のおじさん がやってくる季節でも別に、この年になって何かあるわけでもないので、良い季節って感じはしませんが(汗 画像は全く関係ないですが、久しぶりに登場の家の犬w

ちなみに、西武線から普通の新101系、301系が消えて「10両3ドア」が見られなくなってちょうど1年と言うことになります。そして、今年は既に最後の3ドア3000系は2本引退ということになるわけで、10両3ドアが消えただけでも寂しい気がしたんですが、8両3ドアまで見られなくなる日が近づいていますね…自分の知っている「西武」がだんだんと消えていきますね。。。
逆に近江鉄道では新101系改造の2本目が登場したようで。。。前回のと形式違うようですが、仕様が違うのかもしれませんね。例えばブレーキ装置がそのままとか(あくまで予想ですが)、、、

さて、今回は主には久しぶりに西武線の画像になりますが、その前に、国分寺駅まで行ったついでに銀河鉄道バス小平国分寺線を国分寺駅のバス停で、簡単に2台だけ撮影。平日は15分間隔で始発バス停なので7~8分待てば次のが来ます。

DSCF7996.jpg
まずはこれ、いつかブログで紹介したいと思っていた、観光マスクのレインボー(HR)中型ノンステ。側面や後部は普通のレインボーと同じで、顔のみが観光マスクです。小平国分寺線で専属で運用についています。今のところ専属ではいるバスの中では唯一のノンステ車です。同じデザインのノンステは他社でもあまり多く見られないので珍しい方かと思います。ちなみに座席もハイバックシートになっています。

DSCF8009.jpg
そして、つい先日導入されたエルガミオです。ワンステのようです。以前新青梅街道で目撃したという車両です。前面の方向幕がすこしずれて配置されていますが、これは京急バスで採用されていたもので、空いている部分に運賃○払いという表記が書かれていた名残ということになるので、京急バスの中古ということで間違いないようです。ところで車番がG-109。たしか109といえば前にこの路線で活躍していたエアロミディ(黒サッシ)ツーステで使われていたので、これに置き換えされた可能性も高いです。実際に最近銀サッシのミディしか見ないので。。。
このエルガミオで初ワンステと思っていたのですが、黒サッシの7Eをよく見たところそれもワンステだったようで、この路線には2台目となります。
この日、コレのほか銀サッシのミディが走っているのを確認しました。とりあえず観光マスクのHRとエルガミオと銀サッシのミディはよく動いていて、黒サッシの7Eワンステと銀サッシの7Eツーステも比較的見ることがあります。さらに最近数回7MのHRが走っているのも見ているということで、バリエーションが多くて楽しい路線かな。東京じゃ珍しく大手以外が運行している路線でもありますし、もう少し注目されると良いなぁと。ちなみにぎんてつバスでは、今日イベントがあったみたいですね。


さて、ここからは西武線です。この画像の数日前に、急遽池袋へ行かなければ行けなくなったので、東村山から西武線。なんだかんだいって最近西武線に乗ることが減少気味…西武好きとしてはそろそろ乗りたくなってきたところで、この用事がはいったということでちょっとラッキーでしたw

DSCF8017a.jpg
東村山で国分寺線の2000系が入ってきたので撮影。なんか前面ぶれてしまったのが残念…最近、このカメラの動きが若干怪しいのですが、まぁ最初よりも走行中の車両の撮影によく挑戦するようになって、それだけ失敗のリスクが上がっただけなのかもしれません(汗

DSCF8020.jpg
まぁ2000系は数年は大丈夫そうですが、3000系同様、こんな当たり前な光景でも記録しておこうかと思っています。東村山にいると、西武といえばまだまだ「黄色い電車だろ」っていう感じがする(謎)んですよねw

DSCF8022.jpg
2000系6連+新2000系4連で所沢へ。これは通常の連結ですが、ダイヤ改正以降は普通に逆連結が起きているっぽいので、逆に今まで以上に2000系グループの連結パターンが複雑になっていますね…w 新宿線といえば固定編成というより短い編成の連結のイメージがあるので、いろいろバリエーションがあったほうが新宿線っぽい気はします。

DSCF8026.jpg
所沢では、急行⇒準急をパスして各停新木場か快速急行に乗車することに。ちょうど向こうから所沢どまりが入ってきました。3000系の銀河鉄道999。L-trainがまさかの引退ということで、このラッピングも最後まで残るのかさえ分からない状況になったのでこちらも撮影しておかないとですね。。。

DSCF8027.jpg
ちなみに各停新木場は後ろよりは1両に5人程度しか乗ってない空気輸送列車でしたが、まぁメトロ10000系だったのでパス。6000系なら迷わず乗りましたが… そのあとの快速急行元町・中華街行きに乗車。快急も下りはかなり空いていますが、上りは練馬で池袋行きに接続することからある程度乗客は多いです(それでも準急、急行よりは空いていますが)。東急4000系が来ました。4000は加速時の音が5000系独特の音が消えてしまい迫力がいまいちなのですが、池袋線でも最近さらに速度を出すようになったみたいで、結構加速していました。で、一気に減速をするときに、床の振動と音で東急5000系らしさが出ていましたw 新宿線民からするとやたら速く感じますねw<快急

DSCF8030a.jpg
時間に余裕があったというか、趣味も兼ねたいので石神井公園で撮り鉄。まずは東急5050系…じゃなくてこっちは5000系ですね。まぁ見た目では分からない程度の僅かな車体幅の違いなので、車番でしか判断できませんが。。。

DSCF8031a.jpg
抜かした新木場行き10000系が追いかけてきましたが…おっと秋~冬のこの時間はここは微妙な位置に日陰ができちゃうのか…っていうことでここからは後で編集した画像が続きます(まぁいつも編集した画像ありますけどw) 

DSCF8034a.jpg
続いて元町・中華街行きの東急5000系が入線してきます。

DSCF8035a.jpg
新2000系の急行。フルカラーLED搭載車ですね。まぁどれだけ増えるかはわかりませんが、何しろ3色LEDの劣化が激しいですし、3色LEDより綺麗ですし、増えて欲しいですね。特に池袋線の新2000系8連の大半はLEDなので。

DSCF8041.jpg
9000系の準急飯能行き。どうもまだ9000系が待避線側にいるのが変な感じですw

DSCF8042a.jpg
30000系の準急が来ました。うーん、ちょうど良くない位置に日陰があるんですよね。冬などはこっちより池袋よりのほうが良いかもしれないですね。ところで10両の方はまだ営業してないようで、調整期間が結構長いですね。なんか制御装置が変更されているらしく音が違うのかどうか気になります。

DSCF8045.jpg
池袋線なので2連はこちら側に。

DSCF8046a.jpg
3000系の銀河鉄道999ラッピングが来ましたが、まさかのピンボケ。どうやら光の関係上、ピントを合わせるときにちょうど日陰に入ってしまうようで、合わないようですね…

DSCF8047.jpg
あえて遠くからズームで。せめてこのラッピング編成だけは最後まで残って欲しいところですね。

DSCF8051a.jpg
NRA10000系。それにしてもRACとは相性悪いですね…っていうよりあれ、似合っているのでもう1本ぐらいやってくれても面白いのですが…

DSCF8052a.jpg
新2000系8連の各停が入ってきましたが、こいつは新2000系唯一のVVVF試験車だったようで、独特な音を出して出発していきました。この顔でGTO-VVVFの音が聞こえてくると違和感しかないですねw

DSCF8053a.jpg
9000系が入ってきました。この画像は成功。。。

DSCF8054a.jpg
ちょっとぶれてしまいましたが、大学ラッピングの6000系。まぁ6000系へのラッピングとなると、このアルミ戸袋なし車が選ばれることが多いですね(ドア横に貼れるので)。ところでこれで東急方面へ…この車両へのラッピングだと遠くまで宣伝できるので良いかもしれませんねw

DSCF8056.jpg
個人的にはこっちのBトレ化もお願いしたいところですが、そもそも本数少ないですし、これよりは西武の場合は他形式のBトレ化を優先してくれたほうが嬉しいかもw

DSCF8060.jpg
新2000系超更新車。未更新車のフルカラーLED化や、ベンチレータ撤去が増えていますし、超更新車はこれ以上増えない可能性が高いですね。まぁ超更新車もなかなかかっこいいですが、戸袋窓がある未更新も今後も普通に見られそうなので、両方見られるほうがバリエーションがあって良い感じがします。まだ未更新でも十分対応できそうですし。。。

DSCF8064.jpg
新2000系同士の並び。いや~この並び良いですねw やはり西武は黄色い電車の並びが、いつまでも続いて欲しいですね。

DSCF8065a.jpg
6000系の新木場行き。新木場行きはガラガラな電車ばかりなのが気になるところ…準急と清瀬始発だったとき以上にガラガラなので、このままだと何かしら動きがあってもおかしくなさそうですね…まぁ個人的にすいていたほうが乗りやすいですけどね。。。

DSCF8066.jpg
保谷からの東急5050系。まぁ石神井公園行きと同じスジになるので、さっきの石神井公園行きが待機している間に保谷まで往復しなければならないので結構余裕のないダイヤです。5直は元町・中華街でもさっさと折り返さなければならないので忙しい運用が多そうですね。

DSCF8069.jpg
入線の撮影は失敗した新2000系。この日は比較的新2000系によく会いますね。来ないときは全く来ないわけですが…w

DSCF8073.jpg
退避中の新2000系10両。ところで、ついこの前石神井公園~大泉学園手前の高架線の一部が完成し、下り列車が高架化しました。そのため、ここから高架で奥の方に走っていくのが見えるようになりましたw

DSCF8076.jpg
ベンチレータがすべて撤去された2連Tc。まぁ新101系の全撤去車よりは違和感は少ないですが、すっきりしすぎで、どうも西武っぽくない感じがしますねw

DSCF8080.jpg
さて、そろそろ池袋に向かいますが、各停と準急がすぐありましたが、各停は20000系だったので準急の9000系に乗車。この準急ですが複々線区間でもそれほど速度を出さず、練馬以降も各停を抜かさないのでノロノロ走行。東長崎以降は停車を繰り返していたのでどうも速くない印象でした…w 

DSCF8081.jpg
用事を済ませ帰り…ちょうど新2000系10両の急行が来たので乗車。急行は結構足が早く、所沢までは23分ほどで着くという速達な列車ですが、この電車も終始ノッチを入れて走行していたようで、全区間で高速走行して界磁チョッパの音がよく響いて楽しめました。急行はダイヤ改正以降さらに速くなった感じですw

DSCF8082.jpg
所沢に到着。池袋行きの新2000系ですが、さっきのGTO-VVVFの編成。この編成、結構前に1回乗ったことありますが、界磁チョッパの音と被るので、なんか不気味な音に感じましたね。

DSCF8083.jpg
石神井公園での撮影が、ちょっと不満足な結果に終わったので所沢でちょっと撮影。早速、新2000系ですが、スカートにスピーカーが埋め込まれています。ということで、4連+4連+2連の編成ですが、ということはこいつが4連の3色LED車ですね。新宿線でスピーカーつきはよく見ますが、池袋線ではこの新宿線から転属の車両でしか見られません。

DSCF8088.jpg
当駅どまりの新2000系超更新車。これは8両ですが、10両の停車位置もここなので、撮影することができます。といっても上り列車がいると撮影できないのですが…

DSCF8091_20131201144026c55.jpg
傾いてしまいましたが西武新宿行きの急行。今度は新宿線も集中的に狙ってみたいと思います。ちなみに新宿線といえば小平の久米川よりもなんか撮影できそうなので今度挑戦してみたいと思っています。

DSCF8092.jpg
2000系の本川越行き。こういうちょっと古い感じがする電車が8両で走ってくるとやはり迫力ありますね。

DSCF8093_20131201144217b28.jpg
6000系の準急池袋行き。そろそろこのデジカメでは厳しい明るさになってきました…

DSCF8094.jpg
おっと、後ろが切れてしまいましたが6102編成。やっぱり原形は良いですね。

DSCF8095.jpg
もう限界に近い明るさですが、9000系の急行池袋行き。今日は新2000系と9000系に縁がある1日でした。黄色い電車が多く撮影できた日は気分的にも良いですね。これで撤収

DSCF8098.jpg
最後はオール2000系の8+2の急行で東村山へ。まぁ逆連結なわけですが、もう2連が逆に連結されていることは通常なことになりつつあります。2連は今までどおり先頭に出てくれたほうがダブルパンタが見られるので嬉しいんですけどね。

DSCF8101.jpg
そういえば東村山に特急が停車しているときを撮影したことが無かったので、特急が東村山で停車している様子を撮影したかったのですが、簡単に扉が開いているところを撮影。なんか微妙な感じですが、まぁ扉開いてるので良いですかね。

DSCF8104.jpg
表示機を一応撮影。2000系の3色LEDも劣化が激しいのですが、どうするんでしょうか。既に消えてしまっている車両もあるので、さすがにこのまま放置するわけにも行かない感じもしますが…

以上です。まぁ今回は石神井公園撮影が微妙な結果になってしまいましたが、久しぶりに西武線を集中して撮れたので良かったです。

DSCF8110_201312011447472af.jpg
最後ですが、西武バス感謝祭で購入した方向幕タオル…画像紹介しようと思って忘れてたので今更ですが掲載…他社の電車の側面表示機のやつと一緒でパッケージに入れておくとこんな感じになります。久米川行きにしておきました。

DSCF8113.jpg
まぁ色々な行先の方向幕が印刷されていますが、上から「宿20 西武百貨店」「吉61 都民農園セコニック」「境03 武蔵境駅」「立34 久米川駅」「深夜バス 東大和市駅」(続きます)

DSCF8115_20131201144744b4b.jpg
「ひばり75 志木駅南口」「所55 所沢駅東口」「大23 西遊馬」「川越100 川越駅西口-本川越駅-川越水上公園」「狭山22 直通日生団地」「飯20 美杉台ニュータウン」の11コマが印刷されています。でっかい本物は無理でもこういう小さいものでも方向幕が楽しめるのは良いことですね。他のバスや、京王・京急以外の鉄道でも作ると面白そうですねw

DSCF8117_2013120114474372a.jpg
パッケージの裏は後部の方向幕みたいなイラストになっています。これ、次回はLEDバージョンで同じ行先をやってみてほしいですね。


ということで今回は以上です。

14:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.24 (Sun)

★2013 第59号★

こんばんは。

台風後に突然寒くなってからは、天候や気温がとりあえず安定している感じがしますね。今後しばらくこうだといいんですが、

今回はまずBトレ紹介から。

DSCF7098_201311241623176fa.jpg
JR西日本トレインボックスで購入した225系(新快速)と201系体質改善車(大和路線)です。225系はデザイン的に気に入っているわけでも実車をみたことがあるわけでもないですが、以前関空快速の方を購入して出来がよかったこともあり購入。201系の方は以前からこの色の体質改善車が欲しかったので今回、発売されてよかったです。まぁ去年オレンジが出ていたのでもしかしたら今年は…と思っていたら予想通り発売されましたw 以前はこういう会社限定はなかなか買えなかったのですが、最近は鉄道会社直営(もしくはグループ企業)で通販を用意してくれるので、現地に気軽に行けない自分には助かりますw

DSCF7839.jpg
まず225系。今回の再販で6000番台用のオレンジ帯ステッカーがあるということでせっかくなので貼り付け。詳しいことはよくわかりませんが、221系と性能をあわせているそうでそれで改番している模様。。。でこの6000番台は福知山線系統方面で使われるそうなので丹波路快速を貼っています。

DSCF7840.jpg
先頭Mc車。といっても225系は0.5M構造で全Mでしたね。JR西では最近採用されていますが、JR東日本とはまた方針が違って、同じJRといっても各社いろいろ特徴がありますね。優先席ステッカーもついていました。あと乗務員室部にもオレンジの帯があります。

DSCF7841.jpg
パンタなしM車。側面は特徴的な窓配置がよく再現されています。それにしても西の車両は今も特徴的な車両多いですよね。

DSCF7842.jpg
パンタありM車。屋根を見るとパンタはダブルパンタにもできるように準備されているようです。

DSCF7843.jpg
先頭Mc車。表示機のところに弱冷車ステッカーを貼り付けています。JR西日本では弱冷車は先頭のようですね。優先席も先頭車は車端だけではない様で、ちょっと新鮮です。

DSCF7846.jpg
5000番台と並べてみました。5000番台は前面は無塗装ですが、こっちの東海道線関連の方は帯が入っています。

DSCF7847.jpg
塗装の比較。やはり東海道線関連の色のほうが223系や221系で見たことがあるので馴染みがあります。

DSCF7848.jpg
続いて201系体質改善車の大和路線カラーです。最近登場した3色LED表示機のステッカーがあったのでそれを貼り付け。逆に方向まくより見づらくなった感が否めませんが…今回は前面のJRマークもステッカーがあります。最近、徐々にJR車両のJRマークがBトレでもつくようになりましたね。

DSCF7849.jpg
側面。やっぱり造形も塗装もしっかりしていて良いですね。側面JRマークもついています。この色、国鉄時代には無かったわけですが201系でもこの色は似合ってますね。それにしても綺麗な側面ですね。

DSCF7851.jpg
中間モハ。女性専用車ステッカーがついていたので貼り付け。各ドアの左右にステッカーがあるようで。。。文字も塗装と同じ色になっているのが特徴ですかね。

DSCF7852.jpg
オレンジとの並び。オレンジの方はJRマークが無いですが、やはりJRマークがあったほうが良いですね。うーん、自分はこの2色でも満足ですが、スカイブルーのやつが欲しい人も多そうで来年はぜひw

DSCF7853.jpg
103系と並び。こうみると、もちろん似ていますが、窓の配置や黒い部分があるだけで結構雰囲気変わりますね。これは西武の101系・新101系と似た部分がある気がします。

DSCF7854.jpg
側面の比較。若干窓の大きさが違うのと、ドア窓が違いますがどちらもよく出来ていますね。ところで103系体質改善車はこの色しか持っていないのですが、オレンジも欲しくなってきました。そろそろ再販されないかなぁなんて期待しています。

DSCF7860.jpg
そうそう、今回からSHGシャーシが改良版になりました。今後はSGシャーシとかいうのが採用されるようですが、それに移行するまではこの改良版となるようです。連結機が今までのSHGシャーシだと振りすぎるわけですが、それを改善したようです。実は路面電車で出たときのSHGは今までのSHGシャーシにこの四角い部分が別についていたので、それを踏まえて改善したようです。。。まぁこれでも結構マシになりましたが、どちらかと言うとこれより長くなったドローバーを元に戻してほしいです。。。それにしてもSHGシャーシはやっぱり評判悪かったんですかね。

ところで…

DSCF7974.jpg
東武の3種が届きました~。やはりどれもかなりの人気だったようですが、特に10030系が人気のようです。この3種を組み合わせればいろいろ出来るということで1人で数十個買う人も多かったようで、この東武は相当売り上げがよかったのではないかと思います。今でも通販サイトでは購入できるようですが、一般の店では飛ぶように売れたようです。9000系も売り切れるなんて噂もありましたが、現時点では東武商事の通販サイトで買えます。自分はこれを組み合わせて10030系4両、10000系2両、9000系5両にする予定。

DSCF7984.jpg
さっそく、10000系2両のみ組み立ててみました。まぁ詳しい紹介は後日するので、とりあえず一部画像のみ。今回、10030系4両とあわせて4+2にするので編成的には伊勢崎線系統ですが、まぁ車番と行先が違っても目立たないだろうということで東上線の2連にしました。ところでパッケージは準急が新しい緑でしたが、ステッカーは以前の青だけしかありません。全体的に出来はかなり良く、リアルに再現されていますね。

DSCF7978.jpg
これが今回のステッカーです。まぁ今回から撮影してみることに(評価でシール充実度もあるし)。50000系再販時にはなかった新しいTOBUマークもついていますし、修繕車のステッカーにも通常ありえない東武宇都宮や東武日光もついていてネタもあります。

まぁ詳しい紹介は後日また。

Bトレは以上です。

続いて…久しぶりに学校の用事があって草加周辺に行ったので、ついでに短時間ですが東武伊勢崎線でも乗ってこようかと思い、草加駅から伊勢崎線に乗ることに。

草加駅だと急行は東武がきても50050系、30000系だけだし、各停も20000系グループしか来なくなってしまいつまらないのでとりあえず西新井へ移動。ちょうど5扉の20050系が来たので乗ってみましたが、東武でこのGTO-VVVF音の組み合わせは初めて乗ったので違和感しかありませんでしたw

DSCF7861.jpg
西新井に移動しそこで少々撮影。03系5扉車の東武動物公園行き。それにしてもドアばっかりですねw 5扉車は以前から何度も見ていますが、改めてこうみると変な感じというかドアの多さが面白く感じます。

DSCF7865.jpg
普通竹ノ塚行きが来ましたが…おっと30000系。東上線に転属があってからはよく見すぎているのでなんともいえない感じですが…今後も転属があるとなると今度は伊勢崎線系統では珍しくなりそうですね。竹ノ塚行きは日中の区間準急廃止の代わりに運転されるようになりました。。。

DSCF7872.jpg
20000系が来ました。まぁ伊勢崎線系統では普通に見られますが、普段東上線のほうしか馴染みがないので、特別な印象があります。ところで20000系はBトレは過去に1回しか発売されておらず「幻」なんていわれていますが、そろそろ再販して欲しいと思っている人多そうですね。

DSCF7875.jpg
普通の南栗橋行きが来ましたがこれも03系。ダイヤ改正で日中に登場した日比谷線系統の南栗橋行き。まぁこれも区間準急廃止や半蔵門線系統の南栗橋行き削減で出来たものですね。

DSCF7880.jpg
10050系が来ました。そういえば今伊勢崎線系統には修繕車はおらず全て野田線に転属しているようです。うーん、撮影機会がなかなか来ないですね。。。それにしても日中に浅草行きの優等種別が見られないのは寂しいですね。。。

西新井はどうもあまり撮影には向いていない感じがするので、北千住まで行くことにしました。ちょうど来た急行に乗りましたが東急の5000系。まぁまぁ高速走行しますが東武なので惰性が長く、東急5000系らしい激しい感じがないのでちょっと物足りない感じがしますね。

DSCF7886_20131124162826041.jpg
北千住で、さっきの普通を追い抜いたので再び同じ編成を今度は10050系の並びで撮影。ところで普段東上線を見慣れているので、6両は結構短く見えますね。

DSCF7889.jpg
側面方向幕。東上線と異なり、種別が縦になっていて行先部分が広めにとられています。こういうところも同じ形式同じ鉄道といっても東上線と伊勢崎線ではいろいろ違うところが多くて新鮮な部分も多いですw

DSCF7894.jpg
北千住で切符を買いなおして下りホームへ。こちらのほうが当駅どまりの列車が早く去っていくので、普通浅草行きが撮影できるかと思ったので。さっきから50系は3本目なんですが伊勢崎線系統は10050系が多いのかな。

DSCF7908.jpg
西新井で撮影した30000系が戻ってきました。何故かこの電車を何人かが撮影していましたが、何か珍しい点があるんでしょうか。東上線に転属したりするんですかね。

DSCF7910.jpg
北千住行きが入ってきましたが30000系。いや、ここは30000系じゃなくて違うのを撮影したいんですがw デザイン的には嫌いではないのですが、どうも東武だと8000系、10000系、10030系のほうが優先順位的には高いですw

DSCF7917.jpg
急行の南栗橋行きは東急8500系。もう何年もこの光景は見られているわけですが、どうも東武線内でこれを見るのは今も新鮮な感じがしますw 伊勢崎線系統はこういう東急らしい電車が来るのがちょっとうらやましいですw 

DSCF7924.jpg
お、10000系の更新車が来ました。そろそろ戻り始めないとと思っていたところにこいつが来てくれました。デザイン的には未更新のほうが気に入っていますが、これは現時点では伊勢崎線系統でしか見られませんし、東上線のほうはそもそも更新されるかどうかも微妙ですし、伊勢崎線に来たからには撮りたいと思っていた車両です。30000系との並び。

DSCF7933.jpg
単独で。個人的にはやはり未更新のほうがかっこいいなぁと思います。10000系の6連はすべて更新されたようですが、2連はそのままのようです。せっかくなので、直前の急行で西新井へ先行し再び撮影することに。メトロ8000系が来ました。

DSCF7940a.jpg
先回りして竹ノ塚行きを再び撮影。ところで、伊勢崎線のほうが全体的に余裕があるようでゆったりしている感じがします。同じ会社でここまで雰囲気に違いがあるのも珍しいですね。まぁこっちのほうが本来の東武の雰囲気なのかもしれませんが、東上線に見慣れている自分からすると逆にこっちのほうが新鮮です。まぁどちらかといえば自分は東上線の雰囲気が好きですね。というより伊勢崎線見てたらまた東上線乗りたくなってきましたw

DSCF7944.jpg
竹ノ塚行きですがここから結構乗る人がいました。まぁ武蔵境・武蔵関・東久留米的な感じで各停だけしか停まらないものの利用客が多い駅ということですかね。

DSCF7949.jpg
20000系。やはり側面が特徴的ですね。20000系ももう少しすると修繕が始まるかもしれませんね。

DSCF7952.jpg
南栗橋行きの20000系。そういえば20000系も9000系と同じ特徴的なチョッパ音を出すので1回乗りたいなと思っています。まぁ速度的には9000系のほうが速
いので音も大きくなるとは思いますが。。。

これを撮影して、急行で草加へ。運よく東急8500系が来ました。区間準急が日中に無い今は、東急8500系が一番当たりかもしれませんね。1駅でしたが東急8500系の音を聞けてよかったです。8500系は中ソ区域までは西武の界磁チョッパ車と同じ音を出しますが、高速域になると西武101系のような音になるのが良いですねw

DSCF7960.jpg
草加駅に戻ってバスを1台だけ撮影。お、東武バスではPASMOとICマークを並べて貼っているようですね。ICマークが消えかかっている状況ではこれが一番良いかもw まぁ標準仕様制定前の車両っぽいのでエルガですが、東武の場合車番の千の位が2だといすゞ、9だと日野のようです。

以上です。

ところで、西武3000系のL-trainが12月に引退になるそうで、23日に記念切符が発売されていたようです。まぁ切符は良いとして率直な感想を言うと「ぇ?L-trainがもう引退なのか」…L-trainと銀河鉄道999はなんとなく一番最後の方まで残るんじゃないかと思っていたので、結構びっくりしました。これが引退すると池袋線の3000系は2本ということになりますが、これもしかすると先に池袋線系統の3ドアは
先に消える可能性もありそうです。まぁ運用的にも池袋線は直通開始でさらに忙しくなりましたし、早く4ドアに統一したいということなのかもしれませんね。


今回はもう1ネタあります。

DSCF7963.jpg
ちょっと前に発売されたバスコレ、茨城交通のガルパンバス7Eを入手。バスの車種的に気になっていた商品ですが、資金的な都合上(汗 パスしていたのですが、父が茨城で買ってきてくれました。まぁラッピング目当ての方のほうが多いと思いますが、これ実は西武バスファンにも注目すべき点があります。 まぁパッケージは全国バスコレと同等ですが、シールやバス停はありません。

DSCF7971.jpg
茨城交通は初のバスコレ化ということになります。最近Bトレやバスコレで流行り?の特殊印刷になっていて、特に側面は細かい絵も綺麗に再現されているようです。

DSCF7970.jpg
後部と運転席側。後部の下のランプが内側に配置されていますが、実はこれ、西武バスで7E初期の頃に採用されていた配置で、そこからもわかるようにこれ元西武バスの車両のようです。93年ごろのバスで、もう既に車齢の半分ほどを茨城で過ごしていることになります。後部のラッピング再現はバンパーが出っ張っていて印刷しづらいのか多少粗くなっています。

DSCF7972.jpg
せっかくなので後部の比較。内側配置のところですが、塗装で済まされそうなところをしっかりモールドになっています。これ、このバスコレを利用して西武バス仕様に塗り替える人も結構いそうですね。っていうよりせっかくこの仕様作ったんだから西武バスで発売したらどうでしょう<トミーテックさん 

今回のガルパンバスをきっかけにして茨城交通のバスコレも増えていくと良いですね。また、他のバスでもこういうコラボ的なものをすることでバスコレ製品化していくと、バスファンにもラッピング目的のファンにも人気が出ると思うので今後広がっていくのもおもしろいかと思います。
そういえば、印刷といえば今度、立川バスのリラックマバスイベントで、リラックマバス旧1号車と2号車のバスコレが発売されるようです。おそらく立川バスファンも、リラックマバスファンも買うと思われるので相当人気になりそうですね。立川バスのHPで試作品画像が出ていますが、しっかり再現されているようです。

水戸駅で携帯でバスを撮影してきてくれたんで、せっかくなので一部ですが、掲載します。

IMG_20131119_072735_507.jpg
水戸駅のようです。これだけ一箇所にバスが集中して待機しているのも東京だと無いですね。なんかタクシーの待機場的な感じですねw で車両の多さもすごいですが、車種もすごいですね。見ているだけで楽しくなってくる感じが

IMG_20131119_073038_551.jpg
6E。6E自体珍しくなってきていますが、しかも丸形ライト。さすがにだいぶ古く感じますが、茨城交通の中でもベテランのほうですかね。

IMG_20131119_073709_034.jpg
これは鹿島臨海鉄道6000形。自分も10年前ぐらいに一度だけここでこいつを見たことがあります。こちらにもガルパンラッピング車がありますが、こっちはBトレで製品化されることが決定していますね。

IMG_20131123_095544_718.jpg
関東鉄道キュービックにJRバスのMP、茨城交通のジャーニーという東京だと考えられない光景w JRバスのMP。フォグランプなしで黒サッシというと京王か東急の中古かもしれませんね。

IMG_20131123_100619_953.jpg
関東鉄道のブルーリボン。丸型ライトということでしずてつでも既にほぼ見られなく(っていうかまだいるのかな)なっていますね。良いですねこのバスw

IMG_20131123_100713_655.jpg
茨城交通のジャーニー。こいつはしずてつでも活躍していますし、確か22ナンバー後期にもいれているのでそれほど古くは感じませんね。

IMG_20131123_105508_475.jpg
茨城交通の一つ目レインボー。懐かしい車両ですね。しずてつの上足洗線でほぼ毎回というほど乗りましたね。まだ茨城にはいたのかというのと、ライト部をみていると今のブルーリボンⅡにつながりがある感じもしますね。

以上です。

では今回はこのへんで
16:38  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.17 (Sun)

☆2013 第58号☆

こんばんは。

寒くなりましたね。。。突然の最高気温12度はつらいものがありますね…w 今年もあまり秋が無かったなぁという感じがします。これから5ヶ月近く寒い季節が続くということで…毎年ながら早く終わって欲しいと思います。かといって夏は酷暑で大変なんですが…
さて、先週もお伝えしましたが、京王れーるランドの中をやっと見に行くことができました。そのときの画像と後半は恒例のBトレ紹介です。

DSCF7674.jpg
まずは、電車展示ではなく建物の中に入ってみました。建物の中でやはり一番目立っていたのは京王バスRNの実車。ほとんど現役時代のまま残っているようです。前後が壁に囲まれていて撮影できるのか心配でしたが、短いので大丈夫でしたw 京王のオリジナルな顔が良いですね。ちなみにこの顔はRMでも採用されていました。

DSCF7681_201311172213449f9.jpg
後部はエンジンルームが見えるようになっていました。ちなみに車内も自由に乗ることが出来、ウインカーも操作できるようです。この世代だと今のバスと大差ないですし、小さな子どもにもバスって分かってもらえそうですねw 

DSCF7682.jpg
続いてジオラマ。以前はNゲージによるジオラマがあり、本物の運転台で1回5分100円で京王の車両を運転でき、持ち込みもできましたが、HOゲージに変更になっていました。一応手前は聖蹟桜ヶ丘っぽいですが、カーブじゃないのであまり似ていませんw でHOですが8両編成ぐらいあり迫力があります。運転が出来るのもそのままで、以前よりも気軽に出来る(以前は整理券で並ぶ必要があったが、これは備え付けの投入口に入れれば出来る模様)ようになっていました。

DSCF7685.jpg
続いて、いきなり座席の画像ですが、これは6000系5扉車の車体の一部です。6000系の車体の一部は2箇所あり、1箇所はシミュレータ用、もう1箇所は車掌体験のような感じで、ドアスイッチや表示機、放送などを自由に触れるようになっていました。顔が建物の壁を向いているので撮影はできません。それにしてもこれは現役時の座席と思われますが、6000系と7000系はこの座席の印象が強く残っています。

DSCF7688.jpg
ドア。放送は子どもに人気でしたが、ドアはその親や大きなおともだちが動かしていましたw 開閉の様子を見ていましたが現役時と同じだと思われます。小さい頃何故かこの角ばった京王スタイルのドアが気に入っていましたw

DSCF7691.jpg
こちらは帽子をかぶって撮影できるようなモックアップでしたが、こちらも方向幕を自由に操れます。7000系のデザインなのでふざけて本八幡を出して撮影w ちなみに横にはパンタグラフがあり操作できます。

DSCF7693.jpg
先ほどの6000系。こちらも自由に方向幕を動かせますが、先客がいたので、そのまま画像だけ。もちろん本八幡や新線新宿も入っています。

DSCF7696.jpg
建物内からの光景。柵がありますが、駅を見ることが出来ます。ちなみにこの横に6000系の一部があるので良い宣伝になっているようです。1階はこれ以外に地下鉄博物館のようなシミュレータが3台あり、それぞれ自由に操作できるようです。画像はCGでATCでの運転のようです。CGが綺麗だったのでゲームで欲しいですねw

DSCF7701.jpg
さて、2階は休憩スペースとキッズコーナーが大半ですが、奥にコレクション的なスペースがありこのように展示されています。この横にはクイズコーナーがありますが、「今の1000系レインボーの元の色は」なんていうマニア向けな内容でした。そういえば幕の通勤快速…今では見られないんでしたね。

DSCF7703.jpg
隅にあった電車でGO! いい加減リニューアル時に撤去されるかと思っていたのですが、1台残ったようです。何度かれーるランドでやったことがあります。映像もすこし変色していて、当時のもののようです。このハンドルでやる電車でGO!も面白かったですね。

さて、外に移動します。れーるランドは1人250円入場料がかかるようになりましたが、1回買えば1日自由に出入りできるようです。で、建物と車両展示の間はわずかに離れている(1M程度w)ので、一旦改札を出て、反対側の改札に入るかたちになります。こういうのも小さな子どもには楽しいかもしれません。

DSCF7708.jpg
いきなり車内ですみません…車両展示は5形式でうち3形式は車内に入れます(2形式は車内すべて、1形式はドア付近のみ)。これは5000系です。京王時代の5000系は乗ったこと無いと思われるのですが、96年ごろまで京王5000系は存在していたようです。車内はあまり古く見えない感じがします。側面の2段サッシも西武ではついこの前まで多かったですし、今でも普通に乗ることができるからそう感じるのかもしれませんね。

DSCF7711.jpg
ドア。片開きドアですね。自分の世代だと、大手の場合は京急・京成ぐらいしか残っておらず、当時は新鮮さを感じましたね。片開きというと京急のすばやく開くドアというイメージが強いですw この京王の開閉はどんな感じだったんでしょうかね。

DSCF7720.jpg
続いて横の2010系の車内。幅広じゃないので狭く感じます。さっきの5000系に比べると一気に古く見えますね。どちらかというと丸の内線の300形と同じ雰囲気です。まぁこの形式は今も銚子で活躍していますよね。

DSCF7725.jpg
ドアはやや激しい黄色です。ここも銀と比べるとレトロな雰囲気。113系の初期で見られた緑色のもレトロに感じるので同じことかと。そういえば黒色Hゴムも懐かしいです。ただ全体的な雰囲気は5000系に引き継がれているように感じます。

DSCF7726.jpg
そしてこちらは2400形。これはドア付近だけ乗車でき奥には入れないのでこの位置で撮影。これになると古すぎてイマイチ馴染みがなく個人的にはあまり興味が… こう見ると車内も時代時代で変化・進化していることがよくわかります。

DSCF7728.jpg
ドアも古いですね。京王は以前は黄色が濃いめの内装にこだわっていたっぽいですね。ところで昔の電車のドアは窓下に四角く窪みがあることが多いですね。なにか意味があったのかな。

さて、車内撮影を終えて展示をじっくり見ます。

DSCF7739.jpg
まずは6000系。展示されている車両ですが、説明によると1989年3月製造の編成で、実は保存車両は現役の7000系前期車というより後期車の一部より新しい車両です…w まぁそういう点からも7000系は6000系の進化系というより線内各停向けだったということがわかる気がします。ただ、こいつ仮に7000系として製造されていたらまだ現役バリバリなわけですし、20年というとあまり古くない というよりまだベテランとはいえない感じですね。そもそも6000系自体他社の同世代より新しく見えるので。。。ちなみにこいつ1993年7月に地下鉄直通対応になったそうで、自分の誕生年・月が同じ。しかも相模原線沿線に住んでいたわけで妙な親近感がw まだ活躍できそうな車両でしたが、18M3ドアではなく、そうなると線路幅も違っていろいろ手間がかかるためか譲渡されなかったのがすこし残念でしたね。個人的に側窓の角ばったところが気に入っています。

DSCF7742.jpg
続いて3000系のバイオレット。これは2009年頃まで活躍していたようで30年ほど活躍したそうです。3000系というと普通の湘南顔時代のほうが知られていますが、個人的には更新後のパノラミックウインドウのほうが馴染みがあります。懐かしいですね。こちらも最近まで現役でしたし、地方私鉄にはひっぱりだこ。さらに伊予鉄では最近登場したということで(しかもVVVF)、まだまだ活躍できそうな雰囲気があります。真ん中に方向幕があるところが特徴的ですかね。

DSCF7750.jpg
続いて5000系。ここからは実際現役時に見た覚えが無い車両です。5000系自体は富士急で見たことがありますが。。。この京王カラーで見るのは初めてですが、かっこいいですね。あとこの赤い線1本の組み合わせも懐かしいですね。こちらは引退後も貨物用として残されていた車両ではなく、以前から保存されていたのをここに移設したようです。まぁこれも地方私鉄で大活躍中ですね。それと、今の京王の車両はこれを意識したデザインとなっているわけで、今の京王があるのは多くの面で5000系の存在があったからこそといっても大げさではないかと。現在、富士急と一畑でリバイバル塗装されていて、Bトレもそのリバイバル仕様で限定販売されていますが、このれーるランドでも発売中です(これで京王5070系(?)も作れるそうです)。

3000系と6000系については車内公開はされて無いようですが、整備しての車内公開も期待したいところですね。

DSCF7754.jpg
ここでちょっと休憩。車両展示の周りを回っているミニ電車。1週100円。子どもたちには人気なようですが、人数が少なくても運行しているようですが係員が2人乗って走行ということでやたらと係員が目立っていましたw 途中踏切があったりトンネルに見立てた部分があったりします。これ、時々他形式を用意しても面白そうですね。

DSCF7761.jpg
さて2400形です。この中で唯一「レトロ」という言葉が合う展示ですね。こいつはれーるランドでの展示開始時に鉄道コレクションで発売されていて、今も買えるようです。ちなみに「第1弾」とあるので今後4形式もそのうち出来そうですね。 ここまで古いとあまり興味が起きないかな。

DSCF7765.jpg
2010形。グリーン車と呼ばれていたようですね。現在は銚子でこの色を見ることが出来ますね。こいつ5000系導入後の一時期、一部車両が5000系と同じカラーで運行されたことがあるようで、画像を見たことがあります(こちらも銚子で一時期ありましたね)。あまり古い車両に見えないのは今でも銚子にいることや、全体的なデザインが3000系と5000系に受け継がれているからなのかもしれません。

DSCF7776.jpg
6000系の側面表示機。6000系というとこの窓とこの表示機ですね。表示機自体は7000系一部で残存しているため現役で見ることができます。個人的に京王というとこの表示スタイルですね。

DSCF7778.jpg
一方の3000系。こちらはサイズが最小限になっていますね。まぁあまり行先バリエーションの無い井の頭線には十分ですが。。。

DSCF7779.jpg
さて、建物に戻りミュージアムショップ部。手前側は改札前、奥側は改札の先ということで配置がなんともいえない感じですが、もちろん入場券を持っていれば自由に行き来できるわけですが、グッズだけ買いにきた場合は改札の先のショーケースのところまで入れてくれるっぽいです。以前のときよりもグッズ量は増えている気がします。ところで、限定バスコレ…売られていました。まぁ最初からこのように販売することも考えていたのかもしれませんが、今のところ手に入るようです。あと今は富士急(旧塗装)&一畑の各1両ずつのBトレ、リバイバル塗装のBトレの両方とも売られています。こうやって譲渡後のも元の会社で売ってくれるのは良いですね。

DSCF7780.jpg
自動改札。現役のものと同じもののようです。ところで改札機ってメーカーによるものと思われますが上部の切符投入口・出口、ICカードタッチ部の高さが微妙に異なるようですね。

DSCF7784.jpg
さて、見終わって移動していると、ホームにこんなのが停まっているのを発見。急いで入場券を購入し中に入るとこの構図だけ数枚撮影することが出来ました。撮影と同時に発車していきました。。。まぁ元6000系の事業用車ですが、唯一の6000系の生き残りです。まぁ実車は初めて見ましたが塗装がだいぶ派手ですねw  中間に検測車を入れた4両でした。まぁこれ撮れただけでも個人的にはかなりの収穫ですw

DSCF7788.jpg
せっかくなので駅の様子を観察します。乗車位置表示が動物の足跡になっています。場所ごとに足跡が違うようです。あれ、京王は「○番ドア」と言う表記は通常の駅ではしてなかったような。今後のステッカーはこうやって表記が入るかもですね。

DSCF7790.jpg
待合室。ここは平日20分間隔ですし、子ども連れの客から大学の客までいるためか待合室も大きめ。待合室も首都圏では飛ぶように普及していきましたね。ところでここも動物の絵が入っています。

DSCF7791.jpg
駅から上を走るモノレールを撮影できそうだったので、ちょうど来たモノレールを撮影。運よく動物ラッピング編成。若干色あせていてそろそろリニューアルしたほうが良さそうです。なんか下を見ると雨のような雰囲気ありますが、この時は降っておらず、霧みたいな状況でした。

DSCF7792.jpg
ベンチも動物。こういう他駅にはないオリジナルなものがあると面白いですね。

DSCF7796.jpg
駅名板。こちらには京王れーるランドの文字と「けい太くん」のイラストつき。駅は動物園仕様で駅名板はれーるランド。ここは以前から動物園帰りの客がれーるランドへ入っていくことが結構多かったですが、リニューアルを期にさらにそれが期待できそうですね。

DSCF7797.jpg
ただこの駅の屋根はベテランですねw こういうちょっと懐かしい感じの屋根も結構減っちゃいましたね。

DSCF7798.jpg
ところで、そのホーム屋根の柱部にも動物が。もう動物だらけですね。じっくり見ていれば電車に乗り遅れても次まで楽しんで待てる………可能性もありますねw といってもこの日、発車放送後に猛ダッシュして駆け込んでいる家族連れがいましたが…

DSCF7805.jpg
電車が入ってきましたがワンマンなので柵等がぎりぎりに配置されているので前面は諦めて側面をところどころ撮っておくことに。というより、都市部のワンマンはこういうシステムが一般的で、東急も東武もこうなっていますね。そう考えると西武線のワンマン路線のような感じはむしろ少ないですね。こちらは方向幕。

DSCF7806.jpg
ドア。そういえば以前、ドアステッカー貼り替え直後は、以前のステッカーがテキトーにはがされたままで外側から見ると残念な感じでしたが、一部の車両ではしっかりはがされたのか綺麗になっているようですね。ところで、ワンマンなので自動放送がありますが、今の京王のやつとは違う声で、おそらく小田急バス系で採用されている声でした。まぁ京王バスの一部宣伝部分にも突然登場します。

DSCF7810.jpg
TAMAZOOのラッピング部分。というより、ここ先頭なのですが車椅子スペースがあります。京王の場合は基本中間車なのでここに設けられているのはワンマン車ならではかもしれません。ちなみに京王は10両固定編成では編成に4箇所スペースが設けられています。ところで、多摩動物公園は一応、都のもの。せっかくなら都営直通運用がある9000系や都車に同じラッピングがあっても面白そうですね。

DSCF7811.jpg
番線表示も動物園を意識しているのか草のような絵で囲われています。

DSCF7812.jpg
ホームかられーるランドを見るとこのように井の頭7兄弟とけい太くんが書かれています。あと窓からなにやらキャラクター(鉄道むすめだか言うやつですね)が顔を覗かせていますね。ちなみに電車のキャラクターについてはやはり絵本となってれーるランドで発売されていました。

DSCF7817.jpg
以前建物があった周辺。リニューアルオープン日のグッズ販売はここで行われ、ここに人の行列があったということですが、残してあるのは今後何か大規模な発売があった場合にはここを使うつもりなのかもしれません。本当に以前の店舗は跡形も無いですねw

DSCF7819.jpg
モノレールの線路がよく見えたので、モノレールも撮影できるだろうと思って1本待ってみて撮影。おお、これはなかなか良いですね。速度もあまり速くなく、近くに大きな建物等も無いので比較的落ち着いて撮影できますね。

DSCF7820.jpg
近くに来たところでもう1枚撮影。モノレールって駅だと撮影しづらいのでなかなか良いですね。多摩モノレールは前面に色が入って良くなりましたね。

れーるランドの方は以上です。以前から比べると規模も比べられないほど大きくなりましたし、常設でここまで大きいということで「博物館」といってもおかしくないほどですね。あと個人的には鉄道博物館より知っている車両が展示されていてこちらのほうが楽しめた気がしますw 西武も一部車両が保存されているわけですが、ぜひこういう施設を作って欲しいですね。

れーるランドは以上です。続いてBトレネタ…

DSCF7823.jpg
突然、こんなものを組み立ててみましたw ちょっとした偶然によって、なんと東急8000系更新車を2箱手に入れることができました。これ、2006年に一般販売されたものですが、それ以降8000系や8500系が再販されている中で2006年以降一度も再販されていない歌舞伎塗装です。まさかこんなものが手に入るとは思わなかったのでよかったです。ちなみに2006年の前には2003年東急限定に発売されていて、それのHGシャーシ化・プラットホームなしでの再販が2006年で以降は再販されていません。

DSCF7825.jpg
まぁもう実車もこの塗装は無いですし、まぁこちらよりも一般的には通常塗装のほうが人気があると思われますが、個人的には8000系はこの塗装の印象も強く、手に入れたいと思っていたものです。思えばこの塗装も7200系と7700系のほんの一部しか残っていませんね。

DSCF7830.jpg
この頃の商品は箱の側面にイラストが入っていました。今のは基本入ってないですね。背景も渋谷駅ホームを模しているようですし今現在、貴重なパッケージ(今後再販なければ)ですかね。自分は最近箱は捨てていますが…

DSCF7856.jpg
まぁ塗装以外は普通の8000系のBトレと共通です。ひさーしぶりのHGシャーシでしたが、新HGに慣れていたんで若干組みづらくかんじましたw ちなみにSHGシャーシは嫌いですが、組み立ての手間は一番簡単で、まぁその辺は考えられているんだなぁと思います(まぁシャーーシよりも長くなったドローバーだけが嫌い)。
急行のサボは引退の数ヶ月前から急行運用で取り付けられていたらしいのでつけてみました。この編成は最後には方向幕化されてさよなら運行に就いたようです。

DSCF7857.jpg
先頭車側面。まぁ普通の8000系Bトレと金型は同じです。この赤帯塗装、活躍当時は東急内で側面無塗装が圧倒的に多かった時代でしたし、この赤帯はインパクトを感じましたし、何故か同じ8000系でもこっちが来たほうが喜んでいた覚えがありますw

DSCF7858.jpg
中間車側面。ところで8000系Bトレの金型は今年で10年となります。まぁ何度も言っていますが10年前のものでも現在に通用するということで。。。

以上です。ただBトレも最近になってこっそり値上げしている商品もありますが、出来ればそろそろ値上げは抑えてもらいたいというのが正直なところ。まぁバスコレも当初の1台350円からすると3倍近くになっていますが、Bトレもそろそろ以前の2倍に近づきつつあります。確かに出来も良くなっていますが…もし値段を上げるなら例えば最近の東急8000系/8500系、113系/115系のようなスタイルを増やして欲しいですね。

では今日はこのへんで

22:28  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.09 (Sat)

★2013 第57号★

こんばんは。

日に日に寒くなっている気がするのは気のせいであってほしいわけですが、気のせいじゃないようで…これから残念な季節(個人的には)になっていくのでどうも気が重いです。しかも寒さと同時に授業も終わりに近づく…⇒テストがー…レポートがー… まぁがんばりたいと思います…
ところで、レストランやホテル、百貨店の「虚偽表示」問題…もうやってないところが無いんじゃないかという感じですね…w まぁ自分はあまり食にはこだわりが無いかと思いますが、その店で、その料理を食べたいと思って食べていた人にとっては大変な話で…あとアレルギーとかの問題もあるので、今後は改善していってほしいなとは思います。

さて、ちょっと前に空いた時間を利用して吉祥寺駅で井の頭線を軽く撮影してきました。掲載しようと思って忘れていたのでそれをまず掲載します。まぁ特に目的は決めてませんでしたがレインボーが来てくれたら終了ということにしました。
前回、吉祥寺で撮影できることがわかったので2回目ということになりますが、今回は入場券で撮影。入場券は吉祥寺では一番改札よりの自動券売機だけで売られていて知らなかったので、駅員さんに教えてもらいました…w で京王は入場券は「当日内有効(ただし改札の行き来はできない)」という、まぁ実質時間無制限となっているようです。

DSCF7392.jpg
まずは前期車バイオレットと後期車オレンジベージュの並び。ここは1形式ながら並んで撮影できるところがいろいろな組み合わせを見れて楽しいです。まぁ3000系がいればより楽しかったでしょうけど。。。

DSCF7396.jpg
で片方が発車してわずかな間ですが全体を撮影できるところも良いところです。以前はホーム側で撮影することが多かったですが、こういう構図もだいぶ慣れてきました。

DSCF7402.jpg
急行はオレンジベージュの後期車が2本連続のようで。。。オレンジベージュも見慣れて、今までのベージュよりかっこいいなぁと感じますw個人的にオレンジが好きなこともありますが。。

DSCF7408.jpg
後期車ライトグリーンと後期車オレンジベージュ。急行も各停も断続的に乗降があり発車間際もダッシュがあるので、全部閉まって発車の瞬間が一番狙い時ですね。

DSCF7409.jpg
ライトグリーン。

DSCF7419.jpg
今度は前期車のバイオレットが入線。すぐに急行で追ってきた折り返しの各停が連続で入ってくるのでこちらの撮影可能時間はわずかです。。。

DSCF7431.jpg
どんどん並びを回収していきますw 後期車ライトブルーと前期車バイオレット。

DSCF7434.jpg
ライトブルー単体。個人的にはブルーグリーンより好みな色です。そう考えると自分は「ライト○○」の色が好きなようですね。

DSCF7438_2013110917590856d.jpg
前期車サーモンピンクが入線。個人的に井の頭線というと何故かこの色を想像します。

DSCF7443_20131109175918772.jpg
なんか日の光線が変わってきて画質が変化しましたが、後期車ライトグリーンと前期車サーモンピンクの並び。こうやって撮影していると案外同じ色を並びで撮影するのは機会が少ないことに気づきますね。

DSCF7445_2013110918002357a.jpg
今度は暗く…まぁいいとしてライトグリーン単体。何故か家にあるBトレはライトグリーンで前期・後期を4両ずつになりましたが、自分でも何故この色で4両にしたのかよく分かりませんw

DSCF7449.jpg
って、どんどん暗くなるんですが…とりあえず後期車ブルーグリーン。

DSCF7457.jpg
ここでレインボーが登場。光線の影響で画像が暗くなるという微妙なタイミングでやってきました。ただ折り返し各停できてくれたので全体を撮影する時間が若干長く(折り返し急行よりも)なるのでまぁいいか。。。

DSCF7475_20131109180055acf.jpg
ちょっとちょっと…このデジカメは暗くなるとくっきりしないのですが、見事に車番のあたりが…w ただ、でもこれで吉祥寺でレインボーを撮れたので一応井の頭線の全色を吉祥寺でおさえられたので良かったですw

DSCF7481_201311091801046c2.jpg
続いて前期車のオレンジベージュ。今回はアイボリーは一切来ませんでした。

この並びを撮影して撤収~。井の頭線は雰囲気が好きなのでまた撮影だけじゃなくて乗ろうと思います。ところで最近、京王によく乗るようになりましたね。まぁ西武と京王は特に気に入っている路線ですし、そもそも自分の鉄道好きは京王から始まったといっても大げさじゃないので、今後も京王系統も西武と並んで詳しく見ていきたいと思っています。とりあえず7000系前期車の10両固定をおさえたいなぁとw

DSCF7488.jpg
下に下りてみるとちょうど小田急のQKG-MPがロータリーに入ってくるところだったので、LEDライト装備の車両も紹介したいと思っていたので撮影してみると、このデジカメでは珍しく前面を激しく失敗…でも青色LEDはなんとか見えますかね。車体に埋められるような形で設置されています。エルガやエルガミオでも同じスタイルのがあります。今度しっかり撮影したいですね。

DSCF7489.jpg
最後にJR改札の窓口部分の注意…ボタンはこちら!ってそんなに激しく2回も言わなくてもw このドアに気づかずにぶつかったり、ボタンに気づかなかったりする人が多いんですかね。

井の頭線は以上。。。

続いて、これも空き時間に ですが、府中市にある交通遊園という公園に京王バスで活躍していたJPワンステが保存されているということを以前聞いたので行ってみました。まぁ交通遊園といっても公園にバス、

路面電車、SL、消防車が展示されている感じなのですが、小さな信号機や道路などがあり、小さな子どもが遊びながら交通を学ぶ的なコンセプトのようで、そこで大きなおともだちが1人で撮影するのはちょっと勇気がいりました…w

DSCF7636.jpg
まず目に入るのがこの都電6000形。どうやら修繕されて綺麗な姿になっているようです。左右の扉部分に階段がついているので以前は車内に入れたっぽいですね。今は修繕中なのかそれとも閉鎖したのか入れないようです。ところで修繕で綺麗になったようですが、側面の車番は消されちゃったようです。

DSCF7637.jpg
これ、昭和56年にここに来たようで、30年以上ここにいるようです。その割りに綺麗なのはやはり修繕が最近だったということなのかもしれませんね。あと、こいつ自体は荒川線でも活躍していたようですね。

DSCF7647_20131109180823fb0.jpg
うん、なかなか綺麗で良いですね。ただ、これは今の子どもたち、特に府中近辺の子どもには路面電車自体もそれほど馴染みがあるわけではなさそうなので、これを見てもあまり電車っていう感じはしないかもしれませんね。

DSCF7651.jpg
さて、本題の京王バス。まずいきなり側面で申し訳ないのですが、JPのワンステが引退後ここに展示されたようです。ちなみに以前は電鉄カラーのキュービック3扉だったようでそれが老朽化したためかコレになったようです。キュービックも見てみたかったですね。JPワンステの4枚折戸ですね。今でも西武では見れますね。

DSCF7656.jpg
側面方向幕。実車では既にほぼ消えているようですが、ここでは現役で見ることができます。幕自体は綺麗ですし、現役時代っぽいです。ただこいつ、府中の車両ではなかったようです…w

DSCF7660.jpg
お待たせしました前面です。ナンバーとワイパーが取られているのでさすがに現役には見えませんが、比較的綺麗ですね。ただ前面方向幕なんとかして欲しいですねw よく見ると一本木経由の武蔵小金井駅表示のようです。ところで…車番にAとあるんですが、そういえば以前まだJPワンステ現役時に新宿で1台だけ撮影できていたような…と思い見てみるとA904を撮影していました。同時期導入のようですね。となると数年前まで活躍していた(おそらく2~3年前まで)っぽいですね。

DSCF7664.jpg
側面。もう京王ではワンステはMPの深夜バス兼用車ぐらいしか残ってないと思います。この綺麗な状態で長く保存されると良いですね。このころの京王バスはあまり見たこと無いので、ワンステの窓配置は懐かしいというより新鮮です。。。

DSCF7668.jpg
ところでその近くにあった動物…え?何か変ですよねこれw 正直言うと気持ち悪いというか不気味というか。。。

DSCF7670.jpg
変な動物に気をとられて後部の撮影を忘れていました。後部も綺麗なままで残っています。ノンステより後部の窓が大きいのがワンステの特徴ですが、やはり京王塗装で見るとちょっと違和感ありますね。

DSCF7671.jpg
ところでここ、多摩川のすぐ横で、武蔵野線(貨物区間)と南武線、府中街道の橋を見ることが出来ます。手前の貨物の橋が一番背が高いんで、南武線はこちらだと見づらいです。ところでここを見ていたら185系(東北本線系統用の色)が通過していきました。。。

この件は以上です。
最後にお待たせしている西武6000系のBトレ紹介です。ところで関係ないですが東武9000系の発売日が決まったようですね。

DSCF7494_20131109180303ebd.jpg
車番は6107編成にしました。まぁ特に何かあるわけではありません。前面はまぁまぁ再現されていますね。まぁ実車をよく見る自分からすると若干幅広に見えるのとスカートが、まぁシャーシの兼ね合いもありちょっと違うかなという気はしますがまぁ許容範囲かと思います。表示機は普通な感じなものを。内側から貼り付けられますが、はっきり見えない感じがしたので外側にはってあります。気になったのは元種別表示機があった扉上で、実車は黒く塗りつぶされていますが、透明のガラスパーツで、屋根の黒で再現しています。わざわざこの仕様にしたということは、未更新の顔が発売になることもあり得そうです。

DSCF7495.jpg
クハ6107。この青色の線が入ったステンレス。ようやく製品化されました。Bトレでもかっこいです。ちなみにガラスパーツは新2000系の流用で銘板には2000の文字が入っています。西武マーク、優先席、女性専用車のステッカーがあります。

DSCF7496.jpg
モハ6207。そういえば6000系はシングルアームにはなってませんね。この副都心線対応工事のときにあわせて変更されるかと思いましたが、まぁまだ使えるということなのかもしれません。

DSCF7497_20131109180427ca9.jpg
モハ6607。パンタ撤去車のようで、パンタ撤去仕様の屋根も入っています。普段上からは見れないので存在自体は知っていても撤去後を見たことはありません。

DSCF7498_2013110918043695b.jpg
モハ6807。実は今回、5両にしたかったので1箱のみ追加購入しました。まぁ仲間の東急4000を5両にしてあるのでそれにあわせたいと思い。ちなみにこれにあわせてメトロ10000系Bトレも組み替えて5両に、東武50070系も中間車を追加して5両にしました。東武9000系も手に入ったら…10000系の中間車とあわせて5両にする予定です(10000は2両にする予定なので)。

DSCF7499_201311091804486b5.jpg
クハ6007。ちなみに優先席ですが、中間車は実車の号車位置での優先席場所に貼り付けました。ところで今回の6000系。一部製品で側面の窓周りの塗装や造形がほんの少しガタガタになっていたようですが、運よく(?)それには当たらなかったようです。

じゃ評価

造形のよさ:3
→まぁ実車に馴染みがありすぎるので厳しい評価になってしまいましたが、全体的にみれば個人的にはよく再現されていると思います。まぁそもそも6000系が出たこと自体に意義もあるかと思いますが、まぁ満足ですかね。

説明書の分かりやすさ:○

入手安易度:3
→イベントでの先行販売ではかなり売れ行きがよかったようで、心配していましたが、西武は今までのBトレもかなりの数生産していたこともあり、まだ各駅売店には在庫があります。個人的にはこれからも当面はいつでも買える体制にして欲しいなぁと思っています。それと西武では限定として発売後すぐに、一般販売として売り出すことが特徴でしたが、今回も一般の店でも発売されたようで、実際ヨドバシカメラで発売されていたのを確認しました。

シール充実度:4
→優先席シールもありますし、車番、行先表示も比較的豊富にあり、結構良い感じでした。一時期見られたらしい対応車の「普通」表記や新線池袋までありマニアも意識してるなぁとw

部品豊富度:3
→まぁ実車も比較的最近の車両ということもありバリエーションが多いわけではないのである程度しょうがない部分ですが、パンタ撤去屋根も入れたところは評価できますねw あとは何度か言っていますが、前面パーツとステッカーがあれば未更新も再現できるので出来れば入れて欲しかったな。

組み立てやすさ:3
→全体的には良好ですかね。

ということで6000系でした。6000系はBトレの10周年アンケートでも商品化希望10位以内に入るなど、製品化が待たれていた形式です。まぁ希望アンケートで10位圏内ということで、5直も始まったし、同じく希望されていた京急1500も製品化されたし、もしかしたら…と思って期待していましたが、実際発売が分かったときは、またガセなんじゃないかと思ってしまいましたw これからもファンが特に期待している新規な形式をお願いしたいですね。それと西武さん、ついでにアルミ車も出しましょうよ。ついでに銀顔も。。。

おまけコーナー

DSCF7501_20131109180543a3f.jpg
新2000系と並ばせてみました。行先がどちらも下りになってしまっていますが気にしない方向で…w 黄色い電車と青い電車をやっとBトレで見ることができました。ついでに他社みたいにどんどん違う形式を発売してほしいですね

DSCF7503.jpg
側面比較。ガラスが一緒とはいえ、車体が違うので、同じとは感じないですね。

DSCF7504_201311091806024d5.jpg
30000系とも並ばせてみました。

DSCF7507.jpg
あの5直開始時のヘッドマークを真似て5社の並び。これは絶対やりたい並びでした。ところで1回これを並ばせたイベントをやれば盛り上がりそうですね。可能なのは東急の元住吉かメトロの和光市ですかね。

DSCF7490_201311091802559d0.jpg
早速、西武線の石神井公園~練馬という設定で机の上に展示。ちなみに今はY500系をやめて新101系にして、直通開始前の東急4000系先行営業時という設定にしていますw

今回はこれで以上ということにします。実は京王れーるランドの展示を先日見てきたのでその画像もあるのですが、まぁそれは次回(遅くても来週末までに)に掲載します。

ではこのへんで
19:35  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.03 (Sun)

☆2013 第56号☆

こんばんは。

いつの間にか11月に入っちゃいましたね。既に朝晩は結構寒く、昼間も20度前後で、まぁ猛暑とかなんだかんだいっても寒くなるようで…今年も突然気温が下がり始めたなという感じがしますが、まぁ今後は毎年これが普通になりそうですね。
ところで、日曜日の日中に東京だと震度3の地震がありましたが、ちょうど建物の7階にいたんですが、久々に揺れを感じました。やはり地面と建物の7階の揺れは違うようで、結構揺れていました。。。さて、今回は日曜日に東急目黒線・多摩川線・池上線・大井町線を乗り鉄してきたのでその模様を。西武6000系Bトレは組み立てましたがそちらは次回ということにします。まぁ5社のBトレを並べて「やっと揃ったか」と思ったのは言うまでもありませんねw

では、掲載していきます。

行きはバスでしたが、前回と同じダイヤで同じMPワンステ。ダイヤ固定ではないのであまり多いことではないかも。で、土日で本数少ないので利用客多いのですが、前回より混んでいたので「あれ?」と思ったら、正福寺で10人程度下車…地蔵まつりだったようで、それで混んでいたようで。。。菖蒲と地蔵のときは東村山西口も結構盛り上がります…w 駅では車が前に停まっていたので撮影は断念。

DSCF7509_20131103233000ca1.jpg
ちょうど来た急行へ乗ります。新2000系の2055編成…最終編成の超更新車です。で、この日は入間で航空自衛隊のイベントが開催されるため、所沢方面へ乗る人が普段の倍はいました。往復切符販売の放送もされるなど、東村山から行く人も多かったようです。この時点で既に池袋線は混雑による遅延発生と出ていました(帰りにこの混雑遅延に巻き込まれることになります)。

DSCF7510_201311032330085e3.jpg
ところで、この2055編成は平成5年ということで同い年な車両でした。途中、小さな子ども連れが乗ってきましたが、隣に止まっているスマイルトレインを見ながら「青い電車じゃない」と怒っていましたw まぁでも黄色でも急行だったのでまだ落ち着いたようですが、うーん、自分も小さい頃は「青い電車が良い。速いのが良い」と言っていた覚えがあるのでちょっと思い出しました。まぁ当時の青い電車は6000系、20000系ですけどね。

まぁ日中なので接続は同じパターンですが、この電車も上石神井以降は惰性走行が続き、沼袋からは完全な後追いになってノロノロ。ちなみに、鷺ノ宮はやはりどれに乗っても一番早くつくので、乗車待ちの列もまばらでした。うーん、中井とかで急行が前の各停を抜かすとノロノロは解消できますが、鷺ノ宮で乗車が偏ってしまうので、どっちもどっちかもしれませんね。
高田馬場で下車し山手線で目黒へ。結構混んでいましたが新宿・原宿・渋谷でだんだん乗車客が減っていきました。

DSCF7511.jpg
目黒からは目黒線に乗ります。東京へ来てから目黒線は2回目。で、今回は三田線6300形の竜巻インバーターといわれる大きな音のVVVF車目当てでしたが、1本目ですぐそれが来たので乗車w お、この車両は妻面の扉が両開きなんですね。あとドアの取っ手も都営独特の形状でした。
で、噂どおりVVVFは結構大きな音で面白かったですが、あまり速度を出さないのがちょっと残念ですね。で、奥沢を過ぎたあたりで突然「急停車します」の放送が流れ停車(低速以降は常用ブレーキに戻していました)。すぐに田園調布まで運行の放送があり田園調布まで走行。。。多摩川駅で非常ボタンが押された影響だったようで東横線の電車も停車していました。何事も無かったようですぐに再開しました。。。多摩川で下車。

DSCF7515.jpg
多摩川駅の渋谷よりでなんか撮れるかと思ったのですが、かなり狭かったので止めて、ここですこし東横線を撮影。5050形の各停。いつの間にかよくみる電車になりました。

DSCF7516.jpg
次も5050系ですが菊名行き。さすがに各停毎時10本は多いですねw
それでも客がある程度乗っているところが東横線のすごいところでもありますが。。。

DSCF7519.jpg
突然曇りましたが、Hikarieさんがやってきました。1本しかないのによく会う編成ですね。一度乗ってみたいのですがその機会はなかなかありません。。。そういえばこいつも来年Bトレ化みたいですね。東急でも黄色いのが来ると「撮らないと」と思うのは西武好きの影響かもですねw

DSCF7522.jpg
Y500系がやってきました。いつ見ても目立つ色ですねw 

DSCF7526.jpg
メトロ7000系の8両急行が来ました。ってメトロか西武か東武が来るのを待っていたわけですが。。。東急が西武に入ってくるよりも、これが東急で急行で走っていることのほうが違和感ありますw 

DSCF7529a.jpg
ホームを移動していると、南北線の9000系最新編成が来たので無理やり撮影。狙っていると来ないのにこういうときに来るとは。この顔、意外と気に入ってますw

DSCF7531.jpg
この後は多摩川線ホームへ。多摩川線はかなり久しぶり。1000系が来たのですが、あまり1000系に乗ったこと無いので乗車。1000系も譲渡があり、そもそも1000系も含め7000系に置き換えという話があったわけですが、日比谷線用8連の余剰もあり、7000系もあまり導入されてないので、どうなるか分からないのが正直なところ。個人的には7000系導入ではなく1000系存続+改造で日比谷線のも3連化の可能性もあるなと思っています。ところで、幕良いですねw

DSCF7532.jpg
1000系で蒲田へ。3両の車内は立っている人も多く、両数は地方のローカル私鉄っぽくても、通勤路線という感じがしますね。この窓配置、9000系の方に見慣れていると、あまり1000系に乗らないのでちょっと変な感じがしました。

DSCF7535.jpg
五反田行きの7000系が停車中だったので側面を。どうも池上線などに乗るときは避けてしまう電車ですが、結構最近の車両の中では独特な点が多く(内装が木目調とか)、特にこの窓配置は特徴的ですね。

DSCF7536.jpg
表示機。まぁ東急で採用されている標準的なものです。池上線系統は優等は無いので、各停とか書くと逆に分かりづらくなりそうですね。
そういえば東急は田園都市線でも各停は種別表示してないですし、東横線も以前は各停は無表示だった覚えがあります。

DSCF7538.jpg
前面も。柵がありますが、間から撮る事は可能なので、何人かの人が撮影していました。といっても7000系は見向きもされてなかったですが…w

DSCF7545.jpg
乗ってきた1000系。個人的にこのデザインはかなり気に入っています。東急の集大成ともいえますね(旧7000系から続く)。

DSCF7550.jpg
7700系もやってきました。うーんこのデザインもなかなか古そうで良いですね。まぁ古そうというか車体では大手私鉄では最古参ですが。本当に見た目からはあの派手なVVVFは想像できませんねw

DSCF7556.jpg
この低い屋根+2段窓もレトロな雰囲気を出していますね。7000系導入でこれら形式は全廃と言われていたんですが、現段階ではまだ残っていますし、本当は長く残って欲しいなぁと思っています。

DSCF7567.jpg
お、7600系も来ました。7700系も良いですが、デザイン的にはこちらのほうが好みです。といってもあまり残ってないのですが、目蒲線っていうイメージがありますw

DSCF7570.jpg
側面。まぁ個人的には静鉄1000系を思い浮かべます。この頑丈そうな造り、やっぱりかっこいいですね。

DSCF7571.jpg
表示機。実際は正しく表示されていますが、伊豆急8000系と同様にすこし劣化していますね。まぁ今更変える事はないと思いますが。。。

DSCF7578.jpg
多摩川線にも7700系が来ました。7700系は人気で、撮影している人が結構いました。まぁ7000系導入が滞っていますが、日比谷線1000系の余剰も出ていて、いずれ近いうちに何か動きがあると思いますし、今撮影しておくに越したことは無いですね。

DSCF7581.jpg
7000系。

DSCF7587.jpg
2連続で7000系。ちなみにもう1本連続で7000系でした。そろそろ池上線に乗りたいのですが、7000系連続なのでなかなか乗る気になれず…

DSCF7590.jpg
表示を見ると、おっと、雪が谷大塚行きが来るようです。平日日中唯一の雪が谷大塚行きのようで、日中にもあるのは初めて知りました。せっかくなので撮影です。

DSCF7592.jpg
雪が谷大塚行きは1000系でした。雪が谷大塚の方向幕は初めて見ました。

DSCF7596.jpg
側面方向幕も撮影。東急の方向幕はLEDでは表示できないような丸い書体でなんだか良いですね。フルカラーLEDも嫌いではないですがやはり方向幕には勝てないですね。

DSCF7598.jpg
途中どまりのせいか客がまばらでした。まぁドアは1000系も9000系と同じです。

DSCF7600.jpg
派手派手優先席。東急の一部車両で見れますが、このシートはインパクトがあって優先席ということがよくわかりますね。マークが多すぎて変といえば変かもですねw

DSCF7601.jpg
いい加減乗ろうかというところで7600系登場。あまり乗ったことが無いので乗車。中間の元先頭車部に乗車。この編成はライト部が存置されていましたが、車内では普通の車端同様の座席で、見た目と中身の差が激しいですね。といっても、先頭部の窓と、幅が削減されている貫通路、乗務員室のドアの窓そのままの側面窓などがあって面白い車内ですね。

DSCF7604.jpg
ドア。まぁ8000系などとドア形状は同じですが、若干開閉時の音が大きく、途中で8000系には無い音も入ります。
この電車で旗の台へ。7600系はこちらに来てから初乗車でしたが、こちらのVVVF音も大きく、音も7700系とは違う、これもまた独特な音で良いですね。あと、自動放送も地方私鉄っぽく、多摩川線よりもローカル線な雰囲気(駅もレトロなところが多い)ですね。

DSCF7606.jpg
旗の台も以前の所沢のような屋根構造。まぁほぼ6分間隔なところは静鉄にも通じるところがあります。ところで、この駅、接近が「2番線に電車がまいります」なのに発車時には「五反田行きが~」と行先放送があるようです。他の池上線の駅でも同じなのかな。

DSCF7609.jpg
旗の台からは大井町線の各停で大井町へ。既に8590系も8090系も消えましたが、好きな9000系がいるので魅力的な路線ですw 今回もわざわざ9000系に乗りたくて大井町線に乗換ですw

DSCF7610.jpg
東急といえばこのステッカー。伊豆急でも一部車両で貼られていますね。ところで、大井町線の戸越公園駅はいつの間にかドアカットが解消されたようで…ドアカットも梅屋敷も、箱根登山も解消されて減りましたね。

DSCF7615.jpg
大井町駅はホームドアがあるので、前方で発車する急行を狙ってみましたが、低速なので後追いでも撮影できました。前から来るよりもぶれることが多くあまり好きじゃないのですが…w それにしても6000系は前面表示が大きいですね。考えてませんでしたが長津田行きで長津田表示を撮影できました。

DSCF7616a.jpg
発車していく9000系も狙ってみましたが、画像のように残念な結果に。。。まぁ大井町線撮るなら溝の口が一番安定してますね。それにしてもいつのまにか天気がだいぶ悪くなってしまいました。。。

DSCF7617.jpg
8500系が入ってきました。ここだと9000系に乗りますが、8500系もやっぱり良いですね。

DSCF7621.jpg
この後はりんかい線経由で埼京線⇒池袋へ。ちょうど快速川越行きが行ってしまったので、20分近く待ちます(大崎乗換も面倒なので)w 間に来た大崎行き。E233系で来ました。もう当たり前の光景ですね。

DSCF7625.jpg
ところで大井町駅は直線の駅で見通しが案外良いです。で、電車が来るちょっと前になると、ゴーという音と風が吹いてきてそれがだんだん大きくなってくるので電車の接近がよくわかります。ちなみに小さい頃、この音と風が怖く地下鉄嫌いな時期がありましたw

DSCF7627.jpg
駅名板も一応。最近、なにかとりんかい線・埼京線に乗車することが多いです。

DSCF7628.jpg
来たのは…りんかい線70-000形。。。うーん、なんで自分が乗るときはこいつばっかりなんでしょうね…w まぁ今回も未更新車で音はよかったのですが、205系とかE233系にも乗りたいなぁと。。。
諸事情あり新宿ではなく池袋まで移動。

池袋からは西武線ですが、今度は入間航空祭の帰りの時間と重なり、さらにダイヤ乱れが悪化。もう発車順序も本数もめちゃくちゃになっていました。降りてくる大量の乗客と、電車が減っているので池袋から乗る客の渋滞重なり大変なことになっていました。ホームへの入場制限もすこし行われていました。ホームは客がごった返し大混雑+停車中の準急もパンパン…ということで各停ホームに移動してみると、3000系の小手指行きが15分程度前の時刻表示のまま停車中だったのでとりあえず乗車…

DSCF7629.jpg
でも上り列車が全然戻ってこないためか準急も発車せず、その準急も既にパンパンなため各停にも客がどんどん入ってきて大混雑状態に。準急は練馬以降各停になるとアナウンスされ実質区間準急になって発車。各停もそれに続いて発車。まぁ各停も間引かれていたこともあり、各停停車駅の下車も多く車内は各駅停まるごとに空き、石神井公園まででほぼ大混雑は解消されていました。
で、石神井公園では急行利用者の乗り継ぎのために急行接続のため待機。この駅までは時刻表示が出ていましたが、以降は時刻表示が消されました。待機により30分遅れに拡大…もう何分遅れてるのか、どのダイヤなのかもわからない状態になっていました。

DSCF7632.jpg
ひばりヶ丘では各停待ちの客が大勢いましたが、全て東久留米で下車していきましたw で秋津までは何の放送もなく小手指行きでしたが、秋津で「所沢行き発車します」と放送があり、あれっ?と思っていると、「折り返しのため所沢行きに変更します」と秋津発車後に放送… 結局突然所沢行きになって所沢へ。所沢で回送前を撮影。ところで、これを撮影している人が数人いて、やはり3000系は注目されているなと感じました。結局30分遅れで所沢へ到着。。。
3000系に乗れて良かったんですが、遅れてだいぶ時間がかかってちょっと疲れました。

この電車のあとは特急と回送を挟んだ上で小手指行き…所沢以降の利用者が足止めされてしまっていました。うーん、ここまで航空祭で乱れるとは思いませんでしたが何か例年とは違うことがあったんでしょうかね(最近の諸事情と夏ごろのドラマの影響もあり?)…調べてみたところ入間基地のHPにある来場者数のところを見ると、今年は数十年ぶりの来場者数だったようですね。これ東横線、メトロにも影響出ていますし、イベントに関する何かしらの対策が必要かもしれませんね。というより、イベントをやる側での対応が必要ですかね。送迎バスで若干新宿線方面に流すとか。。。ただこの乱れで東急車が西武線池袋に入る光景も見られたっぽいですねw

DSCF7633.jpg
池袋線はダイヤ大幅乱れで混乱していましたが、新宿線は平常心?を保っていましたw 20000系の急行で東村山へ。ちなみにさっきの銀河鉄道3000系はさっさと折り返してきて池袋行きとして発車していました。

以上です。今回は東急の2大主要路線以外を周りましたが、東急は時々すごく乗りたくなるときがありますが、東横線以外はそこに行くまで時間がかかるのでなかなか乗れないんで、今回みたいな乗り鉄も面白かったです。それとダイヤ乱れによる大混雑はあまり経験したいものではないですね…w

では今回はこのへんで
23:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.10.27 (Sun)

★2013 第55号★

こんばんは。

台風27号は最初はとんでもなく強いといわれていましたが、ある程度威力が下がり(といっても「強い」ですが)、日本に近づいてからは加速したことや、東京ではだいぶ海側にそれたこともあって、雨は長く降ってましたけど、それほどひどくならずに済みました。それにしても今年は10月は何個も来ましたね。ほぼ毎週のように台風…もうさすがに今年は終わりかな…と思ったらまた台風が出来そうらしいですね。もういい加減終了してもらって構わないのですがw

で、日曜日も当初は雨となっていたのですが、土曜日に完全に離れていったので台風一過の青空ということになりました。この日、西武バスでは西武バス感謝祭、関東バスではフレンドまつりというイベントが行われましたが、西武バス感謝祭に行ってきました。まぁどっちも行ったという人も結構いたようですがw 関東バスも唯一残っているRNチョロQが展示されたりしていたようですが、まぁ西武のほうに行ってきました。
前回は、新7Eツーステ・エルガツーステ・7E3扉・キュービックワンステというまぁ完全にバスファン向けな展示で楽しかったのですが、今回は・・・個人的には子ども連れや一般向けを意識しているなと感じる展示でした。まぁおいおい紹介していきます。

DSCF7194.jpg
行きはMPワンステ。約10分程度の遅れでやってきて、運転士さんが遅れを謝っていましたが、10分遅れなんてのは普通なので、逆に変な感じがしました。まぁ道的にも信号が多く、右折車線がないところばかりでそういう車との兼ね合いもあってどうしても遅れやすい路線ではあります(日と時間によっては2倍の時間がかかることもある)。

DSCF7195a.jpg
本川越行きを待っていると国分寺線が入ってきたので撮影。ちょうど3000系でした。国分寺線の3000系も危ないので、撮影しておく必要が。地元路線に3000系ということで嬉しかったのですが、もう消えてしまう可能性が…

DSCF7197.jpg
こんな光景も見られるうちに…意外とこういう画像も後からもう1度みると意外と撮っておいて良かったなと思うことがあるので…ただセンスも何も無いので、他の方が風景とかっこよく絡めて撮影できるのがうらやましいところです…w

DSCF7198.jpg
新2000系中期車の8連がやってきました。1駅ですが界磁チョッパ。この1駅は意外と距離があり速度を出すので意外と面白い区間かな。特急のあとだと後追いノロノロになってしまいますが…

所沢では乗り換えでホームを移動するとちょうど飯能行きが来たので乗車。ちなみに次の電車が「8両3ドア」とあったのですが、6000系だったのでそのまま乗車。途中、小手指の車庫で新車の30000系10両固定編成が留置されていました。10両固定は初ですが、番号も「30101」になって、初めて千の位が0の編成が来ました。ということは、飯能よりは「30001」。トップ編成じゃないのにトップナンバーということになりましたw

DSCF7201.jpg
飯能で乗客が降りたところで車内を撮影。座席が青いので黄色い電車とは雰囲気異なりますが、床の灰色は101系~3000系まで採用されていたことや、戸袋窓などで西武らしさが結構入っている形式です。

DSCF7204.jpg
乗車編成は6050系アルミ車の西武100周年×NACK5 25周年ラッピング車。急行で来た飯能行きで、そのまま線内運用の準急で折り返し。線内運用では表示機右端の列番は表示されません。最近は直通運用増加で列番有り ばかり見るので違和感が。

DSCF7212.jpg
広告条例の関係か、100周年ラッピングですが比較的地味かなという印象を以前から持ってます。

DSCF7217.jpg
この編成はまだLCDになっていない編成です。そのためドアチャイムが開ききってから鳴る意味なし仕様のままになっていますw

この後は駅を出て美杉台ニュータウン行きのバスに乗ります。エルガノンステですが、比較的音が大きくて良い感じでした。で、本数は多いのですがちょうど20分間が開いていたようで、イベント客、一般客合わさってかなり混雑していました。

DSCF7218.jpg
会場につくと早速試乗用のエルガハイブリッドが試乗する人を乗せて発車していきました。おっとこいつは武蔵小金井でも見ることが出来る滝山の車両ですね。整理券をもらえば乗車できるとのことでしたが、自分はパスしました。

DSCF7224.jpg
今回の目玉?のいわゆる「三角バス」。以前から保存されているようですが、今回はじめて見ました。確かに上部が細くなっていますね。こいつはいすゞ製のようです。小さいですが目立つ形していますね。

DSCF7232.jpg
紹介もありました。狭いトンネルを通す為のスタイルで、最初はボンネットバスに始まり、最後がこの4代目のバスだそうです。A6とありましたが1966年式ですね。ステップも非常に高く「昔のバス」って感じがしますね。

DSCF7235.jpg
後部。こっちはボンネットバスと同じスタイルなのかな。前面は角ばっていますが、後部は丸っこいですね。あとバンパーがレトロですかね。

DSCF7239.jpg
軽井沢からやってきたらしい西武高原バスのローザですね。後部にリフトを備えた車椅子対応のバスになっています。

DSCF7245.jpg
前面。長野ナンバーというところが、この辺のバスではないということをアピールしていますね。ローザのレトロ風バスで、静鉄の3色と良く似たスタイルです。ただ、マイクロバスなせいか会場内では一番人が少なく、ちょっとかわいそうな感じでした…

DSCF7247.jpg
共同運行会社ということで新潟交通の高速バスが展示されていました。こちらは意外と注目されていましたが、うーん観光タイプなのでどうも興味があまり…

DSCF7249.jpg
飯能営業所の構内なので留置車両も見れます。前回に比べて路線車が少ないので、どうもこっちに目が行ってしまいましたw エルガが4台並ぶという埼玉的な並び。

DSCF7252.jpg
奥にはQKG-MPとエルガミオもいました。エルガが多いですが、大型の新車はほぼMPに統一されているので、埼玉でも徐々に増えています。

DSCF7264.jpg
さて、展示のバスに戻ると、去年目玉だった新7Eツーステも展示されていました。西武総合企画で特定車で活躍しているようです。去年も展示されていて、そのときはまだ路線車引退直後で方向幕もあって注目されていましたが、これもあまり人気が無い感じでした。貴重な車両なんですが、ファン以外には貴重には見えないですかね。

DSCF7270.jpg
その横にはエルガハイブリッドがいましたが、前面部に人が大勢いたので側面のこんな部分を。ハイブリッドでは以前も紹介しましたが、ここに蓋が3つもあります

DSCF7271.jpg
営業中はなかなか近づけないこの部分。近づいてみてもやはり違和感がほとんどありません。ただすこしとはいえここがデッドスペースとなると、特に混雑路線では通常のノンステよりも定員が少なくなるのがちょっと難点かな。標準尺にするとちょうど良いかもしれませんね。

DSCF7275.jpg
ナンバーを抜かれた新7Eワンステ。この横でグッズが販売されていたので、日除けのためか倉庫用のためかここに置かれていました。個人的にはこっちを展示して欲しいですがw

DSCF7277.jpg
留置中のフルフラットタイプのエルガ。窓が無いので若干重そうには見えますが、あまり目立ちませんね。この車両も既に11年目でいつ引退してもおかしくない世代に入ります。

DSCF7291.jpg
さっきのエルガハイブリッドの前に人がいなくなったので、撮影。上石神井に導入された車両ですね。まぁ今回は試乗会もあるとのことだったので、絶対展示されてるなと思ったら本当に展示されてましたねw

DSCF7295.jpg
会場内で一番人気だったバスがこのLionsバス。これは子ども連れにも人気が高く、周りから人が途切れることがありませんでした。ちなみに三菱だとナンバーをずらしてその部分に黒いセンサーがありますが、JBUS系はナンバーの上にあって違和感がありません。人気の理由は分かりますが自分はあまり…

DSCF7297.jpg
さっきの新潟交通の前面を撮って今回の展示車両の撮影は終了。ところでこの車両、最初はデザインに違和感を感じましたが、今では結構良いかなと思っています。ナンバーがずれるのがどうも変な感じはしますが…w

DSCF7309.jpg
もう一度三角バスを撮影します。ちなみに後ろでは部品の販売会が行われ、方向幕を購入している人を何人も見かけました。滝山のが多く販売されたのか「東久留米駅」を出してるやつを持っている人を複数みかけました。資金と飾る場所があれば並んで購入したいところですが、余裕ないのでいつも見るだけ。。。でも、今回、代わりというのも変ですが、最近流行りの方向幕タオルを購入しました。京王や京急の電車で出ていますがバスははじめてみました。

DSCF7326.jpg
試乗会で運行されていたバスですが、何故かこちら側をむいて、軽く撮影会っぽく人があつまっていたので、自分も撮影。今回一番当たりな撮影画像です。青空の下でハイブリッドをしっかり撮影することができました。しかも滝山のバス。UD・三菱好きですが新車のエルガハイブリッドもなかなかいいですね。

DSCF7337.jpg
こちら側も撮影。ちなみに配布された会場案内ではさらに導入を予定しているとありました。アピールにもなりますし、各営業所に1台ずつ入れてみてもいいんじゃないかなと思いました。

DSCF7339.jpg
今回も西武タクシーが展示されていたので一応撮影。このレオカラータクシーはなかなか良いと思います。以前はこの色の西武タクシーが東村山駅にもいたのですが、今では西武タクシー自体が駅にいないですね。

DSCF7343.jpg
会場奥でエルガとエルガミオが並んでいましたが、真ん中のエルガミオをよく見るとA3とあります。中型ですが、いすゞも導入されていたんですね。よくみるとLED増設ライトもついています。今後は中型はミディとエルガミオが平行で導入されるのかもしれませんね。

DSCF7344_20131027225120e8d.jpg
近くに1台だけいたラッピング車両(奥に三井OPのラッピングがいましたが)。この色、入間周辺で見たことありますが都内では見かけない埼玉入間周辺のご当地?ラッピングのようですね。

DSCF7346_201310272251327ab.jpg
さて、一通り見終わったのですが、今回は以前からすると子ども向けというか一般向けになった感じがしました。路線車ファンからするとすこし物足りなさがありましたが、それでも新車から三角バスまで揃っていたのは良かったかと思います。来年もやるなら…ぜひ新7Eノンステを最後にこういう舞台に立たせてあげてほしいなとw あと、旗にブルーリボンシティハイブリッドや、小平のポンチョが出ていたので、来年は是非こいつらをイベントで見てみたいところです。

DSCF7350_201310272251406ba.jpg
で、バス停で待っていると通常の時刻より前に臨時便が出るということでそちらに乗車。といっても増発ということで普通に途中バス停にも停車。特に臨時便が出るということは記載されてなかったので、乗車人数を考慮して適宜運行していたようです。エルガワンステでしたが、前回は4枚折戸でしたが引き戸の車両でした。

DSCF7355_20131027225145f14.jpg
ちょっと、反対側で国際興業でも撮ろうかと思ったら、早速こいつがw 11月からは旧塗装(結構前の)にラッピングされるそうで、せっかく飯能にこれが来ても通常塗装は撮影できないか と思いつつ行ってみたら早速きてくれました。キュービックワンステでさいたま地区からの転属です。

DSCF7369_201310272251554b6.jpg
このキュービックはかなり変わった経歴を持つようで、江ノ電バスに導入されたものの何らかの事情ですぐに江ノ電からは引退し、国際興業バスに移動してきたバスです。その後一般路線についたあとに、特定輸送車としてワンマン機器を撤去していたそうですが、飯能に転属して営業復帰⇒11月にラッピング予定 というバスでとりあえず貴重ですw 江ノ電バスイベントにも参戦していたようです。

DSCF7371a.jpg
発車していきました。撮影している人が数人いました。ワンステということでキュービックの中では一番最後まで残ると思われ、国際興業バス最後のキュービックになりそうです。やっぱりキュービックはいいですね。

この後は若干周辺をふらふらしてから西武線へ。ちょうど停車していた9000系の急行池袋行きで所沢へ。車内もガラガラで独特なVVVF音がよく聞こえました。それにしても良い音を出しますね。京王とE231系近郊形、20000系をあわせたような独特な音ですね。

DSCF7372a.jpg
所沢のこの前撮影した場所ですこし撮影。新2000系の各停。

DSCF7373a.jpg
1本後の急行池袋行き30000系。池袋線の急行は毎時3本で、2本が10分間隔となる変則的なダイヤ(代わりに特急が入る)です。

DSCF7374.jpg
始発の準急。実はこれを撮影する為に待っていました。何の変哲もない新2000系に見えますが、これ池袋線では初めてのフルカラーLED、しかも未更新の編成です。先日突然現れたようで…w

DSCF7382.jpg
まぁこれからは増えるんでしょうけど、今はまだ貴重 という車両はついつい撮りたくなります。新宿線には現れている未更新+フルカラーLED編成ですが、池袋線にも増えていきそうですね。ちなみに中間のパンタは削減されていません。新2000系も超更新からベンチレータ撤去、フルカラーLEDなどバリエーションがかなり多彩になっています。

DSCF7384.jpg
某鉄道系サイトで画像つきで紹介された狭山そばの所沢店を撮影。まぁかなり復活希望の声があったようで。。。ちなみに狭山そば自体は東村山駅にもあります。駅のそば屋って結構美味しいですよね。

DSCF7386.jpg
来た電車は3000系の西武新宿行き。1駅だけですが3000系に乗れました。入った瞬間に見える茶色いシートと黄色い壁…この色はやはり落ち着きます。まぁ9000系などから乗り換えるとだいぶ内装に違いがありますねw 乗った瞬間に「西武線だ」と感じることもこれから少なくなっていきそうですね。

この後はRAノンステに乗って帰宅しました。

以上です。まぁ2年連続で開催された西武バス感謝祭…個人的な満足度は6割ぐらいかなと思いますが、一般の方や子ども連れも多いということを考えれば展示内容的には良かったかなと感じました。ただグッズ関連というか前回のような路線図販売等が無かったのが物足りない感じだったかな。まぁ単にそういう発生品のストックが無かっただけなのかもしれませんが。
ただ、イベントも楽しいですが、やっぱり営業中のバスを撮るのも良いですね。
来年も…ぜひ開催してほしいですが、一度滝山か立川でもやってほしいなぁと。まぁ敷地に余裕が無いと無理ですけどね。あと、やはり今までがんばってきたベテラン車も展示してあげてほしいですね。

では今回はこのへんで。
西武6000系Bトレは組み立てましたが、次回掲載します

では
22:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.10.22 (Tue)

☆2013 第54号☆

こんばんは。

平日ですが、今日空き時間に武蔵小金井まで行ってきた時に撮影した画像が10枚ぐらいあるのでささっと掲載していきたいと思います。

DSCF7124a.jpg
武蔵小金井駅手前の西武バス待機場の前を通ってみるとまぁいつも通りバスが停まっていたので撮影。QKG-MPノンステ。武蔵小金井ではもう必ずといっていいほど見る車種になりました。その分置き換えが行われたということにもなりますが…最近ではMPを見ない日がなくなりましたね。

DSCF7127.jpg
ちょうど入ってきて待機を始めたUAフルフラットを撮影。ラッピングされてない通常塗装のフルフラットですが、やはり良いですねこれw

DSCF7141.jpg
反対側に移動して撮影。何故かこの日は待機車両が多くこれのように前側にも停車していたので、いつもより撮影しやすくありがたかったですw 最近はこういう特徴ある少数車も少なくなりつつあるので、こういうバスを見るとなんかテンション上がりますね。

DSCF7149.jpg
もう1枚しつこく撮影。まぁA3なので後1年~2年は確実に活躍できそうなので、まだいなくなる心配はしなくて良さそうですね。やっぱり良いですねこの車両。

DSCF7152.jpg
その後ろでも西工車が並んでいました。

DSCF7162.jpg
いつもどおり関東バスも入ってきました。今回は富士重新7E。来て欲しいなぁと思ったら本当に来ましたw 関東バスなので西武バス引退後もしばらくは大丈夫そうですが、新7Eは好きな車両でもあるのでなるべく多く撮影しておきたいです。

DSCF7165.jpg
ちなみにここは横が広く開いているので、こういう画像も普通に撮影できます。こちら側はエンジンルームが扉側より広いこともあり、余計に重そうな印象を受けます。

DSCF7171.jpg
西武バスのエルガノンステですが、何故か標準尺の1811の側面を撮影することが出来ました。おそらく西武バスで唯一のエルガの標準尺ノンステです、以前見たときに初めて気づいたわけですが、本当に標準尺ですねw 西武にこの組み合わせはなんか変な感じがします。

DSCF7181.jpg
奥ではUAが並んでいました。

DSCF7189a.jpg
新7Eをアップで。置き換えがすすみつつもまだ武蔵小金井では何台かみることができます。まぁこの車両自体はA3なので新7Eで一番最後まで残りそうですが、ほとんど見られなくなるのも時間の問題のようです。

以上です。ではまた
23:02  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.10.19 (Sat)

★2013 第53号★

こんばんは。

また、台風によって被害出てしまいましたね…東京も火曜日夜から水曜日朝にかけて直撃ということになりました。午前中に収まった為、いわれていたほど大きなダイヤ乱れは無かったようですが、JRは大幅に間引き・運転見合わせがあったようで、影響があったようです。まぁ自分は水曜日は台風で休講ということになりました。
伊豆大島も大変なことになっていますね…前回も京都が大きな被害を受けてしまいましたが…で、さらに27号が26号と同じ感じで直撃するようで…いい加減収まって欲しいです。

さて、木曜日ですが、この日は偶然休講が重なり1日フリーとなったのですが、この平日のラッキーな休みを生かして(?)、S・S氏との東京(周辺)散策をやってきました。ちょうど10月ごろ行きたいねという話をしていた中で偶然の平日休み、しかも台風が過ぎて晴れ・・・こういうラッキーなこともそうそう無いですねw
そのネタと、あとは南海サザンと7100系を組み立てたのでその画像のまぁ2本立てとなります。

おっと、その前に見たまま情報ですが、先日小平のあかしあ通りを通っていたら見慣れない京王電鉄カラーのバスが走っていたのですが、追いついたので確認してみたら西工のあの静鉄のCNGと同じデザイン(96MCとは異なるデザイン)のRMが総合医療センター~小平団地の系統で走っていました。ナンバーが新しく2600代になっていたので、他地域から転属してきたものと思われます。この系統はレインボーⅡしか走っていない路線なので、今後もこの路線に就くのか予備車なのかわかりませんが、ちょっとびっくりしました。どちらにしろベテラン車なのですぐ引退する可能性もゼロではないですね。

さて、ではS・S氏との東京(周辺)散策です。

DSCF6968.jpg
まずはバス。7時台最後のバスでした。UAワンステ637でした。UAワンステに乗りたいと思っていたのでちょうど良かったです。今西武バスで一番バスらしい音を出すのはUAかと思います。AP/MPは音的にはAT+中型エンジンで物足りなさがあるので。。。

この後はちょうど急行が8+2の逆連結2000系が来たのですが、いつもこの時間でも東村山ではまだ車内で立っている人も多くないのですが、この日は何故か結構混んでいて、「これは上石神井過ぎると大変なことになるな」と考え、それには乗らずに次の各停に乗車。新2000系超更新車でした。

DSCF6971.jpg
途中、小平で拝島線からの準急と接続。朝ですが空席が出ていて良い感じになりましたw 小平で発車待ちの間に本川越行きの3000系が入ってきました。この角度からみると、前面の傾斜や窓配置から、いかにも西武線というような雰囲気ですが、こんな光景も数年のうちに見られなくなります。こういう日常に溶け込んでいる感じの3000系もなるべく多く撮影しておきたいです。

DSCF6973.jpg
乗った各停は田無で特急に抜かれた以降は、朝なのに沼袋まで先着。ただし、沼袋で接続した後、2駅先の中井でも通過待ちがありましたが、それは朝ならではの通過待ちですね。中井を過ぎると各停でもさすがにだいぶ混雑していました。

この後は山手線なのですが、池袋行きの直後の外回りということで混雑度が心配でしたが、案の定池袋で大量乗車になり大混雑になりました。いつもこの時間は平日でも外回りがガラガラなんですが、何故か混んでいました。ただ、上野で旅行と思われる客がトランクケースとともに降りていったので多少緩和されました。どうやらダイヤが若干乱れたようです。山手線は数分乱れただけで車内の混雑度が極端に上がりますが、それほど客がいるっていうことですかね。

DSCF6981.jpg
秋葉原でS・S氏と落ち合い、早速つくばエクスプレスに乗ります。集合が予定より早くなったので、予定より1本早い快速に乗車します。1本前の普通つくば行き。つくば行きなのでTX-2000系。

DSCF6982.jpg
前回気づかなかったと思いますが、ホームドアにこんな表記が、号車表示はよくありますが、5号車のどの位置か数字で表しているのは他に西武の一部駅で小さいテープで「4-1」のように表記されてるぐらいで他に見たことがありません。この表記、車端に乗ることが多い自分としては便利な表記で、他社にも欲しいですw

DSCF6987.jpg
そして快速のTX-2000系に乗車。どうやら後で増備された編成だったようですが、このドア下の黄色…というより床の色が西武30000系と新2000系・新101系超更新車と同一です。しかも黄色が薄くてすこし前の西武線の3形式と全く同じw しかも妻面には窓があるので、西武線利用者からすると「西武っぽさ」を何故か感じてしまいますねw
快速ですが、流山おおたかの森で普通と接続。北千住を過ぎると本気な運転が始まりw 地上区間はガンガン飛ばします。まぁ「普通」でも速いので、当たり前といえば当たり前ですが、VVVF車でも十分楽しめました。ただ音的には1000系のほうが好みですね。

DSCF6992.jpg
守谷へ到着。流山おおたかの森を過ぎると風景が一変し緑の中をガンガン飛ばしていたので、守谷まであっという間に着いた感じがしました。守谷でせっかくなので追いかけてくる普通を見てから降りることに。

DSCF6996.jpg
守谷で昼食を撮ったあと自分の希望でバスターミナルに下りてみることにしました。降りると守谷市のコミュニティバスのモコバスが停車していました。関東鉄道のエルガミオのようですが、土浦ナンバー…初めて撮影しました。

DSCF6997.jpg
関東鉄道のエアロミディノンステ。関東鉄道バスは見るのも撮るのも初めてです。なんかワードアートでよくありそうな書体のノンステップバス表記や「中のり」が目を引きますね。中のりは京王みたいですね。

DSCF7003.jpg
おお!関東鉄道が運行している、企業送迎バス運用についているエアロスターのツーステップ。前面のセーフティウインドウが埋められてそこに黒い表示機らしき跡がありますね。ということで神奈中の中古かと思われます。側面表示機もあり、そのまま一般路線にも入れそうな雰囲気ですね。

DSCF7005.jpg
モコバスの予備車だと思いますが、エアロミディのチョロQノンステ。この塗装、比較的暗めの塗装ですがなかなか似合っている気がします。

DSCF7012.jpg
エルガ標準尺ノンステ。ナンバーにフレームがついています。それほど新しいわけでも無いようですが、車体がピカピカでした。短尺に見慣れていると標準尺が長く見えますね。車椅子マークの貼り付け方が川崎市営と同じですね。

DSCF7015.jpg
守谷駅は、つくばエクスプレスの駅がかなり立派で私鉄というよりなんか新幹線の駅のような雰囲気ですね。駅の造りにもだいぶ余裕があって良いですね。

DSCF7019.jpg
ここでまさかのキュービックが登場!見られるとは思わなかったのでびっくりしました(ちなみにコレより前に7Eツーステも来ていましたが撮影できず)。おそらく、コレも神奈中の中古っぽいですね。ドア側は戸袋窓前に方向幕撤去跡と思われる窓があったり、こちら側も窓が8枚だったり。

DSCF7023.jpg
この後は…せっかくここまで来たわけなので関東鉄道に乗ります。自分は以前小学生の頃に取手~新取手に乗った(そのときは確か旧国鉄のキハ300形と当時の新車2100形)以来でして守谷から乗るのはもちろん初めてです。

DSCF7027.jpg
下に下りると2100形が停車中でしたが、これは1本後のここ始発の取手行きになるようで、運転士さんはいましたが、ドアは開いていませんでした。あれ、いつのまにか塗装変わったようですね。バスターミナルにいるときに以前の色もいたので塗り替えが進行中ということですかね。このシンプルな角型ライトの左右対称のデザイン良いですね。

DSCF7028.jpg
側面は2枚窓×2の仕様。西武線民からするとどうしてもこの配置を見ると3000系を思い出してしまいますw

で、電車が来ましたが1両の2400形という車両でした。で、前面が開放的だったので取手まで前面展望。駅間が短く、停車時間も短く路面電車の雰囲気がある感じがしました。ディーゼル車自体が久々でしたが、なんだかATのバスのような音を出しますね。それと放送装置が西武の滝山などで採用されているのと同じで、なんか列車というよりバスに乗っている気分でした。ところで以前は1両ってあまり無かった覚えがあるのですが、今では1両運行が多いようですね。それでも空席があるわけですが…
で、取手まで行きましたが、そのまま降車せず来た電車で守谷へ引き返します(守谷で取手から守谷までの切符を発行してもらいました)。

DSCF7036.jpg
守谷で1本待って撮影しても良かったのですが、次もさっき撮影した2両でデザインも同じのしか無い感じだったのと、次の工程にも余裕を持たせたかったのでこの画像だけ撮影して撤収しました。非電化の複線って実は意外と珍しい気がしますね。

DSCF7040.jpg
守谷から南流山まで戻ります。ちょうど始発の秋葉原行きが停まっていたので乗車。TX-1000系でした。この座席が若干鋭角な感じなのはA-trainらしさが出ていますね(コレは後ほど改良されています)。

DSCF7043.jpg
ドア。この電車は秋葉原まで先着する電車だったようです。で普通ですがやはりガンガン飛ばしてあっという間に南流山まで移動。ここまで気持ちよく飛ばしてくれるのもなかなか良いですねw

DSCF7048.jpg
南流山からは武蔵野線で武蔵浦和まで移動します。発車していく東京行きを撮影。いまのところまぁ制御装置は更新されてはいますが、置き換えの話は出ていないので東京周辺で一番最後まで残る205系になりそうですね。

DSCF7052.jpg
1本撮影しておきます。ここで家の比較的近くの府中本町という表記を見るのはなんか変な感じがします。まぁ結構な時間かかるわけですが…武蔵野線も一応近くは通ってはいますが駅が無いのであまり馴染みがないですね。

DSCF7054.jpg
5000番台が来ました。JR車に東洋製のVVVFという何回乗っても新鮮な組み合わせに感じますが、しっかり聞いてみると意外と音は小さめというか車内には響いてこないようですね。まぁあまり速くないということもあるのかもしれませんね。

DSCF7057.jpg
武蔵浦和で埼京線に乗り換えます。S・S氏のリクエストで205系に乗りたい(自分もw)ということで運用を調べたところ次の快速が205系のようだったのでそれに乗ろうと思いホームへ。ちょうど対向の待避線にE233系がいたので側面を撮影。まだピカピカで良いですねw

DSCF7061.jpg
うーんなんなんだろう、この風景に溶け込んでいる感じ…w つい数ヶ月前までは無かった組み合わせなのにここまで馴染むとは。。。

このあと、E233系の新宿行きが入ってきて、いよいよ205系の快速と思ったところで、その電車がなにやら異音感知による点検で10分程度遅れるとのこと。駅員さんに聞いてみると今後もさらに遅れる+湘南新宿ラインは横須賀線のダイヤ乱れがあり新宿に速く行ってもあまり意味無い+快速は新宿行きに変更、その次の快速は新木場行きでほぼ時間通りでそれに乗ったほうが良い ということだったので、諸事情あったこともありS・S氏と相談し、205系は諦めることに。ちなみに退避のE233系は待たずに発車していきました…

DSCF7066.jpg
その205系快速が来ました。せめてなんか撮影したいと思い快速新宿表示を撮影。結局20分近く遅れて運行され、あとの快速と続行ということになっていました。

DSCF7069.jpg
そして次の快速を退避するE233系が入線…それにしてももうE233系ばっかりになっていますね。一旦新車が現れると気づかないうちにどんどん減っていきますね。既に205系の倍の数は在籍しているようです。

DSCF7073.jpg
車内LCD装置は横長のタイプを採用しています。西武もせっかく今の時期に導入進めるならこのタイプのほうが良い気がします(東急もそうなので)。

DSCF7074.jpg
来たのはりんかい線の70-000形でした…でも未更新車でGTO-VVVFの音がよく聞こえたのでまだ良かったです。ただ、快速が連続したことで詰まりが発生してあまり速度は出していませんでした。でもガラガラだったので音が聞こえてよかったですwやはり209系の音は良いですね。

DSCF7075.jpg
大崎まで乗車。大崎から1駅山手線に乗り換えます。りんかい線区間運用に就くE233系。正直ここまで急激に増えるとは思っていませんでした。この感じだと横浜線や南武線もあっという間に変わりそうで、気づけば205系は東京から姿を消している(武蔵野線以外)という状況になりそうです…

DSCF7080.jpg
山手線ですが、ホームドアが既に設置・稼動していました。大崎始発・終着用ホームには取り付けられていないので、ホームドアの内側が丸見えです。こんな小さな駅名ステッカーもついてますが、これ欲しいですw

で、降りたときに停車中だった山手線は車内パンパンなほどの大混雑でどうしようかと思っていたら、次の電車は座席が7割以上空いているほどのガラガラ。この後3本連続で電車が駅から出て行く前に「まもなく…」と放送があって次々と入線してきました。なんか面白かったので3本とも眺めてしまいましたw でその後の電車に乗りましたが混雑度は普通でした。
ちなみに、このとき、武蔵野線はダイヤ乱れが発生したようで、告知されていましたが、さらに埼京線もまた異音の安全確認で遅延となっていて、自分たちが乗った後軒並み遅れるという状況になっていました(さらに、山手線もその後に運転見合わせになりました…)。

品川で夕食を食べた後S・S氏を見送り、自分は山手線で高田馬場へ向かいます。この時若干ダイヤが乱れていて時刻表示も消えていましたが、結構な混雑でした。で、新宿で客が入れ替わりましたが、延発整理が入りどんどん客が乗ってくる結果、さらなる混雑になっていました…w

DSCF7084.jpg
高田馬場からはちょうどあった各停本川越行きに20000系でしたが乗車。急行でも良いかなと思ったのですが、高田馬場での乗車待ちの列がすごくなっていたので各停で。乗り場で待っている人の一部しか乗らなかったので一部空席もありました。沼袋で急行通過待ちと上石神井で接続でしたが、上石神井時点でも急行は10両まるまる大混雑で見た感じ、朝のラッシュ時以上でした…w

で、小平で後から急行できた拝島行きの新2000系に乗換。小平では既に空いていたので、田無までで相当降りるということになります。それにしても、武蔵境・田無・東久留米の一帯の乗降客 多いですねw

DSCF7089.jpg
萩山で多摩湖線を待っていると向こうから263が来ました。やっぱり黄色い3ドアは落ち着きますね。それにしても263編成はいつも車体が綺麗なんですが、再塗装を頻繁にしているのかな。綺麗な黄色い電車はかっこいいです

DSCF7090.jpg
この時間帯だと(というよりいつもですが)車内はガラガラで抵抗制御の音がよく響いていました。
この後は武蔵大和で下車して家に帰りました。

前回の伊豆急に引き続き、自分もあまり乗ったこと無い路線、地域に行けて楽しかったです。自分だけだとどうも近場になってしまいがちですが、こうやって比較的遠出するのもなかなか良いですね。

DSCF7092.jpg
久々に「本日の戦利品」を紹介。駅名キーホルダーを守谷で購入しましたが、購入しようと聞いてみたら「ピンバッジとか記念乗車券とかもあるよ」と駅員さんが教えてくれたので、1種類ピンバッジを購入してみました。数人の駅員さんがいましたがどなたも気さくな感じで、なんだか良いなと感じました。おそらくみなさん自分たちの鉄道が好きなんでしょうね。
あ、左上の2種はS・S氏がお土産でくれたものです。

東京散策の方は以上です。

続いて・・・南海10000系と、7100系現塗装を組み立てたので画像を…

DSCF7109.jpg
特に実車を知らないですが、一部のサザンは和歌山港駅まで行くそうなのでその方向幕を貼り付けました。

DSCF7110.jpg
側面。先頭車のみ側面方向幕ステッカーがあります。これはおそらくBトレとしてはまず先頭車2両で販売+旧塗装は2両しかないので2両で販売 ということの名残かと思われます。

DSCF7111.jpg
側面。実車には先頭車を中間に改造した編成と新規製造した編成の2種類があるようですが、製品は新規に中間車を製造した編成がモデルとなっています。

DSCF7112.jpg
先頭車と側面の窓配置が結構異なっていますね。

DSCF7114.jpg
続いて7100系。旧塗装は以前購入し組み立てましたが、この7100系は去年静岡で購入して以来1年放置していました。

DSCF7115.jpg
側面。車番は白地に印刷されていて、これを帯の上に貼り付けるというパターンになっていました。

DSCF7116.jpg
中間は実車と同様に車端部の窓数が左右で異なっています。近鉄などでもありますが、どうも違和感がありますw 特にBトレで再現するとだいぶ違和感ある気がしますw

DSCF7118.jpg
この2形式で併結されるようですね(+7000系)。デザイン的には似ていませんが、装置的には同等のようです。

DSCF7117.jpg
こんな感じで併結されているようですね。こういう一般車と座席指定車の組み合わせ、これ利用者的には便利ですが、他には名鉄ぐらいしか無いですね。西武や東武東上線とかはこのタイプが便利そうなんですが…

以上です。これで関西大手私鉄の現役車両を一通り集めることができました。

DSCF7098.jpg
さて、10月といえば鉄道関係は盛り上がるわけですが、Bトレも続々と発売になっています。JR西日本は201系大和路線だけ購入する予定でしたが、あれ?225系も何故か手元にありますw 以前の関空快速の出来が良かったのでついつい。。。ただ今年は去年より出費を抑えることができました。。。

DSCF7102.jpg
西武6000系も予定通り購入できました。3箱買って5両にでもしようかと思いましたが、5直の10000系や東武50070系も4両なのでそれにあわせました。というよりこれで原形の新宿線の前面入ってたらさらに購入しましたが…でも「地下鉄直通対応車」とわざわざ書いてあるのでこれは原形顔の発売もお願いしたいですね。ちなみに西武は会社限定で発売後に一般発売のように一部の量販店でも発売するという方法を以前からやっているんで、今回も既に一部の店で売られているようです。これぐらい大規模に大量製造してくれると助かりますw
ところで、今回フル編成にするには計8箱買う必要があり、先頭が6両も余る計算になります。なら先頭だけ付け替えられるように原形顔も入れて欲しかったなぁと思います。なにはともあれ、まさか6000系が製品化されるとは思ってなかったので良かったです。

さーて、これで5社直通は東武9000系だけです。まぁどうやら今後もイベントなどで販売するようで、個人的な予想としては11月後半か12月ぐらいに東武限定で販売されるんじゃないかと思っています。っていうか販売してくれ東武さん…w


っていうことで以上です。ではまた
22:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2013.10.13 (Sun)

☆2013 第52号☆

こんばんは。

今回の連休最終日の14日は鉄道の日ですね。これがあるので鉄道関係はグッズ販売ラッシュ…もちろん楽しいですが資金が…ねw 鉄道グッズ業界ってあまりクリスマスとかには目立った動きが無い変わりなのかこの時期盛り上がっていますね。
ただ…その鉄道の日はちょうど祝日と重なっているのに祝日授業って何?w 毎回祝日の授業の日は家で自分だけ平日感があるのがどうも気に入らないわけですが(w)…月曜日って祝日が多く(というかあえてそうしてるらしいですが)、ハッピーマンデーとか言われてるそうですが、月曜ばっか祝日にされても授業になるだけでむしろ平日より面倒臭いですねw 

涼しくなったと思ってたらまた暑いですね…土曜日は東京は観測史上最も遅い真夏日だそうで…こんな感じのところから一気に気温が下がっていくのは本当にやめてもらいたいところ…まぁ自然相手に言ってもしょうがないわけですが。

さて今回は「家の庭」状態の立川駅前でのバス撮影と、バスコレ京王バスオリジナル5台セットの話題が中心です。まずはさっと立川でのバス撮影の方行っちゃいましょう。

立川での撮影も何度目でしょうか。完全に定点観測状態になっていますね。自分は定点観測は結構好きなほうなのですが、ブログごらんの皆さんにはつまらない状況になってしまっていますね。もっといろいろ行きたいところではありますが、忙しくもなり近場中心になっています。この日は、久しぶりに授業が休講になったのですが、夕方に用事があったのと、あんまり長時間いても飽きるので意外と短時間ですw

DSCF6845.jpg
早速来たのは立川バスのエルガ標準尺。ここのところよく曙営業所の運行日にあたりますね。こちら側だと曙のバスも撮れますね。

DSCF6847.jpg
西武バスのRM。この代はエンジンがOEMで日野という噂を聞いていましたがどうやらやはり本当だったようで。。。まぁ最近は各メーカーでそれぞれ別個のエンジンを作るよりも複数で同一のものを使うほうがコスト面などでは良いようで。。。うーん、趣味的にはつまらなくなってきたなというのが正直な感想

DSCF6848.jpg
結構目にする立川バスのMPノンステ標準尺。まぁ立川バスはダイヤ固定なので、同じ時間に撮影していれば同じバスが来るので当たり前っていえば当たり前ですね。

DSCF6852.jpg
立川バスエルガミオ。ナンバー的にはベテランの方のエルガミオですが、エルガ系は今もデザインがほとんど変わっていないのでベテラン感はあまり感じませんね。

DSCF6853.jpg
気に入っている西武バスのUAノンステ。やっぱり通常塗装は撮りがいがあります。

DSCF6854.jpg
お、西武バスQKG-MPワンステ。立35に入ってますね。ワンステの方は黒サッシにすると若干高級感が出る気がします。まだまだ西武バス+着色ガラスには違和感を感じます。

DSCF6855.jpg
立川バスのエルガノンステ。ナンバーが2014ですね。来年の年賀状に…しないとは思いますが、なんか使いたいなぁと思いますw

DSCF6862.jpg
久米川行きの西武バスRA。戸袋窓とドア窓にいろいろステッカーが貼ってあってごちゃごちゃした雰囲気ですねw ところでこの久米川行きはもともと本数も立35より多いですが、加えて東大和市⇒久米川の便もあるので、いつも八坂付近で見かけると1台見て2つ先のバス停にまた1台・・・じゃなくて続行で2台連続 とか結構見かけます。。。

DSCF6864.jpg
立川バスのAA。緑のラッピングなので三井OPパークかと思いましたが、三井不動産のラッピングでした。

DSCF6865.jpg
西武バスのUAワンステ。今活躍しているバスの中では一番バスらしいスタイルをしているかなと思います。以前は乗るときはこればかり来てつまらない感じでしたが、最近はあまり来なく逆に乗りたい時ありますねw

DSCF6867.jpg
東村山行きのAPノンステ。これが最初に登場したときにはやはり違和感を感じたんですが、今では見ない日はないというか…ちなみに小金井街道を移動していると本当にAPかMPばかり来ますw

DSCF6870.jpg
立川バスの長尺MPワンステ。

DSCF6873.jpg
イオンモール行きの立川バスAA。立川駅からだと一番早く行けるバスですが本数が多くないためかそれほど利用客が多くない感じがします。

DSCF6876.jpg
ちょっと移動してみて撮影。西武バスのAP2067。久々にここで撮影してみようと移動してみましたがやはりあまり良くない感じ。系統番号が無いので営業所発のバスですね。乗客ほぼいないです…w

DSCF6881.jpg
多少ぶれていますが東村山行きのQKG-MPノンステ。3連続AP/MPということになりますが別にそんなに珍しいことでは無いですね。今は立川には9台いることになりますが、もともとそんなに大きな車庫ではないので結構割合が高いということになります。

DSCF6882.jpg
連続して久米川行きAPノンステ。ところで久米川も市内ですが、そんなに馴染みがないというかなんというか。駅の周辺は東村山より元気がある感じがしますね。ただダイヤ乱れ時に真っ先に切られてしまう駅というのがちょっと大変な感じがします(ちょうど小平と東村山の間なので)

DSCF6886.jpg
西武バスRAノンステ。こんどこそ三井OP入間のラッピングですね。個人的にはこのラッピングは土日の三井OP行きのシャトルバスに入るバスにしたほうが面白い感じもしますが、一般路線専門車で宣伝と言う思惑かな…w

DSCF6887.jpg
おお!立川バスの7Eツーステが来ました。曙に唯一いる7Eですね。ドア側を撮影できるのはあまり無いのでラッキー。この頃の立川バスは側面表示機が中扉より後ろにあるのが東京では珍しいことかな。

DSCF6890.jpg
歩行者待ち中にもう1枚。7Eツーステといえば東京では比較的多く残っていたバスですが、既にほぼ引退してしまいました。この立川バスもいつまでかは分かりませんが、曙なので最後の方まで残れるかもしれませんね。

DSCF6894.jpg
立川バスの777がやってきました。

DSCF6895.jpg
京急リムジンの三菱の新車。前面ナンバーがずれて配置されていますが、確か中央部にはセンサー的なのがついているためだったかと思います。なんか変な感じがしますねw

DSCF6897.jpg
西武バスのRAノンステ、開催中のスポーツ祭東京2013ラッピングですが、もう少しで大会も終了するのと、とりあえずオリンピック招致も成功したことなのでラッピングも終了の方向かなと思います。

DSCF6900.jpg
立川バスのエルガJ。某雑誌に珍しい車種として紹介されていましたが、やはりかなりの少数派のようで、半分以上が立川バス導入のようで。。。

DSCF6907.jpg
最後に立川バス名物?の後ろ半分ラッピングでブレーキランプ部のラッピングが四角くくりぬかれているような雰囲気のエルガ後部を撮影。ちなみにMPだと普通にラッピングされています。一応2種のラッピングのうちのエルガだけこうなっていて、他の車種や他のラッピングだとこうなっていません。意外とよく来るので…と思っていたら撮影中1台だけでした。。。

立川の方は以上になります。

続いて…

DSCF6941.jpg
京王バスオリジナル5台セットを手に入れました。京王れーるランドのリニューアル大規模化完了と、100周年を記念して発売された限定バスコレです。一応告知では2000個(実際はもう少しあったっぽいですけどね)という少数生産でした。復刻塗装のMPということで手に入れたいと思っていたので、無事納車することができよかったです。価格はやはり高めかと思えば、通常版の定価や全国バスコレの定価より安いという珍しい感じがする限定セットですw
では1台ずつ紹介しますね。

DSCF6927.jpg
まずは、旧路線カラーです。塗装も綺麗に入っています。前面フォグが無い仕様のバンパーにはさすがにならなかったようですが、色が入ってないので目立たなくしてあります。唯一実車を撮影できていない塗装ですが、こいつは調布のだそうです。もう1台は中野所属だそうでそちらはバンパーが黒になっているようです。

DSCF6928.jpg
後部。ちなみにこの復刻塗装は2台で両方とも都心所属ということでまぁ撮影するのは大変だろうな。多摩地区に無い上に他より1台少ないのは西東京バスとの似ていて誤解される可能性もあるからなのかな。

DSCF6926.jpg
続いて…一番気に入っている旧路線カラー。お、これは府中営業所(B)ですね。しかも武73の学園通り経由の府中駅行きです。Gじゃなかったけどよくみている系統なので良かったです。ただ、最近になって前面の表示がすこし変更になっていて、これは従来の方です。

DSCF6929.jpg
後部。この塗装は府中と小金井と中野所属のようです。バスコレでもかっこいいですね。

DSCF6930.jpg
続いて…初代ワンロマ塗装です。箱の説明によるとワンロマのこの塗装は1年しか導入されなかったようで、当時から珍しかったようです。桜ヶ丘所属の八王子ナンバー車で、立川で撮影したやつですね。

DSCF6936.jpg
後部。この塗装は多摩・桜ヶ丘・永福町に在籍しているようです。

DSCF6931.jpg
復刻塗装車ラストのワンロマ2代目塗装です。ワンロマとしては2代目ですが、それまでの貸切・高速バスカラーを取り入れたようです。南大沢所属のバスが製品化。府中のバスを撮影したことがあります。

DSCF6934.jpg
後部。復刻塗装で唯一の白基調の塗装なので逆に目立ちます。この塗装は南大沢、府中、八王子です。

DSCF6932.jpg
5台目は、京王の名物だった7EのRNです。これは、京王れーるランドで展示されることになった(もうされている)車両です。まぁバスコレ的にはミニバスコレの金型を再利用ということですが、前後の方向幕部が改良されています。箱書きによると最大で88台もいたようですが、既に全車引退しています。

DSCF6933.jpg
ちなみに通常品ではこの京王顔の電鉄カラー、そのシークレットで通常顔の電鉄カラーが発売されています。これが展示されてるってことなので早く見てみたいなぁと思っています。

DSCF6938.jpg
以上の5台です。ところで今回の製品を見てみると全体的に色が結構濃いめで、実車のように新車っぽくて結構気に入りました。これ、今回だけの限定品じゃもったいない気がします。れーるらんどで常時置いておいても良さそうな気がw それと、京王さんこれの続編で、MPのバスカラーと電鉄カラーも出しません? そっちは2台セットで是非w

DSCF6917.jpg
ところで、この製品にはオマケのシールがついていて、武蔵小金井駅南口もありますねw 側面の小さな表示まで別々に用意されています。

せっかくなので実車の画像を掲載しておきます。

DSCF4682_201310132108390eb.jpg
旧路線カラー。

DSCF6390_201310132108487e7.jpg
旧ワンロマカラー。

DSCF4624.jpg
2代目ワンロマカラー。

2010_08070176_2013102123234548f.jpg
RNは電鉄カラーしかありませんでした。それと旧路線カラーの1色目も未撮影。RNはもう無理ですが、復刻塗装撮影したいなぁ。

DSCF6967.jpg
家にある京王のバスコレと並べてみました。2代目ワンロマカラーと高速バス。この高速バスの塗装を採用したということです。

DSCF6963.jpg
RNの電鉄カラーとバスカラー。ところでミニバスは第1弾以降出ていませんが、ここのところまたバスコレの勢いが増している感じがするのでこれにあわせて続編を期待したいですね。エアロミディとか、ポンチョとかあれば全国バスコレにも使えますし「全国コミュニティバス」とか(無いかw

DSCF6964.jpg
旧路線カラー。旧路線カラー、シンプルですが良いですよね。

DSCF6966.jpg
オマケ。西東京バスと並べてみました。似てますねw ちなみに西東京バスにはMPは入っていませんが、西東京バスでMPが導入されるとこうなりますw

以上ですが、京王れーるランドオープン記念でいろいろ売られていたようで。。。

DSCF6942.jpg
入場券も入手。後ろに番号が振ってありますが、1000以降でした。結構買われたようです。うーん、実際多摩動物公園駅で入場券を使うことは無さそうですねw

DSCF6943.jpg
あと7000系の缶も入手。7000系の動物園ラッピング車の缶で中にはジグソーパズルが入っています。こういうのは菓子が多いので意外ですねw それにしても7000系商品がここまでいろいろ出るようになるとは。

DSCF6944.jpg
おそらく子どもでも簡単に出来るようになっているようで、こういうパズルは苦手な自分も作ってみました。側面のラッピングの動物が周りに描かれていて、なかなか良い感じw

以上です。今度れーるランドの中にも入りたいですね。実車展示もみたいですね。6000系、3000系、5000系は特に。それにしても…以前は比較的地味な感じでしたが、車両展示があってしかも外からすこし見える…動物園行って⇒れーるランドみて⇒京王線乗って帰る。いい仕事してますね京王さんw しかも動物園ラッピングの電車グッズ売ってますし。。。 これ逆にれーるランド目的⇒ついでに動物園もできますね。

では以上です。
あ、ところで、ホームページの更新を再開し、手始めに京王と伊豆急を更新しました。この調子で一応ちょくちょくと更新していくつもりです(つもりなので実際出来るかは不明ですが)。

さて、Bトレの名鉄2200系を通販で購入~。名鉄といえば去年は1200系を出していますが、今度は2200系ということで。まぁ特別車と一般車1箱ずつですが、家にある3300系を3150系に変更して併結させたいところですw ところで名鉄系は限定品もジョーシンで販売する場合があるので意外と静岡でも手に入れやすいことが多いです。 それとJR西日本も去年に続いて出すようで225系新快速と201系の大和路線。火曜日に通販開始ということでこれも大和路線のほうポチッとしたいところです。うーん、今年も代々木の公園でやってくれればふらっと行こうと思ったんですけどね、日比谷は遠いなぁと。。。それと並ぶのに時間がかかるので通販あるときはポチッのほうが楽ですかね。西武6000系も先行販売中~水曜日の発売が楽しみです。西武の場合は毎回会社限定で出したあとに一般でも販売するので今回もその流れになるかもですね。

ではまた
21:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013.10.05 (Sat)

★2013 第51号★

こんばんは。

やっと夏が終了の方向になりましたね。台風過ぎてからは一段と秋っぽくなりましたが、まだ30度近くまで上がることがあります。その中で金・土と気温18度程度ということで差が激しいなぁ…w。最近、こういう突然の気温変化多い気が。

ところで、発売検討中と言われてたBトレ東武9000系が、一切の告知なく、横浜の鉄道イベントでサプライズ発売されたそうで…限定品でも事前に分かるのが通常なんですが、完全なサプライズ。先行発売なのか、あえて何も告知しない販売方法にしたのか よくわかりませんが、イベント以外でも発売をお願いしたいですね。というより東上線沿線での発売か通販もあると嬉しいんですが・・・(とはいえ、10月~11月はBトレ発売ラッシュなので是非それ以外の時期に(汗 )

ではまずは携帯でちょっと撮影したのを…

国分寺駅まで行ったときに時間があったので銀河鉄道のバス停まで行ってみると、ちょうど車椅子マークの表記がある時刻(15分間隔でうち1時間1本が車椅子マークつき)で日野レインボーノンステ(観光マスク)がきそうだったので待ってみましたが…

DSC_0290a.jpg
ってあれ? 完全にツーステップのエアロミディが来ました。まぁ検査かもしくは、いつもならここで数分待機するはずが時間が過ぎてからきたので遅延で運用乱れだったのかもしれません。ところで、ここで2人降り、1人乗って出発という過疎な状況…バス停も地味な位置ということもあり、またあまり知られていないのか、特に国分寺駅よりの区間では誰も乗っていないことも多いです。縦バスの一員ともいえる路線ですが、国分寺駅北入口から小平行きの西武バスもあり、乗客数的にちょっと寂しい感じがします。まぁこの会社はバス好きの社長さんが作った会社らしいということもあり、乗客が少なくても本数を減らすということは当面なさそうですが、もう少し盛り上がって欲しいなぁと思います。
ここで撮影できそうなので時々覗いてみたいと思います。ちなみに画像の車両と、もう1台エアロミディ、8E2台と、日野レインボーノンステ1台の5台が専用車のようですが、日中は4台で運行されています。
ところで、先日新青梅街道で、銀河鉄道バスカラーのエルガミオが走っているのを見かけましたが、ナンバーもかなり新しく新車か中古で入ったのかな。
それと、いろいろなところから中古バスを持ってくる銀河鉄道ですが、静岡市内で競輪輸送でよく見ていた、セイシン観光のエアロバス(?)が塗装そのままに特定輸送で走っているのを目撃。予想外すぎてびっくりしましたw 東京から地方への車両譲渡はよく見られますが、逆でしかも静岡でも滅多に見られなくなった車種ということで、これも社長さんの好みなのかもしれませんねw

続いて、まぁ前期もあった「学校の用事で」シリーズ?で、東松山周辺で用事があった帰りに、ちょっとだけ時間があったので、静岡では御用達だったアピタがあるとのことでよってみたら、高坂駅行きのバスがあるということで、見てみたらちょうど時間だったので見ることができました。

DSC_0294a.jpg
川越観光バスのエルガミオですね。ちなみにここ駐輪場で、バス停だけポツンと置いてあります(最初は待機場所かと思いました)w 大体30分間隔っぽいですが、結構乗っていました。まぁシャトルバスというよりは普通の路線バスのようです。駅から比較的遠いので車以外だとこのバスしか手段はないこともあってか、こういうバスの割には結構乗っていました。

DSC_0299a.jpg
後部も。増設ランプがあるタイプで、これは東松山駅で以前撮影したことがありますね。それにしても天候悪いですねw ちなみに東松山駅も通りましたが、以前撮影したときにはいなかった、この塗装のエルガワンステがいました。大型もいるようで…それと駅前の丸広はなくなり服屋になっていてすこしびっくりしました。
あ、ところでアピタですが、所は変わっても全体的な雰囲気は共通で、値札のフォントや配置が静岡のアピタと同一で懐かしい感じでした。

続いて…
2年になってからちょこちょこと新宿へ出る用事が多くなってきているのですが、授業が早めに終わった+用事がある時間までは多少時間があったので、以前使った若葉台から京王線で行って撮影でもしていれば、趣味活動も兼ねられていいんじゃね と考え若葉台から京王線にのって新宿へ行くことに。途中、ダイヤ改正日に撮影した笹塚で撮影することに。

DSCF6730.jpg
電車を待っている間に9030系が下り回送で入線してきました。この回送が上り線を跨いで車庫に入りますが、これの直後に上りの快速が入ってくるので案外時間がなく、遅れると響きそうですね。ところで、この9030系のE231系ドア、何回みてもどうも気に入りません…w
この後は9030系の快速で笹塚まで直行します。調布での特急2本接続ですが、改正後に何度か乗っていますが以前に比べて、調布ですぐの特急には乗らずに2分後の橋本特急を待つ人も増えたように感じました。相模原線内の乗客も見た感じ快速より乗っている人が多い感じがしたので、今回の橋本特急は結構利便性の向上になった気がします。

DSCF6739.jpg
笹塚でホームの調布よりから撮影します。ここはある程度ホームの幅も広く田無のように気軽に撮影できます。新宿駅にホームドアがついたことと、そもそも地下なので京王を撮影するときはここかな。ちょうど都営の10-000形後期車が発車するところでした。

DSCF6740a.jpg
特急の9030系。9030系は本数にだいぶ余裕があるのか、都営新宿線直通運用以外の線内運行にも普通に運用されています。うーん、それにしても特急の色は微妙な色でカメラとの相性があいません(汗

DSCF6747a.jpg
快速でつつじヶ丘で接続した7000系前期車。最近前期車はあまり撮影できていないですね。こっちのほうが気に入っているんですが。。。最近10両固定も出てきているんで撮影したいのですが、まぁ今後は京王では7000系前期車を狙っていきたいですね。

DSCF6748a.jpg
続いて区間急行新線新宿行き。この「新線新宿」表記になって8ヶ月ぐらい経っていますが、やはり本八幡行き表記のほうが分かりやすいなぁと感じます。まぁ種別変更になる駅までの行先は京王らしさが出ていますが、分かりづらい気がしますね。

DSCF6753.jpg
さっきの各停はここで区間急行と接続してから発車します。京王線新宿へのアクセスも考えられた接続で、こういうのは便利に感じますね。前期車では当たり前の方向幕ですが、やはり幕はいいですね。以前はあまり感じませんでしたがLEDが増えると「幕が良い」と言っている意味がなんとなくわかるようになりましたw

DSCF6759.jpg
都営新宿線名物?の10-300R形。何度見ても側面の違和感が…w これ今後も当面こうなんですかね。こんなに先頭と中間で違いがある電車もそうそう無いと思いますw

DSCF6760.jpg
続いて来た2連続特急1本目も9030系。京王はここに来る電車は21本+笹塚始発6本ということで日中に28本も撮影できることになります。次から次へと来る感じがして、それを見るのも楽しいです。

DSCF6762.jpg
2本目は8000系。2分差で特急が来るのはやっぱりすごいですね。まぁ逆にダイヤ乱れ時にはこの2連続特急が1本削られることが多いんですが。。。

DSCF6763.jpg
次の各停は8000系。ところで京王は全車VVVF化が完了しましたが、次の動きは8000系の更新に入るのかなと予想しています。既にVVVFが試験的に更新されている編成もありますが、更新でIGBT-VVVFに更新される可能性が高いですね。

DSCF6764.jpg
快速も8000系で3連続8000系。あと車内も内装が更新されると思いますが、気になるのは4+6の連結部分ですかね。既に分割する運用は無いので10両固定にしても問題ないので、運転台等撤去+貫通させる可能性もあるかなぁと思います。

DSCF6766a.jpg
10両編成の笹塚折り返しの本八幡行き。都営車の10両も急行以外に各停にも入るようになったんですね。今のところ全編成が10両になるわけではないようですが、10両が増えると京王線直通運用も増えそうですね。

DSCF6768.jpg
7000系後期車の特急。お、方向幕車ですね。やっぱり良いですね。どうやら10両固定編成がフルカラーLEDでそれ以外は幕で残っているようですが、意外と少なく(逆に言えば10両の運用数が多い)感じますね。

DSCF6769.jpg
はい、次から次へと電車が入ってきますw 9000系の各停。個人的には30系よりはこちらのほうが好みです。7000系との併結10両も撮影したいですね(9000系側は撮影したことはある)。

DSCF6771a.jpg
待機中の10-300R形と入線してくる区間急行9030系。こうやって無理やり撮影することができます。ところで都営といえばあのE233系2000番台そっくりの10-490編成が運用開始になったようですね。小田急4000よりもそっくりでスカートと色を変えればE233系と同じな感じがするデザインのようで、うーん撮影してみたいですねw区間急行が入線してきます。うーん乗るなら9030系ですが、都営車の運用ももう少し増えると面白いかなと思います。

DSCF6772.jpg
区間急行だけで

DSCF6773.jpg
8000系特急。京王も車種は少なく同じ車種の撮影が多くなり、ブログ的には面白くない感じもしますが、自分の場合そもそも京王は好きな路線なので飽きません。両親ともに通勤で京王使っていましたし、生まれてから最初に生活していた場所が永山なので、まぁ自分が鉄道好きなことにも少なからず関係している路線なので。

DSCF6776.jpg
7000系後期車の特急。今度はフルカラーLEDの編成です。

DSCF6777.jpg
8000系各停。

DSCF6782a.jpg
10-000形のスカートつき編成が入ってきました。スカートつき編成は実は初撮影です。意外とスカートありも良い感じです。最近これは8両ということもありあまり京王線に入ってきていないようですが、1回高速走行する10-000に乗ってみたいですね。

DSCF6784.jpg
快速で来た9030系を撮って撤収。せっかくなので本八幡行きに乗車し新線新宿へ行くことにしました。

DSCF6785.jpg
先ほどのスカートつきの10-000形で新線新宿へ。この特徴的なドアの取っ手は以前乗ったのと同じですが、車内の壁紙が明るい編成でした。これは最初からなのか更新したのかわかりませんが、細かな仕様が結構ありそうですね。

新線新宿から新宿方面へ移動してみると、なにやら見慣れない京王バスが…あれはもしかして…

DSCF6800.jpg
こいつでした。突然導入されたエルガハイブリッドです。なにやら突然いすゞが入ったという噂を聞いていましたが、確かに京王はしばらくいすゞを入れてないのでこいつが入るとは思ってませんでした。都庁行きのバスで発車したところを撮影。撮影できるとは思わなかったのでラッキーでした。ところで後部や側面に西武バスと同じ「CLEAN DIESEL&ELECTRIC MOTOR」の表記がありました。この文字はいすゞ側が用意した表記なのかもしれませんね。

DSCF6802.jpg
用事が済んだので戻ります。この次の快速に乗ることにしてこいつは見送ります。何故か撮影している人が数人いたので撮影してみましたが特に何の違いも無い8000系でした。

DSCF6809.jpg
1番線にもホームドアの機械が取り付けられていました。まだ稼動しておらず警備員が立っていました。

DSCF6818.jpg
っていうことは2番線ももうすぐ取り付けられるのかな。特急橋本行き8000系ですが、結構各ドア前に並んでいる人が多かったです。以前のは利用客が少なかったようですが、相模原線内は急行と停車駅が同じということと調布で快速に乗り継げるので意外と乗る人が多い気がしました。

DSCF6821.jpg
次の各停も8000系。ちなみにこいつは車内がLED証明の編成でした。実は車内が普通の8000系より明るいので一目でわかるようになってます。2枚前のより車内が明るいですね。

DSCF6825.jpg
特急の高尾山口行き7000系。

DSCF6826.jpg
未稼働のホームドア恒例のドアが閉まっていてもホームドアは開いているという画像。

DSCF6834.jpg
この後の快速に乗車し若葉台へ。7000系後期車でしたが、車内の表示機を見ると…おっと、これは以前8000系で見かけた3色LED装置の表示窓を利用したミニLCDが7000系にもついていました。ということは今後本格採用されていく可能性がありますね。これ4言語の表示が出るんですがせっかくなので4種撮影。まずは英語(アルファベット)。

DSCF6835.jpg
ハングル。こういうのはなかなか3色LED表示機では出せないので(とはいえ京急の駅の表示板では出していますが)、見やすいLCDを生かした表示かなと思います。

DSCF6836.jpg
中国語。快速の前に普通とあるのが特徴ですかね。中国語だと快速の変換だけだと意味が伝わらないのかな。

DSCF6837.jpg
そして日本語。3色LEDだとスクロールで出さないと出せない表示が、文字が小さくでき、かつ見やすいLCDなのでこのスペースだけで表示が出来ます。ちなみに、画像だと白い部分は案内がスクロール表示されます。これだと構内図などは出せませんがそれでもLEDよりも良いかな。多少ごちゃごちゃした感じもしますが、既存の設備をすこしでも活用できるのでコストも抑えられるのかもしれません。個人的には西武9000系と20000系にはちょうど良いかと思います(表示機の劣化が激しいので)。

DSCF6839.jpg
で乗った7000系ですが、幕車だったので、側面表記を撮影。京王といったら間にランプを挟んだ独立しているタイプですね。良いですね。

DSCF6842.jpg
駅のバスターミナルに小田急バスエルガが停車していました。行きにはQKG代の側面が立川バスと同タイプの黒い塗装があるMPも見かけたのですがいませんでした。ちなみに小田急でも西武と同じようにLEDの増設ランプがつくようになりましたが、西武とちがい青色で、バンパーではなく車体に取り付けてあります。小田急は撮影機会も多くないですがいずれ撮影したいです。ところで小田急はICカードステッカーではなくPASMOステッカーがそのまま使われているようです。

京王のことは以上になります。

最後に阪急6000系Bトレの紹介です。

DSCF6718.jpg
6000系として発売されましたが、7000系更新車のステッカーもあったので、なんとなく7000系未更新車にしました。といっても車番が違うだけ(Bトレでは)です。で側面が未更新の車両の車番はこの12しかありませんでした(厳密にはこれもクーラー形状が変わっているらしい)。

DSCF6714.jpg
側面。7000系更新車のものとあまり変わりませんが、ドアの窓の大きさが通常タイプになっています。

DSCF6715.jpg
中間。中間もドア窓が通常タイプであとは同じです。

DSCF6721.jpg
更新車との比較。こう見るとライトの配置などの全体的なデザインは似ていますが、窓などが別形式のように更新されていますね。未更新顔でも別に古い感じはうけないですね。

DSCF6722.jpg
屋根。冷房装置が変わっているっぽいですね。冷房装置となると違いがよくわからないので、自分はそれほど気にしてないです。

DSCF6723.jpg
側面。ドア窓の大きさはBトレだとわずかですがそれでも違いますね。ドアの更新は関東だとあまり例がない(東武9000系・10000系ぐらいかな)ですかね。

DSCF6724.jpg
旧塗装6000系として発売されたものとの並び。スカートを取って車番を変えて別形式ということにしてあります。実際どちらも存在(6000系以前の車両は新塗装されてないようで)していますね。阪急Bトレは何種か発売されていますが、基本的には顔を変えるだけでBトレでは対応しているようです。じゃあオマケでつけて欲しいですね。

最近は、東急8000/8500系、113/115系の例があるので特に。。。評価はしません。阪急はあと前面ライトが上部にだけついているちょっと前の車両と6300系が欲しいですね。6300系は静岡でも一般販売されていたのに、パスしてしまいまして…完全に買わずに後悔ですね。。。

ところで、武蔵小金井に留置されていた211系ですが、現在は2本(3両×2の6両が2編成)いるようですが、そのうち一本が新長野色になって留置されています。初めて実際にあの色を見ましたが結構良いですね。このまま試運転等で使われるのかもしれませんね。車体もピカピカになっています。中央線立川での211系も見られる日が近いかもしれませんね(その代わり115系が消えるということになりますが…)。個人的には豊田配置は今までの115系みたいにスカ色だったら面白いと思いますね。まぁ共通化で新長野色というのが現実的ではありますが…

それと、ホームページの全体的な更新も一応再開することにしました。頻度は高くないと思いますが、更新休止以降撮りためた画像をちょこちょこと入れていくつもりです。

では以上になります

ではまた

17:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.23 (Mon)

★2013 第50号☆ 伊豆急(後半)

こんばんは。

前回の続きで後半となります。前半からの続きですので、先に前記事の前半をお読みいただければと思います。

では早速掲載していきます。

DSCF6574.jpg
熱海から伊豆急下田行きの8000系で伊豆高原まで移動し伊豆高原到着後からの画像です。乗ってきた電車は伊豆高原で後ろより3両を切り離し。その後発車していきましたが、すれ違いのリゾート21黒船電車2100系。もちろん撮影は初めてとなりますが、数人が撮影していたので、これ1枚だけで発車していきました。これは普通の熱海行きなので通常切符で乗れるわけですが、とりあえず外観は特急みたいですし、初めての人は驚きそうですね。まぁ一般的にはこちらに乗りたいということが多いと思いますが、自分の場合はこれより8000系ということになりますw

DSCF6579.jpg
乗ってきた8000系の伊豆急下田行きは後ろ3両が伊豆高原どまりということでここでおいていかれます。中間に入ってた先頭車は先頭車化改造車でした。まぁこのMcに乗ってきたわけですが。ライトも原形とほぼ同じですし、貫通扉も一応用意されほとんど違和感を感じない出来となっています。東急はこの後の譲渡車両ではより簡素な改造になりつつあるので、これはしっかり造ってあって良いですね。ちなみに外観上最も違うのは急行灯が無いところです。

DSCF6581.jpg
伊豆急は滅多に乗れないというか初めてなので、悔いのないように8000系を撮影しますw。先頭車化改造部。上部のコルゲートが残っていることもあり違和感はあまりなく、気づかれないような雰囲気になっています。

DSCF6587.jpg
トイレ設置による窓埋め部を撮影。またBトレネタになりますがここはステッカー表現になる部分です。ところで4扉通勤車へのトイレ設置は最初は見た目に違和感を感じましたが、今ではJRでも209系、205系で行われていますし、西の103系の一部でもあるようで特別珍しいものでもなくなりましたね。

DSCF6590.jpg
伊豆高原には検車区があり留置されている車両を見ることが出来ますがほぼ8000系でした。奥に停車していた先頭車化改造McとM車の2両を撮影。編成をばらされているところは大手ではなかなか近くで見られないことが多いのである意味貴重ですかね。

DSCF6595.jpg
で次の電車の踊り子が入ってきましたが…あれ?これは「あかぎ」とかで使われている色のほうですね。違和感がありますが、これも田町のところの車庫がなくなった影響のようで、大宮の方の185系の一部編成と共通運用が組まれるようになり、こういう逆の電車が入ってくることが起きるようになったようですが、なんかこれで踊り子は変な感じ…

DSCF6596.jpg
とはいえ、そのあかぎをなかなか撮影することはできないので、側面も撮影しておきます。ところでこの日撮影は出来ませんでしたが懐かしい緑のストライプのリバイバル編成も見ることが出来ました。自分は踊り子というとあの旧塗装に馴染みがありますね。

DSCF6599.jpg
でさっきのはすぐに対向の踊り子が来て発車するつもりだったようですが、この日はSVO踊り子が熱海に16分遅れて到着したことで全体的に遅れが拡大したようで、しばらくこなそうだったので、8000系の反対側を撮影。でもやっぱり本物の前面のほうがかっこいいですね。ところで運転士も車掌もいないまま放置されていました。大手だとあまり見られない光景(というより駅でこんなに長時間停車してない)だなと感じましたねw

DSCF6602.jpg
遅れていた踊り子がやってきましたがそちらは通常の踊り子塗装。ここでこんな並びが見られるとは。ところで185系は駅進入から発車まで終始あの国鉄車らしい音を出していて113系を思い出しました。ところで、この駅の発車放送の声は関東バスの新宿駅の「まもなく発車します」と同じ声で違和感がw 接近放送も東武の駅のメロディと同じものが使用されていました。

DSCF6605.jpg
車庫に留置される8000系。うーん東急のステンレス車好きとしてはたまらない光景ですw この塗装も気に入っていますが、晴れている中でこの塗装は明るくて良いですね。

このあと、駅隣接のやまもプラザというところで昼食等。まぁ伊豆ということで魚だろうということで、刺身は食べられないので焼き魚を食べました。こういうところで刺身嫌いなのは損してるなぁと…w 自分は嫌いなものがおおいのでいつも人生損してるなぁと自分で思いますねw
で、乗るのが目的だったので今度は引き返す(+長居すると自分が帰れなくなるw)ことにしますが、乗る電車の1本前の普通があのリゾート21の旧100系塗装車らしいので撮影したいと思ったのですが、改札や駅の管理上 混雑や誤乗防止の為、乗る普通電車の1本前が出ないと入れない(特急がある場合は、特急と直後の普通は同時に改札)とのことだったんで(その代わりそれが発車したらすぐ入場してOKとは言われましたがw)、ちょっと待機してホームへ。

DSCF6609.jpg
乗る電車はここ始発で1番線発着ということで1番線に行きましたが既に電車が入線していました。まぁ発車まで時間あるのでその間撮影。見える範囲で5本の電車がいましたがすべて8000系(中間2両のみ黒船電車もいた)でした。なんかゆったりしていて、西武秩父に似た雰囲気に感じました。

DSCF6614.jpg
乗車する8000系。スカートが黒い熱海で撮影した編成でした。当駅始発の6両でしたが、この時ほとんど乗客は乗っていませんでした。もちろん運転士と車掌さんも…この放置されてる感がなんとも…w

DSCF6616.jpg
おっと駅名板を撮影していませんでした。ところで伊豆急はこの伊豆高原から先「伊豆○○」が連続しているようです。

DSCF6617.jpg
誰もいないのでドアとかの細部画像もバンバン撮影できますw 東急といえばこのドアかな。このドア、この時代の車両には珍しく開閉時の音が静かですね。8500系も同じで東急の特徴という感じがします。まぁ開閉が豪快な西武線民なので余計に…w

DSCF6621.jpg
先頭の大きな窓。小さい頃、何度も8000系には乗っていたのでこの窓には親近感がw 大井町線、東横線でよく前面展望していました。8000系はこの窓が大きく小さい頃は唯一そこだけが嬉しい車両(それ以外の部分は当時は嫌いでしたが)でした。もう今後はこんなに開放的な電車は登場しないのかな。

DSCF6622.jpg
表示機をもう一度。実際は正しく表示されています。まぁ小さめですが、基本的には普通電車しかないですしこれでもしっかり見えるので問題ないようです。ただ機器自体は老朽化しているっぽいです。。。

DSCF6623.jpg
窓。8000系、8500系の窓はこのように独立(8090もそうでしたね)した窓なんですが、なんだか重そうな造りになっています。ちなみにこの窓は8000系と8500系では大きさが違うそうですが、見た目はそれほど変わらず違いが自分はわかっていません。コルゲートつきのステンレス車は光っていてかっこいいですよね。

DSCF6624.jpg
クロスシート部分を撮影。改造のわりには違和感が無いですよね。

DSCF6625.jpg
東急のマークですが、「IZUKYU」となり色もオレンジになっていますがマークは東急なのでほとんど違和感がなく良い感じです。やはり東急といえばこのマークですね。

DSCF6628.jpg
優先席と思われる座席。これも東横線時代というか今の田園都市線8500系でも残存していたような。この色を見ると3ドアを思い出すのは西武ファンだからなのか。。。

DSCF6629.jpg
車番。まぁ百の位からは番号が変わっていますが「8○○○」、つまり千の位は東急のときから変わっていないので、こういうところからも東急時代のときの頃が思い出しやすいというか、懐かしいなと感じる要因なのかもしれませんね。

DSCF6636.jpg
下田行きの踊り子が入ってきました。これは10両なのでホームいっぱいに停まりますが、10両も停まれるのはさすが観光地と行ったところでしょうか。もうほぼ夕方ですが、まだ下車してくる人が多かったです。さて、そろそろ車内に入ります。この時点でも乗車はちらほらいる程度でゆったりした時間が流れていました…w 

DSCF6642.jpg
東急といえばこの消火器の配置で8500系もこうですね。それと東急車は車端ぎりぎりまで座席があるためか、車端も結構余裕ある3人がけになっています(西武は腕を置ける程度妻面窓と座席が離れている)

DSCF6645.jpg
座席。こちらは中央に仕切りがないようで、これは東横線で通常の赤帯で活躍していた車両なのかもしれません。

DSCF6650.jpg
最近流行のドア下黄色化は行われていません。ここは最近どんどん黄色化されているので、観光地ということもありそのうち行われるのかもしれませんね。

DSCF6652.jpg
東急8000系、8500系というとこの天井のエアコンなどの配置が凸凹している仕様になっています。分散型クーラーなのでこうなっているものと思われます。
発車前に下田行きの8000系が到着(誤乗防止なのか普段は熱海方面行きが使うホームへ入線)し発車となりました。行きと同じように車体を大きく揺らしながら熱海方面へ。ですが、途中のすれ違いで対向列車が5分ほど遅れたため、またぎりぎりの激しい走行になりました。行きよりもブレーキ操作が激しくなり界磁チョッパの音もだいぶ振り回している感じがする音になっていて、まぁ面白かったですw

DSCF6653.jpg
熱海に到着しました。熱海になるとさすがに立ち席が出る程度になっていました。熱海では降車がほぼ完了するのと同時に一部のドアを閉めていました。この電車も車外への放送は無いまま突然しまっていましたw いやー今回何度も言っていますが8000系は良いですねw
ここでS・S氏と別れそれぞれ逆の方向へ帰ります。

DSCF6661.jpg
S・S氏が乗車していった浜松行きの211系+313系の6両。そういえばもうここでJR東日本の211系は見られなくなってしまいましたが、113系と並んで東海道線といえば211系が少ないとはいえ普通に走っていたので、なくなっている感じがしませんね。

DSCF6663.jpg
こちらはとりあえず東京行きに乗車し小田原で小田急へ乗り換えて新宿経由で戻ることにしました。ドアは半自動になっていました。で発車10分ほど前に入線しましたが、発車数分前までこのような状況になっていましたw E231系でこんなに車内に誰もいないのは珍しい感じもします。

DSCF6667.jpg
ドア。まぁ何の変わりも無いE231系のドアですが、閉まっていてもドアの扉の間に隙間が開けてあるのがわかりますね。私鉄や313系ではドア閉め数秒後までこうなっていてその後音がして完全に閉まるという構造を採用していますがE231系はそのままです。ちなみに東武車はきっちりしまっているのでこの辺は方針の違いで異なるようです。

DSCF6669.jpg
3色LED表示機。東海道線系統はこちらで統一(E233系も)となりましたが、むしろ費用はかかってもE233系導入を機にLCDを整備したほうがサービスは向上した感じがしますね。最近はどんどん増えていますし、JRだと情報も多くなるのでLCDが効果的に感じますね。ところでこの表示機、時々「この電車は、東海道線です。 This is a Tokaido Line Train.」と出ていましたが、この駅ではある程度意味ありますが、他の走行中にも出ていて謎でしたw

DSCF6672.jpg
ドアの開閉ボタン。ドアボタンはE233系のは中央線でよく見かけますが、E231系のはなかなか見る機会が無いです。こういうの見ると「再開閉」とかやってみたくなりますね…w まぁやらないですが。
この電車で小田原へ。小田原までは20分程度ですが、熱海から小田原に戻ると急に帰ってきた感じがしますね。ちなみに小田原では小田原始発の品川行きの東海道線が停車していましたが、品川行きはあまり見たことがなく新鮮でしたw

DSCF6673.jpg
小田急へ移動します。切符を購入しホームへ。ちょうど相模大野行きの急行が発車でしたが、3000形の初期編成でした。もう少し早ければしっかり撮れたのですが…2000形と同等のサイズですがドア間の扉配置は1000形ワイドドアと似た感じになっています。まぁこの3000形のほうが独自性がありましたが、すぐにE231系のような標準スタイルに変更になりました。

DSCF6676.jpg
そういえば、小田原といえば箱根登山塗装の1000形ということで、ちょうど停まっていたので撮影。乗車予定の電車の到着が迫っていたので記録程度にさっと撮影。だいぶ派手ですが意外と似合っている気も。

DSCF6677.jpg
側面。まぁそれでも元が青帯1本のステンレスとは到底思えない感じに仕上がっています。せっかくなので内装も変えたら面白い気がしますが、そちらはそのままのようです。で、乗る電車ですが…
乗っちゃいます特急ロマンスカーにw 小田原から乗るなんて滅多に無い上に、そもそも普段は特急に乗るという概念が無いんですが、混雑も気にせず、所用時間も早く、しかもLSE、空席もすこし残っているということで特別に今回は乗ってみることにしました。ロマンスカーは2度目で以前もLSEでしたので2回目になります。

DSCF6679.jpg
後ろから3両目でした。車内に入って思ったのは「車体が短いな」というところで、まぁ11両で20M車7両分ということで結構短めですね。で連接なのでカーブなどではクネクネ曲がるのが新鮮でした。まぁ音はほとんど聞こえてきませんがたまにはこういうのも良いなぁと。秦野、本厚木、新百合ヶ丘と結構停まる特急でしたが、特急から駅を眺めるのもなんか特別な感じがして面白かったです。

DSCF6685.jpg
新宿まで1時間20分程度で到着。さすがに特急は速いですね。新百合ヶ丘でほぼ満席となっていてやはり利用する人が多いんだなと感じました。あともともと小田急は乗り心地が良いですが特急ということで加減速もおとなしめなので、今日は激しい揺れを何回も体験してきたのですごく乗り心地が良かったです。普段特急は選択肢にすら入っていないのでこういう時に時々乗るのは良いかもしれません(料金かかりますが電車関連への投資ですし)。

DSCF6688.jpg
この後は西武新宿まで移動し、新宿線へ。特急が停まっていましたがもちろん乗りませんw その後の急行に乗ります。LED表示機の10000系最新編成が止まっていたので表示機を撮影。まぁ20000系と同世代なのでLEDがすこし老朽化していますね。

DSCF6690.jpg
来たのは20000系でした。普段はこれが来ると違うのに乗っているので実は最近あまり乗っていない形式になっています。まぁ音は独特なんですけど静かすぎて西武線にのっている感じがあまりしません…w といっても車内は西武らしさが残ってはいるんですが。。。

DSCF6691.jpg
急行ですが停車駅ごとに客が降りていく+小平で拝島行きとの直接連絡はなしということでそれ以降はまぁまぁ普通な乗車率でしたが、土日とはいえこの時間は新宿でも結構乗るのですがこれは8両でした。土日は8両が多いですができれば優等系は10両にしてほしいです。

DSCF6692.jpg
最後に西武バスAPノンステに乗車し帰宅しました。
全体を通して初乗車や初撮影が多く、非常に楽しかったです。S・Sさん今回はありがとうございました。また東京散策の際にはよろしくお願いします。

普段から乗っている電車を記録するのも良いですが、自分の好きな電車を比較的遠くまで行って撮影するのもなかなか良いですね。まぁ数は多くはいけませんがこうやって時々は遠出したいですね。
ところでこの日、カメラが行きの熱海のときに既に電池が1(3段階)だったのでヒヤヒヤしましたが、家についたところで電池切れになりました…前日充電したのですが、そういえば前回もやたら電池のもちが悪かったのでバッテリーが老朽化しているのかもしれませんね。

ということで今回は以上ということにします。ちなみに撮影に行くと大体150枚程度は撮影してそこから掲載するものを選ぶのですが、今回は200枚以上撮影しました。どうやら8000系を撮影ということでひたすら撮っていたようですw

では
15:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.22 (Sun)

☆2013 第49号★ 伊豆急(前半)

こんばんは。

前回の連休の台風が過ぎてからずっと快晴が続いていてこの連休はこの前の大嵐とは真逆の穏やかな天候になりましたね。まぁこのまま落ち着いてってことは無いとは思いますが、暑さも一段落して今度は早速寒くなっていくという時期が近くなってきました。暑すぎるのも嫌ですが、東京の冬は意外と寒いので「またあの時期が来てしまうのか」という感じ…今の時期はちょうどいいですね。

まず、鉄道の日のイベントにむけたBトレ発売や、京王れーるランドの完成と限定商品販売など突然一気に様々な情報が出ていますが、その中で気になる動きが西武線にも。まずは横瀬の恒例のイベントに「3003編成さよなら」イベントがあるということが明らかになりました。つまり3003編成が引退ということで池袋線の3003編成が1本目の引退となるようです。ついにこの時が来ましたか、というより本当に3000系がなくなるんだなということを再認識しました…、イベント告知にも3000系の画像が出ていて、3000系が今後はイベントの主力になっていくことが予想されます。一方で嬉しい動きも。このイベント先行発売で6000系のBトレがついに発売となるようです。やっと来ましたか。まぁ駅のTOMONYとか通販もやるみたいで、楽しみにしています。出るのはステンレスの副都心線対応編成だけですが、今後未更新やらアルミやらにも期待したいところ。

さて、今回は珍しく比較的遠出をしてきました…熱海周辺です。実は先週にS・S氏からお誘いがあり、それなら自分も行きたい+日帰りで行けないことは無い ということで一緒に熱海から伊豆高原まで伊豆急に乗ってきました。伊豆急は実は小さい頃に乗ったらしいのですが覚えておらず、また8000系撮りたい+乗りたいと思っていたのですがなかなか実現に至っておらず非常に楽しみにしていました。ちなみに伊豆急8000系自体は2008年に静岡から熱海に行った際に一応撮影しています。
今回、掲載したい画像が75枚程度あり、2回の記事にわけ前半と後半というようにわけて載せたいと思います。

DSCF6433.jpg
というわけで、熱海でS・S氏と待ち合わせることになっているのでそちらに向かいます。時間には余裕をもち早めにでて武蔵大和6時台最後の電車に乗車しました。この時間土日も日中より本数が多くなっています。で、西武遊園地では2線を使い交互発着で本数を多くしているようです(逆に回田信号所は使用せず)。まぁ混雑度は平日の日中と同じ感じで空席の方が目立つ快適な車内でしたw。それでも一橋学園からの1駅では立ち席も出ていました。

DSCF6435.jpg
来たのは春編成でした。検査などで多摩湖線に来ているようで。ところで多摩湖線は何故か遊園地より2両目に弱冷房車が付いているのですが、多摩川線で武蔵境より2両目に設定しているからっぽい(甲種輸送のルートを考えると、多摩川線でそう設定すると遊園地より3両目に弱冷となる)ですね。

この後は中央線の中央特快で東京へ。まぁ土日とはいえ混んでいることは予想していましたが、乗降の回数が多い快速よりはマシなのかもと考えたのと、ちょうど特快があったので。まぁ混んでいましたが新宿までで、それ以降はそれほど混雑せず東京へ。特快なんてこういうときにしか乗らないのですが、まぁ一部は後追いになっていましたが、小金井3駅と三鷹~中野無停車はだいぶ速い感じがしますw

DSCF6441.jpg
東京からは東海道線でひたすら熱海まで移動します。ちょうど熱海行きのE231系がまもなく発車と放送されていたので、まぁ乗ろうと考えていたダイヤより早い電車でしたがそれに乗車。ちなみに運用を調べてみたところコレ以降熱海行きはE233系ばかりなようでここで乗って正解でした。このステッカー、あの南武線より分かりやすいですねw で、東海道というと惰性中心というイメージがありましたが、小田原まではずっと高速走行で、あのE231系名物?の抵抗制御並みの大きな音を出していて面白かったです。なんか壊れないか心配になってくる音をだしますよねw<E231系。途中、平塚でアクティの小田原行きと接続したのと、国府津で4分停車し特急に抜かれたりしたため、1時間55分ほどかかったようです。普段こんなに遠くまで来ないのと久々の東海道線だったのとE231系の独特な音のおかげで退屈はしませんでしたw ちなみに15両全て熱海行きでした。

DSCF6447.jpg
で、小田原からは激しい揺れとカーブを通り抜けて熱海へ。以前乗ったときより速度が高めだったようですが、実際結構山と海のわずかなスペースを縫って走っているので、乗り心地が悪かったというよりそれが伝わってくる揺れでした。西武線とか山手線なら怒りたくなるレベルでしたけどね…w 湯河原までは座席がほぼ埋まっていました。で、熱海では直接4番線に入り折り返し東京行きに。静岡方面へはホーム移動ということになっていました。熱海といえば「ご乗車お疲れ様でした」という自動放送が入りますがこれを聞くと遠くに来た感じがします。

DSCF6448.jpg
で、熱海は今年から停車中にドアを半自動(手動)にするようになり、車内点検終了後も放送で「ドアはボタンを押して」と放送され自動で開けないことに変更したようです。で、あまり乗客もなれていないのか戸惑って時間がかかっている人が意外と多かったです。これが常の八高線ではスムーズですがこうなるには数年かかるかもしれませんね。
この後、S・S氏が乗ってくる電車は1時間先なのでこの間に普段撮れない車両をバンバン撮影していきます!

DSCF6455.jpg
側線に踊り子185系が退避していました。この後伊豆方面からの踊り子が来る前にトンネルの方へ向かい折り返して連結となっていました。185系もこうやって撮ることはなかなかできず、しかもベテラン車ということでおいしくいただきました。

DSCF6460.jpg
まぁとりあえず2・3番線へ移動。ここから伊豆急を狙おうと思いましたが、8000系が停車していました。普通なら「リゾート21が良い」となりますが、自分の場合はむしろこっちをとりあえず撮影できて良かったです。というよりこれを撮影したくて早く来たのでw このあとここに踊り子が入ってくるので一旦下がります。

DSCF6462.jpg
踊り子到着。うーん、こういう細部からもベテラン特急という感じが伝わってくる気がします。古い車両ということでホームとの段差もある程度ありますが、車内には段差が無いところは良いところだと思います。

DSCF6463.jpg
この駅で伊豆急下田行きと伊豆箱根線修善寺行きに分かれます。伊豆箱根線では別料金不要の「快速」での運行となるようです。方向幕を採用した特急も減りつつありますね。これの方が味があって「特急」という感じがするのは自分だけでしょうか。

DSCF6469.jpg
熱海ということでこいつも撮れます。JR東海の313系2500番台の普通島田行き。これを見るのは久々、撮影となるといつ以来なのかな。東京に来てからこれを撮るのはなんか違和感があるというか新鮮というか。ところでこれ3両ですが、15両の電車から下車もあるとはいえ3両になるので、立ち席が出るほどの混雑になっていました。これせめて6両ぐらいにしてあげてほしいです。。。

DSCF6475.jpg
踊り子が発車していったので再び伊豆急8000系。いや~やっぱりかっこいいですね8000系。東京へ来てよく撮影するようになってからいつか撮影したいと思っていた車両の一つです。このデザインを見ると東横線現役当時こいつばっかり来たことを思い出します。パンタが増設されていますが、大きな外観の変化ではないのでそんなに気になりません。

DSCF6478.jpg
編成中間に入っている先頭車の側面を撮影。トイレ設置の為伊豆急譲渡時に窓が埋められています。伊豆急8000系の中には先頭車化改造された車両がありますがこれは本物の顔です。以前は4両と2両で譲渡されたものを後に3両に組み替えたので、編成によりTc-M-Mcの場合とMc-M-Tcの場合があります。どうやらこの3両×2本はどちらも従来からの先頭車を用いた編成になっています。

DSCF6480.jpg
313系の側面表記を撮影。JR東日本は209系から側面表示機は車体の中央上部に設置されていますが、313系では国鉄車と同様車端(先頭の片側だけ若干位置が違う)配置になっています。こういうところにも同じJRでも違いが出てきます。

DSCF6481.jpg
前側も撮影。東京でJR車を撮っていると313系のような中央貫通扉がある車両は滅多に無いですね。そういえばJR東海は名古屋地区も含めてこの顔ばかりになったようですね。まぁそれだけ313系が汎用性が高いということにもなりますね。こういう同形式で様々な両数がある(外観などは同一)というのは、国鉄時代の導入方式にも似ている気がします。

DSCF6490.jpg
E231系の側面を撮影。なかなか都心ではこうやって側面を撮影することは難しいですね。近郊形で4扉というと自分が小さい頃はまだE217系しかありませんでしたが、いつのまにかJR東日本ではこれが当たり前になりました。ところで15両が3両や6両と並んで停まっていると実際よりながーくみえますねw

DSCF6497.jpg
一旦1番線に移動していると次の伊東線の電車が入ってきましたがこれも8000系でした。それにしても良いですねこのデザインw。ところでこの編成のスカートは黒色ということは…たしかイベントで無塗装or赤帯になった編成ですね。それイベント以外でも常時やっていても人気が集まると思うのですがw ついでに次回もしあったら歌舞伎塗装もお願いしたいなぁと。。。東急系ですし。。。

DSCF6501.jpg
側面表示機。実際はしっかり表示はされていますが色が薄く老朽化している感が出ていました。これは東横線当時から継続使用されているのでしょうか。ところで、この電車は伊豆急下田行きですが伊豆高原で前3両だけになるので、あらかじめ後ろは「伊豆高原」と表示しているようです。これはJRと同じですかね。

DSCF6503.jpg
停車中ですが伊東線もドアを閉めています。ドアボタンがなく半自動に対応していないので、3/4ドア閉めをするようですが、車内で放送するだけなので驚いている人が多かったです。自分も突然ドアが閉まってびっくりしましたw

DSCF6504.jpg
ところで、電車の種類によって両数とか仕様が違うので表示板もそれに対応しているようで…w こうやってみるとLEDの絵が似ていませんが遠くから見ると8000系に見えます。東急時代を知っている自分にとってはJRの表示板で東急の電車が書かれる違和感を結構感じますw

DSCF6505.jpg
2・3番線に戻ると今度は211系5000番台がいました。これも久々ですが、JR東日本の211系よりも前面の塗装がまだ濃くしっかりしている感じがします。あと窓の大きさが違うと雰囲気も若干異なりますね。3両編成の沼津行きですが、沼津での接続が無く、先へは後の電車にのるよう放送されていました。

DSCF6518.jpg
先ほどの8000系の反対側も撮影します。文句なしでかっこいいと思います(といっても小さい頃は西武2000系同様嫌いな車両でした)これを撮影できただけでも既に満足ですwこの後、乗車できるということで撮影しているときから楽しみでした。そういえばこの8000系の座席の一部は西武10000系の以前の座席なのですが、東急の電車で西武の座席で、JRの路線(伊東線)ってよく考えるとすごいコラボな気がしますw

DSCF6524.jpg
E233系3000番台がいたので撮影。当たり前なことですが東京で見られる電車がJR東海と並んでいる+ここは静岡県というのは変な感じがしますw 個人的には私鉄の直通より新鮮というか違和感がありますw

DSCF6530.jpg
側面をE231系同様撮影。ドア窓や塗装がドアまで入っているということで意外とE231系とは違った印象を受けます。といってもドアぐらしか違わないのですが、意外とドアは重要ということですかねw

DSCF6533.jpg
E233系ですが、グリーン車だけはE231系と共通の仕様で、ドア窓もE231系、化粧板もなく完全にE231系な感じ。唯一ドアへの塗装があるのだけ異なっています。ちなみにBトレではこのサロだけはセット化(ブラインドでは販売)されておらず、入手困難な商品ですw。

DSCF6534.jpg
先ほどの211系の側面表示機。忘れてしまいましたがたしかクハは元から静岡に導入された車両も含めこの細長い表示機を採用しています(というより静岡の生え抜きはクハだけは転用(代わりにトイレつきクハを名古屋へ導入)したようで)。

DSCF6537.jpg
再び8000系。今日は8000系がしつこく登場します(まぁこれが目的ですし)。この左側の先頭車は中間車からの改造ということになります。ドアから先の下側のコルゲートがなくなっています。といってもほとんど違和感無く改造されています。

DSCF6546.jpg
でこの編成は東京よりからTc-M-Mc-Mc-M-Tcという編成のようです。まぁここから分かるように確実にM車にのるなら前後ろそれぞれ2両目に乗れば良いということになります。ところでこの編成は前後2本ともスカートが黒なのですが、これって併結相手は決まっているということなんですかね。

DSCF6548.jpg
さて、静岡方面から313系+211系の5両編成が入ってきましたが、これにS・S氏が乗ってきました。折り返しの電車に座りたいためなのか駅に入線してドアが開いたらすぐに乗り込む人が続出していて電車の周りが降車と乗車の人が混乱状態になっていましたw

DSCF6555.jpg
S・S氏と会って早速伊東線ホームに移動し電車に乗ります。というより30分程度時間があったのですが、20分前から電車が来るということだったのでそれならということで。車内に入った瞬間感じたのは懐かしさでしたw座席の海側が変更されてるのですが、車端とかはそのままの車内ですので。

DSCF6557.jpg
8000系といえば扇風機…ということでしっかり稼動していました。まぁすごく涼しいというよりは、その分エアコンが弱めで若干暑い感じがしました。ところでここだけみると田園都市線8500系といっても違和感なさそうですw

DSCF6559.jpg
車内には伊東線と伊豆急の路線図がありました。各駅間の所要時間は4分程度が多かったので、ああ今は伊豆急で8000系はのんびり走っているんだなと「このとき」は予想していました…w ところで車内も8500系がこれと似た内装で走っていますし、停車中の音も西武で同じような音を聞くことができるので、古いという印象を受けませんね。

DSCF6562.jpg
伊豆急になって変わった部分である海側のクロスシート。実はこれ前述しましたが、以前の西武10000系NRAのものだそうです。まぁリクライニングはしないそうです(当たり前か)。いよいよ発車です。

DSCF6565.jpg
伊豆急に譲渡され加速度が抑えられているようですが、普段乗っている西武や東武も加速はゆるやかなのでそれほど違和感ありませんでした。。。…って、伊東線ってかなり激しい運転なんですねw 来宮を過ぎてトンネルに入ると結構高速走行をしていましたw。トンネル内なので音が響き、目をつぶっていると田園都市線の急行っぽい感じになっていましたねw それとカーブが連続していますが速度をそれほど落とさず激しく車体を揺らしてどんどん進んでいきます。そしてJR東日本なので相変わらずの急ブレーキでこれ東横線時代より激しい気がします。
まさかこんなに元気に走り回ってるとはw ところでLED表示機がついていましたが青色しか表示できないようです。まぁこれでも充分かな。

DSCF6569.jpg
で、伊豆急線内でも激しく車体を揺らしながらどんどん進みます。踊り子などの遅延の影響もあったのかもしれませんが、速度がそれほどではなくても(まぁ75km/h程度なのかな)揺れが激しいのと景色がトンネル・山・海とどんどん変わっていきしかも単線で周囲に余裕も無いので迫力がありました。あとおそらく常用最大ブレーキを多用していて、東急と同じぐらい、いやそれ以上のギリギリの減速になっていてローカル線のイメージとは違う走行で面白かったです。しかも界磁チョッパということで言うことなしですねw ところで座席は東横時代と変わらないと思うんですがどうなんでしょうか。途中にある仕切りも歌舞伎塗装の更新車にはあった覚えがあります。

DSCF6571.jpg
8000系、8500系といえばこの両開き扉。この構造になれない人が多いのか開閉に戸惑っている人を多く見かけました。まぁ今では他に東急の8500系や東武の8000系ぐらいしかこの構造は無いので。
今回は伊豆高原で下車します。伊豆高原までは50分程度でしたが、終始激しい走行であっという間についた気がしました。

前半はここまでとします。続きは後半になります。
20:14  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.18 (Wed)

★2013 第48号★ 追記あり

こんばんは。

台風が朝夜の涼しさも運んできたようで、夕方~夜~朝にかけて涼しくなりました。まぁ台風の被害がなかったからこんな悠長なことを言っていられるわけですが、やはり被害はすさまじかったようですね。。。
地震、台風、竜巻…ここのところ一気に来ていますがそろそろ落ち着いて欲しい…といっても自然を相手に「落ち着け」ともいえないですし、いつなにがおきてもおかしくないということを頭の中にいれておくという感じですかね。

さて、台風が過ぎて快晴となった火曜日、大学で使う文具を購入する為に多摩センターへ。この多摩センターにあるココリアというところ、これ三越と一体となっているショッピング施設ですがそこにある丸善は文具が比較的多くあり、都心とちがいそれほど混んでいないということでそこによく行ってます。とはいっても丸善は本屋なのですが、鉄道・バス系のコーナーがかなり充実しているのでそれも一つの目当てでもありますが…w そういうわけで多摩センターに行ったわけですが、多摩センターといえば京王バスカラーのブルーリボンⅡ 数回挑戦しても現れない強敵?なのですが、今度こそ という思いでバス停も覗いてみました。

DSCF6291.jpg
神奈中バスのQKG-MP。QKG代は書類上QKG以外はフォグランプが透明ガラスなのでそこですぐ判別できます。西武だと黒サッシで新車=QKGなのですが、神奈中ではもっと前の段階で黒サッシへ移行しているので。。。標準尺はやはり短尺より存在感ありますね。

DSCF6297.jpg
神奈中バスのCNGのMP。三菱のCNGは設置場所が独特なので目立ちます。このタイプのMPは背が低いためかやたら車体が長く見えるのが特徴で、長尺のように見えますがこれでも標準尺のようです。

DSCF6300.jpg
京王バスのUAノンステ。どうもUAでナンバー4桁で2000代には違和感があります。どうやらUA以外にミディもナンバーが変更されているようで、多摩センターの京王バスは2000代ばっかになりましたw

DSCF6306.jpg
綺麗に撮れそうだったのでこちら側も。UAもベテランの域に入りつつありますね。でも毎回不思議なのは東京のバスでUAはベテランの雰囲気があるのに、しずてつではまだ新車の雰囲気があることで、別にしずてつがUA以降バスを入れてないわけではないのに不思議な感じです。

DSCF6309.jpg
さきほどの神奈中のCNGのMPの後部。上部のランプが小型ですね。東急とか神奈中で多く採用されたタイプです。今の増設ランプと似た雰囲気があります。

DSCF6317.jpg
お、来ました!京王バスのブルーリボンⅡ。入ってくるところは失敗したのでまずは後部を。この塗装とエルガ車体の組み合わせは以前からありますが、最近しばらく見てないので、なんか「初めて撮影する感」がすごくありますw

DSCF6319.jpg
おっと、待機せず車庫へ戻ってしまうようです。とはいえ、やっと前面を撮れました。バスカラーとこの前面の組み合わせはブルーリボンⅡでは初めてです(中型のレインボーⅡは大量にいますが)。都心にも入り始めていますが、とりあえず初めて撮れてよかったです。また来ることを期待して見送ります。

DSCF6325.jpg
後期タイプのJPですが…ってあれ?こいつは立川駅で撮影していますね。前も同じようなことがMPの復刻塗装でありましたが、立川と多摩センターは結構離れているイメージがあるのでなんか不思議な感じです。

DSCF6326.jpg
路線車じゃないですが福祉センターへのレインボーⅡ。これワンステに見えますが、ツーステップ構造で、リフトが装備されています。まぁタイヤハウスが邪魔になるための措置かと思われます。あとは側面のメトロ窓が特徴的でしょうか。

DSCF6328.jpg
お、神奈中のMP同士が並びました。ここはこういう並びも期待できるのでついつい長居してしまいますwしかも、今のカメラはズームしても結構綺麗に撮影できるので。。。ところで関係ないですが、よく晴れてますねw

DSCF6332.jpg
通常カラーのMPも単独で。個人的に神奈中というと現在はこのノンステのイメージがあります。まぁ結構多く活躍しています。ところで前面「Non -Step Bus」が小さいですねw

DSCF6334.jpg
何故かニーリング(しかも全体的に車高を下げるほう)しているUAとの並び。西武バスでは意外に通常乗降でも使われるときが稀にあるこの車高ダウンですが、多事業者ではあまり見かけません。

DSCF6336.jpg
京王バスのMP。本当にどこにいってもこいつはいますねw 京王バスのこのMPが撮りたくてわざわざここに来たこともありますが、まぁあの時は京王バスはそれほど多く見ていたわけではなかったので…今は西武バスより見ている気もしなくはないですw

DSCF6341.jpg
神奈中MPの後部ですが、実は窓の下部分の両端に増設のブレーキランプがついています。前にも一度紹介しましたが、オプションの上部の増設ランプの設定が無い頃に神奈中が独自で取り入れたものです。視認性は…正直微妙な気もしますw

DSCF6345.jpg
京王電鉄カラーのレインボーⅡ。多摩市のミニバス用のようですが、専用のピンクのバスがいるのでこれは予備車なのかな。といっても前回も見た覚えがあります。

DSCF6348.jpg
前面もズームで。レインボーⅡの電鉄カラーは多摩や豊田や中河原で見た覚えがありますが、他の駅に来たところを見たことが無いので撮影しづらいバスです。

DSCF6354.jpg
京王バスカラーと電鉄カラーの並び。多摩センターは以前は電鉄カラーMPがいましたが、バスカラーMPなどに置き換えられたのでバスカラーが増えた印象があります。もう新車で見られるのは桜ヶ丘や八王子、小金井だけになりそうです。

DSCF6355.jpg
お、ブルーリボンⅡが回送でやってきました。ナンバーが違うのでさっきとは違います。ここのところ数回エルガ系目当てに撮影している気がしますが、裏を返せばそれほどエルガ系の導入が少数になっているということで。。。まぁ今まで増えすぎたのでまぁ一段階おいてくれるのも趣味的には良いことかもしれませんw

DSCF6365.jpg
現在の京王バスの最新鋭の2種が並びました。まぁまさかここでブルーリボンⅡが八王子以外にも入るようになるとは思いませんでした。都心にも導入されていますし、今後はブルリⅡもJPの置き換えとして増えていくものと思われます。ぜひ府中周辺にも導入してほしいです。

DSCF6370.jpg
ブルーリボンⅡ単独で。ブルーリボンⅡは電鉄カラーよりもバスカラーの方が似合っていますね。そういえばJBUS系はホイールの中央が黒という話をしましたが、京王ではMPと同様、普通に銀色で塗装されていますね。なにはともあれ、ようやくこうやってしっかり撮影できて良かったです。

DSCF6379.jpg
多摩市ミニバスの専用車が来ました。全身ピンクである意味目立つ車両です。どうもいちごミルクを想像してしまうのですが…w 一応コミュニティバスだと思うのですが、中央に大きくKEIOと書いてるのでどうなのかよくわかりませんw

DSCF6385.jpg
MPのバスカラーと初代ワンロマ復刻カラーが前後ずれて停車。復刻の方はまだ時間があるのか、前が空いても移動してきませんでした。それにしてもこのタイプのMPが増えました。

DSCF6390.jpg
復刻塗装を単独で。この程度のズームをしても余裕なのがこのカメラを気に入っている理由でもありますw まぁそのかわりいろいろ楽しい機能が省略されているようですが、まぁその「楽しい機能」は使わないので…w うーん、この塗装は何度か撮影しているのであと1種の西東京バス風カラーも押さえたいのですが、この辺にはいないのかな。

DSCF6391.jpg
と、その前方に神奈中バスが入ってきました。銀サッシのMP標準尺ですね。神奈中といえば最近、限定バスコレを2弾続けて出していましたが、これも全国バスコレのほうで欲しい車両です。神奈中といえばこれまで一切バスコレが出ていませんでしたし、期待します。

DSCF6396.jpg
っていうわけでこういうMPだらけの状況になるわけですw 実はこれ以外にも向こうにバスが停まっていましたが1台を除いてみんなこのMPでしたw 今の多摩センターというか今の東京・神奈川・埼玉の状況を象徴している気がします。それにしてもすごい繁殖力?ですw

DSCF6400.jpg
これを撮影して撤収。何の変哲もないMPのようにみえますが、これバスカラーでの導入車の最初期にだけ見られる扉上が青色になっている車両です。導入すぐに変更されたようで、これは数台のみの模様。まぁ黒のほうが似合っていますねw

以上です。久しぶりの平日更新でした。学校開始まであと1日。ついに始まります。まぁ休み中は暇だったので良かったような、また激動の4ヶ月になるので悪いような… まぁなんとかやっていきたいと思います。

ではまた

追記~

木曜日に東京ビッグサイトで毎年開催されてる福祉機器展に行ってきた際の道中の画像が少しあるのでここで掲載します。

DSCF6404.jpg
行きはバスですが、形式上QKGのMPノンステ2372でした。8時台最後のバスで今日は7~8分ほど遅れていました。まぁこのダイヤは駅で前のバスと諏訪町循環と合わさるので、所定位置に停車するまで時間がかかります。でもあの前回のダイヤ改正で2台並ぶようになって、折り返しの時間に間に合わず駅発車時点で遅れるということが、この朝の時間帯は減りました。ところで、これ、バスロケには何故か「ワンステップバス」と表記がw ワンステが積んでいたバスロケをそのまま流用するとこうなっていたりするようですが、以前はしっかりノンステと出ていたような…? まぁよく分かりませんが、どちらでもまぁバリアフリーには対応しているので、まぁ大きな問題ではないですね。

DSCF6406.jpg
この後ちょうど来た準急に乗車。新2000系4+2000系6の標準的な編成で、2000系に乗車。途中小平で、通常は拝島線からの急行発車後に到着するようですが、その急行が途中で安全確認をした影響で遅れ、ほぼ同時に到着。軽く接続になりました。といっても放送もなく(まぁ混雑集中と遅れ拡大を避けて放送がなかったものと思われますが)、気づいた人が数人乗り換えていました。この影響で田無まで後追いになったので西武新宿には3分遅れでした。ただ、急行が遅れたためか、田無・上石神井の乗車がすこしだったので準急には珍しく急行より空いていてラッキーでした。ちなみに上石神井~高田馬場は制限速度ぎりぎりでの運転で、いつもより揺れが激しく西武線っぽくない感じでした。

DSCF6409.jpg
西武新宿に到着すると2000系トップナンバー編成がいたので撮影。現役36年目ということですが、希望としては40年まではこうやって第一線で活躍して欲しいなぁというところ。3000系以外にも3年間で置き換えがすこしあるのではないかという見方が西武好きの間ではあるようで、ちょっと心配はあります。

DSCF6412.jpg
このあと、台風でよく映像が出る新宿駅南口に移動し埼京線へ。ちょうど205系の大宮行きが停まっていて表示機が近くにあったので撮影しておきました。E233系は3色じゃないので205系と引退=これも見られなくなります。

DSCF6413.jpg
「埼京線」。それにしてもやはり「置き換え」られている感が無いのがJR東らしいというかなんというか。その置き換えられている感が無い間に大量に新車が製造され、いつのまにか消滅しているということがありますw

DSCF6416.jpg
新宿駅は大規模な再開発がずっと続けられており、ここの1番線から見える工事現場も何回も見ている気がしますが、新宿駅前でこんなに大きく空き地というか建設現場があるというのも再開発時にしか見られません。

この後りんかい線直通新木場行きで国際展示場へ。205系でもE233系でもなく70-000形でした…よくあたります。ただ、今回は初めて機器更新車に乗りました。で、「どうせE233系と一緒だよな」と思ったら、最初の音だけ同じでその後は結構音が大きく、どちらかというとE231系と似ている音に変化するという仕様でちょっと驚きました。で、りんかい線内は地下なのに結構飛ばすので音が大きくなっていました。

ここからビッグサイトまでは徒歩でいけますが、国際興業バスの路線車を使った無料送迎バスがあるということで、せっかくなので乗車してみました。新車のエルガノンステでMTなのでQPG代だと思う車両でした。国際興業は今までもほとんど乗った事が無いバスなのでシャトルバスとはいえ乗れてよかったです。ドアが閉まる際にチャイムと音声が入るというところとか、国際興業は今でも内蔵型スロープ採用のようで久しぶりにエルガ内蔵スロープをみたりとかいろいろ面白かったです。エルガはシフトチェンジの音がはっきりしているのですが、久々の乗車なので懐かしい感じがしました。で、車番は5404だったと思いますが希望ナンバーで車番と同じ番号になっていました。ただそれより前のは普通のナンバーだったので最近からということのようです。

帰りも国際興業バス使用の送迎バスに乗車しましたが、途中片側3車線ぐらいの道を大胆にUターンするなど、あまり味わえないことが味わえました。で、撮影はできませんでしたが、都営バスのエルガハイブリッドやKM観光の浜松町行きMPも見ることができました。どちらもいつか撮影したいところ(KMのほうは撮影しようとしたところで発車していきました)

DSCF6418.jpg
戻りも新宿からでも良かったのですが、そういえば新木場に行けば有楽町線があるということを思い出し新木場へ。2駅ですが205系が来てくれました。短い区間ですが乗車できて良かったです。

DSCF6419.jpg
折り返しは大崎行きのようですが、表示機を撮影。「りんかい線」の方も撮影できて良かったです。

DSCF6421.jpg
「大崎」表示。日中だとりんかい線区間運用でないと見ることができない表示です。

DSCF6424.jpg
その後メトロへ移動。3本後に小手指行きがあるようだったんでそれを待つことに。ところでこれ当駅どまりの1番線にありました。この「電車がきます」の表示機懐かしいです。いつの間にか減ってきているようですが、地下鉄というとこの表示板かな。

DSCF6427.jpg
小手指行きは西武6000系でした。有楽町線で西武直通といったら個人的に6000系が一番当たり(有楽町線で東武方面なら9000系ですが)だと思っているので良かったですwコレに乗ると地元に帰ってきたという感じがしますw

DSCF6429.jpg
小竹向原で副都心線からの和光市行きに接続、練馬で準急と豊島園行きに接続、ひばりヶ丘で快速急行と接続。メトロ線内で何故か1分遅れになりましたが、練馬では準急はこの小手指行きの4分前に発車(接続して)のようですが、接続の為に数分遅れ⇒そのあと豊島園行きがすぐ来ますがそれとの接続をしたので、練馬で2分遅れとなり発車。ただすぐ直後に準急がありこれが石神井公園で快急接続の為石神井公園で待避線に入る関係もあり、途中3駅に急いで停車。石神井公園では事前に転線して優等線側にはいって停車していましたが、既に準急の放送がなっていました。で、ひばりヶ丘までも急いだ運転となっていました。
さらに、ひばりヶ丘で接続が遅れたので快急が発車して30秒しないうちに発車し、その後はギリギリまで加速して減速するという激しい走行をしていましたが、結局所沢でも回復できずすぐ発車していきましたw 本当に忙しいダイヤですね。
ところで6000系ですがおそらく改正後から西武線内でも高加速設定に変更されてたみたいです。変調が早くなっている感じがするので。。。

DSCF6430.jpg
この後新宿線ですが、夕方前まで所沢~本川越で運転見合わせになっていたため、数分遅れていました。乗ったのは国分寺線直通の国分寺行きでしたが、やはり出来る限りつめた運転をしていて、東村山のポイント通過時も西武らしくないぎりぎりの減速をしていました。車両は2000系です。

DSCF6431.jpg
この日は乗った西武線3つとも数分遅れるという状況で、ある意味珍しい状況だったかもしれません。まぁ遅れるのは良いとは言えないかもしれませんが、そのおかげ?で音鉄的には面白い状況でした。
この後はRAノンステで帰宅しました。

以上です。福祉機器展は去年に比べて技術が明らかに革新している商品が多く単純に楽しめました。

ではまた
23:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.16 (Mon)

☆2013 第47号☆

こんにちは。

台風すごいことになっていますね。関東でもかなり激しくなっています。関西とかではこれぐらい激しいのが今年の夏になんども来ていたということで…雨はもう収まるようですがまだ風は残るようですね。
京都は映像を見る限りあの有名観光地が海になってしまっていますが、復旧するまでには時間がかかりそうですね。
今年は雨に突風・竜巻とか天候による災害が相次いでますが、もう納まって欲しいですね。
ちなみに自分の家は昔ながら?の雨戸があるため、あまり大きな音がなく落ち着いています。まぁ犬は音に反応して逃げていますが…w

余談ですが、東京でも電車の遅れや見合わせがありますが、雨・風に強いことで沿線民から定評のある西武線も、さすがに特急の運行が見合わせになったようです。台風でも雪でも豪雨でも「西武線はとまらない」といわれていますが、今回も止まってはいないようで。。。西武線沿線だと西武線が止まると「ついに西武線も止まったか」となり西武線が止まる=とんでもない天候という謎の基準が出来ています…w この話は鉄道好き以外にも知られていて、長年西武線で通勤していた親や、利用している祖母もよく言っています。逆に言えば電車が止まって…という理由での欠席等は出来ないことになり、良い意味でも悪い意味でも使われているようです…w

まずは、約7ヶ月ぶりになりますが、静中HPのうち「西武2047編成のページ」のみとなりますが、生活にもすこし余裕が生まれてきたことから更新を再開することにしました。早速、西武バスの画像の追加と更新、西武線の方向幕コレクションの追加を行いました。今後は西武線の画像についても追加と更新を行っていく予定です。まぁペースはのんびり行きたいと思っていますが、とりあえず更新再開することにしました。他のコンテンツについては今のところ再開は未定ですがいずれ再開したいと思っているのでよろしくお願いします。
あ、ちなみに架鉄は更新休止中もこっそり更新したりしていますが、こちらもこっそり更新していきます。ブログはいつもどおり、駅名しりとりも通常通り使用できますので、今後しばらくはその4つ体制となります。

さて、今回は友人とサンシャイン水族館へ行ってきたのでそのときに撮影した画像の掲載とBトレなどの紹介のまぁいつもどおりの内容となります。

DSCF6199.jpg
まずはバス。5分遅れ程度でやってきたバスですが、ここでやっとQKG-MPの黒サッシの2464に乗ることができました。とはいっても全体的にはLKGや形式上QKGと変わりませんが、西武バスと着色ガラスの組み合わせはちょっと新鮮に感じました。西武はこれまで着色ガラスは入れてなく、無色の通常窓+カーテンなしだったので、すこし日の光が抑えられているなと感じました。MPの黒サッシも初めてでしたがそれほど暗い印象はないですね。ところで9時台のバスなんですが、前のと35分離れていることもあわせて結構混んでいました。8時台だと空席も目立つのでなんだか逆転している感じがしますが、まぁラッシュ時と日中利用が始まる時間までの合間が8時なのかもですね。

DSCF6201.jpg
で、所沢へ移動。もう改札のところで発車時間がすぎていましたが、ホームに降りたところでちょうど到着していたので2分程度遅れていたようです。東村山では待っている人が多かったので前の電車と間が開いたようです(そうじゃなくても本川越方面は新宿方面より乗車客多いこともおくある)。で、車両は2000系のトップナンバーでした。ところで今後の30000系でまずは3000系置き換えはあると思いますが、30000系10両もあり、3000系より導入数が多いとなると、2000系の特に初期の編成も置き換えが発生する可能性も高いかなと。まぁ全部変わる心配は無さそうですが、最古参の初期編成たちは記録しておくことも必要かもしれません。

DSCF6204.jpg
所沢で友人が多少遅れると連絡があったので、ためしに階段のなくなった所沢駅の飯能よりで撮影ができるのではないかと思っていたので移動してみました。早速4番線に電車が入ってきたんで撮影。画像のすぐ左には柱があるのと電車町の人がいるのでこうやって撮影できるかどうかはタイミングの問題があるかも。各停で来た新2000系8連。

DSCF6205.jpg
留置線に向かう新2000系。もう少しカメラを右に向ければ切れずに撮影できそうです。この電車がおそらく12分発の各停になると思われるのでそれに乗ることに。その前に2本電車があるのでそれを撮影するという感じです。

DSCF6207.jpg
ん、何故か新宿線から2000系6両が4番線にやってきました。武蔵丘などへの回送かと思いますが、自分は初めてみました。人が並んでいたのと、6両ということで柱が左側におもいきり入ってしまいましたが、記録ということで…

DSCF6208.jpg
新宿線も撮影できます。もちろん下りも。ちょうど上りの電車が発車していったので後追い。ちなみにこの踏切を小さい頃は西武百貨店の2階入口付近の階段から座ってみていたことがあるまぁまぁ思い出がある踏切。車両に戻りますが、これは例の6+4の逆連結(ってもういえないかも)です。逆連結が増えたので2000系よりも新2000系に乗車する機会が増えそうです。

DSCF6209.jpg
準急池袋行きが来ました。完全に対向列車とかぶっていますが、相手が2000系なのでまぁある意味良い画像になりました。最近30000系ばかり撮影している気がしますが、それはおいといて柱がごちゃごちゃしていますが、まぁまぁしっかり撮影できそうですね。今後は活用するかも(といってもここはある程度知られた撮影地なんですよね)。

DSCF6210.jpg
急行ですが、20000系でした。といっても20001となると若干20000系でも当たりな感じがしますが…この急行はひばりヶ丘でさっきの30000系準急と接続するダイヤなので、所沢でも準急には乗らず急行を待つ人が結構います。

DSCF6216.jpg
で、各停ですが、急行停車中からそれに乗らずにこの各停を待つ人がいて「そんなことってあるんだ」と思っていたのですが、各ドア10人程度以上並んでいました。で、そういえば12分発は特急以外には抜かれない速達だったなと思ったのですが、それだけでは並んでいた人が急行に乗らない理由にはならないなぁと思っていたら、秋津と清瀬で半分程度が一気に降りていきましたw で、前述の通り、練馬で特急に抜かれる以外は一切接続が無い速達各停でしたが、椎名町時点で座席がほぼ埋まる程度で新宿線各停より少ない感じでした。やはり池袋線は各停も優等も本数が多いので混雑が分散するようでした。所沢~池袋は36分で結んでいますが、準急は30分~35分。いかに速達各停が速いかがよくわかりますねw まぁそれだけ速度も上がるので新2000系や3000系だと当たりということになりますねw

この後友人と合流してサンシャイン水族館へ。リニューアル後は2回目です。一部水族館の中も撮ってきたので画像を

DSCF6219.jpg
で、サンシャインの一番目玉らしいこの屋外のところですが、特にアシカの存在感がおおきくw、こうやってガラスの前に座って客をじっと見てるアシカがいたり、水の中にいるほうは一般の客が手を動かすとそれを追いかけて動き回ったり、人なつっこい感じでした。

DSCF6231.jpg
ペンギン。結構多くいました。ペンギンはどこの水族館でも人気なので、ここもある程度人気でした。

この後は特に説明はせず画像のみで・・・(名称分かるものは名称を掲載)

DSCF6233.jpg

DSCF6239.jpg
イワシ

DSCF6242.jpg
ウーディシードラゴン

DSCF6247.jpg
クラゲ

DSCF6248.jpg
マンボウ

すみません、鉄道とかバス以外を撮るのは苦手なので良い画像が一つもないですね(汗

水族館は以上。まぁ基本的に水族館・動物園は結構好きなので楽しかったです。

帰りは友人と別れ西武線へ。ちょうど夕方ラッシュ時でしたが、ちょうど準急の所沢行きが7番ホームにくるということでそれに乗車しました。で7番は降車ホーム無いですが、整列乗車のためにラッシュ時の西武新宿のように降車確認の後にドアを閉めすぐ開けて整列乗車としていました。
来たのは6000系。で、池袋寄りの2両目に乗車しましたがさすがに混雑しましたが、意外と多くの乗客が空席を狙って前の方に移動していくので、乗り切れないほどにはなりません。これは日中もそうで、意外と混雑しません。ただ、6000系なので弱冷房車でしたが…

DSCF6256.jpg
所沢で表示機を撮影。まだ回送になっていませんでした。で、この準急ですが、練馬で副都心線からの快速(東急)と接続したので、そこで3割程度下車していきました。快速が先に発車し1分後に準急ですが、所沢までに6分差になるようです。石神井公園での日中の快急と準急の接続よりもある意味面白い接続ですね。
その後、大泉学園でまとまって下車していき、どんどん混雑が低くなる感じでした。保谷で特急に接続(これもまぁまぁ珍しい)でしたが、ここで前の列車の急病人対応で2分遅れとなりました。

DSCF6257.jpg
ローマ字表示。で2分遅れでしたがお詫びの放送が何度もされていました。以前というか新宿線だと2分程度の遅れでも何の放送も無いですが、やはり池袋線は直通拡大で遅れをなるべく出さないようにしているみたいで。。。自分はそれぐらいの遅れはしょうがないというか、むしろ電車を2分遅れだけで運行できるのはさすがだなと感じますがw
所沢でも新宿線は池袋線を待ちますが、逆の接続はあまり行われなくなりました。

DSCF6258.jpg
回送表記になりました。そして東久留米と清瀬でまぁまとまった下車があり、清瀬~所沢は1両に30人程度になっていました。で、遅れ回復ということでひばりヶ丘~所沢は激しい走行になっていました。最近ひばりヶ丘~所沢で本気な走行をしていることが多く音的には楽しいですw

DSCF6259.jpg
ローマ字表記。ちなみにこの電車の直後に4番ホームに小手指行き、5番ホームに飯能行きが続けて入ってくるので、既に乗車口で並ぶ人が多かったです。やはり通勤(帰宅)時間帯となると所沢以降の利用も多いですね。

DSCF6260.jpg
その後発車していきました。6000系のステンレス車で車内はLCD取り付け車でした。個人的には6000系はこのステンレスが一番良いと思っているのでやはり良いですねw あと所沢行きはやはり楽ですね。でこの準急ですが合計2回抜かれることになるので所沢までは33分でした。

DSCF6262.jpg
その後、西武新宿行きの各停に乗車し東村山へ。新2000系中期車でした。直前に急行があったのと新所沢始発ということで所沢到着時には1両に数人しか乗ってなく、所沢発車後もガラガラで界磁チョッパがよく聞こえてよかったです。ただ放送が大きすぎて放送中に音割れが何度も発生していてホームセンターっぽかったですw

このあと西武バスRAノンステの最新2025に乗って帰宅しました。

サンシャインの件は以上です。

さて、次は…

バスコレ。

DSCF6182.jpg
全国バスコレの第3弾が発売になり、今回は鹿児島交通と新潟交通の標準尺MPノンステ。うち新潟交通の方を購入しました。もうこのMPも4種購入していますが、これ通常の18弾よりも出来が良く、それで中身が見えるのが良い点。既に次の発売も決まっています。

DSCF6184.jpg
後部。増設のランプは新潟交通では採用していないようですね。

DSCF6185.jpg
側面。標準尺ですが、前中間に方向幕がなく長く感じます。そして後ろ側に方向幕があるというしずてつの多くのノンステ車と同じ配置になります。この配置のMPはまだ見たことがありません。ぜひしずてつで見たいなぁと

DSCF6186.jpg
運転席側側面。既に次回の発売も決まっている全国バスコレですが、とりあえずはこの勢いで一通り47都道府県のバスを製品化してほしいですね。今までバスコレと組み合わせの無いバスも登場していますし今後が楽しみです。

DSCF6187.jpg
通常品の新潟交通のキュービックと並び。新潟交通は長尺や珍しいのも結構いるみたいなので、一度見てみたいです。

DSCF6056.jpg
続いて…ポポンデッタ本川越にモノを売りに行ったついでにキハ85のA・Bセットを購入しました。日車夢工房限定ですが、ポポンデッタは名鉄の限定品(これも日車夢工房+名鉄限定)があるように、こちらも販売しているようです。で、当初は買うつもりはありませんでしたが、一応ワイドビュー車ということで購入してみました。実車は・・・見たこと無いです。

DSCF6188.jpg
Aセット・Bセットで4両となります。で屋根の組み合わせでいろいろ異なるようですが、ネット上で調べてみたところ、ひだの編成の中に、先頭の屋根と前面ををAセットとBセットで逆につけると出来る編成があるということでそれにしました。日車夢工房ということもありしっかり造ってあります。個人的に貫通型のほうが好みです。貫通型のほうは2種入っていて、こちらは幌つきです。

DSCF6191.jpg
キハ85-6。非貫通の先頭車です。で、側面表示機もステッカーがありました。この側面の塗装というかスタイルは373系などと似ていてJR東海のワイドビュー車両といえばこの色ですね。

DSCF6192.jpg
キハ84-10。キハは1両で完結できるようでだから様々な連結例があるようです。電車だとこういう感じなことは出来ないので、ちょっと新鮮です。

DSCF6193.jpg
キロハ84-10。グリーン車ということになります。

DSCF6194.jpg
キハ85-1209。元は200番台だそうですが、更新で1200番台になったそうです。

今回、あまり知らない車種ですので評価はしません。最近、このように見たこと無い車種を買ったりしていますが、やはりいつか実車を見たいとは思っています。

DSCF6267.jpg
続いて…前回小田急で新宿に出た際にポポンデッタで購入したE233系京葉線。京葉線といえば205系を持っているので購入。ところでE233系の0番台と1000番台は初販でいきなり定番セットとしての販売になりました。その後も何度も再販されていて、継続していつでも購入できるような体制にしているようでしたが、ここで0番台、1000番台、3000番台、5000番台がほぼ同時に(1000番台だけ1ヶ月早く)発売されましたが、定番セットではない通常パッケージになりました。

DSCF6270.jpg
このように説明書も通常サイズになりました。また、ステッカーも改善され、通常サイズで量も通常になりました。前面のステッカーは行先表示機のみのもあり、切り取って貼るように記載されていました。正直定番セットでの謎な方向幕ステッカー削減は残念仕様だったので改善された点評価できますね。

DSCF6276.jpg
前面。今回は4連のステッカーを貼りました。で、快速成東行きと通勤快速内房線・東金線直通にしました。分割運用ですが、土日は快速、平日は通勤快速になっているそうです。

DSCF6277.jpg
5000番台には側面のドアボタンが無いためそれがない金型を使用しています。家にある1000番台はボタンアリのタイプ仕様なのでこの金型は初めてです。ところで車番が何故か銀色です。

DSCF6278.jpg
パンタつきモハ。通常パンタと予備パンタによるダブルパンタ仕様です。ところで、車番は側面ドアコック?に重なるように貼るとありましたが、現実っぽくないのでずらして貼りました。

DSCF6279.jpg
パンタなしモハ。それにしても車番表記が…w Bトレって結構車番の色ミスが多いんですよね。細かいところですが、時々このように同化してしまいます。

DSCF6280.jpg
先頭。思えばこの運転台が広い構造も見慣れて普通なものですが、「近郊形用」と思っていた中でE233系で通勤車にも採用ということで最初は違和感を感じました。

DSCF6281.jpg
せっかくなので205系と。205系と共存していた頃は京葉線も面白い路線でした。何度か撮影したと思いますが、未だにこの205系が京葉線にいないということの実感が湧きませんね。

DSCF6282.jpg
なんか、ドアボタンなしの金型とボタンありの金型のドア窓が違う気がしたので比べてみましたが…やはりドア窓の大きさに若干の違いがあるようです。どちらかといえばボタンなしの方が実車と似ている気がしますが、まぁどちらでも問題ないですね。

DSCF6284.jpg
で、ドア以外に窓の大きさも微妙に違うようで、これもボタンなしの方が似ている気がします。どちらかというとボタンなしはE231系Bトレの大きさというか雰囲気に近づけているような雰囲気があります。

DSCF6286.jpg
さらに、実は前面にも細かな違いがあり、実車のように5000番台には車体の下のすそ部分が、ホーム検知装置が付いているために窪んでいる仕様になっていますが、目で見て分かる程度なのでこの画像では分かりづらいです。こんな細かいところまで変えています。こういう細かい仕様をかえてくるあたりBトレがおもちゃではなく「鉄道模型」の仲間であることを表している気がします。

じゃ評価
造形のよさ:4
→以前にも評価はしていると思いますが改めて。全体的にやはり出来は良いです。E233系は何故か前面の窓だけ別パーツになっていて、前面パーツに窓をはめ込むパターンになっていますが、これは結局広がりませんでしたね。

説明書の分かりやすさ:○
→定番セットより個人的には分かりやすいです。

入手安易度:4
→一般販売なので、一般販売のBトレを販売しているお店があれば基本的に購入することができます。まぁ0番台や1000番台のほうがよく知られていますが、これもまた再販があるかもしれませんね。そもそもこれはKIOSK限定版で出たもののセット化ですが、こうしたことは是非広げて欲しいです。

シール充実度:3
→まぁ多いとはいえませんが、定番セットからすれば大規模な改善です。正直定番セットで分かりやすさを重視したということのようですが、それで0番台のようにありえない表示だけ入れるのは謎でしたし、今後は減らすことはやめてほしいですね。

部品豊富度:2
→まぁ実車も新車ということもありバリエーションが多いわけではないのでしょうがない部分です。

組み立てやすさ:3
→全体的には良好、すこし削らないと入らない部分もありますが、まぁ許容範囲でしょう。毎度のことですが、連結ドローバー?は旧来のものを使用しています。今のところまだ在庫がありますが、いつかはなくなるので、そうなったらどうしようか考え中です。

以上です。個人的には7000番台や横浜線、南武線も欲しいですね。まぁ埼京線と横浜線は205系も出ているのでそのうち出ると思いますが、南武線もぜひ。ここは思い切って205系、209系、E233系を入れた6両セットみたいなのはどうですかね。Bトレは最近いろいろ販売方法を変えてるみたいなのでそういうのもあると良いかと。

DSCF6269.jpg
最後にネット上で安く南海10000系を購入しました。実は例の500円DVDでこのサザンは7100系と併結することが多いらしく、7100系といえば以前静岡で購入していたので、どうせならということで購入。7100系の方は購入後1年以上放置していますが…ところでサザンといえば新車が出ましたがそれは8000系と併結ということで。。。8000系は南海限定で出ていて自分は買えません(あの鉄道の日イベントなどで並べば買えたようですが)でしたが、まぁコスト削減している車両のようですが、関東っぽくて気になっていますw 
関西私鉄も今まであまり興味ありませんでしたが、最近徐々に興味が出ていますw 特に南海と阪急ということで南海もそれが理由で購入しています。
まぁ7100系同様当面放置になるかと思いますがいずれ組み立てたいと。


と言うことで以上です。今回で夏休み中の撮影などは以上ということで、これから忙しい4ヶ月となります。後期は前期よりも難しいことが多いので不安ですが、まぁなんとかやっていきたいと思っています。

では今日はこのへんで 
12:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.07 (Sat)

★2013 第46号★

こんばんは。

雨酷かったみたいですね。東京では夜中~早朝に結構降ったようですが、目だった浸水とかの被害はなかったようで…西日本から中部にかけては激しかったようで、今年も異常が続いていますね…東京の逆に雨が降らないというのもある意味異常でしたし、突然の雷雨も激しいです…
それによって相変わらず天気予報が実際とは異なることが多くなっています。晴れと予報していたのに夜中にコロッと雨に変わるなどありますが、まったくあてにならないことも多く、もう少し正確だと良いのですが予報ですし、そもそも異常気象ですしどうしようもないのかな。

さて、木曜日は予報では名古屋などで大雨のものの東京は晴れ…撮影にでも行こうかなと思いましたが、夜に予報が変わり大雨と…また突然の変更かと思いつつ朝起きてみると大雨…で金曜は晴れとあったので持ち越して金曜日…と思ったら曇になり怪しい雰囲気に…でも降ることはないだろうということで金曜日に撮影に出かけてきました。その金曜日当日は朝、霧雨みたいなのが降ってましたが出るときにはやんでいました。

っていうことで長ったらしくかきましたが、ようは金曜日に撮影に出かけたというわけです…w 今回は…そういえば小田急最近乗ってないなぁ、小田急といえばあまり撮影を目標にしたことがないなぁということで小田急へ。

今回はバスで立川駅へ。瑞穂OPパークのラッピングのRAノンステですが、バス停に移動している際に東村山駅方面に向かっていった(15分程度遅延)…で、時刻は5分後…ということで既に遅れてくることが決定していましたw で5分遅れで到着しましたが、途中停留所の乗降が非常に多く(おそらく全体の9割に停車w)立川まで50分かかっていました…東大和市駅をすぎると既に満員でしたがそこからさらに乗りパンパンになっていました。まぁいつもどおりですけど(汗 運転がすごく丁寧だったのが印象に残っていますw

DSCF6060.jpg
そこから南武線で登戸へ。今回ついでに205系乗車もできたらと思ったのでこのルートにしましたが、ちょうど数分後に出る電車が停まっていたので、まぁ前回撮影しているのでそのまま乗車~。途中の西府駅ですが、意外と乗る人がいるなぁと言う印象。駅作って正解かも。ただ駅自体は簡素な感じでした。

DSCF6064.jpg
暗いですが205系に貼ってあった注意歓呼のステッカー。文字が一切書いてないという大胆(?)な仕様。あ、そうそう乗っている205系は転属組のドア窓が小さいほうです。ちなみにドア下の黄色化は行われていませんでした。

DSCF6066.jpg
南武線ですがやはり速度は出さずにゆったりした感じですね。まぁそれでもすぐ駅に着くので駅間が短いことがよくわかります。205系は比較的高加速なのでこの路線には向いている感じがします。それとやはり私鉄っぽさがある路線ですね。205系はやはり良いですね。横浜線での高速走行ももう一度乗りたくなりました。

DSCF6068.jpg
そして早速小田急線へ。ちょうど反対側に4000形が来たので、なんとなく中間車の側面を。あんまり4000は撮影したことがないのですが…うん、完全にE233系ですねw

DSCF6069.jpg
この側面表示機…サイズは普通なのかもしれませんが、せっかく3000形で採用した大型表示機から退化したのがなんともいえません…標準化も大切かもしれませんが、せっかく見やすかったのにここはちょっと残念に感じます…

DSCF6070.jpg
で登戸は撮影できるかなと思ったのですが、先端は狭かったのでこの位置で数枚撮影し他駅に移動することに。まぁ普通の3000形8両ですね。意外に前面デザインは気に入っています。乗るには1000形とかが良いですけどねw

DSCF6072.jpg
反射で見づらいですが大型の表示機。これぐらいでかいと見やすくて良いですね。ぜひ長い駅名表示が多い東武でも採用して欲しい大きさですねw これから4000形は標準サイズに戻ってしまいました…

DSCF6075.jpg
次に来た区間準急も3000形8両。そういえばまだ先のことですが、一連の改良と千代田線の3直増加計画の準備が済んだら区間準急は廃止になり、地下鉄直通になりそうな気がします。

DSCF6077.jpg
反対ホームに来た2000形側面。帯色変更とフルカラーLED化された更新編成です。2000形もすこしワイドドアなので、間の窓が小さいですね。2000形はあまり乗りたい車種ではないですが、側面は特徴がありますね。

DSCF6082.jpg
次に来た各停3000形8両で隣の和泉多摩川へ移動してみることに。お、小田急はドアの両端黄色を採用していますね。他につくばもこうでしたね。まぁ引き込まれることを考えるとこっちの方に注意歓呼をしても良いのかもしれませんね。

DSCF6084a.jpg
そして和泉多摩川の後方へ行って撮影開始。早速4000形の多摩急行綾瀬が来ました。柱がすこし邪魔ですが、まぁ何とか撮影できたのでよかったです。4000形をしっかり撮影できたのは今回初めてです。

DSCF6086.jpg
下りの区間準急3000形8両を撮影。このように対向の各停は全体を見渡せる画像を撮影できます。複々線を走る列車も良いですね。

DSCF6092.jpg
後ろを撮影できませんでしたが、7000形LSEの旧塗装。周りがぶれたのでなんかスピード感がすこし出ている気がしますw 旧塗装も何度か見ていますが、やはり似合いますねw ところでLSEも結構ベテランですが長く活躍して欲しいです。

DSCF6094.jpg
各停新宿行きが来ましたが3000形の6両です。小田急では時々6両各停があります。石神井公園のときも書きましたが遠くに停まる電車を見るこの光景が気に入っているので今回もそれで。。。ところで小田急はこういう小さめの駅では「2番ホーム電車がまいります」と行先は放送しないみたいですね。まぁ各停と区準だけしか止まらないので問題ないのかもしれませんがちょっと新鮮。

DSCF6095a.jpg
通過するMSEと発車が同時だったので奥が切れましたが並びも撮れました。複々線らしさが出ている気がしますw

DSCF6098.jpg
下り各停は3色LEDの8両です。さすがに最大勢力で、しかも8両も多いということで何本も来ますね。

DSCF6099.jpg
上りの急行が来たので狙ってみたところなんとか成功。1000形+8000形。ただ柱が気になったのと急に日差しが強くなり暑くなったので、これを撮影してここは撤収することに。最後に経堂で撮影できるかどうか試すことにしました。撮影後に8両の後ろから2両目に乗ろうと思ったら来たのは3000形6連w ということでさらに移動して乗車。

DSCF6102.jpg
この経堂で急行接続ですが、既に成城学園前で結構乗換目的の人が降りていったので、意外にここでの乗換は少ない感じでした。日中だと6両でも大丈夫というか西武新宿線の8両各停よりも空いていましたね。といっても各停が空いているといえば京王線に勝てる路線は無い気もしますがw

DSCF6103.jpg
ところで経堂駅の上りホーム。かなり広いですねw 下りホームはそれほど広くないようですが、都心に近い駅でこれだけ広さを確保できているのは珍しい気がします。

DSCF6109.jpg
各停の2000形。おっと経堂駅では緩急接続が無いときはこちら側に入線するんですね。そもそも小田急は車両はある程度馴染みがありますが、あまり配線や駅は知らないのでこっちに入ってくるとは思いませんでしたw

DSCF6110a.jpg
急行小田原行き8000形。唯一の鋼鉄でクリーム色の小田急車になりましたが、やはりこの色は落ち着くというか、ステンレスも悪くないですが、やはり小田急といえばこの色かな。小田急の中では一番気に入っている車両です。

DSCF6112.jpg
せっかく側面もしっかり見えているので撮影。ただ、個人的にはこの配置を見ると9000形のイメージが強いです。9000形もあっという間に廃車になってしまいましたが、あのデザインはなかなか気に入っていましたね。

DSCF6115a.jpg
多摩急行我孫子行きということでメトロ車充当ですが6000系が来ました。柵と柱の間からなんとか撮影。ポイントで転線してくるので普通より迫力があります。馴染みのある顔ですが、6000系はそれほど撮影機会が無いですね。次は16000系の多摩急も見たいところ。

DSCF6120.jpg
どうもメトロ車の優等種別ってイメージが湧かないというかなんか違和感がありますねwあと小田急にずっと直通しているといっても日中は1時間に1本程度あるかないかなので、なんか妙に新鮮な感じが…w

DSCF6121.jpg
各停新宿行きは3000形の8両。各停だと後ろは柱にかかってしまいますがまぁそこは気にせず。。。この駅は優等より各停の方が速度制限なく入ってこれるようですね。

DSCF6124.jpg
反対側も一応撮影。8両と10両はこの位置に停まりますがホーム端からはすこし距離があるので普通に撮影できるのが良いですね。あと小田急の車掌さんは動きがキビキビしていてなんかかっこいいですねw

DSCF6125a.jpg
中線を8000形の快速急行が通過していったので後追い撮影したら成功。当駅通過の上り列車はポイントを渡らずに直接ここに入れるので速い速度で通過できるようです。

DSCF6126a.jpg
MSEのはこね。走行中のMSEを間近で見たことはあまり無いのですが、なかなか良いですね。ところでこれははこねですが、メトロ線内のロマンスカーも一回乗ってみたいところです。ちなみに以前有楽町線新木場まで入ったことがありましたね。

DSCF6127a.jpg
4000形の多摩急行唐木田行き。多摩急行も新宿には入らないのでそれほど馴染みがない運用です。そういえば湘南急行というのもありましたね。快速急行に格上げされる形で消滅しましたね。

DSCF6128.jpg
さっきも側面を撮影していましたがもう一度。うーん、完全にE233系ですね…w 幅広ではないですがドア窓の形を見るとE233系(実際に2000番台はこれと同じ側面ですし)って感じがします。小田急っていう感じがしないのがなんとも。。。

DSCF6129a.jpg
後追いにも挑戦してみましたが、うーんあんまり良くないかな。まぁ配線がごちゃごちゃしている感じと、複々線という雰囲気は出ているかも。

DSCF6130a.jpg
8000形の急行が来たので真正面を撮影。こうやってポイントを渡ってクネクネ入ってくる電車もなかなか好きな光景なんですが、これだと後ろの3000形の側面しか映っていないので、8000形がステンレス車のように見えますね…w

DSCF6132.jpg
後ろは3000形。4+6の分割は終了しましたが、連結機の関係で逆連結にはならないので、3000形以外に乗りたいときは新宿より4連の方が良いですね。まぁ10両固定編成があるので確実に新宿よりが3000形以外になるわけではないですが。。。

DSCF6133.jpg
各停が来ましたが…おっ1000形8両固定の各停ですね。かなり珍しいというわけではないですが、3000形と2000形が多いので他の形式だとデザイン同じでもラッキーな感じがします。特に1000形なら不気味な音聞けますしw

DSCF6135.jpg
後ろも。小田急は小さい頃は比較的よく乗りましたがこの1000形によく乗った覚えがあります。以前小田原からひたすら小田急で移動したことがありますが、これで小田原付近で前面展望した覚えがあります。

DSCF6136a.jpg
8000形快速急行ですが、3色LED表示機になっていますね。で車番がはっきりしないのですが拡大してみると8555と見える気がします。でこの編成は界磁チョッパのまま更新された最初期の車両の模様。これ今後VVVF化されるのかそのままなのか気になるところです。

DSCF6137a.jpg
VSEが通過していきましたが撮影できました。VSEは今回初撮影だったと思いますが撮れてよかったです。特急にはあまり興味ないですがやはりVSEはなかなか良いですね。1回のってみたいですね。

DSCF6140.jpg
1000形の側面。この側面だと2000形のほうがよく見るので、普通サイズのドアなのに何故か小さく見えますねw

DSCF6143.jpg
急行と各停が並んで入線してきましたが待避線側は撮影できないので急行の4000形を撮影。各停の方は2000形かと思ったので「まぁ次にくる区間準急で」と思ったのですが、1000形6両だと確認できたのでこれを撮影してすぐ乗車することにしました。

DSCF6146.jpg
途中、梅ヶ丘で停車中に1本抜かれましたが以降は新宿まで先着。で、地下化初めての乗車でしたが、これは東北沢の様子。地下化といってもまだ優等線用の線路しかなく、緩行線側は工事中ですが、とはいっても駅を通過するわけにはいかないので世田谷代田と東北沢は仮設の駅になっています(とはいってもバリアフリーはしっかり整備されてあります)。っていうことでこんな感じの仮の壁やホームも仮的なものになっています。数年後には見られなくなるのであるいみ貴重かもしれません。

DSCF6148.jpg
新宿に到着して座席を撮影。7人がけですが…窓の配置を見れば気づく方が多いかと思いますが…

DSCF6150.jpg
来たのはなんと元ワイドドア編成でした。まさか今回これに乗れるとは思わなかったので来たときはびっくりしましたが、これはラッキーでした。窓配置が独特ですが、これはメトロ15000系や小田急3000形初期車も窓配置自体はこれとほぼ同じになっています。表示機は交互表示で、「区間準急」「唐木田」が交互に出ていました。

DSCF6153.jpg
ワイドなドアを撮影。登場時は扉が完全に最後まで開きもっとワイドに開いていましたが、結局改造工事で座席が増やされ、扉もこのように途中までしか開かないよう改造されました。でサイズは2000形と同等の幅になったようですが、でも雰囲気的にはそれよりもワイドな感じが出ていますねw

DSCF6155.jpg
それにしてもまさかこいつが来るとは思いませんでした。こういう強く個性が現れている車両は面白みがあって良いですね。ところで区間準急でも6連があるんですね。やはり完全に各停と一体になっている感じですね。

DSCF6160.jpg
先頭部はこのように窓配置がさらに謎になっていますw ちなみに一番前のドアは2000形と同じで通常サイズのドアが採用されています。

DSCF6162.jpg
車端は戸袋窓だけ。特異な配置ですが2000形もこうなので小田急内だと違和感を感じませんw

DSCF6166.jpg
ドアを閉めると車内からはこんな感じで、改造で左右の端が窓ぎりぎりになっています。ドア窓は違和感がありますが、改造で壁を継ぎ足したという雰囲気は全くなくよくここまで自然な感じにできたなと感じますね。

DSCF6167.jpg
でドアには何故か115系みたいな取っ手があります。ドアが大きいので手動では開けづらいからなのかもしれません。

これを撮影して撤収。1000形の不気味な音の各停に乗れてよかったですw
このあと昼食を取って西武新宿へ移動。

DSCF6169.jpg
まぁ急行でも良いかなぁと思っていたのですが各停の本川越行きが停まっていて新2000系4+4の中期車だったので迷わず方針変更し各停に乗車。あまり乗ることの無い4+4の中間先頭Mcに乗ってみました。まぁパターンダイヤ時間帯なので鷺ノ宮急行接続と小平で拝島線接続。それと東村山では特急退避の運用です。そういえば4+4は以前はそれほどたくさん見ませんでしたが、最近は普通にあります。これも多摩湖線運用終了で余裕が出来たからかもしれませんね。
小田急1000形に新2000系と〆に気に入っている電車に乗れてよかったですw

DSCF6173.jpg
西口に降りるとちょうどバスが発車するところでしたが新7E・336だったので出発するところを撮影してみました。ミラーにぶら下がっている紐みたいなのが風になびいていました…w ・336もまだ現役で安心しました。このあと、何故か10分後にすぐバスがあるのですが、それに乗って帰宅。朝と同じ瑞穂OPパークラッピングのRAでした。駅到着時に既に発車時刻になっていたので数分遅れて発車しました。 ちなみに画像のは16:00発で、乗ったのが10分、この後は31分、その後は30分開いて17:00…混雑的にはなんともいえないダイヤですね。。。

以上です。曇で気温もまぁまぁマシだったので久しぶりに大量に撮影できて良かったです。

では今回はこのへんで…

そういえばこの日に全国バスコレの新潟交通とE233系京葉線Bトレを購入しましたが、まぁこれは後ほど改めて紹介します。

ところで、新所沢のホームドア実験が始まったようですが、1番線でしかも新宿より最後部の設置なので、日中だと1時間に1回の各停新所沢どまり、朝夕も新所沢どまりか特急退避でしか使われないのでそれほど何度も見ることはできそうにないですね。あと国分寺からの6連新所沢行きも前よりに停まるようで3ドア車の様子を見るのも難しいですね…それと、停車位置に追いかけるということで時間が多くかかるという課題?も早速出ているようで、まぁ実験なので課題などをしっかり把握できると良いですね。
個人的に、ホームドアが追いかける際にホーム上を機械が移動するのが、逆に危険じゃないのかな(いくらもたれかかるなと言っても)と感じますが、気になるところですw

追伸(9月8日)
2020年のオリンピック開催地が東京に決定したということで。。。100台単位で行ったスポーツ祭東京2013とオリンピック招致ラッピング、ステッカーが身を結んだということでラッピングを行った成果がありましたね。これからいろいろ設備が作られていくようですが、地下鉄の豊洲~住吉の路線新設(というより有楽町線の支線っぽい)も検討されているようで、豊洲と住吉のホームも無事使われるようになると良いですね。コレがつながれば東上線と本線の東武車が中目黒に続いて同時に見れるようにもなるわけでやはり、実現したら面白いと思います。
これ以外にも道路とかも改良されると思いますし、どのように東京が変わっていくのか楽しみです。

それと最近問題になっている原発事故の汚染水について「問題ない」と世界に向けて発信したわけで、やはりそういったからには、しっかり対応していく必要がありますね。原発の是非に関わらず、とりあえず良くない状態であることは確かですし。。。

とりあえず、東京にオリンピックが決まって良かったと思います。

では
16:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.01 (Sun)

☆2013 第45号☆

こんばんは。

あれっ涼しくなったかなと思ったところでまた暑さが戻り猛暑が続いています。それでもまだ秋っぽくなってきたというか朝なんかは涼しいこともありますが、今後どうなりますかね。
日曜は夕方は外に出ていたのですが、ちょうどゲリラ豪雨に家の前でやられました…家の前の通りの歩道は水浸しになり家の前も軽く湖(水深10cmぐらい)になっていましたが、止んですぐに歩道は乾いていました。まぁ元々水はけのよい場所のようで結果的に被害はほぼありませんでした。

今回ですが、木曜に久しぶりに井の頭線に乗ろうと思い、そういえば長い間利用していなかった井の頭線吉祥寺駅から渋谷を往復してきました。それとBトレ紹介の2つとなります。

さて、長い用事も終わったことだし何か撮影というか乗って来たいなと思って思い立ったのが井の頭線でした。そういえば以前永福町でバス撮影のために明大前と往復したきり乗っていません。それと渋谷・明大前~井の頭公園までは東京へ来てから乗車していましたが吉祥寺には行っていませんでした。今回はようやく駅にエレベーターがついたその吉祥寺から井の頭線乗車。まぁ今回は武蔵境から中央線で2駅移動して吉祥寺へ。
吉祥寺駅ですが、今は京王の駅上に出来る建物の工事真っ最中で改札~JR~入口までは工事現場の中を通るのですがホームと改札は綺麗になっていました。今年度中にこの建物はできるようで、以前あったユザワヤが戻ってきて欲しいなぁと思っています。ここは鉄道模型などがおかれていたので(今は丸井の中で営業中)。。。

DSCF5930.jpg
1本後の各停に乗ろうと思い、軽く電車を撮影。到着から折り返しまで比較的ゆったりしていて日中の撮影は良好かと思います。前期車のライトブルーですが、実は初撮影。以前は嫌いだった1000系ですが今考えてみると3000系をよくアレンジしていて実は意外と良い車両じゃないかと思いますw

DSCF5931.jpg
こんな風に並びも気軽に撮影できます。カラフルだと同じ形式でも楽しくなりますw ところで日中は急行で来たら各停、各停だったら急行になって折り返します。

DSCF5936.jpg
電車が発車したところでアイボリーを撮影。こうしている間にすぐ1番線に電車が入線してくるのであまり時間はありませんw ところで井の頭線は震災後にダイヤが変わり、最初は急行と各停が1:1で毎時6本ずつになったあとに1:1のままで毎時8分ずつの計16本になり落ち着いています。以前は急行と各停は1:2で5本と10本でしたが、現状今の1:1の方が合っている気がします。

DSCF5941.jpg
続いてサーモンピンクが入ってきましたがアイボリーとの並びは撮影し忘れました。。。が、実際は必ず並んで数分してから片方が発車していきます。ここまで前期車が連続しています。といっても前期車でもVVVF装置が3種あったりドア窓の形状が違っています。

DSCF5945.jpg
続いてライトブルーのこれまた前期車が来ました。これに乗ります。同じ形式でも撮影に飽きがこないのはやはりカラフルさが良い影響を与えていますね。個人的にカラフルなのは好きなのでこういうのは良いですねw

DSCF5951.jpg
ドアは京王独特の角ばった窓です。やはりこれを見ると京王に乗ってるなと感じますね。ところでこのドアですが車内側にこのように凹凸があるものと外側にこうなっているものの2種が1000系にはあるようです。

DSCF5956.jpg
ところでドアの注意ステッカーですが、いのかしら7兄弟というキャラクターのようです。これどんな色があるのかわかるので実は子どもじゃなくても見る人が多そうでついでに注意歓呼で京王線のやつより良いかも。あと外側も綺麗にはがされてこれが貼ってあります。

DSCF5962.jpg
で、各停ということで京王名物といえるかは微妙ですが、各駅の停車時間がやたら短い駅があり、そして加減速も多いので低速走行が多いですがキビキビしていて楽しめますw 三鷹台では5秒程度しかドアが開いていませんでしたし、富士見ヶ丘に関しては駅停車前からベルがなっていました。あ、走行音ですが最初期のGTO-VVVFでした。京成3700形と同じ音のようで、あまり馴染みがないので良かったです。渋谷に到着し急行で折り返します。

DSCF5965.jpg
バイオレットの1000系が来ましたがここでやっと後期形です。後期形のほうがすっきりしている感じがするのと前面の扉の左側のピラーが黒くなりより湘南顔っぽくなっていますが、個人的には前期車のほうが京王らしさが出ていて気に入っています。

DSCF5985.jpg
お、期間限定の7色というか虹色が来ました。前面上部は明るい白でこれも期間限定です。個人的にはずっとこれで走ってもらいたいんですが…w

DSCF5988.jpg
側面はこのようにグラデーションです。個人的にはWord2003のワードアートを連想しますw 

DSCF5996.jpg
こちら側からも撮影。これ、井の頭線にいる7色の色でグラデーションしても面白そうですが、意外と色の差が激しいので難しいかなw この後切符を買いなおして吉祥寺に戻ります。ところでここも正真正銘渋谷なんですが、以前から井の頭線でくる渋谷は実感が無いというかこんなに吉祥寺から近かったっけ?と感じてしまいます。多摩地区に住んでいるので都心は遠いイメージがあるからかな…w

DSCF5996.jpg
後期車が停車していたので表示機を撮影。まぁオーソドックスな京王タイプの表示です。

DSCF6003.jpg
こんな表示が出ます。フルカラーLEDをしっかり使っていますw 日中は毎回永福町で接続なのでわかりやすくすみわけが出来て結果混雑緩和になっているので良いですね。西武新宿線ではその結果各停が結構混んでしまうんですがやはり路線の性格の違いですかね。こちらは距離も短く比較的郊外方面利用も多いですかね。

DSCF6006.jpg
この後期車の1本後のサーモンピンクの前期車に乗車。渋谷駅にはなつかしいこの表示機がまだ形だけ残っていました。橙色と緑色のランプのところに並んで待つという放送が思い浮かびますw 3000系を狙って数本見送ったのが懐かしい(というより数本だけで3000系が来るというのも良い時代でしたねw)です。

DSCF6013.jpg
まぁ各停なので行きとおなじ感じでしたが、吉祥寺駅手前で吉祥寺駅が開くまで停車していましたが、まぁ本数の割りに2本しかホームが無いので無理もないですね。でコレもGTO-VVVFでした。ところで前期にはこれ以外に2種IGBTがあるようですが一部は東洋製だそうで、乗りたいところです。ライトグリーンの後期車と並びます。

DSCF6019.jpg
ライトグリーンだけになったところを撮影。そういえばBトレで持っている色ですね。といっても自分の場合バイオレットとサーモンピンクの方が馴染みがある(何故かそれによくあたった)んですが…

DSCF6021.jpg
続いてきたライトブルーの急行も後期車。1721っていうと確か後期車1編成目だったと思います。側面はビードが無いのとドア窓が違うだけでも雰囲気がちょっと変わりますね。ところで井の頭線も京王のこだわり?の車端4席になっています。

DSCF6029.jpg
前期車のブルーグリーンと並びました。確か1715は前期車最後の編成です。このライトブルーとブルーグリーンは光線によってはかなり色が似て見えますねw

DSCF6036.jpg
ブルーグリーンだけになって撮影。この編成はドア窓が前述した車外側に凸凹があるドア窓ですね。この仕様は京王線側になく1000系独自仕様ということになります。

DSCF6040.jpg
ライトブルーの前期車が来ました。台車まわりを再塗装したようでグレーになっていました。

DSCF6046.jpg
アイボリーの前期車との並び。今回は前期車が多く来ましたね。ところで虹色を待とうかと思いましたが、結構気温が上がってきて40分程度待つには無理っぽかったので待たずにこれを撮影して撤収しました。吉祥寺は良い感じなので学校始まってからも入場券で撮影に来たいところです。

DSCF6047.jpg
このあとJRに戻り武蔵境へ。各駅停車のほうにはやぶさとスーパーこまちの宣伝が出ていました。あまり新幹線に興味ないのですがこの2種は乗ってみたいですね。E6系も最初に画像見たときは変な感じしましたが、慣れてくると実車を見たくなりましたねw速そうでミニ新幹線っぽくない感じがします。

DSCF6054.jpg
武蔵境には隣接してショッピング施設がありますが、実は西武のEmioになっています。多摩川線は同じ西武でもちょっと雰囲気が違う(武蔵境の放送も違う)感じがするので、ここで西武グループの表示見るとなんか違和感がw ところでEmioですが見事に新宿線には無いですね…w まぁ小さめの駅が多いからですが、増えて欲しいですねw

これで井の頭線は以上です。

さて、Bトレです。まずは阪急7000系更新車です。

DSCF5808 (1600x1200)
発売日に通販で買えず、新宿で買えず、天賞堂は売り切れということで東京では瞬殺だった阪急7000系ですが、なんとか手に入れることができました。まぁ一般販売でも東京では関西Bトレは売り切れるので私鉄限定となるとすぐ売り切れるのはまぁ目に見えているわけですが、もう少し数増やすとかできないのかな。むしろ増やしていっぱい買ってもらったほうが良いんじゃないか と思うのですがそれは商品の販売やコストを知らない素人の考えなのかも…w 

DSCF5911.jpg
この7000系更新車ですが、すべてがこの9000系スタイルのデザインに変更されたのではなく、今までの前面のまま更新されている編成も増えているようで…やはりコストがかかるのかもしれませんね。個人的には好きなデザインですが…ちなみに方向幕は内側に貼れますが見づらいので方向幕部だけ切り取って外側に貼っています。阪急は京王7000系のように右側が種別になっていますね。

DSCF5913.jpg
側面。阪急といえば携帯電話電源オフ車両があるようでそのステッカーつき。そういえば東急もかつては一部がそうなっていたような覚えがあります。側面ですが5000系更新車と同じパーツでドア窓拡大になっているようです。ちなみに艶あり塗装になっています(阪急のBトレは途中から艶ありになっている)。

DSCF5914.jpg
中間パンタ車。で、阪急は以前から側面方向幕のステッカーがついています。というより関西方面Bトレではよくあることのようですが…ちなみに更新車は左ドア部分の阪急マークは実際は無いようです。

DSCF5917.jpg
中間車。阪急は今までに一度だけしかのったことありませんが(5000系更新車)もう一度行きたい路線です。基本的に先頭Mcで、先頭ダブルパンタというのも惹かれる要因ではありますが、デザイン的に自分好みなので。ところで今後出る1000系は先頭はTcで4M4Tという関東っぽい仕様のようです。

DSCF5918.jpg
先頭ダブルパンタ。8両でも先頭にパンタを持ってくるのは阪急のこだわりだったのかな。ダブルパンタの先頭というとどうも2連が思い浮かぶのでちょっと新鮮。一方で西武好きとしては気になるところです。

今回、あまり知らない車種ですので評価はなし。ところで阪急は6000系の一般販売が9月にあります。今回は肩にクリーム色が入った現在の仕様のようです。購入予定はありませんでしたが、この7000系が手に入ったのでそろえたくなり予約しておきました。

DSCF5524.jpg
続いてメトロ8000系です。発売後に商品の画像を見て欲しくなったものです。実車は…実はそれほど好きじゃなく小さい頃からコレが来ると「ハズレ」と思ってパスしていた車種ですw でもそういう電車ほど親近感が湧きますw 西武の2000系も小さい頃は嫌いだと思っていましたし、20年間で好みも変わったようです。

DSCF5920.jpg
画像だと紫色が薄くなっていますが、肉眼だと実車よりも濃く明るい印象を受けます(まぁそこが気に入った要因でもありますが)。でこれも内側から貼れるのですが、LED表示ステッカーとモールドが一致しないので外側に貼っています。

DSCF5921.jpg
先頭車側面。もうこの側面のBトレも4本目なので特に説明はいらないですが…ドアが小窓の仕様です。

DSCF5922.jpg
中間弱冷房車。

DSCF5923.jpg
中間パンタなし。

DSCF5924.jpg
先頭車。

DSCF5928.jpg
7000系と並べてみました。兄弟車ですが前面のライト部分などが違うだけでだいぶ印象が変わってきますね。


じゃ評価
造形のよさ:4
→まぁ側面の金型は同じものなので(厳密には実車は細部が7000系などとは異なるようですが)、前面となりますが、まぁしっかり再現されていると思います。まぁ内側からシールがはれず微妙にずれるのはまぁ許容範囲という感じですかね。

説明書の分かりやすさ:○

入手安易度:4
→一般販売ですので、まぁ今もある程度普通に買えるようです。

シール充実度:4
→まぁしっかり一通り揃っています。

部品豊富度:3
→少し余ります。相変わらず妻面が8種類も分けられていますが、妻面まで再現できるようにしているのは評価できます。

組み立てやすさ:4
→全体的に良好です。ちなみに、今回もHGシャーシに入れ替えず、SHGですが連結ドローバー?は旧来のものを使用しています。現在の仕様だと車間が開きすぎてどうも気に入りませんね…

以上ということになります。

ところで前回忘れてしまいましたが西武のみどりバスの新型エアロミディですが、保谷駅に銀サッシのと黒サッシのが両方停まっていました。ということでMP同様黒サッシでの増備に変更になったということになり、銀サッシのミディは西武で1台だけのレア車両ということになります。後は…通常カラーのミディも見てみたいところですが、登場しているっぽいですね。まぁ練馬あたりだと撮影しづらいですが、早く実車を見たいところです。

では今回はこのへんで


22:29  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.31 (Sat)

★2013 第44号★

こんばんは。

各地で大雨になっていますが、東京は降ってないわけではないですが、まぁ普通な感じです。なんか東京の周辺は雨や地震も今のところ少なめで、そのうちとんでもないのが来るんじゃないかと逆に不安になりますね。。。
ただ、どちらにしろ今年は局地的な雨が多いですね。関東のゲリラ豪雨も局地的ですし、もう少し分散できないのかと思いますが、まぁ相手は自然なので…w

さて、今回は立川でちょっとバスを撮影したのと、恒例の宮ノ前関連の2本立てでお送りしたいと思います。阪急や半蔵門線Bトレは申し訳ないですが次回以降に持ち越ししたいと思います。

立川はもう既に家の庭のような状態になっていますが、まぁ今回も家族の用事についていきました。高校にいた頃は立川はそれほど行かなかった場所ですが、大学になってからは中央線沿線にやたら出かけているのでw立川もそれに入っています。

DSCF5813.jpg
UAワンステ。初期の方向幕周り2色塗りの・637ですが、A3ということであと1年~2年は現役で活躍すると思いますが、2色塗りは今後減っていくと思うので撮影しておいたほうがよさそうです。

DSCF5814.jpg
UAノンステ。さすがにこのラッピングも西武バスには多いので見慣れてきてそろそろ通常塗装も撮影したくなってきますが、いよいよ9月に決まるようで、まぁこれが実を結んで決まると良いですね。

DSCF5815.jpg
立川バス形式上QKG-MPノンステ。このタイプの車両は立川バスは遅めの導入でしたが、結構目立ってきたなと感じます。まぁなんだかんだいって結構導入されているようですし、まぁ今後も増えると思います。

DSCF5818.jpg
立川バスのエルガノンステ。聖おにいさんラッピングです。側面はこんな感じ。ところで今の立川バスでは標準仕様な戸袋窓部へのLED表示機搭載ですが、前中間が逆T字窓2枚になっているのですこし長く見えますね。まぁそもそも標準尺ですけどね。

DSCF5819a.jpg
競輪場輸送の立川バスの7Eですが…ナンバーが4800台ですか!このナンバーだとおそらく97年導入ぐらいかと思いますが、ここまでのベテラン車が残っているなぁと思います。まぁ競輪場輸送専門の予備車だと思われますが、既に立川でも上水にしか残っていない(曙にも1台いますが)ですし、1日でも長くがんばって欲しいですね。

DSCF5826.jpg
UAノンステ。それにしてもICマークの色あせがひどいですね。まぁ多くのバスでこうなってしまっています。見る角度によっては「i」しか見えなくなりました。

DSCF5829.jpg
場所を移動して撮影。こちらは速度が出ていたり左折していたりとブレる可能性が高いですが、まぁあえてそれに挑戦。立川バスのMPノンステ。

DSCF5831.jpg
RMノンステ。OEM開始前の中期タイプにあたるバスです。このタイプは側面は前期タイプとほぼ変わらないので側面だけだと見分けるのが難しいです。前面と後部がRAタイプなのでそこを見ると判別できます。

DSCF5832.jpg
立川バスエルガミオノンステ。ところで前の横断歩道ですがここは時々信号無視する歩行者と出てくるバスと接触寸前になっていることが結構あり、若干危険です。

DSCF5833.jpg
この日も応現院からのバスが出ていて長尺のMPワンステが来ていました。

DSCF5834.jpg
東村山行きのMPノンステ。そういえば先日平日の日中に東村山からバスに乗ったのですがそもそも5人しか乗らず、自分が降りるバス停までに3人降りてしまい2人だけで走っていきました。こうなっちゃうと日中の1時間2本程度は仕方ないのかなと思ってしまいますね。

DSCF5837.jpg
立川バスAAノンステ。立川駅でもそれほど多くなく、イオンモールでも撮影しづらく台数のわりにあまり撮影できていません。しかも拝島行きは左折していってしまいますし、1回しっかり撮影したいところです。

DSCF5838.jpg
立川バスMPノンステ。

DSCF5845.jpg
立川バス名物の途中からラッピングです。これは後部がちょうどライト周りだけ白く囲われていてそこだけくりぬかれてラッピングされているのも特徴の一つなんですがなかなか後部撮影の機会に恵まれません・・・

DSCF5846.jpg
立川バスAAノンステ。珍しくラッピングされています。系統番号が大きいわりに行先表示が小さいですねw

DSCF5852.jpg
立川バスエアロミディロング。この系統で比較的多くくる車種です。立川ではあまり多く撮影していない気がします。ところでミディの運転席側のミラーの取り付け?がパイプではなく板みたいな形状になっているようです。
これを撮影して撤収しました。
まぁ立川は今後もよく行くと思うので、今後はこちら側での撮影も取り入れていこうと思います。

さて、続いて宮ノ前です。

DSCF5856.jpg
まずはバス。今回は所定だと8時15分に駅に到着するバスでしたが、まぁ今回も優先席(ロングシート部)がすべて空席で後部も空席が多く10人程度しか乗っていませんでした。このダイヤは雨や前のバスとの間隔が開くと大混雑することもあるダイヤです。で後ろが乗ってきたバスで前は22分にここを出発するバス。朝はこうやって2台並ぶことが多いです。今回は同じ車種で同じラッピングが並んでいましたw ここで2台並ぶ光景は新鮮ですねw

この後はちょうど特急退避の準急がいましたが、まぁ早く着いたほうがいいのでそれに乗車。新2000系8両+2000系2両の逆連結編成でした。ちなみに次の日にちょうど同じ時間の電車を踏切で見ましたが2+8の普通の連結でした。それと6+4の逆連結もよく見かけるので、4+6の縛りがなくなったことで2000系グループの10両運用の連結パターンの縛りが消えたということかもしれません。ただ、30000系は今も8+2の逆連結で10両固定運用に入っているということは、縛りがなくなったものの、6000系~30000系の10両固定運用とは分けられているものと思われます。ところで運用絡みで言うと日中の小平~拝島の区間各停は3000系運用のようですね。
さて、途中小平では特に接続しなかったため前回乗った急行より混雑度は低め(とはいってもラッシュ時ですのでそれなりに混んでいますが)でした。

その後山手線ですが池袋行きの直後だったので目白までは空いていましたが池袋で座席がすべて埋まり立ち席が出ているというこの時間のこの区間ではあまり無い混雑度でした。この時間のこの区間はいつもは空席が出るほど空いています。
で都電ですが8500形。この形式は何故か他社より床が高くホームとの段差ができたりエアコンの音がうるさすぎてあまり気に入っていませんが、窓が大きいのは良いところなのと、今回はエアコンが弱めでVVVFの音が意外と聞こえてきました(といっても小さい)。

で、戻りですが、都電の接近情報を見ていましたが3本連続で8800形と出ていたので諦めてそれに乗車。でもまだ空いていたので良かったです(というより前との差が開いていて途中の車庫から増便された模様で乗ってこなくなった)。8500や8800でも前面が見えると面白くなってきますw マスコンを細かく動かすのは路面電車ならではかもしれません。

DSCF5858a.jpg
その前に駅で待っていると後ろから吊り掛けの音が聞こえてきたので後追いで7000形を撮影。前後との間隔がずれていたのか結構勢いよく走っていきました。

DSCF5859.jpg
大塚駅前で1本待って後続を撮影。接近情報を見ると何が来るか分かってしまいますが、まぁそれの方が効率よく撮影(撮影するか撤収するか決められる)できるのは良いところです。ちなみにこの日はこの時間帯は7000形は結構固まって運用されていたようで数本待ってもずっと8800形だったみたいです・・・w

DSCF5861a.jpg
平日はそれほど多く運用されていない9000形も運用についていました。これは1回しか乗ったこと無いのですが、内装も茶色が多くレトロな雰囲気だったと思います。また乗りたいところです。

DSCF5863.jpg
この後山手線で1駅移動し池袋へ。ちょうど池袋で埼京線が来るとのことで待っていたらE233系。。。最近新宿でも見ていますし、導入からすこししか経っていないのに存在感が既にありますw 

DSCF5867.jpg
側面もなんとなく撮影。ちょうどここはサハでした。

DSCF5868.jpg
この後昼食をとって西武線へ。最近始まったレッドアロー乗車券のネット購入の案内です。通勤利用でも観光でもネットで購入できるのは良いですね。といっても自分は利用しませんが…w

途中石神井公園で撮影したいので優等種別で行こうと思いましたが準急でした。車両は新2000系の2+8でした。でこの準急は練馬で快速急行とタッチの差で接続せずに石神井公園まで頑張る運用でした。練馬では快速急行が駅に停車する直前でドアがしまり先行します。といっても練馬で既に快急が石神井以降先着と放送があり練馬で乗り換える客もいました。

DSCF5869.jpg
石神井公園に到着しましたが遅れがなかったので普通に移動して快速急行を撮できました。まぁメトロ10000系ですが、あまりメトロの快急は撮影できるわけでもないので撮影。ところで相変わらず空いていましたw

DSCF5870a.jpg
上りの元町・中華街行きの東急5050系が出発していったので無理やり撮影。既に乗り入れが始まり5ヶ月。もう西武線内で何度も東急車を見ているので日常的な光景になりました。っていうよりまだ1年も経っていないんですよね。

DSCF5873.jpg
乗ってきた準急。まぁいつもどおりなことですが快速急行よりこの準急の方が乗車率が高く、快急は座席が軽く空いている程度で空いていますが準急は座席はほとんど埋まり立ち席もちらほら出ています。まぁ空いているほうが利用しやすいですが今後どうなるか。

DSCF5874.jpg
前から気になっている地面の亀裂…w これ結構前からあるのですが、だんだんと大きくなってきたような…

DSCF5875.jpg
9000系の急行がメトロ10000系と並んでやってきました。複々線のおかげで急行が詰まらずに走ってこれるのが良いですね。

DSCF5876a.jpg
池袋行きの新2000系。お、8両ですがダブルパンタのままになっている編成ですね。8両のパンタ削減は未更新でも行われているのでなかなか見ることができません。8両で6つのパンタというのはパンタグラフが多い以前の西武っぽさが残っていますね。ところでコレ以降黄色い電車がぱったりと来なくなります…

DSCF5877.jpg
30000系の所沢行き。1番線に転線するので比較的低速でやってきます。石神井公園手前では緩行線から1番に入るのと優等線から2番に入る運用があるので意外と交差していますね。

DSCF5878a.jpg
なんか明るすぎる画像ですがメトロ10000系。

DSCF5880.jpg
さっきの30000系。こうやってちょっと遠くから停車している電車を見るのはなんとなく気に入っている構図ですw 客が乗ってくる様子とかが見れてなんか面白いです。

DSCF5883.jpg
東急5050系が入ってきました。

DSCF5885.jpg
ここでの接続は無くさっさと発車していきます。東急車はこういう新しめな駅が似合いますね。

DSCF5889.jpg
30000系の池袋行き。側面のSEIBUが省略された編成です。最初は新鮮に感じた側面のグラデーション帯も既に普通なものになっています。考えてみるとグラデーションの帯を採用している電車ってそんなに多くないですね。

DSCF5890.jpg
レッドアローが来ましたが普通の10000系。いい加減RACを撮影したいものですが、機会に恵まれません…

DSCF5892.jpg
さっきの30000系ですが接続の準急も30000系。これからさらにこのような光景が増えていくわけですが、自分の知っている西武とは違うって感じがすごくしますw

DSCF5893a.jpg
とはいうものの一応並びを狙ったのですが発車時間がずれていてかなわず…とりあえず各停池袋行きを撮影し…

DSCF5894a.jpg
準急の方も撮影。新宿線でも一度で良いのでダブルパンタが前に出て欲しいですね。ところで新宿線に2両1編成が転属しているという噂を聞いたことがあるのですが実際どうなのか確認できていません。

DSCF5895.jpg
ちょっとそろそろ空気読もうか30000系w ここまで連続してくれなくて良いのですが…これがさらに増えるとなるとさらに30000系に当たることが多くなるわけでちょっと複雑です。

DSCF5896a.jpg
あの~…本当にここまで30000系ばかり撮影することも珍しいです。しかもダブルパンタが来たのにピンボケという…

DSCF5898.jpg
新木場行き6000系。やはり良いですね6000系。ここのところ新宿線でニアミスばかりしていてそろそろ6000系に乗りたくなってきました。というより東横線全線を1回6000系で乗りとおしたいところです。

DSCF5905.jpg
緩行線から転線してきた6050系は西武100周年・NACK5の25周年記念ラッピング編成。新木場から来た小手指行きでこの先ひばりヶ丘で快速急行と接続します。

DSCF5906.jpg
側面のラッピングを一応撮影。なんか西武100周年よりNACK5の方が目立っていますねw まぁそれほど東京や埼玉ではなじみのあるラジオ局ということですかね…w で、この後の準急か快急に乗って帰ろうと思ったのですが快急はM運用ということで、準急が黄色だったら準急で違ったら快急と思ったのですが…

DSCF5907.jpg
準急は20000系ということで快速急行に乗ることにしました。池袋線で相変わらず活躍しているトップナンバー。新車時に追いかけた自分からするとトップナンバーが池袋線というのは変な感じがしますw

DSCF5910.jpg
で、快速急行は6050系でした。で車内ですが前の快速急行と同じく石神井公園接続の準急の方が乗客が多かったのと、その空いている中でひばりヶ丘で4割程度降りていったためそれ以降は4割程度座席が空いているという人気の無さ…空いているので快速急行に乗れるわけですが、もう少し利用があったほうが良いような…w ところでその空いている中でひばりヶ丘~所沢ではかなり飛ばしてくれたので迫力があり面白かったです。

この後ちょうど来た新2000系8両+2000系2両の逆連結編成に乗車し東村山へ。
東村山駅からは行きと同じナンバーのRAで帰宅しました。ところで西武バスの放送の文言が変更になっていました。まぁ宣伝や経由地案内の放送が変わっていた以外にボタンが押されたときの放送が、今までは「メロディ 次とまります。バスが停まるまでおまちください」だったのが、「ポーン(チャイム) 次とまります。ドアーが開くまでお待ちください」となっていて、バス停に停車する前に「メロディ 危険ですので、バスが停まるまでお待ちください」と放送が入るようになっていました。ただ声はそのままでした。どうやら滝山などとは放送機器自体が違うようでそれが声が同じ西武でも異なっている要因なのかもしれません。ちなみにこの放送は小平と所沢も同じ声で、他にも使われているかもしれません。

以上です。まぁ意外と久しぶりな石神井公園だったのですが、30000系ばかりでなんともいえない感じでした…w

では今回はこのへんで
14:29  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.23 (Fri)

☆2013 第43号☆  更新再開

こんばんは

前回の日曜日です。この日はさすがに暇なこともあり、そろそろ乗り鉄でもしたいと思いつつ、猛暑をどうしたら避けられるかと考えたところ…電車で乗りとおしていれば(もちろん切符買い直し等を入れて)暑くないんじゃないか と考え、西武新宿線を全線1往復することに。東村山からスタートです。

DSCF5725 (1600x1200)
まずは、西武新宿へ。ちょうど各停西武新宿行きと出ていたので黄色い電車なら乗ろうと考えてたら新2000系4+4が来たので乗車。土日の9時台後半でしたが、ガラガラで座席も結構開いていました。11時台になるととりあえず小平までは結構乗っていますが…

DSCF5727 (1600x1200)
小平で拝島線からの急行接続。ただでさえ空いていたので小平で急行が来てからはさらにガラガラになり座席がこんな感じになっていましたw で、日中ダイヤじゃないので無駄に5分も止まらずすぐに発車しました。で、この各停は何度も抜かれるダイヤで、小平で接続した後に井荻で急行と特急、中井で急行と3回も急行が先に行くパターンでした。そのため鷺ノ宮までずっとこんな感じでした。日中では考えられないですねw

DSCF5729 (1600x1200)
ただ、通過の特急が遅れたため2分程度遅れて西武新宿へ。到着時点ですでに発車時間間際でした。乗務員さんが乗車しすぐに折り返し上石神井行で発車していきました。ちなみに所定だと4分後に特急で、沼袋までひっぱるみたいなので遅れると響きそうです…土日だとこの上石神井行き以降は日中のパターンダイヤに以降するので朝最後の上石神井行きということになります。

DSCF5731 (1600x1200)
井荻で抜いていった特急は最新VVVF編成。この編成結構見るのですがあまり西武新宿でこうやって撮影できたことはないですね。ところで撮影していると車掌さんがカメラの外へ移動してくださいました。仕事中なのに申し訳ないです。ありがとうございます。

DSCF5735 (1600x1200)
西武新宿TOMONY。まぁTOMONYで時々ある西武グッズ販売コーナー。まぁ特にここ限定とかはないですが西武グッズが置かれています。以前は西武がこうやってグッズを駅で売ることはありませんでしたが、最近は積極的においているようで。。。

DSCF5741 (1600x1200)
切符を買い直し戻ると各停田無行きがいたので撮影。新2000系超更新ですが2055なので新2000系の最終編成ですね。実はこの日踏切でこれを見ていたのでまさかまた見るとは思いませんでしたw

DSCF5743 (1600x1200)
で、これに乗らずに急行で、と思ったのですが20000系が来たので方針を変更しこれに乗車。結局今回すべて各停となることが決定(田無以降はどう頑張っても各停なので)しましたw

DSCF5751 (1600x1200)
車内ガラガラだったので、車内を撮影。更新時に取り付けられたLED表示機ですが、小さい上に片側4ドア中2ドアで超更新にしかついていないので見られているか正直微妙な気もします。ちょっと時期がずれればLCD設置もありえたかもしれません。

DSCF5752 (1600x1200)
ドア下の黄色というかオレンジ。以前は濃く見えましたがすでにこの色しか見られないので普通ですね。そういえば今年度分からマイナーチェンジが入る30000系ですが、ここがE233系みたいに軽く点字ブロックになったりするんですかね。まぁなっていたらまた撮影しなければならないですがw

DSCF5754 (1600x1200)
ドア。さっきまで初期車に乗っていたので微妙な差ですがドア窓が一回り小さいことが強調されて見えますw まぁ新2000系や6000系はまだそうでもないのですが幅広で曲がっている30000系のドア窓は特に小さく見えます。

DSCF5755 (1600x1200)
上井草駅のホームですが、こんな感じに正方形が敷き詰められたような形状でこれが未更新の舗装ということになります。秩父線でまだ見られますが都内だともうここしか残っていないようです。駅の支柱も古く橋上駅でもないのでちょっとレトロな雰囲気です。

DSCF5757 (1600x1200)
田無行きなので降車が終わると西武新宿行きに。塗装したてなのか黄色が映えますねw特に戸袋窓がない超更新車は余計にそう見えます。黄色い電車好きですがやはりこの鮮やかな方が良いですね。

DSCF5758 (1600x1200)
で急行できた本川越行きに乗り継ぎますがこれは田無行きですれ違う電車から確認して30000系8両ということはわかっていました。まぁ高速区間なので黄色が良かったですが、まぁ30000系の加速と音をチェックということにしますw 東村山で西武園行きがいましたが新2000系のベンチレータ撤去車。6両でした。着実に進んでいますね。

途中新所沢では1番線側に試験のホームドア(1両分)がついていましたが稼働してはいませんでした。というより「工事のため1番線発着列車の停車位置(8両)が変わっています」と放送があったため、まだ実験開始ではない模様でした。で30000系でももちろん新所沢~本川越は高速走行でしたが、30000系だと加速が良いのですぐ速度が乗ってきてなんか西武っぽくない感じでしたw

DSCF5765 (1600x1200)
急行西武新宿行きで折り返します。ところで以前は日中は各停と急行の発着番線が異なっていて、駅に10分以上停車していましたがそれが再びなくなり1線のみ使用になっていました。停車時間も5分程度になりました。

DSCF5769 (1600x1200)
なにかとよく会う30000系。やはり加速が良いようでスムーズに速度がのってきますね。出力も西武で一番高いですし、結構強力なのかも。そういえば最近の車両は再び強力な車両が増えてきた気がしますね。

この後ポポンデッタによりましたが西武の駅名キーホルダーが販売中で武蔵大和を発見したので購入。よほどの利用者かマニアしか買いそうにない駅ですが…w あと500円のDVDシリーズの名鉄1と2、南海、西鉄を購入。京王の永福町で京王を購入した後、新所沢で西武を手に入れましたが、他に阪急1と2、東急、東武を持っています。まぁ形式名や説明間違いがあるのですが、500円の割にはしっかりつくってあり画質も悪くないです。ただ名鉄で3700系を映して「3500系です」と言っていたのは…でしたがw 車体の断面が違うので実際は見分けつきます。

DSCF5772 (1600x1200)
で東村山へ戻りますが、新2000系超更新車でした。今日は4回中3回が新2000系ということになりました。まぁ黄色い電車ですし良かったですが… まぁ行きは乗れなかった高速走行を楽しめました。で、超更新なのに3色LEDということで…

DSCF5774 (1600x1200)
池袋線から転属してきた超更新車です。一時的転属かと思っていたのですが結局ずっと住みついていますw まぁ正直池袋線は新しめな車両が多いので超更新は新宿線に集まってくれると新宿線利用者にはうれしいですがw

DSCF5779 (1600x1200)
ちょうど下りの電車が入ってきて先頭まで近かったので撮影。2000系です。まぁとりあえずまだ2000系の置き換えは無さそうですが、まぁ数年で3000系の方は完了してしまうと思うので当たり前にいるうちに撮影しておきます。35年以上活躍している形式が主力級に活躍しているのは西武ぐらいになってしまいましたが、この調子で首都圏最古参になるぐらいまで頑張ってほしいところですw 更新で古く感じないですし。。。

DSCF5783 (1600x1200)
特急。乗車した急行の16分後に本川越を発車する特急ですが東村山までに8分差に縮めます。とはいってもこれ以降はぬかすわけではないですが、やはり特急は早いです。急行ももう少し速達になると便利なんですけどね。。。

DSCF5787 (1600x1200)
こんな表示があったので撮影。階段の降りたところについています。まぁ停車位置がちょうど階段と階段の間なので、こうやって表記しているようです。

以上です。

ここからはバスコレ18弾と他のバスコレ2種との比較画像を掲載。

DSCF5800 (1600x1200)
エルガワンステとノンステの並び。ノンステの方は金型リニューアルのおかげでワンステとおんなじようにリアルになった関東バスエルガ。高さの違いがよくわかるかな

DSCF5802 (1600x1200)
後部。ワンステとノンステのライトや窓の下部の位置は共通なようで、ワンステは背が高い分窓が大きいようです。

DSCF5803 (1600x1200)
続いてMPワンステと比較。標準尺ですが、確かMPだとM尺、エルガだとN尺という微妙な違いがあり微妙に長さが違いますが、まぁどちらも同じ標準尺ということになります。

DSCF5804 (1600x1200)
窓の高さ的にMPの方が背が高く見えますね。

DSCF5806 (1600x1200)
前面。まぁ大きさは同じですね。窓の大きさもほぼ同じですがMPは上部から連続しているので余計に大きく見えるようです。

DSCF5805 (1600x1200)
後部。

DSCF5811 (1600x1200)
最後に…新宿でも通販でも買えなかった阪急7000系更新車Bトレでしたが、ここまでしたら何としてでも手に入れたくなったですがなんとか手に入れられました。もう組み立ててありますが、まぁこれは次回紹介します。

では今日はこのへんで
17:16  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.23 (Fri)

★2013 第42号★

こんばんは。
諸事情が終了し、ようやく自宅へ戻って「夏休み」になりました。とりあえずこれから1か月ぐらいようやく夏休みですね。

さて、今回は所用中の11日に短時間ですが立川で南武線をかるーく撮影してきたものを掲載します。 記事は諸事情の間に書いていたもので、若干記事が古いですがご了承を。

10日と11日は殺人的な猛暑でしたね。東京では2日連続38度になり、外にいるだけでぼーっとしてしまうような暑さでした。家にはいなく、更新休止期間ですが、この2日間はどちらも外に出ていました(土日は用事がないため)が、外に出た瞬間に汗が出るレベルでしたね。土曜日はあっちでつぶやいたような結果で余計に暑さを感じる気分でした…
それにしても東北は大雨、首都圏や大阪では猛暑…そのうち外に出られないほどの暑さや豪雨ばかりになりそうな雰囲気で、なんとかならないのか…天気なのでどうしようもないですが、こんな感じの極端な天気はやめてもらいたいですね。

さて、そんな猛暑の日曜ですが、立川に本を買いに行った際にどうせなら南武線205系を一応撮影しておこうと考え、入場券で撮影しました。ちなみに、バスを2階から見下ろしてみるとなぜかイオンモールラッピングでいつもはそちら専属の立川バスエルガがいたのですが、そちらはバス停が暑そうでパスしました(汗

DSCF5531 (1600x1200) (1280x960)
で、いきなりドアの画像ですが…そういえば埼京線・南武線・横浜線から205系が消えるとこの高い窓の仕様は東京だと武蔵野線だけになり、ますます見られなくなるな と思い撮影。小さいころはメトロ車よりも窓が大きくまだマシだなと思っていましたねw

DSCF5532 (1600x1200) (1280x960)
ん?ドア下が黄色くなっていますね。京葉線のように点字ブロックのようにはなっていませんが、ドア下黄色は最近の車両に合わせてますね。

DSCF5533 (1600x1200) (1280x960)
車番。山手線からの転属車なので205系の前期車ということになります。京葉線の205系は転用となりましたが、こちらはやはり、このまま引退という方向になりそうです。山手線で活躍していた205系がついに引退してしまうことになりそうです。

DSCF5536 (1600x1200) (1280x960)
方向幕と号車表示。どちらも205系南武線仕様なので、E233系になると消えることになります。方向幕も東京では珍しいものになりつつありますね。

DSCF5538 (1600x1200) (1280x960)
おまたせいたしました前面です。やっぱりこのデザインは古さを感じないデザインで、置き換えが始まるとは思えない感じがしますね。まだ余裕で使えそうな感じがますね。

DSCF5553 (1600x1200) (1280x960)
続いて209系が入ってきました。現在南武線では3本209系が活躍しているようですがすべて2200番台化されていて機器更新され、LED表示機を搭載。これも置き換えるようですが、房総でも同じ年代の車両が活躍していますし、廃車ではなく転用になるかもしれません。

DSCF5557 (1600x1200) (1280x960)
ドア。JR東日本の標準的なスタイルですが、ドアの取っ手が片側というのが特徴ですかね。同じ仕様を採用している私鉄もありますが、全体的には両側についていることが多く感じます。

DSCF5559 (1600x1200) (1280x960)
改造された窓とLED表示機。LEDはもともと方向幕部分にはめ込んでいるため、若干スペースより小さい表示機になっています。改造された窓はまぁこれは500番台でも見ることができますが、209系の特徴(まぁこうなるようになったきっかけはあまり良いことではありませんでしたが)ですかね。

DSCF5561 (1600x1200) (1280x960)
車番。表示機等が更新されたためか205系と異なり先頭も2200番台になっています。

DSCF5565 (1600x1200) (1280x960)
原型の固定窓を。やはり209系というとこの大きな1枚窓を思い浮かべます。今までのとちがい新しいなぁと感じましたね。ただこの固定窓が問題になってしまい、結局消えることになったのはなんともいえませんね。

DSCF5578 (1600x1200) (1280x960)
続いて205系が来ましたがまずは細部を撮影。ちょうど快速でした。まぁ途中で追い越しはしませんが時間短縮と登戸からの各停接続で各駅利用者にも考慮されています。本当は登戸~立川でも快速運行をすると便利なんですけどね。

DSCF5580 (1600x1200) (1280x960)
わかりづらいですが、シングルアームパンタを搭載しています。JR車は車端側に>なっていることが多いですね。

DSCF5582 (1600x1200) (1280x960)
こちらも高い窓にドア下の黄色がついていました。

DSCF5585 (1600x1200) (1280x960)
で、先頭車番。1200番台ということで先頭車化改造の編成です。南武線は唯一原型車と改造車が共存している路線で、まぁ209系がいたのでワンハンドルマスコンとなる改造車も導入することになったと思われます。

DSCF5589 (1600x1200) (1280x960)
お待たせしました前面を。前面は205系というよりE233系の雰囲気がありますね。それと前面はLED表示機になっています。この編成は…まだ改造したばかりな感じもしますが廃車になるのかどうか というところですかね。

DSCF5597 (1600x1200) (1280x960)
表示機をアップで。まだ「快速 川崎」の組み合わせはあまり見ていないので新鮮です。やはり今後は東京多摩地区内でも快速導入があると便利な気がします。といっても日中は神奈川県以内の方が混んでいるので運転本数的には今のやり方がいいのかもしれませんね。

DSCF5601 (1600x1200) (1280x960)
普通の205系が入ってきました。ほぼ10分間隔で交互にホームへ入ってくるので比較的ゆっくり撮影することができます。この3色組み合わせは以前から気に入っていましたが、これはE233系にも受け継がれるので帯色消滅の心配はないですね。

DSCF5610 (1600x1200) (1280x960)
川崎行。このラインカラー付きの方向幕はE233系になると消滅ということになります。まぁフルカラーなので再現はできそうですけど「南武線 各停川崎」のような交互表示だけになりそうです。

DSCF5614 (1600x1200) (1280x960)
こちらも山手線からの転入車ということになります。まだ車体的にはさらに転用できそうですが、今のところ転用先がない気がする(あるとすれば107系の置き換え?)ので多くが廃車になりそうですね。

DSCF5618 (1600x1200) (1280x960)
ちょうど優先席が見えたのでなんとなく撮影。JR東日本の優先席は派手でわかりやすいですねw

DSCF5627 (1600x1200) (1280x960)
もう1枚さっきの205系を撮影して撤収。15分ぐらいで一応南武線の3種類をすべて撮影することができました。まぁ置き換え前までにはしっかり他の駅でも撮影しておきたいところですが、まぁ気が早いですがとりあえず立川で撮影しておきました。

さて、続いてバスコレ18弾が来たのでせっかくなので掲載しておきます。

DSCF5672 (1600x1200) (1280x960)
ちなみに今回は個人的に持っておきたいもの以外は売却を検討しています。で、持っておきたいものは1台3枚ずつ画像を掲載します。まずは売却を検討しているもの

DSCF5635 (1600x1200) (1280x960)
長電バスのレインボーです。後部は表示機は無い仕様です。で非常口が中央の前期仕様。全体的に良いのですが一つ問題があり、扉側の側面ガラスパーツの扉部分が下に明かり窓が入る京王仕様が入っていますが車体は明かり窓はなく…つまり若干膨らんでしまっています…

DSCF5645 (1600x1200) (1280x960)
近鉄バスレインボー。後期仕様です。近鉄の路線車はバスコレでは初かな。

DSCF5653 (1600x1200) (1280x960)
岐阜バスレインボー。後期仕様です。

DSCF5662 (1600x1200) (1280x960)
京都市営バスのレインボーは前期仕様。京都市営ならではの方向幕仕様で、後部は窓の下に方向幕がついている仕様です。なぜかウインカーのモールドは窓下なのに再現は下です。

DSCF5668 (1600x1200) (1280x960)
十勝バスのレインボー。今回BOXの表紙になっているバスでもあります。後期仕様です。

DSCF5673 (1600x1200) (1280x960)
京王バスレインボー。前期仕様で八王子のバスですね。この車両はすでに引退している可能性もありますね。全体的にはしっかりしていましたが、自分のは車体が膨らんでしまっていてちょっと改良(内側からセメダインつけるとか)が必要です。。。

DSCF5676 (1600x1200) (1280x960)
後部。前期仕様なのでライトが上の方についています。京王なので乗降中表示機はありません。

DSCF5677 (1600x1200) (1280x960)
側面。明かり窓も塗装ではなくガラスパーツで再現されています。でなぜか長電バスはこのガラスパーツをつけたという…さすがに定価800円でこれは微妙かなぁ…

DSCF5681 (1600x1200) (1280x960)
臨港バス。川崎駅行きということで、確かに川崎駅にはレインボーが結構いた覚えがありますね。

DSCF5683 (1600x1200) (1280x960)
後部は後期仕様なのでライトが下になっています。ちなみに後部表示機はもちろん内側再現です。

DSCF5684 (1600x1200) (1280x960)
後期仕様の非常口後ろバージョン。まぁこれが標準的ですがレインボーだと変な違和感がw

DSCF5688 (1600x1200) (1280x960)
国際興業バスエルガワンステ。これが出たということはシークレットは出ないということでシークレットはこの会社の夜のあれということです。通常のこれもなかなかよくできています。

DSCF5690 (1600x1200) (1280x960)
屋根が白色の「新塗装」です。これを新塗装と言っていいのか微妙なところですが、まぁそれはおいといて、実車通り本当に真っ白ですw

DSCF5691 (1600x1200) (1280x960)
後部。まぁノンステより後部の窓が大きい仕様はしっかり再現。っていうよりこの18弾…レインボーよりエルガの方がよりリアルに感じますw この屋根のRがそっくりでいいですね。

DSCF5693 (1600x1200) (1280x960)
都営のレインボー。新宿や高田馬場でよく見る+青梅でよくみるバスですが、今回は小滝橋で高田馬場駅行きの再現になっています。

DSCF5695 (1600x1200) (1280x960)
側面ですが…都営独特の固定窓仕様になっています。

DSCF5696 (1600x1200) (1280x960)
反対側。一番最後の窓は換気目的なのか逆T字窓になっています。

DSCF5705 (1600x1200) (1280x960)
西鉄は新塗装のエルガワンステ。塗装がきれいで気に入りました。これは最新式のエルガワンステとなっています。

DSCF5707 (1600x1200) (1280x960)
後部。やっぱり再現度は素晴らしく、エルガらしさが出ています。

DSCF5708 (1600x1200) (1280x960)
側面。あの標準仕様なのに採用度が低い固定窓仕様になっています。あとホイールが10穴仕様で、JBUS系なので真ん中が黒色の仕様になっています。細かいところですがこういうところは意外と重要です。

DSCF5713 (1600x1200) (1280x960)
東武バスレインボー。前期仕様です。川越駅行きになっています。

DSCF5714 (1600x1200) (1280x960)
後部。「人と環境にやさしい」とランプ上の「車間保持」が東武バスらしさがよく出ています。

DSCF5715 (1600x1200) (1280x960)
側面。まぁオーソドックスな仕様ですね。

DSCF5794 (1600x1200) (1280x960)
東急バス。郊外で見られる標準尺ワンステであざみ野行きです。ホイールが10穴の仕様です。郊外の東急といえば長尺ワンステですが、撮影してみたいですね。

DSCF5795 (1600x1200) (1280x960)
今回唯一の4枚折戸です。そういえばMPの時も唯一の4枚折戸でした。

DSCF5796 (1600x1200) (1280x960)
反対側。そういえばツーステが引退した東急バスではワンステの塗装が変更になりツーステのころの真ん中の帯だけ の仕様に変更されたようです。まぁ従来車の変更はなさそうですが、その以前のツーステと同じ塗装も撮影したいところです。

DSCF5724 (1600x1200) (1280x960)
以上です。今回気に入ったものはエルガワンステ3種と、都営かな。もともとレインボーはそれほど好きな車種ではないので、MPワンステやキュービックのときの方が驚き(というかなんというか)があった気がします。で、レインボーとエルガワンステということでどちらも採用している会社が多いんで今後の限定商品にも取り入れることができますので、期待したいところです。あと価格はこれ以上上げないで・・・w

次の週の休日には西武新宿線を無駄に?乗りとおしてきたのですがそちらは別記事で紹介しますので少々お待ちください。
17:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.03 (Sat)

☆2013 第41号☆

こんばんは。
今回は都電宮ノ前、それから池袋での手軽に埼京線撮影、最後に諸々の3本立てで掲載したいと思います。

まずは・・・火曜日に休み恒例の宮ノ前に行ってきましたので画像多くは無いですが掲載します。

DSCF5415.jpg
朝はUAワンステ・934で駅へ。8時30分頃のバスですが、やはり空席も多く遅延もほぼなくやってきました。で、東村山駅へついたのですが、前に立川駅北口行きと諏訪町循環(グリーンバス)が停まっていて停まれず仕方ないのでその手前で降車になりました。その後1分ぐらいしてグリーンバスが発車しバス停に入り、その後3分ぐらいして前の立川駅行き(これもUAワンステ)が発車し所定の位置へ。さすがにグリーンバスも入ると大変ですね。。。ところでUAはやはりバスらしい良い音をだすので短距離でも楽しめますねw

DSCF5417.jpg
ホームに行くとちょうど各停が来ましたがあまり時間に余裕は無いですし30000系だったのでその後の特急退避の急行を待ちますが・・・西武園行きの新2000系がベンチレーター撤去だったので撮影。うーん、それにしても屋根に何もないのは違和感ありますねw

DSCF5419.jpg
特急停車位置(下り)。ちょうど自分が毎回乗る下り方から2両目の位置に停車するようです。券売機もちょうどこの位置にあります。

DSCF5420.jpg
券売機。自分がホームに降りて各停が停車している時点で既にこの最後部には特急待ちの列(10人程度)が出来ていて「朝はこんなに東村山から利用されているのか」と思ってびっくり・・・その後も券売機にも列ができどんどん売れていきました。

DSCF5421.jpg
で上の画像でも出ていますが、特急退避の急行が到着の時点で「残り○席」の表示がでて、並んでいた人の途中で売り切れとなり、発売終了となっていました。その後も切符を買おうとする人がいましたが買えず・・・正直朝とはいえここまで利用されていると思っていませんでした。結局最後部には20人ぐらいの列ができていましたw

で自分は退避の急行に乗車しましたが何故か逆連結で2000系6連+新2000系4連でした。普通は4連が前なのでこの組み合わせはあまり多くないわけですが・・・これも萩山連結終了の影響でしょうかね。もう前に4連にする必要はなくなったので・・・で、この時間なのでラッシュも終了かなと思ったら、これより前の時間の電車より混んでいました。比較的遅い出勤の人と出かける人が合わさってこうなったようです(小平で接続しましたし)・・・

そして山手線で大塚へ。高田馬場では時刻が出ていたのですが、延発整理が入り2分ほど停車していました。ちょっと驚いたのは普通のLED表示機で「当駅でしばらく停車します」というような案内が流れていたことで、これもATOSだから出来ることなのかな。で、池袋では時刻表示も消えました。それとこれはダイヤどおりだったのかもしれませんが池袋から大崎行きに表示が変わりました。

DSCF5423.jpg
久々の都電へ。ちょうど大塚で折り返し作業している電車がいましたが車庫前行きだったのでその次を待ちますが、その間に来た早稲田行きの7000形を撮影。7000形も普通にいるうちに撮影しておきたいですね。

で、来たのは8800形ピンクでした。まぁ混んでいなかったので良かったです。で、荒川遊園地前のホームが何故か位置が変更されるようで、既に早稲田方面は切り替わっていて、三ノ輪橋方面は既にホームができているものの9月からという表記がありました。併走している道路が工事中だったのでそれの絡みもあるかもしれません。

そして戻りますが7000形でした。それほど混まずに音もよく聞こえて外も見れたので良かったです。やはり都電に乗るなら7000形は外せませんw

DSCF5424.jpg
数本撮影することに。最近流行の大学ラッピングが都電にも出ていました。8800形は側面は普通は白なのでラッピングが結構目立ちますね。

DSCF5425.jpg
アルナ車両の銘板。路面電車のみは今も製造しているようです。

DSCF5426.jpg
後追い。今のカメラはズームしてもかなりしっかり写るのが良いところです。以前のだとここまでは無理でした。。。

DSCF5427.jpg
お、7000形が来ました。今日は何故か全体的に混雑度が低かったようですね。この車両もそれほど多く乗っていませんでした。もしかすると夏休みで増発しているのかもしれません。

DSCF5431.jpg
8500形が来ました。冷房の音がやたら大きく、車内での走行音はほとんどしないので趣味的には微妙な形式です・・・ですが、外にいると意外とGTO-VVVFの音が聞こえてきました。

DSCF5432.jpg
発車。やはり通常塗装はラッピングよりかっこいい気がします。8500形は乗るのはあまり好きではないですが、外観はおちついていて良いとは思いますね。これを撮り撤収。

DSCF5433.jpg
山手線ですが大塚駅のホームドアは既に普通に稼動していました。ドアが透明でまだ外が見れるので開放感はあるほうですね。

で、池袋に着きましたがここで延発整理・・・まぁ山手ではよくあることではありますが・・・

DSCF5434.jpg
どうやらちょうど埼京線が来るようだったので、ここは意外と走ってくる電車が撮れそうだと思っていたので、ついでに205系だったら良いなぁと思ったら上手く撮影できました。今年度中には見られなくなるようなので撮影しておきたかったので・・・この電車は赤羽行きでした。やっぱり205系は良いですね。これが見られなくなるのは残念(自分にとって埼京線といえば爆音で高田馬場を通過する205系なのでw)です。

DSCF5436.jpg
側面も切れていますが一応。置き換え前にもう1回乗りたいとは思うのですが、どうなるか。

この後は西武線ですが、ちょうど各停西武球場前行きがあったのでそれにしましたが新2000系だったのでよかったです。で、この球場前行きは12分発の所沢行きとほぼ同じダイヤなので、練馬で各各接続でした。

DSCF5437.jpg
メトロ7000系の保谷行き。

DSCF5440.jpg
以前は日中見られない組み合わせだったので、自分としては未だに新鮮です。ところで7000系の側面は種別と行先のサイズが微妙にしか差がなく1:1のようにも見えますね。

DSCF5441.jpg
今回は、こちらの客の6割が乗り換えて行きましたが、やはり7000系側は乗換客が入っても空席がちらほら残るぐらいでした。そもそも入線時車内を見ても1両に5人ぐらいしか乗っていませんでしたが・・・w

その後ひばりヶ丘で急行接続。12分の所沢行きとはここが異なっていて12分だと特急退避になります。ひばりヶ丘で急行から結構乗り換えてきましたが東久留米と清瀬で乗り換えてきた客はほとんど降車していきました。秋津ではこの電車は球場前行きで5分後に各停飯能行きがあることもあり乗ってくる客は少なかったです。

DSCF5442.jpg
で、最後の新宿線ですがちょうど国分寺行きでした。で、来たのは3000系。1駅ですが3000系に乗れてよかったです。東村山手前ですれ違う下りが遅れたせいかポイント通過前に1分ほど停車していました。その影響か停車後すぐに発車メロディがなって発車していきました。平面交差の上に国分寺線進入が遅れるとすれ違いにも影響が出ますからね・・・

この後は三井OPのラッピングRAノンステに乗って帰りました。

以上です。画像は少なめですが今回も楽しめました。

では今日はつづいて画像少なめですが、埼京線を手軽に池袋で撮影した際のことを掲載したいと思います。

この日は、夏休み前最後でしたが、学校への用事はあまり時間がかからなかったことと、来週からしばらく所用で撮影や鉄道を見ることができないために、とりあえずなんかに乗っておこう+じゃ埼京線205系撮っておいたほうがいいんじゃね? ってこと以前石神井公園付近で用事があった時に和光市に行って東武を撮影しましたが、同様に和光市に行ってそこから池袋へ行けば手軽に池袋に行けるなと考え和光市から行ってきました。

DSCF5456l.jpg
バス停に東武バスがいましたが…何故かワンステでスロープ付きなのに車椅子マークがなかったので撮影。。。車番的に日野ブルーリボンⅡです。他の会社でも時々こういうことがありますが、方向幕横に何も書いていないと変な感じ(特に最近の車両で)がします。ところで系統番号表示が小さいですねw

DSCF5458.jpg
和光市からはちょうど急行が来る時間でしたが50000系以外なら乗ろうと思ったら10000系が来たので早速乗車。10000系は車内が未更新で床も暗い色のためすこし車内が古っぽいのでそこが気に入っていますが・・・w 急行といっても成増から池袋まではカーブの連続なのでそれほど速度も出さず、東武はあまり細かく加減速しないのでゆったりとした感じ。。。このあたりは京王などとは雰囲気が異なりますね。折り返し普通になるので5番線入線でした。ところで東武は以前から池袋では降車側ドアをすぐ閉めるのですが、今回も自分が降りた途端に閉まっていましたw 西武や京王だと数分開けていますが、ここは1分程度なようで。。。降車側から乗るということを防げるのでそれが狙いなのかもしれません。途中成増付近で10030系更新車を2本連続で見ました。

そしてJRで入場券を購入し山手線内回り5・6番線へ。ちなみにJRでは入場券は2時間までOK(HP上にも記載がある)だそうです。JRは駅構内が広い駅が多いからか若干多めにとっている(最近は駅ナカもありますし)ようです。で、宮ノ前のときに5番線側から埼京線が撮れることはわかったのでそこから狙うことにしました。

DSCF5469.jpg
で、山手線の大塚よりと埼京線の先頭部は1両分間があるため、このように撮影できます。まぁ階段の裏で山手線の一番後ろに乗る人が通るのであまり落ち着けないですが…w 早速1本目は…というかまだ今では当たり前の205系の快速川越行き。埼京線をしっかり狙って撮影というのは今回が初めてですね。

DSCF5471.jpg
横を向いてみると山手線のホームドアのガラス部の形状が異なっていたので撮影。この一番後ろの一部だけ小窓な形状になっています。これはメトロと同じサイズです。こうやってみると全面ガラスと一部ガラスでも開放感に差がある感じがします。左の方が良いですね。

DSCF5473.jpg
2本目は大宮行きですが、こちらも205系。ちょうど東上線からの乗換客+山手線到着で人の波が収まらず全体は撮影できませんでしたが、一応掲載。ところで先頭は防犯カメラが設置されています。

DSCF5477.jpg
3本目は…りんかい線70-000形。この時間帯、りんかい線直通は快速川越行きのみなので大宮行きということは新宿始発です。で、表示機横の幕に「りんかい線⇔埼京線」が出たままになっています。どうやらずっと出たままなようで、直通しないのにアピールしていますw

DSCF5482.jpg
4本目は…またりんかい線70-000形。意外と埼京線内で存在感ありますwこちらは快速なので新木場から来た運用です。で、2本とも機器は未更新でGTO-VVVFの209系の音を出していました。

DSCF5492.jpg
で5本目は…またあんたかw こちらも新宿発のアルバイト運用です。こうなると意外と今でも205系に何本か待っても乗れないということもあるようですね…ところでやはり更新後の音より原形の209系の方が良いですね。これも未更新です。

DSCF5498.jpg
6本目…205系のオール4扉車でした。まぁ205系は3本撮れたのでこれで満足です。それにしてもやはり205系を見ても「引退」しているとは思えない感じですねw まぁ同世代の私鉄車両はまだまだ主力級で活躍しているせいか、まだ全然使えそうな気もしますが…引退後どうなるのか気になるところです。

DSCF5509.jpg
7本目…ネット上で運用が確認できたため、来ることは予測できていましたがE233系が来ました。一応せっかく来たので新車のうちに撮影しておこうと思っていたので良かったです。まだ綺麗で新車らしさがあります。見慣れたデザインですが濃い緑も似合っています。見慣れたE233系も埼京線で見るとなんか新鮮ですw 7000番台だそうですが…今後横浜線や南武線もあるので番台がやたら大きくなりそうな気がしますねw

DSCF5517.jpg
戻りますが…急行で10050系が停車していたので迷わずに乗車w やはり東武に乗るときは抵抗制御か界磁チョッパですね。今後一部10030系がVVVF化されるようですが、おそらくその編成が来たらパスするかと思いますw 途中成増で9000系トップナンバーとすれ違った以外は特にネタもありませんでした。

和光市についてホームを移動していると地下鉄から9050系が来たのですが、どうもあのVVVF音と東武の組み合わせは違和感ありますねw しかもブレーキを解除する音も界磁チョッパ車と同じですし…

これで以上です。画像少なめですが目当ての埼京線撮影を一応3種ともできたのでよかったです。そういえば入場かなんなのかわかりませんが、大崎方面の湘南新宿ラインホームに横浜線205系が来ていました。そういえばこっちもE233系来たら撮影しないとならないですね。

さて、最後は諸々…

DSCF5446.jpg
Kabayaのバスを買ったのですが、どうもトミカと比較したくなったのでトミカのMPエコハイブリッドを購入してきました。側面のラッピングなどはステッカーなので貼って比較・・・ちなみに縮小というかサイズが微妙に違うようです。うーん、窓の大きさというか最後の窓の大きさは上がリアルです。

DSCF5447.jpg
側面も同じ感じ。ただ上のほうが非常口周辺の窓が比較的しっかり非常口と同じサイズになっているところは若干Kabayaのほうがリアルといえるかもしれません。全体的にはやはりトミカかな…?

DSCF5448.jpg
前面。これは…トミカの方が細部までこだわっていますが、雰囲気的にはKabayaでしょうか。これを足して2で割ると一番リアルになるかと思いますw

DSCF5450.jpg
後部。後部はトミカですかね。ただランプの色はKabayaですね。

DSCF5451.jpg
ついでにもう1種。これはロングトミカと呼ばれるものっぽいですが、以前京成バスの7E連接を買ったのですが、車両の置き換えでトミカも変更され上のものになりました。下の7Eは以前買ったもので、まぁ日本の車両が好きな自分は買っておいてよかったなと思っていますw

DSCF5452.jpg
反対側。なんか以前の7Eの方が気合が入っているというかこだわっている印象です。実車もそうですが色が水色1色になって面白くなくなってしまいましたね…

DSCF5453.jpg
前面…7Eは結構がんばっているかなと思います。新しいほうはなんかフワフワした雰囲気になっていますねw

DSCF5454.jpg
後部。前面の割りに後部がビミョーな感じですが、特徴は捉えていますね。まぁ今のトミカはリアルなのでもう少しがんばって欲しい気もします…w

DSCF5523.jpg
次…以前ポポンデッタで購入した日車夢工房発売の名鉄4000系。購入紹介も組み立てもしてなかったのですが、今回作ってみました。ところでポポンデッタは何故か名鉄のBトレが豊富で、このステンレス3種から6500系・6750系・3500系、さらにいもむしまで揃っているところがおおいですw 以前3300系を名古屋で買ってきてもらいましたが、5段評価で厳しい評価をしましたがこれはどうなんでしょうか。

DSCF5525.jpg
3300系と違い実車を見たことが無いのでどうなのかわかりませんが、瀬戸線用の4000系です。これの投入で瀬戸線の特徴ある車両が引退になり憎く思っている方も多い車両かも。これ屋根パーツに前面ステッカー貼れるのですが、3300系と5000系と共通屋根で角ばっている4000系だとそれが奥になってしまうので前面パーツに貼りました。

DSCF5526.jpg
側面。まぁ3300系Bトレと共通です。で車番がステンレスに銀なのでステッカーだと何を貼っているのかわけがわからなくなっていますw

DSCF5527.jpg
中間車側面。で今回のもガラスパーツが余分についていましたが、これ屋根パーツとの取り付け部が左右でずれていて、そことあわせるために余分についているようです。

DSCF5528.jpg
で側面パーツの方向幕横のスピーカー位置が左右で違っていて、さっきの中間と入れ替えて取り付ける(こちら側はパンタ側にスピーカーにする)ことで側面のデザインが整うようです。

DSCF5529.jpg
先頭。前面もステンレスなので角ばっているのが特徴です。

以上。これは実車を見たことが無いので評価はしません。

ところでJR東日本のKIOSK限定Bトレが今年も発売になるようです。まぁ1両ブラインドパッケージのものです。好きな方は箱買いするようですが、売店でも1個売りで販売されます。で今回は185系の157系色、E233系2000番台常磐線、205系500番台相模線、E653系オレンジ、205系3100番台仙石線です。185系の色、E233系2000番台、205系500番台が新規、E653系がパート13、と仙石線がパート5の再販です。常磐線と相模線の顔のみ(常磐線は小田急4000形側面を流用できる)新規金型かと思われます。どちらかというと前回よりマニアックな感じがしますが、常磐線・相模線・仙石線はどれも欲しい車種なので手に入れたいところですがブラインドですので難しく…セット化をまつしかないですが、相模線や常磐緩行線は比較的地味な路線なので難しそうですね…どちらも特徴あって良いのですが…あと仙石線の改造顔もそろそろ一般販売で2両セット化してほしいですが、こちらも有名路線にはいないので…

今回の記事は以上です。前回お知らせしたとおり所用で来週から2~3週間家にいないため、撮影もいけなくしばらく撮影画像紹介+1週間1回以上の更新は一時停止とさせていただきます。期間中はもしかすると文字のみのブログ、あるいはツイッターで配信しますので、よろしくお願いします。また8月後半または9月からは趣味活動を再開しますのでまたよろしくお願いします。

それではまた。
(コメントの確認は随時行っておりますので、期間中もぜひよろしくお願いします! ただし返信が遅くなるかもしれませんのでそこのところはご了承ください。)
20:06  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.29 (Mon)

★2013 第40号★

こんばんは

今日でいわゆるテストと呼ばれる形式のものが終了~。とはいってもレポートとかいろいろやることがあって今週金曜日まではまだ大学があります。4ヶ月早いな~と1年のときも思いましたが2年でも相変わらず・・・テスト前にもっと準備しろよって自分でも思いますが・・・去年より難しいものが多いので、不安感はだいぶありましたが、まぁ一応終わったということで。。。

さて、今回の記事ですが、まず用事で立川に行った際にほんのすこしだけ撮ったのと、日曜日に家族の買い物についていき自分は撮影した際の画像を掲載します。まずは用事で行った際のもの・・・この日は雨が結構降ったので撮影しないつもりでしたが・・・

DSCF5298.jpg
後ろから西武バスのQKG-MPが走っていったのでバス乗り場へ。まだ立川周辺では2台(小平と立川に1台ずつ)しかいないのでまだ貴重なほうです。というより黒サッシになってからワンステはそれほど増えていなく・・・おそらく今は新7Eノンステ代替なのでこうなっているのかと。

DSCF5304.jpg
おっと、立川バスの7Eツーステが。曙営業所所属のようですが、滅多に見られなくなった22ナンバーなので、97~99年ぐらいのバスだと思われます。まぁDPF(?)を取り付けているので走れるようですが、先日拝島営業所の7E引退イベントがあったこともあり、そろそろ本気で置き換えかもしれませんね。なんかこのスタイルのバスを見たのも久々な感じ。

DSCF5307.jpg
で、ビッグカメラに以前あったBトレが置かれなくなったと聞いたので確かめにおもちゃ売り場に行ってみたところこんなのが(Bトレは再びおかれるようになったようです)。スーパーによくあったと思われるKabayaのミニカーですが、バスシリーズなんてものが出ていたようです。

DSCF5309.jpg
前面。まぁMPノンステで、これは神姫バスですね。うーん、ミニカーの中では結構しっかり造ってあるなぁという印象。トミカでもMPはありますし、良いライバルかも。

DSCF5310.jpg
側面。こちらもなかなかしっかりしています。ちなみにこれは5種あるようで、大阪市営・神姫・名古屋市交・都営・東急のようですが、都営と東急はありませんでした。

DSCF5312.jpg
反対側。窓が大きいのでなんだか今の仕様のノンステの雰囲気ですね。ところでビッグカメラではトミカは安く売られているので、逆にこちらの方が高くなっています。

DSCF5313.jpg
後部。まぁまぁがんばっていますね。ところでこれが小さい頃売っていたら全種集めているでしょうねw ところでここのところ再びバス関連のものがよく出るようになった気がします。

これでこの日の件は以上です。
ここからは日曜日に撮影した件です。日曜日は「ついで」だったので時間もそんなに無いかなぁなんて思っていたら結局1時間半ぐらい撮影できました。それほど激しい暑さでもなかったのでバスターミナルをいろいろ動き回って撮影。

DSCF5314.jpg
立川バスの普通のエルガですが、あまり頻繁には見られない玉川上水駅南口行き。玉川上水行きは土日の日中に1時間に1本程度しか無いようです。まぁ村山団地行きの区間系統ですね。

DSCF5316.jpg
立川バスMPの若葉町団地行き。この系統は本数も多く距離もすごく離れているわけではないので同じバスを2度撮影することも多いです。

DSCF5320.jpg
UAノンステが来ました。オリンピック招致ラッピングです。

DSCF5321.jpg
UAワンステ。芝中団地行きです。本当は芝中団地行きの区間系統が南街行きという感じなんですが、南街行きのほうが本数が多くこちらは1時間に1本程度と少なめになっています。ちなみに芝中団地行きは南街のすぐ手前で別れていくので南街には行きません。

DSCF5322.jpg
奥の交差点で京王バスが見えたので乗り場の方まで移動するとちょうど来ました。この位置で乗降していました・・・w あまり見たことが無い後期の電鉄カラーJPでした。バンパーの塗りわけにやはり違和感がありますw

DSCF5326.jpg
京王バスを追いかけ乗り場の方に行こうと移動していると・・・立川バスの新車に遭遇しました。つい最近運用開始されたようで、短尺のエルガです。で車番がH777となかなか良い数字。。。でナンバーまで777にしたようです・・・w これはこの777だけ特別なのかこれからこうなるのかわかりませんが、最近立川バスは希望ナンバーが好きなようですw

DSCF5332.jpg
で京王バスJPノンステ。JPの後期タイプですが、何故か京王ではこの後期だけ前面塗りわけを変更してこうなったようです。

DSCF5338.jpg
後部も。上部に増設のブレーキランプがついています。それと京王はこの代でもこだわりなのか3分割窓を採用していますw 本数がそれほど多くない系統ですがいろいろなバスが入るようですね。

DSCF5344.jpg
立35の乗り場へ戻ると新7Eノンステ・336が。てっきりもう引退して、立川から新7Eが消えたのかなぁと思っていたのですが、まだ現役でした。これが消えれば立川ではほぼ新7Eが見られなくなるので1日でも長くがんばって欲しいバスです。

DSCF5347.jpg
立川バスMPノンステ。

DSCF5352.jpg
立川バスMPノンステ。中ドアが折戸の初期仕様車です。徐々に減ってきているので撮影できるときにしておきます。このラッピング、高校のときはよく見かけていたので懐かしいです。

DSCF5355.jpg
後部も撮影。この下側ライトがブレーキのみの立川バス独特の仕様も徐々に減ってきています。以前立川バスのスクールバスもこの配置でした。

DSCF5356.jpg
三井OPパークのラッピングがいたのでなんとなく撮影。緑が目立ちますねw

DSCF5358.jpg
立川バスのエルガミオワンステ。基本的にノンステが入る路線なのでワンステのエルガミオはあまり来ません。ちなみに国分寺の方は代走でワンステが入るようですが、こちらもそうなのかもしれません。

DSCF5361a.jpg
立川バスのMPワンステ長尺。これを撮影したかったので乗り場の方で撮影していました。曙営業所のMPですが、多客対応のため長尺なので長ーい印象ですw 東京ではなかなか見られない長さですし、立川バスでもこの曙営業所の車両だけです。

DSCF5363.jpg
立川バスのMPノンステですが、標準仕様になったのでランプも下だけの普通な仕様です。それはおいといて立川のバス停は最初から斜めっているのですがニーリングでさらに傾いていますw

DSCF5367.jpg
なんかラッピングがにぎやかな立川バス。アニメかなんかのラッピング車両のようで、ナンバーも・・23(おそらく「にいさん」かと)になっています。それとリラックマバスのように表示機に絵が出ていますw

DSCF5370.jpg
拝島駅行きの立川バスAA。AAは立川のいつもの場所には基本的に現れないので意外と撮影が難しいバスです。まぁなのでリラックマバスも撮影したかったわけで・・・西工車なのでもっと撮影したいところなんですがね

DSCF5371.jpg
曙営業所のMPワンステ。この曙の担当は立川駅~応現院の急行バスのみで、時刻表もHPには出ておらず、立川駅から少し歩いた営業所兼専用ターミナルから出発していて、帰りのみ駅で降車になっています。運行しない日もあるので撮影しづらいです。で、この日は3分に1本ぐらい来ていましたが、どれも車内いっぱいいっぱいに客が乗っていて、4枚折戸を生かして一斉に降りれるようにしているようです。

DSCF5372.jpg
いつもの場所へ戻りRAノンステ1997。今日は天候がちょうど良いのかLEDが比較的綺麗に出ていますね。今度は南街行き。

DSCF5375.jpg
拝島駅北入口行きの立川バスエルガ。ナンバー的にも初期車ですね。で(以下訂正・追記 標準尺に見えましたがどうやら、方向幕が中扉以降についていて、前中間に逆T字窓がついているため勘違いしました。この配置、関東では滅多に見られないもので気づきませんでした(汗 しずてつだとこれが標準的な窓配置です。)立川バスエルガはこの時期からあったんですね。ナンバー的にさすがに立川バスでもだいぶベテランです。

DSCF5376.jpg
この日も登場。QKG-MPワンステの東村山行き。結構立35に入っているようですね。

DSCF5377.jpg
村山団地行きの立川バスエルガ

DSCF5378.jpg
小平のMPノンステ。

DSCF5379.jpg
UAノンステ。フォグランプのガラスが白色になった車両ですね。

DSCF5385.jpg
撮影していたら立川バスのMPワンステが一往復して戻ってきました。まぁ終点までは10分程度なのですぐ折り返してこれるわけですが・・・さすがに長尺だとこちらから見ても長く見えますw

DSCF5386.jpg
空になって再び専用バスターミナルへ。いちおう一般路線なので誰でものれるようですが、駅に時刻表も無いのでおそらく乗る人は少ないかと思います。ちなみに普通のバスなので他の運用にも入れるかと思いますが、曙所属なので今は専属です。

DSCF5397.jpg
曙営業所にはもう一つエルガノンステ標準尺もあります。こちらの方が少なめなのかあまり見ないので、今回みたいな時間があるときに待ってみたら来ました。

DSCF5401a.jpg
こちら側も。まぁ立川バスにはちょこちょこ標準尺エルガはいますが、これも何度か見ているので撮影しておきたかったバスです。

DSCF5404.jpg
ん?南街行きなんですが、標準尺のRAノンステが入っています。西武バスの中で立川の数台しかいないRAの標準尺ノンステです。南口の新道福島行き用と思われますが、南街行きに時々はいるようです。

DSCF5407.jpg
立川バスの曙営業所のエルガノンステ。さっきの標準尺RAを撮影したかったので、初めてこちら側での撮影。意外といけますねw

DSCF5408.jpg
運転席側も撮影。

DSCF5410a.jpg
UAワンステ。

DSCF5411a.jpg
なんとか標準尺RAノンステを撮影できました。西武バスといえばノンステは基本は短尺なので標準尺でも長く感じますw そういえば何故かはじめたツイッターでも書きましたが、以前武蔵小金井で撮影した1811のエルガは標準尺だったようで、西武バスだとノンステはそれとRAの数台のみが標準尺ということになります。

DSCF5412a.jpg
京急バスのリムジンが来たのでついでに撮影。このデザインも最初はあまり気に入っていませんでしたが、何度か見ているとうちに意外といいかもって思っていますw

DSCF5413a.jpg
小平のMPノンステを撮影して撤収。こちら側はぶれる可能性が高いのですが、意外とこのバスが出てくる感じもかっこいいので、今後は取り入れるかも。側面も綺麗に撮れますし・・・

って言うことで以上です。

さて、さっきも書きましたが、いろいろなブログを作っては放置を繰り返す自分が何故かツイッター始めましたw まぁブログの横にも表示されるので記事にするまでも無いことを書きたいときに利用していくと思われます。それと来週から2~3週間自宅にいないため、PCが出来ないときもあるかと思い作ったというのもありますが・・・で、そのこともあり、8月は一時的に更新がなくなる(来週からしばらく)可能性がありますがご了承を・・・ それが終わったらまた休み恒例(?)の連続更新も行いたいと思いますのでよろしくおねがいします。

追伸:現在いただいているコメントは今週中にはすべて返信させていただく予定ですのでもう少しお待ちください。すみません。

では今回はこのへんで
22:21  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.20 (Sat)

☆2013 第39号☆

こんばんは

ついに来てしまいました・・・この時期といったら恒例のテストです・・・大学ってこの時期が来るまでは面白いなって思うんですが、毎回この時期が来ると残念な気分になりますが・・・まぁしょうがないですね。ただ1年に比べるとだいぶゆったりしていてまだ良いです。。。

さて、今回は時間が前後してしまうのですが、先に今週は平日に昼ごろに新宿に用事があったのですが、ただ行くだけではつまらない・・・で京王線にこの前乗ったけどまた乗りたいなってことであえて京王相模原線の若葉台から新宿に行ってみましたw

っていうことで、今回は馴染みが全く無い若葉台から新宿へ。ちなみに若葉台自体は東京都ですが、駅は北口のバスターミナルまでは東京都でホームや改札は神奈川県になるようです。

で、快速新宿行きなら新宿まで1本で行け、しかも隔駅停車ってことで快速を待ちますが・・・ちょうど平日にあるらしい橋本発若葉台行きと若葉台始発の区間急行が接続する時間で、区間急行は都営10-300形で、当駅どまりのは8000系が来たなぁ~なんて思っていたら・・・

DSCF5190.jpg
ってこいつが来ました。土砂崩れ後の復旧で中間に入っていた先頭車を編成端にもっていき代わりに中間1両を新造した編成です。既に分割運用はないこともあり中間車を製造したため、こんな連結になっています。でこうやってみてみても完璧に同じ外観になっていますね。

DSCF5189.jpg
ただし、ドアだけは角ばった京王独特のものには出来なかったようで、標準的な仕様のドアになっていますが、8000系なので他の場所では化粧板が貼られているのでこちらも違和感を無くす為か化粧板が貼られています。ここまでこだわったとは。。。

DSCF5193.jpg
ドアを閉めるとこんな感じ。ドアだけ変更したような雰囲気ですね。中間車新造って時々隣の車両と若干違うような車両を組み込んだりしますが、これはほぼ同じで統一感があります。とはいっても連結方法で目立ってはいますがw

DSCF5196.jpg
ちなみに駅から若葉台の車庫の一部を見ることが出来ます。結構カーブしていますが、駅からここまで見れる車庫も珍しいかも。ちなみに車庫のほとんどは東京都内に入っているようです。

DSCF5198.jpg
先ほどの当駅どまりが折り返して車庫へ⇒車庫内での入れ替えの為に近くに戻ってきました。うーん、やっぱりこの連結方法は目立ちますねwまぁ運用的には問題ないですが特徴的な編成ですね。

DSCF5201.jpg
今度はまた折り返すようですが、停車中に撮影。あまりこういう入れ替えを近くで見たことが無いので一人で楽しんでいましたw

DSCF5206.jpg
で、快速が来ましたが9030系でした。9030系はそれほど乗る機会が無いのでちょうど良かったですが・・・車両の妻面の窓がなかったりドアも銀色むき出しなので0番台に比べてコストを削減している感が出ているのでどちらかというと0番台のほうが好みです。まぁ車端4席は京王らしいですが。。。ちなみに前期車でドア上表示機は3色LED表示機でした。

DSCF5209.jpg
この電車で新宿へ。途中調布で特急2本と接続しますが、橋本特急の方も入線時で座席はほぼ埋まっている感じでした。とはいっても調布から橋本特急の方に乗る人は少ないので、京王線系統より空いていますし、ダイヤ乱れ時は真っ先に切られるものと思われます(実際この前削られていましたし)。で新宿へ着きましたが、橋本特急で折り返し。これはダイヤ改正時にも書きましたが、2分しかないので慌しく折り返していきました。表示機を撮影しましたがやはり特急の色が微妙でおかしな色で写ってしまいます・・・

DSCF5214.jpg
8000系の京王八王子行き。この3番線と2番線にも今年度中にホームドアが設置されますが、既にドアを設置する為の準備が行われているのでそろそろ設置されるものと思います。まぁこうやって撮影は出来なくなるので今のうちに撮影します。

DSCF5217.jpg
このあと用事を済ませたのですが、久しぶりに新宿のバスも撮っておこうと思ってバスターミナルへ。ちょうど浜松ラッピング車がいました。ラッピングの柄的に静岡ラッピングより目立ちます。これ、新宿で毎回のように見ていますねw

DSCF5224.jpg
関東バスレインボー。関東バスもよく見ていますが、レインボーは来ないのであまり撮影できません。っていうより関東バスと日野のバスの組み合わせはいつ見ても違和感しかありませんw

DSCF5228.jpg
野方行きのUAノンステ。こちらも大学ラッピングで、やはり大学ラッピングは多いですね。ところでICカードマーク、これも既にだいぶ色あせていますね・・・半年経たないうちに「I」しか見えなくなりそうです・・・

DSCF5234.jpg
お、都営の方向幕車だ っていうことで撮影。日野レインボーですが、この時偶然、これよりも前にいた2台もレインボーで、隣にもレインボーがいて4台もこれになっていましたw こいつもだいぶベテランだと思われるます。ところで都営は前面はPASMOマークを継続利用しているようです。

DSCF5236.jpg
前にいたレインボーも方向幕車。まぁ方向幕車ということで撮影していますが、多摩地区だとこればかりなので見飽きていますw 

DSCF5240.jpg
京王バスのMP。京王バスも毎日見ていますがこのスタイルのMPは一切来ないので久しぶりに見た感じがします。もしかしたら転属で来る可能性もありますが。。。ところで以前から言っているブルーリボンⅡの新車ですが都心にも導入されたようで目撃しましたが撮影できず・・・

DSCF5243.jpg
連続でMP。新宿のここにはUAのCNGかMPかエアロミディぐらいしか来ないのでMPも多いです。京王百貨店前の中野行きには日野車がよく来ていますがこちらには来ません・・・ちなみにこの日電鉄カラーのレインボーもきていました。

DSCF5244.jpg
もう一つの主力のUAのCNG。そういえば電鉄カラーのUAも小金井周辺には無いですね。

DSCF5245.jpg
関東バス野方行きでエルガノンステが来ました。ホイール新しいですがナンバー的にLKG代です。関東バスといえば固定窓の仕様を導入したという噂を聞いていましたが、この車両は通常の逆T字窓でした。これより後の車両が固定窓のようです。

DSCF5249.jpg
LKGといってもまだピカピカですwといっても相変わらず関東バスとエルガの組み合わせは違和感しかありませんw といいつつ限定のエルガのバスコレも持っているわけですが・・・w ところで後部の表示機ってこんな表示の仕方でしたっけ?変更されたのかな。

DSCF5253.jpg
都営バスのMPノンステ。ラッピングですがこの位置だと分かりませんね・・・w 暑くなってきたのでこれを撮影して撤収し京王線ホームへ移動。

DSCF5263.jpg
京王線ホームで撮影。1番線ですが、この一番前の位置でなら撮影できます。ところでこの駅のホームドアですが車掌さんが手動で操作するようで、それもありだいぶスムーズに発車しています。

DSCF5266.jpg
9030系の快速。特急で来て快速で折り返す電車の方は4分程度時間があるようで比較的ゆったりしています。

DSCF5268.jpg
8000系の各停。8000系は8連も10連もあるのでやはり見る機会が特に多い車種です。まぁ8000系は本当に新型と見劣りしないのでまだまだ新しく感じます。

DSCF5280.jpg
9030系の特急ですが・・・この編成は9030系の最新編成なんですが、車番が足りなくなって30にしたので番号が一番若くなっています。で、この編成だけ前面のKEIOロゴがライト下に書かれています。実車を見たことがなかったので撮影できて良かったですが、今までの通常の方が良いですね。

DSCF5282.jpg
7000系の特急が来ましたが方向幕車だったので、方向幕を撮影。フルカラーも綺麗ですが、やはり幕もかっこいいですね。それにしても今では7000系の特急もかなりあるのでこの光景も既に日常的なものです。

DSCF5287.jpg
7000系も最近撮影しているのは後期車が多く、そろそろ前期車も撮影したいところ。こちらの方がすっきりしていますが、個人的には前期の方が気に入っています。

DSCF5290.jpg
さて、戻りの快速ですが・・・8000系が来ました。行きは9030系だったので音的にも8000系が良いなぁと思っていたのでちょうど良かったです。で、快速ですが駅間は高加速になったのを生かして(?)ガンガン飛ばしていました。調布でこちらも特急2本に接続するので、相模原線利用者も特急に流れ調布からは空席が目立つようになり、稲田堤からはこのように座席まるごと空いているところも増えてきました。

DSCF5292.jpg
若葉台にあったLCD。これ京王で結構増えているようです。ところで、一つ手前の稲城と若葉台は駅間が離れていることもありかなり飛ばしていて楽しめました。
これで終了です。

京王の件は以上です。以下はいつものように武蔵小金井でのバス撮影です。こちらの方が新宿より前に撮影したものなので撮影日が前後してますがご了承を・・・今回は意外といろいろ撮影できました。

DSCF5133.jpg
京王バスレインボーⅡ。待機場へ移動するようです。

DSCF5134.jpg
西武バスRAワンステですが、ちょうど中央線が来たのであわせて撮影。。。

DSCF5136.jpg
西武バスQKG-MPノンステ。滝山にどんどん導入されているようで、最近はかなりの頻度でみかけるようになりました。

DSCF5138s.jpg
お、エルガハイブリッドが来ました。前面がぶれてしまいましたが掲載。それにしても側面の黒さが目立ちますねw

DSCF5143.jpg
こんな位置で待機するようなので、いろいろ撮影w ここがエルガハイブリッドのこちら側では特徴である表記を撮影。

DSCF5144.jpg
エルガハイブリッドはこの中ドア直後のところにいろいろ点検用と思われる蓋がついています。

DSCF5148.jpg
後部もしっかり撮影。まぁHYBRIDの文字以外は普通ですが。。。

DSCF5149.jpg
発車していったので側面の窓が埋められている場所を撮影してみましたが、やはり目立たず。まぁそれだけ違和感無く作っているってことですね・・・w

DSCF5153.jpg
JPノンステの後部。この1946は毎回のように撮影しているので今回はあえて後部を。このミディと同じデザインはなんか変な感じがしますw

DSCF5154.jpg
京王バス小金井唯一のRAノンステが車庫から出てきたようです。後部を撮影してこちらに戻ってくるのを待ちます。

DSCF5157.jpg
西武バス1946も一応前面を撮影しておきます。

DSCF5158s.jpg
お、西武バスの新7Eノンステが来ました。

DSCF5159.jpg
後部も撮影。やはりいすゞ車よりこちらの方が見慣れていてしっくり来ますw

DSCF5161.jpg
いつもの奴が来ました。周りが流れている感じになりましたw

DSCF5162.jpg
京王バスJP。

DSCF5163.jpg
京王バスのQKG-MPですが、右折車に譲る為にパッシング(?)したところを偶然撮影w ライトが全部ついたところってあんまり見たことが無いのでなんか新鮮ですw

DSCF5165.jpg
西武バスRA。1096ということで初期のRAですね。静岡でも見れるコーヒーのラッピング。なんかラッピングのせいか側面の窓がなんかかなり高い位置にある感じがしていますw

DSCF5167.jpg
京王バスMP

DSCF5172.jpg
京王バスJPの後部。JPの後部は最近の車両の中では独特な表情で意外と気に入っています。

DSCF5175.jpg
西武バスのUAワンステと京王のRAが続けてやってきました。京王と西武が多くくる武蔵小金井らしさが出ているといえば出ているかも

DSCF5177.jpg
本命の京王バス小金井のRAノンステ。ここで撮影しておきたかったので良かったです。

DSCF5178.jpg
西武のJPが来ましたが、前の「後のり」がプレートです。確かA3からはペイントになり、そのあと消えてしまったので今は貴重というか、この世代が引退すると基本的には見られなくなるものと思われます。A2ということで西武の西工では真っ先に引退する世代ですし、プレートが撮影できるのもいまのうちかもしれませんね。ところでプレートと西工の組み合わせはこのJPだけでしか見られないものと思われます。

DSCF5180.jpg
ズームでどこまでだったら普通に撮影できるか実験のために撮影。これ以上だとズームの方法(?)がかわるので、ここが限界のようですが、結構遠くまでいけるようです。

DSCF5181.jpg
撤収中に見かけた表示板。2年以上前の掲示が未だに残っています。小田急バスが南口に行くことの案内ですが、北口の頃はここを直進して新小金井街道で中央線を渡り、南側に渡っていたようですね。

DSCF5182.jpg
この名物の歩道橋ですが、どうやら今月中に撤去となるようで、記念にちょうどバスがいたので撮影。どうやらバス停も若干改良されるようですね。

DSCF5183.jpg
南口に移動すると京王のラッピングバスが。見慣れないので撮影。

DSCF5185.jpg
おっと、武蔵境行きのレインボーⅡがいました。武蔵小金井駅南口では初めて見ましたw

DSCF5186.jpg
先ほどのラッピングですが「EVIサポートバス」と書いてあり謎だったんですが、どうやらラッピングでの収益を地域貢献に役立てる ということのようです。


以上です。今回は意外といろいろ撮影できました。
では今回はこのへんで

追伸 コメントを書いてくださる方へ
いつもコメントありがとうございます。今、大学が特に忙しい時期でして返信遅れておりますが、順次コメント返信をさせていただきますので、気長にお待ちいただければと思います。すみません(汗
21:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.13 (Sat)

★2013 第38号★

こんばんは。

梅雨明けした途端のこの猛暑・・・何とかなりませんかねw とはいっても東京はまだマシなようですが、35℃以上が4日間と、ぎりぎりの34.5℃ということで、いきなりこれはキツイですよね・・・これが9月まで続くと思うと・・・いくら夏が好きでもこれはやりすぎですねw で、そんな突然の猛暑が続く木曜日ですが、大学の鉄道好きの仲間(サークルではない)と何故か地下鉄博物館に行ってきましたw まぁそのときの画像を掲載します。

今回は武蔵境から。まずは三鷹まで中央線で移動。武蔵境で結構人が乗り結構混雑していましたが、三鷹での特快退避はない運用だったようなので時々ある大混雑快速だったようです。こうなるといっぱい抜かれるほうが楽です。

DSCF5085.jpg
で、三鷹から東西線直通の西船橋行きへ乗車。E231系800番台でした。まぁ音を聞くならJR車のほうが迫力があるのでちょうど良いなぁと思いましたが・・・早速中央線内でも結構おもいきった加速+ギリギリのブレーキで迫力がありました。加速力が良いからか低速の時点から床下から振動が伝わってきました。東急5000系列もそうですが振動があると迫力は増しますね(まぁ乗り心地は別として)w どうやら指導する人が乗っていたので、基本制動を意識した運転(確かJRは6段まで一気にブレーキをかけるのが標準だったと思うので)だったのかもしれません。中央線でここまでキビキビした動きで走るとはびっくりしました。で、東西線内に入っても結構加減速がこまめでこちらでもギリギリのきつめのブレーキ、地下区間ということで音も、さらに激しい感じになっていましたw 結構面白いですねE231系800番台。葛西でちょうど快速退避運用だったようです。

DSCF5087.jpg
地下鉄博物館に入って、まずは丸の内線300形。地下鉄博物館は10年以上ぶりですw 意外に角ばっている車両ですね。自分の小さい頃から既に0系シリーズが走っていたので逆にこの車両は新鮮に感じます。

DSCF5090.jpg
側面。ドアはメトロというより営団らしい小窓仕様(これは当初はちがったっぽいですが)ですが、これもだいぶ減ってきていますね。小さい頃は嫌いな窓でした。ところで側面窓ですが、上部が今よりも高い位置にあるようですね。今より窓が大きく見えます。

DSCF5093.jpg
銀座線1000形。これが地下鉄を走っていたというのはちょっと想像すらできない感じがします。うーん、これを見ていると今のメトロ1000系を撮影したくなってきますw

DSCF5094.jpg
車内にも入ってみましたがレトロですねw つり革も革じゃないようですね。この時代の電車というとやはり車内の中央にポールがついていて、今考えると邪魔ですねw

DSCF5096.jpg
丸の内線300形の車内。座席の下に何にもないのが逆に新鮮です。それと座席も今の車両より座面が広い気がします。ところで、こいつ現役時もこの壁の色だったのかな。今考えると落ち着かない色な気がしますねw

DSCF5098.jpg
ドア。これはどちらかというと5000~8000系のイメージがあります。小さい頃はなんか怖い感じ(というかそもそも地下鉄が怖かったw)がして嫌いでした。もちろん5000系も・・・今考えるともったいないことしてましたね。

DSCF5100.jpg
ところで車内が今の車両より広い気がするのですが気のせいじゃないような。。。外板(?)が薄いのかな。座席も座面が広い感じがするのに不思議ですw

DSCF5101.jpg
モーターカー。なんか撮影したくなり撮影。ちなみにこの時間、ちょうど鉄道模型運転をやっていたので自分以外誰もここにはいませんでしたw

DSCF5103.jpg
総合指令所の展示ですが、葛西駅の実際のリアルタイムの駅の様子の映像とリアルタイムの列車の位置表示が出来るようになっていました。これ、三鷹~中野の東西線系統運用の表示も出ていて、なんか嬉しくなりました(謎
ちなみにクイズ形式で指令体験が出来るようになっていました。まぁやってみましたが間違えましたw ここなら1時間ぐらいは余裕でいられそうですw

DSCF5105.jpg
で、博物館を出てみたところ、こんな見慣れない後部デザインのバスが。京成バスの新7Eのようですが・・・見慣れない後部なのですが、どうやらこれいすゞ車の新7Eフルフラットのようです。へぇ、メーカーが違うとデザインも違っていたんですね。側窓もワンステの配置です。もう長くはないと思うので見られて良かったです。っていうか都内でも京成のエルガ以外のバスも見られるんですね。

DSCF5107.jpg
このあと、ホームへ上がったらちょうど三鷹行きがきましたが、07系でした。まさかこいつが来るとはw おそらく有楽町線時代にも乗っていますが、07系は本当に久しぶりです。変則的な座席配置で端が4席で窓も結構大きいですね。

DSCF5108.jpg
このピンクがかった化粧板は有楽町線時代と変わってないかと思います。ところでこいつ平成5年製ということで自分と同い年のようですが、当時からIGBT-VVVFってあったんですね。まぁ営団は新しい技術を結構取り入れていたのでこれもそういうことなのかもしれません。音は独特ですが、微妙にE231系に似ているようです。

DSCF5120.jpg
こちらもギリギリの減速をしていましたが、迫力的には音が小さくそれほどありませんでした。で、07系ですが、JR線内だとずっとこの「三鷹ゆき」表示で固定されていました。ドアが開くと一瞬消灯しますが、またこの表示で固定・・・w せっかくなら有効活用してほしいですね。それとJRでは自動放送に対応していないようです。

DSCF5122.jpg
座席。ピンクに柄が入っています。それと変則的な座席配置なのでここは6席になっています。この変則配置も結局それほど浸透せず、むしろこの配置が原因で有楽町線から追い出されることになったのは残念な感じがします。

DSCF5125.jpg
上手く撮影できていませんが、返しは東葉勝田台行きのようです。よく考えるとJR~メトロ~東葉高速の直通も意外と長距離ですよね。

DSCF5126.jpg
LED表示が細かいですねw それと行先が複雑だからか表示板に表記がありません。イメージ的に東西線⇔三鷹入選って少ない感じがしていましたが、実際日中は中野~三鷹は1:1で入ってきていて意外と存在感があります。個人的にはこれがもう少し遠くまで伸びると(立川ぐらいまで)嬉しいですが、複々線にはしそうにないですし、複線ではさばけないと思うのでまぁ現実的ではないですかね。

DSCF5127.jpg
側面。やはり窓が大きくて開放感がありますね。最近の車両は標準化なのか窓がそれほど大きくないのですが、これぐらい大きいと開放感があるんですが。。。
やはりこの世代は各社特徴がよく現れていて個人的に気に入っています。

DSCF5128.jpg
中央線で1駅移動し武蔵境へ機関。ちょうど西武多摩川線の方向幕が見えたので撮影w っていうか壁と同色のせいで電車に見えない感じもしますねw やはり黄色だと目だって良いのになぁと思いつつ撮影。

DSCF5130.jpg
最後にあまり見ない武蔵小金井駅行きのバスがいたので記念に撮影。1時間に1本程度のようで、武蔵小金井でも未だに1度も遭遇していませんw

っていうことで以上です。今回は画像少なめですが、暑すぎて武蔵小金井撮影が出来なかったというのもあります・・・それとそろそろ残念ながらテストが始まりますので、しばらく撮影は少なくなるかもしれません。それと、8月ですが上旬に所用で2週間程度家にいないため、少し更新が減るかもしれないですが、まぁよろしくおねがいします。

っていうことで今回は短いですが以上ということにします。

17:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。