2012年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.26 (Sun)

◆02月26日(日)◇

こんばんは。

次の月曜~木曜は高校最後のテストです・・・学年末でもあるので、多くの教科の範囲が「今年度すべて」という、生徒としては非常に困る内容でして・・・w
まぁでも、これが終わると完全に卒業だけになるので、なんとも複雑な心境です。中学時代も「中学卒業はちょっと寂しい」といってましたが、この高校3年間はいろいろな意味で中学より濃かったので、むしろ卒業というのが信じられないというような感じです。でも、大学へ行くことも楽しみですし。。。まぁ卒業に向けての作業と、入学に向けての作業を同時進行でやってるので、毎日が充実というかやることがいろいろあるので、まぁ忙しく、まぁまぁ楽しく生活中です・・・w

さて、今週はテスト勉強でどこも行かないつもりでしたが、先週インフルエンザでいけなく、しかもその前の火曜日~金曜日も学校すら行けない状態で、そろそろストレスがだいぶたまってきたので、ちょっと撮影に、短時間吉祥寺に行ってきました。ということで画像を・・・

DSCF4932.jpg
東村山駅までは・433。・433は一時期スロープ収納部の蓋が開閉しづらくなっていましたが、いつのまにか修理されていたようでした。こいつも10年目ですが、まぁまだA1の・210と・211がいるので、まぁ当面は大丈夫でしょう。
東村山からは国分寺・・・ではなく花小金井へ。急行でしたが、来たのは「もちろん」20000系。東村山から電車に乗ると本当20000系によくあいます・・・w っていうか、急行・準急は本当に20000系10連での運行が多いです。

DSCF4935.jpg
西武線の駅名板ですが、この駅名だけの独立型の新タイプ化が進行中のようです。今まで、旧タイプのままというのも多かったですが。ところで、西武線ですが東横線などとの直通開始にあわせて、駅のナンバリングを実施するようです。アルファベットは2文字で、S○となるようです。新宿・拝島線、国分寺線・西武園線、多摩湖線、多摩川線、山口線、池袋・秩父・有楽町・豊島・狭山線の6パターンとなるようです。西武線でナンバリング・・・まだ想像できませんね。。。

DSCF4939.jpg
小平で接続した各停。2000系8両。

DSCF4940.jpg
線路脇にあった、なんだか古そうな看板。

DSCF4943.jpg
新2000系4+4。スカートに「車両連結部案内装置」が。併結時に「車両連結部分です」と自動放送が流れます。連結部分となることが多い6連の新宿方と4連・2連の本川越方の一部車両についているようです。

この後は吉64(吉祥寺駅~花小金井駅)で、吉祥寺へ。以前、吉祥寺から乗った系統(そのときはエルガ)です。バスはRAワンステのM尺車でした。RAのワンステは初乗車でした。RAノンステ車に比べて音が小さく感じましたが、音自体は全く同じでした。花小金井駅時点では席が空いていましたが徐々に混んできて、田無・柳沢付近からは結構混みました。途中、何度もバスとすれ違いましたが、AP・MPばかりで、「西武バスは随分とAP・MPが増えたな」と感じました。っていうことはそれだけ7Eが消えてるともいえるのですが・・・

吉祥寺について、まずはヨドバシカメラへ。外でのインターネット通信について聞きたかったので。。。それを教えてもらった後、Bトレを見に・・・種類はあまりありませんでしたが、583系6両セットがちょっと安く売られていたのでついつい購入。ちなみに485系は小さい頃から好きじゃないんですが、何故か583系は小さい頃に写真を見たときに気に入り、それ以来気に入っている形式です。実際に見たことも乗ったことも無いんですが・・・Bトレに戻りますが、6両セットを買ったのは久々だったので、箱の大きさが新鮮でした。

その後、撮影。

DSCF4947.jpg
西武バスのUAワンステ。4枚折戸・短尺という都区内仕様らしいバスです。

DSCF4949.jpg
中扉部だけ。引戸に慣れているので4枚折戸はやっぱり大きく見えます。

DSCF4953.jpg
花小金井駅から来たMPノンステ。さっきも言いましたが、こいつは大増殖中ですね。初めて見たときは違和感を感じた、三菱の車体+西武カラーですが、もう完全に普通になりましたね。

DSCF4954.jpg
西武バスAPワンステ。

DSCF4956.jpg
APワンステの中扉部だけ。

DSCF4957.jpg
関東バスの7Eノンステ。関東バスは西武にくらべて、バスを長く使う傾向があるので、こちらはもうしばらく活躍するのかもしれません。

DSCF4958.jpg
ムーバスのポンチョ。

DSCF4959.jpg
2台連続・・・w

DSCF4960.jpg
小田急の高速バス。

DSCF4961.jpg
西武バスのAPワンステ。吉祥寺周辺は、自分が東京へ来た頃から既にAPが導入されていました。

DSCF4962.jpg
関東バスのRAノンステ。

DSCF4963.jpg
ムーバスのリエッセ。リフト未装備なので、引退が近いかもしれません。

DSCF4964.jpg
西武バスのAPワンステ後部。

DSCF4965.jpg
西武バスのエルガの前扉側面についていた案内板。この路線は距離によって運賃がかわる「前乗り」式です。吉64もこの方式です。乗車に時間がかかりますが、降車時は時間がかからず、しかも後ろ降りなんでスムーズなようです。まぁ運賃がそれほど変わらないからできることだと思います。(立川周辺とかじゃできない)

DSCF4966.jpg
エルガの後部。

DSCF4969.jpg
関東バスのADG代のRAノンステ。

DSCF4970.jpg
小田急バスのエルガ。ロマンスカーのラッピングですね。JR371系、RSE、HiSEの引退もいよいよ目前ですね。。。あとLSEの現塗装も消滅します。ロマンスカー=赤と白の時代も終わりですね。

DSCF4972.jpg
関東バスのMPノンステ。10穴なんでATのほうです。

DSCF4977.jpg
西武バスのUAワンステ。ここはバスの待機場所にもなっているようで、西武バスは結構ここで待機しています。

DSCF4978.jpg
西武バス新7Eノンステの後部。自分は見慣れていますが、ここでは珍しいほうです。あと、吉祥寺はAP・MPが多いこともあってやけに背が低く感じます。

DSCF4982.jpg
関東バスのMPワンステ。

DSCF4985.jpg
関東バスRAワンステ。西武バスは4枚折戸を導入していますが、関東バスでは収容力を重視しているのか引戸になっています。

DSCF4987.jpg
おっと、珍しく京王バスが入ってきました。Uターンするためにロータリーに入ってきたみたいです。

DSCF4989.jpg
関東バスの新7Eノンステ。

DSCF4991.jpg
関東バスのRAワンステ側面。西工96MCは、三菱の車体に比べて中扉が前よりについているようです。

DSCF4995.jpg
関東バスのMPワンステ。三菱のほうは前中間が比較的長めにとられているせいか、ながーく見えます。

DSCF4996.jpg
関東バスのMPノンステ。

DSCF4997.jpg
小田急バスのエルガ。

DSCF4998.jpg
西武バスのAPワンステ。

DSCF4999.jpg
最後に関東バスのRAノンステを撮って撤収。

帰りは中央線経由で。乗った快速豊田行きの前に、特快が通過。で、乗ったあと三鷹で、三鷹に停まる特急かいじ甲府行きと接続しました。で、国分寺で特快と接続。その後は国分寺線でしたが、普通の2000系でした。ただ他の2本が、1本は新2000系の未更新ながらフルカラーLEDの編成、1本は2000系の超更新車と特徴ある編成が運行されていたようです。で、乗った電車ですが、小川で拝島方面行きの列車の通過が遅れたのか、拝島線との平面交差の手前で停車していました。で、小川到着後ホームに進入してきた田無行きとは接続せずに発車。ここで接続を取ると、遅れが拡大するので、接続しないほうが逆に良いですね。

で、バスは・210でした。

以上です。では、このあとテスト勉強をしなければならないので、今日はこのへんで・・・
スポンサーサイト
20:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.19 (Sun)

◇02月19日(日)◆

こんばんは。

「20日からテスト1週間前だから、今週中(13日~17日)に特集をやろう」と思っていた月曜日(13日)。少しのどが痛かったのですが、11日に大声を出していた(って別に声を出す必要があることをやってたから大声を出してただけですよ)こともあったので特に気にせず・・・でその日の寝る前にどうも頭痛がしたので熱を測ると38.5。「まぁ風邪引いたかな」と思いつつ就寝。次の日の朝、熱が下がったんで普通に学校へ・・・でも1時間目始まる前に熱があったので保健室で休憩・・・してるうちにどんどん調子が悪くなり、早退して病院へ・・・で、



まさかの


インフルエンザA型でした・・・w

今までに1度しかかかったことなかったので、インフルエンザなんて考えてもいませんでした。いやー学校には迷惑かけました。本当申し訳ないです(汗

でも、水曜朝の時点で完全に熱が下がりました。ただその後48時間は学校は出席停止となるので、その後も学校を休み・・・で、本来は金曜は学校へ行って良いんですが、医師によると「確かに熱が下がって48時間なんだけど、インフルエンザにかかって5日は休むのが暗黙の了解になっている」そうで・・・結局金曜日も休みました・・・


ということで、特集どころじゃなくなってしまいました。すみませんでした。で、今週は大事をとってどこにも行かないため、今度こそ特集書きます。
その前に2点だけ。

平日に新101系ワンマン更新車が西武園線運用についていましたが、どうやら新2000系4連に戻っているようです。となると新101系が西武園線に入ってた理由が気になりますが、やはり新2000系4連が一時的に足りてなかったことが予想されます。で、今のところ余裕がある多摩湖線新101系のうち、1本を持ってきて使ったということかなぁと思います。リバイバル塗装と白塗装がどちらも入ってきていて固定化するのかなぁと個人的には思ってました。
でも、この新101系西武園運用はまた起きるかもしれません。
ちなみに、多摩湖線の新101系ワンマン車ですがやはり全M編成1本とリバイバル1本と白(無ラッピング)2本という体制のようです。で検査時に多摩川線の白のラッピング車と、白の無ラッピング車が入れ替わるものと思われます。

あと、これは金曜日に武蔵小金井付近を車で通過したときのことですが、京王電鉄カラーの新型MPノンステを目撃しました。「中大循環」に入ってました。ここには7Eノンステがいたはずなので、それの置き換え用かと思います。電鉄カラーの新型MPが入るとは思ってなかったので驚きました。京王バス小金井に関しては今も電鉄カラーのほうを採用しているようです。

次に、週末に小田急3000形と、東急9000系のBトレを組み立てたので画像を載せます
2009_10240034.jpg


DSCF4907.jpg
行き先表示は、急行新宿と区間準急唐木田。今回は8連の車番にしたので、実際に急行では走りませんね。

DSCF4908.jpg
側面。

DSCF4909.jpg
側面パーツには乗務員室下の手すりが再現されています。これがあることで、スカートと一体に見えてリアルです。ちなみに初期のスカートを使うときにはこの手すりはカットする必要があるようです。

DSCF4910.jpg
4000形との並び。やはり3000と4000は車体デザインが全く違いますね。まぁどちらも嫌いではないですが、どちらかといえば自分は3000形のデザインが好きです。

DSCF4911.jpg
5000形との並び。

DSCF4912.jpg
1000形との並び。

DSCF4914.jpg
8000形との並び。

DSCF4915.jpg
3000形と1000形の併結風。実車の場合6+4で普通にあり得ます。

DSCF4916.jpg
5000形との併結風。こちらも当たり前のようにありましたが、ついに3月で見ることが出来なくなってしまいます。

DSCF4917.jpg
最後に9000形との並び。今考えると9000形のBトレも出来がいいですねぇ。

では5段評価を。

造形のよさ:4
→いや~やっぱり小田急はすごいですね。3000形のシンプルな感じがBトレでもよく現れていていいですね。

説明書の分かりやすさ:3
→新宿方と小田原方の屋根が違うようですが、どっちがどっちかの記載はありませんでした。まぁそれ以外は分かりやすいと思います。

入手安易度:3
→前回も言ったように、数量限定ではなく「小田急オリジナル」です。1年と半年たっているこの3000形ですが、まだ普通に手に入りましたし。まぁ5000に比べて発売から1年半たっていることを考慮し「3」としました(もし売り切れになる場合は必然的に3000のほうが速いと思うので)

シール充実度:4
→3色LEDとフルカラー両方があり、どちらの仕様にも作れます。また側面の号車表示ステッカーも用意されています。

部品豊富度:3
→スカートが3種類な点は良い点です。ただ、屋根・妻面がぎりぎりでして、新宿方屋根、パンタあり屋根、パンタなし屋根、小田原方屋根の4枚です。せっかくならパンタありとパンタなしをもう1セットほしかったかなぁ。あと妻面も、配管なしが5個と配管ありが1個でぎりぎりです。屋根とあわせて配管ありとなしがもう1個ずつついても良いなぁと感じました。まぁでも部品が不足しているわけではないです

組み立てやすさ:3
→少し硬い部分があり、すこし削ったりしましたが嫌になるほどでなく、ちょうど良いぐらいです。

やはり3000形もいいですね。で、やはり2000形や1000形ワイドドア、3000形1次車の商品化を期待しますね。あと、LSEの再販、9000形の再販も人気が出そうな気がします。

続いて東急9000系。
2011_02050176.jpg


DSCF4922.jpg
3箱買って大井町線の5両を再現。9000系のBトレはずっとほしいなぁと思っていたものです。本当は+2箱買いたいところでした。

DSCF4924.jpg
側面。屋根パーツは1000系と共通のようです。で側面も1000系と共通。ガラスパーツのみ異なっているようです。そのためか、説明書も共通です。

DSCF4925.jpg
中間。ちなみに大井町線ステッカーは本来は各ドアの横についています。説明書では車番の下に貼るとありましたが、自分は家の8500系にあわせて右隅にしました。

DSCF4926.jpg
今回、貫通路の扉はステッカーです。ガラスパーツがあらかじめ妻面についていて、そこに貼るという形です。2000系も作れる仕様のため、こうなったようです。

DSCF4927.jpg
実車で号車表示がある部分は出っ張っていました。ここまでこだわるとは・・・せっかくなら号車表示ステッカーもほしかったですな。

DSCF4930.jpg
8500系と。こうなると8090系・8590系とも並べたいですね。まぁ8090は車体構造からBトレ化が難しそうですが、是非商品化してほしいです。

では5段評価を。

造形のよさ:4
→良いですねぇ。期待通りの出来です。ただ自分が下手で、大井町線のグラデーション帯がちょっと残念な感じですがねw

説明書の分かりやすさ:4
説明自体は分かりやすいのですが、いろいろやらかしてますw
説明書に「クハ9000」「Tc」っていうような表記があるんですが、9000系8連で「サハ9700 M1」となっています(実際はTですね)。で大井町線がさらにやらかしてまして、実車はTc+M+M+M+Tcですが、「クハ(Tc)+デハ(M)+サハ(M)+デハ(M)+デハ(Tc)」とめちゃくちゃです(つまりアルファベットは合ってる)w サハでパンタありは小田急、京急ではよくありますが、東急では実際には無いです。

入手安易度:3
→こちらは小田急とは違い、会社限定品です。でも通販もありますし、今のところ在庫もあるようですし、現時点での安易度はまぁまぁかと

シール充実度:4
→車番、行き先表示はしっかりしてますし、2000系の表示も結構あります。また女性専用車ステッカーやヘッドマークあります。あとは大井町線用ステッカーですね。グラデーションは2つ付いています。

部品豊富度:3
→2000用の屋根があります。あと1000系とパーツが共通なため、先頭パンタつき屋根も同封されていました。

組み立てやすさ:3
→少し硬い部分がありましたが、嫌になるほどではないです。足回りが西武10000系と同じような感じでしたが、特に粗雑な雰囲気はありません。まぁ車体が良いので気になりません。

とまぁ以上です。東急は5050系をステッカーやスカート改良で4000系も作れるバージョンや、7000系・7700系、で8090系などのBトレ化を期待します。あと7200系・7600系も新規金型でリニューアルしてほしいですね。

Bトレネタは以上です。

さて、今回の特集ですが、今までに東京で乗ったバスについて、感想と画像を載せていくというまぁ誰が得なのかわからない特集です。なるべく乗った車両の画像を載せますが、無い場合は同車種の違うナンバーの車両の画像を掲載します。

DSCF0644.jpg
・西武バス UD+7Eノンステ
多摩200の・・61と・・62に乗ったことがあります。区間としては、最寄のバス停~東村山駅西口です。車内をじっくり観察することが無いまま引退してしまったのですが(汗
乗り心地的には新7Eと変わらなかったと思います。音とか車内とかもっと見ておけばよかったです。。。

DSCF2959.jpg
・西武バス UD+新7Eノンステ
ノンステでは一番乗っていると思われる新7E。多摩200の・210、・211、・336、・433と、武蔵境で乗りました。区間としては、最寄のバス停~東村山駅、最寄のバス停~立川駅北口と武蔵境~田無駅です。AT独特の音・乗り心地で、変速時にショックがあります。音も比較的大きいです。後走行中、ガタガタという音が激しいときがありますね。新車の2067なんかと比べるとゆれますね。スロープは内蔵引き出し形ですが、初期のため小さめです。
今までATのバスってあまり乗ったことが無かったので、初めて乗ったときは新鮮でした。今はもう聞き慣れましたが。。。東京では全体的に置き換えが始まっているので乗れるうちにいっぱい乗りたいところです。

DSCF3022.jpg
・西武バス UD+UA(西工96MC)ワンステ
ワンステではこいつが一番・・・というかほぼこれですね。立川には結構在籍していて、画像の方向幕2色塗りと通常塗装がありますが、車内は変わりないです。UAは音が結構大きく、迫力がある音を出します。なので、姿が見えなくても音だけでUAが走っていることがわかります。最寄のバス停~東村山駅、最寄のバス停~立川駅北口で乗ります。スロープは長めですが、ニーリングしても角度は急です。ニーリングをしないままだとものすごい急な坂です。

DSCF3889.jpg
・西武バス UD+UA(西工96MC)ノンステ
あまり乗る回数は多くないですが最寄のバス停~東村山駅、最寄のバス停~立川駅北口、それから田無周辺で乗ったことがあります。こちらも良い音を出します。車高の割りに側窓の位置が高いのが特徴ですね。UAはしずてつでも何度か乗っていましたが、座席の配置がしずてつは郊外仕様だったので、車内の雰囲気は違いましたね。

DSCF1797 (2)
・西武バス UD+RAノンステ
これも乗る回数多いですね。最寄のバス停~東村山駅、最寄のバス停~立川駅北口で乗りますね。UAに比べると音は小さめです。UAは結構バスのエンジンでは高音な気がしますが、RAは低音が響きます。RAは結構パワーがあるみたいです。結構ニーリングもしますし、窓もでかく、乗り心地も比較的よく、良い車両です。RAは西武では当たり前ですが、しずてつにはワンステが浜岡にいるだけなので、静岡だと乗ることがあまり出来ません。。。

DSCF3877.jpg
・西武バス UD+APノンステ
登場時は全然乗る機会がありませんでしたが、最近は結構あたります。最寄のバス停~東村山駅、最寄のバス停~立川駅北口で乗ったことがあります。音は小さく、そこは物足りないのですが(パワーもあまり感じない)、何しろ乗り心地はかなりいいです。あまりゆれないですし、ATの変速も全く感じません。窓が大きく、車内も天井が高いので開放感があります。初めて乗ったときに乗り心地にびっくりしましたね。

2011_03200265.jpg
・西武バス UD+APワンステ(MT仕様) 
田無駅周辺で一度だけ乗りました。車内はエアロスターですが、音はRAと同じです。窓サッシが銀色なので、車内も銀色が多く明るい印象を受けました。一部座席が最初からカットされていて、車椅子スペース兼たち席スペースとして、混雑対策としているようです。ちなみに西武バスは、多摩の立川地区と田無付近以東では車内放送の声が違います。立川周辺で使われている以前からのもののほうが完成度が高い気がします。(田無付近以東のはどうも聞き取りづらい)

2011_02260067.jpg
・西武バス いすゞ+エルガノンステ
吉祥寺~花小金井で乗りました。西武バスのいすゞ車にはなれていなかったので、西武でエルガの音を聞くのは新鮮でした。エルガって意外と低音が響きますよね。あと、変速時の音がくっきり聞こえるのも特徴かと。こいつも一部座席が最初からなくなっていました。ところで、乗った路線は前乗りで、乗車区間によって料金が変わる方式でした。

2010_06190051.jpg
・立川バス いすゞ+エルガノンステ
学校の最寄バス停~玉川上水で10回程度は乗っていると思われます。立川バスですが、運転士さんにもよりますが西武バスより飛ばしていることが多いですね。でも、自分が乗るバス停では必ず5分以上遅れてきますが・・・歩道があるところでスロープを出すとほぼフラットで、車高が低いことがよくわかります。

DSCF2929.jpg
・立川バス 三菱+エアロミディ 中型ロングノンステ
こちらも学校の最寄バス停~玉川上水で乗ります。ただ、この車両は個人的に好きじゃないので、なるべくエルガが入るダイヤを選びますが・・・w 細長いので、混雑はしやすいですね。ちなみに、西武バスでは運転士さんによってはすべての停留所でニーリングを使いますが、立川バスはニーリングは普段は基本的に使用しないことが多いです。

2010_06190088.jpg
・立川バス 三菱+エアロスター ノンステ
こいつは上の路線で、エアロミディの代走で乗りました。電動スロープです。確か前中間がロングシート中心で、車内が広く感じました。

2011_02260051.jpg
・ムーバス ポンチョ ノンステ
武蔵境から出ているルートで1回乗ったことがあります。やはり小型バスなので、車内も小さいですね。

2010_12110127.jpg
・都営バス UD+新7Eノンステ
江古田~新宿駅西口で乗りました。内蔵引き出しタイプのスロープ収納部がありましたが、着脱式のスロープをわざわざ用意して使っていました。おそらく、多くの車両が着脱式なので統一化の目的(走したほうが乗務員さんにはわかりやすいのかも)だと思われます。まぁ音とか乗り心地的には西武バスと変わりません。ただ前乗り後ろ降りというのに慣れていないので、後ろから降りる人を見てかなり新鮮に感じました。路線的には、都心を大回りするルートで結構楽しめました。

2010_10230168.jpg
・東急バス 三菱+エアロスターノンステ
で、先週乗った東急バスです。駒沢~渋谷駅で乗車。感想はそのときも書きましたが、久々のエアロスターでした。

以上です。もう2年以上いるのに少ないですね。ちなみに小さい頃は京王バスにもよく乗りましたが乗っていません。でも4月から京王バスも発着する駅近くに通うようになるので、乗ることも増えるかもしれませんね。あと、乗り鉄じゃなく乗りバスもしたいですね。ふらふらーっとバスを乗り継いで、都内を回ってみたいですね。暖かくなったらしたいことですw


それでは今回はこのへんで
20:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.12 (Sun)

◇02月12日(日)◆

こんばんは。

先週も後半は結局寒さが戻ってきました。といってもそれまで最高気温が6度ぐらいでしたが、最近は9度程度のようです。ただ、今後も気温が上がりそうになく、2月はこのまま10度以下が多くなりそうですね。ところで、今週は月・火・水と雨が降る予報で、中でも月曜日はまた夜に雪になる可能性も・・・まぁつもりはしないと思いますが、せっかくやっと雪がほぼ無くなったのにまた降るとは・・・

さて、今週は学校行事で駒澤競技場まで行ってきました。ただ画像を撮影している余裕が無かったので、文字だけで書きます。
まぁ前回も書きましたが、今までは立川駅で集合して、南武線で武蔵溝ノ口、東急乗り換えで駒沢大学という工程で向かってましたが、立川というと東村山に住んでいる自分は時間がかかる上に、わざわざさらに西に向かうのもあまり意味がないことなので、現地集合を認めてもらって、副都心線経由で行きました。まぁあと個人的に南武線の混雑が好きじゃないってのもありますが・・・w

まず、東村山駅までバスでしたが、始発から2本目のバスでRAノンステでした。こんな朝早くにのったのは2度目(1度目は去年立川集合の際に始発の立川行きにのった)でした。乗客は数人でした。

その後、池袋線に乗るため所沢へ。比較的長期間新宿線に転属している新2000系2連と新2000系6連の8連で、2連のダブルパンタは中間に入っていました。でこの組み合わせは、池袋線では6連がいなく、8連と併結としてもダブルパンタが中間に入ることがないため、比較的貴重ですね。

その後は、副都心線直通の快速渋谷行き。6000系の50番台(アルミ・戸袋窓あり)のトップナンバーでした。直前の特急の所沢到着・発車が遅れたので、2分程度遅れて到着しました。で、快速なので保谷通過でしたが、やっぱり保谷入線時のポイントで激しく揺れていました。まぁここは改善しようがなさそうなのでしょうがないですが・・・w で、石神井公園時点で先行している各停も特急の影響を受けたようで、乗った快速は大泉学園から練馬高野台まで後追い運転でした。で、練馬で追い抜いた各停と接続。練馬まで快速に乗っていた乗客の8割以上が練馬で各停に乗り換えていました・・・w そのため、各停池袋行きは練馬から大混雑だったようです。まぁこれはいつもの光景でもありますが・・・
で身軽(?)になった快速は小竹向原から急行運転でした。小竹向原では1番線の新木場行きとほぼ同時発車(新木場行きが若干早く)ですが、その先で平面交差するため、ATO特有の発車直後に加速・減速を

繰り返し最終的には停車が発生していました。前回も言いましたが、やはりATOだと乗り心地があまり良くないですね。これがなんとか改善できたらいいなと思うんですが。。。毎回常用最大ブレーキとフルノッチ加速のようなので・・・まぁ逆に言えば運転士さんの運転がかなり上手いということが言えますがw。
で、渋谷到着前に豪快にポイントを通過し到着。ここのポイントは仮的なこともあるのか結構急でゆれます。。。10000系だと豪快に貫通路の扉が開閉します・・・w渋谷からは田園都市線。ちょうど「電車がまいります」だったので、それに乗ることにしましたが・・・田園都市線に乗るということは、もちろん来たのは・・・

東武50050系w。

いい加減、違う車両に乗りたいんですが・・・w ちなみに東武の車両ですが、ドアが隙間無く閉まる仕様が50000系列でも採用されています。最近の車両はドアが閉まっていても若干の隙間をあけている車両があります(E231とか)し、普通はドアのゴム部はどちらも凸になっているんですが、東武だけが8000系の頃からドアが隙間無く閉まるようにゴムの片側が凹、もう一方の片側が凸になっています。これで外の風を完全に遮断できているようです。
この仕様が前述の通り最新の5000系列でも引き継がれています。あと、自動放送なんですが、普通は乗り入れ先の音声になるので、この50050系もそうなっているんですが、今回は優先席の案内の放送だけ、何故か東武の自動放送の声になっていました。こういうことは今までに無かったのでびっくりしました。

で、駒沢大学駅から競技場の体育館まで徒歩でした。

で、帰りですが、駒沢大学駅まで歩いて、3駅のって乗り換えが面倒くさく感じ、ちょうど競技場横の道路を走る東急バスの渋谷駅行きがあるのが分かったので、それに乗ることに。田園調布駅~渋谷駅の路線で、土日でも1時間5本あるという路線です。車両はエアロスターノンステでした。渋谷に出る路線ということで混んでるかなぁと思いましたが、渋谷まで一度も立ち席がでず、しかも渋谷駅到着時は数人しか乗っていませんでした。久々のエアロスターノンステでエンジン音が聞けたのもよかったですが、殆ど乗ったことのない東急バスに乗れてよかったです。

で渋谷からは副都心線ですが、ちょうど各停所沢行きが停車していたのでそれに乗車。各停なので8連だと思っていたら、10000系の10連でした(10002編成)。途中、東新宿で急行川越市行きの通過待ちがありました。小竹向原では新木場からの和光市行きに接続しましたが、接続後の所沢行きはがらがらでした・・・w で、練馬で準急と接続→各停が先に発車。練馬で立ち席がでるほどになりましたが、次の中村橋で立っていた人がほとんど下車し再びがらがらでした。で富士見台で練馬接続の準急に抜かれました。でひばりヶ丘で急行の退避。ここでも急行から結構な人数乗り換えてきましたが東久留米で大半降りてがらがら。で清瀬で特急待ちでした。また所沢行きなので、清瀬・秋津でも乗車客が少なく所沢到着時もがらがらでした。こういうようにがらがらになるところが各停のいいところですねw で、所沢到着後3分もしないうちに、後続の小手指方面行きのメトロ7000系の10連が到着。調べてみるとこれが渋谷を急行として18分後に発車した準急でした。9駅通過で15分も縮めてくるとは。。。ちなみに7000系10連は西武・東武・メトロで唯一、渋谷方から2両目がT(サハ)なので、要注意です・・・w

その後は20000系の西武新宿行きで東村山、いつものバス・210で帰りました。ちなみに、所沢駅の改良はかなり進んでいるようで、既にホームには新しいエレベーターが出来ていました。まだ使えませんが近いうちに使えるようになりそうです。これで不便な新宿線1番からの乗換えが楽になります。

画像なしで大量に書いてしまいましたが、趣味的にも面白い学校行事(といっても集合場所までのことですが)でした・・・w

さて、小田急5000形のBトレを組み立てたので画像を・・・

DSCF4899.jpg
方向幕はシンプルに快速急行と各停にしました。小田急なんで他にもシールは豊富です。

DSCF4900.jpg
編成は電笛試験車の5060編成にしました。実はTRAINSで10000・20000・5000を購入すると1箱ごとに、引退前に実車に貼られる引退記念ステッカーのミニ版と一部編成の車番。そして電笛試験車にある黒い●を再現できるシールがおまけでついてきます。で●はHOサイズだったので、一回り小さくくりぬいて貼ってみました。ちなみにスカートは2600用パーツです(5000用スカートよりも5060の実際の姿に近い)。

DSCF4903.jpg
側面。田窓ですね、ちなみにこの商品は約8年前の製品の再販なので、そのときからこのクオリティだったということです。やはりBトレはすごい。

DSCF4904.jpg
今回の再販にあたっての変更点としては屋根色が明るくなったことです。下は5200のです。併結させるとちょっと目立ちます。

DSCF4905.jpg
最後に5200との側面比較。

では5段評価を。

造形のよさ:4
→毎回、小田急のBトレ含めて鉄道グッズのこだわりようには驚かされますが、この5000についてもやっぱりいいですね。

説明書の分かりやすさ:4

入手安易度:4
→一応、会社限定品ということになりますが、小田急ではそういう表記を廃止し「オリジナル版」としているようです。何が違うかといえば、数量限定の小数生産ではないことだと思います。だから、発売後数ヶ月たっても普通に手に入りますし、値段も上がりません。通販もできますし。。。このやり方はぜひとも他私鉄でも行ってほしいです。 まぁ自分は結構発売後、すぐに買いに行きましたけど、売り切れの心配が当面無いというのが良いです。

シール充実度:5
→車番も、種別表記も多くて良いですね。ステッカーもここまでこだわってくれると見ているだけでも楽しくなってきます。

部品豊富度:3
→2600形用の前面がついています(細かい違いなんですが、わざわざ用意しています)。

組み立てやすさ:3
→少し硬い部分がありましたが、嫌になるほどではないです。

毎回、小田急のこだわりには驚かされますが、今回も引退記念にふさわしい商品な気がします。

小田急は以上。

で、先週中に東急9000系と1000系のBトレを通販で購入して届きました。結局資金の都合上w 9000系3箱と1000系2箱を購入しました。9000系は5連で大井町線、1000系は3連で中央貫通扉編成にする予定です。ちなみに9000系と1000系のBトレは側面の車体パーツは共通のようです。ガラスパーツ、ステッカー、前面が違うようです。で、9000系は1両先頭があまるので、今回それだけを2000系としてとりあえず組み立ててみました(今回は2000系用パーツもついている)。

DSCF4895.jpg
この2000系・9000系・1000系はBトレ初購入時からほしいなぁと思っていたBトレです。

DSCF4897.jpg
側面。このように車体パーツは全く文句が出ないです。ただ、下回りのパーツが、西武10000系と同じで、通常製品と若干違うやつでした。でも車体が良いので問題なし・・・w

また1000系・9000系を組み立てたらしっかり紹介します。

さて、この後は前々回記事で「追記する」とした特集をここで載せようと思ったのですが、手が疲れてしまったので、また「追記」とします。今度こそちゃんと追記するのでお待ちください。

では
22:08  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.05 (Sun)

◆02月05日(日)◇

こんばんは。昨日、季節はずれのゴキブリを見かけて驚いたHIROKIです。。。

東京は、金・土・日と比較的暖かい日が続いています。それまで10日以上最高気温が10度を超えていませんでした。土曜日は12度程度まで上がったようです。で、水曜日あたりまでは比較的寒さが落ち着くようですが・・・その後はもっと寒くなるそうです。。。もうこれ以上寒くならなくていいんですが・・・w
暦上はもう春ですが、それが実感できるようになるのにはまだ時間がかかりそうです。

さて、今週は久々に電車で出かけてきました。かれこれ1ヶ月近く電車に乗ってませんでした。。。東京に来てからは珍しいかもしれません。ただ、来週は学校の用事で駒澤競技場まで行きます。今まで立川集合だったのですが、今回は現地集合にしてもらいました。今回、一緒に行く人は大体立川周辺に住んでいるので立川集合で問題ないのですが、自分の場合比較的遠く、しかも集合時間の都合上始発の立35に乗ってもぎりぎりだったので・・・で、他の人たちは立川から南武線で行きますが、自分は所沢から副都心線経由で渋谷、そこから田園都市線で行く予定です。

では、今日は画像はあまり多くないですが、載せていきます。東村山駅までは立35で。新7Eの・433でした。東村山駅でいつもの撮影場所に車が停まっていたので撮影は断念。

DSCF4791.jpg
この後は西武新宿へ。電車まで時間があったので、新しい停止位置表示の「×」を撮影。×は10両と同じ色のようです。

DSCF4793.jpg
5番線~西武園線のルートは、12月に発生した脱線事故の影響で閉鎖されていますが、信号機にも「×」がついています。あの脱線事故の翌日は通常通り運行されましたが現在は運行を中止しています。なので、西武園からの西武新宿行きについては東村山始発で運転されています。

DSCF4794.jpg
で、乗ったのは急行でしたが、まぁいつものように20000系だったので小平で乗り換え・・・と思ったら小平で接続の各停が30000系。乗ろうかとも思いましたが、やはり黄色い電車に乗りたかったので1本待つことに・・・ただ間に田無行きが入るので12分待ちました。画像は小平の10連停止位置表示。
待っている間に西武遊園地からの小平行き(何故か8連)が来ましたが、寝ていた客が、車掌さんに呼びかけられても降りようとせず、結局ここで1分程度の遅れが発生。で、この電車は東伏見まで回送される電車だったようで、直後の特急にこの遅れが影響し、小平駅で1分程度信号待ちで遅延。さらにその後の田無行きも小平入線が遅れ・・・で拝島快速(6000系)も1分程度遅れたようです。で、直後の乗った各停もほんの少しだけ遅れて小平を発車したようです。1つの遅れがここまで連鎖するとは・・・

DSCF4796.jpg
で各停ですが、途中井荻で3000系準急の通過待ち、中井で20000系急行の通過待ちでした。

DSCF4807.jpg
電車は新2000系最終編成で超更新の2055編成でした。

この後は、今回の目当てである小田急のTRAINSへ。ここで小田急5000形のBトレと、3000形のBトレを購入。また組み立て後に紹介する予定ですが、おまけでステッカーが1枚ついてきました。
ついでにビックカメラでPCを見てきました。大学に行くにあたって、持ち運びできる小さめのノートPCを購入する予定なので(まぁあくまで予定なんですがね)

その後、小田急・・・ではなく京王に乗ることに。京王で高幡不動まで各停で行きます。

まぁ何度も撮影していますが、今回もまず撮影。

DSCF4814.jpg
8000系の各停高尾山口行き。京王線は日中各停と準特急がそれぞれ10分間隔。その間に快速橋本行きが20分間隔で入るという分かりやすいダイヤになっています。しかも準特急、快速、各停が1分ごとに発車していきます。

DSCF4815.jpg
8000系のドア。京王は6000系~9000系0番台では一貫してこの角ばったドア窓を使用。京王のこだわりのようです。

DSCF4824.jpg
7000系準特急京王八王寺行き。今日は競馬開催で東府中に、梅祭りで百草園に臨時停車ということでした。そのため東府中~高幡不動ではほぼ各停ということになりますね・・・w(中河原のみ通過)

DSCF4829.jpg
8000系快速橋本行き。京王の快速は速いんだか遅いんだかなんともいえない種別ですね。

DSCF4831.jpg
7000系準特急北野行き。

DSCF4843.jpg
8000系各停京王八王子行き。確か以前は日中の各停はすべて1番線発着だった記憶があるのですが、2・3番線も使用しているようです。

DSCF4851.jpg
9000系の各停高尾山口行き。これで京王線の全3車種を撮影ということになります。今回はこいつで高幡不動へ向かうことに。で、この各停、停車時にやけに緩い減速だなぁと感じたのですが、どうやら井の頭線以外はすべてATC化されたようです。で、相模原線のように誤通過防止機能がついているようです。ATC化すると所要時間が短くなることがありますが、京王の場合は誤通過防止を毎駅でやるので逆に時間がかかるようになった気がします(特に各停)。あと運転士さんも逆にこのATCにひっかからないようにする必要が出ていてなんとなく運転しづらそうです(実際はどうなのかわかりませんが)。
京王というと、京急並みに突っ込んだブレーキ(なんですが、山手線などよりGがかかったように感じない)だったんですが、時代は変わったようで・・・w

DSCF4853.jpg
9000系のドア。やっぱりこの形ですね。

DSCF4854.jpg
9000系0番台も、このように車椅子スペースに一番近いドアのレールは削られているようです。

DSCF4855.jpg
座席。ちなみに京王線はよく乗っていて、このサイトにも度々登場しますが、西武の次に馴染みがあるのがこの京王と小田急です。母が自分が生まれる前までずっと毎日京王線で通勤していて、父も毎日京王線で通勤。自分が生まれてからも1、2年は京王線沿線(まぁ小田急も並んで走っていましたが)に住んでいました。全く覚えてないですが、毎日京王線と小田急線を眺めていたそうです。そんなことがあってか、何故か京王線にはかなり親近感があります。

DSCF4857.jpg
9000系0番台の妻面は何故か灰色の木目調なんですよね。で、この高尾山口行きで高幡不動へ。途中、桜上水で準特急、つつじヶ丘で急行(都営10-300の10連でした。京王車と同じように前後から2両目にも車椅子スペースが新設されていました)と準特急、府中で準特急の通過待ち。

高幡不動で、まだ撮影できてない動物ラッピングの動物園線を撮影することに・・・ちょうど、高幡不動に着くと折り返し急行になる各停多摩動物公園行き10両がいましたが、その次が4両とあったので、待つことに。ただその4両の動物園行きの発車1分後に、急行新宿行きが2番線から発車とあったので、先に急行が動物園から来ると勘違いして1番線で撮影することに・・・

DSCF4867.jpg
予想通りラッピングがほとんど見えない・・・w なんか悔しいので折り返してくるのを待つことにしました。

DSCF4870.jpg
ちなみにこんなラッピングがしてあります。

DSCF4871.jpg
7000系のドア。

DSCF4880.jpg
で20分ぐらい待って2番線から撮影。結構動物園ラッピングがステンレスに似合ってますね。

DSCF4882.jpg
これは、6000系5扉車同様に子供に喜ばれそうですね。

この後は多摩モノレールで立川南へ移動。

立川からは立35で帰ろうと思い、バス乗り場へ。ちょうど行った直後で30分ほど待ちました。

DSCF4885.jpg
立川バスの村山団地行きに、初期エアロスターノンステの、ノンステ特別塗装が入ってたので撮影。以前乗ったことがありますが、確か自動スロープです。この塗装もどんどんなくなっているんで、見れたときには撮影しておいたほうが良いですね。

DSCF4889.jpg
西武バスの幸町団地行き。この系統にMPワンステが入っているんですが、来ませんでした。ちなみにこいつは三井アウトレットパークのラッピングがされているRA。で、時間まで待ったのですが、なかなか来ず、やっときたかと思えば立川営業所行き(ただ、これがまさかの・433で運転士さんも行きと一緒でした)。で5分ぐらい遅れて来ました。乗ったのはAPノンステで2066のほうでした。

これで以上です。

では今日はこれで。
21:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。