2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.29 (Mon)

☆2013 第25号☆ まさかの連続更新ですw

こんばんは。まさかの連続で画像つきの更新です。日曜日の件は先に掲載したので、次はその前の木曜日に吉祥寺で撮影したものの掲載です。

撮影日が前後しますがご了承を・・・
まだ日曜の方ご覧になってない方は是非そちらも見てやってください・・・w

この日は突然学校に行く用事が消えたため、午前中はイオンモールむさし村山で少しバス撮影、午後は吉祥寺駅でバスの撮影をしたので画像を・・・

DSCF3410.jpg
玉川上水駅行きの立川バスMP。グライドスライドの初期ノンステですね。この世代はバスごとに結構特徴があるので、撮影していて面白い世代ですが、東京ではここ数年でかなり減ったようで・・・まぁ1日でも長く活躍してもらいたいところです。

DSCF3424.jpg
昭島駅行きのバスが来ましたが、いすゞエルガJ。ついついレインボーって言いそうになりますが・・・立川バスでも瑞穂と拝島にしかいないので立川駅ではそれほど見る機会は少ないです。まぁ昭島などに行けばかなりの確率でコレが来るようですが。。。

DSCF3429.jpg
玉川上水駅行きのエルガ。イオンモールラッピングです。高校時代には何度かお世話になった車両ですね。イオンモール自体は大学行ってもよく行きますが、意外とこの車両を見るのはごぶさたです。

DSCF3436.jpg
エルガJの側面。レインボーの後期車と同じように非常口は後ろよりなので、より長ーくみえる気がします。ところでこの系統、イオン発車時点では自分が見る時は数人しか乗っていないのですが、まぁアクセス的には便利な系統なので長く続いて欲しいですね。

DSCF3439.jpg
エルガJの後部。

この後は吉祥寺駅での撮影~

DSCF3442s.jpg
小田急リムジンバスの三菱エアロクイーン。多摩地区は小田急、立川がいますし、静岡では東海バスの貸切はこの色なのでやたら多い印象を受けますね。

DSCF3443s.jpg
関東バスのRA。明治大学のラッピングバスです、

DSCF3455.jpg
西武バスのAPが来ましたが・・・久々に初期の前面が黒い車両を撮影できました。APの初期車は今のQKG代と同じで黒サッシでしたが、結局普及せず銀サッシで本格導入されました。で、前面も関東バスと同じようにライト周りが黒だったのですが、これもあまり増えず・・・個人的にこっちの方が好きです。

DSCF3459.jpg
ちょうど中扉が開いていたので撮影・・・この車両は車椅子スペースの1台目のスペースはあらかじめ椅子が撤去されています。西武バスでは前乗り地区を中心に存在していますが、立ち席スペースも兼ねているようです。

DSCF3461.jpg
前面のPASMOステッカー。結構新しい「IC」ステッカーに変わりつつあるのですが、西武バスは今のところ交換されていないようで・・・でもいつかは変わると思うので、一応いまのうちに撮影しておきます。

DSCF3464.jpg
前扉にこんなステッカーが。閉まっているときにしか見えないですが、駆け込みをしようとした人への注意歓呼ですかね。

DSCF3465.jpg
武蔵境の教習所のラッピングバス。和光市にも来ていましたが、派手ですねw

DSCF3468s.jpg
ムーバスのリフト付きリエッセが来ましたが、教習車だそうです。ちなみにムーバスリエッセの中にはこれのようにナンバーが乗用車用?の小型なんですよね。なんか変な感じがします。

DSCF3469s.jpg
関東バスのRA・・・じゃなくてAA(エアロスターS)。三菱とUDは一時期エンジンやノンステがすべてUD製になっていた時期があったので、今後もこのままかと思っていたところでAPノンステ登場→UD撤退と言うことになるとは当時は全く予想してなかったです。

DSCF3470.jpg
西武バスの初期APワンステ。なかなか撮れないんですが、2台も来るとは。A8ということで2008年導入ですが、この頃はRAワンステと平行導入されていた時期ですね。

DSCF3474.jpg
西武バスMPノンステ。以前はこいつを目当てに撮影していたことがありますが、ここまで増えると逆に「またこいつか」状態になりますw 最近、京王バスも含めてこの顔ばかり見ていますねw

DSCF3475.jpg
小田急バスMP。窓は銀サッシですが、窓周りは黒という仕様。小田急バス=7Eという自分にはこんな感じで黒が多めの方がしっくり来る感じがします。

DSCF3477s.jpg
関東バスの・・・車番的にこれはAPだったはず・・・車種名だけ違うのでもう「AP/MP」と紹介してもいいのかもしれませんが・・・w

DSCF3478s.jpg
ちょっと前から目立つようになった関東バスの中型ロング車の吉祥寺駅乗り入れ。関東バスも西武と同じように車体更新があるので、この車両も塗装がまだ綺麗です。

DSCF3479.jpg
小田急バスエルガ。各社バスでおなじみのスポーツ祭東京2013のラッピング。基本的にラッピングが共通な上に結構多くいるので、側面の社名表記や前面の通常塗装が無いとどの会社なのか本当にわかりませんね。

DSCF3480s.jpg
ムーバスのポンチョが来ましたがこれも教習車。教習車というと古いバスを使うイメージがありますが・・・でもスロープ取り付けや、車両の勘をつかむという観点からすれば、このように新車を使うほうがより「教習」になるのかもしれません。

DSCF3481.jpg
西武バスUAワンステのラッピング車が来ましたが、こいつは吉祥寺駅で撮影していると毎回のように現れますね。

DSCF3483.jpg
西武バスAPワンステ。ここに入ってくる西武バスもAP/MPばかりになっていますね。ここは最初からAPが多めでしたが、最近の導入もあわせておそらく見た感じですが5割程度はAP/MPが占めているような・・・w

DSCF3484.jpg
「バス特 PASMO・Suica」このステッカーは今後も使われるとは思いますが、一応こういう細かいところも撮影しておきます。バス特というとあのICカードをかざすと時々鳴る「チケットがつきました」って奴ですね。

DSCF3488.jpg
今度は関東バスのスポーツ祭り東京2013ラッピング。このラッピングも普及しすぎて特に新鮮さを全く感じなくなりましたが・・・でもスポーツ祭終わったら消えるわけで、いまのうちに撮影できるだけしておいたほうが良いかもしれませんね。

DSCF3490.jpg
ところで西武バスのAP/MP、RAでは導入途中から日中使うLEDライトが前面に取り付けられましたが、AP/MP、RAともにバンパー埋め込みなので後付け感がなく馴染んでいるのが良いところです。最近は使っているところも見られるようになりました。

DSCF3493.jpg
APの中扉部分を撮影したので、ついでに目の前にきた関東バスRAも。ノンステの標準的なスタイルですね。まぁ車椅子が2台というのは都市型ならではですが、それ以外ではどのメーカーも仕様もドア周りはほぼ同じですね。

DSCF3494.jpg
ところでこんなところにラッピングがw こちらは出口なので、あまり乗る人には宣伝になってない気もしますが・・・w

DSCF3495.jpg
このバス。側面のJapan Thank Youのステッカーが残っていました。都営バスや京王バスで多く見ることができましたが、今はあまり見ないですね。

DSCF3497.jpg
小田急バスMPですが、こちらは白が多め。立川バスだとこの仕様は存在しません。

DSCF3498.jpg
西武バスのRAとUAのワンステが続けて入ってきました。UD大国の西武らしい光景です。ただ、西武もかなり三菱が増えてきたので数年のうちに三菱大国に変わりそうです。

DSCF3499.jpg
お!西武バスのQKGワンステがきました。ようやくワンステを捕獲できました。黒サッシとスモークガラス窓がという点も特徴ですが、この黒サッシから西武バスでも運転席窓直後に小窓が入るようになりました。これはワンステのみで採用(西武では)ですが、運転席直後の座席でも窓の開閉をしやすいように逆T字を後ろ側にするために窓が入ってるとか入ってないとか。ここはスモークではありません。

DSCF3502.jpg
扉側を撮影。上石神井周辺の車両なので4枚折戸ですが、こちら側も前扉直後に小窓が入っています。これは引戸の車両にもあるようです。バスコレなどを見る限りでは名鉄バスなんかもこんな感じで小窓が入っているようです。

DSCF3508.jpg
もう1枚撮影。西武バスでは今までカーテンやこのような色付きガラスは採用されていないので、なんか違和感があり目だっていますね。銀サッシよりも高級感がある感じがするのでサッシの変更は正解かもしれません。

DSCF3511.jpg
富士重新7Eワンステが来ましたが、こちらも中扉付近を撮影してみました。まぁ座席も標準的なものです。富士重新7Eは車内も薄緑色で今の車両と比べるとベテランな感じがしますね。

DSCF3512.jpg
小田急バスですが、国際基督教大学高校のラッピングですが、なんかスクールバスみたいですね。

DSCF3513s.jpg
ムーバスポンチョの教習車。

DSCF3516s.jpg
吉祥寺ではおなじみの西武バスエルガワンステ。今回も登場しました。エルガワンステについては最近は一切導入されていない状況です。埼玉県方面も今は三菱が主流ということで、今後初期エルガの置き換えがどうなるか気になるところです。

DSCF3518s.jpg
西武バスAPノンステ。吉祥寺では少なめです。

DSCF3520s.jpg
関東バスの新7Eノンステが来ました。西武バスでは徐々に減ってきているので、こちらも何度も撮影していますがしつこく撮影w 廃車になれば二度と見られなくなりますし、撮影はなるべく多くしておきます。

DSCF3521s.jpg
お、関東バスのQKGが来ました。こちらは以前から黒サッシなのでフォグランプが白色な点ぐらいしか違いが無いですが・・・関東バスもエルガの新車やMK(ミディ)の新車が出ているので今後記録していきたいところです。

DSCF3525.jpg
フルフラットじゃないほうの新7Eが来ました。この場所は西武バスがよく使っていますが、今回は関東バスも何回か使っていました。ここ後者場所としては良いと思うのですが、柵があるので客が跨がないといけないのが難点・・・この日もひっかかってしまっている人がいました。・・・ここから向こう側に横断する人対策でこうなっているようですが、バスに乗ってきた人に影響が出てしまっているのはなんともいえませんね。

DSCF3528.jpg
新しいICマークを撮影。関東バスもほぼコレになったようで・・・今もPASMOが残っているのは西武バスぐらいなのかもしれませんね。

DSCF3529.jpg
関東バスのMPワンステ。こちらも吉祥寺の顔ですね。

DSCF3530.jpg
ぶれていますが小田急バスのQKGだと思われるMPノンステ。小田急バスも立川バスと同じように窓の下を黒く塗装するようにしたようです。今までのはかなり白が目立っていたので逆に新鮮です。で小田急バス独自のタイヤのカバーもついています。これ他の小田急グループには広がってない様で、今のところ小田急バス独自です。

ということで吉祥寺も以上です。ではまた
スポンサーサイト
17:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.29 (Mon)

★2013 第24号★

こんばんは。

今週末というかGW前半の日曜日ですが、花粉症で絶不調でしたが、「東急東横線方面へ直通で行きたい・・・自由が丘乗換で宮崎台の電車とバスの博物館にでも行ってこよう」ということで、宮崎台へ行ってきました。ちなみに、自分は花粉で、のど、鼻水、咳とフルコースな影響を受けますが、今は咳に困っています・・・外に出る際は一応マナーとしてマスクをつけていますが・・・それにしてもつらいです・・・
それと木曜日に吉祥寺で撮影して、それの紹介記事も編集中ですが、とりあえず先に日曜のをUPします。あと、おまたせいたしました!Bトレ都営10-300形の紹介も後半で載せる予定です。

DSCF3533.jpg
まぁ、普通に東村山から。バスの予定でしたが20分程度遅れていたので徒歩・・・駅に遅れてきたバスと同じタイミングで到着しました。こういうときって意地でもバスに抜かれたくないわけですがwなんとか「追い越され」ませんでした・・・w で、特急用乗車口・・・これどっかで見たことありますが、通常とは違うステッカーでPRも兼ねていると思われます(ホームにも特急停車告知が大きく貼りだされるなどPRは結構されています)。

DSCF3536.jpg
本川越から来た国分寺行き2000系と国分寺から来た本川越行き2000系の並び。当たり前な光景ですが、当たり前だからこそ落ち着くというか「東村山」らしい並び。で、3月16日に乗ったときと同じ時間のようでしたが、今回は先発の3000系8両の新所沢行きで所沢へ。といっても所沢で新所沢行きが駅を出て行ったのと同時にこいつもすぐ後を追ってきました。ちなみにダイヤ的には東村山で接続していますが、多くの場合は「新所沢で本川越行き接続」と放送されています。

で、この後、とりあえず急行池袋行きで石神井公園まで移動。20000系トップナンバーでしたが、所沢でも立ち席が多く、ひばりヶ丘で満員となっていました。でも、準急に比べて停車駅も少ないので、利便性的にはやはり良い種別といえそうです。石神井公園に到着しましたが、各停元町・中華街行きは今度の快急のあと・・・ということで前よりにいましたが後ろへ移動し快急を撮影します。

DSCF3542.jpg
石神井公園どまりの5000系が電留線に。こいつが折り返しの各停ということで、ここで西武線内で初めて東急に乗れることが確定しました。ラッキーということで入線を楽しみに待ちます。

DSCF3544.jpg
で、快速急行。以前この運用に乗ったので西武6000系運用ということはわかっていましたが、直通開始HM車が来るとは思っていなくこれはラッキー。西武車の「元町・中華街」表記を捕獲できました。

DSCF3549.jpg
駅に停車したところで表示機を撮影。東武車と西武6000系は表示機が大きく、はっきり見えて、しかもフルカラーLEDというのが良いところ。しっかり記録できました。ちなみに直通開始から1ヶ月以上経ちましたがGWということもあってか結構な乗車率でした。

DSCF3552.jpg
で10分後、さっきの東急5000系の始発の元町・中華街行きが入線してきたので乗車します。LCDに西武鉄道のマークが出たところを撮影。LCD表示は5社で共通化されましたが、各鉄道走行時はそれぞれのマークと社名が表示されます。

DSCF3557.jpg
5000系なので5050系とちがい青色系な配色です。まぁ5050系よりE231系ですが灰色系のE231系よりはさわやかな印象を受けます。で画像のように、石神井公園発車時は渋谷時代と同じくガラガラです。で、やっぱり5000系の音はかっこいいですね。それと東急ではガンガン飛ばしている印象の5000系も西武線内では穏やかな印象・・・w で、この各停は練馬と小竹向原で3分ずつ停車したりしますが、東新宿での退避も無く、渋谷でも抜かれない速達各停です。で、この電車でそのまま自由が丘へ。渋谷でどれぐらい乗ってくるのかなと見ていましたが、ホームで立っていた人の半分程度が乗車して席が埋まり・・・都立大学までで立ち席がでましたが自由が丘で半分程度特急乗り換えという以前からの東横線と変わらない感じでした。

DSCF3558.jpg
自由が丘で久々に降り、大井町線へ乗換。自由が丘ですが、東横線の上下線ともに直接大井町線の各方向へ降りれるようにEVが2台ずつ整備されていて考えられている印象。これは旗の台もそうでしたね。で、ちょうど大井町行きの8500系が発車したので、記念に撮影。色は微妙ですが意外と表示はしっかり撮影できました。

DSCF3560.jpg
来た電車は田園都市線経由の青各停。9000系でした。あの走行音を聞きたかったので良かった・・・というより今は大井町線で9000系以外にあたることのほうが珍しいですがw まぁ当面は大井町線で普通に見ることができるので、この音を聞きたくなったときは何度も来ようと思いますw

DSCF3562.jpg
二子玉川で田園都市線が多少遅れていたため数分時間調整。その後溝の口に到着しましたが、溝の口の大井町線降車ホームには簡易的な柵がつけられていました。で、乗務員室付近には無いのでこのように撮影は引き続き可能です。ところでこの編成、スカートなしということで大井町線で当初から活躍していた編成でした。何故か今もスカートは唯一取り付けられていません。

DSCF3564.jpg
この後、宮崎台まで各停に乗り継ぎでしたが、運よく8500系。それも錦糸町に行った際に来た側面に赤帯+自動放送の編成でした。2駅だけでしたが8500系に乗ることができました。

DSCF3565.jpg
で宮崎台へ到着。駅直結の電車とバスの博物館へ向かいます。実は小さい頃高津にあった頃は何度も行っていますが、宮崎台に移転してからは1回も入ったことがありませんでした。

DSCF3566.jpg
入り口にある自動改札機・・・まぁコレを通って入場となるのは高津時代と同じです。しっかり幅広になっていますが、この機械結構年代物ではないかと思います。この形には見覚えがありますが、今とはちょっと違いますね。
で、中はちょっとだけ撮影したのでちょっとだけ載せていきます。

DSCF3570.jpg
高津時代からあった「高津駅」の以前の姿の再現がそのまま来ていました。この展示は懐かしい・・・w まだ「新玉川線」も田園都市線も無い頃ですね。今では当たり前な路線ですが結構新しいということを改めて実感します。

DSCF3571.jpg
「急告」の看板・・・これって書いてることは今と変わりませんね。今はLEDやLCD表示機で知らせていることはありますが、でも紙に印刷したものや手で書いたものは今でも使われていますね。

DSCF3574.jpg
検車区の様子を再現したジオラマ。1000系・9000系ですが作成当時は1000系・9000系が新車だったころなのかな。今だったら5000系になると思われ、おそらく高津時代からあったものと思われます。

DSCF3578.jpg
で、HOゲージ?を運転できるコーナーがあって、5000系、5050系、9000系が走行していましたが、唯一5050系だけ撮影が出来ました。

DSCF3581.jpg
玉電200形が休憩スペースなのも以前から変わらず・・・現役時代を知りませんが、博物館でよく見て乗ったのが懐かしいですw

DSCF3583.jpg
で、以前のモノコックバスも展示されていますが、前面。壁ぎりぎりなのでしっかり撮影できませんが・・・これも高津時代に運転席でいろいろ操作したなぁw

DSCF3586.jpg
お隣東急コーチもかなりレトロ車両。今の小さな子だとモノコックバス自体見たこと無い人も多そうですね。丸っこい形状やバンパー、リベットなど今となってはかなり珍しいバスですね。

DSCF3593.jpg
方向幕が展示されていました。それとLED表示機もありそちらは自分で行先表示を選択でき車内の次の停留所案内、放送等がスイッチで動かせるようになっていました。

DSCF3596.jpg
画像だと伝わりにくいですが、床が今ではありえないくらい高いですね。これだと一般の人もかなり乗りづらかったでしょうね。これでさらに車内までには2段あるわけで・・・

DSCF3598.jpg
バスの車庫の模型がありましたが、これ5Eですね。となるとこれは20年以上前に作成された模型なのかも。博物館って意外と古い模型とか残っていたりするので、そういうところも楽しさの一つです。小さいとき見たものをもう1回こうやってみると面白い発見ができますねw

DSCF3599.jpg
このあと伊豆急行関連のグッズがあったので少し購入し宮崎台のホームへ。ちょっと撮影しようかと思いましたが、どうも構図が上手くいかなそうだったので各停へ乗車。で、その前に8500系の急行が通過しましたが、速度+8M2Tで超強力なのでかなりの音を出していましたw それと反対方面に大井町線6000系の急行長津田行きが通過・・・実は土日は日中も30分に1本大井町~長津田の急行があるようで今回初めて知りましたw 震災の後の節電がらみで急行がその運行になっていたことはありましたが、通常ダイヤでもあったとは。いつからできたのでしょうかね。

DSCF3602.jpg
で、メトロ8000系が来てハズレか・・・と思ったのですが、乗車してびっくりw こんなLCDが付いていました。しかもE233系1000番台と同じ横長のタイプで、アニメーション付きの最新仕様です。メトロの超更新といったところですかね、ドアもJRと同じ3回鳴るチャイムになっていて自分の知ってる8000系とは違っていましたね・・・w この電車で今度は渋谷まで一気に戻ります。

DSCF3603.jpg
優先席。このへんは6000系、7000系あたりの更新と同じと思われます。この各停は桜新町での退避がなく渋谷先着でした。で、相変わらず激しい運転で特に減速がかなりきつめにかかっていました。

DSCF3604.jpg
で、渋谷で一旦下車しますが、渋谷のヒカリエで屋外に眺めの良い場所があるとのことへそちらへ・・・改札内で田園都市線から副都心線方面へ移動しましたが、壁にこんな表示が。最近は結構LCDを使った表示が増えていますね。見やすくて良いと思います。

DSCF3608.jpg
渋谷ヒカリエの4回に屋外デッキみたいなのがありますが、そこからはガラスがあるものの外を見ることができます。でこのように銀座線を結構簡単に見ることができます。

DSCF3612.jpg
このように停車中の電車も見ることができます。これは結構楽しいですね。この光景もリニューアルにより見られなくなるらしく、今だけということになります。

DSCF3614_20130429135529.jpg
バスターミナルも見ることができ、都営バスが密集している様子がよくわかります。こうやってみるとなんかジオラマっぽく見えますね。バスが手にとれるサイズですね。あと東横渋谷もここから見るとまだ現役な雰囲気ですね。

DSCF3615.jpg
銀座線01系がちょうど並びました。1000系も見たいところですが、01系も徐々に数を減らしていくことが決まっているようでこうやって撮影できるときに撮影しておきます。0系シリーズもまだ新しい印象なんですが、05系も含めて置き換えの対象に入りつつありますね。

DSCF3625.jpg
こちらはガラスの反射が目立ってしまっていますが・・・やっぱり01系は小さいですね。で銀座線は次から次へと電車が入ってきますね。今後10000系が増えるとバリエーションも増えるので、また撮影したい場所です。

DSCF3630.jpg
撤収しようと都営バスの方を見たら・・・「ん?」LKG代以降のエルガが停まっていました。エルガハイブリッドが導入されたのは知っていましたが、通常のエルガも入っていたんですね。

DSCF3631.jpg
この後B3→坂を上りB2の改札口から入りますが・・・改札前の表示板ですが、結構にぎやかですね。両方のホームとも東急が管理しているのでこの辺の表記もメトロというより東急の表記になっています。この後、各停飯能行きがありましたがメトロ7000系だったのでパスして、次の和光市行きを待ちましたがそれもメトロ7000系。でもそれに乗車。途中東新宿で急行川越市行きの通過を待ちましたがこの急行が数分遅れ・・・これが後々西武線にも拡大していきます・・・土日の17時代ですが各停は池袋を過ぎると空席が目立っています。

DSCF3633_20130429135620.jpg
小竹向原では新木場からの石神井公園行き接続でしたが、コレに乗っても石神井で急行接続なので、その後の副都心線内急行の各停小手指行きを待ちます。で石神井公園行きも2分遅れで発車。この駅名板、新しいですがその下の「小竹小学校前」は結構古そうです。

DSCF3635.jpg
直通関連のポスターですが、西武と東武の間を黄色く塗ってチューリップっぽく描いていますね。

DSCF3636_20130429135635.jpg
で急行できた小手指行きは約2分遅れ・・・で、来たのは東急4000系でした。4000系は初乗車です。4009ということで通常の4000系としては最新編成。で、車内は基本的に5050系と同一です。車内側面は青、妻面は赤系統と壁紙が全く正反対なのがちょっと謎なところですが、最近では壁紙も共通化が進んでいるのでこういう独自仕様は良い点かとお。 この各停、夕方なのに練馬以降小手指まで先着する速達各停でした。ちょうど優等列車の合間ということでしょうけど、この時間に速達というのは面白いですね。途中複々線で回送に抜かれましたが石神井公園で追い越すため抜き返していました。

DSCF3637.jpg
で、遅れは5分程度に拡大。「お降りの駅が近づいたらお降りの準備を」というような放送がありましたが、それよりもひばりヶ丘~所沢でのかっ飛ばし方はびっくりしました。東急並みの速度と減速で西武らしくなく「こんなに飛ばして大丈夫なのか」って思うほどでしたw 車内でもE231系のような床下からの振動があり、本気で飛ばしていたようですw

DSCF3638.jpg
減速も結構つめていたようで何とか遅れ回復させようとしていたようですが、所沢には7分程度遅れて到着。ここで回復させようとしたのは他社線への影響を少なくする為かと思いますが、遅れには以前よりも気を遣っているのかもしれません。大体数分遅れの新宿線と同じようには行かないようで・・・で、4000系は初でしたが、5000系のお気に入り要素だった初速(マスコンを入れて発車したとき)時の「チー」というような音が無く、それ以外は同一なのですが、メトロ10000系や西武30000系に近くなり、なんか物足りない感じでした。でも高速域では5000系と同じで結構力が強そうな音をだしていました。それと秋津で西武4000系が停車していましたが、側面は「急  行」。駅表示機にも「急行池袋」とあり、遅れ対応で臨時に停車していたものと思いますが、どうやら芝桜の時期ということで快速急行池袋発長瀞・三峰口行と、急行長瀞・三峰口発池袋行が秋津に臨時停車しているようです。それと側面は「急行池袋」は無いようで「急  行」を使っているようです。
あと、所沢で自動放送が「お出口は右側です」と言ったのに実際は4番で左側でした・・・w 所沢では後続の急行できた飯能行きが入線するタイミングで発車していったので、急遽4番に入れたのかもしれません。

DSCF3639.jpg
ですぐに今度はさっきの回送が4番に入ってきました。これ、石神井公園では電気がついてなかったので、このあと一旦引き上げて始発の池袋行きにでもなったのかもしれませんね。ところでホームですが床を変更しているようで、乗車位置も仮設置になっていましたし、だいぶ凸凹してました。画像の部分も・・・これはなかなか激しい凸凹ですwこの後、本当なら8分乗換でしたが、遅れで乗れなかったので次の急行西武新宿行きで東村山へ。新2000系の4+4で、最後は西武の黄色い電車で締めることができました。やっぱり最後に暖色系の新2000系は落ち着きます。
で、ちょっとおどろいたのが西武園線。撮影はできませんでしたが、白い新101系が運用についていました。多摩湖線関連で運用が周らなくなると思っていたのですが、西武園線に入れても間に合うようで・・・まぁ今は黄色の263編成が運用に入っているので、263が運用に入れるときは今後も西武園線に入るのかもしれません。

以上です。では続いてBトレ都営10-300形紹介です。

DSCF3641.jpg
新宿西口駅で2箱購入してきましたが、10carsを貼りたかったので10両の車番を貼っています。うーん、若干実車より角ばって平たい感じがしますが、全然似てないってわけでもないですね。微妙なところ。ちなみに表示は「各停飛田給」と「急行大島」という変なところにしておきました。ちなみに区急はないですが、快速と通快はありました。

DSCF3642.jpg
先頭車側面。最近の標準スタイルといったところで、まぁ実車どおりって感じです。

DSCF3645.jpg
中間車側面は家にあった5050系の中間(今回購入したものではないですが、見たところ変更点無し)と比較・・・ファンページなどでは「流用」とあるのですが、ドア窓が違っているのと、窓の淵も若干丸く、出っ張りも大きくなっていて新規で用意した感じです。

DSCF3644.jpg
で、10両はパンタ撤去跡がある車両がついているようですが、それも屋根パーツが用意されていたのでそれを取り付け。

では評価

造形のよさ:3
→前面がうーん。悪くはないのですが、微妙に平たくて角ばっているんですよね。実車だともう少し丸みがあるかなって言ったところかなぁ。ただ変ということではなく、再現されている点も多いということで3です

説明書の分かりやすさ:5
→今回、説明書にはR形の編成例も書いてあり、いつか出るのかな~とちょっと期待。優先席の位置とかも書いてあり説明書はかなり良いと思います。

入手安易度:2
→都営の一部駅限定ということで、入手はどちらかというと大変なほうかもしれません。あと売れ行きがどうなのか気になりますが、大江戸線の各形式よりは売れていると思われ、売り切れもありえるかもしれません。

シール充実度:3
→一通りしっかり用意されています。ただ都営マークは側面のはあまりが出ないので失敗はできません。10carsは付かないかなって思っていたのですが、つけた点は結構評価できるかと

部品豊富度:3
→パンタ撤去の屋根もありますし、部品に関しては豊富なほうかと思います。

組み立てやすさ:3
→若干硬い部分、削る部分があったのと、前面の表示機は大変ですが、それほど苦にならない程度で、まぁ妥当だと思います。


DSCF3200.jpg
ところで、全国バスコレで「名古屋市営もほしいなぁ」とかつぶやいていましたが、新宿に行ったついでにポポンデッタに行った所、若干安く売っていたので購入してしまいました。で、名古屋のはワンステの改造扱いだったPKG代のようです。バスコレではじめてのノンステの標準尺です。いつものバスコレより長く見えます。

DSCF3201.jpg
前面。

DSCF3202_20130429134155.jpg
運転席側側面。窓が大きい上に標準尺なので都営バスのよりも結構長く見えます。しかも銀サッシで目立っていてこれは買って正解だったかもしれません。

DSCF3203.jpg
後部。公営だとやはり増設のブレーキランプは取り付けられていませんね。つけたほうが後ろの車への注意歓呼にはなると思いますが、オプションということで無理なのかもしれません。

DSCF3205.jpg
都営の短尺との比較。差はわずかですが、結構長さが違って見えます。関東だと標準尺を見ることが少ないですが、名古屋などでは標準尺の方が普通のようですね。都営も混雑度的には標準尺でも良さそうですね。

DSCF3206_20130429134753.jpg
以前の名鉄のMPワンステと長さを比較。上が名鉄です。同じ標準尺ですが、ノンステはグライドスライドなのでワンステよりも長くなります。ちょうど長尺のワンステ・ツーステと同じぐらいの長さになるということで、やっぱり長いってことですね。

っていうことで以上・・・ところでGW中は1日~5日に静岡へ行く予定です。

まぁ結構時間が短いですが、なんか撮影できたら掲載します。
それと吉祥寺の方は次の記事で掲載する予定です。

ではこのへんで

14:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.21 (Sun)

☆2013 第23号☆

こんばんは。

今週は、前回「Bトレネタがある」と言ったので、それにしようかと思ったのですが、偶然今週いろいろ用事の間に撮影ができて40枚程度掲載する画像が出来たのでそれを掲載していきます。

まずは、国分寺駅で撮影したもの。

DSC_0132.jpg
京王バスのブルーリボンⅡ。駅の方向に歩いた際に「ん?」と思ってよく見たらこいつでした。この国分寺駅~府中駅といえばJPが主流でRAも来るという路線ですが、まさかのブルーリボンⅡ。かなり違和感が・・・w まぁB(府中)にはブルリⅡがいるということは知っていましたが、この系統には入ってる姿を見たことがありませんでした。ところで、国分寺~府中は京王バス中央となっているものの、京王電鉄バスに委託しているというまぁ複雑な運営のようで、それで電鉄カラーが主流のようですね。この画像はスマホ撮影です。

続いて多摩センターです。こちらは学校で使用する本を購入(三越にある丸善がかなり規模が大きいため)するために行った際に合間に撮影したものです。ここで新車のブルーリボンⅡを撮りたかったのですが、直前までいたのに、撮影中は来ませんでした(泣)

DSC_0139.jpg
京王バスのUAと神奈中MPの並び。まずUAのナンバーの件は置いといて(後術)、UAの右側窓下にあるPASMOステッカーですが、ICカード相互利用化に伴ってステッカーが変更されつつあるのですが、その変更後がMPの右側についている「IC」というステッカーです。まぁPASMO以外も使えるので誤解防止のためでもあるようですが・・・どちらにしろPASMOステッカーが今後は減っていきそうです。

DSC_0141.jpg
多摩市ミニバスのレインボーⅡ。まぁ京王では中型はほぼレインボーⅡなので、これも塗装が違う程度ということだけで特に新鮮さは感じないですね。

DSC_0143.jpg
京王のUAが並びました。で多摩センターにUAがいることは普通なんですが、何故かナンバーが新しくとりなおされています。それも2300代ということで結構最近です。他のJPなどはそのままなので謎ですね。国分寺でも紹介した「委託」が絡んでいるのかもしれませんが変な感じです。

DSC_0146.jpg
京王の初代ワンロマ車塗装MPが来ましたが、こいつは立川駅で撮影した奴ですね。なんか立川と多摩センターで同じバスを見るのは何故か不思議な感覚です。

DSC_0147.jpg
UAばっかり並びました。全部元からいる車両たちのようですが、ここまで集結しているのは初めて見ました。で全部ナンバーは新しいです。ところで京王の「100周年」記念の前掛けですが、リバイバル塗装以外の車両にはすべてついているようですね。

DSC_0151.jpg
京王バスのエアロミディ。ところでこれ、全部スマホで撮影です。さすがにズームをするとデジカメよりは粗くなってしまいますが、でもちょっと撮影したいときには十分な画質に感じます。

DSC_0155.jpg
電鉄カラーのUAと京王バスカラーのMP。多摩センターはどちらのカラーも今はまんべんなく来るのでその点では結構面白いかもしれません。ただ、雰囲気的にバスターミナルが寂れた感じになっているのがなんとも・・・

続いて、偶然大学が午前中に終わったので「この余った時間を楽しく利用しないともったいない」と思ったんで、急遽どこに行くか考えたのですが、東京駅に行って東海道線のE233系を撮影しておこうということを思いつき中央線で行ってきました。こういうとき中央線沿線は便利ですw

DSCF3309.jpg
まぁ快速に乗って東京駅に移動し到着しましたが、乗ってきたのを撮る前に先に発車する中央特快を撮影。最近は、西武線よりもE233系の方がよく見るという状況で、ある意味中央線が地元路線となっています。

DSCF3312.jpg
偶然カメラとこの車両のLEDとの相性が合っていたようで、LEDが切れずに撮影できたので、表示部分をアップで撮影。ところで改正により平日は特快と快速がほぼ交互に発車するようになりましたが、快速が特に混雑しているわけではなく、むしろ本数が適正化され、一方で速達も増えて便利になった感がありますね。

DSCF3314.jpg
中央特快高尾行き表記。ところで中央特快は東京駅では混んでいるイメージがあるのであまり乗らないですね。しかも武蔵小金井だと国分寺以上に利用しないですね。

DSCF3320.jpg
乗ってきたE233系。折り返しも快速です。ところで東京駅の放送で「中央線各駅停車電車は当駅には停車いたしません」と流れますが、毎回「各駅停車 電車」と間が空くのが不自然な感じがしますね。「電車」なくても良い気もしますが。。。

この後は東海道線は運用がネット上で出ているのでそれを利用させてもらい時間を見たところ30分ぐらいあったので適当に構内を見てから移動。東京駅もいろいろあって面白いですよね。

DSCF3323.jpg
で、東海道線の7・8番線に移動したところ、山手線を見たら緑一色のE231系を発見!なんとか撮影しました。銀電の中で緑一色は結構インパクトがありますね。

DSCF3324a.jpg
緑の山手線ですが、前面は色をつけられなかったようで普通です。ところでこの緑一色、結構面白いなと思うのでこれは各路線でスカイブルー、オレンジ、カナリアなどやって欲しいですねw

DSCF3325.jpg
さて、E233系が入ってきましたがまず普通東京行き表記を撮影。フルカラーLEDなのが良いですね。それと普通表記が妙に新鮮です。E231系では無いですし、「普通」と側面に出るのはE233系近郊形だけですかね。

DSCF3330.jpg
ついでに「東海道線」表記も。この次駅表記は「無くても良い」という声もあるようですが、自分はフルカラーLEDを上手く活用していて良いなぁと思います。E233系が登場したときはこの表記も新鮮でしたが今では当たり前すぎて新鮮さは無いですね・・・w

DSCF3331.jpg
そしていよいよ前面を撮影。E233系のこの色が出てから撮影したいと思っていましたが、ようやく撮影できました。まぁE233系は毎日のように見ていますが、色が違うと何かが違うように見えますねw

DSC_0159.jpg
ここで実験で一枚スマホで撮影してみました。上のデジカメ画像と若干発色に違いが見受けられますが、それほど悪くないというかコレでもやはり十分綺麗ですね。

DSCF3334.jpg
と、反対側に回送(折り返し熱海行き)が来ましたがこちらもE233系でした。これは調べてなかったのでラッキーでした。このE231系との違いであるドアに帯がついているところを撮影。これもE233系の特徴ですね。

DSCF3343.jpg
こちらも前面を撮影。ところでE233系の前面帯ですが、結局中央線の0番台以外はこの配置になりましたね。今後の埼京線(7000番台)と横浜線もこっちの配置ですし…

DSCF3344.jpg
「普通東海道線」表記。ところで、東北縦貫線の建設が進んでいますが、高崎・宇都宮系統は「普通」ですが常磐線だけ「快速」なのでこれがどうなるか気になります。個人的には統一したほうがわかりやすい気がします。そもそも青の常磐線が快速となっていることが変な感じがしますがw まぁ常磐線との直通があるのかどうかわかりませんが、直通的にはそちらの方が便利(高崎・宇都宮~東海道は湘南新宿ラインもありますし)なので、常磐系統も出来ると予想していますがどうなるか。

DSCF3345.jpg
切れてしまいましたが「普通熱海」。ここで熱海を見るとやはり遠くに行く電車なんだなと感じますね。

DSCF3349.jpg
ところでこの編成、窓の左下には「NT56」左上の板には「E58」となっていますね。どうやら最初に田町車両センターに入ったE233系は「NT編成」だったようですが、国府津に転属になったようで、それで現在は「E58編成」のようです。まぁ211系が田町だったので田町配属になったようですが、田町の規模縮小(廃止?)で転属になったようですね。

DSCF3350.jpg
一方でこちらは客扱い開始後すぐに発車していきました。遅れていたわけではないようですが、常磐線などに比べて折り返しが速い感じがしました。偶然京浜東北線E233系が写っていますねw ところで縦貫線開業後は東海道線はどういう運用形態になるのか気になりますね。

DSCF3352.jpg
ところでこっちは窓下の表記もE編成ですね。調べてみたところこっちも元NT編成だったようで、こちらは表記も直されているようですね。E58編成もそのうち表記が直されるものと思われますね。

DSCF3355.jpg
さて、車内も一応。つり革が黒なのとドア付近はE233系ですが、座席の色などはE231系と同じですね。車内表示機も3色LEDですし、E231系にかなり近い車内という感じがします。

DSCF3356.jpg
クロスシート部。他のE233系では採用されていないのでこの3000番台だけですね。まぁ中央線とか京浜東北線とかでクロスやられても困りますしw こういうところを見ると近郊形ってことがよくわかりますね。

DSCF3358.jpg
ドアボタン。色的にも中央線と同じものですね。

DSCF3359.jpg
でE58編成の所属場所表記。東チタから変更され、横コツになっていますが、元々のものに重ねて貼っただけのようで・・・今後おそらくずっと横コツ配属になるので書き直しても良い感じもします。

DSCF3362.jpg
車内3色LED表示機。ここは管理の面からもE231系と共通化しているようですが、そうした理由は分かってはいますが、やはり他のE233系に比べてサービスダウンな感じがすこししてしまいます。

DSCF3364.jpg
車番も一応撮影。あえて「サハ」です。

DSCF3366.jpg
英語表記の側面表示機を撮影しましたが「Atami」のAがなんかかっこいいですねw

DSCF3371.jpg
15連なんで連結面を撮影。西武の2000系と全く同じ「車両連結部分です」という自動放送が流れていました。
これを撮影した後は適当に東京駅を散策して、中央線の快速で武蔵小金井へ戻ります。まぁもちろんE233系ですが、中野~武蔵小金井ではポイント通過以外ではあまり揺れませんが、東京~中野は結構揺れますね。

DSCF3373.jpg
武蔵小金井で降りてちょっと北口に移動してみると、ちょうど西武のQKG-MPノンステが発車したところでした。ところでQKG-MPも結構見るようになりましたが、ワンステは数が少なくまだ撮影することができていません。まぁそのうち増えますが、少ないうちに撮影したいですw

DSCF3376a.jpg
この場所ですが、工事で微妙に歩道の高さが下がり、車道と同じ高さになりました。ですが、柵の合間からこのように撮影できるので問題なし。ちょうど西武のJPが来ました。このタイプのJPは西武でも他社でも多くないので撮影できるとちょっと嬉しくなります。

DSCF3380a.jpg
京王バスMPですが、最近導入の方を撮影できました。この小金井営業所にもMPが合計7~8台以上導入されたようで、結構存在感が増しています。ここも最初撮影したときは新7Eもいましたが、いつのまにか結構入れ替わっていますね。

DSCF3382.jpg
西武バスRAワンステ。それにしても北口での撮影は久々です。

DSCF3384a.jpg
QKGを期待しましたがLKG代のMPでした。西武バスのMPも当たり前になりすぎましたねw 最初は違和感を感じたこの組み合わせも自然なものになり、むしろ新7Eが来ると「お、新7Eが来てる」って感じで立場が逆転したような感じですね。

DSCF3387.jpg
で南口に移動してみたところ・・・お!京王のリバイバル塗装を発見。しかも撮影できていなかった白いワンロマ塗装です。こちらが「2代目ワンロマ」(前回、誤植していましたすみません)塗装です。自分も本などで見ただけで実車はもちろん見たことがありません。

DSCF3390.jpg
側面。Bということで府中営業所配属の車両です。西武新101系更新車のような真っ白な色なので今の京王の白や、以前の京王6000系などとは雰囲気が異なりますね。

DSCF3393.jpg
後部。Bには旧路線バス塗装とこの2代目ワンロマの2台が入ったようですね。Gも含めて武蔵小金井には3台来るということで、結構リバイバル塗装に遭遇する可能性も高いですね。

ところで、東武野田線でここのところ試運転を行っていたらしい10030系が4月20日より野田線で運行を開始したようです。で、東武鉄道から「10000系野田線デビュー記念切符」が発売されたようです。野田線といえば60000系という新車が導入されるということで話題になりましたが、平行して10030系などの試運転が行われていたようです。で、60000系が青色+ドア横緑という塗装ですが、それにあわせて帯と車番が水色に、そして上部の側面方向幕がある位置に黄緑になっているようです。
まぁ伊勢崎線での6連運行が減少したので余剰車を野田線に回したと思われますが、まず転属ながら初入線ということで切符が出るというのも8000系オンリーだった野田線らしいなぁと感じましたが、確か野田線は設備の関係で回生が使えないといわれていましたが、これがどうなったのか気になります。これは60000系もそうですが、新たに設備を入れたのか、空制だけで対応しているのか・・・おそらく前者かと思いますがどうなのか。
それと切符の台紙には「10000系」となっていて10000系の画像も出ているので、もしかすると10000系の一部も入るのかもしれないなって思いました。
どちらにしろ8000系の動向が気になるのと、60000系・10000系グループがどれぐらいずつ増えるのか気になります。個人的には10030系も気に入っていますが、8000系が主流のうちにまた乗りにいきたいと考えています。
それにしても、まず野田線に入るようになったこと自体気になりますが、入るとしても色は変わらないだろうとなんとなく思っていたので、青帯は違和感しかないですねw

それと来週以降、掲載予定ですが都営10-300形を組み立てました。で、「東急5000系側面パーツを流用」したらしいので、比べてみましたが、たしかにほぼ同じなのですが、ドア部分のRがどうみても異なっていて、パーツ裏側も東急のとは違う番号がふられていました。となると実際は新規に用意したものなのかもしれません。今度比較画像を掲載しますね。

っていうことで今回は以上です。

17:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.14 (Sun)

★2013 第22号★

こんばんは。

徐々に暖かさが戻ってきていますが、まだ夜などは寒いことがありますね。まぁこの時期本来の天候というところかと思いますが、花粉を除けば今の時期が一番良いですね。

さて、まずは4月10日水曜日ですが、この日に都営10-300形のBトレが発売になるということで、これは都営限定なので購入するため新宿西口駅まで大学に出たついでに行ってきました。

DSCF3187.jpg
武蔵小金井駅につくと京王の旧塗装車がいました。あいにく待機場所がリムジンバスの後ろで前面の撮影は出来ませんでしたが、こうやって見ても結構周りに溶け込んでいますね。

DSCF3192.jpg
後部側を撮影。ちなみにこちらはGじゃなくてBのバスということで府中所属のようです。武蔵小金井にはこの旧塗装が2台見ることができるということですね。一番近い京王バススポットなので個人的には良かったです。ちなみにこの日、新宿駅でも同じ旧塗装を目撃(中野駅行き)。

で、中央線はちょうど特急待ちで発車が遅れていた武蔵小金井始発の東京行きで移動。出発後はすべて先着のダイヤでしたが日中時間帯なのでそれほど混まずに移動。途中荻窪でナンバーが新しい関東バスのエアロミディを目撃しましたが、関東バスにミディの新車が入ったようでこれもいつか撮影したいところ。それと中野の奥のほうに東西線05系のリニューアル車が停車していました。これは結構鉄道ニュース関連で情報が出ていますが、こちらも撮影・乗車してみたいところです。

DSCF3194.jpg
そんなこんなで新宿に到着しましたが、新宿の一番西口よりの階段は自由通路建設のために閉鎖されたようで、こんなガラガラな状況。それにしても一番利用が多そうな階段を閉鎖するとはなかなかやりますねw

この後新宿西口駅まで移動しましたが、バリアフリールートは面倒くさいですね。地下なのに地上からEV移動という・・・で、Bトレですが駅の売店とか改札で販売してるかと思ったら忘れ物取扱所とかいうところで販売されていました。これだと売れ行きがあまり良く無さそうで、もっと告知するか売店での販売の方が良さそうです。まぁ落ち着いて買える点は良いですがw

DSCF3197.jpg
でせっかく改札まで来たので、大江戸線に1駅だけ乗って都庁前駅まで移動。この駅から都庁前行きに乗る人はほとんどいませんでしたw 

DSCF3198.jpg
座席を撮影してみましたが、車体が上に向かってすぼんでいくのが良くわかる画像になっていますね。やっぱり大江戸線は乗った瞬間、車体がかなり小さく感じますねw
この後は中央線で戻りました。

DSCF3215.jpg
今回購入の都営新宿線10‐300形と4月11日に一般販売された東急5050系とMM線Y500系。Y500系は特殊印刷であの塗装があらかじめ再現されているため若干価格が上がっています。Y500系は人気のようです。で、都営10-300形ですが都営14駅限定のもので大江戸線の新しい車両と同時発売。で都営ですが以前の大江戸線2種もまだ売っているようです。あと側面は東急5000系パーツを流用だそうで、この3種の側面は色違いというだけですねw 個人的には10-000形がより欲しいですが、まぁとりあえず三田線と浅草線を待っている人のほうが多そうです。


さて、ここからは今日の話・・・来週の休みはどうやら学校に出ないといけないようなので、まぁ撮影が3週間空くのも嫌なので近場でいいから撮影しようということで久々に田無撮影をしてみました。改正後、いくら新宿線で大きな動きが無いと言っても、新宿線沿線民なので一応ダイヤ改正後の撮影を という感じです。

DSCF3218.jpg
まぁ行きはバスでは行きませんでしたが停車していたので撮影。MPワンステ2271ですが、後部のナンバーはフレームつき。まぁ最近導入の車両は大体付いていますが。。。

DSCF3222.jpg
中扉。やはりノンステや他のワンステを見ているとかなり小さい感がありますね。まぁでもスロープ板が特別細いわけでもないのでこれでも問題は無いですが、このサイズはツーステとも違いがあまりないと思うのでその点でもMPはバスらしさが一番残っているといえるかも。

DSCF3224.jpg
前扉。この雰囲気もノンステとは異なっていて以前のバスと同じ雰囲気がありますね。

DSCF3225.jpg
10穴のホイール。このホイールを採用している車両も結構多くなりました。まぁ西武の場合は新7Eノンステが結構いたのでそこで普通に見ることが出来ていましたが、まぁやはり多少ごつい感じはありますね。

DSCF3226.jpg
田無へはちょうど来た新2000系8両の急行で移動。この編成、以前文字だけで紹介した未更新(正確にはミニ更新)のフルカラーLED車でした。まぁ6連に1本以前からありましたが、中期車との組み合わせは初。でドアチャイムと床の黄色がついていますが、もしかすると今後は超更新ではなくこれで対応するのかもしれません。おそらく路線廃止まで提案されるということは結構こういうところもコスト削減になっている可能性もありますね。

DSCF3231.jpg
この急行に接続の始発の西武新宿行き。まぁガラガラですが、利用しやすさ的には、これを小平まで延長→拝島線直通にしてほしいなぁと思います。そうすれば均等ダイヤもわかりやすい感じがします。急行が増えたとは言え拝島方面の去年6月までとの差がやはり激しい感じはしますね。

DSCF3232a.jpg
反対側の新所沢行き2000系を無理やり撮影し、あとで車両部分だけ拡大してみました。たまにこの方法を使う(石神井公園など)のですが、画質が元が良いので案外普通に見れる気がします。ダブルパンタはいつ見てもかっこいいですね。

DSCF3233a.jpg
回送の新2000系が入ってきました。中線の各停の出発直後だったので徐行で入線し30秒ほど停車していました。4+4ですが、上石神井当たりまで行くのかな。

DSCF3236.jpg
回送表示。白地なので西武の回送幕は目立ちますね。

DSCF3238a.jpg
拝島からの2000系急行。拝島急行に何故か多い8両運用ですが、拝島急行は本川越発より混むので、これも結構混んでいました。まぁ拝島線からの客が集中するのと所沢方面からの各停乗り継ぎが合わさるので混むようです。こちらは前回改正から変わらず。。。

DSCF3241.jpg
当駅どまり→各停の新2000系8連。うーん、中期車のフルカラー化が進むのかなぁ・・・?そうなると3色LEDも撮影しとく必要がありますね。まぁとりあえず3色LEDが限界に来ているのは確かで、交換は必然的な状況です。

DSCF3242a.jpg
先に発車の各停新2000系。黄色い電車が多いですね。まぁ新宿線は池袋線よりも黄色い電車が多めなので黄色い電車に当たることも多いですが、やはり西武線といえばこの雰囲気ですね。

DSCF3243.jpg
急行本川越行き。20000系8両ですがやはり土日は8両多いですね。

DSCF3244a.jpg
20000系の急行。本川越発の10両ですがこちらは後ろはそれほど混んでいなく、やはり列車によって田無まででは混雑度に差があるようですね。ただとりあえず8両だと余計混むので、8両が来たときは各停に乗ったほうが快適に移動できそうです。

DSCF3247.jpg
黄色い電車の新2000系と3000系の並び。黄色い電車同士の西武らしい光景ですね。今では20000系同士とか30000系とか銀電の並びも普通な光景ですが、やっぱりこの光景の方が自分は好きですね。

DSCF3249aa.jpg
3000系の後追いですが、明るすぎて色が変になってしまったので、後で編集して色合いを調節して黄色を目だたたせてみましたw やっぱり3ドアは良いですね。

DSCF3250.jpg
反対側の拝島行き新2000系ですが・・・おっとこれもフルカラーLEDになっていますね。となるとやっぱり今後フルカラー化が進む可能性は高いですね。まぁ見やすいですし綺麗なので増えてくれるのは嬉しいところです。

DSCF3252a.jpg
フルカラーLED車の後追い。

DSCF3253a.jpg
2000系の急行が来ましたがこれも8連。白幕が目立っていますね。ところで方向幕に戻された編成ですが、結構見るのですが捕獲できませんね。。。2連の方向幕は特に記録したいところですが・・・

DSCF3254a_20130414195646.jpg
各停が来ましたが新2000系。2000系と新2000系が続く新宿線らしい光景です。こちらは超更新車ですが、池袋線から転属してきた3色LED車です。

DSCF3255_20130414195655.jpg
おっと黄色の並びが良いですね、なんて言ってたらスマイルの並びになりました・・・w 30000系も徐々にではありますが結構増えた印象です。まぁ新車でここまで独創的なのは他社に無いのでその点は同世代車両より面白い電車かなと思います。

DSCF3256a_20130414195705.jpg
6000系の急行が来ました。未更新車は側面の色と合っていますし、方向幕部も自然な感じなのでやっぱり良いですね。

DSCF3258a_20130414195711.jpg
回送が下っていきましたが、新2000系4+4.あれ、これはさっき上っていった回送と同じ編成っぽいですね。上石神井まで行って戻ってきたのかな。

DSCF3263a_20130414195716.jpg
特急が来ました。まぁ最新編成は下って行ったばかりだったので通常のが来るのは分かっていましたが・・・で、遅れて入ってきましたがホームが揺れるほどの結構な速度で通過していきました。となると音は激しいわけですがw

DSCF3264a.jpg
行きに乗った急行が拝島行きで戻ってきました。ところで去年の改正以降、優等種別が西武新宿で2分もかからないほどで戻っていきますが、やはり均等ダイヤはわかりやすいものの無理してる感が・・・ちなみにこの日、特に混雑でもないのですが全体的に3分遅れ・・・完全に遅れが常態化してる感じがしますね。

DSCF3265a.jpg
後追い。

DSCF3266.jpg
拝島からの急行ですが、3本目で初めて10両。まぁ本川越発のより混んでいましたが、8両よりは若干余裕がある感じでした。

DSCF3269.jpg
田無の駅名板にももちろんナンバリングが付きました。ダイヤ改正までに急ピッチで取り付けられたようでもうすべての駅についているようです。

DSCF3276.jpg
昼食を取って戻りますが、ちょうど西武新宿行きが中線にいたので、ドアのステッカーを撮影。ドアが閉まっているときにしか撮れないので、こういうタイミングで撮っておきます。
で、急行できた2000系8両の拝島行きに乗車。萩山まで移動し多摩湖線の様子を見ます。途中小平では乗客の半分以上が入れ替わりました。

DSCF3279a.jpg
で、ちょうど最後の多摩湖線「萩山」折り返しの列車の時間だったので見ているとやはり萩山どまりが直接2番線に進入してきました。ぶれてしまったので画質をちょっといじってみました。まぁとりあえず八坂方向から来ているのはこの画像でもわかりますかね。

DSCF3282.jpg
萩山幕を撮影。さすがに2分折り返しで乗務員さんが走るのも大変なようで、違う運転士さんがスタンバイしていました。

DSCF3288a.jpg
また画像を調整してみました。真っ白な電車なので曇になると目立たないので、撮影しても白黒チックになってしまいますw

DSCF3290.jpg
急行西武新宿行きの20000系8両。

DSCF3293.jpg
小平始発の玉川上水行き6連。で、今日はやけに多摩湖線の遊園地行きを待つ人が多かったのですが、どうやら「ももいろクローバーZ」のライブ?が球場で開催されるようで、それで人が多かったようです。。。周りの人が持っているもので気づきました。。。

DSCF3294.jpg
当駅折り返しの国分寺行き。まぁ普通な感じですねw

DSCF3297.jpg
さっきの西武遊園地行きが戻ってきました。でこの編成241編成ということでベンチレーターが撤去されています。撮影してみましたが屋根がすっきりしすぎて変な感じですねw

DSCF3298aa.jpg
で西武遊園地行きは午後1本目の国分寺からの西武遊園地行きでしたが、運よく263編成でした。で普段の多摩湖線では考えられないほど(立ち席も結構出ていた)の乗客数でしたw それと八坂~発車後の加速がかなり良くてさすが全電動車といった感じでした。ちょっとボケてしまったのと、せっかくの黄色なので画質を調整。。。先頭パンタでこの駅だと地方私鉄のような雰囲気ですね。

DSCF3299.jpg
まぁ当たり前ですがモニタが稼動していました。西武のワンマンは乗務員室にはモニタが無いので、これと目視でドア開閉しています。まぁ4両ですし、この設備でも十分対応できていますね。

DSCF3301.jpg
4連の停止目標が新しくなっていました。

DSCF3302.jpg
ところで、4ドアの表示がホームの先のほうまで追加されていました。まぁダイヤ改正で朝に8連が入るようになったので、ここで待つ人への配慮かと思われます。そういえば、萩山駅ですが3ドアの乗車位置表示が復活していました。

DSCF3304a.jpg
戻ってきましたがこれもぶれたのでおもいきって白黒にしてみましたwこのデザインは白黒でも古い雰囲気がでていて良いですね。

DSCF3307.jpg
武蔵大和に停車する新101系。黄色い電車が来ることが減ってしまったので、こうやって263編成が来てくれるのはやっぱり良いですね。
これで撤収しましたが、この日、この列車のあとから臨時増発が始まり10分間隔となっていました。

ということで今回は以上です。来週も一応更新すると思います、バスコレとBトレネタがあるので。

ではこのへんで



20:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.06 (Sat)

☆2013 第21号☆

こんばんは。

雨降っていますね。この雨は台風並みの風と大雨らしいですが、こういう大雨は久しぶりな感じがします。今後は季節的にも突然の雨が来る季節になりますね。。。
ところで東京は2週連続で土日が雨という桜を見るには最悪な天候に見舞われています。で、桜の開花が早すぎて「まつり」をやる頃には散っていて、さらにこの雨で、泣きっ面に蜂状態になってしまっていますね。。。

今回はBトレ紹介ですが、最近組み立てたもので未紹介ものがあるのでまぁいつもの紹介シリーズの番外編として紹介したいと思います。それと先日全国バスコレクションが発売になり、すっかり忘れていたのですがとりあえず都営バスを入手したので紹介しますね。ではまずBトレですが・・・

DSCF3180.jpg
まずは小田急ロマンスカーMSE60000形です。これは2012年10月にTRAINSで再生産品として発売されたものでSHGシャーシとなった以外は2008年発売のものと同等のようです。私鉄オリジナル(あるいは限定)商品で、在庫が切れて少しの期間でまた再生産されるというのはなかなかなく、さすが小田急と言ったところです。

DSCF3181.jpg
10号車側面。セットは5両になっていて2箱買うとちょうど10両が再現できるようになっていますが、5両だと中途半端なので4両組み立て「7~10」号車で組み立てています。

DSCF3182.jpg
9号車側面。で、またまた自分には珍しく特急形ですが、小田急のBトレは再現度が高かったのと、画像を見ててかっこよかったので購入してみました。つやがある塗装で良いですね。

DSCF3183.jpg
8号車側面。SHGシャーシですがいつもは取り付け部の一部を切り取っていますが、今回はあえて製品のまま取り付けています。

DSCF3184_20130406195424.jpg
7号車側面。こちらは貫通形ですね。ちなみにこのセットには方向幕等のステッカーは省略されていますが、側面のロゴ等はしっかり用意されています。

今回の車種はそれほど実車を知らない(撮影したことはありますが)ので評価はしませんが、最近特急車両のBトレを中心につやあり塗装で製品化されていますが、これはなかなかいいですね。まぁ古い車両にはにあわなそうですが・・・w

DSCF3173_20130406195548.jpg
続いて3月に発売になった阪堺電車161形・501形です。塗装違いで4セット同時発売されていますが、車両は161形+501形の2両が入っておりどれを1つ買っても2形式が手に入ります。まぁ阪堺はあまり知りませんが、Bセットが旧南海色+都電色ということで、ちょうど良い感じだったので1箱購入してみました。

DSCF3174.jpg
501形ですが、こちらが阪堺・都電で実施されているPR相互乗り入れで都電色になっています。といってもこの組み合わせは現役車両では都電には存在していませんが・・・1段窓というのが都電しか見ていない自分からすると斬新ですね。

DSCF3175.jpg
161形。こちらは戦前に製造された形式のようで日本で営業運転している中では最古の車両だそうです。朝ラッシュ時と夏以外の時期に定期運用されているようです。Bトレでもレトロさがよく出ていますね。都電7500形がこれと同じ塗装に変更され一時期活躍していました。

DSCF3176.jpg
阪堺501形と都電7000形。いつか実際にこの並びを見てみたいですね。501形の前面デザインもなかなかかっこいいですね。都電ではこういう感じの車両は残っていないのでちょっとうらやましいです。

DSCF3179.jpg
都電7500形と阪堺161形。都電の方は塗り替えられたものの意外と短期間で引退してしまいましたが、7000形にも引き継いでもらいたかったですね。結構似合っていると思います。

DSCF3185.jpg
で、今回のは車体の扉部分と台車がかぶっていますが、台車レリーフが工夫されていて、このように小型タイプが用意されています。これができるとなると、一般的な扉と台車がかぶるタイプの路面電車の再現度があがりますね。これでガラスパーツもつけば良いのですが、まぁ案外路面はパーツ無くても大丈夫ですねw

ところでBトレの台車がSHG一本になって半年ほど経過していますが、やはり個人的には新HGシャーシの方が扱いやすい気がします。SHGシャーシはSHGで組み立てやすさや台車周りがすっきりする点は良いと思いますが、連結部分に自由が効きすぎて編成が長くなると持ちづらく、先頭の連結機が下に下がって見え、スカートがないとしっかりした位置でとまっていてくれないという点が難点です。まぁ新HGに戻すことは無いと思いますが、とりあえず連結機が下がるのだけは、これはリアルさが新HGよりも明らかに下がっているので改善されるといいなと思います。

続いて全国バスコレクションです。これ発売されるのは知っていましたが3月下旬発売というのをすっかり忘れていまして・・・でこのシリーズは全国のバスのバスコレを順次ラインナップしていくというバスコレの新企画です。で第1弾では都営・名古屋・大阪・西鉄が発売されることになっていました。で、今までのシリーズとは違い1台売りで中身が見えるシリーズです。そしてこの第1弾からMPノンステが新規に作られています。結局西鉄は生産の都合で4月発売になったようですが、既に次期のラインナップも発表されています。

DSCF3153.jpg
で、1台1000円ちょっともするため資金的な都合上今回の1弾は都営バスのみ購入してみました。まぁでも中身が分かって、同じのを何個も買えるので改造とかする人や特定のバスを買いたい人には良いかもしれません。驚いたのはパッケージ。いわゆるブリスターパッケージですね。中身をここまで見せるとは、製品に対する自信があるのかもしれませんね。

DSCF3154.jpg
バス本体以外にバス停とシールがついてきます。これがあると簡単なディスプレイもできるので、バスコレを買ったことが無い人も気軽に集めることができますね。

DSCF3169.jpg
まずは前面。通常版のMPワンステが出来が良かったのでこれもよく再現できています。窓下の車番表記もしっかり再現されています。

DSCF3168_20130406200054.jpg
後部。まぁ後部もワンステと同様です。ちなみにこの全国バスコレですが、今回は大阪と都営が短尺、名古屋が標準尺となっていて今までではあまり行われなかった長さ違いの再現も行われています。やはり改造をするにはやりやすそう。ちなみに西鉄MPはワンステです。

DSCF3159.jpg
側面。まずは側面の窓の大きさの違いがしっかり再現されています。それとノンステの特徴である高さが短いドアもしっかり再現、さらに表記類もばっちりです。それと細かいところでタイヤがしっかり10穴です。

DSCF3167.jpg
反対側。大きな窓が目立ちますね。ちなみに既に次期商品が紹介されていて神戸市営と東急バスだそうでどちらもこのMPノンステ。東急バスは興味あります・・・っていうかこういう感じで好きなバス会社だけにしぼって買えるの良いかもしれません。静岡もいつか出ると思いますが楽しみですね。

DSCF3170.jpg
ついでにMPワンステとの比較も。西鉄MPワンステに関してはLKGなので、このPKG代とは細部が異なるようでそこも再現されるっぽいですね。バスコレもどんどん進化しましたが、ここまで細部を再現するようになるとは。

DSCF3171.jpg
後ろ側の窓ですが、大きさはワンステとノンステ共通ですが、逆T字窓の大きさが異なっています。


この全国バスコレですが、まぁ今までバスコレを1BOX買っていて、車種を特定して買うことが少ない(模型店やネットで中身を見て少し買う程度)自分からするとだいぶ高めな気もしますが、中身が見えること、自分の好きなバスを好きな数買えること、通常版と違い細かな点の差異までしっかり再現されていることなどを考えてみると、まぁまぁ許容範囲かなぁと思います。あと中身が分からないといえばBトレもそうでしたが、そのやり方よりも編成セット中心になった今のほうが人気が高い気がするので、バスコレも中身が見えるということから今まで以上に人気がでるかもしれませんね。いずれにしても、今回バスコレはだいぶ本気でこの全国バスコレにかけているのかもしれませんね。
で、今までのシリーズもそれはこれまでどおり続けて欲しいです。Bトレが定番セットを出すようになったように、全国バスコレではその地域の新車とか主力車種をラインナップ、そして通常版では今までどおりマニアックなラインナップと住み分けができると思いますし、あの1BOX買って開けていくときの楽しさは忘れられないですw ただそちらはこれ以上値段をあげてもらうと資金的に厳しくなるので個人的にはお値段据え置きでお願いしますw

うーん、名古屋市営の標準尺ノンステも欲しいなぁ


以上

では今回はこのへんで

20:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.03 (Wed)

★2013 第20号★

こんばんは。

土日に撮影に出たかったのですが両方とも雨。

ってことで月曜日ですが、石神井公園駅での撮影を目的に出かけたので画像を今回も結構多く紹介します。

DSCF3010.jpg
行きはバスですが、ADG-RA。洗車してないのか車体が汚くて逆にびっくりしました・・・今日の朝は雨は降っていませんので車庫から出したときから汚かったものと思いますが、バスって出庫前に毎回洗車はしないのかな。

DSCF3012_20130403000028.jpg
で、所沢へ向かう為3,4番ホームに降りたのですが、何故か2番線に新2000系4連が停車していました。本来、ここは国分寺線が使用しているので、ここに回送が入ることはそう無いと思います。4連もパンタ跡撤去が始まっているので今のうちに記録しておいたほうが良いかもしれませんね。

DSCF3013.jpg
所沢までは2000系8連。やはり新宿線ならではの車両に当たるのは良いですね。

で、ちょうど池袋線のホームへ移動すると次の列車は「特急」。で、乗車位置に結構人が並んでいたので「これは快急か次の池袋行き待ちかな」と思っていたのですが、次々と特急に人が吸い込まれていくw 各ドア15人以上は入って車内は座席がほぼ埋まっていました。正直ここまで特急が混んでいるのを見たことがなかったのでびっくりしました・・・w これは特急に上手く誘導できていますね。

DSCF3015d.jpg
で、新木場行きに乗っても良かったのですが、快急の混雑度も見たかったので快急を待ちます。新木場行きは10000系。で快急は・・・メトロ10000系・・・まぁメトロ車の快急はあまり多くないのでまぁ悪くはないですが。。。で混雑度ですが所沢発車時点では座席が空いていましたがひばりヶ丘では立ち席も発生・・・でも準急池袋行きの半分程度でした。でひばりで退避の新木場行きはガラガラ・・・w

DSCF3016_20130403000050.jpg
石神井公園で下車し撮影。上りホームからの撮影は初めてです。1本目は先ほどひばりヶ丘で接続した新木場行き10000系。新木場行きはメトロ運用が目立つようになった気がしますね。ただ新木場行きは西武線内では10両がもったいないほど空いてます・・・w

DSCF3019_20130403000117.jpg
で、この新木場行きは石神井公園では特に接続せず発車していきます。えっと所沢~石神井公園での快急の感想を忘れてたのでここで書きますが、東久留米~ひばりヶ丘以外は順調でしたがそれほど飛ばさないようです。どちらかというと各停の方がきびきびした走りをしていますね。

DSCF3021.jpg
石神井公園には始発電車を待つ為の整列目安が貼られています。これ、日中はそれほど必要ないですが、朝などは当駅始発が結構あるので結構良いかもしれません。

DSCF3022_20130403000134.jpg
保谷からの各停元町・中華街行き。またメトロかと思ってしまいましたが、これよく考えると土日の日中はほとんど見られないので結構良い記録といえるのかもしれません。LED切れていますが西武線では「各停」はオレンジです。東横線内ではオレンジは「特急」で採用されています。それにしてもメトロさんも種別だけでもフルカラー化しませんかねw

DSCF3023d.jpg
中華街行きに接続する急行池袋行きが来ましたが、撮影直後に「なんか変」と思ってよく見たところ・・・噂(?)の新2000系4+4+2です。で先頭は初期車。画像でも4両目と5両目が先頭車同士なのがわずかに確認できます。やっと撮影に成功しました。

DSCF3024.jpg
後ろ側は2連なので「普通の池袋線」ですね・・・w でも4+4にするなら最初から新宿線から8連を借りてくれば良いと思うのですが、いざと言うときに狭山線で使用することも考えているのかな。4+4というと新宿線のイメージだけに同じ新2000系でも妙な違和感がありますね。

DSCF3031.jpg
続いて下りの準急所沢行き。こちらも新2000系の10両です。未だに違和感がある優等列車の内側線入線。パンタが見づらいですが、こうやって見ると本当に機関車というか牽引車のような雰囲気がありますね。

DSCF3035.jpg
各停が入線してきましたがこれも新2000系。新2000系とメトロ車が連続していますね。ポイントを通過してくる列車もかっこいいですね。で、ポイントからホームまで4両分以上余裕があるので、結構後ろの車両まで撮影できますね。

DSCF3041_20130403000228.jpg
メトロ7000系のトップナンバーが来ました。ちょうどCPが動作していてベテラン車らしい音を出していました。ベテラン車のVVVF化は最近は結構ありますが、CPなどはそのままと言うことも多くカタカタと音を鳴らしている車両も意外といますね。

DSCF3042.jpg
各停新木場行きが来ましたがメトロ10000系。正直言うと西武線からはやはり副都心線系統の方が利用が高いようで、新木場行きは西武線内ではがらがらです。こうなると新木場行きの一部を副都心線直通に交換できると利便性が向上しそうです。どちらかというと西武は乗り入れに積極的なのでもう少し横浜方面を見てみたい気がしますね。

DSCF3043d.jpg
次の急行ですが、これも新2000系10両。ちなみにここまで全て未更新車です。池袋線でも超更新車が結構目立ってきていますが、やはり未更新車も良いですね。

DSCF3046.jpg
10両なので後ろは2連ダブルパンタ。最近は固定編成が多くなってきているので併結は全体的に少なくなってきましたが、西武では30000系も2連がありますしまだまだ普通に見ることが出来そうです。

DSCF3047_20130403000313.jpg
各停の池袋行きが入ってきましたがこちらも新2000系。しかも方向幕車。ここまで上りの西武車はすべて新2000系です。良いですね黄色い電車。

DSCF3048.jpg
黄色い電車ですが、今度は9000系が準急でやってきました。ところでこの場所ですが、こっちもなかなか良いスポットですね。桜も微妙に見えますし。。。でここは広いので撮影者が数人いても大丈夫な点が良いですね。まぁこの日は一人で広々使わせてもらいましたがw   さて、そろそろ東急運用の石神井公園どまりが来る頃ですが・・・

DSCF3051_20130403000326.jpg
東急の5050系がやってきました。事前に東急車運用をメモってきていましたが、いくらK運用と言っても代走もあるので実際電車が来るまで気が抜けません・・・で、3番線に電車がいたので編成写真は撮れませんが、東急と西武の現在の顔が並んでいました。30000系はデザイン重視、5050系は実用性重視と言ったところでしょうか。

DSCF3052.jpg
側面表示機を撮影しようとしましたが発車したので急いで撮影したら、日本語と英語のちょうど切り替え時だったようで変な画像に・・・ところで、5050系でも後期車はドア窓に凹凸がなくすっきりしているのが良いですね。

DSCF3053d.jpg
折り返し線に入りましたが、駅から遠いのでなんとかズームして撮影。30000系が微妙に見えていますが、それにしてもすごい直通が実現しましたね。さて、今度はK運用の快速急行が入線してくる頃ですが・・・

DSCF3057_20130403000402.jpg
東急4000系がやってきました。この編成は西武に先行入線し営業していた編成ですね。やはり東急車が来るとなると撮影に緊張します。なんか新101系が活躍していた頃みたいな気分です。

DSCF3060.jpg
停車中も撮影。こちらの方が最後部から若干余裕があるようですね。それと停止位置が微妙に前側にずれていますね。まぁ黄色いLの間はずれても平気なようなので問題ないですが。。。

DSCF3062.jpg
快急元町・中華街表記を撮影。中華街は以前から日常的なものですが、快急表記との組み合わせはまだ新鮮です。東急5050系・4000系は表示機は小さい(5000系グループ共通)ですが、フルカラーなので見易さは3色LEDを超えていますね。

DSCF3064_20130403000425.jpg
各停飯能行き30000系。側面に「SEIBU」が無い30000系もある程度増えてきて特別な感じはしないですね。個人的には「SEIBU」があった方が良いと思いますが・・・

DSCF3068.jpg
各停新木場行きのメトロ7000系。新木場行きは3本連続でメトロ車ですね。まぁ副都心線系統の西武車・東急車の割合が高いので、その分Y線方面はS運用が多くなっているんで自然なことなのかもしれませんね。

DSCF3069_20130403000549.jpg
なんか画像の雰囲気がなんとなく気に入ったので掲載。それにしても新木場行きはガラガラですね。

DSCF3070.jpg
続いて折り返し線から当駅始発の元町・中華街行きが入線してきます。折り返し時間は比較的余裕がありますが、ここから出てきた後は2分程度で発車なので時間がありませんね。

DSCF3078.jpg
8両停止位置まで移動し撮影。ちなみに先ほどの4000系は撮影者ゼロでしたが、こちらは記念に撮影している人が結構多かったです。一般の客にもやはり東急車はインパクトがあるようですね。まぁちなみに結構首都圏の人は興味ない人でも記念に電車をちょこっと撮影することが多いようですね。それだけ鉄道が無くてはならないものになっているということですかね。

DSCF3082_20130403000603.jpg
青じゃない各停表記を撮影。快速急行よりはこの表示の見られる区間も多めですが、東急線内では見ることができないので、直通先で撮影したことが分かります。

DSCF3093.jpg
この後準急が来ましたが、その後の各停池袋行き8両3ドアに乗車。3000系のトップナンバーでした。でこの各停は特急にしか抜かれない速達各停(所沢12分)で、ついでに混雑度も見てみましたが、先頭はまぁまぁ乗っていましたが、後ろ(所沢より)はそれほどでもなく、座席も途中まで空席がありましたし、速達の割りに空いていました。で、江古田下車が多い感じでした。やはり「各停=遅い・抜かれる」のイメージがあって、速達でも乗らないのかもしれません。

この後は昼食を取って石神井公園へ戻ります。ちょうど停車していた急行の新2000系で移動。池袋線の急行は練馬までは小刻みなカーブ、そして練馬以降は高速走行で界磁チョッパを楽しめるので良いですね。それと駅間が長めの池袋線で石神井公園まで8駅も通過するので「優等種別」って感じられるのが池袋線急行の良いところですね。

DSCF3103.jpg
で、いつもの場所で撮影開始しましたが、曇ってきてしまい、駅端が結構寒くなってきたので調べておいたK運用が来たら撤収することに。新木場からの各停保谷行き。メトロ10000系の最終編成ですね。若干遅れて入線してきました。

DSCF3104.jpg
続いて各停西武球場前行きは3000系トップナンバー。で、これの撮影時点でやっと保谷行きの扉が閉まったところ。発車する直前に既にこいつが入ってきていました。で、車内ですがガラガラ。この運用は空いている電車でゆっくり移動したい人にはお勧めですね。

DSCF3111_20130403000817.jpg
上りの各停池袋行き3000系。こいつも今後が怪しいので記録できるうちにいっぱい撮影しておきたいところです。国分寺線の6連も未更新のままですし、この「未更新」というのが引っかかります。さて、そろそろ石神井公園どまりのK運用が来る時間ですが・・・

DSCF3112_20130403000826.jpg
来ました。東急5050系の石神井公園どまりです。スカートが通常タイプで、側面のドアはE231系タイプの前期車です。5050系も高架に似合いますね。

DSCF3114.jpg
5050系の西武線内行先・種別表示を改めて記録。「石神井公園」表記はだいぶ見慣れてきていますが、東急車だと新鮮ですね。

DSCF3118.jpg
で、当駅どまりは基本的には隣に電車が入ってこないうちにドアを閉めて回送されていきます。ただ接続が急行なので、意外と急行に乗らず次の各停を待つ人が多いです。

DSCF3124.jpg
ここで上り線に回送が入線してきました。こちら側に入線して若干時間調整するようです。20000系10両です。

DSCF3129_20130403000905.jpg
でこの編成はドコモのラッピングで、内容は前回紹介したようにAKBダケでしたっけ、それのステッカーが窓に貼ってありますが、こんな感じで結構目立っています。外側から見ると真っ白なので余計目立ちます。それにしても結構大胆なラッピングです。この回送はしばらく停車した後発車し、外側線に転線していきました。

DSCF3130.jpg
各停飯能行きが来ました。新2000系の3色LED車でした。幕車が来てくれると嬉しいんですけどねw それにしても西武池袋線はいろいろな運用があってさらにバリエーションが増えた感じで撮影も面白いですね。

DSCF3131.jpg
上っていく6000系の快速急行をなんとか撮影。6000系は前面表示機が大きいので「快速急行」と4文字入って分かりやすいですね。6000系は西武線内では結構パワーがある感じがするのですが、東急では高速域が苦しいようで・・・

DSCF3135_20130403001020.jpg
メトロ10000系が来ました。第4編成なので前面に黄色の帯が入っています。この黄色帯が入っている編成に出会うとラッキーな感じがします。個人的にはこちらの方が好きですね。

DSCF3137d.jpg
先ほどの東急5050系が折り返してきました。ちなみに入線がちょっとでも遅れると2番に入ってくる電車と被るので若干ヒヤヒヤしましたが、定時に入ってきたので一安心w

DSCF3140.jpg
接近放送が鳴っていましたが、定位置でも撮影。こうやってみると5000系グループの前面って意外と傾斜しているんですね。うーん、5050系やY500系も良いですが、やはり東急9000系がここにきていたらもっと面白かった気がしますね。

DSCF3142.jpg
来ました。早速ここで抜かれる準急です。新2000系10両で今日もダブルパンタをおいしくいただきました。この準急は快急発車後まで停車しているので、快急を撮影してこの準急に乗車することに。で、こいつですが、行きに見た4+4+2でした。

DSCF3144.jpg
新2000系と9000系の前面を同時に撮影。手すりや車番表記の有無という差異がありますが、実は新2000系は初期車なので貫通扉の窓の大きさも異なっています。確か池袋線では前期車は2連の一部だけなので、こちら側でこの仕様は4+4+2ならではということになります。

DSCF3145.jpg
快速急行ですが、メトロ7000系が来ました。メトロも「快速急行」4文字ですが、お前は種別の正式名称入れるより行先を大きくしろって言いたくなりますねw で、「メトロか」と思いましたが、そういえばS運用の快急は比較的少なかったんで良い記録ですかね。3色LEDだと快急は赤。西武でもそうなので一応あわせてあるようですね。

DSCF3146d.jpg
ぶれちゃってますが、側面の「快急」表記を撮影。やはり「快急」ははやイメージがあるのでメトロ車だとなんか違和感があります。しかもベテラン車ですし。ちなみに準急から快急への乗り継ぎが浸透しているのか見ていましたが、結構多くの人が乗り継いでいました。

DSCF3149.jpg
で、先ほどの準急で来た各停で移動しましたが、ひばりヶ丘で急行、所沢で特急と抜かれるので結構時間がかかる印象です。で、所沢で「何か4+4+2ならではの画像を撮影できないかな」と思ったところ「乗車位置7」と連結面は貴重かなと思い撮影。新宿線では全く珍しくないですが、池袋線では珍しいほうですね。ところで車内のドア下黄色ですが、池袋線の未更新車ではこれは採用されてなかったので、その点も4連ならではと言えるかもしれません。

DSCF3152.jpg
この後は新宿線ですが、20000系10両。でまたテキトーに乗った結果T車でした。で毎回T車の静かさに驚くパターンですが今回も同じくw

この後バス停に移動しましたがちょうど発車するタイミングだったので次のバスを待ちます。でその発車したバスは行きと同じバスでした。で乗ったのはRA最終車の2025でした。

ということで以上です。今回もいろいろ撮影できてよかったです。で、今回はゆっくり落ち着いて西武線の記録が出来たので良かったです。あの直通開始時のような盛り上がりもいいですが、落ち着いているのも良いですね。

では画像はこのへんで

さて水曜日ですが、小田急とJR東日本から直通運転について発表がありました。それによると、小田急~メトロ~JR常磐線の相互直通運転に向けて、JRE233系と小田急4000形に3線直通対応改造を開始するそうです。で、「相互直通の時期や運転計画は改めてお知らせ」とあるので、非常時だけではなく、通常でもJR常磐線内で小田急4000形、小田急線内でJRE233系の直通が行われると予想されます。

小田急、JR、メトロであわせたように新車が導入されたので「これは相互直通になるのではないか」と思っていましたが、それが現実になりそうです。現在はメトロ車のみ両線対応ですが、3社でどれでも使えるようになればダイヤ乱れ時なども対応しやすいと思いますし、柔軟性が広がると思うので良いことだと思います。それと、小田急の工事が完了した場合に直通が増加する可能性もありそうですね。ところで、発表では「4000形、E233系、16000系、06系、6000系」が出ていますが、そういえば209系が無いですね。で06系という1編成のみのまで形式が出ていることを考えると209系は未対応、もしくは転属などの可能性があるかもですね。まぁ元々影が薄すぎる車両ですが、さらに薄くなりそうですね・・・w

ところで話が変わり都営バス・・・都営バスは4月1日から全車ノンステップとなったようです。都営といえば意外とツーステップが残っているということで当サイトでも度々登場していましたが、ついに全車引退、つまりあの都営バスの塗装が消えることになります。でも、これでバスの種類を気にしなくても全部バリアフリー対応車両になるのは良いことですね。ちなみに、今後もノンステの置き換えで新車は継続的に入るようで、初期ノンステも続々と消えていきそうです。
他の民営バスでも既に低床車の置き換えが始まっていますが、これを何とか地方へまわして地方の低床化をすすめて欲しいところです。「首都圏で規制で走れないバスを地方に持っていく」のに批判もあるようですが、個人的にはそれでも首都圏で走っているバスは十分新しいバスですし、むしろ首都圏の中古が手に入らない→老朽化したバスを継続使用となっては、悪循環な気もします。今後は「低床バス」が引退する方向ですし、低床バス譲渡が活性化すると良いなぁと思います。

それと4月1日にダイヤ改正があったようですが、路線変更や廃止があるのですが、驚いたのは「虹01系統」廃止。レインボーブリッジを走る路線ということで有名でしたし、東京バス案内でもゲーム化された路線ですが・・・最近は東京駅行きなどに主役を奪われたような運行回数でしたし、不採算ということですかね。この系統は乗ったこともありましたし、正直これが消えるとは。ちなみに3月31日の運行を持って都営バスの虹01系統は廃止となりましたが、ほとんど同じ停留所・区間でケイエム観光が運転するkm flower busというバスが4月1日から走っているようです。まぁ実質、運行会社が変わるということで、まぁ完全消滅ではないようです。ただ、都営カラーのレインボーブリッジ通過は消滅しました。
それと東京バス案内2の反96「赤羽橋駅~五反田駅」ですが、これは路線変更で「五反田駅~六本木ヒルズ」に統一されるそうで、赤羽橋駅行きは消滅するそうで。東京バス案内は3路線中2路線、2は3路線中1路線消滅と、半分が実際の運行は消滅ということになります。
逆に、白61(練馬車庫~新宿)は1時間に1本程度が練馬駅まで延伸するようです。

もう1件、ダイヤ改正後の西武新宿線ですが、6+4を組まなくても良くなった2000系・新2000系の6+4はまぁ当たり前かもしれないですが、走っています。6+4は分割は消えましたが、6連単独で国分寺線や拝島線で走るので10両固定運用とは分けられているものと予想していますが、こればかりはなんともいえません。それと逆連結の2+8の2000系も走っていました。
で、拝島線の区間列車ですが、引き続き8連運用は存在しているようで、20000系や3000系8連の運行は目撃しています。4連運用は多摩湖北線運用がなくなりましたが、そもそも数本が池袋線に移動しているため、それほど余裕が生まれたわけではなさそうです。ちなみに西武園線は新2000系4連専属に戻っています。
白になっちゃった261編成もよく目撃しますが、今後多摩湖線の目玉といえば黄色で全Mで前パンでシングルアームという263編成だけになりますね。263は唯一黄色ということで池袋線転属?なんて噂も出ていますが、できればこれだけは黄色で多摩湖線で走ってもらいたいものです。
さらに、東村山駅ですが、やはり特急停車により踏切がさらに長く閉まるようになり、渋滞がさらに悪化した印象です。というのも特急の踏切通過→各停発車のタイミングが早いので、踏切が5秒程度でまた閉まる感じで、これが上下ほぼ同じ時刻+国分寺線や西武園線も加わるということで、東村山駅南北の踏切渋滞が激しいです。ちなみに、今日も、上り特急→上り各停→国分寺行き→下り各停→下り特急と5本待ちました。ちょうど列車が通り過ぎる直前で、次の列車が接近するので閉まっている時間が延びます。

ところで、今まで気づかなかったのですが、土日の夕方の秩父鉄道からの列車ですが、「急行」に変更されたようで4000系による「急行」が見られるようになったようです。ちなみにもう1本「西武秩父」から始発の快急もあるようですが、おそらくこれは一般の8両ですかね。4000系といえば臨時で秩父方面からの「各停所沢」とかもあるようですが、急行は珍しいのかな。4000系は10年以上乗ってないので久々に乗ってみたいところ。一回西武秩父まで乗り鉄してこようかな。

今回の記事は紹介ネタが続きますが、さらにメトロの事業計画(25年度)が発表になっていますが、いくつか気になる項目があり、
丸ノ内線の方南町駅の6両対応化を進めるそうです。まぁ今は一つ手前の中野富士見町までは6両対応で6両車が発着しているようですが、方南町も6両化して池袋方面からの直通運転に向けた整備をするそうです。となると池袋発方南町行きも今後見られそうですね。
で、それと似ていて千代田線の北綾瀬~綾瀬の10両対応化も進めて代々木上原からの直通に対応させるようです。となると3両の5000系と6000系ハイフン車の引退が現実味を帯びてきそうです。。。
その他、半蔵門線の清澄白河行きの一部を押上駅まで延長と押上駅の東部方面折り返し設備をつくるようで、まぁ今はダイヤ乱れ時に電車がなくなる「曳舟~押上」ですが改善の動きがあるようです。

ではこのへんで

00:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。