2013年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.25 (Sat)

★2013 第30号★

こんばんは。

今回も恒例のアレです。っていうより、休日の撮影よりもこっちがメインみたいになりつつありますが、まぁ気にしない方向で・・・
今回は八王子に行ってきました。まぁ久々に西東京バスでも と思い・・・実は2年近く行ってなかったんですね<八王子 ってことで八王子へ。

まずは武蔵小金井より中央線、なんかこの駅から西へ向かうのも変な感じですが・・・快速だと一部で八王子まで行く電車が10分以上空く(特快があるので、乗り継げばもっと多い)ところがあるのですが、運よくちょうど高尾行きだったので乗車。早速国分寺で特快を待ち合わせ・・・武蔵小金井時点で立ち席がありましたが→特快接続で席がちょうど埋まる程度→立川でそれの半分程度下車→八王子到着時に前から2両目は10人程度になりました。まぁ八王子に行くときは大体同じ感じですが、中央線といえば混んでいるイメージなので変な感じですw で、立川では青梅行きも降りたホームで待つよう案内がありましたが、車内に乗っている人の2倍程度は普通に青梅行きを待っていました。立川から先は八王子よりも、昭島・拝島方面のほうが客が多いときもあるようです。まぁ青梅線は実際混んでいることが多いですし、最近は急激に青梅線沿線人口が増えているものと思われます。立川から八王子までは駅間も長く高速走行していました。

DSCF4077.jpg
到着して、バス停への階段・エレベータ乗り場を過ぎて奥のほうから降りると、ちょうど以前撮影したスポットがあります。今まではこっちは少なめで、バスターミナル入り口付近の横断歩道付近での撮影がメインでしたが、ちょうど工事中だったこと、こっちは日陰だったこと、ドア側を撮れるということでこっちへ。ちょうど京王バスが来ましたが・・・お、新車のQPG代ブルーリボンⅡです。で、前回というか数回QKG代と言っていたのですが、どうやらMT車はQPG代となるようです。となるとこれはQPGですし、しずてつもQPGとなるようです。知りませんでした(汗

DSCF4078a.jpg
西東京バスのUA。「回送中 申し訳ございません」、久々に見ました。西東京バスの特徴の一つです。それと、京王バスもですが、まだPASMOステッカーです。ただ、西東京バスの側面には「IC」がついていました。当面は側面だけで対応なのかもしれません。

DSCF4080.jpg
西東京バスのエルガノンステ。側面はあのスポーツ祭ラッピングです。ここまで増殖していると見飽きてきますがw まぁ期間限定なので撮れるうちに撮っておいたほうがいいですね。それと前掛けはFUNKY MONKEY BABYS。

DSCF4083.jpg
西東京バスレインボーⅡ。西東京バスはここを左折する路線が多いので、ポールの合間に前面が来た瞬間を撮影しています。レインボーⅡも、首都圏では新型に移行してからはなかなか導入されません。まぁその前の代で中型の置き換えを一気にしたケースが多いようで、今は導入が落ち着いている時期のようです。

DSCF4084.jpg
京王バスのブルーリボンⅡ。ヨドバシカメララッピングです。なんかこいつ増えているみたいですね。代替は・・・八王子なのでレインボーかと思いますが、レインボーってまだ古いイメージが全然無いですね・・・w

DSCF4086.jpg
西東京バスRAノンステ。というより八王子駅に来るのはほとんどノンステ車のようですね。西東京バスも久々に見ましたがやはりこの塗装もかっこいいですね。

DSCF4087.jpg
京王バスUAですが・・・側面が某メガネ店ラッピング。これは立川バスでよく見かけるものの、京王バスにもあるとは。まぁ八王子~立川限定ラッピングなんでしょうね。

DSCF4089a.jpg
多摩バス塗装のブルーリボンⅡ。こちらも例のラッピングですね。多摩バスから西東京バスに戻って意外と時間が経っていますが、この塗装は結局塗り替えないようですね。まぁこの塗装も気に入っていますが、系統が全く異なる色なので、京王バス同様、初めて利用する人は混乱しそうですねw

DSCF4091a.jpg
西東京バスエルガ。ところで西東京バスの車番は側面がA10808のようにアルファベットと5桁の数字なんですが、左から1桁でメーカー、その次の2桁が登場年、そしてさいごの2桁となっている(こちらは1からの連番の模様)ようです。これの場合Aが楢原営業所のようで、1というのはいすゞ、そのあとの08から2008年導入という感じになるようです。

DSCF4093a.jpg
西東京バスのエルガですが、ナンバーや画像では見えないですがホイールからLKGです。西東京バスにもいわゆる新型エルガ入ってたんですね。ただ側面も普通に逆T字窓。とりあえず関東地区では固定窓はあまりウケが良くない感じがします。っていうより固定窓を特注していた都営でさえ採用していないという・・・

DSCF4094.jpg
京王バスレインボー。こいつを見ると八王子で京王バスを撮影していることを実感します。個人的にはレインボーとこの塗装の組み合わせはあまり好きではないんですが。。。

DSCF4095a.jpg
西東京バスエルガ。

DSCF4096.jpg
連続して京王バスレインボー。おそらくブルーリボンⅡ導入で置き換わってるのはこいつの初期車だと思われますが・・・中型ロングを大型で置き換えるというのが結構いろいろなところで起きていますが、価格が安くホイールベースが長いということで一時重宝されましたが、幅などで収容力に難があったことで、急速に導入が停滞してしまい製造も終了してしまっています。

DSCF4097.jpg
多摩バス塗装のブルーリボンⅡ。何故か最近この2つ目のブルーリボンⅡを気に入っています。

DSCF4099a.jpg
お、西東京バスの富士重新7EのUA。ワンステベースの後期車ですが、一応初期の分類に入るベテラン車です。かなりのペースで全体的に減少しているのでどこのバスだとしてもこいつを撮れるのはラッキーなこと になりつつあります。

DSCF4100.jpg
西東京バスエルガ。西東京バスでは三菱を入れてないこともあり、新型MPは一切導入されず、しずてつのようにJBUS系しか入らないようです。親の京王バスではかなーり導入されていますが、今後も入れない感じがします。

DSCF4101.jpg
西東京バスUA。西東京バスは標準仕様が制定されるまでのノンステは方向幕部に車椅子マークがありません。窓下に小さいものがついていますし、スロープもついていますが、上側に無いと変な感じ。今でも一貫して(いすゞは除く)両側に車椅子マークをつける西武とは正反対な感じですね。

DSCF4103.jpg
京王バスUA。

DSCF4104.jpg
西東京バスエルガ。さっきとは写真が違うようです。まぁ地元が八王子?で、解散も決定しているということで、地域として盛り上げようということだと思われます。

DSCF4105a.jpg
西東京バスUA。西東京も意外とUAが多いですね。

DSCF4106a.jpg
西東京バスのJP。しかも方向幕です。JPもしずてつのは綺麗ですが、東京のはだいぶベテラン感が出てきています。まぁ初期ノンステの次は、こいつが急速に数を減らすことになると思います。

DSCF4107.jpg
京王バスUA。京王バスも八王子はUAがやたら多いですねw

DSCF4111.jpg
お、西東京バスの新7E。やっぱりこの新7Eノンステはかっこいいですね。そういえばこのワンステベースの後期車は基本はMTのようですが、新7Eと普通のUAエンジンの組み合わせは乗ったこと無いのですが、乗る前に消えてしまいそうです・・・

DSCF4112.jpg
西東京バスのエルガ。方向幕車ですし、ナンバー的にも初期ですね。もうすでにエルガの置き換えも一部会社では始まっているようです。まだ新車として製造されているのに引退というのは、やっぱり東京は置き換えペースが速いですね。

DSCF4114.jpg
京王バスのブルーリボンⅡ。正直、電鉄カラーもここまで増えてるとは思いませんでした。まぁってことはバスカラーも結構導入されているのかもしれません。京王バスに関してはMPとブルーリボンⅡが平行導入というところに落ち着いていますね。

DSCF4118.jpg
この後、中央線で戻っても良かったのですが、京王に乗りたくなり京王八王子へ。この日、新線のダイヤが乱れていましたが、京王線の調布以西は全く影響が出ていないようでした。ちょうど特急が停まっていたのでこれに乗車。8000系の音も聞きたかったですし、8000系でちょうど良かったです。それにしても京王はかなり飛ばしますねw カーブも速度が速いですし、細かく加減速を繰り返すので面白いですし、直線ではかなり出していますねw 高加速になったこともフルに活用しているようで、高加速にして正解だったかと思います。加速時の変調がかなりはやいです。それと自動放送対応編成でした。

DSCF4122.jpg
あれ?車内のドア注意ステッカーが変わっていました。京王といえばハローキティのステッカーのイメージが強い自分には違和感がw 見たところ、以前のの上に重ね貼りしてたり、しっかり前のがはがれていなかったりとかなり急いで変えたっぽいですが・・・せめて、しっかり貼り直して欲しいところです・・・w

DSCF4125.jpg
実は京王の特急に乗ったのは久しぶり・・・分倍河原に停まるのは準特急で当たり前になったのに未だに新鮮に感じましたw 府中について退避中の各停8000系を撮影。府中の退避は上下とも4分停まるようですが、上りは特急の1分後に発車するのに下りは3分後に発車するようで・・・まぁ連続停車するので時間を広げているようです。

DSCF4137.jpg
もう1本待って、北野で接続した9000系各停。ところでこれが来る前にくだりの8000系各停が発車しましたが、音にびっくりしました。というののもメトロ1000系や16000系の初速時と同じような音になっていて、普通のと全然違っていたので・・・これPMSMとか言う方式にするとこの音になるようで。。。8000系のは最初の音や中速域は若干高めの音がしていました。おそらく試験採用ですが、今後増えるのかな。まぁ面白い音にはなりますが、8000系といえばあの良い音が聞こえなくなりますし、京王の今までのIGBTは音も大きく独特な音なので、今後PMSM(?)が増えたとしたら複雑です。出来れば増えないほうが自分は嬉しいですねw

DSCF4138.jpg
接続の7000系。7000系といえばドア窓の付近のドアの取っ手も特徴だったんでドアが閉まったところを撮影。特に半自動ドアでもないですし、何故ついているのか小さい頃から気になっています。

DSCF4142.jpg
反対側も7000系でした。7000系後期車側面は更新で、窓が着色になっていることもあってなんかまだ新しい車両のように見えますね。上でも書きましたが、京王のVVVF音は結構大きいのが音好きとしては嬉しいところです。

DSCF4145.jpg
この後下に下りて武蔵小金井駅行きのバスに乗車。今回は20分に1本の一本木経由がちょうどいたので乗車。20分間隔ということで、逆に途中バス停利用者が多く、学園通り経由と合流する前のバス停で降りていく人が多数で、後半は数人しかのっていませんでした。今回も運転士さんが結構放送していました。

DSCF4148.jpg
多磨霊園駅行きを見てみると・・・小金井のRAがいたので、撮影。何度も見ていますが、なかなか撮影機会に恵まれずやっと撮影です。小金井唯一1台のみのRAです。バスカラーなので京王バス中央のRAと同じなので、アルファベットぐらいしか違いがありません。

DSCF4151.jpg
京王バス小金井、G、RAのテールライト部を撮影。小金井のバスの証拠ですw 小金井にはJPとMPのバスカラー車がいますが、営業所内では目立っています。ここだと同じ車種が多いので目立ちませんね。とは言うものの北口にいると結構存在感があります。

DSCF4153.jpg
MPノンステを撮影して撤収。


で、続いて土曜日ですが、突然国分寺へ行くことになり東村山駅へ。

DSCF4155.jpg
MPワンステがいたので撮影。この立35では最近特にMPワンステがよく走っているなぁという印象。まぁ今までUAワンステの運用が多かったのでそれの代替と考えれば多いのもうなずけますが・・・まぁ本数が少なめのわりに混むのでワンステが向いているといえば向いているのかもしれません。ただ道が狭いのでスロープを出すときにはワンステは不利になってしまいますが・・・

DSCF4166.jpg
国分寺へはちょうど停まっていた新2000系初期車に乗車。貫通路の扉が無いほうの端(本川越より)に乗りましたが、貫通路の渡り板からの音が結構大きく響いていました。まぁ最近超更新が停止していますが、未更新の暖色系の車内の方が落ち着くのと戸袋窓のおかげで車内が明るいのもやっぱり良いですね。それと、未更新ですが例の方向幕のフルカラーLED化が行われていました。

DSCF4167.jpg
側面。結局、今後はとりあえず方向幕のフルカラーLED化が進んでいきそうです。まぁ車内も老朽化している感じはまだ受けませんし、今後は大きな更新は行わず、30000系導入による3000系置き換え・6000系へのLCD取り付けを重点的に行い、新2000系などは方向幕交換などで済ませる方針ではないかと予想しています。

DSCF4168.jpg
戻りは多摩湖線で・・・ちょうど土日の日中最後の15時台の西武遊園地行きに乗車しますが、1本前の241編成の萩山行きが発車するところでした。毎回思いますが、この駅の雰囲気は地方鉄道の終着駅のような雰囲気ですね。

DSCF4170.jpg
西武遊園地行きも白い編成でした。この編成は綺麗ですが、雨や汚れにはやはり弱いようで、薄く茶色になっている箇所がある編成もあります・・・この電車で直接武蔵大和まで1本で移動。途中、一橋学園までと八坂からは多摩湖線の最高速度で走るので結構音が響いて楽しめます。あと珍しく武蔵大和に時間通りに到着しました。ダイヤ改正で運行系統が変わりましたが、相変わらず数分遅れは常態化したままのようですね。。。

ってことで以上です。
今回はこのへんで
スポンサーサイト
17:36  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.19 (Sun)

☆2013 第29号☆

こんにちは。先に立川のバス撮影をUPしましたので、あわせてそちらもごらんいただければと思います。

さて、今回はS・S氏との東京散策の模様をお伝えしたいと思います。半年に1回程度の恒例行事の散策ですが、今回は当初は曇で降水確率40%という微妙な予報で晴れるよう祈っていたのですが、前日ぐらいから晴れ降水確率10%に変更になり、無事実際も晴れて暑すぎないちょうど良い感じになりました。

まず集合場所まで移動・・・といっても今回は国分寺集合にさせてもらったので、すぐ着きますが・・・武蔵大和と東村山と迷ったのですが、ちょうどバスがあったので、東村山から久しぶりに国分寺線に乗車します。バスはRA1997でした。駅で前に車がいて撮影はできず・・・

DSCF3996.jpg
国分寺線はちょうど3000系でした。30000系9編成導入ということで、かなり今後が怪しくなりました・・・更新されていない、以前の西武の黄色い電車の雰囲気が残る3000系もついに消えるのかと思うと残念です・・・ところで3007ですが、塗装がだいぶ色あせています。引退前(するかどうかも決まってないですが)にもう1回ぐらい綺麗な姿を見たいです。

DSCF4003.jpg
3007。突然6両になり国分寺線にやってきたんで当面安泰かと思っていたのですが、9編成導入という話を聞くとこれも置き換わるのかなぁと予想しています。まぁ国分寺線の100%界磁チョッパ車はまだ崩れないと思いますが、3ドアがまた消えることになりそうです。

DSCF4004.jpg
ところで、国分寺線は結構久々です。武蔵大和から多摩湖線を使うことが多い+そもそも新宿線に何故かあまり乗っていないということで、こっちを利用することは少なくなっています。

DSCF4005.jpg
国分寺線の時刻表。日中は新宿線と同じく均等間隔ですね。平日朝などは8分間隔ですが、線路容量も限られている単線でここまで高頻度運転しているのは意外と珍しいですね。まぁ小さい頃から利用しているので特に特別な感じはしませんが・・・

DSCF4006.jpg
そして、国分寺でS・S氏と集合し、OIOIで早速昼食です。一応静岡にはないレストランで昼食。そして、その後早速今回の散策開始です。

DSCF4008_20130519124519.jpg
まずは、多摩湖線で西武遊園地に向かいます。とはいってもこの時間は萩山どまりなので乗り換えます。完全に地元路線なのでS・S氏と一緒に乗っているというのに違和感がw ホーム横のバス乗り場に突っ込んでくるバスも見ることができました。

DSCF4010_20130519124526.jpg
電車はもちろん新101系ワンマン更新車。この時間の多摩湖線は国分寺~一橋学園でも結構空いています。S・S氏は分割窓は静岡にあまり無い(以前はあったが)ので、新鮮だと言っていましたが、確かにそうですよね。それと静岡に限らず、これって結構少なくなっているようで・・・大手私鉄でもかなり減っていますね。

DSCF4011.jpg
初期の方のワンマン更新車だったので、ドア下の黄色はありません。黄色があるのは確か多摩川線用車などの比較的最近の更新車のみについています。車内がガラガラだったこともあり抵抗制御の音が響いていました。

DSCF4012l.jpg
萩山到着。この時間は国分寺へ折り返していきます。これも直通になると便利なのですが、ダイヤの都合がつかないということで・・・若干時間調整で数分停車してもいいので、ここが改善されると個人的ですがかなり便利です。

DSCF4016.jpg
自販機にもこのようにICステッカーが貼られるようになりました。TOICAもしっかり出ています。
この後は萩山始発の西武遊園地行きで西武遊園地へ。こちらもガラガラということで、抵抗制御が良い感じに響いていました。改めてよく聞いてみると、やはり抵抗制御の方が界磁チョッパより若干音が大きいようで、まぁ家で音が若干大きくなったのも納得ができます。家の近くで抵抗制御車だらけっていうのは鉄道好きとしては良い環境ですねw
その後西武球場前まではレオライナーで。今回は先頭で前面展望してみましたが、レオライナーはやはりカーブだらけで、一般路線の雰囲気が無いですねw

DSCF4021.jpg
西武球場前でちょうどスマイル(30000系)が停まっていたので撮影。ちなみに西武線沿線だと「スマイル」っていうと鉄道好きじゃない人にも伝わることが多いです。まぁそれだけインパクトがある車両ということですね。

DSCF4022.jpg
この西所沢行きの2本後に来る池袋行きに乗車する予定で、時間があるのでこの閑散とした駅をS・S氏に体験(?)してもらいましたw ホーム多いのにコレだけ閑散としているところはあまり無いですからね。ところで、この日は西所~球場を行ったりきたりする運用の方も8両が入っていました。

DSCF4023.jpg
西武ドーム手前にあるガイドマップ。多摩湖が海みたいに大きく見えていますねw それとマップだと結構周辺がごちゃごちゃしている感じですね。実際は広々しているので、微妙に違う感じがしますw

DSCF4024_20130519124635.jpg
さて、改札に入り池袋行きですが・・・そういえば2本前が30000系ということは、それの返しの池袋行きには同じ編成が来るんでした。なんかこの屋根の無い位置で撮影すると、球場前というよりもっと山の中の雰囲気が出ていますねw 38110編成なので側面のSEIBUは省略されています。

DSCF4027.jpg
前の方ということで他に誰もいませんし、乗ってきません。30000系の車内は同世代の他社車両に比べて、タマゴをイメージしている背もたれやつり革などでオリジナリティが出ている点は良い点だと思います。

DSCF4030.jpg
こういうときにいろいろ撮影しておきます。これも独特の柄の優先席。シートの色がオレンジと言うことでかなり目立ちます。

DSCF4033.jpg
LCD表示機。30000系の案内表示の方は今のところ従来のままになっています。まぁ6000系の方は5社共同で作成したものだと思われるので、直通しない30000系は今後もこのままかもしれません。

DSCF4035_20130519124721.jpg
ドア下の黄色。最近は各社ともにこういう黄色い床などが増えつつありますが、当初はなんか違和感を感じたものでした。で、この電車で所沢まで移動。前よりですが、前の3両は自分たちしかいませんでした。下山口でも1人しか2両目に乗ってこなくガラガラな感じで所沢まで移動。

DSCF4042_20130519124727.jpg
その後、急行(9000系)、始発準急(新2000系超更新)、新木場(メトロ10000系)を待って、次の快速急行へ乗車します。これは準急ですが、急行の直後なので人も多くありません。ただ、所沢以降は激混みになるわけですが・・・しかも8両ということで池袋まで行くときはいいですが、途中で降りるときには乗りたくない運用ですねw 

DSCF4044.jpg
所沢どまりの新2000系が来たのでなんとなく側面を撮影。ところで、この時間でも池袋線はひっきりなしにやってきて「こんなに本数多いのか」と改めて感じました。それでもかなり混雑するんですよね。

DSCF4045.jpg
で、快速急行ですが東急4000系トップナンバーが来ました。西武運用を調べておいて、「代走になったか」とそのときは本気で思いましたし、S・S氏ともそういう話をしていたのですが、家で調べてみるとK運用・・・1時間見間違えていたようです。予定では西武と書いてしまったのでちょっと申し訳なかったですが・・・まぁ個人的には東急車の西武優等運用に乗ってみたかったので、こちらの希望になってしまいましたね(汗

DSCF4049a.jpg
前回、見ていませんでしたが4000系はE233系1000番台以降と同じサイズのLCDになっています。幅広で見やすいです。それと、前の新木場行きが定刻で運行されたおかげでひばりヶ丘まで高速走行を楽しめました。中速域から唸りと床下からの振動が伝わってくるので、高速走行時はE231系のような迫力があります。西武でこれが聞けるとのは面白い時代になりましたねw

DSCF4051.jpg
ただ4000系も5050系後期と同じで車椅子スペース部分のドアのレールの切り取りは省略されていました。むしろ今後はもっと広めたほうが良いと思うのですが、まぁ5000系は何かと編成組み換えされるのでしょうがないことなのかな。むしろ全ドアでそうしてもらいたいところなんですが。ちなみに今回も所沢で既に席が埋まっている程度、そしてひばりヶ丘と石神井公園で結構乗ってきて乗車率は高くなりましたが、練馬で6割程度降りていった感じです。それ以降は席がちらほら空く程度で、以前の状況と変わらなくなっていました。

この後、メトロ車に乗りたいというS・S氏のリクエストがあったのと、急行の混雑を考え、小竹向原で後続のメトロ7000系8両の各停に乗換。この各停ですが、和光市から自由が丘まで抜かれないダイヤということもあり小竹で既に立ち席が出ていました。明治神宮前で池袋方面の電車が渋谷で車両点検のため、こちら側も1分程度時間調整。ということもあり新宿三丁目で2分後に続行する始発が渋谷で追いついてきました。まぁ始発は渋谷で特急接続のため自分たちのとは違うホームに着くので、ドアが閉まる前に既に停車していました。 で、渋谷で池袋方面に東武9000系が回送になっていたので該当はそれだったのかもしれません。

DSCF4052.jpg
で、渋谷ではこの前発見したスポットを紹介。ここは予定には入れてませんでしたが、今の渋谷駅を見られるのもあとわずかと言うことで見てもらおうと思ったので。。。

DSCF4054.jpg
この見慣れた光景も大規模に変わるようですね。奥の旧東横線ホームの撤去も始まるようです。まぁでもより便利になる改良ということで、まぁ改良自体は良いことだと思うので、なるべく早く進んで欲しいなぁと思います。渋谷はまだまだバリアフリーには難がある印象です。

この後、半蔵門線で大手町へ。最近は東急田園都市線でのS運用も意外と少なくなっている(というより東武運用がやたら多い)のですが、S・S氏の希望通りメトロ8000系が来ました。この前と同じLCD搭載車でしたが、LED証明になっていました。で、半蔵門線ですが時間通り走っていて「久喜行き」も通常運行しているのに「押上~曳舟運転見合わせ」とか「東武直通中止」と情報が出ていましたが、放送も特になく、情報が錯綜している感じでした。まぁどちらにしろ予定通り大手町へ移動しました。

DSCF4059.jpg
そこから徒歩で東京駅丸の内口へ。ちょうど多くの人が写真を撮っていたので自分も便乗して撮影。なるほど、間近でみるよりよく見えますね。

DSCF4062_20130519124939.jpg
そんな中でちょうど都営バスが待機していたので逆を向き撮影・・・w 錦糸町から来るバスですね。結構道幅も広いのですが、車通りがほとんどなく、普通に撮影できました。

DSCF4067.jpg
もう少し近づいて、全体を撮影。それにしても長い駅ですね。なんかここから見ると模型のような雰囲気になっていますね。それにしてもよくここまで復元できましたね。

DSCF4069.jpg
まぁ中央も一応。ここからまっすぐ皇居にいけるようですね。ここを撮影している人はかなり多く、東京駅の人気はまだ衰える感じがしません。

DSCF4073_20130519124959.jpg
中の上部も一応。ここも上を向いて撮影している人がかなり多いです。自分も既に3回程度見ていますが一緒になって撮影。

DSCF4075s_20130519125136.jpg
この後、東京駅中を歩き回って、席が開いているレストランを探しまくりましたが、ぎりぎりになって蕎麦屋(丸の内口~八重洲口の連絡通路部分)が見つかり夕食。30分程度でぎりぎりになってしまって急がせてしまったのが心残りですが(汗 そして、八重洲口の直接新幹線コンコースにいける改札で解散しました。新幹線は乗らないので、こちら側から直接入れるようになっていたとは知りませんでした。 19時33分のひかりで静岡へ。

その後自分は、普通の改札から入り中央線へ。ちょうど2番線に電車が入線してきたのですが、並んでいる人が多かったのでパスしようと思ったら、特快待ちの列だったようで、その電車に乗車。この電車、44分に発車でしたが、44分に入線して44分に発車しましたw で、車内は中央線とは思えないほど空いていて、東京駅発車時点でも座席に余裕があり、新宿でも混雑度に変化がありませんでした。国分寺で、特快と接続する快速大月行きでした。三鷹で特急の通過待ちでしたが、土日の3駅通過運転もありなんかすぐに国分寺に到着した印象でした。

その後迷ったのですが、本日2週目の西武多摩湖線で西武遊園地へ。日中よりは混んでいましたが、前から2両目は一橋学園で7割下車、萩山では小平方面からの接続も無く、八坂でさらに下車ということで武蔵大和ではガラガラの状態になっていました。抵抗制御の音がかなり響いていました。

これで以上です。まぁ今回は西武線中心で、自分の家の庭を散策したような感じですねw S・S氏にも西武の魅力が伝わったかな・・・?
この散策ですが、早速次回のルートも検討しています。次はとりあえずつくばエクスプレスには乗りたい(散策という名目ですが、自分も結構乗りたいと思っていますw)ところです。

ところで、かなり遅くなってしまったのですが、西武バス小平に、東村山市グリーンバスと東大和市ちょこバスの予備車が笹カラーのポンチョに変わったようです。今まではリエッセが2台程度いましたが、おそらくどこかへ転属していったもの(もしかするとイオンモール東久留米シャトルかも)と思われますが、笹カラーのポンチョも相当な違和感があるので、機会があれば撮影しておきたいところです。
ちなみにイオンモール東久留米は4月下旬に開店しましたが、40分間隔で東久留米駅~イオンの循環バス、1時間間隔で久留米西団地(滝山団地に近く、東村山との市境にも近い)~イオンのバスが1乗車100円で出ています。前者のほうは道が狭いらしくリエッセ、団地のほうは後期のRMワンステがついているようです。

ということで今回は以上です。
12:52  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.19 (Sun)

★2013 第28号★

こんにちは

今回も、恒例の大学の開き時間・学校終了後を利用して趣味活動をするコーナー(長くて分かりづらいので「平日趣味活動シリーズ」に早速名称変更)です。もうこのコーナーも恒例のものになりつつありますが、特にこの時期は忙しくないのでこんなことができるわけで今後は、梅雨という物理的(?)な側面と大学が忙しくなるということで減るかもしれません。まぁようは忙しくないときには楽しもうというノリです。

今回は、立川で撮影してきました。ちょうど晴れて撮影日和でしたし、花粉もだいぶ落ち着いた為、1時間30分程度がっつり撮影してきました。

DSCF3897.jpg
まず、ちょうど東村山駅行きの新7Eノンステを発見したので撮影。西武バスでもPASMOステッカーから一気にICステッカーに変更されましたが、何故かこいつだけPASMOステッカーです。同期の小平などの新7EにはICカードがついていたので、なんでこの・433だけ取り残されているのか。まぁこれだけ貼り変えてないということは・・・おそらくそういうこと(引退が近い)なんでしょうね。。。近いうちに置き換えとなるものと予想されます。


DSCF3913_20130519122835.jpg
立34できたMPワンステ。側面は学トク定期券のラッピング車ですが、よく国分寺周辺で見ている車両です。この日の朝もみたような気がします。国分寺方面に通っていると立川のより小平のバスの方がよく見かけます。

DSCF3914_20130519122842.jpg
RAノンステ。画像のようにICカードステッカーになっていますが、突然一斉に替えられたようです。っていうことは吉祥寺でPASMOステッカーを撮影しておいて正解でしたね。あのピンクのに慣れてたので白は違和感がまだあります。

DSCF3915.jpg
続けてRAノンステ。この世代も既に車体更新されていますが、RAだとほとんど区別できず・・・未更新でも十分綺麗な車両が多いので。。。

DSCF3917.jpg
立川バスのMPノンステ。競輪場へのシャトルバスです。各営業所のベテラン車が入ることが多く、しっかり記録しても面白そうですが、ロータリーに入ってこないので捕獲しづらいです。ちなみにAAなんてのも入るので、確実にベテラン車が来る保障は全く出来ませんw

DSCF3919.jpg
UAノンステ。小平のバスですね。この立34は東大和市駅~久米川では、区間便が入ることもあり、続けて2台走っていたりします。これぐらい立35もあればいいんですがね・・・

DSCF3920.jpg
MPワンステですが・・・ん?A1に2373なんて組み合わせあったかな・・・で、よくみると側面の出入口表記がサボ式になっています。サボ式ということは新座からの転属車かと思われます。ナンバー的に去年から立川にいるようです。で、代替と思われる車両は・・・入間OP用に用意した転属の7E用途外車の可能性が濃厚です。まぁワンステのほうが一般路線にも入れるので、用途は広げられます。西武バスで新車のうちに転属するのは珍しいですね。

DSCF3921_20130519123039.jpg
立川バスエルガ。よくみると側面の途中からラッピングです。立川バスに時々見られるラッピング形態です。

DSCF3925_20130519123044.jpg
おぉQKG-MPノンステです。やっと立川のQKGを捕獲できました。まぁ反射で側面が黒く見えないので、前面のフォグランプの色ぐらいでしかQKGらしさが出てない画像です(汗 

DSCF3926.jpg
立川バスエルガミオ。国分寺だとほぼこれ(時々ワンステがくる)なので、逆に親近感が湧いてきます。花小金井の昭和病院には大体2台以上停車しています。

DSCF3927_20130519123136.jpg
立川バスMPノンステ。ユタカホームラッピングは立川バスだけだったと思います。立川バスはこういった地域密着のラッピングが多いです。まぁ首都圏には珍しく地域がほぼ限定されているバス会社ならではですね。

DSCF3928_20130519123141.jpg
やたらとRAノンステがやってきます。まぁ立川の主力はRAノンステなので当たり前といえば当たり前ですが。。。

DSCF3931.jpg
小平のRAワンステ。ん?よくみると中ドアのところに「バス共通カード取扱中」と思われるステッカーが貼ったままですね。しっかりバス特・PASMOも貼ってありますが、取り外しを忘れたままなのかな。

DSCF3932.jpg
立川バスエルガ。

DSCF3933.jpg
APノンステ。最初のうちはあまり使われなかった増設LEDライトですが、最近は日中に結構点灯しています。まぁ点灯させておかないとLEDライトをつけた意味が無いですが・・・w

DSCF3934.jpg
RAノンステ。何故か標準仕様ステッカーを取ったままで走っている車両です。

DSCF3936.jpg
UAワンステ。自分がこっちへ来た頃にはかなりの頻度で見かけたUAワンステですが、転属したのかちょっと減ったようでこれを見る機会も少なくなっています。UAということで音が聞こえて良い車両(ただしスロープは急)なんですが。。。

DSCF3937_20130519123231.jpg
今度はワンステのQKG-MPも来てくれました。こちらもやっと撮影に成功。何度か見ているのですが、なかなか撮影機会に恵まれませんでした。QKGノンステより今のところ貴重なので撮影後乗り場へ移動。

DSCF3940.jpg
乗り場で撮影。特徴の黒サッシはよくわかりませんが、固定窓付きなのはよく見えますかね。

DSCF3947.jpg
こちら側の窓配置も撮影したかったので、柵で前面が切れているのを無視して撮影。4枚折戸車より前中間の窓が多くごちゃごちゃしている印象。こちら側も最前列乗車者の窓開閉をやりやすくする為に固定窓を前に入れているものと思われます。

DSCF3950.jpg
いつもの場所に戻って撮影再開。RAノンステの1997が来ました。RAが本当に多いので、1台1台のコメントが思いつきませんねw

DSCF3952.jpg
小平のMPノンステ。それにしてもRAとMPがかなり連続してきますねw 立川駅周辺も、MPがかなり増えました。今後もMPが代替として入るとなると数年のうちに半分以上がMPになりそうで、西武バスも三菱の一大ユーザーの仲間入りですね(まぁもうしているかもしれませんが)。

DSCF3953.jpg
お、立川バスのレインボーじゃなくてエルガJが立川駅に来ました。拝島営業所所属だとこっちの方にも来るようで。。。周りに日野デザインの車種がいないので、なんか新鮮な感じがします。

DSCF3955.jpg
そして西武バスのRAノンステ。今日はRAが本当に目立ちます。

DSCF3956_20130519123332.jpg
APノンステ。今日はAP・MPが本当に目だt(ry

DSCF3957.jpg
立川バスのエルガ。

DSCF3960.jpg
RAノンステですが、コーヒーのラッピングです。これはしずてつでも見ることのできるラッピングですね。

DSCF3961.jpg
立川バスのQKGエルガ。短尺での導入に戻った立川バスですが、今後は短尺になるのか、それともまた標準尺にするか気になるところです。立川バスは混雑路線が多いので今後も標準尺の方がよさそうです。

DSCF3963.jpg
UAノンステ。こうみていると、また西武バスに乗りたくなってきました。特にUAは当たりなので、一層乗りたい気分になります。できればある程度速度が出るところで乗りたいところです。

DSCF3964.jpg
LKG-MPノンステ。行先表示に系統番号が無いので立川営業所からの出庫便だと思われます。しずてつとかだと新静岡行きには系統番号が無いですが、西武だと基本的にはどちら方向にも系統番号がつきます。まぁ関東では必要な表記ですね。

DSCF3967.jpg
立川バスMP。この車両も側面の途中からラッピングです。これ、こっちの方がラッピング料が安いものと思われますが、これだけの違いでどれぐらい値段に現れるのか気になるところです。

DSCF3969_20130519123518.jpg
RAノンステ。RAを掲載しすぎてもうコメントすることがありませんw

DSCF3971.jpg
RAノンステですが、入間アウトレットパークのラッピングバスです。どうせならこのラッピングをアウトレット行きにしたほうが良いと思いますが、あえて市街地を走る一般路線での宣伝効果を狙っているのかもしれませんね。

DSCF3972.jpg
西武バス内最新鋭RAノンステの2025。5年程度続いたRA大量導入の最後を飾る車両です。まぁ何の変哲も無いですが、これで西武バスのRA導入が終了したわけで、そういう意味では貴重なほうかもしれません。

DSCF3975.jpg
お、立川バスのQKG-MPノンステ。やはりフォグランプの色が違うということは意外と目立ちますね。まだMPの無着色フォグランプには違和感がありますね。

DSCF3977.jpg
RM。この車種って乗ったことないので、いつか乗ってみたいところです。

DSCF3984.jpg
京王バス乗り場に人が増えてきたので、そろそろかと思って移動してみるとちょうどやってきました。おっと、こいつは新車のQKG代のブルーリボンⅡですね。電鉄バスにも導入されたようで、しっかり電鉄カラーになっています。静岡に行く際目撃していて、撮影したいなぁと思っていたところでした。

DSCF3989_20130519123617.jpg
後部。東京の立川バス以外には貴重なQKGブルーリボンⅡですが、京王には少しずつ増えているようです。まぁバスカラーもそのうち撮影しておきたいところですが、それよりも見られる場所が限られる電鉄カラーを撮影出来てよかったです。まだピカピカですね。


さて、西武鉄道から事業投資計画が発表になり、PDFで公開されています。で、今後3ヵ年は引き続き30000系を導入するそうで合計84両(10両6本と8両3本)が予定され、うち28両(10両2本と8両1本)が2013年度に登場するようです。荷棚をパイプ型からメトロ10000系のようなガラス構造にした上で高さを変更したり、LED照明、主回路装置(?)を変更した、内装マイナーチェンジ車のようです。
で、今まで実質10両の「2+8」も2両編成、8両編成と別々に製造予定が出ていましたが「10両」となっているので、30000系初の10両固定が来るかもしれません・・・で、この代替ですが、怪しいのはやはり3000系。3000系は現在9編成在籍しているので、本数的にはちょうど当てはまります。国分寺線のも30000系導入→2000系6両をまわすってことができますし・・・
懐かしい雰囲気が残る3000系もいよいよ危なくなってきたっぽいですね。この30000系導入が完了すると29編成となるので西武では結構な大所帯となりますね。
それと2000系についてはとりあえず大丈夫そうで、ベテランですがまだ当面は新宿線の主力として活躍できそうです。
このほか、中井駅と武蔵砂川駅のバリアフリー化が行われるようです。これが完成すると、西武遊園地駅と西武園駅と一部の西武秩父線の駅以外はバリアフリー化が達成します。
他にも、ATSの更新、中井~野方の地下化工事着手、東村山駅高架化の協議を進めるなどの動きがあります。西武秩父線の西武秩父~横瀬の耐震補強も行うようです。

それと東急でも発表になっていますが、中目黒・学芸大学のホームドア設置が行われるほか、唯一バリアフリー化から取り残されていた下神明駅の改良が開始、それと東横線の祐天寺駅で通過線設置を行うようです。
それと気になるのは東横線で5000系18両が新造されるそうですが、もう5000系列で統一されているので何を置き換えるのか謎です。もしかして、5050系を新製導入→東横系統の5000系の一部を田園都市線に戻す→田園都市線の8500系か8590系置き換えなんてことを計画しているのかもしれません。18両ということで製造自体は10両と8両が1本ずつと予想されます。

ちなみに東武は一足先に発表されていましたが、船橋・柏ホームドア設置、竹ノ塚駅付近高架化工事の進行のほか、野田線60000系を6編成も導入するようです。野田線の世代交代も一気に進みそうです。。。東上線ATC化は2015年度予定とのことで、形式的には8000系も2015年度までは10両で活躍できるということですね。まぁ老朽化による代替でそれより前に消えることは確実だとは思います。10000系(といっても10030系)更新も継続され、京王8000系の一部車両のような横長の車内LED表示機サイズのLCD表示機も設置されるようです。
あと発表には無いですが、野田線への10000系列転属も進むのか気になるところです。

もう一つBトレネタですが、ほぼ半年後の発売ですが、結構気になるものが発売になるようで、
まず10月の気になるものは
・E231系のみどりの山手線
→あの緑一色のやつが出るようです。
・京王5000系非冷房
→京王5000系が非冷房ながら再販・一般販売化されるようで、前面のラインの切り方エラーも修正されるようです。
・富士急行1000形復刻塗装+一畑2100系(各1両ずつ)
→違う塗装を1両ずつ入れて1セットで販売という今までに無い形で出るようです。おそらく売れ行きを気にしたものとおもわれますが、編成にしたかったら2箱必要と・・・上手いことを考えましたね。富士急も現行塗装なら欲しかったなぁ

まぁ気にはなりますが、購入はしないでしょう。

11月
・東武10000系
・東武10030系
→ついに来ました!若干定価が上がるようですが、一般発売されるようです。早速、通販サイトで予約しましたw で、東武9000系も商品化検討中ということです。今から待ち遠しいですね。 

それとそれよりも前に5月下旬に京急1500形もついに発売になります。まぁこちらは会社限定で「おとどけいきゅう」で通販は可能ですが、送料が高めなんですよね。

さらにもう1個。西武9000系のプラレールが出るようです。西武限定ですが、以前の新2000系にくらべて、前面も側面もしっかり作ってあるようです。小さい頃だったら2つぐらい欲しかったかもしれません。ちょっと改造すれば新2000系にもなりそうなので、大きなおともだちにも人気が出そうですね。

ということで以上です。さて、連続して土曜日に行ったS・S氏との東京散策の模様もupする予定です。
ではまた
12:38  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.12 (Sun)

☆2013 第27号☆

こんにちは。

連続更新です。こちらではBトレネタを中心に書いていきます。
まず、静岡に戻る前日の火曜日(つまり4月30日)に、学校の空き時間に武蔵小金井まで徒歩で行く途中、何枚か撮影したのでそちらから・・・

DSCF3651.jpg
武蔵小金井駅北口に向かう道路と新小金井街道との交差点付近に西武バスの待機場があるんですが、その直前の小金井市の「中間処理場(ごみ)」の駐車スペース(?)で待機している関東バスを発見、撮影。こんなところで待機しているとは知りませんでした。一応バスの停車位置目安的な線があったので、場所を借りているものと思われます。なんか始発のバス停に停車しているような雰囲気ですねw ところで関東バスが武蔵小金井のそれもかなり国分寺よりで待機しているというのはなんか違和感がありますね。

DSCF3665_20130512134122.jpg
で、その隣の西武バスの待機所。ここには京王のレインボーⅡも停車することがありますが、ちょうど中型ロングワンステ同士が並んでいました。この世代だと前面のフォグランプと後部が違いますが、側面はあまり変わりません。西武バスで中型ロングは限定的にしか配属されないので、この並びは意外と珍しいのかもしれません。

DSCF3669_20130512134130.jpg
京王バス小金井営業所を過ぎて、西武バスなどが転回するロータリー的なところで、これも偶然MPノンステでそれもQKG同士という並びになっていたので撮影。後ろにつかえてないときはこのように塞いで待機していることもあるようです。QKGを狙ってもなかなか撮影できないのに、偶然並びを撮れるとは・・・これはラッキーです。

DSCF3676.jpg
片方が発車したので、2497の方を単独で撮影。なかなか停車中に側面も入れて撮ることはできないので、こういう機会をフルに活用しますw やっぱり銀サッシもあれはあれでよかったですが、黒サッシもなかなかかっこいいと思います。

DSCF3680.jpg
戻る際に、また西武バス待機所を見てみると、RAとJPと京王バスレインボーⅡが並んでいました。京王バスなら小金井の敷地を借りたり、南口待機でも良さそうですが、こちらの方が入庫出庫が安易なのかもしれませんね。

続いて、恒例(?)の大学の開き時間を利用して趣味活動をするコーナー(今回から命名)ですが、そろそろ中央線沿線もネタ切れ・・・じゃあ武蔵小金井からバスに乗ろう!ということで、武蔵小金井→府中駅→国立駅→武蔵小金井とバスと中央線を使って1週周ってみることにしました。

DSCF3837.jpg
まずは武蔵小金井から学園通り経由の府中駅行きに乗車することに。と、西之久保循環が信号待ちをしていたので、「入口」を撮影。これは・・・おそらく大学進学前に「無理やり入口表記に変更している」などと紹介していたと思います。まぁ、他路線ですぐ使えるように簡易なもので変更しているようです。
で、ちょうどバスカラーのMPが停車していましたが、後ろに電鉄カラーのRAが並んでいたので、MPはパスし後続のそちらへ乗車・・・何故か運転士さんともう一人職員の方が乗っていました。で、降車時の安全確認(降車客と自転車がぶつからないようになど)などを行っていました。運転士さんのほうも新人っていうわけではなさそうでしたが、発車前から「このバスは府中駅行きです」とか「発車まで○分お待ちください」「運賃は~」などの放送をしていて、走行中も自動放送の前に肉声で次の停留所を言ったり、停車時も毎回「信号待ちです」と言うように、丁寧に放送していました。京王バスではこういう肉声放送を徹底しているようで、しゃべりすぎという苦情もあるようですが、個人的には感じも良いですし、京王だけでなく他社でも取り入れて欲しいと思いました。それとこの運転士さんはかなり安全運転で急ブレーキが1回も無かったので安心できました。

DSCF3838.jpg
府中駅に到着すると、横断歩道前でちょうどChuBusのレインボーⅡがいたので撮影。ChuBusはリエッセのほうが多いですが、一部路線では中型のこれも導入されているようです。
この後は国立駅行きですが、総合医療センター経由の方に乗車。2ルートあり谷保経由もあります。両方あわせると10分間隔になり、+で総合医療センター行きが谷保行きと同時刻に発車しているようです。でちょうど総合医療センター行きの時間だったので乗車。JPでした。この運転士さんも放送が丁寧で「モットクパス」の案内までしていましたw それとブザーが押されたときは、ゆっくりめに「バスが停車するまでお待ちください」「何かありましたらなんなりとお知らせください」といろいろと放送していました、まぁ残念ながら乗客はほとんどそれを聞かずに、放送している最中に余裕で歩いていましたが・・・ それと京王独特の自動放送もやはり面白いところで、 「この車は東芝前<総合医療センター経由<<<国立駅行きです!お降りの方はブザーでお知らせください」とだんだん強調されるアナウンスや、ところどころで声がかわる放送でした。まぁバス停放送と宣伝が違うのはまだいいですが、「次は(今までと同じ声)○○(立川バスと同じ声)でございます(今までと同じ声)」などつぎはぎがある放送も毎停留所のようにありますし、中には3つ違う声が入っている放送(うち2つは似ているのですが若干声が違うような気がします)もありました。 この辺が京王バスの魅力でして、内装も京王独自のことがあり、時々乗りたくなりますw

DSCF3839_20130512134414.jpg
で、甲州街道混雑で10分程度遅れたようで、10分あとに府中駅を出てきた谷保経由のブルーリボンⅡと同時に到着。同時に横に並んで降車作業をして、ほぼ同時に折り返していきましたw 国立駅ですが、画像の右側に見えるように中州があって、横に並んでも安全に降車できるようです。ところで、JPは結構エンジン音が聞こえるのですが、しずてつのこども病院線を思い出す音でした。

DSCF3841_20130512134420.jpg
後ろに立川バスが並んでいました。ここはとりあえず全バス共通の降車場のようで、どんどん入れ替わって降車を済ませていきます。

DSCF3842_20130512134431.jpg
立川バスのLKGエルガ標準尺。別に普通なことなんですが、府中駅から立川バスが見られるところまで来ると何故か遠いところまで来た印象を受けますw なんかこのあたりは小さい頃に、国立と府中がやけに遠いイメージを持っていたのが残ってしまっているようで・・・w 中央道も「国立府中」のようにそれほど離れていないんですけどねw

DSCF3843.jpg
普通のエルガ。ところで国立駅は車で結構通ったことがありますが、駅を利用したことは今まで1回もなく今回が初めて。一応この画像を撮影した地点で、立川バスと京王バスは撮影できそうなのでまた来るかもしれません。

DSCF3845_20130512134626.jpg
駅時刻表。

DSCF3846.jpg
改札ですが・・・ICカード専用改札機と普通の改札機がほぼ半々です。最近の駅はこういう感じになりつつあるようで、券売機もかなり減っています。まぁICカードがそれだけ浸透しているってことですね。余談ですが、ICカード専用と通常のは見た目でしか判断できないので、目が不自由な方には使いづらいそうで・・・今後、ICカード専用改札を増やすのであればなんらかの工夫が必要に感じられます。

DSCF3849_20130512134643.jpg
国立駅ですが、立川よりが開放的だったので試しにそこまで移動して、通過する中央線を撮影。これは結構綺麗にとれます。ただフェンスに「撮影の際は黄色い線の内側で」という表記が数個・・・これが普通の黄色い線なのか、フェンスの少し手前についている黄色い線のことを言っているのか不明でしたが、普通の黄色い線から十分離れた位置で1枚だけ撮影させてもらいました・・・うーん、こう書かれるってことは以前に危険な行動が複数あったからだと思いますが・・・個人的には、こんなことを書かれないとルールを守れないというのは良くないと感じます。電車が好きなら黄色い線の外側は危険ということは、人一倍分かるはずなのですが・・・最近マナー違反が多く伝えられていますが、それをすることで自分の首を絞める(つまり撮影禁止になったりすること)結果になるわけで、少なくなって欲しいと真面目に思います。

DSCF3850.jpg
反対側も。特快が多いのでバンバン通過していくようで、それでいて快速も8本程度あるということで、やっぱり中央線は本数が多いですね。それでいて私鉄より混んでいるということで、さすがに中央線は強いですね。

DSCF3851.jpg
国立、武蔵小金井、東小金井、武蔵境の新高架駅3駅に設置されている「電車が」「来ます」表示機。電車の接近放送とほぼ同時に音が鳴り、電車が入線してくると消えます。静鉄にある(今もあるかは不明)ので、どうも地方の電車で採用されているイメージがあります。ただ音は小さく、気づいてない人も多そうで、そうなると西武みたいなやり方(踏切の音と光)の方が気づかれやすいかもしれませんね・・・w 

DSCF3853_20130512134906.jpg
武蔵小金井駅南口で京王バス中央(府中)のRAを撮影。京王のRAといえば、以前八王子駅で撮影したときはあまり馴染みがない感じでしたが、武蔵小金井では特にバスカラーは結構来るので今は逆に馴染みがありすぎる感じですw

DSCF3855.jpg
汎用テール車でした。この調布行きは20分間隔のようで、今度乗ってみようかなと思っています。あとは小田急・関東の三鷹行きの乗り比べとか武蔵小金井から乗りバスをしたいなぁと考え中ですw

DSCF3863.jpg
で、その小田急バスですが、方向幕右側に注目。小田急バスのキャラクターの「きゅんた」がついています。キャラクターが出来たのは2012年だったと思いますが、実際にバスにもステッカーをつけるようにしたようですね。初めて見ました。この位置だと都営のみんくるや、東急バスのノッテちゃんと一緒で、バリエーションが増えた感じですね。

これで撮影関連は終了~では続いてBトレを・・・今回は結構画像量があります。

DSCF3209.jpg
まずは、伊豆箱根鉄道1100系です。これ、発売時の2007年に1箱購入したものの、結構長い間売れ残っていたのですが「やっぱり1編成にしよう」と思った頃には売り切れ・・・で、休み中に越谷レイクタウンに行った際に、ポポンデッタがありそこで普通に売っていたので追加購入し、ようやく3両編成にすることができました。

DSCF3210.jpg
実は1100系自体にはほとんど馴染みがないのですが、西武701系ということで気になっていた形式。既にリバイバル塗装化→引退・解体ということで消えてしまっています。Bトレではさすがに雨どいの違いは再現されず101系の塗り替え品ですが、台車レリーフが異なっています。

DSCF3214_20130512135031.jpg
中間車はダブルパンタ。この形式、ロングシートということでラッシュ時には伊豆箱根で重宝されたそうです。現在は元新101系の1300系が引き継いでいます。

DSCF3213.jpg
まぁこちらの先頭も同一仕様です。2両売りなのでどうしても中間1両余るのですが、組み立てずに売却させてもらう予定。ところで、静岡の私鉄は伊豆急、伊豆箱根、静鉄と大井川鉄道(京阪3000系セットで前面パーツが付属し、引退記念セットも大鉄の新金谷などで販売)と4路線が入りました。この調子で遠鉄や岳南などもお願いしたいですね。

DSCF3864_20130512135039.jpg
続いて・・・東急4000系、まぁ正式には5050系4000番台です。今回、側面のドアの凸凹的に5050系0番台のほう(後期車除く)が合っているのですが、以前から持っていた中間車1両を組み合わせて5両にできることもあり、4000系として組み立てました。車番は西武で初めて営業に付いた第4編成。ステッカーは特急小手指と、ありえない青色表示の各停元町・中華街行きにしました。強化スカート仕様になっています。

DSCF3868.jpg
先頭車側面。まぁ特に今回金型リニューアルとかはされず、そのままです。そのため、ドア窓の凹凸が5050系(後期車以外)タイプです。まぁそれほど気になりませんが・・・w

DSCF3869.jpg
中間デハ。10連だけの1パンタ車です。

DSCF3870_20130512135147.jpg
中間デハ。こちらはパンタ無しです。

DSCF3871_20130512135156.jpg
中間デハ。ちょうど以前から持っていた中間はダブルパンタ屋根になっていたので、そのままステッカーだけかえて組み込みました。このように、旧製品を組み込むときには金型リニューアルをしないほうが統一できて良い点もあります。それとこれがHGフレームだったので、今回組み立てた4両も他の車種と入れ替えてHGフレームを履いています。

DSCF3872.jpg
先頭。

では評価、今回から説明書の分かりやすさのみ○、△だけで評価します。5段階は自分で設けておいてやりづらいので(汗

造形のよさ:4
→まぁ以前から変更無しですが、元々よく再現されているんで良いですね。欲を言うと方向幕周りが、直接前面に貼る方式のままですが、まぁリアルさを出すなら内側表現の方が良さそうです。まぁ貼るのは大変になりますが

説明書の分かりやすさ:○
→標準的と言えそうです

入手安易度:4
→まぁ何度も再販されていますし、今回も一般販売なので安易といえば安易と言えそうです。まぁ今回から強化スカートと4000の車番が入ってBトレで再現できる編成が増えました。

シール充実度:4
→まぁ一通りあります。で、直通先の行先も入っているので結構良いかなと思います。これで、直通先の種別表記まであったら5です。

部品豊富度:2
→まぁ元々最近の車両なのでそれほど実車にバリエーションがなくおまけもつけられない感じですが・・・強化スカートを新しく入れた点は評価できます。

組み立てやすさ:3
→若干硬い部分がありましたが、基本的には削れば入るので問題ないかと思います。

DSCF3885.jpg
続いてY500系です。今回初めて一般販売+側面が印刷表現になりました。値段も若干高めでしたが、結構売れたようです。こちらも今回は、165系のHGフレームと入れ替えています。で、元町・中華街表記と渋谷表記しかありませんでした。出来れば保谷にしたかったところです。

DSCF3886_20130512135457.jpg
先頭側面。特殊印刷というのがどれほどの出来か気になっていましたが、美しい仕上がりですね。私鉄限定の頃から欲しかった車種ですが、ここまで綺麗に印刷されるとは、嬉しいところですw 画像だと分かりづらいですが、細かいところまでしっかり印刷されています。

DSCF3887.jpg
中間デハ。ダブルパンタで端から2両目の車椅子スペース付きです。ステッカーが用意されていました。ただ説明書に「優先席」と。ここは優先というかなんというか・・・ちょっと説明書の書き方はテキトーかなと思いましたw

DSCF3888.jpg
屋根ですが、このように綺麗な青になっています。屋根は普段あまり見れない部分ですが、こうやって全塗装なんですね。ところで5000系Bトレとパーツが共用なためか存在しない1パンタ屋根もついていました。それと、ここは端から2両目ですが、Y544で10の位が4です。ここから分かるように実は車番は10両に備えてあるんですよね。結局今のところ実現していませんが、こちらも10両になって日中の特急運用に復帰してほしいですw

DSCF3889_20130512135525.jpg
先頭は屋根を重視して撮影。こんな感じで、黄色くなっていたようです。屋根はあまり見えないのですが・・・もしかしてMM線内のエスカレータなどからは屋根が見えるのでそれを狙っているのかな。

では評価
造形のよさ:5
→これだけ綺麗に印刷されていれば言うこと無しです。まぁ4・5号車の部分の配色無しの部分のパーツはありませんでしたが、まぁお手軽4両なら問題にならず、文句なしというところです。

説明書の分かりやすさ:△
→全体的に、微妙に説明不足(優先席とか)なところはありますが、まぁ問題になるほどではないかも。

入手安易度:2
→3度目の再販で一般販売ということですが、特に関東ではかなりの人気で早い時期に売り切れとなったようです。まぁこれだけ人気なら再販もされそうですが、安易ではなくなっているので2。

シール充実度:2
→車椅子マーク部分があることは評価できます。ただ、行先が中華街と渋谷しか無い点はちょっと物足りないかな。もう少しあると良いですね。

部品豊富度:3
→まぁ実在しない1パンタ屋根も入っていたということで、おまけの3ですw

組み立てやすさ:3
→若干硬い部分がありましたが、基本的には削れば入るので問題ないかと思います。

DSCF3890.jpg
ちなみに東急の通常のと比べてみました。Y500のスカートは通常タイプ(しかないので)です。4000系の方にも付属していましたが、細かいところを再現していて良いですね。それとY500は台車が黒になっています。

DSCF3877_20130512135214.jpg
最後に東武50000系。初めて発売されたときに買いにいって、東武百貨店が休業日で買えなかったもの。その後東武カードラッピングステッカー付きで発売されたものを売店で購入~で90系の方を4両にした(こちらは初販時に売店で1箱購入、その後一般販売で追加購入)ので、こちらは今回のはパスかな~と思っていたのですが、焼津でまぁ若干安く(ジョーシンは基本2割引)売ってたのでついつい購入。50070系を再現です。本当は50000系トップナンバーを再現したいんですが初販時だけの付属で作れません・・・あとステッカーですが、元町・中華街はあるのに東上線下り方面の行先が一切入っていない(フルカラーは)と言う謎な自体。しかも中華街は「各停」ということで、シールを組み合わせて直通で唯一の「普通」を再現。反対側は通勤急行池袋で、副都心線で何かあって東武に戻れ
なくなったという設定にしておきましたw 出来はやはりいいですね。

DSCF3878.jpg
先頭車側面。まぁ側面は前期タイプの固定窓(確か端の窓は開閉可能)です。どうやら50050系などでは前期タイプも開閉可能に改良されつつあるので、これも実車は改良済みかもしれません。

DSCF3879_20130512135316.jpg
パンタ無し先頭車。ところで、コーポレートマークが最近新しくなっていますが、50000系列も変更になっているものとおもわれ、この旧マークと東横線の組み合わせは存在しなかったのかもしれません。

DSCF3880.jpg
パンタ付き先頭車。ところで、ドア窓がやけに丸いですねw まぁ画像で見ると結構目立ちます。それと50000系ならではのドア窓すぐ下の取っ手もついています。これ、半自動ドアで使う為(8割ぐらい閉まっていて手動で開閉できるシステムらしいです)のもののようですね

DSCF3881.jpg
先頭。

では5段評価

造形のよさ:5
→特に前面の出来はすばらしいと思います。

説明書の分かりやすさ:○
→標準的です。

入手安易度:3
→まぁ50090系はこれより前に一般販売されましたが、普通の50000系もようやく一般販売化されました。まぁ前回のラッピングステッカー入りも会社限定ながら自分は東武の売店で買えましたが、初販時は東武百貨店の休業日と重なったことで自分は手に入りませんでしたが、売店でもそのときは普通のこれは売り切れだった・・・ということで、まぁまぁの評価の3。

シール充実度:2
→50070系の川越市、森林公園、小川町のどれか一つでも良かったので入れて欲しいところです。直通先の行先ステッカーが無いことはよくありますが、自社のが池袋しか無いというのはちょっと・・・ちなみに3色ならあります。

部品豊富度:2
→まぁ実車のバリエーションも少ないのでしょうがないと思います。まぁ欲を言えば前回も今回もトップナンバーの前面を入れて欲しかったなぁ。まぁ一般販売化のためのコスト削減かと思いますが、ちょっと残念。

組み立てやすさ:3
→若干硬い部分がありましたが、基本的には削れば入るので問題ないかと思います。

ということでBトレを3つ紹介しました。


ところで、たしか1ヶ月ぐらい前から、武蔵小金井のJRの車庫に東北線系統で運用されていた(と思われる)211系が留置されています。その前まで置き換え形式のE233系3000番台がいましたが、入れ替わる形です。
で、3両編成×2の6両編成で留置されており、信州地区への導入のための更新待ちかと思われるのですが、このまま中央線内での試運転でも行われそうな雰囲気です。今のところ信州の211系は長野地区だけのようですが、そのうち立川などにも顔を出すようになりそうです。ちなみに3両だと5000番台と同じ2M1Tで、結構加速が良いそうです。まぁ湘南色なのは今だけですし、目に焼き付けておこうと思いますw

では今日はこのへんで
13:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.11 (Sat)

★2013 第26号★

こんばんは.

どんどん暖かくなってきていますね。東京では金曜日に28度になり今度は暑くなってきました。まぁこれからまた猛暑かと思うとなんとも言えませんが・・・w
で、その日は家でも窓を開けていたのですが、11時を過ぎたあたりから、家から800Mほど離れた多摩湖線の踏切の「カンカン」という音と、ポイント(回田信号所の)通過音、「ガー」という新101系の音が小さいながらも聞こえてきました。踏切の音まで聞こえるのは初めて気づきました。ちなみに、やはり界磁チョッパの新2000系よりも抵抗制御の新101系のほうが音は大きいようで、以前よりも自転車道の横を75km/hぐらいで通過する音が少しだけ大きくなった気がします。 結構、音が聞こえるのが面白く「そろそろ終電かな」と考えながらPCやっていますw

さて、遅くなってしまいましたが5日静岡から戻ってきました。静岡はやっぱり暖かいですね。まぁ風はいつもどおり強風でしたが・・・w 今回ですが、静岡の柚木付近に開業したマークイズというショッピングモールに行きました・・・三菱地所が開発しているらしく、とりあえず静岡中部地区ではあまり無い形態の店舗でした。で、クリスピードーナツとかいうドーナツ屋が静岡初出店ということで、結構な行列になっていました。
確かに東京でも少し前まで行列が出来ていましたね。
ちなみにマークイズ、JRの電車の留置線が近くにありフェンス越しに停車している電車数本も見ることができます。それとマークイズの横には線路を跨ぐ南北高架橋が建設中でした。。。静岡も数年のうちに徐々に変わりつつあるかなって感じですね。
さて、今回は静岡で久しぶりにしずてつ撮影に行ってきました。平日日中ですが1時間程度いたので結構撮影することができましたが、まぁ40枚程度掲載します。

DSCF3681s_20130511174015.jpg
1枚目はこちらから。LKGエルガ、MPワンステ・ノンステ、高速バスの4台も写っています。LKG代はそもそも東京では珍しいですが、しずてつには結構在籍していてしかも普通にラッピングまで行われています。そういえば・・・早速標準仕様ステッカーが外されていますね。

DSCF3684_20130511174021.jpg
しずてつも東京のバス同様のICカードのステッカーが付いています。なんか同じステッカーを見ると親近感が湧くというか、むしろ新鮮な感じというか。。。

DSCF3692_20130511174029.jpg
いろいろな改良が済み、ポンチョも普通にロータリーに入ってくるようになりここで普通に撮影できるようになりました。ところでポンチョといえば、藤枝市自主運行バスの代替が進みポンチョをよく見かけるようになっていました。静岡でもいつのまにか世代交代が進んでいますね。

DSCF3693_20130511174037.jpg
京王バスの静岡・東静岡行きが出発していきました。ここで品川ナンバー+京王バスを見るとなんか違和感がありますね。特に京王バスは路線車とはいえ東京でもよく見ているのでなんか不思議な感じがしますw

DSCF3697_20130511174045.jpg
静岡大学行きのMPワンステ。空港行きが停車+バスが待機していたこの場所ですが、静岡大学行きも含め何系統か停車するようになっていました。撮影する時はバス停で待っている人や停車するバスに注意しなければならないですが、バスターミナルをより有効活用していると言うのは良いことですね。

DSCF3699_20130511174236.jpg
県立病院高松線のLKGエルガ。これもラッピングですね。

DSCF3703.jpg
日野セレガ。これもなかなか新しく、ピカピカです。

DSCF3705_20130511174250.jpg
例の中洲に移動して撮影~日野セレガ同士が待機場所で並んでいました。数年導入時期が異なっていて、前面のライトの間が銀色なのか色が同色なのかの違いがあります。最近しずてつは高速バスにどんどん新車を入れていますね。

DSCF3710_20130511174259.jpg
エルガとセレガ。しずてつではいすゞ・日野のJBUS製バスがだいぶ増えてきて、静岡市内では既に主流となりつつあるようですね。どちらもMTですが、エルガのほうはQKG代になり一般的にはさらにATが主流になりつつあるようで今後もMTを採用しつづけるのかどうか気になるところです。

DSCF3715.jpg
シティハイブリッドが休憩していましたが、前面は撮影しづらかったので思い切って側面だけ撮影してみました。中扉が大きいことと前中間の窓が1枚+戸袋窓ということでやはりかなり短く見えます。ところで、しずてつではなく名古屋のガイドウェイバスですが、新車が出たそうですがこのハイブリッドを特注でツーステップ+リフトにしたかなり独特な形状になっているようで・・・これは1回実際に見てみたいところです。

DSCF3718.jpg
普通のエルガ。

DSCF3720.jpg
こしずのポンチョがやってきました。この時間帯は夕方よりも安東循環の小型車使用が多いのか結構みかけました。

DSCF3723.jpg
JPですが、画像では見えないですが上足洗経由の唐瀬営業所行きです。この時間帯にもJPが入るとは・・・個人的にこの路線はかなり馴染みがありますが、逆に大型サイズが入るのは違和感しかないですねw

DSCF3734s.jpg
MPツーステップ4枚折戸がやってきました。静岡でもかなりのベテランですが・・・こいつは前後扉じゃないので郊外に転属させず静岡市内で使い倒す方針なのかもしれませんね。数年前から置き換えが始まっているようですがしぶとく残っていますね。

DSCF3738.jpg
MPノンステが来ました。黒サッシ短尺の前期車です。さすがに静岡でも静岡市内ではベテランの域に入りそうですが、今後はこれも市外に転属するのかな。まぁとはいってももうしばらくは市内での活躍が見られそうですね。

DSCF3740.jpg
駿府浪漫バス。こちらはダイヤ改正で運転本数が調整されたようです。これが登場した当時、何回も乗ったことがあります。

DSCF3742_20130511174611.jpg
さっきのMPですが、個人的に気に入ったので掲載。いろいろなバスの塗装を見たり撮影したりしてきましたが、個人的にはしずてつのこの低床バスカラーが一番良いと思います。

DSCF3743s.jpg
こしずですが・・・旧型のポンチョも来ました。確か一部廃車されたと思われますが、一応今も活躍しているようで・・・全国的に急激に減ってきている車種なので、これも時間の問題かもしれません。

DSCF3744.jpg
画質がちょっとおかしく(明るすぎる)なっていますが、見たときにこれぐらいのインパクトがあったので、このまま掲載。日野ブルーリボンⅡノンステの人形屋のラッピングですが・・・これはなかなか派手でインパクト絶大ですねw

DSCF3745.jpg
うってかわっておとなしめの日野ブルーリボンシティワンステ。シティの前面の中央に組織名のラッピングが入っているのでなんか路線バスというより、特定車の雰囲気ですね。

DSCF3747.jpg
JP。京王バスでは少しずつ代替が始まっているようです。これ、父がしずてつにJPが来たとき「京王バスのと同じだよ」って教えてくれたことが今でも鮮明に覚えている影響で、なんか親近感が湧く車種です。しかも静岡で結構乗りましたし。

DSCF3750.jpg
LKGエルガですが、これも早速ラッピングが。最近はどちらかというと新車に率先してラッピングしているような気がします。

DSCF3752_20130511174739.jpg
エルガですが・・・ナンバー的にこれはQKG代かもしれませんね。まぁ外観にはほとんど違いが無いので実際のところ判断できないのですが・・・標準仕様ステッカーが無いですが、これはおそらく貼ってないだけかと。

DSCF3768.jpg
日野ブルーリボンシティワンステ。カメラを動かしながら撮影したところ背景が流れました。。。実際、こんなスピード出てないですね・・・w

DSCF3771_20130511174755.jpg
LKG代エルガ。これも標準仕様ステッカー無し。それにしても静岡は一段とエルガ化しましたねw 3年半前よりも確実に低床バスが増えていますが、エルガもだいぶ大量になっている雰囲気です。

DSCF3776.jpg
MPツーステ。さすがに老朽化している雰囲気がありますが、しずてつは塗装が綺麗で実際の年式よりも新しく見えますね。でも、このカラーも静岡市内では結構減っているようです。

DSCF3777_20130511174859.jpg
日野レインボーノンステ。あまり見ない車種ですが来ました。

DSCF3780.jpg
日野ブルーリボンⅡノンステ。これが出たときはライト周りに違和感を覚えましたが、実はいまではエルガよりこっちの方が好みです。まぁ静岡ではATのMPは無理かもしれませんが、せめてエルガと並んでこちらも入れて欲しいですね。

DSCF3781_20130511174916.jpg
ぶれているJPですが、これも上足洗経由・・・2本連続で中型ロングとは。っていうより今ではこっちの方が多かったりするのでしょうか。

DSCF3793.jpg
MPワンステですが、ナンバーにフレームがついていますね。このフレームってどんな意味で付いているんでしょうかね。東京でも見かけますが謎ですw

DSCF3796s.jpg
さっきのシティハイブリッドが出てきました。こちらもナンバーにフレームがついています。ところで、これも増備が無いのですが、西武バスとか、以前の初期ノンステのようにお試し程度だけの増備で終わりなのかな・・・個人的にはこの塗装も似合っているので増えて欲しいと思います。車種的にも良いですし。。。

DSCF3800.jpg
ちょっとぶれてしまいましたが日野ブルーリボンツーステの大浜行き。なんかワンステが来る前に戻った感じですね。ブルーリボンも郊外転属がだいぶ進んでいますが、残っている車両も長く活躍して欲しいですね。

DSCF3803.jpg
安藤循環の8Eが来ましたが、ナンバーにフレームつき。個人的に東京の銀河鉄道バスで毎日のように見ていて馴染みがありますが、静岡では新しく見えても、東京だとかなりベテランに見えるという謎w これ、まだ新しい雰囲気ですよね。

DSCF3804.jpg
日野ブルーリボンⅡワンステ。これも最近導入が無いっぽいですね。出来ればこういうやつも増えて欲しいのですが・・・ところで静岡に戻った際に岡部営業所の前を通りましたが、フェンスでしっかり確認できませんでしたがMK(ミディ)の新車らしきバスがいました。まぁ自主運行バス用かもしれませんが、実際導入されたのか気になります。

DSCF3807.jpg
いすゞのエルガミオがきました。この代のエルガミオも東京だとあまり導入されていない(国際興業では導入されているかもしれません)ですね。これは・・・窓の高さ的にワンステかな。わずかな差しかないので見分けづらいです。

DSCF3814.jpg
MPノンステ・・・今度は銀サッシ標準尺です。どちらかというと黒サッシのほうが存在感があり、こちらはラッピングが多い印象で、通常塗装はなんか新鮮ですw

DSCF3815.jpg
なんか来ましたが・・・岡部営業所のMPツーステ!元神戸市営車ですね。ナンバーが新しいですが、確かこれはあとから岡部に転属した車種だったような・・・よく残っていたなぁという感じです。フォグランプも丸型ということで・・・4枚折戸の呉羽MPよりも古い雰囲気です。

DSCF3816_20130511175256.jpg
QKG代と思われるエルガ。ここ数年で結構まとまって新車エルガが入っているようで、静岡市内がほぼ低床バスになるのも意外と早く来るかもしれません。それにしてもエルガ増えすぎですねw

DSCF3817.jpg
後部。柿の種テールとバンパーの丸型ランプでだいぶ古い感じがでていますね。東京・・・というか静岡でももうほとんど見ることが出来ないランプです。それにしても繰り返しになりますが、よく残っていましたね。

DSCF3824_20130511175315.jpg
最後にMPツーステを撮影して終了。うーん高級感があって良いですね。

久しぶりにしずてつ撮影でしたが・・・後半、結構ぶれてしまいましたが、結構撮影できたので良かったです。今後もときどきこうやって記録していきたいです。それと・・・郊外に残るベテラン車も記録しておきたいところです。


ところで、どうやら先日、西武秩父線に東急4000系が10両で試運転として入線したそうです。まぁいずれ行われるだろうと思っていましたが、10両というのは単に5050系が借りられなかったのか、それとも行楽シーズンなどで東横特急~F線急行~西武線快急西武秩父行きなんてのをやるつもりなのか。。。西武秩父線廃止という話もあったなかでこういう明るい話題(?)は良いですね。とりあえず東急車の山岳線入線を見てみたいですね。それと実現したら終点では秩父鉄道の元東急と競演することになりますね。
ところで、秩父線にも一応10両が入れるんですね。活性化の目的で利用客の量に関係なく池袋発の10両なんてのもやってほしいですね。

あと西武鉄道の公式ページでGW中のご利用実績という資料が出ていますが、GWの西武秩父駅降車客が前年より17%増加したそうです。まぁそれは良いことですし、直通やPRの効果だと思います。まぁサーベラスの件があったこともあるのか、最近秩父系統の宣伝や↑の試運転とか活性化のために色々模索している感じがしますね。これが成功をしてより活性化されると良いですね。

ということで今回は以上です。
明日は予定ですが、連続更新になりますがBトレネタを中心の記事を投稿する予定です
17:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。