2014年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.24 (Fri)

◆2014 Vol.2◆

こんばんは。

ようやくテストも終了が近づいてきてまぁほっとしています。といってもまだ残ってますけどね…まぁこれが終わったら長い休みに入りますが、休み中は静中HP更新を進めたいと思っています。まず、掲載する画像を選ぶこと自体が久々で画像も多くて大変ではありますが、せっかくHPを継続しているのでやりたいと思っています。
さて、いくつかブログネタも溜まっているのでそれを投下していきたいと思いますが、いろいろ編集の都合上、今後数回、撮影日と掲載順序が前後する可能性が(というこの記事も前後してます)ありますがご了承を…

さて、今回の記事は…東武東上線です。和光市⇔森林公園を往復してきました。まぁこの前伊勢崎線のほうに行ってきて「あ、東上線乗りたくなったな」と思っていたので、機会を待っていたのですが、その機会が今回ということになりました。前回和光市から乗ったときは川越までだったので、それだと物足りなさもあったので、駅間が長くなる森林公園まで久しぶりに行ってみようと思い今回はそうすることにしました。

DSCF9013.jpg
ではすでに3度目の登場となっている和光市から。このロゴ、個人的には東武百貨店を思い浮かべますが駅にもありますね。ちなみにこの日、最高気温は7℃程度でしたが、風もなく高架駅で日もあたるからか秋や春のような暖かさでした。こういう日が春までぜひ続いてほしいところです。

DSCF9017.jpg
急行の小川町行きが入線…はい、50000系だったのでパスしますw 東武に乗るときはどうしても避けてしまう形式ですね。ちょっと東武らしさが薄いのでどうも…ところで、ホームと電車の段差、全く段差がないですね。ちなみに東上線は成増などで電車のほうがホーム高さが低い場合がありますw

DSCF9018.jpg
続いて地下鉄から来た普通川越市行きは50070系…パス2回目。まぁ2回ぐらいは50000系が連続で来るかもと思っていましたが本当にそうでした。

DSCF9022.jpg
そういえば、以前Bトレの50070系でこのマークの話をした覚えがありますが、新マークも今まで通り白字になっています。まぁここに青を入れるよりは白のほうが良いですね。

DSCF9023.jpg
3本目は…10000系の準急川越市行きが来たので乗車。2+8の編成で2連のMcに乗りましたが、やはり2連は45km/h程度で回生失効するようですね。東武のドアはゴムの関係上きっちり隙間なく締まるので車内が暖かいまま保持されている気(あくまでそんな感じがするというだけですが)がしますw

DSCF9027_20140124224240463.jpg
ふじみ野で急行森林公園行と接続でしたがそちらも10000系でした。10000系も東上線系統のは未更新なので若干くたびれている感じも受けますが、そのちょっと古い感じが結構気に入っていますw

DSCF9028.jpg
ふじみ野駅ってそういえばふじみ野市ではなく、富士見市にあるんでしたね。一時期なぜか駅名と市や区が一致しない駅が面白いなと思っていたことがありますが、そういうことって意外と多いみたいですね。

DSCF9029.jpg
終点川越市で乗り換えてもよかったのですが、まぁなじみのある川越で降りました。東上線系統の10000系は更新される気配がありませんが、濃い色の壁など、少し前の時代の内装が残っているので、個人的にはこのまま未更新でも面白いなぁと。ライト形状もこっちが気に入っていますしw

DSCF9031.jpg
川越からは川越以降初乗車の快速に乗車。川越以降の駅間が長い区間での通過運転に乗ってみたかったのでちょうどよかったですが、そんななかで車両が8000系という大当たりをひきあてましたw 2+8で2連の方が中期修繕車。8000系のこっちの色が塗ってあるドアも良いですねw 
あまり高速運転をしないことに定評?がある東武ですが、まぁ速度はそれほど上がらないものの結構ずっとノッチを入れていたっぽくなかなか良い音を出していました。とはいえ、東武はこの8000系からすでに車内床の点検蓋をつけてないので、他社より音が静かですね。あと、空制しかないためか停車時の減速に余裕があって乗り心地は良かったです。本当にラッキーでしたw 

DSCF9033.jpg
ところでこの2連、窓の上部の角が丸い仕様でした。こちらのほうが前期にあたるようです。中期修繕車ですし、2連でもかなり車番が若い(確か8506編成)ので、もう45年程度以上は活躍しているものと思われます。

DSCF9034.jpg
後ろの8両は後期修繕車。とりあえず東上線系統の10両運用の8000系は3本のまま推移しているようです。こういうベテラン車両が優等種別でしかも10両で走るっていうのは迫力がありますし、頑張っている感じがして良いですねw

DSCF9036.jpg
コンコースに移動すると、以前来たときにもあった車両をイメージしたものが。ところで、東上線は日中森林公園から小川町までは毎時3本まで減りますが、間隔が30分→12分→18分となり、30分間隔の快速+1時間4本の急行のうちの1本になるのでどうしても間隔がまちまちになっちゃうようです。このうち2本の快速が小川町で寄居行き接続となっています。

DSCF9037_20140124222427e3d.jpg
駅オリジナルと思われる各形式の画像集的なものが掲載されていました。そういえば今は日中、本線系統より東上線系統のほうが東武の車両を多く見ることができますね。

DSCF9040.jpg
何かバスでもいるかなと思って降りてみましたが、なんにもおらず、しかも寒いんで駅の入り口だけとって撤収w 実は今まで駅から出たことがない(改札外までしかない)ので、初めて駅から出たことになりましたw 池袋からの距離的には西武の飯能よりも遠いですね。

DSCF9042.jpg
切符を買って今度は川越まで戻ります。森林公園発の急行の10000系が停車していましたが、ちょうど10030系の快速が入ってきたのでそちらに乗車。行きの8000系より高速走行をしていました。駅間距離が長い上に通過運転するので音もよく響いて良い感じでした。

DSCF9043.jpg
川越で一度下車。「快速」表示やっぱりこれだと見づらいですね…

DSCF9047_20140124223003c86.jpg
直後に川越市始発の準急があるので撮れるかなと思って一番後ろに移動しふりむくとなんと10030系の更新車の川越市行きがw こんなところで初撮影となりましたが、まぁ逆光ですがとりあえず記録できました。やっぱり更新車もかっこいいですね

DSCF9048.jpg
後追いも一応記録として撮影できました。6+4ですが前面の電連は撤去したようですね。それにしても年明けからついていますねw まぁまたしっかりと撮影したいところです。今年は東上線をもっと詳しく知りたいと思っていますし、良い撮影スポットも探していこうと思っています。

DSCF9049.jpg
そして川越市始発の準急。柱の陰があってあまり撮影には向いてないですかね。ところで更新車も初撮影できましたが、うーんどっちもかっこいいですが、これも未更新のほうが個人的には気に入り度は高いかな。

DSCF9050.jpg
お、続いて8000系が下って行きました。今回は乗れましたし、こうやって撮影できましたしこれだけでも満足ですね。まだ10両でみられるうちにいろいろ撮影しておきたいとは思っていますが、いつ引退してもおかしくないですかね。

DSCF9053.jpg
一旦下車して今度は戻ります。ちょうど下りに9000系が入ってきたので側面を撮影。確かにドア下の凸がなく側面下部はフラットですね。Bトレで切り取るまでは気づかない部分でした。それにしてもステンレスが光っていていいですね

DSCF9056.jpg
連続で9000系が来た と思ったら2本目はなんとトップナンバーの9101編成でした。9101編成は内装的には8000系に似ているようで(車端も4席)、他にも試作的な要素もあり、ホームドアにも対応しないので現在は9000系唯一の未更新で線内で活躍しています。表示機もこのように車端にあり、ドア下の凸もあります。車端の表示機はメトロ車を参考にしたっぽいですね。

DSCF9059_2014012422314270e.jpg
さて、またまたちょうど快速の時間で、まぁ50000系だったらパスしようなんて考えてたらやってきたのはなにやら白い車両…ここで2度目の8000系!いや~2014年最初からこんなことが…運をさっそく使い果たしのかもw というわけで本日2度目の8000系が来てくれました。

DSCF9064_2014012422315001e.jpg
まさか2度も8000系に乗れるとは思っていなかったのでラッキーでした。ちなみにこの日、どうやら3本とも見ることができたようです。東武というとあのステンレス車もありますが、個人的にはこの色のイメージが強いです。本当に数年前までは当たり前にいたのでここまで一気に減るとは思っていませんでした。

DSCF9065.jpg
和光市でちょっと撮影。ちょうど西武6000系の新木場行が停車。TOBUと出ている駅名版と合わせて。ところで、6000系の戸袋窓付きのアルミ車にも戸袋窓埋めが広がっているようですが、まぁまだアルミは良いとしてステンレスの方も埋めるとしたらどういう方法を取るのか気になります。おそらくアルミ車以降に違和感があると思うので…

DSCF9066.jpg
新木場表記。

DSCF9072_2014012422332633f.jpg
そういえば6000系は副都心線対応化のときに乗務員室の扉の窓をより小さいものに変更したため、さらに前面が見づらくなりましたね。まぁ地下鉄対応ということでそうしたのかもしれませんが、小さいころから高すぎて見えず、6000系の唯一の嫌いな点でしたw 今では音重視なのでどっちでもいいんですけど。。。

DSCF9075.jpg
6050番台なのでドアは複層ガラス窓。今の西武の標準スタイルですが、まだ少なかったころはこの感じが独特でなぜか気に入っていた時があります。今では20000系も30000系もこれなので全く独特って感じはしないです。

DSCF9080_20140124223342d70.jpg
後の急行が来ましたが50000系。うーんこの場所での撮影のときはこいつがやたら多く来る気がします。

DSCF9086_20140124223349a82.jpg
次の準急…あのー別に連続でしかも連番で来なくてもいいんですがw 色的には良いと思うのですが、どうも車内が標準的過ぎて面白くないというか、今まで東武は関西系な内装で独特だったので余計そう感じてしまいますね。

DSCF9091_201401242235076f1.jpg
やっと東武らしさがある車両が。10000系の10両編成ですね。つい先月ぐらいに更新車を見た後にこれをみるとやはり原型の良さがよくわかるというかかっこよく見えます。ちなみに以前はあまり興味ない車両でしたが、濃い床色などの内装が気に入ってから当たりだと感じるようになりましたw

DSCF9097_20140124223513d32.jpg
ここで9101編成が来てくれました。もう1本あとの始発かなと思っていたのですが、普通のライトが見えたのでこれは9101編成だ とw 初撮影に成功。本当に今日は運が良いです。未更新の9000系は初撮影です。検査明けなのか車体もきれいでいいですね。こっちの未更新もいいですね。またどこかで撮影できたらいいですね。

DSCF9105.jpg
快速の10030系。東武らしさがある車両が3本連続で来て満足です。今日は当たりがいっぱいあって楽しかったですね。

DSCF9108.jpg
最後に西武6000系ステンレス車の新木場行のドアを撮影して撤収。最近LCD編成にも比較的よくあたるようになってきました。ところで今後は30000系の新しい編成ででた16:9のLCDも採用されそうでそちらも見てみたいですね。

DSCF9111_20140124224249d2b.jpg
外に出て1台だけバスを撮影。ブルーリボンⅡですが、ナンバー的に比較的最近の車両のようです。そういえば日野車は千の位は9なはずですが、それが足りなくなったのか5になっていますね。この東武も固定窓ではないですね。

これで以上です。今回は8000系乗車、10030系更新車、9101編成が来るというラッキーな一日でしたね。前回来たときに30000系ばかりでちょっと飽きてしまったのですが、今回は30000系は一度も撮影しているときには現れませんでした。とはいえ30000系も東上線で1回ぐらいはとりあえず乗っておきたいとは思っています(が、8000系とかを期待してパスしてしまうわけですがw)
それにしても…やはり個人的に「東武」というと比較的身近なこの東上線を思い浮かべますね。雰囲気的にもこの通勤路線って感じが気に入っています。

ということで今回はこのへんで

スポンサーサイト
22:38  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.12 (Sun)

◆2014 Vol.1◆

こんばんは。
遅くなってしまいましたが、2014年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、2014年明けましたが、大学だと今月テストが終わるまではゆっくりもできず、年末年始を実感しづらいですね。まぁ今年も年末年始のテレビを見ながら、「あと○日であのテストか」と思いつつ静岡で過ごしていました。ちなみに、東京も年末年始は比較的暖かかったようですが、静岡は日中は15℃程度まで気温が上がっていました。静岡で旅行のチラシで「寒い静岡から暖かい場所へ」的なことが書いてありましたが…静岡にいたころはそれでも寒く感じましたが、静岡が寒いって言われても静岡より冬が暖かいところは沖縄ぐらいしかないですねw 
ただ、暖房が壊れてて家は寒かったですけどね…
今年はいろいろとテスト対策やレポートに忙しく、しずてつバス撮影にもいけなかったのが心残り…次行ったときは静鉄にも乗りたいなぁと思っています。

今年は…とりあえず西武3000系をできる限り撮影することが大きな目標です。すでに4編成引退…次期の30000系が何本入るかで引退する数も変化しますが、今回10両×2と8両1本だったので、次期も同じ数入ればかなり危険です。
あと、おそらく今年で2003年ごろのバスの引退が始まりますが…この年代になると初期ノンステの最終導入時期にあたるので、個性的なバスが減ってしまうのでそちらもおいかけたいなぁと思います。
それと、2013年は京王線に縁がありましたが、今年は東上線をもっと知りたいなぁと。。。Bトレで東武をひたすら作っていたら、もっと詳しく知りたくなったので、この目標も。
まぁそれと、これは毎年思っていますが、今年も珍しいものを多く撮影したいですね。
おっと忘れてました。今年こそはつぶやきを本格的に使いたいところ。いまだに自分でつぶやく 機能しか使えてないので、まぁ最低限なところは始めたいと思います。
ということで、今年もよろしくお願いします。

ところで、更新を再開したものの放置状態のHP更新は、休みに入ったらやっていきたいと思いますのでしばらくお待ちください。

さて、今年最初のネタの方に行きたいと思います。今年最初は、個人的な所用があり多摩センター周辺に午前中行っていたんですが、まぁ軽く開いた時間に電車乗りたいなと思ったのですが、新百合ヶ丘はそこから比較的近く、久々にエルガだらけのバスターミナルも見ておきたいなと思い新百合ヶ丘駅に移動し、多摩線を往復してからエルガだらけを体験してきましたw

DSCF8634.jpg
今年初のデジカメ画像がいきなりこれですが…とりあえず多摩線を往復してこようとホームに降りたら1000形のワイドドア編成がいたので早速乗車。まさかまた現れるとは思いませんでした。今年は何かいいことがありそうですw

DSCF8635.jpg
なんとなく優先席を。他社にない独特な色ですね。あと、車端の腕を置くスペースっぽいのも独特ですかね。

DSCF8641.jpg
さて、この1000形の不気味VVVFの音を聞きながら多摩センターまで来ましたが、乗っていた乗客の9割以上が降りてしまい、車内がすっからかんになったので車内を撮影。前後の車両にも人がおらず、なんか不気味な感じでした…w 

DSCF8649.jpg
唐木田に到着。前面を撮影。ちなみに確か唐木田は初めて降りましたが、ホームには人が数人しかおらず、ちょっとびっくりしました。が、ホームでいろいろ撮影できるので観察にはもってこいですね。

DSCF8654.jpg
特徴ある側面を撮影。ちなみに、駅がリニューアルされてないのか、ホームと電車の段差の高さが小田急の中では高めだなと思いました。

DSCF8655.jpg
横の線路に8000形が停車中でしたが、何度か小刻みに停車し、車庫のほうへ引き上げていきました。ちょうど4両分撮影できましたw 小田急に乗るときは1000形かこの8000形が来ないかなといつも思っていますw

DSCF8657.jpg
それにしても何度見てもインパクトがある大きなドアですね。っていうより、小田急にはこの1000やちょっとワイドドアの2000がいるので、普通のが逆に小さく見えますねw

DSCF8659.jpg
表示機周辺。ここだけ切り取ってみると窓もなかなか特徴的な配置です。

DSCF8660.jpg
暖房効果向上のため3/4ドアカットを行うためドアを閉めたので、一番先頭のドアを撮影。他のワイドドアよりも狭めですが、普通の1000形より広め、だけど2000形よりは幅が狭いドア。ワイドドアを見てからこれを見ると狭く見えますが、これ単体だと微妙に広いなって感じがします

DSCF8663.jpg
そしてワイドドア。やっぱり見た目のインパクトがすごいですね。開扉時は引き残しがあるわけですが、それでも2000形よりドアが大きいなって感じがします(実際は同程度しか開かないですが)。

DSCF8667.jpg
車端。特異な形状ですが、小田急には2000形もいるので自然と違和感を感じない気がします。まぁドアのインパクトに負けてるとも言えますがw

DSCF8671.jpg
唐木田駅。映像で何回か見たことがありますが初めて来ました。駅の周りにも人は少なめで、利用のためというより車庫のための駅という印象を受けました。さて、ここにいても特に何もないため戻ります。

DSCF8674.jpg
多摩急行綾瀬行がさっきのホームにいました。ちょうど屋根があり前面が真っ暗になってしまいましたが4000形。今でこそ4000は地下直だと綾瀬行しか入れませんが、数年後にはJRの行先も見られるようになりそうですね。となると運用の柔軟度もかなり増します。ぜひ「普通」に3社直通しているのを見たいところです。

DSCF8676.jpg
発車後入れ替わりで来た3000形の新百合ヶ丘行に乗車。やはり人影はまばらで、多摩センターの隣とは思えない静けさでした。ちなみにコレの後に3番線に16000系の多摩急行が入ってきました。折り返しまでに30分あるからか、そのまま待機ではなくいったん車庫に引き上げていきました。

DSCF8678.jpg
ドア。木目調が特徴の3000形のドア。他社の銀色むきだしよりは多少暖かみがあるように感じますが、突然ドアだけ木目調なので変な感じを受ける人もいそうです。

DSCF8681.jpg
座席。まぁ3000形の座席は何度か撮影していますね。車内に客がいたので車内撮影はしませんでした。うーん、ドア以外は標準的で小田急っぽさは感じられませんね。

DSCF8683.jpg
京王や小田急でみられる広告と並んだLCD。この形状は一時期いろいろなところで採用されていますがやはり主流はパネルが2つのタイプのようですね。この一つだけだと確かに物足りない感じを受けますね。この電車で新百合ヶ丘まで移動。3000形の音は好きな方ですが、1000形の直後だと音がかなり小さく感じましたw

DSCF8690.jpg
新百合ヶ丘につくとちょうどあさぎりの新宿行がいました。それにしてもいまだにMSEのあさぎりは違和感がw 今までの371系とRSEはかなり存在感がありましたが、すべて一階建てで貫通路付きの前面のMSEだとなんか存在感があまりない気がします。。。

DSCF8691.jpg
暗くなってしまいましたがなんとなく気に入っている快速急行8000形。っていうかこの位置から撮れるとは初めて知りました。またいつか挑戦してみたいところですが、うーん経堂のほうが全体的に撮りやすいかな。

DSCF8695.jpg
10両固定の1000形。といっても後ろの方確認できないですがw

DSCF8700.jpg
乗ってきた3000形。少しワイドドアの初期車を期待しましたが、すれ違ったのはすべて普通の3000でした。うーん、1000形ワイドドアを撮影したので今の目標は3000形の少しワイドドアを撮影するということですw

DSCF8705.jpg
区間準急が多摩線から入ってきました。多摩線からの直通系統は新百合ヶ丘での乗り換えがないのが便利かなと思います。乗り換えるにしても降りたところで待っていれば優等種別に乗れますし…

DSCF8709.jpg
LSEのはこねが来ましたが失敗~。どうもロマンスカーは撮影に苦労します。

DSCF8710.jpg
急行の3000形が来ましたが狙う位置を間違えて前の柱とかぶるという失敗…ところでこいつは10両の3000形です。

DSCF8715.jpg
4000形充当の急行。こういう運用も3社直通が拡大すれば減りそうですね。小田急4000も色以外はほぼE233系なのでJRでみてもあまり違和感がなさそうです。逆に言えばこのように統一できたからこそ3社直通準備が始まったともいえます。これを撮って小田急線ホームからは撤退。ところで多摩線のエレベーターの音声が「多摩ホームです」と言っていましたが、某住宅メーカーみたいですねw

DSCF8719.jpg
その後はバスターミナルへ。ここは地面の高さの関係で、小田急線ホームと同じ高さにあるもののB1階となっています。さっそくエルガの新車がいました。車番から13年導入のようで、後ろタイヤのカバーもしっかりついています。これ、小田急グループで広がるのかと思いましたが、今のところ小田急の独自仕様。特徴あって良いですねw

DSCF8724.jpg
東急バスの長尺ブルーリボンⅡワンステ。ずっと田園都市線沿いで撮影したいと思っている長尺車です。西工車もいるみたいなのでやはりいつか撮影に行きたいと思っています。

DSCF8725.jpg
ぶれてしまいましたが前面。長尺だとさすがにこちら側でも長く見えます。長いですが、結構な乗客が乗っていたので長尺でぴったりということかな。ノンステだと積み残しが発生しそうです。

DSCF8728.jpg
相変わらず大量の同じエルガが並んでいます。これだけ並んでいると面白いですね。真ん中には新車のエルガ。ようやく青いLEDがついたエルガを撮影できました。このように、曇りの場合、青でも結構目立ちます。

DSCF8731.jpg
隣の車両がいなくなって、次のが入ってくる隙に撮影。同じエルガでもこういう特徴がある車両がいると撮影意欲もあがりますw

DSCF8736.jpg
一応普通のエルガも…と思いましたがよく見るとナンバーがぞろ目ですね。車番を見てみると04年導入車のようです。そうか、青い標準仕様ステッカーの車両はちょうど10年なんですね。もうそこまで来たかって感じがしますし、これを見てもベテラン感は全く感じられません。

DSCF8744.jpg
しつこく撮影。この青いのと西武の普通のLEDライトどちらのほうが良いのかは正直わかりませんが、どちらも遠くからバスを確認できる意味ではLEDライトも意味あるものかなと思います。デイライトキープでもLEDにしておけば省エネにもなりますし。。。

DSCF8747.jpg
お、こんな車両が。多摩ナンバーのMPノンステ。側面が立川バスと一緒の色になった最近の車両で、これにもしっかりLEDが取り付けられています。ここは多摩ナンバーの車両も含め、確かエルガで一時期統一化されてたと思うので、ついにここも営業所などによるメーカーの違いがなくなったということですかね。ちなみに、この仕様は吉祥寺でも結構目にするようになりました。

DSCF8749.jpg
後部もエルガだらけ。左の03年車はまだ後ろの森のロゴが採用されてないころのバスです。わざわざ「アイドリングストップバス」と書いてるところが、ちょっと懐かしいですね。今では当たり前になりましたね。。。

DSCF8753.jpg
お、新百合にもアンファンのラッピングバスがいるようで。。。多摩周辺限定のラッピングのようですが、他に立川バスと京王バスぐらいでしか見ることができないと思われるラッピング。

DSCF8756.jpg
川崎市営のブルーリボンⅡ。川崎駅から遠く感じるもののここも川崎市(麻生区)なので、市バスが来ます。考えてみると川崎市は結構広いので、市バスも多いですね。

DSCF8758.jpg
また、LEDライト装備のエルガが来ました。これだけ見られるとなると、何かを置き換えているものと思われますが、その何かがエルガなので、どうも「何が置き換わったんだろう」っていうことが分かりにくいですね。ところで、きゅんた君はバスによってポーズが異なっているようです。

DSCF8767.jpg
東急バスがやってきましたが、エルガの長尺ワンステ。やはり存在感がある長さですね。東急にもノッテちゃんが貼ってありますが、数年間でこういうキャラ増えましたね。アクセントになっていて個人的には良いと思います。

DSCF8775.jpg
最後にエルガを撮影。新百合のバスターミナルは乗り場と通路の間に段差が数段あるので、まぁ移動には不便ですが、撮影の際には一段高いところからでも撮影できるのが良いところ。
これで撤収しましたが…エレベータに乗っていると東急の新塗装(旧ツーステの一本帯)のワンステが見えて、ちょっと悔いが残る結果になりましたが、まぁ今後増えるわけですし、長尺ワンステとLEDライト付きのエルガが見られたので満足といえば満足です。

新百合ヶ丘はまたエルガだらけを見たくなったら来ようと思いますw 

おっと忘れていました…

DSC_0347.jpg
京王バス小金井のブルーリボンⅡ、さっそく携帯ではあるものの撮影することができました。いや~まさかこいつが入るとは思いませんでしたw 京王バス小金井としては初の日野車ですね。小金井は小さい割にいろいろネタ車両がありますね。まぁまたデジカメでも撮影したいと思います。ところで、武蔵小金井駅北口の改良は2月までに完了するようです。

ところで、先日ヨドバシ吉祥寺に行ったところ、まさかの和歌山電鉄のおもちゃ電車が半額以下で出ていたので即購入しましたw プラス、この時期の臨時収入が入ったので、東武を優先してやめといた京急600形も購入してきました。今未組立がだいぶたまっているので春休みに入ったらどんどん作成していきたいと思います。

それではまた。今年もよろしくおねがいします。

17:33  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。