2014年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.23 (Sun)

◆2014 Vol.6◆

こんばんは。

先週の大雪でいまだに影響が出ていますが、1日でも早く解消してほしいですね。
鉄道でも今週になってようやく中央本線、西武秩父線などの運行が再開されていますが、いまだに運行できない鉄道もあるようで。。。
西武秩父線も公式ページにも18日ごろから毎日状況が画像で紹介されていましたが、最初は完全に線路が見えない状況で、これはここまで運転見合わせが続いても無理もないかなとも思えました。。。一部では4M超えたらしいですね。。。西武は除雪車等はないはずなので、全部手作業でしかも秩父線をやったというのを考えるだけでも、保線などの関係者の懸命な除雪があってここまでこれたわけで、沿線民じゃないですが、感謝したいところですね。。。
山梨の中央本線も、4日間以上運転見合わせとなりましたし、本当に過去にないほどの災害になりましたね。これが毎年続かなければいいのですが、今は異常気象多いのでちょっと心配ですね。
で、中央本線や京成線などでは車両を突っ込んで除雪するという、激しい除雪方法を用いたようですね。中央本線ではそれを行った機関車が脱線するということにもなりましたが、1日でも早く復旧させようとしたことが伝わってきますね。でも今後は除雪車等の復活や新規導入が必要になりそうです。こういう時には複数社で除雪車を共同使用などができればいいなと思います。
それにしても、戦後数回目、何十年ぶりという雪が2週連続でしたが、もうやめてほしいです。
ちなみに東京の平地では道路からは雪が消えつつありますが、家の屋根や畑、線路際、歩道などには残っていてこれが消えるのはまだ1週間程度かかりそうです。

そして、今度は京浜東北線で回送電車と工事用車両(おそらくトラックタイプで線路を走れるタイプ)が正面衝突し、E233系が2両横転するというかなりの事故が発生してしまいました…E233系が横倒しになっているという衝撃的な映像が出ていましたが、回送電車で乗客もおらず、乗務員も無事ということで、まぁある意味E233系の先頭の構造が良かったのかもしれませんが、最近何かと鉄道関係の事故が多いので、今後は同じことがないようにしてもらいたいなぁと思います。この様子だと日曜日は終日運休になりそうですね。。。

さて、そろそろ本題に

2014年始まって、特に身近な路線の、小田急・中央線(画像は無)・西武・東武にはもう乗りましたが、そういえば京王はまだだった ということで京王に乗ることに。ついでなら当日の運用調べて(ネット上で)、都営10-300の新しいのを撮影しようということでおなじみ若葉台から京王線に乗車。

DSCF9444.jpg
ん、さっそく謎な表記が。この日、朝に下高井戸で架線にビニールが引っ掛かりそれの除去をした影響でダイヤ乱れが発生していたようです。それで、そのダイヤ乱れが日中にも影響が若干出ていました。それでなぜか若葉台に特急表示が。あと30分後の列車ですが、そもそも若葉台は普段特急は通過します。これから察するにここまでの橋本特急は運休してて、再開1本目を若葉台車庫から出すということかと思います(あとで正解がわかりますが)。

DSCF9449.jpg
そしてその4番線で留置されていた8000系。更新が始まると予想されている(というより既に開始?)8000系ですが、更新のメニューを検討しているのか、VVVF装置変更車のほかにドアを更新した編成もあるようです。ということでこの京王独特な角ばった形状のを撮影しておきます。やっぱりこれが京王線だよなぁ。。。

DSCF9450.jpg
で運用を調べてみると40分後ぐらいの区間急行に新しいのが入っているようなので、とりあえず先に笹塚まで移動します。快速の8000系が来たので乗車。ほぼ定時にやってきてこの電車の遅れはありませんでしたが、稲田堤到着時の放送で、橋本特急が運休のため、特急は調布で府中方面からの電車をご利用ください ということで、やはりまた橋本特急が切られてしまったようです。。。ちなみに上りより下りが先に橋本特急が再開されていたようです(途中ですれ違いました)。
で、調布では「特急は1本のみです」という他社ではあまり聞かない内容の放送…特急が2本連続とか京王線ならではなのでw
8000系の快速だったので加減速も多くVVVF音がやはり良いですね。

DSCF9453.jpg
笹塚に到着し撮影を開始。どうやら40分後に区間急行、直後の各停どちらも10-300の新しいのが来るらしいので寒い(といってもこの時期の割にはかなり暖かい方)ですが撮影しながら待ちます。9030系の大島行。これもダイヤ乱れの影響かと思いましたが、どうやらこの時間、1本だけ大島行があるようです。その前は9時台、あとは夜間しかないので日中唯一の大島行。大島では始発の本八幡行があるようで、車両交換っていう感じっぽいです。

DSCF9454.jpg
7000系前期車の特急。デザイン的には後期車のほうがすっきりしていますが、個人的にはこっちの前期車のほうが気に入っています。京王線の中では一番撮影しがいのある車両です。

DSCF9456.jpg
大島行…初めて見たので表示機も撮影しておきました。そういえば都営新宿線も長い間乗っていない路線(京王新線はありますが)ですね。一度急行と各停でそれぞれ乗りとおしたいとは思っています。都営地下鉄って意外と利用機会がないです。

DSCF9462.jpg
10-000形の本八幡行。10-300の増備でまた数編成が引退となった模様で、やはり徐々に減ってきています。10-300形等は正直、独自性がなさ過ぎてJRそっくりなので、こちらのほうが特徴あって個人的には好きですね。

DSCF9463.jpg
区間急行が入ってきました。9000系。ここでみていると代田橋から向かってくる電車がずっと見えるのでなんか面白いです。

DSCF9465.jpg
撮影場所はちょうど風がよく通る場所で強風で寒かったので、ホーム中ほどで様子をうかがっていましたが…なんか来ました。ここで10-300形の新しい編成1本目が登場しました。これの運用は確認できていなかったのでびっくりしました。まぁあとで撮影できるので先に細部を撮影しておきます。側面。帯の配置が独特です。

DSCF9468_20140223144106896.jpg
側面LED表示機。E233系ですね…w

DSCF9474.jpg
前面…もうこれ、完全にE233系2000番台ですね…w ライトの周り(ライトは同一っぽい)とスカート以外はすべてE233系そのものです。ただしドアが違っていて、普通のタイプになっています。ちなみに音も聞いた限りではほぼ同じでした。

DSCF9475_20140223144238727.jpg
無理やりですが新旧並びを撮影。

DSCF9476.jpg
各停新宿行の8000系。天候が悪いのでどうもしっかり撮影できていない感じもしますが、まぁしょうがないですね。。。

DSCF9480_20140223144254149.jpg
10-300形。こちらはE231系そっくりだったので、そのまま進化して今度はE233系そっくりになりましたね。前面デザイン的にはこちらのほうが独自性があるかもしれません。

DSCF9481.jpg
ぶれましたが快速の9030系。ちなみにこの日、先に再開された模様の下りの橋本特急に9000系が単独8連で走っていました。普段、相模原線ではというか特急で8両が走るのはないのでびっくりしましたw

DSCF9483.jpg
10-300形。まぁ連続で10-300形が来るのももう珍しくなくなっていますね。

DSCF9484.jpg
8000系の新宿行。

DSCF9485.jpg
近づいてくる列車を見て思わず「ん?」と言ってしまいましたが、なんと都営10-000形後期車が区間急行でやってきました。まさか8連の10-000形が充当されるとは。で、列番のところに「KT」となっていたので、運用を調べてみたところ通常はK運用…つまり9030系の運用。ダイヤ乱れの影響で都営車が代走したものと思われます。新線新宿は出せないようで
普通の新宿表示。日中は普段絶対見られないものと思われるので撮影できてよかったです。

DSCF9486.jpg
特急の8000系。

DSCF9487.jpg
10-300形のドア。完全にE231系なので、これで帯色が青と水色とかでも気づかなそうですw

DSCF9491.jpg
各停の8000系ですが、停車位置を大幅にずれて停車。それでも8連で前の2連分のホームがあるので何事もなくドアを開けていました…w ところで京王のATCといえば停車時に段階的に指示速度が下がっていくオーバーラン防止と思われるタイプなので、ここまでずれるのは初めてみました。

DSCF9495.jpg
10-300R形。都営新宿線名物?の先頭だけ変えました仕様です。まだ使える車両を有効利用ということで公営交通らしい?車両。最初見たときよりは違和感がなくなりましたが、いつみても変な感じがします…w

DSCF9496.jpg
快速の8000系。

DSCF9497.jpg
お、7000系前期車の特急。ところでさっきの前期車もそうですが、これ編成組み換えで登場している7000系前期車の10両固定編成です。編成組み換え前までは存在していなかったものです。まぁこの組み換えで前期車の優等種別も多くなったようです。

DSCF9498.jpg
区間急行の前に笹塚どまりの10-300の新しいのが来ました。今後はこれを10-490~形とこのブログでは記載することとします。これも運用情報が出ていました。ぎりぎり10-300R形との並びを無理やり撮影できました。

DSCF9506.jpg
よし、これでとりあえずの目的を達成。まぁ区間急行ももちろん撮影しますが。。。この顔の編成、10-490編成登場後に続けて2本製造され、予定通り3本がいつのまにかそろっていたようです。それにしても…E233系2000番台そっくりですねw スカートは違いますがそれ以外は塗装のパターン以外は同一です。

DSCF9507.jpg
9000系トップナンバーの各停。9000系の中でも最も親近感がわく編成です。まぁデビュー当時においかけたので、西武の20001編成と同じ感じです。

DSCF9511.jpg
区間急行が来ました。なんと40分間で3編成すべて撮影できました。しかも、都営新宿線ではこの急行と次の各停が連続して10-490~形です。よく見ると前面の表示機の左右に急行灯がついていますね。これはE233系と違う点ですね。

DSCF9527.jpg
7000系後期車の特急を撮影して撤収。今回撮影した7000系すべてが方向幕車ということでラッキーでした。しかも3本とも特急ということで、全形式が共通運用されているため7000系も優等で当たり前に走ることがよくわかる感じになりました。

DSCF9528.jpg
せっかくなので、10-490~形を新線新宿までですが乗車してみることにします。ちょうど区間急行の橋本行9030系がいたので表示機を撮影。京王の表示機は少しサイズが大きいので見やすいですね。

DSCF9532.jpg
乗ってみました。接続の各停が来る前のわずかな間に座席等を急いで撮影。地下鉄直通によくある「ガラガラ」がこの笹塚は例外的になく、京王線新宿行から座席が埋まる程度乗ってきます。まぁ新宿までの利用者も多いですが。。。座席ですが…まぁ今の標準的スタイルですね。

DSCF9533.jpg
車内表示機ですが…あれ?1枚だけですね。これは京王と合わせたのかもしれませんね。せっかくなら2枚あった方が広告が流れて面白いところですが。。。ちなみにこの前京王線の7000系に乗った際に、左側の広告枠の下に、2枚目のLCDを入れるスペースがあらかじめ用意されていること(ちょうど画面のサイズ部分に蓋がしてある)を発見しました。ってことは将来的に2枚になる可能性もありそうですね。 これには無いので、これは準備されてないのかな。

DSCF9534.jpg
ドアは複層ガラス窓ですが、窓の角が曲がっている仕様です。まぁ東急5000系の後期車でも採用されているタイプで、ここはE233系とは変えたみたいです。が、ドアは銀色のままです。これだとE233系が若干退化したような印象を持ってしまいました…この仕様でも京王8000系のあの編成や東急では化粧板貼られてるので。。。

DSCF9541.jpg
新線新宿に到着。ちなみに走行音ですが、E233系とほとんど同じで、なんかそのうち「この電車は中央線快速東京行です」とか聞こえてきそうでしたw ただ、加速が良いからか音の上がりが速く、微かに音が違うようですが、本当に微かです。
この後は、京王線新宿に移動し若葉台へ戻ります。ちょうど橋本特急がきそうだったので、調布まで乗車し快速に乗り換えることに。で、車両は8000系でした。この日は8000系の音が聞きたいと思っていたので帰りいも8000系でよかったです。で快速として到着後、乗車側のドアを開けてから30秒程度でベルが鳴りすぐ発車になりました。おそらく1分程度で折り返しと思われ、まぁこれだけ余裕がないとダイヤ乱れで切られるのもしょうがないことかもしれませんね。

DSCF9542.jpg
橋本特急ですが、仙川の先で一度いったん停車しましたが、それ以外では結構速度を出していました。で、調布で横に止まっている快速橋本行に乗り換えましたがこれも8000系でしたw ちなみに調布で立ち席が出るぐらいの混雑度でしたが、次の京王多摩川でそのほとんどが下車。若葉台までには車内のほとんどの座席が空いていました。京王よみうりランド~若葉台は駅間距離が長いのでかなり飛ばしていて面白かったです。

っていうことで以上です。早いうちに撮影しておきたかった都営新宿線の新型車を撮影できてよかったと思います。E233系そっくりとはいえ、新車に早速乗車もできて面白かったですし。。。
これで、とりあえず小田急・京王・中央線・西武新宿線・西武池袋線・東武東上線に乗車しました。まぁこの調子で今年もいろいろ撮影したいところです。

続いてBトレネタです。

DSCF9586.jpg
今回は、ブログなどで購入報告をしていませんでしたが、小田急TRAINSで購入した小田急8000形の金型リニューアル版です。8000形のBトレといえば、今までに2度発売(うち一度は再販)されていますが、今回TRAINS10周年記念らしく、今までとは違う新規金型で発売になりました。今までの2度のは正直実車との差が激しすぎていたのですが、今回はかなりリアルになったらしいので組み立てるのを楽しみに新宿で買ってきました。

ちなみにこのとき、カメラを持っておらず急遽行くことにしたんで、特に画像もありませんが、ここで2014年初めて中央線に乗車となりました。で、帰りはそのまま帰っても面白くないので、京王線調布経由で、小田急バスの武蔵境駅行(路線的には狛江駅~武蔵境駅)に乗ってみました。小田急バス乗車はこれが初めてでした。まぁ立川バスの親会社なので、立川バスとほぼ同じですが、中扉のドア開閉時がチャイムだったのが独特だなと思いました。

DSCF9588.jpg
さて、シールの紹介。これはおまけシールです。TRAINSで購入するとついてきます。で何やら21という番号シールがありますが、実はこれ、パッケージの番号のシールです。箱を見てみると番号が20…これはエラーで本当は5000形Bトレに割り振られていた番号になってしまっているので、そのためにおまけでシールを作成したようです。まぁ自分は最近は箱を処分してしまう(本当は取っておきたいですが、場所が…)のですが、箱を置いておく人には良いおまけかとw

DSCF9591.jpg
これが本来のシールです。8000形にはすでに方向幕車はいなくなっていることもあり、フルカラーLEDステッカーとなっています。種別表示は黒い枠のステッカーに表示を重ね貼りできるようになっています。車番も号車が出ているのでわかりやすく、やはり小田急は力が入っていますね。それがこちらにも伝わってくるので良いですね。

DSCF9595.jpg
4両購入なので新宿よりの4連を作成。おっと、これはすごいw 完璧に再現されていますね。スカートも4種類用意されています。あと、ライト部のライト表現はスカート部にされていて、内側から見えるようになっています。若干奥まりすぎている感じもしますが、その場合は東武10030系のライトのステッカーを使うのもアリかもしれません。 それにしてもリアルです。

DSCF9596.jpg
側面。側面も新規金型となっています。今までのも特徴をしっかり拾っていると思っていましたがよりリアルになりましたね。こだわる方は戸袋窓を青くすればより実車に近づきます。

DSCF9597.jpg
中間車側面。

では5段評価
造形のよさ:5
→出来が比較的良い小田急Bトレの中でも、特に良いと思います。完璧だと思うので文句なしの満点。かっこいいですね。

説明書の分かりやすさ:○

入手安易度:4
→小田急限定ですが、売店やTRAINSのほか、通販もやっていますし、いつも通り大量製造のようで、しばらくは売り切れる心配もなさそうです。小田急ほど「いつでも買える」私鉄限定品はほかにないですね。まぁコスト面も大変だと思いますが、ぜひ他でもやってほしい手法です。

シール充実度:4
→珍しいなって思ったのが、優先席ステッカーがないこと。まぁあれだけ所せましとステッカーが用意されているので、入らなかったということなのかもしれませんが、ちょっと意外でした。LED表示も十分にあって良いですね。

部品豊富度:2
→前回までは9000形も作れるタイプだったのでおまけパーツがとんでもないことになっていましたが、今回は8000形に絞ったためかそれほどおまけパーツなどはありません。いつか9000形も9000形に絞ってもう一度販売してもいいかもしれません。消滅している形式ですが人気もいまだにい高いようです。

組み立てやすさ:3
→全体的に良好です。ところで、これは小田急のだけではなく全部なのですが、改良版SHGシャーシは台車と床面をくっつけるときにうまくいかず、はまらないことが結構あります。床面を硬くしたのかもしれませんね。

DSCF9599.jpg
旧製品と比較。旧製品は正直あまり似ていなかったので、差がすごいですねw 今回のは完全に8000形に見えますね。

DSCF9600.jpg
側面。上が今回ので下が旧製品。こうみると結構変わっていますね。

DSCF9602.jpg
屋根も全く違います。左が今回のです。比較してみると全然違いますね。

以上です。小田急といえばそろそろLSEの旧塗装を再販してほしいです。乗ったので欲しくなりまして… ところでBトレですが、今後も気になるものが多いですが、東急5000系青ガエルが出るとのことでこれは気になりますね。リアル渋谷の5000系ということになりそうですw あと特殊な車体構造をどう表現するかも気になります。

では今回はこのへんで
スポンサーサイト
15:02  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.15 (Sat)

◆2014 Vol.5◆

こんばんは

大雪の8日・9日に続いて、また雪が大量に(東京周辺にしては)降ってしまいましたね。都心では10cm程度だったようですが、多摩地区は前回と匹敵…というよりまさかの前回より多く積るという結果になりました。まぁ前回のが残っていたということもありますが…
電車のダイヤは前回に引き続いて大幅乱れになっていましたが、それよりも大きなこととして東横線の元住吉駅での追突&脱線事故ですかね。画像や映像を見てびっくりしましたが、各停のY500系に各停の5050系が追突したことで先頭車がかなりへこんでいるのとガラスが割れたほか、後ろの5050系の7両目と8両目の車端がつぶれてしまったようですね。。。ATCですし、元住吉は分岐があるので、おそらくATCの指示でブレーキがかかったのに、滑って減速しきれなかったか(あくまで個人的な予想)と思うのですが、ATCブレーキがかかったのに滑ってブレーキが利かなかったとなると、今後ATC装置そのものの安全性についても気になるところです。西武線で80年代後半におきた田無事故と似た事故のように見えますね。
とりあえず…一部マスコミで「ATCを解除して運行か」という内容も出ていましたが、確かATCは解除しても超低速でないと動けないはず(そもそもそれも無理でしたっけ?)ですし、もし仮に解除できても解除した状態で普通に走るとは到底思えないので、その可能性はないかなと思います。「非常時用の自動列車制御装置」と書いているところもありましたが、その書き方だと通常時はその制御装置がない的なことになってしまうので、今回もマスコミの報道が一部過剰になっているかなと…
それは良いとして、
他には横浜高速のこどもの国線のこどもの国駅の屋根の一部が雪でつぶれたようで、東急はこの雪でおそらく関東で一番雪の被害を受けてしまったことになりますね。。。
追突した5050系はおそらく7両目と8両目は再起不能に見えるのですが、Y500系の方も派手にへこんでいたため今後どうなるのか気になります。

それと多摩地区のかなりの積雪の影響で、今回はバスが影響を派手に受けてしまっているようで、15日は西武バスの一部以外、立川バス、多摩地区の京王バス、関東バスの一部以外など多くのバス路線が終日運休ということになってしまいました。西武バスでは運行情報が営業所ごと分けられた表で出ていましたが、都内の西武バスでは唯一立川営業所は全路線終日運休となっていました(他は道路状況次第で再開や一部運行が多く、西武バスでは他に飯能が終日運休)。立川バスも夜になってようやく若葉町団地と村山団地のみ運行となったようです。雪でバスが終日運休というのは今まで見たことがなく、びっくりしました。

東京ではさっそく水曜日に雪予報が出ていますが、正直もう降らないでほしいです。毎週のようにこうなってしまうと大変です…まだ休み中の自分は良いですが、通勤・通学・受験などで出かける人もいますし。。。今年は本当に東京が雪に弱いということを実証することになってしまいましたし、台風時や地震時にも公共交通が停まると大混乱になることも含め、今後考えていく必要があるのではと感じました。

さて、

今週もストックしてあるネタを投下していきます。
今回は恒例の宮ノ前ですが、帰りにいつも通り石神井公園で撮影してきました。実は下りでの撮影は8月の終わりぶりなので軽く半年ぶりぐらいでした…w

前回と完全に同じ時間の準急だったので、田無まで移動し各停へ乗り換えることに。準急は2000系の逆連結8+2でした。間違えて8連のTcに乗ってしまいそれを発車後に気づくっていう…w

DSCF9284.jpg
田無で前回は3000系だったのですが、新2000系の中期車が停車していました。前回が偶然3ドアだったのか、それとも1本引退したことで運用が消えたのかわかりませんが、とりあえず界磁チョッパなので良かったですが…井荻・沼袋・中井で抜かれるんで混雑度は高くなかったです。で、3ドアだと高田馬場では片側しかドアを開けませんが、4ドアなので朝限定の両開きが可能で、やはり3ドアよりも降車の流れがスムーズで、まぁこういう状況を見ると、現実的に早く4ドアに統一したいと考えられるのも無理がないのかなとも思います。日中だけ使うというのも運用の手間がかかりますし…

この後は山手線ですが、池袋どまりの一本前だったので、特に混雑もせず移動。その後都電ですがまたしても8800形が登場…7000形が良いのにと思いつつもしょうがないので乗車。途中で7000形のリバイバル塗装と2台連続ですれ違い。見た目の感想からいうと今までの青帯のほうがかっこよかったですw

戻りですが…やっと7000形が来てくれました。しかも列車間隔が短かったのか空いていて音もよく聞こえました。やはり7000形は車内が広くて良いですね。ところで途中王子駅から飛鳥山までの併用軌道で、ちょうど坂道の途中の信号待ちの車の列と同じになってしまい、減速は普通にできていたものの、加速ではかなり滑っていてなかなか速度が回復せず運転士さんが小刻みにノッチを入れてなんとか回復。ここは8800形でも苦しい区間なので大変なようです。今まで乗っていて初めてここまで苦しんでいる7000形を見ましたw

DSCF9285.jpg
後続も7000形と都電運行情報でわかったので大塚駅で待ち伏せ。というよりほぼ続行な感じですぐ来ました。そのためさらに空いていましたw 今回は良い感じで撮影できました。何度見ても良いですね。

DSCF9292.jpg
反対側も7000形。こちらも通常塗装でした。リバイバルやラッピングも良いですが、やはりこの色が一番見慣れていて好きですね。

DSCF9293.jpg
発車。2本撮影できたのでこれにて撤収~。山手線で池袋まで移動。池袋からは石神井公園で撮影するためとりあえず一番早く石神井公園へ行ける急行に乗車。普通の30000系2+8でした。

DSCF9295.jpg
石神井公園で退避中のメトロ10000系の保谷表示を撮影。未だにメトロ車の保谷表示は新鮮です。

DSCF9299_20140215232059193.jpg
新2000系の各停。練馬で各各接続してきた後のため徐行で入線。。。今の池袋線のダイヤで一番ネタな部分だと思いますw うん、やっぱりこの構図が良いですね。

DSCF9301_2014021523210767a.jpg
メトロ7000系10両。ドア窓も窓も小さい7000系っぽさがよく表れている仕様ですね。ただ7000系は床が直通系統で一番高く、段差が高くなるのがちょっと気になる点です。

DSCF9304.jpg
ついにこの時がw RACが通過していったので後追いで撮影。なんとか決まりました。いや~やっと撮影できました。通常塗装とは正反対な明るめの塗装ですが、これもなかなか似合っていると思います。全編成これでも良いですねw 

DSCF9305.jpg
お、Y500系が来ました。折り返しに余裕がない保谷行き。インパクト的には5050系以上で、直通を一番実感する車両ですw 保谷以降にはなかなか入ってこないのがちょっと残念ですね。

DSCF9311_2014021523213297f.jpg
30000系の池袋行。そういえば今年度の3本は10両1本が池袋線、10両1本と8両1本が新宿線配属になった模様です。30000系もいよいよ本格的に増えてきましたね。

DSCF9313.jpg
この編成は第9編成以降なので、SEIBU表記が省略されています。すでにこちらも表記があるのと同じ数になり、むしろSEIBU表記がある方が珍しくなりそうです。。。

DSCF9314.jpg
普通の10000系が来ました。

DSCF9316.jpg
準急と各停の30000系池袋行が発車。もう少し各停の発車が遅ければ並びが撮れたかもしれませんね。これからはこんな並びももっと普通なものになっていきますね。まぁある意味こんな独創的(良い意味で)な車両が増えるのはこの時代には珍しいことかもしれませんw ってあれ?2連の32105編成って新宿線所属だった気が。。。30000系10連が1本新宿線に入ったので代わりに転属させたのかもしれません。

DSCF9317.jpg
続いて30000系が来ました。まずい、このままだと半年前の30000系だらけが再現されてしまいます…w ところで、30000系は加速が良いので、今の池袋線の各停にはあっている(遅れを拡大させないように全力で走るのでw)かも。

DSCF9318.jpg
戸袋窓閉鎖で最近有名?な9000系。9101編成…トップナンバー編成ですがこの編成はすでに戸袋窓閉鎖が完了しています。画像でみると普通のと変わりませんが実際に見ると、戸袋窓部も黄色なので側面の黄色い部分が多くなっているのがわかります。

DSCF9322.jpg
戸袋窓閉鎖…すでに9000系では数編成完了しているので若干見慣れましたが、うーん、やっぱりスタイルが微妙かなぁ…もうこの際、側面の戸袋窓部に広告でもつけてラッピングしても良いかもしれませんねw

DSCF9326.jpg
6050系の西武100周年ラッピング。1編成しかないのですがよく会う編成ですね。ところでこの6050系も戸袋窓閉鎖の対象のようで、実際1編成が実施されたようです。となるとステンレス車や新2000系にも広がりそうですね。戸袋窓あり…解放感あって好きだったんですけどね。。。

DSCF9330.jpg
6000系の小手指行。若干ミスってしまいましたが気にしない方向で(汗

DSCF9331.jpg
新2000系の準急所沢行。いまだに待避線に入る準急に違和感が…w それにしてもやっぱり前パンかっこいいですね。最近新宿線での先頭ダブルパンタが以前より減ったのでちょっと物足りなさがありますが…

DSCF9332.jpg
快速急行は6000系…ってまたミスってるし…w

DSCF9333.jpg
メトロ10000系のガラガラでおなじみの新木場行。ただ新木場方面へ行く場合には空いていて良いダイヤです。ところで有楽町線も今後ワンマン化されるのかどうか気になりますね。ただ、副都心線もそうですがワンマン化で時間がかかるので大体数分遅れてるっていうのがよくあるので
そこがちょっと気になりますね。

DSCF9335.jpg
新2000系。遠くからVVVFの音が聞こえたのでVVVF試験車ですね。こちら側は界磁チョッパ車なので独特な音になります。以前、小さいころに乗ったことがあり、その当時は何も知らないので「随分変な音で不気味だな」と感じましたねw ところで再塗装されたのかきれいですね。

DSCF9337.jpg
そして、変な音を出しながら出発w ここのところVVVF試験車によくあたりますね。1回ぐらいは乗ってみたいところですけどね。ところで、これもそうですが、西武は鋼鉄車でも手入れがしっかりしているのか、他社に比べて、車体が綺麗に感じます。

DSCF9338.jpg
お、ダブルパンタの新2000系2+8の急行をバッチリ撮影できました。何度見ても良いですね。ところで池袋線の急行は速度が出るので、新2000系だと爆音が聞けるので最近気に入っていますw この新2000系も戸袋窓閉鎖されるんですかね。

DSCF9339.jpg
メトロ10000系の保谷行。

DSCF9340.jpg
新2000系超更新車の西武球場前行。これみたいに綺麗に戸袋窓を埋めてくれれば言うこと無しなんですが、コストがかかりすぎますね…w

DSCF9344.jpg
30000系の池袋行。

DSCF9345.jpg
SEIBU表記がある側面。小さいですが、こちらのほうが良いアクセントになっていて、これは省略しなくてもよかったように感じます。ところでやはりドア付近部分を撮影すると窓の大きさが目立ちますね。

DSCF9346.jpg
中華街からの石神井公園どまりが来ました。まさかの連続Y500系です。5050系との共通運用だから連続することもありますが、なかなか来ないこともあるので運次第って感じです。ところでMM線10周年HM付。もう10年ですね。

DSCF9347.jpg
30000系の2+8が来ました。2連の5本目なので新しい方ですね。10両貫通編成が登場しましたが、今後も2連増備があるのかどうか気になりますね。もし2000系もこれで置き換えとなると2連と8連も導入が続けられそうですね。

DSCF9348.jpg
30000系の各停を撮影して撤収することに。

DSCF9349.jpg
ちょうど来た各停飯能行きで帰ることに。ちなみにこの各停ですが、前が石神井公園行だったので、大泉学園・保谷利用者が多くて、石神井公園では1つのドアに15人程度ならぶ混雑状態でした。で、どこまで混むのかなと思ったら前述の2駅で大量下車していきましたw 新2000系の8両でした。

DSCF9350_20140215233107c12.jpg
所沢では3000系の国分寺行にぎりぎりで乗れず、次の各停に乗ることになりましたが、そちらも3000系。そういえばこの運用、以前に乗ったことがありましたね。最後に3000系に1駅ですが乗車できて良かったです。

DSCF9366.jpg
で…朝に西武園線に白い新101系がいたので撮影しようと3番ホームに行ったら、次の国分寺行も3ドア表示だったので、ついでに3000系も撮影できました。この電車は西武園から来るようで代わりに国分寺から来た電車は1番ホームにつき回送となります。ちなみにこの日、椎名町駅付近で銀河鉄道999編成、所沢で国分寺行き、そして各停、最後に3007編成と、残り5編成中4編成を見かけました。まぁ1回でも多く見ておきたいですね。

DSCF9371.jpg
ちょうど5番ホームに特急接続の新2000系の各停が来たので撮影。フルカラーLEDの中期車8連。この構図も久しぶりです。あのころは西武園からの直通8連もここに停車したので、今よりも撮影機会が多かったのですが。。。ところで、新2000系。ベンチレータ撤去とフルカラーLED化が同時ではないのでバリエーションがとんでもないことになっていますw

DSCF9383.jpg
そして西武園線の白い新101系。最近は新2000系4連を見かける機会が多いものの、時々白い新101系も運用されているようです。まぁ混雑度的にも3ドアで合っているわけですが…w いつも見ている新101系ですが、西武園線で見かけるとついつい撮りたくなりますねw

さて、最後にBトレネタを投下…

119系です。通販でするがシャトルと東海色を1セットずつ購入しましたが後で東海色を東武百貨店で追加購入しています。

DSCF9604.jpg
まずはステッカー。車番と方向幕だけのシンプル構成ですが、側面用まであります。車番も大量にありますね。屋根や時期によってバリエーションがあるので、車番が多いのは良いですね。ステッカーは3色共通です。快速豊橋ってなんだ?w

DSCF9610.jpg
まずはするがシャトルから。この塗装見たことないですが、これが東海道線を走っている姿見てみたかったなぁ。実車は飯田線用の低速域重視の仕様だったので東海道の高速走行には向かなかったとのこと。確かに静岡の東海道線は飛ばしますからね。 島田・興津方向幕だけだったのでそれを貼り付け。登場当初のするがシャトルの区間はこの島田~興津だったそうですね。

DSCF9611.jpg
側面。塗装が独特で大きく「SS」に見える塗装良いですね。ちなみに、211系5000番台の静シス生え抜き車の編成はSS編成ですが、するがシャトルを211系が引き継いだためそうなったらしいです。そのするがシャトルのイメージがあるからか、静岡の一部の人は今でも211系のことを「するがシャトル」と言っている人もいます。

DSCF9612.jpg
クモハ。さすがに特徴的な2つ半の窓(一つだけ小さな窓が入る)の再現はできなかったようですが、出来はなかなか良いですね。さすが日車夢工房ですね。

DSCF9613.jpg
ちなみにこのするがシャトルで使われた編成は集中型冷房となっています。また車番が飯田線に戻った後も0番台を維持していたようです。

DSCF9615.jpg
続いて東海色。2セット買ったのは、1両車を再現するためで、1セットだと顔が一つ足りません…それ以外のパーツはあるのに、せっかくならこれも入れておいてほしかったですが、まぁバンダイの戦略でしょうw 
ちなみに前面はライト下の片側にジャンパ栓受けがあるかないかのわずかな違いで2種用意されています。

DSCF9616.jpg
クハ。東海色も似あいますね。あと床下のグレー台車も良いですね。JR東海らしさが出ています。これも5000番台になっていますが、個人的にJR東海は「5000番台」のイメージです(謎 313系、211系などにいるので。

DSCF9617.jpg
クモハ側。ちなみに台車パーツはTcとMcで分けられています。

DSCF9619.jpg
そして1両車。1両車は顔をつけた際に片側の側面表示機を埋めることになったようで、Bトレでもこちら側のみ表示機枠がありません。なんか1両はかわいいですねw

DSCF9621.jpg
分散型冷房屋根。JR東海っていうとこの屋根ですね。

以上です。実車をそれほど詳しく知らないため評価はしません。全体的に出来が良く、さすが日車夢工房ですね。ただ、前面と側面パーツのはまりが若干悪いのが唯一のマイナス点かな。入手安易度ですが、通販で全国で買えます。それとポポンデッタでも日車夢工房Bトレは毎回出るので普通に買えます。ただ、するがシャトルはイベントと通販限定で店頭には出ていません。あとポポンデッタも肝心の中京・東海エリアの店舗が少なめで、飯田線が走る静岡と長野では買えないという何とも言えないことになっていますw まぁ静岡はポポンデッタができるので買えそうですが、せっかくの飯田線グッズ、やはりその沿線で売られるといいなと思います。

では今回はこの辺で
23:57  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.09 (Sun)

◆2014 Vol.4◆

こんばんは。

8日は全国的に雪になったようで、東京も大雪になりました。予報で大雪とあったので、まぁ今回も大げさであってほしいと思いましたが本当に降りました…w
とりあえず13年ぶりぐらいの大雪だそうで、自分が東京に来てから初めて経験しました。まぁ藤枝など静岡の沿岸部などでは安定の「雨」だったようですが、静岡でもまさかの雪だったようで…
東京都心でも20cm以上積るという異常事態だったので、まぁもちろん多摩はそれよりも10cm以上積るわけで、家の周りでは35cm近く積もった…いや一時的に自分の家の近くでは40cm程度でした。。。
あの「雪で止まらない」最強な(w)西武線も午後からはダイヤが大幅に乱れてしまったようで、西武が止まるということはそれだけ激しかったというのがわかります…w 8日の未明から降っていたようで朝の時点で積もっていましたが、それ以降も結局日没までずっと積るタイプの雪が降り続きました。↑でも書きましたが、鉄道は積雪でポイント不具合が多発していたようでそれで乱れが増したようです。ちなみに午前中は相次いでダイヤ乱れになる鉄道がある中、東北新幹線系統は「平常通り」とあり、やはり雪対策がしっかりしているとこういう時強いなぁと思いました。

それにしても…毎年1回程度なので、除雪車や雪対策への投資が自治体とか鉄道とかでは少なくなってしまっているようですが、やはり天災が多発している現状を見ると今後は、その1回程度の雪への対策もする必要がありそうですね。
今日は快晴だったので少しずつ融けているようですが、この先数日は大変そうです。。。平日じゃなくてまだよかったのかもしれませんね。

DSCF9634.jpg
ほんの一部ですが画像も掲載しておきます。
2階から家族が撮影。えっと、ここって雪国でしたっけ…w すでにこれで30cm以上積もっています。家の前の道が完全に雪で覆われるのは毎年のことですが、いつもの倍ぐらいになりました。

DSCF9637.jpg
こうなりましたw 

さて、こんなことは置いておいて…今回は、やはり撮影日と記事順序が前後しているのですが、春休み企画(勝手に命名)ということで、普段撮影できないものを撮影しようと思い、せっかくなら最近イオンモールができて話題の海浜幕張まで行ってみようと思い行ってきました(実際は若干フライング春休み(試験期間前に休みがあったのでそこで行ってきましたが)ですが)。まぁイオンモールも見たかったので電車ではいかなかったので、バス画像だけですが、今まで撮りたいと思っていたバスも撮れました。
ということで今回はこの模様を記事にしました。

まずは、海浜幕張駅でバスを撮影します。実は中学ぐらいのころ一度海浜幕張でバスを見たことがあり、一部のみ画像も残っていたのですが、初めて本格的な撮影となりました。

DSCF8806.jpg
さっそく特徴的な塗装の車両が。千葉シーサイドバスのエアロミディワンステ。この会社は東洋バスという会社の子会社のようで、その東洋バスは幕張周辺の地域限定のバス会社で、大手私鉄グループでもないそうです。でPASMOなども対応していないようで、まぁ銀河鉄道バスの規模が大きいバージョンって感じかな。本家の東洋バスのほうもまた機会があったら撮影したいですね。

DSCF8813.jpg
続いて京成バスのブルーリボンシティハイブリッド。今回の撮影の目的の一つのこの海浜幕張付近の京成バスの塗装。この系統は循環で外回りと内回りが日中は同時刻に発車していくようです。このあたりのバスは車体が長めで、こいつも標準尺ですね。

DSCF8814.jpg
千葉シティバスの新7E+いすゞ。まぁ京成バスの分社化で生まれた会社のようでこのバスは京成バス塗装のままで活躍しているようです。新7Eということでベテランになるので撮影できてよかったです。この系統は稲毛方面から、最近完成した日本最大規模(最大は越谷)のイオンモール幕張新都心行なので、乗客がかなり並んでいました。まぁここでの撮影が終わったら自分も向かってみることにします。

DSCF8820.jpg
京成バスのポケットバスという運用向けの小型チョロQのエアロミディノンステ。特に自主運行などではないようです。そういえばここの京成バスはドアの表記がどちらも出入り口になっていますが、どっちが入り口になるかは運用で違うのかな。

DSCF8827.jpg
お、来ました連接バス。やっぱり長いですねw あとベンツのバスのようですが、日本のバスとは違う大きな窓やライト配置から余計に大きく見えます。まぁ今回の撮影目標の一つです。本当は以前の7Eのころに来たかったのですが、既に引退しており結局見ることはできませんでした。上部近くの帯がナンバーによって色が違うようです。運転席も低いですね。

DSCF8828.jpg
発車~。おぉカーブしているとより迫力がありますね。この大きな車体が目の前で曲がっていくのはやはりなかなかすごい光景ですね。運転も難しそうですね。。。前面窓も日本車に比べてかなり大きく見えますね。

DSCF8829.jpg
千葉シーサイドバスのミディのツーステップ。この地域には珍しく前後扉のバス。前面のLEDに系統表示みたいに「イトーヨーカドー」と出ているのが面白いですね。結構古いとは思うもののナンバーは200ですし、塗装もきれいなので年代がわかりません。。。

DSCF8834.jpg
平和交通のブルーリボンシティハイブリッド。この辺のバスを運行しているようで、この色のほか黄色いバスがいるようです。さっきの京成バスの循環の路線を共管で運行しているようで、交互に来るようです。この色、なかなか良いですね。

DSCF8836.jpg
そして反対周りは黄色いシティワンステップ。2台ともほぼ同時に駅に到着し、同時に待機し、そして同時にバス停に移動、同時に発車という形になっているようです。黄色一色だとどこかの企業などの特定や自家用の雰囲気がありますね。

DSCF8839.jpg
京成バスの長尺ワンステップバス。どうやらこの地区は基本日野が導入されている(そういえばかつてブルーリボンの3扉がいましたね)ようで、こいつも日野ブルーリボンⅡのほうのようです。

DSCF8841.jpg
こちら側も。この青と白の塗装は明るくてこの辺の雰囲気とあっている気がしていいですね。しかも長尺が多くて全体的にバスが大きめなので楽しくなってきますw

DSCF8843.jpg
少し移動してバスがバス停に入っていく地点で撮影。ブルーリボンⅡワンステ。基本的にここの京成バスは長尺4枚折戸ワンステか標準尺ノンステになっているようです。ちなみに後ろに見える建物はイオンの本社ですね。

DSCF8844.jpg
千葉海浜交通バスのレインボーⅡ。京成系の会社のようで、この塗装も前面が独特な感じになっていますね。あまり本数がないのかこれともう1台(撮影できず)しか来ませんでした。また撮影したいところですね。

DSCF8845.jpg
さっきの京成バスの循環が戻ってきました。戻りも両周り一緒に帰ってきます。本数が多いためかほとんど乗客が乗っていないのが印象的でした。時間に余裕があるためかいったん平和交通のように待機場所に移動するため回送表示のようです。

DSCF8847.jpg
連接バスが戻ってきたのであえて真正面を撮影。バンパーが普通の車みたいにバスっぽくなくメーカーエンブレムが大きく出ているのが海外チックというか日本っぽくない感じがします。ナンバー部の凹も海外向けですかね。

DSCF8852.jpg
後部。後ろは黒くなっているもの窓ではないのかも(確認できていません)。あとLED表示機横にもライトがあるのが電車みたいですね。ちなみにLED表示は乗降中に出るようですが、これ関東鉄道でも採用されていましたね。まぁ効果があるのかはわかりませんが面白いですね。

DSCF8857.jpg
お、ブルーリボンⅡのノンステ。今回唯一このデザインのノンステです。このバスも確か1人も乗らずに発車していきました。。。

DSCF8858.jpg
連接バス。こちらは緑帯となっています。連接バスは町田や茅ヶ崎、厚木で神奈中が運行していますが、都市部だと道が狭いところもあるので運行が可能な路線は案外限られそうです。この辺は道が広いからまったく問題ないですね。

DSCF8861.jpg
平和交通のポンチョ。小さいためかこの位置で待機していました。

DSCF8865.jpg
ブルーリボンⅡワンステの後部。よくみると窓の左下にHINOマークがついていますね。今まで京成バスはエルガばっかり見てきたので逆に日野といすゞの組み合わせはあるのは知っていましたがなかなか撮影できなかったので、今回はいろいろ撮影できてよかったです。

DSCF8874.jpg
なんかネタ車が来ました。新7Eのノンステですが、いすゞLVです。実習車表示で職員が何人か乗っていました。2回ほど駅ロータリーに入ってきて練習?していました。1回目は撮影に失敗(というよりカメラがエラーで起動せず)しましたが、2回目は交差点付近で撮影。まぁベテラン車で、もう営業にはついてないのかもしれませんが、撮影できてよかったです。そういえば以前後部は葛西で撮影していましたね。

DSCF8877.jpg
平和交通の車両が戻ってきました。京成バスとの並び。ちなみに循環バスは基本的に平和交通が停まっているほうを使用するようです。で、どちらか一ルートは京成と平和交通で回り方が逆になるようです。そのためか京成は内・外という表示ですが平和交通は違っています。

DSCF8878.jpg
緑帯の連接バスが戻ってきましたが、やはりどこから見ても普通のバスより迫力があり、幅も広く見えますねw

DSCF8879.jpg
ラッピングのブルーリボンⅡワンステ。日野車ですが、三菱地所と野村不動産と三井不動産のラッピングのようです。ここはバスターミナルへの自家用車進入が禁止されているので、直進はバスだけなので交差点でもしっかり撮れる(むしろターミナル内より良いかも)のが良いですね。

DSCF8883.jpg
平和交通の別路線のバスが来ました。日野レインボーですが…なんか前面に違和感があるのですが…ライトヘゼルがなぜか通常と上下逆さまについていますw 画像見てから気づきましたが、これ、エラーなのか特注なのか、こんなの始めてみましたw あとICステッカーの貼り付け位置も独特ですね。どうしてこうなったのか。

DSCF8887.jpg
連接バスも続々やってきます。こちらは白帯のようです。とりあえず運転席側は何度か撮影できたのでそろそろ扉側も撮影したいところ。

DSCF8888.jpg
イオンモール幕張新都心ラッピングの京成バス。ラッピングの柄は他の地区のイオンのと変わりませんね。前面は通常塗装になっていますが、どこかからの応援なのかな。エルガなのかブルーリボンⅡなのかわかりません(汗

DSCF8894.jpg
ブルーリボンシティの長尺ワンステ。今回撮影しておきたい車種の一つでした。ノンステもいいですが、ワンステのほうが以前のブルーリボンの雰囲気を残していて気に入っています。まぁ2年間ほぼ毎日乗っていたということもありますが。このラッピング、たしかこれのブルーリボンⅡが西武で限定で走ったようですね。

DSCF8899.jpg
ブルーリボンⅡノンステ。さっききたやつですが、この日はこのノンステはこの車両しか来ませんでした。そもそもの数が少ないのかもしれません。で、こいつ短尺のようですね。基本的にワンステ長尺、ノンステ標準尺のようですが、これは例外的なのか今後はこうなるのか。

DSCF8904.jpg
お、京成バス通常カラーのブルーリボンシティワンステも来ました。こちらもちばシティバス所属のようで、京成本体からの転属なのかもしれません。こちらの塗装の組み合わせも初撮影。寒い中ですが初撮影ばかりで楽しいですね。

DSCF8911.jpg
灰色帯の連接バスが戻ってきましたが、無事扉側も撮影できました。やはり窓や扉部分の黒い(窓部分)が大きいのが独特ですね。1回乗ってみたくなりました。

DSCF8913.jpg
しつこいですがブルーリボンⅡワンステップを撮影しておきます。一時期あまり多く普及しているバスは撮影しないときがありましたが、最近は本当にいつどんな動きがあるかわからないので日常的に「普通」のバスも撮影しておきます。

DSCF8918.jpg
紫帯の連接バス。って連接バスって言い方で落ち着いてしまっていますが、実際はベンツのシターロというタイプみたいです。まぁ連接バスでいいでしょうw 

DSCF8924.jpg
おっと、今回初めて黄色いシティワンステが先に到着しました。それにしても目立つ色です。まぁ個人的に黄色というといろいろ気になるっていうこともありますが(まぁ静中を見てくださっている方にはお分かりだと思いますがw)…w

DSCF8928.jpg
ハイブリッドの方も戻ってきました。戻ってきたら、ワンステは一周ロータリーを回って後ろにつきました。まぁ乗り場もこういう並びなのでこう待機した方が効率的ですね。これ、他の日は組み合わせが違っていたりするのかな。また見に来てみたいですね。ということでこれを撮影して駅から撤収~。かなり寒かったのですが結局1時間程度見ていました。こうやって目的があると寒くてもいられるものですねw

ここからイオンモール幕張新都心に移動し、ポポンデッタがあるというのでそこまで移動していると…2階からバスターミナルがあることを発見。しかもそれがガラス越しですがかなりはっきり見えることを発見。

DSCF8931.jpg
そこからちょうど止まっていた連接バスを発見。こんなに良いポイントがあるとはwしかもちょうど京葉線の線路と車庫があって武蔵野線209系500番台が見えていますね。将来的にここに駅を設置する予定もあるらしく、それにも対応させるためにロータリーを作ったようです。かなり余裕があるようで、ここは穴場なスポットかも。

DSCF8933.jpg
ブルーリボンⅡもしっかり全体を撮影できます。ここなら雨や猛暑でも撮影できますねw さて、せっかくいい場所を発見したのでこのターミナルに移動してみることにします。

DSCF8937.jpg
降りてみてブルーリボンⅡワンステ。いや~ここは良いですね。人も少なくバスの留置場所もちょうどターミナルの真ん中で線が書いてあるだけ。海浜幕張駅よりも撮影しやすそうですねw ちょうど京葉線が奥ですれ違っていました。

DSCF8942.jpg
こちらはイオンモール内を巡回する無料シャトルバス。横に広いのでこういうバスが走っているようで、数人ですが利用客もいました。たしか越谷にもこうしたシャトルバスが存在しています。ワオンのラッピングでなかなか良いデザインですね。

DSCF8949.jpg
さっき、海浜幕張で撮影したブルーリボンシティワンステ(通常カラー)が来ました。これはラッキー。こちらは標準尺のようです。こちらの塗装も良いですね。

DSCF8969.jpg
反対側も撮影。

DSCF8979.jpg
先ほどのシャトルバスの反対側も撮影。隣に運転士交代のための移動用車?がいたので全部は撮影できませんでしたが、一応記録ということで。

DSCF8981.jpg
通常カラーと幕張地区のカラーの並び。全く違うデザインですが、どちらも白部分の色は同じのようで、不思議と共通部分があるかなという気がしてきます。京王の電鉄カラーとバスカラーの全然違う2色がばらばらに走る京王バスをいつも見ているせいかもしれませんw

DSCF8996.jpg
連接バスも来ました。いつもならラッピングだと意欲が半減しますが、ここはイオンモール幕張新都心なのでこれはこれで良いですね。これで連接バス撮影は満足しましたw

DSCF9008.jpg
隣にバスがいなくなったのでブルーリボンシティワンステの扉側を撮影。側面がブルーリボン時代とそんなに変わらないので懐かしいというかなんか見慣れていて落ち着く感じがします。でもシティワンステもそろそろベテランの域に入るのでやはりこちらも撮影しておかないといけないですね。
これで以上です。

今回は久しぶりにまだあまり撮影したことがなく、撮影したいと思っていた幕張周辺のバスを撮影できて楽しかったです。ベテラン車は未撮影のバスが多く、時々こうやってあまり知らないところで撮影するのも良いですね。ネタにもなりますしw 今年も、時々こういう感じで、今まで行ったことのない場所での撮影とも取り入れていきたいなと思っています。

ところで幕張新都心にもポポンデッタができましたが、それよりも、2月の終わりについに静岡にポポンデッタの店舗ができるようで、パルシェにできるそうですね。ついに…というか、ポポンデッタはイベントなどで静岡に来ていたことはありましたが、店舗もいつかできたら面白いのにと思っていましたがびっくりしました。静岡でも他の店舗と同じような商品展開になるのかどうか気になりますね。

では今回はこの辺で。。。
23:31  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.02 (Sun)

◆2014 Vol.3◆

こんにちは。

先週で、とりあえず今年度の授業が終了→休みに入りました。。。とりあえず2か月程度は休みなので、まぁ溜まっていたBトレを作成したり、ホームページ更新でもしていきたいと思います。Bトレも組み立てたら順次ブログで紹介していきます。
とりあえずブログは通常通り週1での更新にしますが、もしかしたら平日にも更新するかもしれませんのでよろしくお願いします。

さて、今回は西武線関連のネタです。

この日は朝だけ学校に行けばよかったのでその先は特に用事無~ということで、今回は年明け初めての西武線に乗ろうと思い、東村山に戻って西武新宿線系統で乗ったり撮ったりすることに。

DSCF9112_2014020214461356d.jpg
まずどうしようか…せっかくなので日中に拝島線の「小平~拝島」の各停で走っている3000系を捕獲してみることに。とりあえず東村山から国分寺線で小川へ。2000系でした。これが、2014年初めての西武線でした。西武線の画像もこれが1枚目。

DSCF9115.jpg
小川で降りて、次の拝島線を確認するとちょうど拝島行き「8両3ドア」の時間でした。もちろん乗車します。拝島線…実は玉川上水~拝島は2年ぶりぐらいであまり乗車機会は多くないです。西武立川駅の南側がいつの間にかいろいろ建物が建っていてびっくりしましたw

DSCF9120_201402021446295db.jpg
拝島駅に到着。特徴のながーい茶色い座席を撮影。長いですねw この背もたれ部分と座席の間のFRP部分が3ドアの特徴という感じがして、新101系などでは一部は普通タイプでしたが3ドアらしくないと感じていました(更新車も通常のなんですよね)…w やっぱり良いですねこの雰囲気w

DSCF9122.jpg
解放感ある車端。以前も紹介しましたが、この妻面の窓があるかないかでも随分と明るさが違ってくる気がします。それにしても、この2段サッシ窓ばかりの雰囲気も少しレトロな雰囲気があって気に入っている部分の一つです。

DSCF9129.jpg
ドアを開けて先頭の車内を撮影。こうやって見るとやはり古く感じるというか、20年~30年ぐらい前の本などで出てくる画像と雰囲気が変わってない感じがします。まだ2000系もこの色の座席だったころをぎりぎりしっている自分には今まで何度も見てきた光景です。

DSCF9134.jpg
ちょうど八高線が停車中だったので撮影。元りんかい線の70-000形ですね。先頭部分のブラック部分が209系と似せているとはいえ目立ちますw 何度見ても違和感があるスタイルですw

DSCF9138.jpg
今回来たのは3000系ラスト番号の3017編成。新宿線に8両は3本在籍していましたが、年末の急激な置き換えの際に1本が廃車となって残りは2本になってしまいました。もっと記録しておきたかったなぁと。。。この2本も今年で引退になるかなぁと予想しています。これが2014年初めて撮影した車両画像です。3000系ということで、初 にしてはなかなか縁起が良いですねw

DSCF9144_20140202144808892.jpg
何度も撮影している窓部分ですが、毎回「もう撮影できなくなるかも」と考えて、今のうちに大量に撮影して残しておきたいと思っています。
こういう特徴的な配置ももうすぐ見られなくなってしまいます。

DSCF9151.jpg
車番。西武線というとやはりこの配置で、私鉄では比較的珍しく「クハ」や「モハ」があるタイプの車番のイメージが強いです。

DSCF9152.jpg
方向幕周辺。そういえば3000系は西武線で初めて側面表示機を採用した形式ですね。2000系は後から装備したようで。。。

DSCF9156.jpg
車端。車端に窓が2つ分入るのは3ドアならではで、3000系も2000系と違い田窓なので、他の部分が見えなくてもここで判断することができます。というのも、東村山西口のロータリー部分から国分寺線のちょうど連結面を見ることができてそこでいつも「あ、今日は3000系だ」とかスクールバスの中で見ていたためですw

DSCF9157.jpg
最後に停車中の雰囲気を撮影。この駅に3ドアが停まっているだけの画像をわざわざ撮影している自分はやっぱり3ドア好きなんだな とか今ブログを書きながら考えてますw

DSCF9158.jpg
駅の周りを少し散策したり軽食を取ったりしていて40分ほど経過~。ちょうど3000系の小平~拝島の各停の1本前の急行に乗れる時間だったので、それに乗って小平で3000系を迎えることに。乗ろうとすると…おっと新2000系の2両がくっついていました。まぁもうデフォな感じの逆連結ですが、新2000系2連は新宿線に1本しかいないのでこの組み合わせはこの1編成のみということになり微妙に貴重ですw

DSCF9161.jpg
2連のTc側がみられるのも新宿線のみ。まぁ特に変わりがあるわけではないですが。。。まぁ初期編成ということで、後期車中心の池袋線よりなじんでいると言えないこともないですね。

DSCF9167.jpg
なんとなく2連のMc車に乗車。車端を撮影。3000系と比べると一気に現代的になっているというか、正直 窓が1段になるだけでもこれだけ雰囲気に差が出るとはw 

DSCF9169_20140202145029894.jpg
確か池袋線の2連では採用されていないドア下の黄色。この黄色化は新宿線の新2000系のみで行われているようで、これをしたってことは、この2連は当面は新宿線で活躍すると見ていいのかな。

DSCF9176_20140202145035281.jpg
座席。この赤(オレンジ)1色の座席は新2000系ならでは(2000系の一部でも採用)ですね。今ではバケットシートが当たり前になっていますし、無地の座席って今ではあまりないですね。この電車で小平へ。

DSCF9179.jpg
小平で10分後に来る当駅どまりを待ちます。東村山方面からの各停。ここで5分待ちます。上石神井での接続をするためにここで時間調整としての停車ですね。

DSCF9188.jpg
20000系の本川越行き。

DSCF9192_20140202145100577.jpg
3000系が追いかけてきました。まぁ後ろが切れてしまいましたが、新2000系が写っているのでまぁ記録としては良かったかな。小平って感じが出ている気がします。

DSCF9196.jpg
それほどダイヤに余裕があるわけではないのですぐ移動していきます。
まぁ日中はこのように3000系が小平~拝島の各停の運用についているので、今は比較的狙いやすくなっています。まぁそれほど乗客数が多いわけでもないですし、都心には乗り入れないので3ドアでちょうどいいかと思います。

DSCF9198.jpg
路線図。東横線方面が結構強引ですw

DSCF9201.jpg
3000系が折り返してきました。こうやって普通に停車している光景も見られなくなるので撮影しておきます。なんかまだ新101系が引退してから1年ぐらいしかたってないなかでまさか3000系をこうやって追いかけなければいけないほど減るとは思いませんでした。。。

DSCF9206.jpg
2000系。3000系が予想以上に早く置き換えが行われているので、こちらも撮影しておく方が良さそうになってきています。西武は鋼鉄車体の管理に慣れているのかかなりきれいな状態なのが良いところかと思いますがこいつもきれいですね。まぁここまで外観も考えていた西武があの変な戸袋窓埋めを始めたというのがなんとも言えない気分になりますね。。。

DSCF9209.jpg
拝島線からの急行に乗車し西武新宿へ移動します。新2000系+2000系の逆連結8+2で、2連の2000系に乗車。日中の急行は停車駅で時間調整のために比較的長く停まるので速い感じがあまりしないですね。それでも高田馬場手前で詰まるわけですが…w

DSCF9211.jpg
新宿線らしい新2000系と2000系の併結。以前は4+2+4なんかも普通にありましたが今はほとんど見られないですね。

DSCF9220.jpg
新2000系の田無行き。今のダイヤでは急行は降りてから移動している間に折り返して発車してしまうので、乗ってきた電車の撮影はできませんが、まぁこれが撮影できるので良いですね。ちなみにこれ4+4なのですが、ベンチレーターとパンタ撤去跡がごっそりなくなっているので、4+4らしくなくなっています。。。

DSCF9224.jpg
切符を買いなおすためにいったん改札を出て戻ります。ちょうど2000系の田無行きがいたので撮影。ここで方向幕車がいたら最高なんですけどねw

DSCF9227.jpg
こうやって見ると新2000系に比べても窓が小さく、戸袋窓もないので、壁の部分が多く感じますね。

DSCF9228.jpg
このドア。自分がなぜか気に入っている半分Hゴムっぽい仕様のドア窓の編成です。

DSCF9231.jpg
急行に黄色い電車が来たので乗車し、今度は所沢へ向かいます。新2000系4+6の編成。4+6もすでに「当たり前」ではなくなり、逆連結ばかり連続することも珍しくなくなっています。中期車だったのでドアは角ばっている仕様。ところで下りの急行は鷺ノ宮で各停接続なので上りよりもスムーズに走ります。本当は上りも鷺ノ宮で緩急接続ができる構造ならベストな気がしますね。

DSCF9232.jpg
所沢でも切符を買いおなすため下車。駅の改札から直接以前の旧改札方面へ延びる通路が完成してから初めてそちらの方向に行ってみました。
旧改札はこのように運賃表だけが残り、改札等はすべて壁でおおわれています。人通りも少なく電気もないので廃駅の雰囲気です。。。

DSCF9234.jpg
2・3番ホームで撮影します。まぁ今回の目当ては新宿線ですが池袋線も撮影します。メトロ10000系の快速急行。ちょうど下っていく30000系と合わせて撮影できました。

DSCF9236.jpg
西武新宿行の2000系。ちなみに所沢のここはちょうどポイントがあるため、発車時に激しく音を鳴らしいくところが迫力があって良いですね。
まぁ一般的にはうるさいだけですがw

DSCF9237.jpg
ちょうど3000系が来たのですが見事にぶれたので家に帰って遊んでみましたw こういうお遊び画像もたまにはいいですよね(え?ダメですか) なんか光の光線的に懐かしい感じになった気がします。

DSCF9241.jpg
こんなことしているうちに池袋線の急行が入ってきましたが例の9000系戸袋窓封鎖編成がやってきました。このようにしっかり車内には広告があります。うーん、車内はまぁ良いとして外観がちょっとなぁ…

DSCF9242_201402021456069f0.jpg
急行西武新宿行の新2000系。ここは意外と後追いが成功しますw 逆にさっきから池袋線の撮影は失敗ばかりしています… ところで同じ場所で同時に2000系と新2000系を撮影していると、年代の違いがわかるというか、10年の差ってやっぱり大きいなと感じます。

DSCF9243.jpg
20000系の急行。まぁ20000系はあまり乗りたくない形式ではありますが、音は独特で、ブレーキ緩解時の音がなかなかかっこいいなとは思います。でも音が小さすぎるのが音好きにはちょっと物足りないです…w

DSCF9246.jpg
また9000系の戸袋窓埋め編成が来ました。こちらはとりあえず外側だけ埋めて中はそのままのようです。これ、せっかくなら外側をもう少し厚い板かなんか入れればもう少し外観がマシになると思うのですが、技術的に難しいのかな。

DSCF9247.jpg
奥に30000系の10両固定編成がいました。まぁ車番部分のみ撮影。30000系は千の位で両数を表すため、10両は0になるので、こっちがトップナンバーな感じもしますが、実際は38101編成が最初ということで少しややこしくなりましたね。ちなみに、音が微妙に変わっていた(ほとんど同じですが)のと、爆弾ドアを改良したようで音が静かになりました。

DSCF9249.jpg
小江戸10000系。抵抗制御の懐かしい音を出して東村山へ出発。。。今では本線系で日常的にこの音を出すのは10000系だけですね。速度も出るのでこいつが通過するときはかなり大きな音がしますw
これを撮影して、そのあとの2000系で東村山に移動しました。

DSCF9251.jpg
国分寺線で3000系でもと思ったのですが、ちょうど2編成とも東村山の近くにはいないみたいだったので適当に撮影して撤収することに。国分寺へ向かう新2000系。あえて車両だけを切り取らず東村山駅っぽさを出してみたくホームと絡めて撮影。

DSCF9256.jpg
上石神井で待機していた6000系が夕方の運用に向けて回送されてきました。東村山で数分停車。この夕日が当たってピカピカ光る6000系。かっこいいですね。個人的には撮影にしても乗車にしてもステンレスの6000系のほうが気に入っています。

DSCF9260_20140202145757df0.jpg
こういう時に小物を撮影しておきます。優先席ステッカー。

DSCF9262.jpg
回送表示。

DSCF9264_20140202145857e20.jpg
ドア。それにしても夕日がすごい色になってますねw

DSCF9271.jpg
2000系が東村山に戻ってきました。新宿線とは違い、ほぼ直線で入ってくるため撮りやすいですね。まぁ同時にぶれやすいのですがw

DSCF9275.jpg
この構図、東村山駅で定点観察したころを思い出しますw うーん、3000系が半分いなくなっただけでも、また撮影するものを一気に失った気分でいるのに、こいつも引退とかになると…

DSCF9279_20140202145922a01.jpg
こんな当たり前の光景も当たり前のうちに。。。4年間何度も見てきた光景なので、ついつい「まぁいつでも見れるし」と思って撮影しないでいるとあとで後悔するかもしれないので。

DSCF9280_2014020214592975b.jpg
国分寺行きとして発車していく2000系。なんか前面以外が良い感じにぶれて速度感ある感じになりましたw 逆にこっちに向かっているみたいな感じになっちゃってますねw これを撮影して終了。。。

まぁ3000系は撮影に成功したのが8両1本だけでしたが、一応乗車もできたのでよかったです。あとこうやって時々西武新宿線乗り鉄をするのも意外と気に入っているのですが、今後も時々こういうのも取り入れていきたいと思います。おそらく3000系は年末に引退があると思う(せめて全滅だけはやめてほしいですが)ので、それまでにいろいろ撮影しておきたいと思います。

では今回はこのへんで…
15:02  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。