2014年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.20 (Tue)

◆2014 Vol.16◆

こんばんは。

結構暖かく…っていうか暑くなってきましたね。ただ、川のすぐ手前ということからか、夕方以降は冷たい風がかなり強く吹くので夕方は結構涼しいです。夜になるとまた風が止んで暑くなりますが…
これが夏がどうなるかが気になりますね。強風というと…藤枝は強風がほぼ常時吹いていましたが、それ思い出しますw 

さて、
今回は…なんとなく都営新宿線に乗りたくなったので乗ってきました。とりあえず行き帰りのどちらかを各停、もう一方を急行に乗ってこようと思い、まぁ全線1往復してきました。

DSCF0424_20140518171939c3b.jpg
今回は、家から徒歩数分にあるちゅうバスの是政バス停からバスに乗車。是政循環のバス停で、8時20分から19時20分までオール30分間隔で府中行き(19:50の最終は是政駅まで)が来ます。ちなみに、ここから徒歩1分ぐらいのところに是政5丁目、徒歩30秒ぐらいのところに是政駅バス停もあります。で是政と是政駅は3分もあるので時間調整時間を兼ねている(といっても遅れは回復できるほどではないですが)ようです。こまめにありすぎる感じもしますが、自主運行バスだからできることかもしれません。

DSCF0425.jpg
来ました。是政循環は利用が比較的多いらしく、是政循環専用のレインボーⅡノンステが用意されています。2012年の車両のようです。そういえば以前(2011年以前だったかと)武蔵小金井でChuBusとプレートがあるままで走っているバスカラーのレインボーⅡを見ましたが、どうやらこれは、リエッセでは収容力不足+専用車導入までの間の一時的な運用だったようです。
ちなみにレインボーⅡは初乗車でしたが、結構音が大きいのと停車中に小刻みな振動があり以前のバスを思い出しましたw
府中駅までは20分程度でした。放送は普通の京王バスの言い回しで、京王独特のつぎはぎで3つの声が組み合わせてあるものでした。ただ宣伝については若干少ないようです。

府中からは京王線。まずは9030系の特急で調布に移動し、橋本からの7000系前期車の快速に乗り換え。最近、よく快速使っていますが、特急みたいに明大前までノンストップじゃないし、各停ほど遅くないしで結構個人的には良い種別だなと思いますwちなみに府中でみた各停が8000系の制御装置更新車でした。。。8000系なら各停にしようかと思ったのですが、音を聞いてやっぱりやめましたw
笹塚で…ちょっと撮影しようと思ったのですが、ちょうど10-000形が停車していたので乗っちゃうことに。10-000形はいつのまにか減っているので、1回逃すと連続で10-300形とかもありえるので。。。

DSCF0427.jpg
各停でしたが、岩本町で急行の退避をするダイヤでした。これ、岩本町で退避するのはいいですが、通過待ち後に3分ぐらい停まるのでなんか結構時間かかるなぁって感じました。あと新宿線は駅間距離が短いようですぐ次の駅に到着しますね。地上区間の東大島付近を過ぎると自分が乗っていた車両は乗客がかなり減ったので座席を。。。ぶれてしまいましたが、10-000形は京王と合わせる形で車端は4席です。

DSCF0428.jpg
個人的に気に入っているこのドア。ドアチャイムと千鳥配置でLED表示機がついていました。ところで車端が4席になっているためかドア横のスペースがきつきつになっていますね…w

DSCF0429_20140518171958b0c.jpg
座席。個人的には座席の色もそうですが、窓の配置も1枚目と2枚目が比較的離れているところも独特で良いですね。あとやはり今は貴重になった電機子チョッパも、音が小さめですが界磁チョッパやVVVFの派手な音とは違うどちらかというと電車っぽくない音が独特ですね。まぁちょっと物足りない感じですw ところでこの編成は最終増備のマイナーチェンジ車と同様の内装の後期車のようです。というか既にこの内装しか残ってないようで…

DSCF0439_201405181720212aa.jpg
本八幡に到着。スカートがつけられている編成でした。ところで都営新宿線の駅は比較的電車とホームの段差が高いようで、新しい京王9000系でも高めでした。新宿線ではホームドア導入が決まったようですが、JR山手線がホームドア設置時にホームが若干嵩上げされたように、少し改善しても良いかもしれませんね。ところで10-000形は最後のマイナーチェンジ車も含め28本いたようですが、幕式の車両はすべて引退してしまったようで、既に10-000形としての残りは9本にまで減ったようです。10-300R形がコレに加わるので中間車・チョッパ制御はもう少し残っていますが、この顔は7本(9本のうち2本はマイナーチェンジなので)だけになったようです。。。

DSCF0440.jpg
表示機。LEDに改造されていますが、元の表示位置をそのまま使っているようです。この仕様の車両より前の車両は幕式のままか、中央に新たに新設した表示機が使われています。ところで、後期の仕様なのでラインカラーがステッカーのようです。これより前の仕様だとラインカラーが板になっています。

DSCF0446.jpg
独特の表示機。車両は各停表示ですが、こちらは普通となっていて東武と逆のパターンになっています。まぁもともと新宿線は各停表示が無かったので、そのときのままということのようです。路線図型表示機が独特ですね。

DSCF0447.jpg
番線表示。ところで都営は…正直言うとメトロに比べて駅設備が古っぽく、駅も暗い感じがするのですが、そこが地下鉄っぽくてなんか良いですね。公営っぽい感じが結構しますw 

DSCF0450.jpg
改札に上がり切符を買いなおして京王線方面へ戻ります。都営線の運賃表はどうやらステッカーになっているようです。都営地下鉄は6月に運賃改定なのでそれに対応したのが後ろに描かれていると思われます。

帰りはちょうど停車していた急行橋本行きの9030系に乗車。9030系を京王以外で乗るのは今回が初めてでした。で、去年のダイヤ改定以来気になっていた都営側の急行の表示でしたが、急行橋本となっていました。LCD表示で「新宿から区間急行になります」と出ていました。都営側がこうしているなら京王側も合わせたほうが良さそうに感じました。

急行でしたが笹塚で下車。急行ですが、速度はあまり上がらないもののやはり3駅通過とか、結構通過駅が多いので各停に比べて実際以上に速く感じました。あと、通過駅では必ず55km/h程度に減速してから再加速していましたが、確か浅草線でもエア快は必ず減速していたのと同じですね。途中、瑞江と岩本町で各停を追い越しました。

DSCF0452.jpg
笹塚で撮影しようかと思いましたが、こちら側はあまり上手く撮影できそうに無かったので、これの次の快速か各停に乗ることに。都営と京王が並ぶのはまぁ当たり前ですが一応記録。

DSCF0454_2014051817214859d.jpg
都営10-300形。

DSCF0468_20140518172153c48.jpg
来たのは7000系の後期車の快速…これで調布まで行けばさっきの各停の8000系に乗れるので快速に乗車。9030系などのE231系タイプのドアで銀色だと冷たく感じるんですが、古いタイプで銀色だとそうは感じないという不思議…w ちなみにLCDが設置された編成です。

DSCF0474_20140518172158398.jpg
優先席の座席。

DSCF0480_201405181722021bd.jpg
ドア下の黄色。

DSCF0481_201405181723545fb.jpg
座席。西武の超更新は普通の座席が青で、優先席がピンクですが正反対になっていますね。

DSCF0482_2014051817235874d.jpg
調布で下車。まぁつつじヶ丘で各停に接続するのでつつじヶ丘で乗り換えても良かったんですがなんとなく調布まで来ましたw。今考えるとつつじヶ丘にしとけば8000系の音が長く聞こえたかなと若干後悔…w

DSCF0484_20140518172402026.jpg
で、8000系が来ましたが、車内の照明がLEDに変更された編成でした。7000系から乗り換えてくるとかなり明るい(乗った瞬間は明るすぎと思う)感じです。個人的には明るい照明のほうが好きなので問題ないですが、人によっては違和感を感じるかもしれません。
これで府中まで…と思いましたが、ふとある考えが思いつき東府中で下車。

DSCF0486_201405181724076ca.jpg
競馬場線の7000系2両を記録したいと思って降りてみました。ちょうど電車が発車するのと同時に入ってきました。とりあえず東府中表示が変わる前に1枚撮っておこうと急いで撮影。

DSCF0492_20140518172413e86.jpg
ちなみに競馬場線の線路は緑化軌道…ではなく自然の雑草による自然緑化軌道状態です。ある意味、一から緑化軌道化するよりも環境に良いかもw

DSCF0498_201405181725023ad.jpg
前パンを写したくてあえて明るすぎの設定にして撮影。ちなみに前パンですがこちら側はTc車で音しませんw うーん、前パンは迫力あるはずなんですが、7000系だとあんまりしませんねw 見慣れてないというのもあるかもしれません。 

DSCF0504_20140518172507981.jpg
もう1枚しっかり撮影しておきますw ちなみに2連のこちら側の先頭車は6000系同様にスカートが無かったのですが競馬場線用のみとりつけられたようです。それにしても京王が2両で走っていることに違和感がw ちなみに、この競馬場線にのって正門前から徒歩で家に帰ることも困難ではないです。

DSCF0505_20140518172511356.jpg
なにやらHMが取り付けられていました。競馬場への電車利用のPRのようですね。

DSCF0509.jpg
側面表示機。行き先表示細かいですねw

DSCF0513_201405181725198d6.jpg
ところで撮影場所にはやたらと鳩糞が落ちていて撮影時も真上にいたのでびくびくしながら撮影(以前カラスに糞を落とされたことがありましてw)していたのですが、こんな表示が。わざわざピクトグラムつけるぐらいなので結構そういうハプニングがあるのかもw

DSCF0515_201405181726261fe.jpg
次の電車まで暇だったので適当に撮影。うーん、やっぱり京王車に前パンはなんか変な感じがしますねw

DSCF0516_20140518172631d6f.jpg
ドア。7000系のものは取っ手が上部にあるのが特徴ですね。ドア窓も京王独特仕様ですし、特徴あるドアですねw

DSCF0517_20140518172636467.jpg
窓。個人的には京王は6000系の角ばった窓が好きでしたが、7000系の1つ1つが独立した窓も良いですね。ちなみに京王は車端が4席のためか、扉間の窓というか長さが他社に比べ若干短いみたいですね。

DSCF0521_20140518172640c4c.jpg
電車が来たので乗車。9000系でした。今日は、9000系(30番台・0番台)、8000系、7000系(前期車・後期車)と、京王の現役車両すべてに乗れました。
この後は府中市役所に用事があったので市役所へ。

DSCF0522_201405181726478b8.jpg
帰りは府中のバスターミナルからちゅうバスで帰ります。ちゅうバスですが、専用のバス停が3つ用意されていてルートも府中駅に来る路線が6路線ある(あと1本府中駅に来ないものがある)ようです。すべて30分間隔でコミュニティバスとしてはなかなかしっかり運行されている感じがします。ところでコレを撮っていると国分寺から来た日野レインボー中型ロングが来ていましたが違和感しか無かったです。撮影したかったなぁとw

DSCF0525_20140518172745be1.jpg
是政循環で是政へ。途中、是政から府中方面とは違い、一旦中央高速の側道をルート的には大回りするような形になります。で、今ちょうどそのちゅうバスが通る側道区間の一部にスマートICが建設中のため、一部迂回が発生しているんですが、普通なら側道から中央道の下を交差する道に右折→その先の比較的大きな道を右折→新小金井街道との接続点をとおり是政方向へというルートのところを、1本前の中央道下を交差する道を右折→その先の比較的大きな道を左折→西武多摩川線と道路の立体交差がある小柳立体交差の上を回って是政方向へというルートになっています。発車していくところを撮影。

DSCF0526_20140518172750002.jpg
その迂回もあり定刻より5分程度遅れて到着。乗客はやはり結構乗っていました。道的に厳しいですが、大型でも良さそうなぐらいで、大型が無理なら20分間隔ぐらいでも良さそうに思えました。で、大回りするのに、甲州街道を通らないせいかダイヤ設定が是政からの府中方面より時間が短くなっています。というより調べてみたら府中方面は、府中町二丁目→府中駅となるのですが、ここは空いていれば1分程度なんですが、ダイヤ的には混雑対応で、7分設けてあるようです(時刻検索するとそう出る)。そのため実際には是政からの府中方面も15分程度で着くようです。ただダイヤ的には1週40分になっているので1台ではまかなえないので2台体制になっている(府中駅で20分程度待機)ようです。
それにしても15分もバスに乗れて100円とはやっぱり安いですねw

この後は徒歩で帰宅で以上ということになります。

別の日ですが、若葉台で買い物ついでにバスターミナルに行って少し撮影したので画像を。

DSCF0532_20140518172803229.jpg
神奈中のMPノンステ。2600台なので新車です(といっても既に2600台は後半になってますが)。町田営業所なので普通に短尺です。ちなみにこの系統は鶴川駅行きで、1時間に1本~3本出ているようです。バスコレで製品化されたのがこれの営業所・ナンバー違いということになりますね。

DSCF0541_20140518172808fcb.jpg
京王のエアロミディ中型ロング。後部のライト多いですねw多摩のUAと同様、なぜかナンバーが新しく変更されていますが、車番的に2003年導入車です。実はエアロミディは前面はあまり好みではないですが、後部や側面の窓配置が独特な点は興味があります。ところで、この稲城行きも若葉台循環のように小田急との共同、交互運行となっているようです。

DSCF0543_20140518172911e6d.jpg
聖蹟桜ヶ丘駅行きでもエアロミディが来たので前面も一応。エアロミディもまだまだ新しいイメージがありますが、11年経っているので、置き換えがもうすぐかと思われます。京王も少しずつですが、中型ロングの比率が下がってきているので、あと2~3年で相当数(JPも含め)減るものと思います。

DSCF0546_20140518172920854.jpg
小田急バスエルガ。2011年式ですが、このころはまだラッシュ仕様が標準仕様ではなかったころなので、標準仕様ではない車両ですね。小田急では結構見られますが、他社ではあまりない(標準仕様になってからは首都圏ではラッシュ仕様がほぼ選ばれていますが)ですね。

DSCF0554_20140518172926b98.jpg
個人的に最近の車両の後部では、一番気に入っているのUA。自分が知っているバスというか、小さいころから一番見られたバスの後部デザインは、UAのようなタイプなので、「バス」というとこういうデザインが思い浮かびます。ということもありRAや最近の車両の縦型は規制(高さの)でしょうがないとはいえあまり気に入りません…w ちなみに京王のUAは後部窓が3分割された仕様ですが、なんとなく昔のモノコックバスらしさがある感じがしますね。

DSCF0557_20140518172931d19.jpg
さっきの小田急バスのエルガ。今言った様に縦型テールはあまり気に入らないわけですが、エルガは今でも唯一横並びの以前のバスのスタイルが貫かれている点で、この後部は良いですね。

DSCF0561_20140518172936515.jpg
京王バスのUAの前面も一応撮影しておきます。

DSCF0528.jpg
稲城市の自主運行バスのiバス。南多摩の近くまで来ているルートもあるので、稲城市側に渡ると見ることが出来るバスですが、どのルートも本数がそれほど多くないようです。リエッセとポンチョが使われているようで、小田急バスの運行なので、新しい車両には前面の青色LEDランプがついています。あと車体中央になんかキャラクターがついていますが、名産の梨がモチーフのようですね。

これで以上です。今度、若葉台も定点撮影をしていきたいと思います。まぁ本数が多くないので少しずつになりますが。。。

では今回はこのへんで。

追伸:全国バスコレのしずてつMPワンステが発売され、既に自分も手元にありますが、画像紹介は次回以降にまわします
スポンサーサイト
21:00  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.11 (Sun)

◆2014 Vol.15◆

こんばんは。

つぶやきでも触れましたが、京急の黄色い1000形…試運転では側面ドアも黄色でしたが、運行開始時にはやはり銀色になったようで、完全に西武線になったようですw
側面を見ると新2000系超更新車のような感じがしてきますね。プレスリリースではコラボではないというかそういうことは書かれてないのですが、なんかありそうですねw 今までにも西武と京急でお互いにPRの広告を貼ったラッピング電車とか出ていますし、一応それ以外にも西武と京急には関係があるようですし。。。西武でも赤い電車やってほしいですねw

あと、日比谷線の新型導入発表も驚きました。20M7両というのは予想外でした。で、こうなると東横線にも再び入れるようになるわけですが…両数が7両なので、すぐ再開とはならないと思いますが、直通復活の可能性も全くないわけではないので、ちょっと気になりますね。個人的にはやはり「日比谷線って20M車入れるんだ。」っていう驚きが一番かなw もちろん改良等するとは思いますが、数年後から導入となると急ピッチな改良がおこなわれそうですね。 あと03系・20000系…個人的にはまだ新しい車両という認識なので、どうなるか気になります。

そのほか東武では、2014年度に川越市~小川町がATC化されるようですが…ってことは8000系10両3本についてはこの区間を走れなくなりますが、まぁわざわざ池袋~川越市専用の電車を残しておくとは考えにくいので、引退となる可能性も高そうです。。。
さらに、これは「中期経営計画」というものに書いてありますが、本線系への新型特急投入と、東上線の地下鉄直通系統の急行運転化が大きなところかなと思います。
特に東上線の地下鉄直通の急行運転化は、今まで一貫して東武池袋へのアクセス向上を強化していた中で大きなニュースかと思います。
東武の話はこれぐらいにして…

さて、今回は…ネタ不足は…なんとか回避されました。
が、まぁとりあえず今回もまずは南武線を引き続き撮影してみたので画像を…これ、今後は結構頻繁に登場すると思います。まぁ定点観測シリーズの仲間入りとなりそうです。

DSCF0317.jpg
まずは、夕方に多摩川の土手に行き、撮影してきました。205系の先頭車化改造車の編成です。夕方だと車両自体がはっきり映らないのですが、なんとなくこの雰囲気良い感じがしますw

DSCF0319.jpg
次の立川行。ちょうど桃太郎の先頭部分が画像に入りました。ちなみにこの時間帯の南武線は外から見る限り結構人が乗っていました。まぁ南武線っていつも混んでいるイメージではありますが。。。

DSCF0320.jpg
川崎行は生え抜き車。お、これがこの夕方のベストショットですね。といっても夕方なので、やはりデジカメだとクッキリ撮るのは無理かなぁって感じがします。でもクッキリしてないほうがなんとなく夕方って感じがしてこれはこれで良いかなと思います。

DSCF0323_201405112213261b3.jpg
続いて、昼間に今度は是政橋を渡り稲城側に来てみました。こちらは歩道はあるもののそこまで整備されていないので人が少ない感じです。移動中に1本来たので撮影。6両…撮影するにはちょうどいい長さですね。

DSCF0327_20140511221331fea.jpg
もう少し線路の近くまで来て撮影。うーん立川行だと後部が橋の柵(?)にかぶってしまいますが、こちらのほうが下が水なので川っぽい感じが出ますね。

DSCF0328_201405112218026eb.jpg
続いて川崎行…これはなかなか上手く撮影できたかと…w 向かってくる電車が手前側なので撮影のタイミングもわかりやすく、撮影もしやすいので稲城側はなかなか良いなぁと。

DSCF0329_201405112218078e1.jpg
生え抜き車の立川行。立川行は府中側のほうが良いですね。ところで生え抜き車も結構数が多いのですが、なぜか自分が見ると転属車のほうがよく当たります。南武線といったら本当はこっちのイメージなんですが。。。

DSCF0330.jpg
もう1本川崎行を撮影して撤収。こちらは家から1km程度離れているのでそうそう頻繁にはこれませんが、E233系に統一されるまでには何回か来たいところです。もちろんE233系が投入されたらそっちも狙いますが…w

多摩川での南武線撮影は以上です。ちなみにこれを書いているときも10分に1~2回程度南武線が鉄橋を渡る音が聞こえてきます。

続いて…大学が午前中のみの日があるんですが、いつも用事が入ることが多いのですが、何もなかったのでネタ不足を回避するために、一旦家に戻ってから武蔵小杉で少しバス撮影をすることにしたのでそのときのを。ちなみに武蔵小杉もこれからは比較的近いので定点観測できそうですw
家から是政橋を渡って徒歩で南多摩へ。ちょうど1kmぐらいなのですが、橋を直進なんで、目的地見えてるのになかなかつかないのが気分的にちょっと嫌になりましたw

DSCF0332_20140511221819331.jpg
ホームに上がるとちょうど快速川崎行きが205系で来たので早速乗車。武蔵小杉までは20分程度ですが、各停に比べて約10分速いという、快速効果を十分に感じることができる乗車区間ですw で、武蔵溝ノ口まではおそらく各停より空いていたのですが、小杉手前の武蔵中原での各停接続時に、見た感じ各停から9割以上の乗客が乗りこんできたため結構な混雑になりました。で、ほとんど武蔵小杉で降りるという…w そのまま各停乗っても2分も変わらないのですが、それでも速いほうが好まれるようです。うーん、この感じだと快速もなかなか定着しているなと思いました。あと、稲城長沼~武蔵小杉では5駅通過で約10分短縮というのがすごいなぁと。で、前回「速度の割には速く感じる」と書きましたが、帰りに各停に乗ったところ、実際に各停よりも駅間で速度を出しているようです。南武線は結構ゆれるので迫力もありますねw

DSCF0334.jpg
で武蔵小杉ですが、東急系のショッピング施設がオープンしていた(去年の5直開始時には工事中だった)ようで、武蔵小杉も変わったなと感じましたw でそこの4階から直接東横線のホームへつながる改札ができたようで、そこで表示板を見つけ、「これは!」って思って撮影。なぜかというと「保谷」と「小手指」が出ていたからで、これは1時間に1回程度見られる表示ですが、西武好きとしては記録しないわけにはいかないかと思いまして…w この目黒線との表示をあわせると、本当にこれは何線なのかわからない行き先ばかりですねw

DSCF0337.jpg
で、バスターミナルで撮影を。まぁ武蔵小杉や川崎市営は何度も撮影しているので、エルガ・ブルーリボンⅡ以外を中心に撮影したので画像数は少なめです。市営のエルガミオ。

DSCF0339_20140511222008ff7.jpg
真正面ですが東急のMPワンステ。以前は、なるべく側面も写そうとしてきたのですが、最近は同じ車種のバス画像もたまってきているので、あえて違う形で撮ってみようと思うことがあり、これもそういうことで真正面荷なりました…w

DSCF0350.jpg
川崎市営の新7Eノンステがやってきました。これは嬉しいですw ・173って…これ、バスコレのモデル車ですね。このバスコレは今でも個人的にトップ10に入るお気に入りのものです。ちなみにバスコレでは側面表示機が戸袋窓横になっているのですが、実際は川崎市営なので一番前になっています。やっぱり実車も良いですね。たしか川崎市営で短尺新7Eは1台のみだったはず。珍しいのが撮影できてよかったです。

DSCF0354.jpg
ん?側面の上部が色あせているエルガ…ではなく、これは冷房性能向上試験であえて薄い水色にしているようです。これはしずてつや国際興業が屋根を白くしたのと同じことかと思います。確か川崎市営は以前は今の水色より若干薄い色だったようですが、コレに近いのかもしれません(実際見たことないのでわからないですが)。

DSCF0356.jpg
東急バスのMPワンステの後部。東急では上部ランプが小型のタイプを以前採用していたのですが、このでかい車体に小さいウインカーとブレーキランプの差がなんか気に入っていて、見るとついつい撮影したくなりますw

DSCF0358_2014051122210109e.jpg
こんなステッカーが。ノッテちゃんつきですw 最近、こういうステッカーを結構いろいろなバスで見る気がします。コレはバイクや自転車が乗降中に左をすり抜けることで乗客と接触事故が起こることから注意喚起のようです。西武バスでも同じような内容のステッカーが貼ってありますね。

DSCF0362.jpg
東急バスエルガワンステ。そんなに新しく見えないのですが、数が多い横浜ナンバーとはいってもあたらしい方だと思うので違うナンバーのところから転属してきたバスのようです。

DSCF0366.jpg
川崎市営のシティハイブリッド。もともと若干斜めっている路面でニーリングしたので、目の前だったこともありかなり斜めっているなと思い撮影したのですが、撮影してみるとそうでもないですねw

DSCF0367.jpg
おお、東急の観光バスカラーのブルーリボンⅡワンステが来ました。前面がぶれているのと側面も綺麗に撮影できなかったのですが、すぐ回送で走っていってしまったのでこれしか撮影できず…でもようやく特別カラーを撮影することができました。他のカラーも撮影したいです。

DSCF0368.jpg
東急のブルーリボンⅡワンステが来ましたが…お、やっとこの塗装が撮影できました。赤帯一本の新ワンステカラーです。新といっても、もともとツーステ車で採用されていたもので、ワンステは下と上にも赤い線があったのですがツーステが引退(リエッセ以外)したので、ワンステは今後は赤帯一本ということかと思われます。なんだか懐かしい雰囲気があるのと、すっきりしていて気に入っていますが、やっと撮影できました。

DSCF0378_20140511222223e13.jpg
扉側も撮影。個人的に、あらためてみると赤帯の数が減るだけでも結構印象が変わるなと思いました。自分が小さいころ見たバスはやはりツーステが多いので、こっちのほうが以前の東急っぽさがあるのが良いですね。これが今後増えていくと思われますが、これだと新車と従来車の区別もつきますね。

DSCF0381_20140511222230ac0.jpg
MPノンステ。ところで東急バスですが、いつのまにかウインカー使用時のチャイムがついたようで、西武の最近の車両と同様「ピンポン ピンポン」という音がついていました。

DSCF0387.jpg
東急のホームのほうを向いてみると西武6000系が。うーんこの駅で見るのはまだ新鮮です。特に西武線を使わないで撮影に来ている中で西武車を見るというのはあまりないことで、なんか変な感じ。

DSCF0388_2014051122224406e.jpg
東急バスのエルガワンステ。こちらがワンステ塗装。ちなみに初期のノンステのうち、最初期のものはこれと同様の赤帯3本塗装が採用されていましたね。1回だけみただけで引退してしまったのですが…

DSCF0391.jpg
真正面(これはたまたまこうなった)RAワンステ。RAといえば長尺ワンステ撮影したいですね。そうか、南武線沿線だから溝の口乗り換えで田園都市線→田園都市線沿線でバス撮影も容易といえば容易になったんでした。撮りにいかなければw

DSCF0392_20140511222347c98.jpg
川崎市営バスのMPノンステ。前面だけ見るといたって普通の市営バスなんですが・・・

DSCF0395_20140511222356528.jpg
藤子F不二雄ミュージアムの特別塗装車でした。いろんなキャラクターが描かれているのですが、水色の塗装も通常の市営バス(というかこの車両の前面)に比べて薄い仕様になっています。これは、ドラえもんの色に合わせたとかなんでしょうかね。

DSCF0397_2014051122240450f.jpg
東急バスMPノンステ。

DSCF0398.jpg
東急バスの普通のエルガワンステですが…光線の関係か、フィルムで撮った写真みたいな雰囲気になったと思うのですが…こればかりはPCの画面が違うだけで変わってくるので自己満足に過ぎないですね…w これを撮影して撤収。

DSCF0400_20140511222422f89.jpg
ホームに下りると結構な人数電車を待っていたのですが、数分遅れで来た稲城長沼行きにほとんど乗車していきました。まぁ南武線は登戸までは日中でも混雑しますがそれ以降はそうでもないので、稲城長沼まで利用する客が大多数ということかと思います。その後の各停立川行きに乗車。205系でした。で武蔵溝ノ口で快速接続。5割程度の人が乗り換えていきましたが、登戸までの3駅利用者もそれなりにいるので座席は埋まっている感じ。こちらも快速が各停を追い越すことになって利便性が向上した気がします。で、行きは快速でしたが、各停に乗ってみると…登戸までで結構時間かかったなぁって感じましたw 快速+10分ですが、それ以上に長いなぁと…wところで、この電車、ブレーキをかなり強めにかけていたのか、最初の衝動と停車時のショックがかなり激しかったです…w JRだと結構こういうブレーキをしていることが多いですが、これもJRの基本動作(らしい)の一気にB6に入れるというのが目安だからなのか、車両の特性なのかはわかりませんが。。。

DSCF0401_20140511222510858.jpg
南多摩で発車する205系を見送ります。それにしても…相変わらず南多摩は空いているというか、10人程度しか降りてない感じで、発車時点でホームにいる人がほとんどいない状態に…といっても南武線の中ではここより利用客が少ない駅もあるのですが。。。

DSCF0402_20140511222558106.jpg
改札機の上の表示機の上に停車駅表がついていました。現状既に南多摩~立川も快速運転できなくはない(まぁしても南多摩は通過になりそうですがw)ですが、退避可能駅がないのと、神奈川方面に比べて乗客も少ないので、快速と各停あわせて8・9本も必要ないので、とりあえず快速は現状の停車駅で定着しそうですね。
これで武蔵小杉のほうは以上ですが・・・

DSCF0406_20140511222520dc0.jpg
買い物で若葉台に行ったときに暇だったのでそこにいた京王のUA後部を撮影。って実は、ちょうどいた神奈中バスを撮ろうとしたら出発してしまった(画像右に見えてますが)ので、京王バスでもと思い。。。車番の百の位が5なので05年導入ですね。

DSCF0408_20140511222603cb5.jpg
前面も。05年ということはUAの最後期の車両になりますが、京王は更新はしないのでベテラン感が少しだけ感じますが…ちなみにこのバスは若葉台循環になって出発していきましたが、この系統は小田急との共同運行のようです。ほぼ20分間隔の小田急と京王交互運行みたいです。

っていうことで画像は以上です。


さて、ついに相鉄のダイヤ改正が実施されましたね。それより少し前にダイヤが公開されていましたが、せっかくなので日中ダイヤをいろいろ見てみました。
従来の日中は海老名・湘南台方面は、湘南台行の各停が星川で快速退避、二俣川で急行海老名行の接続。大和行の各停が二俣川で快速湘南台行きの接続と急行海老名行の接続を行っていました。土日は湘南台行き各停が4本、快速が2本となるので、各停2本が星川で快速退避、2本が二俣川での海老名行接続のみとなっていました。また大和行は2本に減りますが接続パターンは快速も2本になるため同じとなっていました。
横浜方面については大和発が二俣川で湘南台からの快速と海老名からの急行に接続。湘南台発が二俣川で海老名からの急行に接続し、星川で快速横浜行の接続を行うパターンで、土日になると上と同様にパターンが一部変更になっていました。

これがダイヤ改正になり、まず海老名・湘南台方面は、各停がすべて横浜~二俣川では優等列車に抜かれなくなり、どの列車に乗っても二俣川までは一番最初に到着となりました。で湘南台行きの各停は4本ですが、うち2本が二俣川で快速海老名行に、2本が二俣川で特急海老名行と快速海老名行に接続となりました。続いで海老名行の各停は二俣川で特急湘南台行に接続します。そして、その各停海老名行に合わせる形で二俣川始発の湘南台行が運行されます。ちなみに、湘南台行き特急と海老名行各停は8両のようです。逆にそれ以外は10両ということになりますね。土日も日中は平日と同じになりましたが、こちらも湘南台行特急は8両のようですが、他は海老名行と湘南台行の各停に変則的に8両があり、平日のように統一されないようです。
横浜方面もほぼ同一で、海老名発の各停2本は二俣川で湘南台からの特急と接続。湘南台発の各停4本のうち2本が、二俣川で海老名からの快速と特急の接続。2本が快速のみと接続となります。湘南台発の二俣川行は海老名からの各停・湘南台からの特急に乗り継げるパターンになっています。横浜方面については湘南台発の特急が8両、海老名発の快速のうち2本が8両になっていて、土日はやはり湘南台発の特急が8両、あとは変則的に8両があります。

個人的に面白いなと思ったのは日中に8両の優等種別や海老名への8両入線です。相鉄はそれほど知らないですが、日中の優等に8両が入るのは日中はなかったと思うのと、海老名で8両を見たことがないので。。。
それと日中に途中駅で退避を行う列車が0ということですね。まぁ今までもあまりなかったのですが、今回からは二俣川で違う方向へ、または違う方向からの列車の接続はありますが、同じ方向へ向かう列車の退避はなくなっています。まぁこれについては、全線利用者の速達性も確保したうえで、各駅停車利用者の速達性も維持、横浜~二俣川の優等への混雑集中を避けるには良いかもしれませんし、距離の短い相鉄だからできたダイヤと言えそうです。あと、各停については(途中駅から各駅にとまる快速を含め)今まで二俣川~大和のみ9本(土日8本)だったのが全線で6本になり統一されました。

まぁ改正というのは、すべての乗客にとって正しくなるわけではないというのがつきものなわけで、ダイヤ改正で少し不便になるところもあります。
まぁあげられる点としては、大和~二俣川の間の各駅については停車列車が減ること、大和始発がなくなるという点。それから湘南台~二俣川の間の各停のみ停車駅では、今まですべて横浜に直通していた(快速も含めると毎時6本)のが、横浜直通は3本に減少し、3本は二俣川どまり、そして横浜に直通する優等種別も二俣川などでの乗り換えが必須となったという点かなと思います。まぁすべて横浜直通であったとしても基本は二俣川で海老名からの急行などに乗り換える客が大半であったかと思いますが、強いてあげるとしたら以上の点ですかね。

あとは…、海老名行の特急などは問題ないかと思いますが、湘南台特急がどこまで定着するのかが気になるところです。ちなみに相鉄の特急導入で、大手私鉄は全社、「特急」という種別が使われるようになりましたね。
この件は以上。

最後に久しぶりですがBトレの発売情報ネタでも。。。
まぁつぶやきで触れた京急と西武はつぶやきのとおりですが、5月は…もういいとして、6月は、
・115系新長野色
・しなの鉄道115系
・しなの鉄道115系ラッピング
・長野電鉄2100系ラッピング(元NEX)
・東急5000系青ガエル
・熊本電鉄5000系青ガエル
が出るようです。どれも一般販売ということですが、新長野色は以前セット化され発売されましたが、結構人気だったようですぐ売り切れたようです。しなの鉄道は通常のとラッピングのが別々に出るようです。ローカル私鉄(3セク)の製品化良いですね。長野の元NEXですが3両で販売、ラッピングはステッカーっぽいですね。となると通常色も出来るということですね。で気になっている青ガエルですね。 とりあえず青ガエルは予約していますが、他は新長野は持っていますし、他はあまり知らないですし、そもそも5月に怒涛の発売ラッシュがあるためパス。

7月は、
・885系Aセット・Bセット
・のと鉄道NT200形ラッピング+一般車のセットが2パターン
・東急5000系田園都市線
・東急5080系目黒線
が出るようです。のと鉄道は最近流行りの地方ローカル線の製品化ですね。ラッピングのファン+鉄道ファンが両方買えるので、以前のように地方私鉄がひたすら売れ残る(流鉄とか)危険も少ないため、良い販売方法に感じますね。885系はJR九州ですが九州の車両のBトレはほとんど出てないので人気でそうです。
自分は東急5000系は半蔵門線8000系、東急8500系、東武車と合わせられるので購入したいところですね。

8月は、
・E233系6000番台(横浜線)
・115系まんぷく宝島号Aセット・Bセット
・485系
・阪急8200系
・鹿島臨海6000形 ガルパン2号・通常
・アルピコ交通3000形 ラッピング1両+一般1両
です。E233系は早速の登場。KIOSK版で出そうだなと予想していたのですが、一般販売。っていうことは埼京線7000番台がKIOSKかな。115系は広島地区のラッピング車だそうです。阪急8200系といえば2両編成の増結車で、6ドアみたいに座席収納。側面は3枚窓ではなく2枚窓のやつですね。5月の8000系と組み合わせられますし、他の阪急車とも組み合わせ出来ますが…結構マイナー形式だと思うのですが、一般販売ということで、まぁ阪急は特に人気が高いということがうかがえますね。鹿島臨海は2種類目ですね。一種類目が人気だったんでしょうね。で、驚きはアルピコ交通。ついに実質再販。ラッピングと一般車一両ずつなので、2箱買うとどちらも編成になるようです。
自分はとりあえず保留というか、今のところ購入したいものはない感じです。バスコレ第19弾で欲しいバスと立川バスに資金を捻出したいので…
とりあえずBトレは発売ラッシュですね。ただ、値段が上がっているのでやはりこれからは「ちょっと知っている」「興味がある」だけで購入するのは厳しいので、特に思い入れのある車両のみの購入ですかねぇ…


今回は文章多めで見づらくなってしまいすみません。。。では今回はこのへんで
22:28  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.01 (Thu)

◆2014 Vol.14◆

こんばんは。

少し更新の間が開いてしまいましたが、前回も書いたように、東村山から府中に引っ越しました。で、17日に一応引っ越しとなり、それ以降は府中で生活していますが、ようやくインターネットが開通して、やっと普通の生活が始まったなという感じになっています。で、その関係で、大学の空き時間などをフルに引っ越し関連に費やしている影響が出ておりまぁブログの深刻なネタ不足が発生しておりまして…まぁ通常通りのブログ更新再開にはもう少しかかりそうです。
で、府中と言っても結構広いわけですが、是政のあたりになります。東村山では多摩湖線の音が聞こえてきましたが、今度は南武線が鉄橋を渡る音が結構な音量で聞こえてきます。ついでに対岸ですが、南多摩に到着する際の減速音も205系なら聞こえてきますw 
まぁそういうことで、一言でまとめると、これからは府中配信ですよ~っていう話です。
府中といえば、京王バスがやはり中心なので、今後は京王バスの見たまま情報などもつぶやくと思います。でも、まぁでもやはり第1には西武線と西武バスなのでそちらも今後もしっかり拾っていきたいと思います。

さて、っていうことで深刻なネタ不足なわけですが、とりあえず、武蔵小金井の西武バス待機場周辺で何枚か撮影したのでそれをまずは掲載します。

DSCF0239.jpg
関東バスのUAノンステが待機していました。関東バスでも既にフルフラットタイプの新7Eワンステの引退が進んだようで、着実に新7Eの消滅が近づいた印象です。。。

DSCF0241.jpg
西武バスエルガと京王のレインボーⅡが並んで停車していたので撮影~。ところで京王バスの車番ですが、前面に出ている3ケタの百の位はどうやら導入年を表していたようです。で、側面などの5ケタの万の位でメーカーを示しているようです。これは9なので2009年導入となるようです。今後は京王もこれで判別の方法がわかったのでいろいろ使おうと思います。

DSCF0245.jpg
A3の西武バスJPワンステ。どうやら西工にも既に引退が出始めているらしいので、この車両たちもそろそろ危ないですね。とはいえ、これの代替になる中型ロングがないので、今後どうなるのか。まぁ大型も無理ではないですが。。。ちなみに、このJPたちは、専門運用以外に、時々立34でも運行されています。

DSCF0248_201404262325090ff.jpg
先ほどの滝山のエルガ。滝山にエルガがいるっていってもUDや三菱に比べればわずかなので武蔵小金井で撮影できる回数もそんなに多くありません。

DSCF0250.jpg
QKG-MPワンステですが、2500台なのにもうラッピングが。もともと東京じゃラッピング自体それほど多くないので、新車にあたることは少ないと思うので少し違和感。。。

DSCF0254.jpg
駅南口まで移動して電鉄カラーのMP。そういえばこの構図では電鉄カラーは撮影していませんでした。この車番の百の位は2ということで、2012年製ということになります。ちなみに5ケタだと万の位が3。日野2、三菱3、UD4のようです。

DSCF0260_20140426233854825.jpg
待機場まで戻って新しい方のJP。

DSCF0264.jpg
MPワンステ。標準尺の普通のMPワンステ。この前のときみたいに時々短尺ワンステを見ると、なんとなく都心に近いなっていう感じがします。

以上です。

続いて…引っ越した先は南武線の鉄橋に近いと書きましたが、せっかくなので様子見として土手まで行って南武線を見てきたので画像を…

DSCF0272.jpg
←が稲城方面、→が府中本町で奥が貨物(武蔵野線の貨物区間)です。うーん、どこかの田舎で電車を見ている気分ですねw ちょうど電車が通過していきましたが、なかなか良いですね。

DSCF0273_201404262339150fb.jpg
ちょうど貨物が来たのでついでに。貨物は奥で一段高く
なっているので、ためしに見てみましたが、これは意外といけそう。一段高くて撮影しやすいということは、これより一段下に降りてみても良さそう。。。

DSCF0274_20140426234107eb5.jpg
逆を向いてみると…府中街道の是政橋が。なかなか絵になる気がしますが、一応都内です…w で下に降りるといったのは前の文字が書いてある部分です。是政橋の近くに下に降りる坂があるので行ってみます。

DSCF0275_201404262341116b7.jpg
対岸の奥の山(というか丘?)の部分から高層なマンションが見えます。稲城というか若葉台の手前(若葉台はもう少し右で山の向こう)にある住宅です。夜になるとライトもつくのでなかなかいい景色です。

DSCF0278_201404262341171a9.jpg
下に降りてポイントを探っているうちに1本来ちゃったので練習で撮影。後ろが切れてますがズームしすぎました…w ところでこの編成、立川よりの中間2両だけドア窓が小さい転属車で、それ以外がドア大窓車。こんな編成南武線にもあったんですね。南武線には大窓の転属車はいない(最近1編成横浜線からきているみたいですが)ので、これは生え抜き編成に中間2両転属車を入れたようです。故障かなんかで入れ替えたということかもしれません。

DSCF0280_2014042623412222e.jpg
川崎行の205系が来ました。おおっこれはなかなかw 成功といえるんじゃないでしょうか。架線柱も思ったより気になりませんね。それにしても…ここはどこっていう感じの緑の多さですw

DSCF0281_20140426234128f87.jpg
桃太郎牽引の貨物。

DSCF0282.jpg
209系が来ました。立川方面もなかなか良い感じに撮影できますね。これはE233系に統一される前に何度も通いたいポイントです。

DSCF0283.jpg
引いてもう1枚。あえて車両に近づけずに撮影するのも風景写真みたいになって、これも意外といいですね。

DSCF0284_20140426234334bac.jpg
川崎行の205系をもう1枚。とりあえず川崎行が一番しっかり撮影できるかな。もう少しで架線柱とかぶるところでしたが…(汗

続いて、多摩川から少しだけ離れて、是政駅付近から郷土の森付近に抜ける歩行者用(自転車用)の道路と南武線が結構低い位置で立体交差しているとの情報を得たので、行ってみます。

DSCF0291_201404262343402e9.jpg
到着。どうやらここは上下線の橋桁が分かれているようです。こういう雰囲気、本や映像などでは見ることがあるものの、実際生で見たのは初めてです。

DSCF0294.jpg
高さは…こんな感じ。ワンボックスタイプの車だと頭がつっかえます。自転車でギリギリという感じです。

DSCF0296_20140426234444da1.jpg
川崎方面の橋もこんな感じ。こちらは真下から電車の下が見えるタイプで通過時の音も大きいようです。枕木が出っ張っているので結構細いですね。

DSCF0299_20140426234450712.jpg
電車が来るとこんな感じ。画像だとそうでもないですが、かなりの迫力で、1本前の電車は思わず後ろに後ずさりしそうになりましたw 車体はこちら側に出っ張っていますし、なんか台車周りの部品が飛んできそうな(実際飛んできたら大変なことですが)雰囲気が…w。ちなみに立川方面は速度と構造のせいか新宿の大ガードなんかより音も小さく迫力なく思えました。

っていうことで、深刻なネタ不足の中なんとかこの記事をつなげることができました…(汗

さて、続いて…鉄道コレクション静鉄1000形分散型冷房車の紹介です。

DSCF0301.jpg
4月に一般流通品として発売された鉄コレ静鉄1000形。以前には冷房改造車の集中型冷房を採用している1006編成が発売されましたが、第2弾Bセットとして分散冷房車が発売されました。あまり変わらないといえば変わらないですが、静鉄ということでこれは手に入れないわけにいかないということで入手。ところで、本当ならほぼ同時期にバスコレのしずてつMPワンステが発売になるはずでしたが、1か月延期されています。ってなわけで、自分はヨドバシでどちらも予約していたのですがこちらが先に来ました。ヨドバシの通販は送料もかからず(且つある程度安い)、発売時にすぐ来るので親切です。

DSCF0310_20140426234631e58.jpg
今回は1009編成がモデルとされました。まぁ1009~12のうち1009しか通常塗装じゃないからということかと思います。相変わらず出来は良いですね。

DSCF0311_2014042623463632f.jpg
分散型冷房。これとステンレスの組み合わせは東急らしさを強く感じますw 静鉄1000形も自分はどちらかといえばこちらの分散型冷房車が好きです。

DSCF0312_20140426234734a6f.jpg
しっかり下枠交差型パンタです。ただ肝心のパンタが少し歪んでいるのがちょっと残念。まぁここは個体差がある部分です。

DSCF0313_2014042623473835d.jpg
Aセットの集中型冷房との比較。

DSCF0314.jpg
ステッカーはAと変わらないかな。一応従来の「新静岡-新清水」も入っています。自分はこちらのほうがなじみがあります。

DSCF0315_2014042623474938e.jpg
せっかくなので1006編成の方はスカートを外してみました。一旦床を外せば簡単に取り外しができます。個人的にはスカートなしのほうが見慣れていますが、当初は変に感じたスカートも案外馴染んでいる気もしますね。。。

DSCF9899.jpg
続いて…Bトレ5050系4000番台Shibuya Hikarie号です。組み立ててあったのですが紹介していなかったものです。特殊印刷で若干値段が高めな設定でしたが、通販で比較的安く購入。最近Bトレの値段があがっているので正直定価で買うのはきつくなりつつあります。。。これ以上の値上げは抑えてほしいですねぇ… あ、自分は初めてのSGシャーシとなります。

DSCF9901.jpg
ステッカー。東急マークは既に印刷されてあるので使用しません。うーん、1編成だからだと思いますが、もう少し行先等を増やしてほしかったですね。

DSCF9903.jpg
今回も、ガラスパーツがあらかじめ取り付けられていました。どうやら特殊印刷で、ガラスにも印刷が入る関係であらかじめ取り付けてあるようです。まぁこちらとしてはこれだけでも組み立てられていると楽なので、通常のもこうしてほしいですw

DSCF9904.jpg
SGシャーシですが、このように車体の床と台車フレームうが一体化されていて組み立ては楽になった…というか、以前の旧シャーシにも似ている感じがしますね。ちなみにこうなって床と台車が一体化されたため、これとは別にSHGシャーシも入っています。うーん、一つに統一した方がコストもかからなそうですし、それだったらSHGで良かったんじゃね?って感じもします。。。

DSCF9906.jpg
車輪。右が新タイプです。サイズが小さくなりましたが、以前よりも凹凸が減ったのと細くなったので、Nゲージの線路に乗せるのがかなり難しく、しかも転がりもかなり悪くなりました。。。

DSCF0303_201404262345005fe.jpg
お待たせしました。前面です。それにしても通常の編成にくらべて派手で良いですねw 黄色塗装良いですね(一応設定上は金色のようですが)。

DSCF0306_20140426234504d21.jpg
Tc 4110。今回、台車レリーフが黒色となって実車通りになっています。

DSCF0307_20140426234617b2e.jpg
M 4210。特殊印刷はやはり綺麗でいいですね。号車表示ステッカーはアクセントになっていていいですね。

DSCF0308_201404262346223f9.jpg
M 4910。今回、屋根の左右と特殊印刷の黄色部分が号車によって向きが違うのですが、側面のガラスパーツと側面パーツの組み合わせを変えれば対応できます。

DSCF0309_20140426234627462.jpg
Tc4010。

DSCF9917.jpg
屋根。黄色で派手ですねぇw

DSCF9918.jpg
通常色との並び。色が違うだけでも結構違って見えますね。

DSCF9920.jpg
なぜかななめっていますが西武新2000系との並び。今考えれば模型の世界なのでブラックフェイスの新101系と並べたほうが良かったかも。黄色だとやはり親近感がわきますね。

今回のは5050系とパーツ等は共通なので、一部事項のみ評価します。

ステッカー充実度:3
→もう少し多くできたんじゃないかな。まぁ不足があるわけではないですが、もう少しあっても良かったかなと思います。

組み立てやすさ(SGシャーシの):3
→組み立てやすさは向上したかと思います。

SGシャーシですが、個人的にはシャーシ自体は良いかと思いますが、車輪がかなり改悪かなぁと思ってしまいました。ディスプレイが難しくなったのが、最大のマイナス点かなぁと思います。最近、シャーシの改良等も合わさってどんどんBトレの値段が上がってきていますが、正直言ってSHGシャーシを本格採用したのがそもそも失敗だったのではと思います。そして、車体の構造や出来等はほぼ変わらないのに台車を変えて値上げ、しかも問題点もある となるとちょっと。。。もちろんそれが嫌なら買わなければいいといわれればそれまでですが、ちょっといろいろな部分を見直してほしいなぁと思いました。
と、いろいろ文句を書いてしまいましたが、Bトレ好きには変わりないので、これからも今までに製品化されてない車両の製品化をお願いしたいですね。

ということで今回は以上です。
21:00  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。