2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.01.01 (Sat)

西武鉄道2000系

2000系は1977年に登場した形式。西武初の本格的な4扉車。西武新宿線専用として導入され、現在でも全編成が新宿線に配置されている。2連、6連、8連があるが、8連は後になってから6連に2両を組み込んでいる。車内はすべて更新済みであるが、更新時期によって更新内容に差があり、9000系と同じような内装の車両もあれば、新2000系・新101系更新車と同じような内装の車両もある。また8連は前述のように後から編成組み換えが行われたため、更新時期もずれていて、編成内でドア窓などの支持方法が異なっている編成もある。新101系よりも登場年が早いが界磁チョッパを採用したこと、新2000系とあわせると、2連・4連・6連・8連・10連と柔軟な編成で運転できることで、置き換え予定はいまのところは無く、当面は元気な姿が見られるだろう。

2100.jpg
西武新宿線系統の路線では、どこでも見かける形式であるが、池袋線では一切見られないのが2000系の特徴。 東村山駅

2101.jpg
2連はダブルパンタになっているが、更新済みのためシングルアームタイプとなっている。 西武新宿駅

2102.jpg
3つある表示機のうち、2つを使用している。未使用の部分は、黒くなっている編成と白くなっている編成が存在する。こちらは黒くなっている。 東村山駅

2103.jpg
こちらは白くなっている。またこの編成は2000系のトップナンバー編成。 西武新宿駅

2104.jpg
一部編成は方向幕を採用している。 東村山駅

2105.jpg
スカート部に放送装置がついており、併結時に音と注意歓呼が流れる。また、この画像は一時期の車両不足で、狭山線で新2000系2両と併結されて運転されていたときの画像。 西武球場前駅

2016.jpg
新2000系との並び画像。同形式ながら、側面や前面デザインは異なっている。 東村山駅

2017.jpg
国分寺駅

2018.jpg
西武新宿駅

2019.jpg
東村山駅

2020.jpg
2000系2連と新2000系4連での国分寺線運用は比較的珍しい。 国分寺駅

2021.jpg
西武線では原則西武新宿・飯能よりに2連が連結されるため、先頭がダブルパンタ車となる場合が多い。 西武新宿駅

2022.jpg
国分寺線・西武新宿線では当たり前の存在。 国分寺駅
スポンサーサイト
00:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/17-ade2c5dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。