2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.25 (Sun)

☆04月24日(土)☆


こんばんは。

今日は父が新宿の住友ビルで「平和記念資料館」を見に行きたいといっていたので一緒に行ってきました。

平和記念資料館を見て、今はかなり平和なんだな と思いました。


で、そのときに勿論、電車とバスを撮影したので画像を。。。

行き、帰りとも乗ったのは西武線だけです。
で、行きは・・・

DSCF1751.jpg
東村山で発車案内を見ると、10両3ドアの表示。新101系4+4+2でした。やっぱり偶然こういうのに会うのは嬉しいです。で、乗った場所は281Fのクモハ281。この編成はドア開閉音が3000系とかの閉まるときに「プシュー」という音がするものではなく、開くときに「プシュー」という音がするタイプの方でした。これは結構珍しいもので、STK-4Dとかいうやつらしいです。
多くの車両がその3000系とか2000系・新2000系初期・中期のものに交換されたそうですが、一部編成がまだ未交換で残っているらしいです。 

西武の3ドアっていうとやっぱりこの黄色が強い壁の色と、
DSCF1752.jpg
茶色のシートですね。   これで新宿まで抵抗制御音を楽しめました。。。ちなみに急行でした。

DSCF1749.jpg
いつのまにかこんなシールを貼り出した模様・・・w

DSCF1759.jpg
新宿到着。やっぱりスカート無いほうがかっこいいですね。4ドアが最初に本格導入された新宿線に、まだ優等種別に普通に3ドアが入るってのはなんかすごいなって思います。やっぱり1日でも長くこの編成で運用してほしいです。
そういえば新宿線は2連の連結位置が新宿寄り と決まってないようで、新101系の場合は大体本川越寄りについています。個人的にはどの2連車も本川越寄りについてくれると、新宿寄りの2両目が必ずM車になり、新宿で1両分歩くだけでM車に乗れるのでそれの方がいいです(ただダブルパンタで先頭が見れないですが・・・)

DSCF1761.jpg
でも、塗装が結構傷んでますね。。。

DSCF1774.jpg
新宿西口でバス撮影。CNGが今回も普通にいました。新宿では絶対会う車種です。CNGは側面の前扉と中扉の間の窓配置が独特ですね。

DSCF1776.jpg
CNGとあわせて毎回会うエアロスターノンステップ。フォグランプ無しってのは何回も見ますがやっぱり違和感がありますね。

DSCF1778.jpg
ちょっとみづらいですが都営のブルリです。もう首都圏では古参な分類ですがそれがまだ都営に残っているのはいいことですね。

DSCF1781.jpg
京王バスのエアロミディノンステ。7M車でCNGとか東大和市のちょこバスを思い出しますw

DSCF1783.jpg
都営の西工ノンステップの側面だけ・・・w。全体的に結構かくばってますな。

DSCF1788.jpg
京王のエアロミディですが、ここだけみると今のエアロミディ・スペースランナーとの区別がつきづらい。。。っていうか今のは前 西工、後 三菱なのでほぼ一緒なんですが・・・

DSCF1800.jpg
なんか見覚えのある塗装だな~とか思っていたら、学校のスクールバスに入ってる会社のグループ会社のバスでした。これと塗装が全く同じのブルリシティを平日、毎日見てます。。。

DSCF1801.jpg
側面はこんな感じでハイビスカスが描かれています・・・w。ちなみに緑やピンクもあります。

DSCF1802.jpg
京王バスが運行している「新宿WEバス」です。中扉から後ろは窓が天井近くにもついている特注仕様です。

DSCF1805.jpg
再びCNGが。京王は関東ではかなり早い時期から西工を入れていたこともあるので、この窓位置が高いほうのタイプが多いです。

DSCF1807.jpg
西工の7M。結構珍しいですね~。7M級のこういうポンチョとかリエッセとかじゃない普通サイズ?のバスは結構すぐに生産中止になってしまったんですが、このチョロQに似ている姿がいいですね。

DSCF1813.jpg
京王高速バスのエアロクイーン(エアロバスかも)です。山中湖行きの2号車です。

DSCF1816.jpg
アルピコ塗装のエアロクイーン(エアロバスかも)です。諏訪バスのようです。この色、結構好きなのでいつか路線用も撮影にいきたいところです。

DSCF1819.jpg
WILLER EXPRESSとかいうバスのようで、住友ビルにターミナルって書いた場所がありました。名古屋ナンバーでした。

DSCF1820.jpg
東京空港交通・・・いわゆるリムジンバスですね。やっぱり高速バスとか観光バスはあんまり興味ないので、この会社のことは全く分かりません・・・w

DSCF1821.jpg
富士重ノンステップ。このフルフラットノンステと呼ばれるタイプは最終的にはあまり増えませんでしたね。個人的にはこっちのほうが「ノンステップ」らしいと思っているのですが・・・

DSCF1822.jpg
ぉ また都営のブルリですね。こっちはスロープ板つきのようです。こっちのほうが前面ライト周りが通常タイプで古く見えますが、新しいようです。

DSCF1824.jpg
エアロスターですが上のブルリよりナンバーが古いです。ということとナンバーが22ってことで結構初期のノンステップです。ただエアロスターの場合は全然初期っぽさがないデザインです。まぁということは完成度が高いデザインだ。ってことですかね。

DSCF1827.jpg
エアロミディはフォグの部分が完全に穴が開いていて随分大胆なことをしてますね。まぁこれはこれで有りだとは思いますが。。。

DSCF1830.jpg
どうやら小田急箱根高速バスがやってるバスのようです。銀一色ってのが特徴的ですね。

DSCF1837.jpg
これは・・・まだ関東では西工が珍しかった頃のやつですね。クーラーの位置・形状が普通の中型ロングとは違います。ただ前面デザインは現在のとほぼ変わらないタイプです。 関東じゃかなり貴重なんじゃないですかね~?

DSCF1838.jpg
東京バスとかいうらしいです。さっき言ったとおり高速・観光は分からないので、どんな会社なのかはよくわかりません。

DSCF1840.jpg
最後に都営のブルリノンステを撮影。こいつは東京バス案内2のモデルですね。初期ノンステなのでいつまで都営で残ることができるのか気になります。

これで撤収。そういえば撮ることはできませんでしたが、富士急行の観光バス塗装のレインボーノンステップがいました。今度見たら撮影したいです。本当は小田急で帰ろうかと思いましたが、時間が遅くなったので西武で帰ります。

ちょうど「各停新所沢」があったので空いてるしそれで帰ることに・・・。新所沢までいく各停はそんなにないですね(ほとんど上石神井・玉川上水・拝島)

DSCF1855.jpg
30000系でした。こんなに西武に乗ってもまだ乗車2回目です。ということで、各停で空いてるということもあり、いろいろ撮ることが出来ました。 混んでるときに車内撮影とかはできないのでね(まぁできなくはないですが周りの人に迷惑をかなりかけますし、絶対やりませんが)

DSCF1859.jpg
ちゃんとLCDも撮影。メトロ10000系と同タイプのもののようです。 LCDはメトロ車と違い、他社の広告中心でした。

DSCF1860.jpg
シートは形が独特ですね。

DSCF1866.jpg
う~ん、たまご型ですね~w。あと窓がやっぱり大きいですね。

DSCF1863.jpg
つり革形状も独特。最近の新車は結構共通化されてきていますが、西武はそのなかでも結構独特なところがおおいですね。30000系には結構力入れてるみたいですね。

DSCF1867.jpg
貫通路は強化ガラスです。この幅は旧101系の両開きドアみたいですね。 そういえばメトロ15000系はA-trainですがこの形じゃないようです。。。

DSCF1868.jpg
乗った編成はトップナンバーでした。  30000系、やっぱりドアの開閉音が大きいですね。リニア式のようでJRのE231系の0番台とかと同じ方式ですがそれよりも音が大きい気がします。あれ、ちょっとでも大きい音でびっくりする人には結構びっくりするかもしれませんね。。。

DSCF1869.jpg
東村山到着。最近は急行や準急に慣れていたのでかなり時間がかかった気がします。ただこのゆっくり行く感じもなかなかいいですね。ドア開閉音も加減速音も聞けるので。。。

そういえば3ドアで本川越・新所沢行きってないんですかね~。。。最近、全く3000系に乗ってなく、乗りたいので~・・・

とまぁこんな感じで結構電車・バスも撮影できて良かったです。

では今日はこのへんで
スポンサーサイト
00:51  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

113系が東海・東日本とも昔はこのタイプでしたので。 >
そういえば103系は開くときに音がしていましたね。まぁ103系はそこよりも閉まるときの音が特徴的でしたが。。。 あと115系は音がしながら開くタイプでしたね。

201系や205系はこれに似た茶色>
自分は青色のシートを思い出しますね。

伊豆箱根鉄道でも売っていました>
そういえば前に西武新宿で伊豆箱根1300系の時計が売っていました。グループとはいえ、親会社でグループ企業のものを販売していたのは面白いですね。

新101・301系に出会うことが多くなっているようですし…>
池袋線では30000系2連の登場で301系+101系がかなり離脱してしまいましたが、新宿線では30000系で10両編成ができないのでその分、10両が作れる101系、301系が残っているようですね。

E233系のように床面を下げたのかなと>
そうですね。20000系も低いほうですがさらに下げたっぽいですね。

西武がデザインに力を入れて製作したことが伺えますし>
なんか、西武・メトロは大手私鉄の中で、結構デザインや内装に工夫がされていますね。

大きな音だなと思います>
ドアの開閉に興味がある人には、久々の「爆弾ドア」の車両が登場で、良いことなんですが、一般から見てどうなんでしょうかね・・・?

8両のそれを最近聞かないですね。>
確かダイヤ改正後に小平で久米川方向に向う3000系各停を見た気がします。

西武好きの知人の情報を待ちたいと思います>
ところで一つ聞いていただきたいことがあるんですが、「国分寺線での3ドアの運用は残っているかどうか」を分かったら教えていただきたいです。。。

7MのCNG車は初めて見ました>
一応、東大和市のちょこばすはすべてこれで統一されています(代走で西武カラーのリエッセになることがありますが)

屋根のボンベを支えるため…? >
でも他社のは通常と変わらないですね。西工だけは特別な装備でもしてたんですかね・・・?

特注車を入れているあたり>
このWEバスでもやっぱりフォグランプが省略していますね。
あと最近は標準化がかなり進んでいる中で特注とはいいですね。
まぁ最近はこの前も言ったように「標準仕様」じゃないノンステップもまた出てきたようですが、あれは車内の配置の違いだけですからね・・・そういう意味でもWEバスはかなり珍しいですね。

これも関東では京王が初導入でしたかね?>
恐らくそうですね。あと京王以外ではあまり聞いたことありませんね。

通路との間に段差があるのかなあと思います。>
たしかスロープ上になっていますね。

前面右下の確認窓は富士重では珍しいですよね>
新7Eのうちの初期車にはこれがついていますね。
自分は最近、毎日西武のこの確認窓付きの車両を見てるので慣れてしまいましたw

何か中扉の位置が随分後ろにあるように見えます。>
4枚扉の分、後ろ側が短くなっているのかもしれません。まぁ西工の中型ロングは結構どれも後ろ側にありますが、それよりも短いのかもしれませんね。

あと個人的に4枚折戸が小さく見えるのは気のせいですかね・・・?

運行事業者の方も合理化でややこしくなっています… >
そういえば西武バス立川営業所もグループ企業に委託しているようです。

このデザインはなかなか清楚でいいなあと思いました>
ちなみに、新しく入ったといったキュービックもこの会社です。塗装が全く違いますがハイビスカスだけは共通で入っています(笑)
個人的には色違い(青以外ではなくピンクや緑)を期待していたんですが・・・

でも見慣れたデザインのバスにここで出会うとは思わなかったのでは?>
そうですね。まぁ他の場所でも見たことがありますが、新宿で会うとは思わなかったです。

しずてつの観光バスを見たりしたような>
そういえばこの前、高速道路で高速バス仕様と観光バス仕様のしずてつを見ることが出来ました。やっぱり住んでいたところのバスを見るとなんか安心します(まぁ同じく西武バスもそんなかんじですが)

このデザインは僕も好きですね。 >
そういえばこのグループはちょっと前まで、モノコックバス(特にブルドッグ)が多くて有名でしたね。今は関東からの譲渡車の影響でかなり減っているようですが・・・

僕は好印象を持っていないです>
まぁ高速バスの運行会社が増えることはいいですが、それに押されて伝統ある高速バスがなくなったりするのは残念ですね。

あとスロープ付きバスなのが現代仕様ですね>
最近はバリアフリーの関係でこういった送迎バスなどにもノンステ・ワンステを入れることが増えてきましたね。

これは何でしょうかね…?>
ちゃんとしたレインボーノンステの路線車でした。まぁあれで普通の富士急仕様だったらさらに面白いですが・・・

実は撮影開始直前にそれが通過し、撮りたいと思っていたのですが撤退直後に通過しました・・・  次回は撮りたいです。

液晶型運賃表示器>
そういえば西武バスではICカード対応後もそのままの運賃表示機を使っています。 個人的にはあのオレンジLEDの表示が「バス」っぽい気がするので、液晶も見やすいですが、変えなくてもよかったかななんて思います(ただ一般からみたら液晶の方が人気だとは思いますが)

静岡駅の各バス乗り場上部に装置があって>
そういえば流れていますね。 関東バスの吉祥寺でも同じような装置があったと思います。 まぁ個人的にはニュースがLEDで流れるのは新幹線のイメージが強いです。

では
HIROKI |  2010.04.26(Mon) 21:04 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こんばんは。おっ、久々の撮影行ですね(^^)
では、今回の記事にコメントさせていただきますね。

・平和記念資料館
行ったことはないですが、東京のJR車内で水木しげる氏のイラストによる施設案内を見たことがあります。
今はかなり平和なんだな と思いました。>
そうですね。こうして自由に写真を撮ってブログにアップしたり、コメントを書いたりできるのも平和な世の中だからこそですね。昔戦争が起こり、多くの人々の自由が、そして命が奪われたという事実を決して忘れてはいけないと僕は思っています。

・西武線
行きに新101系、帰りに30000系と、どちらも少数派の車両に乗ることができて良かったですね。

まず行きの新101系について…ドア開閉音の開くときに「プシュー」という音がするタイプ、珍しく、また個人的には懐かしいですね。113系が東海・東日本とも昔はこのタイプでしたので。
壁と座席の色…3ドア車のこの色、落ち着いていて良いですね。でもどちらも、他社を含め減ってきている感がありますね。座席の色に関しては、昔の201系や205系はこれに似た茶色(7人掛け席の真ん中だけ白色)でしたが、いつの間にか変わっていました…
こんなシール>
これと似たデザインのホワイトボードだったかを伊豆箱根鉄道でも売っていました(昨日、伊豆長岡まで行ってきた時に発見)。
優等種別に普通に3ドアが入るってのはなんかすごいな>
僕も同感です。しかも土休日ダイヤに関しては今春に10両運用が復活してますからね。それ以来HIROKIさんも新101・301系に出会うことが多くなっているようですし…30000系の増備次第だと思いますが、おっしゃる通り1日でも長く走っていてほしいですよね。
ただ、塗装の痛みは気になるところで、やはり引退が近いのかも…

帰りの30000系…まず初めの写真ですが、ホームと床面の段差が全然ないんですね。E233系のように床面を下げたのかなと(詳しく知らないもので…)僕も乗ったのは1回だけで、しかもその時は混雑していたので車内の様子は細かく分からずじまいでしたので、この点は気づきませんでした。貫通扉にたまごが多数描かれているのも新発見でした。
それにしても車体断面といい、ドア横仕切り板といい、吊り輪の形状といい…本当に「たまご」な車両ですね(笑) 西武がデザインに力を入れて製作したことが伺えますし、鉄道ファンならずとも目を引くいい車両だと思います。
あと特徴的なドア開閉音の大きさ…確かにE231-0番台よりも大きな音だなと思います。ある意味開閉チャイムがなくてもいいのではと(笑)。昨年末西武線に乗ったとき、元加治停車中に30000系と行き違ったのですが、向こうのドア開閉音がこちらの車内までよく聞こえてきましたよ(笑)
各停新所沢行きはそう言えば珍しいですね。各停本川越行きは日中毎時2本あったと思いますが(小平で拝島快速と接続)、昔は新所沢・本川越行きというと全て優等列車だったイメージがあるので、今でも何か違和感があります。
また、3ドアの新所沢・本川越行き、そう言えば8両のそれを最近聞かないですね。3月以前のダイヤにはあって、僕も3000系の本川越行きを見ましたが…例の西武好きの知人の情報を待ちたいと思います(ただ彼はこの頃忙しいらしいです…)。

・新宿西口のバスたち
さすが新宿、路線・高速・観光etc.様々なタイプのバスが出入りしていますね。中でも高速・観光バスはこのブログで目にするのが珍しいこともあって新鮮に映りました。沢山の種類のバスが撮影できて良かったですね。事業者別にコメントしていきますね。

京王バス…CNG車が多いですね。燃料充填設備の関係もあるので集中配置していると思いますが…7MのCNG車は初めて見ました。
CNGは側面の前扉と中扉の間の窓配置が独特>
本当そうですね。しずてつのGNG車もそうですが、柱が太くその分窓が狭くなっていますね。屋根のボンベを支えるため…?
新宿WEバスは初めて知りました。窓が天井近くにあるのは高層ビルを車内から眺めるため…?特注車を入れているあたり、京王の自主運行か自治体委託か分からないですが(汗)力が入っていますね。
西工の7M車、チョロQそのものですね(笑) これも関東では京王が初導入でしたかね?僕は昔京王で初めてこのタイプに乗ったので、その印象が強くあります。
富士重のフルフラットノンステ、僕は見慣れないせいもあって珍しく感じます。今回の写真を見た感じでは中扉後ろの座席はちょっと位置が高いようで、通路との間に段差があるのかなあと思います。今普及しているノンステ車は中扉の後ろで床面全体に段差をつけていますが、立つ人が前~中扉間に固まって後ろまで来ず、その分混雑が激しくなってしまうのが難点だと思います(何度かそんな場面に出会いました)。フルフラットならその点が緩和されそうですが…あと、前面右下の確認窓は富士重では珍しいですよね。四角い形状も初めて見ました。
西工中型ロング初期車、何か中扉の位置が随分後ろにあるように見えます。単にクーラー位置の違いでそう見えるのかもしれませんが…関東で珍しいのは確かでしょうね。

都営バス…もともと品川(営)と杉並(営)が日野指定、早稲田(営)が三菱指定で車両を導入しており、今回の写真はその原則通りになっていますね。
都営は以前の記事にあったキュービックもそうですが、意外と古参車の部類に入る車両が残っているんですね。車両の絶対数が多いので全車置き換えずにDPF取付で対応しているのでしょうが、見る側としてはバリエーションが多くなって良いですね。ブルーリボンだけで3タイプもあるのはさすがだなあと…
エアロスターノンステ、他メーカーのノンステ車は最後部の窓がふさがれていますが、エアロスターはそれがなくてすっきりとしたデザインですね。しかもその前に登場している2ステ車ともさほど変わらず…やはり完成度が高いということかなと思います。
ちなみに2回写っている王子駅行、(ご存じかもしれませんが)青梅街道~環七通り経由で、23区内では最も長距離の路線です。あとこの路線担当の杉並(営)ははとバスに業務委託しており、実際に運転しているのは(都営バスの制服を着ていますが)はとバスの従業員です。バスのメーカーがOEMでややこしくなっていますが、運行事業者の方も合理化でややこしくなっています…

学校のスクールバスに入ってる会社のグループ会社のバス…確かに前面のハイビスカスが、以前HIROKIさんからいただいた写真のバスと同じですね。このデザインはなかなか清楚でいいなあと思いました。でも見慣れたデザインのバスにここで出会うとは思わなかったのでは?例えて言えば旅先で静岡の観光ポスターを見たりしずてつの観光バスを見たりしたような感じですかね(笑)
(そう言えば、新宿でも甲州街道にはしずてつバスが毎日「駿府ライナー」で走っていますね)

新宿西口の高速バスと言えば最大勢力は京王等の中央高速バスですが…今回の写真には京王と諏訪バスが登場ですね。どちらも2号車というのはそれだけ利用者が多いということかなあと。
諏訪バスの他、松本電鉄と川中島バスもアルピコグループですね。同一デザインなので、社名を見ないとどの会社だか分からないですが…このデザインは僕も好きですね。
路線車の撮影でしたら、諏訪バスは路線バス自体が少なく、松本電鉄は松本駅前のバスターミナルが駅と少し離れている上にデパートの1階にあって撮影しにくいので、長野駅前に多数バスが出入りする川中島バスが効率よく撮影できて良いかなと思います。

WILLER EXPRESSはいわゆるツアーバスの最大手です。例えば東京から大阪に行くバスでも、乗合バス事業者が路線免許を取って運行する路線バス(高速バス)とは違い、東京から大阪まで片道バスに乗るツアーという形で客を募集し催行するという形ですが、見た目は路線バスと大差なく、路線バスより経路・価格など自由に営業できるため競争が激しくなっている実態があります。で、大抵その手のツアーバスはバス停がなく道路上で客を乗降させていて法的に違法のケースも多いのですが、そこでWILLER EXPRESSが設置したのが住友ビルのターミナル、という次第です(近くに駐車場を確保しているらしいです)。それ以上は僕も勉強不足で分かりませんが、上記に書いた状況で路線バス事業者にかなり影響を与えているので、僕は好印象を持っていないです。

東京空港交通…リムジンバスの代名詞的な存在ですね。でも僕も利用したことはないです。ただこの会社は羽田空港内で、飛行機がターミナルに横付けされず離れたところで搭乗客を乗降させる場合に、ターミナルと飛行機の間で搭乗客を輸送するバス(ランプバス)の運行を担当していて、それには何度か乗ったことがあります。エアロスターとエアロバスがありますが、公道を走らない空港内専用のバスのため(ナンバーも付いていないです)車体幅がやたら広いのが特徴です。「ランプバス」で検索すると画像が出てきます。

小田急箱根高速バス…近くの小田急系ホテル利用者のための無料送迎バスですね。なぜか昔(箱根高速バスが小田急電鉄直営だった頃)から小田急バスでなくこちらが担当しています。銀一色の車体が確かに目を引きますね。あとスロープ付きバスなのが現代仕様ですね(昔は確か中型の観光バスタイプでした)。

東京バス…全く分かりません(苦笑)
僕も貸切バス専業事業者は静岡県内の会社でさえよく分かっていないです。自主運行バスを受託している吉田観光(←瀬戸ノ谷線代替バスを運行)のような会社は別として…

富士急行の観光バス塗装のレインボーノンステップ
これは何でしょうかね…?渋谷区と港区のコミュニティバスは子会社が受託運行していますが、場所も塗装も違いますし…


あと、前回のコメント返しに関連して…

西武のLEDでは切符情報などの宣伝を流しているんですね。前回のコメントを書く際に失念していました…すみません。次の機会には改めてチェックしてみたいと思います。

しずてつバスの液晶型運賃表示器、今は高速バスの宣伝が時々出てきます。ちょっと文字が多すぎて見にくいことが多いですが…
この液晶型運賃表示器、何かで見た写真ですと文字ニュースを流すことも出来るみたいですが、実際の例は見たことがないです。でも何か出来そうな気がしますね。
昔使っていた運転的後ろの表示機には確かにニュースなどが流れていました。あれが普及しなかったのが残念だったと思います。ニュース等は今でも静岡駅の各バス乗り場上部に装置があって流れていますね。

では、今回はこの辺で失礼します。

(追記)4/25の記事、例によってこちらのコメントを書いていたら更新に気づきませんでした…改めてコメントさせていただきたいと思います。
とーます |  2010.04.26(Mon) 00:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/429-d3f43cec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。