2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.10 (Sat)

■07月10日(土)■

こんばんはHIROKIです。

最近、夕方に急に雨が降ることが多いですね。それも短期間で集中的に。。。
さて、そんな中、今日は東京は快晴でした。

その今日は町田に行ってきました。一応、今回は目的があり、神奈中の新型エアロスター(と同じ車体の先代車)とエアロスターツーステを捕獲するということで町田へ行きました。。。

では画像を・・・

2010_07100007.jpg
今回は、最初は八王子経由で横浜線で行こうかと思っていたんですが、新宿経由に変更。ちなみにこの方が運賃が安いです・・・w 東村山からは準急で移動。20000系でした。。。

2010_07100008.jpg
西武新宿から徒歩で移動し、新宿へ。京王バス乗り場にいくとやっぱりこいつが来ましたw   

2010_07100010.jpg
新宿から小田急で、町田へ。小田急は全体的にどの電車もモーター音が小さいので、M車ではなく先頭で前面展望しながら行くことに。これは1本前の8000形です。やっと8000形を撮影することができました。まぁこれで行こうかと思ったんですが、運転士さんが3人乗っていて、明らかに展望無理そうだったので次の快速急行で行くことにしました。

2010_07100015.jpg
その快速急行は3000形+5000形で、初めて3000形(といってもクハですが)に乗車。っていうか快速急行って種別も出来てから初めて乗りました。 で、前面展望しましたが、小田急はまだ複々線化が完了してないのであまり飛ばせないようですね。あと、異系列と併結してるせいか加速・減速の時にちょっと衝動がありました。。。ところで3000形のモニタにはどうやら5000形(他形式)のほうのブレーキの圧力?の表示が出るようですね。

2010_07100016.jpg
町田到着。

2010_07100021.jpg
早速バスを。これは・・・三菱エアロスターSですね。神奈中は社番ですぐにどこ営業所所属かわかりますが、これ町田営業所で、町田(営)はほぼ三菱なんで、これも三菱だと思います。

2010_07100022.jpg
神奈中の特徴的な仕様の一つが側面方向幕。普通と比べると小さめです

2010_07100025.jpg
三菱エアロスターノンステ。こいつは結構大量にいるようです。

2010_07100026.jpg
早速、こいつが来ました。これは銀サッシ仕様。やっぱり何度見ても、中扉後の窓の高さに違和感を感じますね。

2010_07100027.jpg
おっと、こっちもですねw やっぱりここは結構こいつがいるようです。

2010_07100030.jpg
ワンステのラッピングです。ラッピングはこのへんではあまり見かけなかったのでなんかちょっと新鮮です。

2010_07100031.jpg
来ましたね。エアロスターのツーステです。バンパーがでっぱっている仕様で、ワンステ以降はこれをやめてしまい、これを採用していた旧形エアロスターも消滅したので今かなり貴重になってきた仕様です。普通のバンパーをただ伸ばしたのではなく、別パーツになっているようで、左右フォグランプの間のくぼみがなく、さらにちょっと細くなっているようです。

2010_07100081.jpg
エアロミディ9Mです。

2010_07100036.jpg
後部はこのバンパーがでっぱっていないバージョン

2010_07100037.jpg
ちょっとターミナルに移動してみました。これはエアロスターノンステの後部ですが、一部のやつにはこのように窓内にライトが増設されています。

2010_07100044.jpg
おっとこれは多摩営業所の7Eですね。まだ活躍してるんですね。ちなみにこいつはどうやらいすゞのようです

2010_07100042.jpg
後部は普通のよくある仕様。

2010_07100048.jpg
大和営業所のエルガミオ。ちなみに今回、エルガ系はこいつと小田急のしか見ませんでした。

2010_07100053.jpg
どうも、ここは暗く、自分のカメラだとかなり無理があるので元のところへ移動。。。
途中、JRの改札がありました。。。

2010_07100054.jpg
そういえばここの住所は「町田」ではなく「原町田」なんですよね。。。

2010_07100055.jpg
元の位置に戻ると青塗装のエアロスターツーステが。座席が貸切バスと同じような座席になっていました。

2010_07100063.jpg
エアロスターSも結構いるようですね。

2010_07100069.jpg
お、今度は黒サッシ仕様です。黒の方が高級感がありますね

2010_07100072.jpg
エアロミディ9Mのツーステです。この頃は普通の扉配置だったんですね。

2010_07100073.jpg
またエアロスターツーステですね。エアロスターツーステはエルガとかブルリシティのツーステより多くの場所で見かけますがここまで多いのはあまりないですね。

2010_07100078.jpg
それにしてもこいつ、結構いますね。とりあえず今回はこれ目当てでしたんで、まぁ簡単に会えてよかったです。

2010_07100086.jpg
これは銀サッシ仕様

2010_07100089.jpg
ツーステもまだ元気ですね。といってもそろそろ置き換えだと思います。

2010_07100091.jpg
黒サッシ窓のあのエアロスター。そういえばATの新型ですが、第1号が神奈中のようです。

2010_07100095.jpg
再びノンステップ。

2010_07100097.jpg
神奈中といえばこの中扉しめきり。静岡の東海バスみたいですね。

2010_07100099.jpg
再びエアロスターS。

2010_07100100.jpg
普通のワンステです、

2010_07100102.jpg
ここでかなちゃん号が登場。フォグランプが黄色くなくて、なんか印象が異なりますね。ちなみに掲載してないですが、もう1台かなちゃん号にあったんですがそれは黄色いフォグランプでした。なんでこれだけ違うんですかね・・・?

2010_07100109.jpg
神奈中の特徴的な仕様②で、この支払い方式の表示幕がかならずついています。

これを撮って撤収

2010_07100113.jpg
町田から小田急で戻ります。各停でゆっくり帰ることにしました。で、2000形で町田からずっと各停で前面展望しました。まぁ途中、睡魔に襲われて記憶がない駅間もちらほらありますが(汗

ところで小田急は東海大学前駅での駆け込み乗車での事故から相当気を使っているようで、ドア閉まった後も客がある程度電車から離れるまでずっと待つようで10秒以上待ったり、黄色い線を踏んでるだけでも警笛で注意したりしているようです。安全性は高いですがさらに遅延が発生していってしまう(実際、今回も元々3分遅れがさらに拡大してしまったらしい)ようで、乗務員さんも大変そうですね。

そういえば、あの事故はマスコミがこぞって小田急を批判してましたが、確かに車掌さんの確認の問題もあったのかもしれませんが、それよりも駆け込み乗車をした客に結構問題があると思います。。。

2010_07100116.jpg
西武新宿からも各停でゆっくり帰ることに・・・・新2000系中期車の8両で勿論モハで移動。。中期車の一部は超更新はされてないですが、ドアチャイム付で車内ドア前の色が変わっています。。。拝島行きだったんで小平で乗り換えることに・・・そこまで界磁音を楽しめました。。。ところでまた6000系と遭遇しました・・・w 2本だけなのにしょっちゅう会います。。。

2010_07100119.jpg
小平から東村山は20000系でした。2駅なんで乗車位置も意識しなかったんでサハにあたりました。

2010_07100125.jpg
最後に西武の初期ノンステがいたのでそれを撮って今回は終了。

とりあえず今回は初めて神奈中を目当てに撮影に行きました。まぁ目当てが撮れてよかったです。

では、もう眠くなってしまったんでこのへんで
スポンサーサイト
22:39  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

こんばんは

9000・9030系が多いなあ…>
9000系はそんなに多くないですが9030系が大量ですね・・・w
自分がよく乗った頃は30番台はなかったので「9000系は少ない」ってイメージがありましたけど、今はそんなことないですねw

種別にもまんべんなく各形式が充当されていました。>
準特急の登場から7000系も普通に優等種別に入るようになったので、そうなったと思われます。 8000系は8連の方は橋本特急の廃止後は専ら各停運用になってしまいましたね。

側面コルゲートに2種類あることを初めて知りました(汗)>
ちなみにそのコルゲートの種類と同様に、前面デザインも2種類あります。。。

VVVF化された車両と未改造の車両が混在しているようでした>
どちらかというと初期車の方が先にVVVF化されたので、後期車では界磁チョッパのままの未改造車がまだ残っているようです。まぁ今年度中にVVVF化改造がされると思われます

8000系ですと八王子方が4両編成ですが>
8000系はちょっと前までは逆(八王子方が6両)でしたが、何かの関係で、4両と6両の連結パターンを逆に変更したようです。

相模原線の線内各停>
どうやらちょっと前のダイヤ改正で変わったようで、土日は競馬場線を走っているらしいです。ただ10-300形の10両化がはじまりましたのでこれは長く続かなそうです。

軽い興奮状態になりました(笑)>
ちなみに相模原線はATC化されたので、入線できないようです。。。

駅の時刻表には10両編成と書いてあるのに大体は8両編成>
これも10両化でそのうち解消されると思われます。

「本気でほぼJR」の車両ですね。>
やっぱりそうですよね・・・w 

2台とも通常サイズのエルガミオでした。>
どうやら7M車は廃車進行中のようで、それによって変更されたようです。あの7M車、結構お気に入りだったんですが・・・

コミュニティバスとミニバスの違いは一体…?>
さぁどこなんですかね・・・?

一度行かれることをお勧めしますよ>
そうですね。候補にいれようとおもいます。情報ありがとうございました

早くも売り切れたのか、別の場所にあったのか…?>
う~ん、どうでしょうね。。。でもあれだけあったのが売れたとしたら、よっぽど人気だったことになりますがどうなんですかねぇ

影響を受けているかも…>
そのちょっと前16:50ごろに新宿についています。そして29分というとちょうど、西武線のホームに入ったところです(17:34の拝島行き各停に乗ったので)

赤字解消の一手段でしょうね。>
そんなのがついてるんですね。何年も乗ってないので知りませんでした。。。

英語読みのままでした>
今のところ山手線で順次交換されている模様です。そのうち中央線とかにも広がるかと

すみません>
いえいえ、楽しみにしていたのでありがとうございます。

では
HIROKI |  2010.07.12(Mon) 21:23 |  URL |  【コメント編集】

★No title

コメントありがとうございます。

よく当たりますね>
もう、当たりすぎるので、「まぁこいつも音はまぁまぁ独特だから」と、こいつ来てもなんか残念じゃなく思えてきました・・・

今回も6000系>
結構乗るし、結構見るし、個人的にはあまり珍しい印象がありません。それよりも3000系の方が珍しいって感じますw
6000系はなんかブレーキ緩解時の音が小さくなった気がします。どこか変えたんですかね・・・?6000系といえばあの大きな音だったんで聞けなくてちょっと残念です。

こちらはドア開閉の音がまた違うんですね>
新旧2000系あわせて大きく分けて3つあります。一つは9000系と同じかなりゆっくりしたタイプ。2個目は3000系や新101系(の大半)と同じ(あとJRの211系も同様かと)タイプ、3個目は2個目に似ているがもっと閉まり方が速いタイプです。1個目が新2000系後期車、2個目が新2000系初期・中期、3個目が旧2000系です。

もともと性能が共通なのか…?>
さすがにVVVFの方には勝てないと思うので、3000形が5000形に合わせているようです。
ところで3000形の10両化も計画されているようですね。

全部埋まり新宿まで空くことが無かったのに驚きました>
小田急線ってそういうことが結構多いですね。

会社側がことのほか気を使うのは分かる気がします。>
駆け込み乗車はいくら言っても、なかなか改善されないので、もう会社側が気をつけるしかない感じですね。

試験的に仕様を変えたのかな>
どうやら、最初は黒サッシで登場後、銀サッシである程度増備され、再び黒サッシが導入されている模様です。利用者からの評判が良かったんですかね? 自分も黒サッシの方が好きです。

これも神奈中独自の仕様だったのでしょうか…?>
どうやら清掃時のステップも兼用したようで、それででっぱったバンパーにしていたようです。他車でもあったのかもしれませんが、これが標準仕様として導入していたのは神奈中だけだと思います。

ツーステゆえ逆に地方事業者への譲渡が進まずに>
神奈中のバスは結構人気(というか前は廃車が早かったようでそれが要因だったようですが)ですが、確かにあまりすすまなそうですね。

ATの新車がどれだけ入るかにもよりますが>
これで置き換えになるのか気になるところですね。

旧型エアロスター>
かなちゃん号はたしか呉羽のものでしたね。

他にはスヌーピーのキャラクターを描いたバスもありました。 >
っていうか記事のエアロスター青塗装ですが、どうやら元スヌーピーバスのようです。ちなみにメトロ窓仕様のもいたようです。

ちなみにカナちゃん号というサイトさんが神奈中のことを徹底的に調査しておられるようです。

今日のうちに改めて書きたいと思います>
よろしくお願いします


ではこのへんで


HIROKI |  2010.07.11(Sun) 21:30 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こんばんは。
コメントに引き続き、昨日の僕の方の報告をさせていただきますね。

昨日は朝新宿を出て、京王線のなるべく線路に近い道を歩き、夕方6時前に武蔵野台に着きました。京王線は少しずつ乗ってはいますが、1日中見続けたのはこれまた10数年ぶりで、気がついたことも多々あったので(HIROKIさんには周知の事実も多いと思いますが)書いていきますね。

まず京王の電車から…
・1日を通して一番思ったのは「9000・9030系が多いなあ…」。9030系は都営線直通急行の大半のほか、準特急でもよく見かけました。9000系も各停でよく見ましたし、帰りに武蔵野台から乗った各停もそうでした。あまりに多くて途中から写真に撮る意欲が低下しました(笑) あと、前面の形・色はかつての名車5000系がベースになっていますね。
・車両に関しては7000・8000・9000系にそれぞれ8両と10両があって、都営線直通急行は別としてどの種別にもまんべんなく各形式が充当されていました。昔は形式毎に充当車種がほぼ決まっていました(8000系=特急・急行、7000系=各停。6000系はどれにも使われていました)が、今は次にどの車種が来るか分からない点で別の楽しみがありますね。
・7000系ですが、側面コルゲートに2種類あることを初めて知りました(汗) また、行き先表示も白地幕・黒地幕・フルカラーLEDと3種類あり、機器も聞いた感じではVVVF化された車両と未改造の車両が混在しているようでした。あと、10両編成では10両貫通と6+4両がありますが、6+4両は8000系ですと八王子方が4両編成ですが7000系では新宿方が4両編成、という違いがあるんですね。
・8000系は行き先表示が全てフルカラーLEDになっているんですね。また、以前記事で取り上げていた4号車にクハの代わりにサハを組み込んだ10両編成(第14編成)も今回見ることが出来ました。やっぱり見慣れないだけに違和感を感じましたね。あと、この編成はサハとクハ(4~5号車間)の通り抜けが出来るようになっているかと思いましたが、なっていませんでしたね。
・以前の記事で相模原線の線内各停に都営10-300形が使われていましたが、今回調布で2本見た同列車はともに9030系でした。
・今回一番驚いたのは6000系に出会ったこと。「まだ走っていたんだ」と軽い興奮状態になりました(笑)
出会ったのは2連2本で、ともに現行塗装でした。1本は6411~の編成で、9000系の新宿方に増結されて準特急に運用されていました。もう1本は6417~の編成で、17:30過ぎに飛田給~武蔵野台間の踏切で、上り線を2連単独の回送列車で走っていきました。と思ったら飛田給の2番線に停まった後、下り線を再び回送列車で走っていきました。いったい何だったのでしょうね…?
・都営車は午前中は全然見ませんでしたが、昼からは何度か見ました。全て都営線直通急行でしたが、駅の時刻表には10両編成と書いてあるのに大体は8両編成でした。10両編成も一本見ましたが…あと、笹塚以西に来ていたのは全て10-300形でした。初めて見ましたが、以前の記事にあったとおり、走行音も含めて「本気でほぼJR」の車両ですね。夕方、笹塚~新宿間は新線に乗ったのですが、初め10-300形が来たので敬遠し(橋本発で混んでいたためもありますが)、次の10-000形まで待ちました…

次に沿線のバスについて…
・以前の記事(多摩川線&武蔵境編)では、小田急バスの新宿~武蔵境線にエルガミオ7M車が使われていましたが、今回途中で2台すれ違った同系統は、偶然か変更があったのか2台とも通常サイズのエルガミオでした。
・仙川駅では、本数少ないバスがちょうど2台続けて来たので撮影できました。1台は小田急バス受託の調布市コミュニティバスで、エアロミディ7MのCNG車(東大和市のちょこバスと同じですね)です。銀色地に「ゲゲゲの鬼太郎」キャラクターが多数描かれているのが目を引きます。もう1台は通常の小田急バスですがエルガミオ7M車(三鷹台駅行)で、コミュニティバスと何ら変わらないなあと(笑)
・コミュニティバスは他にも調布駅南口と武蔵野台駅で見ました。調布のそれは京王バス東受託の調布市ミニバスで、リフト付のリエッセです。これは薄緑地にやはり「ゲゲゲの鬼太郎」キャラクターが多数描かれた車体でした。しかしコミュニティバスとミニバスの違いは一体…?武蔵野台のそれは府中市のちゅうバス(京王バス中央受託)で、これもリフト付リエッセですが車体に天然ガス自動車と書いてありました。でもノンステ車のように目立つタンクがないので分かりにくいですね。
・今回歩いた中で一番のバスターミナルは調布駅でしたが…ここは本当面白かったです!
北口・南口ともに京王バス・小田急バスが来ますが、どちらのターミナルも来る車種の多いこと。北口では96MC・シビリアンテールの日デ車に中扉4枚折戸でワンステのいすゞジャーニーK、ワンロマ車で他車と塗装が異なるエアロスターワンステ。南口では中扉4枚折戸のエルガミオ(多分)に日デチョロQ、新型ポンチョ(以上全て京王バス東)。小田急バスも南口で以前の記事にあったエアロスターの中扉グライドスライドと中扉引戸の両タイプを見ることが出来ました。しかも北口・南口合わせて約30分の間に…
HIROKIさんもぜひ一度行かれることをお勧めしますよ。

夕方武蔵野台から新宿に戻り、その足でHIROKIさんが最近行かれた西口ヨドバシカメラへ。もちろんBトレ目当てで行ったのは初めてです(笑)やはりBトレ売り場も広く、種類も色々置いてありますね。ただ意外なことに、大量にあったという東急8500系は見つからず。早くも売り切れたのか、別の場所にあったのか…?一方、伊豆急200系青塗装があったのにびっくり。先週のコメントに「来年(トレインフェスタで)売っているかな」と書きましたが、まさかここにあるとは…結局、この伊豆急200系2箱を購入しました。実はまだトレインフェスタで購入したBトレが手づかずだったりしますが…(汗)

昨日の小田急線、HIROKIさんが乗車されたときはほぼ平常運転だったようですが、17:29頃梅ヶ丘駅で信号トラブルが発生してダイヤが大幅に乱れました。18時過ぎに京王線車内の情報装置で流れた(赤文字で約5分間、通常の案内をすべて取りやめて流れていました)のを見て知りましたが、20時頃小田急新宿駅へ行ってみるとまだダイヤ乱れが続いていました。江ノ島線の快速急行・急行と上りの多摩急行は運休、ロマンスカーは19:40発の唐木田行きが約30分遅れで出発、小田原線は5~30分遅れでした。
当初トラブル発生の時刻が分からず、もしかするとHIROKIさんが影響を受けているかも…と気になっていました(発生時刻が分かったのは、この後行った東急五反田駅の案内装置でのことでした)。

新宿で夕食後、最終の新幹線まで時間があったので、次のルートで回ってみました。
新宿~(山手線)~恵比寿~(山手線)~五反田~(池上線)~旗の台~(大井町線)~大岡山~(目黒・南北線)~白金高輪~(三田線)~三田・田町~(京浜東北線)~品川
恵比寿で一度降りたのはホームドアを見物するためです。やはりホームドア動作の分、電車が着いてからドアが開くまでとドアが閉まってから動き出すまでに若干タイムラグが生じるようになりました。平日朝ラッシュ時のダイヤ維持が大丈夫かなと思いますが…あと6扉車の部分だけホームドア未設置で、そこでは係員が目を光らせていました。
恵比寿からはちょうどオール4扉編成が来たので10号車に乗車。この車両だけ、内装も含めて完全にE233系ですね。
池上線は7000系目当てだったのですが、2本1000系をやり過ごした後に来たのは7700系。時間がないのでこれに乗車、7000系は今回も見られず…まあ7700系に乗れたので良いかなと。7700系の車体にはレトロ感さえ感じました。まあ静鉄より古いですからね…
目黒~南北線では埼玉高速鉄道2000系が来ました。以前車内案内表示機の記事がありましたが、この2000系にはドア上にそれが1両4箇所付いているのとは別に、それの付いていない方のドア上に小型テレビがやはり1両4箇所付いていました。で、流しているのはひたすら宣伝放送(笑)その中に埼玉高速の割引切符の宣伝もあったので、埼玉高速独自に設置・放映しているものと思われます。赤字解消の一手段でしょうね。

以前の記事で、車内自動放送で駅名の英語読みが山手線で日本語読みになった話がありましたね。他線はどうなったのか気になったので気をつけて聞いていたところ、中央線、都営三田線、京浜東北線は英語読みのままでした。

書きたいことがたくさんあって長くなってしまいました。記事へのコメントよりも長いですね…すみません。
それでは、また。
とーます |  2010.07.11(Sun) 21:22 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こん○○は。
今回は先週末の記事に書いておられた町田ですね。期待に違わず各種エアロスターが多数出入りしていて、目当ての車両もめでたく撮影できて良かったですね(^^) また、天気も少し前まで雨予報でしたが、撮影日和の晴天になってくれて本当に良かったなあと…
では、今回の記事にコメントさせていただきますね。

・西武線
行きの準急と帰りの小平からが20000系…よく当たりますね。それ以上に今回も6000系に遭遇したことの方が凄いですが。
新2000系のドアチャイム付車…僕も昨年末に多摩湖線と拝島線で乗っています。どちらも4両(拝島線は4+4の8両)編成でした。中期車とは気づきませんでしたが(汗) ちなみにこの日は池袋線でも新2000系に乗りましたが、こちらはドア開閉の音がまた違うんですね(収録した音を聞き比べて気づきました)。車番を記録しておけばよかったです(汗)

・小田急線
3000形+5000形…小田急得意の異系列併結列車ですね。この場合は3000形が5000形の性能に合わせているのか、もともと性能が共通なのか…?3000形のモニタに他形式のブレーキ圧力が出るというのも初めて知りました。というか小田急で前面展望したことがなかったりします(苦笑) でも加速・減速時の衝動は(静岡の313・211併結もそうですが)どうしても生じるものなんですね。
快速急行といえば主に新宿~藤沢間の運行で、湘南新宿ラインへの対抗の意味合いもある列車ですね。速さでは若干劣るものの運賃の安さが売りのようです。僕は前身の湘南急行時代に一度始発の藤沢から乗ったことがありますが、全区間10両なのに藤沢で席が全部埋まり新宿まで空くことが無かったのに驚きました。
しかし、おっしゃるように複々線が未完成のためか、特に都内区間はロマンスカーであってもスピードが出ないですね…
あと、駆け込み事故防止にそこまで神経をとがらせているのも初めて知りました。慢性的な混雑等で小田急への不満を持つ利用客が少なくない(権利意識の高い住民が多いという土地柄もあると思いますが)ようですので、再発防止に会社側がことのほか気を使うのは分かる気がします。

・町田バスセンター近辺
町田のバスターミナルは今回メインで撮影された小田急駅最寄りの町田バスセンターと、暗くて撮影に苦労されたJR駅最寄りの町田ターミナルと二箇所が主ですね(もう一つ小田急駅の東側に「町田駅」というバス停もあり何系統か発着しています)。路線はバスセンターのみに来るか両方を通るかのどちらかです。しずてつですと改装工事前の新静岡と静岡駅前の関係に似ていますね。
ここの住所は「町田」ではなく「原町田」>
これも知りませんでした。はるか昔は国鉄が「原町田」小田急が「新原町田」という駅名でしたが、駅名が変わっても地名には残っているんですね。

・神奈中のバスたち
上にも書きましたが、年代毎の各種エアロスターが多数出入りしていて三菱バスファンにはたまらない場所ですね。普通のノンステ(これが一番多い?)の他にエアロスターS、今回目当てのワンステベースのノンステにツーステetc…
で、そのワンステベースのノンステ、神奈中のそれは初めて見ましたが、銀サッシと黒サッシと両方あるとは。写真をよく見るとそれぞれ近い数字のナンバー(黒サッシの方が先に導入のようで…試験的に仕様を変えたのかな?)ですので、その都度仕様を変えて複数台導入されたんですね。それにしても中扉を境に窓位置に段差が出来ているのが面白いですね。

ラッピングバス…そういえば多摩地区では意外と見かけないですね。静岡の方がよく見る気がします。

エアロスターツーステも大量にいるみたいですね。確かノンステ車が出始めた頃、東急バスは集中導入しましたが神奈中は限定的にしか導入せず、このツーステを主に導入していたと思います。それが今も残っているようで…バンパー、言われてみれば確かに出っ張っていますね。10数年前に買った「神奈中百科2」という本(同人誌のような本です)を見てみると、当時の神奈中はメーカー問わず皆バンパーが出っ張っていました。これも神奈中独自の仕様だったのでしょうか…?そろそろ置き換えかもしれませんが、ツーステゆえ逆に地方事業者への譲渡が進まずに意外と残るかもしれませんね。ATの新車がどれだけ入るかにもよりますが(←これの第1号が神奈中というのも初めて知りました。さすが三菱のヘビーユーザーだと思いました)。

意外といえば、いすゞ7Eがまだ現役だったのが意外でした。個人的には懐かしいです。7Eはいすゞの他日デもいましたが、ご存じかもしれませんが前扉後ろの窓が一枚ならいすゞ、二枚なら日デです(これは当時、上述の本で知りました)。昔は津久井営業所(現津久井神奈交バス)にいすゞ車が大量にいて、好きこのんでよく乗りましたが、多分そこから多摩営業所に移籍したものですね。バスの行き先表示にある町田~橋本駅間の路線も、津久井のいすゞ車で乗りとおしたことがあります。

青塗装のエアロスターツーステは近場の貸切輸送にも対応できる車両(ワンロマ車)で、かなちゃん号ともども多くの営業所に少しずつ配置されていますね。10数年前にはこのタイプの車両はいなかったと思いますが、かなちゃん号は各所にいました。旧型エアロスターで、なぜかこれだけ運賃支払い表示幕が付いていませんでした。他にはスヌーピーのキャラクターを描いたバスもありました。

あと、神奈中の特徴的な仕様が今回ご紹介の側面方向幕と支払い方式表示幕。車両数が多いのでこうした独自仕様を導入出来るんでしょうね。
側面方向幕はLEDになる前とサイズがそう変わらない感じで、確かに一般的なものに比べて小さいですね。従来の幕で表示していた内容をLEDでそのまま表示できるようにした仕様です。真ん中の緑色で表示する部分に、路線によっては「共通定期券取扱車」とか「自由乗降区間○○~△△」と表示しています。
支払い方式表示幕は、神奈中では路線によって、時には路線の上下や時間帯によって前払いか後払いか異なる(町田の場合通常後払いですが、朝10時までの上りだけが前払いだそうです。バスセンターでの降車時間短縮が目的でしょう)ので、必須の表示ですね。
もう一つ、中扉しめきりも珍しいですよね。実際は始発停留所では中扉から乗車していますが、基本は前乗り前降りですね。(例外として伊勢原営業所管内は中乗り前降り方式) どうも小田急系のバス事業者はこの方式が多いようで、静岡の東海バスのほか箱根登山バス、江ノ電バスもこの方式です。
あと、神奈中で昔面白かったのが、車内放送と運賃表示器&整理券発行機の動作が連動していなかったことで、運賃表示器等は運賃が変わる停留所の都度、運転手がいちいち操作ボタンを押して変えていました。運賃が変わる停留所で乗降があると、運転手はまず乗客を降ろし、運賃表示器&整理券発行機(この2つは連動していました)を切り替えてから乗客を乗せていました。実は僕が10数年前神奈中にはまっていたのは、これを見るのが面白かったからというのがきっかけでした(笑)

さて、昨日は僕も以前書いた予定のとおり東京に行って京王線沿いを歩いてきました。その報告もしたいところですが、ここまででかなり長くなったので、今日のうちに改めて書きたいと思います。

それでは、また後ほど。
とーます |  2010.07.11(Sun) 17:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/449-08deeae0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。