2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.04 (Sat)

■09月04日(土)■

こんばんは。

今週は出かけなかったので、また恒例のあれを。

さて、いよいよ西工がとうとう解散となってしまいましたね。まぁ正式な解散自体はいろいろあって10月に延長されたようですが、製造については恐らくもうされないので、実質解散ですかねぇ・・・

そこで、関東(首都圏)地区・しずてつで活躍する西工ボディ96MC(一部違いますが)の日デJP・RM・UA・RAの画像を少し集めてみました。ただ、全部集めるのは大変なので、各車種とも4枚ぐらいずつにしました。

まず、JP。

DSCN0192.jpg
首都圏での路線バス第1号は恐らく京王バスのこのデザイン。もう既に京王バス内では見られなく、他社へ譲渡された車両が残っているようです。

2010_07250128.jpg
このデザインから、首都圏の京王以外でも導入が始まりましたね。自分が初めて西工のバスに乗ったのはこの京王バスのJPです。。。

2009_09190011.jpg
しずてつでも西工はJPから。

まぁ中型ロングは日野のレインボーと共に、安価でノンステが導入できるということでかなり人気があったようで、首都圏でも導入されて、西工を普通に関東で見られるようになりました。。

ただ、大型のツーステを中型ロングノンステで置き換えていくと、やはり収容力に問題が出てきたようで、徐々に、UAやRAの導入が増え、JPの導入は徐々に減少していったようです。

2009_12050043.jpg
そのため、前面や後部のデザインが変更されてからの車両はあまり多くみられません。。。

DSCF9162.jpg
最後期車ではさらに後部デザインがOEMにより三菱のデザインに変更されています。
あ、この車両はもしかしたら三菱エアロミディかも

続いてRM

2009_09150001.jpg
しずてつでは1台のみRMが導入されましたね。前面デザインが96MCではない仕様になっています。

DSCF9413.jpg
関東バスのRM。

首都圏ではRMについてはJPと反対で、後期になってから導入される数が増えたようです。

www.jpg
ただRMは大きい駅にはあまり来ないことが多いので、撮影量については少ないです。。。

UA。

2010_07170010.jpg
UAは多く導入されましたね。特に西武バスではもともと日デ車が中心だったので、結構多く入ったようです。他の首都圏の路線バスでも多くの会社で導入されたようです。

2010_08160047.jpg
しずてつにも少数ですが導入。しずてつはM尺を採用。 

このUAの特徴は他社のノンステ車より、側窓の位置が高く、「ワンステベース」なのがよくわかる仕様です。

DSCF7385.jpg
ワンステは西武では多くいますが、首都圏では元々ワンステはそんなに人気がなかったようです。

DSCF2012.jpg
しずてつではノンステより多く入りましたね。ただしずてつは塗装による違いが全く無いので、かなり区別しづらいです。。。

RA。

2010_05220050.jpg
関東では一番よく見ますね。

2010_07250126.jpg
京王バスについてはJPが大量に入ったせいかRAは意外と少なめです。

ただやっぱりワンステは導入が少ないです。

2010_02140066.jpg
相鉄バスのRAワンステ。

2010_07250177.jpg
西武バスでもワンステップはそんなに多く入らなかったようです。

とまぁ少ないですが集めてみました。首都圏でも当たり前に見かけるようになった中で、もう新しい西工のバスが導入されないのは残念です。またバリエーションが減る意味でも。。。


特集はこれで終了。。。

と、ここでバスコレネタ。
つい、最近 西工96MC5台セットが発売されました。日デのエンジンだとRAに当たる車両たちです。
これはどうしてもほしかったんですが、手に入れました。 
都営・京都は以前に96MC(前期)が出ているので、比較。川崎と大阪は富士重車のバスコレと並べてみました。

DSCN0345.jpg
前面がリアルになりました。

DSCN0347.jpg
側面もしっかり作りわけられていますね。まぁここが日デでいうUAとRAの違いですので、ここが重要ですねw

DSCN0348.jpg
後部。シビリアンテールです。

DSCN0349.jpg
川崎市はこれでモデル化された車両が2台になりました。

DSCN0350.jpg
なんか、前回のより車高が高い気がします。

DSCN0353.jpg
後部。今回、佐世保市交通局と京都市交は汎用テールになっています。

DSCN0355.jpg
大阪市交は結構モデル化される事業者です。

DSCN0356.jpg
ただ、残念ながら後部にエラーです。後部の窓が川崎市バスのものになっています。ただこれは全商品ではないようです。

まぁエラーはあるものの、結構出来はいいです。まぁエアロスターワンステの方がリアルな気もしますが、、、
でもこれは手に入れることができてよかったです。
セットAってかいてあるのでBが出るのを期待します。

今日は完全に西工だけな記事ですねw

ではまた
スポンサーサイト
17:52  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

オーダーメイドにも対応できる高い技術力を持っていた>
ノンステで唯一P尺(長尺)の製造をしたり、それよりも長い特注も対応したりと、他社のバスにはない、バリエーションがありましたね。

しずてつにこれが入ったのを見たときは驚きました。>
銀バス時代にいすゞ+西工はあったようですが、それでも急に日デ+西工が入ったのはすごいですね。やはりあの時期、中型ロングが流行っていたので、そのことが導入されるきっかけになったんだと思います。

混雑路線では収容力が少なく>
特に、朝夕のしずてつのそちらの学校の近くに来る路線の混雑はひどい状況でした。まぁ夕方はエアロスターが入っていましたが(ダイヤ改正後はブルリシティとUA)

西武バスはUAが多かった分少ないのでしょうね。>
ワンステは少なめでしたが、ノンステは恐らくUAよりRAの方が多いと思います。見かけるのもRAの方が多いです。

浜岡と秋葉バスのRAは一度も見たことがなく>
秋葉には2台いて、テールライトがどちらも違うようです。

随分大きな固定窓になっていますね。>
UA(西工)の全車(恐らく)とエアロスター・レインボーの一部がこの仕様です。都営にしか見られない特別仕様のようです。

ただ今年春の新車ではLEDになったみたいですが… >
未だフルカラーLEDが使用できないっていうのが痛いですね。。。
オレンジ色LEDも見やすいですがすべて1色になってしまうので・・・

道端にはフルカラーのネオンとかが多くなっているのに、バスには採用できないっていうのはなんか矛盾しているような気もします。。

ぜひセットBが出ると良いですね。 >
セットB、出るとしたら、西武バスか立川バス(あれはブランド名が一応三菱ですが)、京王バスのどれかを入れて欲しいところです。。。

置き換えの計画が既にあったのかあまり普及しませんでしたね>
まぁあれをしたところで大して、サービス向上してなかったような気もします(笑)  東武とかでは内装が完全に新車になってますが、JRのは無理やり壁紙とかだけ変えた感じでしたし・・・

どこも10数年はご無沙汰しています。>
自分も10年は行ってないですね・・・特に電車とバス(東急)については移転してから行ってません。。。東武はリニューアルしたようで行ってみたいところです。。。

では
HIROKI |  2010.09.05(Sun) 23:57 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こんにちは。早速ですがコメントさせていただきますね。

今回は実車・バスコレとも西工特集ですね。ここ10年余り関東でも多数見かけるようになったわけですが、製造終了で今後新造車が出なくなるというのは残念ですね。オーダーメイドにも対応できる高い技術力を持っていたというだけに、解散はバス・自動車業界全体にも大きな損失のように思います。
以下、個々の車種について…

・JP
首都圏での路線バス第1号は恐らく京王バスのこのデザイン>
確かそうですね。元々中型ロングは92年に西鉄北九州市内線(路面電車)の廃止代替バス用に、中型車ベースで定員確保と乗降しやすさを満たした車両(ワンステップ車)を日デ・西工・西鉄共同開発で製造したのが起こりで、関東では京王の大量導入から普及が始まった…という記憶があります。
この初代JP、先月岡山へ行ったときに県北部の美作共同バスに導入されているのを見ました。
次のJPがしずてつでも見られるタイプですね。もともと日デも西工も縁がなかったしずてつにこれが入ったのを見たときは驚きました。
中型ロングはおっしゃる通り一時流行したものの、後の導入は大型車(UA・RA)・中型車(RM)それぞれに移行していきましたね。混雑路線では収容力が少なく、逆に乗客の少ない路線では大きすぎと、どちらにも中途半端になっていったためかなと…
最後期車と同タイプの車両、僕も7月に新宿で見ました。後ろがエアロミディタイプで何か変な感じがしましたね。

・RM
しずてつの1台は特徴的な前面ですね。小田原の伊豆箱根バスでも先月1台見ましたが、関東では珍しいですね。
96MCは関東では多くいるようで僕も関東バスと東急バスで見た&乗車したことがありますが、静岡で見ないのでなじみが薄い存在です。

・UA
西武バスに多数導入されたのはちょうど7Eの更新時期にあたったからかなあと。10数年前が見事に7Eばかりでしたので…
しずてつはノンステ・ワンステ合わせると一時期まとまった数が入りましたね。丸子には当初からワンステが多数いましたが、今春ノンステの一部の移籍でさらに増えました。僕の家が丸子の路線が集中する地区にあるため、通勤時に毎日見ているほか乗ることも多いく、JPともどもなじみの深い存在です。

・RA
これも車両更新時期の関係で事業者によって導入の多少が異なるようで、西武バスはUAが多かった分少ないのでしょうね。
静岡にはいませんが、こちらの記事でよく画像を目にするのでRMよりなじみがあります。初めUAとの違いが分からず、こちらで教えていただいて以来、いつも違いに注目して見るようになった形式です。僕にとってはバス車両の細かな違いに以前より着目できるようになったきっかけでした。今もまだまだですが(汗)
浜岡と秋葉バスのRAは一度も見たことがなく、ぜひ撮影したいものです…

・バスコレ
都営車、なるほど前面の蓋?や車両番号も入ってよりリアルになりましたね。側面のUAとの違いもよく分かります。
UAの方ですが、側面が随分大きな固定窓になっていますね。実車を自分で見たことがないですが、実際に見るとなお大きく感じるだろうなと。
川崎市は実車もそうですが、バンパーが白いのでRA独特というライト周りの黒い縁取りがよく分かりますね。
京都市交はバスコレでよく製品化されていますね。比べると確かに車高が高くなっているような気がします。あと、再現している幕が「金閣寺Express」というのがまた面白い…ですが、元々が細かすぎるせいか前面のそれが若干欠けてしまっているのが残念ですね。
話がそれますが、京都市交は今も幕式の方向幕で、あと後ろの方向幕が随分大きいのが特徴ですね。循環バス・全線運賃均一バス・他区間(整理券)制バスを色分け区分しているためですが、LED全盛の中で珍しいというか貴重な存在ですね。ただ今年春の新車ではLEDになったみたいですが…
このセット、ぜひセットBが出ると良いですね。

あと、前回のコメント返しに関連して…

211系5000番台と同等の壁紙?や貫通路部分のドアに交換された車両>
思い出しました。確かにいましたね。化粧板が白くなり、貫通路のドアが大きくなった車両が。それだけで車内の印象がかなり変わっていましたね。でも置き換えの計画が既にあったのかあまり普及しませんでしたね。

自分の場合は小さい頃から通勤形・近郊形好きでしたので>
僕もです。昔から特急よりも普通列車の車両が好きでした。元々路面電車(祖父宅近くを走っていた今はなき名鉄美濃町線)と東海道線が鉄道好きの原点なので、その影響かもしれません。

東武や地下鉄(メトロ)、電車とバス(東急)の博物館にも久々に行ってみたくなりました>
僕もこれらの博物館に昔いったことがありますが、どこも10数年はご無沙汰しています。また行ってみたいですね。

それでは、また。
とーます |  2010.09.05(Sun) 18:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/464-c6a40b53

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。