2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.01 (Sun)

■05月01日(日)■

こんばんは。。。

今日、予想していなかったことが起こりました・・・
今まで使ってきたPCの電源が急に落ちてそれ以降まったくつかなくなりました。。。
いろいろいじっても動きません。修理にも出そうかと考えたのですが、調べてみたところ修理代が万単位になるようで、もうあきらめることにしました。。。鉄道やバスなどの画像はCDでバックアップをとっていたので、無事ですが、以前作ったワードなどの文章は消えることになりました。。。あと、音楽のデータとか、架鉄関連の自分用の資料が消えました。音楽のほうはとりあえずある程度はなんとかなるし、自分でとりためた走行音も無事です。
まぁ画像は残るだけでもずいぶん良いことなのですが、いきなりこう消えるのは残念。。。

もう6年以上前のものなので、「寿命が来た」と考えることにします・・・
ちなみに、今は実家の人に渡していた予備のPCを使えるので、ネットはとりあえず見れます。あとガラパゴスもあるので・・・

まぁ今まで使ってたPCのことについては気が向いたらもっと詳しく書きます。とりあえず今日のところはこれだけで次にうつります。

さて、連休2日目の土曜日にいつものように撮影に行ってきました。とりあえず、画像を予備PCにいれておいたので、通常通り載せていきます。

今回は、新丸子・武蔵小杉です。「あれ?以前にも武蔵小杉で撮影してたよな」と思われる人もいるかと思いますが、今回は「東急目黒線撮影」が一番の目的です。

1_20110501223342.jpg
スタートは所沢から。東村山からでもいいんですが、意外と接続がわるく、、、というかそれよりもエレベーターの移動にほかの駅よりも時間がかかることが問題です。。。早く駅改良が完了してほしいですね。

2_20110501223435.jpg
ここから渋谷へ。ふと4番線の発車案内板をみると、なにやら見慣れない表示が。。。特急の「満席」表示です。独立して表示されているのと、時刻横にもついていますね・・・・って人気ですね特急w

3_20110501223434.jpg
渋谷へはメトロ10000系の快速渋谷行き。10035編成ということで確か10000系で一番最新の車両でした。ところで久々に保谷・大泉学園通過の列車に乗りましたが、保谷でかなりゆれていました・・・w
画像は渋谷駅の15番出口付近。15番出口はエレベーターの位置が少し変更になり、エレベーターも仮的な感じのものになってしかも地上~改札階だけになっています。でも元と同じように2台ついていました。 この建物の建設に伴う移動だと思われます。

4_20110501223434.jpg
都営の3台並び。グリーンシャトル、標準尺エアロスター、BRCハイブリッドと渋谷の都営で一番多く見かける車両たちです。ちなみに、新型エアロスターもいました。

5_20110501223434.jpg
このあと東横線へ。東横線にはこのような乗車位置表示がありますが、車椅子スペースがある部分には、このように車椅子マークがついています。東急東横線は全編成同じ場所にスペースがついているからできることですね。

6_20110501223433.jpg
東横線の普通な光景。こんな光景もそのうち消えることになります。東横線といったらこのホームなので、今の副都心線の部分に東横線が走るのは想像できません。まぁ駅は東急管理で表記類は東急デザインにはなっていますが。。。

7_20110501223433.jpg
乗ったのは5050系の各停。結構新しめの車両でした。車椅子スペースにはこんな手すりがついていました。あと貫通路には片側だけ扉がついていました(つまり西武の多くの黄色い電車と同じ)。

8_20110501223645.jpg
ドアには化粧板がはられ、ドア窓も複層ガラスになっていました。ちなみに編成中1両だけドアが単層で化粧板がついてないのが混じっていましたね・・・w  ちなみに、東急渋谷駅は期間限定で接近放送がコカコーラの宣伝のメロディになっていますが、違和感無く、むしろ東急線の全駅で使ってほしいぐらいですね・・・w

これで新丸子へ。東横線はこの日8割程度での運転だったそうです。ちなみに照明は点灯していました。新丸子で降りたのは武蔵小杉より撮影しやすいという情報を見たので。。。

9_20110501223644.jpg
9000系来たーw 今日はじめて見ました。やっぱりいいですね9000系。それにしても、東横線は本当に5000グループだけになるみたいですね。。。副都心直通は楽しみですが、バリエーションがあまりなくなるのは残念・・・

10_20110501223644.jpg
埼玉高速2000系。左側に障害物がありますが気にしないでくださいwメトロ9000系を平面にした感じの前面が特徴ですね。何回か乗ったことがあります。 

11_20110501223644.jpg
5050系。スカートが強化された後期車ですね。自分が乗ったのもこのタイプでした。ところで、4000系なる5050系の10両編成版が登場したようですが、西武や東武にも入るようになる可能性が高そうですね。

12_20110501223642.jpg
メトロ9000系。前面の曲線が特徴的ですよね。メトロのデザインが丸くなってきたのはこの形式からかもしれません。

13_20110501223640.jpg
都営6300形。前面のライトデザインが独特です。ちなみにスカートは3種類ありますがこれが一番大型ですね。 

14_20110501223930.jpg
5080系。自分が目黒線に乗らなくなったあとに登場した形式。といってもラインカラー以外に違いがありませんが。。。スカートが強化版なので、後から導入された編成のようです。

15_20110501223930.jpg
9000系。この編成もそのうち大井町線に移動するのかもしれませんね。ところで大井町線は、二子玉川~大井町の運転で急行は運休しているそうです。

16_20110501223930.jpg
都営6300形。スカートが3種類目です。ところで目黒線は急行が運休しているせいかダイヤに偏りがでているようで、5分間隔になったり、10分間隔になったりしていました。

17_20110501223832.jpg
Y500系。どうやらこれも副都心線対応になるっぽいですね。これが西武線で走る姿も見てみたいですね。

18_20110501223832.jpg
3000系。これ、登場時は東横線にいたので小さいころはてっきり東横線の新車かと思っていました。赤と青の帯は今は目黒線とわかりますが、そのころはバスとあわせた新色かと思っていました。 東急っぽくないデザインな気がします。

メトロ9000系の増備車も撮りたかったのですが、2本しかなくいつくるかわからないので、諦めて撤収することに。で、新丸子から武蔵小杉まで徒歩で移動。まぁ電車で行っても料金が一緒だったのですが、近いので(直線で500M以下)徒歩。 ところでふと「静岡に新丸子(しんまりこ)ってバス停があったような」と思い出しました。。。w

19_20110501223831.jpg
武蔵小杉に到着後、早速バスを撮影。川崎市営のエルガミオ。やっぱりミオは小さいですね。

20_20110501224112.jpg
なんと川崎市営のキュービックが来ました。逆T字窓のワンステ車でした。やっぱりかっこいいですね。  ところで川崎市営というとまだ角型ライトのエアロスターツーステのイメージがあります。もう消滅してますが・・・ 西武と違って車椅子マークが無いのでスロープは装備してないのかもしれません。

21_20110501224112.jpg
東急バスの新型エアロスター。ちなみにこのデザインのエアロスターを初めて撮影したのは実は東急バスの車両だったりします。 この路線は反対側の溝ノ口でも撮影していますね。

22_20110501224111.jpg
東急バスのエルガワンステ。ナンバーが横浜です。こちら側から見ると短尺なのでやっぱりエルガミオに見えます。

23_20110501224111.jpg
川崎市営のレインボー。チョロQサイズです。

24_20110501224111.jpg
自分の近くにきた鳩。このあと人のすぐ前で羽ばたいてどっかへ行っちゃいました。

25_20110501224111.jpg
おっと見慣れた車両が・・・w 東急のBRCです。いつもどおり聞き慣れた音を出して発車していきました。短尺なので少し小さめに見えます。

26_20110501224323.jpg
川崎市営のブルーリボンⅡ。川崎市営も主力はブルーリボンⅡとエルガなのでこれはよくみます。

27_20110501224322.jpg
川崎市営の新型エアロスター。この前東名川崎付近で目撃した車両です。大きめの窓と色が合っていると思います。

28_20110501224322.jpg
もう1台きました。ところで以前見た7Eがきませんでしたがこれによって置き換えられたのかもしれません。それにしても新型エアロスターは人気ですね。

29_20110501224322.jpg
後部。都営と同じように増設ランプはついていません。

30_20110501224321.jpg
東急バスの新7EのUAノンステ。

31_20110501224321.jpg
川崎市営のエルガ。

32_20110501224454.jpg
以前も撮影したと思いますが、社番が4444な川崎市営のRAノンステ。

33_20110501224454.jpg
東急バスのエアロスター。やっぱりこのエアロスターは車高が低いからなのかつぶれてみえますねw

34_20110501224453.jpg
東急バスのRAワンステを撮って撤収。

35_20110501224453.jpg
この後は東横線の各停で渋谷へ。来たのはY500系でした。ちなみにこの前の急行はものすごく混んでましたw で、この各停は自由が丘で特急退避でしたが、その特急は自由が丘で車内捜索かなんかあったので2分以上停車していて、その影響で各停も数分遅れました。ちなみにその特急は急行の半分ぐらいの乗客数でした。急行と特急は平行ダイヤということで西武新宿線の準急と急行の関係に似ているようです(停車駅が多い種別のほうが混む)。ところで渋谷は新たに前方に柵が追加され撮りづらくなってしまいました。

36_20110501224622.jpg
都営バスのエアロスター。短尺ですね。

37_20110501224452.jpg
東急バスのレインボー。

38_20110501224752.jpg
結構あたらしい都営のエルガ。
この後は副都心線で。急行の飯能行きがいったばかりで、次の西武線直通まで30分あったので、いろいろ駅の中を撮っていました。夕方などは連続で西武直通とかあるのですが、日中はやはり和光市行きが中心のようです。

39_20110501224752.jpg
平日の時刻表。ちなみにGW中の休日は通常の土休日ダイヤとなっているようで、とりあえず西武線直通は通常通りのようです。 平日日中は池袋どまりが多いみたいですね。

40_20110501224752.jpg
真ん中の線路の部分にこんな表記が。とりあえずここがメトロと東急の分かれめのようです。駅自体は東急管理ですが、線路は半分ぐらいがメトロのものになっているみたいです。

41_20110501224752.jpg
東武9000系の側面表示機。50000系グループと同一で種別と行き先が半々に表示されています。

42.jpg
自分が乗る電車の1本前の和光市行きですが、西武6000系でした。なんとなく側面表示機を撮影。

43.jpg
来た電車は予想通り7000系。8両だったので、ほぼ確実に7000系ですが、たまに10000系が8両化されているときがあるので・・・ ちなみに所沢行きの各停で、練馬で準急接続、ひばりヶ丘で急行退避、清瀬で特急退避と池袋線のわりに退避が多いダイヤでした。

所沢到着後、7000系を撮影したかったのですがさっさと留置線に行ってしまいました。 で、そのあとなんですが、ひばりヶ丘で、5分後の所沢行きが「3ドア」とあったので、それを待つことに。

44.jpg
来たのは新101系でした。しかも4000系と並びました。停車後に撮りたかったのですが、前方はホームぎりぎりだったので、到着するところを撮影。ちょっとぶれてしまいましたが、まぁ記録ということで。。。久しぶりに池袋線の新101系を見ました。

今日はこれで終了。目黒線撮影は過去3回ほど中止(雨だったり雪だったり)になったので、今回行けてよかったです。メトロ9000系増備車は撮れませんでした(武蔵小杉でバス撮影中に目撃・・・)が、キュービックや新型エアロスターが撮れたのでまぁ良かったです。ちなみに今回は乗った電車が全部西武以外で、しかも全部VVVFということになりました。
こういうのもたまにはいいですが、やはり出かけたときには西武線と界磁チョッパには毎回でも乗りたいですね。

ちなみに今回行ったところはすべてエレベーターは動かしてくれていました。エスカレーターは多くの駅で停止してましたが。。。 まぁ何度も言ってますが「エレベーターだけは何とか稼動」させてほしいと思います。ちなみにエレベーター停止を明記していた小田急もエレベーターの稼動を再開してくれたようです。良かったです。今後もエレベーター稼動停止などが無いように祈ります。。。

さて、ここで話を変えます。
日曜日に201系のBトレを組み立てたので画像と評価を。

画像 002
今回の201系は前面にJRマークがはいって、より実際の車両に近づきました。行き先は 中央特快東京と青梅特快青梅。 まぁありきたりですが、なじみがあるので、これを選択。

画像 003
側面。こちらにもJRマークがはいりました。また今回はステッカーが豊富で所属場所を示す表記(八トタ)や、乗務員室扉前のATS関連の表記のステッカーがはいっています。

画像 004
今回、シングルアームパンタと菱形の両方が付属しています。自分はシングルアームを選択。

画像 008
今回の購入で、6両化しようと思ったのですが、先頭が無駄になるのももったいないので、以前のものは、大きな種別幕が無い青梅・五日市線仕様に変更しました。といっても前面パーツの取替え(今回のものなのでJRマークつき)とパンタグラフを菱形にして、前面にステッカーを貼っただけです。

画像 009
妻面は、前回品は普通に窓ありでしたが、今回はガラスパーツに元から色が入っていて、末期の窓なしを再現できるようになっています。まぁ細かいところですが、こんなところまで再現しようとしているのはいいですね。

画像 010
101系との並び

では5段評価

造形のよさ:5
→元からいいですが、今回JRマークがついたことでさらに再現度が上がっていて良いと思います。

説明書の分かりやすさ:4

入手安易度:3
→一般発売にしては比較的入手しづらいようです。まぁ人気の高さがうかがえますね。

シール充実度:4
→前述のATSについての表記類や所属場所表記、H4編成のさよなら運転時の種別幕や方向幕、H4とH7に一時期貼られたステッカーなどいろいろあります。ただ、そこまでしたならH4とH7の車番が欲しかったです。

部品豊富度:4
→スカートや前面が2種類入っているのは前回からそうですが良いですね。

組み立てやすさ:3
→堅い部分は特にありませんでしたが、中間車の組み立て時に普通にはめようと思ったら、ガラスパーツがちょっと割れたりしました。強度が他の製品よりも低いかもしれません。まぁでもかたいよりはいいかな

209系0番台の再販もそうですが、結構力が入っていますね。
今後も再販じゃなく新規のものもどんどん発売してほしいですね。個人的にJR東なら203系なんか出たら面白いなと思いました。


さて、PCがまさかの突然の故障がおきてしまいましたが、とりあえずブログやページ更新は続けていきます。 本当にCDに画像のバックアップを取っておいて良かったです。。。
あと明日から5日まで静岡に戻っているので更新しません。

それではまた
スポンサーサイト
22:54  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

確かにPCは6年ほど経つと壊れやすくなりますが…>
去年の夏ごろ少し動作が不安定なことがありましたが、秋以降は普通に使えていて、今回も前日まで普通に動いていたので、急に停止したのはびっくりしました。。。

画像のバックアップをとってあったのは幸いでしたね。>
一応、一部の画像を除いてCDに入れておいたのでよかったです。

しかも早朝・深夜は不可だったような…>
そうかもしれません。西武新宿も普通に使えるエレベーターは深夜早朝は不可ですね。ちなみに以前大阪に行ったときに地下鉄へのエレベーターが21:00で終了というなんとも鬼な事態に遭遇したことがあります。今はどうなってるのかわかりませんが。。。

この部分だけでも早く改良が済んでほしいところですね。>
地震で中断かと思いましたが、結構早い段階で工事が再開されていたようです。所沢は西武の主要駅で一番不便かもしれないので、改良工事がんばってほしいと思います。

この日は秩父で芝桜が見頃になっていた(by例の西武好きの知人)>
車内でも放送がありました。まぁ有名だそうなので、それで特急満員になった可能性が高そうですね。

確かここも改良工事中でしたよね>
2面3線化と車庫の撤去だと思います。2面3線化が完了すると今のような優等種別の保谷手前の停止も解消されるかと。まぁそんなことより大規模改正の可能性が高い(東横直通も始まると思うので)ですね。

実は震災発生前でも乗客数の点ではこの程度のダイヤで十分対応できたのではないかという気がしなくもないです。>
確かに渋谷~新宿付近~池袋と山手線ではかなり混んでいる区間の中で土日夕方の急行でも席が全部埋まる程度の混雑度ですからね。 まぁこれが東横線直通も加わると一転して混雑路線に変わってしまうかもしれませんね。
個人的には空いている列車のほうが好きなので、副都心線の急行はなかなか良いなと思っていますw

駅の真ん中に線路の境界線があるケース自体もあまり聞いたことがないです。>
駅は片方(東急)管理なのに線路だけきっちり分けているのがちょっと面白いですね。

西武直通で各停ですと8両の割合が高いようですね。>
保谷・清瀬発着のほとんどが8両のようですね。時々10両もあることにはありますが少なめ(一応8両:各停、10両:急行と分けているようなので)です。

東横線との直通が始まると、この系統と東横線各停とが直通運転になるのかも>
各停も直通になればそうなると自分も思います。東横線の各停しか止まらない駅は10両対応工事してないですし、保谷の駅改良も直通増加のためだと思います。

池袋線で3回待避は多い方なんですね。>
練馬からだと多いかなって印象です。まぁ池袋線のほうはよくわからないので、3本退避は普通なのかもしれませんが、なんとなく多いなと感じました。

以前池袋から夕方に各停小手指行きに乗った時、練馬で有楽町線からの準急と連絡した後は所沢まで待避がなく、何か意外に感じたものでした>
新宿線で言う、西武新宿~鷺ノ宮先着みたいなパターンですね。 新宿線に比べて各停でも速度を出せる区間が多いので退避も少なめなのかもしれません。

撮影されたのはどんな編成でしたか? >
確か301系でした。最近本線系統での新101系を見ていなかったので見れて良かったです。

東横線直通が始まると東急目黒線や田園都市線のように一層混沌としてくるのでしょうね… >
そうでしょうね。どこかの路線みたいに東急池袋線や東武・西武東横線が出現するかもしれませんねw

やはりエレベーターは移動のために欠かせない方々のためにも、稼働を止めないでほしいと僕も強く思います。 >
どうやらエレベーターのほうがエスカレーターより省エネだそうですので、今後も継続してほしいと思いますね。

副都心線渋谷駅に全列車が入る姿は僕も今なお想像がつきません>
副都心線直通後も渋谷始発の電車はのこるようですが、2面4線で本当に捌けるのかちょっと心配です。 あと、優等種別は直通化でさらに混むかもしれませんね。

車椅子スペースに太い握り棒が付いているのは他社も含めて初めて見ました>
ただ車椅子スペースすぐのドアのレールはY500系みたいに削られてはいなかったので、そこだけは少し退化してしまってました。

スカートの違いとなると全くお手上げです。>
スカートの違いといっても今までの形とほぼ変わっていなく、強化版になっているだけですね(真ん中の黒部分の空洞部分が少なくなっているだけ)。

コカコーラと東急で何かタイアップ企画でもやっているのでしょうか…?>
そうみたいです。詳細はよくわかりませんが期間限定だそうです。

車内で主演俳優が映画とLuLuCa両方の宣伝放送>
そうみたいですね。わざわざ声まで用意するのはなかなかすごいですね。

エンジン停止中に音楽が流れるようになったのも、>
そういえばこれはしずてつの特徴ですね。

形式写真が綺麗に撮れるポイントなんですね。>
本当は下り方面ホームのほうがよく撮れそうです。武蔵小杉が近いこともあって駅が空いているので撮りやすいですね。

東急9000系、東横線では数を減らしているんですね。>
もうかなり少ないようですね。その分大井町線ではよく見ることができるようになりました。

ここで新形式が登場するとは意外でしたが>
たぶん車番が足りなくなったことと、10両貫通編成になったことで形式名が変わっていて、内装とかは5050系と変わりないと思います。 これが、渋谷完成前に、西武や東武、メトロで試運転されると思うので早く西武線で走る東急車を見てみたいです。

先にも書いたとおり今の運行系統を元に考えると西武線には入ってくるのではと思いますが… >
西武線内快速、副都心線内急行、東横線内特急という運用もできるかもしれませんね。

スカートが3種類あるのは全然知りませんでした。>
都営といえば浅草線でもスカートが2種類ありますね。

目黒線にしかいないということで東急全体ではマイナーな存在になっている感があります。>
そうですね。しかも目黒線でもそんなに何回も見れるわけではない車両なので・・・

各停との接続駅はどちらも同じなので、速い特急に人気が集まるかと思っていましたが…>
急行が特急に抜かれることがないからなのかもしれませんね・・・w 

特にキュービックは存在自体知らなかったので驚きでした。>
川崎市営は少数派ばかりだそうで、このキュービックも少数派だと思います。

ライトの形云々は覚えていませんが(汗)>
確か角型だったと思いますが、自分もそんなに詳しく覚えてませんねw

本当に関東各地で見られるようになりましたね。>
京王やこの前書いた立川でも登場したそうなので、結構な人気ですね。それにしてもエルガの固定窓が入ったという話を聞きませんね。。。

しずてつに新型エアロスターが導入される日は来るのでしょうか>
ATがかなり少数ということで、わざわざATを入れる可能性は少ないかもしれませんね。でも確か立川バスもATはかなり少数だったと思うので、もしかしたら。。。

両者を比べてみるとエルガの方がなんとなく小さく見えます。>
窓の高さも関係しているのかもしれませんね。

僕には実のところ区別が付きにくいです。>
確かに側面は区別つきづらいですね。自分も迷うことあります。

前面と側面のJRマークは今回から入ったんですね。>
JR車については最初は方向幕シールすらない仕様の製品もあったので、そこからすると進化しましたね。ちなみに103系や201系は最初からついていました(ステッカー内容が違いますが)。

再現といえば妻面の窓なし部分も、芸が細かいですね。>
妻面も以前は全部共通化されてしまっていることもありましたが、最近はよく再現されていますね。

前面表示がさよなら運転まであったのが驚きでした。>
そうですね。さよなら運転時まで再現できるのはうれしいですね。

コメント返信遅れてすみませんでした。それでは

HIROKI |  2011.05.14(Sat) 20:37 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こんばんは。この項では僕の方の報告をさせていただきますね。言うまでもなく記事へのコメントからは全然外れた内容ですが、お読みいただければ嬉しいです。

3日~5日にかけて、鹿児島と熊本に行ってきました。昨年5月以来1年ぶりです。遠方の割に行く機会が多いのは、鹿児島・熊本双方に知り合いがいるためです。鹿児島は以前旅行中に(なぜか青森で)知り合った方、熊本はあるホームページ(熊本電鉄も扱っている)のオフ会を通じて知り合った複数の方々がいらっしゃるので、ほぼ年1回の割で行っています。
今回は九州新幹線初乗車を兼ねて行ったため往復新幹線利用でした。新大阪→鹿児島中央で利用した「さくら」はJR九州の車両で、車内チャイムが全区間通して向谷実さん作曲のメロディーでした。これが結構いい曲で、このメロディー入りのCDが熊本駅で売られていたのを思わず買ってしまった(笑)ほどでした。

鹿児島ではJR在来線に少し乗りましたが、昨年別便で報告した内容と重なるので割愛して、ここではバスについて報告しますね。今回は時間がなくて鹿児島中央駅で10分ほど撮影しただけですが…
鹿児島市内は路線バス事業者が多く、鹿児島市交通局、南国交通、鹿児島交通、いわさきバスネットワーク、JR九州バスと5社もあります。このうちスロープ付きバスは交通局には多数いましたが、他は少数派で大半が2ステップバスでした。ナンバーから見て近年は中古車ばかり入っているようです。元国際興業らしきLVや元東武バスらしきブルーリボン3扉車、初期形JPワンステ、また僕には出身地がわからない車両もいました。
JRバス以外は鹿児島地区で導入したICカードが使えますが、交通局・南国交通のカードといわさきグループ(鹿児島交通等)のカードで名称と一部サービスが異なります。いわさきグループが良く言えば独自性が強いことが一因のようで、知り合い曰く「共通利用できるだけましだ」とのことですが…

・熊本市電
ここは全国初の取組が多い路面電車です。VVVF方式の電車は鉄道を含めて全国初でしたし、超低床電車も1997年に熊本が導入したのが最初でした。超低床電車は今では7編成あり、日中は毎時2~3本運行されていて、停留所の時刻表にもその旨表示があります。一方在来車は製造50年以上経った車両が多数現役だったりレトロ調電車(実際はVVVF車)がいたりと、とにかく新旧織り交ぜて種類が豊富で、撮影・乗車共に楽しめる路面電車だと思います。あと超低床電車に限って車掌が乗務しているのも珍しいです。前後どちらの扉からも乗降できるので乗客には便利です。
今年3月からは系統名称が2・3号系統からA・B系統に代わり、Aが赤色、Bが青色表示で色分けされて区別が付きやすくなったほか、熊本駅付近と中心部の一部区間で軌道敷に芝生を植える工事が完成して景観が一変しました。
運賃は少し前に130円~200円のキロ制運賃から150円均一に代わり、近距離では値上げになったものの全般に便利になりました。また1日乗車券は500円ですが、これも最近市電・市営バスに限らず熊本市中心部の民間バス(一部除く)と熊本電鉄の一部区間にも利用できるようになって(しかも値段据え置きで)お値打ちになりました。ずらずらと書いてしまいましたが、これだけ次々と改善を重ねていることがすごいといつも思っています。
今回は主に芝生軌道の撮影をしてきた他、市中心街と熊本駅の間の移動にも利用しました。

・熊本電鉄
かつては元静岡鉄道の電車が走っていましたが、今は藤崎宮前~御代志の系統が元都営三田線6000系、上熊本~北熊本の系統が元東急5000系になっています(他に元南海22000形がいますが予備車扱い)。今回は市電の項で触れた1日乗車券で乗れる範囲で乗ってきました。
6000系は5編成いますが、側面帯の色の違いや前面窓周りの黄色塗装の有無等、1編成ずつすべて外観が異なっているのが面白いです。元東急車は色も東急時代と同じ(数年前に復元)でファンに人気がありますが、製造50年以上経っていて老朽化の進行が著しいという話も聞きます。
ここは鉄道線ですが、全面ワンマンで乗車券は存在せず、運賃支払い方法は完全にバスと同じです。ただ朝は通勤通学客が多いため全てのドアを開け、整理券はホームに設置の整理券発行機が稼働してそこでとる形です(有人駅の北熊本も同様)。日中(休日は終日)は自転車持ち込みが可能ですが、この制度は熊本電鉄が初めての導入です。今回この利用者も見かけました。
熊本都市圏を走りながらターミナル駅が中心街から離れているのがネックで利用が今一つ伸びず、ローカル私鉄然とした雰囲気がありますが、沿線道路が朝夕渋滞するため通勤通学の足として重宝されており、日中も今回乗車した中心部方向へ向かう電車で40人ほど利用があってまずまずの状況です。ただし赤字が続いており、LRT化して中心部へ直通する構想もありますが会社再建中のため現在は凍結状態です。今後も路線の維持・発展を期待しながら関心を持って見守っていきたいと思っています。

・熊本のバス
ここも鹿児島同様、事業者の数が多いです。熊本市交通局(市営)、九州産業交通(産交)、熊本電鉄、熊本バス、熊本都市バスと5社を数えます。このうち熊本市交通局は全路線の民間移管が進行中で、その受け皿として民間バス3社が共同で設立したのが熊本都市バスです。鹿児島と違って事業者間の協調関係がとれており、系統番号が全事業者統一ルールで付けられていたり、交通センターという中心部のバスターミナルでは事業者を問わず同一方面行きのバスが同じ乗り場から発車したり(他のバス停でも共通のポールを使用)、共通のプリペイドカードがあったりと、利用者の立場ではバス会社の別を意識せず利用できるようになっています。関東圏では普通に見られる光景ですが、地方都市でここまで出来ているのは画期的だと思います。
一方車種に関しては豊富というか何というか…各事業者ともメーカーにこだわらず導入しており、新車のスロープ付きバスがいる一方で近年は中古車の2ステップバスが多数入っているという状況です。今回は市中心部で10分ほど撮影しましたが、来る台数が多い上に車種が多くてもうお腹いっぱいになりました(笑) 珍しいところでは外国製のノンステップバスが産交にいる他、熊本電鉄バスには元東武バスらしい3扉車がいました。
あと、熊本競輪の観客輸送用バスが専用車両で運行されています(事業者不明)が、これが元西武バスと思われる日デ7Eで専ら運行されています。今回初めて3扉車も見かけました。

報告させていただいたうち、いくつかの画像については別途メールでもお送りしますね。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
それでは、また。
とーます |  2011.05.09(Mon) 23:22 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、おはようございます。今回の記事にコメントさせていただきますね。先のコメントで触れた事情もあってまたまた大幅に遅くなってしまい、すみません。

PCの突然のダウン、本当に痛いですね。胸中お察しします。予備PCが使えるとはいえ不便になっていることと思います。確かにPCは6年ほど経つと壊れやすくなりますが…
でも最新の撮影分を含め、画像のバックアップをとってあったのは幸いでしたね。備えあれば憂い無しとはこのことかなと(防災も含め、何事にも言えることですね)。

さて、今回の記事は新丸子・武蔵小杉の撮影行、Bトレ201系と普段にも増して内容が豊富ですね。面白く拝見させていただきました。
では、いつもどおり事業者別に…

・西武線、副都心線
所沢駅、新宿線下り→池袋線の乗り換えでエレベーターを使おうとすると一度外に出て大回りしなければならないんですよね。しかも早朝・深夜は不可だったような…おっしゃるように、この部分だけでも早く改良が済んでほしいところですね。
特急の「満席」表示、このタイプの発車表示機で表示されるのは初めて見た気がします。池袋の改札外や特急専用ホーム入り口にある特急専用表示機で見たことはありますが。この日は秩父で芝桜が見頃になっていた(by例の西武好きの知人)ので、観光客が特急に集中したのかもしれません。
保谷でかなりゆれていました>
確かここも改良工事中でしたよね(具体的な内容を忘れてしまいましたがw)。その関係かなあと。

副都心線の平日臨時ダイヤ、日中は急行がない上に半数が池袋止まりなんですね。朝夕とのギャップが凄いですが、実は震災発生前でも乗客数の点ではこの程度のダイヤで十分対応できたのではないかという気がしなくもないです。誘客のために急行や西武・東武直通を多数走らせていましたが、実際利用客がそれほど多かったかは疑問ですので。
渋谷駅のメトロ・東急境界標識は初めて見ました。駅の真ん中に線路の境界線があるケース自体もあまり聞いたことがないです。JRの会社間境界駅ですと駅構内の線路自体が管理する会社の所有になっているので、他もそうだと思い込んでいました…

帰りの所沢行きは8両とのことでしたが、西武直通で各停ですと8両の割合が高いようですね。東横線との直通が始まると、この系統と東横線各停とが直通運転になるのかも。
池袋線で3回待避は多い方なんですね。まあ特急が入るとその分増えるわけですが、優等列車が多いので3回待避があっても不思議でない気がします。逆に、以前池袋から夕方に各停小手指行きに乗った時、練馬で有楽町線からの準急と連絡した後は所沢まで待避がなく、何か意外に感じたものでした。
所沢で新101系が撮影できたのは良かったですね。しかも兄弟車4000系との並びは今や珍しく、貴重な記録になったのではと思います。ところで池袋線で新101系というと、震災の少し後に4+2+2の8両が運用に就いていたらしいですが、撮影されたのはどんな編成でしたか?
今回は西武線に乗ったのに西武車に一度も乗らずじまい…こういうのも珍しいですね。相互直通のなせる技ですが、東横線直通が始まると東急目黒線や田園都市線のように一層混沌としてくるのでしょうね…

計画停電実施の頃はエレベーターも止めていたケースがあったようですが(小田急が停止を明記していたのは知りませんでしたが)、今はエスカレーターを止めていてもエレベーターは動かしているところが多いようで、良い傾向ですね。やはりエレベーターは移動のために欠かせない方々のためにも、稼働を止めないでほしいと僕も強く思います。

・東急線
東横線渋谷駅といえば東急一の規模を誇るターミナル駅で、確かに先端部が急カーブ&細くなっている点が他社にもない一番の特徴ですね。ここが無くなってしまって副都心線渋谷駅に全列車が入る姿は僕も今なお想像がつきません。
行きに乗車された5050系、マイナーチェンジがされているんですね。車椅子スペースに太い握り棒が付いているのは他社も含めて初めて見ました(たぶん)し、ドアに化粧板がついたのも初耳でした。増してスカートの違いとなると全くお手上げです。正直なところ5050系のことは関心が薄くて全然知らないもので…(汗)
初耳といえば渋谷駅接近放送のメロディの件もです。関連が思い浮かびませんが、コカコーラと東急で何かタイアップ企画でもやっているのでしょうか…?
タイアップといえば、話が逸れますがしずてつでも例があります。昨年末に映画「相棒Ⅱ」とタイアップして、車内で主演俳優が映画とLuLuCa両方の宣伝放送をバス車内で流したりLuLuCaを映画館に持っていくと料金を割り引いたりしていました。また、エンジン停止中に音楽が流れるようになったのも、当初はバスをテーマに製作されたCDの中から数曲を流していましたが、バス協会とのタイアップでその装置を取り付けたように記憶しています。

今回撮影地点の新丸子、形式写真が綺麗に撮れるポイントなんですね。ちなみに静岡の「新丸子(しんまりこ)」バス停の方は中部国道線(静岡駅~藤枝駅)にあります。
東急9000系、東横線では数を減らしているんですね。マイナーチェンジ5050系がその代替車のようですが、やむを得ないのかもしれませんがほぼ1車種に統一されるのはちょっと残念ですね。ただ西武6000系が1車種で色々バリエーションがあるように、Y500系や4000系も含めればバリエーションがある方かもしれませんが。その4000系、ここで新形式が登場するとは意外でしたが、わざわざ10両編成を作るからには東武・西武直通は4000系がメインになるでしょうね。あとは5050系・Y500系がどこまで乗り入れるかなと。先にも書いたとおり今の運行系統を元に考えると西武線には入ってくるのではと思いますが…

目黒線の方は東急が2形式あるのに加えて3社から乗り入れがあるので、全てVVVF車ながらバリエーションが豊富ですね。今回全社の車両を撮影できて良かったかと思ったら、増備車とかスカートの違いによる分類とかまで含めるとさらに種類があるみたいで(もちろん全然知りませんでしたw)…まあ再び来る楽しみが出来たということかなと。
メトロ9000系、確かにその前の8000系から比べると随分丸みを帯びた形になりましたね。VVVFの新規採用も含め、この形式がメトロで一つのターニングポイントになったのは確かだと思います。これをベースにして前面に変化を持たせたのが2000系ですね。東葉高速と違って顔にバリエーションが出来たのは良いですね。
都営6300形、僕はGTOかIGBTかの区分は音に関わるので知っていました(GTO車の方がお気に入りです)が、スカートが3種類あるのは全然知りませんでした。
東急は当初3000系を揃えましたが、他形式とはデザインが大きく違っているのと、目黒線にしかいないということで東急全体ではマイナーな存在になっている感があります。むしろ後から登場の5080系の方が5000系シリーズの一員ということもあってより目立つ存在ですね。
あと、節電ダイヤが各線とも実施されているようで、目黒線・大井町線は急行運転開始前の状況に戻っているんですね。目黒線の場合急行を削減しても各停ダイヤは元のままのようで、偏りが出るのはやむを得ないのかなと。
東横線の特急と急行ですが、急行の方が混むというのは「あれっ?」と思いました。平行ダイヤとはいえ速さでは特急が全区間で4分ほど勝り(急行は「隔駅停車」と言われるほど停車駅が多い)、各停との接続駅はどちらも同じなので、速い特急に人気が集まるかと思っていましたが…

・武蔵小杉のバス
今回の目玉は川崎市営のキュービックと新型エアロスターでしたね。特にキュービックは存在自体知らなかったので驚きでした。この形はやっぱり良いですね。川崎市営というと僕も真っ先に思い浮かぶのがエアロスターです。ライトの形云々は覚えていませんが(汗) 新型エアロスター、僕も川崎市営のこの塗装はよく似合っていると思いました。一方、後部は水色の面積が広く、増設ライトがないのでちょっとのっぺりした感じがします。
新型エアロスターは今回、東急バスも撮影でき都営バスでも見かけたとのことで、本当に関東各地で見られるようになりましたね。しずてつが早々に新型エルガを導入してエアロスターを入れていないのとは対照的です。しずてつに新型エアロスターが導入される日は来るのでしょうか…
東急バスで短尺の車両が今回エルガワンステとBRCといましたが、両者を比べてみるとエルガの方がなんとなく小さく見えます。それとエルガワンステ短尺とエルガミオ、僕には実のところ区別が付きにくいです。しずてつ岡部に両者ともいますが、どちらがどちらだかこのホームページで見るまで分かっていませんでした…
今回、川崎市営・東急バス両方とも4メーカーの車両が登場しましたね。車種が豊富なので撮影するのは楽しいですね。

・Bトレイン201系
この車両、以前報告しましたが僕も4月に焼津で発見して購入しています。組み立ても済んだので、その話も交えながら…
前面と側面のJRマークは今回から入ったんですね。僕も初め部品を見たときこのJRマークに目がいき、再現の細かさに毎度ながら感心しました。再現といえば妻面の窓なし部分も、芸が細かいですね。あとドア間の窓の桟も、細いためか側面部品でなくガラスパーツに色がついていてそれで再現するようになっていたのが目新しいと思いました。一方、スカートが2種類あったのはこのBトレを見て初めて知りました(苦笑)
ステッカーの種類の豊富さもすごかったですね。H4とH7の車番は知らなかったのでおいといて(汗)、前面表示がさよなら運転まであったのが驚きでした。八トタマークは知っていましたが、ATS表記は細かすぎてよく見えず、この記事を見るまで知りませんでした(汗)
ちなみに僕は、学生時代富士急行に乗り入れてくる201系4連によく見たり乗ったりした思い出があるので、今回それを再現できたのが嬉しいです。行き先は「通勤快速河口湖」(こちらは窓下種別表示なしの前面)と「中央特快東京」(窓下種別あり前面)を選択し、パンタも菱形にしています。
今回は再販とのことですが、全般にクオリティーが随分高いと思いました。新規製品も、HIROKIさんのおっしゃる203系も含め色々出て欲しいですね。復興支援の意味も込めてE721系とか…

あと連休の僕の方の報告ですが、ここまでで長くなったので項を改めて書きたいと思います。

それでは、また。
とーます |  2011.05.09(Mon) 07:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/522-d30cc7d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。