2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.15 (Sun)

■05月15日(日)■

こんばんは。

今日はいつもコメントをしてくださっている、とーますさんとお会いしました。
その前に、その待ち合わせ時間まで暇だったので、代々木上原で千代田線を撮影してから待ち合わせ場所の荻窪へ行きました。なので、いつもどおり画像を載せていきます。。。

2011_05150533.jpg
今回もバスからスタート。今回は富士重新7Eノンステでした。やはりATのほうが音が大きめになるようですね。ちなみにダイヤは前回の羽田空港のときと同じダイヤです。

2011_05150539.jpg
このあとは西武新宿へ。前回と同じ急行でしたが、また30000系(今回はトップナンバー)だったので、途中田無で始発の各停に乗り換えました。
車両は新2000系の4+4でした。井荻で急行、中井で急行と特急の通過待ちでした。

2011_05150544.jpg
10000系。特急も運転されるようになったのでだいぶ元通りになっていますね。まぁ拝島快速と快急は運休ですが・・

2011_05150547.jpg
準急 拝島行き。拝島方面の準急は珍しかったと思ったので撮影。でも若干遅れていて、発車1分ぐらい前に入線。
車掌さんもダッシュしてました・・・w
で乗車完全に終わる前に「3番ドアオーライ」とか放送されてました・・・w

この後は小田急で代々木上原へ。

2011_05150556.jpg
その前に特急を撮影。20000形RSEでしたっけ? 特急はあまり知らないので・・・あさぎり用ですがはこねに就いていますね。

2011_05150557.jpg
特急の発車案内版。小田原行きなんてのもあるんですね。

2011_05150559.jpg
その小田原行きは10000形。さすがにこのデザインは人気あるようで結構多くの人が撮影していました。

2011_05150560.jpg
側面には「がんばろう日本」のステッカーがついていました。

この後、地上ホームからの電車に乗ろうとしたところ18分ぐらい待たなければならなかったようなので、地下ホームへ移動し2000形の区間準急で代々木上原へ。

2011_05150562.jpg
到着してすぐ撮影開始。さっそく来たのはJRのE233系。小田急線の駅にJRの車両はやはり違和感を感じますね。これだけ撮っていったん改札を出て、新宿行きの切符を購入し今度は新宿方面行きホームへ移動。

2011_05150565.jpg
メトロ6000系。側面ドア窓が大型になっている編成でした。

2011_05150570.jpg
メトロ6000系。こちらは未更新なのか、方向幕でチョッパ制御でした。確か6000系には屋根の丸みに違いがあったと思いますが、あまりよくわかりませんでした(こいつは若干他車よりも屋根のRがきつくなっている気がします)

2011_05150575.jpg
小田急5200形が。6連は消えましたが4連は一応残っています。まぁこれもいつまで残るかわかりませんが・・・ 3000形の10両化がもっと進行したら危ないですね・・・

2011_05150579.jpg
またメトロ6000系。まぁこれが主力なのでいっぱいくるのもまぁ当たり前といえば当たり前ですが。。。

2011_05150584.jpg
JRE233系。今回こればっかりきました。置き換えがだいぶ進行中のようです。ちなみに0番台のような発車促進音が流れるようですが、中央線では「扉が閉まります」がこれは「ドアーがしまります」となっていました。あと促進用メロディも違う種類のものでした。 それにしてもここでJRのメロディが聞けるとは・・・w

2011_05150591.jpg
車内はLCDがひとつついていました。京王や京成などと同じ配置です。

2011_05150592.jpg
JRE233系。ところでこれもドアがリニア式なので、音が大きかったです。ただ不思議と西武30000系より音が小さめですね。

2011_05150596.jpg
メトロ6000系。

2011_05150599.jpg
JRE233系。

2011_05150604.jpg
JRE233系。それにしてもJRばっかですが、こんなにJR率って高かったでしたっけ? もしかして節電で小田急直通が減っている分JRでまかなっているんですかね・・・?

2011_05150609.jpg
やっと違うのがきました。16000系の2次車です。貫通扉の位置が中央からちょっとずれました。中央だと支障があったんですかね。。。

2011_05150619.jpg
小田急4000形。日中は多摩急行がないので線内の優等種別に多く就いているのかもしれません。今まで意識していませんでしたが、確かに従来車に比べて青色が濃いですね。

2011_05150641.jpg
目当てがきました203系。ここまで約90分待っています。これだけ待ってきたのでうれしいですね。もうあきらめようかとも思っていたので・・・側面とか汚れていてさすがに老朽化しているみたいですね。最後までがんばってほしいです。

2011_05150650.jpg
06系。1編成だけなのでこちらのほうが珍しさだけで言えば上かもしれませんね。それにしても千代田線には、いろいろ希少車が多いですね。203系やE233系2000番台も千代田直通専用ですし・・・
これを撮って、各停 新宿行きで新宿へ戻りました。乗ったのは3000系でしたが6両でした。小田急にもまだ6両の各停があったんですね。ちょっと驚きです。。。
そして、中央総武各駅停車のE233系で荻窪へ。そのあととーますさんや、とーますさんの友人の方と撮影。

2011_05150655.jpg
関東バスRAノンステ。荻窪駅は以前よりも改良が進行して、おそらく完成したようです。

2011_05150656.jpg
さっそく3扉車が。短尺のほうですね。

2011_05150662.jpg
関東バスUA(富士重新7E)ノンステ。フルフラットのほうです。

2011_05150663.jpg
関東バスMPワンステ。今回はこればかりきました。大増殖中ですね。

2011_05150665.jpg
西武バスのRAワンステ。短尺で4枚折戸ということで均一料金地区らしい仕様です。

2011_05150667.jpg
関東バスMPノンステ。ここは三菱率がかなり高いようで、今回はほとんど三菱でした。

2011_05150670.jpg
西武バスRMノンステ。西武の荻窪駅発着バスはこれが多いようです。

2011_05150672.jpg
西武バスRMノンステ。すこし古いほうです。

2011_05150673.jpg
関東バスMPワンステ。

2011_05150674.jpg
西武バスUA(富士重新7E)ノンステ。立川・小平・滝山ではよく見かけますがここではあまりこないようです(むしろ最初期の7Eノンステのほうが多い)

2011_05150678.jpg
関東バスエアロミディ中型。

2011_05150679.jpg
西武バスUA(富士重新7E)ワンステ。均一地域では珍しく標準尺ですね。

2011_05150684.jpg
西武バスUA(富士重7E)ノンステ。最初期ノンステはどちらかというと均一料金地域のほうが多く残存しているようです。

2011_05150685.jpg
関東バスのUA3扉。短尺のほうです。

2011_05150687.jpg
西武バスですが・・・A1でワンステということで、三菱MPで間違いないと思います。短尺で引戸です。

2011_05150689.jpg
関東バスのブルーリボンⅡワンステ。初撮影です。こんなワンステまでいるんですね。でもあまり見ないのであまり導入されてないのかもしれません。それにしても違和感が・・・

2011_05150692.jpg
関東バスの3扉。こちらは標準尺です。今回は結構な頻度で来ています。もしかして荻窪に集中的に運用されているのかもしれません。

2011_05150696.jpg
関東バスAPノンステ。それにしてもこのバス停はバスがひっきりなしにきます。

2011_05150701.jpg
関東バスMPノンステ。関東バスは車番である程度メーカーがわかるのでいいですね。

2011_05150702.jpg
西武バスMPワンステ。今回画像は2枚しか載せてませんが3台みかけました。

2011_05150703.jpg
関東バスのエアロミディ中型ロング。

2011_05150705.jpg
関東バスRAノンステ。

2011_05150706.jpg
最後に3扉を撮って撤収。

この後は中央線で国分寺へ移動。三鷹で特快待ち合わせでしたが、逆に乗っている快速のほうが混んでいて、特快
のほうがすいていました。武蔵境・東小金井・武蔵小金井の利用がやはり多いようで国分寺の時点ではすきました。
そのあとは国分寺線の3005編成で東村山へ移動し終了。

今回は東京へ来たころから撮影したいと思っていた千代田線を撮影できてよかったです。あととーますさんやとーますさんの友人の方とあえてよかったです。

それでは今日はこのへんで・・・
スポンサーサイト
21:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

基本的には同じダイヤに同じ車両が来るしずてつに慣れている僕には不思議に思える光景です>
しずてつは確かにそうですね。ちなみに立川バスも基本的に同じ車両で毎日運行されているみたいです。

この列車はそれに該当するのかもしれませんね。 >
そうかもしれませんね。このほかにも2週連続で30000系が同じ運用に入っているのをみたことがある(乗ったことある)ので、30000系限定運用も存在している可能性が濃厚ですね。

乗り換えた各停は中井で2本通過待ち…>
このダイヤ、鷺ノ宮で後の列車が4分後にせまっていたので、普通に沼袋退避かと思ったら、中井退避でした。2本退避のわりに沼袋1本退避よりも時間が短い印象をうけました。2本退避ということで、できるかぎり停車時間を少なくするために中井まで各停を先行させているのかもしれません。

中井待避は比較的少ないのでは?>
そうですね。自分は東京へ来て初めてあたりました。中井だと中線の速度制限がかかるようなので、多くは沼袋退避になっているみたいです。

西武新宿の折返しが所定でも2分だそうで随分きついダイヤだなあと思いました>
他の運用だと5分程度は止まっていることが多いのでこれは結構ぎりぎりダイヤですね。ちなみに池袋線でも20分近く止まっていることもあると思えば2分程度で戻っていく運用もありますね。

相当駅員が焦っていたようで…>
もともと遅れて入ってきた(というより自分が乗った各停なども数分遅れていました)ので、急いでいたようですね。車掌さんが乗る前に「発車します」と放送されていたのはちょっと笑えました・・・w

普段は1編成余裕があるので箱根方面への列車にも入っています。>
そうなんですね。なんとなく「あさぎり」専用のイメージがあるのでこれで箱根といわれてもなんとなく違和感がありますね。

途中停車駅の多い(4駅停車)小田原行き>
こちらはどちらかというと有料の通勤列車のようなイメージを持ちますね。 10000形はバリアフリーの観点で難があるそうなので、あえて小田原行きのほうにしているのかもしれません。

車両の画像は常磐線内や小田急線内での撮影時の記事でも拝見していた>
そうですね。今までも常磐線内で203系を狙ったことはあるのですが、意外に本数が少ないので思うとおりに撮影できていませんでした。

私鉄の駅でこれだけJR車両が見られる駅は全国でも珍しく、>
そうですね。東西線のほうはそんなに多くないですし。。。

新型車両と同じ程度の大きさかと思いますが>
おそらく10000系と同じぐらいのものだと思われます。このドアになるだけで側面の印象が変わる気がします。まぁ、違和感はありますが大きいほうが景色はよく見えるのでいいですね。

屋根の丸みの違い>
たくさんいるので、製造途中などで変更されていったのかもしれませんね。
細かな違いが他にもあると思うので研究してみるのも面白いかもしれませんね。まぁ自分はしないと思いますが・・w

早晩16000系に置き換えられるのでしょうね。 >
方向幕の車両はチョッパ車だったので、おっしゃるとおりさっさと置き換えられてしまうと思います。

貫通扉といっても要は非常脱出口ですので、中央にある必要はないわけですし。 >
むしろ10000系からなんで中央にしていたのかが気になりますね。まぁ営団からメトロに変わったので「新しい会社」をアピールしたくてデザインを大幅に変えたのかもしれませんが。。。

このタイプの前面に千代田線の緑色帯はどうも見慣れないです。>
06系・07系は結局少数派で終わってしまいましたね。このデザインは0シリーズでも結構良いと思うんですが・・・

小田急車の運用が減少した分JR車の運用が増えているのでは…という気がします。>
普段を知らないですが、今回運用番号の最後につく車両所属を表すアルファベットと実際の車両の所属が一致しない運用を1つ目撃(小田急車じゃないのに小田急車の運用番号で運行)しましたが、そのほかは通常通りでした。ということは代走扱いではなく運用ごと変更されているのかもしれません。

音の大きさはそれと同じくらいでしたか?>
う~ん、E233系のリニア式ドアは、電気式ドアより音が大きいですが、それでもE231や30000よりは小さいですね。

西武30000系よりは少し音が小さいかなと思いますので。>
そうですね。ただ以前より音が響いてない気がするので、改良したのかもしれません。

メロディー+音声のようなものでしょうか?>
そうですね。メロディが駅で採用されている発車メロディで、音声は車内放送と同じ声で、JR線用は「扉が閉まります」 直通対応車は「ドアが閉まります」となっているようです。 ちなみに西武ではチャイム・音声、小田急はメロディ・音声ですね。

0番台には何度も乗っているはずですがその存在を意識していませんでした(汗) >
最近になって特に三鷹以西で流すことは比較的ありますね。ただほとんどの場合音声だけですね。

できるだけ綺麗な姿で引退まで無事走ってほしいですね。 >
引退する車両なので厳しいかもしれませんが、もう1回ぐらい綺麗な姿で走ってほしいですね。

新宿口で6両単独の列車はほとんどなかったような。>
今回2本見かけました。各停とはいえ、新宿手前は混むので6両だと余計に混むようです。 ちなみに終点手前で各停が混むというのは、京王や小田急ではありますが、西武線ではあまりないですね。

タクシーの出入りはあるものの一般車は入ってきませんし、>
前来たときはここじゃなかったはずですが移動してきたようです。まぁでもバス撮影にまったく支障がない位置なので、全然いいですが。

後ろの歩道の人通りも多くないですし>
まぁ吉祥寺とか多いですからね。荻窪は改札が2箇所あるので、徒歩でどこか向かう人はもう一箇所を使っているのかもしれません。

何よりバスがひっきりなしに入ってきますし。>
特に駅入り口真ん前は、大体2台並んでますからね。それでいて、大体立ち席が出るくらい乗るので、あそこは関東バスで一番利益がある路線でしょうね。

実際に来た台数は関東バスの方が圧倒的に多く、西武バスは少なめでしたね。>
西武はおまけ的な感じでしたね。吉祥寺だとちょうど半々ぐらいというところですが。。。西武なら武蔵小金井や立川のほうが多そうですね。

三菱が(OEM含め)ずいぶん多く来ましたね。>
たしかにUDよりも三菱が多かったですね。まぁOEMでUDというのはいましたが。。。

ちょっとカルチャーショックを受けました。>
確かに10年ぐらい前のUD・富士重だらけからだいぶ変化しましたね。まぁ同じことが西武バスにも言えますが。。。 

改めてこちらでご教示いただけると有り難いです。>
自分も完全にはっきりわかりませんがとりあえずワンステップ・ノンステップだと2000代は三菱大型で、1000代が他メーカー大型となっているみたいです。(UD大型、いすゞ大型、日野ブルリⅡ)あとなぜかエアロスターワンステだけ三菱ですが1400代のようです。あと中型は3桁台になっているようです。

西武バスのようにRM車がいないのが不思議です。 >
反対側のターミナルには結構来ていますね。なぜかこちら側で見たことはありませんね。

今回は近頃見かける台数が少なかった3扉車が何台も見られて良かったですね。>
そうですね。やはり利用客が多い荻窪駅発着路線に集中的に運用されているのかもしれませんね。

この車両は短尺かな…>
そのようですね。この車両はまだ少数派みたいですが、増えるのかどうか気になります。

来たのは大半が旧年式の車両か最新形か中型かというラインナップでしたね。>
そうでしたね。大型のほうは西武だと、都心部のほうにベテランノンステが残る傾向があるみたいですね。おそらく立川などより早くから多く低床バスを入れていたからだと思いますが。。。あとやっぱりここは中型RM多いですね。

スロープ付きバスでの中4枚折戸自体が僕から見ると珍しく感じます。>
確かに多摩地区でもあまり多くない(西武だと新7Eワンステは4枚折戸ですが)ので、なんとなく「都会のバス」というイメージがありますね。

これも最初MPかAPか分かりませんでした>
確かホイールが10穴のATのAPワンステは導入されてなかったと思うのでMPだと思われますね。

品川に着いて新幹線の改札口を出ると辺り一面照明が消えていて、何とも薄暗い感じでした。>
確かに今までに比べると「結構暗いな」と感じることが多いですね。まぁ別に問題はないですが。。。

友人2人の話では「もう慣れた。一時よりはましになった」そうですが。>
確かに一時よりましになりましたね。最初のころはさすがに暗くしすぎではないかと思うこともありましたね。

「立入禁止」のテープが階下・階上とも貼られていて、初めて見る目にはものものしさを感じました。>
確かに自分も地震後初めて駅に行ったときは、エスカレーターが黄色いテープで進入禁止になっていてちょっとびっくりしましたね。

歩行者が非常に多く、>
歩行者と自転車が多いですね。特に自転車はバス乗り場を逆走していることが多いですね。。。

それではまた。
コメント返信が2ヶ月ほど遅くなりすみませんでした。
HIROKI |  2011.07.10(Sun) 22:33 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こんばんは。
日曜日はありがとうございました。僕の友人ともども、HIROKIさんにお会いできて良かったです。
それでは、今回の記事にコメントさせていただきますね。遅くなって申し訳ないです。

・代々木上原まで
西武バス、前回と同じダイヤでありながら、前回は2010年式RAで今回は2001年式新7Eと、随分違うバスでしたね。どちらもノンステップ車で利用者にとっては差がないですが、基本的には同じダイヤに同じ車両が来るしずてつに慣れている僕には不思議に思える光景です。
急行はまた30000系とのことで、昨年運用調査された際に30000系固定運用があるのでは?とのことでしたが、この列車はそれに該当するのかもしれませんね。
乗り換えた各停は中井で2本通過待ち…高田馬場を目前にして随分待たされる列車ですね(苦笑) でも中井待避は比較的少ないのでは?何となく沼袋待避の方が多いイメージがあります。
準急拝島行き、お会いしたときの話ですとこの1本だけのレアな列車みたいですね。西武新宿の折返しが所定でも2分だそうで随分きついダイヤだなあと思いました。でも乗車が完全に終わる前の「3番ドアオーライ」は、おいおいちょっと待てという感じですね。相当駅員が焦っていたようで…
小田急の特急ロマンスカー、画像1枚目はおっしゃる通り20000系RSEですね。2編成あって、JR東海371系の検査入場時にはどちらもあさぎり号の運用に入りますが、普段は1編成余裕があるので箱根方面への列車にも入っています。また、日中の特急は毎時2本の箱根湯本行きの他、ほぼ毎時1本、途中停車駅の多い(4駅停車)小田原行きもあります。この小田原行きに10000形が入っているのは意外でした。展望席のある車両は箱根湯本行きに優先的に使われて小田原行きは30000形(EXE)ばかりだと思っていました。

・代々木上原にて
千代田線自体の撮影、そういえば初めてですね。車両の画像は常磐線内や小田急線内での撮影時の記事でも拝見していたので、記事の最後の文を読むまで気づきませんでした(汗)
JRの通勤形車両が地下鉄に乗り入れる例は他にもあるものの、私鉄の駅でこれだけJR車両が見られる駅は全国でも珍しく、ちょっと不思議な感覚ですね。
メトロ6000系、第31編成のドア窓は何とも大きいですね。新型車両と同じ程度の大きさかと思いますが、6000系にこの窓はかなり違和感があります。屋根の丸みの違いは今まで全然知りませんでしたが、今回登場する4本の編成を比べると、確かに第18編成だけ丸みが少ない感じですね。第33・34編成と2本来た方向幕車、こうして原型をとどめた姿を見られたのは嬉しいですが、早晩16000系に置き換えられるのでしょうね。
その16000系、2次車が登場してしかも(少なくとも)第7編成まであるとはこれまた初耳でした。貫通扉がややずれた分運転席スペースが広くなっているようで、それが変更の理由かもしれませんね。貫通扉といっても要は非常脱出口ですので、中央にある必要はないわけですし。
また、1編成だけの06系も最後に撮影できて良かったですね。このタイプの前面に千代田線の緑色帯はどうも見慣れないです。教えていただくまで06系のことをすっかり忘れていたほどですので(苦笑)
小田急の車両では、やはり5200形が目を引きました。もう何本も残っていないでしょうし、貴重な記録になりますね。一方で3000形の10両化、実際に進行しているんですね…
E233系、本当に多くなりましたね。昨年11月に僕が乗った時点では203系の方を多く見かけたものでしたが…今回5本登場していますが、行き先表示を見るとうち3本が綾瀬行きですね。時間帯によってJR率が高いことはあるにしても、千代田線内折返し列車にJR車がこれだけ入ることは通常なかったと思います。小田急車が千代田線内折返しに入ることは以前もよく見られたので、HIROKIさんの推測通り、小田急車の運用が減少した分JR車の運用が増えているのでは…という気がします。
リニア式のドアというとE231系近郊形が真っ先に思い浮かびますが、音の大きさはそれと同じくらいでしたか?西武30000系よりは少し音が小さいかなと思いますので。というか西武の音の大きさが際だっている感がありますが…あと発車促進音、これはJR東海313系に付いているメロディー+音声のようなものでしょうか?0番台には何度も乗っているはずですがその存在を意識していませんでした(汗)
最後の方でようやく来てくれた203系、待った甲斐がありましたね。アルミ無地の車体だけに汚れがちょっと目立っている感じですが、6月末までに引退するという京葉線201系よりは後まで残るので、できるだけ綺麗な姿で引退まで無事走ってほしいですね。
新宿への戻りは6両各停ですか…大概は8両ですよね。新宿口で6両単独の列車はほとんどなかったような。昔一度だけ夜に6両各停に乗った記憶がありますが、当時でも珍しいと思ったものでした。

・荻窪にて
今回撮影していて思いましたが、ここは撮影環境が良いですね。タクシーの出入りはあるものの一般車は入ってきませんし、後ろの歩道の人通りも多くないですし、何よりバスがひっきりなしに入ってきますし。まあ撮影前半は駅前広場の方が賑やかでしたが(笑) 実際に来た台数は関東バスの方が圧倒的に多く、西武バスは少なめでしたね。荻窪は少し前にも来られたかと思いますが、今回HIROKIさん初撮影の車両もあって良かったですね。
関東バス…大型・中型含めて三菱が(OEM含め)ずいぶん多く来ましたね。静岡にはいないワンステベースのノンステも何台か見かけましたし。一昔前のUD天国からの激変ぶりを目の当たりにして、ちょっとカルチャーショックを受けました。ところで、掲載の画像を見てもMPとAPの区別は僕には全く付きませんが、車番である程度区別できるんですね。改めてこちらでご教示いただけると有り難いです。中型も9M車、中型ロングの三菱がよく来ていましたが、西武バスのようにRM車がいないのが不思議です。
また、今回は近頃見かける台数が少なかった3扉車が何台も見られて良かったですね。もうすぐ引退という話のある標準尺車も記録できて、僕も良かったです。荻窪駅での降車時間短縮を図る必要があって(来る台数が多く、降車スペースの余裕も少なそうでした)3扉車を多く運用しているのかも。だとすれば正に3扉車の本領発揮ですが…
初撮影のブルーリボンⅡ、エルガを少し前に見ましたが、こちらもいるとは。もう何でもありの関東バスですね(笑) この車両は短尺かな…相変わらず小さく見えますね。
西武バス…他では主力のUA(西工)・RAが少数で、来たのは大半が旧年式の車両か最新形か中型かというラインナップでしたね。以前の荻窪の記事でもRMが多かったですが、ターミナルにしては珍しい顔ぶれですね。
RAワンステと新7Eワンステが共に中4枚折戸ですが、スロープ付きバスでの中4枚折戸自体が僕から見ると珍しく感じます。京王などで例があるのは知っていますが…
7Eノンステは僕のいる間に3台来ましたが、ライオンズマークが残っているのは画像の1台だけでしたね。後部のマークも残っていて「おっ」と思いました。後部を撮れなかったのが残念…
MPワンステ、ついに登場しましたね。これも最初MPかAPか分かりませんでした(今後もどちらか区別付かない可能性大ですが)。しかし自分の目で見てもなお、西武に三菱はかなり違和感があります。

ここからは当日の僕の行動と、その中で気がついたことを報告させていただきますね。
僕は朝静岡を出て新幹線で品川→山手線乗り換えで渋谷に来ました。そこから昼過ぎにかけて井の頭線沿いを歩き、吉祥寺から荻窪へ。帰りは再び吉祥寺へ移動して井の頭線各停で渋谷へ出て、後は朝の逆コースで静岡へ帰りました。
震災以降では初めて東京に行きましたが、品川に着いて新幹線の改札口を出ると辺り一面照明が消えていて、何とも薄暗い感じでした。帰りの時も同様で、東京が電力不足でただならぬ事態になっていることを印象づける効果は十分にありました。同じ品川駅でも在来線の方はそれなりに照明が付いていましたが…渋谷駅も、井の頭線につながる通路や井の頭線改札口前は全て消灯していてやはり薄暗い印象でした。友人2人の話では「もう慣れた。一時よりはましになった」そうですが。また、電車内の照明も、西武で蛍光管の一部が外されている件が前回の記事で紹介されていましたが、山手線・井の頭線でも同様に一部の蛍光管が外されていました。駅の照明のように薄暗くはならない程度ですが…節電対応では他にも券売機の一部停止も井の頭線の大半の駅で行われていたほか、エスカレーターも大半が使用中止になっていました。この使用中止、「立入禁止」のテープが階下・階上とも貼られていて、初めて見る目にはものものしさを感じました。一方、エレベーターはバリアフリー設備ということで(←京王の掲示に記載。他にも行先表示板、車内LED・液晶ディスプレイがこれに該当するそうです)全て動いていました。
ちなみに、今回お会いした友人2人とは渋谷駅で待ち合わせ、夕方渋谷駅で別れるまで行動を共にしました。2人ともお互い10数年来の付き合いがあり、2人ずつ会うことは年に何度かありましたが、3人が一堂に会したのは2年半ぶりで、歩いている途中も話が弾み、楽しい一日でした。

井の頭線沿いを各駅に立ち寄りつつ歩いてみて、橋上駅の多さが印象に残りました。最近改築したとみられる駅もあります(富士見ヶ丘は工事途中)。ホーム上の空間を活用してコンコースが広めにとられているのが印象的です。特に永福町は昨年2月に行った際に工事中で狭い仮駅舎だったのが新駅舎になっていて、その大きさと変わりようにびっくりしました。
途中、下北沢駅はご存じの通り小田急との共同使用駅で、駅舎は小田急・京王が1ヶ所ずつ管理しています。小田急側の駅舎では券売機が全て小田急・京王共用になっていて、利用会社をタッチパネルで選択して購入するようになっていましたが、定期券発売機まで共用になっていたのには特に東武に勤める後輩が驚いていました。磁気式の定期券の場合、切符の印刷台紙(通常会社毎に異なる)をどうしているのかが職業柄気になったようで、そういえば確かに気になります。
走っているのは全て1000系でしたが、色が7色ある上に聞こえてくるモーター音も編成によって異なり、途中で撮影していて飽きることがなかったです。一方、3000系はもういなくなったかと思っていたら富士見ヶ丘で発見。帰りの電車で見たところ車庫内に2編成停まっていました。廃車済みなのか現役なのか、現役としたらまだ走ることがあるのか…よく分かりません(汗)

吉祥寺では、荻窪に行く前と行った後で少しだけバスを撮影しました。ここはバスが多数来るので見ていて面白いですが、歩行者が非常に多く、撮影するのは荻窪の方がやりやすいなと思いました。
ここでは、西武バスで珍しいと思われる車両をいくつか記録できました。エルガが中扉引戸のノンステと中扉4枚折戸のワンステと両方いて、特に後者は何とも違和感がありました。両者とも側面の経由地表示機が前扉のすぐ後ろについていて、均一料金地区仕様らしいですが珍しいと思いました。また、7Eツーステップの中扉4枚折戸車も見ましたが、埼玉地区の7Eツーステップ=中扉引戸を見慣れている僕にはこれまた新鮮に見えました。

それでは、また。
とーます |  2011.05.18(Wed) 22:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/525-4c959771

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。