2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.06 (Sat)

■08月06日(土)■

こんばんは。

今日も昨日の時点では晴れ時々曇りと予報しているところが多かったですが、東京は結局雲が多く曇ることが多かったです。気温については晴れのときも最近では暑かったほうでしたが、曇りになったあとの蒸し暑さのほうが大
変だった気がします。
まぁそれだけ今までの天気に比べて変化しているということだと思いますが。。

さて、今日は江古田にある某大学のオープンキャンパスに2回目ですが行ってきたので、そのときに撮影した画像を掲載していきます。

2011_08060055.jpg
この日も立35で東村山駅へ。朝は土日のほうが空いていて道路も空いているせいかほぼ時間通りに来ました。車種はUAワンステ。ここのところワンステにあたることが多いです。たまたま共通運用のために多くなっているのかそれともわざわざ優先利用しているのかわかりませんが乗らないときもワンステを多く見る気がします。

その後は本川越行きで所沢へ。6000系6102編成でした。最近はそうでも無いですが以前はよくあたった編成です。新宿線の6000系は黄色い電車シリーズの次に好きな形式ですね。
所沢からは各停池袋行きがありましたが時間の関係上間に合わなく、そのあとの9000系の急行でひばりヶ丘へ行き、ひばりヶ丘からその各停に乗り換え。急行は途中で各停に追いついてしまい、清瀬以降は低速走行でした。で各停は以前池袋へ行った際に乗った運用で3ドア車でしたが、3001編成でした。

2011_08060056.jpg
江古田で発車した各停を撮影。それにしても江古田駅は綺麗になりましたね。待避線付きのころは結構ボロボロでしたが。。。

その後はそのオープンキャンパスへ。

その後、江古田へ戻ろうと思いましたが、近くに都営バスの新宿駅西口行きのバス停があって、ちょうど数分待てば来ることがわかったので、それに乗ってみることに。都営バスは、10年以上は乗ってなかったので久々でした。

2011_08060060.jpg
来た車両は富士重新7E。西武バスでよく乗っているフルフラットのほうでした。で、スロープは西武と同じようにドア下に収納部があったのですが、それは使わずに着脱式のを出していました(しずてつバスの着脱式のような小型のもの)。おそらく内蔵のが故障しているのか、最近の車両に合わせているのかのどちらかだと思います)。 ちなみに路線の感想としては、狭い道を通ったり広い道を通ったりなかなか楽しめる路線でした。途中で東長崎駅付近→目白駅→江戸川橋駅→牛込柳町駅→曙橋駅と西武のたてバスのようなルートを通っていて、駅の手前になると急に混み、駅を過ぎると余裕が出るという出入りの激しいバスでした・・・w あと前乗りなので、車内の表示機に運賃部分が無いのが新鮮でした。

2011_08060061.jpg
その横の関東バスはレインボーの中型ロング。いつもは中型が入る路線だと思いますが、中型ロングも入るとは。関東バスのレインボー中型ロングは初撮影です。

2011_08060065.jpg
前には3扉が。前面はバス停ぎりぎりで撮れなかったので後部を撮影。さらに減少しているようですが、まだ新宿駅西口でも見ることができますね。

2011_08060066.jpg
さっきのレインボーの後部。

この後は少し散策したあと、西武線で帰ることに。ホームに行くと撮影できませんでしたが6000系6102編成が発車していきました。本日2度目の6102です・・・w

2011_08060071.jpg
2000系のダブルパンタ車。まぁ新宿線なら珍しくもない2連ですが、ダブルパンタを見ると撮影意欲があがりますw まぁ普通の2000系でももちろん撮影するわけですが・・・w

2011_08060072.jpg
この2連。超更新車でした。2000系の超更新は比較的珍しいです。

で、自分はこの上石神井行きの後の各停本川越行きで東村山へ。

2011_08060073.jpg
車両はちょうど乗りたいと思っていた2000系でした。座席が新しいのか色が濃い赤でなぜか無地で、他の黄色い電車より硬いタイプになっていました。新2000系なら未更新車はこの赤の無地タイプですが、2000系では未更新車は消滅していますし(そもそも未更新は茶色)、かといって普通の更新車は生地に線が入っているので、よくわからない仕様です。2000系に少数存在しているようですが。。。

2011_08060074.jpg
この2段サッシ窓と黒色Hゴムの貫通路部分のドアを見ると「2000系」って気がしますね。まぁ一部は金属押さえに変更されていますが・・・

2011_08060075.jpg
ドアの支持方式は自分お気に入りのHゴムのような複層ガラス仕様のようなこの仕様でした。まぁ8連だったので組み込んだ2連については普通の金属押さえになっていました。

この各停、鷺ノ宮まで逃げてその後は東村山での特急以外抜かれない速達各停でした。まぁ小平で後続の拝島快速と接続(この快速は30000系でしたが数分遅れていました)しましたが。。。で、東村山で特急待ちということで所沢よりで乗った2000系を撮影することに。

2011_08060077.jpg
3本がほぼぴったり並んでいたので撮影。ところで、新宿線の乗務員交代は通常は小平ですが、ときどき東村山とか上石神井でも交代するようですね。

2011_08060078.jpg
特急も一応撮影。ちなみに今池袋線で走っている1本が長瀞のラッピングで普段の色に緑の線が入っている仕様になっています。

2011_08060079.jpg
発車していきました。

2011_08060080.jpg
表示板を見るとどちらも「8両」の後「6両」で、所沢方面は3ドア、西武園は4ドアになっています。まぁ別に面白くも無いですが、なんとなく珍しい気がしたので撮影。

2011_08060081.jpg
ところで西武園行きが8両・6両と普段とは異なっている運用になっていました。8両は20000系でした。おそらく運用の前後が新宿直通運用になっていたものと思われます。

2011_08060085.jpg
下に下りると・210が。といってもこれには乗らず次のバスに乗ります。それにしてもよく見ますねこいつ。

2011_08060088.jpg
来たのはAPノンステ2067でした。今回も変速時のショックがほとんどありませんでした。あとやっぱり音が小さいですねw 音が大きめのUAに乗りなれてるとちょっと物足りなさを感じますねw 

以上です。今日は画像少なめでしたが、昨日更新したということでこれで終わりにします。ではまた
スポンサーサイト
21:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

ワンステの方がよく入るんですね。>
乗らないときによく見るのはワンステップですね。あとなぜか乗らないときには汎用テールのRAもよく見ますね。

本数の割に混むことを考慮しているのか偶然か…>
どうなのかわかりませんが、とりあえず朝などは混むのでワンステのほうが良いかもしれません。ちなみに朝は3台ぐらいワンステが続くときも時々あります。 まぁ自分が乗るならノンステのほうが乗りやすいですが・・・w

以前はかなり遭遇率が高いことで有名だったなあと思い出しました。 >
まぁ6000系はVVVF車の中では気に入っているのでそれはそれでよかったですが、まぁやはり黄色い電車の遭遇率が高いほうが嬉しいですね。。。

様変わりしてずいぶん綺麗になっていますね。 >
ついでに10両対応になっているようです(ただしホームが作られているだけで表記等は一切されてないですが)。東長崎や桜台も10両対応になっていたと思うので、もしかすると池袋線各停の10両化もあるかもしれません。

途中で目白駅や江戸川橋駅を通って練馬と新宿を結ぶ路線ですね。>
練馬車庫から出るバスです。池袋が近いですが通らずに抜けていくバスです。途中西武バスの西武百貨店~新宿駅西口の路線と平行するところもあるみたいです。

系統番号が「白61」なので新宿始発とは一見分かりにくい…>
たしかにそうですね。

江古田あたりから新宿へ行こうとするとかなり大回り>
そうですね。均一料金区間で大回りなのでバスファンには良い路線かもしれませんがw

多くの路線と接続していたり色々な道を通ったりと、>
接続が多くあるというのはなんとなく都市のバスらしいですね。

記事を拝見していてまた乗ってみたくなりました。>
車両も、UAやRA、シティハイブリッドなどいろいろ合って、この路線だけ狙って撮影・乗車しても面白いかもしれませんね。

乗車が10年以上ぶりとは、本当に久々ですね。>
均一区間のバス路線に乗ったのもその10年以上前ぶりだと思います。中扉で客が降りていくのが新鮮でした。

どうでしたか?>
まぁ将来的には一番早く引退すると思うのでまぁ長い目で見れば乗れてよかったかと・・・w まぁハイブリッド車も乗ったこと無いのでそれも乗りたかったですね。

西武バスのようにドアの安全装置と収納部>
おそらくついているものと思われますが、実際どうなのかわかりませんね。。

レインボー中型ロングは初撮影>
中野のあたりにいるらしいというのは聞いていましたが新宿に来るとは思ってなかったので撮影できてよかったです。

3扉車はさらに減っているんですね。>
近いうちに完全引退というのはどうやら本当のようですね。自分が東京へ来たころは普通にいたので急激な廃車に驚きですね。

3扉車が注目を集めているというのを見かけました。>
3扉という点もそうですが、東京の都心で95年式のバスが活躍しているという点でも注目されているみたいです。

「葬式バス」という表現をしていて、ちょっとどうかと思いましたが… >
ちょっと・・・ですね・

内装の更新まで含めると2000系は何タイプあるのか…>
そうですね。編成の中でも更新内容が違うこともあるようなので奥が深そうです。あとこの座席のこともあるので。。。

でも貫通路の黒Hゴムに2000系らしさを感じるのは分かりました。>
新101系もこのあと登場なので金属押さえになっているので、2000系だけということになりますね。となるとやはり特徴の一部ですかね。

確かに各停の割に待避が少ないですね。>
退避が少ないと所要時間は少ないですがその分乗客も多いですね。

上述の各停本川越行きに乗ったときにちょうど東村山で交代していました>
別の運用でも見たことがあります。あと上り方面でもやはり時々あるようです。

過去にもそうした観光目的のラッピングはありましたっけ? >
確か川越が舞台のドラマ(NHK?)の宣伝のラッピングがありました。(これは東武と共同で、東武50000系にもついていた)それ以外は思いつきませんね。

国分寺線から4番ホームに入れるというのも実は知りませんでした。>
自分も最初は知りませんでしたが、いつかは忘れましたが実際に4番線に入線してくるのをみて驚いた覚えがあります。

西武園線の8両は時間帯からみてちょうど西武新宿直通列車の車両を西武園に送り込む列車>
この20000系は西武園方面から入ってきましたが、これは新宿に戻るまでの間合い運用ですかね。8両で直通というのは以前はよく見られましたが今では減ったようですね。

確かに音が小さいですね。>
MT仕様でMPとなるとUDエンジンの車両ですね。確かRAと同じはずなのに以前乗ったときに同じく音が小さく感じました。

しかし1本だけ6扉車のない編成がいるというのも使いづらいですね。>
そうですね。。そういえば6扉で思い出しましたが山手線の6扉もだいぶ減ったみたいですね。

(節電で車内灯が消されていても)別に違和感はない>
まぁついていた方が良いとは思いますが(駅が消灯しているので)、確かにそんなに不便でもないですね。 

ではまた
HIROKI |  2011.08.31(Wed) 16:54 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こんばんは。今度はこちらの記事にコメントさせていただきますね。
土曜日は江古田に再び行かれたとのことで、前回と往復のルートが違っていてまた面白いと思いました。特に都営バスの登場がサプライズでした。
では、順を追って…

・立35、今回は行きがワンステで帰りはノンステでしたね。記事では初期ノンステ車がよく登場するので両者半々ぐらいの比率に見て取れますが、ワンステの方がよく入るんですね。本数の割に混むことを考慮しているのか偶然か…ちなみに立川(営)全体ではノンステ・ワンステどちらが多いのでしょうかね。
・6102編成、この日は2度も遭遇…久々に縁がありましたね。今は2047編成の陰に隠れていますが、以前はかなり遭遇率が高いことで有名だったなあと思い出しました。
・池袋線各停、今回は3001編成でしたが、今は前回乗れた新101(301)系も共通運用になっているのかどうか…前は3000系の運用は限定だったと思いますが、301系も2連併結がなく8連で終日走るなら共通運用が可能ですね。江古田駅、ホームも待避線のあった当時と様変わりしてずいぶん綺麗になっていますね。
・オープンキャンパスの後で乗られた都営バス、江古田で新宿行きの都営バスと聞いて最初思い出せず「???」となりましたが(苦笑)、途中で目白駅や江戸川橋駅を通って練馬と新宿を結ぶ路線ですね。系統番号が「白61」なので新宿始発とは一見分かりにくい…といいつつ僕自身新宿から練馬のどこかまで一度乗ったことがあるのをすっかり忘れていました(汗) 江古田あたりから新宿へ行こうとするとかなり大回りで区間利用がメインのようですが、多くの路線と接続していたり色々な道を通ったりと、楽しい路線ですね。記事を拝見していてまた乗ってみたくなりました。都営バスは撮影は時々されていますが乗車が10年以上ぶりとは、本当に久々ですね。車両は新7Eとベテランの域の車両でしたが、HIROKIさん的には古いバスに乗れてよかったか、西武バスでよく乗るのと同型のバスで物足りなかったか…どうでしたか?あと、スロープが内蔵型なのに着脱式のものを使っているケースは初めて聞きました。着脱式の方が設置・収納がしやすくて変更されたのかもしれませんね(あくまで推測ですが)。西武バスのようにドアの安全装置と収納部との連動が機能しているかも気になるところです。
・関東バス、レインボー中型ロングは初撮影だったんですね。確かに荻窪以西では見ないような…中野駅北口では何台か見かけたことがあります。一方、3扉車はさらに減っているんですね。そういえば少し前にネット上の記事で3扉車が注目を集めているというのを見かけました。ただそれを「葬式鉄」ならぬ「葬式バス」という表現をしていて、ちょっとどうかと思いましたが…
・帰りの新宿線は2000系、乗りたいと思っていた車両が来て良かったですね。座席がちょっと珍しいタイプのようですが、内装の更新まで含めると2000系は何タイプあるのか…全く分かりません(汗) でも貫通路の黒Hゴムに2000系らしさを感じるのは分かりました。各停本川越行きは僕も新2000系で全区間通しで乗ったことがありますが、今回HIROKIさんが乗られた列車と待避パターンが全く同じでした。確かに各停の割に待避が少ないですね。でも昔は日中に各停本川越行きはなかったはずで、最初見たときは意外に思いました。拝島快速登場が生んだ列車ですね。
・新宿線の乗務員交代、上述の各停本川越行きに乗ったときにちょうど東村山で交代していました。東村山は国分寺線・西武園線の乗務員運用の関係、上石神井は始発・終着列車がある関係でそれぞれ交代があるのだろうと思います。
・特急の長瀞ラッピング、初めて知りました。過去にもそうした観光目的のラッピングはありましたっけ?
・両側ホームに8両と6両が続き、新宿線が連続3ドアというこのダイヤ、確かに珍しい部類に入るかなと思います。新宿線の6両3ドアは国分寺線から来る3000系かと思いますが、国分寺線から4番ホームに入れるというのも実は知りませんでした。西武園線の8両は時間帯からみてちょうど西武新宿直通列車の車両を西武園に送り込む列車ですね。6両は競輪開催日なら折返し国分寺行きだろうと思いますが…
・APノンステ、先日京都へ行ったときにこれとほぼ同型のMP(阪急バスでしたのでたぶん三菱かと。マニュアル車で最新型ではないです)に乗る機会がありましたが、確かに音が小さいですね。あと力強さが特徴だったはずの三菱車ですが、坂道ではちょっと苦しそうなエンジン音で、スピードも低めでした。

あと、前回のコメント返しから…
・横浜線のオール4扉車編成、1本だけいるんですね。ご教示ありがとうございます。見間違いでなくて良かったです(笑) しかし1本だけ6扉車のない編成がいるというのも使いづらいですね。さすがに平日朝のピーク時には外さざるをえないでしょうから、運用が限られるのではと。
・関西私鉄では通常時でも日中の照明は消灯も当たり前>
そうでしたね。日中は消えていたことが多かったように思います。京阪好きでもある例の西武好きの知人も、先日会った時に「京阪はいつも日中消灯が当たり前だったから、(節電で車内灯が消されていても)別に違和感はない」と言っていました。

最後に僕の方の日程ですが、12日朝~16日夜にかけて中国・四国方面へ旅行に行く予定です。そのためコメントが遅くなるかもしれません。ご了承願います。
それでは、また。
とーます |  2011.08.08(Mon) 23:16 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/540-598dc3d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。