2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.15 (Mon)

■08月15日(月)■

こんばんは

先週が嘘だったかのように今週は暑くなっていますね。電力が90%近くまで行っていますね。冷房つけないことが多い家でもさすがにつけています。まだカラっとしているのでいいですが、これに雨のときの蒸し暑さが加わったら最悪ですね。。。先週ぐらいまでは電力も全然気にせず生活(といっても社会全体で見れば節電しているわけですが)していましたが、ちょっと気になって来ました。できれば暑さはこれ以上増さないでほしいですね。さて、今週は26日でも書いたとおりS・S氏と一緒に東京散策的な何かをしてきたので画像を掲載します。12日~14日は静岡に帰っていたため更新が遅くなってしまってすみません。。。

今回は晴れだったら都電とサンシャイン目当てで雨なら鉄道博物館という予定でしたが、「晴れすぎた」ので・・・w都電になりました。まずは、王子駅集合なので、そこまで行くことに。

DSCF2785.jpg
今回は初期のRAでした。乗った時間はラッシュ時で、普段なら10分は遅れているダイヤですが5分遅れぐらいでした。バスロケでは3分遅れとなっていたのですが、それを過ぎたらなぜかバスロケの表示から消えていて、気になっていたところバスが来ました。通常なら到着時間が遅くなっても表示(到着時間が遅くなる)されるのですが、時々こういう現象が起こるみたいです。

その後は20000系の準急で小平へ。そのまま乗っても良かったのですがやはり当たり前ですが混んでいたのと、20000系だったこともあったので小平で拝島線からの3000系の各停に乗り換え。さすがにラッシュ時なので席はほとんど埋まっていました。この各停、朝ラッシュで優等種別が多くなっているので、とにかく抜かれる各停で、小平で準急と接続したあとは、東伏見で急行通過待ち、井荻で急行通過待ち、沼袋で準急と特急通過待ちとまぁ5本の電車に抜かれています。日中は大体2~3本なので、倍ぐらいですね。

その後は山手線で大塚へ。この日も時刻表示が消えていました。もしかしたら朝はいつも消しているのかもしれません。ちなみに普通に空いていて立っている人もまばらでした。

その後は都電で王子駅前へ。来たのは8800形ピンクでした。ちなみに初乗車でしたが、8500形にくらべて音がよく聞こえました。あと席は片側が進行方向向きで、片側がロングシートになっていました。それと車内の表示機がバスと同じ2分割のLCDになっているのが新車っぽかったです。ちなみにこの電車の前後やすれ違った車両の多くは8800形でした。

王子につきましたが待ち合わせ時間まで時間あるので少々撮影。ちなみに既に結構暑く汗をかきながらの撮影でした(汗

DSCF2786.jpg
7000形。そういえば前回撮影時に「通常塗装で菱形パンタで台車がきれいで撮影しがいがある編成だった」的なことを書きましたが、現在通常塗装は結構いるみたいです。が、台車がきれいなのは少なく、やっぱりあの編成は撮影しがいがありましたw

DSCF2787.jpg
こちらも7000形。ラッピング仕様です。ラッピングの多くがこのラッピングです。

DSCF2788.jpg
7000形。7000が集中しています。さっき8800形が集中していたのと逆ですねw

DSCF2789.jpg
8800形オレンジ。

DSCF2790.jpg
車庫前行きの7000形。

DSCF2791.jpg
8500形を撮影しているときにS・S氏が登場。会ってからはまず三ノ輪橋まで行きます。車両は8500形でした。8500形は他の2車種に比べて、なぜか少しだけドアが高く、ホームと電車の間に段差が生じてしまっています(他のはほぼ平坦)。 で、前回のはオール進行方向向きシートでしたが今回のは8800形と同様に片側ロングシートとなっていました。

その後はちょっと散策した後、梶原へ。ちょうど7000形が止まっていたのでそれで梶原へ。三ノ輪橋では空いていましたが、荒川区役所前や町谷駅で大量乗車があり大混雑で梶原へ。

梶原では、都電もなかの明美で都営100周年記念限定品とキーホルダーを購入。そのあと駅に戻ろうとしたところ、その店のすぐそばに「ブリキ玩具 都電グッズ」というような看板があったので、その店まで行ってみると確かにありました。まぁ小さな子向けのものが多かったですが、なんとなく懐かしい感じがするグッズが多かったです。

DSCF2794.jpg
梶原で見つけたマンホール。都電の7500形が描かれていますね。引退してから既に5ヶ月ほど経っていますね。ちなみに100周年のイベントとして花電車が秋以降(本来は夏からのようでしたが節電で延期)数回運行されるそうですが、7500改造の車両のようです。まぁ乗れないそうですが、一応荒川線を走る7500形(塗装違いますが)がもう一度見れますね。

DSCF2799.jpg
そのあと、暑い中ですが隣の荒川車庫前へ徒歩で移動。荒川車庫には節電の影響からか結構多くの電車が休んでいました。構内はもちろん立ち入り禁止なので、歩道の邪魔にならなそうなところから撮影。前には8800形と7000形と9000形の並び。

このあと、S・S氏は初乗車なので、8800形が来るといいなと思っていたのですが、三ノ輪橋で7000形に乗ってから梶原まで一度もすれ違わなかったので、やっぱり7000形が来ました。まぁここまで7000形が集中するのは珍しいです。自分は7000形好きなので全然いいですが、せっかくならS・S氏に8800形にも乗ってもらいたかったですね。。。

で、その7000形で東池袋4丁目へ移動。それからサンシャインに徒歩で移動。

サンシャインではまず昼食を撮った後、8月4日にリニューアルオープンした水族館に行く予定だったのですが、なんと水族館に行くエレベーターが120分待ちという状況だったので、しょうがなくあきらめ、展望台だけいくことに。

DSCF2800.jpg
展望台も混んでいましたが、まぁ見ることができました。
こちら側は王子方面の景色。ちょっと切れてますが下のほうに野球場的なものが見えると思います。その横を都電の線路が走っています。

DSCF2801.jpg
こちらはスカイツリー方向。ちょっと下見のときよりもかすんでしまっているのがちょっと残念ですね。。。

DSCF2802.jpg
こちらは方向を忘れましたが、こちらはマンション多いですね。

DSCF2803.jpg
それにしても建物が多いですね。それでも東京は意外に緑の場所が多いですよね。

DSCF2805.jpg
こちらは新宿方向。かすんでいますが、こちらはさっきと変わって高い建物が一箇所に集中していますね。

DSCF2809.jpg
この後はみやげ物を見た後、池袋駅へ。池袋から有楽町線で新木場へ。S・S氏がメトロ車か西武車がいいと言っていたのですが、1本目でこれが来ました。この座席といえば西武6000系です。画像は辰巳発車後なのでこんなに空いています。 ところで有楽町線は一部駅で発車サイン音がメロディになっていました。おそらくホームドアを取り付けた駅でメロディに変更されているものと思われます。メトロといえば、あのプーというブザーな気がしますねw ちなみにホームドア設置駅ではちょっと急ブレーキでしたね。おそらく停止位置がかなり厳しいからだと思いますが・・・

DSCF2810.jpg
ちなみにアルミ車だったのでドアは複層ガラスでした。まぁ有楽町線内だけで6000系に乗るのもなんか変な感じでしたが、やっぱり音がいいのと、西武というのでなんとなく落ち着きますねw

DSCF2811.jpg
これは1本前の6000系。ちなみにこの1本前も6000系でした。

DSCF2812.jpg
よく見る路線図

DSCF2813.jpg
よく見る路線図パート2。それにしても地下鉄は入り組んでいますよね。まぁ大体の路線の位置はわかりますが、正確にどの駅でどの線が接続しているかとかまではわからないですね。というか駅名でさえも知らない駅があるかもしれないです・・・(汗

その後は京葉線で東京へ。の前に少々撮影。

DSCF2814.jpg
回送で上っていったE257系500番台。やっぱり5両は短いですね。

DSCF2815.jpg
E233系5000番台。以前来たときも結構増えていましたが、さらに増えて大半これになっちゃったみたいです。まぁJRの中でも比較的力が入れられている車両ではあるのでまぁいいですが・・・

DSCF2816.jpg
上りもE233系。

DSCF2817.jpg
205系5000番台。

DSCF2818.jpg
スカイツリー。

さてS・S氏がE233系を希望していたので来なかったら次と思っていましたがやっぱり普通に来ましたw

DSCF2822.jpg
ところでこのLCDの表記デザイン、かっこいいですね。

DSCF2823.jpg
このLCDは1000番台と同様横長タイプですが、0番台とか私鉄に慣れてると大きく見えます。

DSCF2824.jpg
東京へ到着。5000番台はドアがリニア式ということで0番台・1000番台に比べて結構音がしますね。

この後は東京駅を歩いて散策したあと解散となりました。

DSCF2828.jpg
東海道新幹線と東海道線の表示機が並んでいました。おそらく新幹線のほうはJR東海タイプで東海道のほうはJR東日本タイプの表記になっています。新幹線のほうが本数的には多いですね。 それと、東海道線が3ドアが3本ですね。211系は本数少ないのでここまで集中するとは思いませんでした。

この後は中央線の快速で国分寺へ移動。次の電車が通勤快速で三鷹で抜かされるので、めちゃくちゃ混んでいるというわけではありませんでしたが、普段多摩地区の西武線に見慣れている自分としてはいつも乗客の多さにびっくりします。。。
で、快速ですが、武蔵境で半分ぐらいおりて、さらに東・武蔵小金井でも降りて国分寺時点では席も結構空いていました。小金井付近3駅は乗客おおいですね。

その後は国分寺線で東村山。今回も3000系でした。ちなみに今回は制限速度ぎりぎりまで加速していたので結構界磁チョッパの音を楽しめました。

最後はバスでしたが、ちょうど駅に着いたころ出発したばっかりだったので30分ぐらい待ちました。で車両は新7Eの・433でした。ところで西武のフルフラット車はあえて、中扉以降に段差を一段設けてるみたいです。この前今頃ですが気づきました・・・w おそらく坂道より安全だからだと思いますが・・・
まぁ当サイトではこれからも一応「フルフラットタイプ」なのでこのサイトではフルフラットと表記します。

DSCF2834.jpg
さて、今回購入したものですが、都電もなか5両セット。これは100周年限定品で、通常には無い9000形の青、8800形のオレンジ・黄色・紫、7500形(以前はあったが9000と8800柄の登場で消えました)の箱となっていました。キーホルダーは7000形、上に出ているゼンマイのはそのブリキ玩具の店にあったもの。それ以外は東京駅で購入したものです。

ではここまでは9日の記事です。

ここからは15日更新記事です。
前述の通り12日~14日は静岡にいました。11日の17時ごろ出発し、15日に東京に戻ってきました。
以前静岡にいったときには、中部電力は電力不足でもなかったので目だった節電は無かったですが、今回は関東ほどじゃないですが、店などでは照明が一部消されていました。まぁ関東の節電に慣れてるのでそれでも明るく感じましたが。。。
さて、今回は静岡駅で撮影をしませんでしたが、小鹿営業所付近で数分撮影したので、それの画像。あわせて焼津のジョーシンで京阪のBトレを購入したのでそれも載せます。

DSCF2835.jpg
ブルーリボンシティワンステ。ラッピングの背景が白なので、前面は通常塗装よりシンプルで、路線車というより貸切や特定車に見えます。

DSCF2838.jpg
レインボーとの並び。

DSCF2840.jpg
こちらはシティワンステの通常塗装。

DSCF2842.jpg
こちらはブルーリボンツーステの並び。なんだか懐かしい気がする並びですね。まぁシティ導入直後までは当たり前に見られた光景です。

ちょうど夕方で、出庫しそうなバスが多かったので、邪魔してはいけないのでコレだけとって撤収しました。

ところで、撮影していませんが、元焼津営業所の管轄路線にもエルガノンステが運用されるようになっていました。焼津市内で焼津駅で走っているのを見かけました。それと1台がラッピングを外されて藤色エルガが見られるようになったみたいです。

ここからはBトレネタ。
焼津のジョーシンで京阪2600系のBトレを購入しました。京阪というのは正直まったくなじみが無く、デザインも自分好みでは無い車両が多く(京阪好きな方すみません)今まで見向きもしてませんでしたが、新塗装は結構いいなと思っていて、今回Bトレがあったので購入してみました。

DSCF2845.jpg
2600系というのは顔が2つあるようですが、こっちの「改造車」のほうにしてみました。幌とかライトとか、前面が2段窓でかなり古そうに見えますがスカートがついているのがなんか面白いですね。

DSCF2846.jpg
側面は京成3300形のような3つ窓ですね。ところでこの新塗装って某銀行のカラーに似ていますよね・・・w 新塗装は3色あるようですが、これが一番いいですね。

今回は知らない形式ということで評価はしませんが、こういった私鉄車両が一般販売されると、自分みたいに馴染み無いけどBトレは欲しいという人が気軽に買えるのでいいですね。
ところで、自分保有の関西方面のBトレも徐々に増えてきました。まぁ関東地区のものには到底及びませんが。。。

さて、まったく記載していませんでしたが、家のコレクションに80分の1サイズのバスが入りました。せっかくなので画像で紹介します。

DSCF2855.jpg
1台目は西武バスのUAワンステ。4枚折戸で標準尺ということで、西武のUAの中では少数派な車両だと思います。ちなみにAP・MPワンステは4枚折戸だと標準尺が多いですが、UAワンステ4枚折戸は短尺が中心です。練馬発成増町行きのようです。

DSCF2854.jpg
後部。ライトが完全に塗装ですが、それでも結構実車と合っています。ところでこのバスのモデルを製造した会社は九州のほうで、西工にこだわって製造しているようです。

DSCF2857.jpg
もう1台はトミーテックの関東バス5E3扉。発売後、かなりの人気であっという間に消えましたが、通販で1台だけ残っていました。さすがバスコレや鉄コレのトミーテックだけあって出来がかなり良いです。

DSCF2858.jpg
今回の関東バスのは丸型ライトで、初期タイプの車両でして、リベットが打たれているほうです。そのつぶつぶもしっかり表現されています。

DSCF2859.jpg
後部。

以上です。

ではまた
スポンサーサイト
21:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

下見の時は長津田に行かれていましたがちょっと変わったようで…>
長津田だと予定がきつくなってしまう可能性が高かったので変更させてもらいました。本当はS・Sさんにもっといろいろ乗ってもらいたかったなというのが感想です。

どうしても不具合は出てしまうんですね。>
そのようですね。まぁバスロケが無いよりは便利なので多少の不具合はしょうがないと思います。ぜひ立川バスでも導入してほしいですちなみに立川・西武共同路線では西武のほうしか表示されません。

いかにこの時間の優等列車が多いかですね。>
そうですね。しかもどの列車も混んでいるということで、やはり人多いですねw 

やっぱり日中よりもノロノロ運転になっていましたか?>
速度はそんな遅くなく日中と同じような感じでした。

あと内回りでは混雑する池袋付近が外回りでは空いているというのも意外でした。>
たしかにそうですね。乗った電車は日中と変わらず(というかそれより空いていたかも)、意外に山手線ものりやすいなと感じました。

そのためにS・Sさんが8800形を体験できなかったのがちょっと残念でしたね。>
そうですね。自分は王子駅まで初乗車できたのですが。。。

電車の中から好きな車両を選んで乗ることが出来たと聞いたことがあります。>
これが本当なら普通の電車以上に羨ましいですねw

音が余りしなかった印象のある8500形より音がよく聞こえるんですね。>
8500形より聞こえると思います。あと結構加速力があるようです。

ちょっと興味が湧いてきました。 >
一度は敢えて乗ってもいいかもしれませんね。意外に面白いです。

同じラッピングが多いとまでは考えたことがありませんでした(汗) >
結構同じラッピングありますね。以前はもう少しあったような気がしますが。。。

バリアフリーの点では明らかに後退なのに…>
このころはホームと車両がフラットという点には注目されていなかったのかもしれません。ちなみに8800形ではしっかり元に戻っています。

実際の車両に合わせて箱の種類も増え、>
自分が小さいころは 8500形と7500形の現塗装、7000形の旧塗装に片方7000、片方7500の未更新の顔がセットされていましたが、後で登場した9000形、8800形もしっかり増えました。まぁ逆に7500形が実車のように8800形に置き換えられています。。。

キーホルダーに限定品まで売るようになったというのが時の流れを感じます>
キーホルダーはここ限定というか都電沿線限定のようですね。

すぐそばのブリキ玩具の店も気になります。>
そこ限定のものもあるみたいです。

中でも新宿の高層ビル群は特に目立つ存在ですね。>
確かに目立ってますねw

その展望台から見える景色がどんなものかも楽しみです>
東武線にかなり近いですが(っていうか元は東武線の業平橋の地平ホームだったと思いますが)、その東武線がしっかり見えるのか気になります(近すぎると見えないような感じがするので)

そういうこともあるのかと驚きました。>
和光市始発が間に入ると連続も多いみたいです。あと今は副都心乗り入れが減っているので逆に有楽町線での6000系運用も多くなっているのかもしれません。

もしかしたらブレーキが自動的にかかるようになっているかもしれません>
そうかもしれませんね。そういわれてみればブレーキの停車時のショックが一緒だったような(でも比較的大きかったですが)。。。そういえば6000系は自動のブレーキとの相性が悪いと聞いたことがあります。
ところで副都心線でも感じますがやはり自動制御より人の手のほうが乗り心地がいいですね。。。

銀座線・丸ノ内線に確かそういう装置がついていますので。 >
メトロじゃないですが確か東急目黒線ではブレーキ段に入れると後は自動だったような覚えがありますね。

205系もいつの間にかかなり減っているんですね。>
みたいですね。廃車じゃない車両も多いそうですが、実際どんな使われ方がするのか気になります。

毎度のことですがJR東日本は車両置き換えが早いですね。>
そうですね。いつのまにか減っていますね・・・

再びリニア式にしたのも不思議ですが、塩害対策の関係があるのかどうか…?>
千代田線直通や東海道線のE233系もリニア式ですね。どういったところでリニア式か電気式(?)を分けているのか気になります。

211系>
東海道の211系にも置き換えの噂がたっているので、もしかすると今後はさらに珍しいものになるかもしれませんね。

この日のキーワードは「集中」で決まりだなと(笑) >
確かにそうですねw

帰宅ラッシュのピークは過ぎていてもまだ混雑している時間ですね。>
そうですね。あそこまで混んでいた電車に乗ったのは久々な気がします

この3駅も乗降客は多いですからね。>
まぁ他線ともちょっと離れていますし、何しろ住宅が多いので乗降客がいつも多いですね。

立客が前中扉間に固まる点はデメリットかもしれませんが… >
でも意外に、後ろにたつ人も多いです。

都電7000形キーホルダーがかなりリアルな造りになっていて良いですね>
たしかにリアルですね。他に9000形とかもありました(7500形はもう一段階安いキーホルダーしかありませんでした)。

「空から日本を…」の番組バッジがありますね。>
こちらでは毎週放送なのでよく見ています。一時期は鉄道路線の真上を走っていましたが最近はある都市の発展の歴史なども空から紹介していて、知らないことも多く面白いです。 特番などですぐ放送が休みになってしまってそこが残念です。。。

安倍川の橋の上を渡るときは確かに震災以前より暗く感じるようになりました>
そういえば東名では電灯が数キロにわたって消されているところもありました。夜は見通し悪いですし、電力には比較的余裕あるのでつけたほうがいい気もしますが、おそらく15%削減に対応するためだと思います。 余裕があるときはそこまで節電しなくてもいい気もしますが、かといって余裕があるときと無いときの境はどこなのかはっきりしないので、やはりむずかしいところなんだと思います。

大半のバス前面にエスパルスのステッカーが貼ってありますね。>
確かに貼ってありましたね。

ホームゲームがある週には全てのバスにこれを貼るように少し前からなりました。>
まぁせっかく静岡のチームなので良い試みだと思いますね。

静岡市内の初期スロープ付き車の移籍があっても不思議ではないですが>
まぁまだツーステが市内に残っているので難しいかもしれませんが・・・中型ロング車とか他の地域でも合ってるような気もしますね。

関西のBトレもなにげに増えてきているなあと。>
関西は実車のことをあまり知らない分、説明書などでも楽しめる点が良いところです。

元々昭和30年代に登場した車両を更新したもので登場50年を経過しているものもあり、>
かなりベテランですね。まぁ東武8000系も一部ではそれぐらいのベテラン車もいますが。。。

しずてつがエルガノンステをモデルに製品化して販売していましたが、>
それはラジコンのほうかもしれません。家にも1台あります(ただフルフラットタイプで、実車とは違う)。あと以前にブルドッグのモデルもありましたが、今だったら絶対買っていましたねw

117系に似た2扉車と一般的な3扉車が混在しているほか>
確か中間だけ2扉車と編成全部2扉がいるというのを何度か聞いたことがありますね。

ワンマン化の意図がいまいちよく分からないです。 >
普通区間はツーマンで、優等種別になるとワンマンになるというのもあまり聞かないですが・・・w コスト削減の一環だとは思いますが、どの程度削減になっているかわかりませんね・・・

線路保守の省力化を図った結果らしいですが、鉄道の速達性が大きく損なわれていると感じました。>
そうですね・・・あと、安全面でもなんか不安がありますね。まぁそれだけJR西の経営が大変なのかもしれませんが・・・

新型エルガのCNGノンステも見ました>
新型エルガのCNGは確か側面窓は従来と変わってなかったと思うので、普通に4枚だと思われますが、それにしてもCNGの大型バスも今でも一応需要あるんですね。

エルガのエンジンに西工96MCワンステップ車体>
関西らしい組み合わせですね。

それではまた
HIROKI |  2011.08.31(Wed) 22:14 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、おはようございます。
今週はずっと暑かったですね。中国・四国では夕方になると曇ってきて涼しくなっていましたが、関東や静岡はずっと晴れたままで夜も蒸し暑く…今後1週間ほどは落ち着くようですが、その後また暑くなりそうとか。東京電力の供給量も増えていますが、静岡も含めちょっと気になるところですね。
それでは、今回の記事にコメントさせていただきますね。今回は特にコメントが遅くなってしまいすみません。

今回記事のメインはS・Sさんとの東京散策ですね。下見の時は長津田に行かれていましたがちょっと変わったようで…でも都電に展望台に新木場にと、2人で充実した1日を過ごされた様子で何よりだと思いました(またS・Sさんにもお会いしたら感想を聞いてみたいと思っています)。
では、順を追って…

・西武バスのバスロケ、遅れ時分を表示するというのがすごいと思いますが、どうしても不具合は出てしまうんですね。まあしずてつのバスロケもバス停のランプ表示が誤表示されることがありますが…
・新宿線の各停、この待避の多さにはびっくりしました。いかにこの時間の優等列車が多いかですね。その隙間をぬって走っている感じが強くしました。やっぱり日中よりもノロノロ運転になっていましたか?
・山手線、平日朝の約2分間隔なら確かに時刻表示がなくてもよさそうですね。1分遅れただけで時刻全体が変わりますし。あと内回りでは混雑する池袋付近が外回りでは空いているというのも意外でした。
・都電、この日は時間によって使用車種が集中していたんですね。何度も同じ話ですみませんが僕も3本連続で8800形だったのを目にしていますし、偶然なのかそういう運用なのか…?そのためにS・Sさんが8800形を体験できなかったのがちょっと残念でしたね。ちなみに、今はどうか分かりませんが、前は出庫時に運転手が出庫線(今回の荒川車庫の画像に写っている3本の線路)の各先頭に並んでいる電車の中から好きな車両を選んで乗ることが出来たと聞いたことがあります。
・8800形、僕は一度も乗ったことがないですが、音が余りしなかった印象のある8500形より音がよく聞こえるんですね。ちょっと興味が湧いてきました。
・7000形、ラッピング仕様というか広告入り車が多いなとは思っていましたが、同じラッピングが多いとまでは考えたことがありませんでした(汗) 
・8500形、なぜこの形式だけドア位置が高いのか不思議ですね。バリアフリーの点では明らかに後退なのに…一方、車内の座席配置が車両によって異なるのは増備途中で変えたと聞いたことがあります。今回乗られた方が後の製造だったかと。
・都電もなかの明美、約20年前に一度だけ行ったことがあります。当時は7000形と7500形だけでしたので(塗装も7000形は現在のリバイバル塗装と同じ、7500形は赤帯でした)箱もその2種類だった覚えがありますが、実際の車両に合わせて箱の種類も増え、キーホルダーに限定品まで売るようになったというのが時の流れを感じます。もなかそのものも、中に餅が入っていておいしかった記憶があります。ずっとご無沙汰ですが久々に行ってみたくなりました。すぐそばのブリキ玩具の店も気になります。
・花電車の運行、7500形がもう一度見られることも含めこれまた興味をそそられます。花電車は熊本市電で見た記憶があります(中心街の区間が祭り会場になったため運休していた時、その区間内に置かれて展示されていました)が、都電では見たことがないので…
・展望台からの景色、都電の線路もよく見えますね。こうして上からの景色を見ると東京の建物の多さに圧倒されます。緑が固まっている場所も結構ありますがその周囲が建物だらけですし…中でも新宿の高層ビル群は特に目立つ存在ですね。スカイツリーがもうすぐ完成しますが、その展望台から見える景色がどんなものかも楽しみです(オープン当初は大混雑すると思うので落ち着いてから行こうと思いますが)。
・有楽町線は西武6000系に乗れて、S・SさんにもHIROKIさんにも良かったですね。こちらも6000系が続いて来たようですが、有楽町線では割と少数派(だと思う)なのにそういうこともあるのかと驚きました。一方、ホームドアの設置も進んでいるんですね。サイン音がメロディーなのはワンマン化された丸ノ内線や南北線ではおなじみですが、「メトロといえば、あのプーというブザー」なのは僕も同感です。それが減るのは寂しい気もします。あと、ホームドア設置駅ではもしかしたらブレーキが自動的にかかるようになっているかもしれません。銀座線・丸ノ内線に確かそういう装置がついていますので。
・京葉線、201系の完全引退が前に話題になりましたが、205系もいつの間にかかなり減っているんですね。E233系に統一される日も近いのかなと。毎度のことですがJR東日本は車両置き換えが早いですね。京葉線のE233系はLCDのデザインが他車と違っていて、見やすくかっこよくなっていると僕も思います。あとドアの音がE231系と同じとまではいかないものの結構大きいですね。再びリニア式にしたのも不思議ですが、塩害対策の関係があるのかどうか…?
・東海道線、3ドアがこれだけ集中するとは211系の数からすると驚きですね。それにしても都電といい有楽町線の西武6000系といい、この日のキーワードは「集中」で決まりだなと(笑)
・中央線は19時過ぎに乗車されたようで、帰宅ラッシュのピークは過ぎていてもまだ混雑している時間ですね。小金井付近3駅の下車客が多かったのは通勤快速と三鷹で接続していた分そこで棲み分けができたためもあると思います。この3駅も乗降客は多いですからね。
・西武のフルフラット車は実際には段差付きだったんですね。まあそれが一般的なノンステップ車の造りで、その方が後部に向かっての傾斜が緩くなるメリットがありますね。立客が前中扉間に固まる点はデメリットかもしれませんが…
・今回購入品、都電7000形キーホルダーがかなりリアルな造りになっていて良いですね。あと「空から日本を…」の番組バッジがありますね。静岡でも時々放送されていますが、僕個人的にかなり気に入っている番組です。

ここからは15日更新記事について…
・静岡の節電、店によって「節電しています」と書いているところもありますが、震災直後にコンビニが外の明かりを一斉消灯していたのと比べるとそれほど目立たない感じがします。道路の街灯は一部消灯していて、安倍川の橋の上を渡るときは確かに震災以前より暗く感じるようになりました…が、これも7割消灯しているという(以前ニュースで見ました)関東ほどではないですね。
・今回の小鹿営業所の画像、見事に日野車オンパレードですね。昔から日野車が多い小鹿営業所らしい光景だなと思いました。これが丸子営業所ですと日デ車が目立つのかなと。ブルーリボンツーステの並びは確かに懐かしさを感じますね。ところで気がついたかと思いますが、大半のバス前面にエスパルスのステッカーが貼ってありますね。ホームゲームがある週には全てのバスにこれを貼るように少し前からなりました。バス好きの知り合い曰く「マニア対策では」との声もあるようですが、別にこれはこれでありかなと思います。
・焼津市内でエルガノンステが走るようになったんですね。そのためかどうか、静岡市内で岡部のノンステ車を見ることが以前より減った気がします。そろそろ静岡市内の初期スロープ付き車の移籍があっても不思議ではないですが…ノンステは導入時に市の補助があったので市外移籍は難しいかもしれませんが、ワンステはそれがないので移籍もありうるかなと。
・Bトレインの京阪2600系新塗装、これもなかなか良い出来ですね。そういえばHIROKIさんの関西のBトレもなにげに増えてきているなあと。京阪の新塗装、今まで数十年続いていた塗装が変わるということで僕の中では違和感が拭えずにいましたが、だいぶ見慣れてきて、良い塗装だなと思うようになってきました。先月京都に行った際に京阪にも乗りましたが、3色の中ではこの色が通勤車塗装ということで一番多く見かけます。かなり塗り替えが進んでいますが、まだ旧塗装も残っていました。「改造車」の方は元々昭和30年代に登場した車両を更新したもので登場50年を経過しているものもあり、実際かなり古いです。ちなみにこの2600系、京阪の中で僕が最も好きな形式です(単にモーター音の好みですが)。あと全く関係ない話ですが、この京阪で「きかんしゃトーマス号」という列車が来年春まで走っています。こちらも先月末にちらっと見かけましたが、HN「とーます」を名乗る僕としてはかなり気になる存在です(笑)
・80分の1サイズのバス、確かしずてつがエルガノンステをモデルに製品化して販売していましたが、他にも出ているとは知りませんでした。バスコレよりサイズが大きくなっているだけあって、より細かい部分でも(リベットとか)リアルに再現されているものだなと感心しました。その分値段も高いのでしょうが…

さて、ここからは僕の方の報告をさせていただきますね。
12日から16日まで、山陽地方と四国地方を回ってきました。ここではその中から、今まで報告したことがない広島地区について報告したいと思います。(こちらへのコメント返しは大変でしたら割愛していただいて構いません)

・JR
「広島シティネットワーク」の愛称があるこの地区、通勤・近郊形電車に関しては全車が国鉄時代製造の車両で占められているという今どき珍しい地区です。主力は115系ですが、117系に似た2扉車と一般的な3扉車が混在しているほか、塗色も西武そっくりの黄色一色塗装も含めて4色はあり、よく言えばバラエティに富んだ顔ぶれです。これに関西地区中古の103系と主に可部線と呉線三原~広間ワンマン列車用の105系が加わります。ちなみに黄色一色塗装は今回見た範囲ではまだ少なかったです。
103系は山陽本線瀬野以東には急勾配の関係で入れず、呉線~山陽本線岩国方面で主に運用されています。今回、呉線で広まで普通・広~広島間快速という列車に103系3両が入っていて乗りましたが、広まで車掌乗務だったのが広で快速に変わると共に降りてしまいワンマン列車に変わりました。後で見ると同区間では快速列車の一部のみ103系のワンマン列車(都市型)になっていますが、停車駅の中に土日のみ終日無人駅もあり、ワンマン化の意図がいまいちよく分からないです。
また、呉線の東側(三原~安浦間)には山の斜面脇を通る際に時速20~25km/hの速度制限がかかる箇所が少なくとも7箇所ありました。JR西日本のローカル線で随所に見られるもので、線路保守の省力化を図った結果らしいですが、鉄道の速達性が大きく損なわれていると感じました。

・広島電鉄(電車)
日本一規模の大きい路面電車です。系統数が8つもあり、3車体や5車体の連接車が頻繁に中心街を行き交う光景は他に類を見ず、路面電車大好きな僕には魅力たっぷりの鉄道です。
連接車は鉄道線に直通する2号線(広島駅~広電宮島口)と、中心街を経由して駅と港を結ぶ1号線(広島駅~紙屋町東~広島港)の二大幹線に使われ、それぞれ約半数は5車体の超低床電車が入ります。これにはドイツ製と日本製がありますが、音の大きさはドイツ製の方が勝ります。個人的には3車体連接車の多くが東急9000系と似た変調の多いVVVF車でそれが好みです。ただ、広島電鉄の超低床電車は連接車だけで、連接車が入らない系統・区間ではステップ有りの車両しか来ず、バリアフリー化が全体に行き渡ってない点は課題かと思います。見る分には京都市電・大阪市電等の中古車もあって楽しいですが…
また、ICカードシステム「PASPY」が広島県内のバス各社・アストラムライン(新交通システム)と共通で導入されていますが、半分以上の乗客が使っていて、かなりの普及率と見受けました。ちなみに他のICカードはICOCAに限り利用可能です(ただしPASPYで適用される運賃割引は無し)。再来年春に主要な交通系ICカードの共通利用が実現しますが(これでしずてつの電車・バスでもSuica・PASMOが使えるようになります)、PASPYは加わっておらず、ことJR西日本エリアに関してはPitapaとの共通利用も含めICOCAの利用範囲の広さが際だっていますね。

・広島のバス
事業者の数が多く、広島市内を走る主な路線バス会社だけでも5社、県東部の福山市や尾道市でも各3社あります。このうち広島電鉄(バス)は一部路線にノンステップバスが集中的に入っており、新型エルガのCNGノンステも見ました(運転席側の窓がどうなっているかは確認できず)。ただ全般にはツーステップ車の方が目立ち、広島バスには特に中古車がよく入っていました。他に変わった車両としては、以前HIROKIさんが千葉で撮影されたブルーリボンⅡの前扉ツーステップ車と同型の車両、エルガのエンジンに西工96MCワンステップ車体を載せた車両をともに尾道で見ました(どちらも撮影は出来ず)。あとエルガの前扉ツーステップ車の高速バスも見ました。

それでは、また。
とーます |  2011.08.20(Sat) 07:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/541-dc04466c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。