2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.30 (Sun)

■10月30日(日)■

こんばんは。

お久しぶりです。みなさんにお知らせがあります。9月中旬から更新一時休止としていた静中ホームページですが、12月の更新休止終了を前倒しし今日から更新再開できることになりました。今後も静中をよろしくお願いします。
さて、静中ホームページですが、今後ホームページの改良を行っていきます。考えているのは西武線・西武バス関連の別館を新設する予定です。


先週火曜日に校外学習で上野へ行ってきました。でそのときに、立川集合だったんで、早めに行ってちょっと撮影していました。ちなみに学校では立川周辺に住んでいる人が多いため立川駅集合が多いのですが、自分の家からだと、少し西に戻ることになるのでなんともいえません・・w

DSCF3873.jpg
立川駅へは、毎度おなじみ立35で。今回は青標準仕様ステッカーのRAでした。UAと同様こちらもかなり力強い音を出すのでアタリといえばアタリでした。ちなみに富士重新7EのAT仕様も良いですが、乗り心地的にはRAが勝っていますね。ちなみに東村山駅~奈良橋ってところまでは道が狭くカーブが連続しているのですが、そこを結構なスピードで走るのに、急ブレーキが無いという運転でしたが、これはいつみてもすごいなぁと感じます。

DSCF3877.jpg
一本後の立35。2066でした。誰も乗ってないので立川営業所から出てきた模様。

DSCF3879.jpg
立川バスのエアロスターですが、中扉がグライドスライドの初期車。徐々に廃車が進んでいるようです。ノンステップ特別塗装車はなかなか見れなくなりました。。。

DSCF3882.jpg
こちらも初期車。さらにナンバーが若いです。「立飛企業」行き。なんだかかっこいい行き先ですねw

DSCF3886.jpg
新型エルガ。若葉町団地~立川駅や西武バスの東大和市~立川駅は立川周辺でも特に利用が多いのかもしれません。自分が乗ってきた立35も結構な混雑度でした。

DSCF3889.jpg
西武バスのUAノンステ。この車両は車体更新されてないっぽいですね。そのうちされるのかも。

DSCF3891.jpg
立川バスのエアロミディのロング車。

DSCF3892.jpg
立川バスのエルガを撮って集合場所へ。
立川駅からは中央線の通勤特快に乗車。全列車が数分遅れていましたがこの特快だけ7分遅れでした。この特快は国分寺~新宿をノンストップなのに30分ほどかけるという遅い電車ですが、この日は退避列車の遅れが少なかったので、回復運転していました。新宿の時点で2分遅れにまで遅れが縮まっていました。

DSCF3900.jpg
乗り換え途中で一瞬暇があったので山手線の大崎行きを撮影。山手も遅れていてなんと7分も間隔があいている時がありました。。。

DSCF3902.jpg
ちなみにこの遅れは両方向だったようで、結局15時ぐらいになってもダイヤ乱れが収まっていませんでした。。。

DSCF3904.jpg
中央線ホームで撮影のE257系。

DSCF3907.jpg
帰りは富士重新7Eノンステの・336でした。ところでこいつはホイールが10穴タイプでした。新タイプに代えたのかと思ったらどうやら新7EのAT・フルフラットは最初から10穴を採用していたようです。どうやらこの車種はホイールをUD製ではなく他社製を使用しているようで、そのため10穴が採用されていたようです。気づいてませんでした。。。

これで火曜日の件は終了。

ところで撮影のほうも本格的に再開になりそうです。といっても今までよりは少なくなると思いますが。。。
さて、土曜日は錦糸町に行ってきました。錦糸町は2回目です。では画像を・・

DSCF3913.jpg
まずは国分寺線で国分寺へ。新2000系の初期車6連でした。ちょうど乗りたいと思っていたので良かったです。ドア下が黄色くなっていましたがドアチャイムは未対応でした。

このあとは中央線で三鷹へ。それにしても小金井周辺3駅は結構たくさん乗ってきますね。特に武蔵境が多いようです。

DSCF3914.jpg
三鷹からは中央総武線各駅停車で錦糸町へ。車両はE231系でした。ちなみに中央総武線の電車は千葉方がTc-T-M-Mとなっているので2両目は音が聞けないので音鉄の方は注意が必要ですw

DSCF3921.jpg
E231系は結構音が大きいので、音に関しては結構気に入っている形式です。錦糸町で一本待って撮影。

DSCF3925.jpg
錦糸町にもこのオール液晶自販機が。一時期節電で使用停止になっていましたね。

DSCF3927.jpg
早速都営バスの撮影を開始。RA。広告等が一切載ってないオーソドックスな都営バスですが、やはり撮影時はこういう車両のほうがいいですね。

DSCF3928.jpg
錦糸町にはRAが大量に来るようで、バスターミナルがRAだらけになることも結構あるようですね。

DSCF3937.jpg
またまたRA。そういえば都営バスは前面の前掛けが何もなくなり、「ノンステップバス」表記が表にしっかり出るようになりました。

DSCF3938.jpg
ブルーリボンⅡ。ところで車番が前面窓下表記に変わっていますね。ドライブレコーダー搭載の関係かと思います(行き先表示機下だとドライブレコーダー搭載で見づらくなる模様)。

DSCF3943.jpg
UA。

DSCF3948.jpg
エルガ。

DSCF3956.jpg
富士重新7EのCNG車ですが、こいつはバスコレの都営2台セットAのやつのモデルとなった車両のようです。ナンバーが同じになっています。

DSCF3958.jpg
エルガのCNG車。後部がフルフラット仕様になっています。

DSCF3969.jpg
シティハイブリッド。

DSCF3970.jpg
RA。

DSCF3987.jpg
エルガ。

DSCF3989.jpg
富士重新7E。

DSCF3990.jpg
シティハイブリッドですが今年度導入のホイール10穴の新車です。クーラーの形状が独特です。

DSCF4001.jpg
キュービックのツーステが来ました。やはり以前に比べて数が減っているようです。。。この塗装が見れなくなる日もそう遠くなさそうですね。

DSCF4007.jpg
UA、青標準ステッカーRA、緑標準ステッカーRAの並び。UDがやはりたくさんいます。

DSCF4008.jpg
新型エアロスター。都営バスでもだいぶ増えて当たり前のものになりました。この特徴的な窓も見慣れてくると不自然には感じなくなります。

DSCF4010.jpg
UAとRA並び。都営のUAは固定窓ですが、どんな感じなのか実際乗ってみたいですね。都営バスめぐりなんかもいいですね。

DSCF4013.jpg
新型エアロスター。そういえば今日は新しいほうしか見ませんね。

DSCF4018.jpg
都営のラッピングバスは結構以前からありますが、意外に少数派ですね。

DSCF4024.jpg
JP。UAとRAばかり見てると余計に細く見えますw  っていうか中型ロングも東京丸の内口行きに入るんですね。

DSCF4035.jpg
このあと近くにある江東車庫を見に行きました。以前見れた富士重7Eの最初期ノンステップ車は見ることができませんでした。引退したのかな・・・?変わりにグリーンスター表記のRAがいたので撮影。この「グリーン○○」は以前は特別仕様車でしたが今は表記類ぐらいしか違いがないようですね。

DSCF4038.jpg
錦糸町に戻って再び撮影。シティハイブリッドですがやはり中扉の大きさが目立ちますね。あと同世代の短尺車より短く見えますね。

DSCF4042.jpg
エアロスターとRAの並び。ここは比較的簡単に並びを撮ることができますね。

DSCF4047.jpg
この日初登場のレインボー。個人的には都営バスで一番みている車種な気がしますが。。。都営バスは何度か都営バス目当てで行っていますが車種が多くて、で同車種でも細かな違いがあったりと面白いバスだと思います。

DSCF4050.jpg
RAを撮って撤収。この後は三鷹まで戻っても良かったのですが、つまらないの

DSCF4053.jpg
で西武新宿経由で帰る事に。JRも別に嫌いではないのですが、どうしても私鉄のほうに乗りたくなります。新宿で新型エアロスターの後部をなんとなく撮影。

DSCF4055.jpg
西武新宿で止まっていた20000系を撮影。西武線ですが、「レッドアロークラシック」とかいう企画を11月に行うそうで、池袋線の10000系1編成を5000系の塗装にして運行するそうです。あと12月の数日間、拝島線で一日1本、西武
新宿~拝島の特急を運行するそうです。停車駅は、高田馬場・田無・小平・玉川上水・拝島だそうです。どちらも西武好きとしては見てみたいです。

DSCF4060.jpg
1本前の各停。これにのっても良かったのですが、「上石神井まで先着」とあったので少し混むかなぁと考え次の列車に。

DSCF4061.jpg
で、来たのは新2000系。 おっと、こいつは池袋線より転属中の2連です。ぶれてますが、一応。

DSCF4062.jpg
で、後ろは超更新車でしたが・・・各停は8連で、前に2連がいるということは後ろは6連。で更新車・・・  ということでまたまた登場の2047編成さんですw それにしてもこの遭遇率・・なんなんでしょうw  まぁ気に入っている編成なので問題ないですが。。。

DSCF4071.jpg
この電車で小平へ。小平から西武遊園地行きに乗り換え。

DSCF4073.jpg
で、小平で待っていたんですが、さっきの電車の発車後すぐに4連が入線。これが遊園地行きになると思っていたんですが、それは回送のまま発車。続いて8両の2000系が始発の遊園地行きとして入線してきました。でこの複層ガラス窓風でそうじゃない編成でした。

DSCF4075.jpg
臨時かなぁと思っていたんですが、どうやらこの運用は折り返しの急行になるための送り込みを兼ねたダイヤだったようです。ちなみに小平でこの電車の前に発車した新2000系4連の回送は萩山の留置線に入っていました。

これで以上です。
とりあえず今回から通常更新が再開できることになったのは自分としても嬉しいです。

では今日はこのへんで・・・
スポンサーサイト
20:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

立川から都心というとずいぶん遠くに行くような感じがします。>
学校の中でも校外学習で、都心まで行くのは自分たちぐらいですね。大半のところは多摩地区内ですね。。。

交通の便が良いので実際はそれほどでもないかもしれませんが… >
まぁあまり遠いとは感じないですね。

UAとあまり変わらない感じでしょうか? >
UAと比べると音の大きさ的には小さくなっています(というかUAの外で聞こえる音がやけに大きい)ね。あと、すこし低音ですかね。

まだ廃車にはもったいないような気がしてしまいます。>
確かにそうですね。まぁノンステ車は地方への譲渡が少しずつ進んでいるので、立川バスの車両も譲渡されるかもしれませんね。

若葉町団地行きが2台とも混雑しているのは意外でした。>
実は、この画像は立川駅バスターミナルの直前でして、行き先表示機だけ切り替わっているところで、実際は若葉町団地発、立川駅北口行きのバスです。

一体何があったのかなと。>
ちなみに逆は1分間隔ぐらいで来ていたので、間隔が不均等になっていたようです。

他社製だと10穴が昔からあったんですね。>
海外は10穴が普通だったようですね。日本は今まで日本の規格を使っていたようでそれで8穴だったようです。

UDでその車種だけホイールが他社製というのも不思議な話ですが…>
このホイールを使っている新7Eは、フルフラットでATのタイプのようです。このフルフラットとATというところに関係があるのかもしれません。

ドア下の黄色化とドアチャイム設置はどちらもバリアフリーに関わる改良なので同時施行>
途中から同時施工になったのか、それとも2つの設置時期がずれているのかわかりませんが、いろいろ違いがあるようです。あと停車時の乗車促進音も設置してない超更新もあれば、つけている初期車もありますので、そっちも違いがあるみたいです。

他にも同じ例があるかもしれませんが、>
JRのE231系はこの2両目T車は多いですね。常磐線、近郊型の高崎・宇都宮線系統用、山手線(といっても元6扉車の位置)は編成の片側だけ2両目がT車ですね。

僕もどこだったかは忘れましたが見た気がします。>
確か最初は品川駅か東京駅かのどっちかだったと思います。東京でよくやっているJR東日本のCMにも登場しています。

液晶パネル全体が顔のように見えます。>
これは液晶で顔というか目が表示されているようです。まぁずっと自販機表示よりも面白いと思います。

方針が変わって付けないことになったのでしょうか…?>
どうなんですかね。多くがPASMOの宣伝だったので、もう宣伝は必要ないと判断したのかもしれません。

「ノンステップバス」表記がプレートに付いているのが目を引きます。>
都営の多くのバスが「ノンステップバス」表記はプレートになっていますね。MPもよく見るとプレートになっています。どうやら裏側は都市新バスの表示があることが多いみたいです。

この位置への車番表記が今後増えそうですね。 >
青梅車庫在籍車にも表記されているの車両がいるのを見たので結構進んでいるようですね。

新7Eに幕車が健在なんですね。>
そういえば新7Eでの方向幕残存度は高いですね。

新しい方のクーラーの形状は初めて見る形で、>
今年度からの10穴ホイール車のクーラーの多くがこの形だそうで、他メーカーでは見られない形ですね。

1台くらい都で保存してもらえるといいなあ…とふと思いました。 >
確かにあの塗装はおもちゃにも度々出ていますし、日本の中ではかなり認知されている塗装という気がするので、保存してほしいですね。ただ維持費の問題がありますが。。。

静岡にいないので僕はまだ見慣れない感がありますね。 >
関東ではかなり「普通」になってきていますが、そういえば静岡にはまだ登場してませんね。やはりATが課題なんですかね。

当の都営バスでも(少なくともこの辺りでは)画像を見ると確かに少ないですね。>
まぁラッピングは条例とかもあるので、大量にはできないのかもしれません(バス会社が多く、わかりづらくもなりそうですし)ね。まぁ撮影する分には通常塗装のほうが良いので、まぁこれぐらいがちょうどいいかな・・・とも思いますね。

しずてつの方が断然多いような。>
しずてつだと静岡市内はラッピングバスのほうが多いんじゃないか と思えるほど多いですね・・・w

今は車両に関しては一般車と変わらないようで…>
前の表示板だけですね。以前はハイグレード車だったので、バリエーション的にも面白かったですが。。。

個人的には2ステでも前扉がグライドスライド>
そういえば、ちょっと前まで新宿にいたブルーリボンの前面が黒いタイプのバスも元はグリーン○○だったのでグライドスライドでしたね。そういえばあのバスたちはどうなったんですかね。。。

そのせいか短めに見えるのが特徴的ですね。 >
そうですね。あと前扉直後の窓も他車種より小さいようですね。

5000系の塗装をした10000系というのが今一つ想像つかないです。>
確かに通常は灰色ですし、5000系とはデザインも違うんで想像つかないですね・・・w 前面の銀色のかざり部分がどう表現されるのか気になります。

JR東185系を湘南色にした編成>
80系をイメージしているそうですね。たしかに2枚窓ですが・・・w 185系といえば、1編成旧塗装化しているのがいますが、湘南色よりそちらのほうがやはりいいですね・・・w

通勤客目当てで試験的に運行するのかなと思いますが、面白い試み>
確かに今は拝島線方面も結構乗るので、状況によっては特急の定期化も期待したいですね。ラッシュ時~夜間は小江戸と交互運行とか。

今年に入ってから少なくとも5~6回は記事で見た気がしますが>
去年も何度か乗っているので、ここまで何回も出てくるのは自分でも驚いています・・・w 逆に8両の超更新車はあまり乗ってないですね・・・w

全然使われている気配はなく、>
もう少し時間がかかりそうですね。まぁ逆に従来車は今のうちから記録したほうがいいのかもしれませんね。

結局使われることなく姿を消してしまいましたが… >
井川線で使おうと思っていたんですかね・・・? 活躍していたら面白かったですがw

小平のMPを立川駅で見ることができるという状況なんですね。 >
小平営業所はAPを含めて5、6台入っているようで、立川入線は1路線ですが結構みることができますね。逆に西工のフルフラットUAがこの路線に入っていることが少なくなった気がしますね。

注目も今以上に集めそうですね。>
若葉町団地行きは多くの区間、西武バスと競合しているのでいいPRになりそうですね。

両方停めるのは所要時分が伸びるので難しそう>
確かにそうですね。あと県総合運動場と古庄の客の両方が乗ると混雑度もあがりそうなので、現状のほうがいいのかもしれませんね。そのまえにこの急行が長く続いてくれるのかどうか。。。

ではまた
HIROKI |  2011.11.15(Tue) 22:05 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こんばんは。
通常更新再開おめでとうございます。見込みより早く再開できて良かったですね。今後、以前記事で書かれていた受験成功後にやってみたいことを順次実現していけるといいですね。更新を楽しみにしています。ホームページも早速改良に入っておられるようで、そちらも楽しみです。
では、今回の記事にコメントさせていただきますね。

まず火曜日の方から…
校外学習で上野に行かれたんですね。学校の用事で都心へ行った話は何度か記事で拝見していますが、こちらの感覚ですと立川から都心というとずいぶん遠くに行くような感じがします。交通の便が良いので実際はそれほどでもないかもしれませんが…
・往路のRA、音がUA同様に力強いんですね。静岡にいると聞けないので分からないのですが、UAとあまり変わらない感じでしょうか?
・東村山駅~奈良橋間のその運転、さすがはプロという感じですね。しずてつはその点おとなしい方かなと思いますが…個人的には神奈中でそうした運転のバスによく当たっていてその印象が強いです。
・立川バスの初期ノンステ、2ステに続いて廃車が進んでいるんですね。導入から11~13年程度経っているので都内では標準的な廃車の時期のようですが、どうも長寿車の多いしずてつを見慣れているせいか、まだ廃車にはもったいないような気がしてしまいます。しずてつの同型車はいたって元気ですし。「立飛企業」…確かにすごい名前の行き先だなあと。立川らしいと言えばらしい名前ですね。
・立川のバス、おっしゃる通り砂川九番を通る若葉町団地行きや東大和市方面は本数・系統が多く、特に利用客が多いようですね。モノレール開業までは玉川上水方面も同じような状況でした。しかし朝の時間帯に通勤と逆方向に思える若葉町団地行きが2台とも混雑しているのは意外でした。沿線に学校かなにかあるのかなあと。
・中央線、山手線ともこの日はダイヤが乱れていたんですね。山手線で7分電車がこないとなると朝ラッシュ時は2本間引かれたのと同じ状態なわけで、混雑も激しかったと思います。一体何があったのかなと。毎日この状況とは思えない(毎日そうだと困る)ので…
・新7Eのホイールの件、他社製だと10穴が昔からあったんですね。UDでその車種だけホイールが他社製というのも不思議な話ですが…つまり10穴=新型ではないというわけで、見るときにますます頭を悩ませそうです(汗)

続いて、土曜日の錦糸町撮影行について。ここは前回もそうでしたが都営バスの多様な車種が集結していますね。UDがメインのようですが、4メーカー全部顔を揃えているのがすごいなあと。画像を拝見していて面白さがよく伝わってきました。撮影再開第1号にふさわしい場所ですね。
・国分寺線は幸先良く新2000系でしたね。ドア下の黄色化とドアチャイム設置はどちらもバリアフリーに関わる改良なので同時施行かと思っていましたが別々とは。どちらも小規模な改良工事と思われるので、徐々に進行していくのでしょうね。
・音鉄の方は注意が必要>
呼びましたか?(笑) 2両目がT車というと東海道線(東日本)211系10連の東京方がそうですね。他にも同じ例があるかもしれませんが、一般的に2両目はM車のことが多いのでそのつもりで乗るとがっかりしますね。気をつけたいと思いますw
・オール液晶自販機、僕もどこだったかは忘れましたが見た気がします。この画像、車両のドア窓が液晶パネルに写りこんでいてそれが大きな目の形に見え(もしくは液晶パネル自体がそういう表示をしている?)、液晶パネル全体が顔のように見えます。さらによく見ると左下に「お菓子をくれないといたずらするよ」…自販機に言われるとは思いませんでしたw
・都営バス、どの車両も見事に前掛けが無くなっていますね。すっきりしていいと思いますが、前は付いていましたよね。方針が変わって付けないことになったのでしょうか…?それとRAの「ノンステップバス」表記がプレートに付いているのが目を引きます。元は都市新バスのプレートだったかなと思いますが。
・車番、確かに前面窓下に書かれた車両が見られますね。初めて見ました。見慣れないのでちょっと違和感がありましたが…他の車両の画像を見ると車番がドライブレコーダーに隠れて一部見えなくなっている車両があるので、この位置への車番表記が今後増えそうですね。
・大半のバスが行き先表示がLEDになっている中で、新7Eに幕車が健在なんですね。しかも、白地の一般的な幕はキュービック等でも見られますが、この都市新バス(都07)の青地白抜き幕がまだ見られるとは。懐かしさを覚えました。
・シティハイブリットが2台いますが、確かによく見ると導入年で微妙に違うんですね。新しい方のクーラーの形状は初めて見る形で、L字型とは意表を突かれました。
・キュービックは残っているのを見ると何となくほっとしますが、ノンステにも廃車が出ている中ではいつ全廃になってもおかしくないかなと。塗装も、この2ステの塗装に長く親しんできたので無くなるのは残念です。1台くらい都で保存してもらえるといいなあ…とふと思いました。
・新型エアロスター、都営バスは中扉以降の段差が塗装ではっきり分かりますね。窓、前中扉間の縦に細長くなっている固定窓とやや太い桟がやっぱり特徴的に見えます。かなり普及してメジャーな存在になったので今ではむしろ標準系の一つと呼べるかもしれませんが、如何せん静岡にいないので僕はまだ見慣れない感がありますね。
・都営バスめぐり…都営バスで移動して何ヶ所かで撮影する、そんな撮影行も実現できたらいいですね。
・ラッピングバス、確か石原知事のツルの一声で都営バスに登場したのがきっかけで全国に普及したと思いますが、当の都営バスでも(少なくともこの辺りでは)画像を見ると確かに少ないですね。しずてつの方が断然多いような。都営バスでも渋谷の都01あたりだと多いのかもしれませんが。ことラッピングバスの全車に占める割合で比較すると、しずてつはかなり上位なのでは…
・JPは今回、他が大型車ばかりだからか確かに一層細く見えますね。この東京駅丸ノ内行き「東20」は存在を知らなかったのですが、平成13年に登場した新しい路線だそうです。利用者の数では東京駅行きよりも都07など江東区内の路線の方が多いと思われる(鉄道と平行しておらず沿線住民も多い)ので、東京駅行きに中型ロング車が入るのは理にかなっているかなと思います。
・グリーンスター表記のバス、今やこの表記自体が珍しくなっていますね。以前は都市新バス=ハイグレードな専用車というのが売りの一つでしたが、今は車両に関しては一般車と変わらないようで…都市新バス専用車といえば、個人的には2ステでも前扉がグライドスライドになっていたのが強く印象に残っています。
・シティハイブリットの側面、確かに中扉の大きさが目につくのと、そのせいか短めに見えるのが特徴的ですね。
・「レッドアロークラシック」は初めて知りましたが、5000系の塗装をした10000系というのが今一つ想像つかないです。この手のリバイバル塗装ではJR東185系を湘南色にした編成がありますが、個人的には違和感を通り越して気味悪さすら感じています。西武がうまく仕上げてくれることを期待したいです。拝島特急も初耳で、拝島線初の特急ということの他、新宿線内の停車駅も「小江戸」より多いのが特徴的ですね。通勤客目当てで試験的に運行するのかなと思いますが、面白い試みだなと思います。
・新宿線でまたまた登場の2047編成、これで何度目でしょうかね。今年に入ってから少なくとも5~6回は記事で見た気がしますが…本当に神懸かり的な遭遇率ですね。
・小平発西武遊園地行きの8両、これはおっしゃる通り西武新宿行き急行になる車両の送り込み運用ですね。逆に午前中には急行の折返しで西武遊園地発小平行きの8両各停が存在します。

あと、前回いただいたコメント返しより…
・大井川鐵道に譲渡された元西武E31ですが、先日行ったときに千頭駅構内で3両並んで留置されているのを見ました。全然使われている気配はなく、本線では従来からの茶色い電気機関車が活躍していました。
そういえばかなり昔の話ですが、西武山口線(現在の新交通システムになる前に運行されていたおとぎ列車)で使われていた蓄電池式の凸型電気機関車が何両か、千頭駅近くの線路上に長いこと留置されていました。結局使われることなく姿を消してしまいましたが…
・西武バス、現状は立川にはMPは入っていないものの、小平のMPを立川駅で見ることができるという状況なんですね。
・立川バスでリラックマバス3台が若葉町団地線に集中投入されるんですね。その路線では出会う確率が一気に高くなり、注目も今以上に集めそうですね。時期を区切って一路線に集中投入するという方法もバスのPRとしては有効と思われ、面白そうだなと思いました。
・静鉄急行、僕が先月乗ったのは新静岡発6:57発でしたが、この電車は日吉町通過時からミュージックホーンを使用していました。ただ、この急行以前に走る急行・通勤急行では使用していないようで(僕も6時台の通勤急行の動画を見ました)、騒音防止の観点と思われます。かつての急行は7時以降の運転でしたし…
あと、通勤急行は古庄で各停に接続していますが、県総合運動場通過時にその各停は副本線側に停まっているので、おっしゃる通り県総合運動場で各停と接続することも可能ですね。古庄の方が利用客が多いのでそちらに通勤急行を停めることにしたと思いますが(両方停めるのは所要時分が伸びるので難しそう)、この通勤急行・急行が無事定着するのかどうか、気になるところです。

それでは、また。
とーます |  2011.11.04(Fri) 00:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/550-22491f08

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。