2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.12 (Sun)

◇02月12日(日)◆

こんばんは。

先週も後半は結局寒さが戻ってきました。といってもそれまで最高気温が6度ぐらいでしたが、最近は9度程度のようです。ただ、今後も気温が上がりそうになく、2月はこのまま10度以下が多くなりそうですね。ところで、今週は月・火・水と雨が降る予報で、中でも月曜日はまた夜に雪になる可能性も・・・まぁつもりはしないと思いますが、せっかくやっと雪がほぼ無くなったのにまた降るとは・・・

さて、今週は学校行事で駒澤競技場まで行ってきました。ただ画像を撮影している余裕が無かったので、文字だけで書きます。
まぁ前回も書きましたが、今までは立川駅で集合して、南武線で武蔵溝ノ口、東急乗り換えで駒沢大学という工程で向かってましたが、立川というと東村山に住んでいる自分は時間がかかる上に、わざわざさらに西に向かうのもあまり意味がないことなので、現地集合を認めてもらって、副都心線経由で行きました。まぁあと個人的に南武線の混雑が好きじゃないってのもありますが・・・w

まず、東村山駅までバスでしたが、始発から2本目のバスでRAノンステでした。こんな朝早くにのったのは2度目(1度目は去年立川集合の際に始発の立川行きにのった)でした。乗客は数人でした。

その後、池袋線に乗るため所沢へ。比較的長期間新宿線に転属している新2000系2連と新2000系6連の8連で、2連のダブルパンタは中間に入っていました。でこの組み合わせは、池袋線では6連がいなく、8連と併結としてもダブルパンタが中間に入ることがないため、比較的貴重ですね。

その後は、副都心線直通の快速渋谷行き。6000系の50番台(アルミ・戸袋窓あり)のトップナンバーでした。直前の特急の所沢到着・発車が遅れたので、2分程度遅れて到着しました。で、快速なので保谷通過でしたが、やっぱり保谷入線時のポイントで激しく揺れていました。まぁここは改善しようがなさそうなのでしょうがないですが・・・w で、石神井公園時点で先行している各停も特急の影響を受けたようで、乗った快速は大泉学園から練馬高野台まで後追い運転でした。で、練馬で追い抜いた各停と接続。練馬まで快速に乗っていた乗客の8割以上が練馬で各停に乗り換えていました・・・w そのため、各停池袋行きは練馬から大混雑だったようです。まぁこれはいつもの光景でもありますが・・・
で身軽(?)になった快速は小竹向原から急行運転でした。小竹向原では1番線の新木場行きとほぼ同時発車(新木場行きが若干早く)ですが、その先で平面交差するため、ATO特有の発車直後に加速・減速を

繰り返し最終的には停車が発生していました。前回も言いましたが、やはりATOだと乗り心地があまり良くないですね。これがなんとか改善できたらいいなと思うんですが。。。毎回常用最大ブレーキとフルノッチ加速のようなので・・・まぁ逆に言えば運転士さんの運転がかなり上手いということが言えますがw。
で、渋谷到着前に豪快にポイントを通過し到着。ここのポイントは仮的なこともあるのか結構急でゆれます。。。10000系だと豪快に貫通路の扉が開閉します・・・w渋谷からは田園都市線。ちょうど「電車がまいります」だったので、それに乗ることにしましたが・・・田園都市線に乗るということは、もちろん来たのは・・・

東武50050系w。

いい加減、違う車両に乗りたいんですが・・・w ちなみに東武の車両ですが、ドアが隙間無く閉まる仕様が50000系列でも採用されています。最近の車両はドアが閉まっていても若干の隙間をあけている車両があります(E231とか)し、普通はドアのゴム部はどちらも凸になっているんですが、東武だけが8000系の頃からドアが隙間無く閉まるようにゴムの片側が凹、もう一方の片側が凸になっています。これで外の風を完全に遮断できているようです。
この仕様が前述の通り最新の5000系列でも引き継がれています。あと、自動放送なんですが、普通は乗り入れ先の音声になるので、この50050系もそうなっているんですが、今回は優先席の案内の放送だけ、何故か東武の自動放送の声になっていました。こういうことは今までに無かったのでびっくりしました。

で、駒沢大学駅から競技場の体育館まで徒歩でした。

で、帰りですが、駒沢大学駅まで歩いて、3駅のって乗り換えが面倒くさく感じ、ちょうど競技場横の道路を走る東急バスの渋谷駅行きがあるのが分かったので、それに乗ることに。田園調布駅~渋谷駅の路線で、土日でも1時間5本あるという路線です。車両はエアロスターノンステでした。渋谷に出る路線ということで混んでるかなぁと思いましたが、渋谷まで一度も立ち席がでず、しかも渋谷駅到着時は数人しか乗っていませんでした。久々のエアロスターノンステでエンジン音が聞けたのもよかったですが、殆ど乗ったことのない東急バスに乗れてよかったです。

で渋谷からは副都心線ですが、ちょうど各停所沢行きが停車していたのでそれに乗車。各停なので8連だと思っていたら、10000系の10連でした(10002編成)。途中、東新宿で急行川越市行きの通過待ちがありました。小竹向原では新木場からの和光市行きに接続しましたが、接続後の所沢行きはがらがらでした・・・w で、練馬で準急と接続→各停が先に発車。練馬で立ち席がでるほどになりましたが、次の中村橋で立っていた人がほとんど下車し再びがらがらでした。で富士見台で練馬接続の準急に抜かれました。でひばりヶ丘で急行の退避。ここでも急行から結構な人数乗り換えてきましたが東久留米で大半降りてがらがら。で清瀬で特急待ちでした。また所沢行きなので、清瀬・秋津でも乗車客が少なく所沢到着時もがらがらでした。こういうようにがらがらになるところが各停のいいところですねw で、所沢到着後3分もしないうちに、後続の小手指方面行きのメトロ7000系の10連が到着。調べてみるとこれが渋谷を急行として18分後に発車した準急でした。9駅通過で15分も縮めてくるとは。。。ちなみに7000系10連は西武・東武・メトロで唯一、渋谷方から2両目がT(サハ)なので、要注意です・・・w

その後は20000系の西武新宿行きで東村山、いつものバス・210で帰りました。ちなみに、所沢駅の改良はかなり進んでいるようで、既にホームには新しいエレベーターが出来ていました。まだ使えませんが近いうちに使えるようになりそうです。これで不便な新宿線1番からの乗換えが楽になります。

画像なしで大量に書いてしまいましたが、趣味的にも面白い学校行事(といっても集合場所までのことですが)でした・・・w

さて、小田急5000形のBトレを組み立てたので画像を・・・

DSCF4899.jpg
方向幕はシンプルに快速急行と各停にしました。小田急なんで他にもシールは豊富です。

DSCF4900.jpg
編成は電笛試験車の5060編成にしました。実はTRAINSで10000・20000・5000を購入すると1箱ごとに、引退前に実車に貼られる引退記念ステッカーのミニ版と一部編成の車番。そして電笛試験車にある黒い●を再現できるシールがおまけでついてきます。で●はHOサイズだったので、一回り小さくくりぬいて貼ってみました。ちなみにスカートは2600用パーツです(5000用スカートよりも5060の実際の姿に近い)。

DSCF4903.jpg
側面。田窓ですね、ちなみにこの商品は約8年前の製品の再販なので、そのときからこのクオリティだったということです。やはりBトレはすごい。

DSCF4904.jpg
今回の再販にあたっての変更点としては屋根色が明るくなったことです。下は5200のです。併結させるとちょっと目立ちます。

DSCF4905.jpg
最後に5200との側面比較。

では5段評価を。

造形のよさ:4
→毎回、小田急のBトレ含めて鉄道グッズのこだわりようには驚かされますが、この5000についてもやっぱりいいですね。

説明書の分かりやすさ:4

入手安易度:4
→一応、会社限定品ということになりますが、小田急ではそういう表記を廃止し「オリジナル版」としているようです。何が違うかといえば、数量限定の小数生産ではないことだと思います。だから、発売後数ヶ月たっても普通に手に入りますし、値段も上がりません。通販もできますし。。。このやり方はぜひとも他私鉄でも行ってほしいです。 まぁ自分は結構発売後、すぐに買いに行きましたけど、売り切れの心配が当面無いというのが良いです。

シール充実度:5
→車番も、種別表記も多くて良いですね。ステッカーもここまでこだわってくれると見ているだけでも楽しくなってきます。

部品豊富度:3
→2600形用の前面がついています(細かい違いなんですが、わざわざ用意しています)。

組み立てやすさ:3
→少し硬い部分がありましたが、嫌になるほどではないです。

毎回、小田急のこだわりには驚かされますが、今回も引退記念にふさわしい商品な気がします。

小田急は以上。

で、先週中に東急9000系と1000系のBトレを通販で購入して届きました。結局資金の都合上w 9000系3箱と1000系2箱を購入しました。9000系は5連で大井町線、1000系は3連で中央貫通扉編成にする予定です。ちなみに9000系と1000系のBトレは側面の車体パーツは共通のようです。ガラスパーツ、ステッカー、前面が違うようです。で、9000系は1両先頭があまるので、今回それだけを2000系としてとりあえず組み立ててみました(今回は2000系用パーツもついている)。

DSCF4895.jpg
この2000系・9000系・1000系はBトレ初購入時からほしいなぁと思っていたBトレです。

DSCF4897.jpg
側面。このように車体パーツは全く文句が出ないです。ただ、下回りのパーツが、西武10000系と同じで、通常製品と若干違うやつでした。でも車体が良いので問題なし・・・w

また1000系・9000系を組み立てたらしっかり紹介します。

さて、この後は前々回記事で「追記する」とした特集をここで載せようと思ったのですが、手が疲れてしまったので、また「追記」とします。今度こそちゃんと追記するのでお待ちください。

では
スポンサーサイト
22:08  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

そちらでは雪は降りましたか?>
こっちも雨でした。ちなみに2月17日はほんの少し降りましたね。

雪の降ることがあるかもしれませんね。 >
今年はもう1回ぐらい積もるかもしれませんね・・・

そんなにすごいですか?>
まぁとても激しいわけじゃないですが、特に神奈川県に入ると混みますね。以前、土日の日中に登戸のあたりで朝ラッシュ並みの混雑に遭遇してしまったことがあります。

混雑もそれほどひどくはない>
南武線沿線は、住宅街とか多くなりましたからね。それと電車が6両なのが混雑の原因かなぁと思います。増結できれば良いですが、6両でぎりぎりなので無理そうですし。。。

同じ車両でしょうか?だとすれば相当長期間ですが…>
同じ車両ですね。ちょっとした貸し出しは何度か見たことがありますが、ここまで長いのは珍しいですね。

中間に入ったのは見たことがなく>
池袋線ではまずありえないですからね。新宿線では何故か結構ありますが。

メトロ直通列車で最速達ですね。>
そうですね。随分と速く感じました。

やっぱり池袋志向が強いのは副都心線が出来ても変わらず>
むしろ所沢からの池袋直通が減った分、練馬などでの乗り換えが多くなっているようですね。となると、東横線とつながっても今以上に直通運用を増やせない(石神井公園までだったら別ですが)かもしれませんね。

東上線のように地下鉄直通を全部各停にするわけにもいかない>
一度優等種別にしたのに戻すのはできそうに無いですからね。

2路線の列車がほぼ同時発車する>
本来は、どちらかの列車が先に発車する予定だったと思います。ただ、この小竹向原に関しては遅れてることが普通なので、こうなることも多々あるようで・・・改良工事の進行が待たれます。

メトロでも技術的には可能ではと思いますが… >
ただ、都心の場合は一秒でも速く目的地へ行きたいというニーズも結構あると思うので、あえてやってないのかもしれませんね。

開閉するということはストッパーが付いていないんですね。>
1回少しでも空いてしまうと豪快に開閉してしまうようです。

東武田園都市線ですね>
東京へ来てから、田園都市線で東急5000系に乗ったのは1回だけで、8500系も1回だけです。あとの殆どが50050系ですね。

東武車だけ優先席案内の放送内容が異なるとも思えないですし>
前回乗ったときは普通に東急の放送でしたので、本当になぞです。しかも普通「次は○○です」のあとすぐに優先席の放送が入るのですが、今回10秒程度間があってからでした。

空いたままで着けるだろうと思います。>
1本前のバスが遅れていて、バスの間隔が短くなったことも、空いていた理由の一つでしょうね。西武バスでも結構こういうことはありますね。

電車に比べ時間がかかるのと道路混雑で遅れるリスクがある>
確かに時間は正確じゃないですね。自分もバスに乗るときは「時間もかかるし、遅れるものだ」と割り切って乗ってます。

うまく使えると便利な交通手段なのかなと思いました。 >
これは自分も東京へ来てすごく感じました。東京を縦に結ぶ(例:成増→吉祥寺など)路線も便利ですし、鉄道路線に沿って走るバスもなかなか便利です。

副都心線内はそれなりに乗っていましたか?>
席が埋まる程度でした。副都心線は急行でも席が空いていることがあるので、どちらかといえば乗っている人が多かったと思います。

空いていて快適だったと思いますが、何か勿体ない感じもしました>
まぁ自分としては所沢まで行くのは非常に便利で、保谷止まりや清瀬どまりをやめて所沢どまりにしてほしいぐらいですがw、たしかに清瀬行きでもいいのかもしれませんね。

待避の有無も大きく影響しているようですが。>
結局、渋谷から4本抜かれてますからね。

意外な編成ですね。>
VVVF化で変わったようで・・・Tc+T+M・・・・・・・M+M+Tcって感じになっているようです。

ただ新車導入があると代替される可能性がある>
ノンステの新車が入れば確実に消えますね。まぁ立川最古参は新7Eワンステなので、それが先に変わると思いますが・・・それか都内の7Eが消えるまでは置き換えが発生しない可能性もありますね。

いよいよ1番線のエレベーターも使用開始が近づいているんですね。>
3月上旬から、とりあえず西口側だけ新しい建物になるようです。そこで各乗り場への新エレベーターが使用開始になるようです。長年慣れ親しんだ所沢駅の構造ですが、いよいよ見納めが近づいてきましたね。

ファン思いで素晴らしいなと思いました。 >
TRAINSではブログも作成していて、そこで新商品の紹介がされていたりします。是非見てみてください。

車庫みたいで何となく良い感じだと思いました。 >
実は、自分も車庫みたいに見えたので、それからこのおき方にしています。

では
HIROKI |  2012.02.18(Sat) 20:26 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こんばんは。今回の記事にコメントさせていただきますね。
静岡は月・火と雨模様でした。そちらでは雪は降りましたか?この先も寒い日々が続くようで、また雪の降ることがあるかもしれませんね。

今回は学校行事への行き帰りの道中記がメインですね。現地集合解散のおかげで存分に楽しめたようで…画像なしでも大量の文章からその様子がよく伝わってきましたよ(^^)
・南武線の混雑…そんなにすごいですか?状況をよく知らないので、私鉄各線との接続駅近辺と両終着駅付近で混雑するにしても、区間も短く混雑もそれほどひどくはないと勝手に思い込んでいました。
・新2000系2連、新宿線に転属している話を貴ブログで以前見た記憶がありますが、同じ車両でしょうか?だとすれば相当長期間ですが…それからダブルパンタ、確かに池袋線ではいつも10両編成の先頭に来ていて中間に入ったのは見たことがなく、貴重なシーンですね。
・快速(副都心線内急行)というとメトロ直通列車で最速達ですね。朝方にも走っているとは知りませんでした。それでも練馬で8割以上が各停池袋行きに流れるという…やっぱり池袋志向が強いのは副都心線が出来ても変わらず、ダイヤ設定も難しいところですね。東上線のように地下鉄直通を全部各停にするわけにもいかないでしょうし。
・小竹向原、そもそも平面交差することが分かっている2路線の列車がほぼ同時発車するというのが解せないです。後続列車のために早くホームを空ける必要があったとか?和光市方面は本数が多いのであり得なくはないですが…
・ATO特有の運転、過密ダイヤで少しでも急いで走りたいという意図でそうした設定になっているのかどうか。メトロではないですが、仙台市営地下鉄が20年以上前の開業当初からATOを導入していて、ファジー制御(YES,NOをはっきりさせない曖昧さを持たせた制御)で乗り心地を改善させている、という記事を開業当時の鉄道雑誌で読んだ記憶があります。メトロでも技術的には可能ではと思いますが…
・メトロ10000系、貫通路の扉がポイントで開閉するということはストッパーが付いていないんですね。それはそれでどうかという気もします(デザインは良いと思いますが)。
・田園都市線、「もちろん」来たのが東武50050系って…HIROKIさん的には正に東武田園都市線ですね(苦笑) やっぱり一番来てほしいのは東急8500系ですね。その敵役?50050:系ですが、ドアの隙間風対策は一歩先んじているんですね。他の東武車も含め、今回書かれているドアゴム形状のことは初めて知りました。自動放送が優先席案内だけ東武の声というのは驚きです。東武車だけ優先席案内の放送内容が異なるとも思えないですし、不思議ですね。
・帰路の東急バス、思わぬ所で乗ることが出来て良かったですね。日中毎時5本とはかなりの頻度で、幹線的な路線ですね。渋谷に近づくにつれて多くの路線が合流するので、うまくいけば今回のように空いたままで着けるだろうと思います。東京のバスというと、電車に比べ時間がかかるのと道路混雑で遅れるリスクがあるというイメージが僕の中には強くあって、乗りバス以外に移動手段として利用したことが実は少ないです。でも今回のHIROKIさんのようにうまく使えると便利な交通手段なのかなと思いました。
・渋谷発の各停所沢行き、副都心線内はそれなりに乗っていましたか?急行待避もあるので小竹向原までの区間もがらがらかなと想像しましたが…その後も混んでも1駅区間だけでずっとがらがら。空いていて快適だったと思いますが、何か勿体ない感じもしました。その直後に着いた準急(副都心線内急行)との所要時間差、15分は大きいですね。待避の有無も大きく影響しているようですが。7000系10連の渋谷方2両目がサハ、これも知りませんでした。意外な編成ですね。乗るときは気をつけないと(笑)
・帰りのバス・210、これも今年何回出会うことでしょうね。ただ新車導入があると代替される可能性があるだけにどこまで記録を伸ばせるか?ですが…
・所沢駅の改良工事、いよいよ1番線のエレベーターも使用開始が近づいているんですね。身近なところでは武蔵大和のエレベーター設置に次ぐ大きな改良、完成が楽しみですね。

ここからはBトレインについて…
・小田急5000形、8年前からの高いクオリティに加え、引退記念のおまけシールまでついてかなり高レベルな製品ですね。充実度5のシールだけでも見てみたい気がしました。今回再現の電笛試験車、以前新宿駅で撮影した画像がありましたね。今回の記事まですっかり忘れていました(汗) しかもこれらが「オリジナル版」(この表記も初耳でした)として入手しやすさも考慮しているとは、ファン思いで素晴らしいなと思いました。
・東急2000系、これの出来も良いですね。コルゲート・帯・窓どれをとっても東急車らしさがよく再現されているなと思いました。9000系・1000系の組み立て記事も楽しみです。
余談ですが、側面画像の背後左側に都電が並んでいますが、車庫みたいで何となく良い感じだと思いました。

それでは、また。
(特集記事については追記後、別にコメントさせていただきますね。ただ、大分遅くなるかもしれません。ご了承願います。)
とーます |  2012.02.15(Wed) 23:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/561-ab7f4814

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。