2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.19 (Sat)

◇05月16日(水)◆(更新は5月19日)

こんばんは。

まずは、西武の今年度の鉄道事業計画が発表されました。
それによると、安全対策としてATSの更新と東飯能~高麗の高架橋補強、芦ヶ久保駅付近の法面改良、変電所更新だそうです。また、立体交差事業として、中井~野方の協議と、東村山駅付近の高架化へむけた手続きを進めていくそうです。中井~野方の立体交差化予定ですが、これは地下化だそうです。ただ、以前計画されていた急行線ではなく、普通に地下化だそうです。東村山駅のほうですが、東村山駅周辺は渋滞が発生する踏み切りが多くそれらの対策として、西武園線、新宿線、国分寺線の駅手前の高架化と駅の高架化が検討されているようです。計画によると2面4線のようですが、結構さばくのが大変そうです。国分寺線と西武園線が一体の運用になったりするのかもしれません。ただ、これは少なくとも10年ではできないようなので、完成する頃には2000系はもちろん、新2000系でさえ引退しているかもしれませんねw

他には、直通運転の拡大として2012年度中に東横線との直通をすることが触れられています。なんとなく直通開始は2013年3月とかその辺な気がします。

駅舎の改良としては所沢駅の改良が2013年春に完成するようです。
また椎名町駅のバリアフリー化も完成予定だそうです。でここで触れられているのですが、10両で運行している通過電車を緊急時に停車させる設備が桜台駅、江古田駅、東長崎駅、椎名町駅でそろい緊急時の対応力が向上とされています。まぁ東横線直通で直通の幅が広がりその分ダイヤ乱れが大きくなることが予想されるので、確かに緊急時に停車できますし、場合によっては臨時で10両各停にも対応できることになりますね。これによって飯能~池袋ではすべての駅が10両対応となります。

他にも久米川駅リニューアルの継続やトイレ改修があるようです。

でここが一番重要かな、車両関係ですw
車両では30000系新造が予定されていますが、今回は30両で8両3本と、2両3本だそうです。これで完全に新101系、301系の本線運用が消えますね・・・でも30000系の2連が増えるのは8連だけにくらべて嬉しいかな。30000系のダブルパンタが増えますね。できれば2連は新宿線に入ってほしいなぁと思いますね。

他には6000系へのLCD設置が予定されています。

が、新2000系の超更新については触れられていません。今年度は中止なのか、それとも超更新自体終了なのか。でも西武は2000系ではきっちり全編成更新しているので、中途半端で終わらせるとは思えないし。。。

とまぁこんな感じです。西武といえば、先日創立100周年切符が発売になり自分も手に入れたのですが、台紙に誤りがあり、発売中止。来月に販売再開するようです。701系とか5000系と並んでいる車両の中で501系とするところを351系としてしまったようです。で誤表記のを購入した人は、来月に台紙の交換ができるようです。


さて、お次は武蔵小金井での撮影画像の掲載です。水曜にまたまた撮影してきましたので画像を掲載します。

DSCF0549.jpg
小田急バスの三鷹駅行きエルガ。小田急バスは南口に移動したみたいです。平日は専ら1時間に2本程度のようです。こいつナンバーを見て分かるように結構な新車です。で画像は撮れませんでしたが、中扉直後の後ろタイヤに関西のバスのようなカバーがついていました。小田急バスで最近導入の車両で取り入れられているようです。

DSCF0550.jpg
JR中央線ですが、19日に武蔵小金井駅で線路切り替えがある影響で、一部運休があります。中でも武蔵小金井駅では2時ごろ~5時ごろで武蔵小金井~東小金井が単線折り返しで約20分間隔、それ以降は40分間間隔+バス代行ということになるようです。でこんな時刻表が掲載されていました。1時間に2本や3本というと西武バス立35が思い浮かびますw

DSCF0552.jpg
バスの側面シリーズです。西武バスMP短尺。MPワンステは標準尺の車両が多いので、短尺をみると結構短く見えます。あとノンステの特大窓をよくみるのと銀サッシなんで窓が小さく見えますね。

DSCF0554.jpg
MPワンステの後部。デザインはノンステの一緒ですが、西武の場合はオレンジの線の場所が違います。こちらのほうが後部は自然な気がしますね。

DSCF0555.jpg
京王バスUAノンステ。ちなみにこの場所で撮っていると、時々横断歩道じゃない場所を堂々と渡っている人を見かけます。危ないなと見ているのですが、今日は警察官が来ていて「危ないですよ、横断歩道渡ってください」と横断歩道を渡らない人に大声で叫んでいました。にもかかわらず何事も無いように歩く人たち。。。う~ん、ちょっとまずいんじゃないかなと思いました。。。

DSCF0556k]
京王バスMP。晴れているところで撮ることができました。なんか黒塗装だと西武の同型より長く見えますね。

DSCF0557l.jpg
扉側の画像もなんとかぎりぎり止まってくれました。ところで小金井は4台だけですが、MPは京王全体に普及しているようで、南口でもバスカラーMPを結構な頻度でみることが出来ました。本当に東京では大人気ですね<MP

DSCF0558.jpg
何故か標準仕様ステッカーがない西武バスRA。西武バスでは標準仕様が出てから、それ以外の仕様では購入して無いはずなので、これも普通に標準仕様なはずです。

DSCF0559.jpg
西武バスのUAフルフラット。どうしてこの車両を撮ろうとするとこう真正面になるんですかねw

DSCF0560.jpg
なんだか悔しいので後部を撮影。やっぱり重そうなスタイルですね。

DSCF0561.jpg
西武バスJPワンステ。武蔵小金井はやっぱりJPスポットのようですね。

DSCF0563.jpg
側面。西武のRAノンステ。RAノンステは窓が低く、角ばっているということでやはりお気に入りの車種です。音も悪くないですし。。。

DSCF0564.jpg
京王バスJPノンステ。そういえば思い出したのですが、以前に武蔵小金井で日野ブルーリボンⅡがいたのですが、見なくなりましたね。まぁあのときに比べて南口発着のバスが増えたようなので、それで京王バス小金井以外のバス(ブルリⅡは他営業所)は北口で見なくなったのかもしれません。

DSCF0565.jpg
京王バスJP。同じスタイルのJPでも京王は大量にいるので、導入年にもばらつきがあるようですね。

DSCF0566.jpg
側面シリーズ西武バスJPワンステ。

DSCF0567.jpg
京王バスMP。出ましたバスカラーの小金井所属のMP。こちらには他にレインボーⅡぐらいしか来なくなったので、大型のバスカラーはかなり目立ちます。

DSCF0568.jpg
それにしても、違う場所で会ったバスに会うと何故かちょっと嬉しくなりますね・・・w

DSCF0569.jpg
西武バスRAノンステ。LED増設ライトが使われていますね。

DSCF0570.jpg
京王バスJP。標準仕様ステッカー付きのこのカタチとしては後期車ですね。

DSCF0571.jpg
西武バスJPノンステ。何故かやけに小さく見えるのはきのせいですかね。

DSCF0572.jpg
西武バスMPノンステ。A2ということで新車中の新車ですね。

DSCF0573.jpg
京王バスUAノンステ。

DSCF0574.jpg
京王バスレインボーⅡの側面。大型車に見慣れると小さく見えますね。

DSCF0575_20120519225836.jpg
西武バスUAワンステ。「後乗り」付きでラッピングです。

DSCF0576.jpg
西武バスRAワンステ。

DSCF0577.jpg
西武バスRAノンステの側面。側窓が低い位置にあるからか短尺の割りに長く見えますね。

DSCF0579.jpg
京王バスUAノンステ。

DSCF0580.jpg
西武バスRMワンステ。

DSCF0581.jpg
京王バスのMPを撮って撤収。

DSCF0583.jpg
南口でも撮影してみました。CoCoバスミニ。完全にワゴンですが、一応バスですから撮影ですw ミニは立ち席はできないため、数人しか乗れません。

DSCF0585.jpg
JPノンステ。

DSCF0587.jpg
こちらのJPノンステにはThank you Japanの前掛けがついてます。

DSCF0591.jpg
武蔵小金井駅は南口は完成ですね。周辺建物も建って一気に新しい駅に変身しましたね。

DSCF0595.jpg
方向幕のJP。ナンバーも古いです。この辺のはそろそろ置き換えが始まるかもしれませんね。

DSCF0598.jpg
最後によくいくヨーカドーを何故か撮影して終了。

ではまた
スポンサーサイト
23:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

やはり特に平日は忙しいようですね。>
ちょうど更新してないときは、かなり忙しいときでした(レポート課題の締め切りがその間に多かったもので)

ところで21日(月)は金環日食でしたが、そちらではご覧になれましたか?>
東京は見れたようですが、自分はその時間に起きていましたがテレビの中継を見ていましたw なんとなく空が夕方のような夜明けのような雰囲気になっていましたね。

立体交差事業のうち、中井~野方間は途中に大きな踏切があったかなあ…?>
大きな踏切というと沼袋~新井薬師前の間の踏切ぐらいで、あとは小さい踏切な気がします。まぁ地下化ということなので、30000系や20000系などの非貫通車も通れる、りんかい線のようなトンネル(避難が側面からできる程度の大きさ)が出来そうですね。

踏切付近が渋滞していたのを見たのでなるほどと思いました。>
東村山の踏切渋滞は名物と化してますからね。特に久米川~東村山の間の2つの踏切が特に渋滞します。あとは5方向に道路がつながっている東村山北側の通称「大踏切」もありますし。。。

超更新した新2000系は残っているかなと思います>
確かに後期車の超更新車ぐらいは残っている可能性ありますね。結構力が入った更新なので。。。

他のチョッパ車は本線にはいないかもしれませんね。>
とりあえず2000系、3000系は引退しているでしょうね。新2000系も初期車が引退しているかもしれませんね。

新101系の代替に新2000系4連が更新を受けて多摩川・多摩湖線に入っているとか… >
これなんかは、高架化よりも前に普通におきそうな気がしますねw

具体的にどんな設備なのかなと。 >
見た感じ普通に10両が停まれるようになっただけな気がしますw ホーム延伸というと10両各停が走ると誤解される可能性があるからですかね・・・?

今年度の新造でとうとう新101系・301系が本線から完全引退のようで…>
そうですね。となると黄色い新101系もワンマンの2本だけになってしまいますね。。。

当面6両化された3000系の活躍が続きそうで、その点は良かったですね。 >
6両3本が3000系2本になったということですね。逆に言えば本当に国分寺線に30000系を入れるつもりだったのかもしれませんね。まぁ乗りたいというのは別にしといて、6両の30000系も見てみたいですね。

他社の同タイプと比べても老朽化が進んでいるのが一目瞭然なので、>
確かに老朽化は進行していて、文字もしっかり表示されなかったり、色が一部違っていることがありますからね。。。

更新せずに新車で置き換えていく方針に変わった可能性>
後期車だけ超更新して、中・前期車は小更新にとどめておくのかもしれませんね。今までは更新についても車両計画で記載されていたので、本当にやらないのかどうか気になりますね。

それほど利用が伸びなかったのかな…>
日中についても下山口からの利用は比較的多かった気がしますが、ちょっと残念ですね。しかも所沢でも空いていたので、所沢から池袋へ行くときも狙って乗っていたのですが。。。

池袋線との接続を考慮すると毎時3本に減るかも?>
その可能性もありそうです。まぁそのかわり西所沢での接続をしっかり考慮すれば20分間隔でも大丈夫かな(元は20分間隔でしたし)

その時は直通利用が多かったという記憶があり、その時の利用状況を勘案したものかもしれません。 >
まぁ車両自体も新2000系と新101系が1本ずつ必要だったのが直通で1本になるんで、節電の面でも乗客の流れの面でも良いかもしれません。

どちらも廃止とは。>
まぁ快速急行は通過駅のために急行と平行で走らせなければならず、拝島快速は玉川上水~田無で各停を走らせなければならず、この2種別がダイヤ上はやっかいな種別だったのかもしれません。まぁ利用客にとっては便利なんですけどね。。。

各停新所沢行きが1本あるのは国分寺~本川越直通列車との兼ね合いと思われ、>
これはその通りだと思います。国分寺~本川越は意外と便利ですし。。。

小平~本川越間は快急が純減するものの10分間隔は維持されそうかなと。 >
こちらは元から10分間隔(+快急)だったので、大きな影響はなさそうですね。逆に拝島線のほうが影響が大きいですね。

ただ節電対応とはどこにも書いてないですね… >
これがひっかかるんですよね。でもダイヤ的にこれが節電ダイヤであってほしいと本当に願いますねw

西武好きの例の知人のダイヤ調査活動が活発になる>
それは間違いないでしょうw 自分が気になっているのは新宿線で8両が増えるかどうかですね。去年の節電時はやたらと8連が多かった気がするので

上半分をカバーで覆ったものかと思っていました>
説明が下手ですみません(汗

当初泥はね防止かと思っていて、乗降客の安全性向上が目的とは思い至りませんでした。>
まぁ実際はどちらなのかわかりませんが、まぁ少しは安全性向上につながっているのは間違いないかと思います。

今後も取付が続くかどうかは要注目ですね。 >
そうですね。どこまで増えるか気になりますね。

確かにこれでは相当乗客を迂回させないとさばききれないですね。>
私鉄でもポスターを貼ったり放送をしたりとしたのもうなづけます。ちなみに、8月には今度は京王線で線路切り替え(いよいよ地下化)があるので、そこでも周辺路線での振り替え輸送がありそうですね。

この大きさが自然に思えます。>
確かにデザイン的にはワンステのほうが自然ですね。こちらの組み合わせは10年以上あるわけですし。。。

減速時にギアの自動切り替えで小さく揺れることが時々あったのが気になるところでした。>
確かに減速時は加速時よりゆれるかもしれませんね。まぁ新7Eノンステに比べればそれでも小さいと思いますが・・・w

この男女声併用の放送は関西に多く、>
まぁ同じ声よりも違う声、特に男女を分けるのは注意歓呼の面で良いかもしれません。西武バスの場合は何故か新放送?のほうがオジサン声になっているというのがありますがw

今なお新鮮な印象を受けます>
自分の場合、今はよく見るというか見ない日が無いので、普通に感じますが最初に見たときはかなり新鮮に感じました。ワンステベースのノンステはありましたが、まさか車体高までワンステにあわせるとは思いませんでした。

これはもしかしたら車両価格が安いのかもしれません。>
その可能性もありますね。あと関東だとATに抵抗がないバス会社も多いので(その点MTばかりだった立川バスがエルガもATにしたのは勇気ある決断だなと感じますw)

初期ノンステ車は三菱を別として重そうなスタイルですね。>
ノンステ登場時はこれからのバスはみんなこうなると思ってましたね。それだけインパクトがあったわけですが、今でも重そうなデザインという点でインパクトは失われてないですねw

ブルリⅡがいるのは調布又は府中の営業所でしょうか?>
京王バスカラーでしたが、車番のアルファベットから府中のバスだと思います。

南口発着に移ったのではと思われます>
南口にはバスカラーのバスがばんばん入ってきますね。北口とは全く逆の状況ですね。

郊外から都心寄りに移籍したのが個人的には不思議な感覚です。>
京王バスでは都心方向に戻ることがあるようですね。以前練馬でJPの電鉄カラーが来たこともありますし。。。

中古車が市外の他営業所に移籍して旧型バスを置き換えるというパターンに慣れているもので… >
そういえば、しずてつの8Eツーステの一部が相良に転属したようですね。この前静岡で相良営業所ステッカーをつけた8Eを見つけました。

東京郊外の小金井市で走っているのはかなり意外に思えます。>
よっぽど狭い道を通るんでしょうねw まぁでもそこまでしてバスを走らせようとする小金井市の努力(?)は他市も見習ってほしいですね

ではまた
HIROKI |  2012.05.26(Sat) 00:15 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。しばらく更新がなかったので少し心配していましたが…やはり特に平日は忙しいようですね。
ところで21日(月)は金環日食でしたが、そちらではご覧になれましたか?静岡では雲の位置で場所によって見られたり見られなかったりしたようです。僕はその時間家にいて(代休でした)、家族で見ようとしましたが、金環日食の時間帯に限って厚い雲に覆われて見られず…でも直後に雲が切れてそれに近い形の部分日食を見ることができました。

今回は、こちらの記事と、22日付けの記事を合わせてコメントさせていただきますね。
まず西武の鉄道事業計画で気になったことをいくつか…
・立体交差事業のうち、中井~野方間は途中に大きな踏切があったかなあ…?もう一つの東村山駅近辺の方は僕自身も歩いた時に踏切付近が渋滞していたのを見たのでなるほどと思いました。しかし東村山駅、2面4線でさばくのは現状のダイヤでは厳しそうですね。新宿線も特急通過待ち等で待避線を使うことが結構あるので。それをやめて新宿線を1面2線だけにして、国分寺・西武園線で残り1面2線を使うなら話は別ですが。完成する頃には…10数年後でしたら超更新した新2000系は残っているかなと思いますが、他のチョッパ車は本線にはいないかもしれませんね。あと新101系の代替に新2000系4連が更新を受けて多摩川・多摩湖線に入っているとか…
・10両の通過電車を緊急時に停車させる設備…単にホーム延伸と言わずにこうした表現を使っているのがかえって目を引きました。具体的にどんな設備なのかなと。
・30000系、今年度の新造でとうとう新101系・301系が本線から完全引退のようで…最近もHIROKIさんが乗車・撮影出来ていましたが、いよいよ貴重な光景になってきましたね。しかし昨年度の計画にあった6両は完全に消えていますね。当面6両化された3000系の活躍が続きそうで、その点は良かったですね。
・6000系へのLCD設置、前にも書きましたが東横線直通を機に車内情報装置の機器更新を一気に進めるつもりかなと。今のドア上部LEDは文字の見え方がぼんやりしていて、他社の同タイプと比べても老朽化が進んでいるのが一目瞭然なので、ちょうどいいタイミングですね。
・新2000系超更新が無いというのもひっかかりますね。更新せずに新車で置き換えていく方針に変わった可能性もありますし…早くも来年の計画が気になるところです。
・100周年記念切符の誤表記は「おいおい」と思いました。ただその切符自体は見たことが無いですが、確かに正面から見ると501系も351系も同じに見えます(形式が違うのは車長の違いによる)ので、分からないでもない話ではあります。他社でも最近この手の誤表記の話があった気がしますが…

次に、22日付け記事の西武鉄道ダイヤ改正について…
池袋線は複々線化と石神井公園駅下り線の完成を早々と活かした改正点が目玉になっていますね。確かにこの点は便利になりますね。ただ3.の優等種別均等間隔化の影で狭山線直通列車は毎時準急2本あったのが各停1本と、質量ともに減少ですね。それほど利用が伸びなかったのかな…狭山線自体の運行本数も現在毎時4本ですが、池袋線との接続を考慮すると毎時3本に減るかも?という気がなんとなくします。全体でも日中は毎時1本減で、新宿線ほどではないにしろ効率化and節電が図られたとも言えそうですね。
そして大幅な変更点がある新宿線。まず、分割急行の一部廃止と朝の西武遊園地~国分寺直通列車運転は一体のものかと思います。具体的には多摩湖線北部では現在の西武遊園地発西武新宿行きのダイヤがそのまま国分寺行きに変わるのではないかと。国分寺方面へ向かう利用者には便利になりますね。昨年の震災直後に多摩湖線は南北直通列車ばかりだったと思いますが、その時は直通利用が多かったという記憶があり、その時の利用状況を勘案したものかもしれません。
そして一番重要な日中のダイヤ変更。僕も驚きました。快急も拝島快速も速度が遅い新宿線にあって速達性を重視して近年登場した列車でしたが、どちらも廃止とは。速達性が大きく後退して一昔前の遅い新宿線に逆戻りしてしまいますね。また、拝島線は直通の優等列車は増えますが全体の本数が直通各停廃止の分がた減りですね。さすがに拝島線全区間が毎時3本では減りすぎなので(昔はそうだったとは言え)、玉川上水まではおっしゃるように区間運転の各停が毎時3本程度(小平で本川越急行と接続)走るのではという気がします。一方新宿線本川越方に関しては、各停新所沢行きが1本あるのは国分寺~本川越直通列車との兼ね合いと思われ、小平~本川越間は快急が純減するものの10分間隔は維持されそうかなと。
果たしてこのダイヤがHIROKIさんの予想(期待?)どおり節電対応ダイヤなのか、あるいは恒常的なダイヤなのか。ただ節電対応とはどこにも書いてないですね…
一つ間違いないだろうと思うのは、ダイヤ改正以降西武好きの例の知人のダイヤ調査活動が活発になることです(笑)

続いて、武蔵小金井での撮影について。またかいつまんでのコメントになりますが…
・小田急バスはいつの間にか南口発着になったんですね。まあ確かに中央線の南側をずっと走る路線なので南口の方がロスは少ないですね。後ろタイヤに関西のバスのようなカバー…関東では珍しいですね。22日付記事追記の画像のおかげで形状が分かりましたが、それまでは上半分をカバーで覆ったものかと思っていました(大阪市営がそうだった気がしたもので)。目的も当初泥はね防止かと思っていて、乗降客の安全性向上が目的とは思い至りませんでした。ただ付けた分保守が面倒になることが想像できるので、今後も取付が続くかどうかは要注目ですね。
・中央線の線路切替に伴う臨時ダイヤ、詳細はこうなっていたのですね。上り15時台、下り18時台からの毎時2本は中央線というより中央「本線」を思わせる本数だなあと。さかんに迂回乗車を勧めたりこの区間の利用をしないよう呼びかけたりしていましたが、確かにこれでは相当乗客を迂回させないとさばききれないですね。
・西武バスMPワンステ、標準尺とノンステの大型窓を見慣れるとなるほど短く・小さく見えるかなと。僕個人的には、短く見える気はする一方、窓はノンステを見慣れていないのでこの大きさが自然に思えます。逆にMPノンステの大型窓はこのブログでよく拝見するものの、特に銀サッシだと未だに不自然な大きさに見えます。
ここで一旦記事へのコメントから離れて僕の方の話になりますが、西武のMPワンステ、実はつい先日乗車できました。この日は主に東京メトロと都営地下鉄を乗り鉄していて、その途中で成増→光が丘間を移動するのに西武バスを利用しましたが、ちょうど来たのがMPワンステ、A2-621号車でした(短尺か標準尺かは確認しそこねました)。今回の記事に登場するMPノンステがA2-608号車ですのでそれとほぼ同時期の登場だと思います。乗ってみて、エンジン音が昔の三菱と違っておとなしい感じがしたのと(逆にいうとパワーがない?)、走りはスムーズでしたが減速時にギアの自動切り替えで小さく揺れることが時々あったのが気になるところでした。また、車内アナウンスの声について以前の記事で埼玉と違っている旨書かれていましたが、確かにそのとおりで、埼玉地区の声が西武独特なのに対しこちらは他の事業者(JR九州のワンマン電車やJRバス関東など)でも聞ける声ですね。聞きやすさでは埼玉地区の方が上かなと。あと「発車します」や「次停まります」といった注意喚起放送が男声になっていますね。この男女声併用の放送は関西に多く、スルッとKANSAIに入っている影響か静鉄電車もそうなっていますが、関東では初めて聞きました。
・MP、改めて窓に着目して見てみると、逆T字窓の上半分(開閉可能窓)がワンステのそれと比べて目立って大きく、窓枠に囲まれた部分が長方形というより正方形に近い形になっていて、今までのバスにない形状だなあと思いました。何しろ車体高さの半分が窓ですから…ブログの記事で何度も拝見しているのに、今なお新鮮な印象を受けます。
東京では大人気のMPですが、これはもしかしたら車両価格が安いのかもしれません。
・標準仕様ステッカーがないRA、おっしゃる通り実際は標準仕様だとしたら何故貼っていないのか不思議ですね。まあしずてつブルリシティの車椅子マークも付いたのは何故か最近でしたが
・UAフルフラットに限らず、初期ノンステ車は三菱を別として重そうなスタイルですね。そう感じるのは後部の窓面積が小さく鉄板が大きい(エンジン位置の関係で)からだと思います
・京王バスのブルリⅡがいるのは調布又は府中の営業所でしょうか?どちらにしても中央線より南側の路線なので、南口発着に移ったのではと思われます。
・多摩から移籍のバスカラーMP、電鉄カラーが多い北口では目立つ存在ですね。郊外から都心寄りに移籍したのが個人的には不思議な感覚です。しずてつの、静岡市内の中古車が市外の他営業所に移籍して旧型バスを置き換えるというパターンに慣れているもので…
・西武バスJPノンステ、確かに不思議と前面が小さく見えますね。RMとそう変わらないような感じです。特注で幅を狭めたわけではないでしょうが…
・CoCoバスミニ、このワゴン車がバスとは知らない限り分からないですね。島田市でコミュニティバスの一部路線(「コミュニティタクシー」と呼んでいます)にタクシー会社所有の同型車が使用されている例はありますが、東京郊外の小金井市で走っているのはかなり意外に思えます。
・武蔵小金井駅南口、昔とは全然違う姿になりましたね。画像を見て驚きました。
・京王の方向幕のJP、最近は方向幕車を見るだけで貴重な存在に思えてちょっと興奮しますが(笑)、年代的に次の置き換え候補なのは間違いなさそうで、記録できるうちにしておいた方が良さそうですね。

鶴川撮影行の記事については、すみませんが後日コメントさせていただきますね。
それでは、また。
とーます |  2012.05.25(Fri) 01:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/572-737ed860

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。