2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.22 (Tue)

◇05月22日(火)◆ ※23日追記

こんばんは。

更新している暇は正直あまり無いのですが、西武鉄道ネタなんで更新しないわけにはいかず・・・w

西武鉄道では6月30日にダイヤ改正を実施することに決まったようです。先に言いますとこれは夏の節電が絡んでいると思います。っていうかそれであってほしいと思います。特に新宿線が・・・

池袋線
1.優等種別と各停の乗り継ぎの改善
→石神井公園~練馬高野台の上り複々線化完成と、石神井公園駅の下り線完成により、優等種別と各停の乗り継ぎを実施するようです。これは結構便利になると思います。特に下り。今まで各停が優等種別停車駅の石神井公園の直前の練馬高野台まで来て抜かされるという状況もあったので。。。ただ下りの優等種別の混雑度が少し上がりそうです。

2.練馬高野台駅始発→石神井公園始発に変更
→これは、東横線乗り入れ開始までには行われると思っていましたが、このタイミングでとりあえずもってきたようです。

3.池袋駅優等種別の発車を均等間隔に
→これは昼間と夕方に実施されるようです。具体例として平日13時の池袋駅時刻表が出ていますが、改正後をみてみると今までに比べて整理されていますが、準急1本が消えています。で「各停西武球場前」と「準急所沢」が出来ています。。つまり今までの西武球場前直通準急は消え、1本が準急所沢、1本が各停西武球場前になっています。
もう1つ18時台のほうでは通勤準急が消えています。で保谷行き4本は改正後「各停石神井公園」2本と「各停所沢」が1本、「各停保谷」が1本になっています。

池袋線で気になったのはこの3つでした。
続いて新宿線、ちょっと驚きです。

1.平日の分割急行の一部廃止
→朝の西武遊園地・拝島急行が一部廃止になるそうです。これによって拝島線内6両編成の急行が一部8両か10両になるようです。分割急行が減ることに関して、西武遊園地方面から新宿方面へ行く人は少し不便になりますね。

2.多摩湖線の朝ラッシュ時の運行形態の一部変更
→西武遊園地~国分寺の直通列車を運転するそうです。で8時台の一橋大学駅始発の国分寺行き2本が萩山始発に変更されるようで、8時台の一橋学園始発は消えます。

そしてここが一番重要w
3.①昼間時の列車種別を整理し、均等間隔運転
→これは正直びっくりしました。
 昼間時の種別を「急行」「各停」「特急」に統一し均等間隔運転、快急と拝島快速が廃止、昼間時の準急が消えます。 
で、拝島行き急行3本、本川越行き急行3本になります。各停に関しては10分間隔になり、本川越行き3本、田無行きが3本、新所沢行きが1本となるということで、日中の玉川上水、拝島、上石神井行き各停が根こそぎ消えている上に本数削減となっています。
また拝島方面直通の各停が消えていますが、これおそらく田無か小平始発、終着の拝島線玉川上水行き各停が出そうな気がします。
 田無~西武新宿に関しては急行と各停が1:1となり、京王井の頭線風なダイヤになるようです。また、準急がなくなることで、西武柳沢・東伏見・武蔵関には日中に優等種別が停まらないことになります。まぁ本川越~田無から西武新宿・高田馬場の利用者はその3駅に止まらない急行が増えるのは便利かもしれませんが、本川越~小平では優等種別が1本減る(急=2本、準=2本→急行=3本)のでなんともいえません。
 ただ自分は各停に乗ることが多いので、東村山に来る各停が3本になるのと、小平での各停乗り継ぎはできなくても田無始発の西武新宿行きが日中に出るので、ちょっと良いかもしれません。でも拝島快速幕や準急幕、快速急行幕が見られなくなるのはちょっと残念です(準急は夜や朝に運行されると思いますが)。あと快急とか東村山市民には人気だったようですが。。。拝島快速っていう名称も結構好きだったのですが。。。

②昼間時、各停の急行「通過待ち」が消滅
→急行と各停が1:1になるということで、緩急接続が取れる駅が1箇所に定まります。ということで、通過待ちが消滅し、上りは上石神井駅、下りは鷺ノ宮駅での急行「接続」になります。今当たり前にある、井荻、沼袋、中井退避が日中なくなる(特急退避であるかも)ことになります。また、上石神井以降の各駅は各停がそのまま新宿に先着するので、上石神井以降は各停が混みそうです。逆に言えば急行は混雑分散となります。

こんな感じです。う~ん、みる感じこれは節電対応といえそうです。特に新宿線が。
もし、これが9月以降も続くとなると不便かなと思いますので、これが「節電対応ダイヤであってほしい」と強く感じますw 

とりあえず、報告まで。

◇5月23日追記
武蔵小金井撮影で、小田急バスにタイヤカバーがつけられた新車が登場していると書きましたが、今日武蔵境でその部分を撮影できました。

DSCF0782.jpg
11年製のエルガ。小田急バスでも新型エルガの窓は逆T字窓4枚です。ちなみに小田急は側面の社番で導入年の下2桁が書かれているので一目で導入年がわかります。

DSCF0773.jpg
このように中扉後ろのタイヤ部分にカバーがついています。塗装は車体と同じなのであまり違和感はありません。

DSCF0779.jpg
こちらは12年製の新車エルガミオ。ちなみにエルガミオを最近マイナーチェンジしていますが、デザインで大きな変化はありません。

DSCF0786.jpg
こちらにもカバーが。このタイヤカバーは小田急バスでだけ採用されています。なぜ突然これを採用したのか謎ですが、とりあえずバスの乗降客の安全性は高まっていますね。

DSCF0784.jpg
おまけで後部を。

以上です。
スポンサーサイト
21:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/574-540092a4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。