2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.08 (Sun)

◇07月08日(日)◇

こんばんは。

超私事ですが、7月7日は誕生日でした。といっても、まぁ特に特別なことも無いですが。。。毎年7月7日は学校のことは一切しないでのんびりすごすことを数年間続けてきたんですが、レポートと、ある科目の試験が近づいていて、それができませんでした・・・

で、今日は「西武バス感謝祭」に行ってきました。日曜日は先週の時点では「晴れ」となっていたのですが、次第に「曇」になり、金曜日にはついに「雨」予報に・・・ちょっと心配になってきていました。でも、深夜に「曇」予報に戻り。。。で今日起きてみると曇っていて、まぁ小雨程度だったので、大丈夫そうだということで出かけてみると、会場に着くころはかなり晴れていました。。。で、天気予報もいつのまにか「晴れ」と表記・・・あの~、いくら予報でもめちゃくちゃすぎません?w まぁ予報が難しい時期というのもわかりますし、あと異常気象的な気候になってますし、なにしろ「予報」ですからしょうがないんですが、もう少しなんとかならないんですかね・・・w 

っていうことで、雨がポツポツ降る中東村山駅へ。

DSCF1500.jpg
ADG-RA 1118でした。今日は5分遅れぐらいでした。

DSCF1501.jpg
ホームにはいると、雲の切れ間から太陽からの光が。。。この3000系6連ですが、なんだか色あせてきていますね。そろそろ再塗装ですかね。色あせというと引退間近の多摩川線101系を思い出します。
所沢へは新2000系2047+2000系の8連でしたが、何も考えずホームで待っていたらTcにあたってしまいましたw チョッパ車でTに乗るのは久々でしたが、なんとなく静岡の211系5000番台のTcを思い出しました。。。

DSCF1505.jpg
所沢で飯能行きを待っていると西武球場前行きが西所沢方から入ってきました。そっちから来るとは思わなかったのでちょっと驚きましたw 野球開催での臨時ダイヤだったようです。

DSCF1510.jpg
飯能行きはなんと新2000系でした。まさか界磁チョッパで飯能までいけるとは思ってなかったので良かったです。しかも池袋線では貴重な中期車でした。

DSCF1514.jpg
豪快なドア開閉と池袋線の組み合わせは久々でちょっと新鮮でした。

DSCF1522_20120708220011.jpg
西所沢で狭山線への乗り換え客がなぜか自分が乗った車両では大半を占めていたようで、西所沢発車時点で車内10人程度。で、入間市まで行くと3人にまで減った、ということで快適な界磁チョッパ音を楽しめました。ところで、途中の小手指の車両基地に東急4000系が留置されていました。試運転で来ていたようです。6000系や新101系、2000系の中で赤い色はステンレスでもかなり目立っていましたw 画像で見たことはありますが、実際自分で見ても新鮮でした。

DSCF1534.jpg
飯能からは美杉台ニュータウン行きのバスで飯能営業所へ。これは飯能営業所で撮ったものですが、これの右側のエルガノンステでした。所沢営業所ってどこかに書いてあったと思うので、応援だったのかも。初めて初期のフルフラットのATエルガに乗りましたが、音は静かでしたが、変速のショックがUAより大きく感じました。車内は薄緑のいかにも初期車っぽい内装でしたが、やはり「エルガ」なので、なんかいつも乗る西武バスとは違った印象を受けました。で、フルフラットですが中扉以降は階段仕様です。エルガはデザインが変わってないのでこれが11年前の車両とはあまり感じませんね。

DSCF1536.jpg
展示車両ではないんですが、これも注目されていました。西武総合企画所属の特定車のUA(7E)ワンステップ。2段サッシ窓ですし、これも結構貴重ですな。
同タイプの車両は自分が東京へ来たころは残っていましたが、今では路線用は残ってないかもしれません。

DSCF1539.jpg
バス・・・ではないですが日産NV200の車椅子対応タクシーも展示されていました。通常タクシーと通常料金だそうです。1回だけとある病院で見かけたことがあります。

DSCF1544.jpg
こちらは、いすゞガーラの車椅子リフト付き貸切車。デビューしたてのようです。このタイプのリフトは貸切車でよく使われていますが、西武バスでは初めて見ました。一応6台、車椅子がそのまま乗れるようです。

DSCF1548.jpg
こちらは西武ライオンズカラーだそうです。バスでいう3000系L-trainですね。今回展示の車両は大体乗れるんですが、子供連れにはとくにコレが人気だったようです。まぁ引退間近のツーステップよりも多くの子供にはこっちが魅力的でしょうねw

DSCF1557.jpg
そして、今回の展示車両の目玉である。新7Eツーステップ。ついに先日運用から引退したようです。一般路線用としては全国的にも超貴重な新7Eのツーステップでした。以前吉祥寺駅で撮影しました。どうやらイベントにあわせて方向幕に戻されたようです。こう見るとやはりワンステよりも車高が高めかなって感じます。

DSCF1562.jpg
キュービックワンステ。こちらも以前狭山市駅で同タイプで22ナンバー車を撮影したことがあります。
こちらは元は営業路線用でしたが、現在では西武総合企画で特定輸送を行っているようです。特定というとツーステップが多いわけですが、最近はこういう車両もでてきて世代交代が行われています。やっぱりキュービックはかっこいいなぁと思うんですが、他社よりも撮影者は少なめでした。

DSCF1568_20120708220355.jpg
7Eツーステ。こちら側からだと分かりませんが、2~3年前に営業から引退した3扉車です。西武総合企画の特定車として生き残っていたようです。キュービックもそうですが特定車といっても塗装は営業時と変わりなく、行き先や側面表記を見なければ普通に営業で走ってそうですね。

DSCF1569.jpg
こちらは部品販売、グッズ販売コーナー。部品は整理券が必要でした。魅力的なものはありますが、大きなものが多いので見るだけ。ちなみに後で飯能駅でこれらを持っている人を多数見かけました。グッズ販売コーナーは特に整理券は必要ありませんでした。そこで在庫限りで東村山市グリーンバス(リエッセ)のチョロQが販売されていました。これ8年ぐらい前に発売されたものなので、よく残っていたなぁと思いました。東村山市ですのでもちろん購入w今では見られなくなった・515(諏訪町循環でも走っていた)でした。他には観光バスの下敷きやキーライト、Tシャツなどが売られていましたが、他にバス内に掲示されている路線図が格安で売られていました。たてバスの案内のやつと、小平・立川営業所(この2営業所はもともと統合されていた名残なのか共通)のやつがあったので、小平・立川営業所路線図を購入。
家に帰ってみてみると今はない「長円寺」(現在のイオンモール行き。バス停自体は都営と立川バスで存続)やら、「村山団地」(現在は立川バスのみ)、東大和循環などが入っていました。結構価値があるかなぁと個人的には思います。

DSCF1570.jpg
さてさて、撮影に戻ります。イベントなんでバスだけ撮るのはなかなか難しいです・・・そう考えると普通に走ってるバスを撮影するのは簡単だなぁって感じますw キュービックワンステ、何度見てもノンステ並みに窓が低いなぁって感じます。ちなみに元A9ということで1999年製です。

DSCF1577.jpg
ガーラリフト付き車。どうもこの色は「西武」なんですが、静岡にいたことが長かったせいか「伊豆箱根」って感じがします。まぁ社名以外同じですしね。あと近江鉄道もですね。貸切車の車番はA○じゃないんですね。

DSCF1589.jpg
個人的には今回是非展示してもらいたく、また撮影したかった車両です。告知ポスターにはこの車両が出ていたので展示されていることを期待して来ました。エルガツーステップです。

DSCF1594.jpg
窓が高いというところがやはり違和感あります。まぁ特定車でよく見る窓の高さなんですが、路線用カラーリングとなると雰囲気がなんか違う気がします。特定車ではごくごく普通に見かけますが、路線用となると話は変わってくるわけで・・・w 新7Eツーステほどではないですが、エルガの路線用ツーステも珍しいです。前面は後ほど・・・

DSCF1597_20120708220625.jpg
7E3扉ツーステ。やはりこの角度から見ると3扉ということがよくわかります。今では関東バスでもほとんど引退してしまい、東京では貴重です。西武カラーの3扉は撮影したことがありませんでした。

DSCF1603_20120708220624.jpg
こちらは新7Eツーステ後部。まぁ見たことありますし、ワンステとほぼ変わらないので特に新鮮さはありません。個人的には中学時代の1年間スクールバスがこれと同じ新7Eツーステでしたので、車両的にはちょっと懐かしい印象を受けます。

DSCF1613_20120708220624.jpg
いい角度で撮影することができました。これからは総合企画などで余生を過ごすことになりそうですが、ぜひ1日でも長く活躍してほしいですね。ちなみに元の配属先は上石神井営業所でした。

DSCF1619.jpg
エルガツーステです。やはり路線用ツーステは新鮮です。あとエルガに車椅子マークがついてないのも。こいつは引退しているのか、まだ営業に就いているのかよくわかりませんが、どちらにしろ貴重かな。

DSCF1624.jpg
こちら側から。この車両は埼玉県内で営業していたようなので、あまり馴染みはありません。でも存在は知っていて撮影したい車両の一つでした。今回撮影出来てよかったです。元は・・というか今も飯能営業所所属のようです。

DSCF1628.jpg
7E3扉ツーステップ。こちらは元A8のようで今年で14年目になりますね。関東ではかなりの長生きかなぁと思います。まぁ元は上石神井営業所で、関東バス3扉と仲良く活躍していたようです。

DSCF1637_20120708220839.jpg
こんな新車もいました。展示というより乗車したまま洗車する洗車体験車となっていました。って、この車両、最近立川営業所に導入された3台目のAP・MPノンステですw まさかこんなところで出会うとは。ところでこの車両、LKGではなくそれに手を加えられた最新タイプのQKG代のようです。まぁ見た目全く変わりませんが。。。

DSCF1641.jpg
こちらも新車の上石神井営業所のMPワンステ。まぁ吉祥寺でよく見かけるM尺4枚折戸です。こちらもQKG代。座席削減仕様のようです。よく見られる車両だからか他より注目度は低かったようです。

DSCF1642_20120708220838.jpg
こちらは高校の特定輸送車両。以前日野ブルーリボンが運用されていた高校のバスです。西武で見られない、長尺であとツーステップです。新車で導入されたようです。

DSCF1644.jpg
先ほどのMPワンステ。最初はどうもMPに西武バスカラーは違和感がありましたが、今では普通すぎますねw 

DSCF1647.jpg
展示車両ではありませんがエルガワンステ。

DSCF1649_20120708221036.jpg
こちらも展示ではありませんが、新車のMPワンステ。どうやらエルガ導入は最近は停止しているようで、MPを導入しています。7Eの時のUD車だけ のようにこれからは基本三菱車だけになるのか、またエルガが導入されるのか気になりますね。

DSCF1652_20120708221036.jpg
エルガフルフラットノンステ。埼玉県内ではいたって普通のようですが、東京の西武バスばかり見ているとフルフラットエルガは新鮮です。こちらも11年が経過しているのでそろそろ置き換えかもしれませんね。

DSCF1656_20120708221035.jpg
ハイグレードな貸切車の「レグルス」だそうです。この車両は試乗車となっていて、周辺を周回したり、展示したりを繰り返していたようです。

DSCF1661.jpg
レオカラー。貸切・高速車はいすゞが基本となっているようですね。まぁこのデザインは嫌いじゃなくなかなか似合っていると思います。

DSCF1667.jpg
もう一度「西武ライオンズ」カラーのガーラを撮影。これは特別塗装ではなく、高速路線用のカラーだそうです。

DSCF1674.jpg
一通り撮影し、暑かったこともあったので、撤収することに。帰りのバスはエルガワンステ。これも初乗車です。こちらはMT車でした。感謝祭の乗客と一般客が合わさって大混雑でした。このエルガも音は若干大きめだったようですが、UAにのりなれているせいか特に大きく感じませんでした。それと行きもそうですが、車内放送が23区と同じ声になっていました。

DSCF1676_20120708221406.jpg
反対側で一瞬国際興業を撮影。エルガワンステです。国際興業の飯能は廃止が検討されているようですが2年間はとりあえず継続するようです。続けてほしいなぁとは思いますが、いろいろ採算の問題とかあるんでしょうね。

DSCF1680_20120708221406.jpg
こんなのが来ました。ジャーニー。ナンバーが新しいので転属組かもしれません。ちなみに今日の西武バス感謝祭について「飯能」ということもあって、この国際興業の飯能でも告知されたようです。

DSCF1684.jpg
飯能駅のホームに入って4000系を撮影。ちなみに右側に新2000系が見えていますが、20分後の急行になる模様だったのでそれで帰ることに。

DSCF1686.jpg
車番。このマークでモハ、クハ表記がないのはやはり違和感があります。

DSCF1688.jpg
西武秩父行き方向幕。

DSCF1700_20120708221403.jpg
発車していったので1番ホームに移動し、新2000系を撮影。超更新車+2連でした。どっちに乗ろうか考えましたが、2連の一番後ろのMcにしました。

DSCF1702.jpg
ドア。実はこの車両は池袋線では珍しい初期車でした。ということでドア窓が通常サイズ(後期は若干小型化)です。

DSCF1703.jpg
初期車なので、上り方の貫通路には扉なし。新宿線では特別なことではありませんが、池袋線というこ
とを考えると一気に珍しいということになります。

DSCF1704.jpg
ドア下には黄色が施されていました。今回はまず往復新2000系ということでもラッキーでしたが、それが中期車と初期車というさらに良い特典付きでした。ただこの車両、音は大きいのですがフラット音もかなりひどかったです・・・w

DSCF1719.jpg
30000系ですが、ドアとホームの段差に注目。全くありません。

新2000系で所沢まで音を楽しんだ後、新宿線。ここで新2000系がくればオール新2000系となるのですが30000系でした。。。やはりアルミ車のほうが揺れますね・・・w

DSCF1721.jpg
下に下りるとバスが発車する直前だったので、乗らず撮影。・210でした。で、そのあとのバスで帰りましたが・336ということで連続新7Eでした。今回、RAとエルガに乗りましたが、やはり新7Eの音が一番大きくいい音を出します。あとこちらの今までからの車内放送の声のほうが聞き取りやすいですね。ここもそのうち変わるのかなぁ。。。

以上です。まぁ結果的に晴れてよかったです。まぁとりあえず予定通り感謝祭に行けてよかったです。

それではまた
スポンサーサイト
22:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

おっ、七夕の日が誕生日なんですね。遅ればせながらおめでとうございます>
ありがとうございます。ちなみに七夕の行事?は家で小さい頃からなかったので七夕ってのにそんなに馴染みがないですね(苦笑)

営業所で開催の本格的なバスイベントの記事は初めてですね。>
実は以前の学校で立川バスのイベントに行ったという人がいて、それに触発されたっていうのと、西武バスのイベントってのはあまり知らなかったので行ってみようと思っていってきました。

西武好きの例の知人も実は国際興業バス>
国際興業バスは車両バリエーションがあまり無いですが、自分もなぜか結構気に入っているバスで、意外に撮影回数も多いですw

実車を見るとはっきり分かるのかなと。>
確かに画像だと分からないですね。西武はいつもは鮮やかな黄色なので、色あせが目立ちます。。。

あちらも塗装設備がなく、編成によっては色あせがかなり進行>
部分的に塗装しなおすことしかできないみたいですね。まぁもうすぐ4000系に統一するのかもしれませんが、やはり綺麗な電車に乗りたいですね。

それと不思議に縁のある2047編成、久々の登場ですね。>
しょっちゅう見てますが、確かにブログ登場、乗車は久々でした。

臨時ダイヤで狭山線線内各停を所沢始発に延長したのかなと察します。>
そうかもしれません。到着前から結構待っている客が多かったです(あと放送を聞いていなかったのか、所沢で急行から乗り換える人もいましたね。。。)

西武車の中に入ると色合いが違うだけにかなり目立つだろうな>
かなり目立っていましたw

もしかしたら西武バスへの委譲>
沿線自治体と住民から要望があればもしかするとあるかもしれませんね。

元現役車も色が同じで現役車のように見える>
そこがいいですよね。見慣れた色のバスとなると撮影しがいが増しますし。

もしやったらバスファンが全国から来そう>
しずてつは結構ファンが多いみたいですね。まぁ旧型車もある程度在籍していて、塗装も綺麗に保たれていますし、それでいて最新の低床バスも導入されていますし、ファンが多いのもうなずけるかと。

埼玉では多い車両のようですが僕は普段全然見ないタイプの車両>
航空公園駅だと結構な台数が入ってきますね。自分もそれ以外ではあまり見ないですね。

話を聞くだけでも新鮮に感じます。>
個人的には車内の塗装などが今まで乗ったエルガと違っていて、若干古さを感じたのが新鮮でした。

他営業所に広がる可能性は多分にある>
立川の隣の小平がどうなっているのか気になります。小平が変わっていたとすれば立川でもそろそろ変わるかもしれないですし。。。

見た目が殆ど変わらないのにワンステップというのは珍しい>
若干ツーステップ車よりも窓が低く、大きいのですが、こういう仕様自体西武以外では見たことが無い(京王には似たような車両もいたようですが)ので、珍しいかなと思います。

西武がタクシー会社もやっていること自体考えたことがありませんでした>
一般のタクシーは4000系と同じレオカラーになっているものがあります。東村山駅でもたまに見ることができますね。

そちらでは比較的珍しいのでは? >
都心のほうだとあまり見られない地域もあるようですが、東村山駅は基本黒なので自分からすると普通な気がしますねw

なるほど車体側面が一窓分まるごとスライドしてリフトが出てくる仕組み>
そうですね。自分は結構見たことがある(というのも学校行事でよく来たので)のですが、たぶん静岡ではあまり見られないかなと思います

6台同時に乗れるというのもすごいと思いました>
通常の椅子が取り外せたり、前に動かせたりすることで実現できたようです。これ、貸切車だけではなく高速バスでも採用してほしいですね。高速バスだけがまだツーステップ以上しか基本的に無いので。。。

見た目は一般の貸切車とあまり変わらないのに感心しました。>
普通に溶け込んでいてデザインも全く問題ないですね。

三菱ばかりの西武が貸切・高速車はいすゞガーラを導入している>
確かにそうですね。貸切車の新車は専らガーラのようですね。

最近他の高速車にも広がっているようで。>
そのようですね。まぁこの塗装も結構良いと思います。それにしても西武って色を大幅に変えることが結構好きですねw

懐かしさも感じる演出もまた面白いと思いました。>
しっかり考えられていますねw ちなみにこの日のスタッフさんの多くはMPワンステが描かれたTシャツを着ていましたが、それも含めて今回の感謝祭は結構力が入っていましたね。

キュービックワンステ、窓高さの低い大きな逆T字窓に特徴的な前面と、かなり格好いいバス>
ですよねw

意外と大学用に特定輸送車があって>
埼玉県内と東京多摩地区では結構西武バスが大学用の特定車を担当していることが多いですね。

しかも路線タイプ車が使われているものだなと>
専用の新車をいれつつ、一部は路線タイプの車両もいれていて、特定車でも結構バリエーションが多いですね。

特定車とはいえこのカラーの車両が残っていたとは思いませんでした。>
自分も残っているとは思ってませんでしたね。

それと近い時期の導入でしょうか…>
たぶんそうですね。アイドリングストップ表示は確かに一時はやりましたよね。まぁ最近は基本的にアイドリングストップしているので特別書くことでもなくなったようですが・・・ちなみに西武バスに乗ると車内に「環境にやさしいアイドリングストップバス」というようなステッカーが貼ってあることがあります。

結構面白い商品があったりして…>側面方向幕、前面方向幕以外にも「前乗り」などのプレート類、さらにはバス停の中身(時刻表やバス停名が入っている紙)も売られていました。そこまで値段が高くないものもありましたね。買わずに眺めていく人も結構いましたが、眺めていても面白いものが多かったです。

モデルが当時標準的なリエッセだったので売れ残ったのかも。>
ところでモデルのリエッセですが、この前目撃しました。引退したのではなく、グリーンバスのほかの路線で運用されることになったようです。ちなみに銀河鉄道所属車は導入時からずっと同じ路線を走っています。

この車両も今回初めて知りました。>
エルガには珍しくロッド式(長い棒タイプ)のシフトを採用しているらしいです。飯能営業所にずっといたようですが、総合企画へ移動したようです。

中間のUAやRAが見事に欠落しているのがイベントらしくて面白いなあと>
次回、あるのかどうかわかりませんが、その頃にはUAやRAも展示されるぐらいになっているのかもしれませんね。個人的にはその前に新7E完全引退の頃にそれらを展示したイベントをやってほしいなぁと感じています。

しかしMPもすっかり西武バスの顔になりましたね。>
そうですね。2、3年で急激な増加ですね。都営バスも大量導入されましたが、西武はそれに次ぐくらいの台数になるかもしれませんね。

当初感じた違和感はまだ拭えませんが、これだけ見かけるようになると…>
自分の場合は毎日のようにみてるせいか普通に感じるようになりましたね。こんなに増えているMPノンステがしずてつで見られないのもすごいことですね

貸切バスは全然知らないのでこれまた初耳でした。>
自分も全然知りませんでしたが、最近登場したようです。

それでは
HIROKI |  2012.07.19(Thu) 21:23 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。
おっ、七夕の日が誕生日なんですね。遅ればせながらおめでとうございますo(^o^)o

今回は西武バス感謝祭に行かれたとのことで、こうしたイベント参加報告の記事は昨年のリラックマバス展示がありましたが、営業所で開催の本格的なバスイベントの記事は初めてですね。
僕は西武バスに限らずこうしたバス会社のイベントにはあまり行っていないですが、国際興業バスがバスの日に行っていたイベントには大学生の頃行っていました。毎年戸田営業所での開催で、バスの展示や高速バス車両試乗、それにバス部品やグッズ販売が行われ、雰囲気は今回記事の西武バスと似ていました。西武好きの例の知人も実は国際興業バス好きで、会場で待ち合わせたことも(笑)
天気予報がころころ変わって気を揉ませたものの、当日は結果的に晴れて良かったですね。静岡もこの日は予報が日々変わり、さらに当日はウォーキングに参加しましたが途中で晴れたり小雨が降ったりと不安定な天気でした。

まず往復の西武線などについて…
・3000系6連、画像を見る限り色あせがそう目立つような感じでも無い気がしますが、実車を見るとはっきり分かるのかなと。多摩川線101系の色あせは当時僕も実車を見てはっきり分かりましたね。そちらは長期間塗装できなかったので無理もなかったですが。ちなみに僕は色あせというと名鉄瀬戸線の6000系が気になっています。あちらも塗装設備がなく、編成によっては色あせがかなり進行しているので…それと不思議に縁のある2047編成、久々の登場ですね。
・西武球場前行き、西所沢方から入ってくると確かに驚きますね。臨時ダイヤで狭山線線内各停を所沢始発に延長したのかなと察します。
・所沢~飯能間で新2000系に当たる確率は低い中、今回は往復とも当たった上に池袋線では珍しい中期・初期車に当たって何ともラッキーでしたね。西武からの誕生日祝いだったのかも。
・小手指に東急4000系が来ているんですね。僕は西武線内での東急車は見たことが無いですが、有楽町線内で一度見たことがあります。西武車の中に入ると色合いが違うだけにかなり目立つだろうなと想像できます。直通運転開始が近づいていることが実感できますね。
・飯能の国際興業、廃止が検討されているんですか。他の地区とは完全に独立したエリアで今まで続いてきていますが、山間部に入る路線も多く採算面は確かに厳しいかも。まだ予断は出来ませんが、もしかしたら西武バスへの委譲もあるかもしれませんね。
ちなみに飯能の国際興業バスは一度西武好きの例の知人と1日で全路線乗車したことがあります。500円の1日乗車券というのがバスの日記念で一度発売されたことがありそれをフル活用しました。この時は同じ目的のバスファンが多数乗車していました(笑) 

続いて西武バス感謝祭会場の報告について…
まず全体の感想として、旧型の珍しい車両も含め新旧多数のバスが集まっていて見事ですね。西武総合企画の元現役車も色が同じで現役車のように見えるのでなおのこと良かったなあと。また新旧ともに僕が初めて知った車両があり、記事を拝見していてとても面白かったです。
しずてつはこのようなイベントがないですが、もしやったらバスファンが全国から来そうですね。しずてつ画像館に掲載していただいた7Eツーステップの2469号車がまだ現役(先週土曜日に目撃しました。いつの間にか鳥坂に移籍していましたが)、かと思えばブルリシティハイブリットもいて、在籍車両がバラエティに富んでいますので…
・行きに乗られたバス、フルフラットにATの初期エルガと、埼玉では多い車両のようですが僕は普段全然見ないタイプの車両なので(一度都営バスでそれらしき車両を目撃した程度)、話を聞くだけでも新鮮に感じます。しかし見た目は11年前の車両という感じが全然しませんね。車内放送が23区と同じ声…たぶん飯能営業所全体がこれに変わったでしょうね。とすると他営業所に広がる可能性は多分にあるかなあと。
・次の画像のUA(7E)ワンステップ、これに似たツーステップ車は西武の標準車というか全部これでは?と思うほどいましたが(少なくとも大学時代時々行った浦和近辺では)、それと見た目が殆ど変わらないのにワンステップというのは珍しいなと思います。
・車椅子対応タクシー、そもそも西武がタクシー会社もやっていること自体考えたことがありませんでした(汗) 黒一色のタクシー、昔住んでいた下田でこそ複数の会社が黒だったので当たり前の存在でしたが(今思えば黒船を意識していたのかも)、そちらでは比較的珍しいのでは?
・車椅子リフト付き貸切車、これは西武に限らず初めて見ました。なるほど車体側面が一窓分まるごとスライドしてリフトが出てくる仕組みなんですね。6台同時に乗れるというのもすごいと思いました。またリフト収納時は窓の形状が他と違うものの一見すると目立たず、見た目は一般の貸切車とあまり変わらないのに感心しました。あと別の話ですが、路線車では最近三菱ばかりの西武が貸切・高速車はいすゞガーラを導入しているのも面白いなあと。
・ライオンズカラーの高速バス、初登場は昨年末登場した大宮~福岡間の日本最長距離高速バス「Lions Express」専用車でした。その路線限定かと思っていたら最近他の高速車にも広がっているようで。
・目玉の新7Eツーステップ、幕に戻されてしかも「深夜バス」表示、さらには「バス共通カード取扱車」マーク入りというのがかなりファンを意識したなと(笑) 懐かしさも感じる演出もまた面白いと思いました。
・キュービックワンステ、窓高さの低い大きな逆T字窓に特徴的な前面と、かなり格好いいバスですね。99年式というと車齢13年、特定車としてはまだしばらく現役で活躍しそうですね。しかしこの車両も含め今回登場の特定車で大学輸送車が3台。意外と大学用に特定輸送車があってしかも路線タイプ車が使われているものだなと、今まで知らなかったので発見でした。
・西武バスの3扉車、中古車を鹿児島や熊本で見たことはありましたが、特定車とはいえこのカラーの車両が残っていたとは思いませんでした。見られて良かったです。この車両、よく見ると側面に「アイドリングストップバス」と書いてありますね。しずてつのツーステップ車では8Eだけ後部の窓にそれらしきことが書いてありましたが、それと近い時期の導入でしょうか…アイドリングストップバス、一時表示が流行しましたね。その後しばらく下火になりましたが…
・部品&グッズ販売、これもイベントの目玉の一つですね。結構面白い商品があったりして…僕も先述の国際興業バスのイベントで、当時既に全廃されていた川越営業所の車内掲示用路線図や方向幕・山梨交通の運賃表示幕などを買ったことがあります。今回購入された小平・立川営業所路線図も少し前の時代のもののようで、価値のある一品ですね。あと東村山市グリーンバスのチョロQもよく残っていましたね。モデルが当時標準的なリエッセだったので売れ残ったのかも。
・エルガの路線用ツーステップ、この車両も今回初めて知りました。見慣れたエルガでこの窓の高さと車いすマークなし、路線車としては確かにかなり違和感があって、それだけに貴重だなと思いました。
・新車のAP・MPもいたんですね。しかも立川と上石神井から持ってきて…新型と旧型がいて中間のUAやRAが見事に欠落しているのがイベントらしくて面白いなあと。しかしMPもすっかり西武バスの顔になりましたね。当初感じた違和感はまだ拭えませんが、これだけ見かけるようになると…ちなみにQKG代、存在自体が初耳でした。
・西武バスにはハイグレード貸切車というのがいるんですね。貸切バスは全然知らないのでこれまた初耳でした。この手のバス、しずてつには多分無いと思いますが、遠鉄にはバンビツアー(しずてつでいう「オレンジツアー」)の一部に「ユトリノ」というツアーがあり、それ専用の36人乗り貸切車があるそうです。

それでは、また。
とーます |  2012.07.11(Wed) 21:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/583-611c15aa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。