2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.28 (Sun)

◇10月28日(日)◇

こんにちは。

21日からの1週間は東京は天候も比較的良く、昼間は過ごしやすい日が続きました。まぁ火曜日は雨が降りましたが。。。朝晩は結構冷え込むようになってきて、朝は布団が手放せなくなりましたね。これからが寒さの本番になっていくのに、今から気が重いですw
さて、1年前の今日は、合格通知をもらってホッとした日です。早いものでもう1年経ってしまいました。。。まぁこの1年間は充実していたかなぁと思います。趣味的なほうとしては、新撮影地の開拓+撮影という行動から、例えば少し観光してみたり、買い物をしてみたり、ついでに撮影、乗車(乗り鉄)も楽しむという行動にシフトしてきています。まぁブログの関係からすると撮影枚数・掲載枚数が減ってきていて読まれている方にはつまらないものになりつつあるのかもしれませんが(汗 まぁ、今後もよろしくお願いします。

さて、先週は本川越へ行ってきて、オール西武でしたが、今日もオール西武ですw 今回は池袋へ行ってきました。まぁちょっと用事があったので。もちろんいつもどおり画像ありますので、載せていきます。

DSCF1490.jpg
まずは西武バス。新7Eノンステの・336。これの前のバスはバスロケを見た限り15分程度遅れていて、このバスも当初は約8分遅れの時刻を出していたんですが、最寄バス停までに遅れを回復して2分遅れにまで縮めていました。おそらく東大和市駅周辺と武蔵大和駅周辺の混雑と信号待ちを運よく避けられたようです。新7Eも引退する一方なのでなるべく乗れたらいいなと思います。

東村山からは所沢まで新宿線ですが、新2000系の超更新車。床の黄色が薄かったので床材は未交換なのかもしれません。で、ダイヤ改正以降、基本的に東村山で時間調整するようになったようで、平常で1分30秒ほど停車時間があるようです。まぁゆっくり乗れるので東村山利用者には良い時間調整ですw

DSCF1497.jpg
所沢からは、日中なのにいつも新宿線の朝ラッシュ並みの混雑度で有名(?)な毎時24分発の準急。ちなみに、これの7分前に所沢始発の準急があり、そちらは所沢ではガラガラですw 運よく、新2000系の10両でした。石神井公園まですべての駅で乗客を拾うので結構な混雑度です。途中、保谷出発後に突然停車したのですが、大泉学園周辺の踏み切りで人の立ち入りがあったようで、2分ほどで運転再開。その後は新所沢~本川越並みの高速運転と、結構きつめの減速などで、池袋到着はほぼ定着だったようです。

DSCF1498_20121028151203.jpg
この後は用事を済ませ再び西武線へ。これは、今度ある東京メトロ有楽町線の線路切り替え工事の告知で、当日は有楽町線の和光市~池袋が運休になるようです。で、詳しい説明をみてみると、東上線からの直通は4本とも副都心線直通、西武線は4本が副都心線直通とあるので、残りは小竹向原折り返しになるものと思われます。まぁ直通区間が短くなるので若干車両運用に変化があると思いますが、ダイヤ的には影響は最小限にされているようです。

DSCF1501_20121028151203.jpg
5社共通のポスターが、最近掲出されはじめました。まぁ直通ルートをイメージした絵と、5社の電車がかかれていますね。こういうのをみると、いよいよだなと感じます。ちなみに、今までは鉄道詳しくない人に「今度、横浜まで行くんですよ」と言っても、信じてもらえないこともありました・・・w

DSCF1503.jpg
西武線の池袋駅には埼玉西武ライオンズ関連のポスターが描かれています。
この後は、各停保谷行きで石神井公園へ。3000系L-trainでした。

DSCF1504.jpg
練馬で早速急行に抜かれるのと、メトロ線からの電車との連絡もなく(石神井公園で接続)、客はどんどん降りていく一方で、このように富士見台~練馬高野台では池袋より2両目でもガラガラになりました。

DSCF1507.jpg
ということで、この隙に車内をちょこちょこっと撮影。西武線は20000系まで妻面の窓を採用していましたが、3000系までは妻面窓が2段窓になっています。まぁ両側は貫通扉なし側だけで、扉側は1枚だけですが、壁の色が薄い黄色ということもあって、ちょっとレトロですね。他社では、側面の幌をつけると意味がなくなるということや強度、コスト削減などで妻面の窓が無いことがありますが、個人的に車内が明るくなるのであったほうがいいなと思います。

DSCF1509.jpg
ドアは、まぁ変わらずの形ですが、やはりこのオーソドックスなドアは見慣れているので、これをみるだけでも「西武だな」と感じますw ところで数ヶ月前に窓の中央部付近にあった矢印ステッカーがはがされました。結局短期間の採用でした。E231系などのステンレスむき出し窓は冷たい感じがしますが、西武は不思議とそういう感じは受けません。

DSCF1510_20121028151344.jpg
日に照らされ、腰部のFRP部が際立って見えます。この座席は3ドアだけの特徴なので、小さい頃からなぜか気に入っていた座席です。まぁ101系の一部は違いましたが。。。それにしても3ドア車は座席が長いので、誰も座ってないと4ドア車以上に「ガラガラ」という印象を受けます。

DSCF1511.jpg
優先席も3ドア車は長めですね。こうみると各停や、支線の電車に関しては3ドア車も座席が多くてなかなか良いかなと思います。まぁラッシュ時は大変かもしれませんが。。。

DSCF1516.jpg
石神井公園で撮影。メトロ10000系。この角度からは丸っこさがより際立って見えるのと、駅の雰囲気で近未来(?)のような雰囲気です。高架駅が似合います。ところで10000系は見かけのわりに、高速走行すると比較的激しい揺れと音があるので、そのギャップが面白いといえば面白いです(ただ乗り心地の悪さを感じてしまいますが)

DSCF1517_20121028151342.jpg
20000系ですが・・・おっとこれは8連トップナンバーで連結機にカバーがありますね。カバーがあるのはこの編成だけなので、なかなか捕まらないのですが撮影成功。

DSCF1518.jpg
9000系。今でこそ黄色い電車で一番静かな車両になりましたが、以前へ101系と同じ(っていうか101系の発生品)だったのでまぁ「うるさい」車両でした。個人的には抵抗制御のままでも良かったのですが、まぁVVVFも音は独特なのでそこは良いと思います。

DSCF1526.jpg
先ほどの20000系。やはり連結機カバーは西武だと他車にないですし、白なので結構目立ちます。20000系には連結機が3種類あるようですが、前述のようにこれは1編成だけです。ところで、この駅で緩急接続しますが、意外と両者の乗り換えもあって、やはりこの駅で緩急接続が出来るようになってよかったなぁと思います。

DSCF1527_20121028151555.jpg
NRA10000系。特急の時間じゃないのになぁと思いましたが回送でした。池袋線は結構10000系の回送があるので、意外と車両の入れ替えがあるようです。逆に小江戸は少ないですね。それにしてもNRAはよくみるのに、なかなかRACのほうには会いません。。。

DSCF1531.jpg
おっと、向こうには301系。まぁここのところよくあっているので、個人的に引退間近とは感じませんが。。。まぁ車両自体の撮影も必要ですけど、このように日常に溶け込んでいる様子もなかなか絵になるかと。できれば8連全体でツートンカラーも久しぶりに見たい気もします。時刻表で確認するとおそらくこれは急行で戻ってくると思われるので、乗車か撮影をしようかと。

DSCF1532.jpg
6000系の清瀬行き。花と神社めぐりのヘッドマークもきっちり決まって今日のベストショットです。ところで、最近練馬高野台~石神井公園の配線が変更され、各停側が分岐して入線というかたちになりました。まぁおそらくは複々線完成までこれだと思われます。で、ATSの絡みなのかものすごく低速で入線するようになりました。まぁ撮影はしやすいかと。

DSCF1533.jpg
接続の急行も6000系。こちらは50番台。練馬~石神井公園はメトロからの6000系と、本線優等種別の急行が集まるので、一番6000系を見る機会が多い区間です。ちなみに、一度コンコースに行っていたので撮影していませんが、この直後に6000系の試運転が来ました。ドアは開きませんでしたが、開閉のチャイムがなっていたのと、車内表示機には「快速急行飯能ゆき」「次はひばりヶ丘」と出ていました。

DSCF1538.jpg
反対側も大学ラッピングの6000系50番台。新宿線3000系のほうはラッピング終了しましたが、こちらは継続なようです。まぁ新宿線に比べて地下鉄に直通する分、PRできそうな気もします。

DSCF1539_20121028151748.jpg
10000系の所沢行き。10000系の東横線貸し出しもどうやら終了したようですね。ところでこの日中の所沢行きは有楽町線からの直通ですが、時間はかかるとはいえ、かなり空いています。

DSCF1540.jpg
3000系L-trainが保谷から戻ってきました。まぁラッピングは派手ですが、車内は普通の3000系なので、特に特別な感じはしなくなりました。ところで、この編成にも一時期、宣伝が書かれていましたが、普段でも目立つので、結構な宣伝効果がありそうな気もしますw

DSCF1542.jpg
新2000系超更新車の各停保谷行き。個人的には今後も超更新は続けてもらいたいところですが、やはり大規模なのでコストがかかるのかもしれません。しかも未更新でも十分車内は綺麗なので。

DSCF1543.jpg
NRA10000系が来ましたが・・・ピントあわせに時間がかかり、ドアップになりましたw それにしても前のカメラもそうでしたが、10000系はぶれやすいようです。色的にそうなりやすいのかもしれません。

DSCF1544_20121028151746.jpg
新2000系の準急西武球場前行き。まぁダイヤ改正以降は意外に珍しい運用になりました。これは便利だったので是非本数を戻してもらいたい運用です(ただ、乗車率を見ると削減もしょうがないかなって感じもしますが)。前パンいただきました。
さて、この後はおそらく301系なのですが・・・撮影もいいけど乗車しようということで、所沢よりへ移動(池袋よりはさらに混雑しているので)

DSCF1545.jpg
移動していると、反対側の新2000系の2連のベンチレーター撤去車がいました。2連で少数存在しているようですが、まぁそのうち波及していきそうです。それにしてもこういう更新が入るとなると超更新は終了なのかなぁとも感じます。どうやら4連にも登場しているという情報もあるようです。

DSCF1546.jpg
予想通り301系の急行です。8両です。まぁまぁ混雑はしていましたが、急行なので2駅しか乗降が無いのでその点は楽です。で、急行は以前は「後追い」のイメージがありましたが、石神井公園駅と保谷駅の改良の完了で、改善されたようです。この301系も期待通り高速走行してくれました。で急行は7分前の準急を追っていくのですが、後追いにはならず、所沢までも高速走行してくれました。今後、高速走行はなかなか見れなくなるので、乗れてよかったです。で、所沢で準急西武球場前に追いつき、接続します。まぁ急行は練馬に止まらないので新宿線ほど乗客が集中しないので、意外と新宿線より8連でも対応できるのかもしれません。

DSCF1548_20121028151955.jpg
所沢から東村山へは3000系の各停。所沢で結構並んでいて混雑度が心配でしたが、結構空いていた上に降車があり、座席も空く程度まで空いていました。東村山で特急待ち合わせのダイヤでした。

このあとは新7Eノンステ・433に乗車し帰宅しました。往復新7Eでした。

池袋については以上です。前回本川越でも、「西武線の電車」はすべて界磁チョッパ車に乗車しましたが、今回は界磁チョッパ+抵抗制御でした。なかなか良い成績ですw

さて、お待たせいたしました。先週いっていたBトレの紹介です。

DSCF1354_20121028151954.jpg
1つ目は江ノ電305形です。前面の造形はやはり10年前のものよりよくなっていますね。

DSCF1355.jpg
特徴的な側面。まぁ車体の短さを表現するために、窓も少なくなっていて、かなり小さいなぁという印象です。

DSCF1356.jpg
反対側。車両の連結も連接になり、再現度も増しています。

DSCF1357.jpg
10年前の車体との比較。車両の長さも短くなりましたし、連結部もかなりよくなりました。

DSCF1358_20121028152207.jpg
続いて阪神5550系。以前から5500系1セットは持っていたので追加購入です。で、5550系用のフルカラーLEDの種別表示が1枚だけだったので、仕方なく右側のほうは種別を幕で代用しています。

DSCF1359.jpg
Mc車。

DSCF1360.jpg
M車。画像だとダブルパンタっぽく見えてますが片側だけです。ちなみにシングルアームパンタは1個しか入ってなかったので、1000系のものをセメダインで固定取り付けしています。

DSCF1361.jpg
M車。こちらもパンタは1000系です。

DSCF1362.jpg
Tc車。阪神ジェットカーとしては初のTcのようです。

DSCF1365.jpg
続いて小田急50000形VSE。こちらも前回から1セットは持っていたんで追加購入です。

DSCF1366.jpg
上が今回で、下が前回。今回はつやあり塗装で、色合いが微妙に違っています。

DSCF1367.jpg
先頭車。小さいながらもしっかり再現。

DSCF1368.jpg
パンタ車。

DSCF1369.jpg
中間車。

DSCF1370_20121028152711.jpg
続いてブログで紹介していませんでしたが、京葉線205系を結構前に購入してありました。ちなみに余談ですが、来年度から日光線と宇都宮線にこの元京葉線205系が運用開始になるようですが、日光線は今の107系っぽい茶色塗装で、まぁこれも気になりますが、宇都宮線(小金井~黒磯)の区間運用のほうはこれはなんと湘南色w。もう嘘電みたいな組み合わせが普通におきていますw 湘南色の実車登場が楽しみです。

DSCF1371.jpg
側面。先頭車。

DSCF1372.jpg
中間車。

DSCF1373.jpg
武蔵野線通常顔との並び。この並びも普通に続くのかと思いましたが、既に京葉線は全面撤退。まぁ武蔵野線5000番台はVVVF化されているのでまぁ当面活躍しそうですね。

それでは恒例の旧々デジカメ画像

DSCN0461.jpg
1枚目は西東京バスのRN。京王八王子付近2005年4月、車内から撮影です。RNは京王、西東京、関東バスで結構普及しましたが、代替車種は登場しないまま引退してしまいました。大型バスをそのまま小さくしたようなチョロQみたいなバスで気に入っていましたが。。。このRNもこの京王八王子付近で撮影したころ(2009年10月ごろ)にはもう現れなくなっていたようですね。。。

DSCN2065.jpg
2枚目は2005年9月撮影の江ノ電1000形。まぁ有名な地点で撮影。これも車内からですが、窓を開けて撮影したようです。現塗装車は撮影出来てないと思っていたのですが、どうやら撮影してたようです。こう見えても1000形は吊り掛け駆動で、まぁ300形よりも古いタイプの駆動装置なんですよね。

さて、バスぬりえさんのバスを改造した静中バスのほうは

シティ ワンステ2
今回はこれ、日野ブルーリボンシティのツーステップです。ツーステップならではの「二重あご」を再現してみました。ちなみに、イラストは一応特別支援学校スクールバスです。実は、こういうバスは1台1台仕様が違っていて奥が深いです。


それではまた
スポンサーサイト
15:29  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

全般的には西武線沿いなど近場の撮影が増えているように思います>
そうですね、特に冬休み、夏休みといった休みが入るときには他路線、それ以外の月は西武線、まぁ行ってJR中央線ぐらいが多いですかね。まぁ近場で済ますということもありますが、さすがに西武線にもだいぶ詳しくなったと思うので、小さな変化も面白く感じていることも理由の一つかもしれませんね。

逆にその2つの駅付近ではダイヤに若干余裕を持たせているかもしれませんね。 >
東村山駅方向で調べたところ、立川駅北口→次停留所までは2分、都立薬用植物園→東大和市駅までは4分となっていますね。まぁ立川駅直後のは明らかに信号や距離を加味してますが、東大和市駅のほうは1分でも着くぐらいの距離なので時間調整の意味合いが強いですかね。それと奈良橋~武蔵大和は時間によって(というか信号の影響)バス停間に1分かからないこともあり、そこでダイヤどおり走れたこともプラスされているかもしれません。ただ、それ以外のバス停間の設定がタイトなようで。。。

特急待避の列車とそうでない列車とで運行間隔をなるべく均等化>
上りは完全に10分均等で毎6分発車ですが、下りは5分台と6分台と逆に4分台があるようで、それで時間調整(そこまでは完全に10分間隔なので)しているようですね。

東村山で乗降しない人には時間の無駄かもしれませんが… >
まぁもともと東村山で1分弱停車する列車も以前から多かったのであまり気にならないかもしれません。というより小平の待ち時間が延びたので、1分程度だと何も思わなくなっているかもしれませんね・・・w

HIROKIさんも意外とよく利用されていますね。>
なぜかいつもこの時間にあたるので「またこの時間だ・・・」と感じつつも乗車しています。

小竹向原で練馬方からの折り返し運転が可能というのも実は初めて知りました。>
実はダイヤ乱れ時に使用されていますね。それと東日本大震災後、西武有楽町線は節電で運転見合わせが続いて、その後再開したのですが、しばらくは練馬高野台~小竹向原の折り返し運行になっていました。 でも現状、通常時は小竹向原行きはないですね。

石神井公園に着く前にここまでガラガラになるものかとちょっと驚きました。>
まぁ中村橋大量下車はいつものことなので、ダイヤによっては新宿線の各停に比べてもかなり空いていることがありますねw でも中にはもっと混雑している各停もありますね。

妻面窓もそうですしFRP部が目立つ座席といい、ちょっとレトロな感じ>
レトロな感じといえば、最近の車両にはないところで、黄色い電車に乗っていることを実感する部分ですね。そういえば東武8000系も修繕車でも内装はレトロな感じがしますね。

静岡では標準ですが東京では珍しくなりつつあり>
全国的に見ればどちらかというと20M3ドアのほうが多い気もしてきました。東京だと4ドア20Mがほとんどで、関西も18Mで3ドアがほとんどなので、そう感じますが、全国的には20M3ドアのほうが普及しているといえばしていますねw

またバケット型シートでないこともあって長く見えますね>
まぁ中途半端に空席があると、どこに座ればいいか迷いそうですねw

乗降が多くない各停や支線にはこれの方が向いているかもしれませんね。>
まぁこれでラッシュ時だと大変だという声も理解できますが、日中はあの混雑準急ではなければ結構合っていますね。合っているといえば国分寺線ではラッシュ時以外はちょうど良く3000系を6連にしたのは正解だったかもしれませんねw

逆に所沢あたりは黄色い電車の方が似合う気がします。 >
そうですね。所沢あたりと新宿線は黄色い電車が似合いますね。

この編成だけが連結器カバー付きなんですね。よく目立ちます。>
なぜか付いていますね。まぁ併結もできないのでこれがあっても支障は無いかと思うのですが、他編成には普及しませんでした。

VVVFになったのは時の流れとはいえちょっと残念に思ったものでした>
確かにあの音が聞ける電車が減ったというのは残念ですね。音自体はかなり小さくなったんで、迫力もちょっと減ったかもしれませんね。

・RACは何でしたっけ?>
えっとレッドアロークラシック、まぁいわゆるリバイバル塗装の10000系です。西武の広告などにはRACと使われているので、そのまま書いてしまいましたw

引退間近の車両に出会って記録できることが多いなと感じます。>
意外にそうですねw 引退する・・・ってなった後のほうが見かけるという・・・w

超更新の代わりに施行されているということでしょうか?>
よくわかりませんが、超更新されてない2連で行われているということは、代わりということかなと思います。超更新はやはりコストがかかりすぎるのかなとも思いますが、今後どうなるのか気になります。

Tc車もあるとは。ジェットカーでモーター無し車両は初ですね。>
そのようですね。東京だと「○○番台」や普通に以前の車両の連番になることが一般的ですが、関西だと一応他形式になるようですね(そのため近鉄は形式がすごいことになってますがw)

連接台車部が目立つなあというのが一番の印象です。>
確かにそれはあるかなと思います。あとこのVSEは白部分が多いので余計に目立っている気もしますね。

211系ですがこれも置き換えになるんですね。>
ただ、車齢的にはまだいけると思うので、中央本線や信州系統に転属する可能性もありそうです。205系とE231系・E233系なら扉の枚数も同じで、ドア位置の統一(先頭はずれますが)ができるので、そこが買われた可能性もあるかなって気がします。205系山手線から引退→転用っていう大規模車両移動が続きますね。

最近では浜松バスに中古車が入ったのを見たことがあります。>
そのほかだと、掛川バスサービスに関東バスRNが行ってるようですね。他の地方にも転属しているようですよ。

よく出掛けていますね。 >
この頃は、車で「電車を見る」ことが多かったですね。

ではまた
HIROKI |  2012.11.25(Sun) 00:19 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、おはようございます。今回の記事にコメントさせていただきますね。

ようやく日中過ごしやすくなってきたと思ったら朝晩が冷えるようになりましたね。静岡でも最低気温1ケタの日がありそうです。僕の身の回りでも風邪を引く人が出てきていますので、HIROKIさんもお気を付けくださいね。
この1年、記事的にはおっしゃるとおり少し撮影先や対象が変わってきた感じですね。各地のバスターミナルを既にかなり撮影しているのと西武がダイヤ改正等大きく変化していることもあってか、西武・中央・京王線沿いと都電沿線での撮影が増えて、複数回記事になっている場所が多くなってきたかなと思います。でも毎回記事を拝見するたび発見があって、いつも更新を楽しみにしています(^^)

さて、今回は池袋線がメインですね。往復の西武バスが新7E、池袋線ではまたまた301系に乗車と、引退の近い古い車両を引き当てる運の強さは相変わらずすごいと思いました。
以下、順を追って…
・行きのバス、よく遅れ回復が出来ましたね。2つの駅周辺をスムーズに走れたことが大きかったようですが、逆にその2つの駅付近ではダイヤに若干余裕を持たせているかもしれませんね。
・新宿線は東村山で時間調整するんですね。実際のダイヤは見ていないので推測ですが、特急待避の列車とそうでない列車とで運行間隔をなるべく均等化するためかなと思います。東村山で乗降しない人には時間の無駄かもしれませんが…
・所沢からの混雑する準急、HIROKIさんも意外とよく利用されていますね。混雑に関しては何かダイヤ上の工夫が出来ないものかといつも感じますが… また、今回は突然停車がありましたが、その後のダイヤ回復は見事ですね。高架複々線で高速走行が可能なのも幸いしているかなと。
・メトロ有楽町線の線路切り替え工事に伴う運休は初めて知りました。地下で立体交差の線路を新たに造るという大工事だけに時間を要するのかなと。時刻は西武のホームページで確認したところ(←乗り換え案内のページでしか見られず、探すのに苦労しました)HIROKIさん予想の通り渋谷行き毎時4本以外は小竹向原折返しになっていました。小竹向原で練馬方からの折り返し運転が可能というのも実は初めて知りました。一方小竹向原~和光市間は、メトロホームページに掲載の工事当日時刻表によると毎時12本が走り、うち6本が東武直通です。こちらの直通本数は通常通りですね。
・5社直通開始のポスター、開業まで5ヶ月以上ある今から掲示がはじまっているあたりがさすが大規模プロジェクトらしいなと思いました。確かに(例えば)所沢から横浜まで直通で行けるようになると言われてもピンと来ない人が多数と思われるので、PRは重要ですね。
・各停保谷行き、日中ということもありますが石神井公園に着く前にここまでガラガラになるものかとちょっと驚きました。おかげで撮影できた車内画像、妻面窓もそうですしFRP部が目立つ座席といい、ちょっとレトロな感じを受けます。妻面窓はJR東の201系が側面に転落防止幌を付けるのに合わせて埋めた例がありましたね。でもあった方が車内が明るくなっていいのでは…というのは僕も同感です。20m車の3ドアロングシート、静岡では標準ですが東京では珍しくなりつつあり、またバケット型シートでないこともあって長く見えますね。乗降が多くない各停や支線にはこれの方が向いているかもしれませんね。
・石神井公園駅での撮影も高架完成後増えましたね。ここは新しいだけに新型車が似合いますね。逆に所沢あたりは黄色い電車の方が似合う気がします。
・20000系トップナンバー、この編成だけが連結器カバー付きなんですね。よく目立ちます。画像を見るとカバーが鼻、ライトが目で何かの顔に見えてきます(笑)
・9000系、当初は101系そのものの音だったので新しい車体とのギャップがあって面白かったですね。ただ個人的には当時から新2000系のモーター音が好きでしたのでこれが来ると外れ感がありましたが…VVVFになったのは時の流れとはいえちょっと残念に思ったものでした。
・RACは何でしたっけ?琉球エアーコミューターではないでしょうがそれしか思い浮かびません(汗)
・301系、今回も撮影&乗車ができて良かったですね。今回も所沢まで高速走行…体験できてうらやましいです。中央線201系もそうでしたが、HIROKIさんは運の良さか日頃の行いが良いのか、引退間近の車両に出会って記録できることが多いなと感じます。おかげで読者も楽しめます(^^)
・新2000系ベンチレーター撤去車は初めて見ました。超更新の代わりに施行されているということでしょうか?だとするとJR西日本がそうでしたが延命工事の簡略化が図られた(=超更新の終了)の可能性がありますね。

・Bトレ江ノ電、さすがに10年前の製品と比較すると随分進歩したなと感じました。10年前は他車と同じ大きさの車体2両分を台車でつないだだけですが、今回は車体の長さまで実車とほぼ同スケールに再現しているのがすごいなと思いました。造形も実車のレトロ感がよく現れていますね。
・阪神5550系、実は今年実車に乗っています。最初見たときは5500系と見分けがつかず、5500系がフルカラーLEDに更新したのかと思っていて、乗ったら音が違っていたので妙な違和感を覚えましたが…別形式だったとは今回初めて知りました(汗) Tc車もあるとは。ジェットカーでモーター無し車両は初ですね。
・VSE、こちらも1両あたりの長さをしっかり再現しているようですが、それだけに1両が随分短くて連接台車部が目立つなあというのが一番の印象です。もちろん造形のクオリティは高いなと感じます。
・京葉線205系も持っていたんですね。全面引退が早いなと思っていたらこちらも転用とは初めて知りました。宇都宮線区間運用は主に211系ですがこれも置き換えになるんですね。湘南色とはまた…現在の塗装に合わせたのでしょうが、日光色ともども実車が楽しみですね。ウソ電といえば185系の湘南色…未だにそうとしか思えません(笑)
・西東京バス、京王系だけにRNも導入していたんですね。初めて知りました。静岡県内ですと富士急バスのコミュニティバスや最近では浜松バスに中古車が入ったのを見たことがあります。地方には行っているのでしょうかね。
・江ノ電1000形、これは有名な撮影ポイントですね。こちらは新製時から機器が変わっておらず吊り掛けのまま、300形は更新されてカルダン駆動になったので、機器的には年代の逆転現象が起きているのが面白いですね。おかげで今でも吊り掛け車を楽しめるのも良いですね。それにしても2005年はちょうど鉄道以外に興味を持っていた頃だと思いますが、よく出掛けていますね。
・静中はブルリシティの特別支援学校仕様リフト付き車ですね。この手の車両は学校別のニーズに合わせて車内設備をオーダーメイドで作るので多種の仕様が存在しますね。

後半、時間の都合で石神井公園の撮影についてかなりコメントを省略してしまいました。すみません。
それでは、また。
とーます |  2012.11.03(Sat) 05:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/598-497e0d6c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。