2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.24 (Mon)

◇12月24日(月・祝)◇~追記12月25日~

こんばんは。

相変わらず毎日寒いですね。東京でも10度を越えるという予報は滅多にみませんね。まぁ仮にあっても大半は予報以下ですし・・・でも、夏~秋のひたすら予報が合わないころに比べて、精度は高いですね。まぁこの時期の方が読みやすいのかな。
ところで、先日マヤの予言だかで地球滅亡の日がありましたね。まぁ世界の中には、本当に信じていたところや、ネタで信じていたところなど、いろいろあったようですが、日本ではそれほど触れられませんでしたね。まぁそれどころではなかったのかもしれませんが・・・マヤの予言を心配するより地震への心配をしなければならない日本・・・連日、大地震や活断層の話題が挙がりますが、正直な話、ここまで地震を気にするようになったのは自分も含め東日本大震災からで、それまでは逆に地震について知ろうとはしていなかったわけで・・・地震の被害を少しでも減らす為にはやはり地震のことを知ったほうが良さそうですね。。

さて、今回は、半年に1回ずつぐらいの恒例行事、S・S氏との東京散策・・・の下見です。まぁ次回は4~6月ぐらいを予定しているんですが、まぁ自分も1回行ってみたかった(これは後々紹介しますが)ところなんで、早速行ってきましたw

DSCF1928_20121224143632.jpg
行きはバス。UAノンステでした。個人的にアタリだと思っている車種です。音が良いですし、車内も綺麗です。バスは自分が乗る停留所到着時刻の10分前の段階では遅れ0分という異例(w)の運行でしたが、5分ほど遅れて到着。東村山でバスの運転士さんが「夕方は立川の渋滞で40分ぐらい遅れる」と教えてくれました。この時期の立川周辺軒並み渋滞は運転士さんも頭を悩ましているようで・・・

さて、この後は西武新宿へ。ちょうど各停西武新宿行きでした。

DSCF1933_20121224143631.jpg
20000系、30000系なら小平で拝島からの急行に乗り継ごうと思いましたが、久々の登場・・・新2000系2047編成+2000系2連だったので、各停で。今年も2047編成にはお世話になりましたw

DSCF1937_20121224143631.jpg
折り返し各停田無行き表示。途中井荻で、特急待ちだったのですがその特急が東村山駅付近での踏切支障での点検のため3分遅れ・・・ということで、上石神井以降は急がなければいけない各停ですが4分半の遅れ・・・後ろの急行は完全な後追いだったようです・・・で、前の各停との差が開いたので乗ってくる人も多くなりさらに遅れました。。。この電車より折り返しの発車時間が先だったのでさっさと折り返していきました。この各停も5分遅れで折り返し。。。

DSCF1940.jpg
でも発車前にこちら側での撮影も成功。301系、新101系の置き換えが終了し、車齢的にはこいつが次の置き換え対象かとも思われますが、こっちより未更新3000系の方が気になります。もう3000系しか本線系統では3ドアはないんで・・・支線区転用、あるいは廃車の可能性もありそうです。。

この後は、中央総武線で秋葉原へ。クハの先頭に乗りましたが209系500番台でした。で、警笛を連打していましたw あと結構ブレーキがきつめだったので、先頭ではよろけている人を多数見かけました。ただ停車時は普通でしたし、最初だけ急であとは普通だったので、車両の特性の可能性もありますね。

秋葉原からは自分としては初となるつくばエクスプレスに乗車します。小さい頃を含めて首都圏の鉄道では唯一乗ることの無いまま今まで来た鉄道です。そんなこともあって、ここは下見に行っておきたい場所でした。

DSCF1942.jpg
で、地下へ行くとこんな、ランチパック専用売店がありました。ランチパックといえばコンビニを中心にかなり多彩ですが、ここではその多くが集まっていて、初めて見るものもありました。こんなに種類があるのかと思いましたねw ランチパック・・・静岡の頃はお世話になっていましたが、そういえば数年(まぁ東村山黒焼きそばを食べてみたことはありますが)食べてないです。。。

DSCF2006_20121224143828.jpg
こんな 小さな4個いりのミックスというのを見つけたので思わず購入。まぁツナとタマゴが1個ずつ入ったものはたまに目にしますが、4つは初めてでした。

DSCF1943.jpg
さて、ではつくばエクスプレスへ。

DSCF1949.jpg
で、ホーム。S・S氏との時はおそらく快速に乗ると思いますが、まぁ自分の場合は普通で。まぁTXー1000系って方に乗りたいってのもありますが。。。ところでTXは「各停」ではなく「普通」なんですね。

DSCF1950_20121224143954.jpg
その前にこれはTX-2000系のほう。TXはホームドアなので前面の撮影ができないので、側面でw 北千住などの地上区間でもホームから外側を撮影しようとしても2重に柵があり撮影は・・・カメラの性能によっては撮影可能ですが。。。

DSCF1952_20121224143954.jpg
方面表示・・・といってもつくば方面しか無いですが。とても大事なことなので2回案内してくれているようですw 

DSCF1953.jpg
で、普通守谷行き。希望通りTX-1000系が来ました。2000系との違いは直流か交直以外にも、座席(こちらは全車ロング)、VVVFの製造元が違うようです。で、ドア上は3色LEDと路線図式の表示機が交互についているようです。で、面白いのはドアの黄色が戸袋側についていることですね。他社と逆ですね。

DSCF1954_20121224143953.jpg
なんと、H17年製なのに妻窓がついています。西武20000系と同じですね。まぁTXは運転教習などは西武でやってるそうですが、まぁそれとこれは関係ないと思いますが、なんか親近感がw

DSCF1955_20121224143952.jpg
貫通扉の窓は複層ガラス窓もどき。これも20000系と同じですね。まぁTX-1000系は川重ながら日立のA-train構造で製造なので、まぁ年代が同じ20000系と一緒であるのもおかしくないですね。

この後は南流山まで乗車。途中地下区間が多いのと、音が比較的大きいのと、地下でもある程度速度を出すのでなかなか面白いですね。で地上に出ると結構な高速走行。それでいてあまり揺れないので、まぁそれほど良い線形ということですかね。高速なのでもちろんVVVFでも結構な音ですし。。。速いのは快速だけなのかなと思っていましたが普通もかなり速いですねw で駅間距離も長いので優等列車に乗っている気分でした。なかなか面白い路線でした。それにしても雰囲気的になんとなく西武風な感じがするのは気のせいですかね。

DSCF1959.jpg
南流山駅はこじんまりとした駅で、全体的に新しい(武蔵野線の駅を除いて)感じでした。ここで京成バスが止まっていたので撮影。ミディのワンステですね。京成はエルガばかりしか見てないのでなんか新鮮です。ちなみに後ろは東武バスです。

この後は武蔵野線ですが、快速東京行きに乗車。ちなみに土日は南船橋と東京の交互運行で線内10分間隔ですが、平日は違っていて12分間隔です。が来年3月からは平日も10分間隔になるようです。で来たので乗車しようとすると・・・

DSCF1963.jpg
205系生え抜き車の顔であることが遠目で確認できたのですが、到着時の音もVVVFじゃない・・・ってことで5000番台に変更されていない方の生え抜き車でした。まぁ5000番台の東洋製VVVFも聞きたかったですが、そもそも界磁添加励磁制御が聞けるとは思ってなかったので、これはラッキーですね。まぁ快速といっても現状、潮見と越中島だけしか通過しないので区間快速のような雰囲気になっていて、ほぼ各停ですが、駅間距離が長いので程よく飛ばしていました。ただ線路のせいか相鉄の直角カルダン車のような上下の揺れが多かったですが、逆に加減速のショックは少なめ・・・w で同じ205系よりもだいぶ余裕がある走りで、加減速ショックも少なめに感じたのですが、これは武蔵野線ならではの6M2Tの強力編成だからかもしれませんね。で乗客の流れが面白く、新松戸で多数乗車→船橋法典で多数下車→西船橋で多数乗降→舞浜大量下車w→新木場多数下車ということで逆に東京に着くころにはガラガラになっていましたw

で、到着し京葉線の電車が出て行った後に隣のホームを見てみると・・・

DSCF1968_20121224144206.jpg
おっと武蔵野線の209系500番台がw こんなところで初撮影です。側面は武蔵野線独特ですが、前面は・・・中央線で実現しなかった209系とオレンジ帯。まぁまぁ似合っていると思います。でも京葉線のピンクの方が似合っている気もしますね。

DSCF1975_20121224144205.jpg
京葉線はATOSではないので、表示機や放送が独特で面白いですね。まぁ武蔵野線がATOS対応になったので、京葉線もそのうちなるかもしれませんね。種別表記の方が行先より表示範囲が大きいですね。

DSCF1976_20121224144205.jpg
もう一度撮影。この顔もいつのまにか東京では少数になりましたね。まぁこれはしばらく大丈夫だとは思いますが。。。ところでスカート未装備も今では珍しくなりましたね。まぁ踏切が一切無いからということですが、103系がいなくなったのでこれだけになりましたね。

DSCF1980.jpg
ドアは低窓。でドアエンジンも後期のゆっくりタイプですが、よく音と動作を聞いてみると東急9000系と同じなようです。まぁ製造年も遠くないですし、東急車輛なのでおかしくはないですが、東急のような音にJRの音・・・なかなか面白い組み合わせだと思いました。でも205系といえばあの3回音がなるやつのイメージがあります。

DSCF1986.jpg
204-397。205系の3ケタ台の車番もどんどん減っているのと、今後も埼京線や横浜線で減っていくので貴重なものになっていくのかもしれません。どんどん205系が撤退していくのはつまらないです。。。

DSCF1987_20121224144347.jpg
方向幕。武蔵野線内各駅停車ですが、南武線などと同様で快速運行も面白そうです。最近JRではメガループ(京葉、武蔵野、南武、横浜)に力を入れてるようなので、武蔵野線でも是非次の動きが欲しいですね。ただ、今度の改正では千葉支社の発表で、武蔵野線の快速はすべて各停に格下げになるようです。まぁ現状、ほぼ快速といえない停車駅なので、むしろ各停化での潮見、越中島(と平日の葛西臨海公園)の本数が増えるのでメリットのほうが大きいですね。

DSCF1994.jpg
この後は東京駅の丸の内口へ。これはとりあえず東京では初日にどこのTV局でも紹介された駅内のドーム型屋根。こちらは丸の内南口のものです。

DSCF1995_20121224144346.jpg
こんな感じになっています。でここでは上を向いて撮影することが自然の流れのようで多くの人が撮影していました。

DSCF1996.jpg
外の光景。実はこちら側は復元前に使ったことがなく、復元されたといってもどこから復元されたのか、イマイチ実感が湧かないのですがw でも立派な建物ですね。

DSCF1999_20121224144345.jpg
後ろを振り返ってこちらは新丸ビルです。まぁ隣の丸ビルとデザインは似せていますが、こちらの方は黒が多く現代的な雰囲気です。

DSCF2002.jpg
こちらは丸ビル。こちらも2000年代に入ってから立て替えられたようで、言ってみればこちらも「新」な気もしますが・・・w こちらは以前の雰囲気を尊重しているようで、少し前な雰囲気がします。

DSCF2004_20121224144510.jpg
東京駅のこのあたりが建物の中央でしょうか。それにしても凝った造りです。まぁ復元したこともすごいですが、そもそも昔にこんなのを作ったこと自体がすごいなぁと思います。

DSCF2005.jpg
北側。こちらも屋根のドームが復元されています。奥に新しい建物がある中で、この東京駅はだいぶ目立っていますね。

この後は、一旦八重洲口のほうに行き、東京駅一番街を一通り見た後は中央線へ。ちょうど快速豊田行きが発車するところで、3分後に発車する高尾行きも停車していたので高尾行きを選択。
で、今回は肉声放送でした。まぁ内容は自動放送と同じ感じでしたが、新人さんの研修・・・?と思ったら一人しか乗っていなかったのでなぜかはわかりません。。。で、三鷹で特快と接続。いつもなら三鷹で特快から小金井3駅で降りる人が移ってくるのですが、それがほとんどなく、吉祥寺から降りていく一方で、さらに武蔵境での大量下車があるので国分寺では座席も空いていました。
ところで、中央線でも来年3月で改正があるようで、日中の快速が1本減らされ、特快が1本増えるようです。
で、その後は国分寺線の予定でしたが、バスが遅れるという情報を朝に聞いたので多摩湖線で帰る事に。萩山行きは全Mの牽引車263編成でした。あの力強い走行音も健在で、まぁ未更新の車両が引退したもののなんか安心しましたw
で、萩山からは新2000系で武蔵大和へ移動し帰宅。

今回は、東村山→西武新宿→秋葉原→南流山→東京→国分寺→武蔵大和と大きく一周する形になりました。

では、旧デジカメ画像

DSCN2066.jpg
以前掲載した1000形現塗装と同じ日に1500形も撮影していたようです。江ノ電も遠いのでなかなか行けませんが、また行きたいですね。小田急の快急で行って、湘南新宿ラインで帰ってくるのもいいですね。

DSCN3368.jpg
静岡の113系の座席。JR東海では独自の更新が施工されている編成もありましたが、このような原形をとどめているものが多かったです。それとクロスシート部の枕カバーも関東では貴重だったようで・・・

そして静中バス

7Eワンステ
7Eワンステです。西武にいた2段窓のワンステです。まぁこれも引退してしばらく経ちますね。そういえば新7Eノンステを最近見ないのでもしかすると置き換えられた可能性も高いので・・・まぁ確認次第またブログで紹介したいと思います。

HR.png
レインボーの9Mです。東武バスに多い印象です。

キュービック
キュービック、メトロ窓にしてみました。

シティ ワンステ
シティワンステ

ということで画像は以上ですが・・・
ヤフーの記事や東京のニュースでも出ていましたが、しずてつバスが静岡駅~新静岡駅の間で信号機に衝突する事故が起きてしまったようです。信号機が半分ほど倒れ、バスの前面もガラスがわれライト周りも結構傷ついていました・・・バスが衝突っていうのもびっくりしましたが、画像がしずてつでさらにびっくりしました。

ではまた

25日追記

25日に休み恒例の宮ノ前に行ってきたので、今回は画像がわずかですが紹介したいと思います。

今日は8時台のバスでしたが、ほぼ時間通りに来ました。車内も空いていて、まぁ郊外なのでもうラッシュ時は終わった頃で、車どおりも少なくなっているころだったので時間通り来れたようです。

DSCF2011l.jpg
車両はUAワンステ。しばらく見てない車両でしたが、ここのところ2回乗っています。うーん、そのわりに新7Eノンステを全く見ないので、新7E置き換え→置き換えの新車はしばらく幸町団地や新道福島系統→既存車で立35あたりを運行 ということになっている可能性も高そうです。で、このバスが駅に到着すると前のバスが停車中でした。で、ダイヤ乱れでもあったのかなと思ったのですが、どうやら通常でも自分が乗ったバスが定時についたとすると、駅について10分後に発車するということになっているようです。始発の東村山行き→折り返しの数も合っていておそらく通常でもこうなっていると思われますが。。。で、その前のバスと同時刻にグリーンバスも動き出すようで、バスが3台並んでロータリーをふさいでしまう状態でした。で、この乗ったバスは8分遅れぐらいだったので、2台の出発後に所定の位置に停車し、降車となりました。で折り返しも営業運行のようで。東村山駅でもこういう状態が起こるんですね。逆に10分以上遅れることが最初から想定されていてこう連続にはならないだろうということになっているのか。。。なかなか面白いなぁとw

この後は西武新宿線ですが、準急と急行が3分差で発車するということで悩んだんですが、準急は10両、急行は8両だったので、まぁ10両の方がいいだろうと思ったので準急で。しかも黄色い電車(2000系超更新)が来たのでこれは乗らないわけにいかなくなりましてw で3分差だったので、朝だけある東伏見の準急の急行退避かと思ったのですが、そのまま先着。どうやら急行は小平で接続があるので、そこで差が広がっている間に西武柳沢、東伏見、武蔵関に止まるようです。で、この日は早朝に中井で点検があって東村山のときは下りだけ10分程度遅延していて上りは影響なかったのですが、上石神井以降は上りも影響し、各停が遅れ→準急は後追いということで3分遅れたようです。で、準急ですがさすがに9時台なのでラッシュも結構落ち着き、鷺ノ宮までは空いていました。鷺ノ宮で大量乗車でしたがw

この後は普通に山手線で大塚へ。もう座席も空いているほどの空き具合でした。
その後、都電は7000形。空いていたこともあり、吊り掛け駆動の良い音が聞けました。

で、帰りは8800形。いつもより空いていました。

その後2、3本撮影することに・・・

DSCF2016l.jpg
7000形。日差しが強いところでの撮影は「あえて」です。久しぶりにこっちで撮影してみました。

DSCF2017l.jpg
7000形。通常塗装が連続ですね。8800形の導入も7500形の置き換え完了後は増備されず、7000形についてはまだ当面活躍しそうです。まぁ収容力が高い7000形の引退となると、今の8800形では対応しづらいというか、積み残しが増えてしまいそうで、今後はちょっと検討が必要かもしれませんね。ちなみにこの電車、前の電車より10分ほど離れていたので混んでいますねw

DSCF2018l.jpg
次も7000形。7000形が連続すると、同じ車両ばかりながら撮影していて気分が良いです。新しい車両ももちろんいいですが・・・最近、どこでも古い車両の方が撮影意欲があがるというのがなんとも・・・

DSCF2019l.jpg
ちょっと前面のピントが甘くぶれていますが、1本のみの黄色の捕獲に成功。オリンピック招致宣伝ラッピング車のようですね。これが2012年最後の撮影画像となりました。

このあと山手線に向かうと「乗務員急病」のため内回りが運転見合わせとモニタにあり、どうしようかと思いましたが、LEDの案内には「運転再開」。とりあえずホームに上がってみると、時刻表示も出ていて、数分遅れで電車が入ってきました。で池袋に到着後に、延発整理が入り「この後の電車から遅れているため、時間調整」と放送。ってことは、この1本後が当該列車ということだったのかもしれませんね。

この後は東武百貨店の中を見て周り西武線。各停でとも思ったのですが保谷行きが出たばかりで、次の豊島園は30000系ということで優等種別へ。ちょうど次の発車は急行だったのですが、30000系だったので、その次の準急の電車を確認したところ9000系だったので、まぁ久々に乗りたくなり9000系へ。で、この電車、池袋で10分後の快急が追いかけてくるのですが、所沢でも3分の差を残す電車で、前方に詰まる電車も無いので、所沢まで快走でした。特にひばりヶ丘以降はこれでもかというほど飛ばしていました。
で、所沢に到着直前、池袋行きに新2000系の3色LED車で、ベンチレーターがごっそり取られてすっきりしている編成を発見・・・これはもしかして、と思ったらやはり4連でした。4+4+2という新宿線みたいな編成が停車していました。撮影はできませんでしたが、4連の特徴である先頭Mcのパンタ台も綺麗にとられていて4連っぽくなくなっていました。ってことは4連のLED化は池袋線転属の為ということになりそうです。8連と同様に扱うなら3色LEDの方がいいですし(池袋線の8連はすべてLEDなので)・・・それにしても、本来は狭山線で運用されるための編成ですが、ここに来ているとなると、狭山線用にさらに4連が行っていることになり、少なくとも3編成は池袋に行っているようですね。

新宿線は2000系でした。で朝、西武園線でツートンの新101系ワンマン車が入っていたので、夕方も入ってるかなと思ったのですが、国分寺線からの6連になっていたので、さっさと撤収。バスはUAノンステでした。

ということで、2012年最後の鉄道ネタは恒例の宮ノ前ということになりました。

ところで、今日は山口線レオライナーで路面不具合が発生し運転見合わせが続いていました。朝、異音感知し、点検後再開したものの再び異音がして点検修理、そして再開後また異音感知し再修理してようやく完全に再開したようで、夕方まで止まっていたようです。まぁ歪みがあったとHPで出ていましたが・・・西武線は去年はクリスマス「イブ」に西武園線脱線、そして今年はクリスマスにレオライナーと、2年連続で支障が出てしまいました・・・しかも両方とも行楽地方面への列車という。。。しかも個人的に身近を走る路線ですし。。。2013年は何も無いことを祈ります・・・それにしても案内では「走行路不具合」と出ていました。山口線ならではだなと感じました。

(さらに28日追加)
27日に静岡へ帰省するときに、西武バス立川営業所の車両がよく通る立川通りを通ったのですが、イオンモール行きにナンバー2467のQKG-MPノンステ短尺の新車が入っていました。黒サッシです。で、次のイオンモール行きにも新車が入っていました。ナンバー2464のQKG-MPワンステ標準尺です。黒サッシで運転席側が固定窓+逆T字窓4枚の配置でした。で、これによる代替があると思うのですが、東村山駅行きに・211が入っていたので、おそらくノンステの代替は・210の新7Eノンステ、ワンステのほうはおそらく新7Eワンステのどれかだと思われます。
まぁイオンモールに入るってことは東村山にも新車が来ているということは間違いないと思います。
いよいよ立川営業所にも正真正銘のQKGが入りましたが、・211も引退間近とみて間違いなさそうです。

さて、年内の更新はこれが最後です。みなさん2012年も静中のご利用ありがとうございました。そして良いお年を。さらに2013年もよろしくおねがいします。
スポンサーサイト
14:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

遅れましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
こちらの返信はまとめて返信させていただきますね。

「真冬並みの寒さ」という言葉を何回聞いたことか…>
もう、真冬がいつなのか分からなくなってきますねw

日本では大きく触れられると不安が拡大するおそれもあったのではとも思います。>
そうですね。地震に水害に、雪に、そして予言となると不安要素がありすぎますねw

紹介の車内更新がされた車両でしょうか?>
そうですね。立川営業所のUAは全て更新が完了したようで、おそらくどこの営業所でも更新が終わったものと思われます。次はADG代のRAが対象のようで、続々更新されているようですが、元々表記類がUAまでの車体更新後と同じなのと、PKGとほとんど外観が変わらないので実感が湧かないです。。。

それだけ慢性化しているわけで>
バーゲンのシーズンは毎回ですね。抜ける道はいくつかあるのですが、乗客や立川バスの路線との絡みで回送時にのみ使うようです。できればシーズンの土日だけでも急行便で東大和市駅以降の路線は立川~東大和市は別ルートでノンストップとかあると良いですね。

調子ですと遅延はしばしば起こっているのでは>
正直に言うとしばしば起きていますw やはり急行が抜かさなくなったことが大きく影響しているようで・・・車両数増えてしまいますが、沼袋か中井で抜かしたほうが良いと思います。そのへんの改善を期待したいですね。

国分寺線転用がさらに進むか、4連化して新101系同様ワンマン運転用になるか…確かに可能性がありますね。 >
ワンマン予備車確保のために一部4連化とかしてくれたら、面白いですが・・・w それか国分寺線が3ドアと4ドアが入り乱れているので統一の目的で6連化もいいですね。個人的に3ドアが減るのは悲しいのでw 廃車だけは無いことを祈っていますw

遅れ回復の運転でもしていたのでしょうか。>
いや、してないですね。まぁTc車だから衝動が起きるのかもしれませんが、特性だとしたら結構ひどいかなぁと思いました。

東村山黒焼きそば風というのもあるんですね。>
これは1年半ほど前に出ていたもので、期間限定で今は終了してしまいました。記念にパッケージの画像は撮影しましたがw

それ目当てで東村山に行くかも… >
東村山駅西口沿線の人は「東口の人が勝手に考えてご当地化してるやつ」なんて声も聞こえてきますがw、東村山に工場があるソース屋がソースを作ったってことでご当地グルメだそうです。工場は東口から車で2分ぐらいですかね。で、東村山市の地元レストランで出されているようです。前述の通り西口ではあまり盛り上がっていませんw それとスーパーで惣菜として出ていることもありまして、これは全国的に出ているようですね。あとソースなら近隣市のスーパーでも売っていますね。

静岡ではランチパックをよく食べていたんですか?>
朝食で食べるというパターンですね。懐かしいです。

そちらの方が好みでしょうか?>
まぁ当初は、当日は乗れないかもという理由だけだったんですが、駅に行ってみると1000系の音の方が良さそうだったので乗ってみたくなったという感じです。2000系のほうはより標準的な気がしたからというのもありますね。

戸袋引き込まれ注意の子ども向けアニメ動画(主人公トブ・クローズw)>
これは、東日本でもやるといいかもしれませんねw

本当は南流山よりも先まで行くと高速走行をさらに堪能>
実際は守谷までは行くつもりです。ところで優等種別というと低速ってイメージが強いのですがつくばエクスプレスは違うようで、飛ばせるところはかっ飛ばすって感じのようで、快速乗車も楽しみです。

HIROKIさん的には他にもそう感じた点がありましたか?>
なんというか言葉で表せないのですが、若干そういう雰囲気がありました。それと西武に限らず、関東大手私鉄の良いとこ取りをしたような雰囲気もあるという印象を受けましたね。例えば駅の放送はメトロ、種別の「普通」は京成というような。。。

今も三菱車がいるんですね。>
金町駅などにはエアロスター、市川のあたりにはブルーリボンシティなどもいるようで、意外にバリエーションはあるみたいですが、千葉駅や葛西駅、亀有駅にはエルガばっかりしか来ないですね・・・

非VVVF車が残っていたことを意外に思いましたが、今も健在なんですね。>
武蔵野線生え抜き車のうち一部を除き(後述)、4本が界磁添加励磁制御のままで武蔵野線内での103系の時代のような爆音が聞けるようです。

生え抜き車でも5000番台に変更された車両がいるのでしょうか?>
自分が知っている限りでは1本のみ、205系大移動の絡みで中間車を一部入れ替えて5000番台化された編成がいるようです。入れ替えの影響で一部が山手線と同じ小さなドア窓の車両が入っているので、側面を見れば区別がつきますよ。

205系の3回音がなるやつというのが今一つ分かりませんが>
まぁいわゆる通常バージョンですが、閉まるときに3回「カッ」っていうような音が3回ぐらいして閉まるので、自分の中では3回音がなるドアっていっています。

後期形以外のドアというとあの一気に閉まるドア(が含まれている)ですね。 >
車端だけ一気に閉まりますね。最初はそこだけ故障かと思っていたら、通常でもこうなっているようで。。。ここだけ早く閉まるのでドア音がずれますね。

この記事を拝見するまで全く知りませんでした。色が結構似合っていますね。 >
京葉線へ転属した後に一部がやってきたようですが、少数派ですし今まで在籍していなかっただけに、最初に見たときは新鮮でした。

表示に対応させるための仕様と思われ、通勤路線では珍しいですね。 >
その愛称、懐かしいですね。やたらとスピードが速そうだなってイメージがありました。

10分間隔のところに快速を走らせるとかえって運転間隔がバラバラになって利用しにくくなりそう>
それはありますね。各停を減便させるわけにもいかないですし・・・個人的には南武線のような快速(追い越ししないものの時間短縮)を設けて一部は各停で、それ以降は区間各停を設けた上で通過運転というのも良さそうな気がします。

話が飛びますが、静岡地区の東海道線にも同じ事が当てはまるかなと。 >
そういえば、他の地域でも優等列車を格下げした結果、通過駅だった駅にも電車が止まり、均等で使いやすくなったというのも聞いたことがありますし、競合路線もないので同じことがあてはまりますね。これで静鉄や名鉄が静岡地区で競合していたら違ってたかもしれませんねw

復元前の風雪に耐えて使い込まれた風格のようなものが消え、>
確かにそれはわかります。個人的に鉄道やバスの復元も塗装がやけに綺麗なので、美しいとは思う一方で、色が鮮やかすぎるなぁと思うことがあります。まぁ数年たって落ち着いた頃が一番良いと思いますが、その頃には塗り替えられるか、その後も再塗装されず色あせるのも微妙・・・まぁ難しいところですねw

もしかしたら京王を意識したのかなと。 >
京王の大規模改定ですね。まぁまだ詳細は出ていないですが、一応競合しているということで、中央線をPRしたのかもしれませんね。

他編成より電気を食うので日常的に運用に就いているのかどうか疑問ですが。>
それが、結構な頻度で目撃しますね。甲種輸送が無いときにはほとんど多摩湖線で活躍している気がします。個人的にはおっしゃるとおり全Mで電気を使う気がするのですが・・・牽引車の仕事のみに就かせるより、営業と兼用したほうが効率が良いのかな。それにしても結構忙しい編成ですね。

次に置き換えがあるとすれば新2000系4連が本線を追われるときでしょうか…>
まぁ当面先でしょうねw 新2000系が引退するときは4連が支線に転属するのは間違いなさそうですねw

座席に関しては独自の更新というのが今一つ記憶になく、どれもこのタイプだったような気がしています。>
少なくとも静岡地区の更新は壁色変更と貫通路部の扉の窓拡大ぐらいで、座席はそのままだったと思います。まぁ一番似合っていたかと思いますね。

東武バスはこれが多いんですか?>
意外といろいろなところで見かけますね。川越は特別塗装だけかもしれませんが。。。確かにエルガの印象も強いですね。

静中バスには運賃前払いの路線もあるという設定でしょうか? >
具体的には路線などは決めてないってのが正直なところですが、運賃前払いもバリエーションの関係で一応あることにしています。

余談ですが追加記事で紹介の2464号車、そのナンバーを聞くとどうしてもしずてつ唐瀬にいたエアロスターを真っ先に思い浮かべます>
あぁ2464はMPでしたね。久々にそちらのバスのナンバーを思い出した気がしますw

2台入っても別段支障はなさそうですが…>
今までは対応していて、渋滞時に2台一緒に来ることがあったのですが、グリーンバスが入ってくるようになったので、それとちょうど合うとロータリーを塞いでしまいますね。ちなみにグリーンバスが先に入ってると1台のときでもバス停に入らないことがあるので、グリーンバスは専用の待機場所か、ロータリーの外、あるいは一周回ってくることが多いですね。それかグリーンバスの発車時間が迫っていればそれを待つとか。
どちらにしろ、駅を利用する人の多くがそれをわかっているのか、クラクションや文句を言う車は滅多にいないですねw

超更新8連+2連かと思いますがうまく出会えましたね。>
えっと、2000系超更新6連+新2000系4連でしたね。実は2000系の超更新は2連か6連しかいないようです。意外と急行で6+4で日中運用されていることも多いです。

東伏見で準急が急行待避というダイヤがあるというのは初めて知りました。>
自分も以前、どこかのサイトで画像が出ていて、これはって思って調べたら実際何本かあるみたいでした。1回体験してみたいんですけどねw

準急と急行の停車駅が3駅異なるだけなのにその区間で待避があるとは。>
以前の池袋線のようですね。まぁ普段ほとんど所要時間が変わらないのに退避があるというのはなんか違和感がありますね。

各停が沼袋か中井で待避するので乗り換えてきたのではと>
この時間は井荻と沼袋か中井という2回退避の各停も多いですね。結構沼袋で追いついても、各停が中井まで行くってこともあります。まぁ後の列車が追いついてくるのを防ぐ目的だと思います。

7000形の車体を利用して機器だけVVVFに更新…はないか(笑) >
まぁ吊り掛けが無くなるのも寂しいですが、7000形の車体が残るのはいいですねw 都電といえばこのデザインなので

出入庫がない日中の場合は終点での折返しを考えなくてよい分、多少楽かなと。>
これで途中駅どまりが入ると遅れた上に、間隔がバラバラになって始末におえないことになりますねw まぁとりあえず待ってればすぐ来ますが、ダイヤ回復は大変そうです。

VVVF車でもHIROKIさん的に30000系よりは良いようで…新宿線では乗れない車両ですしね。>
実は音が独特で結構気に入っています。他社や他形式とはちょっと音が違うんですよね。それとブレーキ緩解音が101系機器流用時と同じというのが良いですねw

そうでなければ確かに3編成(以上)の4連が池袋線に行っていることになりますね。>
おそらく夕方は4連が2本必要だったと思うので、4本行っている可能性がありますね。うち2本以上がLED表示機搭載のようです。

新宿線への30000系新規投入で転属になったとか…? >
4連が狭山線に必要→池袋線に無いから新宿線から新2000系4連転属→新宿線に30000系10連を2本投入ということだと思います。まぁバリエーションは増えますね

修理再開後また異音検知→再修理というのがちょっと…>
そうですね。修理が完全じゃなかったのか、問題はそこじゃなかったのか。まぁ新交通システムの中でもベテランの域ですし、全体的な大規模点検が必要なのかもしれませんね。

これを他山の石として未然の事故防止に努めてほしいと思いました。 >
一般の路線より利用客は少ない・・・とは言えども定期的に利用する人は多いですし、影響が出るので、あまり運転見合わせなどの事態にはならないようにしてもらいたいですね

ではまた。今年もよろしくお願いします。
HIROKI |  2013.01.14(Mon) 12:39 |  URL |  【コメント編集】

★謹賀新年&記事の後半部分へのコメントです。

HIROKIさん、あけましておめでとうございます。今年もブログ更新を楽しみにしています。
さて、こちらの記事で昨年末にコメントできていなかった、武蔵野線以降の部分について今回コメントさせていただきますね。

・武蔵野線、珍しい界磁添加励磁制御車に当たって良かったですね。僕も数ヶ月前に乗ったときに偶然同タイプの車両が来て、非VVVF車が残っていたことを意外に思いましたが、今も健在なんですね。ちなみに生え抜き車でも5000番台に変更された車両がいるのでしょうか?よく知らないもので(汗) 加減速ショックの少なさと走りの余裕はやはり6M2T編成のなせる技かと思います。あとスカート未装備も、なるほど言われてみれば確かに最近では少なくなっていますね。ドアエンジンが東急9000系と同じ…これもそういえばそうかなと。205系の3回音がなるやつというのが今一つ分かりませんが、後期形以外のドアというとあの一気に閉まるドア(が含まれている)ですね。
船橋法典での多数下車は競馬観客かなと。京葉線内では先行列車との間隔が詰まっていたために乗車が少なかったのではないかと思います。
・武蔵野線に209系500番台登場…この記事を拝見するまで全く知りませんでした。色が結構似合っていますね。
・京葉線の非ATOS放送は個人的に好きですが、開業当初から変わっていないので、武蔵野線がATOS対応になったとなるとここもATOSに更新されるのは時間の問題かもしれませんね。種別表記の方が行き先より表示範囲が広いのは、開業当初の土休日快速「マリンドリーム」「むさしのドリーム」等の表示に対応させるための仕様と思われ、通勤路線では珍しいですね。
・武蔵野線の「快速」、実際には単に京葉線内での種別を表示しているだけですね。京葉線内快速運転は開業時からですが(新木場開業時には葛西臨海公園通過)、利用者の少ない駅の通過で少しでも速達化を図ったのと、京葉線より短編成なので利用者を集中させないようにしたのではないかと思われます。今度の改正ですべて各停になるというのは初めて聞きましたが、実際にはそれで所要時分が大きく伸びるわけではないので、おっしゃるようにメリットの方が大きいかなと思います。武蔵野線内は駅間距離が長く速いとはいえ、最近新駅が増えてきているので快速運転があってもいいのでは…と思いますが、10分間隔のところに快速を走らせるとかえって運転間隔がバラバラになって利用しにくくなりそうな気もします。話が飛びますが、静岡地区の東海道線にも同じ事が当てはまるかなと。

・東京駅丸の内口の復元駅舎、僕も昨年11月の職員旅行時に見に行きましたが、やはり僕も含め上を向いて撮影する人多数でした。実際、ドーム形屋根はその造形美に圧倒され、思わず撮影したくなりますね。約100年前にこれだけの駅舎を造ったこと自体すごいと思います。ただ復元したてだけあってかなり綺麗になっていると思った一方、復元前の風雪に耐えて使い込まれた風格のようなものが消え、昔の建築物なのに新しいというちょっと非現実な感覚に違和感を覚えました。何年かすれば落ち着くと思いますが…
・中央線、自動放送無しの肉声放送は珍しいですね。自動放送装置の不具合か車掌さんの趣味か…また、特快から三鷹で乗り継ぐ客が少なかったのも、土休日運転で三鷹までそれほど快速と特快の時間差が大きくないにしても珍しいなと思いました。来年3月の改正では特快が平日毎時5本、土休日は6本になってその分快速が減るようですね。もしかしたら京王を意識したのかなと。
・多摩湖線は牽引車263編成、ブログでは久々の登場ですね。他編成より電気を食うので日常的に運用に就いているのかどうか疑問ですが。多摩湖・多摩川線については新101系ワンマン更新車に統一されたのでしばらくは安泰ではと思います。次に置き換えがあるとすれば新2000系4連が本線を追われるときでしょうか…

・113系の座席、静岡といえば青色に枕カバー付きのこのタイプでしたね。懐かしいです。座席に関しては独自の更新というのが今一つ記憶になく、どれもこのタイプだったような気がしています。枕カバーを付けたボックスシートは東海独特の仕様で、確かに関東では見なかったですね。
・静中バス、7Eワンステとシティワンステは「ワンステップバス」と側面に大きく書いてあるのが目立ちますね。そういうバス会社が実際にあったような気も。レインボー9M、東武バスはこれが多いんですか?個人的にはエルガとブルーリボンの印象が強いので意外でした。キュービックはメトロ窓にすると一層かっこよさが増す感じがします。ところで今回掲載の4台のうちよく見るとキュービックだけ前乗り中降りになっていますが、静中バスには運賃前払いの路線もあるという設定でしょうか?
・バスの事故、僕はその当日と翌朝は静岡にいなかったので、帰宅後新聞より先に見たこちらの記事で初めて知り、驚きました。原因は現在調査中のようで、再発防止に努めてほしいのはもちろんですが、一方で必要以上に不安感だけが煽られなければ良いなとも思います。

・25日朝のバス、8時台でほぼ時間通り来たようですが、25日から年末休暇に入ったところもあるのか静岡では通勤時の道路混雑が普段より少なかったので、そちらでも同様だったのかもしれません。車両は28日追加記事によると立川にQKC代新車が少なくとも2台入ったようで、立35も充当車両変更があってそれでしばらく見てなかった車両に会うようになったのでしょうね。QKC代も立35に入りそうなので、またブログ記事で見られるかなと楽しみにしています。余談ですが追加記事で紹介の2464号車、そのナンバーを聞くとどうしてもしずてつ唐瀬にいたエアロスターを真っ先に思い浮かべます(笑)
東村山で立35のバス2台が並ぶシーン、そういえば珍しいですね。東村山の折返し時分に余裕を持たせているようなのであっても不思議ではないかと思いますし、2台入っても別段支障はなさそうですが…
・西武新宿線は10両で黄色い電車、超更新8連+2連かと思いますがうまく出会えましたね。東伏見で準急が急行待避というダイヤがあるというのは初めて知りました。準急と急行の停車駅が3駅異なるだけなのにその区間で待避があるとは。その先上石神井からは2本続行で走らせるのでしょうが…鷺ノ宮での大量乗車は、各停が沼袋か中井で待避するので乗り換えてきたのではと(さすがに9時台は上石神井→高田馬場間各停逃げ切りはないと思いますが)。
・都電は往復で7000形と8800形の両方にうまく乗車でき、8800形も比較的空いていたようで今回は申し分なしでしたね。
・大塚駅前、7000形続けて登場はちょうど良いタイミングでの撮影でしたね。特に通常塗装2連続は珍しいかも。王子駅前で以前一緒に撮影させていただいた時7000形に広告車がやけに目に付いた印象がありますので。個人的には通常塗装の方が良いですね。8800形が収容力に難があるので当面は7000形が安泰だと思いますが、将来的にどうなるのでしょうね。7000形の車体を利用して機器だけVVVFに更新…はないか(笑)
・どこでも古い車両の方が撮影意欲があがる…僕もそうですね。古い車両の方が昔から慣れ親しんでいてなじみがあるというのもありますし、数年経つと何がどう変化するか分からないので、今の姿を記録しておきたいという心理も働いています。
・黄色8800形はオリンピック招致ラッピング車なんですね。ちなみに世田谷線でも1編成がやはりオリンピック招致ラッピング車になっています(昨年末に目撃しました)。
・山手線は「乗務員急病」のダイヤ乱れがあったものの、遅れる1本前の前の電車にうまく乗れて良かったですね。運転整理の時、出入庫がない日中の場合は終点での折返しを考えなくてよい分、多少楽かなと。
・池袋線は久々の9000系、VVVF車でもHIROKIさん的に30000系よりは良いようで…新宿線では乗れない車両ですしね。準急でも所沢まで快急より先行ということで高速走行を楽しめましたね。それから、池袋線で4+4+2という編成が見られるとは意外でした。この日西武ドームで何かイベントがあったか何かで狭山線が8連になっていれば別ですが、そうでなければ確かに3編成(以上)の4連が池袋線に行っていることになりますね。新宿線への30000系新規投入で転属になったとか…?
・西武山口線の軌道内不具合による運転見合わせ、これもこの記事で初めて知りました。修理再開後また異音検知→再修理というのがちょっと…とも思いますが、2年続けてクリスマスシーズンに西武の行楽地近辺で支障が出てしまったのは残念ですね。また、新交通システムも開業から25年以上経過しており、経年劣化による不具合が出てきてもおかしくない時期に来ていることを認識しました。西武山口線と前後して開業した新交通システムが埼玉のニューシャトルをはじめいくつかありますが、これを他山の石として未然の事故防止に努めてほしいと思いました。

それでは、また。本年もよろしくお願いします。
とーます |  2013.01.03(Thu) 19:56 |  URL |  【コメント編集】

★年末に書けた分のみ先に投稿します…(汗)

HIROKIさん、こんにちは。今回の記事にコメントさせていただきますね。しかしながら…
この年末、飲み会に妹家族の帰省(→子どもの遊び相手)に旅行に…と私用が忙しく、コメント書きが進みませんでした。そのため、12/31の朝に書けた分だけ今回先に投稿し、後ろの部分は新年(1/3頃まで)に新たに投稿しますね。楽しみにしていただいているのに本当にすみません。
なお、コメント返信をしてくださる場合はまとめて書いていただければと思います。

・今年は気温が低い日が多いですね。静岡もそうですが、旅行で静岡以外の場所に行くとひときわ寒く感じます。予報でも「真冬並みの寒さ」という言葉を何回聞いたことか…大晦日から新年にかけても同様らしいので、静岡帰省中かと思いますがお気を付けくださいね。
・マヤ文明の終末論(暦の終わりから来る)、僕も当日以前にはちらと見た程度でした。逆に地震に敏感になっている日本では大きく触れられると不安が拡大するおそれもあったのではとも思います。地震に関しては東海地震のある静岡でさえ関心が薄れていたところ、東日本大震災を機に全国で気にするようになりましたね。僕も十分知っているとは言えませんが、防災・減災のために地震のことを知っておいた方が良いのは間違いないですね。

S・Sさんとの東京散策、次回の計画が進んでいるんですね。数ヶ月先のようですが、僕も実現&記事での報告を楽しみにしていますよ(^^)
・行きのUAノンステ、ナンバーを見ると前回立川で撮影した東京国体・障害者スポーツ大会ラッピング車と同じ車両ですね。A4で車内が綺麗というと、以前記事で紹介の車内更新がされた車両でしょうか?夕方の渋滞による遅延が約40分と予想できるということはそれだけ慢性化しているわけで、運転手さんも大変だなと思います。その道路混雑はどうにかならないものでしょうかね…
・西武線は久々の2047編成登場…今年を締めくくるのにちょうど良いタイミングで、その意味でも縁のある車両ですね。新宿方先頭もダブルパンタが印象的な2000系でしたし、車両的に当たりでしたね。また、今回は特急の3分遅れが後々まで影響を及ぼしていて、ダイヤの余裕の無さを象徴する事例でしたね。この調子ですと遅延はしばしば起こっているのではと思われ、来春のダイヤ改正で見直しがあるかも…と思います。
次の置き換え対象…おっしゃる通り3000系の方が先かもしれませんね。3ドアで他形式との連結が出来ない点がネックになっていると思いますので。国分寺線転用がさらに進むか、4連化して新101系同様ワンマン運転用になるか…確かに可能性がありますね。
・中央総武線は警笛連打にきつめのブレーキ、遅れ回復の運転でもしていたのでしょうか。そこまで普段ダイヤに余裕がないという印象はないので。車両の特性だとしてもよろける人多数のブレーキはちょっと問題かなと思います。
・つくばエクスプレス、今回初乗車できて良かったですね。実は一昨日12/29に僕も久々に全区間往復乗車しました。行きは各停(1000系)で八潮、そこで待避する区快に乗り換えてつくばへ、帰りは快速に乗りました。その直前にこちらの記事を拝見できたので、良い予習になりました。
ランチパック専用売店、もちろん初耳でしたが、東京にはこういう専門店も成立するんだなとまず思いました。実際僕が行ったときも客が途切れずに入っていました。そして並んでいる種類の豊富さに驚き。地域限定販売品にB級グルメとのコラボ商品まであるとは思いませんでした。なみえ焼きそば風に北上コロッケに…ここにはなかったものの東村山黒焼きそば風というのもあるんですね。そもそも東村山黒焼きそば自体が初耳でした。僕は麺類に目がない(毎日1食は必ず麺を食べています)&ご当地B級グルメ大好き(旅先でよく食べます)なのでかなり興味があります。それ目当てで東村山に行くかも…
ランチパックに話を戻すと、今回HIROKIさんが購入された小さな4個入りミックス、僕もつい先日コンビニで見かけて思わず購入したばかりです(笑) ちなみにHIROKIさんは静岡ではランチパックをよく食べていたんですか?僕は旅先で食事用に買うことがたまにある程度ですね。
・TXは直流専用1000系と交直両用2000系があって座席が違うことは知っていましたが、VVVFの製造元が違うとは知りませんでした。乗車時に意識して聞いてみたところ確かに両形式で音が多少違いますね。HIROKIさんは今回1000系の方に乗りたかったとのことですが、そちらの方が好みでしょうか?当日は快速で2000系に乗るだろうから今回は1000系にということかなとも思いましたが…
ドアの黄色が戸袋側についているのは確かに関東では見ないですね。他地区ではJR西日本の225系と321系がこうなっているのを先日見ました。ちなみにJR西日本では戸袋引き込まれ注意の子ども向けアニメ動画(主人公トブ・クローズw)を両形式の車内案内表示装置画面で流していました。
妻窓に貫通扉の窓と、西武20000系との共通点を見つけ出せるのはさすがHIROKIさんですね。記事を拝見するまで全然考えもしませんでした。乗ってみると、妻窓のおかげで車内が明るく感じられたのが印象に残りました。地下区間から八潮までは比較的おとなしい走り(それでも地下鉄より速い)ですが、八潮以降はこれでもかというほど高速走行しますね。僕は八潮からは区快に乗りましたが連続停車する駅間でも同様でした。さすが最高130km/h走行とそれを前提に造られた新線だけのことはありますね。本当は南流山よりも先まで行くと高速走行をさらに堪能できますが、東京散策の日程が厳しくなるかなと。西武風な感じは車両の細部と普通列車の高速走行(新宿線新所沢以遠のような)以外あまり感じませんでしたが、HIROKIさん的には他にもそう感じた点がありましたか?
南流山に京成バスが来ているとは意外でした。確かに松戸に営業所がありますが、TX沿線はエリア的に東武バスかなと思っていました。京成の松戸は以前、他では珍しい7Eボディの三菱車が主力だったようで、僕も市川駅→松戸駅で乗ったことがありますが、今も三菱車がいるんですね。僕も京成のミディは初めて見ました。
(以下続く)

武蔵野線以降へのコメントは新年早々にさせていただきますね。
今年1年もお世話になりました。どうぞよい新年をお迎え下さい。
とーます |  2012.12.31(Mon) 08:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/606-36e45c1f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。