2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.13 (Wed)

8月13日(比較実験www)

京商から「路線バス2」という、バスコレと同じスケールのバスモデルが発売されてますして、父が3つほど買って来てくれたのですが、それとトミーテックのTHEバスコレクションを比べると「ぇ?」って所があるので画像付きで比較したいと思います。

DSCN7592.jpg
↑左がトミーテックで右が京商。。。 トミーテックの日デ ノンステップは比較的初期の商品なので
キュービック君みたいなリアルさには若干かけますが、それでもトミーテックの方が断然リアルですね。ライト周りの出来の違いは一目瞭然でしたwww 確かに京商もイメージはつかめてるんだけどナー

DSCN7593.jpg
↑リアです。左が京商。右がトミーテック。。。もう後ろはトミーテックの圧倒的勝利ですwww京商のは「乗降中」も忘れてるし、テールライトがひどい。。。
トミーテックもよく、方向幕の位置がずれてることはあるが、それでもなんとか許せるが、
これはさすがにちょっとwwwといわざるを得ない気がwww

DSCN7598.jpg
これは「路線バス1」のシリーズ。 左が京商。右がトミーテック。
拡大していただければもっとよく分かりますが、これはさすがにひどすぎるwww
ワイパーの下部分なんてただ書いてるだけwwwまぁバンパーは京商も負けてはいないw

DSCN7599.jpg
左がトミーテック 右が京商。。。      って え!?www位置はあってるけどwwwコメントできねぇwww

このようにトミーテックの圧倒的勝利ですねぇ。。。

DSCN6968.jpg
↑これは京商のラジコンですが、 これはかなり出来が良いと思うんだけどナー。
スケールが違うだけでここまで変わってしまうとは・・・
ちなみにこれはしずてつ限定だったものです。しずてつ在籍車とは違う仕様なんですが、
そこまでは再現できなかったようですが、その辺は了承してますwww

DSCN6974.jpg
↑国際興業の富士重ノンステ。これも出来がよいwww


では比較が終了したということでブログも終了しますwww
スポンサーサイト
22:20  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ちょっと久しぶりにコメントします。
自分の家の近くには東急バスと小田急バスがひっきりなしに走っています。渋谷に出れば東急のNHK行き専用バス・都バス・京王バス・ハチ公バスも見られる環境です。
中でも東急バスは最近結構野心的になってます。いいサービスをしているなぁと実感しています。

先日、わけあって国際興業バスに乗車する機会がありました。降りる場所は池袋駅だったのですが、車内での鉄道へ乗り換え案内では未だに副都心線を「新線」と呼んでいました。テープ切替が面倒なのでしょうか?
ちなみに、車内LEDも新線のままでした。

なお、遅れましたが温暖化のプレゼン(?)についてお悩みのようですが、自分の場合(今年3月頃実行)
1:「パワーポイント」スライド17枚に及ぶ
2:CO2ではなく水蒸気が主犯とバッサリ
3:用意した原稿がA47枚分
4:「不都合な真実」・テレ朝「地球危機」を批判
5:持ち時間5分程度のところを20分弱もやり続ける
6:グリーンピース・シーシェパード罵倒
という大長編(笑)を周りの引き延ばし工作もあり無事終わらせました。
最終的に温暖化に異論を唱えるプレゼンは自分だけでしたがその分なんとなく「やってやった」という感じでしたね。
批判して呼び出されるということはありえないと思います。
とにかくやってみて同志を増やしてみましょう。
つっちゃん@TRAIL |  2008.08.14(Thu) 16:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/61-5a76182b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。