2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.02 (Sat)

★2013 第4号★

こんばんは。

毎日相変わらず寒いですが、東京では典型的な「冬晴れ」で乾燥した快晴が続いています。で寒さも最近は最高10度を切っていたのが、この一週間限定で10度台に入っています。まぁ東京で4回目の冬・・・さすがに慣れてきましたし、日なたは暖かいなぁと感じます。2月は平年並みといっていますが、平年がどれぐらいだかもう忘れましたw
天気予報はこの前の東京大雪を予報できなかったからなのか、やたらと雪マークがついています。まぁ「積雪の恐れ」があれ以降3回ありましたが、2回は雨、1回は東京はちょっとだけで千葉大雪という感じです。今年の夏はほとんど間違っていた天気予報ですが、それよりかはマシなものの、外れますね。それほど記録にないような天候なんですかね、最近は。まぁ予報ですし、しょうがない面もありますが。。。
休みに入って1週間たちましたがだいぶのんびりすごしたので、そろそろ何かをしたいと思いますw まぁ何かは未定なんですが。

ところで近いダイヤ改正について西武、東武、メトロ、東急そして京王について書いてきましたが、今回は小田急について。
小田急についてはダイヤ改正はあまり行わないようで、今年は無しのようです。ですが、3月23日に「東北沢」「下北沢」「世田谷代田」の3駅が地下化されるようです。
まぁ小田急では複々線工事が今も進行中ですが、その以上3駅が23日から地下駅になるようです。
今回、完成になるのは地下線のうち2線で、残りの2線については今後工事していくようです。でおそらく緩行線側が完成ということだと思いますが、まぁしばらくは優等種別も併用ということのようです。
で、コレにより、下北沢にエレベーターが完成・設置され、小田急線全線のバリアフリー化が達成されるようです。
ちなみに、京王も下北沢の改良が完成すると全線でバリアフリー化が達成します。

どんどん駅のバリアフリー化が進行中ですね。小田急、京王についてはこれで全線全駅ということですごいことだと思います。これに続いて他社でも出来ると良いですね。ちなみに東急もほぼバリアフリーになっていて数駅のみ未対応、西武も西武園駅や西武秩父線の一部駅のみ未対応となっています。
どちらかというとJRはまだバリアフリー化が完了していない駅が多く(構造や駅自体が古く対応できない)なっていますが、こちらもがんばって欲しいですね。

さて、ちょっと前になりますが1月29日。恒例の宮ノ前へ。
朝はバスですが、平常だと8分差あるバスが3分差ぐらいで来たあと、20分以上空いたバスなので混んでいるかと思ったらガラガラでした。6分遅れぐらいで朝にしては上出来な感じが・・・RAノンステップでした。
そこからは高田馬場まで新宿線。準急と急行の表示があって、まぁ混むので急行・・・と思いつつ、先の準急の4+6の黄色い電車に乗車。乗ったのは2000系超更新車でした。で、もともとほんの少し遅れていたのですが、「ドアを閉めます」と何度も放送しても発車せず→車掌さんや駅員さんがダッシュで前方へ。そして2分ほど遅れて発車。放送で「当駅でお客様対応を行いました」とあったので、ドア閉め妨害でもあったのかもしれません。それの影響で3分遅れ。朝の優等種別なのでダイヤには余裕があると思うので、たいした影響はなさそうでしたが、普段乗れない客まで乗ることになった結果、鷺ノ宮ではあと1人乗れば満員というぐらい(といっても田園都市線とは比ではないと思いますが)になってしまいました。しかも、一番ドアの近くにいた人が何故か前に余裕があるのに20cm近く徐々に押してきたという・・・w

で、山手線へ乗り換えですが、山手線は空席が出るほどの空き具合でした。このギャップがすごく、土日や日中より朝が空いているという状況でした。

その後都電ですが、ちょうど来た7000形へ乗車。後ろドア付近から前面展望できるほど空いていました。席が埋まる程度ですね。ここも山手外回りと一緒で朝が一番空いていますw 途中まで快走でしたが、早発しそうになったので後半はのんびりな感じでした。朝は時刻が決まっている為こうなるようです。

その後宮ノ前へ行き、戻ります。

ちょうど駅に行くと8500形が停車してましたが、数秒の差で出発していったので次を待ちます。

DSCF2234.jpg
駅の様子を撮影しようとしていたら後ろから8800形が進入してきました。

DSCF2235.jpg
7000形の荒川車庫前行き。

DSCF2236.jpg
なかなか側面だけを見ることが無いのであえてここを撮影。
そのあと7000形の早稲田行きが来ましたが、混雑で乗れずその後の7000形の早稲田行き。王子まで大混雑でしたが、王子で少々緩和され、大塚駅へ。

DSCF2237.jpg
大塚駅で1本後を撮影。やはりこの場所は気に入っています。でも通行人がいないときというのはそう多くなく、失敗も多いです。でも良い場所なんですよね
車両はまた7000形。7000形が続きます。まぁ収容力もありますし、趣味的にも問題ないですがw

DSCF2238.jpg
8800形。それにしてもこのラッピングは目立ちますw 元が白いので余計に・・・ところで路面電車のラッピングは一般的な電車のようなラッピングの規制は受けないんですかね?バスと一緒なのかな。

DSCF2239.jpg
もう1本7000形。ところで、車内のドアの取っ手(車内側)部や座席の色が東武8000系そっくりだなぁと乗っていて感じたのですが、よく考えると車体のメーカーは同じアルナ製でしたね。今では路面電車しか製造してないようですね。

DSCF2242.jpg
で、大塚駅から山手線に乗ろうと切符を購入していたら、反対側のロータリーにバスが止まっていて撮影しやすそうだったので移動してみると、このように撮れるようになっていました。ここのバスは存在はもちろん知っていますが撮影することは考えたことがありませんでした。

DSCF2254.jpg
日野シティハイブリッド。撮影できるのですが、日差しが強すぎて画面がほぼ確認できず、勘で10枚ぐらい撮影してなんとか撮影。ところで、画像右端に7000形旧塗装が。おっと1本待てば撮影できたんですが・・・w

このあと山手線ですが、また遅延が発生していて、内回りは時刻表示が消されていました。まぁすぐ来たのですが若干いつもより混んでいました。

DSCF2257.jpg
池袋駅。この駅にもホームドアが設置されました。よく使う内側2線に設置されています。今は使用されておらず、3月から使われるそうです。山手線では大塚、高田馬場も準備が進んでいます。

DSCF2258.jpg
このように発車中も開いているのはこの時期のみなので、撮影。趣味的には面白くないホームドアですが、安全度は高いですし、ホームドアにあわせてホームの端(電車のドアの方)が若干嵩上げ(まぁ補強のため)されるので乗りやすさもまぁ意図されて無いかもしれませんが向上しています。JRはホームが低い駅が多く山手は特に多かったので良いことかもしれません。

DSCF2259.jpg
駅の柱に縦に設置されることの多い所要時間表がここに貼られていました。

さて、この後は西武線で戻りますが、まぁ恒例になりつつある石神井公園撮影をしながら帰りました。
池袋から石神井公園まではちょうど止まっていた準急飯能行きの30000系に乗車。

DSCF2265.jpg
石神井公園でいつもの場所に移動すると早速30000系の池袋行き。新しい駅と最新形式の30000系。これは似合っていると思います。20000系・30000系がいない時代+石神井公園駅の地平時代を知っている自分からすると西武線も変わったなぁと感じますねw

DSCF2268.jpg
前面部。車体と顔の部分に黒い線が入ってるので、なんかBトレの前面パーツのような雰囲気がありますねw 

DSCF2269.jpg
メトロ10000系の所沢行き。どうも日中に地下鉄からの所沢行きってのが慣れないですね。デザイン的にこの高架区間と合っていますね。ところで練馬高野台駅~石神井公園の下り線も2線化が完了し、ついに同時進入が可能になりました。ということで分岐じゃなくなったので速度が今までより上がっています。

DSCF2270.jpg
メトロ7000系8連。これからは東横線内でも普通に見ることができるようになりますね。というより8連でS運用ならほとんどコレが来るわけで・・・精算の関係上、東急線内の区間列車でも運用されるかもしれませんね。

DSCF2271.jpg
30000系の保谷行き。自分が乗った準急の2分後に池袋を発車してきた各停。やっぱり似合います。保線の方が作業しておられました。寒い中、電車も気にしながら作業しなければならないですし、大変なことだと思いますが、そのおかげで電車が走っているわけでやはりなくてはならない存在ですよね。

DSCF2272.jpg
10000系。RACを期待しましたがグリーンアローでした。

DSCF2273.jpg
9000系準急所沢行き。所沢行きは2本連続することになっていますが、所沢で同じ急行に乗り継げるようになっています。

DSCF2274.jpg
6000系清瀬行き。やっぱり6000系は良いですね。地下鉄直通に乗るときは6000系が来ることを期待します。まぁ列車番号で運用はわかるわけですが、あまり調べないので運次第といった感じですw

DSCF2275.jpg
9000系急行飯能行き。ほぼ優等種別専用なので、優等種別は9000系ばっかりといった印象です。まぁなかなかいい車両ではありますが。優等線側も配線変更で詰まりがなくなったからか、今までより速い速度で入線するようになりました。

DSCF2276.jpg
先ほどの6000系の側面。アルミ車体で戸袋窓有りというのは意外と珍しい気がします。まぁアルミ車体をグレーに塗ったということのほうが珍しさで言えば上かもしれませんが・・・w

DSCF2277.jpg
3000系トップナンバー。この系列は以前から変わらず各停運用のイメージが強いですね。3ドアで唯一8連で未更新となったわけで、まぁ1日でも長く運行されてほしいなぁと感じます。個人的には6連で国分寺線へ来てくれるというのも嬉しいですが

DSCF2279.jpg
6000系ステンレス車。この運用は東急4000系が西武で始めて営業運行に就いたらしい40M運用です。やっぱり6000系はステンレス車が一番馴染みがあって好きです。ところで快速は結構空いていますね。快速急行に変更されて乗客が多くなるのかどうか気になりますね。

DSCF2282.jpg
メトロ7000系。左に小さく3000系も入ってベテラン同士です。先ほどのと違ってドアの窓と側面窓が小さいのでこちらの方が古く見えますね。

DSCF2283.jpg
先頭部の側面。やっぱり窓が小さいとアルミとはいえ、重そうに見えます。メトロ6000系、7000系は編成の中でも窓の大きさが違ったりとバリエーションが非常に豊富ですね。

DSCF2284.jpg
石神井公園どまりのメトロ7000系。3月からは東横線とMM線車両も仲間入りすると思われ、また撮影しがいがありそうです。石神井公園どまりは10両もあるので、4000系の充当もありえそうです。

DSCF2285.jpg
ダブルパンタ新2000系が先頭の準急飯能行き。やっぱりこういう存在感がある車両は撮影しがいがあります。超更新が停止しているので当面は菱形のダブルパンタを見ることができそうです。

DSCF2288.jpg
上りの快急ですが定期の3000系充当のようで折り返しは準急所沢行きになるはずです。このような光景も3月以降見られるかどうか。朝しか残らないので3000系は入らないかもしれませんね。快急はまぁ停車駅も少ないのでむしろ3000系のような座席多めの車両の方が良いのかもしれません。ただ8両ですが。。。

DSCF2290.jpg
古く見えるほうのメトロ7000系。やっぱりベテランの雰囲気が出ていますねw

DSCF2291.jpg
新2000系の西武球場前行き。コレに乗って帰ろうと思いますが、これよりも前に快速急行が発車するのでそれを撮ります。

DSCF2292k.jpg
10秒差ぐらいで入線してきた快速急行。まぁ6000系の快急運用は見られますが、西武線内車両の快急はそうそう見られなくなるので、6000系以外を期待しましたが、期待通り30000系が来ました。ダブルパンタでフルカラーLEDをおいしくいただきました。ちょっと傾きましたが気にしない方向で。

この後さっきの各停で所沢へ。保谷までは座席が埋まる程度でしたが、それ以後は車内に数人しかいなくなり、各停は空いている池袋線らしい雰囲気でした。後の急行に抜かれるのかと思いましたが、所沢で接続する形だったので、所沢まで界磁チョッパの音が唸る運転でした。所沢で追いかけてくる急行と接続。こうすることで西所沢での階段等の移動なしで乗り換えできるので便利ですね。

DSCF2293.jpg
その後バス。行きもRAでしたが、帰りもRAでした。ドアをなんとなく撮影。

DSCF2294.jpg
西武バスといえばこの車番。

以上です。

ところで、30日に中央線の国立~西国分寺で線路横の建設現場の足場が崩れて電車の上に落ちてくる事故がありましたね。ちょうど電車が来たことでパンタグラフにもひっかかってしまったようで、パンタも壊れたようです。で付近では火事も起きたようで結構ひどかったようです。けが人はゼロだったようですが、6時間近く立川~国分寺・武蔵小金井は停止していたようです。画像がいっぱい出ていましたが、本当に足場が車両の上にある形ですね。まぁ運休したとはいえけが人でなくて良かったですね。

さて、前回の土日にBトレ東京メトロ有楽町線7000系(旧塗装)を組み立てたので画像を・・・

DSCF2307.jpg
今回、セットとしては「営団7000系 非冷房」でしたが、6000系セットにおまけパーツとして7000系と兼用の先頭車屋根が入っていました。そして、中間パーツも兼用になっていて、2箱買った為非パンタとパンタ屋根が1つずつ余るため、それを使用し、冷房化後の西武直通後を再現しました。マークもメトロマークを使いました。表示機については、6000系のLEDの上に07系のステッカーを貼り付けて無理やり「所沢」と「新線池袋」に。造形はかなり良いです。ただ残念なのはSHGなので連結機が下に傾いたり、90度曲がって奥に入ったりしてしまうことです。撮影後、スカートがある07系と下回りパーツを交換しHGシャーシ化しました。

DSCF2308.jpg
先頭CT(メトロはこう表現するようで)車。クハですがパンタが以前はついていたようで、その撤去後が再現されています。側面もなかなかリアルです。雰囲気でてますねw

DSCF2309.jpg
中間T車。なんと弱冷房のステッカーまでついています。そして6000系と車体パーツは共用なので方向幕部はモールド(?)じゃなくて関東では珍しくステッカーがついています。しかも結局埋められたままだった種別部の、その埋めたままの部分のシールもw 右上に肉眼では確認できますが、画像だと難しいですね・・・w ここまで用意するとは。 ちなみに屋根は6000系セットのものといいつつ、冷房の左右の角型のは7000系についていて6000系にはないそうで、むしろ7000系用ということらしいです

DSCF2310.jpg
さて、お気づきの方もいるかもしれませんが、今回は初の試みでドアがガラスパーツについています。これでドアがよりリアルに見えます。それと、ここを緑色に塗れば6000系の小窓仕様も作ることもできます

DSCF2311.jpg
M車。まぁ今回、一番リアルだと感じたのは、ドア下の部分です。この分厚さが6000系、7000系らしさをよく出していると思います。それにしてもよく出来ています

DSCF2312.jpg
先頭CM車。女性専用車両ステッカーもついています。パンタ撤去後が無いほうの屋根は2種類ついていて、1つが角型のものが無い6000系仕様で、こちらは7000系兼用仕様だそうです。これほど7000系用があるなら、もったいぶらないで7000系につけてもらいたいですが、これは両方買わせる策略かなぁとも思ったり。。。

じゃ評価
造形のよさ:5
→実は発売される前7000系か6000系かどっちかにしようかとも思いましたが、組み立ててみて両方買って正解だったなと感じています(大げさではなく)。予想以上にリアルでした。

説明書の分かりやすさ:4
→7000系は非冷房の説明書しかありませんでしたが、個人的には冷房屋根の説明もあったほうがより良いかと思いました。

入手安易度:4
→今のところ通販サイト「メトロの缶詰」で定価販売中。まぁ以前の15000系も残っているのでまぁ今のところ通販でも普通に買えます。5000円で送料無料もうれしいです。

シール充実度:4
→なかなか気合が入っています。バリエーションも豊富で眺めていても綺麗で良いですね。ただ欲を言えばLEDの7000系方向幕ステッカーもほしかったな。まぁこれは副都心線仕様発売時に入ると思いますけどね。

部品豊富度:3
→まぁ少し余りますね。それと妻面パーツにバリエーションが多く8種類ぐらい入っていましたw それと自分は非冷房屋根を使わなかったので全部あまりましたw

組み立てやすさ:4
→若干硬い部分、削る部分がありましたが、全体的には良好です。SHGも組み立てる分にはやりやすいです。

この出来なら、6月に一般販売される副都心線仕様と8000系も期待できます。それと、副都心線が出るのに、6000系は出ないのかな・・・と思っていたところにメトロ限定で出してくるあたりファンの心理をよくつかんでいるかと思いますw 今後、千代田線6000系で2段窓非冷房なんて出たら喜ぶ人がでそうです。ただかなりマニアックですが。。。

さて、これ以外にも11月~12月にかけて紹介していないものがあったのであわせて載せます。

DSCF2295.jpg
名鉄6500系Bトレインです。ポポンデッタで購入したものです。新宿でも本川越でも名鉄Bトレは何故か豊富でして、本川越なんかは6000系、4000系、5000系、3300系、3400系などいろいろありましたw 6500系版なので3500系のパーツはついてきません(スカート)

DSCF2296.jpg
先頭側面。今回、側窓は3連続が初めて商品化されました。これにより6750系と3500系の製品化も同時に可能になり、3種同時発売されました。個人的に3500系が一番馴染みがあります。

DSCF2297.jpg
中間側面。ところでこの形式もそれほど馴染みがないのですが、何故か名鉄のBトレには手が伸びてしまいますw 5700系とか是非でてほしいです。

次・・・

DSCF2301.jpg
西武鉄道で12月、100周年記念の一環で401系の鉄道コレクションが発売されました。発売日に完売するという人気ぶりでしたが、母の妹が毎朝西武線に乗っているので、ついでに東村山で買ってきてもらいました(ええ、もちろんプレゼントとしてもらいましたが)。黄色い電連や種別板、方向幕はステッカーです。さすがに鉄コレだけあってよく出来ています。

DSCF2302.jpg
実は401系は西武線で見た記憶が全く無い車両です。でも画像などを見て「これは見てみたかったな」って車両ではありますw 雨どいは実車は101系以降の屋根と701系までのJR103系と同じようなタイプになっていて、製品はその103系タイプです。

DSCF2303.jpg
ダブルパンタ。2連でダブルパンタってのは西武らしいですが、どうやらこの401系。新101系や2000系と反対側、つまり本川越・池袋よりについていたようです。

次・・・

DSCF2305.jpg
天竜浜名湖鉄道TH100形(?)です。ポポンデッタの開封売りでシリーズでは2番目ぐらいの安さで売っていて複雑だったやつですw 天竜浜名湖鉄道といえばこの車両ですね。

DSCF2306.jpg
側面。レールバスですね。やっぱり折戸がいいですね。それと屋根の冷房はバスのもののようです。

以上です。

では今回はこのへんで。

スポンサーサイト
20:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

その都度大混乱するのは備えが不十分>
確かにそれは感じますね。除雪用具がなかったり、雪の頻度が少ないので除雪車が用意されていなかったり・・・年に数回とはいえ今後は対策したほうが良いと思いますね。

そろそろ天気予報の精度を上げて欲しい気もします。>
今回は、14日の予報が外れたのでそれを考慮して大きく予報しているそうですが・・・これが本当なら科学的ではないというかなんというか(苦笑)
 大雪と予報しても外れるだけならいいですが、それによって交通機関が混乱してしまったので、その辺をどうにか見直したほうが良さそうです。

小駅まで全て実施している点が立派だと思います。>
京王もそうですが、距離が長い小田急で全駅達成というのはなかなかすごいなぁと思いますね。 京王は駅の周りに余裕が無い駅が多いのでそこも含めてバリアフリーにしたのはすごいです。ただ、今までホームから改札→出口へ出られたのが橋上駅化で移動が増えた駅もあるので、それは今後のバリアフリー化に関しての課題になってくるかなと感じます。

西武園駅は未対応ですが、改良計画はあるのでしょうかね。>
利用者数的に後回しになっているのかもしれません。今のところ改良の話は聞きませんが。。。ところで意外なところで武蔵砂川駅も改良されていないですね。

JRは確かに設備が古い分構造的に難しい駅が多そうな印象>
中野や御茶ノ水などは構造上難しいようですが、それでも中野では改良工事が進んでいますし、御茶ノ水も橋上駅舎化によるバリアフリー化が計画されているようです。特に首都圏の駅は利用も多いのでなるべく速くバリアフリーになるといいですね。

国鉄末期に安く造った駅で(建築費全額地元負担)構造上エレベーターを付けるスペースがなく、駅周辺に土地もなく>
JR東海の静岡地区はそのような簡易な構造の駅が多いですね。そういえば西焼津駅はそのような構造のものの、エレベーター設置を工夫して行ってバリアフリー化したそうですが、同じやり方ができないのかどうか気になりますね(肝心のその方法がいまいちどういう構造なのか理解できていない)。

東村山駅に向かう側のラッシュは過ぎているのかなと。>
さすがにこの時間だと、一般的な出社時間には間に合わない(近ければ別ですが)と思うので空いているようです。

ある程度遅延を見越しているのでしょうかね。 >
西武線に限らずですが、朝の方が駅停車時間が多いのと、今回の場合は前の電車は定時運行なので回復できたものと思われます。それと、西武の場合は小平で接続による乱れがおきやすいので、その分一部駅で停車時間が長めにとられているのかもしれません。

日中は下手すると所定ダイヤ(運転手さんは把握していると思います)より早発>
そうですね。電車の間隔がずれると、大混雑する列車の直後は空いていることも多いので、そっちは早発していることも多そうです。時々「時間調整します」と停車することもありますが、基本的には乗降で時間が過ぎるようですね。

屋根も整備された電停となると他には京都の嵐電天神川電停ぐらい>
その点、都電は究極のバリアフリーというか路面電車でもかなり優れているかなと思います。本数も多いですし、駅も全駅バリアフリーですし。

やはり撮影には苦労しているんですね。 >
失敗するリスクは高いですw で早稲田方面行きは結構成功することが多いのですが、三ノ輪橋方面の撮影で成功する可能性はかなり低いです。

まあ規制を掛けるのも受けるのも同じ東京都ですし。 >
そうですねw 電車と違って低速ですし、1両なのでコレぐらい目立たせないとラッピングの意味が無いのかもしれませんねw

都電の8800形・9000形もこちらでの製造みたいですね。 >
そうですね。路面電車の製造の実績はかなりあるようで、一般的な鉄道車両の製造が終了した後も路面電車の製造、改造は継続されているようです。アルナ車両といえば阪急は9000系と9300系以外はアルナ車両製のようですね。

今のようにUDや日野が来るようになるとは思いませんでした。 >
今もいすゞ充当は多いようですが、同車種一括購入なのでUDや日野も営業所に在籍するようになったので、いろいろなメーカーの車両が来るようになったみたいですね。

車両とホームとの段差が小さくなる効果もあるとは初めて知りました>
これによって乗り降りがより安易になりましたね。高田馬場と大塚もホームドア整備が近いようですが、若干ホームがかさ上げされたようです(ついでにホームの傾斜も緩やかに)。

そういえば地平時代は黄色い電車が似合う駅>
上石神井と同じ構造でしたね。個人的にはまだそのイメージがありますね。

ついに複々線化完成ですが、ここまで長かったなあと思います。>
そうですね。個人的に中村橋・富士見台の高架仮駅(相対式ホーム)時代と、練馬手前で一旦地上に降りていたのが未だに記憶に残っています。ちなみに複々線は完成ですが、高架橋はもう少し大泉学園方に延びるようで完全完成はもう少しかかるようです。
石神井公園まで延びるまでには長い期間かかりましたね。

8連はメトロ車より東急車・MM車が来る割合の方が多少高くなる>
それと本数も多いですからね。K運用がどれぐらいあるのか気になりますね。

意外と縁がありますね。 >
そうですね。ラッピング終了時期は未定と西武鉄道の公式の車両紹介で記載されているんで、今後も登場しそうですね。

10連だけの存在なので自ずと優等種別用になりますね。>
そうですね。あとは早朝の保谷始発の各停ぐらいですね。ただ、池袋~練馬も10両に対応できるようになったので、ダイヤ乱れ時に登場する可能性もありそうですね。

僕は新2000系が来る方が嬉しいですが(笑) >
まぁ自分たちはそうですねw 

池袋発着列車とどのように接続を取るか>
とりあえず練馬で豊島園か保谷からの池袋行き各停と連絡があると思いますね。でも乗換えが面倒だと感じる方なら準急などを待つと思われ、可能性として今より空く(停車駅減るので)場合もありそうですね・・・

これまた西武らしい巧みなダイヤ構成だなと思いました。>
そうですね。既存の設備を最大限活用してなるべく利便性を重視していますね。西武は接続が毎回上手に取られているのがいいですね。

両方売れるようによく考えられている>
そうですね。その戦略にはまってしまいましたねw

ただ車体より若干白くなっているのが目立つ気もしますが…>
確かに実車より結構目立っていますね。でも07系Bトレよりは車体との色の違いを調整できているかなと感じます(07系はこれよりも目立っていて目立ちすぎ)ね。

実車にそれだけ種類があったのかと、むしろそちらの方が驚きです>
実際にはこれに加えてキノコ型の貫通路(ドアがなく、多摩モノレールのような構造)が以前はあったので、かなりの種類があったものと思われます。妻面の違いは省略されることも多いですが、メトロはなるべく再現できるようになっていますね。

本当に製品で登場したら注目を浴びそうですね。 >
いつか販売されそうな感じもしますね。まぁそれよりも前にファンが改造しそうですがねw

これで3500系の製品化も近いですね。>
すみません、自分の書き方がおかしかったですね。3500系と6750系も同時に発売されました。で3500系の方にはスカートが入っているようですね。

6000系似の車体に吊り掛けモーターを組み合わせて2M1Tの3両編成で走っていた>
自分は実車を見たことが無かったのですが、本などでよく見ていたので知っています。名鉄はそのような機器流用+車体新造が多いですね。西武とつながる部分がありますね。

やはり黄色い電車は根強い人気があるのかなと。>
そうみたいですね。西武といえば黄色い電車というのは鉄道好きじゃなくても知っていて、しかも気に入っている人も多いそうです。確かに目立ちますからねw

ちなみに形式はTH1形といいます。>
TH1形でしたか。設備の違いで4形式あったそうですが、自分は全部同じ車両かと思っていましたw

それでは
HIROKI |  2013.02.12(Tue) 14:45 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。今回の記事にコメントさせていただきますね。

冬晴れの乾燥した晴天、静岡でも続いています。気温もそれまでよりは若干上昇しましたが、土曜日の暖かさは異常でしたね。日曜日もそこそこ暖かく、そのためかこの日三島では梅が咲いているのを今季初めて見ました。
この前の東京大雪、僕はその日富山にいましたが、富山では平地は雨、山間部の雪も吹雪までいかず、交通機関は平常に動いていたので、東京の状況を後で知った時もにわかには信じられませんでした。大雪は何年かに一度降っているのに、その都度大混乱するのは備えが不十分だからでは?と失礼ながら思ってしまいました。雪の心配が無い地方の人間が言っても説得力0ですがw それ以来首都圏で「積雪の恐れ」がある時は全国ニュースでも伝えられますが、その割に外れるようで…地震時の津波情報と同様で危機意識を持ってもらうにはいいかも知れませんが、そろそろ天気予報の精度を上げて欲しい気もします。

小田急は今春のダイヤ改正は無いようですが、下北沢など3駅の地下化は大きな出来事ですね。悲願の複々線化完成に向けてようやく先が見えてきたなという印象を受けました。抜本的なダイヤ改正はその時に期待ですね。
小田急・京王とも下北沢を最後に全駅バリアフリー化達成ですか、これもおっしゃる通りすごいことですね。交通バリアフリー法に定められた乗降客数の多い駅に限らず小駅まで全て実施している点が立派だと思います。約2年半前に京王線沿いをずっと歩いた際、多くの駅でバリアフリー化工事が進行中だったのを思い出しました。また東急や西武もほとんどの駅で対応しているとのこと、こちらも西武線沿いを歩いた時にエレベーターが多くの駅にあったことが印象に残っています。西武園駅は未対応ですが、改良計画はあるのでしょうかね。JRは確かに設備が古い分構造的に難しい駅が多そうな印象がありますが、それでも吉祥寺など少しずつ進めているようですね。
こと鉄道のバリアフリー化に関しては首都圏が一番進んでいて、他は進みつつはあるものの新設鉄道を除くとまだ達成にはほど遠いように思います。駅にエレベーターがあっても車両とホームの高低差が大きい駅、車両にステップがあるのが当たり前の地方がまだまだ多数ありますので… 静岡の東海道線各駅も整備が進みましたが、自宅最寄り駅は手付かず。国鉄末期に安く造った駅で(建築費全額地元負担)構造上エレベーターを付けるスペースがなく、駅周辺に土地もなく改修もままならないのは分かりますが、乗降客も多いので何とかならないかと思うのですが…

さて休み恒例の宮ノ前、今回の休みも早速行ってこられたんですね。以下順を追って…
・朝のバスで6分遅れならそちらでは上出来ですね。20分以上空いていてガラガラということは、東村山駅に向かう側のラッシュは過ぎているのかなと。電車に乗り換える通勤・通学客の利用はもう少し速い時間帯に集中するのかもしれませんね。
・新宿線、準急は混雑を予想するも黄色い電車の魅力で選んだのかなと(笑) 遭遇した「お客様対応」、詳細は不明ですが困ったものですね。僕は以前、夜の東京メトロで、電車から降りた客同士(酔っていたと思われる)がホームで殴り合いのケンカを始めてしまい、車掌や駅員が止めに入ったため電車がしばらく抑止してしまったケースを目撃したことがあります。はた迷惑以外の何物でもないなと。朝の通勤種別がダイヤに余裕があるというのも「えっ?」と思いましたが、ある程度遅延を見越しているのでしょうかね。
・山手線外回りといい都電といい、日中より朝が空いているというのが面白い現象ですね。乗客数が比較的少ない区間で、混雑区間に合わせた多数の電車が運行されているのでこうなるのでしょうが…
・都電、朝は時刻が決まっているためにそれに合わせた運転…ということは、日中は下手すると所定ダイヤ(運転手さんは把握していると思います)より早発していることもありうるわけですね。時刻表示がないので乗客は知る由もないですし、混雑で乗降に時間がかかるので実際にはほとんどないかもしれませんが。
・宮ノ前、画像を見ると都電では珍しい併用軌道区間内にある電停であることがよく分かりますね。道路中央に高いホームの電停があるのは全国でも珍しく、屋根も整備された電停となると他には京都の嵐電天神川電停ぐらいかと思います。
・大塚駅前、この場所での撮影画像はよく見ますが、確かに光線状態も良くて路面電車らしい画像が撮れるので良い場所ですね。通行人が通る場所では?とは思っていましたが、やはり撮影には苦労しているんですね。
・8800形、この黒板調のラッピング広告は確かに目立ちますね。都電のラッピングは他にも側面全体に施されている車両がいくらもあるので、多分バスと同じ扱いなのでしょうね。まあ規制を掛けるのも受けるのも同じ東京都ですし。
・都電7000形と東武8000系、内装に類似点があるとは考えたこともなく、さすがHIROKIさんだなと思いました。どちらの車体もアルナ製だというのも初めて知りました。アルナ車両というと今は超低床型路面電車リトルダンサーが全国各地に登場している他、都電の8800形・9000形もこちらでの製造みたいですね。
・大塚駅前、今回都営バスの撮影にも使えることが発見出来たのが収穫でしたね。画像を見ると都02の乗り場&他の大塚駅前発着路線の待機場のようですね。ちなみに昔の大塚駅前は都02を筆頭にいすゞばかり来ていた印象があり、今のようにUDや日野が来るようになるとは思いませんでした。
・山手線のホームドア、目黒と恵比寿の導入からしばらく動きがありませんでしたが、いつの間にか池袋等にも設置されたんですね。ホームドアの設置によって安全度の向上のみならず、車両とホームとの段差が小さくなる効果もあるとは初めて知りました。確かに良いことですね。
・石神井公園、ここでの撮影記事をよく見るおかげで今の30000系やメトロ10000系が似合う高架駅の姿もすっかり見慣れましたが、そういえば地平時代は黄色い電車が似合う駅でしたね。下り線も石神井公園まで2線化が完了したとのことでついに複々線化完成ですが、ここまで長かったなあと思います。
・30000系前面の車体と顔の部分の黒い線、僕も同じことを思いました。確かにBトレの前面パーツ接合部分を思わせる線ですね。
・メトロ7000系8連、前面は同じ形でも側面の窓の大きさで雰囲気が大分異なりますね。改正からは東横線でも見られるようになりますが、距離的に東横線の方が長いので、8連はメトロ車より東急車・MM車が来る割合の方が多少高くなるのではという気がします。石神井公園でも容易に撮影できそうですね。
・保線の方、しょっちゅう来る電車の合間を縫っての作業で気を使うだろうなと思います。今の時期は寒く夏は暑く…昔言われた「3K」の典型的な仕事かと思いますが、安全のために欠かせない存在ですね。
・10000系、長瀞ラッピングは確か2回目の登場かなと。意外と縁がありますね。
・9000系、10連だけの存在なので自ずと優等種別用になりますね。池袋線優等列車の顔と言える存在かもしれません。僕は新2000系が来る方が嬉しいですが(笑)
・6000系、確かにアルミ車体で戸袋窓があったりグレーに塗装したりするのは珍しい部類に入りますね。でもステンレス車体の方になじみがあるというのは僕も同感です。快速は地下鉄から直通という時点で池袋発列車より乗客が少ないようですが、快速急行化で増えるのかどうか…池袋発着列車とどのように接続を取るかもポイントになりそうですね。
・快速急行飯能行き、30000系の大きなフルカラー前面種別表示にダブルパンタと、西武線内快速急行の良い記録が撮れましたね。
・各停西武球場前行きは所沢で急行接続なんですね。確かにここで同一ホームで乗り換えがてできれば西所沢が別ホーム発着でも不便さが少なく、これまた西武らしい巧みなダイヤ構成だなと思いました。

30日の中央線事故、僕は実のところ全然知らず、今回の記事で初めて知りました。Web上の記事も確認しましたが、けが人が出なかったのが幸いとはいえ一歩間違えば大惨事になりかねない事故だと思いました。HIROKIさんも先週のように電車通学していたら影響を受けていたかもしれませんね。

今回の記事、Bトレなども久々に充実していますね。以下はそれらについて…
・有楽町線7000系旧塗装、セットは非冷房ながら6000系セットと合わせて買うと冷房後の編成が出来るというのは、面白いというか両方売れるようによく考えられているというか…でも個人的にも非冷房時代より今回HIROKIさんが組み立てた冷房車のほうが見慣れているので、そちらを見られて良かったです。
側面を中心にいつもながらよく再現されているなと思いました。ステッカー類も多く、特に種別部を埋めたまま状態用のシールまであるというのがさすが徹底していますね。ドアがガラスパーツに付いているのも、より実車に近い感じがして良いですね。ただ車体より若干白くなっているのが目立つ気もしますが…ドア下の分厚い部分、今回記事にある実車画像と見比べてみて、確かにリアル感がこれのおかげで増しているなと思いました。妻面パーツが8種類…実車にそれだけ種類があったのかと、むしろそちらの方が驚きです。
千代田線6000系で2段窓非冷房…本当に製品で登場したら注目を浴びそうですね。
・名鉄6500系、この後期形バージョンも製品化されていたんですね。この車体、実車では6500系よりも3500系か6800系後期形で見かける方が断然多いです。4連でこの車体が来ても6500系だとはまず思わないです(笑) これで3500系の製品化も近いですね。余談ですが、3300系というと個人的には現在のステンレス車でなく、6000系似の車体に吊り掛けモーターを組み合わせて2M1Tの3両編成で走っていた先代の3300系をまず思い浮かべます。瀬戸線6750系と同じ発想で登場しましたがこちらは10数年で廃車になりました。名古屋本線の普通と小牧線で何度か乗ったことがあります。
・鉄コレ、このブログでの紹介は確か初めてですね。西武401系、発売日に完売とはすごいですね。やはり黄色い電車は根強い人気があるのかなと。鉄コレ自体じっくりと見たことが少ないですが、確かにBトレよりも大きくて最初から完成している品だけあって本当に忠実な再現がされていますね。この401系は僕も西武時代に実車を見た記憶は一度もなく、三岐鉄道や近江鉄道で乗ったことがあるだけです。あと401系の画像の後ろ、車庫部分に北陸鉄道石川線7200形と南海1521系?が停まっているのが妙に気になりました。よろしければ次回以降の記事で紹介いただければと思います。天竜浜名湖鉄道、この車両は色といい形といい、懐かしい!の一言ですね。折戸やクーラーなどバス用品を使用して価格を抑えた車両でしたが、それが災いして耐用年数が短く20年と持ちませんでしたね。ちなみに形式はTH1形といいます。製造当初はすべてTH1形でしたが、後に車内設備の違いでTH1形~4形に分けられています。なんでも運輸局から指導があったそうで…(この話、中学2年の夏休みに自由研究で天浜線を取り上げた際、当時の常務にインタビューした時に聞きました。今思えば自由研究の取材に常務が対応して下さったのもすごいことだったなと…)

それでは、また。
とーます |  2013.02.03(Sun) 23:56 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/610-5e92692d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。