2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.11 (Mon)

☆2013 第11号☆ 東日本大震災から2年

震災から2年。東日本大震災により被災した皆様へお見舞い申し上げますとともに、1日でも早い復興をお祈り申し上げます。

こんばんは。

今日3月11日で、東日本大震災発生から2年たちました。未だに岩手・宮城・福島・茨城・千葉を中心に各地で地震や津波、原発事故、液状化の被害から復興には至っていません。先週、今週はテレビで被災地からの中継なども多く取り上げられていますが、正直ここのところ「震災」が風化している感じがします。地震もここのところ「地震だな」と感じる地震は減っていますし、電力不足も解消されていて、地震対策も以前ほど意識されてない気もしますが、あの震災での津波、地震、液状化などもう一度地震対策を意識した方が良いと思います。静岡から来た自分からすると首都圏の対策は「まだまだ甘い」と感じますね。東日本大震災を教訓に一層対策をしていく必要がありますし、自分も今後もやっていこうと思います。
ところで、テレビ中継などで列車が来なくなった駅が写っていましたが、鉄道の復旧も未だに完了しておらず、計画すら立てることの出来ない区間もあるようで・・・1日でも早く運行再開になってほしいなぁと感じています。

で、今日は鉄道では一旦停止訓練が行われた路線もあったようです。自分は今日はヨーカドーに買い物に行っていましたが、14時46分には15秒間の黙祷が行われました。案内放送や一部店員さんが告知をしていましたが、その黙祷までは店員さんも作業したり、お客さんも普通に買い物をしていましたが、黙祷の合図があると一斉に手をとめて黙祷となりました。


さて、今回は前に言っていたBトレ紹介記事です。Bトレ紹介だけの記事ということです。
で、家にあるBトレは大量ですのでw さてどんな感じでみなさんに紹介していこうかなと考えましたが、一応基準として「2009年7月以降紹介していないもの」かつ「組み立て後紹介をしていないもの」に当てはまるものから紹介していこうと思います。一部「2009年7月以降紹介したけど画像が前面だけ」というものや自分の独断と偏見により掲載する場合もありますが・・・そんな感じで行きたいと思います。
で、実際どんなものが既に掲載済みとされているのか、自分で表にまとめてみたものがあるので、既に紹介しているものを記載します。この中で「もう一度紹介を見たい」とかありましたら、コメントで伝えていただければと思いますのでよろしくお願いします。で、一部は売却などで撮影し直せないのもあるので(※)マークがついたのはすみませんが紹介できません。。では・・・

北陸鉄道・・・8900系
近江鉄道・・・700系・500系新塗装
伊豆急行・・・100系・8000系・200系
国鉄・・・42系・103系千代田線直通(※)・583系・115系湘南色(非冷房)・165系湘南色
京王電鉄・・・9000系・7000系・1000系・5000系
名鉄・・・2000系・6500系・1000・1200系・3400系・3300系・5500系・7300系
JR東日本・・・253系・201系カナリア・205系京葉線・E217系・701系(※)・E217系(※)・E231系0番台・E231系500番台・E231系近郊型・115系長野色・209系・113系スカ色・113系湘南・211系・415系ステンレス・205系埼京線(※)・201系
京成電鉄・・・3200形・3050形(新)・新AE形・3000形(新)(※)
北総鉄道・・・7250形
東京メトロ・・・6000系・7000系・15000系・16000系
江ノ電・・・1000形新塗装・1000形旧塗装・305形・300形チョコ電
JR西日本・・・201系大阪環状線・225系阪和線・キハ181はまかぜ・キハ120・103系N40大和路線・207系(※)・321系(※)
阪神電鉄・・・5550系・1000系
小田急・・・50000形・3000形・5000形・5200形・8000形・3000形SSE・1000形
都電・・・7000形・7500形・花100・8500形・8800形・9000形
フリー・・・EB10
静岡鉄道・・・1000系・セノバ・ルルカ・ジョイカ
JR九州・・・485系レッド(※)
JR貨物・・・EF81・EF65・EF58
近鉄・・・5820系
東急電鉄・・・9000系・1000系・8500系
西武鉄道・・・10000系・101系赤電・101系・新101系・新2000系・30000系
京阪・・・2600系
南海・7100系
和歌山電鉄・・・2270系通常塗装
東武鉄道・・・50090系・8000系・50000系(※)・5050系(※)
つくばEXP・・・TX-2000系
秩父鉄道・・・1000系(タイプ・実際は国鉄101系関西色・車番は101系)
京浜急行・・・2000形3ドア
JR東海・・・211系(中京)・313系
伊豆箱根・・・1100系(※)
阪急電鉄・・・9000系・5000系

当面はこれ以外から紹介します。既に100系列を越えてるというのは気にしない方向でお願いしますw
というかそれ以外はとりあえず撮影したのでいつでも紹介できます。この中でもリクエストがあれば紹介します。

じゃ早速今日も紹介~

DSCF2668.jpg
1つ目。2010年発売の京成AE100形。これ、確か去年池袋の東武で買ったものと思われますが紹介しそびれていたようです。新AE形や3050形をみているうちに「この新しい2種があるなら、AE100形も購入して3200形と並ばせたい」と思い、ちょうど売っていたので購入したものです。前面はこのライトが出ている方と収納されてる方が1つずつ入っています。

DSCF2669.jpg
先頭車側面。自分にしては珍しく特急形を購入しましたが、これは買って正解でした。出来がいいですし、実車のイメージと完全に合っている感じがします。

DSCF2670.jpg
中間車。中間は2種製作できます。ところでAE100形は既にほとんど活躍の場を失われている状況でしたが、やはりスカイライナーといえばこの形です。ちょうどJRも京成も同じ時期に車両が入れ替わりましたね。

DSCF2729.jpg
つづいて相鉄モヤ700。これはあのS・S氏との東京散策で相鉄横浜駅の窓口で購入したものです。購入時も「よく残っていたな」的なことを言っていたと思いますが、2007年発売でもちろん「新」になる前の「HGシャーシ」、しかも値段も1000円です。紹介したものと思っていたんですが忘れていたようです。前面は2種類です。以前7000形も製品化されていますが、それの流用ではなく新規金型のようです。

DSCF2730.jpg
側面。屋根は新規ですが、側面パーツは7000、新7000、5000と共用のようです。まぁ実車も元々7000ですが。窓がふさがっていますがこれはステッカー表現です。

DSCF2783.jpg
続いて、山陽電鉄5000系。これは2005年に先頭車同士2両(実在しない先頭パンタ車がありました)私鉄限定で販売後、2007年に中間車を追加し「先頭+中間」で私鉄限定で再販されたものです。これは静岡のグランシップで毎年ある「トレインフェスタ」で購入したものです。たぶん2008年ですが、出店していた店で2セットで定価+1000円で販売されていたものです。確か翌年はBトレがほとんど販売されなくガッカリした思い出がw

DSCF2784.jpg
先頭。まぁ2セット合計で1000円プラスということは1セット500円プラスとなりますが、当時は定価が1000円かそれ以下のどちらかで、今よりも定価が安かったですし、静岡で関西の私鉄限定なんて通常手に入るわけがなかったんでこれは買って正解だったと思います。

DSCF2785_20130311225825.jpg
中間。でこれを買って、当時は阪神をもっていませんでしたが、現在は1000系・5550系もあるので並べる事ができますねw

DSCF2797.jpg
もう1つ関西方面Bトレ。JR西日本521系です。これは2008年に223系2000番台、313系4両セットと同時に一般販売されたものです。基本的には223系パーツと共用ですが、前面パーツや屋根、スカート等が違います。ただ屋根が223系と共通設計で内側にシールを貼る設計なんですが、223系よりも前面上部が前に来ている521系だと、このように奥にいきすぎてしまっています・・・w

DSCF2798.jpg
側面。こっちはパンタ付きですが、クハだそうです。

ということで今回は以上。







スポンサーサイト
23:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは。お忙しい中だと思われますが、コメントありがとうございます。Bトレ関連記事はひきつづき今の形態で行こうと思いますので、よろしくおねがいします。記事が前後しますがまずこちらの返信をします。

今後予想される大地震の想定に関心>
そうですね。東京でもいくつか断層型の地震の予測が出ており、その話ばっかりですね。

被災地の復旧支援にも引き続き目を向けていく必要>
そうですね。住宅の問題、場所の問題、交通の問題・・・様々ありますし、まだ解決していないことが多いですし・・・地震の日にニュースでBRTが一瞬出て、少し紹介されていましたが、そうしたことももっと広く伝える必要があるのではと感じます。

BRTによる一部路線の仮復旧もあり、今年は一度行ってみたい>
鉄道好き・バス好きだからこそ自分も実態を一度見てみたいと思っていますがなかなか・・・本数は鉄道のときよりも多いそうですが、実際利用度や利便性がどんな感じなのかなど気になりますね。

買ったのはいいものの開封もしていない車両がいくつもあるという状態>
そうですか。ちなみに自分も基本的には数ヶ月以内に組み立てますが、以前よりも購入から組み立てまでの時間がかかってしまうようになりましたね・・・それこそ、「新作」のうちに紹介したいとはいつも思っているんですが・・・

いつまで残るのか予断を許さない状況>
AE100形ですが、以前ならAEのように通勤車に流用とかありそうですが、時代的にそれがなく廃車も出たというのがもったいない感じもしますね。

前面のライトが収納式になっていたとは知りませんでした。>
まぁ夜間と地下区間だけで使用しているようですね。

やはり事業用車は人気が薄かったのかなと>
相鉄は以前にED20形という機関車とモニ2000形も発売していて、売り上げよりも実際に見られる(製品化当時)車両を全て発売することに力を入れてた感がありますね。ある意味小さな大手私鉄だからこそできることといえるかもしれませんね。

7000系の面影をよくとどめている車両だなと思いました。>
確かにそうですね。まぁだからこそ購入したとも言えますw

よくグランシップで販売されていたなと、そのことが驚きです。>
たしか東京に店舗がある店の出店でした。ここは結構連続してトレインフェスタに参加していましたね。バスコレも出ていましたね。

HIROKIさんは関西の車両のBトレにも以前から興味があった>
関西車両はまず手に入らなかったので、余計に「欲しい」という気持ちが起きていましたね。まぁそれから数年で、やっと関西大手私鉄車両を1社1種類以上集められましたね。

阪神線内でもしょっちゅう見かけたり乗ったりしています。>
これ、以前どこかのサイトで「山陽車のほうが多い」というのが紹介されていたことがありましたが、やはり実際そうなんですね。

前面が一部異なっている>
瀬戸大橋線用の223系5000番台や福知山周辺用の5500番台と同様の仕様らしいです。ということは223系Bトレにこれの前面パーツを塗り替えておまけでいれればそちらも再現できそうですね。

当時京急が好きだったんですね。>
まぁそうですね。あとは江ノ電に次ぐ私鉄Bトレが京急だったことと自分が選んだというより父が買ってきてくれたものだったというような理由もありますね。

西武で貨物輸送をやっていたこと自体が想像しにくい>
E31引退でより想像しにくくなりましたね。

今は常時4両で走るようになっています。>
そうですか。このキハ58によって成功したということで、大きな意味を持つ車両だったんですね。

キハ65のドアが折戸なのは戸袋窓の省略を図ったため>
なるほど、確かに省略できますね。鉄道で折戸というとどうしてもレールバスのイメージがありますが、確かにキハ181も折戸でしたね。

「京急よ、お前もか…」とがっかりしたものでした。>
それ、自分も思いましたね。個人的には塗装もそうですが、車体上部の雨どいがE231系タイプの目立つものになった点で「今までの方が良いなあ」と感じましたね。

やはり京急は全塗装車の方が良いなと思います。>
そうですね。他社もそうですが、京急の場合は今までとこのステンレス車の違いが大きすぎて余計に全塗装が良いなぁと感じますね。

高性能なのはどのあたりがでしょうか? >
走行性能というか、加速がさらに協力になったらしく、その中で今までより加速が滑らからしいです。それと国産で整備しやすいというのを聞いたことがあります。ちなみに4連の一部ではオールMになっていて、こちらの加速がとんでもないそうですw 自分もステンレスは乗ったことないのでわかりませんが・・・

全体の中で運転台部分がこんなに大きかったっけ?>
確かに運転台部分が左右に比べて大きいですねw

機関車で旧シャーシでないのはこれが初でしょうか?>
以前に相鉄のED20形というのでHGシャーシでしたが、JR系ではこれが初です。機関車って台車が3つありますが、それの再現が出来ずに旧シャーシのままというのを聞いたことがあります。

現役車両や現在の姿の方が需要があるのでしょうかね。>
そうでしょうね。まぁあの旧塗装は800形より2000形のイメージが強いのかもしれませんね。

800形は先月東京出張の際に普通電車で乗りました。>
徐々に減っているので乗れるうちに乗っておいたほうがいいかもしれません。スタイルも、扉も、そして高加減速と京急の特徴がよく現れていて好きな車両の一つですね。

快特の方が良い車両を使っているね>
確かに快特の方が新しい車両なので、設備的にも良い車両が多いかもしれませんね。まぁ趣味的には800形のほうが個人的には良いですがw

鋼製車6000系の方が好みだったな>
幅広車体の6000系は相鉄初のBトレとして発売されたものですね。以降一度も再販がなく「幻のBトレ」とも言われてるっぽいです。

生産中止になったという新7000系新塗装も発売して欲しい気がします>
現役車で唯一製品化されてない仕様なので、ぜひもう一度製品化を考えて欲しいですね。

期待薄かな。>
まぁ確かに現役車(改造車はいますが)ではないので、7100系以上に再販は難しいかもしれませんね。

共通部分が多いから併せて製造発売した感じ>
そうですね。側面は共通ですし。。。ちなみに東葉高速2000系も発売されています。

東西線と言えば僕も5000系…ぜひ製品化してほしいものですね。>
5000系は6000系・7000系並みに人気が出そうですね。。。仕様的にはステンレスの方が欲しいですねw

開閉可能窓をステッカーで再現>
この方法ですが、209系の再販でも採用されています。開閉不可能時も再現できるので一番効率的な方法ですね。

見かけるとちょっと嬉しくなりますね>
埼京線の区間列車にも付いていますが、205系が圧倒的に多いのでそれほど多くない印象ですね。こちらもE233系と同じ装置に更新されているので205系と並んで、未更新車も乗っておきたい車両ですね。

この前に7050形というのもあったような。>
調べてみたところ京成3150形のリース車で、この7150形の置き換えのために導入されたようです。

派手すぎて逆に合わないような気がしますが… >
確かに塗装との違いがすごいですねw

本気でE233系2000番台車が造れるのではないかと。>
前面パーツを加えるだけでいけそうなんですが・・・203系と一緒であまりにも特定路線すぎてなかなか発売されないのかもしれません

6000系初期型と6600系>
6000系初期車は見たことがあるのと、6600系はあの4つならんだ2段窓とスカートが特徴的ですが、自分も製品化されたら両方買いそうです。名鉄は見たこと無い形式も含め結構買っています。

5000系シリーズが一般発売>
当時、Bトレは旧型のほうが多く製品化されていたのでそういう意味でも人気がある製品のようです。5050系とY500系・・・今から楽しみです。

人気が出なかったのは分かる>
鉄道ファンの間では06系は希少で人気が高いですが、Bトレ購入者全体で見ると07系も含め馴染みが無い人が多そうですね。ちなみに07系は小さい頃「有楽町線の新しい車両」ということで、西武でこれがくると喜んで乗っていました。デザイン的には0系シリーズでは一番気に入っています。

昔を知るファンにも売れると踏んだのかなと。>
そうですね。ある意味購入者層を広げた製品かもしれませんね。

確かにそろそろ新製品が出てきてほしいところですね。>
9300系は再販されていますが、8000系や前面窓下にライトが無いあの姿のも再販を期待したいです。

ではまた
HIROKI |  2013.03.24(Sun) 23:52 |  URL |  【コメント編集】

★Bトレ関連こちらでまとめてコメントします。

HIROKIさん、こんばんは。こちらではBトレ関連の複数記事内容にまとめてコメントさせていただきますね。
その前にこちらの記事冒頭の東日本大震災について…発生から2年の今なお、復興はまだ進んでいないと言えると思います。今はむしろ今後予想される大地震の想定に関心が高まっていて、もちろん静岡も含めて考え得る対策をとっていく必要がありますが、一方で被災地の復旧支援にも引き続き目を向けていく必要があるとも思います。個人的には今まで鉄道が復旧していないこともあって被災地へ旅行することを控えてきましたが、BRTによる一部路線の仮復旧もあり、今年は一度行ってみたいと考えています。

さてBトレですが、こちらの記事で紹介の掲載済みリストだけでも、「気にしない方向で」とのことですがいやはや凄い量だなあとただ感心するばかりです。僕も今数えたら17形式組み立てていますが、このところ組み立てる時間が全然無くて、買ったのはいいものの開封もしていない車両がいくつもあるという状態です(汗) 2009年7月というと僕がコメントさせていただくようになったのがその頃で、それ以前に紹介されているものは知らないので、今回の一連のBトレ紹介はありがたいです。

・AE100形、今も現役のはずですが成田スカイアクセス開業とその後の震災→節電ダイヤで船橋経由の特急が1日1往復にまで減少しており、いつまで残るのか予断を許さない状況ですね。長靴を思わせる(と思うのは僕だけか)斜め一直線の前面が特徴ですね。前面のライトが収納式になっていたとは知りませんでした。確かに出来が良いですし、側面の行き先表示のステッカーも付いているのがまた良いですね。スカイライナーといえば…確かにこの車両もそうですが、個人的には先代のAE形(現在は機器が3400形になっている)の印象が強いですね。
・相鉄モヤ700、購入したという話を記事で見て事業用車両の製品化は珍しいなと思った覚えがありますが、僕も忘れていました(汗) 購入当時で5年前発売の製品、やはり事業用車は人気が薄かったのかなと。こうして組み立て製品を見るとあまり事業用車っぽくなくて、7000系の面影をよくとどめている車両だなと思いました。
・山陽電鉄5000系、おっしゃるとおり関西の私鉄限定製品がよくグランシップで販売されていたなと、そのことが驚きです。まあ僕が一昨年だったか行ってみた時も様々な車両が販売されていてびっくりしましたが。定価より高くても購入されたあたり、HIROKIさんは関西の車両のBトレにも以前から興味があったんですね。なお、現車は山陽~阪神の直通特急で主に使用されており、直通特急は山陽の方が距離が長いため山陽車の充当が多く、阪神線内でもしょっちゅう見かけたり乗ったりしています。画像左のS特急は通勤時間帯限定の列車で、これは見たことが無いです。
・JR西日本521系、関西というか北陸本線の車両で(主に敦賀~富山間で活躍中)、223系の交直流版ですね。ただそう思いこんでいたので前面が一部異なっていることに今回の記事紹介で初めて気づきました(汗) 

(第12号記事分)
・京急2100形は2003年に一度購入されたんですね。確か1個目が京急旧1000形で2個目がこちら、当時京急が好きだったんですね。両端に寄ったドア位置や窓が2100形の特徴をよく表しているなと思います。機器の更新が進みましたが、活躍は今後長期間見られそうですね。
・西武E851、国鉄のEF65(こちらは現役ですね)を元に造られたセメント輸送用の電気機関車ですが、今となっては西武で貨物輸送をやっていたこと自体が想像しにくいですね。1996年3月まで実施していたそうで、西武好きの例の知人は秩父在住なのでよく見ていたと思います。製品画像を見るとなるほど色が2台で少し違いますね。機関車系だけが未だに旧シャーシなのは床下機器取付の再現がHGシャーシでは難しいからかもしれませんね。西武で新作Bトレ…やはり6000系に期待したいですね。
・キハ58+キハ65のみえ色、これも懐かしい車両ですね。近鉄に食われっぱなしだった名古屋~三重県内各都市(四日市・津・松阪等)間の客を獲得すべく登場させた快速「みえ」の初代専用車両で、車内の座席を確か新幹線から転用した簡易リクライニングシートに取り替えていたと思います。快速「みえ」は成功を収め、キハ75系に引き継がれて今は常時4両で走るようになっています。僕は、懐かしいと言いながらもこの当時の「みえ」は見ただけで乗ったことは無いです。キハ58やキハ65には四国を中心によく乗りました。ただ確かに静岡や東京に住んでいると気動車には普段縁が無いですよね。あとキハ65のドアが折戸なのは戸袋窓の省略を図ったためだったかと思います。同時期に製造のキハ181も同様ですね。
・京急新1000形ステンレス車、いつの間にか増えているようでそういえば見かけることも増えましたね。初めて見たときにはこれが京急車とは信じられませんでした。車端部のボックスシートがなくなったことも含め他社と同じ標準化が図られたことに「京急よ、お前もか…」とがっかりしたものでした。今はそこまでの強い違和感は無いですが、やはり京急は全塗装車の方が良いなと思います。製品自体はなるほど特徴がよく再現されていますね。ところで、とんでもなく高性能なのはどのあたりがでしょうか?
・485系しらさぎ、僕もHIROKIさんには珍しい特急車両だなと思った1人です(笑) 485系もキハ58系列同様国鉄の標準形式で全国各地に走っていて、JR化後は塗装が多種多様になりましたね。この塗装は681系をモデルにしたのかなと。おっしゃるとおりほどなく683系に置き換えられてこの塗装は短期間で消滅してしまい、僕も一度も乗らずじまいでした。
・「私鉄限定」「一般販売」の違い、説明のおかげでよく分かりました。ヨドバシあたりでも売られている私鉄車両がある一方で現地でしか売られていない車両もあるのがこの違いですね。

(第13号記事分)
・DD51、これが商品化希望アンケートで1位だったんですね。見た感じリアル感はあると思いますが、全体の中で運転台部分がこんなに大きかったっけ?という気がしなくもないです。機関車で旧シャーシでないのはこれが初でしょうか?
・京急800形、画像だけでハズレ工場製かどうかは僕には判別できないですが、2箱のうち1箱は…の説明を聞くと納得します。旧塗装より現塗装の方が人気があるというのは、やはり現役車両や現在の姿の方が需要があるのでしょうかね。余談ですがこの800形は先月東京出張の際に普通電車で乗りました。同行した鉄道好きでない者の感想は「昭和の香りがする車両」だそうで、「快特の方が良い車両を使っているね」とも言われました…
・相鉄、新7000系は今も現役ですが5000系はいつの間にか消えたという印象です。個人的には鋼製車6000系の方が好みだったなと。独特の台車も車体もよく再現されていますね。生産中止になったという新7000系新塗装も発売して欲しい気がします。
・南海22000系、これも製品化されていたんですね。7100系旧塗装は僕の未組み立て品の山の中にあり(汗)、それと似ていますが塗装は異なります。この塗装と顔は良いなと思うので出れば欲しいところですが、期待薄かな。ちなみにこの形式はモーター音も独特で(21000系も共通)結構好きだったりします。22000系時代には乗ったことがなく、2230系改造後に初めて乗りました。あと熊本電鉄に譲渡された編成にも1度乗ったことがありますが、乗ったときは譲渡のことを全く知らず、しかも片側3扉に改造された上に塗装も変わっていたので元南海車だとは見当が付かず、「どこの車両?」と疑問に思いながら乗ったものでした。大概鉄道雑誌で予備知識は得ていたのですがこの件だけは出ておらず、ここまでびっくりしたのも珍しい経験でした。

(第14号記事分)
・BトレのHP掲載、ぜひやってみていただければと思います。これだけ多種多様なBトレを持っているのは凄いことで、それを全部紹介するだけでもかなり充実したページになるかと思いますので。さすが10年間の蓄積は大きいですね。
・メトロ05系、13次車とはまた細かい区分の製品化だなあと。10000系と共通部分が多いから併せて製造発売した感じかなと。でも東西線と言えば僕も5000系…ぜひ製品化してほしいものですね。
・りんかい線70-000形、これも製品化されていたんですね。側面が209系と共通で、しかも八高線譲渡車が先に造られていたので製品化しやすかったのだと思いますが。川重製独特という妻面のリブが随分目立ちますね。開閉可能窓をステッカーで再現というのも面白いですが、感じは出ていますね。実車は埼京線の中で異彩を放つ存在で、見かけるとちょっと嬉しくなりますね(笑)
・近鉄12200系、これまたHIROKIさんには珍しい特急車ですね。近鉄で一番製造数の多い特急車両で、この顔は更新後の現在タイプですね。昔は前面中央の行き先表示がありませんでした。今でも時刻表で印のない特急列車にはこの車両が入ることがあり、僕も昨年末伊賀鉄道に乗った後で乗った特急がたまたまこの車両でした。
・名鉄7000系、僕も再販時に買いました。別途購入した7100系と組み合わせて両開きドア車込み6両を再現して部屋に飾っています。これも細かいところまで造りが丁寧ですね。
・北総7150形、京急からのリース車両でありましたね。この前に7050形というのもあったような。北総の塗装は京急・京成の古い車両にも結構合いますよね。一方、ドアがカラフルになっていたことは全く知りませんでした。派手すぎて逆に合わないような気がしますが…

(第15号記事分)
・小田急4000形、前面こそライト位置の違いと塗色の違いでオリジナル感が多少あるものの、ほとんどE233系2000番台車ですね。3000形以上に小田急らしからぬ形式で、僕も相鉄10000・11000系と同様出来れば乗るのを避けたい車両です(爆) 製品の出来は小田急オリジナル商品らしくこれも良いですね。本気でE233系2000番台車が造れるのではないかと。
・京王6000系、新旧両塗装が製品化されているんですね。5000系と対照的に丸みのない四角車体や窓という特徴がよく再現されていると思いました。僕は引退少し前に京王線沿いを歩いていたときに見た新塗装もなじみがありますが、旧塗装も懐かしく感じます。どちらか一つを選べと言われても困りますね(笑)
・名鉄6000系・6500系は再販のおかげで僕も6000系ばかり4箱購入しています。瀬戸線仕様と本線仕様と造るつもりですが未だ手づかず(汗) 6000系グループは6500系後期車発売で一応は揃ったとも言えますが、やはり6000系初期型と6600系が揃わないと完璧ではないなあ…と思うのは僕が6000系好きだからかも。
・阪急800系、これは僕も現役時代を全く知りません。アメリカ博塗装の存在自体も今回初めて知りました。「何なんだこの派手さは」というのが感想ですが、アメリカの郊外電車のイメージと言われれば分かる気がします。通常塗装は古いながらも阪急らしい落ち着きが感じられますね。
・東急は5000系シリーズが一般発売されているのをヨドバシだかで見た覚えがあります。5080系は目黒線仕様でこのシリーズでは少数派ですね。

(第17号記事分)
・メトロ07系、マイナーな車種なので(僕もこの記事を拝見するまで存在を忘れていましたw)人気が出なかったのは分かる気がします。何かドアの白さが変に目立ってしまっていますね。あと車端の窓の大きさもよく再現されていますね。
・EF58青大将色、こんな昔の車両が(と言っては失礼ですが)一般販売されたのもびっくりです。昔を知るファンにも売れると踏んだのかなと。僕はEF58そのものは見たことがありますが、青大将色は昭和30年代前半で終わったので当然知るよしもありません。現役当時から人気のある機関車でしたが、丸みを帯びた車体は確かに今の機関車にない魅力がありますね。あと製品が何となくおもちゃっぽい感じが拭えないのは旧シャーシだからかもしれませんね。現車の6軸の再現は無理ですが、DD51が旧シャーシ以外で登場したのでこれを機にリニューアルがあってもいいかも。
・阪急、6000系以前の車両は詳しいことがよく分からないです。上がクリーム色なのはそういえばいたなあという程度の認識でして(汗) ただその後の形式は形がそれぞれ異なるので分かるようになりました。確かにそろそろ新製品が出てきてほしいところですね。
・愛環2000系も製品化されていたんですね。まあ313系とほぼ同一車体なので製品化は容易だったと思いますが…2005年というと愛地球博輸送で愛環が大活躍していた年ですね。塗装はおっしゃるとおり順次変更が進んでいますので、新塗装版も出ると良いですね。

それでは、また。
とーます |  2013.03.24(Sun) 20:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/617-41c11e40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。