2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.12 (Tue)

★2013 第12号★

こんばんは。

今週は急ですが特別更新週間wに設定し、月~金は毎日更新していきたいと思います。まぁ最近は2週間に1回程度の更新が続いていまして、ブログを見てくださっている方には申し訳ない状況が続いているので、今週は毎日更新したいと思います。と行ってもネタはほとんどBトレネタですがw

では早速今回は・・・5種類ぐらい紹介したいと思いますが・・・どれにしようかな~・・・

DSCF2660.jpg
1つ目は京急2100形です。画像のものは2011年に一般販売されたものを静岡に帰った際に焼津のジョーシンで購入したものです。まぁ東京の電車を静岡で買うのも変な感じですが・・・で、この2100ですが金型自体は2003年に発売されたものと同じです。その頃は旧シャーシで京急限定。プラットホームもついていました。実はそれが自分のBトレ2個目でして、Bトレではかなり初期の私鉄限定品ですし、自分でも思い出があるものです。ちなみに前面ライトは急行灯が外側の現行仕様でしたが、尾灯の赤が目立ちすぎていたので尾灯は黒く自分で塗っています。2003年のものは内側で、シールにより急行灯外側が再現されていました。

DSCF2661.jpg
先頭Mc。2扉車であることが窓の大きさやドアの位置(車端がドアでおわるという表現)で分かるところがよく出来てるなぁと思いますが・・・ちなみに2003年のものは窓部に内側から黒いスモークガラス再現のためのステッカーがありましたが、以降の再販では省略されています。

DSCF2662.jpg
中間・・・2100形なのでこれはサハですね。2100形は京急の中ではMT比が1:1でM車が少なめですが、余裕で120km/h運行できるんですからすごいもので・・・w このBトレ2100形の側面を見ていると10年前まだBトレが2種だけだったときを思い出します。

DSCF2721.jpg
2つ目は西武E851です。実車は私鉄最大と呼ばれるほど立派な機関車だったそうですが・・・自分はほとんど知らない(E31しかしらないw)んですが、西武ってことで購入したもの。まぁ2005年に西武限定で発売されたあと2009年に一般販売されたもので、自分は2009年の方を西武の売店で購入しています。色が2つで違うそうです。

DSCF2723.jpg
側面。この丸い窓は写真で何回も見たことがあり、面白い形だなと思いました。でBトレですが機関車系は未だに旧シャーシです。で側面もガラスパーツなし。これで普通の電車と同じ値段なんで若干割高感があります。ところで西武さん、そろそろ新作Bトレ出してくれませんかねw

DSCF2790_20130312222527.jpg
3つ目はキハ58+キハ65のみえ色。こちらは2005年発売です。日車夢工房で限定販売されたもので、名古屋の栄に行った際に購入したもの。今は夢工房はネットショップだけになったそうで・・・ほぼ知らない車両ですが、2両で完結+色がお気に入りで購入したものです。前面幕はこれは313系のステッカーからもってきましたw

DSCF2791_20130312222535.jpg
キハ58側。台車もJR東海のグレー仕様をしっかり再現。このグレーを見るとJR東海の車両を思い出します。結構なこだわりがあるようで。。。

DSCF2792.jpg
こちらはキハ65側。ドアが折戸ですね。キハ58といえばまぁ国鉄で超有名形式ですが、自分は1度も乗れませんでした。っていうか気動車自体あんまり乗ったことがありません。

DSCF2655.jpg
続いて・・・もう1つ京急を紹介します。京急1000形ステンレス車です。2008年に私鉄限定で6次車4両セットで発売され購入しましたが、2010年に6次車以降2両セットで一般販売化された際に、2008年のやつのうち2両がいろいろいじってボロボロになってしまったので1セット購入しています。前面の尾灯は自分で黒くしたものです。

DSCF2656.jpg
側面。あのステンレス車の特徴がしっかり現れています。実車が導入されたときはかなりびっくりしたものですが、今では主力といえるほどに増備されており違和感も消えていますね。まぁ全塗装のほうが美しいですがこれはこれでアリだと自分は思います。

DSCF2657.jpg
中間。部品の国産化により整備も容易になったそうですし、とんでもなく高性能だそうですがw Bトレではこのステンレスは発売されていますが、アルミについては600形が発売されたものの1000形は発売されていません。

DSCF2786_20130312222336.jpg
おまけでもう1つ・・・2008年発売の485系しらさぎです。HIROKIには珍しく特急・・・しかも485系 と思われる方もいると思いますが、これは実車画像を見たときに塗装のかっこよさに気づき、ちょうどBトレで発売されていたので焼津で購入したものです。実車は塗り替えからそんなに立たないで683系に置き換えられたそうですね。

DSCF2787_20130312222345.jpg
先頭クロ。このしらさぎはAセットとBセットが発売されAセットは通常顔とクロ。Bセットは切妻の先頭改造車と通常顔となっていました。先頭改造車も気になりましたが、Aセットを購入。

DSCF2788_20130312222510.jpg
中間。で、これが自分が持っている唯一の485系です。485系は自分はそれほど好きじゃない形式なんですが、これは一つもっていて正解ですね。ちなみにしらさぎは2004年にエクスプレスシリーズで販売されましたが、それは金型が違っていてもっと簡素なものでした。

DSCF2789_20130312222519.jpg
先頭。で横のロゴですが、Bトレだとトイレの窓と干渉してしまっていますね。

以上。今回もまとめて紹介しました。ところで、よくブログで「私鉄限定」「一般販売」などと言っていますが、一応この言い方を説明すると「私鉄限定」はある特定の鉄道限定商品で、一般的な店にはおかれず、その私鉄の売店やあるいは博物館などでしか手に入らないものです。Bトレ初期には私鉄商品は「私鉄限定」が一般的だったので、そこにいかなければ購入できないことが多かったです。今では鉄道会社で通販サイトがあったりするので購入できる可能性もだいぶ上がっています。ですが、それが出来ない会社もあるので、「欲しいなぁ」と思っても購入できないことがあります。最近だと・・・東急9000系、京王9000系、メトロ6000系などがそれです。ちなみに以前会社限定で発売されたものが後に一般販売化されることはありますが、全部がそうでは無いですし、逆に最近は一般販売で私鉄車両が出ることも多いので、どちらかというとこの販売形態は減っているかな。
ちなみにこういうのは個数限定なことが多いですが、小田急のTRAINSはそういう販売形態ではないため「私鉄限定」とはいわず「オリジナル商品」と言っているようです。

一方で一般販売ですが、これは普通の店で販売されるもので設定上は全国どこでも手に入りますが・・・実際はそうでもなく、静岡も良い例で数店舗でしかBトレはおかれていませんので、「どこでも」は理想に終わっているなという状況です。で一般販売だからっていっぱい出回るとは限らず、東急1000系などは人気過ぎてすぐ品切れになったりしています。ちなみに一般販売の中にE231系などのような「定番セット」というのがありますが、こちらは何回再販されても一定の人気があるようで、随時追加製造が行われるそうです。


ところで、4月には東急5050系4000番台とY500系が一般販売されますが、通販で予約しておきました。送料を入れても定価以下でしたし、確実に手に入るのでよく使いますが・・・この2種は楽しみです。

ではこのへんで
スポンサーサイト
22:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/618-309ce431

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。