2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.16 (Sat)

★2013 第16号★ 追記済み

こんばんは。

いよいよ3月16日、西武池袋線・東武東上線・メトロ副都心線、東急東横線、MM線の5社直通運転が始まりました! で、今日は早速「撮影者多数」を覚悟の上で「いつ乗るか? 今でしょ」ってことで早速行ってきましたのでまぁ掲載していきます。

DSCF2821.jpg
駅までは家族に送ってもらいまずは所沢へ。ちょうど34分発新所沢行き→36分発本川越行きの2分間隔のところだったので、新所沢行きのほうが並んでいたので後の本川越行きの2000系6連に乗車。2分差なので所沢までは徐行です。この区間は比較的速度を出す区間ですが60km/h前後で走るようです。放送で「~渋谷・横浜方面はお乗換です」とあり、ついに西武線でも「横浜」が聞けるようになりました。

DSCF2822_20130316213634.jpg
所沢EV。ここも隠されていた「横浜」方面がお目見えです。東村山・西武新宿と並んで「横浜」。西武線も変わったなと感じます。

DSCF2832.jpg
で、まぁ池袋線ホームについて15分後ぐらいに快急があったのでそれを待ちます。でいよいよ「快急元町・中華街行き」ですが・・・表示機は「渋谷・横浜方面」と「元町・中華街」の交互表記でした。これは新鮮です。ちなみに自分に限らず数人がこの表示機を撮影していました。で、接近放送ですが「まもなく3番ホームに快速急行、渋谷・横浜方面、元町・中華街行きが10両編成でまいります」となっていました。まぁ元町・中華街だけよりも分かりやすいので良いと思います。

DSCF2834_20130316213644.jpg
車両は・・・6000系でした。東急直通は是非西武車で、と思っていたので当たりですw で、ひばりヶ丘までは結構空いていましたがそれ以降は混んでいました。で練馬でもあまり降りずにそのまま直通して渋谷へ。ただ今までの土日の副都心線も急行は混んでいたので、まぁお試し乗車が無くなれば元に戻りそうです。。メトロですがどうやら車内放送が更新され、英語放送も含め詳細化していました。が、到着時などは放送が長すぎて「出口は~」の時点で既にドアが開いていることもw で渋谷からいよいよ東急線。渋谷では乗客の半分程度が入れ替わりましたが、座席は空かず・・・これ東急渋谷からの利用者はやはりサービスダウンになった感がありますね。
で、そのまま武蔵小杉へ。6000系ですがメトロ線内同様に高加速でしたが、微妙~に東急の激しい運転についていけないのか、なんか加速が苦しそうで、そのためか逆に急停車が3駅とも続きました。東急線内の混雑度ですが、これは特急という点を考えれば特に変わりないように感じました。ただ西武に慣れてると結構混んでるなという印象。あ、あと東急も自動放送が更新され若干声のトーンが高くなったのと「東横特急」と放送していました。これは武蔵小杉で撮影。ついに西武6000系で神奈川県まで来れるようになりました。

DSCF2837.jpg
まぁ武蔵小杉で下車しましたが、とりあえず直通で東急まで入るのが目的だったので折り返しますが、若干撮影。各停です。各停は渋谷発着が増えたせいか以前より空いている印象です。ところで5050系・・・じゃなくてコレは5000系ですが、「8CARS」のステッカーがついていますね。ただ、貼る場所・・・もう少しどうにかならなかったのかなとw

DSCF2840_20130316213848.jpg
次の各停。これも5000系だw 武蔵小杉の横浜方面ですが、このように撮影は微妙です。どちらかというと反対側の渋谷方面で撮影者が結構いました。

DSCF2841.jpg
まぁ南北線9000系も。今日の目的はこれじゃないのですが、せっかく来る電車は撮影しておきます。

DSCF2842_20130316213904.jpg
4000系(当ブログではこの表記)が来ました。東上線からの貴重な東急車です。同じ東武でも伊勢崎線系統では東急車も目立ちますが、こちらでは貴重なようで。。。

DSCF2843.jpg
ホーム一杯に停まるはずが・・・あれ、ドア1つ分ずれていますね・・・w まぁドア開閉許容位置のようですが、これは派手に停車位置すぎちゃいましたね。。。ところで4000系は4月に「ヒカリエトレイン」がデビューするそうですが、車内の内装も特別仕様で新造されるようです。となると、今後普通の4000系が製造されたりする場合に内装がそれに準じたものになるかもしれないので、注目ですね。


DSCF2846_20130316213921.jpg
その後メトロ7000系が来ました。まぁお試し営業で走っていましたが自分は初撮影。

DSCF2847.jpg
直後に渋谷方面へ向かう6000系を記録程度に撮影成功。6000系の特急・・・うーん違和感ありすぎですw

DSCF2848.jpg
7000系ですが・・・お、各停が緑地ですね。まぁ東急の各停は青なので3色LEDではそれに近い緑にしているようです。それにしても「元町・中華街」の小ささがw 種別幕を使えば広くなりそうですね。。。

DSCF2856.jpg
このあと切符を買いなおすついでに時刻表を購入して渋谷方面ホームへ。ちょうど小手指行きが来ましたが、前は空いていたのに後ろはかなり混んでいたので乗車を断念。まぁ特急は以前からこうなので変わりない感じ。

DSCF2857_20130316214038.jpg
そのあとは渋谷行きが2本連続・・・1本目にはメトロ7000系のアルバイト運用。このように緑表記の各停。西武では準急・快速は緑ですので逆ですね。

DSCF2859_20130316214045.jpg
案内板。ここに「所沢」「川越市」が見れるようになったので、いよいよ直通が開始されたんだなって実感が湧いてきます。今まで考えられなかったことが現実になっていますねホントw

DSCF2865.jpg
もはやここは何線の何駅なんだ状態w 表示機に両数が出るようになりました。で和光市行きに乗車。メトロ7000系でした。やはりこっちも東急の運行についていくのが難しいのか、激しい揺れと停車時衝動がひどい感じでした。「だいぶ無理してるな~」って印象でした。途中川越市行きに抜かれる以外は和光市まで先着なんですが、自由が丘で特急に乗り換える人が多く座席が開いている程度で渋谷へ。渋谷からは今までの副都心線各停と同様に席が普通に開いている状況。初日からこうなので日中の各停混雑は心配する必要がなさそうw 東新宿での待ち合わせもなしです。ちなみに7000系ですが乗降促進音を出せるようになったようで、独自のメロディ+放送になっていて、メトロ線内でも駅のメロディと電車のメロディが被ったりしていましたw

DSCF2869_20130316214140.jpg
で小竹向原まで移動。ATOは今までブレーキがきついと思っていましたが、東急の走行からATOになると「あれ?こんなブレーキやさしかったっけ」って感じましたw で新木場からの電車があるかもと思いましたが、結局あとの快急接続でした。

DSCF2870.jpg
表示が切り替わりますが・・・「小竹向原から先、西武線内は○○です」。字が多すぎて見づらいというか、よくこんな表示ができるなというか・・・w 西武線の表示機並みの大きさがあると良さそうですね。
で快急は5分遅れ・・・○○K表記の西武6000系・・・早速代走ですかw この6000系はLCD車でしたが、LCDの表示が変更されていました。というよりメトロ10000系や東急5050系と同じようで、どうやらあわせて同じものに更新したっぽいです。所要時間とかもしっかり出るようになりました。それと練馬から乗ってくる人はわずかで下りの快急は席が空く状況で、以前の快速と同じ状況っぽいです。

DSCF2871.jpg
石神井公園到着。昼食のため一旦下車。駅に戻ろうとしたら国際興業エルガのPASMOラッピングがいたので撮影。

DSCF2876.jpg
でいつもの場所へ。今日は5,6人は撮影者がいました。いつもは誰もいない隠れスポットなんですが、今後しばらくは人が来そうです。で早速メトロ10000系の各停小手指行き。日中に登場した種別ですね。緩行線から石神井公園手前で転線するようで・・・今まではこの転線はありませんでしたね。

DSCF2881_20130316214305.jpg
早速東急5050系がいました。まぁこの構図に東急も加わることになりましたね。西武線の駅ですがなんか違和感がw ところで「各停」ですが西武線やメトロ線内では青色ではなく無色に白色の西武と同じパターンになっているようです。東急車は青色だったり黒色だったり、田園都市線では無表示だったりと色や表示バリエーションが豊富ですね。

DSCF2882;
6000系の快速急行が来ました。しかも小手指行きのほうです。さらに直通PR車でヘッドマーク付でした。というよりこの日から取り付けだったようです。ところで西武の「M」ですが目黒線の埼玉高速車とかぶるようで、一部で変更の噂が出ていましたがMのまま。まぁつまり東急はそこはそれほど気にしないようです。

DSCF2883l.jpg
先ほどの5050系を無理やり撮影。

DSCF2884_20130316214442.jpg
先ほどのヘッドマークです。直通運転開始当日にこれが来るのはラッキーでしたね。

DSCF2886_20130316214340.jpg
で時刻表のところでお話しましたが、本当に準急が内側線に入って退避しています。待避線側の準急ということに違和感がw 正直なところかなり直通系統優先ダイヤになっていますが、東武とは真逆ですねw

DSCF2887_20130316214524.jpg
各停保谷行きですが・・・今までほとんど見たことの無い、「6000系の保谷行き」。一部の撮影者はこれをしっかり撮影していましたw まぁ自分もですが、これは西武好きほど早く記録したい組み合わせですねw 微妙に右に黄色い電車がw

DSCF2889_20130316214531.jpg
表記をアップで。ちなみに駅の構造的に西武池袋発着でも10両の保谷行きはできなくもなくなっていますが、一応「非常時対応」なんで保谷行き6000系は直通系統のみです。

DSCF2890l.jpg
走っていった20000系を撮影。ところで、保谷行きの直後にすぐ次の各停が来る(時刻表で触れたとおりの各停が各停に抜かれるダイヤ)のですがダイヤが少しだけ乱れていたこともあって発車と同時に放送がなり、1番線側に徐行して入線してきました。予想通りガラガラでしたねw でこちらも転線して入線です。

DSCF2891l.jpg
特急も一応。ズームをかなりしているのですが、意外にもしっかり撮れているようで。。。ちなみにこの日レッドアロークラシックは新宿線にいた(東村山駅テープカットにかりだされた)ようで・・・全く縁が無い車両ですね・・・

DSCF2892_20130316214550.jpg
次の各停保谷行きですが・・・来ましたY500系!こいつを早速西武線内で撮影できるとは思っていなかったので良かったです。Y500系は種別が幕ですが画像のように黒幕になっています。

DSCF2896.jpg
なんてことはないY500系の停車中の画像ですが・・・西武の行先、案内表示機、ドア位置表記など、明らかに「西武線」を走ってることがわかる画像になっていますw

DSCF2899.jpg
「元町・中華街」表記を無理やり撮影wさっきの東横線みたいに何線なのか分からない表示になっていますねw

DSCF2901.jpg
東急車の快急表記を無理やり撮影。東急車が来ると何故か快急がさらに速そうなイメージが湧いてきます。

DSCF2903l.jpg
4000系後追い。ところで東武時刻表で東急の東上運用が少ないのでちょっと心配していましたが、西武には結構入ってきているようです。まぁ時刻表についてはあとで詳しく書く予定です。

DSCF2904_20130316214716.jpg
新2000系超更新車。今までどおりの変わっていない準急ですが、やはり西武好きなので黄色い電車は無視できません。でこいつ何故か8両準急です。この時間での8両準急は今までは無かったと思われます。

DSCF2906.jpg
でこれは時刻表で見ていなかったのでびっくりしたのですが、ここで保谷行きと当駅より各停の飯能行きが接続するようです。また「各停が各停を抜かすダイヤ」になっていますねw 以前は保谷どまりは保谷で2分程度の接続で準急で来る各停接続でしたが、こちらのほうが後発の電車のつまりがなくなるので良いかもしれません。

DSCF2910_20130316214807.jpg
Y500系がもう戻ってきましたw 撮影者が多く後ろに下がれなかったので後ろまで撮影することはできませんでした。これ後述しますが、おそらく保谷2番に入線→2番で折り返しとなっていると思われます。だから早く帰ってこれたかと思います。

DSCF2911.jpg
後追い。お、ちょうど黄色い電車と並んで発車していきました。西武線にY500系が来ているっていうことが証明できる画像になりましたw 石神井公園も地上時代から大きく変わって西武で一番新しい高架駅になりましたが、複々線化→そしてY500系入線と数年で大きく変わりましたね。

DSCF2912.jpg
次の快急飯能行きですが・・・東急4000系でした。これで西武線に入ってくる東急車を一通り撮影できましたね。目標達成です。で4000系は以前に快速で見たことがあるのでY500系よりインパクトは薄いですかね・・・w

DSCF2915_20130316214834.jpg
各停保谷行き6000系。

DSCF2916_20130316215015.jpg
メトロ7000系の当駅どまり。やはりメトロ・西武線内では各停がオレンジ色に変更されるようですね。ちなみに後で触れますが、土日の日中のメトロ車による副都心線→西武線の運用は結構少ないようで、意外と珍しいかもしれません。

DSCF2917l.jpg
各停池袋行き新2000系もしっかり撮影。しかも新2000系同士が並んでいます。まぁ別にありえない光景ではないですが、意外と自分は初見ですw

DSCF2918.jpg
微妙ですが、一応2編成並んで走行していることがわかるかと。個人的にはこの光景もまだまだ新鮮です。

DSCF2919l.jpg
今回から登場の「各停」飯能行き。撮影後乗車しようと思ったのですが、停車時間がわずかで、わずかに間に合いませんでした。

DSCF2924.jpg
で次にきた各停小手指行きで所沢へ。途中ひばりヶ丘で快急と接続。清瀬を過ぎるとかなり空いてきて車内に数人しかいなくなりました。

DSCF2930.jpg
この表示機も順次更新されLCDになるようなので、いっぱいあるうちに撮影。乗車したのはドア窓でもわかるかもしれませんが6000系アルミ車。で西武線内で乗ると加速も抑えられますし、西武のブレーキは結構やさしめなので体が覚えているのか、自然な感じで、やっぱり自分は西武線利用者なんだなと感じましたw

DSCF2934.jpg
所沢では始発の西武球場前行きに接続。これまぁ新2000系超更新であることは別に珍しくありませんが、実は10両での運行です。優等種別の返し運用だと思われますが、各停表記の新2000系10両は自分には珍しく感じました。

DSCF2939.jpg
その後、西武新宿行き2000系で東村山へ。ちょうど本川越行き特急表記が反対ホームで見えたので撮影しておきました。ところで所沢で目撃しましたが新2000系8連未更新車が何故かフルカラーLEDになっていました。おそらく新調したものでしょうけど、超更新でも途中で中止されたフルカラーLED化が何故未更新で採用されたのかちょっと謎です。ただ、特に新宿線にいる3色LEDの黄色い電車はLED劣化が激しくしっかり表示されてる車両の方が少ない感じで、交換時期に来ているのは確かで今後3色LED搭載車に変化が見られる可能性もありそうです。個人的に方向幕かフルカラーLEDの方が色が出ていて好きなので是非交換してほしいところではありますw

DSCF2940.jpg
一方で5番ホームですが・・・何が起きたのか大変なことになっていましたw

DSCF2948.jpg
で西口に降りて迎えを待っていると、西武園行き新2000系4両・・・ん?と思って近寄ってみるとベンチレータ全撤去車でした。屋根がすっきりしすぎて西武線っぽくない感じがw ちなみに先頭Mcのパンタ撤去跡も完全に撤去されていました。これから増えていきそうです。それと新2000系4連に余裕ができたので西武園運用はこれからはこれが主流にもどったっぽいですね。
ところで、狭山線で最後まで活躍していた新101系241編成ですが、今日多摩湖線踏切で目撃しました。まぁ白塗装のワンマン更新ですが、ベンチレータがすべて撤去され屋根がすっきりしていました。なんか101系っぽくないですが、今後の入場車などはベンチレーター全撤去で出てきそうです。
それと多摩湖南線の「萩山行き」ですが、これはやはり2番折り返しで間違いなさそうです。で2分程度で折り返す西武らしいきびきびとした折り返しです。逆に西武新宿方面利用者には不便になったのと、西武としても国分寺に客がより流れていくため運賃収入的にも低くなると思いますが、どちらかというと国分寺方面へ行く人が日中は多いという客の流れを考えており、また路線的にもやっと多摩湖線の両側が同じ路線っぽくなったことになりますね。
さらに、今回の改正から日中の一部の保谷どまりが2番線到着→そのまま2番線で折り返しになったようです。まぁ折り返し時間や待機時間捻出(上り線だと待機時間がわずかしかとれない)のためと思われますが、JRっぽい折り返しですね。これ、新宿線の田無、上石神井みたいな配線だったらより便利でしたね。


ということで以上です。とりあえず初日にこれだけいろいろ記録できれば満足です。で、やはり東横線から副都心線方面に移動する人やその逆の人には特に「直通化で座れなくなった」こととJRからの乗換が不便になり「利便性悪化」になって、もしかするとJRに流れる人もいるかもしれません。一方で西武線などからだと1本で東横線までいけるので便利になっていて・・・・まぁここは難しいところでもありますが、各停もたくさん乗り入れており、個人的には直通には賛成です。ただこの日は全体的に数分遅れていましたし、これが平日どうなるかが一番の課題かと思います。
それと切符ですが、やはり3社(東横とMMは同一として)直通の切符は買えません。例えば西武線内だと副都心線渋谷まで。東急線内だと副都心線和光市までで、精算する必要があります。ICカードが普及していますが、これが買えるとより便利かなと思いました。まぁ全駅まで行かなくても例えば「飯能」「川越」「横浜」「元町・中華街」ぐらいだけ限定でも良いかも知れません。

で、東急時刻表を購入しましたが、東急も時刻表に「K」とか「M」表記は無いのですが、今日の運用を照らし合わせてみたところ数字部分でどの会社の車両かわかるようで・・・これも紹介しておきたいですが、とりあえず初日に画像だけでも掲載しておきたいので、一旦ここまでにします。

で以下は追記です。

で東急の時刻表を購入してきましたが、一見どこの車両が充当なのか分からないのですが、数字の1桁目でどうやら判別できるようです。で東武の時刻表にはK、S、Tがあるのでそれと照らし合わせてみて、それと今日撮影した列車のダイヤや乗車した列車のダイヤを調べてみたところある法則があるっぽいことが分かりました。
で東急は6桁の数字で管理しているようで、時刻表に出ているのですが、東横線のみ一番左の桁の数字が「0」「1」「7」「8」の4種類があるのですが、
0・・・東急車(4000系、5000系、5050系、Y500系)
1・・・西武6000系
7・・・メトロ車(7000系、10000系)
8・・・東武車(9000系、9050系、50070系)
となっているようです。つまりそこを見れば次に来る電車がどこの会社の車両なのか分かりますね。まぁ今日の「K」を西武6000系が代走なんてこともあるので、確実にどこどこの車両が見えるとは言えないので、そこは責任持てませんので・・・ あくまでも個人的に調べてみただけですので。。。で、田園都市線とかもそれがあるのかと見たのですが、一番左の桁は全部0だったのでそのわけかたではないようです。
で、以前、東武時刻表で東上線が「K」があんまり無いという話をしましたが、例えば平日の横浜方面の日中で東上線川越市を10時00分~16時00分に発車する副都心線直通列車は、

平日横浜方面(東上線川越市を10:00~16:00に発車する列車)
7(東上線だとS)=9本
0(東上線だとK)=1本
8(東上線だとT)=0本

土日横浜方面(同様)
7=5本
0=4本
8=3本

つまり東上線から横浜方面直通列車のうちメトロが圧倒的に多くなっていて、東武運用が一番少なくなっているようです。ということで日中に東武直通で東武車を撮影するのはなかなか難しいですね。これは「東武」田園都市線とは真逆ですねw

もう一つ例で東急から西武線飯能方面へ入る運用を調べてみると、

平日所沢方面(小竹向原を10:00~16:00に到着する西武直通列車)
7=6本
0=13本
1=5本

土日所沢方面(同様)
7=3本
0=17本
1=5本

8両各停の乗り入れがあるためか、東急運用が圧倒的多さですね。でメトロは少なめですね。東上線方面にメトロが多く、西武線方面に東急が多くなっているようですね。まぁ車両の使用料とかの関係でこうなっているのかな。まぁそのへんは分かりませんが、西武線内では東急を結構見れるようです。メトロの西武線直通は新木場方面で増えている可能性もありますね。
あと、西武による和光市入線ですが、この改正後も残ったようで和光市発の東急線急行の運用にもついているっぽいです。西武は東急車は来ますし、快急ですし直通に意欲的な感じがして「直通が始まった」ことをより実感できる感じがしますね。
で4月号の東京時刻表も購入したのでメトロの時刻表で答え合わせをしたいと思いますw

では今回はこのへんで
ではとりあえず一旦終了です。
スポンサーサイト
21:52  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

せんげん台で曳舟を後発した準急に追い越されるパターン>
確かにありましたね。「準急」「区間準急」の各停区間がそれぞれ異なっていたので、分かりづらいダイヤでしたが、面白いダイヤでしたね。

池袋口で大混雑になるか、利用のされ方がちょっと気になりますね。>
これ、改正当日に偶然母の妹がこの12分の各停に乗ったそうで、混雑度を聞いてみたところ「空いていた」と言っていました。今は「各停よりも優等列車の方が速い」というイメージがあると思うので、逆に空いているのかもしれません。徐々に「速達各停」が浸透していけば混雑するようになるかもしれませんね。

完全に快速急行優先ダイヤですね。>
そうですね。やはり東上線系統と正反対のダイヤですね。西武がいかに横浜直通に期待していたかがうかがえますね。

池袋駅ではその点が案内されるかなと思います。>
そうですね。となると、むしろ混雑分散になって、快速急行利用が増えてちょうど良い乗車率になりそうですね。

何とも不可解なダイヤ>
地下鉄からの列車は数分遅れることがよくあるので、実質ほぼ続行運転になっているようですね。この点では新宿線の東村山~新所沢の2分差運転と似ていますねw

新宿線とは対照的に随分複雑なダイヤになりましたね。>
今まで以上に複雑で、日中のダイヤを覚えるのは大変そうです。一方で新宿線はほぼ時刻表いらずの均等ダイヤで・・・同じ私鉄でここまで性格が異なるのも西武ならではですね。

案外早く見直しがかかってしまう可能性は確かにあり>
そうですね。今のダイヤが浸透したときにどこまで利用率が上がるかが勝負なのかなと思います。

見事と思いますが無理している感が否めず、現実にこのダイヤが維持できているかどうかはやっぱり疑問符>
まぁ西武は通過待ちと接続の時間がほぼ同じというか、むしろ接続の方が待機時間が短いことが多く謎ですねw で、今まで以上にダイヤの維持が難しくなっているので、確かにどこまで正確に運転できているのか気になりますね。遅れが常態化となると均等ダイヤでも利便性が悪いですよね・・・

その時も昼頃でしたが上り線は2~3分の遅れが出ていました。 >
そうでしたか。まぁ各停の折り返し時間に余裕が生まれたので各停は遅れて到着してもまだ大丈夫なんですが、急行は既に発車時刻になってから入線してくることがあり、結局全体的に遅れてしまっている状況ですね。

新所沢ですぐ接続をとるためでしょうが2分差で続行はすごいなあと。>
まぁ東村山で接続していますが、新所沢まで行ってもすぐ乗り継ぎできるようにしているのは、接続が重視されている西武の特徴が出ている感じがします。

適切だなと感じました。>
そうですね。この表示方法は工夫したなと感じました。

不便になった感はやはり否めない>
まぁ並べば特急でも確実に座れますし、折り返し時間もある程度余裕があったので、突然不便になってしまった感じですね。

VVVFの6000系やメトロ7000系をして苦しそうな運転>
まぁメトロ10000系でさえ変な振動が出てくるほどなので、この2形式だとそれよりも苦しくなりますね。ただ西武6000系に関しては各停には入らないので、まだ余裕があるのかもしれません。メトロ7000系に関してはブレーキでさえもついていけてない感じだったので、今後が気になります。

東横特急が出来た時から速さを意識するようになった感じを受けます>
確かに急行のみだった頃より速さを意識していますね。まぁそれだけJRの湘南新宿ラインは強い相手といえるのかもしれませんね・・・w

こうなるとVVVFでない東武9000系が東急のダイヤについて行けるか…>
そうですね。まぁ起動加速度的には東急9000系より良いようですが、高速域はVVVFの方が強いと思うので微妙なところでしょうね。

9000系が東横線内で実際に走る機会が少なく、影響が出ても小幅にとどまる>
そうですね。まぁ趣味的にはかなり面白そうで、乗ってみたい存在ですけどね(東武線内で体験できない110km/h運転など)・・・w ところで田園都市線系統では東急が東武にチョッパ車を入れていますが、東横系統では逆になっていますね。ところで、田園都市線では東武がかなり存在感出していますが、東横線内ではこれも逆と、東急もこの2路線でかなり違いますよね。

4000系ともども東横線で10両運転が始まったことも分かります。>
直通開始のインパクトが大きいので、10両開始というのが影が薄くなっている気がしますが、2両増車というのは結構大きい気がしますね。

東武50070系だとどんな表示になっているのかなと。>
そうですね。まぁ50050系で「東武動物公園」と表示させるのと同じになるわけで・・・見づらそうですね

「和光市」「川越市」だったり、こうした大きな変化を見るとわくわくしますね。>
そうですね。ちなみに、サラリーマンの方たちだと思いますが「そうか、今日から直通か」とつぶやいている声も聞こえたり、初日ならではの光景も見られて良かったです。

小竹向原駅なのでこの表示自体が不要では?>
確かに、ここから西武線内ですし必要ない感じもしますが、まぁメトロ内で共通化したいのかなと思います。ただ、この表記、表示が多すぎて見づらいですね・・・w 「小竹向原から先、快急」あたりでもいい気もしますね。

何しろ会社別に種別が切り替わるので。 >
コレに関しては田園都市線系統よりも多いですからね。京急~都営~京成並みの複雑さですよね。

老朽化したLED+タイミングのずれたドアチャイムのままでしたか? >
そうでした。特にLEDやドアチャイムに調整が加えられた様子はなく、遅すぎのドアチャイムでしたね。でもLCD設置が少しずつですが、進んでいるので案外無くなるのもすぐかもしれません。

渋谷始発の増便を求める声が出てきそうですね。>
そうですね。渋谷始発で思い出しましたが、東急方面の渋谷行きは横浜方面ホームに直接入るようで乗換は不便のようですね。そうなると新宿三丁目での折り返しが増えると便利かもしれませんね。

「各停」表示の色が東横線と違い西武式に合わせてあるのも新鮮に映りました。>
そうですね。で、メトロ線内でもこの幕だったので、東横線渋谷で切り替わるようですね。細かいところですが、乗り間違い防止になりますね。

これを初日に撮影できたのは良かったですね。>
そうですね。しかも1本目に来たというのは運が良かったですw 直通開始なんでもちろん東急車の撮影もしたいですが、身近な車両でこういうネタ車両を撮影できるのも良いですねw

準急が石神井公園で待避線側にいるというのも何か変な感じがします。>
個人的には、これが一番「ダイヤ改正したんだな」というのを感じた光景でしたねw

ちょうどこの日に実現していたとは。>
新宿線へのクラシック入線ですが、数ヶ月に一度1週間ぐらい限定で入線したりするようですね。まぁ新宿線にもなしかしら「ネタ」車両があると良いですね。

初日に早速記録できてこれまた良かったですね。>
Y500系は試運転でも入ってきてなかったので記録できて良かったです。ちなみに行きに石神井公園の留置線にいたので「後で撮影できたら」と思ったら本当に来たのでよかったです。

車両全面のデザインが独特で目をひきますね。>
横浜をPRするにはラッピングよりも効果がありそうで、飯能などにも入線するとPRになりますね。まぁ8両なので、可能性としては日中以外になりますが。

本当に西武らしからぬ状況になっていますね。>
確かにそうですねw

保谷まで回送としてもさしたる影響が無さそうな気が。 >
まぁ下りの場合はあまり影響が無さそうですね。上りだと保谷始発を狙う人がいますし、まぁまぁ需要がありますが・・・まぁ西武線池袋利用者の利便性も維持する目的で保谷行きにしているのかもしれませんね。

所定ダイヤでありましたっけ?>
実は土日夕方に2本だけ存在しますね。で、これの返しは準急池袋行きなので、おそらく10両が通常だと思われますね。ちなみに、17日に早速野球関連の臨時で東横線内で「西武球場前」が見られたようです。

新2000系未更新車にも付いたというのは僕も意外>
新宿線では6連1本に続いて2本目ですね。超更新車も新宿線車両はフルカラーですし、新宿線の方がフルカラー化が何故か進んでいますね。ところで、3色LEDはいい加減限界(正しい表示の方が珍しい)なので、フルカラー化が進みそうですね。

JR西日本の103系等体質改善車がまず思い浮かびます。>
確かにJR西もそうでしたね。西武ではこれのように全撤去もありますが、中途半端に3個中1個だけ撤去されている編成や、先頭だけというのもあり色々な形態があるようですね。

その時間帯は1編成で行ったり来たりしているのでしょうか。>
1編成で行ったり来たりしているようですね。まぁ西武ではわずかな時間での折り返しとかは結構あるので、特に無理があるわけでもなさそうです。

切符の発売範囲は変わらなかった>
そのようですね。ちなみに西武だと例えば武蔵大和だと小竹向原までしか買えませんね。

実際に精算するケースは多くない>
そうですね。しかも自動精算機でそこまで手間がかかるわけでも無いですし、まぁ問題ないといえば無いですね。

観光需要はそちらで対応&PRで利用促進するということでしょうね>
そうですね。最近はいろいろなところでそういう観光切符が出ていますね。

コメントありがとうございます。またよろしくお願いしますね。

HIROKI |  2013.03.27(Wed) 22:03 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。今回の記事と、ダイヤ改正の時刻表関連をこちらでコメントさせていただきますね。

新ダイヤ、最初に紹介のあった平日朝の抜きつ抜かれつダイヤがまず面白いというか、各線区で優等種別と各停が必ずしも一致しない複雑なダイヤ編成ならではの珍現象だなと思いました。似た例は昔半蔵門線~東武伊勢崎線直通列車が東武線内区間準急だった頃、区間準急が曳舟で準急と接続を取って先行するのに新越谷以北各駅停車となり、せんげん台で曳舟を後発した準急に追い越されるパターンが日常的に見られましたが、それを思い出しました。
飯能毎時35分発の準急と毎時06分発の各停は、ひばりヶ丘までは快急・急行の待避(接続)パターンが一緒ですね。まあ準急も石神井公園までは各駅停車ですし。所沢毎時12分発の各停、西武HPに出ていた各駅時刻表を拾って読んだときは東長崎待避かと思っていましたが、読み違いだったようでやはり池袋先着のようですね。なんと速い各停であることか(笑) HIROKIさん的に利用したい列車ではないかと思いますが、遠距離利用者が多いかどうか、池袋口で大混雑になるか、利用のされ方がちょっと気になりますね。
下り準急は快速急行を石神井公園で待避…完全に快速急行優先ダイヤですね。逆に池袋からだと毎時10分・40分に乗れば石神井公園で快速急行に乗り継げて先行できるとも言え、池袋駅ではその点が案内されるかなと思います。一方、各停が毎時2本練馬で保谷行き接続→保谷行き先行というのは何とも不可解なダイヤですね。地下鉄直通列車がうまくはまらなかったのかと(爆) それにしても新宿線とは対照的に随分複雑なダイヤになりましたね。ここまでして快速急行や地下鉄直通列車の利便性を高めたのに利用率が低いとなると、案外早く見直しがかかってしまう可能性は確かにあり、結果が吉と出てくれれば良いですね。
新宿線は特急が入って各停待避する時間帯でも各停のパターンダイヤがほとんど崩れていないのが不思議でしたが、1分程度で待避するように組んでいたとは。見事と思いますが無理している感が否めず、現実にこのダイヤが維持できているかどうかはやっぱり疑問符がつきます。実は今月9日(土)に高田馬場で用事があり、品川から山手線に乗りましたが西武に乗りたくなって新宿で下車し、西武新宿→高田馬場間だけ乗りました(各停田無行き2093編成8両)。その時も昼頃でしたが上り線は2~3分の遅れが出ていました。

ここからは本記事メインの改正当日撮影行について。早速大きな変化を目の当たりに出来、お目当ての車両の撮影も出来て良かったですね。
・東村山から乗車の本川越行きは6連ということで国分寺線からの直通電車ですね。新所沢ですぐ接続をとるためでしょうが2分差で続行はすごいなあと。
・所沢で「横浜方面」と聞くのは新鮮ですし、遙か遠くまで行けるようになった印象を受けますね。所沢の行き先表示と案内に「渋谷・横浜方面」が入っているのは、確かに「元町・中華街」だけだと行き先も経由地もなじみのない乗客(おそらく西武線利用者の大多数)に分かりにくいので適切だなと感じました。
・乗車列車は西武6000系、西武からの直通を実感するには最適でしかもHIROKIさんが好きな車両が来て良かったですね。渋谷で座席が空かなかったのは改正初日ということもありまあ予想の範疇ですが、東急渋谷の利用者には駅の位置が地下深くなったことやホームが狭くなったことなども含めて前日までより不便になった感はやはり否めないと思います。
・東横線内、VVVFの6000系やメトロ7000系をして苦しそうな運転というのが、いかに東急の運転が激しいものかが分かりますね。昔はそんなイメージは無かったのですが、東横特急が出来た時から速さを意識するようになった感じを受けます。こうなるとVVVFでない東武9000系が東急のダイヤについて行けるか…と思いましたが、東武車の東急乗り入れは少なくとも日中は随分少ないみたいで、9000系が東横線内で実際に走る機会が少なく、影響が出ても小幅にとどまるかなと思います。
・武蔵小杉での画像、確かに6000系が「特急元町・中華街」を表示していて東横線内に入ったことを示していますね。それ以上に上りの「特急飯能」…他社線内とはいえ6000系にこの行き先・種別は違和感ありまくりですね。また、4000系ともども東横線で10両運転が始まったことも分かります。その4000系、「ヒカリエトレイン」登場は初耳でした。新造で登場するとのことでどんなものになるか確かに気になりますね。
・メトロ7000系は東横線内では各停表示が緑色、メトロ・西武線内では各停がオレンジ色と会社別に変化させているのは面白いと思いました。しかし「元町・中華街」の字が確かに小さいですね。さらに小さいと思われる東武50070系だとどんな表示になっているのかなと。
・西武所沢とは逆に武蔵小杉で案内板に所沢や川越市が表示されたり行き先が「和光市」「川越市」だったり、こうした大きな変化を見るとわくわくしますね。
・「小竹向原から先、西武線内は…」の案内表示、そもそもここは小竹向原駅なのでこの表示自体が不要では?と思ってしまいましたが。確かに他のメトロ線内各駅ではあった方が良い案内ですね。何しろ会社別に種別が切り替わるので。
・西武6000系のLCD、他社も併せて同一内容に更新したんですね。それが妥当だと思います。そういえば行きの6000系は老朽化したLED+タイミングのずれたドアチャイムのままでしたか?
・副都心線各停は今まで同様に空席が目立つとは…初日でこの状況とは。もちろん東急・メトロ両方各停だからというのが大きいですが、この状況が続くと渋谷始発の増便(=副都心線減便又は渋谷で双方向に折返し)を求める声が出てきそうですね。
・石神井公園で見る東急車、昨年一時走っていたとはいえやっぱり違和感ありますね。「各停」表示の色が東横線と違い西武式に合わせてあるのも新鮮に映りました。
・西武6000系は初登場の快速急行小手指行きの上にヘッドマークまでついていて、これを初日に撮影できたのは良かったですね。また保谷行き6000系も、そういえば今までほぼありえなかった組み合わせですね。一方、準急が石神井公園で待避線側にいるというのも何か変な感じがします。
・レッドアロークラシック、先のコメントで「新宿線に入れてもクラシックの意味合いは薄いかなと。でも短期間でも良いから東村山に停車するクラシックを見てみたいですね。」と書きましたが、ちょうどこの日に実現していたとは。この部分を読まずに先のコメントを書いたもので…でもHIROKIさんがこの日見られなかったことには変わりなく、一度見られると良いですね。僕もこのブログで画像を見てみたいです。
・Y500系も「石神井公園や保谷で見られるかも」と以前コメントで書いたかと思いますが、初日に早速記録できてこれまた良かったですね。東急車と同型とはいえ車両全面のデザインが独特で目をひきますね。西武の黄色い電車との並びも複々線らしいし車体の青色が映えるなと思いました。
・石神井公園駅上りホームの行き先表示器、画像のそれは4本中3本が地下鉄直通列車で、本当に西武らしからぬ状況になっていますね。
・保谷行きと準急飯能行きが石神井公園で接続して飯能行きが先行…これも不思議なダイヤですね。確かに準急飯能行きの詰まりがなくなる点ではこの方が良いですが、極論を言えば保谷行きを石神井公園止まりにして保谷まで回送としてもさしたる影響が無さそうな気が。
・所沢で接続の始発西武球場前行き…所定ダイヤでありましたっけ?しかも10両で。オープン戦でもあったのでしょうか。
・フルカラーLED、新2000系未更新車にも付いたというのは僕も意外でした。今後また取り替えが進んでいくのかもしれませんね。
・ベンチレータ全撤去、新2000系にも241編成にも出現しているんですね。変に屋根がすっきりするのでこの新2000系の画像にもちょっと違和感があります。ベンチレータ全撤去というと個人的にはJR西日本の103系等体質改善車がまず思い浮かびます。
・多摩湖北線「萩山行き」、萩山2番で2分折返しということはその時間帯は1編成で行ったり来たりしているのでしょうか。それか西武遊園地で2本交互に発着しているかのどちらかですが、実際は…?ともあれ、国分寺方面への乗り継ぎは上下とも同一ホームでできることになり、日中多いという国分寺への利用者には便利になりましたね。
・列車は直通になっても切符の発売範囲は変わらなかったんですね。ちょっと意外でした。今はICカードが主流で実際に精算するケースは多くないと思われるのでわざわざ契約と切符発売時点での精算が必要な連絡運輸の範囲を広げるまでもないと判断されたのかなと思います。もちろん直通関連の企画券は発売していて、西武からですと往復+副都心線各駅と渋谷・自由が丘・二子玉川のトライアングルゾーン内フリー乗車券、また横浜までの往復+副都心線・みなとみらい線乗り降り自由の乗車券があり、また東急から西武では西武全線フリー乗車券付き往復切符があります。観光需要はそちらで対応&PRで利用促進するということでしょうね。余談ですが、日比谷線との直通運転区間に今回加わった杉戸高野台・幸手・南栗橋の各駅では、連絡運輸の範囲を見直して新たにメトロ線との直通切符を発売開始したそうです。

3件のコメントで先週・先々週の記事には大体コメントできたと思いますが、最新第18号記事へのコメントはしばらく先になると思います。ご了承願います。
それでは、また。
とーます |  2013.03.25(Mon) 02:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/622-18524bf4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。