2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.03 (Wed)

★2013 第20号★

こんばんは。

土日に撮影に出たかったのですが両方とも雨。

ってことで月曜日ですが、石神井公園駅での撮影を目的に出かけたので画像を今回も結構多く紹介します。

DSCF3010.jpg
行きはバスですが、ADG-RA。洗車してないのか車体が汚くて逆にびっくりしました・・・今日の朝は雨は降っていませんので車庫から出したときから汚かったものと思いますが、バスって出庫前に毎回洗車はしないのかな。

DSCF3012_20130403000028.jpg
で、所沢へ向かう為3,4番ホームに降りたのですが、何故か2番線に新2000系4連が停車していました。本来、ここは国分寺線が使用しているので、ここに回送が入ることはそう無いと思います。4連もパンタ跡撤去が始まっているので今のうちに記録しておいたほうが良いかもしれませんね。

DSCF3013.jpg
所沢までは2000系8連。やはり新宿線ならではの車両に当たるのは良いですね。

で、ちょうど池袋線のホームへ移動すると次の列車は「特急」。で、乗車位置に結構人が並んでいたので「これは快急か次の池袋行き待ちかな」と思っていたのですが、次々と特急に人が吸い込まれていくw 各ドア15人以上は入って車内は座席がほぼ埋まっていました。正直ここまで特急が混んでいるのを見たことがなかったのでびっくりしました・・・w これは特急に上手く誘導できていますね。

DSCF3015d.jpg
で、新木場行きに乗っても良かったのですが、快急の混雑度も見たかったので快急を待ちます。新木場行きは10000系。で快急は・・・メトロ10000系・・・まぁメトロ車の快急はあまり多くないのでまぁ悪くはないですが。。。で混雑度ですが所沢発車時点では座席が空いていましたがひばりヶ丘では立ち席も発生・・・でも準急池袋行きの半分程度でした。でひばりで退避の新木場行きはガラガラ・・・w

DSCF3016_20130403000050.jpg
石神井公園で下車し撮影。上りホームからの撮影は初めてです。1本目は先ほどひばりヶ丘で接続した新木場行き10000系。新木場行きはメトロ運用が目立つようになった気がしますね。ただ新木場行きは西武線内では10両がもったいないほど空いてます・・・w

DSCF3019_20130403000117.jpg
で、この新木場行きは石神井公園では特に接続せず発車していきます。えっと所沢~石神井公園での快急の感想を忘れてたのでここで書きますが、東久留米~ひばりヶ丘以外は順調でしたがそれほど飛ばさないようです。どちらかというと各停の方がきびきびした走りをしていますね。

DSCF3021.jpg
石神井公園には始発電車を待つ為の整列目安が貼られています。これ、日中はそれほど必要ないですが、朝などは当駅始発が結構あるので結構良いかもしれません。

DSCF3022_20130403000134.jpg
保谷からの各停元町・中華街行き。またメトロかと思ってしまいましたが、これよく考えると土日の日中はほとんど見られないので結構良い記録といえるのかもしれません。LED切れていますが西武線では「各停」はオレンジです。東横線内ではオレンジは「特急」で採用されています。それにしてもメトロさんも種別だけでもフルカラー化しませんかねw

DSCF3023d.jpg
中華街行きに接続する急行池袋行きが来ましたが、撮影直後に「なんか変」と思ってよく見たところ・・・噂(?)の新2000系4+4+2です。で先頭は初期車。画像でも4両目と5両目が先頭車同士なのがわずかに確認できます。やっと撮影に成功しました。

DSCF3024.jpg
後ろ側は2連なので「普通の池袋線」ですね・・・w でも4+4にするなら最初から新宿線から8連を借りてくれば良いと思うのですが、いざと言うときに狭山線で使用することも考えているのかな。4+4というと新宿線のイメージだけに同じ新2000系でも妙な違和感がありますね。

DSCF3031.jpg
続いて下りの準急所沢行き。こちらも新2000系の10両です。未だに違和感がある優等列車の内側線入線。パンタが見づらいですが、こうやって見ると本当に機関車というか牽引車のような雰囲気がありますね。

DSCF3035.jpg
各停が入線してきましたがこれも新2000系。新2000系とメトロ車が連続していますね。ポイントを通過してくる列車もかっこいいですね。で、ポイントからホームまで4両分以上余裕があるので、結構後ろの車両まで撮影できますね。

DSCF3041_20130403000228.jpg
メトロ7000系のトップナンバーが来ました。ちょうどCPが動作していてベテラン車らしい音を出していました。ベテラン車のVVVF化は最近は結構ありますが、CPなどはそのままと言うことも多くカタカタと音を鳴らしている車両も意外といますね。

DSCF3042.jpg
各停新木場行きが来ましたがメトロ10000系。正直言うと西武線からはやはり副都心線系統の方が利用が高いようで、新木場行きは西武線内ではがらがらです。こうなると新木場行きの一部を副都心線直通に交換できると利便性が向上しそうです。どちらかというと西武は乗り入れに積極的なのでもう少し横浜方面を見てみたい気がしますね。

DSCF3043d.jpg
次の急行ですが、これも新2000系10両。ちなみにここまで全て未更新車です。池袋線でも超更新車が結構目立ってきていますが、やはり未更新車も良いですね。

DSCF3046.jpg
10両なので後ろは2連ダブルパンタ。最近は固定編成が多くなってきているので併結は全体的に少なくなってきましたが、西武では30000系も2連がありますしまだまだ普通に見ることが出来そうです。

DSCF3047_20130403000313.jpg
各停の池袋行きが入ってきましたがこちらも新2000系。しかも方向幕車。ここまで上りの西武車はすべて新2000系です。良いですね黄色い電車。

DSCF3048.jpg
黄色い電車ですが、今度は9000系が準急でやってきました。ところでこの場所ですが、こっちもなかなか良いスポットですね。桜も微妙に見えますし。。。でここは広いので撮影者が数人いても大丈夫な点が良いですね。まぁこの日は一人で広々使わせてもらいましたがw   さて、そろそろ東急運用の石神井公園どまりが来る頃ですが・・・

DSCF3051_20130403000326.jpg
東急の5050系がやってきました。事前に東急車運用をメモってきていましたが、いくらK運用と言っても代走もあるので実際電車が来るまで気が抜けません・・・で、3番線に電車がいたので編成写真は撮れませんが、東急と西武の現在の顔が並んでいました。30000系はデザイン重視、5050系は実用性重視と言ったところでしょうか。

DSCF3052.jpg
側面表示機を撮影しようとしましたが発車したので急いで撮影したら、日本語と英語のちょうど切り替え時だったようで変な画像に・・・ところで、5050系でも後期車はドア窓に凹凸がなくすっきりしているのが良いですね。

DSCF3053d.jpg
折り返し線に入りましたが、駅から遠いのでなんとかズームして撮影。30000系が微妙に見えていますが、それにしてもすごい直通が実現しましたね。さて、今度はK運用の快速急行が入線してくる頃ですが・・・

DSCF3057_20130403000402.jpg
東急4000系がやってきました。この編成は西武に先行入線し営業していた編成ですね。やはり東急車が来るとなると撮影に緊張します。なんか新101系が活躍していた頃みたいな気分です。

DSCF3060.jpg
停車中も撮影。こちらの方が最後部から若干余裕があるようですね。それと停止位置が微妙に前側にずれていますね。まぁ黄色いLの間はずれても平気なようなので問題ないですが。。。

DSCF3062.jpg
快急元町・中華街表記を撮影。中華街は以前から日常的なものですが、快急表記との組み合わせはまだ新鮮です。東急5050系・4000系は表示機は小さい(5000系グループ共通)ですが、フルカラーなので見易さは3色LEDを超えていますね。

DSCF3064_20130403000425.jpg
各停飯能行き30000系。側面に「SEIBU」が無い30000系もある程度増えてきて特別な感じはしないですね。個人的には「SEIBU」があった方が良いと思いますが・・・

DSCF3068.jpg
各停新木場行きのメトロ7000系。新木場行きは3本連続でメトロ車ですね。まぁ副都心線系統の西武車・東急車の割合が高いので、その分Y線方面はS運用が多くなっているんで自然なことなのかもしれませんね。

DSCF3069_20130403000549.jpg
なんか画像の雰囲気がなんとなく気に入ったので掲載。それにしても新木場行きはガラガラですね。

DSCF3070.jpg
続いて折り返し線から当駅始発の元町・中華街行きが入線してきます。折り返し時間は比較的余裕がありますが、ここから出てきた後は2分程度で発車なので時間がありませんね。

DSCF3078.jpg
8両停止位置まで移動し撮影。ちなみに先ほどの4000系は撮影者ゼロでしたが、こちらは記念に撮影している人が結構多かったです。一般の客にもやはり東急車はインパクトがあるようですね。まぁちなみに結構首都圏の人は興味ない人でも記念に電車をちょこっと撮影することが多いようですね。それだけ鉄道が無くてはならないものになっているということですかね。

DSCF3082_20130403000603.jpg
青じゃない各停表記を撮影。快速急行よりはこの表示の見られる区間も多めですが、東急線内では見ることができないので、直通先で撮影したことが分かります。

DSCF3093.jpg
この後準急が来ましたが、その後の各停池袋行き8両3ドアに乗車。3000系のトップナンバーでした。でこの各停は特急にしか抜かれない速達各停(所沢12分)で、ついでに混雑度も見てみましたが、先頭はまぁまぁ乗っていましたが、後ろ(所沢より)はそれほどでもなく、座席も途中まで空席がありましたし、速達の割りに空いていました。で、江古田下車が多い感じでした。やはり「各停=遅い・抜かれる」のイメージがあって、速達でも乗らないのかもしれません。

この後は昼食を取って石神井公園へ戻ります。ちょうど停車していた急行の新2000系で移動。池袋線の急行は練馬までは小刻みなカーブ、そして練馬以降は高速走行で界磁チョッパを楽しめるので良いですね。それと駅間が長めの池袋線で石神井公園まで8駅も通過するので「優等種別」って感じられるのが池袋線急行の良いところですね。

DSCF3103.jpg
で、いつもの場所で撮影開始しましたが、曇ってきてしまい、駅端が結構寒くなってきたので調べておいたK運用が来たら撤収することに。新木場からの各停保谷行き。メトロ10000系の最終編成ですね。若干遅れて入線してきました。

DSCF3104.jpg
続いて各停西武球場前行きは3000系トップナンバー。で、これの撮影時点でやっと保谷行きの扉が閉まったところ。発車する直前に既にこいつが入ってきていました。で、車内ですがガラガラ。この運用は空いている電車でゆっくり移動したい人にはお勧めですね。

DSCF3111_20130403000817.jpg
上りの各停池袋行き3000系。こいつも今後が怪しいので記録できるうちにいっぱい撮影しておきたいところです。国分寺線の6連も未更新のままですし、この「未更新」というのが引っかかります。さて、そろそろ石神井公園どまりのK運用が来る時間ですが・・・

DSCF3112_20130403000826.jpg
来ました。東急5050系の石神井公園どまりです。スカートが通常タイプで、側面のドアはE231系タイプの前期車です。5050系も高架に似合いますね。

DSCF3114.jpg
5050系の西武線内行先・種別表示を改めて記録。「石神井公園」表記はだいぶ見慣れてきていますが、東急車だと新鮮ですね。

DSCF3118.jpg
で、当駅どまりは基本的には隣に電車が入ってこないうちにドアを閉めて回送されていきます。ただ接続が急行なので、意外と急行に乗らず次の各停を待つ人が多いです。

DSCF3124.jpg
ここで上り線に回送が入線してきました。こちら側に入線して若干時間調整するようです。20000系10両です。

DSCF3129_20130403000905.jpg
でこの編成はドコモのラッピングで、内容は前回紹介したようにAKBダケでしたっけ、それのステッカーが窓に貼ってありますが、こんな感じで結構目立っています。外側から見ると真っ白なので余計目立ちます。それにしても結構大胆なラッピングです。この回送はしばらく停車した後発車し、外側線に転線していきました。

DSCF3130.jpg
各停飯能行きが来ました。新2000系の3色LED車でした。幕車が来てくれると嬉しいんですけどねw それにしても西武池袋線はいろいろな運用があってさらにバリエーションが増えた感じで撮影も面白いですね。

DSCF3131.jpg
上っていく6000系の快速急行をなんとか撮影。6000系は前面表示機が大きいので「快速急行」と4文字入って分かりやすいですね。6000系は西武線内では結構パワーがある感じがするのですが、東急では高速域が苦しいようで・・・

DSCF3135_20130403001020.jpg
メトロ10000系が来ました。第4編成なので前面に黄色の帯が入っています。この黄色帯が入っている編成に出会うとラッキーな感じがします。個人的にはこちらの方が好きですね。

DSCF3137d.jpg
先ほどの東急5050系が折り返してきました。ちなみに入線がちょっとでも遅れると2番に入ってくる電車と被るので若干ヒヤヒヤしましたが、定時に入ってきたので一安心w

DSCF3140.jpg
接近放送が鳴っていましたが、定位置でも撮影。こうやってみると5000系グループの前面って意外と傾斜しているんですね。うーん、5050系やY500系も良いですが、やはり東急9000系がここにきていたらもっと面白かった気がしますね。

DSCF3142.jpg
来ました。早速ここで抜かれる準急です。新2000系10両で今日もダブルパンタをおいしくいただきました。この準急は快急発車後まで停車しているので、快急を撮影してこの準急に乗車することに。で、こいつですが、行きに見た4+4+2でした。

DSCF3144.jpg
新2000系と9000系の前面を同時に撮影。手すりや車番表記の有無という差異がありますが、実は新2000系は初期車なので貫通扉の窓の大きさも異なっています。確か池袋線では前期車は2連の一部だけなので、こちら側でこの仕様は4+4+2ならではということになります。

DSCF3145.jpg
快速急行ですが、メトロ7000系が来ました。メトロも「快速急行」4文字ですが、お前は種別の正式名称入れるより行先を大きくしろって言いたくなりますねw で、「メトロか」と思いましたが、そういえばS運用の快急は比較的少なかったんで良い記録ですかね。3色LEDだと快急は赤。西武でもそうなので一応あわせてあるようですね。

DSCF3146d.jpg
ぶれちゃってますが、側面の「快急」表記を撮影。やはり「快急」ははやイメージがあるのでメトロ車だとなんか違和感があります。しかもベテラン車ですし。ちなみに準急から快急への乗り継ぎが浸透しているのか見ていましたが、結構多くの人が乗り継いでいました。

DSCF3149.jpg
で、先ほどの準急で来た各停で移動しましたが、ひばりヶ丘で急行、所沢で特急と抜かれるので結構時間がかかる印象です。で、所沢で「何か4+4+2ならではの画像を撮影できないかな」と思ったところ「乗車位置7」と連結面は貴重かなと思い撮影。新宿線では全く珍しくないですが、池袋線では珍しいほうですね。ところで車内のドア下黄色ですが、池袋線の未更新車ではこれは採用されてなかったので、その点も4連ならではと言えるかもしれません。

DSCF3152.jpg
この後は新宿線ですが、20000系10両。でまたテキトーに乗った結果T車でした。で毎回T車の静かさに驚くパターンですが今回も同じくw

この後バス停に移動しましたがちょうど発車するタイミングだったので次のバスを待ちます。でその発車したバスは行きと同じバスでした。で乗ったのはRA最終車の2025でした。

ということで以上です。今回もいろいろ撮影できてよかったです。で、今回はゆっくり落ち着いて西武線の記録が出来たので良かったです。あの直通開始時のような盛り上がりもいいですが、落ち着いているのも良いですね。

では画像はこのへんで

さて水曜日ですが、小田急とJR東日本から直通運転について発表がありました。それによると、小田急~メトロ~JR常磐線の相互直通運転に向けて、JRE233系と小田急4000形に3線直通対応改造を開始するそうです。で、「相互直通の時期や運転計画は改めてお知らせ」とあるので、非常時だけではなく、通常でもJR常磐線内で小田急4000形、小田急線内でJRE233系の直通が行われると予想されます。

小田急、JR、メトロであわせたように新車が導入されたので「これは相互直通になるのではないか」と思っていましたが、それが現実になりそうです。現在はメトロ車のみ両線対応ですが、3社でどれでも使えるようになればダイヤ乱れ時なども対応しやすいと思いますし、柔軟性が広がると思うので良いことだと思います。それと、小田急の工事が完了した場合に直通が増加する可能性もありそうですね。ところで、発表では「4000形、E233系、16000系、06系、6000系」が出ていますが、そういえば209系が無いですね。で06系という1編成のみのまで形式が出ていることを考えると209系は未対応、もしくは転属などの可能性があるかもですね。まぁ元々影が薄すぎる車両ですが、さらに薄くなりそうですね・・・w

ところで話が変わり都営バス・・・都営バスは4月1日から全車ノンステップとなったようです。都営といえば意外とツーステップが残っているということで当サイトでも度々登場していましたが、ついに全車引退、つまりあの都営バスの塗装が消えることになります。でも、これでバスの種類を気にしなくても全部バリアフリー対応車両になるのは良いことですね。ちなみに、今後もノンステの置き換えで新車は継続的に入るようで、初期ノンステも続々と消えていきそうです。
他の民営バスでも既に低床車の置き換えが始まっていますが、これを何とか地方へまわして地方の低床化をすすめて欲しいところです。「首都圏で規制で走れないバスを地方に持っていく」のに批判もあるようですが、個人的にはそれでも首都圏で走っているバスは十分新しいバスですし、むしろ首都圏の中古が手に入らない→老朽化したバスを継続使用となっては、悪循環な気もします。今後は「低床バス」が引退する方向ですし、低床バス譲渡が活性化すると良いなぁと思います。

それと4月1日にダイヤ改正があったようですが、路線変更や廃止があるのですが、驚いたのは「虹01系統」廃止。レインボーブリッジを走る路線ということで有名でしたし、東京バス案内でもゲーム化された路線ですが・・・最近は東京駅行きなどに主役を奪われたような運行回数でしたし、不採算ということですかね。この系統は乗ったこともありましたし、正直これが消えるとは。ちなみに3月31日の運行を持って都営バスの虹01系統は廃止となりましたが、ほとんど同じ停留所・区間でケイエム観光が運転するkm flower busというバスが4月1日から走っているようです。まぁ実質、運行会社が変わるということで、まぁ完全消滅ではないようです。ただ、都営カラーのレインボーブリッジ通過は消滅しました。
それと東京バス案内2の反96「赤羽橋駅~五反田駅」ですが、これは路線変更で「五反田駅~六本木ヒルズ」に統一されるそうで、赤羽橋駅行きは消滅するそうで。東京バス案内は3路線中2路線、2は3路線中1路線消滅と、半分が実際の運行は消滅ということになります。
逆に、白61(練馬車庫~新宿)は1時間に1本程度が練馬駅まで延伸するようです。

もう1件、ダイヤ改正後の西武新宿線ですが、6+4を組まなくても良くなった2000系・新2000系の6+4はまぁ当たり前かもしれないですが、走っています。6+4は分割は消えましたが、6連単独で国分寺線や拝島線で走るので10両固定運用とは分けられているものと予想していますが、こればかりはなんともいえません。それと逆連結の2+8の2000系も走っていました。
で、拝島線の区間列車ですが、引き続き8連運用は存在しているようで、20000系や3000系8連の運行は目撃しています。4連運用は多摩湖北線運用がなくなりましたが、そもそも数本が池袋線に移動しているため、それほど余裕が生まれたわけではなさそうです。ちなみに西武園線は新2000系4連専属に戻っています。
白になっちゃった261編成もよく目撃しますが、今後多摩湖線の目玉といえば黄色で全Mで前パンでシングルアームという263編成だけになりますね。263は唯一黄色ということで池袋線転属?なんて噂も出ていますが、できればこれだけは黄色で多摩湖線で走ってもらいたいものです。
さらに、東村山駅ですが、やはり特急停車により踏切がさらに長く閉まるようになり、渋滞がさらに悪化した印象です。というのも特急の踏切通過→各停発車のタイミングが早いので、踏切が5秒程度でまた閉まる感じで、これが上下ほぼ同じ時刻+国分寺線や西武園線も加わるということで、東村山駅南北の踏切渋滞が激しいです。ちなみに、今日も、上り特急→上り各停→国分寺行き→下り各停→下り特急と5本待ちました。ちょうど列車が通り過ぎる直前で、次の列車が接近するので閉まっている時間が延びます。

ところで、今まで気づかなかったのですが、土日の夕方の秩父鉄道からの列車ですが、「急行」に変更されたようで4000系による「急行」が見られるようになったようです。ちなみにもう1本「西武秩父」から始発の快急もあるようですが、おそらくこれは一般の8両ですかね。4000系といえば臨時で秩父方面からの「各停所沢」とかもあるようですが、急行は珍しいのかな。4000系は10年以上乗ってないので久々に乗ってみたいところ。一回西武秩父まで乗り鉄してこようかな。

今回の記事は紹介ネタが続きますが、さらにメトロの事業計画(25年度)が発表になっていますが、いくつか気になる項目があり、
丸ノ内線の方南町駅の6両対応化を進めるそうです。まぁ今は一つ手前の中野富士見町までは6両対応で6両車が発着しているようですが、方南町も6両化して池袋方面からの直通運転に向けた整備をするそうです。となると池袋発方南町行きも今後見られそうですね。
で、それと似ていて千代田線の北綾瀬~綾瀬の10両対応化も進めて代々木上原からの直通に対応させるようです。となると3両の5000系と6000系ハイフン車の引退が現実味を帯びてきそうです。。。
その他、半蔵門線の清澄白河行きの一部を押上駅まで延長と押上駅の東部方面折り返し設備をつくるようで、まぁ今はダイヤ乱れ時に電車がなくなる「曳舟~押上」ですが改善の動きがあるようです。

ではこのへんで

スポンサーサイト
00:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ラッピング剥がしが不十分なまま運行についたようにも見えますが>
ナンバーで今までの画像を調べてみましたが、特に最近ラッピングがはがされたわけではないようですね。となるとやはり前回の洗車後に汚れたということになりますが、実際のところどうなんでしょうね。

西武バスがそうとは思えず… >
そうですね。で入庫時洗車となると朝の運用でこれだけ汚れたことに成増が、やはり気になりますね。クリーム色が入る塗装だとこういった汚れは結構目立つのでやはり綺麗なほうがいいですね。

西武園線車両の出入りか、はたまた工場への回送か… >
確か2番から直接新宿方面には入れなかったと思うので、国分寺線の合間を縫って小川方面へ向かったと思われるのですがちょっと謎ですね。

午前中の上り特急はよく利用されているようです。>
まぁ快適にしかも速くいけるので良いのかもしれませんね。

もう少し増えて欲しいのが西武としては本音>
そうですね。ただ練馬以降も池袋行きに乗り換えずに渋谷方面へ行く客自体は結構増えているようでその点では快急は成功ですが、途中まで結構空いているのが今後も続くのかどうかというところですね。あまり続くと快速に戻りそうな気もします。

編成や分割併合が複雑になるのでまあ無理でしょうね。>
まぁ有楽町線内だけでは8両だと結構混雑してしまうので10両の方がいいですが、西武線内だと各停で10両で、しかも池袋に行かないという点でガラガラになってしまうようですね(しかもひばりヶ丘で地下鉄直通の快急接続で地下鉄方面への客も少ない)。

おっしゃるように副都心線系統の割合を増やす>
本当は東横線内急行⇔メトロ各停のダイヤの半分を西武線にまわして西武線内準急とかだと便利だと思います。ただ和光市~小竹向原はメトロ線ということで、東横線で優等になる運用を持っていたほうが宣伝になりそうで、このあたりは難しそうですよね。。。

今回紹介の始発用整列目安は確かに必要だなと思いました。 >
そうですね。これ、所沢や小手指などの始発が多い駅にはあると目安が出来て良いと思うので増えて欲しいですね。

8連でなく4+4が池袋線にまわったのは単純に多摩湖北線ワンマン化で余った分を回した>
まぁこの4+4はダイヤ改正前からあったので、単純に余りをまわしたわけでは無さそうですが、確かに改正後は4連に余裕が生まれているので今後も当面はこの組み合わせで池袋線で活躍するものと思いますね。
で、池袋線の4連+4連ですが、狭山線で走っている新2000系の予備車と営業用車両を兼ねているのかもしれません。今まで241編成だけだった頃は新101系2+2が来ていたりしていたので、それと同じ使われ方なのかもしれませんね。

僕も電気機関車を連想するためか力強さを感じますね。>
ちなみに実際は2連は力が無いそうで(苦笑)。でも雰囲気は一番強力に見えますよねw

意外なところでレトロ感を味わえますね。 >
そうですね。京王7000系もVVVF音は9000系と同じですが、CPがカタカタ言うので7000系に乗っていることが実感できますねw

優等列車運用にこれだけ多くいたかなあと思うほどです。>
そうですよね。いつも20000系とか30000系が多いイメージがあるので、ここまで黄色い電車、それも新2000系が優等につくというイメージが無いですねw

1両あたりの製造コスト削減を図っている5050系のタイプですね。>
そうですね。まぁコスト削減しつつも新車が入れられるというのは画期的なシステムなのかもしれませんね。独自色が分かりづらくなっているのはファンからすると残念な面が多いですが・・・
ちなみに東急5000系ですが結構組み替えや電装化(付随化)を繰り返したりと最近の車両では細かな動きが激しい形式のようですねw

新造車両数が他社と比べて少ないこと、>
確かに少ないですね。これは20000系もそうですが、20000系と30000系あわせるとちょうど他社と同じぐらいになりそうですね。まぁどちらかというとイメージ刷新とマイナーチェンジを兼ねて20000系をやめて30000系にした雰囲気もありますね。

側面「SEIBU」がない編成も出てきているとは。良いアクセントだと思いますが… >
良いアクセントだと自分も思うのですが、38111編成あたりから省略されたようです・・・ここは省略しない方が良かった感じがしますねw

待避がなくても各停というだけで敬遠している(次の準急を待つ)人>
そうですね。まぁ気分的にも通過駅があったほうが速そうですし、快適な感じもするので乗らない人が多いのかもしれませんね。となると個人的には当たり運用ですねw

一気にこれだけの駅数を通過する急行は案外珍しいかなと思います。 >
都心にも近くて分岐駅の練馬を通過するのが他社と比べても珍しい感じがしますね。まぁ練馬は本数もありますし、混雑分散を兼ねているものと思われますが、これのおかげで準急より空いているので今後もこのままで続いていってほしいですね。

2000系より先に消える可能性が少なくない気がします。 >
そうですね。個人的には引退や国分寺線転属が進みそうな感じがします。ちなみに3000系って4連にも出来た気がする(落成当時4連で先行運用されていたらしいですし)のですが、実際どうなるのか気になりますね。

西日本が戸袋引き込まれ防止のため最近の新造車から客室側ドア窓の凹凸を無くした>
へぇそうなんですか。確かにJR西の新造車の画像などを見ても凸凹が無い感じの形状なので、実際こういう理由な可能性が高いですね。

東急東横線車両は細かい差異や横浜高速車の存在はあるもののほぼ1形式になってしまい面白さは薄れましたね。>
そうですね。一時的に8000系、8590系、9000系、Y500系、5050系が共演していたこともありますし、そこから比べると東横線車両で見ると面白さは減ってしまっていますね。まぁ他社車両が来るだけバリエーションはありますが、やはりもう1車種ぐらい見たかったですよね。

東急線内では高加速に変えているのでしょうか?>
西武有楽町線・メトロ線・東横線では高加速になっていて変調も速いですね。ちなみにこの高加速の設定と西武30000系の加速度はほぼ同等のようで、そう考えると30000系は西武ではかなりの加速度ということになりますね。

ちなみに7000系10両は何編成あるのでしょうか?>
確か5~6編成だったかと思います。8両に比べても少ないのですが、西武直通での10両運用が結構多いせいか西武線内では結構見かけますね。

西武のことなので池袋駅でもこの乗り継ぎをきちんと案内しているのかなと。>
おそらくそうでしょうね。西武としてはこの接続も含めて地下鉄直通快急をPRしたいと思われるのですが「地下鉄からの快速急行乗り継ぎ」と放送するだけでもPRになっていますし、案外この接続は良い点も多そうですねw

4000形はE233系とほぼ同一形式と言っても過言ではない>
まぁ番台違いといっても通用する感じはしますねw 4000もE233も前面の配置はほぼ同じですし、側面も違いは色ぐらいですし。。。

3線相互直通対応車がメトロ車だけでは不足するための措置>
確かに直通増加すれば今よりも運用数も必要ですし、非常時対応も必要(全部乗り入れ可能な方が融通が効きそう)なので、これに向けての準備ということだと思いますね。
ところで、千代田線⇔小田急の乗り入れも日中でももう少し増やすと便利だと思うのでそれにも期待したいですね。

209系が無いということは未対応or転属>
廃車にはまだ早いですからね。E231系800番台に編入なんてことも起きるかもしれませんね。203系・207系に続いて209系も記録しておくことにこしたことは無さそうですね。

実のところ常磐線209系は本記事を見るまで忘れていました(汗) >
同じく最初は忘れていましたw 本数も少なくあまり話題にならないのでかなり影が薄い存在ですね。

趣味的には一つの時代が終わった感じ>
ツーステップ全廃であの塗装が消えたというのが信じられないです。あの色しか無かった頃の世代なので余計に「存在しない」という実感が湧きません。。。

国交省あたりが音頭取りして推進>
自分もそう思います。確かに最新のノンステを入れるべきなのかもしれませんが、そう簡単に新車を入れられる会社も多くないですし、期限付きでも中古の低床バス導入を推進して欲しいところです。

りんかい線全通やゆりかもめ豊洲延長>
確かにお台場が格段に便利になりましたからね。加えて東京行きのほうが需要が大きくなっていましたし、まぁ当初の目的は達成されたといって良いのかもしれませんね。まぁ代替があるということで完全にバス路線が消滅にならなかった点は良かったなと感じます。

利用者が増えれば延伸本数が増えるかも>
結構いろいろな駅を回るので便利だと思いますし、今も日中は盛況な路線なので、練馬延伸を増加させるとさらに便利になりそうなので、実現してほしいですね。

不足分を新宿線から回して補ったのかなと。>
そうですね。まぁ線内運用で使える6000系が減りましたし、8連も10連も今までより多く必要ですね。

出張するほど余裕がなくなったので>
まぁ全部入れて+263編成も暇なときは入れるということで、西武園線出張は出来そうに無いですね。今後を考えても結構貴重な運用だったかもしれませんね。

高架化計画が出たからこそ特急停車が可能になったのかも。 >
その可能性はありますね。ちなみに鉄道に興味ない人でも「踏切がかなり長くなった」と感じた人が自分の周りにも何人かいましたね。

4000系の急行は今まで聞いたことがない>
自分も見たこと無いですね。というより4000系=快速急行のイメージが強すぎて変な感じがしますね。

これをそのまま方南町まで延伸させる>
自分もそうなりそうだなと思います。まぁ運用的にも車両数を減らせて、(別途3両を用意しなくてもまわせる)しかも利便性向上になりますし。

カルダン駆動の高性能車です。>
501形はカルダン駆動なんですね。この組み合わせは都電には無いので新鮮な感じがしますね。

日中の運行は601形と701形にほぼ統一されていて、どちらもなかなか見かけません>
501形も日中はそれほど運行されていないんですね。Bトレでもなかなかかっこよかったので実車を見てみたいところです。

これを機に全国の路面電車がBトレ化されると良いなあと思います。 >
第3弾まで出た路面電車シリーズをリメイクしてほしいですね。あれは結構面白い試みだったと思いますし、車体的には今発売の路面電車シリーズと同じなので、是非やってほしい感じがします。

1台1000円強はちょっと高いなと思いますが、中身を見て選べるのは良いな>
これは次回記事でも書きますが、次期の第18弾はブラインドパッケージで1台840円になるそうで・・・この全国バスコレは一部店舗では800円台で購入できることや中身が見えることを考えると安い方なのかもしれませんね・・・w 個人的にはもう少し価格を抑えてもらえるとなお嬉しいのですが・・・

お目当ての事業者の車両を確実に入手したいがために箱買い>
確かに箱買いしないと目当ての車両が確実に手に入る可能性が低い(あとで開封売りがあっても人気車種は売り切れる為)んで、箱買いしていたというのもありますね。ちなみに第16弾は人気で箱買いできず京急バスを逃したという悔しい想い出があります・・・

もしずてつとか気になる事業者の製品が出たらぜひ買いたい>
自分もしずてつなどの静岡の事業者や西武バスなどが出たらまた買いたいですね。

ではまた
HIROKI |  2013.04.14(Sun) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんにちは。遅くなりましたが、こちらの記事のほか、第21号記事も合わせてこちらでコメントさせていただきますね。

先週の土日は雨と強風で大荒れの天気でしたね。大雨が去っても強風が交通機関に大きく影響していて、首都圏でも総武線など強風による運転見合わせがあり、静岡でも東海道本線の静岡以西が強風で3時間以上止まっていました。雨無しの強風だけでこれだけ乱れたのも珍しい気がします。また、この強風で桜が入学式を前にほとんど散ってしまいました…

さて、こちらの石神井公園撮影行、画像がとにかく豊富だなあというのが拝見しての第一印象でした。また、土日が雨でも月曜日に出掛けられたのは休み期間ならではですね(^^)
では、順を追って…

・行きのバス、滅多に見られない汚れようですね。運転席下に何か剥がしたような跡が見え、ラッピング剥がしが不十分なまま運行についたようにも見えますが、まさか。ちなみにバスの洗車は一般的には入庫の時に行うようです。夜間に営業所以外の場所で滞泊する車両の場合も(しずてつは安倍線・藁科線など山間部のバス折返し場でそれぞれ滞泊する車両があります)日中入庫時に洗車します。経営が苦しいバス会社だと洗車回数を減らしているところもあるようですが、西武バスがそうとは思えず…
・東村山2番ホームに4連が停まっているのはそういえば珍しいですね。西武園線車両の出入りか、はたまた工場への回送か…
・所沢からの池袋線上りが特急誘導ダイヤになっているのは少し前の新ダイヤ紹介記事でよくわかりましたが、実際に利用する人も多いんですね。小田急もそうですが、午前中の上り特急はよく利用されているようです。着席ニーズが高いのかなと。
・上り快急、立ち席も出たとはいえ池袋行きよりはかなり空いているようで、もう少し増えて欲しいのが西武としては本音だろうと思いますが、もともと池袋志向が強いだけにダイヤが定着するまでしばらくの間はこの状況が続きそうな気がします。一方新木場行きはガラガラのようで、静岡あたりの発想だと日中は短編成にしてもいいのでは?と思いますが、編成や分割併合が複雑になるのでまあ無理でしょうね。しかしもったいないなあと…おっしゃるように副都心線系統の割合を増やす(和光市発着分を西武線直通へ振り替える)のも一案ですね。
・石神井公園は平日朝には始発電車が何本もあり、着席狙いの方もいるでしょうから、今回紹介の始発用整列目安は確かに必要だなと思いました。
・新2000系4+4+2、新宿線での4+4はよく見かけましたが、それに2連が増結され、さらに池袋線で運用されているのは確かに何か違和感がありますね。8連でなく4+4が池袋線にまわったのは単純に多摩湖北線ワンマン化で余った分を回したのか、あるいはHIROKIさん推測のとおり狭山線使用を考慮したものか…
・新2000系2連のダブルパンタ、池袋線優等列車で先頭に立っていると、僕も電気機関車を連想するためか力強さを感じますね。
・メトロ7000系、CPは変わっていないんですね。おっしゃるように機器更新してもCPは元のままという車両が少なくなく、意外なところでレトロ感を味わえますね。
・東急5050系が来るまで、池袋行きは黄色い電車、地下鉄直通はメトロ車が続きましたね。後者はダイヤを見れば分かりますが、前者は見事というか運が良いというか。池袋線の特に優等列車運用にこれだけ多くいたかなあと思うほどです。新2000系は池袋からの急行と石神井公園からの準急で乗車もできて良かったですね。
・30000系と5050系、現在の新車で主流なのは実用性重視と加えて大量導入で1両あたりの製造コスト削減を図っている5050系のタイプですね。西武30000系は、デザインに凝っていること、新造車両数が他社と比べて少ないこと、2両付属編成があることなど特徴が目立つと思いますね。その30000系、側面「SEIBU」がない編成も出てきているとは。良いアクセントだと思いますが…
・東急4000系と5050系、西武線内での画像はまだ珍しく感じます。写真を撮る人が多いのも分かる気がします。快急表示に黒の各停表示、さらには後で出てくる石神井公園行きも今まで東急車には無かったもので、今回見ても新鮮さがありますね。また、フルカラー表示は多少小さくても色で判別できる分、メトロ車より分かりやすいかなと思いました。
・速達各停、江古田で下車が目立った点も含めて、利用のされ方は他の各停とそう変わらないような感じですね。待避がなくても各停というだけで敬遠している(次の準急を待つ)人も多いように思います。
・池袋線急行の8駅通過、一気にこれだけの駅数を通過する急行は案外珍しいかなと思います。
・今回、3000系も乗車&2編成撮影できて良かったですね。未更新というのが確かに気になるところで、本線では最後の3ドア車だけに、2000系より先に消える可能性が少なくない気がします。
・5050系、前期車と後期車でスカートや側面ドアに差異があるんですね。全然考えたことがありませんでしたが、確かに製造が数年にわたるのでマイナーチェンジがあっても不思議ではないなと。ドア窓の凹凸、JR西日本が戸袋引き込まれ防止のため最近の新造車から客室側ドア窓の凹凸を無くしたという話を聞いたことがありますが、後期車でなくしたのは同じ意図かもしれませんね。それにしても、東急東横線車両は細かい差異や横浜高速車の存在はあるもののほぼ1形式になってしまい面白さは薄れましたね。東急9000系が西武線内まで来ていれば面白かったなと僕も思います。
・20000系のラッピング、車内側に貼っているというのが目新しいですが、窓に貼ってある部分だけ見ても随分目立っていそうですね。
・西武6000系、遠くからでも前面の種別・行き先表示がよく見えて良いですね。ところで6000系は加速度を変えられると以前聞いた気がしますが、東急線内では高加速に変えているのでしょうか?
・メトロ10000系、僕も前面に黄色帯が入っている方がちょうど良いアクセントになっていて良いなと思います。
・メトロ7000系、この日は新木場行きにも快速急行にも入っていましたね。7000系というと8両化された編成の印象が強く、10両のままの編成がいたことがちょっと意外でした。ちなみに7000系10両は何編成あるのでしょうか?西武線内の快速急行や東横線での特急運用には僕もちょっと違和感があります。準急から快急への乗り継ぎは結構多いんですね。西武のことなので池袋駅でもこの乗り継ぎをきちんと案内しているのかなと。

・小田急~メトロ~常磐線の3線相互直通に向けたE233系と4000形の改造の発表、僕もJRのホームページで見ました。まあ4000形はE233系とほぼ同一形式と言っても過言ではないですが、そのようにしたのは初めからこの件が計画にあったからかも。相鉄のJRもどきもそうですが…
一番考えられるのは、小田急の複々線化完成時に千代田線~小田急線直通列車を増発するにあたって(特に平日朝は新宿口が限界に近いので複々線を活かした増発は千代田線直通に限られるかと)、3線相互直通対応車がメトロ車だけでは不足するための措置ではないかと思います。3線直通対応形式が出ていたのは気づきませんでしたが、209系が無いということは未対応or転属が十分考えられますね。実のところ常磐線209系は本記事を見るまで忘れていました(汗)

・都営バス、ついにツーステップ車が全廃になったんですね。車両数がとにかく多いだけに代替にも時間がかかった感じですが、全車バリアフリー対応車になったことで誰でもいつでも乗りやすくなったのは良いことですね。趣味的には一つの時代が終わった感じで少々寂しい気がしますが…
地方のバスは中型・小型は低床バスが増えましたが、むしろ地方都市の大型バスの方が低床化が進んでおらずツーステップ車(それも中古車が多い)が幅をきかせていますね。首都圏中心に今後は初期低床バスの置き換えが進んでいくので、僕もそれの譲渡で全国的な低床バスの普及が図られると良いなと思います。むしろ国交省あたりが音頭取りして推進しても良い気がしますが。
・「虹01」廃止→ケイエム観光代替ですか。レインボーブリッジを渡る都バスとして鳴り物入りで登場しましたが、いつしか影が薄くなっていった感じですね。当初はお台場にアクセスする鉄道がゆりかもめだけで大混雑していたので代替ルートとしても存在価値がありましたが、りんかい線全通やゆりかもめ豊洲延長でその存在価値が薄れたのが衰退の一因ではないかと思います。「白61」は練馬駅延伸で特に目白駅以西の利便性が向上しますね。利用者が増えれば延伸本数が増えるかも。

・西武新宿線、運用に関しては改正前後でほとんど変化がみられないようですね。4連運用が減った分、4連が池袋線用に回ったという図式のようで。確かに池袋線は改正で快急増発や各停の区間延伸があった分所要車両数は増えているわけで、不足分を新宿線から回して補ったのかなと。西武園線はワンマン101系が運用拡大で出張するほど余裕がなくなったので新2000系に戻ったのでしょうね。
・東村山駅、特急停車で駅利用者の利便性は向上しましたが、踏切には逆の影響を与えているんですね。解決には高架化の完成を待つしかないわけですが…逆に高架化計画が出たからこそ特急停車が可能になったのかも。
・土日の秩父鉄道からの直通列車自体は改正後も残っているんですね。快急が地下鉄直通になったのでどうなったかと思っていましたが、急行になったとは。4000系の急行は今まで聞いたことがないので珍しいと思います。西武秩父までの乗り鉄も機会があればぜひ。西武好きの例の知人に会うかもしれませんが(笑)

・メトロの事業計画は初めて知りました。方南町駅の6両対応化と北綾瀬駅の10両対応化、どちらも本線からの直通運転を意図しているようですが、同時に各線の保有車両をそれぞれ6両編成と10両編成に統一させて効率化を図る意図もあるのかなと思います。千代田線の3連は引退でしょうし、丸ノ内線の3連は組み替えか中間車増備で6連化するのではと。
丸ノ内線は日中3本に1本が新宿折返しですが、6両対応完成時にはこれをそのまま方南町まで延伸させるのではと思います。あるいは(荻窪方面が本数減になりますが)荻窪行きと方南町行きの交互運行もありうるかなと。

・BトレMSE、実車と同じつやのある塗装もしっかり再現されていて、実車同様なかなか格好いいですね。再生産されたのも根強い人気があったからかも。
・阪堺161形・501形、こちらはレトロ感が良い感じで再現されていますね。ちなみに501形も昭和32年製で車齢50年を超えていますが、カルダン駆動の高性能車です。1段窓は南海で同時期製造のズームカー21000系(今も大鐵と一畑で活躍中)と通じるものがあるかなと。当時は南海でしたし。ただ日中の運行は601形と701形にほぼ統一されていて、どちらもなかなか見かけません。161形は朝ラッシュ時のほか正月の初詣輸送時に大活躍するようで、一度見てみたい気がします。
また、台車レリーフの小型化で、都電以外のこうした一般的な路面電車もリアルに再現できるようになったのが良いですね。これを機に全国の路面電車がBトレ化されると良いなあと思います。

・全国バスコレクション、1台1000円強はちょっと高いなと思いますが、中身を見て選べるのは良いなと思います。従来のシリーズですと僕の場合、お目当ての事業者の車両を確実に入手したいがために箱買いしていましたので…また、HIROKIさんが感心するほど車両の細かい点や表記類まで精巧に再現されているあたり、品質が今まで以上に向上しているようで、値段も納得できる範囲かなと。僕もしずてつとか気になる事業者の製品が出たらぜひ買いたいなと思いました。

それでは、また。
とーます |  2013.04.13(Sat) 07:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/626-3e9a035a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。