2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.25 (Sat)

★2013 第30号★

こんばんは。

今回も恒例のアレです。っていうより、休日の撮影よりもこっちがメインみたいになりつつありますが、まぁ気にしない方向で・・・
今回は八王子に行ってきました。まぁ久々に西東京バスでも と思い・・・実は2年近く行ってなかったんですね<八王子 ってことで八王子へ。

まずは武蔵小金井より中央線、なんかこの駅から西へ向かうのも変な感じですが・・・快速だと一部で八王子まで行く電車が10分以上空く(特快があるので、乗り継げばもっと多い)ところがあるのですが、運よくちょうど高尾行きだったので乗車。早速国分寺で特快を待ち合わせ・・・武蔵小金井時点で立ち席がありましたが→特快接続で席がちょうど埋まる程度→立川でそれの半分程度下車→八王子到着時に前から2両目は10人程度になりました。まぁ八王子に行くときは大体同じ感じですが、中央線といえば混んでいるイメージなので変な感じですw で、立川では青梅行きも降りたホームで待つよう案内がありましたが、車内に乗っている人の2倍程度は普通に青梅行きを待っていました。立川から先は八王子よりも、昭島・拝島方面のほうが客が多いときもあるようです。まぁ青梅線は実際混んでいることが多いですし、最近は急激に青梅線沿線人口が増えているものと思われます。立川から八王子までは駅間も長く高速走行していました。

DSCF4077.jpg
到着して、バス停への階段・エレベータ乗り場を過ぎて奥のほうから降りると、ちょうど以前撮影したスポットがあります。今まではこっちは少なめで、バスターミナル入り口付近の横断歩道付近での撮影がメインでしたが、ちょうど工事中だったこと、こっちは日陰だったこと、ドア側を撮れるということでこっちへ。ちょうど京王バスが来ましたが・・・お、新車のQPG代ブルーリボンⅡです。で、前回というか数回QKG代と言っていたのですが、どうやらMT車はQPG代となるようです。となるとこれはQPGですし、しずてつもQPGとなるようです。知りませんでした(汗

DSCF4078a.jpg
西東京バスのUA。「回送中 申し訳ございません」、久々に見ました。西東京バスの特徴の一つです。それと、京王バスもですが、まだPASMOステッカーです。ただ、西東京バスの側面には「IC」がついていました。当面は側面だけで対応なのかもしれません。

DSCF4080.jpg
西東京バスのエルガノンステ。側面はあのスポーツ祭ラッピングです。ここまで増殖していると見飽きてきますがw まぁ期間限定なので撮れるうちに撮っておいたほうがいいですね。それと前掛けはFUNKY MONKEY BABYS。

DSCF4083.jpg
西東京バスレインボーⅡ。西東京バスはここを左折する路線が多いので、ポールの合間に前面が来た瞬間を撮影しています。レインボーⅡも、首都圏では新型に移行してからはなかなか導入されません。まぁその前の代で中型の置き換えを一気にしたケースが多いようで、今は導入が落ち着いている時期のようです。

DSCF4084.jpg
京王バスのブルーリボンⅡ。ヨドバシカメララッピングです。なんかこいつ増えているみたいですね。代替は・・・八王子なのでレインボーかと思いますが、レインボーってまだ古いイメージが全然無いですね・・・w

DSCF4086.jpg
西東京バスRAノンステ。というより八王子駅に来るのはほとんどノンステ車のようですね。西東京バスも久々に見ましたがやはりこの塗装もかっこいいですね。

DSCF4087.jpg
京王バスUAですが・・・側面が某メガネ店ラッピング。これは立川バスでよく見かけるものの、京王バスにもあるとは。まぁ八王子~立川限定ラッピングなんでしょうね。

DSCF4089a.jpg
多摩バス塗装のブルーリボンⅡ。こちらも例のラッピングですね。多摩バスから西東京バスに戻って意外と時間が経っていますが、この塗装は結局塗り替えないようですね。まぁこの塗装も気に入っていますが、系統が全く異なる色なので、京王バス同様、初めて利用する人は混乱しそうですねw

DSCF4091a.jpg
西東京バスエルガ。ところで西東京バスの車番は側面がA10808のようにアルファベットと5桁の数字なんですが、左から1桁でメーカー、その次の2桁が登場年、そしてさいごの2桁となっている(こちらは1からの連番の模様)ようです。これの場合Aが楢原営業所のようで、1というのはいすゞ、そのあとの08から2008年導入という感じになるようです。

DSCF4093a.jpg
西東京バスのエルガですが、ナンバーや画像では見えないですがホイールからLKGです。西東京バスにもいわゆる新型エルガ入ってたんですね。ただ側面も普通に逆T字窓。とりあえず関東地区では固定窓はあまりウケが良くない感じがします。っていうより固定窓を特注していた都営でさえ採用していないという・・・

DSCF4094.jpg
京王バスレインボー。こいつを見ると八王子で京王バスを撮影していることを実感します。個人的にはレインボーとこの塗装の組み合わせはあまり好きではないんですが。。。

DSCF4095a.jpg
西東京バスエルガ。

DSCF4096.jpg
連続して京王バスレインボー。おそらくブルーリボンⅡ導入で置き換わってるのはこいつの初期車だと思われますが・・・中型ロングを大型で置き換えるというのが結構いろいろなところで起きていますが、価格が安くホイールベースが長いということで一時重宝されましたが、幅などで収容力に難があったことで、急速に導入が停滞してしまい製造も終了してしまっています。

DSCF4097.jpg
多摩バス塗装のブルーリボンⅡ。何故か最近この2つ目のブルーリボンⅡを気に入っています。

DSCF4099a.jpg
お、西東京バスの富士重新7EのUA。ワンステベースの後期車ですが、一応初期の分類に入るベテラン車です。かなりのペースで全体的に減少しているのでどこのバスだとしてもこいつを撮れるのはラッキーなこと になりつつあります。

DSCF4100.jpg
西東京バスエルガ。西東京バスでは三菱を入れてないこともあり、新型MPは一切導入されず、しずてつのようにJBUS系しか入らないようです。親の京王バスではかなーり導入されていますが、今後も入れない感じがします。

DSCF4101.jpg
西東京バスUA。西東京バスは標準仕様が制定されるまでのノンステは方向幕部に車椅子マークがありません。窓下に小さいものがついていますし、スロープもついていますが、上側に無いと変な感じ。今でも一貫して(いすゞは除く)両側に車椅子マークをつける西武とは正反対な感じですね。

DSCF4103.jpg
京王バスUA。

DSCF4104.jpg
西東京バスエルガ。さっきとは写真が違うようです。まぁ地元が八王子?で、解散も決定しているということで、地域として盛り上げようということだと思われます。

DSCF4105a.jpg
西東京バスUA。西東京も意外とUAが多いですね。

DSCF4106a.jpg
西東京バスのJP。しかも方向幕です。JPもしずてつのは綺麗ですが、東京のはだいぶベテラン感が出てきています。まぁ初期ノンステの次は、こいつが急速に数を減らすことになると思います。

DSCF4107.jpg
京王バスUA。京王バスも八王子はUAがやたら多いですねw

DSCF4111.jpg
お、西東京バスの新7E。やっぱりこの新7Eノンステはかっこいいですね。そういえばこのワンステベースの後期車は基本はMTのようですが、新7Eと普通のUAエンジンの組み合わせは乗ったこと無いのですが、乗る前に消えてしまいそうです・・・

DSCF4112.jpg
西東京バスのエルガ。方向幕車ですし、ナンバー的にも初期ですね。もうすでにエルガの置き換えも一部会社では始まっているようです。まだ新車として製造されているのに引退というのは、やっぱり東京は置き換えペースが速いですね。

DSCF4114.jpg
京王バスのブルーリボンⅡ。正直、電鉄カラーもここまで増えてるとは思いませんでした。まぁってことはバスカラーも結構導入されているのかもしれません。京王バスに関してはMPとブルーリボンⅡが平行導入というところに落ち着いていますね。

DSCF4118.jpg
この後、中央線で戻っても良かったのですが、京王に乗りたくなり京王八王子へ。この日、新線のダイヤが乱れていましたが、京王線の調布以西は全く影響が出ていないようでした。ちょうど特急が停まっていたのでこれに乗車。8000系の音も聞きたかったですし、8000系でちょうど良かったです。それにしても京王はかなり飛ばしますねw カーブも速度が速いですし、細かく加減速を繰り返すので面白いですし、直線ではかなり出していますねw 高加速になったこともフルに活用しているようで、高加速にして正解だったかと思います。加速時の変調がかなりはやいです。それと自動放送対応編成でした。

DSCF4122.jpg
あれ?車内のドア注意ステッカーが変わっていました。京王といえばハローキティのステッカーのイメージが強い自分には違和感がw 見たところ、以前のの上に重ね貼りしてたり、しっかり前のがはがれていなかったりとかなり急いで変えたっぽいですが・・・せめて、しっかり貼り直して欲しいところです・・・w

DSCF4125.jpg
実は京王の特急に乗ったのは久しぶり・・・分倍河原に停まるのは準特急で当たり前になったのに未だに新鮮に感じましたw 府中について退避中の各停8000系を撮影。府中の退避は上下とも4分停まるようですが、上りは特急の1分後に発車するのに下りは3分後に発車するようで・・・まぁ連続停車するので時間を広げているようです。

DSCF4137.jpg
もう1本待って、北野で接続した9000系各停。ところでこれが来る前にくだりの8000系各停が発車しましたが、音にびっくりしました。というののもメトロ1000系や16000系の初速時と同じような音になっていて、普通のと全然違っていたので・・・これPMSMとか言う方式にするとこの音になるようで。。。8000系のは最初の音や中速域は若干高めの音がしていました。おそらく試験採用ですが、今後増えるのかな。まぁ面白い音にはなりますが、8000系といえばあの良い音が聞こえなくなりますし、京王の今までのIGBTは音も大きく独特な音なので、今後PMSM(?)が増えたとしたら複雑です。出来れば増えないほうが自分は嬉しいですねw

DSCF4138.jpg
接続の7000系。7000系といえばドア窓の付近のドアの取っ手も特徴だったんでドアが閉まったところを撮影。特に半自動ドアでもないですし、何故ついているのか小さい頃から気になっています。

DSCF4142.jpg
反対側も7000系でした。7000系後期車側面は更新で、窓が着色になっていることもあってなんかまだ新しい車両のように見えますね。上でも書きましたが、京王のVVVF音は結構大きいのが音好きとしては嬉しいところです。

DSCF4145.jpg
この後下に下りて武蔵小金井駅行きのバスに乗車。今回は20分に1本の一本木経由がちょうどいたので乗車。20分間隔ということで、逆に途中バス停利用者が多く、学園通り経由と合流する前のバス停で降りていく人が多数で、後半は数人しかのっていませんでした。今回も運転士さんが結構放送していました。

DSCF4148.jpg
多磨霊園駅行きを見てみると・・・小金井のRAがいたので、撮影。何度も見ていますが、なかなか撮影機会に恵まれずやっと撮影です。小金井唯一1台のみのRAです。バスカラーなので京王バス中央のRAと同じなので、アルファベットぐらいしか違いがありません。

DSCF4151.jpg
京王バス小金井、G、RAのテールライト部を撮影。小金井のバスの証拠ですw 小金井にはJPとMPのバスカラー車がいますが、営業所内では目立っています。ここだと同じ車種が多いので目立ちませんね。とは言うものの北口にいると結構存在感があります。

DSCF4153.jpg
MPノンステを撮影して撤収。


で、続いて土曜日ですが、突然国分寺へ行くことになり東村山駅へ。

DSCF4155.jpg
MPワンステがいたので撮影。この立35では最近特にMPワンステがよく走っているなぁという印象。まぁ今までUAワンステの運用が多かったのでそれの代替と考えれば多いのもうなずけますが・・・まぁ本数が少なめのわりに混むのでワンステが向いているといえば向いているのかもしれません。ただ道が狭いのでスロープを出すときにはワンステは不利になってしまいますが・・・

DSCF4166.jpg
国分寺へはちょうど停まっていた新2000系初期車に乗車。貫通路の扉が無いほうの端(本川越より)に乗りましたが、貫通路の渡り板からの音が結構大きく響いていました。まぁ最近超更新が停止していますが、未更新の暖色系の車内の方が落ち着くのと戸袋窓のおかげで車内が明るいのもやっぱり良いですね。それと、未更新ですが例の方向幕のフルカラーLED化が行われていました。

DSCF4167.jpg
側面。結局、今後はとりあえず方向幕のフルカラーLED化が進んでいきそうです。まぁ車内も老朽化している感じはまだ受けませんし、今後は大きな更新は行わず、30000系導入による3000系置き換え・6000系へのLCD取り付けを重点的に行い、新2000系などは方向幕交換などで済ませる方針ではないかと予想しています。

DSCF4168.jpg
戻りは多摩湖線で・・・ちょうど土日の日中最後の15時台の西武遊園地行きに乗車しますが、1本前の241編成の萩山行きが発車するところでした。毎回思いますが、この駅の雰囲気は地方鉄道の終着駅のような雰囲気ですね。

DSCF4170.jpg
西武遊園地行きも白い編成でした。この編成は綺麗ですが、雨や汚れにはやはり弱いようで、薄く茶色になっている箇所がある編成もあります・・・この電車で直接武蔵大和まで1本で移動。途中、一橋学園までと八坂からは多摩湖線の最高速度で走るので結構音が響いて楽しめます。あと珍しく武蔵大和に時間通りに到着しました。ダイヤ改正で運行系統が変わりましたが、相変わらず数分遅れは常態化したままのようですね。。。

ってことで以上です。
今回はこのへんで
スポンサーサイト
17:36  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

A80&481さん
コメントありがとうございます。こちらの返信をさせていただきますね。

シールはがし材で綺麗にはがして欲しいところです。>
急いで更新したのかもしれませんが、かなり跡が残っていますよね。外側から見るとそれがはっきりわかってしまうのがなんとも・・・綺麗にはがして欲しかったですね。それか外側にも貼るとか。何かしら改良されると良いですね。

西武は多摩川線以外乗車する機会はほとんどないですが、>
自分の場合は、多摩川線に乗車したことが数回しかなく、西武の中でも知らない領域ですね(苦笑)。車両は点検時に多摩湖線に来るので乗ることがあります。

2000系と違って引退をはやめる結果>
結局3ドアがネックになってしまいましたね。個人的には一番西武らしさが出ていて、駅の表示機に「3ドア」という文字を見るだけでワクワクしてきますが、これが本線系統で見られなくなるのも時間の問題かと感じました。

3000系が4連に短縮されるかあるいは地方譲渡になるかも注目>
3000系は製造時4両で運行されていたらしく、おそらく4連でも対応できるのと、抵抗制御車よりも省エネではあるのですが、新101系ワンマン車が大規模更新されていることもあり、どうなるか気になるところです。あと新101系のように先頭M車がないのも以前の101系と同様で、譲渡先があればいいのですが、そこがネックになる可能性もあり・・・個人的には何かしら3000系は残って欲しいところですが、難しさもありそうですね。。。
HIROKI@管理人 |  2013.07.03(Wed) 23:46 |  URL |  【コメント編集】

八王子ですが、僕の自宅最寄駅ですとJRあるいは都営新宿線(京王線)、どちらかで行くことができます。それにしても京王線のドアステッカーですが、キティちゃんのシールをはがした跡が未だに残っています。シールはがし材で綺麗にはがして欲しいところです。僕は3000系・6000系が引退した2011年を最後に京王線・井の頭線に乗車する機会は激減しました。現住所に転居してからは都営新宿線で9030系に乗るだけとなり、転居前と比べると愛着が薄れてしまった感があります。

西武は多摩川線以外乗車する機会はほとんどないですが、3000系が見れるのも2、3年の命となりました。車体更新はしておらず、3ドアというネックが4ドアでデビューした2000系と違って引退をはやめる結果となりました。小田急ロマンスカーのHiseとRSEも現在最古参でバリアフリー改造を受けたLSEと違って早期引退になりましたね。3000系の状況がそれだけ厳しいということを改めて実感しました。今後、3000系が4連に短縮されるかあるいは地方譲渡になるかも注目したいところです。
A80&481 |  2013.06.30(Sun) 10:47 |  URL |  【コメント編集】

どうしても本数は限られますね。>
特快系統は平日5本中4本が高尾行きですが、快速は9本中4本程度と半数なので、本数的には同数でも快速の高尾行きは少なく感じますね。日中は、基本的に 立川、豊田、八王子、青梅 など結構行先のバリエーション多いですね。

空いた列車狙いなら事前に時刻表を調べて乗るのが良いかなと。>
まぁずっと抜かれない快速が減ったので快速は基本的には空いていると思われますが、確かにダイヤによって乗客数も変わってくるので、調べてみるといつも空いている電車に乗ることもできそうですね。

いつの間にか随分増えたものだなとびっくりしました。>
実は自分も青梅行きは小さい頃はそれほど多くないという印象なので、今の日中3本は多く感じますね。朝などは10両の立川どまり(青梅線の)でもかなり混んでいることもあり、沿線がかなり宅地化しているといえるのかもしれませんね。

ATではなくMTを導入したのが不思議な感じです。>
そうですね。まぁATに対して基本的には抵抗がないものの基本はMTとしているのかな。今ではエルガ系もATで入れる事業者が多いので、あえてMTにしているのは何故か気になります。

「八王子車庫」行きの路線>
調べてみたところ1時間に2~3本運転されているようですね。他路線との重複も無いようなので、普通に独立した路線のようです。

結構増えていそうな感じがしますね。>
そうですね。ブルーリボンⅡは今のところ電鉄カラーの方が導入数が多いかもしれません。八王子方面はどうしても見る機会が少ないのでどれだけ増えているのかわかりませんが、近いうちにまとまった数になりそうですね。

八王子の京王にツーステはいなかった気がしますね。>
京王はだいぶ前から低床化を達成していたので、京王バスのツーステは撮影したことがないですね。西東京も教習車しか見たことが無く、八王子はほぼノンステオンリーというイメージがあります。

そんなに貼り替えるのが大変なのかという気がしますが… >
これですが、総合医療センター→国分寺駅→小平団地にはいっている毛央バス中央のレインボーⅡの前面にICマークがついていました。ただ小金井はまだなのですが、まぁそのうち一気に変わるかもしれません。ただ貼りかえるだけかと思うのですが、よほど粘着力があって時間をかけないと出来ない とかなにか理由があるんでしょうかね。

全170台とか。東京都は金がありますね(爆)>
台数が多いですねw この期間限定ラッピングにこれだけの費用(170台分)をかけられるのも確かに東京都に金があるからといえそうですね(笑)

立川バスは瑞穂(営)の1台だけ>
一度だけ立川駅で見たことがありましたね(確か箱根ヶ崎行き)。まぁそのときは撮影できませんでしたが、1台だけなので貴重だったようですね。

今回この前掛けを撮影できたのも、良い記録になりましたね。 >
解散間近でしたので、撮影できて良かったです(まぁこういう前掛けがあるのはもちろん知りませんでしたが)

このOEM絡みの新車投入の図式は一筋縄でいかないところがありますね>
ほぼ同型なわけですが、やはり以前からつながりがあるメーカーのを導入することが多いのか、あるいは価格か。同じ事業者内でOEMの両方を入れている会社の場合は判別すら困難なことがあり、OEMの進行でバスのメーカーを言い当てるのすら難しくなっていますね。

西武バスも8Eが一気に置き換えられ、>
確かに急激に代替されましたね。この代替に使われたのがエルガミオと後期のRMなので、この2車種は結構多く見かけますね。8Eについては二段サッシの8Eから新8E(マイナーチェンジ後)まで一気に置き換えたようです。

まあしずてつはその最たるものかもしれませんが(笑) >
確かにそうですね。個人的にしずてつで特に目立つのはテレビ局ラッピングだと思いますねw かなり派手ですし。

多摩バス塗装が今も残っているんですね。>
どうやら塗り替えないようですね。青梅営業所などは多摩バス塗装が大半で、併合された今でも別会社のような雰囲気ですね。

しかも京王バス塗装と多摩バス塗装は似通っていますし。 >
まぁ毎日乗る人は良いかもしれませんが、初めての人に「○色のバス」と紹介できないのでわかりづらいかもしれませんね。

固定窓で導入した事業者はあったんでしょうかね。>
確か公営のバス(関東地区)で採用していたところがあったような覚えがありますが、どこだったか。 と言うほど少ないってことですね。確認できていないのは関東バスでもしかすると採用している可能性があります。

その分空調の使用が抑えられて燃料節約になるのではと思います。 >
そうですね。あとほぼ逆T字窓で統一できているのに、ここで一部とはいえ違う仕様を入れるのに抵抗感を覚える事業者もありそうです。乗客も窓が開くバスと開かないバスが混在するのはわかりづらそうですし・・・個人的には都営バスは今まで固定窓を入れてたので入れて欲しいなぁと思いますw

地方の場合中型ロングで十分なケースもあるのでしばらくは活躍できると思いますが>
そうですね。狭い路線でも使えますし・・・京王バスの中型ロングは結構各地に譲渡されているようですし、レインボーにもすぐに貰い手がつきそうですね(車齢も10年程度で若いですし)

そういえば京成はどうだったかなと。>
今はわかりませんが、少し前まではいすゞ、日野、三菱のノンステが導入されていましたね。京成バスというとかなり馴染みがないバスで手軽に撮影できる場所も少なく、まだ知らないことが多いです。

この違いはどこから来るのでしょうね>
確かにそうですね。まぁそうなるほどしずてつは整備を丁寧に行っているのかもしれませんが。。。しずてつはUAもJPもMPもまだ新車並みに綺麗ですよね。

中間は双方の勢力が拮抗しているという図式かなと捉えています。>
確かにおっしゃる通り中間は混在していますね。特に京王線府中エリアということになりますかね。

基本的に実施していると思われます。>
そうですね。自動放送車に当たることが結構多くなってきました。京王の自動放送は内容がかなり濃く、自動放送ですべて対応できるような雰囲気です。この辺は各社で対応が異なるようで、まぁ西武が逆にシンプルすぎるほど簡単な放送ですねw

この手の鉄道系ゆるキャラ?が増えてきていますね>
そうですね。西武(30000系)、京王、京成(京成パンダ)、東急(以前からのクマ)とあるので、そのうち各社ともに出てきそうな感じがします。これが集まってのイベントとか人気でそうです。

府中で調整しているものと思われます。>
ただ気になるほどの時間調整じゃないので、上手く調整している感じがします。ところで京王はかなり緩急の所要時間の差が大きく、やはり特急系統は早いですねw

PMSM?という方式は初めて聞きました。>
メトロ16000系や1000系、05系更新車、15000系(これは?)など、急に増えてきている感じがします。まぁ独特な音ですがやはりGTOの音よりは標準的で面白くないといえば面白くないですね。8000系はこのままがいいです。

ドア部分に取っ手が高低2箇所付いていて>
これ6000系にもついていましたね。となると6000系で何故採用されたかですね。京王初の地下鉄直通ということで非常時の対応などを考えたのかもしれませんが謎ですね。

なかなか立35に最適な車種を考えるのも難しいなと。>
そうですね。現状はノンステ中心で混雑時にワンステを入れるのがベストなのかもしれません。今はノンステ、ワンステ意識せずに使っているようですね。もしかすると立川バスのような標準尺ノンステがベストなのかも(ただ長くなるのが若干問題)。

以前から1編成いましたが徐々に広がっているんですね。>
そういえば初期車1本は元から(数年前から)フルカラーLEDでしたね。後期車の未更新に1本だと勘違いしていました。となるとこれはその編成かもしれません(汗  

2000系に今後手が入るのかどうかも気になるところですね。 >
まぁ更新済みなのでこれ以上手は加えそうにないですね。強いて言えば3色LEDの劣化ぐらいで方向幕化あるいはフルカラー化などは可能性はゼロではないですね。

地方鉄道みたいな雰囲気が確かにありますね。 >
これで前パンの263編成とかがいるとより一層そう感じますね。階段ではなく直接平面出口というのが終着駅の雰囲気です。あと青梅街道駅も地方のローカル線の駅のような雰囲気がありますね。

ではまた
HIROKI |  2013.06.08(Sat) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。こちらの記事にコメントさせていただきますね。
今回は八王子、そういえば東京へ引っ越しの後に行って撮影されていますが、しばらくご無沙汰でしたね。西東京バスも久々に見た気がします。では、順を追って…

・中央線、今回はちょうど高尾行きが来たので良かったですが、中央特快が全て高尾(以遠)行きの分、快速は途中止まりも多いので特快通過駅から乗り換え無しで八王子・高尾に行こうとするとどうしても本数は限られますね。利用者も遠距離客は特快志向なので快速は八王子あたりまでくると空いているようで、空いた列車狙いなら事前に時刻表を調べて乗るのが良いかなと。
「青梅行きは降りたホームで」ということは中央線から直通の列車に接続ですね。珍しいな…と思って時刻表を見たら今は日中毎時3本が中央線直通で、立川始発より多い時間帯もあり、いつの間にか随分増えたものだなとびっくりしました。立川駅で待っていた人の多さといい、青梅線方面の利用客が増えていることが分かります。
・京王バスの新車ブルーリボンⅡ、立川でも登場しましたがMT車なんですね。しずてつと違いAT車のMPも普通に導入されているのに、ATではなくMTを導入したのが不思議な感じです。あと京王バスに「八王子車庫」行きの路線があることをこの画像を見て初めて知りました。今回全部で3台登場していてナンバーもばらけており、結構増えていそうな感じがしますね。その代替がレインボーだそうですが、そういえば以前の撮影時点で八王子の京王にツーステはいなかった気がしますね。僕にとって八王子の京王といえばブルーリボンなんですが。
・西東京バスの「回送中 申し訳ございません」、久々に見るとインパクト大ですね。岡山で「すみません回送中です」(岡電バス・両備バス)を先月見ましたが、これが何台も続けて来ると「もう分かりましたから」と言いそうになります(苦笑)
・PASMOステッカー、京王・西東京ともそのままとは。西東京は側面にICステッカーが付いているからまだいいですが、そんなに貼り替えるのが大変なのかという気がしますが…
・スポーツ祭ラッピング、西東京バスにもやはりいましたか。これは各事業者の同ラッピング車を集めると数も種類も凄いことになるなあ、もしかして伊豆七島の路線バスにも…?と思って検索したら、東京都のホームページによると伊豆大島・八丈島の路線バスにもしっかりラッピングしているそうで、全170台とか。東京都は金がありますね(爆) ちなみに立川バスは瑞穂(営)の1台だけだそうで、第28号記事の立川駅撮影時に見なかったのも道理です。
・西東京バスの前掛けにFUNKY MONKEY BABYS、数えたらRAノンステを含めて今回3台登場していますね。確か西東京バスには以前FUNKY MONKEY BABYSのメンバーの声で車内放送をするバスがあったはずで、地元出身のアーティストをこれだけ盛り上げようとしているバス会社も珍しいですね。バス会社がというより地域全体で盛り上げている感じで、惜しまれつつ解散しますが、八王子が生んだアーティストとしてその名はずっと残っていくだろうと思います。今回この前掛けを撮影できたのも、良い記録になりましたね。
・レインボーⅡ、西東京バスはエルガミオでなくこちらなんですね。大型は新型も含めエルガ一本のようですが、親会社の京王はエルガでなくブルーリボンⅡ。どうもこのOEM絡みの新車投入の図式は一筋縄でいかないところがありますね。新型の中型車…そういえば首都圏では中型車の低床化が一段落したようで、それで当面は事足りるということでしょうね。西武バスも8Eが一気に置き換えられ、それが大量に伊豆箱根バスに来たようで、結果三島・沼津地区で8Eが一気に増加するという現象が起きました。
・某メガネ店ラッピングに立川で登場の不動産屋?ラッピング、どちらも僕が全然知らない名前ですが、こうしてみると地域限定ラッピング車も色々あるものですね。まあしずてつはその最たるものかもしれませんが(笑)
・多摩バス塗装が今も残っているんですね。京王バスもそうですが系統の異なる色が標準塗装で混在していると、HIROKIさんもおっしゃるように初めて利用する人は混乱するかも。しかも京王バス塗装と多摩バス塗装は似通っていますし。
・新型エルガ、結局標準とされていた固定窓で導入した事業者はあったんでしょうかね。確かに逆T字窓の方が換気出来て、その分空調の使用が抑えられて燃料節約になるのではと思います。
・大型車で置き換えになっているらしい中型ロングのレインボー、これも地方事業者に行くのでしょうかね。地方の場合中型ロングで十分なケースもあるのでしばらくは活躍できると思いますが…
・西東京の新7E、後部のデッドスペースがなくて見た目すっきりした印象ですが、確かに首都圏ではベテランの域にある車両で、今回撮れて良かったですね。
・西東京は昔から三菱がいなくて、大型はいすゞとUDがメインでしたが、今も一切入っていないんですね。JBUS系しか入れていない事業者は関東では珍しくなりましたね。他には国際興業と…そういえば京成はどうだったかなと。十数年前は三菱というと松戸の富士重ボディ車しか思い浮かびませんでしたが。あと西東京のUDは昔5Eのそれが五日市から来ていたのが印象に残っている(全般にはいすゞメインでしたが)ので、現在UAが多いのも頷けます。
・西東京にはJPもエルガも方向幕車が残っているんですね。LEDばかりの中で方向幕を見るとそれだけで懐かしい感じがします。しかししずてつではまだ綺麗なJPがこちらではベテラン感が出ているという、この違いはどこから来るのでしょうね。不思議な気がします。
・今回登場の京王は全部電鉄カラーでしたね。八王子といえば電鉄バスカラー…個人的にはその印象です。新宿が京王カラーで八王子が電鉄カラー、中間は双方の勢力が拮抗しているという図式かなと捉えています。

・八王子から戻りは京王線、HIROKIさんの特急乗車はそういえばあまり聞かなかったですね。今回乗車の府中以西は線形も良く結構飛ばしていますね。中央特快との対抗もあり、停車駅増加分の所要時分増を最小限にとどめようとしているようにも見えます。「特急」の分倍河原停車は今年からなので、準特急で慣れていても「特急」停車駅と言われると新鮮さはありますね。自動放送は京王八王子・高尾山口系統の特急は確か国の法律で英語放送実施が求められているので基本的に実施していると思われます。さらに液晶式車内案内装置だと(以前新宿で撮影されていた小型サイズで)4ヶ国語を表示していますね。車内のドア注意ステッカー、僕も京王でこれといえばハローキティだと思っていましたが、これは初めて気づきました。キャラクター使用契約の都合等で急に変えたとか…?「けい太」というこの絵本キャラクターも初めて知りました。東急電鉄といい、近頃この手の鉄道系ゆるキャラ?が増えてきていますね。
・府中での待避、上りと下りで待避後の発車時間が異なるんですね。まあ下り方は連続停車の上に北野までの特急通過駅が5駅+停車駅3駅、上り方はつつじヶ丘までの特急待避駅が8駅+停車駅1駅と、下り方のほうが明らかに余裕があるので府中で調整しているものと思われます。
・8000系に新しい音が登場したんですね。PMSM?という方式は初めて聞きました。僕も8000系のGTO音が京王で一番好きですので、減るとしたら寂しいです。
・7000系、ドア部分に取っ手が高低2箇所付いていて、ドア窓付近のそれは位置も珍しいですね。何故付いているのか?非常時にドアコックを使用して手動になった際に手で開けるのは開けやすいでしょうが、そんなことがそうそうあるわけはもちろん無いですし、もしかして東武のように半自動扱いが出来るとか?…謎です。
・府中→武蔵小金井は前回の学園通り経由と違う一本木経由で乗りバスにバラエティが出ましたね。ルートあんないを見ると一本木経由の方が若干距離が短そうに見えますが、本数の多い学園通り経由の方が直通利用は多いのかなと。
・小金井唯一のRA、やっと撮影できて良かったですね。外観上は他のRAと変わらないようですが、営業所で1台だけ存在しているというのが珍しいというか、不思議な転属をしたものですね。ちなみに多磨霊園行きは十数年前に一度乗ったことがあります。確か当時小金井ではポピュラーだったいすゞキュービックに乗れたと思います。それと途中で霊園の中を通るのに度肝を抜かれた覚えがありますね。

・土曜日はまずMPワンステ、そういえば立35は立川撮影時にもMPが登場していましたね。UAワンステの代替でこれが来ているとなると、やはりUAはどこかに転属している可能性があるかなと。ワンステはスロープ設置時にノンステより距離が必要なのは確かで、狭い道を走るときはそこがネックになるんですね。座席定員はワンステの方が多く、一方スロープはノンステの方がベスト…なかなか立35に最適な車種を考えるのも難しいなと。
・国分寺線は新2000系で方向幕だけフルカラーLED、以前から1編成いましたが徐々に広がっているんですね。超更新だと車内は寒色系になって綺麗ですが、僕も暖かみがあって好きなのは未更新オリジナルの車内です。今後の更新などの方針はHIROKIさんの予測のとおりかなと僕も思います。西武一のベテランで当分残る2000系に今後手が入るのかどうかも気になるところですね。
・多摩湖線国分寺駅ホーム、1線だけの線路に行き止まりホーム、さらに車両が地方私鉄でも見られる新101系と、地方鉄道みたいな雰囲気が確かにありますね。
白1色は綺麗なうちは良いですが汚れるとやはり目立つようで、まめな洗車が欠かせないですね。その点、薄く茶色になっている箇所が出ているのは残念だなと思います。
・数分遅れの常態化、多摩湖線の運転系統は一部列車を除き新宿線と分離されたので一見影響は少なそうに見えましたが、接続待ち等で結局新宿線の影響を受けてしまうんですね。

それでは、また。
とーます |  2013.06.03(Mon) 23:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/636-76b853d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。