2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.08 (Sat)

★2013 第32号★

こんばんは。

梅雨入りで蒸し暑さは増してきたものの相変わらず雨が降りませんw まぁ降らないのはいいですけど、本当に梅雨なのか・・・w で天気予報もずっと晴れ予報で実際も晴れるというところで梅雨らしくない感じがしますね。ただ最近は、大雨が一気に来るという雨が多いので、それは気をつけたほうが良いかもしれませんね。

さて、木曜日は恒例の平日撮影可能日なんですが、いつも中央線だけだとさすがに飽きてくるので、小金井周辺からたてバスで移動して西武線に乗ろうというわけの分からない目標をたてて見ましたw で、今回それの第1弾というか、初めて実行しました。

DSCF4258.jpg
今回は、都合上武蔵境駅からスタート。早速ここから西武バスに乗ります。その前に団地上水端行きの小田急バスエルガを撮影。中央線よりも北側の小田急バスの路線は結構貴重です。団地上水端は確か亜細亜大の近くで徒歩でも余裕でいける距離だったと思います。

西武バスはここからは平日日中ひばりヶ丘駅行きが3系統出ていて、一つは谷戸経由の境03でこれは田無~ひばりヶ丘でほぼ直線で結んでおり所要時間が短い経由、ひばりヶ丘団地経由の境04でこれは団地を経由しており若干大回りをするルート、さらに本数少なめでイオン東久留米経由の境07でこれはかなり大回りするルートとなっています。で境03 境04・07の2つの乗り場があります。で谷戸経由は人が並んでいたのでパス(ちなみに西工のフルフラットという誘惑がありましたがw) 境04、07の方で待っていたら新7Eワンステと西工フルフラットが連続で登場。一瞬迷いましたが、新7Eワンステに乗ってみたかったので04系統の新7Eに乗車。 で、この数分間に境03は2台(2台とも西工フルフラット)、境04 1台、07 1台と計4台が次々入線し発車 ということで田無駅までは4本がほぼ続行していましたw ダイヤをみると数分差しか離れてないので遅れてきたことでバスが連続したようです。全区間で5人程度しかのっていませんでした。

DSCF4259.jpg
で、乗ったバスですが新7Eワンステ(短尺)はMTで、しかもかなり空いていたのでエンジンの音がよく聞こえました。バスらしい車内と音が楽しかったです。乗ったことが無かったのでこの引退進行中に乗れてよかったです。で、田無駅を出たところでかなり狭い道(一方通行)を通りびっくりしていたのですが、その後境07と合流す中原小学校~駅入口までの区間がかなり狭そう(しかも一方通行ではない)で「こんなところを通るのか」と思いましたw T字路を曲がるところは係員が誘導していましたが、対向車がいると曲がれない(というよりそこに通じる道も片方が寄って待機しないと通れない)所もあり乗っていて面白い区間でした。その中でも意外と速度を出ていました。

DSCF4265.jpg
ところでひばりヶ丘はバスの出入りが結構頻繁なんですが、画像のように並んで待機(一番左は境04乗り場)していて、ちょっと独特です。手前のバスは確か境03で武蔵境で先に発車したバスだと思われます。全部滝山のバスのようです。この後、PARCOの中でラーメンを食べましたが、静岡のパルシェにある店と同じところで、そこは小さい頃かなり頻繁に食べていた気に入っていた店でしたが、久々に食べて懐かしく感じました。

DSCF4267.jpg
そしてこの後は石神井公園まで移動します。ちょうど急行接続中の3000系がいたので乗車。こういう機会を逃してはいけないと思いまして・・・w で石神井公園で降り、後の準急を待っている間に撮影。当たり前に見られるうちになるべく多く記録しておきたいと思っています。

DSCF4272.jpg
接続の準急まで3分ほど時間がある(逆に言えばひばりヶ丘~石神井公園では3分差で続行している)ので、余裕で撮影することができました。9000系。天気が残念ですが日差しがない分暑さが抑えられて撮影は楽ですw

DSCF4279.jpg
反対側に東急5050系が入線してきました。直通からもうすぐ3ヶ月。個人的にはもうすっかり東急の西武線入線も見慣れてきました。石神井公園だとある程度東急車が入ってくるので撮影は比較的簡単ですかね(ダイヤ改正などで運用が変わるまでは一定のダイヤに入るので(もちろん代走もありえますが))。

DSCF4280.jpg
メトロ10000系の快速急行。まぁメトロの中華街行きを撮ると平日って感じがしますw それにしてもここは簡単に撮影できて良い場所です。こちら側は同時進入は無いので無駄なく撮るには良いかもしれません。

DSCF4284.jpg
20000系。ただこちら側だと緩行線側の下り線が微妙なカーブを描いていて、反対の列車は若干撮影しづらいですかね。個人的にはこっち側より下りの池袋寄りのほうが気に入っています。

DSCF4289.jpg
ガラガラなことが定評の新木場行きも10000系。新木場行きについては3月の改正以降ひばりヶ丘で快速急行と接続することもあり、以前にも増して空くようになりました。でも所沢から空いている電車に乗れるのは魅力で、練馬などで乗り継ぐことを考えても良い運用かもしれません。

DSCF4290.jpg
留置線から始発の中華街行き5050系。ここに東急車が停まっていることも当たり前な光景になりました。で、次の急行は8両らしく待っている人も前よりに並んでいたので8両ということはわかりましたが・・・

DSCF4291.jpg
3000系L-trainが登場ですw まさか急行で撮影できるとは思わず、入ってきたときびっくりしました。。。3000系は各停のイメージがやはり強い為、優等種別で撮影できるときが少ないのでラッキーです。

DSCF4295.jpg
反対側はあえて近くに寄らず、東急5050系と並んで停車している様子を撮影。まぁ3000系でもL-trainなどは最後の引退かしばらく残ると思いますが、こういう光景も普段でも何度も見れるわけではないので記録しておきます。

DSCF4304.jpg
準急で来た30000系10両。未だに待避線側の準急には違和感がw ところで、側面の茶色い汚れがだいぶ目立っています。メトロ10000系とか30000系のアルミは汚れが結構目立つのですが、さすがにもう少し綺麗だと良いですね・・・

DSCF4305.jpg
上りホームからはこれで撤収。移動中なんとなく30000系の連結面を撮影。最近の新車でこういう併結は珍しいですし、そもそもかなり独創的なデザインなので、かなり目立ちますねw

DSCF4306.jpg
石神井公園駅ですが、西口の使用が開始されていました。まぁこちら側は特に店やロータリーもなく、駅窓口も無く、改札機も少しということで閑散としています。

DSCF4310.jpg
今度は下りホームに行くと早速Y500系が入線。石神井公園撮影は以前は新101系と東急4000系が目当てでしたが、今後は3000系とY500系狙いで行こうかなぁと思います。こいつが来ると東急車よりインパクト絶大ですねw

DSCF4321.jpg
30000系の池袋行き。後期仕様で側面のSEIBUが無い編成です。じっくり見ないと分からないですが、確かに側面窓の上部が高く窓が少し大きく見えますね。ここも30000系のこだわりポイントだったと思います。

DSCF4322a.jpg
で、ちょうど準急の新2000系とほぼ同時に発車…ということは・・・カメラを構えていると、並びを撮影することに成功。ここで何度も同時発進を見ていますが、やはり迫力がありますねw

DSCF4323.jpg
で、次の保谷行きは、今度は3000系銀河鉄道999。短時間で3000系の塗装バリエーションを3色とも撮影できましたw ちょっと撮影時にカメラを上にずらしてしまって下がカツカツですが・・・w

DSCF4326.jpg
反対側の快急・・・ってヒカリエ号ですかw まさか早速実際に見ることができるとは。前面や上部の金色は目立つ代わりに窓下は色がほぼ無いので逆にシンプルに感じました。ところで、金色というより黄色なので、西武に合っている気もするのは気のせいでしょうかw

DSCF4327a.jpg
何とか反対側から撮影に成功。前面の色がやはり目立ちますね。ところでこいつは10両で、しかも渋谷のショッピング施設の宣伝のため、もしかすると田園都市線でも運行できるのかもしれません。それにしてもこいつ、黄色なので黄色い電車と合わせて撮影したくなってきます。

DSCF4332.jpg
さっきの銀河鉄道999の反対側。あえて駅に停まっている感を出したかったので若干手前の位置から、駅の設備が見えるように撮影。それにしても3000系が消えるとさらに追いかける対象がいなくなるなぁという感じです・・・

DSCF4337.jpg
ガラガラの新木場行き6000系。新木場系統はメトロ運用がやけに目立つようになった気がしますが、西武運用も残っています。ところで6000系といえば和光市からの東横線急行になる間合い運用があるようなのでそっちも気になっています・・・w

DSCF4343.jpg
後追いも一応撮影。

DSCF4344.jpg
各停小手指行きの7000系。有楽町線からのなんで10両です。緩行線側から転線してきているので速度は若干控えめなので撮影はしやすいです。それにしてもベテランなのに飯能・川越市から新木場・中華街を行ったり来たりで忙しい車両です。

DSCF4346.jpg
保谷からY500系が戻ってきました。保谷からの中華街行きとくだりの準急の入線がほぼ同時なのですが、ギリギリ中華街行きのほうが早く入線してきたので撮影できました。よくみると直通PR車だったようです。PR広告とY500車番とコーポレートマークと行先表示をあわせて撮影。

DSCF4349.jpg
ところでY500系は5000系前期編成と同じ設計のため、行先表示が種別が幕、行先がLEDで独立しているJR西日本っぽい表示方法。結局この方式は初期だけ(Y500は全編成)で終了しましたが、5050系の一部には組み替えで5000系のこの仕様が混ざっていることがあります。

DSCF4361.jpg
で準急の方もネタなL-train。側面に違う広告が入ったようですが、黄色や白でそっちが目立っていますw 何もこの編成でやらなくても とは思いますが、広告主側からすれば通常車へのラッピングより効果があるのかもしれません。

DSCF4363.jpg
一旦ホーム中ほどに行っている間に急行の入線放送がなり、こんな中途半端な位置で撮影。まぁ駅に入線してきているってことはよくわかりますがw 30000系の前パンだったので意地でも撮影したかったのでここで撮影・・・w

DSCF4364.jpg
メトロ万系の保谷行き。メトロ車の保谷行きもやはりまだ新鮮。それにしてもダイヤ改正で東横系統以外のダイヤがここまで変わるとは思いませんでした。この直通で一番変わったのは実は西武なのかもしれませんね。

DSCF4365.jpg
で次の各停西武球場前行きの新2000系超更新車に乗車。石神井公園発車後の坂を加速しながら下るのでやたらと加速が良く西武らしくない感じでした。降りたひばりヶ丘で急行接続でした。ところでひばりヶ丘はホームが結構狭いんですね。

DSCF4369.jpg
下に降りて、帰りはイオンモール・南沢5丁目経由に乗ろうと思ったのですが、20分程度来ないようなので、諦めて行きの境04に乗車することに。待機中の短尺APワンステ。中期の車両で前面窓下が黒く塗られている仕様です。

DSCF4371.jpg
境04のAP。これも短尺です。まぁ狭い区間があるのでワンステもあえて短尺にしているのかもしれません。まぁRAエンジンですしコレに乗っても良かったのですが、発車時間が迫っていたのでパス。ちなみにあらかじめ車椅子スペースに座席が無い混雑対応仕様でした。

DSCF4374.jpg
そしてその後ろにぴったりくっついて待機していたUAワンステに乗車。発車までに自分含めて5人しか乗りませんでした。それでも1時間5本ということでこれ以上少なくすると混雑してしまうのかもしれません。短尺ワンステってあまり乗ったこと無かったのですが、座席が1席分短いようですね。

DSCF4376.jpg
途中田無駅までで10人程度になりましたが、田無駅で全員下車していきましたw で入れ替わりで今度は15人程度乗車して発車。ただ、谷戸経由の武蔵境行きとほぼ同時に発車し、3つ目ぐらいで降車があったときに追い抜かれ、以後は武蔵境まで2台並んで走行していましたが、降車も乗車もほとんどなく(乗車は追い抜いたほうが拾っていったので)結局最後の最後まで2台くっついて終点でした。ところで武蔵境駅の乗り場は道路自体が左にだいぶ傾いているのですが、さらにニーリングしていてかなり斜めっていますw こいつもA3なんでベテランです。

DSCF4384.jpg
前を走っていたUAフルフラット。やはり境03にはこいつが多く入るようです。通常塗装で運転席側が綺麗に撮影できそうだったので、撮影。こちら側もやはり個性的なデザインです。

DSCF4385.jpg
反対側に移動して小田急バスを1枚だけ撮影。新宿駅西口行き用のエルガミオです。こいつもいつか乗ってみたい路線です。

DSCF4395.jpg
その後武蔵小金井に移動して、時間があったのでこちらでも撮影。ちょうど南口で、小金井の京王バス塗装のJPがいたので撮影。こちらもちょっと前に転属してきた車両ですが、何台か同時に転属してきているようです。お、PASMOステッカーがICに変わりましたね。

DSCF4398_20130608220011.jpg
京王バス中央のMPノンステ旧路線カラーが前に出てきたので撮影。やはり白っぽいバスの中で黄色は目立ちますね。

DSCF4410_20130608220017.jpg
反対側からも撮影できそうだったので、撮影。やはりこの塗装は似合っている感じがしますね。

DSCF4425.jpg
北口に移動してみましたが、以前多磨霊園行きが発着していたバス停部分が、他のバスも停車しないスペース(バス停の屋根とバス停ポールだけが残っている)だったのですが、ちょうど対岸に小金井のバス塗装MPが停まっていました。バス塗装も珍しくないですが小金井ということと、以前多摩センターで撮影していたことで、なんか親近感が湧いてる車両です。

DSCF4426_20130608220059.jpg
小金井の個性派の2台が並ぶというオイシイ光景w ちなみに左側に微妙に電鉄カラーMPが写っています。

DSCF4428_20130608220106.jpg
で、西武バスの転回場付近で、道路を走るバスも撮れるんじゃないかって思って試しに待機場へ向かう京王バスのレインボーⅡを撮影。お、なかなか気に入りましたw ここにいれば北口に来るバスが全部撮れます。今度からここで撮影しますw

DSCF4429_20130608220116.jpg
小金井のMPノンステ。2次導入の車両です。この導入で10台近く導入されています。以前は転属車だけだったようで、7Eノンステとかのベテランがいましたが今では結構新車が走るようになっています。

DSCF4431.jpg
さっきのバスカラーも来ました。ところでここ、奥の建物が古くて汚れているのが気になりますねw 元は長崎屋の店舗ですね。なかなか古そうな雰囲気が出ています。

DSCF4432.jpg
西武バスのQKG-MPも来ました。滝山のバスですね。今日は滝山のバスばかり撮影していますねw

DSCF4437.jpg
UAワンステとの並び。どちらも滝山営業所のバス。この転回場ですが、西武バスしか使わないので、ここでこうやって普通に転回場をふさいで待機することも多いですw どちらもA3・・・10年の差がある並びです。とはいってもまだUAも新しいイメージがあるので、それを感じないですねw

DSCF4441.jpg
お、新7Eノンステがやってきました。新7EですがA3ですし、今日乗ったUAワンステとナンバーも車番も近いということで新7Eノンステ最後期組のバスです。もしかすると西武バスの新7Eノンステでは一番最後の車両かもしれません。引退が進む新7Eですがこの世代は、あと1年は見られると思われます。

DSCF4445_20130608220225.jpg
京王バスUA。

DSCF4446.jpg
京王バスMP。

DSCF4447_20130608220307.jpg
連続で京王バスMP。3台連続でまだPASMOステッカーですね。他社のように一斉ではなく徐々に変えているようです。

DSCF4448_20130608220312.jpg
最後に京王バスJP。MP導入で少しずつJPが減ってきているようです。とはいっても主力は当面はJPだと思われます。

以上です。今回は石神井公園撮影と武蔵小金井撮影を一気にやったので画像が多くなりました。

ところで、静岡中央電鉄ホームページのTOPでも記載しておりますが、今後当面の間、ブログ以外のHP更新は休止します。まぁ今までも2月から放置だったわけですが一応更新するつもりでした。今後ですが、もちろん撮影やブログは今までどおり、いや目標では今まで以上に行う予定なのですが、HPの更新となりますと時間がかかる上に、だいぶ手間がかかりまして・・・大学の方も忙しくなっており、HP更新意欲も減ってきていまして、テキトーに放置するのはよくないと思い、一旦更新を休止することをお知らせすることにしました。。もちろん最低限の管理は行いますし、閉鎖等は考えていませんが、今後当面の間、期間未定ですが更新を休止します。
ですが、繰り返しになりますがブログの方は更新を今までどおり続けますので今後もよろしくおねがいします。またリンクの募集なども継続していますのでよろしくお願いします。

さて、土曜日には池袋へ行ってきましたが、そちらの模様は15日までには掲載したいと思いますのでまたご覧ください。
ではまた
スポンサーサイト
22:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

関東バス&西武バスのエリアにこの路線だけ>
そうですね。そういえば、京王バスも中央線の北側だけを走る路線は少なく23区内以外だと、武蔵小金井周辺だけでしたね。

確かに歩くには長い距離なのでよく利用されるのかなと>
まぁ短距離でも路線がなりたつということは、やはり東京の特徴なのか短距離利用も多いことを表しているように感じますね。

大学輸送をコミバスも担っている>
実はOPキャンパス時に一度利用していますが、結構学生が多そうですがポンチョで担っているというのは、あまり無い気がします。まぁ徒歩で大学までいける(実際、3回ほど歩いて行った事があります)ので、間に合っているのかもしれませんね。

というかもう全ての車両に付いているのでしょうかね。 >
都心の方にもついているようなので、一気に全車に貼ったものと思われます。

武蔵境~ひばりヶ丘間が3系統もあるんですね。>
確かに日中も3系統が同時に運行されているのも珍しいのかも。このうち武蔵境~田無は全便共通なので、裏を返せばその区間は利用が非常に多いといえるのかもしれません。

土休日は朝夕しか運行しないというのも珍しいと思います>
これ、バス停に「混雑を考慮し」というような記述がありました。確かに土日はイオンモール渋滞が起きているようですし、定時運行を確保できないため、武蔵境発着がなくなるようです(田無発着は運行)。

どちらも団地経由の方が若干遠回りだが本数は多い>
境03と04では逆に谷戸経由の方が若干本数が多いというのが面白いですね。団地よりもたてバスとしての利用が多いのかもしれませんね。

発車直前だった武21に乗ったらいつまで経っても武蔵小金井に着かず…>
久留米西団地や、滝山団地、錦城高校(新小金井街道)を経由するルートですね。確かにこれは時間がかかりそうなルートですねw

しずてつでも乗れる車種なのでちょっと残念でした。 >
確かにこれはしずてつでも乗れるバスでしたね。

うらやましいなと思いました>
武蔵境は確かに静岡ではいない車種が多く来ますね。本数も多いので、数本待って目当てのバスに乗ることもできそうですw

田無まで4台続行というのもすさまじいですね。>
それでもバス停に人が待っているということで、いかに利用客が多いかもわかりますねw ちなみに時刻表を見てみると数分開いているところもありますが、同時刻や連続発車になっているところも多いですね。

UAと大きく変わらないエンジン音ではないかと思いますが、>
たぶん同じものと思いますが、結構大きく感じましたね。

高架化前の石神井公園駅近辺がかなり狭隘な道>
今も石神井公園駅周辺の一部では道が狭いところがあるようですが、大型バスが多いですね。ちなみに上石神井駅は今でもロータリーもかなり狭いですねw

それだけ滝山の管轄範囲が広いんだなあと。 >
確かにひばりヶ丘・武蔵境と滝山はイメージ的には離れている感じがしますね。あと、吉祥寺の吉64も滝山の担当で、結構大きな駅の担当路線が多いですね。それだけに台数、見る機会も多いですね。ちなみに、滝山には西原車庫という滝山の管轄下の車庫もあり、西武バスの中ではかなり規模が大きいといえそうですね。

3ドア(=3000系使用)の優等列車があるとは驚きでした。>
おそらく直通で必要な6000系が増えたため、8両の優等種別増加→3ドアも という流れかと思います。ただ3000系だけなので元々本数も多くないので、優等に入るのは少ないのかもしれません。

以前のダイヤで上り快速急行に入っていて乗ったことがありますが…>
ありましたね。夕方前の快速急行にも入っていて折り返しの準急所沢行きで何度かお世話になりました。

なぜこの編成で?というのは僕も同感です。>
L-trainは登場後数ヶ月経った時にも違うラッピングがさりげなく入っていましたね。

撮影する方には一粒で二度おいしい編成ですね(笑)>
そうですね。撮影時には両方撮影する必要がありますねw

999が発着する駅のような感じがしてなかなか良いなあと思いました。 >
ありがとうございます。。。ところで、これ、黄色の3000系で同じように撮影していたら、また違った印象になったのかもしれませんね。

担当ダイヤは決まっているので調べて行けば容易に撮影>
駅から時刻表で普通にネット上で見られるので、調べれば代走がない限り撮影できますね。まぁ代走も代走でこれもなかなか面白いですが・・・w

メトロか東急なので偶然行っても東急車を見かける率は高いと思います>
逆に東急線内ではメトロ7000系をやたら見かける気がしますw まぁ渋谷折り返し系統にも入っていますし、「東武田園都市線」ではなく「東京メトロ東横線」状態ですかね。

Y500系(厳密には横浜高速鉄道車ですが)とヒカリエトレインが撮影できて>
確かに両方撮影できたのはラッキーでした。どちらも運用番号では追えないですね。

並べて撮影すると確かに似合うかも…僕も見てみたい気がします。>
黄色と黒が合わさっているので、新101系を思い出す人もいるとかいないとか。どちらにしろ西武には似合っている車両ですね。

あるいは田園都市線用に新造又は改造でもう1編成仕立てるとか。 >
田園都市線系統も渋谷通りますし、直通なので1本用意するのも良さそうですね。

文字の色を路線別ラインカラーに合わせているので>
確かに文字の色がいろいろありますね。この色を把握すれば一目でどこに行くか分かりますし、便利ですね。

3色LEDよりはこれの方が良いですね>
そうですね。3色LEDだと分かりづらかったり、別の種別でも同じ色(例えば西武の準急と快速、急行と快急は同じなので)になってしまうので、幕のほうがわかりやすいですね。

メトロ車の快速急行、土休日は少ないんでしたっけ?>
土日の日中はかなり少ないですね。各停も含めて日中の下りはメトロ運用は3本しかありません。平日だと6本でしたので、上りも同じぐらいだと思われます。

特急や快速急行に入るメトロ車は今でも新鮮な感じです。>
確かにそうですね。地下鉄といえば各停のイメージです。

都営浅草線系統にひけをとらない複雑で面白いものになりましたね。 >
直通にかかわる形式は少ないとはいえ、運用はかなり複雑で、よくこれをさばけるなと思いますね。5直の中にさらに有楽町線運用もあるわけで。。。

もう少し綺麗にしてほしいものですね。>
そうですね。黄色い電車の方は綺麗に塗装されていることが多いので、30000系も綺麗だとより良いですね。

立ち客にも外の景色が見やすいようにという配慮なのかなと。>
そうですね。最近の車両は窓もそれほど大きくない車両が多いので、こういう試みは良いですね。他社でも広がって欲しいところです。

東武車は日中副都心線にはほとんど(平日は全く)入らない一方で新木場には行くみたいですね。>
ちなみに、数十年前の計画では、東武~副都心線、西武~有楽町線という計画だったようですが、現状、本数は和光市発着が多いですが、西武のほうが副都心線で目立っていますね。  新木場に東武ということは9000系は新木場行きのほうが狙えるかもしれませんね。

音が似ている東急8500系みたいな感じだったかなと。>
そんな感じですねw 高架から降りる区間は徐行はない様で、基本的にはここだけは全車高加速になるようです・・・w

他にも都内で短尺を見かけるのが多いのも実は同様の理由かもしれないな>
確かに都心部の方が狭い道路を大型が走っていることも多いので、だからワンステも短尺なのかもしれませんね。

田無駅で乗客が全員入れ替わるというのも面白い現象でしたね。>
縦に利用する客は谷戸経由に行くと思うんで、こちらは地域密着路線で田無までの利用が多いのかもしれません。全員降りたのでびっくりしましたw

鉄道駅間ショートカットの利用も根付いているようですね。>
そのようですね。確かに、縦の鉄道は少ないので考えてみればかなり便利なルートですよね。ちなみに今は西武だけでなく、小田急や関東バスでも縦のルートの路線マップを出しているので、関東ではだいぶ根付いてきたのかもしれません。

1人で乗りとおすのはちょっと恥ずかしいです(苦笑) >
確かに乗りとおし客は好きな人ぐらいでしょうねw 自分も機会があればこれに乗ってみようと思うのですが、なかなかその機会がありませn。。。

京王のように復刻塗装車が出ないかなあとふと思いました。>
確かに、都営もいろいろ旧塗装があるので復刻塗装は面白そうですね。個人的にはあの水色のカラーを見てみたいです。

それでもここは電器店と安売り店が入っているようでまだ良いかなと。>
MEGAドンキのほうは長崎屋の多くの店舗でこれにかわっているようですね。こういう古い店舗はなくなりつつありますし長く残って欲しいですね。

ハイフン以降の番号を変えて番号が重複しないようにしているとは思いますが>
そのようですね。ちなみにA2は2002年のも2012年のも800台の車両がありますが、十の位などで分けているようです。連番でついていて、番号も百の位が同じになったりと、あまり車番は重要視されていない感じもありますが、導入年が一目で分かるので個人的にはありがたい表記ですw

意外と遅くまで初期ノンステが入っていたんだなあと。 >
製造終了までフルフラットタイプを入れていたようですね(CNGのみ違う)。まぁ西工でもフルフラットを入れていますし、ATにも抵抗がなかったようですが、7Eのころからノンステを導入した名残だったのかもしれませんね。

中扉の下部に窓が付いているのが静岡では見慣れない>
関東でもこの時期まで窓をつけていたのは京王と相鉄ぐらいだったと思います。RAの途中までついていますね。
それとPASMOステッカーは未だにそのままの車両もあります。

では

HIROKI |  2013.06.23(Sun) 22:53 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんにちは。
ようやくというかついにというか、東京や静岡では梅雨らしい天気になってきましたね。他の地域は既に夏のような天気で猛暑も続出していますが…ちなみに静岡市で6月の猛暑というと忘れられないのが1990年にあった38.5℃です。今ほど極端な猛暑が少なかった当時、いきなり体温より高い気温になって体に堪えた覚えがあります。
それでは、今回の記事にコメントさせていただきますね。

今回は平日趣味活動シリーズでは初の西武線行きでしたね。撮影記事2本分の画像数に圧倒されました。加えて乗りバス・乗り鉄もあって、すごく充実したひとときを過ごせたことが伝わってきました。では、順を追って…

・団地上水端行き、中央線の北側だけを走る小田急バス路線は初めて知りました。関東バス&西武バスのエリアにこの路線だけ入っているのは面白いですね。調べたら全線で3kmも無いそうですが平日10分間隔。確かに歩くには長い距離なのでよく利用されるのかなと。また、亜細亜大学経由のバスもあるようですが早朝に1本だけ。メイン系統も大学のすぐ北を通るのとムーバスと重複するためだそうですが(大学自体も武蔵境駅から徒歩圏内らしい)、大学輸送をコミバスも担っているというのもまた不思議な感じです。それとこのエルガも、後で撮影の宿44用エルガミオも前面上部に「きゅんた」付き…というかもう全ての車両に付いているのでしょうかね。
・西武バスで武蔵境~ひばりヶ丘間が3系統もあるんですね。昔のルートあんないでは境07が存在しなかったのでちょっとびっくりでした。当時から田44は存在していて、それを田無~武蔵境間延長したものが境07だと分かりましたが、確かにかなり大回りの系統ですね。平日は終日運行なのに土休日は朝夕しか運行しないというのも珍しいと思います。一方、境03と境04の関係に近い路線は神奈中でも平塚~伊勢原間・平塚~秦野間などに例があります(どちらも団地経由の方が若干遠回りだが本数は多い)。個人的には昔乗ったことがあるそちらの方を思い出しました。
さらに話が逸れますが、実は僕も今年に入ってから東久留米→武蔵小金井で久々に西武バスに乗りました。その時はたまたま駅に停まっていて発車直前だった武21に乗ったらいつまで経っても武蔵小金井に着かず…大回り系統だと知ったのはだいぶ経ってからでした(苦笑) 言うまでもなく武12が最短ルートですよね。何も調べずに乗ると失敗するものだと痛感しました。運賃はどちらでも同額のようで、たまたま時間に余裕があったので良かったですが…ちなみにこの時の車両はUAワンステ。しずてつでも乗れる車種なのでちょっと残念でした。
路線ネタが好きなのでつい長々と書きましたが、話を戻して…HIROKIさんの乗車時は前後して西工フルフラットに新7Eワンステとしずてつにない車種ばかり来たようで、うらやましいなと思いました(笑) それにしても田無まで4台続行というのもすさまじいですね。遅れが原因とはいえ、元々の本数がいかに多いかが分かります。
・新7Eワンステ、撮影はしていても乗車は初だったんですね。UAと大きく変わらないエンジン音ではないかと思いますが、それだけに大きな音で楽しめたのではないかと…引退前に乗れて良かったですね。
・田無駅近くの一方通行路にひばりヶ丘駅近くの係員常駐のT字路…都内では道が狭い駅前に路線バスを無理矢理通すためか、案外駅の近くに狭隘道路を行く路線があるようですね。僕もその手の狭い道を走る路線バスは乗っていてわくわくしますね(笑) 他には高架化前の石神井公園駅近辺がかなり狭隘な道だったのを覚えています。
・ひばりヶ丘駅のバス待機、横に3台がぴったり並ぶ待機方法は確かに他ではあまり見ないですね。スペースの関係でこうなっているように見えますが…ひばりヶ丘も武蔵境も滝山からは結構離れているように感じますが(距離的にはさほどでないかもしれませんが)、それだけ滝山の管轄範囲が広いんだなあと。

・行きのひばりヶ丘→石神井公園はちょうど3000系に乗車でき、さらにラッピング車2種も続けて撮影できて、3000系に縁のある1日でしたね。L-trainは上り急行→下り準急としっかり優等列車運用に入っていますが、池袋線で平日に8両、しかも3ドア(=3000系使用)の優等列車があるとは驚きでした。土休日は以前のダイヤで上り快速急行に入っていて乗ったことがありますが…それと、このL-trainが側面広告付きになったのは初耳でした。画像で見える範囲では別に西武ライオンズと関係のある広告でもなさそうで、なぜこの編成で?というのは僕も同感です。銀河鉄道999は前後で見事に顔が違うことを今回の画像で改めて実感しました。撮影する方には一粒で二度おいしい編成ですね(笑) あえて駅の設備が見えるように撮影したというこの画像、メーテルの顔と屋根部分に鉄骨が見える近代的な造りが相まって、999が発着する駅のような感じがしてなかなか良いなあと思いました。
・石神井公園での東急車、このブログで何度か見ているので僕も見慣れてきた感じです。(代走は別として)事業者別に担当ダイヤは決まっているので調べて行けば容易に撮影できますし、8両=メトロか東急なので偶然行っても東急車を見かける率は高いと思います。ただY500系など特定車両を狙うのは難しそうですが…今回は東急車もY500系(厳密には横浜高速鉄道車ですが)とヒカリエトレインが撮影できてこれまたラッキーでしたね。
そのヒカリエトレイン、見た目に関してはHIROKIさんと同じ感想を持ちました。目立つ部分とシンプルな部分の対称がまた独特なデザインだなあと。西武の黄色い電車と色の系統が同じなので、並べて撮影すると確かに似合うかも…僕も見てみたい気がします。田園都市線での運行、確かに5000系が東横線系統で運行できるので逆もしかりということで(保安装置の取り替え等は必要かもしれませんが)、意外とありうるかもしれませんね。あるいは田園都市線用に新造又は改造でもう1編成仕立てるとか。
一方のY500系、これにも直通PR車がいたんですね。いずれPR広告はなくなるでしょうから、貴重な記録を今回撮影できて良かったと思います。種別だけが幕という行き先表示、言われてみればJR西日本はJR化後の導入車両が全てそれですね。ちなみにJR西日本では全て黒地ですが、文字の色を路線別ラインカラーに合わせているので同じ「普通」や「快速」が何バージョンもあり、終点で表示を変えている時に色々と見ることが出来ます。この表示方法、種別の色分けが分かりやすいので3色LEDよりはこれの方が良いですね。
・メトロ車の快速急行、土休日は少ないんでしたっけ?確かに快速急行といえば西武か東急かという感じではあります。地下鉄車両が特急や快速急行など、急行より上位の優等列車に入る例は都営浅草線5300系の例が既にあってそれに次ぐものですが、やっぱり地下鉄というと基本は各駅停車というイメージが強いので(同じメトロ10000系でも新木場系統はそうですね)、特急や快速急行に入るメトロ車は今でも新鮮な感じです。それにしてもこの副都心線を介した相互直通運転、都営浅草線系統にひけをとらない複雑で面白いものになりましたね。
・30000系、準急の方はなるほど側面が茶色くなっている部分が目立ちますね。原因は何なのかなあ…無塗装で太陽に長く当たっているうちに表面の色が変わってきたのか、線路等の砂埃がこびりついたのか。車体が平滑で銀色の地色がそのまま表れている最近の車両はその分汚れも目立ちやすいのかなと思いますが、汚れているとイメージダウンになるのでもう少し綺麗にしてほしいものですね。新車では珍しい連結面の画像、よく見るとにらめっこしている人同士のようにも見えてちょっとユーモラスな感じがします。そういえば10両を2+8で導入しているのは今では西武くらいですね。側面窓は、言われてみれば確かに上部が少し高いですね。立ち客にも外の景色が見やすいようにという配慮なのかなと。
・石神井公園駅に西口が出来たんですね。これも初めて知りました。高架化でスペースが出来たので新設したのではと思います。駅周辺住民の利便性が向上しましたね。
・新木場系統、副都心線系統の10連に西武車がよく行くようになった分こちらはメトロ車10連の運用が増えたのかも。ちなみに東武車は日中副都心線にはほとんど(平日は全く)入らない一方で新木場には行くみたいですね。
・石神井公園からの帰りは新2000系、行きに続いて界磁チョッパ車で良かったですね。やたらと加速が良い…音が似ている東急8500系みたいな感じだったかなと。西武では珍しい音が聞けましたね。

・西武バスの短尺APワンステ、なるほど田無駅付近やひばりヶ丘駅付近の狭い道路や交差点を考慮して標準尺でなく短尺を導入した可能性は十分ありますね。乗客数を考えれば標準尺の方が多く乗車できて混雑緩和にもなるので…また、他にも都内で短尺を見かけるのが多いのも実は同様の理由かもしれないなと思いました。
・帰りの境04、団地経由で途中乗車も多かったようですが、田無駅で乗客が全員入れ替わるというのも面白い現象でしたね。一方で田無駅から乗った乗客は多くが武蔵境駅まで乗り通したとのことで、西武のたてバスがPRしている鉄道駅間ショートカットの利用も根付いているようですね。特に田無~武蔵境はバスの本数が多く利便性が高いですし…こうして実際に乗ってみると乗客の流れも色々と見えてきて面白いと思います。
・UAフルフラット、この日は境03で3回は文中に登場していて、それだけ多く入っているということですね。側面、後ろに行くに従って階段状に窓の下辺が上がっているのが見慣れないデザインで面白いと思います。
・小田急バスの宿44、これも乗りバス派には長距離路線として知られていますね。僕も興味はありますが、西武のたてバスと違って中央線の駅が起終点なので全線乗るのは好きな人くらいかと思われ、1人で乗りとおすのはちょっと恥ずかしいです(苦笑)

・京王バス中央の旧路線カラー車、目立ちますが今でも違和感がなく、確かに似合う塗装ですね。都営バスもこれに似た塗装だった時代がありますが、京王のように復刻塗装車が出ないかなあとふと思いました。
・今回、武蔵小金井北口で新たな撮影スポットを見つけたようで、良かったですね。確かに車も歩行者も入らずに車両がすっきりと良い感じで撮れていますね。その背後の建物、いかにも昔からある百貨店風の建物という感じですが、元は長崎屋だったんですね。長崎屋もなくなって久しいですが…それでもここは電器店と安売り店が入っているようでまだ良いかなと。地方に行くと、閉店で使われなくなった元百貨店の建物がそのまま残っているのを時々見かけます。兵どもが夢の跡…ではないですが、何かわびしい気分になります。
・西武のQKCとUA、ちょうど10年違いでどちらもA3なんですね。同じA3でもハイフン以降の番号を変えて番号が重複しないようにしているとは思いますが(さすがに1年で500台も新車が入ることはないでしょうし)。UAの方も車体更新しているためか古さを感じさせないですね。ところでこの2台、行き先表示を見るとUAが武21で隣のMPが武12…個人的には先に書いた自分の乗り間違い?の一件を思い出しました(苦笑) しかもその時に武21で乗ったのはA3-954号車でしたので、この画像のUAと同型車だと思います。
その後で登場の新7Eノンステ、これもA3なんですね。まだ活躍10年であと1年は見られるのは良いですね。意外と遅くまで初期ノンステが入っていたんだなあと。
・京王はICステッカー付きもいますが最後に掲載の4台はまだPASMOステッカーですね。変えるペースが速くなると良いですが…あと1枚目のUA、以前話題になったかと思いますがUAノンステで中扉の下部に窓が付いているのが静岡では見慣れないので何か変わった感じがします。

それでは、また。
とーます |  2013.06.16(Sun) 17:10 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/638-b12ff581

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。