2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.22 (Sat)

★2013 第34号★

こんばんは。

雨が続いていますね。この時期は天気予報があてにならないのはいつものことですが、曇という予報で雨になったり、雨って言っているのに晴れていたり謎なことが多いですねw


さて、今回もいろいろ書いていきます。

まず・・・大学が早く終わったものの・・・夕方前ぐらいに用事があり、それほど時間がない中でしたが、「滝山営業所のエルガハイブリッドをなんとしてでも捕獲しよう」と考え、小金井街道を清瀬方向へ向いすれ違ったら武蔵小金井へ追いかけるという作戦を立て実行してみました。

で、まぁとりあえず武蔵小金井を過ぎて小金井公園ぐらいまで向かったところで、武蔵小金井駅行きのエルガハイブリッドを発見。武蔵小金井で待機時間があることを祈り、武蔵小金井方向へ追いかけると・・・

DSCF4577.jpg
おっと、待機所で待機しているのを発見!早速撮影です。期待通り待機時間があったようで、こちらまで戻ってきていたようです。運よく隣にバスも止まっていなく、まぁまぁ良い環境で撮影に成功しました。とは言ってもこっち側はただ新しいエルガというだけで変わっている点はありません。

DSCF4585.jpg
反対側もバスがちょうど出て行って撮影可能に。分かりづらいですが、一番後ろの窓は黒く塗りつぶされています。まぁ見分けづらいですが、逆にこれほど目立たないように処理されているってことが分かるかなぁと。側面上部に「CLEAN DIESEL&ELECTRIC MOTOR」というのと「HYBRID」と書かれています。

DSCF4587.jpg
前面アップ。HYBRIDの文字を笹色の部分に水色で書くというのはなんともいえないところです・・・w エルガは西武では久しぶりですが、車椅子マーク1枚というのは以前のエルガと変わらずですね。三菱系とは違います。それとエルガ系のLEDランプはバンパーの上設置のようです。違和感ないようにしているっぽいですが、違和感の無さからするとMPの方が上ですかね。

DSCF4592.jpg
発車していきました。それにしても後部の窓埋め部分が目立たないですねw普段エルガがいない(稀に来ていますが)ところでエルガを撮影するのは新鮮です。というよりそれほど「西武」とエルガの組み合わせは馴染みがありません。

DSCF4593_20130622210144.jpg
後部もなんとか。窓下の凹部分に小さく表記されているのと、ランプ下にHYBRIDと書いてあります。やはりインパクト的にはブルーリボンシティハイブリッドの方が大きいですね。
この後滝山営業所行きになったので、追いかける(というより先回り)ことに。途中花小金井駅付近でもう1台のエルガハイブリッドを発見。エルガハイブリッドが入る路線は決まっておらず、他の西武バス車両と同様なんですが、2台ともこの日は武蔵小金井系統に入っていたようです。

DSCF4594.jpg
で、滝山団地バス停で待ち構えましたが、停車せず通過~・・・草も写っているしブレているし、正直何がしたいのか分からない画像になってしまいました・・・ここから営業所まではすぐなので追いかけてみることに。。。

DSCF4600.jpg
すると・・・滝山営業所の一番手前に止まっていました。これはラッキー。しっかり撮影しておきます。ここに停まっていないと撮影できませんでしたのでよかったです。ところでエルガハイブリッドはQQG-LVとなるようです。

これで念願(?)のエルガハイブリッドの撮影に成功し、また一つ目標達成できました。次の武蔵小金井での目標は・・・時々来るQKG-MPワンステと、引き続き新7Eですね。あと西工フルフラットも見られるうちに撮影しておきたいです。

さて以下は今週撮影した武蔵小金井のバスたちです。

DSCF4561.jpg
LKG代MP。最近、黒サッシのQKGばかり狙っているので、こちらは意外と撮影していません。

DSCF4562.jpg
JPノンステ。武蔵小金井にいると当たり前に来るせいか珍しさを感じなくなりました・・・w 

DSCF4563.jpg
RAノンステ

DSCF4564.jpg
おっと、関東バスが例の待機場所から戻ってきたようですが、今回は新7Eノンステ。待機場所から出てきましたが、ここでまた数分待機していました。今度は前面も撮影したいところです。

DSCF4565.jpg
一度小金井街道沿いに移動すると西工UAフルフラット。小平のフルフラットは基本的には武蔵小金井系統に集結しているようです。JPもエルガハイブリッドもそうですが、武蔵小金井には意外と珍しい車種が見られるようです。

DSCF4566.jpg
京王バスJP。JPは普通すぎてあまり撮影していませんでしたが、初期車から少しずつ置き換えが始まっているようです。まぁ転属車で置き換えているようですが、その転属車もJPのベテラン車のようです。。。

DSCF4567.jpg
小金井の車両で一番馴染みがある(?)2188。MPはやはりこのバス塗装が似合っていますね。まぁやたら黒く見える部分が多いですが・・・w 

DSCF4568_20130622205942.jpg
RAワンステ。この1931は滝山所属で以前吉祥寺で撮影したことがありますが、滝山は結構広い範囲をカバーしているようで、吉祥寺と武蔵小金井で同じバスを撮影するのはなんか新鮮な感じがします。

DSCF4569_20130622205951.jpg
お、新7Eノンステ。ちなみに、小平と滝山のバスはLED表示が異なっていて、小平は系統番号が□に囲ってあり、今のところそこで識別できます。ちなみに、立川営業所は以前は小平と同じタイプですが、今では滝山と同じタイプになっています。同じ西武でも営業所ごとで微妙に表示は異なっているようです。

DSCF4570_20130622210000.jpg
待機せずそのまま折り返していくようです。ちなみに別の日ですが、あっちの待機場に新7Eが2台並んでいることもあり、武蔵小金井では今のところ結構見られるようです。見られるうちにたくさん撮影しておきます。

DSCF4621_20130622210329.jpg
別の日ですが、京王バス中央のMPの旧ワンロマ塗装が停車したので撮影。ちなみに奥に旧路線塗装も停車しています(府中駅行きで)。ここには小金井の旧路線塗装車も入ってくることが多いので、結構復刻塗装を見られることが多いです。

で、この日は学校の用事で新宿へ行く必要があったため、撮影後中央線で新宿へ。で、この日は朝はダイヤが乱れていたようでしたが、自分が乗ったときは乱れはわずかになっていました。で、三鷹まで移動しましたが、三鷹で特急待ちで5分停車・・・までは良かったのですが、特急が通常より4分ほど遅れたため、結局三鷹で8分程度停車。でただでさえ国分寺以降特快接続がなく混む可能性が高いのに、前と差が開いた影響で途中駅で次から次へと乗車が相次ぎ、新宿では西武新宿線の朝ラッシュほどの大混雑になってしまっていました・・・

で、帰りですが、中央線よりも京王線の新宿駅のほうが近かった為京王に乗車することに。ただこの日、京王は踏切点検で若干遅れていました・・・で、特急に乗ることにしたのですが、発車時間ぐらいになってまず1番線に各停、続いて連続で2番線に快速、そして快速が停車する前に接近放送がなって3番線に特急(7000系初期車)が入ってきました。で驚いたのはここからで、乗車側のドアが開いて20秒ほどで発車ベルがなり、1分も経たないうちに発車。4分遅れで出発しました。ホームドアが3番線についていましたが、それを感じさせないスムーズな発車で、正直メトロもこれぐらい早くなって欲しいなぁとw
混雑度は日中だったこともあり、新宿よりでも空席がありました。それと調布で3割程度橋本行きに乗り換えていったので、それ以降は空席が目立っていました。ちなみに、京王は大体仙川のあたりで詰まるのですが、今回は遅れもあったのか1分ほど停車していました。がそれ以外では高加速になったことを生かして(?)結構飛ばしていました。音が大きいので面白かったです。それと7000系初期車でしたが、自動放送は未対応でした。ちなみに肉声だと京王は笹塚手前でトンネルを出てから放送しますが、これ自動放送でもやったほうが聴きやすそうですね。 あと遅れの影響で橋本特急が運休していました。

DSCF4631.jpg
府中で退避していた9000系トップナンバー車を撮影。トップナンバーはおそらく登場時においかけていた車両なのでなんか馴染みがあります(西武20000系と同じですね)。
このあと学園通り経由の武蔵小金井駅行きRAで帰りました。

さて、次のネタは・・・東京メトロ副都心線7000系を組み立てたので画像を・・・

DSCF4634.jpg
まぁ造形のよさは7000系ゴールド帯のときので分かっていましたが、相変わらずかっこいいです。で方向幕は清瀬と元町・中華街ですが、中華街はKでした。ちなみに車番ですが、シールは青色ですが実際は黒色が正解っぽいです。8CARSステッカーがあったのでもちろん貼り付け。

DSCF4635_20130622210501.jpg
側面。今回は側面の方向幕部の未使用のほうにスピーカーが埋め込まれた仕様のステッカーがついていました。ドアは大窓。ちなみに、方向幕の位置ですが、実車画像を見たらこれとは逆で実際はこちらには表示機がついているようです・・・まぁ直さなくていいかw

DSCF4636.jpg
中間車。側面はこちら側は各停清瀬にしました。日中は逆に見られなくなった運用ですね。去年の6月までは普通にあったのですが、変わりましたね。

DSCF4637_20130622210519.jpg
中間車。

DSCF4638_20130622210528.jpg
先頭。ちなみにステッカーですが、すべて8両車で10両はありませんでした。まぁ10両は確か全てドアが小窓だったので、そのせいかもしれませんが。。。というより、箱の説明も10両はないって言ってるような記述でした。。。

じゃ評価
造形のよさ:5
→まぁ金型は同じですので、文句なしの出来です。ただし、前面表示機が内側から貼れる様になっている(今回気づいた)のですが、前面パーツに以前の方向幕・LEDの表示仕様の凹凸がついており、副都心線仕様では内側からは貼れません。でもマイナスと言うほどではないので5

説明書の分かりやすさ:○

入手安易度:4
→一般販売ですので、まぁ今のところは普通に買えるようです。

シール充実度:4
→やはりなかなか気合が入っていますね。直通系統も用意されています。新木場行きもあります。ただ、快速や急行、新木場があるならやはり10両ステッカーもあっても良かったかもしれませんね。部品入れ替えて小窓仕様(底だけ塗り替えて)にする人もいそうですし。

部品豊富度:3
→少し余ります。相変わらず妻面が8種類も分けられていますが、妻面まで再現できるようにしているのは評価できます。

組み立てやすさ:4
→若干硬い部分、削る部分がありましたが、全体的には良好です。ちなみに、今回もHGシャーシに入れ替えています。

DSCF4639.jpg
ところで未更新のゴールド帯との比較。ドア窓の大きさが違うと雰囲気が微妙に変わります。まぁ個人的には小窓のほうが馴染みがあります。

DSCF4640.jpg
前面。ゴールドの方は内側に貼りなおしました。で千代田線の表示機ステッカーの上に副都心線でついてきた新木場を切ってはりました。

さて、ついでに・・・っていうのもあれですが、最後になるBトレ紹介です。

DSCF2726.jpg
115系スカ色。デカ目、非ユニットサッシ、非冷房の初期タイプです。2005年にパート11として発売されたようですが、これは2008年に4両セットとして一般販売されたものです。何故か静岡のイトーヨーカドーで売っていて買ったもの(静岡のヨーカドーは一時期Bトレをおいていた)です。同時に湘南色も出ましたね。

DSCF2727.jpg
先頭車側面。非ユニットサッシです。

DSCF2728.jpg
中間。ところで今月の終わりに113系・115系が発売となりますが、こちらは113系と115系の前面が両方入っている仕様で、後期の冷房、ユニットサッシ、シールドビームで出ます。まぁ湘南色は1箱買うかもしれませんが、まぁスカ色はパスかな(っていうか前面と屋根だけ欲しいw)。

DSCF2739.jpg
和歌山電鐵2270系いちご電車と通常塗装(こちらは過去に紹介しているようです)です。いちご電車は2008年に会社限定で出ていたものですが、渋谷の某所で+300円程度で売られていたものを購入。ラッピング類はほとんどステッカーで大変でしたが、貼る位置のガイドはついていて分かりやすかった覚えがあります。同時におもちゃ電車と、時期をおいてたま電車が出ています。

DSCF2740.jpg
側面。で、9月ですが、おもちゃ電車とたま電車がラッピング印刷済み仕様で一般販売で再販されます。いちご電車は今回はないようですが、こちらも印刷で出ても面白そうです。

DSCF2755.jpg
続いて流鉄ですが・・・実車を無視して3色にしています。2000系流馬、3000系流星、若葉が同時に一般販売されました(同時に伊豆箱根)。まぁ西武101系塗り替えで、2000系は中間のみ台車レリーフが違う仕様になっていました。自分は流星と若葉を2両ずつもっていましたが、カラフルにしたかったので後に流星を購入。2007年発売です。

DSCF2756.jpg
先頭は若葉と流星で、中間は流馬になっています。既にすべて引退しています。ところで、この流鉄は残念ながら大量に売れ残ってしまいました。中小私鉄のを一般販売するというバンダイとしても挑戦だったのかもしれませんが、これ以降中小私鉄のBトレはますます少なくなってしまった印象です。

DSCF2757.jpg
中間。伊豆箱根も売れ残り、まぁ今でも売っているという状況です。西武好きなどには人気が出たのかもしれませんし、自分も知っている路線だったので購入しましたが、車両も運用が少ない3両の方だったことも影響してしまったかも。2連の方だったらもう少し人気が出たでしょうし、引退時なら売れたのかもしれません・・・個人的には西武車ですし、以前乗ったとき面白かったので、これ以降続編が出なかった(まぁ出るかもしれませんが)+売れ残りが大量 は残念でした。

DSCF2748.jpg
最後にEF81更新車だそうです(機関車は詳しくなく・・・)。これパート15でブラインドで販売されたものです。パート15は比較的最近まで売れ残っていた覚えがあります。ためしに買ってみたもの(ジョーシンで)でこれが出たようです

DSCF2749.jpg
側面。馴染みもなくコメントのしようがありません・・・

ということで、これで過去に紹介したものをあわせると、家にあるBトレすべてを掲載したことになります。とりあえず未紹介ものをすべて掲載できたので、一旦このシリーズは終了とします。あ、新作の組み立て後の掲載は続けていきます。

では、ついでにBトレつながりで・・・
先月ぐらいに11月に東武10000系、10030系が発売されることになって早速予約したという話をしましたが、続いて12月以降の予定も発表になりました。で、近鉄の特急がいくつか出る(発売と再販)ようですが、それはおいといて気になるのは上信電鉄のデキ1形+500系です。で、デキ1形という機関車1両と、オマケ的な感じで500系1両がつくようですが、500系は西武新101系ということで興味があります。ただ2箱買わないと編成になりませんが・・・普通はデキ1形が欲しい人が多いと思いますが、自分は逆でして・・・w

それと、SHGシャーシがその頃に改良されるようです。連結パーツが若干改良され、マグネットは付属しなくなるようです。あと個人的に気に入らないSHGの連結パーツ取り付け部に改良が加えられるようです。それと台車が改良されるようですが・・・SHG改良は嬉しいですが、車輪がかわると車高が微妙に変わる気がしますが、まぁ気にならない程度だと良いですね。

最後に・・・

DSCF4641.jpg
全国バスコレクション第2弾の東急バスを購入してしまいました・・・w 新宿に行った際売っていたのですが、銀色の塗装がかっこよく購入。今回はQKG-MPでフォグランプが白色です。

DSCF4642.jpg
後部。都営はLKG、名古屋はPKGということでそれぞれ代が異なっています。微妙に作り分けられているようです。ちなみに東急はワンステが既にあるので並べて楽しんでいますw

ところで近江鉄道で元西武新101系の900形がデビューしたそうです。2連でスカートつき・ダブルパンタということで295編成みたいな雰囲気です。で塗装が青(ライオンズ)とピンクの帯ですが、意外とL-tainと青が同一だと思うので妙な親近感がw 車内は未更新の新101系からあまり変わりないようです。ちなみに動画を見ましたが、ドアチャイムが西武と同じものが2回なるようですね。ブレーキは近江のあの独特な形状になったようで、電制はちていないようですね。 ところで、近江には新101系がその後も行っていますし、今も黄色のままでおいてあるようですが、1本ぐらいはそのままの塗装で動いて欲しいですねw 
ところで、900形デビュー+新101系譲渡ということで220形が怪しくなりそうです・・・個人的には両方とも共存してほしいところですが。。。

ということで今回は以上です。

ところで、富士山の世界遺産登録が今日決定したそうで・・・三保の松原も含まれるそうで、静岡ではさらに富士山関連の動きが多くなりそうですね。

では
スポンサーサイト
21:09  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

1回目にして車両全体をじっくり撮影が出来たのはラッキーだったな>
そうですね。特に滝山営業所で一番手前に止まっていたのはラッキーでしたね。

それが無いと他のエルガと見た目がほとんど変わらないなあ>
そうですね。これだとHYBRID表記が無いと普通のエルガだと誤解しそうです。

水色くらいがちょうど良いかもしれません。>
確かに濃すぎると違和感があり、かといって「Nonstep」の黒だと地味すぎるので笹色バックだとあの色が見やすいほうなのかもしれませんね。

エルガを好んで導入している事業者に今後普及するかどうか…? >
そうですね。どうやら西東京バスや何故か神奈中にも導入されたようですが、それ以外では特に聞かないですね。エルガといえば小田急バスなのですが、小田急バスには入る可能性は若干高めかと思いますが、わかりませんね。 とりあえず都営バスはシティハイブリッドを大量導入しているのでエルガも増えるかも(ただし、全ノンステ化で若干車両置き換えがゆっくりになるようですが)ですね。

ワンステも来ているんですね。撮影→掲載を楽しみにしています。 >
これは小平所属のようで、立34や国分寺でも運用されているようなので時間がかかるかもしれませんが、武蔵小金井で撮影したいところです(2回ぐらい見かけてるんですけどね。。。撮影しようとすると来ないですねw)

毎朝通勤時に見たりたまに乗車したりしているので全然珍しいと感じません>
実は自分がそちらにいたころに夕方に1本運用があってそれをよく見ていましたし、そんなに少ないとは思っていませんでしたね。
ところで、ノンステのAPは西武でも全国的にも珍しいですが、MPと違いが無いのでまったく珍しさを感じませんw

どうしてその現象が起こるのか不思議ですね。 >
確かにそうですね。立川もそれまで小平と同様だったものが滝山タイプに変更されていますが、かといって小平は変えていませんし、確か23区内でも違っていたと思います。西武バスといえば車内の放送も2種類あるので、不思議ですね。ある程度営業所ごとに裁量があるのかもしれませんね。

新7Eワンステが停まっていて、「神奈中にもいたのか」とびっくりしました。>
以前、自分も横浜で見つけて神奈中にも新7Eがいるとは と思った覚えがありますね。

秦野では中乗り方式に移行したようです。>
平塚営業所の方はHPを見ていたら記載されていて「お、変わるんだな」と思いましたが、確かに神奈中といえば「しめきり」なのでちょっと寂しい感じはしますね

JPがちょうど良いサイズのところもあるのかな>
まぁ収容力不足という問題もあったようなので、まずは比較的余裕がある小金井に中型ロングを移して、それ以外のところに大型を入れるようにしているのかもしれません。それとそもそも小金井にはベテランが来ることが多かったようなのでそれの流れということもあるかもしれませんね。

数分程度の遅れはしばしばあるのでしょうかね。>
結構「通過まちの特急が遅れております」っていって長く停まることがあるので結構頻繁なのかもしれませんね。中央線の場合それをすると後続が追いかけてくる場合があるので、ダイヤが乱れやすいといえば乱れやすいのかもしれませんn。

慣れているのかもしれませんね。>
中央線の東京駅同様慣れているものと思われます。ところで京王といえば以前橋本で1分程度で折り返す快速に乗ったことがありましたw

相模原線利用者には辛いですね。 >
まぁ通常橋本特急は2分で折り返すようなので、すぐ切られてしまうのかもしれません。しかも特急と2本続行ですし・・・これを狙って利用している人には辛いですよね。

ガラスパーツにドアが含まれているのでその部分の帯を塗り替えれば可能>
これ、見た目もそうですが、このガラスパーツ交換もこっそり考えられているのかもしれません。こうしておけば後でいろいろな仕様で再販できますし。。。

おもちゃ電車とたま電車も…?>
そうでしたね(たま電車もそうだったようです)。まぁ貼り付け位置が描いてあったのでよかったですが、時間かかりました・・・w

HIROKIさんは3両編成に乗ったことがあるんですね>
いや、2両編成の青空(旧801系)と、当時はまだ走っていた旧551系のあかぎの2本だけしか乗ったことないです。3両は流山に留置されていて「これもいつか動くのかな」って思ったのを覚えていますw

僕は手を出そうという気にならないですね… >
それわかります。できれば2両セットなどの中身が分かっているほうが良いですねw

電制は他の車両も使っていないですね。>
ブレーキの方式はあまりわからないのですが、近江鉄道では電気指令式の空気ブレーキを採用しているようですね。形が特徴的だったのは小さい頃みて「なにこのブレーキ」と思った覚えがw

新101系の機器を使ってカルダン駆動化…はさすがにないかな。>
近江鉄道の場合はどうなるかわからないですからねw 301系が6両に短縮されて譲渡されていてM車4両になっていたので、これが単行改造される可能性もゼロではないかもw

ではまた
HIROKI |  2013.07.21(Sun) 21:53 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。相変わらず天気予報がころころ変わったり予報と違う天気になったりしていますね。この時期の天気は最新の気象データをもってしても予想しにくいのでしょうか…?
それでは、今回の記事にコメントさせていただきますね。

前回記事の最後で触れていた滝山のエルガハイブリット、2台だけの導入だそうですが、この日はちょうどHIROKIさんのフィールド武蔵小金井に入ってきていて早速撮影に成功!良かったですね。もちろん今回は狙って追いかけたわけですが、1回目にして車両全体をじっくり撮影が出来たのはラッキーだったなと思います。滝山営業所でも良い位置に止まっていたおかげで撮影できましたし…僕はもちろん西武バスのエルガハイブリットは初見ですが、他社のそれも都営バスの画像を他でちょっと見ただけで、エルガハイブリットをじっくり見たこと自体、今回の記事が初めてでした。
それにしても、車体に文字を多く入れて懸命にPRしていますが、それが無いと他のエルガと見た目がほとんど変わらないなあというのが率直な印象です。外観上の特徴である一番後ろの窓の塗りつぶしも、窓枠が黒サッシなのと他の窓もスモークが入っているせいか暗く見えるので、運転席側が写っている画像では全然分からないですね。後部を写した画像で初めて最後部窓がパネル状のもので黒く覆われている様子が分かりました。HYBRIDの文字の色については、バックが笹色だけに濃い色すぎると逆に変な気がするので、水色くらいがちょうど良いかもしれません。また、LEDランプもしっかり付いていますね。おっしゃるようにMPより多少違和感のある付き方ですが。全般的に、外観上のインパクトでいえば屋根上のタンクが目立つブルーリボンシティハイブリットの方が数段上ですね。エルガを好んで導入している事業者に今後普及するかどうか…?
武蔵小金井でのエルガは確かに見慣れず新鮮ですね。以前の記事で埼玉県内にはまとまって導入されているということで撮影画像も掲載されていましたが、都内では吉祥寺でしか見た記憶がありませんので。
滝山団地バス停、何か見覚えのある光景だなと思ったら武21に乗ったときに通った場所ですね。調べたら滝山団地~武蔵小金井間も3系統ある(うち2系統は当該区間内では同一経路)ようで、その中で武21が一番遠回り…どれだけ遠回りする系統なんだと(笑) 滝山団地近辺では降りるばかりで乗ってくる人がいなかったのですが、これで納得しました。
QKC-MP、武蔵小金井では少し前にノンステを撮影した画像がありましたが、ワンステも来ているんですね。撮影→掲載を楽しみにしています。

「今週の武蔵小金井画像」…エルガ追っかけ以外にも撮影に来られたんですね。
LKG-MP、そういえばこの頃は黒サッシMPの画像はよく見ますが、銀サッシのMPは久しぶりに見た気がしました。JPノンステ、全体の中では少数派でもしょっちゅう見ていると珍しく感じなくなることはよくありますね。例えば僕の周囲ですと、しずてつのMPノンステ標準尺は唐瀬の3台しかいませんが(短尺は9台います)、毎朝通勤時に見たりたまに乗車したりしているので全然珍しいと感じません(笑) 他にも武蔵小金井では珍しい車種がよく見られるとのこと、HIROKIさんのフィールドにぴったりですね。あと、西武バスは営業所毎にLED表示が微妙に異なっているとのことですが、どうしてその現象が起こるのか不思議ですね。
関東バス、今回は新7Eノンステだったんですね。7Eが首都圏の一般路線バスで見られなくなった今、新7Eは気になる存在です。この前の日曜日に二宮に行ったらたまたま駅北口に神奈中の新7Eワンステが停まっていて、「神奈中にもいたのか」とびっくりしました。7Eは昔よく見たり乗ったりしましたが、久しくご無沙汰していたもので…
話が逸れますが、神奈中といえば多区間制の路線での前乗り前降り方式が特徴だと(個人的に)思っていますが、この新7Eを含め他のバスにも前掛けに「このバスは中乗りです」と大書きしていました。二宮駅北口発着路線は秦野(営)管轄のはず(実際には湘南神奈交バスの管理受託及び直轄でした)なので、秦野では中乗り方式に移行したようです。さらに二宮駅南口のバス停には行った日の翌日(6/24)から平塚(営)管内で中乗り方式に移行する旨の案内が出ていました。まあこの方が一般的ですし途中停留所での乗降時間短縮につながりますが、神奈中の特徴が消えていくのはちょっと寂しい気がします。
京王バス、初期のJPがベテランJPで置き換えというのはちょっと変な感じですね。今は新車というと大型のMP・ブルーリボンⅡか中型のレインボーⅡですが、JP同士で交代しているということはJPがちょうど良いサイズのところもあるのかなと。将来的にはどうなるのでしょうね。
そうそう、JPで思い出しました。しずてつでJPの独壇場といえば西部循環と井の宮線ですが、最近元駿河区役所線用の日野HRがこの両線に入っているのをたて続けに見ました。定期運用かJPの予備車だったのかは分かりませんが…
旧ワンロマ塗装、これもMPに塗装しても全然違和感が無いというかむしろ新鮮で、今でも十分通用するデザインですね。

中央線、特急の遅れで待避待ちが延びて大混雑になってしまい、乗っていて大変でしたね。特に「あずさ」は長距離を走る(加えて長野県内に一部単線区間もある)ので遅れのリスクはどうしてもありますが、数分程度の遅れはしばしばあるのでしょうかね。
京王線も若干遅れていたようですが、新宿での立て続け到着と折返し発車の早業は凄いですね。日中で空いていたにしても見事だなと。慣れているのかもしれませんね。自動放送だと新宿発車後すぐに放送が入るんですね。全般的に肉声より聞きとりやすいのは確かですが、それでもトンネルを出てから放送する方が断然聞き取りやすいですね。自動放送の設定を変えれば笹塚通過の前か後に放送することも可能と思われ、検討の余地があるように思います。それにしても橋本特急運休とは…京王線内では高尾系統と続行になるので運転整理上真っ先に切られたのかもしれませんが、相模原線利用者には辛いですね。

メトロ7000系副都心線Bトレ、ドア窓の大きさにステッカー類に箱の説明書きにと、主力の8両編成に特化した内容になっているようですね。5本あるという10両編成はやはり影が薄いようで…僕もあるとは知らなくて以前ここでお尋ねしたので人のことは言えませんが(苦笑) 製品の出来はいつもながらリアルで良いですね。妻面パーツが8種類もあるとは。また、側面の方向幕に加えてスピーカー埋め込み仕様のステッカーもあるのがなお良いなと。部品入れ替えて小窓仕様に…なるほど、ガラスパーツにドアが含まれているのでその部分の帯を塗り替えれば可能ですね。実際にそういう方もいそうだなと。しかし同じ7000系でも、未更新車と比較するとドア窓の大きさの違いで随分印象が変わりますね。僕も7000系といえば小窓のイメージです。

最後になるBトレ紹介、まずスカ色115系初期タイプ…デカ目に非ユニットサッシ、さらには中間モハ114も低屋根800番台、これは学生(山梨在住)時代に時々乗っていたので懐かしいです。後に一部が僕を追いかけるかのように伊豆急へ来ましたが(笑) スカ色115系は当初クハ+モハ+クモハ+サハ+サハ+クハ+モハ+クモハの8両編成で登場したようなので、4両セット×2で再現できるようにしたのかなと思います。そして今度は113・115系の後期仕様が出るんですね。僕も興味を持ちました。湘南色とスカ色、どちらもなじみのある車両ですので…HIROKIさんはこのスカ色初期型+前面と屋根で後期形タイプを作りたいんですね(笑)
和歌山電鐵のいちご電車、水戸岡デザインの目を引く外観が見事に再現されていると思いましたが、このラッピングがほとんどステッカーだったとは。貼るだけで一苦労でしたね。おもちゃ電車とたま電車も…?その時点で僕だったら完成見合わせだなと(苦笑) 今度の再販はラッピング印刷済みの一般販売と、だいぶ敷居が下がりましたね。これも面白そうだなあと。
流鉄の元西武101系、カラフルで特徴が出ていると思いますが、中小私鉄とはいえ関東圏の私鉄の製品で売れ行きが良くなかったのは誤算だったかも。平日朝夕しか基本的に走らなかった3両の方でなじみが薄かったのも、確かにあるかもしれませんね。1編成1色で種類が多かったのが逆に災いしたのかも。ところでHIROKIさんは3両編成に乗ったことがあるんですね。僕は流鉄では2両編成にしか乗ったことがないです。
EF81更新車、そういえばこういう帯が入った車両を日本海側の貨物列車で見たことがあったなあと。僕もその程度の認識で、詳しくないので更新内容など詳細は不明です(汗) ブラインド販売はこういうなじみのない車両が出てくる可能性があるので、僕は手を出そうという気にならないですね…
上信電鉄のデキ1+500系、また意表を突く組み合わせでの製品化ですね。上信は全編成違うのではないかと思うほど多くの塗装が(大半は広告塗装)ありますが、この500系は何色で出るのかなと。元西武新101系ということで、西武ファンには注目されるかもしれませんね。
SHGシャーシの改良も年末に行われるとのことで、HIROKIさんが気に入らない点が改善されると良いですね。
全国バスコレの東急バス、とにかく銀色が目立っていますね。窓回りの黒が目立つ京王とまた一味違う塗装だなと。フォグランプの違いなど代により細かく作り分けられているところがクオリティの高さを感じます。

近江鉄道、ようやく元西武新101系がデビューしたんですね。初めて知りました。元西武401系の四角いボディが主流の近江にあって湘南フェースは目立つでしょうね。しかもダブルパンタにスカート付きですから尚更。電制は他の車両も使っていないですね。近江は今の820形が色形ともほぼ西武時代の姿をとどめていますが、900形も黄色編成が出てくるといいですね。220形は…1両で走れる唯一の形式という利点がありますが、如何せん吊り掛け式だけに今後どうなるか。新101系の機器を使ってカルダン駆動化…はさすがにないかな。近江鉄道は来週の週末に行く予定がある(同時に和歌山電鐵にも…)ので、実際に見られると良いなと思います。

富士山の世界文化遺産登録、これ自体は4月末の時点で確実視されていましたが、三保の松原も含まれたのはびっくりでした。静岡市在住者として嬉しいですね。ちなみにしずてつでは早速三保の松原へのアクセス案内をホームページに載せています。また山梨側の富士急行線と中央線では7月からの臨時電車運行が発表されており、観光客増をにらんで交通機関の動きも活発になってきていますね。

それでは、また。
とーます |  2013.06.28(Fri) 19:49 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/640-8cf49160

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。