2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.20 (Sat)

☆2013 第39号☆

こんばんは

ついに来てしまいました・・・この時期といったら恒例のテストです・・・大学ってこの時期が来るまでは面白いなって思うんですが、毎回この時期が来ると残念な気分になりますが・・・まぁしょうがないですね。ただ1年に比べるとだいぶゆったりしていてまだ良いです。。。

さて、今回は時間が前後してしまうのですが、先に今週は平日に昼ごろに新宿に用事があったのですが、ただ行くだけではつまらない・・・で京王線にこの前乗ったけどまた乗りたいなってことであえて京王相模原線の若葉台から新宿に行ってみましたw

っていうことで、今回は馴染みが全く無い若葉台から新宿へ。ちなみに若葉台自体は東京都ですが、駅は北口のバスターミナルまでは東京都でホームや改札は神奈川県になるようです。

で、快速新宿行きなら新宿まで1本で行け、しかも隔駅停車ってことで快速を待ちますが・・・ちょうど平日にあるらしい橋本発若葉台行きと若葉台始発の区間急行が接続する時間で、区間急行は都営10-300形で、当駅どまりのは8000系が来たなぁ~なんて思っていたら・・・

DSCF5190.jpg
ってこいつが来ました。土砂崩れ後の復旧で中間に入っていた先頭車を編成端にもっていき代わりに中間1両を新造した編成です。既に分割運用はないこともあり中間車を製造したため、こんな連結になっています。でこうやってみてみても完璧に同じ外観になっていますね。

DSCF5189.jpg
ただし、ドアだけは角ばった京王独特のものには出来なかったようで、標準的な仕様のドアになっていますが、8000系なので他の場所では化粧板が貼られているのでこちらも違和感を無くす為か化粧板が貼られています。ここまでこだわったとは。。。

DSCF5193.jpg
ドアを閉めるとこんな感じ。ドアだけ変更したような雰囲気ですね。中間車新造って時々隣の車両と若干違うような車両を組み込んだりしますが、これはほぼ同じで統一感があります。とはいっても連結方法で目立ってはいますがw

DSCF5196.jpg
ちなみに駅から若葉台の車庫の一部を見ることが出来ます。結構カーブしていますが、駅からここまで見れる車庫も珍しいかも。ちなみに車庫のほとんどは東京都内に入っているようです。

DSCF5198.jpg
先ほどの当駅どまりが折り返して車庫へ⇒車庫内での入れ替えの為に近くに戻ってきました。うーん、やっぱりこの連結方法は目立ちますねwまぁ運用的には問題ないですが特徴的な編成ですね。

DSCF5201.jpg
今度はまた折り返すようですが、停車中に撮影。あまりこういう入れ替えを近くで見たことが無いので一人で楽しんでいましたw

DSCF5206.jpg
で、快速が来ましたが9030系でした。9030系はそれほど乗る機会が無いのでちょうど良かったですが・・・車両の妻面の窓がなかったりドアも銀色むき出しなので0番台に比べてコストを削減している感が出ているのでどちらかというと0番台のほうが好みです。まぁ車端4席は京王らしいですが。。。ちなみに前期車でドア上表示機は3色LED表示機でした。

DSCF5209.jpg
この電車で新宿へ。途中調布で特急2本と接続しますが、橋本特急の方も入線時で座席はほぼ埋まっている感じでした。とはいっても調布から橋本特急の方に乗る人は少ないので、京王線系統より空いていますし、ダイヤ乱れ時は真っ先に切られるものと思われます(実際この前削られていましたし)。で新宿へ着きましたが、橋本特急で折り返し。これはダイヤ改正時にも書きましたが、2分しかないので慌しく折り返していきました。表示機を撮影しましたがやはり特急の色が微妙でおかしな色で写ってしまいます・・・

DSCF5214.jpg
8000系の京王八王子行き。この3番線と2番線にも今年度中にホームドアが設置されますが、既にドアを設置する為の準備が行われているのでそろそろ設置されるものと思います。まぁこうやって撮影は出来なくなるので今のうちに撮影します。

DSCF5217.jpg
このあと用事を済ませたのですが、久しぶりに新宿のバスも撮っておこうと思ってバスターミナルへ。ちょうど浜松ラッピング車がいました。ラッピングの柄的に静岡ラッピングより目立ちます。これ、新宿で毎回のように見ていますねw

DSCF5224.jpg
関東バスレインボー。関東バスもよく見ていますが、レインボーは来ないのであまり撮影できません。っていうより関東バスと日野のバスの組み合わせはいつ見ても違和感しかありませんw

DSCF5228.jpg
野方行きのUAノンステ。こちらも大学ラッピングで、やはり大学ラッピングは多いですね。ところでICカードマーク、これも既にだいぶ色あせていますね・・・半年経たないうちに「I」しか見えなくなりそうです・・・

DSCF5234.jpg
お、都営の方向幕車だ っていうことで撮影。日野レインボーですが、この時偶然、これよりも前にいた2台もレインボーで、隣にもレインボーがいて4台もこれになっていましたw こいつもだいぶベテランだと思われるます。ところで都営は前面はPASMOマークを継続利用しているようです。

DSCF5236.jpg
前にいたレインボーも方向幕車。まぁ方向幕車ということで撮影していますが、多摩地区だとこればかりなので見飽きていますw 

DSCF5240.jpg
京王バスのMP。京王バスも毎日見ていますがこのスタイルのMPは一切来ないので久しぶりに見た感じがします。もしかしたら転属で来る可能性もありますが。。。ところで以前から言っているブルーリボンⅡの新車ですが都心にも導入されたようで目撃しましたが撮影できず・・・

DSCF5243.jpg
連続でMP。新宿のここにはUAのCNGかMPかエアロミディぐらいしか来ないのでMPも多いです。京王百貨店前の中野行きには日野車がよく来ていますがこちらには来ません・・・ちなみにこの日電鉄カラーのレインボーもきていました。

DSCF5244.jpg
もう一つの主力のUAのCNG。そういえば電鉄カラーのUAも小金井周辺には無いですね。

DSCF5245.jpg
関東バス野方行きでエルガノンステが来ました。ホイール新しいですがナンバー的にLKG代です。関東バスといえば固定窓の仕様を導入したという噂を聞いていましたが、この車両は通常の逆T字窓でした。これより後の車両が固定窓のようです。

DSCF5249.jpg
LKGといってもまだピカピカですwといっても相変わらず関東バスとエルガの組み合わせは違和感しかありませんw といいつつ限定のエルガのバスコレも持っているわけですが・・・w ところで後部の表示機ってこんな表示の仕方でしたっけ?変更されたのかな。

DSCF5253.jpg
都営バスのMPノンステ。ラッピングですがこの位置だと分かりませんね・・・w 暑くなってきたのでこれを撮影して撤収し京王線ホームへ移動。

DSCF5263.jpg
京王線ホームで撮影。1番線ですが、この一番前の位置でなら撮影できます。ところでこの駅のホームドアですが車掌さんが手動で操作するようで、それもありだいぶスムーズに発車しています。

DSCF5266.jpg
9030系の快速。特急で来て快速で折り返す電車の方は4分程度時間があるようで比較的ゆったりしています。

DSCF5268.jpg
8000系の各停。8000系は8連も10連もあるのでやはり見る機会が特に多い車種です。まぁ8000系は本当に新型と見劣りしないのでまだまだ新しく感じます。

DSCF5280.jpg
9030系の特急ですが・・・この編成は9030系の最新編成なんですが、車番が足りなくなって30にしたので番号が一番若くなっています。で、この編成だけ前面のKEIOロゴがライト下に書かれています。実車を見たことがなかったので撮影できて良かったですが、今までの通常の方が良いですね。

DSCF5282.jpg
7000系の特急が来ましたが方向幕車だったので、方向幕を撮影。フルカラーも綺麗ですが、やはり幕もかっこいいですね。それにしても今では7000系の特急もかなりあるのでこの光景も既に日常的なものです。

DSCF5287.jpg
7000系も最近撮影しているのは後期車が多く、そろそろ前期車も撮影したいところ。こちらの方がすっきりしていますが、個人的には前期の方が気に入っています。

DSCF5290.jpg
さて、戻りの快速ですが・・・8000系が来ました。行きは9030系だったので音的にも8000系が良いなぁと思っていたのでちょうど良かったです。で、快速ですが駅間は高加速になったのを生かして(?)ガンガン飛ばしていました。調布でこちらも特急2本に接続するので、相模原線利用者も特急に流れ調布からは空席が目立つようになり、稲田堤からはこのように座席まるごと空いているところも増えてきました。

DSCF5292.jpg
若葉台にあったLCD。これ京王で結構増えているようです。ところで、一つ手前の稲城と若葉台は駅間が離れていることもありかなり飛ばしていて楽しめました。
これで終了です。

京王の件は以上です。以下はいつものように武蔵小金井でのバス撮影です。こちらの方が新宿より前に撮影したものなので撮影日が前後してますがご了承を・・・今回は意外といろいろ撮影できました。

DSCF5133.jpg
京王バスレインボーⅡ。待機場へ移動するようです。

DSCF5134.jpg
西武バスRAワンステですが、ちょうど中央線が来たのであわせて撮影。。。

DSCF5136.jpg
西武バスQKG-MPノンステ。滝山にどんどん導入されているようで、最近はかなりの頻度でみかけるようになりました。

DSCF5138s.jpg
お、エルガハイブリッドが来ました。前面がぶれてしまいましたが掲載。それにしても側面の黒さが目立ちますねw

DSCF5143.jpg
こんな位置で待機するようなので、いろいろ撮影w ここがエルガハイブリッドのこちら側では特徴である表記を撮影。

DSCF5144.jpg
エルガハイブリッドはこの中ドア直後のところにいろいろ点検用と思われる蓋がついています。

DSCF5148.jpg
後部もしっかり撮影。まぁHYBRIDの文字以外は普通ですが。。。

DSCF5149.jpg
発車していったので側面の窓が埋められている場所を撮影してみましたが、やはり目立たず。まぁそれだけ違和感無く作っているってことですね・・・w

DSCF5153.jpg
JPノンステの後部。この1946は毎回のように撮影しているので今回はあえて後部を。このミディと同じデザインはなんか変な感じがしますw

DSCF5154.jpg
京王バス小金井唯一のRAノンステが車庫から出てきたようです。後部を撮影してこちらに戻ってくるのを待ちます。

DSCF5157.jpg
西武バス1946も一応前面を撮影しておきます。

DSCF5158s.jpg
お、西武バスの新7Eノンステが来ました。

DSCF5159.jpg
後部も撮影。やはりいすゞ車よりこちらの方が見慣れていてしっくり来ますw

DSCF5161.jpg
いつもの奴が来ました。周りが流れている感じになりましたw

DSCF5162.jpg
京王バスJP。

DSCF5163.jpg
京王バスのQKG-MPですが、右折車に譲る為にパッシング(?)したところを偶然撮影w ライトが全部ついたところってあんまり見たことが無いのでなんか新鮮ですw

DSCF5165.jpg
西武バスRA。1096ということで初期のRAですね。静岡でも見れるコーヒーのラッピング。なんかラッピングのせいか側面の窓がなんかかなり高い位置にある感じがしていますw

DSCF5167.jpg
京王バスMP

DSCF5172.jpg
京王バスJPの後部。JPの後部は最近の車両の中では独特な表情で意外と気に入っています。

DSCF5175.jpg
西武バスのUAワンステと京王のRAが続けてやってきました。京王と西武が多くくる武蔵小金井らしさが出ているといえば出ているかも

DSCF5177.jpg
本命の京王バス小金井のRAノンステ。ここで撮影しておきたかったので良かったです。

DSCF5178.jpg
西武のJPが来ましたが、前の「後のり」がプレートです。確かA3からはペイントになり、そのあと消えてしまったので今は貴重というか、この世代が引退すると基本的には見られなくなるものと思われます。A2ということで西武の西工では真っ先に引退する世代ですし、プレートが撮影できるのもいまのうちかもしれませんね。ところでプレートと西工の組み合わせはこのJPだけでしか見られないものと思われます。

DSCF5180.jpg
ズームでどこまでだったら普通に撮影できるか実験のために撮影。これ以上だとズームの方法(?)がかわるので、ここが限界のようですが、結構遠くまでいけるようです。

DSCF5181.jpg
撤収中に見かけた表示板。2年以上前の掲示が未だに残っています。小田急バスが南口に行くことの案内ですが、北口の頃はここを直進して新小金井街道で中央線を渡り、南側に渡っていたようですね。

DSCF5182.jpg
この名物の歩道橋ですが、どうやら今月中に撤去となるようで、記念にちょうどバスがいたので撮影。どうやらバス停も若干改良されるようですね。

DSCF5183.jpg
南口に移動すると京王のラッピングバスが。見慣れないので撮影。

DSCF5185.jpg
おっと、武蔵境行きのレインボーⅡがいました。武蔵小金井駅南口では初めて見ましたw

DSCF5186.jpg
先ほどのラッピングですが「EVIサポートバス」と書いてあり謎だったんですが、どうやらラッピングでの収益を地域貢献に役立てる ということのようです。


以上です。今回は意外といろいろ撮影できました。
では今回はこのへんで

追伸 コメントを書いてくださる方へ
いつもコメントありがとうございます。今、大学が特に忙しい時期でして返信遅れておりますが、順次コメント返信をさせていただきますので、気長にお待ちいただければと思います。すみません(汗
スポンサーサイト
21:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

とーますさん

丘陵地帯にあって乗降客は少なく静かな駅…>
確かにゆったりとした雰囲気は今も残っていますね。駅の周りはまだ全体的に新しい雰囲気があったので、今後乗客が増えていく可能性はありそうでした。

等々選択肢が広がって便利になりましたね。>
そうですね。快速と区間急行とはいえどちらも新宿に1本でいけますし、特急乗り継ぎもよくダイヤが改善された感じがしますね。

車両交換の時間にあたったようですが、>
京王線の高幡不動でも時々この交換があるときがありますよね。それでも極力均等ダイヤで1分差だけですぐ発車というのもあって車両交換でのロスを極力減らすようにしているみたいですね。

他の編成に合わせたのでしょうね。>
そうですね。あとは片側の先頭車を貫通構造(非常口はありますが幌などはないので)にするとコストがかかりますし、貫通していない編成も多いのでそのままにしたようですね。

ドアだけは1両分だけ特注には出来なかった>
もう少し時期がずれていたら同じ形状になったのかもしれませんが、まぁドア窓が違うだけだと大きな違和感も無いので、中間車新造当時の仕様を採用したようですね。

わざわざ調布から乗る乗客は少ないでしょうね。>
そうですね。しかも新宿まで2駅でまぁ混雑していても多少は我慢できますし、後ろのほうに乗れば日中なら空いていますし…趣味的には数分差で車両が選べるのが良いですがw

「Limited Express」でなく「Special Express」なんですね。>
そうですね。自分は以前の路線図を購入して眺めたときに気づきました。特急といえばSuper Expressとなっている場合もありますね。ちなみに京急は快特も特急も同じでLimitedExpressになっていますね。

そちらは自動操作なのでしょうかね。>
布田に関してはホームドア稼動当初は手動でやっていて確認に大幅な時間がかかっていましたが…今は時間はかかっていないですがどうなんでしょうね。車掌さんの動きを見ていれば良いのですが何しろTc車で乗らないのでw

1番目の編成に末尾0番を振っている例がありますがその反対>
そういえば阪急はその方式で最初はなんか変な感じがしましたね。

他の編成と同様ライト上の方がしっくりくるかなと思いました。>
京王といえば全車VVVF化を達成しましたし次の車両関連の動きはどうなるのか気になります。8000系のVVVF装置の改良とかで大きな導入は当面無い可能性もありそうですね。次に9000系が増備されるとしたら元の位置に戻して欲しいですね。

同種のものを他の駅で見た記憶があります。>
徐々に増えているようです。こういうLCD装置も各社すこしずつですが増えてきましたね。西武みたいに正式に表示機に採用している例もありますし、今後はフルカラーLEDに変わって主力になるかもしれませんね。

営業所毎に固まって導入されているのかなと。>
そのようですね。新宿には結構頻繁に顔を出すようで、よく見かけますね。

いつの間にか車種とメーカーが随分増えたものだなと。>
そうですね。3扉時代には車体は7Eでエンジン類はいろいろなメーカーをいれていたようですが、見た目的に細部をのぞけばすべて同じでしたし、そこからするとだいぶバリエーションが増えましたね。

ブルーリボンⅡやレインボーⅡは入っているのでしょうか? >
青梅ですが、RAとブルーリボンⅡのノンステも少数ですが入っているので時々見ることができます。それとレインボーⅡも導入されこれも柳沢駅~青梅車庫で活躍していたのですが、臨海部の中型置き換えで全車転属したようで青梅からは消えてしまっていますね。

MPノンステが多くいた覚えがあり、今も変わらないようで…>
初期に導入された22ナンバーや200ナンバー初期は引退してしまいましたが後期に導入された車両も多いので今も三菱が多い印象(そしてワンステベースのも入っているので)ですね。

ブルーリボンⅡ投入のため中野に転属してきたとか?>
今レインボーで電鉄カラーというと八王子しか考えられないですよねw 京王ですが時々突然区内に転属することが意外とあるようで、こういう電鉄カラーが見られるようですねw

ベテラン車の世代交代が進んだということでもあるので、>
そうですね。おそらくすべて新7E置き換えなのでQKG-MPを撮影できるのは良いですが複雑なところです…

前乗り方式の吉祥寺発着系統に入ることもあるのかなあと>
そうですね。入ってくれると吉祥寺で撮影できて良いのですがw あと乗れる確率も高くなりますし。。。それにしてもこいつは今後増えるんでしょうかね。個人的には書く営業所1台ぐらいあれば宣伝にもなりますし良いと思うのですが。。。

京王バスは運転席側の側面には会社名がどこにも入っていない>
そうですね。車番しかついていません。自分も車ですれ違っても確認できない(車番を見ればわかりますが)ので、あったほうがかなり個人的ですが嬉しいですw

他にこのプレートが付いた車種は…? >
A2までということで、それ以前のツーステ、ワンステの多摩地区導入車はサボ式で、自分も新7Eワンステなどの画像を見返すとついています。ただ7Eはすべて車体と同色のサボ受けだったようで、このような銀枠となるといすゞ車で、さらにサボ上部にも銀枠があるのは今のところJPしかわかりませんね。

レインボーⅡの前は何が走っていたのかなあと。>
考えられるのはレインボーワンステ(以前武蔵小金井で撮影した)ぐらいですかね。ジャーニーもあったのかどうか気になるところです。

京王グループとして環境活動支援に取り組んでいるというPR効果>
そうですね。もしかすると今後あるいは他の車両には京王グループ企業以外のものもあるかもしれませんね。

ではまた
HIROKI |  2013.08.03(Sat) 21:26 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。
おっ、ツイッターも始められたんですね。ブログの横に表示されているのを早速拝見しましたが、長編のブログとは違った細かなつぶやき情報が分かるので面白いなと思いました。
では、こちらの記事にコメントさせていただきますね。

今回の京王線は貴ブログでは初登場の若葉台発着でしたね。若葉台というと車庫併設では知られていますが、丘陵地帯にあって乗降客は少なく静かな駅…という印象があります。調べてみたら今は稲城より乗降客が多いそうですが。駅が都県境にまたがっているというのは面白いですね。
・若葉台からですと今は日中どの列車も京王線直通で、新宿駅なら快速、都営新宿線方面なら区間急行、急ぎたければ調布で乗り換え、等々選択肢が広がって便利になりましたね。
・ちょうど昔で言う車両交換の時間にあたったようですが、そこに来たのが8000系の中間車代替新造車込みという超マイナー編成とは、相変わらず運が良いですね。僕は編成全体を見たことはありますが新造中間車を間近で見たのはこの記事が初めてでした。もともと6+4で登場したのは行楽シーズンに設定されていた京王八王子・高尾山口行き併結特急用でしたので、今は10両貫通でも運用上支障無いですね。だったら新造中間車は連結面を貫通させても良かったのでは?という気もしますが、他の編成に合わせたのでしょうね。連結面、見える範囲では一面白い壁で何か圧迫感があるなあと思いました。片側には小窓があるようですが、反対側にも小窓があれば…他は見た目8000系とほとんど変わらず違和感は少ないですが(もちろん連結方法は違和感ありまくりw)、ドア窓部分だけが違うのは知りませんでした。ドアだけは1両分だけ特注には出来なかったのかなと。
・駅に隣接した車庫というと高幡不動や小田急の海老名、東急の奥沢あたりも思い浮かびますが、車庫線の入口がホームから良く見える造りは確かに珍しいですね。背後の巨大ネット(ゴルフ練習場?) がやけに目立っていますがw 車庫隣接だけあって入れ替え作業が間近で見られるのもファン的に面白いですね。
・快速は9030系、都営線直通列車以外の優等列車でもまんべんなく活躍していますが、逆に他形式車と混ざって使われているため当たるのは運次第ですね。でも京王らしさが薄くなっていてちょっと残念な形式なのも事実で…京急で言えば無塗装の新1000形といったところかなと。
・上りの橋本特急、調布からは京王線系統の特急の続行になるのでわざわざ調布から乗る乗客は少ないでしょうね。新宿での快速→橋本特急の折り返し時間が2分は余裕なさ過ぎで(西武新宿駅の急行折返しもそうでしたね)、以前の記事でもありましたが橋本特急が何かあると真っ先に運休の対象になってしまうのも運転整理上仕方ないかなという気がします。相模原線の特急停車駅利用客にはいい迷惑ですが…
・京王の特急表示、純粋な赤ではない微妙な赤色になっていますね。特にフルカラーLEDでは。普通の赤色でもよさそうなものですが、これも京王のこだわりなのでしょうか…あと英語表記がJRなどで使われている「Limited Express」でなく「Special Express」なんですね。今まで目がいっていませんでした(汗) 確かに、京王のような座席指定も特急料金もない特急の場合は京王式の表記の方が実態に近い気はしますね。
・新宿駅のホームドアは手動操作なんですね。1駅だけでかつ終端駅なので手動の方が確実ということなのかなと思います。そういえば調布や布田は…そちらは自動操作なのでしょうかね。ちなみに、ホームドア設置済が3番線、今後設置が1・2番線だったかと思います。
・8000系、登場から20年経っていますが、当時グッドデザイン賞を受賞したのはだてじゃなかったようで、今見ても全然古さがなく、新車でも十分通用する車体デザインですね。
・9030系の最新編成が9030編成とは知りませんでした。阪急や京阪で1番目の編成に末尾0番を振っている例がありますがその反対ですね。しかし、もし次に増備があるとしたら何番編成になるのでしょうね。遠鉄30形みたいに29,28…とか?この最新編成を見たのは僕も初めてです。KEIOロゴの位置はちょっと下すぎる感じで、他の編成と同様ライト上の方がしっくりくるかなと思いました。
・戻りの快速は8000系、若葉台で見るだけにとどまらず乗車も出来て良かったですね。隔駅停車でも駅間は飛ばす…東急や京急のような走りっぷりのようで、乗っていて気持ちいいですね。調布から先は各駅停車で、特急が先行するとあってはガラガラになるのも当然かなと。
・若葉台駅のLCD、同種のものを他の駅で見た記憶があります。小さな駅でも比較的低コストで見やすい時刻・種別案内を提供できるのが良いですね。しかも相模原線内は線内各駅停車でも種別が区間急行や快速なので、特に上り方向は色分け表示もあった方が良い気がしますしね。

新宿駅西口でのバス画像、少しだけ掲載された例はありましたがこれだけまとまった枚数の撮影記録は久々に見た気がします。
・浜松ラッピング、鰻と人のイラストに祭りの法被に書かれた字を思わせる書体の大きな文字と、確かに目立ちやすいデザインですね。
・関東バスのレインボー、新宿では以前にも見ましたが武蔵小金井には来ず、吉祥寺でも見ませんね。営業所毎に固まって導入されているのかなと。それとエルガノンステも。3扉車全盛期当時のまま関東バス=UDという頭でいた僕にとっても、レインボーとエルガはちょっと違和感がありますね。これにMPを加えれば4メーカー勢揃いで、いつの間にか車種とメーカーが随分増えたものだなと。宿05の後部表示が2駅並列になっているのは初めて見ました。以前は野方駅しか書いていなかったと思いますが、中野駅を経由することが一目で分かるので(僕も気づいていませんでした)この方が良いですね。「IC」ステッカー、色褪せは各地の事業者に及んでいますね。近いうちにまた貼り直しが必要かなと思います。
・都営バスに限らず、今や方向幕のバスが来るとどこでも思わず撮影したくなりますね(笑) それにしても4台もレインボーが並ぶ光景も珍しいなと。まあ方向幕車という時点でベテランでしょうね。都営でも青梅はこればかりだとのことですが、同じ日野でもブルーリボンⅡやレインボーⅡは入っているのでしょうか?
・京王バス、こちらの乗り場に来るのは主に永福町(営)の所属車で、中野駅行きは中野(営)管轄ということで車種が異なるようですね。永福町は以前の記事でもワンステベースになる前のMPノンステが多くいた覚えがあり、今も変わらないようで…中扉下部に窓がついているのはJPではしずてつでもありますが、MPでは珍しいなと。CNGも永福町にはよくいますが多摩地区では(設備の関係か)見ないですね。電鉄カラーのレインボーというと八王子にいますが、ブルーリボンⅡ投入のため中野に転属してきたとか?新宿駅で電鉄カラーが見られるのは珍しいですね。

恒例の武蔵小金井撮影画像、こちらはかいつまんでのコメントになりますがご容赦を。
・西武QKC-MP、エルガハイブリットも入ったとはいえ新車の主流はやはりこちらなんですね。これを多く見かけるようになったということはベテラン車の世代交代が進んだということでもあるので、HIROKIさん的には痛し痒しかなあと。
・エルガハイブリット、以前滝山営業所まで追っかけた時以来の登場ですね。運転席側の最後部窓を黒くつぶしてあるわけですが、サッシと窓ガラス共に黒いので画像を見る限り目立たなくなっていますね。むしろ目立たなくする意図であえてこうしたのかも。でも車体の形や塗装が他車と似ている分文字表記は賑やかですね。「出口」「入口」表示がサボ式なのは滝山の特徴と以前伺いましたが、この車両もサボ式なので、前乗り方式の吉祥寺発着系統に入ることもあるのかなあと。中ドア直後に点検蓋が三つ、こういうタイプは初めて知りました。ハイブリット機器がらみで付いているのかと思いますが、外観上のちょっとしたアクセントにもなっていますね。
・JPノンステ1946号車、前から見るとJPらしい顔つきなのに後ろはミディそのもの…僕が見慣れないせいもあるでしょうが違和感を強く感じる車体ですね。
・京王RAノンステ、塗装のせいもあって窓の位置が低く見えますね。バランスが取れているなあと思います。ところで今更ですが、京王バスは運転席側の側面には会社名がどこにも入っていないんですね。
・パッシングした瞬間のライト全点灯、ちょうど良いタイミングで撮影されましたね。しかしフォグランプが付いていないのも相変わらずだなあと。
・A2のJP、「後のり」プレートは周囲の銀枠が確かに目をひきますね。他にこのプレートが付いた車種は…?
・小田急バス、2年以上前の乗り場移転・経路変更案内を未だに掲示しているというのは、今でも問い合わせがあるのかも。経路変更で6つもの停留所が廃止になったというのは大きな変化で、南口乗り入れでかなりのショートカットになったんですね。
・名物歩道橋、ついに(ようやく?) 撤去なんですね。今回掲載の画像は歩道橋全体が写っていてその特異な形状がよく分かりました。
・南口の撮影画像、武蔵境~武蔵小金井線は先日の武蔵境駅に続いての登場ですね。中型車限定みたいですが、レインボーⅡの前は何が走っていたのかなあと。「EVIサポートバス」、僕も今回初めて知りました。前扉脇にもロゴ表示があるようですが、ラッピング施工業者が京王電鉄バスグループの支援と承認を得て行っていて、ラッピング代金の一部を環境活動支援の基金として寄付するという仕組みのようですね。この車両の場合、広告の施設は京王グループ企業の運営だそうでいわば身内の広告ですが、京王グループとして環境活動支援に取り組んでいるというPR効果もありそうですね。

それでは、また。
とーます |  2013.07.30(Tue) 01:22 |  URL |  【コメント編集】

A80&481さんコメントありがとうございます。こちらでまとめて返信させていただきます。

第35号
30000系は7編成在籍しており>
自分の予想では入っても数編成(8000系10両置き換え程度)かと思いましたが、随分と多くなりましたねw

6連は野田線、4連は東上線小川町~寄居と越生線>
確かにそのやり方も分割編成を上手く使っていますね。まぁ東上線末端と越生線はまだ当面8000系で運行されると思いますが、いずれ30000系が入る時も来るかもしれませんね。野田線に関しては10030系よりインパクトがあったかもしれませんねw 

当時のLCDは画面の劣化が激しかったため撤去され、>
その劣化の経験からLCDには消極的という噂がありましたよね。10030系でも既存のLED表示機の中にLCDを組み込む形式のが出てきましたし、東武でもLCDが普及しそうですね。

20000系は今年製造から25年なので、いい加減室内修繕した編成は欲しいところ>
たしかにそろそろ何らかの動きがあってもおかしくないですよね。10030系更新車のようにHIDになった20000系も見てみたいですね

第38号
丸ノ内線301号車は中野工場に保管していたのを・・・>
そのようですね。以前はそういえばありませんでしたね。その辺はかなり以前のことなので忘れてしまいました。。。

メトロは小窓車両が年々減少している傾向>
そうですね。一番小窓で新しい8000系も既に更新が進んでいますし・・・当面は7000系の一部で見られますが今後もどんどん減っていきそうですね。

全編成が東西線に転属されました。>
そうですね。個人的に西武線内でよく乗っていた車両で有楽町から消えるのは残念でした。で一部は千代田線に行くのかなと思ったのですが東西線で、初めて0系シリーズ2種が同じ路線で走ることになりましたね。

07系は青帯のまま千代田線で活躍していた時期があります。>
ありましたね。仮でも緑帯にしておくのかと思ったのですがそのまま青帯で結構おもいきったことをしたなと当時は思いました。確かJRには直通していたような覚えがあります。

1990年代初頭までに製造された車両は年度ごとに違い>
メトロに限らずこの時代はそういう独自仕様が多く出ているので個人的に気に入っている車両が多いです。確かに03系も年度ごとに違いますし、一部で更新も出てきているようで違いが面白いですね。

乗り換えが非常に便利でした。>
その頃をよく覚えています。高架化で別々になってしまいましたが、利便性を考えると前の配線のほうが良かったですね。駅のリニューアルで以前はホームから直接出口があったのが橋上駅になり昇降が必要になるケースもあるので、今後はこういうところも改良されると良いですね。

39号
物心ついた時から不思議に思っていました。>
駅名と地名の読み方が違ったり、地名と駅の位置が一致していない駅というのは意外といろいろなところでありますね。こういった話は好きなので面白いなと思いますね。

初期編成から4連と10連固定が登場しました。>
10両は今までなかったのですごく新鮮に感じましたが、そういえば4連も以前はありませんでしたね。

こちらもいつまで見れるのでしょうか。 >
8000系は一通り更新されてはいるので、今後大規模更新などがあるとつり革も変わる可能性はゼロではないと思います。

3月末日までは新代田駅から先、駒沢陸橋まで足を伸ばしていました>
そういえば駒沢陸橋まで行かなくなったんですよね。忘れていました。。。

1984年までは東急バスと共同運行で大森駅まで結んでいて、>
雑誌などでその当時の写真が出ていて、今もあったら面白いのにと思いました。1時間30分とは比較的距離があるとはいえ、大変ですね。。。

。現在世田谷区で見れる都バスはこの宿91だけです。>
そうなんですか。意外です。


コメントありがとうございます。返信おそくなってすみませんでした。それでは


HIROKI |  2013.07.30(Tue) 00:15 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは。
サハ8564号車ですが、京王全体を見ても異端児です。僕は3年前の2月に初めて乗車したときはドア窓に違和感を感じてしまったものです。若葉台駅は東京都と神奈川県にまたがっていること自体、京王線を長く使っている身としては気づきませんでした。下高井戸は杉並区の地名なのに駅は世田谷区にあること、八幡山は世田谷区の地名なのに駅は杉並区にある、ということは物心ついた時から不思議に思っていました。

7000系は組み換えで初期編成から4連と10連固定が登場しました。後期編成でも4連口の更新前は分割運用を考慮してつり革が黄緑色でしたが、分割運用が廃止され、更新されてからは全部△タイプに交換されました。とはいえ8000系ではまだ黄緑色のつり革は現役ですが、こちらもいつまで見れるのでしょうか。

新宿駅バスターミナルの画像で都バス運行の「宿91」が写っていますが、3月末日までは新代田駅から先、駒沢陸橋まで足を伸ばしていました。僕は現住所に転居する前、新代田以南に住んでいましたが本数は少なく渋滞が発生すると時間通りに来ないことがほとんどでした。1984年までは東急バスと共同運行で大森駅まで結んでいて、祖母からは1時間30分かかったと聞いたことがあります。

宿91の全便新代田駅発着により、新代田駅を境に宿91と森91(東急バス・大森駅~新代田駅前)に完全分断されたほか、都バスが世田谷区内を走行する区間も大幅に縮小されました。さらに4月1日以降東急バス単独運行に変わった東98も世田谷区内を走行していました。現在世田谷区で見れる都バスはこの宿91だけです。
A80&481 |  2013.07.28(Sun) 01:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/645-37f87f33

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。