2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.01 (Sun)

☆2013 第45号☆

こんばんは。

あれっ涼しくなったかなと思ったところでまた暑さが戻り猛暑が続いています。それでもまだ秋っぽくなってきたというか朝なんかは涼しいこともありますが、今後どうなりますかね。
日曜は夕方は外に出ていたのですが、ちょうどゲリラ豪雨に家の前でやられました…家の前の通りの歩道は水浸しになり家の前も軽く湖(水深10cmぐらい)になっていましたが、止んですぐに歩道は乾いていました。まぁ元々水はけのよい場所のようで結果的に被害はほぼありませんでした。

今回ですが、木曜に久しぶりに井の頭線に乗ろうと思い、そういえば長い間利用していなかった井の頭線吉祥寺駅から渋谷を往復してきました。それとBトレ紹介の2つとなります。

さて、長い用事も終わったことだし何か撮影というか乗って来たいなと思って思い立ったのが井の頭線でした。そういえば以前永福町でバス撮影のために明大前と往復したきり乗っていません。それと渋谷・明大前~井の頭公園までは東京へ来てから乗車していましたが吉祥寺には行っていませんでした。今回はようやく駅にエレベーターがついたその吉祥寺から井の頭線乗車。まぁ今回は武蔵境から中央線で2駅移動して吉祥寺へ。
吉祥寺駅ですが、今は京王の駅上に出来る建物の工事真っ最中で改札~JR~入口までは工事現場の中を通るのですがホームと改札は綺麗になっていました。今年度中にこの建物はできるようで、以前あったユザワヤが戻ってきて欲しいなぁと思っています。ここは鉄道模型などがおかれていたので(今は丸井の中で営業中)。。。

DSCF5930.jpg
1本後の各停に乗ろうと思い、軽く電車を撮影。到着から折り返しまで比較的ゆったりしていて日中の撮影は良好かと思います。前期車のライトブルーですが、実は初撮影。以前は嫌いだった1000系ですが今考えてみると3000系をよくアレンジしていて実は意外と良い車両じゃないかと思いますw

DSCF5931.jpg
こんな風に並びも気軽に撮影できます。カラフルだと同じ形式でも楽しくなりますw ところで日中は急行で来たら各停、各停だったら急行になって折り返します。

DSCF5936.jpg
電車が発車したところでアイボリーを撮影。こうしている間にすぐ1番線に電車が入線してくるのであまり時間はありませんw ところで井の頭線は震災後にダイヤが変わり、最初は急行と各停が1:1で毎時6本ずつになったあとに1:1のままで毎時8分ずつの計16本になり落ち着いています。以前は急行と各停は1:2で5本と10本でしたが、現状今の1:1の方が合っている気がします。

DSCF5941.jpg
続いてサーモンピンクが入ってきましたがアイボリーとの並びは撮影し忘れました。。。が、実際は必ず並んで数分してから片方が発車していきます。ここまで前期車が連続しています。といっても前期車でもVVVF装置が3種あったりドア窓の形状が違っています。

DSCF5945.jpg
続いてライトブルーのこれまた前期車が来ました。これに乗ります。同じ形式でも撮影に飽きがこないのはやはりカラフルさが良い影響を与えていますね。個人的にカラフルなのは好きなのでこういうのは良いですねw

DSCF5951.jpg
ドアは京王独特の角ばった窓です。やはりこれを見ると京王に乗ってるなと感じますね。ところでこのドアですが車内側にこのように凹凸があるものと外側にこうなっているものの2種が1000系にはあるようです。

DSCF5956.jpg
ところでドアの注意ステッカーですが、いのかしら7兄弟というキャラクターのようです。これどんな色があるのかわかるので実は子どもじゃなくても見る人が多そうでついでに注意歓呼で京王線のやつより良いかも。あと外側も綺麗にはがされてこれが貼ってあります。

DSCF5962.jpg
で、各停ということで京王名物といえるかは微妙ですが、各駅の停車時間がやたら短い駅があり、そして加減速も多いので低速走行が多いですがキビキビしていて楽しめますw 三鷹台では5秒程度しかドアが開いていませんでしたし、富士見ヶ丘に関しては駅停車前からベルがなっていました。あ、走行音ですが最初期のGTO-VVVFでした。京成3700形と同じ音のようで、あまり馴染みがないので良かったです。渋谷に到着し急行で折り返します。

DSCF5965.jpg
バイオレットの1000系が来ましたがここでやっと後期形です。後期形のほうがすっきりしている感じがするのと前面の扉の左側のピラーが黒くなりより湘南顔っぽくなっていますが、個人的には前期車のほうが京王らしさが出ていて気に入っています。

DSCF5985.jpg
お、期間限定の7色というか虹色が来ました。前面上部は明るい白でこれも期間限定です。個人的にはずっとこれで走ってもらいたいんですが…w

DSCF5988.jpg
側面はこのようにグラデーションです。個人的にはWord2003のワードアートを連想しますw 

DSCF5996.jpg
こちら側からも撮影。これ、井の頭線にいる7色の色でグラデーションしても面白そうですが、意外と色の差が激しいので難しいかなw この後切符を買いなおして吉祥寺に戻ります。ところでここも正真正銘渋谷なんですが、以前から井の頭線でくる渋谷は実感が無いというかこんなに吉祥寺から近かったっけ?と感じてしまいます。多摩地区に住んでいるので都心は遠いイメージがあるからかな…w

DSCF5996.jpg
後期車が停車していたので表示機を撮影。まぁオーソドックスな京王タイプの表示です。

DSCF6003.jpg
こんな表示が出ます。フルカラーLEDをしっかり使っていますw 日中は毎回永福町で接続なのでわかりやすくすみわけが出来て結果混雑緩和になっているので良いですね。西武新宿線ではその結果各停が結構混んでしまうんですがやはり路線の性格の違いですかね。こちらは距離も短く比較的郊外方面利用も多いですかね。

DSCF6006.jpg
この後期車の1本後のサーモンピンクの前期車に乗車。渋谷駅にはなつかしいこの表示機がまだ形だけ残っていました。橙色と緑色のランプのところに並んで待つという放送が思い浮かびますw 3000系を狙って数本見送ったのが懐かしい(というより数本だけで3000系が来るというのも良い時代でしたねw)です。

DSCF6013.jpg
まぁ各停なので行きとおなじ感じでしたが、吉祥寺駅手前で吉祥寺駅が開くまで停車していましたが、まぁ本数の割りに2本しかホームが無いので無理もないですね。でコレもGTO-VVVFでした。ところで前期にはこれ以外に2種IGBTがあるようですが一部は東洋製だそうで、乗りたいところです。ライトグリーンの後期車と並びます。

DSCF6019.jpg
ライトグリーンだけになったところを撮影。そういえばBトレで持っている色ですね。といっても自分の場合バイオレットとサーモンピンクの方が馴染みがある(何故かそれによくあたった)んですが…

DSCF6021.jpg
続いてきたライトブルーの急行も後期車。1721っていうと確か後期車1編成目だったと思います。側面はビードが無いのとドア窓が違うだけでも雰囲気がちょっと変わりますね。ところで井の頭線も京王のこだわり?の車端4席になっています。

DSCF6029.jpg
前期車のブルーグリーンと並びました。確か1715は前期車最後の編成です。このライトブルーとブルーグリーンは光線によってはかなり色が似て見えますねw

DSCF6036.jpg
ブルーグリーンだけになって撮影。この編成はドア窓が前述した車外側に凸凹があるドア窓ですね。この仕様は京王線側になく1000系独自仕様ということになります。

DSCF6040.jpg
ライトブルーの前期車が来ました。台車まわりを再塗装したようでグレーになっていました。

DSCF6046.jpg
アイボリーの前期車との並び。今回は前期車が多く来ましたね。ところで虹色を待とうかと思いましたが、結構気温が上がってきて40分程度待つには無理っぽかったので待たずにこれを撮影して撤収しました。吉祥寺は良い感じなので学校始まってからも入場券で撮影に来たいところです。

DSCF6047.jpg
このあとJRに戻り武蔵境へ。各駅停車のほうにはやぶさとスーパーこまちの宣伝が出ていました。あまり新幹線に興味ないのですがこの2種は乗ってみたいですね。E6系も最初に画像見たときは変な感じしましたが、慣れてくると実車を見たくなりましたねw速そうでミニ新幹線っぽくない感じがします。

DSCF6054.jpg
武蔵境には隣接してショッピング施設がありますが、実は西武のEmioになっています。多摩川線は同じ西武でもちょっと雰囲気が違う(武蔵境の放送も違う)感じがするので、ここで西武グループの表示見るとなんか違和感がw ところでEmioですが見事に新宿線には無いですね…w まぁ小さめの駅が多いからですが、増えて欲しいですねw

これで井の頭線は以上です。

さて、Bトレです。まずは阪急7000系更新車です。

DSCF5808 (1600x1200)
発売日に通販で買えず、新宿で買えず、天賞堂は売り切れということで東京では瞬殺だった阪急7000系ですが、なんとか手に入れることができました。まぁ一般販売でも東京では関西Bトレは売り切れるので私鉄限定となるとすぐ売り切れるのはまぁ目に見えているわけですが、もう少し数増やすとかできないのかな。むしろ増やしていっぱい買ってもらったほうが良いんじゃないか と思うのですがそれは商品の販売やコストを知らない素人の考えなのかも…w 

DSCF5911.jpg
この7000系更新車ですが、すべてがこの9000系スタイルのデザインに変更されたのではなく、今までの前面のまま更新されている編成も増えているようで…やはりコストがかかるのかもしれませんね。個人的には好きなデザインですが…ちなみに方向幕は内側に貼れますが見づらいので方向幕部だけ切り取って外側に貼っています。阪急は京王7000系のように右側が種別になっていますね。

DSCF5913.jpg
側面。阪急といえば携帯電話電源オフ車両があるようでそのステッカーつき。そういえば東急もかつては一部がそうなっていたような覚えがあります。側面ですが5000系更新車と同じパーツでドア窓拡大になっているようです。ちなみに艶あり塗装になっています(阪急のBトレは途中から艶ありになっている)。

DSCF5914.jpg
中間パンタ車。で、阪急は以前から側面方向幕のステッカーがついています。というより関西方面Bトレではよくあることのようですが…ちなみに更新車は左ドア部分の阪急マークは実際は無いようです。

DSCF5917.jpg
中間車。阪急は今までに一度だけしかのったことありませんが(5000系更新車)もう一度行きたい路線です。基本的に先頭Mcで、先頭ダブルパンタというのも惹かれる要因ではありますが、デザイン的に自分好みなので。ところで今後出る1000系は先頭はTcで4M4Tという関東っぽい仕様のようです。

DSCF5918.jpg
先頭ダブルパンタ。8両でも先頭にパンタを持ってくるのは阪急のこだわりだったのかな。ダブルパンタの先頭というとどうも2連が思い浮かぶのでちょっと新鮮。一方で西武好きとしては気になるところです。

今回、あまり知らない車種ですので評価はなし。ところで阪急は6000系の一般販売が9月にあります。今回は肩にクリーム色が入った現在の仕様のようです。購入予定はありませんでしたが、この7000系が手に入ったのでそろえたくなり予約しておきました。

DSCF5524.jpg
続いてメトロ8000系です。発売後に商品の画像を見て欲しくなったものです。実車は…実はそれほど好きじゃなく小さい頃からコレが来ると「ハズレ」と思ってパスしていた車種ですw でもそういう電車ほど親近感が湧きますw 西武の2000系も小さい頃は嫌いだと思っていましたし、20年間で好みも変わったようです。

DSCF5920.jpg
画像だと紫色が薄くなっていますが、肉眼だと実車よりも濃く明るい印象を受けます(まぁそこが気に入った要因でもありますが)。でこれも内側から貼れるのですが、LED表示ステッカーとモールドが一致しないので外側に貼っています。

DSCF5921.jpg
先頭車側面。もうこの側面のBトレも4本目なので特に説明はいらないですが…ドアが小窓の仕様です。

DSCF5922.jpg
中間弱冷房車。

DSCF5923.jpg
中間パンタなし。

DSCF5924.jpg
先頭車。

DSCF5928.jpg
7000系と並べてみました。兄弟車ですが前面のライト部分などが違うだけでだいぶ印象が変わってきますね。


じゃ評価
造形のよさ:4
→まぁ側面の金型は同じものなので(厳密には実車は細部が7000系などとは異なるようですが)、前面となりますが、まぁしっかり再現されていると思います。まぁ内側からシールがはれず微妙にずれるのはまぁ許容範囲という感じですかね。

説明書の分かりやすさ:○

入手安易度:4
→一般販売ですので、まぁ今もある程度普通に買えるようです。

シール充実度:4
→まぁしっかり一通り揃っています。

部品豊富度:3
→少し余ります。相変わらず妻面が8種類も分けられていますが、妻面まで再現できるようにしているのは評価できます。

組み立てやすさ:4
→全体的に良好です。ちなみに、今回もHGシャーシに入れ替えず、SHGですが連結ドローバー?は旧来のものを使用しています。現在の仕様だと車間が開きすぎてどうも気に入りませんね…

以上ということになります。

ところで前回忘れてしまいましたが西武のみどりバスの新型エアロミディですが、保谷駅に銀サッシのと黒サッシのが両方停まっていました。ということでMP同様黒サッシでの増備に変更になったということになり、銀サッシのミディは西武で1台だけのレア車両ということになります。後は…通常カラーのミディも見てみたいところですが、登場しているっぽいですね。まぁ練馬あたりだと撮影しづらいですが、早く実車を見たいところです。

では今回はこのへんで


スポンサーサイト
22:29  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

いつかの撮影記事で見た記憶はありますが、そういえば久しぶりの登場ですね>
画像を見返してみたところ2010年10月に永福町で撮影したぶりのようで、約3年ぶりということになるようです。そんなに前だったかと言うのが正直な感想ですw 

3種類>
前期はGTO-VVVF1種とIGBT-VVVF2種がありますね。2社のVF装置を採用し、うち東洋製のものがGTOから、途中でIGBTに変更になったようです。

両形式が一緒に走っていた間もそれほど違和感なく混在>
そうですね。雰囲気が似ていたこともあって18Mから20M、3ドアから4ドアになったものの大きく雰囲気は変わってない感じがしますね。

高頻度路線でよくそれが出来るなあと思っていました。>
そのときの様子を動画で見たことがありましたが、ラッシュ時は本数が多くなりよくさばけていたなぁと感じましたね。

一定の周期で同じ車両が巡ってくるので特定車両を追いかけるにも便利>
そうですね。レインボー車も日中走っていればパターンが固定されるので、撮影は1編成の割に比較的狙いやすいですね。

ドアの製造業者が別々だったのかなあと。>
ただドアの形状と凸凹の形状は同一(車内側か車外側か)なので、同じ製造なので、同業者の時期による差異の可能性もあるかもしれませんね。

この7兄弟が登場する絵本も実際にありそうですね。>
そうですね。いずれ発売されるのかもしれませんねw せっかくなので京王線の方も3形式そろえて欲しい気がしますw

在籍7編成全て色を変えてあって、売りの一つにしていますね。>
そのようですね。7色といえば一時期東急池上線7700系で京王1000系のような7色の線がラッピングされていた編成があった覚えがありますね。

通常ダイヤでそれだとさすがに余裕なさ過ぎでは…>
遅れていた感じはありませんでしたが、永福町ではドアが開いたときにすぐ急行の放送が流れていたので結構ぎりぎりなのかもしれませんね。ちょっと前までの10分間隔時代はちょうど良かったのかもしれません。

副都心線経由にしても池袋・新宿三丁目回りですので結構遠く感じる>
そうですね。池袋経由となると結構大回りした気がしますね。ところで、以前駒沢競技場に用があった際に、立川から溝の口経由か副都心線経由か迷ったことがありますが、渋谷から1本で所沢までいけるので副都心線を選ぶことが多かったです。井の頭線は…距離的に一番良さそうですが忘れていましたね…w

渋谷は遠く感じるという池袋線沿線住民の意識が大きな要因>
確かにそれはあるかもしれませんね。しかも池袋も結構大きな街ですからね。それと意外と副都心線が日常的に都心に出ない人には認知度が微妙ということもあり、今後はそこの改善というかPRが必要かもしれません(まぁ利用者からすると空いてたほうが楽ですけどねw)

どの電車も先着する>
これは結構利用しやすく感じますよね。西武新宿線でも鷺ノ宮で日中に急行に乗車が集中することが減ったので、各停の混雑度は上がりましたが全体的に混雑が平準化されたというところはあるので、井の頭線も同じことが言えそうですね。

3000系を狙って待つのにはもってこいでしたね。 >
そうですね。自分もお世話になったランプですw現在は役目を終えており点灯しないようです。

秋の稲穂をイメージしたという普通車の内装>
そのようですね。車内の床にも稲穂をイメージしているところがあるらしいですね。ミニ新幹線は一度も乗った事が無いので興味がありますね。

Emio>
自分も馴染みが薄いショッピング施設です。新宿線沿いにも出来ると良いですが、新宿線は駅の敷地が狭いことが多いのがネックですかね。

それだけ売れるならもう少し関東での発売数を増やしても良さそう>
これ、阪急に限らず、鉄道の日イベントでの京阪の長蛇の列など、関西系は行列になっていることが多く、もう少し増やしてくれると気軽に買えるのになぁと感じます。その点、名鉄や小田急は通販も多く扱っていて良いなぁと思いますね。

多少外観が変わってもインパクトが薄い感>
確かに外観は新形式でも似ていて、今までからの雰囲気を重視しているなぁと感じますね。まぁ逆に言えば車両ごとの差が少なく、いつどの電車に乗っても同じような雰囲気があってサービスの格差があまり無い感じがしますね。個人的には9300系と今回の7000系更新車が気にいっています(あの貫通扉+角型ライトの組み合わせは他社でも気に入ってる車両が多いです)。

かなりのベテランのはずですが、今も各停や堺筋線内でよく見かけます>
ベテランの地下鉄直通も良いですね。阪急といえば動画や音を聞くと結構大きな音を出しているようで気になっていますねw

携帯電話電源オフ車両、確か梅田側と反対の先頭車が指定されていますね>
これ、阪急のページで見てみたのですが現在は三宮、宝塚、河原町方面先頭車だけの指定のようですね。以前は両側だったようです。

関東私鉄とは色々違いがあって面白い>
関西の大手私鉄は関東より施設的にも余裕があるようなので、ちょっと雰囲気が違うなと感じますが、以前行ったときにはそこをみる余裕がなかったので、もう一度じっくり見たいと思っています。

その余波で?僕も今一つ好みではない形式です(爆)>
同じですね。やはり田園都市線は8500系ですね。そういうこともあり、親近感はありますがそれほど好きではないというか、どちらかというと乗りたい感じはしないですw

今思えば勿体ないことをしたと思いますし、>
全く同じことを自分も思っています。あのころカメラをもって+もう少し詳しければなと。

いずれ撮影→掲載されるのを期待しています。 >
とりあえず西武じゃなくても新型エアロミディは早く撮影したいとは思っています。自分の近くのところに入ってくれないかなとも思っていますw

では
HIROKI |  2013.09.29(Sun) 21:25 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、おはようございます。
この冒頭部を書いている今(9月16日朝4時過ぎ)、静岡は正に台風接近中です。雨風が窓を激しくたたきつけ、うるさくて眠れず…(苦笑)それならば、と早起きして書き始めました。
という状況下ですが、こちらの記事にコメントさせていただきますね。

・HIROKIさんもゲリラ豪雨に遭遇されましたか…被害がほぼなかったのが救いですが大変でしたね。大雨で道路が冠水する光景はニュースでよく見ますが、僕自身が実際にその場に遭遇したことは無いです。我が家より南側の海沿いの地区は以前大雨で冠水したことがありますが、こちらまでは被害が及びませんでした。実際に家の周りがそうなってしまうと、家自身が浸水しなかったとしても焦りますね。

・井の頭線、いつかの撮影記事で見た記憶はありますが、そういえば久しぶりの登場ですね。既に1000系に統一されたわけですが、単一形式の中で前面も制御方式もドア窓の形にも違いがあり(VVVF装置が前期車だけで3種類もあることやドア窓が2種類あることは知りませんでした)、さらに3000系譲りの7色カラーにプラス特別色と、これだけバラエティに富んだ形式も珍しいなと。今回の記事を拝見して改めて思いました。何といっても見ていて飽きないのが良いですね。形も3000系のイメージを継承していて、両形式が一緒に走っていた間もそれほど違和感なく混在していましたし、昨今の標準形式と一線を画した独自性の強さも京王らしいなと思います。
3000系のイメージ継承という点で一つ。前面に貫通扉がありますが、その枠部分も片方の中央部はカラーで目立たせ、もう片方はガラスの色に似せて目立たなくしてあり、特に遠目から見ると3000系更新車を思わせる顔に仕上げているなと、今回の画像を拝見していて思いました。
・吉祥寺駅、まだ工事中のようですがそれでも改良でエレベーターがつき、さらにホームも綺麗に&広くなって利用しやすくなりましたね。工事中の一時期は1線だけで全列車を発着させていましたが、高頻度路線でよくそれが出来るなあと思っていました。2線に戻った今は交互発着で折返し時間に余裕を持たせているようで、ゆったり乗降&撮影が出来て良いですね。
・井の頭線のダイヤ、昔はおっしゃるように急行と各停が1:2で各停は永福町待避と全区間先着の2パターンがありましたが、今は1:1で、全て永福町で緩急結合のダイヤになりましたね。各停の本数は若干減りましたが全体では増えていますし、今の方がシンプルで分かりやすいと思います。下り各停・上り急行またはその逆という運用パターンも確立しているようで、一定の周期で同じ車両が巡ってくるので特定車両を追いかけるにも便利ですね。
・ドア窓が凹凸の場所で2種類あるというのは先述のとおり初めて知りましたが、ドアの製造業者が別々だったのかなあと。209系が製造業者によって窓の形に微妙な差がある(各メーカーが得意な技術を用いることで製造コスト削減を図った)話は聞いたことがありますが…
・ドア注意ステッカー、井の頭線もハローキティからいつの間にか変わったんですね。「いのかしら7兄弟」初めて見ました。確かに7色の電車が目を引くので注意喚起に良いかなと。京王の絵本キャラクターと書いてあり、この7兄弟が登場する絵本も実際にありそうですね。ちなみに7色兄弟というと富山ライトレールのマスコットキャラクター「とれねこ」が先輩格かなと。猫ですがしっぽがシングルアームパンタです(笑) あちらも開業当初から在籍7編成全て色を変えてあって、売りの一つにしていますね。
・各駅の停車時間の短さ、5秒程度しかドアが開いていなかったというのはさすがに極端かなと。遅れていたのでしょうかね。通常ダイヤでそれだとさすがに余裕なさ過ぎでは…
・虹色は期間限定とのことですが僕は今回初めて存在を知りました。虹色のグラデーション帯がカラフルな井の頭線の中でも異彩を放っていて、良いデザインですね。ずっとこのまま走ってほしいなと僕も思いました。
・井の頭線渋谷、他線の駅と少し離れてはいますが渋谷の一角にあるのは違いないですね。中央線沿線からですとこの井の頭線経由で簡単に渋谷にアクセスできますが、HIROKIさんの家の方からですと渋谷は乗り換えが必ず必要で、副都心線経由にしても池袋・新宿三丁目回りですので結構遠く感じる気がするのは分かる気がします。副都心線直通の快速急行が今も空いているのも、池袋は近く新宿・渋谷は遠く感じるという池袋線沿線住民の意識が大きな要因かもしれません。
・フルカラーLEDで「永福町で急行と接続」と接続案内まで表示するのは京王独特の活用法で、芸の細かさに感心します。急行と各停の関係、永福町以遠は各停のみの停車駅が多く急行から乗り換える人が多いので渋谷口では急行に乗客が比較的集中しますが、渋谷からですと他線接続で降車の多い下北沢・明大前にはどの電車も先着するので先に発車する電車が利用され、それで混雑が比較的平準化されているのかなと思います。
・渋谷駅ホームの表示機、まだ残っていたんですね。ランプの表示で次に来るのが3000系か1000系か分かり、3000系を狙って待つのにはもってこいでしたね。
・1000系、前期車は15Fまでの15編成、後期車は21Fからの14編成とほぼ半々ですが、この日は不思議と前期車が多く登場しましたね。後期車はドア窓やビードの無い側面から9030系に似ている感じ(車体裾絞りの有無が異なりますが)がします。
・E6系、ミニ新幹線といいながら来年からはE5系同様最高320km/hで走る予定で相当な高性能車両ですね。僕もちらっと見ただけで乗ったことは無いですが、秋の稲穂をイメージしたという普通車の内装が気になっていてぜひ一度乗ってみたいと思っています。
・武蔵境に西武のショッピング施設があるんですね。多摩川線の起点駅なのでもちろんあっても不思議ではないですが、今まで無かったのでちょっと違和感がありますね。高架化以前の昔は中央線下りと同じホームから発車し、改札口もJRと共同で独自の商業施設など造る余地が無かっただけに。また、Emio自体も初耳でした。要は駅隣接の商業施設のようですが、新宿線に0というのが何ともいえないですね…

・Bトレ阪急7000系、関西Bトレというと関東では人気が薄そうに思いますが実際は逆のようで。それだけ売れるならもう少し関東での発売数を増やしても良さそうなものですが…
阪急は何度か乗っていますが、この7000系更新車は見た記憶がどうも無いような。正直なところ阪急はどれもマルーン色なので多少外観が変わってもインパクトが薄い感があって、新形式は分かりますが更新となるとお手上げです(汗) 逆にマルーン色で統一されているのと手入れが行き届いているので、車両の新旧が一般の乗客にはさほど気にならないのが凄いところですが。余談ですが阪急で個人的に(というか音的に)気に入っているのは京都線の3300系です。堺筋線直通車両の第1号でかなりのベテランのはずですが、今も各停や堺筋線内でよく見かけます。
・携帯電話電源オフ車両、確か梅田側と反対の先頭車が指定されていますね。携帯電話マナーの呼びかけは当初各事業者で異なっていて、東急にも電源オフ車両が一時あった記憶があります。今は全国でほぼ統一されましたが阪急は今もこの独自ルールを残していますね。
・このBトレは艶あり塗装とのことですが、なるほど阪急の艶やかなマルーン色がよく再現されているなと思いました。
・阪急は梅田駅で3線の多様な車両が一度に撮影できます(屋根下で若干暗いですが)し、関東私鉄とは色々違いがあって面白いと思いますので、HIROKIさんがぜひもう一度行けると良いなと思います。
・メトロ8000系、田園都市線系統にいるのでどうしても東急8500系の方に乗りたくなり、その余波で?僕も今一つ好みではない形式です(爆) むしろHIROKIさんが親近感を持っていたというのが今まで知らなかったのでびっくりです。ただ千代田線6000系・有楽町線7000系の流れをくんでいる形式なので、言われてみればなるほどと思います。
また、西武の2000系も小さい頃は嫌いだったとは意外でした。僕も小さい頃は古い車両、中でも名鉄に当時よくいた吊り掛けモーターの電車が嫌いで避けていましたが、今思えば勿体ないことをしたと思いますし、年とともに嗜好は変わっていきますね。
8000系製品に話を戻すと、これまたドアが小窓で要は初期車ですね。何故か僕は8000系というと大窓車の印象が強くありますが、小窓車は確かにこんな感じだったなと。前面もよく再現されていると思います。7000系とは上部が全て黒になっていたり前面の折れ曲がり方が違っていたりするので全然違うという印象で、見比べてみて前面窓の大きさや配置に類似点があることにかえってびっくりしました。
・西武みどりバスの新型エアロミディ、銀サッシと黒サッシ両方がいるんですね。そもそも新型エアロミディ自体見たことがないので、いずれ撮影→掲載されるのを期待しています。

台風18号、これを書き終えて投稿する時点で豊橋に上陸したようです。当然家の外の風雨は激しく…せめて静岡とHIROKIさんの周囲に被害がないことを祈ります。

それでは、また。
とーます |  2013.09.16(Mon) 07:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/651-2a6a0687

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。