2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.16 (Mon)

☆2013 第47号☆

こんにちは。

台風すごいことになっていますね。関東でもかなり激しくなっています。関西とかではこれぐらい激しいのが今年の夏になんども来ていたということで…雨はもう収まるようですがまだ風は残るようですね。
京都は映像を見る限りあの有名観光地が海になってしまっていますが、復旧するまでには時間がかかりそうですね。
今年は雨に突風・竜巻とか天候による災害が相次いでますが、もう納まって欲しいですね。
ちなみに自分の家は昔ながら?の雨戸があるため、あまり大きな音がなく落ち着いています。まぁ犬は音に反応して逃げていますが…w

余談ですが、東京でも電車の遅れや見合わせがありますが、雨・風に強いことで沿線民から定評のある西武線も、さすがに特急の運行が見合わせになったようです。台風でも雪でも豪雨でも「西武線はとまらない」といわれていますが、今回も止まってはいないようで。。。西武線沿線だと西武線が止まると「ついに西武線も止まったか」となり西武線が止まる=とんでもない天候という謎の基準が出来ています…w この話は鉄道好き以外にも知られていて、長年西武線で通勤していた親や、利用している祖母もよく言っています。逆に言えば電車が止まって…という理由での欠席等は出来ないことになり、良い意味でも悪い意味でも使われているようです…w

まずは、約7ヶ月ぶりになりますが、静中HPのうち「西武2047編成のページ」のみとなりますが、生活にもすこし余裕が生まれてきたことから更新を再開することにしました。早速、西武バスの画像の追加と更新、西武線の方向幕コレクションの追加を行いました。今後は西武線の画像についても追加と更新を行っていく予定です。まぁペースはのんびり行きたいと思っていますが、とりあえず更新再開することにしました。他のコンテンツについては今のところ再開は未定ですがいずれ再開したいと思っているのでよろしくお願いします。
あ、ちなみに架鉄は更新休止中もこっそり更新したりしていますが、こちらもこっそり更新していきます。ブログはいつもどおり、駅名しりとりも通常通り使用できますので、今後しばらくはその4つ体制となります。

さて、今回は友人とサンシャイン水族館へ行ってきたのでそのときに撮影した画像の掲載とBトレなどの紹介のまぁいつもどおりの内容となります。

DSCF6199.jpg
まずはバス。5分遅れ程度でやってきたバスですが、ここでやっとQKG-MPの黒サッシの2464に乗ることができました。とはいっても全体的にはLKGや形式上QKGと変わりませんが、西武バスと着色ガラスの組み合わせはちょっと新鮮に感じました。西武はこれまで着色ガラスは入れてなく、無色の通常窓+カーテンなしだったので、すこし日の光が抑えられているなと感じました。MPの黒サッシも初めてでしたがそれほど暗い印象はないですね。ところで9時台のバスなんですが、前のと35分離れていることもあわせて結構混んでいました。8時台だと空席も目立つのでなんだか逆転している感じがしますが、まぁラッシュ時と日中利用が始まる時間までの合間が8時なのかもですね。

DSCF6201.jpg
で、所沢へ移動。もう改札のところで発車時間がすぎていましたが、ホームに降りたところでちょうど到着していたので2分程度遅れていたようです。東村山では待っている人が多かったので前の電車と間が開いたようです(そうじゃなくても本川越方面は新宿方面より乗車客多いこともおくある)。で、車両は2000系のトップナンバーでした。ところで今後の30000系でまずは3000系置き換えはあると思いますが、30000系10両もあり、3000系より導入数が多いとなると、2000系の特に初期の編成も置き換えが発生する可能性も高いかなと。まぁ全部変わる心配は無さそうですが、最古参の初期編成たちは記録しておくことも必要かもしれません。

DSCF6204.jpg
所沢で友人が多少遅れると連絡があったので、ためしに階段のなくなった所沢駅の飯能よりで撮影ができるのではないかと思っていたので移動してみました。早速4番線に電車が入ってきたんで撮影。画像のすぐ左には柱があるのと電車町の人がいるのでこうやって撮影できるかどうかはタイミングの問題があるかも。各停で来た新2000系8連。

DSCF6205.jpg
留置線に向かう新2000系。もう少しカメラを右に向ければ切れずに撮影できそうです。この電車がおそらく12分発の各停になると思われるのでそれに乗ることに。その前に2本電車があるのでそれを撮影するという感じです。

DSCF6207.jpg
ん、何故か新宿線から2000系6両が4番線にやってきました。武蔵丘などへの回送かと思いますが、自分は初めてみました。人が並んでいたのと、6両ということで柱が左側におもいきり入ってしまいましたが、記録ということで…

DSCF6208.jpg
新宿線も撮影できます。もちろん下りも。ちょうど上りの電車が発車していったので後追い。ちなみにこの踏切を小さい頃は西武百貨店の2階入口付近の階段から座ってみていたことがあるまぁまぁ思い出がある踏切。車両に戻りますが、これは例の6+4の逆連結(ってもういえないかも)です。逆連結が増えたので2000系よりも新2000系に乗車する機会が増えそうです。

DSCF6209.jpg
準急池袋行きが来ました。完全に対向列車とかぶっていますが、相手が2000系なのでまぁある意味良い画像になりました。最近30000系ばかり撮影している気がしますが、それはおいといて柱がごちゃごちゃしていますが、まぁまぁしっかり撮影できそうですね。今後は活用するかも(といってもここはある程度知られた撮影地なんですよね)。

DSCF6210.jpg
急行ですが、20000系でした。といっても20001となると若干20000系でも当たりな感じがしますが…この急行はひばりヶ丘でさっきの30000系準急と接続するダイヤなので、所沢でも準急には乗らず急行を待つ人が結構います。

DSCF6216.jpg
で、各停ですが、急行停車中からそれに乗らずにこの各停を待つ人がいて「そんなことってあるんだ」と思っていたのですが、各ドア10人程度以上並んでいました。で、そういえば12分発は特急以外には抜かれない速達だったなと思ったのですが、それだけでは並んでいた人が急行に乗らない理由にはならないなぁと思っていたら、秋津と清瀬で半分程度が一気に降りていきましたw で、前述の通り、練馬で特急に抜かれる以外は一切接続が無い速達各停でしたが、椎名町時点で座席がほぼ埋まる程度で新宿線各停より少ない感じでした。やはり池袋線は各停も優等も本数が多いので混雑が分散するようでした。所沢~池袋は36分で結んでいますが、準急は30分~35分。いかに速達各停が速いかがよくわかりますねw まぁそれだけ速度も上がるので新2000系や3000系だと当たりということになりますねw

この後友人と合流してサンシャイン水族館へ。リニューアル後は2回目です。一部水族館の中も撮ってきたので画像を

DSCF6219.jpg
で、サンシャインの一番目玉らしいこの屋外のところですが、特にアシカの存在感がおおきくw、こうやってガラスの前に座って客をじっと見てるアシカがいたり、水の中にいるほうは一般の客が手を動かすとそれを追いかけて動き回ったり、人なつっこい感じでした。

DSCF6231.jpg
ペンギン。結構多くいました。ペンギンはどこの水族館でも人気なので、ここもある程度人気でした。

この後は特に説明はせず画像のみで・・・(名称分かるものは名称を掲載)

DSCF6233.jpg

DSCF6239.jpg
イワシ

DSCF6242.jpg
ウーディシードラゴン

DSCF6247.jpg
クラゲ

DSCF6248.jpg
マンボウ

すみません、鉄道とかバス以外を撮るのは苦手なので良い画像が一つもないですね(汗

水族館は以上。まぁ基本的に水族館・動物園は結構好きなので楽しかったです。

帰りは友人と別れ西武線へ。ちょうど夕方ラッシュ時でしたが、ちょうど準急の所沢行きが7番ホームにくるということでそれに乗車しました。で7番は降車ホーム無いですが、整列乗車のためにラッシュ時の西武新宿のように降車確認の後にドアを閉めすぐ開けて整列乗車としていました。
来たのは6000系。で、池袋寄りの2両目に乗車しましたがさすがに混雑しましたが、意外と多くの乗客が空席を狙って前の方に移動していくので、乗り切れないほどにはなりません。これは日中もそうで、意外と混雑しません。ただ、6000系なので弱冷房車でしたが…

DSCF6256.jpg
所沢で表示機を撮影。まだ回送になっていませんでした。で、この準急ですが、練馬で副都心線からの快速(東急)と接続したので、そこで3割程度下車していきました。快速が先に発車し1分後に準急ですが、所沢までに6分差になるようです。石神井公園での日中の快急と準急の接続よりもある意味面白い接続ですね。
その後、大泉学園でまとまって下車していき、どんどん混雑が低くなる感じでした。保谷で特急に接続(これもまぁまぁ珍しい)でしたが、ここで前の列車の急病人対応で2分遅れとなりました。

DSCF6257.jpg
ローマ字表示。で2分遅れでしたがお詫びの放送が何度もされていました。以前というか新宿線だと2分程度の遅れでも何の放送も無いですが、やはり池袋線は直通拡大で遅れをなるべく出さないようにしているみたいで。。。自分はそれぐらいの遅れはしょうがないというか、むしろ電車を2分遅れだけで運行できるのはさすがだなと感じますがw
所沢でも新宿線は池袋線を待ちますが、逆の接続はあまり行われなくなりました。

DSCF6258.jpg
回送表記になりました。そして東久留米と清瀬でまぁまとまった下車があり、清瀬~所沢は1両に30人程度になっていました。で、遅れ回復ということでひばりヶ丘~所沢は激しい走行になっていました。最近ひばりヶ丘~所沢で本気な走行をしていることが多く音的には楽しいですw

DSCF6259.jpg
ローマ字表記。ちなみにこの電車の直後に4番ホームに小手指行き、5番ホームに飯能行きが続けて入ってくるので、既に乗車口で並ぶ人が多かったです。やはり通勤(帰宅)時間帯となると所沢以降の利用も多いですね。

DSCF6260.jpg
その後発車していきました。6000系のステンレス車で車内はLCD取り付け車でした。個人的には6000系はこのステンレスが一番良いと思っているのでやはり良いですねw あと所沢行きはやはり楽ですね。でこの準急ですが合計2回抜かれることになるので所沢までは33分でした。

DSCF6262.jpg
その後、西武新宿行きの各停に乗車し東村山へ。新2000系中期車でした。直前に急行があったのと新所沢始発ということで所沢到着時には1両に数人しか乗ってなく、所沢発車後もガラガラで界磁チョッパがよく聞こえてよかったです。ただ放送が大きすぎて放送中に音割れが何度も発生していてホームセンターっぽかったですw

このあと西武バスRAノンステの最新2025に乗って帰宅しました。

サンシャインの件は以上です。

さて、次は…

バスコレ。

DSCF6182.jpg
全国バスコレの第3弾が発売になり、今回は鹿児島交通と新潟交通の標準尺MPノンステ。うち新潟交通の方を購入しました。もうこのMPも4種購入していますが、これ通常の18弾よりも出来が良く、それで中身が見えるのが良い点。既に次の発売も決まっています。

DSCF6184.jpg
後部。増設のランプは新潟交通では採用していないようですね。

DSCF6185.jpg
側面。標準尺ですが、前中間に方向幕がなく長く感じます。そして後ろ側に方向幕があるというしずてつの多くのノンステ車と同じ配置になります。この配置のMPはまだ見たことがありません。ぜひしずてつで見たいなぁと

DSCF6186.jpg
運転席側側面。既に次回の発売も決まっている全国バスコレですが、とりあえずはこの勢いで一通り47都道府県のバスを製品化してほしいですね。今までバスコレと組み合わせの無いバスも登場していますし今後が楽しみです。

DSCF6187.jpg
通常品の新潟交通のキュービックと並び。新潟交通は長尺や珍しいのも結構いるみたいなので、一度見てみたいです。

DSCF6056.jpg
続いて…ポポンデッタ本川越にモノを売りに行ったついでにキハ85のA・Bセットを購入しました。日車夢工房限定ですが、ポポンデッタは名鉄の限定品(これも日車夢工房+名鉄限定)があるように、こちらも販売しているようです。で、当初は買うつもりはありませんでしたが、一応ワイドビュー車ということで購入してみました。実車は・・・見たこと無いです。

DSCF6188.jpg
Aセット・Bセットで4両となります。で屋根の組み合わせでいろいろ異なるようですが、ネット上で調べてみたところ、ひだの編成の中に、先頭の屋根と前面ををAセットとBセットで逆につけると出来る編成があるということでそれにしました。日車夢工房ということもありしっかり造ってあります。個人的に貫通型のほうが好みです。貫通型のほうは2種入っていて、こちらは幌つきです。

DSCF6191.jpg
キハ85-6。非貫通の先頭車です。で、側面表示機もステッカーがありました。この側面の塗装というかスタイルは373系などと似ていてJR東海のワイドビュー車両といえばこの色ですね。

DSCF6192.jpg
キハ84-10。キハは1両で完結できるようでだから様々な連結例があるようです。電車だとこういう感じなことは出来ないので、ちょっと新鮮です。

DSCF6193.jpg
キロハ84-10。グリーン車ということになります。

DSCF6194.jpg
キハ85-1209。元は200番台だそうですが、更新で1200番台になったそうです。

今回、あまり知らない車種ですので評価はしません。最近、このように見たこと無い車種を買ったりしていますが、やはりいつか実車を見たいとは思っています。

DSCF6267.jpg
続いて…前回小田急で新宿に出た際にポポンデッタで購入したE233系京葉線。京葉線といえば205系を持っているので購入。ところでE233系の0番台と1000番台は初販でいきなり定番セットとしての販売になりました。その後も何度も再販されていて、継続していつでも購入できるような体制にしているようでしたが、ここで0番台、1000番台、3000番台、5000番台がほぼ同時に(1000番台だけ1ヶ月早く)発売されましたが、定番セットではない通常パッケージになりました。

DSCF6270.jpg
このように説明書も通常サイズになりました。また、ステッカーも改善され、通常サイズで量も通常になりました。前面のステッカーは行先表示機のみのもあり、切り取って貼るように記載されていました。正直定番セットでの謎な方向幕ステッカー削減は残念仕様だったので改善された点評価できますね。

DSCF6276.jpg
前面。今回は4連のステッカーを貼りました。で、快速成東行きと通勤快速内房線・東金線直通にしました。分割運用ですが、土日は快速、平日は通勤快速になっているそうです。

DSCF6277.jpg
5000番台には側面のドアボタンが無いためそれがない金型を使用しています。家にある1000番台はボタンアリのタイプ仕様なのでこの金型は初めてです。ところで車番が何故か銀色です。

DSCF6278.jpg
パンタつきモハ。通常パンタと予備パンタによるダブルパンタ仕様です。ところで、車番は側面ドアコック?に重なるように貼るとありましたが、現実っぽくないのでずらして貼りました。

DSCF6279.jpg
パンタなしモハ。それにしても車番表記が…w Bトレって結構車番の色ミスが多いんですよね。細かいところですが、時々このように同化してしまいます。

DSCF6280.jpg
先頭。思えばこの運転台が広い構造も見慣れて普通なものですが、「近郊形用」と思っていた中でE233系で通勤車にも採用ということで最初は違和感を感じました。

DSCF6281.jpg
せっかくなので205系と。205系と共存していた頃は京葉線も面白い路線でした。何度か撮影したと思いますが、未だにこの205系が京葉線にいないということの実感が湧きませんね。

DSCF6282.jpg
なんか、ドアボタンなしの金型とボタンありの金型のドア窓が違う気がしたので比べてみましたが…やはりドア窓の大きさに若干の違いがあるようです。どちらかといえばボタンなしの方が実車と似ている気がしますが、まぁどちらでも問題ないですね。

DSCF6284.jpg
で、ドア以外に窓の大きさも微妙に違うようで、これもボタンなしの方が似ている気がします。どちらかというとボタンなしはE231系Bトレの大きさというか雰囲気に近づけているような雰囲気があります。

DSCF6286.jpg
さらに、実は前面にも細かな違いがあり、実車のように5000番台には車体の下のすそ部分が、ホーム検知装置が付いているために窪んでいる仕様になっていますが、目で見て分かる程度なのでこの画像では分かりづらいです。こんな細かいところまで変えています。こういう細かい仕様をかえてくるあたりBトレがおもちゃではなく「鉄道模型」の仲間であることを表している気がします。

じゃ評価
造形のよさ:4
→以前にも評価はしていると思いますが改めて。全体的にやはり出来は良いです。E233系は何故か前面の窓だけ別パーツになっていて、前面パーツに窓をはめ込むパターンになっていますが、これは結局広がりませんでしたね。

説明書の分かりやすさ:○
→定番セットより個人的には分かりやすいです。

入手安易度:4
→一般販売なので、一般販売のBトレを販売しているお店があれば基本的に購入することができます。まぁ0番台や1000番台のほうがよく知られていますが、これもまた再販があるかもしれませんね。そもそもこれはKIOSK限定版で出たもののセット化ですが、こうしたことは是非広げて欲しいです。

シール充実度:3
→まぁ多いとはいえませんが、定番セットからすれば大規模な改善です。正直定番セットで分かりやすさを重視したということのようですが、それで0番台のようにありえない表示だけ入れるのは謎でしたし、今後は減らすことはやめてほしいですね。

部品豊富度:2
→まぁ実車も新車ということもありバリエーションが多いわけではないのでしょうがない部分です。

組み立てやすさ:3
→全体的には良好、すこし削らないと入らない部分もありますが、まぁ許容範囲でしょう。毎度のことですが、連結ドローバー?は旧来のものを使用しています。今のところまだ在庫がありますが、いつかはなくなるので、そうなったらどうしようか考え中です。

以上です。個人的には7000番台や横浜線、南武線も欲しいですね。まぁ埼京線と横浜線は205系も出ているのでそのうち出ると思いますが、南武線もぜひ。ここは思い切って205系、209系、E233系を入れた6両セットみたいなのはどうですかね。Bトレは最近いろいろ販売方法を変えてるみたいなのでそういうのもあると良いかと。

DSCF6269.jpg
最後にネット上で安く南海10000系を購入しました。実は例の500円DVDでこのサザンは7100系と併結することが多いらしく、7100系といえば以前静岡で購入していたので、どうせならということで購入。7100系の方は購入後1年以上放置していますが…ところでサザンといえば新車が出ましたがそれは8000系と併結ということで。。。8000系は南海限定で出ていて自分は買えません(あの鉄道の日イベントなどで並べば買えたようですが)でしたが、まぁコスト削減している車両のようですが、関東っぽくて気になっていますw 
関西私鉄も今まであまり興味ありませんでしたが、最近徐々に興味が出ていますw 特に南海と阪急ということで南海もそれが理由で購入しています。
まぁ7100系同様当面放置になるかと思いますがいずれ組み立てたいと。


と言うことで以上です。今回で夏休み中の撮影などは以上ということで、これから忙しい4ヶ月となります。後期は前期よりも難しいことが多いので不安ですが、まぁなんとかやっていきたいと思っています。

では今日はこのへんで 
スポンサーサイト
12:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

り溜めてあるだけあってしずてつ画像館並にすごい情報量>
広く浅くといいますか、正直撮影画像の質はそれほど良くないと思っているので、そのかわり車両図鑑のように色々載せたいと思った結果、東京へ来たこともありだいぶホームページを拡充させることができました。更新休止が1年ぐらい続いてしまったのでそれ以降の画像が大量にあるので、順次反映したいとは思っています。

トップページの画像をたまに入れ替えていただけると楽しめます>
やはりトップページ画像変更はインパクトがありますか。まぁ1ヶ月に1回以上は更新しなくても差し替えたいと思っています。

さすがに1人で行く気にはならないのであまり行く機会はないですね。>
確かにそうですね。まぁ今回の男2人で行くのもなんともいえない感じでしたが…(汗

無色のガラスよりは日光の入り込みを抑える→温度上昇を抑える効果があるのかなあ>
これ、今まで無色ガラスでカーテンも無かったので、それをより実感できますねw そういえば、以前乗車中におばあちゃんたちが「日差しがまぶしくて暑いけどカーテンとかはだめなのかな」と会話していたので、そういえば西武は無色ガラスでカーテンが無いなということに気づきました。

やはり1番編成に当たるとちょっとラッキーな気がしますね。>
しかも西武最古参というのが良いですね。意外と2001編成には縁があり、結構頻繁に当たる気がしますが、まぁ乗れるうちにたくさん乗っておきたいですね。

導入数は3000系と同じだと思っていましたが>
導入編成は3000系と同数ですが、10両固定とか2+8で登場と言うことで運用の効率化⇒置き換えの可能性もあるかなと予想しています。3ドア専用運用も必要なくなるので。。。それと計画に「まずは3ヵ年で」とあるのが気になってしまいます…w

デビュー当初の30000系はここで初めて見ました。>
そうですか。ちなみに自分は静岡にいる頃に東村山から池袋へ行く際に東村山⇒所沢で見た・乗ったのが初めてでしたね。

やはり池袋線の優等列車に黄色い電車は少ないなあと。 >
そうですね。所沢に各停が来るようになり以前より黄色い電車に乗れる可能性は増しましたが、やはり優等は少ないですよね。

各停というだけで敬遠して最初から優等列車の時刻に合わせて駅に来ているのかな>
そうかもしれませんね。後は「各停=抜かされる」のイメージが定着しているというのもあるかもしれません。

実際にこんな形をしているんだなと。>
大きいですが泳ぎは非常にゆっくりで、壁にぶつかってもなかなか気づかずに強引に進もうとしたり、面白いなぁと思います。本当の海なら壁はないのでもっと自由にゆったりしているのかもしれませんね。

。LCD取付車ということはドアチャイムもずれることなく稼働>
そうですね。もうずれていることのほうが普通なので逆に「おっ」と感じますねw。とはいえLCD取り付けも少しずつ進んでいるので名物のドアチャイムずれも聞けなくなっていきそうですね。

かなり遅れに神経質になっていることが伺えます。>
西武線ってここまでダイヤに厳しかったかな と思うぐらいなので、本当に神経質になっている感じがしますが、まぁ遅れを拡大させないという気持ちが伝わってくる感じがして、これもいいかなとは思いますw

今に始まったことではないですが微妙に気質が違う気がします。 >
そうですね。有楽町線直通だけの時に比べて、新宿線と池袋線の違いが大きくなった感じがしますね。池袋線も良いですが新宿線の落ち着いた感じも結構気に入ってます(沿線ということもあり)

放送が音割れしていたのは珍しいですね。>
実は新2000系は音割れするぐらい大きな音になっていることが比較的多いように感じますw 超更新車でも自動で音量調節する自動放送が大きすぎる音な時もありますし、新2000系の放送装置がそういう性質なのかもしれませんね。ちなみに2000系の後に新2000系にのると音質の違いがよくわかりますが、新2000系のほうが鮮明ですね。

新潟交通お得意の長尺車かと勘違いしてしまいそうです。>
窓の2枚連続は長く見えますよね。新潟交通といえばUDのノンステで長尺があったかと思います。最近では唯一UDが長尺ノンステを製造していたので、UDの長尺は新潟に限らず多いほうですね。

実は新潟市と新潟交通はかなりバス活性化に力を注いでいます>
そのようですね。一度撮影というか見てみたいと思っています。バス活性化といえば静岡県のバスは比較的元気ですよね。

この車両、元西武の日デ7Eではないかと…>
後部の画像が某サイトさんで出ていてみたところ…後部の下のランプが内側によった配置になっているようで、その配置は西武バスの初期7Eに見られる配置ということで元西武バスで間違いないようです。西武バス好きの中には塗り替えて西武バス仕様にする人もいそうです。というよりそのライト配置なら西武バスとしても出して欲しいですw

非貫通先頭車が全室グリーンのキロ85もあります。>
そのようですね。実車を知らないのでバリエーションが多く、Bトレでも部品選択が変わってくるので戸惑いましたw

特に多客期には様々な編成が見られるのが気動車らしい特徴です。>
ということは、これらの編成を全て再現したいという人もいそうですね。意外と人気商品かもしれませんね。

定番セットと通常版との違いがよく分かっていなかったりしますが>
定番セットとは実際書かれてはいないのですが、人気が高いといわれているE231系などのBトレのセットのことで数年前に、箱のデザインが今までとは大きく違い、あまり鉄道に詳しくない人にもわかりやすくして手にとってもらおうということなのか、形式よりも路線名を大きく書いたセットになっていますね。で、説明書も2倍の大きさでわかりやすさを重視したセットでした。おそらく人気でよく知られた電車を売り切れさせずに売ることでBトレを広めるためにやられたものと思われますが、方針が変わったのか、思った効果が得られなかったのか、最近では元に戻っているようで、定番セットは消滅の方向にあるようです(とはいえE233系、E231系はちょくちょく再販されている)。 まぁこういう売り方から定番セットと言われているようですね。

定番セットと言われる商品に限ってステッカーが減らされたのは謎>
おそらく、初めての人がステッカーが多くて戸惑う=量を減らして分かりやすくする という考えがあったんじゃないかなとは思いますが、逆にバリエーションが少なくてつまらなかったですね。今回のように元に戻ってくれてよかったですw

色ミスで貼ると車体と同化してしまっているのが惜しまれますね>
そうですね。何故わざわざ違う色にしたのかなと思いますね。

実際併結相手は7100系か7000系の4連と決まっていますね。>
そうですか。調べてみたら10000系自体が機器流用で、その機器流用された元形式が7000系と同等の機器に更新されていて、実質は車体のみ違う感じのようですね。機器流用ではないですが併結させるために抵抗制御を採用した西武新101系と方針が似ている感じがしますね。

小田急や相鉄のそのまんまJR車両よりは良いかな>
まだ独自性が強くて良いですね。車両へのこだわりや、独自性という面では関西は関東に比べて個性が今も新車に反映されている感じがしますね。今後どうなっていくのか気になりますね。

ところで8000系やサザンプレミアム、1000系なども南海は製品化されていて結構Bトレ化に積極的ですよね。まぁBトレ化といえば名鉄が一番上を行っている気がしますが、他社、特に関東でももっと広まるといいなぁと思いました。

ではまた

HIROKI |  2013.10.06(Sun) 20:51 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。こちらの記事にコメントさせていただきますね。

ホームページ、一部更新を再開されたんですね。これを機にじっくりと拝見しましたが、撮り溜めてあるだけあってしずてつ画像館並にすごい情報量になっていますね。それと駅名しりとりも初めて拝見しました。ほぼ毎日しりとりがずっと続いているのに感心しました。また、触れられていませんが個人的にはトップページの画像が大きく変わったのが一番目を引きました(僕はいつもトップページからこのブログに飛んでくるので、多いときは1日に複数回見ています)。更新休止中でもトップページの画像をたまに入れ替えていただけると楽しめますので、可能な範囲でよろしくお願いします。

今回はサンシャイン水族館に行かれたとのことで、そういえば以前の記事でも一度行かれた報告がありましたね。確かこちらの学校の修学旅行と同じ日だったような… HIROKIさんは水族館・動物園も結構好きなんですね。僕も嫌いではないですが、さすがに1人で行く気にはならないのであまり行く機会はないですね。旭山動物園は数年前に観光地と割り切って1人で行きましたが(苦笑)、名物の行動展示はやっぱり見応えがありました。 あとここ数年の間では友人と伊豆三津シーパラダイス、妹家族が来たときに日本平動物園と掛川花鳥園に行ったことがあります。リニューアルした日本平動物園にも一度行きたいのですが混んでいることもあってなかなか行く機会が…

・西武バスQKC-MP、黒サッシも新鮮ですが着色ガラスというのも新しいですね。無色のガラスよりは日光の入り込みを抑える→温度上昇を抑える効果があるのかなあと。ダイヤは9時台でちょうど通勤時と日中の谷間になっているようですが、それにしても35分は間隔が開きすぎている気がしますね。しずてつバスだとこの時間帯も間隔が変に開くことは(静岡市内では)ないので余計そう感じます。
・新宿線は現役最古参の2000系トップナンバー、やはり1番編成に当たるとちょっとラッキーな気がしますね。30000系、導入数は3000系と同じだと思っていましたが、それ以上に導入されると次は初期の2000系が置き換え対象になるでしょうから、確かに記録するに越したことはなさそうですね。
・所沢駅の飯能寄り、なるほど駅改良で従来の階段がなくなったことですっきり撮影できるようになりましたね。池袋線ホームに2000系6両、これは僕も初めて見ましたが、結構レアな光景ではないかと。ホーム先に見える踏切はHIROKIさん思い出の踏切とのことですが、両線の電車を同時に見られるファンには堪らないスポットですね。僕も西武線沿いを歩いていたときにここで電車を撮ったことがあります。デビュー当初の30000系はここで初めて見ました。同行していた西武好きの例の知人が充当ダイヤを教えてくれ、しばらく待って撮ったのを覚えています。
・準急池袋行き、レアな2000系との離合で良い記録写真になりましたね。先述のとおりこの組み合わせで新旧交代が起こる可能性もあるだけに。この準急が30000系、急行が20000系…やはり池袋線の優等列車に黄色い電車は少ないなあと。
・今回乗車の各停は所沢始発で速達各停、しかも新2000系とHIROKIさんにはベストな列車でしたね。始発の速達各停だから所沢で待つ人が多かったのかと思いきや秋津と清瀬の降車が多かったというのは…でしたが、その区間内の利用者も結構多いんですね。待避が無く準急と所要時間がほとんど変わらない割に乗客が集中しないのも意外といえば意外ですが、慣れた乗客は各停というだけで敬遠して最初から優等列車の時刻に合わせて駅に来ているのかなという気もします(今は簡単に時刻検索ができますし…)。もちろん、各停だけで毎時8本と新宿線より多いので分散しているというのもあると思います。
・サンシャイン水族館、まずアシカがガラス越しに目の前にいるという光景は意外性がありますね。かなり人に慣れているようで…ペンギンもプールで泳ぐ光景は見たことがありますが泳ぐ光景を水槽越しに見られるのは新鮮ですね。イワシは群れをなして泳ぐ光景が圧巻!画像全体で百匹は写っているのではと。マンボウ、イラストは見たことがありますが実際にこんな形をしているんだなと。うーん、一緒に行く人が見つかったらぜひ行きたいです(苦笑)
・帰りはこれまたちょうど良く所沢行き準急、しかも6000系ステンレス車に当たって良かったですね。LCD取付車ということはドアチャイムもずれることなく稼働していたものと。練馬で副都心線からの快速に接続ということで、日中ダイヤの石神井公園での快速急行-準急接続の変形バージョンですね。練馬での接続で混雑が平準化され、こちらはどちらかというと大泉学園・保谷までの利用者がメインになるので、その保谷で特急待避というのも上手いダイヤだと思います。急病人対応が2分遅れで済むなら上出来だと僕も思いますが、少しの遅れが下手すると横浜まで波及する池袋線、所沢で新宿線の接続を待たなくなった話一つとっても、かなり遅れに神経質になっていることが伺えます。新宿線と池袋線、今に始まったことではないですが微妙に気質が違う気がします。
・所沢からの新宿線、見事にガラガラなのは良かったですが、放送が音割れしていたのは珍しいですね。反対に小さくて聞こえにくいことはしばしばありますが。ホームセンターっぽいという例えは分かりやすかったです(笑)

・全国バスコレ、全然チェックしていませんでしたが(汗)新潟交通が製品化されたんですね。標準尺ノンステということですが、第44号記事の立川バス聖おにいさんラッピングエルガもそうだったように前中扉間の逆T字窓が2枚なので長く見え、新潟交通お得意の長尺車かと勘違いしてしまいそうです。ところで側面の経由地表示を見ると上部に「りゅーとリンク」…この路線には乗ったことがあり、懐かしいです。「りゅーとリンク」は新潟市街地を走る基幹バスの愛称、といっても名古屋のように専用レーンがあるわけではなく、高頻度等間隔運転の主に2つの系統で構成されています。新潟市のオムニバスタウン計画で誕生し、専用塗装の10台の車両(UDノンステ・たぶん長尺)と一部一般塗装車で運行されています。またこのオムニバスタウン計画でICカード「りゅーと」(どちらも新潟市街地の昔の呼び名「柳都」に由来)も導入が進んでいて、前面の社章右にあるステッカーがそれの利用可能車を表しています。ちなみにしずてつ同様全国の交通系ICカードの利用も可能で、実は新潟市と新潟交通はかなりバス活性化に力を注いでいます。一方で新潟交通は新潟市内でも長尺キュービックなど古い車両も健在で、しずてつとどこか通じるものがあり(塗色もしずてつの銀バス塗装に少し似ていますし)、HIROKIさんも新潟駅前あたりで(バスターミナルがあって多くのバスがここを始発としています)撮影すると面白いのではないかと思います。
このバスコレ、全国バスコレで石川と高槻の次回発売が決まっているのを見ましたが、それより気になったのは発売予定が今月に延期となっている茨城交通のアニメラッピングバス。アニメはともかくとしてこの車両、元西武の日デ7Eではないかと…
・ポポンデッタで入手のキハ85系、HIROKIさんが特急車かつディーゼル車を購入されたというのが珍しいなとまず思いました。そもそもこの車両が製品化されていること自体知りませんでしたが…JR東海では初めて登場した特急車両で、この車体デザインやワイドビューな窓はその後の373系や383系の基になっていますね。貫通型の方が旧国鉄の特急形気動車に少し似ているので僕もその方が好みです。この4連は今ですと南紀号と高山発着ひだ号に使われている基本編成ですね。グリーン車は中間車・半室グリーンのキロハになっているということで初期製造のタイプですね。非貫通先頭車が全室グリーンのキロ85もあります。そちらはもともと南紀号用に増備されましたが今は富山直通ひだ号用の3両編成に使用されています。キハ85系は基本の編成だけでもこの他グリーン車無しの3連・4連があって計4種類ある上に1両単位で増結することもでき、特に多客期には様々な編成が見られるのが気動車らしい特徴です。製品は造形の再現ももちろん良いですが、側面表示機のステッカーも忠実に再現されているのが素晴らしいと思いました。
・E233系京葉線、そもそも定番セットと通常版との違いがよく分かっていなかったりしますが(汗)、定番セットと言われる商品に限ってステッカーが減らされたのは謎で、今回は通常に戻って良かったですね。ちなみにステッカーを見て、「東金線直通/外房線直通」表示があることを初めて知りました。すると実車では二段書きで「成東/勝浦」表示もされているのかなと。
E233系、ドアボタンの有無で金型を新しく造ったり前面の細かな違い(その存在自体初めて知りました)も再現したりと、相変わらず細かい部分の再現が見事ですね。よく見ると金型の違いでドア窓や窓が若干違って、後から造ったと思われるドアボタン無しの方が一層実車に似ているのも改良の成果かなと。その割に車番ステッカーが色ミスで貼ると車体と同化してしまっているのが惜しまれますね。
・京葉線、205系が一気に消えてしまって大半がE233系になり(武蔵野線直通は別として)、面白みが薄くなってしまった感はありますね。もう少し前の201系もいた時代がさらに面白かった気がします。
・南海サザン10000系、実際併結相手は7100系か7000系の4連と決まっていますね。新車サザンプレミアムの方は8000系との併結と決まっていて、これは機器の違いによりますね。8000系はE231系を一部ベースにしたという関西では珍しい車両ですが、先頭車が電動車となっているなど独自色も残っていて、小田急や相鉄のそのまんまJR車両よりは良いかなと実際乗車してみて思いました。

夏休み中の撮影などは今回の記事分までとのこと、あと1~2週間は夏休みが続くと思っていたので意外に終わりが早いなという印象です。いよいよ後期ということで大変になってくるようですが、時々撮影等で息抜きしながら勉強の方も頑張ってほしいと思います。

それでは、また。
とーます |  2013.09.17(Tue) 00:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/653-4d389f36

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。