2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.18 (Wed)

★2013 第48号★ 追記あり

こんばんは。

台風が朝夜の涼しさも運んできたようで、夕方~夜~朝にかけて涼しくなりました。まぁ台風の被害がなかったからこんな悠長なことを言っていられるわけですが、やはり被害はすさまじかったようですね。。。
地震、台風、竜巻…ここのところ一気に来ていますがそろそろ落ち着いて欲しい…といっても自然を相手に「落ち着け」ともいえないですし、いつなにがおきてもおかしくないということを頭の中にいれておくという感じですかね。

さて、台風が過ぎて快晴となった火曜日、大学で使う文具を購入する為に多摩センターへ。この多摩センターにあるココリアというところ、これ三越と一体となっているショッピング施設ですがそこにある丸善は文具が比較的多くあり、都心とちがいそれほど混んでいないということでそこによく行ってます。とはいっても丸善は本屋なのですが、鉄道・バス系のコーナーがかなり充実しているのでそれも一つの目当てでもありますが…w そういうわけで多摩センターに行ったわけですが、多摩センターといえば京王バスカラーのブルーリボンⅡ 数回挑戦しても現れない強敵?なのですが、今度こそ という思いでバス停も覗いてみました。

DSCF6291.jpg
神奈中バスのQKG-MP。QKG代は書類上QKG以外はフォグランプが透明ガラスなのでそこですぐ判別できます。西武だと黒サッシで新車=QKGなのですが、神奈中ではもっと前の段階で黒サッシへ移行しているので。。。標準尺はやはり短尺より存在感ありますね。

DSCF6297.jpg
神奈中バスのCNGのMP。三菱のCNGは設置場所が独特なので目立ちます。このタイプのMPは背が低いためかやたら車体が長く見えるのが特徴で、長尺のように見えますがこれでも標準尺のようです。

DSCF6300.jpg
京王バスのUAノンステ。どうもUAでナンバー4桁で2000代には違和感があります。どうやらUA以外にミディもナンバーが変更されているようで、多摩センターの京王バスは2000代ばっかになりましたw

DSCF6306.jpg
綺麗に撮れそうだったのでこちら側も。UAもベテランの域に入りつつありますね。でも毎回不思議なのは東京のバスでUAはベテランの雰囲気があるのに、しずてつではまだ新車の雰囲気があることで、別にしずてつがUA以降バスを入れてないわけではないのに不思議な感じです。

DSCF6309.jpg
さきほどの神奈中のCNGのMPの後部。上部のランプが小型ですね。東急とか神奈中で多く採用されたタイプです。今の増設ランプと似た雰囲気があります。

DSCF6317.jpg
お、来ました!京王バスのブルーリボンⅡ。入ってくるところは失敗したのでまずは後部を。この塗装とエルガ車体の組み合わせは以前からありますが、最近しばらく見てないので、なんか「初めて撮影する感」がすごくありますw

DSCF6319.jpg
おっと、待機せず車庫へ戻ってしまうようです。とはいえ、やっと前面を撮れました。バスカラーとこの前面の組み合わせはブルーリボンⅡでは初めてです(中型のレインボーⅡは大量にいますが)。都心にも入り始めていますが、とりあえず初めて撮れてよかったです。また来ることを期待して見送ります。

DSCF6325.jpg
後期タイプのJPですが…ってあれ?こいつは立川駅で撮影していますね。前も同じようなことがMPの復刻塗装でありましたが、立川と多摩センターは結構離れているイメージがあるのでなんか不思議な感じです。

DSCF6326.jpg
路線車じゃないですが福祉センターへのレインボーⅡ。これワンステに見えますが、ツーステップ構造で、リフトが装備されています。まぁタイヤハウスが邪魔になるための措置かと思われます。あとは側面のメトロ窓が特徴的でしょうか。

DSCF6328.jpg
お、神奈中のMP同士が並びました。ここはこういう並びも期待できるのでついつい長居してしまいますwしかも、今のカメラはズームしても結構綺麗に撮影できるので。。。ところで関係ないですが、よく晴れてますねw

DSCF6332.jpg
通常カラーのMPも単独で。個人的に神奈中というと現在はこのノンステのイメージがあります。まぁ結構多く活躍しています。ところで前面「Non -Step Bus」が小さいですねw

DSCF6334.jpg
何故かニーリング(しかも全体的に車高を下げるほう)しているUAとの並び。西武バスでは意外に通常乗降でも使われるときが稀にあるこの車高ダウンですが、多事業者ではあまり見かけません。

DSCF6336.jpg
京王バスのMP。本当にどこにいってもこいつはいますねw 京王バスのこのMPが撮りたくてわざわざここに来たこともありますが、まぁあの時は京王バスはそれほど多く見ていたわけではなかったので…今は西武バスより見ている気もしなくはないですw

DSCF6341.jpg
神奈中MPの後部ですが、実は窓の下部分の両端に増設のブレーキランプがついています。前にも一度紹介しましたが、オプションの上部の増設ランプの設定が無い頃に神奈中が独自で取り入れたものです。視認性は…正直微妙な気もしますw

DSCF6345.jpg
京王電鉄カラーのレインボーⅡ。多摩市のミニバス用のようですが、専用のピンクのバスがいるのでこれは予備車なのかな。といっても前回も見た覚えがあります。

DSCF6348.jpg
前面もズームで。レインボーⅡの電鉄カラーは多摩や豊田や中河原で見た覚えがありますが、他の駅に来たところを見たことが無いので撮影しづらいバスです。

DSCF6354.jpg
京王バスカラーと電鉄カラーの並び。多摩センターは以前は電鉄カラーMPがいましたが、バスカラーMPなどに置き換えられたのでバスカラーが増えた印象があります。もう新車で見られるのは桜ヶ丘や八王子、小金井だけになりそうです。

DSCF6355.jpg
お、ブルーリボンⅡが回送でやってきました。ナンバーが違うのでさっきとは違います。ここのところ数回エルガ系目当てに撮影している気がしますが、裏を返せばそれほどエルガ系の導入が少数になっているということで。。。まぁ今まで増えすぎたのでまぁ一段階おいてくれるのも趣味的には良いことかもしれませんw

DSCF6365.jpg
現在の京王バスの最新鋭の2種が並びました。まぁまさかここでブルーリボンⅡが八王子以外にも入るようになるとは思いませんでした。都心にも導入されていますし、今後はブルリⅡもJPの置き換えとして増えていくものと思われます。ぜひ府中周辺にも導入してほしいです。

DSCF6370.jpg
ブルーリボンⅡ単独で。ブルーリボンⅡは電鉄カラーよりもバスカラーの方が似合っていますね。そういえばJBUS系はホイールの中央が黒という話をしましたが、京王ではMPと同様、普通に銀色で塗装されていますね。なにはともあれ、ようやくこうやってしっかり撮影できて良かったです。

DSCF6379.jpg
多摩市ミニバスの専用車が来ました。全身ピンクである意味目立つ車両です。どうもいちごミルクを想像してしまうのですが…w 一応コミュニティバスだと思うのですが、中央に大きくKEIOと書いてるのでどうなのかよくわかりませんw

DSCF6385.jpg
MPのバスカラーと初代ワンロマ復刻カラーが前後ずれて停車。復刻の方はまだ時間があるのか、前が空いても移動してきませんでした。それにしてもこのタイプのMPが増えました。

DSCF6390.jpg
復刻塗装を単独で。この程度のズームをしても余裕なのがこのカメラを気に入っている理由でもありますw まぁそのかわりいろいろ楽しい機能が省略されているようですが、まぁその「楽しい機能」は使わないので…w うーん、この塗装は何度か撮影しているのであと1種の西東京バス風カラーも押さえたいのですが、この辺にはいないのかな。

DSCF6391.jpg
と、その前方に神奈中バスが入ってきました。銀サッシのMP標準尺ですね。神奈中といえば最近、限定バスコレを2弾続けて出していましたが、これも全国バスコレのほうで欲しい車両です。神奈中といえばこれまで一切バスコレが出ていませんでしたし、期待します。

DSCF6396.jpg
っていうわけでこういうMPだらけの状況になるわけですw 実はこれ以外にも向こうにバスが停まっていましたが1台を除いてみんなこのMPでしたw 今の多摩センターというか今の東京・神奈川・埼玉の状況を象徴している気がします。それにしてもすごい繁殖力?ですw

DSCF6400.jpg
これを撮影して撤収。何の変哲もないMPのようにみえますが、これバスカラーでの導入車の最初期にだけ見られる扉上が青色になっている車両です。導入すぐに変更されたようで、これは数台のみの模様。まぁ黒のほうが似合っていますねw

以上です。久しぶりの平日更新でした。学校開始まであと1日。ついに始まります。まぁ休み中は暇だったので良かったような、また激動の4ヶ月になるので悪いような… まぁなんとかやっていきたいと思います。

ではまた

追記~

木曜日に東京ビッグサイトで毎年開催されてる福祉機器展に行ってきた際の道中の画像が少しあるのでここで掲載します。

DSCF6404.jpg
行きはバスですが、形式上QKGのMPノンステ2372でした。8時台最後のバスで今日は7~8分ほど遅れていました。まぁこのダイヤは駅で前のバスと諏訪町循環と合わさるので、所定位置に停車するまで時間がかかります。でもあの前回のダイヤ改正で2台並ぶようになって、折り返しの時間に間に合わず駅発車時点で遅れるということが、この朝の時間帯は減りました。ところで、これ、バスロケには何故か「ワンステップバス」と表記がw ワンステが積んでいたバスロケをそのまま流用するとこうなっていたりするようですが、以前はしっかりノンステと出ていたような…? まぁよく分かりませんが、どちらでもまぁバリアフリーには対応しているので、まぁ大きな問題ではないですね。

DSCF6406.jpg
この後ちょうど来た準急に乗車。新2000系4+2000系6の標準的な編成で、2000系に乗車。途中小平で、通常は拝島線からの急行発車後に到着するようですが、その急行が途中で安全確認をした影響で遅れ、ほぼ同時に到着。軽く接続になりました。といっても放送もなく(まぁ混雑集中と遅れ拡大を避けて放送がなかったものと思われますが)、気づいた人が数人乗り換えていました。この影響で田無まで後追いになったので西武新宿には3分遅れでした。ただ、急行が遅れたためか、田無・上石神井の乗車がすこしだったので準急には珍しく急行より空いていてラッキーでした。ちなみに上石神井~高田馬場は制限速度ぎりぎりでの運転で、いつもより揺れが激しく西武線っぽくない感じでした。

DSCF6409.jpg
西武新宿に到着すると2000系トップナンバー編成がいたので撮影。現役36年目ということですが、希望としては40年まではこうやって第一線で活躍して欲しいなぁというところ。3000系以外にも3年間で置き換えがすこしあるのではないかという見方が西武好きの間ではあるようで、ちょっと心配はあります。

DSCF6412.jpg
このあと、台風でよく映像が出る新宿駅南口に移動し埼京線へ。ちょうど205系の大宮行きが停まっていて表示機が近くにあったので撮影しておきました。E233系は3色じゃないので205系と引退=これも見られなくなります。

DSCF6413.jpg
「埼京線」。それにしてもやはり「置き換え」られている感が無いのがJR東らしいというかなんというか。その置き換えられている感が無い間に大量に新車が製造され、いつのまにか消滅しているということがありますw

DSCF6416.jpg
新宿駅は大規模な再開発がずっと続けられており、ここの1番線から見える工事現場も何回も見ている気がしますが、新宿駅前でこんなに大きく空き地というか建設現場があるというのも再開発時にしか見られません。

この後りんかい線直通新木場行きで国際展示場へ。205系でもE233系でもなく70-000形でした…よくあたります。ただ、今回は初めて機器更新車に乗りました。で、「どうせE233系と一緒だよな」と思ったら、最初の音だけ同じでその後は結構音が大きく、どちらかというとE231系と似ている音に変化するという仕様でちょっと驚きました。で、りんかい線内は地下なのに結構飛ばすので音が大きくなっていました。

ここからビッグサイトまでは徒歩でいけますが、国際興業バスの路線車を使った無料送迎バスがあるということで、せっかくなので乗車してみました。新車のエルガノンステでMTなのでQPG代だと思う車両でした。国際興業は今までもほとんど乗った事が無いバスなのでシャトルバスとはいえ乗れてよかったです。ドアが閉まる際にチャイムと音声が入るというところとか、国際興業は今でも内蔵型スロープ採用のようで久しぶりにエルガ内蔵スロープをみたりとかいろいろ面白かったです。エルガはシフトチェンジの音がはっきりしているのですが、久々の乗車なので懐かしい感じがしました。で、車番は5404だったと思いますが希望ナンバーで車番と同じ番号になっていました。ただそれより前のは普通のナンバーだったので最近からということのようです。

帰りも国際興業バス使用の送迎バスに乗車しましたが、途中片側3車線ぐらいの道を大胆にUターンするなど、あまり味わえないことが味わえました。で、撮影はできませんでしたが、都営バスのエルガハイブリッドやKM観光の浜松町行きMPも見ることができました。どちらもいつか撮影したいところ(KMのほうは撮影しようとしたところで発車していきました)

DSCF6418.jpg
戻りも新宿からでも良かったのですが、そういえば新木場に行けば有楽町線があるということを思い出し新木場へ。2駅ですが205系が来てくれました。短い区間ですが乗車できて良かったです。

DSCF6419.jpg
折り返しは大崎行きのようですが、表示機を撮影。「りんかい線」の方も撮影できて良かったです。

DSCF6421.jpg
「大崎」表示。日中だとりんかい線区間運用でないと見ることができない表示です。

DSCF6424.jpg
その後メトロへ移動。3本後に小手指行きがあるようだったんでそれを待つことに。ところでこれ当駅どまりの1番線にありました。この「電車がきます」の表示機懐かしいです。いつの間にか減ってきているようですが、地下鉄というとこの表示板かな。

DSCF6427.jpg
小手指行きは西武6000系でした。有楽町線で西武直通といったら個人的に6000系が一番当たり(有楽町線で東武方面なら9000系ですが)だと思っているので良かったですwコレに乗ると地元に帰ってきたという感じがしますw

DSCF6429.jpg
小竹向原で副都心線からの和光市行きに接続、練馬で準急と豊島園行きに接続、ひばりヶ丘で快速急行と接続。メトロ線内で何故か1分遅れになりましたが、練馬では準急はこの小手指行きの4分前に発車(接続して)のようですが、接続の為に数分遅れ⇒そのあと豊島園行きがすぐ来ますがそれとの接続をしたので、練馬で2分遅れとなり発車。ただすぐ直後に準急がありこれが石神井公園で快急接続の為石神井公園で待避線に入る関係もあり、途中3駅に急いで停車。石神井公園では事前に転線して優等線側にはいって停車していましたが、既に準急の放送がなっていました。で、ひばりヶ丘までも急いだ運転となっていました。
さらに、ひばりヶ丘で接続が遅れたので快急が発車して30秒しないうちに発車し、その後はギリギリまで加速して減速するという激しい走行をしていましたが、結局所沢でも回復できずすぐ発車していきましたw 本当に忙しいダイヤですね。
ところで6000系ですがおそらく改正後から西武線内でも高加速設定に変更されてたみたいです。変調が早くなっている感じがするので。。。

DSCF6430.jpg
この後新宿線ですが、夕方前まで所沢~本川越で運転見合わせになっていたため、数分遅れていました。乗ったのは国分寺線直通の国分寺行きでしたが、やはり出来る限りつめた運転をしていて、東村山のポイント通過時も西武らしくないぎりぎりの減速をしていました。車両は2000系です。

DSCF6431.jpg
この日は乗った西武線3つとも数分遅れるという状況で、ある意味珍しい状況だったかもしれません。まぁ遅れるのは良いとは言えないかもしれませんが、そのおかげ?で音鉄的には面白い状況でした。
この後はRAノンステで帰宅しました。

以上です。福祉機器展は去年に比べて技術が明らかに革新している商品が多く単純に楽しめました。

ではまた
スポンサーサイト
23:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

信楽高原鐵道の被害>
どうやら廃線の可能性も否定できないほどの被害になってしまったようで…最近こういう天候による被害がきっかけで廃線の危機(あるいは廃線)になることが多く、これ以上災害は起きてほしくないですね。。。

トラブル続きのJR北海道。こちらは明らかに人災ですね。>
そうですね。まぁ北海道は赤字路線が多いようで経営も難しいのかもしれませんが、だからといって鉄道のトラブルが増えても仕方が無いということではないので、しっかりしてほしいですね。と思ったそばから速度超過ですね…もうこれ以上トラブルは起こしてもらいたくないですね。

ワンステ車がまとまって入るようになったのも意外です。>
確かにそうですね。やはり路面の段差などからノンステが走れないとか、混雑対応とかいろいろな面がありそうですね。となると今後はワンステも増えていくのかもしれませんね。

遠鉄の勢いに陰りが見えてきているようで気になります。 >
たしかに遠鉄はいろいろな面で他の地方バスの先駆的なことを行っていたので、その状況は気になりますね。

その場所も未だによく分かっていなかったりします>
どうやらその店舗の先にあるようですが(それらしき施設が見える)、実は自分もそれほど知りませんし、多摩センターが結構使えるということも去年初めて知りましたね。

三菱は中央部、何か構造に違いがあるのかなと。>
確かに気になりますね。三菱はもうCNGを製造しなくなってしばらく経っていますし、今後は減る一方になりそうで、撮影しておくにこしたことはないかと思っています。

まさか全て転属車でもないでしょうし、>
車番も以前からいた車両のようで、やはりナンバーだけ変えていますね。京王バス内でも移籍するとナンバーが変わるのかなと思いましたが、他の地区の転属車はそのままですので謎が深まる一方ですw

確かにしずてつのUAは古さを感じないですね。 >
それだけ綺麗にしているということなのかもしれませんね。ちなみに東京でも車体更新がある西武や関東バスUAはまだ綺麗ですが、京王は特に更新は無いようなのでベテランの雰囲気が特に出ている感じがしますw

確か25年前導入の車両で、まさか今でも走っているとは思わず>
東京都市圏の12年の倍を超えていますねw 焼津周辺も静岡市内のツーステの後期導入分(ノンステ直前までという意味)が続々と転属してきたので懐かしい車両も減ってしまいましたね。転属といえば、焼津には以前からブルーリボンがいましたが、岡部というか藤枝でブルーリボンが増えたときは違和感がありましたねw

しかし都心部にも導入されているとは初めて聞きました。>
新宿駅に乗り入れていますね。元からMP中心でしたが、まぁ多少日野レインボーノンステが入っていたのでその縁ということかもしれませんね。

府中・小金井へのブルーリボンⅡ登場もあり得るかも。 >
府中にはまだエルガと全く同じライトだった
ブルーリボンⅡがいたので、新車導入もありそうですね。小金井にも入ってくれると自分として嬉しいのですがw

なるほど車内全体をなるべく広く平面にするにはツーステップ車が最適>
これ、以前スクールバスの乗務員さんが教えてくれ「なるほど」と思いました。ノンステだと特に段差があり中扉以降は車椅子では乗れず、ワンステでも段差があるタイプがあるので、タイヤハウスも小さくなり車内に段差がないツーステにしていることが多いそうです。神奈川とかだと特定車にノンステを入れることもあるようです。

メーカーの標準仕様で付いているものでしょうかね。>
たぶんそうだと思いますね。しずてつでも車椅子利用時に運転士さんによっては全体的に車高を下げることがありますね(まぁ通常のニーリングもあまり存在を知らない運転士さんが多いようで、わからずに使っている可能性もありそうですが)。確かJPとMPノンステで見たことがあります。

それで前面に「KEIO」の文字が入っているようです。>
そうですか。どちらかというと一般路線バスに近いシステムなんですね。

個人的には(既にシリーズで登場していますが)先述の呉羽ボディとキュービック>
呉羽ボディは神奈中限定バスコレで最近出ていましたね(すごく人気だったようですが)。出来ればどこでも手に入る全国バスコレでも何か登場してほしいですよね。キュービックも自分も欲しいです。

十数年前もそうでしたので(神奈中に一部他メーカー車がいた程度)昔に戻った>
MPノンステは同じくMPノンステに置き換えられ、それ以上に導入されている感じがするので、確かに元に戻ったといえるかもしれませんね。

平日開催にも関わらず大規模な展示会だったんですね。>
そうですね。一般客から企業の営業マン、さらには海外からも見学や、商品紹介などがありますね。静岡の企業も出展していますね。あとは自動車メーカーや住宅リフォームのメーカーなど本当にいろいろな業種から来ていて、単純に楽しい展示会でもあるかなと思います。

「スロープ付きバス」1種類で良いのでは?>
確かに一般にはそれほどノンステとワンステを区別する必要もないのかもですね。ちなみに国際興業では貸切兼用車はバスロケで「ワンロマ」と表示されていました。果たして一般のお客さんは分かっているのか気になりますw

じわじわ置き換えるのが東日本流のようですね。>
確かに期間は短いですがその中ではじわじわと置き換えていますね。逆に「いつのまにかなくなっている」という感じですかねw その埼京線もいつのまにかE233系のほうが多くなっているようです。

留置箇所がパンクしてしまうという事情もあるのかもと、>
そうですね。このじわじわ置き換えでも留置箇所が足りないために、遠くまで疎開されるのが東日本の名物になっている気もしますねw

房総半島で活躍中の209系と機器は違うのでしょうか…? >
うーん、どうなんでしょうね。房総半島のやつに乗ったことがないのでなんともいえませんが、同じものなのかな。

エリア的には完全に都営バスなのに国際興業バスが来た>
ちなみに去年も国際興業バスが出ていました。ノンステだけではなくワンステも一部運行されていました。復路は大きな通り(片側3車線ぐらい)をゆっくりUターンしていて、これ撮影したら画になるなぁと思いましたw

練馬2分遅れが所沢まで響いたとは、本当に余裕のないダイヤ>
そうですね。有楽町線も副都心線もいつも1分程度遅れが発生しているようで、表示機の発車時刻と現在時刻がずれていることが多いですね…さすがに複雑な運用の上に副都心線はワンマンというのが大変そうです。有楽町線ももしかしたらワンマンになるかもしれませんが(ホームドア設置完了すれば)、定時運行できるのかちょっと不安もありますね。

それが現実に可能だったことが分かりました。 >
同時刻表示…西武は知りませんが以前京急で見たことがあります。京急はかなり閉塞区間が短いので可能なわけですが、西武も結構がんばってるなぁと思います。ちなみにこの退避、車掌さんは「発車まで1分半ほどお待ちください」と言っていましたが、本当にそれぐらいで出来ていたかもですねw

ではまた
HIROKI |  2013.10.07(Mon) 21:34 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。コメント書きが特に平日に自分の思うように進まず、心苦しく思っています。少し遅くなりましたが、こちらの記事にコメントさせていただきますね。

台風18号、こちらの学校では幸い被害は出ませんでしたが、滋賀県内の京阪京津線や信楽高原鐵道、東海地方でも飯田線の一部と、鉄道にも甚大な被害が出てしまいました。これ以上災害が起きないで欲しいところですが、おっしゃるようにいつ起きてもおかしくなく、備えを怠らないことが肝心ですね。
一方、貨物列車の脱線事故を機に要補修線路の多数放置が明らかになるなどトラブル続きのJR北海道。こちらは明らかに人災ですね。僕もたまたま9/21からの3連休に北海道へ出掛け、脱線事故現場付近のバス代行を経験してきました。僕の乗る特急列車から運行再開予定だったのが、復旧遅れ(補修は終わったが国交省の許可が下りなかったとJRの説明あり)で急遽バス代行となり、JR社員はひたすらお詫びを繰り返していました。僕自身の行程には大きな影響が出ませんでしたが、その後明らかになった安全を揺るがす事態…地元紙は連日一面トップで報じていました。様々な原因が背後にあって、立て直しは容易でなさそうに見えます。特別保安監査でどこまで実態が明らかになるか、国交省がどんな業務改善命令を出すか、それに会社がいかに応えていくか。注目していきたいと思います。

最近いただいたコメント返信の中にありました遠鉄バスのAT車は?というご質問、僕も遠鉄バスの近況はよく知らなかったのでこの機会にファンサイト等で調べてみました。一昨年LKG-MPの長尺ワンステが2台、昨年QKC-MP(←画像があり、フォグランプ透明でした)の長尺ワンステが6台、それぞれATで導入されているようです。最もエルガ系もそれ以上の台数が導入されていて、AT一辺倒では無いですね。それと遠鉄に長尺MPがいたとは知りませんでした。また、昔はノンステ台数の多さを誇っていた遠鉄ですが、ワンステ車がまとまって入るようになったのも意外です。さらに今年の新車(エルガ)ではハイバックシートも廃止され標準仕様座席になっているそうで、ダイヤ改正の度に減便が行われていることも含め、地方バス事業者として先駆的役割を果たしてきた遠鉄の勢いに陰りが見えてきているようで気になります。

前置きが長くなりましたが、まずは記事前半の多摩センター撮影について…
・多摩センター、駅前にショッピング施設が色々あるようですね。如何せん駅かバスターミナルしか知らないもので、どんな店舗があるのか全然知りませんでした(汗) 駅前には某テーマパークもあるようですが、その場所も未だによく分かっていなかったりします。丸善、静岡でも新静岡センター時代からあって、当時は文具売り場もありましたね。鉄道の本も比較的多く僕も時々行った覚えがあります。今は新静岡セノバにあって市内書店随一の売り場面積を誇っていますが、文具は扱ってないですね(東急ハンズで売られているので)。
・MPノンステは現在製造のワンステベースのタイプとかつて製造のタイプで屋根高さが全然違うのが面白いですね。CNGのガスボンベ、屋根強度の関係か他メーカーのノンステは前輪の上に配置しているのに対し、三菱は中央部、何か構造に違いがあるのかなと。白いガスボンベ部が中央にあって車体全体が水色なので、富士山を連想してしまいました(笑)
・UAで2000番台は確かに「えっ?」と思います。希望ナンバーを取得したわけでもなく、まさか全て転属車でもないでしょうし、ナンバー再取得の意図がよく分からないですね。もしかしたら新車に見せるためとか?東京ではベテランなのにしずてつでは新車の雰囲気…確かにしずてつのUAは古さを感じないですね。
話が逸れますがしずてつつながりで1つ…今日(9/30)出張で焼津に行きバスに乗りましたが、来たのがなんとかつて県立総合病院線(当時)用に導入された24-59号車。HIROKIさんも好きな車両だったかと思います。確か25年前導入の車両で、まさか今でも走っているとは思わず、嬉しかったです。
・今回はずっと狙っていた京王バスカラーのブルーリボンⅡを撮影出来て良かったですね。似た塗装の旧多摩バス塗装を以前見たためか、僕はそれほど違和感を覚えませんでした。むしろおっしゃるように電鉄バスカラーよりもこちらの方が合っている感じも受けます。しかし都心部にも導入されているとは初めて聞きました。京王の日野車=八王子という昔の常識が頭にある僕にとってはそちらの方が違和感大ありです。すると京王はMPとブルーリボンⅡの二本立てで新車導入を進めているわけですね。府中・小金井へのブルーリボンⅡ登場もあり得るかも。
・福祉センターへのレインボーⅡ、路線車以外の車両がバスターミナル内へ入るのも珍しい気がします。京王電鉄バス受託が故に入れるのかなと。利用する側には便利ですね。自家用バスですと今もツーステップ新車がありますが、なるほど車内全体をなるべく広く平面にするにはツーステップ車が最適ですね。メトロ窓もスロープ付き路線車ではほとんど見られないので珍しく感じます。
・神奈中通常カラーのMP、HIROKIさんにとっての神奈中のイメージはこれなんですね。確かにブログ画像にはこのタイプの車両がよく登場しているような…十数年前によく乗っていた僕の場合は、一番が呉羽ボディのエアロスター、二番が三菱ボディのエアロスター、次がキュービックです。全般に三菱主体なのは今も昔も変わらないですね。
・ニーリング、路線車のそれというと片側だけ下げて車体が斜めになる方のイメージが強く、全体的に車高を下げる方はその存在自体忘れていました。使う・使わないは別としてメーカーの標準仕様で付いているものでしょうかね。それならばたまたま運転手判断で使っていたとしても不思議ではないですが…
・神奈中MPの後部窓下の増設ブレーキランプ、努力は買うものの、やはりランプ自体が小さいのと付いている場所の意外性から、正直目立ちにくいかなと思いました。夜になれば多少なりとも目立つかもしれませんが。
・レインボーⅡ、他で見たというのが比較的マイナーな駅前ばかりなのが中型車ならではかなと思いました。多摩センターでは多摩市ミニバス用に使われ、他の一般路線は大型車というのも需要の多い郊外ターミナルらしいですね。地方ですと県庁所在地のバスターミナルでも中型車ばかり来るところも珍しくないですので。
ちなみに多摩市ミニバス、ウィキによるとコミュニティバスといっても自治体は費用補助だけで管理運営は京王バス南が行っていて、それで前面に「KEIO」の文字が入っているようです。運賃も他の京王バスと同様です。さらに専用車が中型車ですので(昔は7m車だったようですが)「ムーバス」あたりと違ってより一般バスに近い感じですね。個人的には「ミニバス」という名前にちょっと違和感が…
・神奈中のバスコレ、そういえば全国バスコレに登場していませんでしたね。個人的には(既にシリーズで登場していますが)先述の呉羽ボディとキュービックが出ればなあと。
・MPだらけの多摩センター、十数年前もそうでしたので(神奈中に一部他メーカー車がいた程度)昔に戻ったともいえますが、ここ数年のMP大躍進を象徴する光景ですね。ここから多摩線で行ける新百合ヶ丘も、以前の撮影行では見事なエルガオンリーぶりに閉口されていましたが、今行けばMPも見られるかもしれませんね。
・京王バスカラーの扉上だけ青色バージョン、見慣れないせいもありますがその部分だけ変に浮いている感じで、これは通常版の方が良いかなと僕も思いました。

続いて、記事後半の東京ビッグサイト行きについて…
福祉機器展、その存在自体初めて知りましたが、主催者ホームページを見ると今年は585社出展・3日間で12万人以上来場と平日開催にも関わらず大規模な展示会だったんですね。仕事柄一部の機器を見ることがありますが、こうした機器展を通じて技術革新が進み、より高度な・より使いやすい機器の開発や普及が進んでいくと良いなと思いました。
・行きのバス、ノンステなのにバスロケには「ワンステ」…こういうことがあるんですね。確かにどちらもバリアフリーには対応していて大きな違いではなく、むしろノンステとワンステを区別して表示しなくても「スロープ付きバス」1種類で良いのでは?という気がします。ちなみにしずてつのバスロケは低床バスか否かという区分になっていますね。
・その後の準急、遅れの影響で上石神井~高田馬場間が珍しく速い走りだったようで、速度制限が多く高速走行とはいかなかったのではと思いますが、迫力ある走行を楽しめたのはラッキーでしたね。
・3000系以外にも置き換えが?…第47号記事でもそんな話が出ていましたね。30000系の導入数次第では現実味を帯びてくる話かなと思います。
・埼京線205系、いつの間にか数を減らしつつあるようで、JR東海在来線のように一気に置き換えるのでなくじわじわ置き換えるのが東日本流のようですね。車両数が多いので新車も徐々に投入しないと留置箇所がパンクしてしまうという事情もあるのかもと、ふと思いました。そんな205系、りんかい線内2駅とはいえ今回乗れて良かったですね。折返しは大崎行き…やはりりんかい線内列車にも入っていますね。平日は70-000系のJR線内折返し運用も多いのでその代わりかも。「りんかい線」表示は初めてじっくり見ました。JR車が私鉄線内のみ列車に使用されるケースも地下鉄は別として珍しいですね。
・70-000形、少し前の池袋での撮影時といいこの頃縁がある車両ですね。機器更新車、房総半島で活躍中の209系と機器は違うのでしょうか…?
・駅~会場間の無料送迎バス、エリア的には完全に都営バスなのに国際興業バスが来たというのも面白いですね。国際興業バスは僕もしばらくご無沙汰ですので、記事中で紹介のあった特徴が全車両共通か否かは分からないです(汗)
・メトロの「電車がきます」表示機、僕もよく見ました。確かにメトロで特徴的な表示というとこれですね。今はホーム上にあるLED式表示機に接近情報も含め表示できるのでそれに代わる形で数を減らしているようですが、このホームは新木場止まりしか入らないホームなのでこれで十分ですね。
・新木場~所沢間乗車の小手指行き、練馬2分遅れが所沢まで響いたとは、本当に余裕のないダイヤになっているんですね。ひばりヶ丘での快急と30秒違わずに発車というのが特に凄まじいというか、それが可能というのが驚きです。どれだけ短い閉塞区間になっているのかなと。以前のダイヤでは所沢の下りで特急と待避列車が時刻表上同時刻発という、よそ者には目を疑うダイヤがありましたが、それが現実に可能だったことが分かりました。
・一方、新宿線は一時運転見合わせになっていたとは。HIROKIさんの乗る頃に数分遅れで済んでいて良かったですね。数分遅れ自体は珍しくないにしても、特に新宿線でどの列車も回復運転で飛ばしていたという状況は今回初めて聞きました。音鉄的には楽しめましたね。

それでは、また。
(伊豆急編へのコメントは今週末までお待ち願います)
とーます |  2013.09.30(Mon) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/654-85a1c4f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。