2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.10.27 (Sun)

★2013 第55号★

こんばんは。

台風27号は最初はとんでもなく強いといわれていましたが、ある程度威力が下がり(といっても「強い」ですが)、日本に近づいてからは加速したことや、東京ではだいぶ海側にそれたこともあって、雨は長く降ってましたけど、それほどひどくならずに済みました。それにしても今年は10月は何個も来ましたね。ほぼ毎週のように台風…もうさすがに今年は終わりかな…と思ったらまた台風が出来そうらしいですね。もういい加減終了してもらって構わないのですがw

で、日曜日も当初は雨となっていたのですが、土曜日に完全に離れていったので台風一過の青空ということになりました。この日、西武バスでは西武バス感謝祭、関東バスではフレンドまつりというイベントが行われましたが、西武バス感謝祭に行ってきました。まぁどっちも行ったという人も結構いたようですがw 関東バスも唯一残っているRNチョロQが展示されたりしていたようですが、まぁ西武のほうに行ってきました。
前回は、新7Eツーステ・エルガツーステ・7E3扉・キュービックワンステというまぁ完全にバスファン向けな展示で楽しかったのですが、今回は・・・個人的には子ども連れや一般向けを意識しているなと感じる展示でした。まぁおいおい紹介していきます。

DSCF7194.jpg
行きはMPワンステ。約10分程度の遅れでやってきて、運転士さんが遅れを謝っていましたが、10分遅れなんてのは普通なので、逆に変な感じがしました。まぁ道的にも信号が多く、右折車線がないところばかりでそういう車との兼ね合いもあってどうしても遅れやすい路線ではあります(日と時間によっては2倍の時間がかかることもある)。

DSCF7195a.jpg
本川越行きを待っていると国分寺線が入ってきたので撮影。ちょうど3000系でした。国分寺線の3000系も危ないので、撮影しておく必要が。地元路線に3000系ということで嬉しかったのですが、もう消えてしまう可能性が…

DSCF7197.jpg
こんな光景も見られるうちに…意外とこういう画像も後からもう1度みると意外と撮っておいて良かったなと思うことがあるので…ただセンスも何も無いので、他の方が風景とかっこよく絡めて撮影できるのがうらやましいところです…w

DSCF7198.jpg
新2000系中期車の8連がやってきました。1駅ですが界磁チョッパ。この1駅は意外と距離があり速度を出すので意外と面白い区間かな。特急のあとだと後追いノロノロになってしまいますが…

所沢では乗り換えでホームを移動するとちょうど飯能行きが来たので乗車。ちなみに次の電車が「8両3ドア」とあったのですが、6000系だったのでそのまま乗車。途中、小手指の車庫で新車の30000系10両固定編成が留置されていました。10両固定は初ですが、番号も「30101」になって、初めて千の位が0の編成が来ました。ということは、飯能よりは「30001」。トップ編成じゃないのにトップナンバーということになりましたw

DSCF7201.jpg
飯能で乗客が降りたところで車内を撮影。座席が青いので黄色い電車とは雰囲気異なりますが、床の灰色は101系~3000系まで採用されていたことや、戸袋窓などで西武らしさが結構入っている形式です。

DSCF7204.jpg
乗車編成は6050系アルミ車の西武100周年×NACK5 25周年ラッピング車。急行で来た飯能行きで、そのまま線内運用の準急で折り返し。線内運用では表示機右端の列番は表示されません。最近は直通運用増加で列番有り ばかり見るので違和感が。

DSCF7212.jpg
広告条例の関係か、100周年ラッピングですが比較的地味かなという印象を以前から持ってます。

DSCF7217.jpg
この編成はまだLCDになっていない編成です。そのためドアチャイムが開ききってから鳴る意味なし仕様のままになっていますw

この後は駅を出て美杉台ニュータウン行きのバスに乗ります。エルガノンステですが、比較的音が大きくて良い感じでした。で、本数は多いのですがちょうど20分間が開いていたようで、イベント客、一般客合わさってかなり混雑していました。

DSCF7218.jpg
会場につくと早速試乗用のエルガハイブリッドが試乗する人を乗せて発車していきました。おっとこいつは武蔵小金井でも見ることが出来る滝山の車両ですね。整理券をもらえば乗車できるとのことでしたが、自分はパスしました。

DSCF7224.jpg
今回の目玉?のいわゆる「三角バス」。以前から保存されているようですが、今回はじめて見ました。確かに上部が細くなっていますね。こいつはいすゞ製のようです。小さいですが目立つ形していますね。

DSCF7232.jpg
紹介もありました。狭いトンネルを通す為のスタイルで、最初はボンネットバスに始まり、最後がこの4代目のバスだそうです。A6とありましたが1966年式ですね。ステップも非常に高く「昔のバス」って感じがしますね。

DSCF7235.jpg
後部。こっちはボンネットバスと同じスタイルなのかな。前面は角ばっていますが、後部は丸っこいですね。あとバンパーがレトロですかね。

DSCF7239.jpg
軽井沢からやってきたらしい西武高原バスのローザですね。後部にリフトを備えた車椅子対応のバスになっています。

DSCF7245.jpg
前面。長野ナンバーというところが、この辺のバスではないということをアピールしていますね。ローザのレトロ風バスで、静鉄の3色と良く似たスタイルです。ただ、マイクロバスなせいか会場内では一番人が少なく、ちょっとかわいそうな感じでした…

DSCF7247.jpg
共同運行会社ということで新潟交通の高速バスが展示されていました。こちらは意外と注目されていましたが、うーん観光タイプなのでどうも興味があまり…

DSCF7249.jpg
飯能営業所の構内なので留置車両も見れます。前回に比べて路線車が少ないので、どうもこっちに目が行ってしまいましたw エルガが4台並ぶという埼玉的な並び。

DSCF7252.jpg
奥にはQKG-MPとエルガミオもいました。エルガが多いですが、大型の新車はほぼMPに統一されているので、埼玉でも徐々に増えています。

DSCF7264.jpg
さて、展示のバスに戻ると、去年目玉だった新7Eツーステも展示されていました。西武総合企画で特定車で活躍しているようです。去年も展示されていて、そのときはまだ路線車引退直後で方向幕もあって注目されていましたが、これもあまり人気が無い感じでした。貴重な車両なんですが、ファン以外には貴重には見えないですかね。

DSCF7270.jpg
その横にはエルガハイブリッドがいましたが、前面部に人が大勢いたので側面のこんな部分を。ハイブリッドでは以前も紹介しましたが、ここに蓋が3つもあります

DSCF7271.jpg
営業中はなかなか近づけないこの部分。近づいてみてもやはり違和感がほとんどありません。ただすこしとはいえここがデッドスペースとなると、特に混雑路線では通常のノンステよりも定員が少なくなるのがちょっと難点かな。標準尺にするとちょうど良いかもしれませんね。

DSCF7275.jpg
ナンバーを抜かれた新7Eワンステ。この横でグッズが販売されていたので、日除けのためか倉庫用のためかここに置かれていました。個人的にはこっちを展示して欲しいですがw

DSCF7277.jpg
留置中のフルフラットタイプのエルガ。窓が無いので若干重そうには見えますが、あまり目立ちませんね。この車両も既に11年目でいつ引退してもおかしくない世代に入ります。

DSCF7291.jpg
さっきのエルガハイブリッドの前に人がいなくなったので、撮影。上石神井に導入された車両ですね。まぁ今回は試乗会もあるとのことだったので、絶対展示されてるなと思ったら本当に展示されてましたねw

DSCF7295.jpg
会場内で一番人気だったバスがこのLionsバス。これは子ども連れにも人気が高く、周りから人が途切れることがありませんでした。ちなみに三菱だとナンバーをずらしてその部分に黒いセンサーがありますが、JBUS系はナンバーの上にあって違和感がありません。人気の理由は分かりますが自分はあまり…

DSCF7297.jpg
さっきの新潟交通の前面を撮って今回の展示車両の撮影は終了。ところでこの車両、最初はデザインに違和感を感じましたが、今では結構良いかなと思っています。ナンバーがずれるのがどうも変な感じはしますが…w

DSCF7309.jpg
もう一度三角バスを撮影します。ちなみに後ろでは部品の販売会が行われ、方向幕を購入している人を何人も見かけました。滝山のが多く販売されたのか「東久留米駅」を出してるやつを持っている人を複数みかけました。資金と飾る場所があれば並んで購入したいところですが、余裕ないのでいつも見るだけ。。。でも、今回、代わりというのも変ですが、最近流行りの方向幕タオルを購入しました。京王や京急の電車で出ていますがバスははじめてみました。

DSCF7326.jpg
試乗会で運行されていたバスですが、何故かこちら側をむいて、軽く撮影会っぽく人があつまっていたので、自分も撮影。今回一番当たりな撮影画像です。青空の下でハイブリッドをしっかり撮影することができました。しかも滝山のバス。UD・三菱好きですが新車のエルガハイブリッドもなかなかいいですね。

DSCF7337.jpg
こちら側も撮影。ちなみに配布された会場案内ではさらに導入を予定しているとありました。アピールにもなりますし、各営業所に1台ずつ入れてみてもいいんじゃないかなと思いました。

DSCF7339.jpg
今回も西武タクシーが展示されていたので一応撮影。このレオカラータクシーはなかなか良いと思います。以前はこの色の西武タクシーが東村山駅にもいたのですが、今では西武タクシー自体が駅にいないですね。

DSCF7343.jpg
会場奥でエルガとエルガミオが並んでいましたが、真ん中のエルガミオをよく見るとA3とあります。中型ですが、いすゞも導入されていたんですね。よくみるとLED増設ライトもついています。今後は中型はミディとエルガミオが平行で導入されるのかもしれませんね。

DSCF7344_20131027225120e8d.jpg
近くに1台だけいたラッピング車両(奥に三井OPのラッピングがいましたが)。この色、入間周辺で見たことありますが都内では見かけない埼玉入間周辺のご当地?ラッピングのようですね。

DSCF7346_201310272251327ab.jpg
さて、一通り見終わったのですが、今回は以前からすると子ども向けというか一般向けになった感じがしました。路線車ファンからするとすこし物足りなさがありましたが、それでも新車から三角バスまで揃っていたのは良かったかと思います。来年もやるなら…ぜひ新7Eノンステを最後にこういう舞台に立たせてあげてほしいなとw あと、旗にブルーリボンシティハイブリッドや、小平のポンチョが出ていたので、来年は是非こいつらをイベントで見てみたいところです。

DSCF7350_201310272251406ba.jpg
で、バス停で待っていると通常の時刻より前に臨時便が出るということでそちらに乗車。といっても増発ということで普通に途中バス停にも停車。特に臨時便が出るということは記載されてなかったので、乗車人数を考慮して適宜運行していたようです。エルガワンステでしたが、前回は4枚折戸でしたが引き戸の車両でした。

DSCF7355_20131027225145f14.jpg
ちょっと、反対側で国際興業でも撮ろうかと思ったら、早速こいつがw 11月からは旧塗装(結構前の)にラッピングされるそうで、せっかく飯能にこれが来ても通常塗装は撮影できないか と思いつつ行ってみたら早速きてくれました。キュービックワンステでさいたま地区からの転属です。

DSCF7369_201310272251554b6.jpg
このキュービックはかなり変わった経歴を持つようで、江ノ電バスに導入されたものの何らかの事情ですぐに江ノ電からは引退し、国際興業バスに移動してきたバスです。その後一般路線についたあとに、特定輸送車としてワンマン機器を撤去していたそうですが、飯能に転属して営業復帰⇒11月にラッピング予定 というバスでとりあえず貴重ですw 江ノ電バスイベントにも参戦していたようです。

DSCF7371a.jpg
発車していきました。撮影している人が数人いました。ワンステということでキュービックの中では一番最後まで残ると思われ、国際興業バス最後のキュービックになりそうです。やっぱりキュービックはいいですね。

この後は若干周辺をふらふらしてから西武線へ。ちょうど停車していた9000系の急行池袋行きで所沢へ。車内もガラガラで独特なVVVF音がよく聞こえました。それにしても良い音を出しますね。京王とE231系近郊形、20000系をあわせたような独特な音ですね。

DSCF7372a.jpg
所沢のこの前撮影した場所ですこし撮影。新2000系の各停。

DSCF7373a.jpg
1本後の急行池袋行き30000系。池袋線の急行は毎時3本で、2本が10分間隔となる変則的なダイヤ(代わりに特急が入る)です。

DSCF7374.jpg
始発の準急。実はこれを撮影する為に待っていました。何の変哲もない新2000系に見えますが、これ池袋線では初めてのフルカラーLED、しかも未更新の編成です。先日突然現れたようで…w

DSCF7382.jpg
まぁこれからは増えるんでしょうけど、今はまだ貴重 という車両はついつい撮りたくなります。新宿線には現れている未更新+フルカラーLED編成ですが、池袋線にも増えていきそうですね。ちなみに中間のパンタは削減されていません。新2000系も超更新からベンチレータ撤去、フルカラーLEDなどバリエーションがかなり多彩になっています。

DSCF7384.jpg
某鉄道系サイトで画像つきで紹介された狭山そばの所沢店を撮影。まぁかなり復活希望の声があったようで。。。ちなみに狭山そば自体は東村山駅にもあります。駅のそば屋って結構美味しいですよね。

DSCF7386.jpg
来た電車は3000系の西武新宿行き。1駅だけですが3000系に乗れました。入った瞬間に見える茶色いシートと黄色い壁…この色はやはり落ち着きます。まぁ9000系などから乗り換えるとだいぶ内装に違いがありますねw 乗った瞬間に「西武線だ」と感じることもこれから少なくなっていきそうですね。

この後はRAノンステに乗って帰宅しました。

以上です。まぁ2年連続で開催された西武バス感謝祭…個人的な満足度は6割ぐらいかなと思いますが、一般の方や子ども連れも多いということを考えれば展示内容的には良かったかなと感じました。ただグッズ関連というか前回のような路線図販売等が無かったのが物足りない感じだったかな。まぁ単にそういう発生品のストックが無かっただけなのかもしれませんが。
ただ、イベントも楽しいですが、やっぱり営業中のバスを撮るのも良いですね。
来年も…ぜひ開催してほしいですが、一度滝山か立川でもやってほしいなぁと。まぁ敷地に余裕が無いと無理ですけどね。あと、やはり今までがんばってきたベテラン車も展示してあげてほしいですね。

では今回はこのへんで。
西武6000系Bトレは組み立てましたが、次回掲載します

では
スポンサーサイト
22:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは

かなり珍しいなと思いました。検査が重なって車両が不足したのでしょうかね。 >
時々突発的にツーマンで運用につくことがありますね。といっても最近は新101系ワンマン車の数が足りている(以前は264編成が抜けるだけで車両不足になっていたようですが)ので、珍しいですね。この日、夕方には新101系だけになっていたので、ちょっとした新101系の不具合だったのかもしれませんね(ちょうど263編成も牽引の仕事があったのかも)

時刻表同様にスロープ付きバス運行時刻を掲載してみては?と思います。 >
確かにそうですね。ついでに、車両にも車いすマークを付けたほうが良いと思います。

今年は無いかと思っていたら10月下旬になったんですね。>
自分も無いと思っていたのでびっくりしました。これは、今後毎年やるのかもしれませんね。

下手すると一日中謝りっぱなしになりそうで、大変ではないかなと思います。>
そうですね。。。ちなみに以前京王バスでも10分遅れを何度も謝っていたのが印象的でした。

国分寺線を再び4ドアで統一できる利点もあるので。>
そうですね。国分寺線の日中は3ドアがぴったりだったんですけどね。ただ朝は新宿線と同程度混雑するので、そこがネックになっているのかもしれませんね。

後続列車はどうしても頭がつかえてしまいますね。>
特急の後は所沢手前で停止になるときもありますね。間に1駅あるとつかえなそうですね。

6000系も結構気に入っていることが伺えます。>
なんといっても音が良いですからねw ただ、一つ残念なのはブレーキの緩解音が小さくなったことで、派手な音を出してた時が懐かしいです。

なぜ6000系だけがこうなったのか不思議です>
たしかにそうですね。あと9000系も一部でこの現象が起きているようで。。。逆にメトロ10000系はドアチャイムが6回なりますし、どちらもなぜ西武線でこうなるのか不思議ですよね。

今回線内運用の6000系に乗れたのも珍しかったのではと思いますが、実際の所どうですかね。 >
副都心線のみの頃よりは、線内運用は減っている気がします。逆に新木場行によく見るようになった気がしますね。

初めから10両固定の導入を想定していたのではないかと思えました。>
そうですね。あとおそらく6両も入れることを想定していたと思うので、千の位で両数を判断できるようにしておいたのかもしれませんね。

まだエルガ優位が揺らいではいないようで。>
そうですね。ただフルフラットタイプのほうが徐々にMPに変わってきていますね。もうエルガは入れないのかな。こういう埼玉地区こそエルガハイブリッドを入れてもいい気がします。

これはボンネットバスよりも高い気がします。>
そうですか。まぁ山岳地帯を考慮して高くしていたのかもしれませんね。

どちらも少なくとも40年以上変わっていないのがすごいなと思いました。>
確かにそうですね。まぁ伝統のカラーということになりますね。車番のほうは現在は千の位はないですが、文字の色も大きさもほとんど変わってないですね。

ファンにも一般の方にもインパクトは今一つだったようで… >
そうですね。あまり子供にもウケがイマイチだったようです。まぁその分撮影しやすかったですがw

今となっては大半の人は乗ることもなく見る機会も少なくなった車両ですので。>
そうですね。個人的には総合企画にはかなり特徴がある車両が集まっているので気になる存在ではありますが、確かに普段見られないですし、前回一般仕様で出したので、これ目当てという人も減ったようで…数年後にもう1回出したら今度はまた人気になりそうですね。

秩父から現役7Eを持ってきた方がファンには人気が出そうな気がしますが…>
確かにそうですね。ぜひ、次回は7E、新7E祭りにしてほしいですねw

主催者的には今回一押しの車両だったようですね。>
そのようですね。せっかくならシティハイブリッドと揃えても面白かったと思いますが、新車で人気ですし、しかも環境にやさしいバスとしてPRできますし、主催者的には一番良い車両かも。

座席が無いのは片側だけでしょうか。 >
そのようです。まぁ実質2人分座席が少ないということかと思います。これなら標準尺で導入するとちょうど良い気がしますね。

それで重さを比較的感じにくいのかもしれませんね。 >
そうですね。キュービックのフルフラットは結構目立っていましたが、これはほとんど違和感がなく、後部もほとんど同じなので、重たそうなイメージはわきませんね。

都内と埼玉で車種を分けて導入していくのでしょうかね。 >
バリエーション的にはそうしてほしいですね。ただどちらも置き換える中型があまり無いので、しばらくは導入も停滞しそうです。

あとこのエルガを見て岡部の藤色エルガノンステを思い出しました。 >
おっと、なつかしいですね。これ、最初のノンステだけで終わってしまいましたが、良い感じなのでもっと広がってほしかったです。

そもそも江ノ電がいすゞを入れていたこと自体も驚きでした>
あまり江ノ電を知りませんが、確かに7EなどのUD車が多い印象ですね。江ノ電でもこのワンステは1台だけの存在だったようですが、国際興業でもこの1台だけなようです。

でも今度ラッピングされる結構前の旧塗装というのも気になります。 >
通常塗装はこれで見納めかと思われますね。確かに旧塗装も気になりますね。まぁ撮影機会があると良いのですが。あと、エルガの旧塗装も撮影してみたいですね。

3色LEDの劣化が進んで交換が急務になっていたのか、更新内容を簡略化したのか、>
確かにどうなのか気になりますね。まぁ劣化も激しい状況には変わりないですが。。。当面の間はこれにベンチレータ撤去車もありますし、バリエーションがとんでもないことになりそうです

先日会ったときに聞いてみたらやはり喜んでいました>
そうですか。結構人気だったようで、復活は正解だったかとw

特に来年は新7EノンステなどA3世代の引退が見込まれるだけに…>
A3世代も特徴ある車両ばかりなので来年もイベントをやるならそちらも意識してもらえるとうれしいですねw 

グッズ販売も今年はやや物足りなかったようで。>
まぁ部品販売のほうは物が多かったみたいですが。。。来年もやるなら去年並みにいろいろあると良いですね。限定バスコレなんてどうでしょうか、西武さん

ではまた。返信遅れていてすみません(汗

追伸:この場ですみませんが、メールありがとうございました。毎回楽しく見させてもらっていました。返信できておらずすみませんでした(汗


今後もよろしくお願いします。ではまた(53号のコメント返信はもうしばらくお待ちください)
HIROKI |  2013.12.14(Sat) 22:45 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。
今回は先にツイッターの方からコメントさせていただきますね。
・多摩湖南線で新2000系4連運行ですか。過去にもあったとのことですが、僕はこの区間では新101系しか見たことがないので、かなり珍しいなと思いました。検査が重なって車両が不足したのでしょうかね。
・ぎんてつ、前に目撃していたエルガミオが順当に?小平国分寺線配属になったんですね。これで毎時1本ほぼ確実にスロープ付きバスが充当できるようになり、また利便性が向上しましたね。これを機にホームページ掲載の時刻表にもバス停の時刻表同様にスロープ付きバス運行時刻を掲載してみては?と思います。

それでは、ここから今回の記事にコメントさせていただきますね。
西武バス感謝祭、昨年は7月開催で、今年は無いかと思っていたら10月下旬になったんですね。しかも関東バスと同日開催。バスの日とも離れているこの日に2社のバスイベントが重なったのが不思議な気がしました。今年はバスの日の前後がスポーツ祭東京の選手・観客輸送対応で余裕が無かったのかもしれませんが…
・行きのバスの遅れを謝る運転手さん、丁寧だとは思いますが下手すると一日中謝りっぱなしになりそうで、大変ではないかなと思います。道路状況からみても遅れないダイヤを作るのは不可能に見えますし…都市近郊のバスの泣き所ですね。
・3000系、国分寺線からは早くも消えてしまう可能性があるんですか?本線系統8連より先に引退するとしたら意外な気がしますが、考えてみれば30000系10両2本で2000系列6+4両を2本捻出→3000系6連2本と8連1本置き換え、という筋書きは十分あり得る気がします。国分寺線を再び4ドアで統一できる利点もあるので。東村山駅2番線に停車する3000系の光景も遠からず過去帳入りするのは確実なので、今回記録できて良かったですね。
・東村山~所沢間、2.9kmあってしかもほぼ直線なので、1駅間ながらスピードを堪能できますね。ただ特急は所沢で案外長く停車する(気がする)ので、後続列車はどうしても頭がつかえてしまいますね。
・所沢からは6000系、次の列車が3000系と思われるところでも待たずにこちらを選んだあたり、6000系も結構気に入っていることが伺えます。黄色い電車と一線を画した銀色+ライオンズブルーの装いながら、それまでの西武らしさが残っているのは言われてみるとなるほどと思いますし、GTOの大きな音は僕も結構気に入っています。
NACK5 25周年記念ラッピング車、このブログで今回を含めて確か3回は登場していて、縁のある車両ですね。ドアチャイムはLCD化と同時に修正しているようですが、意味なし仕様なら別に鳴らさなくても良い気が…他社の車両でドアチャイムがここまでずれている話は聞いたことがなく、なぜ6000系だけがこうなったのか不思議です。6000系は基本的に地下鉄直通列車用で、特に東横線乗り入れ後は線内運用に入ることは少ないイメージがあり、今回線内運用の6000系に乗れたのも珍しかったのではと思いますが、実際の所どうですかね。
・30000系、今回登場の10両固定にトップナンバー30001号車が入るんですね。初登場から随分経つのに今トップナンバーが登場するのも変な感じです。千の位の付番からみて、初めから10両固定の導入を想定していたのではないかと思えました。
・飯能駅~美杉台ニュータウン間のバス、往復ともエルガに乗車だったのは埼玉地区らしいですね。車庫内でもエルガが幅を効かせていて、MPが入ったとはいえここではまだエルガ優位が揺らいではいないようで。行きは比較的音が大きかったということで、初期のエルガだったのかなと。
・今回目玉の?三角バス、西武好きの例の知人から10年以上前にその存在を聞いた(当時のバスイベントで公開されたらしいです)ほか、バスの構造を特注で狭いトンネルに合わせてバス運行を実現させた例として何かで見た覚えがあります。ですが実車のカラー写真は今回初めて見ました。イベントで披露されるだけあって保存状態はすごく良さそうですね。東海バスの同じくいすゞ製ボンネットバスとほぼ同世代のはずですが全然形が違う…と思いきや、後部の全体に丸みを帯びたデザインは似ていると思いました。またステップの高さにも目がいきます。これはボンネットバスよりも高い気がします。A6=1966年製とのことですが、その当時から現行と同じ車番の付け方で、塗色もずっと同じなんですね。どちらも少なくとも40年以上変わっていないのがすごいなと思いました。
・西武高原バスのローザ、画像を見た第一印象は「駿府浪漫バスそっくり」でした(笑) 軽井沢駅前で見た記憶はないのでおそらく初めて見る車両ですが、既視感がありすぎて新鮮味が全然無いですねw 色合いでちょっと高級感は感じましたが、ファンにも一般の方にもインパクトは今一つだったようで…
・新潟交通の高速バス、これは昨年の展示になかったのと飯能に普段来ないのとで、珍しい展示品だったのではと思います。この車両も先日掲載の京急リムジン同様ナンバーがずれていてバンパー中央にセンサーらしきものがある、ということはこれが三菱車の標準装備になったのかなと。
・新7Eツーステ、今回は特定車仕様になった姿で展示されたんですね。ファン以外には貴重に見えないのは確かにそうかも。今となっては大半の人は乗ることもなく見る機会も少なくなった車両ですので。また、ファンには昨年の路線方向幕付きの姿のインパクトが強く、それと同じ車両ということで注目度が下がったのではと。いっそのこと秩父から現役7Eを持ってきた方がファンには人気が出そうな気がしますが…
・エルガハイブリット、試乗用と展示用で計2台も来ているとは、主催者的には今回一押しの車両だったようですね。今後さらに導入予定とのことなのでPRのねらいもあったのかなと。各営業所に入って小平や立川でも見られるようになれば面白いですね。後部デッドスペース、よく見ると下部に柵付きの切り取り部分があることに今回気付きましたが、全般には違和感のない外観ですね。ちょっとデッドスペースが大きい気もしますが、反対側の側面は通常の窓配置に見えるので座席が無いのは片側だけでしょうか。
・フルフラットタイプのエルガ、こちらは後部デッドスペースにも網目の部分があるため、富士重ボディのノンステに比べて平板の部分が少なく見えて、それで重さを比較的感じにくいのかもしれませんね。
・Lionsバス、高速車でかつ従来の高速車のイメージと全く異なる新デザインということで、展示車で一番人気だったのも分かる気がします。近江鉄道で運行開始した元西武新101系もこのカラーを基にしたとかしないとか。僕も路線車好きなので新潟交通車ともども興味は今一つですが…
・方向幕タオル、西武バスも出たんですね。タオル地で細かい方向幕表示がどこまで再現されているのか気になります。
・今年中型でエアロミディ導入の話を貴ブログで聞きましたが、エルガミオも今年導入されているんですね。いすゞが埼玉に集中導入されている流れを受け継いで、都内と埼玉で車種を分けて導入していくのでしょうかね。
・紫のラッピング車両、葬祭事業の会社が広告主のラッピングバスは初めて見ました。静鉄も葬祭事業を営むようになりましたが(他に学童保育も介護事業も手がけていて何でもあり状態です)さすがにそれのラッピングはまだ見ていないです。あとこのエルガを見て岡部の藤色エルガノンステを思い出しました。
・飯能駅にいた国際興業のキュービックワンステ、まずワンステのキュービックが国際興業にいたことを今回初めて知りました。江ノ電バスから移動してきたという経緯も異例というか、そもそも江ノ電がいすゞを入れていたこと自体も驚きでした。江ノ電といえばUDか三菱しか知りませんでしたので…今回通常塗装を記録できてラッキーでしたね。でも今度ラッピングされる結構前の旧塗装というのも気になります。
・所沢で撮影の池袋線初フルカラーLED新2000系、これの出現はもちろん初耳でした。種別・行き先表示器以外は手を付けていないようですが、それだけ3色LEDの劣化が進んで交換が急務になっていたのか、更新内容を簡略化したのか、どちらでしょうね。
・狭山そば所沢店、休止前と同様ホーム上に復活したんですね。安く手軽に腹を満たせるのが好まれるのか、駅そばは根強い人気がありますね。西武好きの例の知人も愛用していたので復活を喜んでいると思います。(追記:先日会ったときに聞いてみたらやはり喜んでいました)
・新宿線は3000系、行きの所沢で待たなかった3000系ですがここで乗ることができてちょうど良かったというか、1駅でも乗れてラッキーでしたね。

今回の西武バス感謝祭、展示車両を見る限りファン向けというより子ども・一般向けになっているなという印象は記事を拝見して僕も感じました。多くの方々にバスに関心を持ってもらうという趣旨でいけば、確かに今回の展示内容は車両の年代・種類ともバランスがとれていましたね。どちらに重点を置くかは難しいところですが、路線車ファン的には今年の展示内容に加えてもう少し路線車が顔を揃えてくれると嬉しいなと思いますね。特に来年は新7EノンステなどA3世代の引退が見込まれるだけに…また、グッズ販売も今年はやや物足りなかったようで。来年も開催があるのか、開催するとしたら展示車両はどうなるのか、気になるところですね。

それでは、また。
とーます |  2013.10.30(Wed) 00:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/661-70d973db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。