2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.08 (Sun)

★2013 第61号★

こんばんは。

やっと忙しさが一段落~。といっても年明けにテストがあるのでなんともいえない感じです。しかも、12月23日はまた例の祝日授業が…何もそこを授業日にしなくても と思うわけですが…w 

ところで、既に西武3000系L-trainは引退してしまったようで…12月といっても後半だろうと思っていたのですが、30000系が到着しているので、早速引退になったようです。ところで今年度は30000系は3本なのでもう1本引退する可能性もありますね。もう1回ぐらい撮影しておきたかったなぁと若干悔いが残ります。まさか、L-trainが引退とは思わなかったので…
3000系、やはり最後はツートン化してもらいたいですね。3000系がいなくなると、ほぼオリジナルなツートン化ができる電車がいなくなる(新101系は更新車だし)わけで、ぎりぎりツートン時代を知っているので、ここは最後にやってもらいたいです。

もう1件。10月に発売されたものの、塗装エラーで交換待ちになっていたBトレ名鉄2200系特別車。購入した通販サイト(Mモール)から交換品が送られてきました。ちょっと前からバンダイのBトレのページで交換品に関する情報が出ていましたが、Mモールのサイトに「順次交換品を送る」とあったので待っていたら来ました。

DSCF8122_20131208232605006.jpg
せっかくなので修正箇所を比べてみます。まずパッケージ。微妙な違いですが、上が修正版、下がエラー版です。下のエンブレムの形状が、形式は2200となっているものの、これは2000(ミュースカイ)のエンブレムだそうです。

DSCF8123.jpg
パッケージの裏面。左がエラー版、右が修正版です。ドア窓とドア窓の間が本来なら黒く塗られているところがエラーで塗られていませんでした。ただ、こういうのはBトレで時々ある「省略」と受け取ることもできなくは無いですが、まぁエラーはエラーですかね。

DSCF8126.jpg
そして側面パーツ。上が修正版で下がエラー版です。今回、修正品として折りたたんだパッケージと先頭と中間の側面パーツが送られてきました。
ところで、名鉄はここ数年のBトレで毎回のようにエラーと交換品(あるいはステッカー)製作を繰り返しているように思えます。なぜここまで頻発するのか謎ですが、今後はエラーなしでお願いしたいですね。そのほうが余計なコストもかかりませんし。。。

さて、本題。今回は12月7日にイオンモールむさし村山で開催された、立川バスのリラックマバスフェスタです。イオンモールとリラックマバスの組み合わせはもう恒例で、夏ごろにも5号車お披露目が行われましたが、今回初めて5台並べて展示となりました。ついでに、リラックマバスのバスコレも発売になるなど、まぁバス感謝祭と同じ程度の規模になりました。まぁリラックマバスは何度も見ていますが、バスコレとダイカスケールバスの全国のバス発売(最近、立川バスでは力を入れていますね)が気になり行ってみました。

DSCF8128.jpg
まぁイオンモールなので車で行きますが、今回諸事情で行きだけ萩山まで移動しそこからイオンモールへ。まぁ武蔵大和から多摩湖線で萩山へ。何故かこいつを数人の人が撮影していたので一応。ちなみに、多摩湖線へは多摩川線用の春と秋の2本が来ていましたが、秋は見ましたが、春は最近見かけないので検査中かもしれません。ただ、春は確かラッピングが12月までとなっていたので、もしかするとラッピングがはがされて出場になるかもしれないので、動向が気になります。

イオンモールはこの時期バーゲンもあり+いつもリラックマバスイベントは人が多い これに加えて、今回は5台ということで、西武バス感謝祭などのバスファン向けイベントよりも人が多く、落ち着いて撮影できるという状況ではありませんでした。まぁそういうこともあり、一通り軽く撮影して、グッズを見る感じにしました。まぁLED点灯時などは、車内を締め切って撮影専用にしてくれていたようです。

DSCF8131_20131208232648be4.jpg
4号車のエルガミオ。国分寺界隈で生活していると、一番よく見るリラックマバス。バスをしっかり撮影したいファンと、リラックマバスの細部を撮りたいリラックマファンと、記念写真や乗車をしたい子ども、など、様々な人が入り混じっていて、とりあえず大盛況でしたw

DSCF8139.jpg
偶然バスの近くに人がいなくなったところを狙って3号車のMPを撮影。バスファンはこの瞬間をじっと待っていたようで、こうなった瞬間、シャッター音がいろいろなところから…w ピンクと言うこともあってか一番人がいましたね。ところで、3号車は瑞穂所属になってからあまり見なくなりました。

DSCF8145.jpg
2号車のエルガ。1号車が新しく変わったので実質、こいつがリラックマバスの中で一番ベテランになっています。今回、バスコレで製品化されることになりました。

DSCF8150.jpg
新1号車のAA。こいつは子どもが制服を着て撮影できるコーナーになっていたようで、特に家族連れが多く撮影していました。以前、5号車のお披露目になったときに、5号車よりもこっちが目的で撮影していたので、まぁ記録程度に。

DSCF8152_2013120823305855d.jpg
一時的にほんの少し人が減った(といってもかなり盛況でしたがw)隙に、2号車の扉側。まぁこういうところで撮影するのも良いですが、やっぱり実際に営業に就いているときのほうが、個人的には撮影しがいがありますね…w

DSCF8164.jpg
3号車。MP良いですねw 瑞穂のバスはあまり撮らないので八王子ナンバーがちょっと新鮮です。

DSCF8172.jpg
4号車。やはり一番親近感が湧く車両です。ただ、普段立川周辺ではなく、普通の立川バスのエリアからすこし離れた国分寺にいるので、イオンモールのお客さんはおそらく一番見たことが無い車両かもしれませんね。

DSCF8175.jpg
4号車後部。小さいので全体の撮影はしやすいですねw 後部は人も少なく落ち着いていました。

DSCF8179.jpg
3号車後部。リラックマネタではないですが、この頃のMPは運転席側の一番後ろの窓が高くなっていました。若干フルフラットチックですかね。そういえば三菱は当初からフルフラットではない仕様でした(他社のワンステベースのとフルフラットの中間の仕様らしいです)ね。

DSCF8182.jpg
2号車と1号車はバリケードがぎりぎりにあったので、撮りづらい感じでした。

DSCF8186.jpg
一通り撮影して、2階のフードコート内のテラス部で全体を撮影。ここから撮影すると全体が見られるので同じことをする人が結構いました(まぁ自分も前回それを見たのでこうしているわけですが)。あ、そういえば5号車無視してましたね。。。どうも観光タイプだと、通常塗装もあまり興味ないので、完全に忘れましたw これだけずらっと並んでいれば、知らずに来た人も思わず行ってみたくなるでしょうねw

DSCF8199.jpg
はい、ということでイベントの様子でした。で、バスコレもどうしようか悩みましたが、臨時に資金補助(w)が出たので、せっかくなので購入。旧1号車と2号車の2台セットです。まぁ個人的に1号車は今のAAだったらもっと良かったのにな…とw ちなみに立川バスのバスコレセットはこれが2回目のようです。

DSCF8200.jpg
ステッカー。ダクト部の再現シールはなかなかマニアックですねw

DSCF8203a.jpg
2号車。扉側。表示機にはしっかりリラックマが描かれた表示が。バスコレの車体的には金型リニューアル後のエルガとなっています。

DSCF8206a.jpg
後部。運転席側の一番後ろの窓が若干小さくなっている金型をしっかり使用しています。確か金型リニューアル1本目はこの窓になっていましたが、それは本来は小さくなってない仕様なのに、それを使用して黒く塗りつ
ぶしていたので、今回が一応初めて「再現」としてこの仕様が使われたことになります。

DSCF8208.jpg
側面もしっかり印刷されているので掲載。

DSCF8207.jpg
運転席側。すみません、家の犬の毛がバスコレに引っかかってますがスルーで…w

DSCF8210a.jpg
そして、旧1号車。現在、旧1号車は通常塗装で活躍している模様です。

DSCF8211a.jpg
後部。2号車の方もそうですが、「乗降中」の縁に立川バスの通常色が見える所もしっかり再現されています。 ドライブレコーダー搭載車という表記など、細部までしっかり再現されていますね。

DSCF8214.jpg
側面。

DSCF8213.jpg
運転席側側面。 以上です。

DSCF8215.jpg
ダイカスケールも販売されていたので、2種購入。本当は京王バスが旧塗装なので欲しかったのですが、既に「完売」と出ていました。。。他に、西武や神奈中の赤色が波になっている旧塗装(ちなみに神奈中は現在の塗装の製品版と、改めて神奈中で手を入れたリニューアル版も出ていました。)なども売り切れとなっていましたが、何故か東海地方で唯一遠鉄も売り切れていましたw で、東武の黒い塗装がこのダイカスケールでも再現されていて特徴的だったので購入。

DSCF8216.jpg
それと関東バス。まぁ並べられるので。このダイカスケールも好評でした。おそらく子どもにはバスコレよりダイカスケールのほうが好評だったかもしれませんね。

最後にBトレネタ。

東武10030系を組み立てたので、10000系と合わせて掲載します。

DSCF8218.jpg
まずは、10030系付属のステッカー。10両から2両まで一応ステッカーは網羅しています。50番台もしっかり用意されています。また、10030系は全面が未更新しかつきませんが、代わりに更新車用のステッカーと、東上線更新車の中間部分のライト埋めステッカーがついています。あと9050系として組み立てる人向けに、側面の乗務員室扉部の帯を消すためのステッカーがついています(ただし2枚とも同じ向きなのでミスといえばミス)。方向幕とLEDもたくさん入っています。

DSCF8220.jpg
で、2箱買ったので手頃な4両。実は10030系Bトレは9000系や10000系よりも人気だったのですぐに店頭から消えたようで、ならもう2箱ぐらい買っとくべきだったかなw まぁ人気なので再販もありそうですね。一応東上線用として組み立てました。右側は坂戸幕ですが、これは10000系のステッカーからくりぬいてきました。4両というと越生線で何度か乗ったことがあるので、それを思い出して坂戸です…w 当時は8000系も2+2で入ったり面白い時代でした。 あ、思いで話になりましたが、造形はかなり良いです。

DSCF8221.jpg
クハ11439。側面方向幕は10030系ではステッカーがないので、9000系のを使用。行先が日本語だけなので、実際とは違いますが雰囲気重視でw せっかくなら10030系にもつければよかった気もしますが、車番で入らないかな。

DSCF8222.jpg
モハ12439。側面も実車そっくりでかっこいいです。

DSCF8223.jpg
モハ13439。10000系列は千の位で何両目かあらわしているので、編成内で車番が整っていますね。しかも百の位で何連なのかもわかりますし。

DSCF8225.jpg
クハ14439。

では5段評価です。

造形のよさ:5
→これは満点あげちゃいますw 実車同様かっこよく、Bトレの造形もかなり良いかと思います。こうなると更新車もほしくなりますが…まぁ再販を期待します。

説明書の分かりやすさ:○
→編成例がしっかり掲載されていますし、おまけパーツや組み合わせ例(どうすれば10050系や9050系になるのか等)も出ています。ところで改良版SHGになってから説明書の折り方がまた変更になりました。一時期採用されていた折り方ですかね。

入手安易度:1
→一般販売でしたが、発売すぐから売り切れ続出だったようです。まぁ実車は2、4、6、8、10両ある上に10050系、さらには9050系を作成するために必要なセットなので、10000系より人気になっている(あとは10030系そのものの人気もプラス)ようです。関西方面でも人気があった模様です。一般販売ですが、限定の9000系よりも売り上げ好調っぽいです。

シール充実度:5
→ここまで充実していれば文句ないですね。

部品豊富度:4
→10050系用パーツの一部(大半は9000系セットのを使用しますが、一部付属)が入ったり、屋根がかなり多くあまります。ここまで部品が多いとなると価格が若干高くても納得できますね。まぁ10030系しか興味ない人にはいらないおまけですがw 欲を言えば更新車の顔を金型で、プラスしてスカートを入れてほしかった(10000系のを使用となっていますが、せっかくなら1つつけたほうが)ですが、まぁ再販してくれるときにはぜひw

組み立てやすさ:3
→全体的に良好です。

続いて、10000系。

DSCF7978_201312082342084d8.jpg
ステッカーは以前軽く紹介したときの画像。まぁ1回掲載しているので特にいうことはないかな。ちなみに10000系のほうが比較的店に残っています。どちらかというと10000系は好みが別れるかもしれませんね。

DSCF8226.jpg
10000系もかなりリアルに作ってあります。意外と10030系より再現が難しそうな雰囲気があります。2連のみ作成。10000系は東上線系統はすべて未更新で、少し暗い感じの車内がいい感じに残っています。

DSCF8227.jpg
クハ12201。2連は4本あるようですが、うち2本が東上線に転属してきて8両と併結されています。東上線では10両が基本というか10両しかないので固定編成として走っていますね。

DSCF8228.jpg
クモハ11201。普段は中間に入っているので、ダブルパンタを先頭に走ってくるシーンは東上線では見られません。1回見てみたいですね。コルゲートの車体はやっぱりいいですね。

では5段評価
造形のよさ:4
→こちらもよく再現されています。8両や10両も再現してみたくなっちゃいますねw

説明書の分かりやすさ:○
→10030系と同様で、良い感じです。

入手安易度:4
→こちらは他形式用パーツはないことや、実車自体も10030系より少なめなこともあるのか、比較的まだ残っているようです。どちらかというと地味な形式なのかもしれません。その地味な感じがなかなか良いのですがw

シール充実度:5
→ここまで充実していれば文句なし。

部品豊富度:3
→こちらにはライトHID仕様の更新車パーツ、スカートが入っています。東上線のほうがよく知っていることもあり、更新車はあまり見たことがない上に、あまり好みではないので、まぁ今回は未更新にしました。

組み立てやすさ:3
→全体的に良好です。

DSCF8229.jpg
おまけ。伊勢崎線系統でみられる併結。まぁ西武でいう2000系+新2000系的な感じですね。ところで伊勢崎線系統は先日乗りましたが、日中の都市部の優等から撤退したので、寂しくなりました。。。ということで以上です。9000系はまだ組み立ててないので、今後組み立てたら画像掲載します。 


今回はこのへんで
スポンサーサイト
23:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは。コメントありがとうございます

特に引退告知もなかったと思われ、意外な幕引きだったと思います。>
実は11月の中旬に、野球選手の写真の1日乗車券の告知があり、そこに「L-trainさよなら乗車券」発売というニュースリリースが出ていたのですが、そこで12月引退というのを知りました。まぁそもそもこの告知も後で気づいた(乗車券発売後)のですが、12月のそれも上旬にすぐに消えるとは思っていませんでした。最初の引退編成よりも告知が少なくて、もっと大々的に告知するかと思っていたのですが、ひっそりと引退してしまったなぁと感じました。それでも発売日には一応西武球場前で撮影用に展示(普段未使用のホームで)されたようで…

エラーなしをぜひ目指して欲しいですね。 >
そうですね。ここまでエラーが続くのはちょっとびっくりしています。パーツの出来は良いので、ぜひ今後はエラーはなくしてほしいところです。

その後は白一色になってしまうのでしょうか。>
せっかくなのでこの春のままのほうが良いと思うんですけどね。他の季節はまだラッピングされているわけですし。。。

普段バスに関心のない人や知らずに来た人にPRするのにももってこいですね。>
バスがだいぶ目立つのでPRになりますね。今後もリラックマ関係はイオンモールで行われるのかもしれませんね。しかもここはバス停とイオン入口の間で、バス利用者も取り込めますし。。。

一方でLED点灯時には撮影専用にしてくれていたなど、バスファンへの配慮も伺えるのは良いですね。 >
そうですね。一般向けとファン向け両立できていたのでより人気となったのかもしれません。

瑞穂所属だと立川駅に来る運用自体が少ないのでしょうね。>
そうですね。どうやら3号車も一部運用で立川駅にも顔を出しているようですが日中は昭島周辺に貼りついていて見ることができません。

4号車は初めて見た方も多かったのではという気がします。>
確かにそうですね。そもそも立川バスが国分寺にも路線を持っていること自体知られてないかもですね。

元々無かったんですね。それで外観が初期型でも重そうでなかったのだなと。 >
そのようですね。スタイル的には一番最初からノンステの完成形に近かったということになりますね。まぁMPのフルフラットも見てみたかった気もしますw

神奈中でリニューアル版も出したというのが驚きです。>
ここのところ、神奈中はバスグッズ販売に力を入れているみたいですね。オリジナルのトミカも販売しているようですし。。。

今でも新種が登場しているとは。>
まだまだバスのミニカー業界では、通用しそうですね。この立川バスや神奈中のように、リニューアルしていくのも面白そうですし、旧塗装の製品も残していくのもどちらもいいですね。自分は…とりあえず京王がほしいですw

とにかくバラエティーに富んでいたなと。 >
そうですね。自分が越生線に乗ったときは10030系と8000系の2+2が来たと記憶しています。

伊勢崎線系統に残る2本では先頭に立つシーンが見られるのでしょうか。 >
つい先日、2両×2本で伊勢崎線系統で走っていたようです。久喜・南栗橋以降では運が良ければ見られることがあるかもしれませんね。

どこか東武線でなくなったような気がして寂しいですね。 >
確かに、本線系なのに東上線より東武線っぽさがなくなった感じがしますね。特に日中はメトロ03系、8000系、東急5000系、8500系の運用も多いですね。逆に田園都市線は東武状態なのですが… やはり東武というと10030系などがいないとさびしいですね

ではまた
HIROKI |  2014.01.27(Mon) 22:47 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんにちは。こちらの記事にコメントさせていただきますね。

・L-trainはいつのまにか引退してしまったのですね。HIROKIさんが気付かなかったほどですから特に引退告知もなかったと思われ、意外な幕引きだったと思います。もう1本引退する可能性が…ということですが、銀河鉄道999ラッピングも同様にひっそり引退してしまうのか心配ですね。3000系のツートン化、最近のファンに優しい?西武の状況からみて、引退前にやってくれる可能性は少なくないと思います。むしろ直接西武に要望してみても良いかもしれません。
・Bトレ名鉄2200系、エラーで製品まるごと交換とは。当然取るべき措置だとは思いますが、そのためのコストが膨大で、大丈夫かなと人ごとながら心配です。しかも毎回のように発生しているとのことで、製品企画→完成までの過程で連携がうまく取れていないのではと推察します。エラーなしをぜひ目指して欲しいですね。
・多摩川線用の新101系、春ラッピングは12月までなんですね。その後は白一色になってしまうのでしょうか。やっぱり白一色は白画用紙のようで味気ないので、春ラッピングver.2とか、なにがしかの彩りが欲しいなと思いますね。画像の編成、特に変わった様子は見られないですが、数人撮影していたのは偶然か、何かの動きがあるのか…?

・立川バスのリラックマバス展示イベント、すっかり恒例になりましたね。今回は5台並びとバスコレ販売で、確かに今夏のイベントより大規模になった感があります。2階から撮影された5台並びの画像を拝見すると、各色揃ったバスで会場全体がカラフルで壮観で、注目度抜群の展示だと思いました。駐車場が広く多くの買い物客が集まるショッピングモールでの開催は、展示スペースとアクセスが確保できる上に、普段バスに関心のない人や知らずに来た人にPRするのにももってこいですね。それらが奏功してかかなりの賑わいだったのは主催者側の狙い通りだったかと思われ、落ち着いて撮影や観察ができなかったのは残念ながら仕方ないかなという気がします。一方でLED点灯時には撮影専用にしてくれていたなど、バスファンへの配慮も伺えるのは良いですね。
・4号車は国分寺駅発着路線用でしたね。HIROKIさんは通学の時によく見かけているのかなと。一方で見なくなった3号車、瑞穂所属だと立川駅に来る運用自体が少ないのでしょうね。八王子ナンバーの立川バスをこのブログで見ることも少ないですし…でもこのショッピングモールに来るお客さんには、運行エリア的に3号車の方が見る機会が多く逆に4号車は初めて見た方も多かったのではという気がします。今は5台が立川バス各エリアに散らばって、広い範囲でバスのPRに勤めているのですね。一台一台の画像は以前にも拝見しましたが、どの車両もいつ見ても色鮮やかでリラックマがかわいく、注目度と親しみやすさ抜群のバスだと思います。
・三菱のノンステ、そういえば他メーカーでは存在するフルフラット車の話を聞かないなと思いましたが、元々無かったんですね。それで外観が初期型でも重そうでなかったのだなと。

・バスコレ、資金補助で購入できて良かったですね。ステッカー、バス共通カード取扱車のそれも付いているのが面白いなと思いましたが、PASMOになってから4種類も側面ステッカーが存在していたことにはびっくりしました。製品本体はバスコレの例に漏れずリラックマのイラストを含め見事に再現していますね。リラックマファンにも人気が出ること確実だなと。また、「乗降中」の縁に通常色…本当ですね。2号車の画像を再度見返して初めて気付きました(汗) ここまで再現するとはさすがですね。
・ダイカスケール、造り的には今のバスコレと比べるとどうしても劣るというかレトロ感がありますが、こちらも根強い人気があるようですね。神奈中でリニューアル版も出したというのが驚きです。今でも新種が登場しているとは。遠鉄の売り切れも謎ですが、このダイカスケールの造形に近い前中扉の日野5Eが昔実際にいたので、リアル感がファンに人気を呼んだのかも。東武バスの上部黒塗装、昔写真で見た気がします。日野RCの頃は確かにこんなデザインだったような…

・Bトレ10030系、ステッカーの種類の豊富さは見事ですね。特に車番の多さが…さらにライトが更新車用と運転台撤去車用もあるというきめ細かさに感心です。造形も前面・側面ともに実車の雰囲気がよく出ていて、人気が出たのも道理だと思いました。越生線、今でこそ8000系4連ワンマン車オンリーになっていますが、昔は10030系も入っていたのは覚えています。8000系に2+2の編成があったとは知りませんでしたが、とにかくバラエティーに富んでいたなと。
・10000系、ステッカーをよく見ると方向幕に関してはなぜか10030系よりも種類が多いですね。雰囲気はこちらもコルゲート含めよく出ているなと思います。ダブルパンタ、西武でも見られますがこれが先頭に来るとどこか関西風な感じがして良いなと。伊勢崎線系統に残る2本では先頭に立つシーンが見られるのでしょうか。
・10000系と10030系の併結、僕は見たことがないですが、走行機器は同じでも外観が違うのでちょっと「あれっ?」と思う組み合わせですね。しかし10000系などの地上線専用車、伊勢崎線系統では日中の優等列車から引退し、さらに竹ノ塚~久喜・南栗橋間では日中の全列車が(区間快速と特急を除き)地下鉄直通となったためその時間帯には全く見られなくなってしまいました。時代の流れとはいえ、どこか東武線でなくなったような気がして寂しいですね。

それでは、また。
とーます |  2013.12.27(Fri) 10:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/667-ad8b21d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。