2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.01 (Tue)

◆2014 Vol.11◆

こんばんは。

寒さがだいぶ落ち着いてどんどん暖かくなっていますね。。。さて、静中ホームページの更新ですが、鉄道画像館のリニューアル 少しずつですが進めています。なんとか東急・メトロ・都営のリニューアルが完了し公開しました。実は小田急・京急・京成・都電・相鉄もリニューアル準備中で、画像はすべて用意してあるのであとは紹介文を書くだけなのですが、書いていても文章力がないのですぐ疲れてしまうという…なんというか、もっと上手いこと書きたいのですが下手ですねぇ自分でいうのもなんですが…w
とりあえず小田急と都電についてはなるべく早く完成させたいと思っています。

さて、今回のネタはまた宮ノ前です。この休みというかこの冬から春にかけては12月から4回目となります。もう定点観察のような雰囲気になっていますが、まぁ今後は夏までは都電に乗ることもないかと思うので、撮りためたといえばそういうことかもしれません。

で、今回も普通に石神井公園で西武線を撮影するのもつまらないということで、久しぶりの「練馬高野台」での撮影をしてきました。練馬高野台はブログを読み返したところ2012年5月以来…まぁほぼ2年ぶりのようです。石神井公園の下り線高架化が完了してからは一度も撮影していなかったようです。

まずは行き…ちょうど各停が来る時間だったのですが、30000系だったのでパスし、特急退避の急行に乗車。新2000系4連+2000系6連の正統派10両。特急ですが、満席の表示が出ている券売機の前で待つ人がいて「もう満席で無理なのにな」と思っていると、突然キャンセル空きが。どうやらそれを待っていたようです。
で急行ですが、小平で拝島線からの各停との接続があったためか小平で接続のない準急よりも混んでいました。まぁさらに通常時は通勤利用が大半ですが、旅行などと思われる人もいたためもあると思います。
高田馬場からの山手線は通常通り、大塚からの都電は運よく7000形でしたが、既に日中時間帯にさしかかっていたため、高齢者の利用が多く混雑していました。加えて王子からは幼稚園児の大量乗車があり大混雑状態でした。

DSCF0028.jpg
帰りは直前で都電に逃げられましたが、8800形だったのでまぁ普通に次を待ちます…w 三ノ輪橋行の7000形が来たので無理やりズームして撮影。都電ってこういう併用軌道風の場所ってあまりないですが、路面電車らしくていいですね。
この後来た7000形で大塚駅前へ。この電車がまた大混雑で8800形などでは明らかに積み残しになる量乗っていました…w 

DSCF0029_201403292244538af.jpg
大塚駅前で降りて接近表示機を確認するとすぐ電車が来るというので待ってみるとレトロ電車の9000形が。こいつ平日は朝などは見られるのですが、日中は車庫に入っていることが多いですが、休み中は日中も普通に来るようです。車内が桜の装飾付になっている9002号も日中目撃しました。1回しか乗ったことありませんがまた乗りたいですね。
この電車の後今度は都電接近情報のサイトで確認すると7000形の黄色に赤帯のリバイバル塗装車がきそうだったので待ちます。

DSCF0031.jpg
と、その前に7000形通常塗装。列車間隔がまちまちになっていたので混雑度の差があります。こればかりはもう運次第なので、空いている車両が来たらラッキーということになりますねw

DSCF0038_201403292245071f1.jpg
来ました。リバイバルの黄色に赤帯塗装です。最初に見たときはやたら黄色が明るいなと思ったのですが、撮影してみてもやはり黄色がだいぶ明るいなって感じがします。ちなみに7000形がこの車体になってから赤帯だったことは一度もないようです。

DSCF0039.jpg
で、以前からある7022号の青帯復刻塗装と異なり、前面窓周りが同じ黄色に塗られていて、うーん、青帯の周りが青のほうがかっこいいなとか思っていたのですが、あれは実際にこの車体にあった塗装で、こちらはもっと以前の都電のリバイバル塗装ということで、窓回りも黄色1色にした方が忠実に再現されているということになりますね。まぁあと赤色で囲まれているのも変というのもありますが…w

DSCF0041_2014032922470247b.jpg
もう1枚。で欲を言うならもう少し黄色の色味を7022号ぐらいにした方がより以前の色に近づく気がします。まぁ実際これぐらいだったのかもしれませんが、画像や保存されている6000形?を見ると7022号の黄色が正解な気がします。それにしても、一度7022号などと並んだ姿を見たいですねw 

DSCF0046_201403292247089ee.jpg
もう1台7000形を撮影。今回も短期間に7000形をいくつか撮影できました。この後は山手線で池袋まで。いつもはある程度混雑していますがなぜかこの電車だけやたらと空いていました…w

DSCF0048_20140329224712a31.jpg
あ、ところでJR東日本では3月24日に切符売り場の運賃表を取り換えたようですが、上に従来の運賃表は貼らず、まさかの調整中で覆っただけという…w 一応券売機の横に小さな従来の運賃表が出ていましたが、これはあまり使わない人にとってはわかりづらいと思うんですが…

DSCF0049_201403292247172e3.jpg
一方で西武は新運賃表の上に印刷した従来の運賃表を貼り付け。まぁ池袋のはインクがない状態で印刷したのか、この画像の右のは見づらい状態になっていましたが、所沢などは違和感がないものが貼られていました。ところで、この運賃表は新運賃ではこの仕様なのか、現在の標準仕様になっているのかどっちなのか気になりますねw

DSCF0051_201403292247216e8.jpg
さて、西武線のホームに上がるとさっそく3000系が停まっていました。3009編成が本当に池袋線に来ていました。まぁ来ていたというより、3009編成は自分が東京に来た頃は池袋線所属でした。その後新宿線に転属したということで戻ってきたというのが正解なのかもしれません。

DSCF0052.jpg
表示機を見てみると、8両3ドアが連続で来るようです。連続で3ドアというのを池袋で見たのはかなり久しぶりな感じがします。まだ新101系がいて3000系も全編成いたころは普通にありましたが…

DSCF0054_201403292248455f9.jpg
発車間際の3009編成。どうやら3017編成は廃車となったらしく、これが池袋線で、また8連で残る最後の黄色い3000系ということになりました。池袋線転属でもう少し3017編成も活躍すると思ったのですが…残念です。

DSCF0056_20140329224849123.jpg
その3009編成の次の西武球場前行きに乗車。銀河鉄道999ラッピングの3011編成。これにはよく遭遇するので珍しい感じが全くしなくなっていますが…西武球場前行なので練馬で各各接続。毎回「これで3000系乗車は最後かも」と思って乗っています。。。

練馬高野台に到着し…今回は所沢よりでの撮影をすることにし、所沢よりへ。

DSCF0060_20140329224854f50.jpg
さっそく来たのは東急5050系…ってここなかなかかっこいいですねw 以前来たときはまだこの先複々線化されていない頃でしたが、つながって、このように緩行線側は8両だとしっかり撮れます。10両だときつそうですが…

DSCF0061_20140329224859ce4.jpg
9000系。優等線側は左側に余裕がないので正面だけ画像になります。

DSCF0063_201403292250079c5.jpg
続いて新2000系の各停飯能行き。これも前のほうが切れず良い感じに撮影できました。

DSCF0064_20140329225013c53.jpg
6000系の快速急行。こちら側は前面部にピントが合わせられず(デジカメなので中央からずれるとぶれる)ぶれてしまいますが、この雰囲気見ているとかっこいいですw

DSCF0065_20140329225018492.jpg
10両の10000系…10両だとやはり前のほうが切れてしまいます。そっちに目が行っていたので10001編成だということをあとで気づくという…w 

DSCF0066.jpg
9000系の準急。本当に優等は9000系が多いですね。まぁ嫌いな車両ではないですが。。。撮影となると9000系はいつでも撮れる印象です。。。

DSCF0067.jpg
メトロ10000系の快速急行。こっちは未だに違和感と、高速走行時の激しい揺れのイメージしかありませんw 仲間の7000系よりも激しく揺れるのがなんとも…

DSCF0068_20140329225154d20.jpg
先ほどの東急5050系が帰ってきました。前の機器とかが邪魔な感じがしますが、後ろの側面もきれいに撮影できる点は、良いところですね。まぁここで撮影の場合はこちら方面はおまけで撮影できる程度かなぁ。

DSCF0069_20140329225159dfc.jpg
30000系の急行が来ましたが、なんと10両固定の30101編成が。隣のメトロ7000系が若干遅れたために撮影できましたが…本来、両者は石神井公園で接続のダイヤになっていて、石神井公園にほぼ同時進入となります。

DSCF0070_20140329225204057.jpg
30001。番号としてはトップナンバーを撮影できてよかったです。それにしても…たしか30000系は当初計画では10両はなかったはずなので、計画変更のおかげ?でトップナンバーが現れたということになりますが、30000系の車番の法則と導入順序を知らないと混乱しそうですね。

DSCF0071_201403292252103c1.jpg
そしてメトロ7000系の保谷行。7000系といえば以前は8両を多く見ていましたが、東急運用が入ったので西武線内での遭遇率が下がっている気がします。

DSCF0073_2014032922521474f.jpg
池袋で豊島園行として出発していった3009編成が折り返しの折り返しで所沢行になってきました。この3009編成は自分が来たときは池袋線所属でしたがその後新宿線でよく見ていたので新宿線所属のイメージが。

DSCF0074_2014032922532052d.jpg
うーん、ちょっとピントが甘めになってしまいましたが許容範囲かな。大失敗しなかったので一安心。それにしても新101系引退からこんなに早く3000系が半数も引退するとは思いませんでしたね…

DSCF0075.jpg
上り線撮影はあまり気に入らなかったのですが、メトロ10000系の初期の前面黄色帯入り編成だったので掲載。10000系の運用範囲が広がったのでますます見る機会の減った初期編成。

DSCF0076_20140329225331053.jpg
元町・中華街からの各停は2本連続のK運用。まぁK運用は案外多いので撮影できて助かっていますw 5821なので5000系の方ですね。

DSCF0077_20140329225336954.jpg
レッドアロー10000系。7両だと短いのでさすがに撮影しやすいですね。ところでレッドアローは朝夕などは満席になっていることを見かけますが、朝夕などに増結できる特急用車両の導入なども良いかもですね。

DSCF0079_201403292253413a1.jpg
20000系の8両が来ましたが早くシャッターを押してしまい前側が何も写らないという…ところで8両のトップナンバーのこの編成のみ連結器にカバーがしてあります。意外とアクセントになって良いと思います。

DSCF0080_2014032922543873b.jpg
最後に新2000系10両を撮影…実はこれ、2+4+4の編成です。この位置だとそれが確認しづらいのですが、スカート部にかろうじて見えるスピーカーが、8両では存在しないので一応証拠となります。で3色LEDの編成…これ一時期西武好きの間で話題になった4連のLED車です。これと入れ替わりで2000系の8連と2連それぞれ1本が方向幕に戻されました。確かベンチレータ撤去が最初に行われたのもこの3色LEDの編成。これ、池袋線転属のためにLED化されたと思っていたのですが、方向幕のまま転属しているのもあるので理由がいまいちよくわかりません。。。

DSCF0084_20140329225442a79.jpg
そろそろ撤収…ということで新木場からの小手指行に乗車。6000系のステンレス車でLCD…ついこの間同じパターンの編成に乗っていますね。 LCDの編成にもよく当たるようになってますけど、新宿線の2本にも設置してほしいですね。。。ところでこの各停は2分程度遅れたようで、石神井公園では後続の準急がホームに入ってきてからの発車となり、遅れを取り戻すため、ひばりが丘の接続を挟んで所沢まで全力走行でしたw

DSCF0089_2014032922544683f.jpg
ひばりが丘で快速急行接続…で6050系が来ましたが…出ました戸袋窓閉鎖編成w 6050系への施工は噂というか現物を見たことがなかったので記録できてよかったですが…この仕様で他線へも直通するわけですが、なんとなくこれは線内だけでとどめてほしい気がします…w 

この後は30000系の西武新宿行に乗車し東村山へ。
今回もいろいろネタを回収できてよかったです。

ところで画像掲載のところでも触れましたが、3000系の3017編成が廃車となってしまったようです。この編成はこの前池袋線に転属してきた編成で、「まぁ3本は来年度の30000系導入まで活躍するはず」と個人的に思っていたので、この時期の廃車には正直ショックです。こうなると3011編成と3009編成も危険になってくるということと、これで8連の黄色い3000系は3009編成のみ。。。これは2014年内での全廃も濃厚ですかね。

さて、最後にBトレネタ。。。

DSCF9870.jpg
ホビーオフの某店舗で発見した名鉄5500系。ホビーオフにはこういった以前のものが出ていることも多いのですが、値段がだいぶ高くなっているので手が出せない…その中で最近までの定価1260円以下で販売されていたので購入。正直、多摩地区と何の接点もない名鉄のしかももう存在しないものなので価値が低いものと思われていたのかも。。。

DSCF9871.jpg
でこのBトレは名鉄で初めてのBトレ商品のうちの1種となります。当時2連3本がそれぞれ特別に復刻塗装がされ最後の活躍をしていた5500系2連のBトレとなります。当時の主流派でもなく発売時それぞれ2連1本しかない塗装を3種とも発売するというのは何ともまだ、発売に試行錯誤が見られた時期を表しているというか、今考えれば随分と思い切ったことをしているなと思いますねw

DSCF9874.jpg
プラットホームがおまけについてくる時代のものなので箱の大きさが違います。まぁ個人的に初めてBトレを見たときの箱はこの大きさでした。2005年の途中ぐらいまではプラットホームが私鉄商品にはついていました。

DSCF9876.jpg
もちろん原寸大のイメージ図入り。

DSCF9877.jpg
反対側にはこんな絵も。こういうような絵はその後、4両編成セットなんかではみられた覚えがあります。

DSCF9878.jpg
さて、ステッカーはこんな感じ。まだステッカーの台紙やステッカー自体の質が悪く、切り取りもしづらいものです。あとホーム用の駅名板ステッカーも、今はないステッカーです。

DSCF9879.jpg
ところでプラットホームはこれのことです。おまけ程度のものですが、線路の上に置かずにホームを置くとちょうど電車とホームの段差が少なくなるというもので、線路がなくても飾れる点で案外出来の良いおまけだったかなと。家にもいくつかありましたがすべて処分してしまったので、自分も久々に見ました。

DSCF9880.jpg
お待たせしました車両の画像です。まぁ後にイベント用として一般塗装、そしてその後一般販売で中間も含めて発売されていて、自分も持っているものです。なぜか他のBトレより少しだけ車体が大きいようです。

DSCF9881.jpg
側面。この側面の窓の形がなんかいいですね。

DSCF9882.jpg
側面。名鉄はこの形式もそうですが、関西の私鉄にも関東の私鉄にもない独特な車両やこだわりが多くどうしてもBトレが出るとすべてそろえたくなってきますw

ということで今回は以上です。

いよいよ4月…来年度は今まで以上に忙しいと思いますが、まぁ頑張っていきたいと思います。。。

では今回はこの辺で
スポンサーサイト
22:00  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは。

続けてこちらの返信も。次号以降のコメント返信はもうしばらくお待ちください。

それ以来迂闊なことは書けないと思いより慎重にと心がけています。 >
それは自分も経験があるので、特に画像館は見直しを重視(といいつつ間違えがあるのはご勘弁をw)しています。ブログのほうは…結構前のが検索で出たりするので恥ずかしい限りですw

でなければ満席表示の券売機前でわざわざ待つことはしないでしょうから… >
所沢発車時点までにキャンセルがあった場合に、発売されるようです。実は何回か朝の時間帯の券売機前にいたことがありますが、初めてその場を目撃しました。満席だから諦めてはいけないということのようで…w

日中の方が混雑しているのは高齢者の利用が多いのが理由の一つ>
というより車内の9割が高齢の方のような気が…w で多くが庚申塚で下車していきます。庚申塚は乗車も多く途中停留所の中では比較的大きな停留所といえるかも。

昔は道路との仕切りがない純然たる併用軌道だったような気がしますが、>
自分が見たことあるのは既に仕切られた後だったと思います。これだとさすがに一般車は入らないですね。運行はスムーズですが併用軌道のほうが路面電車っぽいですね。

観光用ということで土日に優先して走らせているのだろうと思います。>
以前は土日専用という噂もありましたね。結局今は朝を中心に平日も運行しているようで、出来れば平日日中もどちらか1編成でもいいので欲しいなぁと(実際、平日に観光している人も見かける)

年を経て7022号くらいの色になったのかもしれませんが。>
そうですね。いつまで動くのかわかりませんが出来れば数年間は残して欲しいです。

7022号との並び…イベントか何かで実現する可能性がありますね。>
と思っていたら6月のイベントで早速並んだようです。これからも何回かありそうですね。

冷房化後の現塗装も落ち着いていて気に入っています。 >
自分も現塗装の未ラッピング車が良いと思います。小さいころからこの色でしたし。。。そういえば豊橋鉄道に譲渡した車両は最初はこの色で動いていたようですね。

西武独特の路線形態が表れていて面白いですね。>
もともとの鉄道会社が違っていたことがよく現れていますね。西武新宿~所沢~池袋…1回だけS・Sさんとそのルートで乗りましたが、さすがに西武好きでもあまりやりませんねw

3000系乗車自体も、西武沿線住民でなくなって乗車機会が減るので本当に最後になってしまう可能性も否定できないかな>
8連はよっぽどのことが無ければ乗らないまま引退になりそうですね。6連は国分寺線なので可能性は(というより今度挙げる記事にはそれに乗車したときの話が出る予定)ありますが。

1枚目の画像が今回のベストショットかなと個人的には思いました。>
構図的にはこれですね。高架なのでステンレスの新型が似合いますね。

もちろん被写体(車両)の好みだけでいえば後者に軍配が上がりますが(笑) >
ちょっと前までは狙って東急を撮っていたんですが、見慣れてきた結果また黄色い電車狙いに戻ってますw 東急が来る可能性は1時間に4本中しかないのによく東急に出くわしますw

10両編成全体を画像に収められるのは良いですね。 >
もう少し高い位置だと撮影はできそうですね。

高速走行で激しく揺れるのはおそらくは台車のせいではないかと思われます。>
この形式、最近の車両では珍しくボルスタ台車ですが、そのため他の形式より乗り心地が違うのかもしれません。なんとなくボルスタレスのほうが乗り心地悪いというイメージありますがどうやらそうではないようで…(苦笑)

後々誤解や混乱が起きそうですね。 >
確かに。。。もともと10両編成は入れる予定はなさそうだったので方針転換の結果できてしまったという形なのかもしれませんね。。。

最後の3000系黄色8連の記録として良い画像が撮れて良かった>
まぁ大きく失敗とならなくて良かったかなと。意外と撮影してすぐには悔しさがあるのですが、後々見返すと懐かしいなぁと思う画像があるので、これもそうなるかな。。。

LEDを2000系と入れ替えたのは謎ですね。 >
たまたま当時池袋線用の方向幕が用意できなかったものの、後になって用意できたというような感じなのかも。

やはり見た目の違和感が何とも言えませんね。 >
とりあえずステンレス車にはやめて欲しいという一言に尽きますw

今でも、もう少しホームらしい造りにすれば別売りで販売しても売れるような>
Bトレは今までストラクチャ的なものは出していませんが、どちらかというと値段も上がってきているのと、Bトレのファンが増えているので、そろそろそういう方面に手を出しても良さそうですよね。

「高速」は1990年に消滅、「新岐阜」は2005年に「名鉄岐阜」と改称されて消滅、>
これ、電車でGO!で一番難しいダイヤ(1700系の新名古屋~新鵜沼)をクリアすると運転可能になるダイヤが3400の新名古屋~新岐阜の高速で、なんかそのイメージでこれにしてみましたw

急行碧南行>
コレについては特に何も知らずにセレクトしましたが、まさかそういう種別だったとは。

ではまた
HIROKI |  2014.06.10(Tue) 22:41 |  URL |  【コメント編集】

★No title

HIROKIさん、こんばんは。こちらの記事にコメントさせていただきますね。

鉄道画像館のリニューアル、拝見させていただきました。画像はこれまでのブログ記事で拝見していますが、紹介文がしっかりしていてすごいと思いました。確かにこれを書くのは大変ですね。ブログ記事と違って全部調べて書く必要があるので…
ちなみに僕は、コメントを書く際に極力間違ったことを書かないために、書く前や書いている途中でウィキなどを調べることがよくあります。その分時間はかかりコメント投稿も遅くなりますが(と言い訳)、僕のコメントでHIROKIさんに誤解を与えてはいけないのは勿論ですし、さらに以前検索サイトで僕のコメントがある単語でヒットしたことがあり、それ以来迂闊なことは書けないと思いより慎重にと心がけています。

今回記事はこのところ何度かある都電と西武線の撮影でしたが、リバイバル黄色都電があったり西武撮影が久々の練馬高野台だったりと変化があって、読む方も楽しめました。では、順を追って…
・特急、直前でもキャンセルで空席が出ることがあるんですね。パソコン・携帯等で手軽に予約ができる分、逆にキャンセルも出やすいのかなと。それを待っていた人も多分乗り慣れている人でしょうね。でなければ満席表示の券売機前でわざわざ待つことはしないでしょうから…
・都電、日中の方が混雑しているのは高齢者の利用が多いのが理由の一つなんですね。おそらく多くがシルバーパス利用でしょうから、混雑緩和のために増発しようとしてもそのコストの回収が見込めないのでそのままになっている…のかもしれません。
・宮ノ前付近は都電には珍しく併用軌道風になっていますね。昔は道路との仕切りがない純然たる併用軌道だったような気がしますが、いつのまにか専用軌道になっていました。久々に見たときに「あれ?」と思った覚えがあります。もちろん運行はスムーズになりましたが…
・レトロ電車9000形、平日日中はお休みしていることが多いんですね。観光用ということで土日に優先して走らせているのだろうと思います。桜の装飾付の車内というのも都電では初めて聞きました。僕は見たことはあっても乗ったことは一度もない車両で、気になっています。
・今回は往復とも7000形に乗車、さらにリバイバル塗装も含め撮影もできて良かったですね。赤帯塗装、画像を拝見する限り、おっしゃる通り黄色がちょっと明るすぎる感じがしました。7022号くらいの黄色の方が自然ではないかと僕も思いますね。ただ、もしかしたら塗りたてはこの色で、年を経て7022号くらいの色になったのかもしれませんが。前面窓回りに関しては、昔の都電は窓回りも黄色でしたのでこの塗り分けで正解ですね。7022号との並び…イベントか何かで実現する可能性がありますね。ちなみに7000形は、リバイバル塗装も良いですが、冷房化後の現塗装も落ち着いていて気に入っています。
・JR東日本の運賃表取り換え、僕も3月末に熱海駅で同じ光景を見ました。券売機横に従来の運賃表が貼られていましたが、小さくて最初は気づきませんでした。西武の対応の方が親切でしたね。話がそれますが、池袋から高田馬場が510円(旧運賃)…山手線で2駅130円(旧運賃)のところを自社線だけでこれだけ大回りして行けるのも、西武独特の路線形態が表れていて面白いですね。しかも所沢で乗り換えても進行方向が変わらず前に進むだけで着けますし。もちろん、この区間もしくは池袋~西武新宿間を西武線だけで移動する人がそうそういるとは思えませんが(笑)
・池袋駅の表示機、8両3ドアの連続表示は今ではすっかり珍しくなったというか、2編成しか残っていないのが連続で来ること自体かなり珍しいのではと思います。3000系の引退ペースが予想外に早いので、残念ながらこれで見納めになってしまう可能性もありますね。また3000系乗車自体も、西武沿線住民でなくなって乗車機会が減るので本当に最後になってしまう可能性も否定できないかなと思います。
・練馬高野台、下りの緩行線でかつ8両ですと、後部の前面と編成全体がきれいに収まって一番綺麗な編成写真が撮れる場所なんですね。新しい高架線が東急5000系列にぴったり合っていて、1枚目の画像が今回のベストショットかなと個人的には思いました。それと3枚目の新2000系、こちらの画像は西武線らしい車両が良く撮れていて、前方の車両への光の当たり具合も良く、同点1位かなと思います。もちろん被写体(車両)の好みだけでいえば後者に軍配が上がりますが(笑)
・上り側はどうしても前面の構造物が気になってしまい、画像的には残念ながら今一つすっきりしない気がしますが、10両編成全体を画像に収められるのは良いですね。
・メトロ10000系、トップナンバー含め初期の黄色帯入り編成を2本も撮影できたのはラッキーでしたね。5直の中でもメトロ車は特に運用範囲が広く特定の編成を捕まえるのが難しいだけに。高速走行で激しく揺れるのはおそらくは台車のせいではないかと思われます。
・西武9000系、池袋線の優等列車では一番遭遇率が高いのではと思いますね。そこにしか使えない車両なので当然ではありますが…
・30000系、10両固定編成の画像は確か初めて見ました。トップナンバー、やっぱりこの番号は良いですね。でも一般的には最初に登場するトップナンバーが最初の編成から6年も経ってようやく登場…珍しいケースだけに、後々誤解や混乱が起きそうですね。
・3009編成の画像、最前部が線路沿いのスピーカー?に掛かってしまったのが惜しいですが、最後の3000系黄色8連の記録として良い画像が撮れて良かったと思います。
・レッドアロー、朝夕と日中で利用者数の差が大きいので、基本編成を短くして朝夕には増結するというのは営業的にも良いアイデアではないかと思います。拝島系統と本川越系統の併結も出来ますし。10000系もデビュー20年が経過しており、更新時期に合わせて検討されるかも。
・2+4+4の新2000系、池袋線でこの編成というのも珍しければ、4連の3色LEDも珍しいですね。方向幕のまま転属している編成もあるとなると、わざわざLEDを2000系と入れ替えたのは謎ですね。
・6050系にも戸袋窓閉鎖編成が出現しましたか。9000系同様外板の色は周りと合わせてあるものの、やはり見た目の違和感が何とも言えませんね。

・Bトレ名鉄5500系、これが最初の名鉄Bトレだったんですね。5500系の3種復刻塗装もそういえばあったなと。当時は引退間近とあって人気のあった形式で、それで3種とも製品化されたと思いますが、確かに思い切ったことをしたものですね。
・初期製品にはついていたというプラットホーム、なるほどこういうものでしたか。ホームそのものの造りは簡易的ながら、実物そっくりの駅名板ステッカーのおかげでホームらしい雰囲気になって、良いおまけでしたね。今でも、もう少しホームらしい造りにすれば別売りで販売しても売れるような気がします。
・車両画像、実車を知っているのですごく懐かしさを感じました。この復刻塗装に塗られた5500系自体はさほど記憶にないのですが、豊橋鉄道渥美線が名鉄7300系入線・昇圧までこの塗装が標準で、この5500系の少し前に製造されて造りに共通点がある5200系が車体のみ譲渡されて活躍していたのをよく覚えています。なんかいいとおっしゃっている側面の窓も、昔はちょっと古臭く見えて今一つだと思っていましたが、確かにちょっと独特な感じがしますね。また、行先・種別表示のセレクトも、「高速」は1990年に消滅、「新岐阜」は2005年に「名鉄岐阜」と改称されて消滅、急行碧南行もかつてはJRへの対抗から(三河線刈谷以南の乗客が刈谷でJRに乗り換えずに名古屋まで名鉄に乗ってもらおうと)毎時2本走っていましたが今では消滅しており、個人的にすごく懐かしく思いました。

それでは、また。
とーます |  2014.04.29(Tue) 19:54 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/681-2d96a49a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。