2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.17 (Thu)

◆2014 Vol.13◆

こんばんは。


ツイッターの方でもつぶやきましたが、芝桜の臨時として西武新宿~西武秩父の4000系による列車運行…これまでにも4000系は何度か新宿線に来ていますが、まぁ当日特に手続きがなくても乗れる形で運転されることって今まで聞いたことないですね。4000系はこうした臨時列車運行に西武の中で一番適している車両な気がするのでこういう企画は今後もどんどんやってほしいですね。

さて
今回は…定点観測シリーズ…えっといくつだ?…⑦か やっぱり覚えてないよな。。。 

っていうことで(←つまらない自作自演におつきあいいただきありがとうございます)定点観測シリーズ⑦の武蔵小金井です。武蔵小金井撮影ですが、実はほぼ半年ぶりになります。寒くなってから、武蔵小金井のこの場所は本当に寒いので撮影できていませんでしたが、久々に…行ってみたところ ん?なんか状況が変わってる?ってことで今回はそのレポート的な内容となります。

DSCF0173.jpg
2月に完成と思っていたのですが、それは一部部分のみで見た感じ進捗状況は50%程度といった感じでした。で大きな変更点といえば、ここの西武バス用の折り返し場所が封鎖されたところが大きいかもしれません。雰囲気的に折り返し場が復活しそうな雰囲気があります。で西武バスはどうしているかというと…

DSCF0171.jpg
ここより手前から南口にあるイトーヨーカドー駐車場出口とアクウェルモール駐車場出入口のほうに通じる道の車通行が可能となったため、ここを通り先にあるT字路を右折→先ほどの折り返し場の先の部分に通じる道路→右折して折り返しするということになっているようです。ちなみにこの画像はバスの前にトラックが停まっていて動けない状態になっている場面。

DSCF0172.jpg
っていうことで南口のヨーカドーと北口発着のバスがコラボするということになりました。

DSCF0176.jpg
で、折り返し場の部分で撮影できていた京王バスもその場所では撮影が難しくなり一つ手前の交差点(↑で出した駐車場出入口の道)で撮影する感じになりましたが、ここは人通りが多くピントが合わせづらい。。。

DSCF0177.jpg
関東バス。関東バスについては乗り場が移動になり、少し駅に近くなりました。

DSCF0178_20140412154841912.jpg
京王バスの小平団地と中大循環は一時的にバス停が仮設になっていたものが整備され、ここは完成といっていいかと思います。でも以前は屋根があったと思ったのですが、これから取り付けるのかもしれません。

DSCF0179_201404121549423d8.jpg
京王バスのUAノンステ。

DSCF0182_2014041215494818a.jpg
左折する西武バス。西武バスは他に待機場が先にあるので時間がある場合はこれまで通りそちらまで移動。ということで前はどちらも撮影できたのが、この場所以外ではどちらかしか撮影できなくなってしまいました。。。

DSCF0183_20140412154954886.jpg
折り返してきました。

DSCF0187.jpg
移動して小金井街道のところまで移動。こちら側はまだ工事中で、今まで通りの撮影ができますが、どうやら自分が撮影している場所は今後車道になるようで、どうなるか。

DSCF0188.jpg
高架下を抜けて直角カーブする場面でMPワンステ。道が狭めなので迫力があります。で、それよりもこの車両、短尺ワンステですが、短尺といえばひばりが丘~武蔵境での運行が多いのでここでは比較的珍しいかと思います。

DSCF0189.jpg
ぶれてしまいましたがエルガ。

DSCF0190.jpg
京王バスJP。ところで京王バス小金井も行先表示が変更され、系統番号・経由地など・行先になりました。これも見やすいとは思いますが、ローマ字表記が省略されたのがなんとも言えない感じです…w

DSCF0195_2014041215513282d.jpg
ヨーカドーの前で待機している西工フルフラットUA。道は広くないものの、バスが待機していても横を車が通ることは可能になっています。

DSCF0199.jpg
続いて、京王バスがUターンする場所をみてみると…ちょっとこれはすごいw 工事中のせいか坂ができているところでUターンとなるためこんな激しく斜めるようで…w これ回送だからいいものの乗ったらかなり揺れそうですね。

DSCF0203.jpg
西武バスのMPワンステが来たので無理やり撮影。

DSCF0206.jpg
京王バスが来たので狙ってみましたがシャッターを押すタイミングが難しくあまり迫力ない感じに。。。 に、しても激しいですなw

DSCF0208_201404121552513b6.jpg
ブルーリボンⅡが来ました。やはりこの周辺での電鉄カラーのKVは違和感しかないですね。小金井といえばベテラン車が多いのでこれが導入され増えるのか、1台だけが続くのか気になるところです。

一旦時間をおいて再度撮影を開始。

DSCF0211.jpg
ブルーリボンⅡを再び撮影。中大循環は路線が短いのでぐるぐる回っているので同じバスを何度も撮影することができます。

DSCF0212.jpg
戻ってきた短尺MPワンステ。

DSCF0213_2014041215530604f.jpg
UAワンステ。高架と店の間から出てくるのはこの周辺ではあまり見られない光景なのでなんかこの構図は新鮮です。ちなみにこの道、以前は両方向通行可能ですが、奥の高架下が開通したため一方通行化されたようです。

DSCF0214.jpg
RAワンステ。ここは人通りもそれほど多くないので失敗は少なそうですが、ここで折り返さないバスも結構いるので確実にいっぱい撮影できるわけではないのが難点。時々来てみるのは良いかもしれません。

DSCF0215.jpg
フルフラットUAも戻ってきました。やっぱりこの車両が一番絵になるというか新7Eと並んで撮影しがいのある車両ですね。

DSCF0216_20140412155408683.jpg
QKG-MPノンステ。滝山と小平には結構な数が入ったので武蔵小金井では既に当たり前のように見ることができます。AP/MPも既に西武バスの1/3ぐらいになった感じがしますが実際どうなんでしょうね。

DSCF0217.jpg
連続でMP。ってあれ?なんか違和感 と思ったのですが、どうやらバンパーがほかの西武のMPより色が濃いというか、他のはもっとグレーなのにこれは黒のようで…立川の新車は普通だったと思うのですがこの車両だけの特徴っぽいですね。

DSCF0219.jpg
最後に京王バスのJPを撮影して北口からは撤収。

DSCF0221_20140412155505e37.jpg
南口に移動するとJPが停まっていたのでなんとなく撮影。。。ナンバーが400台ですが、多摩の400台だと今年から徐々に引退が進むと思われる世代かと思います。まぁこれらの車両は老朽化というより規制での引退が多いと思うので譲渡が多くなるとは思いますが。。。

DSCF0225_20140412155511a9d.jpg
リムジンバス…これは富士重工車体ですね。なんかまだ新しいイメージなんですが、品川で300台というとかなりのベテランですね。
っていうことでこれで定点観測は終了。

まぁまた学校も始まったことですし、またちょくちょく撮影に来てみようと思います。

さて、もう1か月ぐらい前ですが2013年3月16日の5直開始から1年たったということで記念グッズが発売されましたが、そのうちの1種を入手。

DSCF9897.jpg
ボールペン5色セットです。このボールペンはノックするたびに中央にある方向幕が変わる(3パターン)というタイプでこれ自体は東急やJRタイプのものが以前から出ていましたが、それを5直…5社同時に5色セットで販売という形です。で西武や東武などはまだ出したことがなかったので今回が初商品化ということになります。で、表示が3つのうち2つは全商品共通のパターンになっているのですが、残り1つはセットにより違うとのことでそれは開けるまでわからないという形です。で、片方のみ「西武球場前」が入る(東急に)ということだったのですが、購入して確認したところそちらのセットでした。置いておくのももったいないので使おうと思います…w

続いて…祖母と母の妹が京都周辺に旅行に行った際に、記念で撮影した写真の中の鉄道画像が提供されたためw せっかくなので掲載してみます。

IMG_0011.jpg
これは…嵐電の新塗装車ですね。嵐電は一応実際に見たことがあり、ゲームも結構やったので少し知っている路線ですが、一度乗ってみたいと思っている路線です。この形式ですが、以前からデザインが箱根登山に似ているなぁと思っている車両ですw 

IMG_0059.jpg
これは…北近畿タンゴ鉄道の栗田という駅の時刻表のようです。1時間に1本程度列車があるようですね。北近畿タンゴ鉄道…小さいころ持っていたビデオに出てきていたので路線名と車両だけやたら覚えていますww

IMG_0065.jpg
これはKTR700形という形式。なんか前面ライトが0系っぽい感じがしますね。っていうか最近登場の例の鉄道ホビートレインの反対側の前面っぽいですね。この車両、調べてみると20M車のようでこういうローカル私鉄の気動車にしては大型ですね。

IMG_0066.jpg
反対側。大きくカニが描かれているという大胆なカラーリングw

IMG_0095.jpg
これは…京都から出ている奈良線の稲荷駅付近で撮影の103系。JR西というとあの大規模な体質改善車のイメージが強く、あれもなかなか好みなのですが、いろいろ改良されているとはいえ全体的に原型の雰囲気が残るこちらもなかなか良いですね。自分でもがっつり撮影したい形式でもありますね。

さて、最後はBトレネタ。

DSCF0094.jpg
今回は…阪急9300系を組み立て。阪急ですがこれは2012年に一般販売されたものです。当時、既に阪急良いなと思っていたのですが、Bトレで集めるほど知らなかったこともあって(同じ理由で購入しないまま後悔しているのが6300系)未購入だったのですが、7000系更新車を購入してから急に欲しくなり、偶然まだ売られているところを発見したので購入しておいたものです。阪急…というか西の私鉄は限定品で売ると瞬殺になるので、こうした一般販売品は助かりますw

DSCF0112_20140412154705999.jpg
ステッカーです。9300系は基本は特急用のためか行先は梅田と河原町のみ用意されています。阪急は以前の商品からずっと側面方向幕を用意しているのが特徴で、これにも付属

DSCF0097.jpg
で、前面は第1編成とそれ以降の編成でライト形状が異なるため2種付属していますが、自分は9000系を持っているため形状が違う第1編成のものを取り付け。快速梅田と通勤特急河原町。京都線はいろいろ種別があるようですね。

DSCF0098.jpg
Mc車の9400。側面の携帯オフ車両の案内は7000系のステッカーのものを貼り付け。それにしても側面窓が大きいですね。どうやら最終増備車では少し小さくなったようですが、良いですねこれ。

DSCF0099_201404121545284cb.jpg
M車9800。

DSCF0100.jpg
T車の9850。ところでこの9300系は3M5TというE231系チックなT車の多さが特徴ですね。

DSCF0101_20140412154652fe7.jpg
Mc車の9300。阪急はこの形式までは長年先頭ダブルパンタとMcを貫いてきたのですが1000系・1300系では先頭はTc車でMはすべて中間に置いた構造のようで。。。ダブルパンタ・Mc車推し(ここで推しを使うのも何とも言えないですがw)の自分からするとその変更はちょっと残念です。ちなみに9300系はさらに東洋製VVVF、しかもデザインが自分好みということで阪急の中でも特に乗りたい形式です。

DSCF0109.jpg
9000系との並び。まぁ9000系もあったので9300系はいらないかなと思っていたのですが、阪急については今後そろえたくなっていますw 今度の8000系も楽しみです。

DSCF0108.jpg
9000系(上)と9300系(下)の比較。窓の大きさがやはり違いますね。9000系はどちらかというと最近の車両の中では高めで、逆に9300系は低めということで印象も少し違いますね。

ということで今回は以上ということになります。

さて、とんでもなく私事(っていうかこのブログの内容自体個人的なことを掲載しているわけですけど)ですが、東村山からの配信は終了し、今後は府中からの配信となることになりました。。。ということで西武新宿線沿線民ではなくなることになりましたが、今度は京王・武蔵野・南武 そして西武多摩川線が近いという感じになります(余談ですが多摩川線って同じ西武内でも独特な感じがして違う路線っぽいイメージがあります)。。。 まぁ同じ多摩だしそこまで離れるわけではないので、あまり変わらないですが、今後もまぁ時々東村山の定点観測はしようと思いますし、やはり今まで通り西武線ネタが中心にやっていこうと思っています。
この絡みで多忙な状態なので、当面はブログ更新が多少少なくなるかと思いますが、落ち着いてきたらまた今のようにgdgdと書き連ねていきますのでよろしくお願いします。

っていうことで今回はこのへんで

スポンサーサイト
22:44  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

新宿線から秩父直通は需要があると思うので、今後も継続して運転されるといいですね。>
勿論直通系統からの客へのPRも必要だと思いますが、新宿線からの客へのPRも十分効果がありそうです。おそらく新宿線利用者の中には4000系なんていう車両は見たことも無い人が多いと思いますし。。。4連と8連で運行できるという柔軟さを生かした運転を期待したいですね。

移動可能なタイプになっているので、これもまだ仮の姿かもしれません。>
その可能性はありますね。本格設置になったら屋根等もつきそうですね。

ちなみに短尺の運行が多いというひばりが丘~武蔵境は道幅の狭い個所があるのでしょうか? >
団地経由やイオン(南沢)経由と三鷹~ひばりヶ丘が経由するひばりヶ丘駅手前の道が狭い上に直角カーブがあり、整理員さんが誘導している部分があるので、そこの対応かなと思います。それと団地経由は田無→ひばりヶ丘で田無駅発車後にかなり狭い道を通った後に交差点を直角に左折するところがあったり、短い区間ですが狭いところがありますね。

英語表記はつける傾向にあるのをあえて逆行したのは不思議>
これ、同じような表記にした府中営業所のバスには英語表記があるのと、中大循環といいつつ中大附属を出ると「武蔵小金井駅」になるので、そこでは表記されるようで。。。中大循環にもつけたほうが良い気がするのですが…

車が横風にあおられて斜めに傾くイラスト>
あぁありますねw ところでこの場所、客がいたら低速でも全員がジャンプした みたいな感じになりそうですね。。。

この地区の京王バスカラー車が減ったのか、単なる偶然でしょうか?>
まぁこちらに来るバスカラーが小金井の数台か、府中の東小金井駅ぐらいしか無いので、小金井のバスカラー車がこちら側に入ってきていないと京王電鉄カラーばかりになりますね。バスカラー車の数については最近は動きは無いかと思います。

パッと目には気づきにくく、>
確かに「光線の違い?」って感じるレベルの細かな差ですね。MPがかなり増えているので逆に特徴がある車両が目だって見えたようですw

このタイプは今まで知りませんでした。>
自分は立川・西武線・中央線沿線に出店している店で、113系東海道線(たしか、東京、快速小田原、静岡だったかと)やそのほかのタイプをみたのが始めてで、その後東急の売店で東急仕様が出ているのを見て購入+S・S氏へのお土産としたことがありますね。

東急に「西武球場前」が入っているというのもマニア心をくすぐるなあと。>
しかもAかBかどちらのセットのみについていて、それは選べないというのが買わせようとしている感が出ていますねw コレですが、4月の時点では所沢などでは普通に出ていましたが今はさすがに無いかもしれません。。。

このタイプも原型に近い感じがあって良いなと思います。>
西日本というと新車並みに更新した体質改善車のイメージがあり、あれもかっこよくて好みですが、原型に近いのも良いですね(というか最近、更新より原型が好きという形式が増えてます。年齢があがるとそうなるのかなw)。阪急、南海、そして201系・103系は特に撮影してみたい関西の鉄道です。あと神戸電鉄なんかも魅力がw 

M車が中間に行ったというその変更は僕も残念です>
ちなみに音はE233系っぽいようです。先に全体的に共通化した関東より関西のほうが独自色が強い感じがするので、時代とはいえ共通化していくのはちょっとさびしいですね。

ではまた(すみません。コレ以降の返信もなるべく早めに行いたいと思っていますが、もうしばらくお待ちください(おそらく6月中にはVol.16までの返信は出来ると思います))
HIROKI |  2014.06.13(Fri) 00:22 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんにちは。久しぶりにコメントさせていただきますね。

・西武新宿線を走る4000系、僕も初めて聞きました。確かにもともと行楽輸送目的に造られた車両なので、こうした臨時列車には最適ですね。新宿線から秩父直通は需要があると思うので、今後も継続して運転されるといいですね。

・武蔵小金井、半年の間にかなり様子が変わっているようで…しかもまだ工事途上とのこと、最終的にどんな姿になるのか気になりますね。北口のみ発着の西武バスと南口のヨーカドーのコラボも期間限定で、貴重な記録になりますね。一方、小平団地と中大循環の乗り場は屋根がなく、バス停もターミナルでよく見られる固定式ポールでなく移動可能なタイプになっているので、これもまだ仮の姿かもしれません。
・高架下のMPワンステやエルガの画像、確かに迫力ありますね。武21系統といえば以前書きましたが僕が以前大回り系統とは知らずに全線乗った系統なので懐かしいです。別に道幅が狭いところはなかった気がするので、短尺ワンステが入っていたのはたまたまなのかも。ちなみに短尺の運行が多いというひばりが丘~武蔵境は道幅の狭い個所があるのでしょうか?
・京王バス、行先表示が変わったとのことで、すっきりした印象を受けました。でも英語表記はつける傾向にあるのをあえて逆行したのは不思議ですね。ちなみにしずてつでも静岡日本平線や石田街道線(登呂遺跡と久能山?)など、観光地へ向かう一部路線の行先表示に英語表記がつくようになりました。
・京王バスのUターン場所、この斜めっぷりは凄まじいですね。初めて見ました。高速道路上の表示板で「強風注意」の時に、車が横風にあおられて斜めに傾くイラストが出ますが(個人的にお気に入り)、それを実写で見ているような感じです(笑)
・電鉄カラーのブルーリボンⅡ、この地区では珍しいようですが、この日の撮影画像に京王バスカラーが1台も登場していないので逆に違和感を覚えませんでした。この地区の京王バスカラー車が減ったのか、単なる偶然でしょうか?
・西武バスと高架と狭い道の組み合わせ、西武線沿線でもあまりなかった気がするので新鮮な構図だなと思いました。新しい&期間限定かもしれない組み合わせなので、ここでベテラン車フルフラットUAを撮影できて良かったですね。
・連続登場のMPのバンパー色違い、クリックした画像でじっくり見比べるとわかりますが、パッと目には気づきにくく、いつもながら鋭い観察眼だなと感心しました。1台だけ違うのは確かに不思議で、今後増えるのかどうか。
・リムジンバス、この独特な車体のバスもそういえば登場してからだいぶ経ちましたね。今なお目新しい感じがしますが…

・ボールペン5色セット、ノックするたびに方向幕が変わるというこのタイプは今まで知りませんでした。5社セットでしかも方向幕がリアルと、かなりポイントの高いグッズですね。東急に「西武球場前」が入っているというのもマニア心をくすぐるなあと。あまりグッズに手を出さない僕も思わずほしくなりましたが、さすがにもう売り切れでしょうね。

・嵐電、この紫系単一塗装は僕も少し前に行ったときによく見ました。某コーヒーチェーン店の文字入りはなかったと思いますが…
・栗田駅、北近畿タンゴ鉄道の中では最寄りに観光地のないマイナーな駅と思われ、この駅に旅行で立ち寄られたというのが珍しいなと…というより僕自身存在を忘れていた駅でした(汗) こうして時刻表を見るとローカル線としては十分な本数がありますね。KTR700形、ライトが確かに0系っぽいですが、車内の座席も元新幹線0系の普通車の座席を利用(一部改造して使用)していますね。宮津線開業(転換)時に登場した車両で登場20年以上が経ち、少し前に行ったときには当初の塗装のままの車両はかなり色あせていたので、こうしてカラフルな塗装で面目を一新しているのは嬉しいです。
・奈良線の103系、僕が大学生の頃から活躍していて、その当時京都に用事があって何度か行ったときに乗ったので個人的になじみがあります。JR西日本の103系は体質改善車かこのタイプかに大別され、最初は戸袋窓なしに違和感を覚えましたが、JR東日本の103系なき今となってはこのタイプも原型に近い感じがあって良いなと思います。阪急もそうですが、一度関西でじっくり撮影&乗車できると良いですね。
・Bトレ阪急9300系、京都線の特急車両で乗ったこともあり、側面窓が大きいという印象はありましたが、製品で見てみると一層その感じが強いですね。9000系と違いクロスシート車なので眺望を考慮したのかも。3M5Tでも両端先頭車がMcというのがファン的には嬉しい車両(モーター音と前面展望が一度に楽しめるので)ですね。1000・1300系は登場したこと自体初耳でしたが、M車が中間に行ったというその変更は僕も残念です。

それでは、また。
とーます |  2014.05.24(Sat) 10:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/683-bbbf7957

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。