2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.20 (Tue)

◆2014 Vol.16◆

こんばんは。

結構暖かく…っていうか暑くなってきましたね。ただ、川のすぐ手前ということからか、夕方以降は冷たい風がかなり強く吹くので夕方は結構涼しいです。夜になるとまた風が止んで暑くなりますが…
これが夏がどうなるかが気になりますね。強風というと…藤枝は強風がほぼ常時吹いていましたが、それ思い出しますw 

さて、
今回は…なんとなく都営新宿線に乗りたくなったので乗ってきました。とりあえず行き帰りのどちらかを各停、もう一方を急行に乗ってこようと思い、まぁ全線1往復してきました。

DSCF0424_20140518171939c3b.jpg
今回は、家から徒歩数分にあるちゅうバスの是政バス停からバスに乗車。是政循環のバス停で、8時20分から19時20分までオール30分間隔で府中行き(19:50の最終は是政駅まで)が来ます。ちなみに、ここから徒歩1分ぐらいのところに是政5丁目、徒歩30秒ぐらいのところに是政駅バス停もあります。で是政と是政駅は3分もあるので時間調整時間を兼ねている(といっても遅れは回復できるほどではないですが)ようです。こまめにありすぎる感じもしますが、自主運行バスだからできることかもしれません。

DSCF0425.jpg
来ました。是政循環は利用が比較的多いらしく、是政循環専用のレインボーⅡノンステが用意されています。2012年の車両のようです。そういえば以前(2011年以前だったかと)武蔵小金井でChuBusとプレートがあるままで走っているバスカラーのレインボーⅡを見ましたが、どうやらこれは、リエッセでは収容力不足+専用車導入までの間の一時的な運用だったようです。
ちなみにレインボーⅡは初乗車でしたが、結構音が大きいのと停車中に小刻みな振動があり以前のバスを思い出しましたw
府中駅までは20分程度でした。放送は普通の京王バスの言い回しで、京王独特のつぎはぎで3つの声が組み合わせてあるものでした。ただ宣伝については若干少ないようです。

府中からは京王線。まずは9030系の特急で調布に移動し、橋本からの7000系前期車の快速に乗り換え。最近、よく快速使っていますが、特急みたいに明大前までノンストップじゃないし、各停ほど遅くないしで結構個人的には良い種別だなと思いますwちなみに府中でみた各停が8000系の制御装置更新車でした。。。8000系なら各停にしようかと思ったのですが、音を聞いてやっぱりやめましたw
笹塚で…ちょっと撮影しようと思ったのですが、ちょうど10-000形が停車していたので乗っちゃうことに。10-000形はいつのまにか減っているので、1回逃すと連続で10-300形とかもありえるので。。。

DSCF0427.jpg
各停でしたが、岩本町で急行の退避をするダイヤでした。これ、岩本町で退避するのはいいですが、通過待ち後に3分ぐらい停まるのでなんか結構時間かかるなぁって感じました。あと新宿線は駅間距離が短いようですぐ次の駅に到着しますね。地上区間の東大島付近を過ぎると自分が乗っていた車両は乗客がかなり減ったので座席を。。。ぶれてしまいましたが、10-000形は京王と合わせる形で車端は4席です。

DSCF0428.jpg
個人的に気に入っているこのドア。ドアチャイムと千鳥配置でLED表示機がついていました。ところで車端が4席になっているためかドア横のスペースがきつきつになっていますね…w

DSCF0429_20140518171958b0c.jpg
座席。個人的には座席の色もそうですが、窓の配置も1枚目と2枚目が比較的離れているところも独特で良いですね。あとやはり今は貴重になった電機子チョッパも、音が小さめですが界磁チョッパやVVVFの派手な音とは違うどちらかというと電車っぽくない音が独特ですね。まぁちょっと物足りない感じですw ところでこの編成は最終増備のマイナーチェンジ車と同様の内装の後期車のようです。というか既にこの内装しか残ってないようで…

DSCF0439_201405181720212aa.jpg
本八幡に到着。スカートがつけられている編成でした。ところで都営新宿線の駅は比較的電車とホームの段差が高いようで、新しい京王9000系でも高めでした。新宿線ではホームドア導入が決まったようですが、JR山手線がホームドア設置時にホームが若干嵩上げされたように、少し改善しても良いかもしれませんね。ところで10-000形は最後のマイナーチェンジ車も含め28本いたようですが、幕式の車両はすべて引退してしまったようで、既に10-000形としての残りは9本にまで減ったようです。10-300R形がコレに加わるので中間車・チョッパ制御はもう少し残っていますが、この顔は7本(9本のうち2本はマイナーチェンジなので)だけになったようです。。。

DSCF0440.jpg
表示機。LEDに改造されていますが、元の表示位置をそのまま使っているようです。この仕様の車両より前の車両は幕式のままか、中央に新たに新設した表示機が使われています。ところで、後期の仕様なのでラインカラーがステッカーのようです。これより前の仕様だとラインカラーが板になっています。

DSCF0446.jpg
独特の表示機。車両は各停表示ですが、こちらは普通となっていて東武と逆のパターンになっています。まぁもともと新宿線は各停表示が無かったので、そのときのままということのようです。路線図型表示機が独特ですね。

DSCF0447.jpg
番線表示。ところで都営は…正直言うとメトロに比べて駅設備が古っぽく、駅も暗い感じがするのですが、そこが地下鉄っぽくてなんか良いですね。公営っぽい感じが結構しますw 

DSCF0450.jpg
改札に上がり切符を買いなおして京王線方面へ戻ります。都営線の運賃表はどうやらステッカーになっているようです。都営地下鉄は6月に運賃改定なのでそれに対応したのが後ろに描かれていると思われます。

帰りはちょうど停車していた急行橋本行きの9030系に乗車。9030系を京王以外で乗るのは今回が初めてでした。で、去年のダイヤ改定以来気になっていた都営側の急行の表示でしたが、急行橋本となっていました。LCD表示で「新宿から区間急行になります」と出ていました。都営側がこうしているなら京王側も合わせたほうが良さそうに感じました。

急行でしたが笹塚で下車。急行ですが、速度はあまり上がらないもののやはり3駅通過とか、結構通過駅が多いので各停に比べて実際以上に速く感じました。あと、通過駅では必ず55km/h程度に減速してから再加速していましたが、確か浅草線でもエア快は必ず減速していたのと同じですね。途中、瑞江と岩本町で各停を追い越しました。

DSCF0452.jpg
笹塚で撮影しようかと思いましたが、こちら側はあまり上手く撮影できそうに無かったので、これの次の快速か各停に乗ることに。都営と京王が並ぶのはまぁ当たり前ですが一応記録。

DSCF0454_2014051817214859d.jpg
都営10-300形。

DSCF0468_20140518172153c48.jpg
来たのは7000系の後期車の快速…これで調布まで行けばさっきの各停の8000系に乗れるので快速に乗車。9030系などのE231系タイプのドアで銀色だと冷たく感じるんですが、古いタイプで銀色だとそうは感じないという不思議…w ちなみにLCDが設置された編成です。

DSCF0474_20140518172158398.jpg
優先席の座席。

DSCF0480_201405181722021bd.jpg
ドア下の黄色。

DSCF0481_201405181723545fb.jpg
座席。西武の超更新は普通の座席が青で、優先席がピンクですが正反対になっていますね。

DSCF0482_2014051817235874d.jpg
調布で下車。まぁつつじヶ丘で各停に接続するのでつつじヶ丘で乗り換えても良かったんですがなんとなく調布まで来ましたw。今考えるとつつじヶ丘にしとけば8000系の音が長く聞こえたかなと若干後悔…w

DSCF0484_20140518172402026.jpg
で、8000系が来ましたが、車内の照明がLEDに変更された編成でした。7000系から乗り換えてくるとかなり明るい(乗った瞬間は明るすぎと思う)感じです。個人的には明るい照明のほうが好きなので問題ないですが、人によっては違和感を感じるかもしれません。
これで府中まで…と思いましたが、ふとある考えが思いつき東府中で下車。

DSCF0486_201405181724076ca.jpg
競馬場線の7000系2両を記録したいと思って降りてみました。ちょうど電車が発車するのと同時に入ってきました。とりあえず東府中表示が変わる前に1枚撮っておこうと急いで撮影。

DSCF0492_20140518172413e86.jpg
ちなみに競馬場線の線路は緑化軌道…ではなく自然の雑草による自然緑化軌道状態です。ある意味、一から緑化軌道化するよりも環境に良いかもw

DSCF0498_201405181725023ad.jpg
前パンを写したくてあえて明るすぎの設定にして撮影。ちなみに前パンですがこちら側はTc車で音しませんw うーん、前パンは迫力あるはずなんですが、7000系だとあんまりしませんねw 見慣れてないというのもあるかもしれません。 

DSCF0504_20140518172507981.jpg
もう1枚しっかり撮影しておきますw ちなみに2連のこちら側の先頭車は6000系同様にスカートが無かったのですが競馬場線用のみとりつけられたようです。それにしても京王が2両で走っていることに違和感がw ちなみに、この競馬場線にのって正門前から徒歩で家に帰ることも困難ではないです。

DSCF0505_20140518172511356.jpg
なにやらHMが取り付けられていました。競馬場への電車利用のPRのようですね。

DSCF0509.jpg
側面表示機。行き先表示細かいですねw

DSCF0513_201405181725198d6.jpg
ところで撮影場所にはやたらと鳩糞が落ちていて撮影時も真上にいたのでびくびくしながら撮影(以前カラスに糞を落とされたことがありましてw)していたのですが、こんな表示が。わざわざピクトグラムつけるぐらいなので結構そういうハプニングがあるのかもw

DSCF0515_201405181726261fe.jpg
次の電車まで暇だったので適当に撮影。うーん、やっぱり京王車に前パンはなんか変な感じがしますねw

DSCF0516_20140518172631d6f.jpg
ドア。7000系のものは取っ手が上部にあるのが特徴ですね。ドア窓も京王独特仕様ですし、特徴あるドアですねw

DSCF0517_20140518172636467.jpg
窓。個人的には京王は6000系の角ばった窓が好きでしたが、7000系の1つ1つが独立した窓も良いですね。ちなみに京王は車端が4席のためか、扉間の窓というか長さが他社に比べ若干短いみたいですね。

DSCF0521_20140518172640c4c.jpg
電車が来たので乗車。9000系でした。今日は、9000系(30番台・0番台)、8000系、7000系(前期車・後期車)と、京王の現役車両すべてに乗れました。
この後は府中市役所に用事があったので市役所へ。

DSCF0522_201405181726478b8.jpg
帰りは府中のバスターミナルからちゅうバスで帰ります。ちゅうバスですが、専用のバス停が3つ用意されていてルートも府中駅に来る路線が6路線ある(あと1本府中駅に来ないものがある)ようです。すべて30分間隔でコミュニティバスとしてはなかなかしっかり運行されている感じがします。ところでコレを撮っていると国分寺から来た日野レインボー中型ロングが来ていましたが違和感しか無かったです。撮影したかったなぁとw

DSCF0525_20140518172745be1.jpg
是政循環で是政へ。途中、是政から府中方面とは違い、一旦中央高速の側道をルート的には大回りするような形になります。で、今ちょうどそのちゅうバスが通る側道区間の一部にスマートICが建設中のため、一部迂回が発生しているんですが、普通なら側道から中央道の下を交差する道に右折→その先の比較的大きな道を右折→新小金井街道との接続点をとおり是政方向へというルートのところを、1本前の中央道下を交差する道を右折→その先の比較的大きな道を左折→西武多摩川線と道路の立体交差がある小柳立体交差の上を回って是政方向へというルートになっています。発車していくところを撮影。

DSCF0526_20140518172750002.jpg
その迂回もあり定刻より5分程度遅れて到着。乗客はやはり結構乗っていました。道的に厳しいですが、大型でも良さそうなぐらいで、大型が無理なら20分間隔ぐらいでも良さそうに思えました。で、大回りするのに、甲州街道を通らないせいかダイヤ設定が是政からの府中方面より時間が短くなっています。というより調べてみたら府中方面は、府中町二丁目→府中駅となるのですが、ここは空いていれば1分程度なんですが、ダイヤ的には混雑対応で、7分設けてあるようです(時刻検索するとそう出る)。そのため実際には是政からの府中方面も15分程度で着くようです。ただダイヤ的には1週40分になっているので1台ではまかなえないので2台体制になっている(府中駅で20分程度待機)ようです。
それにしても15分もバスに乗れて100円とはやっぱり安いですねw

この後は徒歩で帰宅で以上ということになります。

別の日ですが、若葉台で買い物ついでにバスターミナルに行って少し撮影したので画像を。

DSCF0532_20140518172803229.jpg
神奈中のMPノンステ。2600台なので新車です(といっても既に2600台は後半になってますが)。町田営業所なので普通に短尺です。ちなみにこの系統は鶴川駅行きで、1時間に1本~3本出ているようです。バスコレで製品化されたのがこれの営業所・ナンバー違いということになりますね。

DSCF0541_20140518172808fcb.jpg
京王のエアロミディ中型ロング。後部のライト多いですねw多摩のUAと同様、なぜかナンバーが新しく変更されていますが、車番的に2003年導入車です。実はエアロミディは前面はあまり好みではないですが、後部や側面の窓配置が独特な点は興味があります。ところで、この稲城行きも若葉台循環のように小田急との共同、交互運行となっているようです。

DSCF0543_20140518172911e6d.jpg
聖蹟桜ヶ丘駅行きでもエアロミディが来たので前面も一応。エアロミディもまだまだ新しいイメージがありますが、11年経っているので、置き換えがもうすぐかと思われます。京王も少しずつですが、中型ロングの比率が下がってきているので、あと2~3年で相当数(JPも含め)減るものと思います。

DSCF0546_20140518172920854.jpg
小田急バスエルガ。2011年式ですが、このころはまだラッシュ仕様が標準仕様ではなかったころなので、標準仕様ではない車両ですね。小田急では結構見られますが、他社ではあまりない(標準仕様になってからは首都圏ではラッシュ仕様がほぼ選ばれていますが)ですね。

DSCF0554_20140518172926b98.jpg
個人的に最近の車両の後部では、一番気に入っているのUA。自分が知っているバスというか、小さいころから一番見られたバスの後部デザインは、UAのようなタイプなので、「バス」というとこういうデザインが思い浮かびます。ということもありRAや最近の車両の縦型は規制(高さの)でしょうがないとはいえあまり気に入りません…w ちなみに京王のUAは後部窓が3分割された仕様ですが、なんとなく昔のモノコックバスらしさがある感じがしますね。

DSCF0557_20140518172931d19.jpg
さっきの小田急バスのエルガ。今言った様に縦型テールはあまり気に入らないわけですが、エルガは今でも唯一横並びの以前のバスのスタイルが貫かれている点で、この後部は良いですね。

DSCF0561_20140518172936515.jpg
京王バスのUAの前面も一応撮影しておきます。

DSCF0528.jpg
稲城市の自主運行バスのiバス。南多摩の近くまで来ているルートもあるので、稲城市側に渡ると見ることが出来るバスですが、どのルートも本数がそれほど多くないようです。リエッセとポンチョが使われているようで、小田急バスの運行なので、新しい車両には前面の青色LEDランプがついています。あと車体中央になんかキャラクターがついていますが、名産の梨がモチーフのようですね。

これで以上です。今度、若葉台も定点撮影をしていきたいと思います。まぁ本数が多くないので少しずつになりますが。。。

では今回はこのへんで。

追伸:全国バスコレのしずてつMPワンステが発売され、既に自分も手元にありますが、画像紹介は次回以降にまわします
スポンサーサイト
21:00  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは

1993年が記録的な冷夏>
生まれた年なので全く覚えていませんが、冷夏だったそうですね。5月~6月最初に猛暑→梅雨入りした途端大雨という異常気象からすると夏は冷夏になる可能性もありそうですよね。最近は、極端な天候が多く「夏は比較的涼しい」という予想だからといって素直に喜べない感じですよね。。。

下手な路線バス顔負けの充実度で、>
たしかに、早朝と夜は運行がないものの、30分間隔で多方面へと運行というのは一般路線と全くそん色なく、コミュニティバスの中でも結構充実しているのではないかと思いますね。実は正直自分も府中駅でこれをみて「こんなにあるのか」と思いましたw
まぁ市にお金がないとできませんね・・・w

1日数本しかなかった記憶があり>
今は1日3往復ですね。レインボーⅡが運転されているのを数回見たことがあります。ちなみに是政のバス停はちゅうバスと同じ側のものも信号を挟んで異なっています。

府中市ホームページに出ている時刻表ですと府中町二丁目→府中駅が所要2分で1周35分になっていました。>
そうでしたか。まぁ実際は空いていれば1分程度でつく距離ですからね。ちなみに、是政循環は是政で大体7~8分遅れで走っていることが多いですね。まぁ今は迂回しているのでそれが終わればもう少し正確になるかもですね。

遠鉄も少なくとも昨年3月の時点では3つの声のつぎはぎ>
そうですか。なんとなくしずてつの1つの声(あの放送は独特で気に入っています)に慣れていたので、久しぶりに京王の放送を聞いたときはびっくりしましたw

ずいぶん減ってしまったものですね。>
つい最近まで方向幕車が残っていたので、9本にまで減っていたとは自分もびっくりしました。都営新宿線というと10-000形のイメージがあるのですが、もう10-300形が主力ということになりますね。。。

10-000形がその規格に合っているのかどうか。>
確かに気になりますね。まぁ10-000の最終増備編成がダイヤ乱れで区間急行運用に就いた=調布のホームドアに対応しているということと、9000系は車端4席、10-300形は車端3席なのがどちらも運行しているということがあるので、未対応なことによって廃車の可能性は比較的低いのかなと思います。ただ、制御装置がチョッパなのでホームドアに関係なくても置き換えはありそうですね。

ドア横スペースの分を捻出しているようですね。謎が解けました。>
余談ですが、東急8500系は車端が3席より長くて4席より短い微妙な長さになっていますが、これもドア横スペースがぎりぎりになっているため、そうなっているようです。

これは後から更新されたものでしょうか?>
スカートがついた編成と最終増備の2編成は当初からこれのようです。10-000形というともう少し黄色が強い壁色のイメージがあるので確かに明るく見えますね。

各停より全線で10分以上短縮しているのは立派ですし、途中で各停2本追い抜く>
退避施設や設備を地上より多く作れない中で工夫されてますよね。

京王もこれに合わせたほうが…というのは僕も同感です。>
とりあえず行き先は本当の終点でも良い気がしますね(以前あった北野行きなども同様)。確かに種別が変わる駅までの駅名表示は厳密に言えば正しいですが、わかりづらい気がします。

一歩進めて優先席の色を各社で統一するとより分かりやすいのでは?>
そうですね。そういえばJR東日本も色が全く違いますね。まぁ色が違うんで区別はできますが、共通化するとさらに良い(周知の面でも有効かと)気がします。

土休日の8両しか見たことがない>
逆に最近土日に乗らないので8両を見たことがあまりないですw まぁ平日は特に何もイベントもないので2両で十分ですが、差が大きいですねw

パンタを2個つけているのは信頼性向上のためかと思いますが>
おそらく信頼性向上のためかと思いますね。ダブルパンタにしないというのは京王のポリシーなのかなと(他系列でもない)。

鶴川へも聖蹟桜ヶ丘へも路線が出ているとは思いませんでした。>
確かに鶴川と聖蹟桜ヶ丘と若葉台がつながっているというのはなんとなく意外な感じがします。まぁどちらもそれほど遠くないですが、イメージ的にそれらの駅とはかなり離れている感がしますしw

地方でも活躍しそうな気がします。>
そうですね。JPやレインボーが既に引っ張りだこな状態なのでこれもそうなりそうですね。

府中市と比べると今一つ練れていない感じがしました。>
本数等が統一されると便利だと思うので見直し後がどうなるか気になるところです。ただ、早朝と夜も走っているのは府中市でも採用して欲しいなぁと思いますw

今回の画像の車両は個人が寄附した車両だそうで>
○○寄贈と車体に描いてあるので絵が寄贈されたのかと思いましたが、車両だったとは。すごいですねw

ではまた
HIROKI |  2014.06.15(Sun) 23:11 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。
とうとう梅雨入りしましたね。まあ6月だから当然ですが、その一方で北海道がまさかの連日猛暑日。「異常気象」が毎年起こる昨今ですが、今年は大雪に続いてこう来たかと。北と南の気候の差さえも今の気候変動で縮まってきてしまったのが現実かもしれませんね。こうなると今年の夏は…本当に冷夏なのかも。ちょうどHIROKIさんの生まれた1993年が記録的な冷夏で、米の不作が深刻になり急遽タイから米を輸入する事態になったものでしたが、その再来がなければ良いなと。

さて、今回は都営新宿線に乗られたとのことで、乗り鉄で久々の遠出でしたね。都営新宿線は僕もしばらく乗っていないので、最近の様子が分かってよかったです。では、順を追って…
・ちゅうバス、以前7mのCNGリエッセを見たことはありましたが、全容はこの記事を機に調べて初めて知りました。路線数が多い上に全線30分間隔で8時~19時台まで運行とは、下手な路線バス顔負けの充実度で、いやはやすごいですね。府中市は金があるなあと。
是政から府中駅へは昔京王バスに乗ったことがありますが、1日数本しかなかった記憶があり、今の方が格段に便利ですね。是政循環は府中駅に比較的近いエリアを走り所要時分も片道約15分とバス利用には適度で、京王線の利用や市街地への用務にも便利ですし、利用が多いのもわかる気がします。専用のレインボーⅡを後から導入したのがその表れですね。ちなみに府中市ホームページに出ている時刻表ですと府中町二丁目→府中駅が所要2分で1周35分になっていました。時刻検索とどちらが正しいかはさておき、府中駅での待機時間が長いので少々遅れても次の便には影響しないのも良いですね。
放送は3つの声のつぎはぎ…僕も聞いたことがありますが、音声合成だからこそできることとはいえ、1つの声の方がすっきりするなあと思います。3つの中では昔からある声が京王独特で気に入っていますが、その声での統一は叶わない夢かも。ちなみに遠鉄も少なくとも昨年3月の時点では3つの声のつぎはぎになっていました。
・京王、この日は5本乗車で5種類の現役車種すべてに乗車と、これまたすごい偶然でしたね。西武でもよく見られたHIROKIさんの車両運の強さは健在だなと。快速は確かに調布~新宿間は先着する一方で停車駅が多く、乗っていて楽しめる列車ですね。
・都営新宿線、10-000形が残り9本で最盛期の3分の1以下とは。ずいぶん減ってしまったものですね。この前面が一番なじみのある顔ですが…ホームドア導入が発表になりましたが、10-000形がその規格に合っているのかどうか。これを機に10-300R形中間車も含めて全面置き換えという可能性もあるかなと思います。岩本町で通過待ち後に3分停車、これは各停がすぐ出発しても次駅馬喰横山(急行停車駅)で詰まってしまうため間隔をあけているものと思われます。駅間距離は九段下~大島間はすべて1km以下で地下鉄らしい短さですね。その前後はやや長いですが。
・10-000形も車端4席、他社の車両と比べ車両片側あたり2席多い分どこで帳尻を合わせているのか気になっていましたが、ドア横スペースの分を捻出しているようですね。謎が解けました。あと京王と同様に扉間を少しずつ縮めているのかなと。また、ずいぶん明るい内装だなと思いましたが、これは後から更新されたものでしょうか?表示機、車端部に京王と似た角ばったタイプがあるのが10-000系の特徴ですね。後期はラインカラーが板でないのは初めて気づきました。やはり板の方が締まった感じがするなあと。
・路線図型表示機、これは急行運転開始時に導入されたのかなと。分かりやすくて良いですね。本八幡駅は都営では比較的新しい駅ですが、案内サインを一新した東京メトロと比べると新しく見えないようで…運賃表は4.月に他社が改定、都営自身は6月改定と2回更新するので、ちょうど間にあるこの時点でステッカーなのはごく自然ですね。JR東日本のように上には改定後の運賃表だけ掲示して現運賃は券売機横に小さく表示…というようにしなかったのは良かったと思います。
・都営新宿線の急行、最高速度は各停と同じ75km/h、通過駅はATCの関係で減速するのも急行運転開始時と同じで速度面では遅いものの、停車駅を絞ることで各停より全線で10分以上短縮しているのは立派ですし、途中で各停2本追い抜くこともあって速く感じますね。京王では区間急行となる急行も都営側では初めから橋本行と表示しているとのことで、やはり最終行き先が一目で分かって良いですし、京王もこれに合わせたほうが…というのは僕も同感です。
・優先席の色、京王と西武の各更新車で色使いが正反対とは。もちろん偶然の一致だと思いますが…要は優先席であることを強調するのが色を分けるねらいなわけですが、現状は事業者や車両によって色はバラバラですね。オレンジ色の吊り輪が普及してきたおかげで優先席付近は視覚的に分かりやすくなってきていますが、一歩進めて優先席の色を各社で統一するとより分かりやすいのでは?と思いました。
・LED照明の8000系、そう言われるとドアの画像もなんとなく白っぽく明るく見えます。かなり明るいのは確かでしょうが、特に一部照明の間引きで少し薄暗くなっている一般車両に慣れていると明るすぎだと感じるかもしれませんね。加えて僕の場合LEDの白っぽい照明自体に慣れていないので…
・競馬場線、今も平日は2両なんですね。昔6000系が主力だった頃に平日は6000系2両で運用されているということを聞きましたが、土休日の8両しか見たことがないのですっかり忘れていました(汗) 2両で走る京王には僕もかなり違和感が。7000系、パンタを2個つけているのは信頼性向上のためかと思いますが(それとも霜取り用パンタ?)、西武2000系のようなダブルパンタでないので迫力が薄く感じられるなと。あと昔の菱形パンタなら迫力が出たかも。
・競馬場線の線路、ここまで雑草生え放題の線路はいまどき地方路線でもなかなかお目に掛かれません。都内にこういう線路が残っているのが意外ですね。まあ環境には良いと思いますがw

・若葉台、一つ前の記事へのコメントで駅前からバスが出ていることを初めて知ったと書きましたが、ちゃんとバスターミナルもあるとは…失礼しましたm(_ _)m しかも京王と小田急だけかと思ったら神奈中も来ているとは意外でしたし、鶴川へも聖蹟桜ヶ丘へも路線が出ているとは思いませんでした。
・エアロミディ、中型ロングはなじみが薄いですが、この前面が曲面ガラスになっている中型車は東海バスにいるほか、地方で三菱車を主力にしている事業者で今も多数見かけるので個人的には結構なじみがあります。登場11年となるとそろそろ置き換え時期が迫ってきていますが、地方でも活躍しそうな気がします。
・UA、後部窓3分割仕様はしずてつJPの一部でも見られますが、言われてみれば昔のバスは後部窓が分割されていましたね。当時は気にも留めていませんでしたが(汗) テールライトは僕も横並びが当然だと思って育ってきているので、UAやエルガの横並び配置は良いと思いますね。
・稲城市の自主運行バス、こちらも市のホームページで見てみました。確かに路線あたりの本数は多くなく、運転間隔も複数路線が重なる区間で続行に近い形で走っているケースがある一方で1時間近く空くこともあり、府中市と比べると今一つ練れていない感じがしました。ただ、市民からの様々な意見を受けてバス路線を大幅に見直すことになっているようです。一方、運行時間帯は6時台から22時までと幅広く、運賃も大人は180円(現金の場合)と都市のコミュニティバスにしてはやや高めで、どちらかというと一般路線バスに近い印象を受けました。あと、今回の画像の車両は個人が寄附した車両だそうで(市ホームページに記事あり)、すごい人がいるものだと思いました。

それでは、また。
とーます |  2014.06.06(Fri) 00:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/686-fee2c235

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。