2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.11 (Sat)

◆2014 Vol.30◆

こんにちは。更新が1日ずれてしまいました。すみませんでした。

さて
台風18号。今回は特に静岡での被害が集中したようで…。静岡在住時代に毎日通っていたりよく見ていた場所が水に浸かっている映像がでてかなりびっくりしました。それと東海道線の土砂崩れですね。新居町~豊橋、由比~興津の2箇所で土砂崩れがあり、前者は翌日昼に復旧したようですが、由比のほうは20日仮復旧ということでもう少し時間がかかるみたいで…旅客輸送だけでなく貨物も心配ですね。映像を見る限り架線柱まで倒されていますね…ちなみに、台風当日は一時的に、東名・新東名・新幹線・東海道線・国道1号すべてが通行止めとなってしまっていたようです。まぁ東名・新東名・新幹線は当日中に復旧になりましたが…東海道線とまって代行バスを出そうにも、国道1号が通行止めという八方塞の状況だったようで…
最近台風もレベルが増してるので、由比のあたりは今後も対策が必要かも…といっても、由比のあたりってあれ以上対策できないですよねぇ

ところで、台風翌日は国1が通れなかったこともあり、代行バス等は一切無く、新幹線振替も一切ない状態だったようで…まぁ自然災害ですし、国1が通れなかったということで代行バス無しはしょうがなかったようで…その後、定期券や切符を既に購入している人は特急券無しで新富士~静岡の新幹線乗車(振替)が認められましたが、代行輸送票や、ホームページ上では「原則立ち席」とあるようで…
まぁ特急券を持った人との差を設ける必要があると考えたのかもしれませんし、自然災害ではあるということと、代行で新幹線利用OK化したというところは良いと思いますが、自社線が止まっている影響で代行輸送を利用している客に「原則立ち席」と普通に書くのはちょっと違和感がありました…
それと、普段は三島行きでそこから回送で静岡まで来る運用を臨時で三島→静岡も営業で運行させる臨時運行もあるようですが、これ静岡での清掃時間が無くそのまま折り返すので、ゴミを持ち帰ること、座席はきれいにすること 等案内されていますが、これもちょっと違和感あります…
沿線に競合路線が無いこともあるかと思いますが、対応に少し違和感を感じました…

ちなみに今は蒲原~興津の代行バスと、富士~由比でのシャトル列車も運行されてるようで、こちらには373系が入っているようです。あと、興津以西、由比以東は運行されているものの本数が減っているようで、これは静岡の車両基地に帰れない+帰ってこないので車両のやりくりがつかないのかもしれませんね。

ちなみに府中は雨・風あったものの大きな影響は無く、12時ごろからは快晴でした。夕方も快晴で、是政橋から富士山がくっきり見えていました。

DSC_0540.jpg
夕方、これを狙ってカメラを構えている人が10人以上いて、中にはE233系とのコラボを狙っている人もいましたね。一応富士山がよく見えるということですが、まぁ静岡に住んでいた人からするとしょぼいですw スマホでまねしてみました。

さて、今回は最近ちょこちょこっと撮っている画像をまとめて掲載します。といっても撮影場所が2箇所しかないですが…一つはバスコレ19段の開封売りを買うために京王八王子のK-8にあるポポンデッタに行った際に、京王八王子駅前で10分ほど撮影したときの、もう1つは若葉台で少しずつ撮っていたのをまとめて掲載します。今回もバス撮影のみで電車は出ません。。。

DSCF2346.jpg
京王バスのC21423。KVの新車みたいですね。おっと、これもフォグランプついています。ということは…とりあえずLV・KVはフォグランプ解禁ということなのかな。一般的にはなりましたが、京王がひたすらこだわってきたフォグランプ無しがついに終わったことになるのかな。MP側がどうなるか気になるところです。なんか撮影後違和感あると思ったのはフォグランプのせいだったのか。。。

DSCF2348.jpg
西東京バスのA11352。いすゞLR。西東京バスも数年前から京王と同じような車番表記になり、アルファベットで営業所、5桁の場合、万の位でメーカー、千と百の位で導入年を表すようです。っていうことは、京王と車番が被る場合もあるわけですね。

DSCF2349_201410111331124f6.jpg
西東京バスC21021。KVノンステ。ちなみに、Aが楢原、Bが青梅、Cが五日市、氷川がE、恩方がDになるようで、メーカーは1がいすゞ、2が日野、3が三菱で5がUDと、UDのみ京王と違うようです。

DSCF2350.jpg
D20391。HRノンステですが、西東京なのにフォグランプ無し、で見にくいですが中扉は明かり窓あり ということでこれは京王からの移籍車のようです。今まで全然存在を知りませんでしたが、Twitterのほうで存在を知り撮りたかったやつです。京王からの移籍ってあるんですね。陣場の前掛けがついていますが、これって昔京王線で使ってたのと同じ柄ですね。

DSCF2351_20141011133125aab.jpg
A50106。KL-UA(新7E)ノンステ。01年世代の新7Eがまだ残ってたとは! さすがに引退したと思っていたので撮れるとは思いませんでした。KL代なので今までのKC代までと違い12年到達後も規制の基準内なので、今の所走れます。それでも基本は12年で引退です。

DSCF2352.jpg
なんとなくHRノンステのリアでも。そういえば、今まで東京周辺のバスは前面撮影が主でリアの画像が無いってことがかなり多いので、今後はリアも撮っていきたいと思います。。。

DSCF2353.jpg
A50323。KL-UAノンステ。西工車に車椅子マークが上部についていないのはやはり違和感ありますね。まぁ西のほうでは普通かもしれませんが関東じゃほぼツーステ見られないですからね。

DSCF2356_201410111332152b7.jpg
D50402。KL-UAノンステ。標準仕様(青)になったのでこの世代から西東京でも車椅子マークが上部につくようになったようで…ところで「城山手」って京王電鉄バスだったような…?とおもったら2013年に西東京バスになったようで。。。

DSCF2357_20141011133221daa.jpg
A50333。KL-UAノンステが3連続。まぁUAなんで別に良いですが…w 西東京は逆にRAのほうが少ないんですよね。 一部会社では引退が始まっている西工のUAですが、西東京はもうしばらく大丈夫そうですね。

DSCF2358.jpg
A10628。LVノンステ。

DSCF2360.jpg
A10907。LVノンステが今度は2連続。西東京バスというとLVのイメージがありますね。西東京にもエルハイが入っているようなので撮影してみたいですね。

DSCF2361_201410111333126dc.jpg
D20395。HRノンステ。ん?これも京王電鉄バスからの移籍車ですね。っていうか元京王のHRっていつから西東京で登場してたんですかね。ん~京王といえばJPよりも急速にHRを引退させていますが、この移籍も早く京王からHRを追い出したいという考えが表れているような…実際どうなんですかね。

DSCF2362.jpg
A50322。KL-UAノンステ。今日はこればっかきますね。

DSCF2363.jpg
C50120。KL-UA(新7E)ノンステ。幕車もまだ残っていたとは! 新7Eに幕って何このお得すぎる感じ…w いや~いいですねこれは。方向幕といえば、意外にというわけではないですが都営でもまだ残っています。少し前までLEDのほうが目立ってましたが、今では方向幕のほうが目立ちますね。

DSCF2367.jpg
A10905。LVノンステ。もう解散しちゃいましたがファンモンの前掛けがついていますね。

DSCF2368.jpg
A50601。ADG-RA。ここでRAが初登場。RAと西東京カラーの組み合わせは何度も見ていますが、なんか見慣れない感じがします。

この辺で時間がなくなったので撤収しました。
八王子については以上です。

ここからは若葉台で最近撮影した画像をまとめてみました。

DSCF2119.jpg
小田急バス町田営業所(03-F9042) KL-LVノンステ。西武では絶賛置き換え中の03年世代。まぁ小田急は来年ぐらいからですかねぇ。今まであまり撮影意欲の沸かなかったエルガですが、ベテランと分かるとすぐ撮影したくなるようになりまして…w

DSCF2132_2014101113250524c.jpg
相模神奈交(ま0162) PKG-AA。町田のAA。まぁ若葉台ではよく見る車種ですが…意外と駅に入ってきたと思ったら待機せずに直接乗り場に移動してすぐ発車ということもあるので、今の所あまり撮影していません。側面の「出入口」…いまのうちに撮っておいたほうがいいのかな。

DSCF2139.jpg
京王バス南(京王電鉄バス委託路線)(J40363) KL-JP。ここでのバスカラーJPはこの時初めて見ました。ちなみにここは多摩営業所担当ですが、多摩営業所は現在は京王バス南の営業所で、中に京王電鉄バスの委託路線があるようで、若葉台はその電鉄からの委託運行なので、車体には「京王電鉄バス」と出ています。京王の分社化は少し分かりづらいですね。

DSCF2141.jpg
後部。この横長のライト配置は独特で、個性があって良いですね。まぁ京王とJPは見慣れた組み合わせですが、02年世代は今年でほぼ終わりだと思うので、今後は見られなくなってきそうです。

DSCF2303_2014101113281441d.jpg
京王バス南 QPG-KV(J21217)。ここでのKVは今まで見たこと無かったので新鮮です。ちなみに京王は一旦QKG代(つまりAT)を入れたようですが、今導入しているのは再びQPG(MT)に戻っているようです。

DSCF2304.jpg
相模神奈交のゲテノン(ま047)。町田と若葉台は結構離れているように思えますが、実は意外と近いんですよね。ところでここはまだ前乗り前降りになっていますが、神奈中では徐々に中乗り前降り等の方式に変更になっているので、ここもいつかそうなるかもしれませんね。

DSCF2306_2014101113282785b.jpg
03年の小田急エルガが来たので後部を撮影しようと待っているとこんなのが入ってきました。教習車のMP。車番が402となっていて他の小田急バスとは違います。が、自家用ナンバーになってなかったり、側面のステッカー等がそのままなので、一応予備車も兼ねている車両かと思います。ここでのこの形のMPは普段は来ないですし、おそらく02年ぐらいの車両だと思うのでラッキーでしたw

DSCF2307_20141011132834a1d.jpg
後部。わざわざ路肩ギリギリまで寄せて、停車中の京王バスの真後ろにつけていましたが練習していたのかも。なんか久々に大型ライトを採用しているMPを見た気がします。

DSCF2310_20141011132840d53.jpg
そして、撮ろうと思っていたエルガの後部。これよりあとの世代は環境関係のPRのイラストが入っている(逆に最新世代までこういうロゴが入るのはある意味珍しいですが)ので、何も書かれていないのはどんどん減っています。車番が03なので03年式です。

DSCF2311_201410111329390db.jpg
稲城市iバス用のリエッセ。iバスは本数が一定じゃないので、この駅でバスを見ていても来ないときがあるので、意外と今までポンチョしか撮影できていませんでした。このあと少しだけ雨が降ってきたので一旦撤収

DSCF2312_20141011132944b9c.jpg
でもう一度戻ってきたら、さっきのエルガが若葉台循環運用を終えて戻ってきてからの稲城駅行き(大体、若葉台循環1週してからの稲城駅行き、稲城から来ての若葉台循環1週運用が多い)に、そして教習車がもう1度入ってきていたようで(今度は待機場所で少し停まっていたようで…)ターミナルから出て行くところでした。ベテラン世代の並びが若葉台で見ることができるとは。意外と貴重な並びな感じがします。

DSCF2315.jpg
京王バスが入ってきました。電鉄カラーのJPですが、J40201ということで02年導入第1台目(車番的には)なようです。さすがにそろそろ引退かと思いますが、どうやら京王ではHR引退のほうが先に進んでいるようで、JPは比較的残っているようです。

DSCF2321.jpg
小田急バス 11-F9320(LKG-LV)。普通のエルガですが、まだラッシュ仕様(中扉以降の座席が1人席になっている)が標準仕様で認められてなかったので、標準仕様ではなくして導入した世代です。それにしても小田急の前面は何も描かれてなくてシンプルですw

DSCF2377.jpg
若葉台ではバスが待機できるスペースが2箇所あって、普通は1台が1箇所ずつ使っていることが多いんですが、この前行ったときはまさかの1箇所に2台になっていました。なんとなくあまり見たことのない光景なので撮影w

DSCF2378.jpg
稲城市iバスのポンチョ(F153)。

DSCF2379.jpg
京王バス(J30310)KK-MK。エアロミディの中型ロング。あまり好きではない車種ですが、ベテランなので勿論撮影。好きじゃないといっているのに撮影成功するとなんか嬉しいという…w 

DSCF2381_201410111335067f3.jpg
稲城市iバスのリエッセ(F136)。前面は教習車、教習車、教習車、側面も教習車、教習車、教習車。そこまで教習車って言わなくても良いと思うんですがw

DSCF2382.jpg
稲城駅行きバス停に停車する小田急バスLV。あれ?なんでこんなに傾いてるんだろう、しかも逆側に…と思ったのですが、逆にコレが普通で、いつもはニーリングすることが多くて、地面が斜めっているのに自分が気づいていなかったようです…

DSCF2519_2014101113355398b.jpg
小田急バス(02-F9026) KL-LV。02年導入車ですね~。まぁそろそろ置き換えですかね。

DSCF2523_201410111336009bd.jpg
02年導入なので勿論リアの絵は無し。ところでこれがニーリングした場合で、まぁニーリングしてやっとフラットになるぐらい地面が斜めっているということで…意外と気づかないもんですね。地面の傾きって。

DSCF2535_20141011133606e47.jpg
京王バス(J40201)KL-JP。やっと201をこの待機スペースで撮影することができました。しかも扉も閉めてくれたので側面もちゃんと撮れました。まぁ前掛けは… 今置き換え中の02年世代のトップナンバーということで撮影できてよかったです。ん~なかなかかっこいい。

DSCF2538.jpg
相模神奈交(ま060)PJ-MP。若葉台で撮りたかった「MPノンステ」。本当は待機スペースに停まっていたのですが、ちょうど撮影できる位置にパトカーがいまして撮れなかったという…まぁでもなんとか撮影できたので良かったです。

DSCF2548_201410111336203fc.jpg
小田急のきゅんたバスが来ました(08-F9297)。前面は失敗しましたが、前面は普通の小田急カラーなので、こちらのほうがきゅんたバスってことがよくわかるかと。何色かあるみたいでこれは青色です。

DSCF2550.jpg
見づらいですが扉側も。ところでこのラッピング、立川バスみたいにライト周りがくりぬかれていますね。まぁ自社ラッピングでもともとエルガ向けに作ったと思うので、こうなったと思われます。それにしても最近小田急グループはいろいろ力が入ってますねw

ということで以上です。ここ最近、若葉台に行くときはなるべくカメラを持つことにしているので、今後も時々、あるいはブログの最後のほうに若葉台の画像を載せていくと思います。

さて、10月4日、ついに南武線のE233系8000番台のN1編成が営業開始になりました。当日は武蔵中原駅で出発駅がありました。これのお知らせで武蔵中原出発時刻が出ていたので、これを元に運用を調べて、川崎行きで走ってくるE233系を多摩川で撮影してみることに…

DSCF2931_20141011133716a61.jpg
で、これ。うーん、構図がものすごくビミョーだけど、まぁなんとか…まぁとりあえずぶれてもいいから「当日」に撮っておこうと思ったので。見慣れたE233系ですが南武線色は新鮮ですね。あと幅広車体もここでは見慣れないです。これからこれが増えていくんですね。武蔵中原→川崎→立川→ここ という運用で11:14ごろ撮影

DSCF2939_20141011133720e3f.jpg
11:14のあと13:14→15:14と各停川崎行きに入る運用だったので、15:14のをもう一度。今度は曇ってきてしまい暗くなり、もっとビミョーな画像に…っていうか本番になると力が入って失敗したようです…まぁこれから増えるし今回はこんなもんで…

ということでE233系8000番台を運用開始日に一応撮影しました。まぁこれから増えるし、今後は1年間205系、209系をなるべく記録しておきたいなと思います。

ここからはおまけです。
9月1日~6日は諸事情で家にいなかったのでメインのPCが使えず、サブPCであまりネットを使わずに(使いたかったのでテザリングで使おうと思ったらまさかの3G回線しか入らずやたら遅かったので使えなかった)いて、暇だったので、バスぬりえさんのバスの絵を久々にいじくっていたんですが、せっかくなら…ということでしずてつバス風に色を入れてみました(路線車のみです)

shizutetsuUD.png
まずはUD車。文字等はすべて省略しているので色のみです。上からKL-JP、KL-UAノンステ、KL-UAワンステ、PKG-RA。RMはあの顔を描いてないのでパスで…(汗 UAノンステがやたら長く見えますが気にしない方向で…

shizutetsuいすゞ
いすゞ。KC-LV、KL-LVノンステ(藤枝カラー)、KL-LVワンステ、QPG-LV、SDG-LRワンステ。KL-LVワンステは焼津(現・岡部)に1台のみ導入された車両です。エルガミオの前中間の窓がなんか長すぎますね…

shizutetsu三菱
三菱。KC-MP短尺ノンステ、KC-MP標準尺ノンステ、KL-MPワンステ、KK-MJ、PKG-MP。PKG代は実際に見たことないですね~。

shizutetsu日野
日野。なぜかしずてつでは日野の低床バスが一番種類が多いです。左から下に向かって、KC-HU、KL-HR、KL-HU、PB-HR、右から下に向かってPDG-KR、QPG-KVノンステ(最近導入されたらしい)、LJG-HU、PKG-KVワンステ。実際にはPA-KRもいます。ハイブリッドの塗装はテキトーですw 

うーんこうやってみると今はエルガばっかりですが結構いろいろな車種いますね。日野の種類が一番多かったというのは意外でした。まぁ少数派が多いんですよね。この中でKL-HUは結構数いますがそれ以外は10台以下なので…


以上です。では今回はこのへんで
スポンサーサイト
13:43  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは。今回はこちらを…

一般的には富士山が見えるということ自体が憧れというか特別なことのように思えるようで、>
そのようですね。自分も以前は毎日見ていた(毎日安倍川付近で見てましたw)ので特別感が無いですが…w

大渋滞だったようで、職場でも出勤を断念した人がおり、とても代行バスどころではなかったと思われます。>
国1の大渋滞…あのあたりは道が少ないので一本切れるとすさまじい渋滞になりますよね…通行止めではないですが、Uターンラッシュのときにも清水~富士まで90分以上かかったことがあります…

過去に聞いたことがなく、JR東海にしては画期的>
確かに東海道線が長時間(と言っても数時間ですが)運転がストップしていても、以前に代替(振替)されたというのは聞いたことが無いですね。まぁ逆に言えば今回の土砂崩れがそれだけ大きなもので影響があるものだったということになり、今後、こうした自然災害は起きて欲しくないですね…

車両基地のある静岡近辺、特に静岡~島田間も削減されているのはちょっと解せない気がします。>
一番利用がある区間のように感じられますが…まぁ東海道線の場合は211系・313系の運用が結構複雑なので、運用の混乱を避けるための措置だったのかもしれませんね…

バス代行輸送について>
実際の代行の様子が分かりました。ありがとうございます。

駅員が「乗り換えはゆっくりで大丈夫です」と繰り返し案内していたのが印象的でした。 >
こういう案内は、乗客が慌てる必要がなくなるので安全かもしれなく、安心できる案内ですよね。「すぐ発車します」といわれるとダッシュする人が多いので… そういえば以前京成で、青砥で快速から普通に乗り換えるときに車掌さんが同じような放送をしていました。

製造当初の年を表記するんですね。>
どうやらそのようで。。。まぁ移籍先で元の会社での導入年が分かるのはちょっと面白い感じですねw

その際に京王が八王子所属だったHRを押し付けたとか?>
京王はHR置き換えを急務にやっているので、その可能性もゼロではなさそうですね…w

13年に達するぎりぎりまで使おうということかも。13年経過すると自動車重量税が若干ですが値上がりしますので…>
となると12年を超えても次の壁(?)が翌年にあるということですね。どちらにしろ12年目以降のバスは記録するに越したことが無いですね…w

全体の台数が多いゆえにまだ残っているのかも。>
そうですね。あと京王もそうですが、方向幕搭載車のLED化があまり進まなかったという要因もありそうです。

あの時は撮影意欲が…とおっしゃっていたHIROKIさんが、ベテラン車のエルガを撮影するようになるのですから、時の流れは早いものですね>
そうですねw 若葉台や武蔵境周辺によく行くせいか、小田急バスも地元のバスという意識が出てきて、エルガでも撮影するようになったかもしれません。あと「引退」「ベテラン」という言葉に弱いもので、近くにそういう車両がいるととりあえず撮っておくようになったのもあるかも…w

「出入口」は今のうちに撮っておいた方が良いかもしれません。順次一般的な中乗りに移行していますので…>
確かにそうですね。最近の新車は前面の運賃表示が省略されステッカー等になっているようですし、今後は表示省略→乗り方統一の可能性もありそうで…神奈中独自の方法が見られなくなっていくのはちょっと残念ですね。。。

中乗りにするとそれが不可能になるので、その点が都市部で中乗り方式への移行が遅れている理由かもしれません。 >
確かに後ろ乗り、運賃後払いの路線では最終バス停での降車が行列になってしまい時間がかかる→乗客にもダイヤ的にもデメリットになるという状況があるので、簡単に切り替えできなそうで、どうなるか気になりますね。

まさか管理委託だとは思いませんでした。>
自分もあれ?いつのまにかバス南になったのか~というイメージです。多摩には電鉄カラーのMPも以前はいましたし、多くが電鉄カラーだったんで。。。

この路線にお出かけ需要はあっても通勤通学需要は無いということでしょうかね。>
まぁ多摩センターに抜ける路線の本数が多いので、少ないのかもしれません。でも平日にあっても需要がありそうだなと素人目には見えますよね。若葉台は稲城・鶴川に出れても聖跡桜ヶ丘など京王線方面には不便なところですね。。。

、ロータリー部分の舗装といい駅周辺の建物といい白っぽい色が目につくなということ、>
確かに白っぽい色ばっかりですねw ついでにバスの色も白が入ってますし…w いかにも「ニュータウン」って感じがする駅に感じます…w

逆に人工的な街という感じが強くして>
人工的な物しかないような雰囲気がありますよね。ここも数十年前まではかなり緑が多かったようですが…ちなみに、若葉台から少し行くと公園がありますが、そこもあとから造った感がありますw

個人的には電鉄カラーの方が好みですね。>
JP=電鉄カラーのイメージはありますね。実際にそれのほうが数も多いですし…府中ではRAは電鉄カラーからバスカラーへ変わる車両もいましたがJPは最近は、引退が近いからか対象外のようです。

今回掲載の2台ともナンバーが妙に新しいですが、転属車でしょうか>
これ、以前、多摩センターで出たUAやエアロミディと同じで突然ナンバーが新しく変更された車両たちですね。多摩全てが変わったようで、もしかするとこれは京王電鉄バスから京王バス南になったことが関係しているのかもしれません。

エルガ系でもAT車が広がっていると思っていたのでちょっと意外でした>
立川では既にATしか入れていませんが、意外とMTで入れる事業者も少なくないようです。国際興業は今もMT採用していますね。

。しかしそもそもバス乗り場の地面がそんな斜めでいいのかという気もしますが… >
まぁ武蔵境も相当斜めっているのでそれに比べるとまだマシなのかも。これ、扉側に斜めっているのはまだ良いとしても逆だと乗りづらいですね。。。

機会をみて南武線の記録をどんどんしていくのに越したことはないと思います。>
そうですね。既に209系4本を上回る数になっていますし、1年かかるといっても早いうちに半数以上がE233系に変わる可能性もありそうです。。。

準特急の種別の色が変わっているとは知りませんでした。乗った7000系の方向幕車では黄色地に黒文字になっていました。>
調布地下化後の改正のときに変更されたようです。フルカラーLEDが白文字なのは、もしかすると従来の準特急表示が黒字(というより文字部分だけ点灯させない)で見づらかったので、変えた可能性がありますね。準特急は土日だけなのであまり見る機会がなく、未だにダイヤ改正後撮影したことがありません。。。

すると反対側ホームに若葉台止まりが入ってきて、その接続を受けて発車>
これ午前中にもありますね。京王8000系の若葉台行き→都営10-300形の接続を何度か見たことがあります。平日だと橋本発の10時台の列車のうち3本が車両交代ですね。

準特急の続行で来た臨時の急行新線新宿行にも調布で先を越され、新線新宿まで先着>
同じ停車駅の列車に抜かれるのはびっくりですねw まぁ快速のときと同じようにしないと、各停の退避パターンがずれたりするためかと思いますが、戸惑いますねw

来たのが偶然にもエルガハイブリット(13-D701)>
武蔵境駅に小田急のエルハイが来ていたとは。。。自分はまだ見たこと無いです。勿論乗車も無いですが、早く自分も見たいですねw

AT車ですが、MPと違ってギアチェンジがMTのように一度ニュートラルに入って切り替わるタイプ>
AMTという方法だとそうなるのかもしれません。こういう車両に乗ったことが無いので気になります。

2008年から実質三菱車を入れていたんですね。それと黒サッシでした。>
車体はそうですね。この影響?で吉祥寺は数年前からAP・MPだらけです。ちなみに当時のAPはUDのRAエンジンを積んでいるので、音だけUDですw

ではまた
HIROKI |  2014.11.03(Mon) 23:57 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。こちらの記事にコメントさせていただきますね。
台風18号、府中では被害無かったようで良かったです。是政橋から富士山が見えることがあるとは知りませんでした。もちろん静岡で普段見ている僕から見れば…ですが、シルエットのように遠くに見える富士山も絵になりますね。一般的には富士山が見えるということ自体が憧れというか特別なことのように思えるようで、さすがは世界文化遺産にもなった富士山です。ちなみに西武好きの知人は車窓から富士山が見えるとテンションがぐっと上がります。

由比~興津間の東海道線土砂崩れ、被災から約2週間で復旧見込みとなりました。当初は見込みが立たないとまで言われていたことを思えば、被災後数日で目途が立っただけでもよしとしなければならないですが、長く影響が残ることとなってしまいましたね。ちなみに現場近くの国道1号は台風当日の通行止めから翌朝は対面通行で復旧しましたが、その日の朝は大渋滞だったようで、職場でも出勤を断念した人がおり、とても代行バスどころではなかったと思われます。
東海道線の代行輸送は富士川鉄橋の下り橋脚が流されて富士~富士川間が数日不通になった1982年以来と思われ(この時は本復旧まで約2か月富士川鉄橋付近で単線運転)、ノウハウが無い上に今回は長期間でしかも大量の通勤通学客を運ぶ必要があるため、代行輸送も準備や調整に時間を要したことが想像されます。
特急券無しでの新幹線振替乗車が認められたのは他に手段が無い中でもちろん妥当な措置ですが、過去に聞いたことがなく、JR東海にしては画期的だなと思いました。「原則立ち席」と書くあたりに本来の新幹線利用者とのバランスを苦慮していることが伺えますが(新富士~静岡の新幹線定期利用者ももちろんいるでしょうし…)。静岡始発上りこだまを三島の車庫から送り込む回送の定期列車化も、それをしないと乗客をさばききれないための緊急措置と思われます。HIROKIさんは少し違和感があるという対応も、そのための車内清掃要員の配置も折返し整備も出来ない中では乗客に協力を求めるのもやむを得ないかなと思います。違う例ですが、札幌で朝走っているホームライナーも札幌から特急列車にそのまま使用するためごみを持ち帰るように案内があります。

現在、島田以西は通常運転ですが、興津~島田間は通常の5割程度となり、日中は島田折返しがほぼ全てカットされた状態になっているほか、朝晩も一部運休列車があります。富士~由比間は同区間内だけの折返し運転で約40分間隔、熱海~富士間も日中を中心に半分近い列車がカットされています。車両や乗務員のやりくりの関係とは思いますが、車両基地のある静岡近辺、特に静岡~島田間も削減されているのはちょっと解せない気がします。

さて、この代行輸送の区間を12日に実際に乗ってきましたので報告したいと思います。
静岡9:43発上り興津行きは清水を出ると211系3両でも空席が出るほどの乗客数で興津に到着。蒲原への代行バスは駅前広場東側からの出発で、駅舎横の柵が開けられていてそこから外に出てすぐ目の前に停まっているバスに乗り込む形でした。乗ったのはしずてつジョイステップバスの車両で、定刻10:05発でしたが、座席がほぼ埋まると定刻より前に発車。もう1台出すとのことで、駅前広場西側には3台のバスが待機していました。
土砂崩れ現場は、多数の作業員がいて、線路脇の土砂除け防護柵?の設置が進んでいました。
蒲原駅まではダイヤ上40分となっていますが、この時は順調に走って20分弱で到着。蒲原での富士行き接続もダイヤ上は11:10発でしたが1本前の10:24発に接続となりました。蒲原駅では駅舎入口前に到着。興津行きは駅前広場の広い場所から発車となっており、ちょうど着いた下り由比行きから降りてきた客が次々と乗り込んでいました。この時蒲原駅にも既に3台のバスが待機していました。ちなみにバスは全て貸切バスタイプで、ジョイステップの他に山交タウンコーチやJR東海バスなど、合わせて少なくとも5社の車両が使われていました。
蒲原10:24発富士行きは373の3両。蒲原で見た下り由比行きは373の6両でした。特急ふじかわやホームライナー用で不通区間東側に取り残された車両をこの区間の折返し列車に使っているようです。興津を後から出たもう1台の代行バスを待って3分遅れで発車。車内は空席が残る程度の乗客数でした。なお、興津でも蒲原でも、駅員が「乗り換えはゆっくりで大丈夫です」と繰り返し案内していたのが印象的でした。
富士は3番線に到着。折り返し由比行きとなり、乗り換えの沼津行きは本来下り本線の5番線からの発車でした。富士ではホームに降りるところの乗り場案内に、3・4番線が蒲原・由比方面、5・6番線が沼津・熱海方面という紙が上から貼られていました。実際の発車番線も由比行きは全て3番線、上り方面は2本だけ4番線で他は5・6番線発となっていました。また、富士駅では改札口寄りの通路が新富士行きシャトルバス利用者用となっていて、ちょうど下り列車で着いた乗客の一部がそこを通っていました。富士で20分ほど待って乗り換えた11:02発沼津行きは6両でしたが、がら空きでした。
予定では19日までこの代行輸送が続きますが、代行バス乗り換えに加えて列車本数削減もあり、在来線での移動に普段より相当時間を要する不便な状態だというのを実感しました。
以上、長文報告失礼しました。

さて、今回の記事は京王八王子と若葉台でのバス撮影がメインですね。かいつまんでですが以下コメントを…
・京王バス、ブルリⅡの新車もフォグランプ付になったんですね。こうなるとおっしゃる通りMPにも今後付くのかどうか気になります。
・西東京バスも京王と同様の車番表記を始めていたんですね。親会社の影響なのかどうか…おかげでメーカーや導入年がすぐわかり、車両に詳しくなくても区分が容易になるので良いですね。
・HRノンステ、02ということで導入年は移籍車でも製造当初の年を表記するんですね。京王からの移籍があるとは僕も意外でしたが、城山手系統が昨年路線譲渡されたとのことですのでその関係なのかも?その際に京王が八王子所属だったHRを押し付けたとか?いろいろ推測してしまいますが…
「陣馬」の前掛けデザインは懐かしさを感じさせてくれます。京王のヘッドマークで有名ですが、確かに陣馬高原は西東京バスのエリアですね。
・01年世代の新7E、これも残っているとは意外でした。ノンステップバスなので乗客サービス上も問題なく、13年に達するぎりぎりまで使おうということかも。13年経過すると自動車重量税が若干ですが値上がりしますので… さらに幕車も健在とは。このカラー方向幕、懐かしいです。方面別に色分けされていましたね。都営にも幕車がいるとは…全体の台数が多いゆえにまだ残っているのかも。
・西工車に車いすマークが上に付いていない…確かに西日本では2ステでごく普通に見られますが、ノンステ・ワンステになってから普及しだした関東では珍しいですね。この車両自体はノンステなので付けてもおかしくないですが、前面窓下の小さなステッカーと文字でよしとしているのでしょうね。01年世代がまだ残っているほどですからUDはしばらく安泰かなと思います。
・西東京バスというとLV…なるほどここ数年撮影されているHIROKIさんはそうなんですね。これが昔しかよく知らない僕の場合はいすゞ7Eになります(苦笑) UDも五日市から乗り入れてくるバスでよく見ましたが全般には今ほど多くなかったような。といってもうろ覚えですが(汗)
・RA、そういえば東京引っ越してすぐの頃の記事でUAとRAの区別を教えていただいたのが西東京のRAだったなと思い出しました。UAばかり見た後でこれを見ると窓位置の低さがよく分かります。

・小田急バスのエルガ、僕の中では昔の新百合ヶ丘での撮影記事の時に見事にこればかりだった印象が今なお強いです。あの時は撮影意欲が…とおっしゃっていたHIROKIさんが、ベテラン車のエルガを撮影するようになるのですから、時の流れは早いものですね(笑) そのエルガ、後部に何も書かれていない最後の世代とのことですが、白が目立つすっきりした後部(ノンステップバスの文字が良いアクセント)はなかなか良いですね。一方で社章も何もない前面(車両によってはICステッカーしかない)も綺麗だと思いますが、何かアクセントがほしい気も…
・相模神奈交の2台、側面が「出入口」と「締切」になっていますが、前面には「前払い」と書いてあり、この場合は前乗り運賃先払いで降車は中扉となる信用制のはずなので(多摩センター発着の神奈中も全てそうです)、この側面表示自体がちょっと疑問です。町田自体は運賃後払い方式の路線が多いのでこれにしていると思われますが…それはともかく、「出入口」は今のうちに撮っておいた方が良いかもしれません。順次一般的な中乗りに移行していますので…ただ現在は町田などターミナル混雑緩和のために朝のターミナル行きだけ運賃先払い(→ターミナルで一斉降車)という形態があり、中乗りにするとそれが不可能になるので、その点が都市部で中乗り方式への移行が遅れている理由かもしれません。
・京王バス、多摩営業所は京王バス南なんですね。実は12日に、先述の東海道線代行輸送区間乗車後に東京へ出て聖蹟桜ヶ丘駅→若葉台駅の京王電鉄バスに乗りましたが(J31209のゲテノン)、車内にも「京王電鉄バス多摩営業所」の文字がありましたので、まさか管理委託だとは思いませんでした。あとまさかと言えばもう一つ、この路線が土休日のみ運行だとは意外でした。乗ったのは夕方4時台で10人以上乗っていましたが、この路線にお出かけ需要はあっても通勤通学需要は無いということでしょうかね。乗客の一人が「この路線は土休日にしか走らないから、休日はこれで聖蹟桜ヶ丘へ買い物に出る」と言っていましたが…
ちなみに僕が若葉台に来たのは今回が初めてです。最近このブログでよく登場するので気になっていたもので、足を延ばしてみました。(急に行くことが決まった&旅程の余裕が無かったので連絡しませんでした…) 時間が無くて細かいチェックはできませんでしたが、全般的な印象としては、駅前のロータリーが結構広いなということ、ロータリー部分の舗装といい駅周辺の建物といい白っぽい色が目につくなということ、駅前に大型商業施設があって人通りが多い一方で一段下がったところにある駅の構内は人が少なく、ギャップが大きいなというところです。また、若葉台駅近辺には大きな団地や建物がいくつも立ち並んでいて圧倒されましたが、逆に人工的な街という感じが強くして、僕自身は住みたいかと言われるとちょっと…と思います。
・JPといえば京王で一世を風靡したと言っても良いほどの存在だと思いますが、02年世代ももうすぐ引退ということで、次第に終焉が近づいているんですね。HRの引退を先行させてJPが残っているあたりはやはりJPへの思い入れがあるのかもしれませんが。今回二種類のカラーが来ましたが、個人的には電鉄カラーの方が好みですね。よく見ると今回掲載の2台ともナンバーが妙に新しいですが、転属車でしょうか。
・京王はブルリⅡでATからMTに導入車を戻したんですね。しずてつはともかくとしてエルガ系でもAT車が広がっていると思っていたのでちょっと意外でした。
・小田急バスの教習車MP、ICステッカーも付いていますし、路線に入れる仕様のようですね。昔のしずてつは古い路線車で教習していた覚えがありますがそれに近い形態かなと。普段ここで見られない車両の出現はラッキーでしたね。
・教習車といえば稲城市iバスのリエッセもPR度がすごいですね。普段の運行ダイヤが等時隔でない分、ダイヤ以外の時間に走っていても間違えられる可能性はあるかもしれませんが。それにしてもiバスは赤色の車体が派手で目立ちますね。個人的には長崎県営バスを思い出しました。
・ニーリングして初めてフラットになるという3番乗り場ですが、画像で見ても一見それだけ斜めになっているとは気づきにくいです。しかしそもそもバス乗り場の地面がそんな斜めでいいのかという気もしますが…
・きゅんたバスは存在自体初めて知りました。大きなきゅんたがこれでもかと目立つバスですね。よく見ると首下のスカーフ?の柄や犬小屋のデザインが小田急バスのそれになっていてさりげなく自己主張しているなと(笑) かわいくて目を引くバスですね。

・E233系8000番台、天候が今一つの中で納得いく画像は撮れなかったようですが、今回はとにかく初日の記録を撮れたというのが良かったですね。E233系自体はもう珍しくないですが、色が変わると印象も変わりますね。そしてE233系はあっという間に在来車を駆逐していくわけで、運用開始は同時に205・209系引退のカウントダウンが始まったことも意味します。得意の1本残しがあるかもしれませんがそれはさておき、機会をみて南武線の記録をどんどんしていくのに越したことはないと思います。

・バスぬりえ、久々の登場ですね。しずてつの低床バスというと台数ではエルガが多分一番台数が多いですが、一方で日野は一番種類が多いとは気づいていませんでした。でも確かに日野はHRもブルリシティもエルガ系も出していて、他メーカーよりバリエーションは豊富ですね。そしてしずてつもいろいろと採用していたわけで…でもどれも少ないので目立たないのは確かです。僕は住んでいる場所柄丸子の車両を普段よく見ますが、丸子はもともと日野が少なく(西部循環用の車両はジャーニーKの前は中型RJでまとまった台数がいましたが大型は1台もなかった)、今もJPとUAが多いため余計そう思います。

最後に、今回のコメント中で触れた12日に東京へ来た件ですが、数時間の間にいくつか乗りバスと乗り鉄をした中で他にも報告したいことがありますので、以下に書いていきますね。(今回ここまででも普段より長いコメントをさらに長文にしてしまいますがご容赦を…)
・聖蹟桜ヶ丘まで京王の準特急に乗りましたが、準特急の種別の色が変わっているとは知りませんでした。乗った7000系の方向幕車では黄色地に黒文字になっていました。フルカラーLEDでは黄色地に白文字となっていましたが、方向幕の方が見やすいと思います。
・若葉台からは区間急行に乗ろうとしたら、当駅始発でした。すると反対側ホームに若葉台止まりが入ってきて、その接続を受けて発車。高幡不動でも例のある車両交換的なダイヤですね。しかし乗ったのは9030系でしたが若葉台止まりは10-300形。こういう車両交換もあるんですね。僕はE231もどきより9030系の方が良いので好都合でしたが。
この区間急行、調布で準特急接続は通常通りですが、この日は準特急の続行で来た臨時の急行新線新宿行にも調布で先を越され、新線新宿まで先着されるというまさかのダイヤ。唖然としました。
・調布からは小田急バスで武蔵境駅へ出ましたが、来たのが偶然にもエルガハイブリット(13-D701)。もちろん初乗車です。運転席後ろにはディスプレイ装置があって、ハイブリットの仕組みを解説する画像を流していました。AT車ですが、MPと違ってギアチェンジがMTのように一度ニュートラルに入って切り替わるタイプでした。昔の京王エアロスターにこんな車両がいたなと思い出しました。
・武蔵境駅からは西武バスで田無駅まで。ちょうど来た境03谷戸経由に乗りましたが、A8-305という社番の三菱ボディワンステ車で、おそらく初期のAPと思われます。2008年から実質三菱車を入れていたんですね。それと黒サッシでした。
・田無からは高田馬場乗り換えで大手町まで。田無では各停20000系を見送って次の急行を待ってみたら来たのは2000系、しかもトップナンバー編成でした。もちろん嬉々として乗車(笑) 車内は貫通扉の黒Hゴムに車端の二段窓など、以前HIROKIさんがおっしゃっていたと思いますがどこかレトロ感が感じられました。それだけに今後真っ先に置き換えられそうだなとも思いましたが…高田馬場からは05系でしたが、「アルミリサイクルカー」のステッカーが付いた第24編成でした。すっかり存在を忘れていましたレアな編成との遭遇に驚きました。確か5000系アルミ車を1両解体してそのアルミニウムを一部再利用した編成ですね。

それでは、また。
とーます |  2014.10.13(Mon) 23:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/764-4f1105b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。