2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.01 (Sat)

◆2014 Vol.32◆

こんばんは。

結構冬が近づいてきた感がありますね。日差し等が冬っぽいですし、夜~朝は結構寒いなって思うときがあります。去年は確か11月ごろまでかなり暖かかったのですが、中旬ぐらいで一気に冬になったという覚えがありますが、今年はゆるやかなのかな。それにしても、最近は「ちょうどいい季節」が無い気がしますね。個人的に春・秋は鉄道・バス撮影増えますが、その春・秋が短いなって思います。。。

さて、今回は9月中旬に恒例の「宮ノ前」があったので、そのときの画像と、後半はバスコレ19弾の画像です。

まず、宮ノ前ですが、行き~帰りの大塚まではいつもどおり。都電は確かどちらも7000形でした(うろ覚え…)。で、大塚駅で、都電の運行情報を見てみると2本後に8500形が来るとあったので待って撮影することに。

DSCF2619_20141027234307045.jpg
で、今回は以前数回撮影したことのある、大塚駅から少しだけ移動した都電と道路の交差点部分で撮影することに。ここ、都電の線路下が舗装されていて併用軌道っぽいので路面電車っぽくて気に入っている場所。ちょうど7000形の三ノ輪橋行きが来たので撮影。完全に道路に線路があるように見えますが、実は自転車を除いて進入禁止になっています。雰囲気的にもしかすると以前は車も入れたのかも。

DSCF2620_201410272343187ac.jpg
7000形の早稲田行き。ここは道路の交差点同様に信号機がついているんで、車の邪魔を受けずに撮影できます。が、ちょうどゴミ捨て場なので、臭いが酷かったです…

DSCF2621.jpg
もう1本、三ノ輪橋行きの7000形。今回3両ともラッピングでしたね。7000形も置き換えがそのうち始まるようなので、いっぱいいるうちに。というか現在でもこれが主力なので、減るっていう実感が湧きませんが…外観も良いですが、あの音が聞けなくなるのは…

DSCF2625.jpg
で、本番の8500形。側面がシマウマのようにゼブラなのに上のほうが茶色く虎みたいになってる謎ラッピングw これ何がしたいのかよくわかりませんが…w 8500形は音小さいし、クーラーうるさいし、ホームとの段差がこの形式だけあるのでその点ではハズレ車両ですが、外観的に気に入っています。8800形より好みかな。

この後は池袋に移動後、今回も西武池袋線経由で帰ることに。赤い電車目的でいつもどおりの石神井公園撮影付きで。

DSCF2627.jpg
ちょうど急行の新2000系がいたので乗車。新2000系がいると各停でも優等でもとりあえず乗車します。各停は停車多いという点で面白いし、優等は練馬~石神井公園で高速走行するのでどっちも面白いんですよね。

DSCF2629_20141027234439534.jpg
石神井公園で降りて撮影開始。ちょうど3000系の池袋行きが発車していたのですが…ん?準急が2両分先に走っている…ということは並ぶか?と思ってみていたところ。なんとか撮影できる位置で並んでくれました。新2000系ダブルパンタと3000系。黄色同士が並んでくれたので言うこと無し。

DSCF2630.jpg
ピン甘ですが20000系。

DSCF2631.jpg
6000系の快速急行。最近、6000系乗ってないんでなんかかなり乗りたいですw あの音はやっぱり良いですね。

DSCF2632.jpg
東急5050系の当駅どまり。お、石神井公園表示が写りましたね。まぁもう普通な光景ですが…5直系統もそろそろ5社全体でのダイヤ改正がある気がなんとなくします。まぁ大規模じゃなくても来年の3月あたりが怪しいなぁと個人的には思ってます。

DSCF2635.jpg
メトロ10000系。

DSCF2636.jpg
小手指行きの6000系。ってあれ?57Sってことはメトロ運用の代走ですね。特に番号みないで撮影したので今頃気づきました。ところで、最近、5直絡みで大幅にダイヤが乱れることが複数回あり、東急車の有楽町線運用等が当たり前のように発生していたようで…趣味的には面白いですが、やはりダイヤが乱れるとちょっと大変みたいですね。。。

DSCF2640.jpg
メトロ10000系の快急小手指。メトロ10000系の快急というか優等種別見ると車内の揺れがとんでもないことになってそうなイメージが…w これ、高速走行すると揺れがかなり激しいんですよね。。。

DSCF2641_201410272345592db.jpg
せっかく30000系の10連30101が来たのに、カメラエラー…ですが、どうしてもここを撮影したかったので後追いで。実は前面ライトがHIDに変更された編成で、ライト部の中身が変わっていますね。西武といえば以前20000系1編成で試験的に採用されていたようですが、不評だったのか本格採用されませんでした。今回もまだ試験段階だと思いますが、今後増えるのかどうか気になります。西武の車両で白色のライト…結構違和感あります。

DSCF2642_20141027234634440.jpg
9000系トップナンバー…って来て欲しいのは9101じゃなくて赤い電車なんですけどね…9000系はトップナンバーは結構な頻度で見るのでトップナンバーのありがたみがあまりありません…w

DSCF2643_20141027234642eef.jpg
9000系9104編成。赤い電車じゃない……w ところで9000系ですが、最近1編成が前面のエコマーク?が無い状態で走っているようです。このマークもアクセントになっていますが、無いほうも懐かしいので自分も見てみたいです。

DSCF2645.jpg
新2000系超更新車。あれ?2077編成、いつのまにかフルカラーLEDになってますね。まぁ未更新車だけじゃなく2000系までフルカラーになった編成がいるので、超更新の3色LEDもフルカラーにされるのも当然かもしれませんが。。。
余談ですが、某氏から「『超』更新という言い方が変」といわれていますが、今後も超更新という名称を使っていく予定ですw

DSCF2646.jpg
万系。

DSCF2647_2014102723470210d.jpg
レッドアロー。

DSCF2649_201410272347411e2.jpg
お、レッドアロークラシックが来ました。ここで下り方面のRACは初撮影。ようやく…という感じですね。ん~普通のレッドアローとは全く色が違うのに、やっぱ違和感無いですねぇ。むしろ今後もし更新とかあればコレ増やしても良い感じがw

DSCF2650_20141027234747b08.jpg
新2000系未更新車のフルカラーLED編成。結構増えてきた感がありますね。相変わらず20000系は取り残されていますが…w 

DSCF2651_20141027234752062.jpg
これを撮影して9000系の急行(確か)に乗ってひばりヶ丘へ。ひばりヶ丘からバスに乗り換え。

DSCF2653_20141027234801f99.jpg
今回こそは「団地経由」が良いなと思って地上に降りるとMPが2台連続で並んでいたので、どうしようかと思って様子を見ていると、谷戸経由のバスがよく待機している側の場所にUAが停まっていたので、谷戸経由に方針転換w で、Emioラッピングでした。これピンクと白が1台ずつのみのラッピング車。

DSCF2657_20141027234811a1a.jpg
扉側も撮影。よくみると前面表示機にもEmioのキャラクターが描かれています。西武バスでイラストが出るのは今の所このラッピングしかないはず。このEmioラッピングは運行開始当時には公式ページでも紹介されていました。ひばりヶ丘と武蔵境どちらにもEmioがあり、宣伝効果は抜群かとw 予想通りこれが谷戸経由の武蔵境駅行きになったのでコレに乗車。
なんか久々にUAだった気がしますが、やはり音が大きく迫力があり、MTの音が「バスに乗っている」感があるのがいいですね。
ちなみに谷戸経由は最近、田無駅付近のルート変更がありましたが、変更前最後の乗車になりました。まぁ新ルートも変更はわずかですがまた乗りたいと思います。

DSCF2661_201410272349011fe.jpg
武蔵境駅で降りると前にRAの汎用テール車がいたのでなんとなく撮影。後部に広告枠がなくすっきりしていて、なんか幅広に見えます。

DSCF2663_20141027234909790.jpg
せっかくなのでUAをもう一度。今度はしっかりLED写りましたね。ところでこいつもPASMOステッカーのまま。どうやら西原車庫のはそのままなことが多いようです。ところで、武蔵境駅は元から地面が結構傾いているんですが、さらにニーリングしているのでかなり斜めってますw

DSCF2672_20141027234914f87.jpg
この後は多摩川線で是政へ。車内にこの広告がありました。こういうの面白くていいですね。余談ですが左側には「秩父金よる旅」の宣伝がありますが、最近これに力を入れてるようでCMもやってます。

DSCF2674_20141027234920dde.jpg
なんとなく車番ステッカーを。車番プレートの代わりに更新時にこれがつけられています。

DSCF2681.jpg
是政。夕日が良い感じに見えたので。なんとなく、是政駅の雰囲気と合ってるかと個人的には思っています。

ということで宮ノ前の件は以上です。また赤い電車来ませんでしたが、まぁ気長に狙うことにします。

さて、ここからはバスコレ19弾です。
バスコレにしては珍しく発売予定月が変更されずに第19弾が発売されました。ちょうど発売日前後は所用でバスコレを買いにいけず「早く行きたい」と思っていましたが、京王八王子のポポンデッタで開封売りを買いに行ってきました。 まぁ値段も高いので特に欲しいものだけを購入。いつもどおり画像紹介していきます。
DSCF2615.jpg

ということで第19弾。最近、ゲテノンがひたすら全国バスコレで出ていた中でMP。しかもKは以前も出ていたものの尺違い…ということで、結構トミーテックもチャレンジしてるなと思ったのですが…w まぁMPノンステはずっと出て欲しかったので良かったです。

DSCF2572_20141027234143300.jpg
で今回開封売りで買ったのはとりあえず4台。まずは都営バス。KL-MPのB-K529。「都市新バス」のグリーンシャトル…渋谷駅~新橋駅の路線用の車両。

DSCF2573_20141027234148505.jpg
後部。このつぶれた感じがMPノンステらしくて、よく再現されていますね。側面最後部の窓が小さくなっているので、一応後期タイプということになるようです。

DSCF2568_20141027233813798.jpg
豊橋鉄道のKC-MP。今まで製品化されたことが無い会社ですが、個人的によく見たことがある車両で好きな塗装。中扉グラスラ。んーこれはかっこいい。今回第19弾でシークレットを除けば一番欲しい車両でした。MPというとやはりグラスラが良いですね。

DSCF2569.jpg
後部。上部の補助ランプはないですが、それ以外はしずてつのライト配置と同様ですね。余談ですが、今回の第19弾は今までにほとんど製品化されなかった事業者や、初登場の事業者が多く、よく言えば斬新、悪く言えば定番があまり無いシリーズですね。

DSCF2566.jpg
尼崎市交通局のKL-MP。これ、本当は購入予定無かったのですが、実物を見て、これはかっこいいなと思いついつい購入。ついつい購入できるような値段では無い気もしますが…w エアコンの位置が初期ノンステみたいな独特な配置で、関東鉄道に移籍したのと同じ仕様ですね。

DSCF2567_20141027233807873.jpg
上部ライトは塗装のみで再現。尼崎市交通局のバスは2016年で全て撤退となるようで、他の民間バスに路線譲渡となるようです。ちなみに全車バリアフリー化を達成しているようです。この塗装もそのうち見納めになるのかも。車両は…多分まだ新しいので譲渡になりそうですね。

DSCF2564.jpg
続いてエアロスターK。Kは仙台市交通局のU-MPのみ購入。この塗装が気に入っているのと、Kは短尺版で結構持っているので、角型ライトに逆T字窓という独特なスタイルだったということでこれのみ。なかなか良いですね。

DSCF2565.jpg
後部。エアロスターKって全国的に貴重になってるようですね。ついこの前もバスマガジンで特集されていました。そこでも出ていましたがしずてつではまだ普通にいるので「貴重」というイメージが全くありませんw 普通に見ていましたし、岡部に大量移籍しているので…w

ここまでは京王八王子のポポでの開封売りのものを購入。

DSCF2576_20141027234154f6f.jpg
さて、都営でゲテノンと比較してみます。まずは前面。背の高さの違いが目立ちますね。

DSCF2577.jpg
後部。←のMPでは窓下に窪みがありますが、ゲテノンはなし。元からワンステは窪みがありませんでした。それにしても背の高さ目立つなぁ

DSCF2578_2014102723424607a.jpg
側面。上がゲテノン。おお、中扉のドアの位置が結構違いますね。ゲテノンのほうが他社とも似ている感じで、逆に下のほうは最初の窓が結構大きくて標準尺に見えますね。

ということで以上…ではなく、このあと新たに2台入手しました。
まず、1台ぐらいは「開ける楽しみ」を味わいたいと思い、東武百貨店のポポンデッタ(が運営している店)で1箱残っていたのを購入。ちなみに東武のはちょっと特殊で、逆に開封売り等が売られていません。

DSCF2689_20141027234957343.jpg
北海道拓殖バスのU-MPでした。拓殖バスも初製品化。メトロ窓で中扉が折戸というこれも独特なスタイルですね。なかなか面白いものを引き当てましたね。ところで拓殖バスは最近関東バスからの譲渡が多いようで、7Eや新7Eが移籍しているようで、どちらも関東バス時代の元車番があえて表記されたりしているようで、なかなか面白そうです。

DSCF2691_20141027235001981.jpg
後部。3連テール良いですね。まぁ北海道では結構あるようですし、静岡でも遠鉄で長い間採用されていましたね。

DSCF3015_2014102723500897c.jpg
もう1台は横浜市営バスのMPノンステ。これは元から欲しかったのですが、売り切れていたもの。新宿の京王百貨店のポポンデッタで開封売りで残っていたので購入。KL-MP。この塗装気に入っているので入手できてよかったです。

DSCF3016_2014102723501436b.jpg
後部。上部の補助ランプがついています。コレも側面最後部の窓が小型の後期タイプのようです。まぁ塗装で黒くなっています。横浜市営やっぱ良いですね。

ということで、今回は計6台入手しました。今回はシークレットが神姫バスの元サンプルカーの前後扉ノンステでした。勿論開封売りでも値段が上がっているので諦めましたが、今回は神姫バス(というかスル関バスまつり?)のイベントで個数制限なし+通常価格でシークレットMPが開封売りで出ていたようです。関西在住だったら絶対に買いに行ってますねw

バスコレですが、中身の見えないパッケージで900円台というのはさすがにきついですね。そろそろこの売り方も限界が来ている感じがします。開封売りだと若干値段が高めですが、ここまで定価が上がるとそれでも本当に欲しいのだけ買ったほうが効率が良い状態…これだとあまり知らないバスは買わないですし、「開ける楽しみ」が無く値段だけ高くて面白くない感じ…w それよりは全国バスコレのようにオープンパッケージでいろいろ売ってくれたほうが人気が出そうな気がします。逆に今まで買ったことの無い人も「地元のバス」ということで人気が出そうな気がしますし、「あれ?この色かっこいいな」とかで知らないバスを買ったりする人もいると自分は思いますし…まぁ今後どうなるかわかりませんし、今後も集めていきたいと思いますが、どうなるか気になります。

ということで今回は以上です。

ではこのへんで
スポンサーサイト
16:00  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こんばんは

車が来ないので安心して撮影でき、良いポイントですね。>
駅のホームからだとどうしても通行人の流れがあるので撮影失敗になることが結構あるのですが、ここだと基本的に車だけなので撮影の成功頻度は高いです。

しかし以前にも書きましたが代替車は新形式になるのかどうか。>
これについては7000形の置き換えは決定しているようですが、どういう車両になるのかは気になりますね。まぁ8800形導入は一段落したので、それの実績を踏まえた新形式になるのか、継続なのか。計画より少し遅れている気がするので、計画自体がどうなるのか非常に気になるところですね。

このラッピングは虎のイメージかなと思いましたが、美的にちょっと…>
たしか以前は白と黒で完全にシマウマだったと思ったのですが。。。何故こういう色にしたのか気になりますねw

3009編成がいつまで残るか、下手をするとこれが見納めかもしれず、撮影出来て良かったですね。 >
この返信を書くより前に3009編成が引退し、残りは銀河鉄道ラッピングの編成のみとなったようです。まぁとりあえず2本(3005と3007)は近江鉄道に譲渡されるようですが…ついに、本当に本線系統から3ドア撤退ということで、なんかあっけなく終わってしまったなという印象です。。。

「東横特急をご利用くださいまして~」の自動放送も流れ、西武車で聞くとちょっと違和感が。>
確かに違和感ありますねw ちなみに車両は関係ないですが、東横線は5直開始にあわせて放送が更新され、以前より口調や声の高さが変わっていて個人的に違和感がありますね。

東上線で地下鉄直通列車の急行運転が計画に挙がっていますので、それ絡みでダイヤに変化があるかも。>
東上線でも8000系の10両(8+2)が2本引退したり、10000系の8+2が転属したりいろいろ動きがありますが、ダイヤ面でもそろそろ動きありそうですよね。
それと、最近は5直のダイヤ乱れが相次ぎ、有楽町線系統も含めて何度もダイヤ乱れが起きているので、その辺の絡みで変更があるかもしれませんね。

メトロ運用の代走で西武6000系…こういうこともあるんですね。>
そうですね。ちなみに5直初日にも早速東急運用を西武6000系が代走することもありましたね。あと、最近はダイヤ乱れで新木場行き系統の東急代走まで出ていて、もうなんでもあり状態になっている気がしますw

確かにダイヤ乱れ時には有楽町線も含めて柔軟に運用できる方が良いですが、素人目にも運転整理が相当大変だろうなと思います。>
まぁこれで東急だけ有楽町線に入れないとなると運転見合わせも長くなると思いますし、客からすると少しでも電車が動いてくれるのが嬉しいですが、整理はかなり大変じゃないかなと思いますねw ある程度最初から、西武6000系の和光市行き運行などのように東急運用を設けても良い感じがします

今回の2077編成も別に違和感なく見えます。>
そうですね。むしろ以前は池袋線の3色LEDの更新車のほうが違和感あるなと思ってましたし、他の編成にも波及しているので違和感無いですねw

超更新、てっきり公式の呼び方かと思っていましたが、>
このブログだけというか自分だけが言ってる呼び方ですねw 個人的にはこの言い方があってるかなと思っていて使っています。公式だとバリアフリー化工事と言っていたような…? まぁ今後も超更新で行きますw

そろそろ更新の話が出てきてもおかしくないのではと。 >
抵抗制御は安定的 といっても5000系からの流用なのでそろそろ車内等更新も含めた更新か、もしくは置き換えの方向の話が出てきてもおかしくないですね。まぁ音的にはこのまま走ってくれても面白いのですが…w

西武では全体の中では意外と多くないようで。>
このUAは少なめですね。更に既に置き換えが始まっているということで、数年で減りそうです。このUAまでが音的には面白いので、引退までにたくさん乗りたいとは思っていますw

地盤沈下か、あるいは意図的にこう整備したのか。 >
地盤沈下の可能性が高そうですw 武蔵境についてはリニューアル工事中なので、ここが見られるのもそう長くないかもしれません。。。

正直、買うかどうかちょっと躊躇しました。これで所定のブラインド販売だったら間違いなくパスすると思います。>
やはりそうですよね。今までなら「もう1個引いてみようかな?」「これも面白そうだから買おうかな」が出来たのですが、今の値段ではちょっと…

それ以降の形式名はちんぷんかんぷんで全く分かりません(汗) >
自分も数字まではまだ勉強してません(汗) まぁ形式名を記載してブログに載せるようにしたのと、4年はさすがに少し余裕があると思うのでいろいろ勉強したいなぁとw

車両は他地区の例からみてもそのまま新事業者に引き継がれて活躍するものと思われます。>
恐らくそうなりそうですね。あとは少数のベテラン車が関鉄などに行くのかなとちょっと期待していますw

HIROKIさんは多摩に住んでいたようですので京王電鉄バスかな>
自分の場合はバス的には京王電鉄バスですね。多摩・東村山をよく往復していたようで、その影響からか京王と西武をよくみていて、それがバス好きの原点なのかも。。。

ゲテノン実車がなんとなく前側に寄っている(その分中扉より後部が長い)ような気がした>
MPはゲテノン以外は、むしろ中扉が比較的後ろに設置されているので余計前側によっているように見えますね。

普及しなかったのも無理ないかなと。>
メーカーの試作車のようですね。確かにこのMPが出来たときぐらいのバスラマを偶然持っていますが、前後扉ノンステがあったような…? 

それではまた
HIROKI |  2014.12.07(Sun) 01:08 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。
11月も下旬になりましたが、朝晩の寒さと日差しの色に冬の訪れを感じる一方、晴れると日中はまだ暖かくて過ごしやすいですね(雨だとかなり寒いですが)。夏から一気に冬になった感のあった昨年と比べ、今年は秋らしい気候が割と長く続いている感じです。毎年こうだと良いのですが…
またまた少し遅くなりましたが、こちらの記事にコメントさせていただきますね。

今回は恒例の宮ノ前帰りの都電と西武線にバスコレ19弾と、三つまとめるとなかなかボリューム感のある記事ですね。以下順を追って…

・都電撮影で定番の大塚駅前、今回の撮影は巣鴨新田方の併用軌道区間ですね。路面電車の雰囲気が出ている一方、車が来ないので安心して撮影でき、良いポイントですね。調べたものの確証は得られませんでしたが、おっしゃる通りかつては車も入れたのではないかと思います。7000形は今回3台登場、まだ主力ということがわかります。8800形が幅を利かせることも多いですが…しかし以前にも書きましたが代替車は新形式になるのかどうか。8800形が収容力に難があるだけに気になるところです。今回本命の8500形、このラッピングは虎のイメージかなと思いましたが、美的にちょっと…という気がしますね。車体の造りは丸みを帯びた前面と特大の曲面ガラスが都電としては斬新で、一方で塗色が従来の都電冷房車と同じなので8800形と比べ落ち着いている感じがします。前面が傾斜していない点も含め、僕も8500形の方が好みですね。
・新2000系は各停でも優等でも面白い…気持ちよく分かります(笑) 加減速・高速走行どちらの音も良いですよね。
・石神井公園での撮影、黄色同士の新2000系と3000系の綺麗な並び写真が素晴らしいですね。ごく当たり前に見られたこの光景も、3009編成がいつまで残るか、下手をするとこれが見納めかもしれず、撮影出来て良かったですね。
・西武6000系、そういえば撮影はされていても乗車された話をこの頃聞いてないなと。引越しで多摩川線以外の西武線から遠くなってしまったので無理もないですが…ちなみに僕はつい先日、元町・中華街→新宿三丁目間で乗りました。やっぱりGTOの大きな音が良いですね。ちなみにLCDと自動放送は東急&みなとみらい線・東京メトロのそれが共通で使われているので、「東横特急をご利用くださいまして~」の自動放送も流れ、西武車で聞くとちょっと違和感が。でも5直開始から1年8か月、石神井公園で東急車を見たり東横特急に西武車やメトロ車が入ったりする光景も確かにごく普通の光景になりましたね。ダイヤ改正…確かに来春あたりあってもおかしくないと思います。東武の経営計画では東上線で地下鉄直通列車の急行運転が計画に挙がっていますので、それ絡みでダイヤに変化があるかも。
・メトロ運用の代走で西武6000系…こういうこともあるんですね。走行距離調整のため、一時的に運用変更して他社担当のダイヤを走らせることがあるというのを昔都営浅草線絡みで聞いたことがありますが、これも同様のケースかなと。東急車の有楽町線運用、それも可能だったとは知りませんでした。確かにダイヤ乱れ時には有楽町線も含めて柔軟に運用できる方が良いですが、素人目にも運転整理が相当大変だろうなと思います。
・メトロ10000系、当然東横特急にも入るわけで僕も横浜駅で見ました。東横線での揺れはいかばかりかと…あと別の話ですが、同じ時に東横線内のみ運転の渋谷行き各停にメトロ7000系が入っているのを見ました。田園都市線でも同様のケースがありますが、やっぱりちょっと不思議な感じがします。
・30001号車、ライト部をよく見ると確かに形が違いますね。こんな小さなライトで遠くから見える光を出せるのかとちょっと驚きです。
・今回、9000系は来たものの、お目当ての赤い電車は現れずで残念でしたね。トップナンバー、9000系は10両×8編成だけで全て池袋線優等列車で使用されているので、他形式よりも遭遇しやすいのは確かかなと。赤い電車も次回こそは…ですね。
・新2000系超更新車、新宿線のフルカラーLED車の印象が強いため、今回の2077編成も別に違和感なく見えます。超更新、てっきり公式の呼び方かと思っていましたが、他にも更新工事が多々ある中で外観も大きく変えたこのリニューアルは、確かに「超」更新と呼んでもおかしくないと思います。一方でフルカラーLED化は未更新車でも進行中のようで、やはり3色LEDの寿命が来て交換が急務なのかなと。過去の記事でも触れられていましたが劣化がだいぶ進んでいましたので…
・レッドアロークラシック、全然違和感が無いどころか、個人的には全部これになっても良いのではとさえ思います。登場から20年経ち、機器も1編成を除き101系のままですので、そろそろ更新の話が出てきてもおかしくないのではと。
・ひばりヶ丘からのバス、充当車両を見て乗る路線(経由地)を変えたのがHIROKIさんらしいなと。僕は基本的には車両より路線重視です…が、よほど貴重な車両か好みの車両が来ると方針転換することもあるので、結局HIROKIさんと大差ありません(笑) UAも静岡ではごく普通の存在ですが(特に家の近所の路線を管轄する丸子には多いです)、西武では全体の中では意外と多くないようで。乗車されたUA、前面表示機がイラスト入りなのが驚きです。立川バスのリラックマは有名ですが、他に同種の例は無いと思っていました。この路線の両終端にある施設のラッピングで、正に最適の路線に使用していますね。武蔵境駅、なるほど斜めぶりがすごいなと。ニーリングはともかく、若葉台もそうですが地面が斜めになっているのが不思議です。地盤沈下か、あるいは意図的にこう整備したのか。
・多摩川線の車内広告、黄色と赤のタイアップも良いですが、左側の秩父金よる旅のポスターも合わせると青・黄・赤で見事に光の三原色揃い踏み。目に鮮やかですね。ちなみに秩父金よる旅のCM、西武6000系の車内LCDで東急線内でも何回も流れていました。自社の宣伝を他社走行中の車内で流せる、これも5直の効果かも。
・是政駅、淡い夕陽の当たり具合が良いですね。黄色の電車には強い夕陽が似合っていると以前拝見した画像で感じましたが、白の車体にはこれも合っているなと。おっしゃるとおり駅の雰囲気とも合っている気がします。

・バスコレ19弾、僕も先日久々に静岡のポポンデッタをのぞいたらやはり開封売りがありました。それまで19弾のことを忘れていましたが(汗)、個人的に好きな熊本で運行している熊本バスがあったので1個購入。他に本記事でご紹介の拓殖バスと、京阪バスが売られていました。しかし1個900~1200円(事業者により価格に差あり)は高いなあと。正直、買うかどうかちょっと躊躇しました。これで所定のブラインド販売だったら間違いなくパスすると思います。「開ける楽しみ」を味わうにはちょっと高すぎる気が…値段が昔のように下がらないのならば、全国バスコレのようなオープンパッケージの方が確実に売れるのではと思いますね。
・MPノンステ、初期と後期は形式のMP747とMP37Jの違いということでしょうか。個人的にはMP747は知っていますが、それ以降の形式名はちんぷんかんぷんで全く分かりません(汗) 今はJ-BUSも含めてこのブログに記載の車両名称で違いを認識している状況です。
・豊橋鉄道、この初期型らしいグラスラが良いですね。行先表示器が幕式を再現しているのがなお良いなと。豊鉄といえばこの字体&カラー方向幕でしたので。尼崎市交通局、エアコンの位置が先日つくばの記事で見た車両と同じで、実際にこうなのかと妙に納得しました。一方で2016年で撤退とは初耳で驚きました。公営バス(コミュニティバスではなく、○○市交通局の運営する独立採算制のバス事業)は地方都市各地で廃止・民間移譲が進んで、急速に減りつつありますね。車両は他地区の例からみてもそのまま新事業者に引き継がれて活躍するものと思われます。
・エアロスターK、仙台市交通局の塗装が気に入っているとは意外でした。僕は若干暗めの感じがすると思っていますが…この製品、確かに逆T字窓と角型ライトの組み合わせは珍しいかも。全く関係ない話ですが、僕は3歳まで仙台市に住んでいて、(記憶は全くありませんが)親の話では2歳頃から家の近くの市営バス折返所に毎時1本程度バスが来る度に、一人で家から出て見に行っていたようで…つまり仙台市交通局が僕のバス趣味の原点のようです。HIROKIさんは多摩に住んでいたようですので京王電鉄バスかな。
話を戻して、エアロスターKが貴重になっているとは意外でした。静岡で毎日のように見ているので全然実感が湧きません。まあU-代がラストですし今後は地方でも初期ノンステ・ワンステ中古への置き換えが進むでしょうから減っていくのは確かですが。ちなみに僕は同じエアロスターでも前面に丸みのあるKの方がMより好みです。
・都営でゲテノンとの比較、やはりバスコレでも背の高さの違いが一目瞭然ですね。中扉の位置、ゲテノン実車がなんとなく前側に寄っている(その分中扉より後部が長い)ような気がしたのは気のせいではなかったなと。
・拓殖バス、ずいぶん小規模な事業者を製品化したものだなと思いました。メトロ窓で中扉が折戸、個人的にどこかで見たことがあるなと思ったら、かつて瀬戸内運輸で今治~新居浜間の急行バス用にこれと同タイプの車両(P-MPでした)が何台か使われていて、一度全区間乗ったことがありました。加えて祖母宅が今治で、帰省のつどバス営業所を見に行った時にやはりこの車両がいたのを思い出しました。拓殖バスともども、座席数重視の長距離用仕様と思われます。
・神姫バスのMP前後扉ノンステ、つい先日別のブログで初めて存在を知りました。車内の画像を見るとかなり無理した構造になっているようで、普及しなかったのも無理ないかなと。シークレットにもってこいの車両には違いないですね。

それでは、また。
とーます |  2014.11.25(Tue) 19:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/784-2a4db4b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。