2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.11 (Tue)

◆2014 Vol.33◆

こんばんは。

上野東京ラインの概要がついに発表されましたね。2015年3月14日開業ということで、あと5ヶ月ぐらいですね。直通運転の概要についてですが、
1.宇都宮線・高崎線⇔東海道線相互直通運転
→これはまぁ当然というか、これやらないと上野東京ライン作った意味無くなるので…w 日中は現状、東海道線は毎時6本、高崎・宇都宮がそれぞれ4本の計8本なので、仮に東海道全てが直通するとなると、高崎・宇都宮それぞれ1本が上野か東京か品川始発になりそうです。
高崎駅や宇都宮駅からの東海道直通が増えるということで行き先も「上野」が減って更に遠いところになりそうですね。
ちなみに車両的にはE233系の直通が開始されますね(今は湘新に入らないのでない)。あとE231系は今以上に東海道用と高崎・宇都宮用の編成が共通化されるわけで、微妙にM車の位置が違うので、気をつける必要がありますね(まぁ一部の人だけですがw)。
ところで、上野東京ライン開通後は沼津始発がどこ行きになるのか気になるところ。出来れば宇都宮行きとか高崎行きが見たいですw
それにしても、例えば小田原や高崎にいても「どこの駅にいるのかわからない」状態ですねw

2.常磐線は品川まで直通運転(但し、朝8時以降)
→まぁ予想された通りというか、さすがに東海道線への完全直通はありませんでしたね。まぁ最初からそうなるとは思っていませんでしたが…で朝8時以降~日中以前は「取手以南運行の快速上り電車のみの直通」とのこと。上りのみということは下りは回送なのかな…? で取手以南運行ということで緑のE231系0番台が乗り入れるものと思われます。でE231系は夕夜時間帯にも取手以南運行の快速を品川発着にするそうなのでそこでも見ることが出来そうです。日中は土浦方面からの一部列車を品川発着とするそうで、日中はE531系ですね。一部とあるので、毎時2本ぐらいかもしれません。

で、これと同時に、というかダイヤ改正で「スーパーひたち」「フレッシュひたち」の名称が消えるようです。まぁ既に車両が統一されていて、列車名の違いだけになっていましたが…速達タイプが「ひたち」、停車タイプが「ときわ」となるようで、名称復活ですね。フレッシュひたちは結構短命でしたね。。。
あと新たな着席サービスというのは、よくわかりませんが、「スワロー○○」と同じなのかな。

ということで、まぁ変更点は少しですが、楽しみですね。

さて今回は…


まさかの「甲府」です。甲府は以前から行きたい場所でしたが、今回いろいろ機会に恵まれついに行くことができました。目的は勿論?山梨交通のキュービックです。ツイッターでキュービックの画像をいろいろ見ているうちに、この前のつくばもそうですが、どうしても撮影したくなりまして…ちなみに、実は山梨は去年も行ったのですが、撮影は全くできずに終わっています。
で、バスを撮るだけではもったいない…ということで、遠征恒例の入場券を購入しての電車撮影もしました。
では順を追って掲載していきます

DSCF2697_20141109233632fe0.jpg
甲府駅について、まずは電車撮影…と思いましたが、先にバス撮影の場所を下見しておこうとロータリー全体を見て、場所を検討…中に、富士急バスが来たので撮影。前のポールが邪魔ですが…富士急山梨バスのHUハイブリッド標準尺。富士急というと甲府手前までのイメージがありますが、一応来ているようで。。。これ、最近の車両なのになぜか上部の車椅子ステッカーがスロープ付きのタイプ。窓下に標準仕様等で指定されてるマークがついているので、富士急は独自に窓上はスロープ付きのステッカーにしているのかも。

DSCF2698_201411092344465ca.jpg
山交タウンコーチのPDG-LR(エルガミオ)。山梨交通のバスですが、実は小学生ぐらいのころ、静岡県内を走る山交タウンコーチを見に行ったことがあるので、まぁ初めて見たわけではないです。国際興業と同じ色なので馴染みがありますね。

DSCF2700_20141109233653d8e.jpg
山梨交通のU-LR(ジャーニーK)。山梨交通のオリジナル塗装で、側面には葡萄がかかれています。こちらのほうが独特な塗装で見た目的には面白いですね。そういえば、自分が静岡で見た頃はまだ、この色も静岡で走ってました。

DSCF2703_2014110923370253f.jpg
KL-LV(エルガ)のCNG車。側面を見るとこれはフルフラットタイプ。そして前面上部左側のロゴマーク、でナンバーが新しい ということでこれは国際興業からの移籍車のようです。CNGが多い山梨交通にはぴったりですかね。ただATだと思います。塗装はほぼそのまんまかな。かなり見慣れた感がw

DSCF2704.jpg
KL-LV(エルガ)CNG車。こちらは中扉以降段差があるまぁ普通タイプの車両で、こちらは新規導入車ですね。国際興業からの移籍車には前面の「うしろのり」とかの表示サボが無いようです。
さて、この辺にして電車撮影に移ります。甲府駅に入り入場券を購入して、ホームへ。甲府は幅広自動改札機が稼動していました。JR東は幅広が無いことが当たり前で、あっても電源を切って自動化してないのが普通で、東京地区でもようやく少しづつ幅広改札機が広がっている感じなので、ちょっと驚きました。まぁもしかすると八王子支社の駅には結構幅広改札機があるので、支社の方針なのかもしれませんが…

DSCF2705_201411092341109b7.jpg
まずは、小淵沢行きの普通が来そうだったので、2・3番ホーム(高尾方面)から撮影することに。と、その前にあずさのE257系。完全に見慣れた車両ですね。ちなみにあずさ・かいじは甲府→立川は1時間程度で走るということで結構速いですね。今後、E257系はスーパーあずさとともに新車に替わるそうですが、正直「もう引退?」ってびっくりしています…w

DSCF2706_20141109234118655.jpg
微妙ですが後追いも。ところで、あずさ・かいじっていつも利用率が高い気がします。まぁ新幹線が無い路線+各停だと本数が時間帯で前後するし、不安定+山梨→東京への通勤が多い+東海道で言う新幹線(静岡県内の特急の役割)と同じ役割といろいろ要因がありそうです。ところで東京から結構離れている甲府でATOSの放送を聞くと違和感がw でも甲府~東京って初めてATOSが導入されているんですよね。

DSCF2712_20141109234127b3d.jpg
小淵沢行きが来ました。115系新長野色の6両固定編成。というより新長野色で立川~甲府はすべて6両固定編成が運用されている模様。この塗装明るくて、個人的に好きな水色が入っているので気に入ってるんですよね~。停車中のCPの音などを聞いていると静岡に113系・115系がいた頃を思い出しますw

DSCF2721_20141109234136b69.jpg
続いて、3番ホームに甲府始発の3両編成の高尾行きが入線。撮影時は知りませんでしたが、新長野色3両は高尾以東に入らないので、「3両」なら確実にスカ色が来るようです。ちなみにスカ色は長野車で1本リバイバル塗装されていますが、豊田車の6両固定は既に引退。新長野色も好きですが…やっぱりスカ色かっこいいですねw 新長野色などの新色もかっこよく好きな塗装も多いですが、やはり原色にはかなわないなと…w

DSCF2729_2014110923414228e.jpg
ドア。当たり前ですが115系らしいドアですねw 113系は比較的ドアの開閉が整っていましたが、115系などの半自動対応のドアは左右で閉まる早さが違ったり、場所で違ったりと独特な開閉でしたね。それにしても懐かしい…

DSCF2731.jpg
側面。この戸袋窓の広さが特徴的ですね。ちなみに窓はユニットサッシ。非ユニットサッシはにこの辺では消えているようですが、新潟地区には残っているようです。といっても新車投入で激減しそうですが…ところで、側面JRマーク…JR東海のは車体端に小さく書かれていたので、あまり見慣れない位置+大きさです。

DSCF2733_20141109234229bdf.jpg
方向幕と「八トタ」と車端周辺。ところで、211系でも「八トタ」って見れるんでしょうかね。なんとなく全て新長野色、豊田車の運用のほうがかなり少ない ということで共通化で配置されなさそうな気がします。

DSCF2743.jpg
今度は身延線ホームへ。こちらは松本方面1番ホームの先にありますが、なぜかこちらが4番・5番。どうやら以前のホームから改良した際に付番が逆になったようです。373系のふじかわが発車間近でした。ここで「静岡」を見ると、なんか新鮮な感じ。富士川は身延線甲府よりでは特急という役割だけでなく、普通列車の補完的な役割を持っていて、短距離利用者も多いようですね。

DSCF2751.jpg
313系3000番台V9編成の富士行き。こちらも身延線だから当たり前なのに新鮮です。というより3000番台って殆ど撮影していないのでそれもありますが…w こちらも結構乗客がいました。

DSCF2754.jpg
ドア。ドア窓がJR西日本の車両のように大きいです。まぁ211系も大きいのでJR西もJR東海も国鉄時代を参考にしてこの大きさっていうことかと思います。JR東日本は通勤型と共通…というか通勤型と近郊型の違いもあいまいになってきていて、ドア窓も小さいタイプで統一されていて、E233系とか見慣れるとかなり大きく見えますw 確か近鉄もこんな感じですね。

DSCF2755_20141109234340258.jpg
甲府で「静シス」。甲府は豊田車も長野車も、静岡の車両も見られるので結構バリエーションありますね。先ほど115系で言ったJR東海のJRマークはここに小さくあります。このように目立たないので、国鉄時代の雰囲気(JRマーク無し)が残っているということで、一部ファンからJR東海の113系は人気だったようです。

DSCF2758_20141109234346657.jpg
「ワンマン 富士」を撮って身延線撮影を終了

DSCF2765_201411092343554db.jpg
続いて2番ホームに到着した甲府始発の松本行き211系を撮影。さっきの115系撮影時に中線に貨物が入ったのでヒヤヒヤしましたが、出発していきました。運用は知らないので115系が来る可能性もありましたが、これは運よく211系。武蔵小金井で毎日のように見ている(しかも最近は5本も並んでますw)のに、初めて撮影できました。似合っていますね~。ところでこの編成の前面表示機は方向幕で黒い普通。これに加えて白幕の普通、さらにLEDになっている編成など、3種類の形態が存在しているようです。

DSCF2770.jpg
側面。なぜか115系より色が薄く見えますね。ところで211系というと、今まで5両で2M3Tと加速が非常に悪かった印象ですが、2M1Tとなったので今度はかなりの高加速みたいです。うーん、結構似合っていていいですね。Bトレが楽しみです。

DSCF2773_2014110923441354a.jpg
最後にJR東日本スタイルの身延線発車案内を撮影。ちなみに駅名板もJR東日本スタイルなのに帯はオレンジという仕様になっているようです。これを撮影して撤収。

DSCF2777_20141109234553ac7.jpg
バスターミナルに戻る途中で銀バンパーのLRがいたので後部を撮影。銀バンパー見慣れないですがモノコックバスみたいで独特ですね。

DSCF2781_20141109234603a37.jpg
KK(?)-LR(エルガミオ)ワンステ。微妙にピン甘ですがチョロQサイズのワンステ。これは国際興業からの移籍車ですね。以前池袋駅でも見たことがあります。何度見てもチョロQに見えますねw あと「高速バスで行く静岡」が目立ちますw

DSCF2782.jpg
PA-LR(エルガミオ) CNGノンステ。これは静岡でも在籍していたので、なんか馴染みがあります。エルガミオのCNGはガスタンクが丸っこい上に小さいのでなんかかわいらしい車両ですねw

DSCF2784_20141109234627f33.jpg
P-LR(ジャーニーK)。これも微妙にピン甘ですが、山梨交通自動車学校のラッピング。山梨も前面までフルラッピングなんですね。P代のようですがさすがに結構古参に見えますね。

DSCF2785_20141109234719a54.jpg
富士急平和観光 LDG-RD。出ましたヒュンダイ製ユニバース。デザイン的に日本ではなく海外っぽいですが、韓国のヒュンダイの車両。見たことは何度かありますが初撮影。なかなか独特なデザインです。個人的にはあまり好きではないデザインですが、目立ちますねw

DSCF2786_20141109234730385.jpg
KL-LV(エルガミオ)CNGノンステ。先ほどに続いて登場の元国際興業のフルフラットエルガのCNG車。前面に何も書いていないのが逆に違和感w CNG車って意外ともらい手が無かったりする感じがしますが、山梨交通では逆に合っていますね。となると、国際興業以外からもCNGが来る可能性もゼロではなさそうです(可能性はかなり低いですが)。ところでこの構図はあまり上手くいかない上にかなり暑い+横断歩道手前で邪魔になる ということでこれを撮影してバスターミナルに近いほうに移動。自転車が大量に停まっていたので間から撮影するパターンに変更

DSCF2790_20141109234738ba3.jpg
U-LV(キュービック)。やっとキュービックを撮影!いや~文句なしにかっこいいですね~。山梨交通生え抜きと国際興業からの移籍がいるようですが、これは国際興業からの移籍車。方向幕周りが青いのが国際興業グループの特徴ですね。これが撮りたくて甲府来たんで目的を達成。もう一つ、国際興業からのキュービックノンステという目標もありますが…

DSCF2797_20141109234746cac.jpg
U-LV(キュービック)。続いて山梨交通名物のリフト付きキュービック。こちらは山梨交通オリジナル塗装になっています。国際興業カラーも好きですが、こっちも独特でいいですね。リフトも目立ちますが、車掌窓のような引き違い窓が入っているのも独特ですね。ん~かっこいいですね。

DSCF2803_20141109234756d74.jpg
微妙に並び。キュービックが並んでいるのを見るのは何年ぶりなんだろうか。。。このキュービックが普通にいる感じが良いですね。

DSCF2806_2014110923483416f.jpg
続いてこちらも山梨交通名物?のツーステCNGエルガミオと国際興業カラーキュービックの並び。なんか国際興業でも見れそうな雰囲気がある並びですね。まぁキュービックはほぼ消えてますし、エルガミオツーステなんて無いので実際は見られませんが…

DSCF2811_20141109234843c2a.jpg
エルガミオ単独で。KK-LR(エルガミオ)。エルガのツーステは見たことがありますが、エルガミオのツーステは初めて。なんだか違和感あるスタイルですね。エルガ=窓位置が低い というイメージがあるので変な感じですw

DSCF2813_20141109234852983.jpg
U-LR(ジャーニーK)。銀バンパーのLR。デザイン+銀バンパーでキュービックよりベテラン感ありますねw

DSCF2814_20141109234901e31.jpg
U-LV(キュービック)の国際興業からの車両と生え抜きリフト車の並び。うーん贅沢ですねぇ~。。。キュービックの前面ラッピング…しずてつでは見られない組み合わせなのでなんか新鮮です。

DSCF2817_2014110923491230c.jpg
U-LV(キュービック)。キュービックが続きます。これも国際興業からの移籍車のようです。ところでバンパーの左側の部分に窪みがあるのとそうではないのがいるみたいですね。あとキュービックは年代によってバンパー等も違うみたいで、まぁ今後いろいろ詳しく見て行きたいと思います。

DSCF2821_20141109234954257.jpg
富士急山梨バスRA…ん?ライトはRAだけど側面がUA…ということは…実はこれCNG車ならではの仕様のようで、CNG車は排出ガス規制とは関係ないため、ディーゼル車が規制+同時期に適用された灯火規制(ライト位置等の規制)にあわせてRAに変更されたものの、こちらはそのままUAベースで発売。ただし、ライト配置の灯火規制だけは適用されるので、車体はUAベースなのに前面ライトと後部のデザインはRAになっている というUAとRAの中間みたいな車両。富士急行と西武などで在籍している模様。なんか変w ちなみにこれ扉側は富士急特有の中扉折戸です。

DSCF2824_20141109235006fc3.jpg
山梨交通の高速バス。静岡線表示が出ていたので…

DSCF2831.jpg
KL-LV(エルガ)CNG。先ほども撮影した国際興業から来たフルフラットタイプのATエルガ。山梨交通に来る際に再塗装されたのか、かなり塗装が新車並みの綺麗さですね。ところでこれの撮影前後にキュービックCNGノンステ(ただしラッピング)が来たのですが撮影できず…ちなみに山梨交通には国際興業カラーで中扉グラスラのキュービックノンステもいるようで、今度来たら撮影したいです。

DSCF2833.jpg
先ほど待機していたU-LV(キュービック)が、「南アルプス市甲西支所」行きで出発していきました。南アルプス市って何回聞いてもすごい市名ですねw やっぱり国際興業カラー=キュービックというイメージが強いので、一番しっくりくる組み合わせに感じます。かっこいいですね。

DSCF2835_20141109235038641.jpg
KK-LR(エルガミオ)。エルガミオのチョロQが回ってきましたがまたしても微妙にブレ…相性悪いのかなw 中型が多い山梨交通でもこれほどの小型は目立ちますね。

DSCF2841_20141109235122a72.jpg
KL-LV(エルガ)。国際興業からの移籍車。前面までフルラッピング。しずてつと同じパターンですが、うーん、何だろうラッピングだと一気に撮る気がなくなるようで、このラッピングはこれしか画像無し…

DSCF2845_201411092351299cd.jpg
KK-LR(エルガミオ)。CNGのツーステ車。さっきも見ましたが相変わらず違和感ある車両ですw エルガミオツーステは他に神奈中にも在籍していたようです。ちなみに今も特定輸送(主に特別支援学校向け)でツーステエルガミオはあるようですが、ワンステと同じ側面で1段だけ段差が多いという仕様で、エルガのように側面高窓のは無いようです。

DSCF2846_20141109235137f69.jpg
CNGの山梨交通LV(エルガ)と、富士急山梨UAの並び。どちらもラッピングで、特に社名は書いてないので、間違えそうですw CNGの並びって、山梨では珍しくないのかもしれませんが、都内だと珍しいですね。

DSCF2856_20141109235143055.jpg
U-LV(キュービック)。キュービックが次から次へと入ってきて、楽しい場所です。同じ形・同じ色ですがキュービックは何枚撮っても飽きません。「山梨交通」幕の書体が独特ですね。

DSCF2862.jpg
PDG-LR(エルガミオ)とKC-LR(ジャーニーK)。ジャーニーKは国際興業からの移籍車で国際興業カラー。前中扉です。このあたりは池袋や飯能で撮影したことのある車両と同年代ですね。

DSCF2864_20141109235243d0e.jpg
U-LR(ジャーニーK)。こちらは生え抜き車で前後扉。ところで方向幕がずれている気が…w

DSCF2867.jpg
U-LR(ジャーニーK)。廃てんぷら油を利用したバイオディーゼルバスだそうです。しずてつでもMPツーステの一部で存在しており、本当にてんぷらっぽい匂いがしていたと思います。通常塗装で赤い部分が紫色と青色の中間のような色に変わっています。画像だと光の関係で全部青に見えてますが…

DSCF2872.jpg
最後に、「山梨交通」幕から「鰍沢」行きになったU-LV(キュービック)を撮影。ところでバス停位置に近づかずにここで乗車扱いしていましたが、これっていつもこうなのかな。静岡でも以前こういう光景見たことありますが、久々に見た気が…

これで撤収しました。
ということで、甲府でした。とりあえずキュービックツーステを撮影できましたし、国際興業からのCNGエルガも撮れたのでよかったです。ただ、キュービックノンステがCNGで中扉引戸のフルラッピングのと、国際興業カラーで中扉グラスラの2台とも撮影できなかったのが心残りで、また撮影に来たいなぁと思いました。また、山梨交通にも国際興業のワンステなどが流れてくるのか気になるところです。
あと武蔵小金井で引きこもっている編成がいる211系信州色も撮影できてよかったです。電車は効率よく3種撮れました。。。

ということで今回は以上です。

では今回はこのへんで
スポンサーサイト
19:00  |  通常の記事  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★元Hトタ115?T

蛻昴a縺セ縺励※縲ょ?逵溘↓縺ゅ▲縺
縲悟?繝医ち115邉サ縲阪〒縺吶′縲
縲悟サ?サ翫?阪↓縺ェ繧翫∪縺励◆縲
螻ア莠、繧ソ繧ヲ繝ウ繧ウ繝シ繝√↓縺、縺?※縺ァ縺吶′
髱吝イ。蝟カ讌ュ謇?縺ォ縺ッ縲悟、ゥ辟カ繧ャ繧ケ縲阪r
蜈?。ォ縺吶k譁ス險ュ縺後↑縺?◆繧
繝?ぅ繝シ繧シ繝ォ霆翫′蟆主?縺輔l縺ヲ縺セ縺吶?
繝槭え繝ウ繝亥ッ悟」ォ |  2015.02.25(Wed) 19:10 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは

上野~東京間は毎時6本運転かなと。>
間に特急が入ったりすることも考えればそれぐらいがちょうど良いかもしれませんね。

上野東京ライン開業では、埼京線・京浜東北線・湘南新宿ラインまで絡んでくると思うので、全体的にかなり大きな改正になりそうですね。

クロスシートのある車両の位置も両方で異なりますね。>
そういえばそれもありましたね。まぁ特に長距離利用者には結構重要かもしれませんねw

E653系がいなくなり車種も統一された今となっては消えるのも自然かなと>
そうですね。おなじ「ひたち」を名乗るよりも名前を分けたほうが区別しやすいですね。ひたちに関しては、切符関連で、宇都宮→東京の新幹線代金より、特急のひたちの料金のほうが高くなるという問題があるようで、改正までの間に何か動きがある可能性もありますね。これで高いままだと茨城への移動は高速バスが有利になってくる場合もゼロではなさそうです。。。

これは武田信玄公の像の近くでの撮影ですね。>
そうですね。撮影時にもそちらを撮影しているサラリーマンや観光客がいましたねw

窓下にある方が今の標準仕様なんですね。これも知りませんでした。>
一応国際的に標準ということで、標準仕様ノンステでは指定されているようです。個人的にはスロープ付きマークの方が、「スロープ板付き」がわかるような気がしますが…

一時は静岡県内から撤退するという話もあった気がしますが、山交タウンコーチに移管されて健在なのは何よりです。>
趣味的にも交通の足的にも残ったのは良いことですね。今後も継続してほしいなと思います。

個人的にはやっぱりオリジナル色=山梨交通のイメージが今もあります>
オリジナル色はなかなか気に入っています。オリジナル色といえば…岩手県交通も国際興業カラーが中心になりつつあるようですね。。。

CNG車は転属自体が珍しい気がしますが、さすが元々の車両数が多いだけのことはあって普通に使用しているようですね。>
確かにCNG車の転属って少ないですよね。まぁCNGが必要となるため、設備のだと思いますが、元々多い山梨はそういう問題は無いようで…w

甲府市街地と幹線道路を除くほとんどの区間に導入されています>
それは便利ですね。自由乗降…手間等はかかりますが、最近のバスの利用者不足の解決策の一つになるような気もします。

えてして精算等が重なって混雑することがままあるので、幅広自動改札機もあった方が…>
大きな駅では改札内、外の両方から精算や切符に関する問い合わせがあるので、有人改札が混むことが多いので、まぁ順次広げていって欲しいところなんですが…ちなみに最近は有人改札の大型化も進んできているようですが、同時進行で幅広改札機もお願いしたいところです

踊り子号に転用という話もありますが…>
どうやらそのような話があるようですね。

あずさ・かいじの利用率の高さ>
立川~甲府を1時間で走り抜けますし、通勤利用にも十分使えますし人気度高いですね。本数もあずさ・かいじ合わせると30分間隔で走っていますし、ここまで本数が多いJR特急も珍しい気がしますねw

初め甲府以東で新長野色を見たときにはかなり違和感があったのを覚えています。>
自分が初めて高尾以西に乗ったときはスカ色が多かったのに、その後しばらくしてから乗ったら新長野色がいて「この色が東京にも来るんだ」とびっくりした覚えがありますw

JR東・JR西とも置き換え計画が出ており、いつまで乗れるか不透明>
そうですね。新長野色の6両編成のC編成は返信時点で半数が211系6両に置き換わっていますし、スカ色に関しては12月5・6日で一気に211系に変わったので、どんどん少なくなっていますし、新潟地区も置き換えが始まっていて、急激に減っていきそうですね。

八王子支社管内に車両配置が無いのもどうかという気がしますし、若干は配置されるかも…>
どうやらスカ色を置き換えた211系3両は全て長野の配置なようで、ということは豊田の配置は無しということになりそうですね。運行障害発生時にどういう対応になるのかちょっと気になりますね…

側面の画像は2色の色分けがはっきり分からず…中間色の弱点かなと。>
確かにこの細い帯の中だと余計に分かりづらいですね。もう少し色調を調整しても良かったかもですね。

中央東線=ボックスシートだと思っている旅行者は面食らいそうです>
確かにそうですねw まぁオールロングシートは賛否両論ありそうですね。

このチョロQが山梨交通にいるとは知りませんでした。>
国際興業から移籍してきた車両ですね。山梨交通だけに限らず、最近首都圏にいたチョロQサイズが地方で活躍する事例が増えていますが、確かにちょうどいいサイズなのかも。 チョロQサイズは現在製造されていませんが、需要ありそうな気がするんですよね。

それに文字等を入れる形をとってラッピング風にした車両ではと思います>確かに見た目的に他のラッピングと違う感じがしますね。

なかなか見る機会のないタイプの車体ですので新鮮に映ります>
確かに一部事業者には入っていますが、そこまで広がっていないので新鮮ですね。

今年12月1日に富士急山梨バスと合併し、路線バス・高速バスは富士急山梨バスが引き継ぎ運行>
あら、微妙に貴重な画像になりましたねw 富士急は正直グループ企業が多すぎてどれがどれなのかよく分かっていませんw

前者が引退した一方で国際興業からの移籍車が加わって今もまとまった台数がいるようですね。>
結果的にキュービックが残っているということで嬉しいところですねw まぁエルガノンステが入ってきてはいますが、まだ当面は見ることが出来そうですね。

リフト付きバスが今なおまとまって残っているのも珍しいかも。>
確かに試作的な車両や、数台導入が多いので、ここまで残っているのは珍しいですね。バリアフリー対応なので、こちらも当面は残る可能性ありますね。また撮影できそうですw

神奈中にもいたというのはさらに意外です。 >
確かに三菱がほとんどの神奈中で、全国的にも比較的珍しいツーステを入れたのは意外に感じますね

しずてつは現役でいるのが奇跡的なベテランですが…>
まぁ社内の好きな人が残しているとしか思えない感じのベテラン車ですからねw これからもできれば動態保存的に残して欲しいなと思います。

方向幕をあえて緑色(グリーンライン経由にちなんでか)にして他系統と区別>
色で区別というとしずてつの清水周辺を思い出しますね。ところでバスは規制でLEDがフルカラー化されていないので、こうやって色での区別が出来ないのが難点ですね。まぁ規制自体がそろそろ緩和しても良いかと思いますが…

始発から終点まで約2時間、甲府駅~甲府駅まででも約1時間20分を要するというすごい長距離路線>
それは長距離な循環ですねw

しずてつではいつの間にか見なくなってしまいました。>
エアロスターKのワンロマと神戸市営からのエアロスターMの一部で採用されていましたが、どちらも置き換えられたということかもしれませんね。

僕は昔の静岡駅前で見た記憶がうっすらとありますが… >
自分もはっきり覚えていませんが、静岡駅か新静岡のどちらかだと思います。ちなみにこの日、高速バスの京王バスでも同じ方式で乗車扱いをしていました。

ちなみに今回撮影できなかったノンステのうち、CNGのフルラッピング車は運用を離脱してしまったようで…撮影できず残念でした。ガソリン車のほうは残って欲しいんですが、初期ノンステでATなので少し心配です。。。

それではまた
HIROKI |  2014.12.07(Sun) 17:36 |  URL |  【コメント編集】

HIROKIさん、こんばんは。今度はこちらの記事にコメントさせていただきますね。

上野東京ライン、基本は当然ながら東海道~宇都宮・高崎線相互直通運転ですが、日中でも東海道線と宇都宮・高崎線で今の本数が異なるので、どういうパターンダイヤになるのか興味津々です。今の各線のダイヤをそのまま生かすとすれば、東海道線~宇都宮線・東海道線~高崎線直通が各30分間隔で走り、残りは東海道線が東京、宇都宮・高崎線は上野折返しというのが考えられます。上野~品川間はこれに常磐線からの直通が加わり、それが毎時2本として上野~東京間は毎時6本運転かなと。この場合、宇都宮・高崎各線からは湘南新宿ライン経由と上野東京ライン経由が各2本ずつとなります。運転経路が複雑になるので乗り間違いの多発が懸念されますが…
そこでふと思いましたが、これに合わせて湘南新宿ラインは原則として横須賀線方面直通にして、上野東京ラインの東海道線直通と系統分離を図るのも一案かなと。ただこれをやると宇都宮・高崎線側からは分かりやすくなるものの、逆に東海道線沿線では藤沢以西から渋谷・新宿方面直通がなくなってしまい不便になるデメリットが大きく、小田急との競合もあるので、この案は多分無いですね。
E231ですが、M車の位置もさることながら、クロスシートのある車両の位置も両方で異なりますね。気にする人はするかなと。
常磐線の直通運転は時間帯によって品川乗り入れ列車が異なり、E231とE531の両方が入る上に一部の特急も品川発着とのことで、かなり複雑ですね。特急の「ひたち」「ときわ」はまさかの国鉄時代の名称の復活で、昔を知る人には分かりやすい区分ですね。「フレッシュひたち」はそもそもE653系登場時に旧来の485系のイメージを変える意味で付いたものと思われ、E653系がいなくなり車種も統一された今となっては消えるのも自然かなと。着席サービスは「スワロー○○」と基本的に同じですね。平日の通勤特急で導入されているスワローサービスの評判は今一つという話も聞こえていますが、全日にわたり導入される今回のケースではどうかなあと…

さて、今回はまさかの「甲府」ですね。実はたまたま見たツイッターで甲府撮影の画像を拝見したような記憶がうっすらとあって、それで(あるいはもう行かれましたか?) とコメントしたのですが、本当に行かれていたとは。驚きとともに、HIROKIさんの念願が一つ叶って良かったなあ…と心から思いました。僕も今年6月に行きましたが、甲府駅前はキュービック好きのHIROKIさんにはもってこいの場所ですので。またバスだけでなく電車の撮影も出来て、充実の撮影行になりましたね。では、順を追って…
・1枚目の画像、これは武田信玄公の像の近くでの撮影ですね。富士急山梨バスは富士山(旧富士吉田)駅からの路線が昔から幹線路線で毎時1本来ていますね。山梨交通は甲府駅から途中の下黒駒まで同じ路線上を運行していましたが(ただし共同運行にあらず)、今は石和以遠に路線は無く富士急に任せる形になっています。車いすステッカー、前面に2枚も付いているのは珍しいですね。そのマーク、西武バスで車両によって両方のタイプがあるという話を以前コメントで書いたと思いますが、窓下にある方が今の標準仕様なんですね。これも知りませんでした。スロープ付の方がリアルで分かりやすい気が個人的にはしますが、富士急もそういう考えなのかも。
・山交タウンコーチ、静岡県内も富士宮駅~蒲原病院間などで走っていますね。子どもの頃富士川駅で山梨交通バスを見て、なぜ静岡で山梨のバスが走っているのか疑問に思ったのを覚えています。まあ実際には富士急も同様ですが(山梨が本社で静岡でも神奈川でも走っている)、「山梨交通」という社名だけに余計そう感じたのだと思います。ウィキによると戦前より身延から静岡県内まで路線があり、昭和30年代の路線拡張期に蒲原病院まで延伸されたものの、昭和46年の身延~芝川間廃止で静岡県内が孤立した路線網となったそうです。一時は静岡県内から撤退するという話もあった気がしますが、山交タウンコーチに移管されて健在なのは何よりです。
ちなみに僕が学生時代の頃(1993~1997)の山梨交通は、国際興業色の車両は無くすべてがオリジナル塗装車でした。当時は中古車もなかったためと思われますが…ですので個人的にはやっぱりオリジナル色=山梨交通のイメージが今もあります。国際興業からの中古車導入を機に国際興業カラーに変わったようです。なお、車両は当時からキュービックとジャーニーKが主力で、CCMも普通に走っていました。大型車は今より少なかったですね。
・同じエルガのCNG車でも、移籍車とオリジナル車の両方存在するのが山梨交通らしいですね。前面のサボ有無や塗分けの微妙な違いで僕でも容易に区別できるのでありがたいです(笑) CNG車は転属自体が珍しい気がしますが、さすが元々の車両数が多いだけのことはあって普通に使用しているようですね。あとサボに記載の自由乗降ですが、甲府市街地と幹線道路を除くほとんどの区間に導入されています(一部は朝夕通勤時間帯を除く)。

・JR東は幅広自動改札機が無いのが普通なんですね。言われてみれば確かに他社と比べて見る機会が少ない気はします。有人改札で対応する方針なのでしょうが、えてして精算等が重なって混雑することがままあるので、幅広自動改札機もあった方が…という気がします。
・E257系、確かに登場してまだ10数年しか経っておらず引退には早い気がしますね。踊り子号に転用という話もありますが…あずさ・かいじの利用率の高さ、まあ僕も学生時代時々利用していましたが、普通列車が高尾・立川で乗り換えになることや特急と時間差があること、また中央道も週末に渋滞することも理由かなと思います。
・115系、新長野色は昔は甲府以西のみの運用でした。スカ色115系の初期車置き換えの頃から立川まで来るようになったと思いますが、初め甲府以東で新長野色を見たときにはかなり違和感があったのを覚えています。今は新長野色の方が多いので、逆にスカ色を見ると懐かしさもあって嬉しくなります。115系が静岡から引退して早7年、僕は今も115系が走っている地域に行くと乗りたくなりますね。しかしJR東・JR西とも置き換え計画が出ており、いつまで乗れるか不透明になりつつあります。側面JRマーク、もともと113・115系は全てJR発足時にこの大きさのマークを貼りましたね。JR東海はその後小型マークに貼り替えましたが、JR東はそのままで今に至っています。これもまた懐かしいアイテムです。211系の「八トタ」…配置なしの線もありますね。ただ今年の大雪ではないですが松本方面で何かあった時のことを考えると、八王子支社管内に車両配置が無いのもどうかという気がしますし、若干は配置されるかも…と思います。
・身延線ホーム、1番線の東京方にありながら4番・5番という珍しい付番ですが、以前はなぜか4番が欠番で5番・6番となっていました。付番の経緯はともかく、なんとなくJR東海的にはアウェー感の強いホームです。特急ふじかわ、甲府口では停車駅が急行時代とほとんど変わっておらず、身延線内では自由席特急料金が30kmまで320円と安くなっていることや、普通列車の本数が少ないこともあって短距離利用も多いですね。一方、普通列車も鰍沢口までは30~45分おきにあって乗客も多いです。多くはワンマン列車ですが、車掌乗務の列車ですと切符販売や集札でまめに動き回る車掌の姿を見ることができます。
・313系のドア窓、僕は普段見慣れていますが確かに結構大きな窓ですね。近鉄通勤車のドア窓もおっしゃるとおりこれくらい、いやさらに大きい印象です。
・211系、新長野色のように淡い色の帯はこれが初めてですね。光線の関係かもしれませんが側面の画像は2色の色分けがはっきり分からず…中間色の弱点かなと。個人的には以前の房総色が結構気に入っていたので、新長野色は今一つの感があります(注:あくまで好みの問題です)。前面表示機が3種類もあるとは、それぞれの出自の違いが表れているようですね。211系は編成によってはオールロングシートなので、中央東線=ボックスシートだと思っている旅行者は面食らいそうです。

・エルガミオワンステ、このチョロQが山梨交通にいるとは知りませんでした。ついでに26番系統というのも初耳です。山宮循環は元々01番か02番ですので。「高速バスで行く静岡」、6月に行ったときも付けていたバスがありました。しずてつでも懸命に宣伝していますが、裏を返せばそれだけ利用が少ないということではと思います。エルガミオCNGノンステ、上のガスタンクが形状からラクダのこぶみたいで良いですね。
・P-LRのジャーニーK、既に登場して25年は経過しているはずでかなりのベテランですね。前後扉のタイプは僕が学生時代に主力だった車両です。その前に登場した車両は前中扉でした。このラッピング車両、見た目から判断するに、なんとなくですがしずてつ等のラッピング車両と異なり、単一色塗装をバスの塗色として届出て、それに文字等を入れる形をとってラッピング風にした車両ではと思います。
・富士急平和観光、これがヒュンダイ製ユニバースなんですね。なかなか見る機会のないタイプの車体ですので新鮮に映ります。あと余談ですが富士急平和観光は今年12月1日に富士急山梨バスと合併し、路線バス・高速バスは富士急山梨バスが引き継ぎ運行するとのことです(ホームページに出ていました)。
・ここでようやくキュービック登場!元々山梨交通のキュービックは前後扉の車両と中扉リフト付きがいましたが、前者が引退した一方で国際興業からの移籍車が加わって今もまとまった台数がいるようですね。ちなみに山梨交通オリジナル車はエンジンが高出力型らしく、元国際興業の車両とエンジン音が異なります。どらちも文句なしにかっこいいですね。リフト付きバスは民営バス初の導入で、山梨県の補助制度により導入されたものです。リフト付きバスが今なおまとまって残っているのも珍しいかも。国際興業カラーのキュービック、岩手県交通でも大量に見られますが僕も国際興業時代のイメージが強いのでこのカラーリングはしっくりきますね。「山梨交通」幕の書体、これだけは社名の字体と合わせていて確かに独特ですね。
・ツーステエルガミオ、確かに窓位置の高さが目につくのと車いすマークが無いのとでちょっと独特な感じがしますね。神奈中にもいたというのはさらに意外です。
・U-LRのジャーニーK、先のP代ほどではないですが、ナンバーからみてこれもリフト付きキュービックよりベテランですね。
・キュービックの前面ラッピング、これはさすがに純正?ラッピングだと思います。確かにしずてつでは無い組み合わせですね。しずてつは現役でいるのが奇跡的なベテランですが…11/25の朝も使われていました。続いて登場の200号車、言われてみればバンパー部が257号車と異なりますね。僕は言われない限り気づかない場所です(苦笑) この04番系統は昇仙峡・湯村温泉・山梨県立美術館など甲府市内の主要観光地を結ぶ路線で、方向幕をあえて緑色(グリーンライン経由にちなんでか)にして他系統と区別しています。
・富士急山梨バスのRA、説明を読むと変わった車両だなと思いますが、UAとRAのライトの違いを知らないとただのCNGのUA車に見えてしまいます(汗)
・「南アルプス市甲西支所」行き…これも当然学生時代にはなかったですね。平成の大合併で付ける新自治体名は先着順の様相で、南アルプス市は割と早めの登場だったかなと。まあ市域に南アルプスが入っているので間違いではないですが、確かにすごい市名ですね。あと44番系統は鰍沢営業所行きだったな…と思ったら、その区間運転に近い系統のよう(終点付近のみ別経路)です。
・CNGの並び…山梨県では補助制度と、富士急の場合は富士山の環境保全への取り組みもあってCNG車が他県と比較にならないほど多いのでそれほど珍しくはないと思いますが、確かに山梨特有の光景かもしれませんね。
・ジャーニーKにも国際興業からの移籍車がいるとは知りませんでした。この車両の「後のり」は国際興業そのままのようで懐かしいですね。その次の方向幕がずれているジャーニーKの行先「御所循環」、一周するだけの循環ですが、これが始発から終点(どちらも甲府駅より北西側にある敷島営業所)まで約2時間、甲府駅~甲府駅まででも約1時間20分を要するというすごい長距離路線です。大学時代に一度他路線と重複しない区間を乗りましたが、乗りごたえ抜群でした(笑)
・バイオディーゼルバス、しずてつではいつの間にか見なくなってしまいました。天ぷらっぽい匂いは確かにしていましたね。
・鰍沢行き、待機場所からバス停位置に近づかずそのまま乗車扱いするケースは僕も見たことがあります。鰍沢はバスの営業所で、そこから甲府駅まで来てこの乗り場すぐ前の待機場所でずっと待機、そのまま折返して鰍沢に戻るという運用が一般的ですので、いちいち移動させずに乗車扱いするのもある意味合理的ではありますね。ちなみに静岡で見たのはどこでしょう?僕は昔の静岡駅前で見た記憶がうっすらとありますが…

今回、一部心残りはあるようですが、電車も含めかなり色々な車両を撮影でき、収穫が多くてとても良かったですね。これからもこういう遠出撮影ができると良いですね(他にも行っているかもしれませんが…)
それでは、また。
とーます |  2014.11.26(Wed) 01:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shizuchu.blog17.fc2.com/tb.php/798-ac33248d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。